議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 菊川市

平成 29年 3月定例会(第1回) 03月02日−03号




平成 29年 3月定例会(第1回) − 03月02日−03号









平成 29年 3月定例会(第1回)


平成29年第1回菊川市議会定例会会議録

議 事 日 程(第3号)

平成29年3月2日(木)午前9時開議 
日程第 1 諸報告
日程第 2 諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦について
      諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦について
日程第 3 議案第26号 菊川市監査委員の選任について
日程第 4 菊川市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙
日程第 5 議案第 3号 菊川市手話言語に関する条例の制定について
日程第 6 議案第 4号 菊川市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について
日程第 7 議案第 5号 菊川市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正について
日程第 8 議案第 7号 菊川市消防団条例の一部改正について
日程第 9 議案第 9号 平成28年度菊川市一般会計補正予算(第5号)
日程第10 議案第15号 平成29年度菊川市一般会計予算
日程第11 議案第16号 平成29年度菊川市国民健康保険特別会計予算
      議案第17号 平成29年度菊川市後期高齢者医療特別会計予算
      議案第18号 平成29年度菊川市介護保険特別会計予算
      議案第19号 平成29年度菊川市土地取得特別会計予算
      議案第20号 平成29年度菊川市下水道事業特別会計予算
      議案第21号 平成29年度菊川市病院事業会計予算
      議案第22号 平成29年度菊川市水道事業会計予算
 ────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
議事日程のとおり
 ────────────────────────────────────────
出席議員(17名)
     1番  鈴 木 直 博 君     2番  織 部 光 男 君
     3番  竹 内 敏 行 君     4番  横 山 陽 仁 君
     5番  小 林 博 文 君     6番  赤 堀   博 君
     7番  西 下 敦 基 君     8番  有 海 喜一郎 君
     9番  倉 部 光 世 君    10番  松 本 正 幸 君
    11番  山 下   修 君    12番  鈴 木 啓 之 君
    13番  水 野 貞 幸 君    14番  横 山 隆 一 君
    15番  宮 城 力 弘 君    16番  落 合 良 子 君
    17番  内 田   隆 君
欠席議員(なし)
 ────────────────────────────────────────
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
  市     長  太 田 順 一 君   副  市  長  石 田 辰 芳 君
  教  育  長  石 原   潔 君   総 務 部 長  河 本 大 輔 君
  危機管理 部長  淺 羽 睦 巳 君   企画財政 部長  赤 堀 慎 吾 君
  生活環境 部長  大 野 慶 明 君   健康福祉 部長  大 石 芳 正 君
  建設経済 部長  加 藤 容 章 君   教育文化 部長  原 田 修 一 君
                       市立病院事務部長兼
  消  防  長  坂 部 浩 之 君   経営企画 課長  榊 原 敏 矢 君
  総 務 課 長  佐 藤 雅 巳 君   秘書広報 課長  勝 浦 敬 豊 君
  地域支援 課長  赤 堀 広 行 君   企画政策 課長  橋 爪 博 一 君
  財 政 課 長  鈴 木   勝 君   市 民 課 長  妻 木   久 君
  福 祉 課 長  森 下 路 広 君   健康づくり課長  落 合 和 之 君
  都市計画 課長  星 野 和 吉 君   商工観光 課長  鈴 木 和 則 君
  農 林 課 長  中 川 敬 司 君   茶業振興 課長  落 合 広 行 君
  会 計 管理者  鈴 木 秀 之 君   幼児教育 課長  岡 本 啓 司 君
  代表監査 委員  太 田 原 浩 君
 ────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  議会事務 局長  五 島 將 行     書記       松 村   光




開議 午前 9時01分





△開議の宣告 



○議長(内田?君) 改めまして、おはようございます。ただいまの出席議員数は17人です。法第113条の規定による定足数に達しておりますので、平成29年第1回菊川市議会定例会第3日目の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。



────────────────────────────────────────





△諸報告 



○議長(内田?君) 日程第1 諸報告を行います。

 私からも市長からもありません。

 以上で諸報告を終わります。



────────────────────────────────────────





△諮問第1号〜諮問第2号の上程、説明、質疑、採決 



○議長(内田?君) 日程第2 諮問第1号及び諮問第2号の人権擁護委員候補者の推薦についての2件を議題とします。

 それでは、提案者に提案理由の説明を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 皆さん、おはようございます。また、傍聴席の皆さんもおはようございます。本日もまた定例会のほう、よろしくお願いします。

 早速、諮問第1号、第2号につきまして申し上げます。

 諮問第1号及び第2号は、人権擁護委員候補者の推薦についてでございます。

 平成29年6月30日付で菊川地区の人権擁護委員のうち2人の任期が終了することに伴い、人権擁護委員法第6条第3項の規定により市議会の意見をお聞きし、人権擁護委員の候補者として法務大臣に推薦するものでございます。

 初めに、諮問第1号の三ツ井誠様は、平成26年7月から人権擁護委員として御活躍されており、現在1期目であります。長きにわたり教育現場でお勤めなさった経験から、人権教育におきましても多くの知識をお持ちであり、引き続き人権教室や人権啓発活動に御尽力いただけるものと考えております。

 次に、諮問第2号の白松和子様は、平成26年7月から人権擁護委員として御活躍されておられ、現在1期目であります。保育士や市放課後児童クラブでの指導員としての御経験もお持ちであり、地域住民からの信頼も厚く、引き続き人権教室や人権啓発活動に御尽力いただけるものと考えております。

 御審議の上、お認めくださいますようお願いします。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 提案理由の説明が終わりました。

 本件については、内容説明を省略します。

 これより質疑に入ります。

 最初に、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について、質疑ありますか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦については、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、諮問第1号は原案のとおり同意することに決定しました。

 次に、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について、質疑はありますか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦については、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、諮問第2号は原案のとおり同意することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第26号の上程、質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第3 議案第26号 菊川市監査委員の選任についてを議題とします。

 地方自治法第117条の規定により、8番 有海喜一郎議員の退場を求めます。

 最初に、事務局長に議案の鏡を朗読させます。五島事務局長。

         〔事務局長議案朗読〕



○議長(内田?君) 続いて、提案者に提案理由の説明を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 議案第26号は、菊川市監査委員の選任についてでございます。

 地方自治法第196条第1項の規定により、菊川市議会議員のうちから選任する監査委員として有海喜一郎議員を新たに選任することについて、議会の同意を求めるものであります。

 有海喜一郎議員は、平成25年1月から菊川市議会議員を務められ、同年2月からは教育福祉委員会委員、掛川市菊川市衛生施設組合議会議員などをお務めになられました。人格高潔で行政の財務管理や経営管理、その他行財政運営に関する識見をお持ちであることから、菊川市監査委員として適任者であると考えます。

 御審議の上、お認めくださいますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 提案理由の説明が終わりました。

 本件については、内容説明を省略いたします。

 それでは、質疑に入ります。質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。議案第26号は、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第26号は原案のとおり同意することに決定しました。

 8番 有海喜一郎議員の退場を解きます。有海議員、御入場願います。

 では、ここで、有海喜一郎議員に御登壇いただき、御挨拶をお願いしたいと思います。有海議員。



◎8番(有海喜一郎君) ただいま監査委員に選任同意をいただきました有海でございます。貴重なお時間に挨拶の機会をいただきまして大変ありがとうございます。一言御挨拶を申し上げます。

 私は、監査業務につきましては、民間企業での経験はございますが、地方自治体の監査ということにつきましては初めてのことでございます。これから代表監査委員、また議員各位、事務局職員の皆様等に勉強させていただきながら、監査委員の職責を果たしていきたいと考えております。

 微力ではございますが、市民の、納税者の立場に立って、誠心誠意熱意を持って公正な態度で自分なりに工夫を凝らしながら監査に努める所存でございます。皆様方の御指導御鞭撻を賜りますよう、心からお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますが就任の挨拶とさせていただきます。ほんとにありがとうございました。(拍手)



○議長(内田?君) 有海議員、ありがとうございました。



────────────────────────────────────────





△菊川市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙



○議長(内田?君) 次に、日程第4、菊川市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条2項の規定によって、指名推選にしたいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認めます。選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法については議長が指名することにしたいと思います。御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認めます。議長が指名することに決定いたしました。

 ただいまから事務局に資料の配付をさせますので、そのままお待ちください。

 それでは、指名を行いたいと思います。

 菊川市選挙管理委員には、相羽明人氏、山口芳孝氏、赤堀敏男氏、赤堀静雄氏の4名を指名します。

 また、菊川市選挙管理委員会委員補充員には、順序で1番牧野栄一氏、2番織本 弘氏、3番中尾郁夫氏、4番浅井孝悦氏の4名を指名します。

 お諮りします。ただいま指名した方を菊川市選挙管理委員会委員及び補充員の当選人と決めることに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認めます。ただいま指名した方が菊川市選挙管理委員会委員及び補充員に当選されました。



────────────────────────────────────────





△議案第3号の委員長報告、質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第5 議案第3号 菊川市手話言語に関する条例の制定についてを議題とします。

 本件は、去る2月22日の会議で教育福祉委員会へ審査を付託し、既にその審査が終了しております。

 ただいまより、教育福祉委員長に委員会の審査結果の報告を求めます。12番 鈴木啓之教育福祉委員長。

         〔教育福祉常任委員長 鈴木啓之君登壇〕



◎教育福祉常任委員長(鈴木啓之君) 教育福祉委員会報告。

 2月22日の本会議において付託された議案第3号 菊川市手話言語に関する条例の制定についてを2月22日に審査した結果、原案を可決すべきものと決した。

 あわせて、委員会での主たる質疑等を報告する。

 平成29年3月2日提出、菊川市議会教育福祉委員会 委員長 鈴木啓之。

 主たる質疑。この条例に関しては、パブリックコメントを行っているが、その要望、意見を聞いた上での評価はどうかとの問いに、この条例については、菊川市、掛川市、御前崎市の3市で同時に手話に関する条例を制定しようと進めている。条例の制定に当たっては、パブリックコメントを3市とも12月の中旬から1月の中旬まで1カ月間実施した。菊川市の状況は、38名の方から39件の意見が提出された。この条例がありがたいというようなお礼とか、条例の中身もろう者の方の思いを組み込んだ条例ができ上がったと大変よい評価をいただいたとの答弁であった。

 施策の推進という第7条はどのように進めていくか。この条例をつくった成果が今後期待されるが、今後の施策についての方向性はどうかとの問いに、2つ計画がある。1つは、市町村障害者計画で、今後の障がい者の施策の基本方向や目標を総合的に定める計画である。もう一つが市町村障害福祉計画で、今後、障がいのある人への日常のサービスの提供量を確保すために具体的な目標数値を定めた計画となる。この計画についても、隣接する掛川市、御前崎市3市の広域連携をもとに、来年度中に計画を策定するとの答弁であった。

 行政の機関に身分保証された手話通訳者を設置する義務があるのではないか。この条例につくることによって、ある程度行政が仕掛けていかなければうまくいかないと考える。職業として認めるという1つの手法もあると思うが、どのように考えるかとの問いに、現在の障害者福祉計画の中にも盛り込まれており、行政の中に手話通訳者を設置したいという思いはあるが、常勤で福祉課に勤務してくれる通訳者が現在のところいない。通訳者の免許は持っていないが、かなり通訳者の勉強、行政の勉強をしている者を窓口業務として配置しているとの答弁であった。

 この条例の趣旨は、手話は言語であると言っている。本来であれば、通訳者を介さないで意思が通じるような形にしていくのが理想だと思う。小学校3年からの語学の英語の学習をしようとしている。手話も言語ということであれば、小学校の教育課程の中で手話も教え、覚え、将来的には手話を使って1対1で話ができるようにするのが最終的な到達点ではないかとの問いに、小学校のうちに手話を覚えれば、手話通訳者を介さなくても1対1でコミュニケーションをとれるような形になると思う。社会福祉協議会が主体の福祉学習等もあるが、市で何かできないか、手話通訳者と協議しながら、少しでも学校教育の課程の中でできないか企画し、進めていきたいとの答弁であった。

 手話通訳者になるために資格を取らなければいけないということだが、どのぐらい費用がかかるのかとの問いに、費用については不明であるが、年数的には、まず市町の手話奉仕員養成講座を受け、その後、県の通訳者養成講座が時間的に80時間ぐらいあり、そこで大体2年ぐらいかかる。それで進級の試験を受け、その上の養成講座があり、統一の試験を受け、最短で4年とか5年ぐらいと聞いているとの答弁であった。

 自由討議についてはお読みください。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木教育福祉委員長の報告が終わりました。

 委員長に対する質疑を求めます。質疑はありませんか。14番 横山議員。



◆14番(横山?一君) 委員長に質問を申し上げます。

 この条例の制定というのは、特に障がい者の皆さんにとっては非常に重要なものであって、まずスタートができることを心から期待を申し上げるわけでございますが、この条例をさらに実効性のあるものにしていく必要があると思うんですが、そこで、第7条で施策の推進というところでございますが、これは非常に肝要だと思うんですが、先ほど言った広域連携の中で進めるということでございますが、この構成、どういった人たちが参加をして具体的な施策をつくっていくか、それがまず1点でございます。

 それともう一つは、この条例に関してはパブリックコメントが行われているわけでありますが、菊川市だけであっても39件の意見が出されたということでございますが、御前崎市、それから掛川市を加えれば、推計でございますが100件を超える意見が寄せられたと思いますが、そうした中でいろんな意見があったと思いますが、ある市では、これをさらに条例だけではなく実効性のあるものにしていくために、これと抱き合わせで手話言語条例、それに加えて情報コミュニケーション条例、そういったものを抱き合わせてさらに実効性のあるものにしていくというようなところをやっているところが実際あるわけでございますが、そういったような意見が出されたかどうかお聞きしたいと思います。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。鈴木教育福祉委員長。



◎教育福祉常任委員長(鈴木啓之君) 12番 鈴木です。横山議員の御質問にお答えいたします。

 2件御質問をいただきまして、まず最初の、第7条の施策の推進といったところで、どういうような策定委員会を立ち上げるのかというような御質問がございました。先ほど報告いたしましたように、2つの計画をつくるということでございますが、この計画につきましては、市町村障害者計画というのは30年度から39年度の10年間という長いものでございます。もう一つの市町村障害福祉計画は、32年度からの3年間の計画を新たに策定するということでございますが、答弁としては、策定については今の考えであれば、策定委員会を立ち上げて、あと障がいのある方から人数1,000人程度ぐらいになると思うけれども、アンケート等の調査を実施し、そのほかに障害者施設の関係者、また障害者団体の懇談会、あと同じくパブリックコメント等を実施していって計画書の作成をしていくというような答弁でございました。

 それから、2つ目のパブリックコメントについての御質問でございますが、菊川市は先ほど御説明した、報告したとおりでございますが、掛川市のパブリックコメントの結果は、20名の方が御意見がございまして、やはり中身は、条例ができてこれからですが、このような条例を上程していただいてありがたいというような意見があったということです。

 それから御前崎市でございますが、12名の方からパブリックコメントが寄せられたと。御前崎市も、菊川市、掛川市の状況と同じように、同様のすばらしい条例だとか、ろう者の方の思いの入った条例ができ上がったということで大変うれしいというような意見がほとんどであったと、そのような答弁をいただいておりますが、横山議員がおっしゃられたような、その次の計画というようなところまでは議論はいたしておりません。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。横山議員、再質疑ありますか。

 そのほか質疑はございますか。2番 織部議員。



◆2番(織部光男君) 行政の機関によって身分保証がということがありますが、この中で、行政の方の中でも手話通訳者を設置したいという意見が書かれております。これは、今のところ、免許を持っていないからやらないのか、行政の勉強をしているものを窓口業務として配置していると書いてありますけれども、こういった方を行政の常任として認められないんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。12番 鈴木委員長。



◎教育福祉常任委員長(鈴木啓之君) 12番です。今の織部議員の御質問にお答えいたします。

 行政のほうで、この質問は、ここにありますように、市役所の行政機関の中に手話通訳者を配置したらどうだというような質問でございましたけれども、現在、手話通訳者は免許を持った方が5名しか市内にはいらっしゃらないということでございまして、なかなか今の状況では、手話通訳が必要な方の日常の生活、病院へ行くとか窓口へ行くとか、いろんな生活に密着したことをやるのが精いっぱいで、なかなかそれ以上のことができないということで、今社会福祉協議会には手話通訳の方が1名いらっしゃるということでございますが、なかなか福祉課の窓口までは通訳者が、人数が足らなくて、置きたいんだけども置けないというような状況でございます。

 今のところは手話通訳の勉強をしている方、そういう方に窓口業務をやりながら、そういうようなお手伝いもしていただいているというような状況と伺っております。

 以上です。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。織部議員、再質疑ありますか。よろしいですか。

 そのほか質疑はございますか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。討論を省略し、これより採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。議案第3号 菊川市手話言語に関する条例の制定については、委員長の報告は可決すべきものであります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第3号は委員長報告のとおり可決しました。

 ここで暫時休憩といたします。そのまま自席でお待ちください。



休憩 午前 9時28分



再開 午前 9時30分





○議長(内田?君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。



────────────────────────────────────────





△議案第4号の委員長報告、質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第6 議案第4号 菊川市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についてを議題とします。

 本件は、去る2月22日の会議で教育福祉委員会へ審査を付託し、既にその審査が終了しております。

 ただいまより、教育福祉委員長に委員会の審査結果の報告を求めます。12番 鈴木啓之教育福祉委員長。

         〔教育福祉常任委員長 鈴木啓之君登壇〕



◎教育福祉常任委員長(鈴木啓之君) 教育福祉委員会報告。

 2月22日の本会議において付託された議案第4号 菊川市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についてを2月22日に審査した結果、原案を可決すべきものと決した。

 あわせて、委員会での主たる質疑等を報告する。

 平成29年3月2日提出、菊川市議会教育福祉委員会 委員長 鈴木啓之。

 主たる質疑。国基準と同内容のサービスになると書いてあるが、内容的にほぼ同じなのか。菊川市らしい少し違うところがあるのかとの問いに、今回の条例に関しては、国の基準に定めたものと同様のものであるとの答弁であった。

 他市で制定されたものを見ると、若干人数や数値を変更している市町もあるが、国基準をそのまま市の条例にした場合に、事業者に与える影響はどうかとの問いに、今回の条例改正は、現行と大きな人員等の変更はないため、事業所に対して事業面での問題とないとの答弁であった。運営推進会議で地域住民の代表者が入っているが、地域住民の代表者とはどういう方か。また、運営推進会議から必要な要望、助言等の協議会を設けなければならない、会議の記録を公表しなければならない等があるが、どのようなことかとの問いに、今回の法改正で、地域密着型通所介護という小規模18人以下の通所介護が位置づけられる中で、運営推進会議をやるように改正となった。地域の住民の代表者は施設側が決めるものであるが、基本的には民生委員、自治会長等が参加する。その事業所のサービスを利用されている方及び家族の方、また行政の職員、地域包括支援センターの職員が構成メンバーとして会議を行うことになる。会議の中身としては、半年に1回、運営推進会議を行う規定になっており、その事業所の利用者数や行ったイベント等の報告を受け、利用者の感想や行政側からお願いすること等の会議を持ち、その報告が行政に報告書として上げられるという内容であるとの答弁であった。

 介護関係は難しくてわかりにくい。制度として理解できるような仕組みを少し考えたほうがいいのではないか。PR用のパンフレットはいつ配付するのか。例えば出前講座とかそういったところで皆さんに配付するのかとの問いに、介護保険事業については、3年に一度、事業計画を策定し、これにあわせてパンフレットを作成している。来年度から新しい事業を始めるため、本年度に限り3月に新しいパンフレットを全戸配布する予定である。

 それ以外に出前行政講座の参加者の方、窓口に来られた方はもちろんであるが、菊川病院等を退院されていく方、介護保険等各種サービスを必要とされる方に対して配付するとの答弁であった。

 地域密着型サービスの特徴とは何かとの問いに、地域密着型サービスの一番の特徴は市が管理するもので、市の被保険者が主に利用するサービスであるとの答弁であった。

 自由討議はごらんください。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木教育福祉委員長の報告が終わりました。

 委員長に対する質疑を求めます。質疑はありませんか。14番 横山議員。



◆14番(横山?一君) 14番 横山です。ただいまの委員長報告に御質問を申し上げますが、2項目めで、ここで、他市で制定されたものを見るという項なんですが、事業者に与える影響はどうかと。この国基準のものをそのまま適用した場合、あるかということですが、事業者もそうですが、利用者に対してどういう影響が出るかというようなことは協議をされませんでしたでしょうか。

 それから、国基準をそのままここで準用しているという話なんですが、他の市町村なんかでは、災害時におけることであったり、この記録の保存を2年から5年に延長したというようなことがあるわけですが、その辺を協議されたかどうかお聞きしたいと思いますが。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。鈴木教育福祉委員長。



◎教育福祉常任委員長(鈴木啓之君) 12番です。横山議員の質問にお答え申し上げます。

 まず、1番目が、事業者への影響だけじゃなくて利用者の影響はどうなのかというような御質問がございました。報告にもありましたように、なかなかわかりづらいというのがいろいろありまして、この審議会の中でもいろんな資料をいただいて説明を受けました。これをちょっと配付するわけにはいかないんですが、こういうような9つの施設があるということで、今回、その施設をどうやって使うのかというような、誰が使えるのかというような中身もいろいろ討議はいたしました。そういうことで、利用者に対してふぐあいが出るというような問題は感じておりませんし、また、そういう点についての質疑はありませんでした。

 それからもう一点が何ですか。

         〔「他市」と呼ぶ者あり〕

 他市の状況ですが、他市の状況については、報告書にもありますように、若干、インターネットで調べた中では、比べてみますと人数が少し変わっているようなところもあるんだけれども、どうなんですかというような質問はいたしましたが、現状に対して大きな問題はないんで、利用者に与える影響はないということで、それ以上の討議はございませんでした。

 以上です。



○議長(内田?君) 横山議員、再質問ありますか。横山議員。



◆14番(横山?一君) 委員長さんには十分に協議をされたとは思うんですが、極めて重要な問題なのでもう一点申し上げますが、介護保険法でいきますと、この制度そのものの見直し等については3年ごとに行われているわけです。この地域密着型が今後、次年度から新しい制度として始まるわけでありますが、その中で介護保険の変更というのがこれからの団塊の世代の皆さんがだんだんそういったサービスを受けるようになるということで、そのある意味の市場というんでしょうか、非常に大きくなっている。そして受け皿が非常に小さくなるというか、ふぐあいが出てくるということが予想されるわけで、こうした中では、要支援をあるいは要介護の軽い1、2であるとか、こういったものも切り捨てるというような、切り捨てるという言葉は悪いですが、そういったようなことが出されているわけです。そうした将来的な展望を見る中で、こうした地域密着型の制度ができるということは、私はある意味で非常にいいことだと思うんですが、こういったものをサービスを受ける皆さんがきちんと満足できるようなものにしていくという、そうした施策というのは当然必要になるわけでありますが、そうした介護保険も含めた協議を進めるべきだと思うんですが、介護保険とこの施設利用、地域密着型のサービスも含めた、そういった相対的な議論というんですか、協議というのは話されなかったでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。鈴木委員長。



◎教育福祉常任委員長(鈴木啓之君) 12番です。今、横山議員の質問にありましたが、介護保険を含めたというようなことは、特に介護保険という言葉は出てきておりませんが、今の第4条の地域密着型サービス、これは要介護の方が使うサービスでございまして、その次に出てくる第5条のほうですか、これが要支援の方が使われるようなサービスということで分かれております。

 特に介護保険が云々というような議論はされておりません。

 以上です。



○議長(内田?君) 横山議員、再質疑ありますか。そのほか質疑はございますか。2番 織部議員。



◆2番(織部光男君) 2項のところで、事業者が事業面では問題がないということが書かれておりますけれども、私の知り合い等と話をしましても、営業的には問題はあるというようなことを聞いておりますけれども、その点はどうなんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。鈴木教育福祉委員長。



◎教育福祉常任委員長(鈴木啓之君) 12番です。ここに書いてありますように、事業者に与える影響はどうかという質問をしております。当局のほうからは、利用者に対して事業面での問題はないというような回答をいただいておりますので、それ以上の質疑はしておりません。

 以上です。



○議長(内田?君) 2番 織部議員、再質疑ありますか。2番 織部議員。



◆2番(織部光男君) 営業的には非常に厳しくなっていって、同業者もやめるようなところも出てきているというのも聞いております。やはりそういった面、考えなければならないことではないかなと思いますけれども、ぜひ、業者も保護するということも考えていただきたいと思いますし、小規模の施設をふやすという必要もあろうかと思いますので、そういったところをお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(内田?君) 織部議員、あくまで質問ですので、報告に対する質問にお願いしたいと思います。

 そのほか、何か質疑はありますか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) それでは、質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。討論を省略し、これより採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。議案第4号 菊川市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の制定については、委員長報告は可決すべきものであります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立多数。よって、議案第4号は委員長報告のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第5号の委員長報告、質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第7 議案第5号 菊川市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための包括的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正についてを議題とします。

 本件は、去る2月22日の会議で教育福祉委員会へ審査を付託し、既にその審査が終了しております。

 ただいまより、教育福祉委員長に委員会の審査結果の報告を求めます。12番 鈴木啓之教育福祉委員長。

         〔教育福祉常任委員長 鈴木啓之君登壇〕



◎教育福祉常任委員長(鈴木啓之君) 教育福祉委員会報告。

 2月22日の本会議において付託された議案第5号 菊川市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正についてを2月22日に審査した結果、原案を可決すべきものと決した。

 あわせて、委員会での主たる質疑等を報告する。

 平成29年3月2日提出、菊川市議会教育福祉委員会委員長 鈴木啓之。

 主たる質疑。

 議案第4号と第5号の相違点は何かとの問いに、議案第4号は要介護の方が使用するサービスで、議案第5号に規定するサービスは、地域密着型介護予防サービスであり、要支援の方が使うサービスである。このサービスは3種類あり、1つ目が介護予防の小規模多機能居宅介護、2つ目が介護予防の認知症対応型通所介護で、3つ目が介護予防の認知症対応型共同生活介護であるとの答弁であった。

 菊川型の基本的な取り組み、方針、地域包括ケアシステムを構築する際の基本方針はどのように考えているかとの問いに、地域包括ケアシステムの中で、一番これからやらなければならないことは介護予防、それから、認知症に対する対策ということになる。また、地域の見守りの面など、市民にもっと理解していただきたいこともあるとの答弁であった。

 自由討議はごらんください。

 以上。



○議長(内田?君) 鈴木教育福祉委員長の報告が終わりました。委員長に対する質疑を求めます。質疑はありませんか。よろしいですか。

         〔発言する者なし〕



○議長(内田?君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。討論を省略し、これより採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第5号 菊川市指定地域密着型介護サービス予防の事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部改正については、委員長の報告は可決すべきものであります。委員長報告のとおり決定することに賛成する方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立多数。よって、議案第5号は委員長報告のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第7号の報告、質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第8 議案第7号 菊川市消防団条例の一部改正についてを議題とします。

 本件は、去る2月22日の会議で総務建設委員会へ審査を付託し、既にその審査が終了しています。

 ただいまより総務建設委員長に委員会の審査結果の報告を求めます。11番 山下総務建設委員長。

         〔総務建設常任委員長 山下 修君登壇〕



◎総務建設常任委員長(山下修君) 総務建設委員会報告。

 2月22日の本会議において付託された議案第7号 菊川市消防団条例の一部改正についてを2月22日に審査した結果、原案を可決すべきものと決した。

 あわせて、委員会での主たる質疑等を報告する。

 平成29年3月2日提出、菊川市議会総務建設委員会委員長 山下 修。

 主たる質疑。

 本条例改正で一番期待するものは何かとの問いに、現在、菊川市においても団員が減少し、消防団員の非雇用率が90%が超えていくという状況の中で、団員が入団しやすい環境をつくることが第一である。また、不足する消防団員を確保するとともに、平日、昼間の災害発生時に出動態勢に支障がないよう、特定の消防業務に従事する団員を創設し、消防力を補完することを期待しているとの答弁であった。

 第3条の職階及び定数を改正により削り、別表(第10条関係)で定めているのはなぜか。また、本部長の階級の位置づけ及び本部長と機能別団員の報酬はとの問いに、消防団員の階級については、消防団組織法の第23条の2において、消防庁の基準に従い市町村の規則で定めるとされていることから、規則(菊川市消防団の組織等に関する規則)で定めることとしたが、報酬については条例で定める必要があり、別表(第10条関係)において階級ごとに定めている。

 また、本部長については、分団長階級の職務として位置づけ、報酬を支払うこととなる。機能別団員(特定の消防業務に従事する団員)に対しては、通常の団員報酬が5万4,000円となっており、県下の状況を参考に検討した結果、その3分の1である1万8,000円が妥当であるという判断をしたとの答弁であった。

 対象年齢を18歳以上とし、40歳の上限をなくした理由はとの問いに、特定の消防業務に従事する団員を想定する中で、40歳以上の消防団のOBを対象として考えているので、40歳の年齢制限を廃止した。

 また、女性消防団員並びに大学生の入団について国も推進しており、菊川市としても大学生等の入団に対応していくため、18歳以上としたとの答弁であった。

 機能別団員の活動をどのように考えているかとの問いに、災害時のみに従事する団員で、査閲大会及び大会に伴う訓練には参加しないとの答弁であった。

 出動手当が1,600円と3,200円の2つに分かれているが、その違いはとの問いに、これまで、一律1,600円であった出動手当を、実際に活動に従事した者に3,200円、出動命令に対して出動したが活動に従事できなかった者に1,600円支払うことにより、団員の処遇の改善を図ることとした。

 活動に従事した団員の把握については、消防団から提出される活動報告書により判断するが、現場には事務局並びに消防団が出動しているので把握できると捉えているとの答弁であった。

 以下、自由討議はごらんください。



○議長(内田?君) 山下総務建設委員長の報告が終わりました。委員長に対する質疑を求めます。質疑はありませんか。

         〔発言する者なし〕



○議長(内田?君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。討論を省略し、これより採決をすることに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め採決します。

 議案第7号 菊川市消防団条例の一部改正については、委員長の報告は可決すべきものであります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第7号は委員長報告のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第9号の報告、質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第9 議案第9号 平成28年度菊川市一般会計補正予算(第5号)を議題とします。

 本件は、去る2月22日の会議で一般会計予算決算特別委員会へ審査を付託し、既にその審査が終了しております。ただいまより、一般会計予算決算特別委員長に委員会の審査結果の報告を求めます。11番 山下 修一般会計予算決算特別委員長。

         〔一般会計予算決算特別委員長 山下 修君登壇〕



◎一般会計予算決算特別委員長(山下修君) 一般会計予算決算特別委員会報告。

 2月22日の本会議において付託された議案第9号 平成28年度菊川市一般会計補正予算(第5号)を、2月22日の総務建設分科会、教育福祉分科会、2月28日の一般会計予算決算特別委員会で審査した結果、原案を可決すべきものと決した。

 平成29年3月2日提出、菊川市議会一般会計予算決算特別委員会委員長 山下 修。

 以上です。



○議長(内田?君) 山下一般会計予算決算特別委員長の報告が終わりました。

 お諮りします。委員長報告への質疑を省略することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、委員長報告への質疑を省略いたします。

 お諮りします。討論を省略し、これより採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め採決します。

 議案第9号 平成28年度菊川市一般会計補正予算(第5号)は、委員長の報告は可決すべきものであります。委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立多数。よって、議案第9号は委員長報告のとおり可決しました。

 ここで、10時10分まで休憩といたします。



休憩 午前 9時57分



再開 午前10時10分





○議長(内田?君) 休憩を閉じて会議を続けます。



────────────────────────────────────────





△議案第15号の総括質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第10 議案第15号 平成29年度菊川市一般会計予算を議題とします。

 本件については、総括質疑の通告がありますのでこれを許します。

 最初に、会派みどり21を代表して、12番 鈴木啓之議員の質疑を許します。なお、質疑時間は、再質疑を含め30分以内でお願いします。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番 鈴木です。みどり21を代表して総括質疑をさせていただきます。これから予算の審議が入るわけでございますが、その呼び水となればいいなというふうに考えておりますのでよろしくお願いします。

 では、まず1番目として、2款1項1目0102002職員研修費346万6,000円でございます。職員の能力向上の研修費が減少しているのはなぜでしょうか。

 人材育成は、最小の経費で最大の効果を上げるために、最も重要な事業であると考えます。29年度の研修計画は、前年度と比べどのように改良されていますか。

 また、市役所の職員は幅広い知識を必要とするため、直接業務に関係ない講座でも、積極的に通信講座等に取り組ませる必要があると考えますがいかがでしょうか。

 2番目に、2款1項2目0102151総合戦略知名度向上事業費249万5,000円、対前年度比124.8%です。若者や子育て世代の定住化促進のため、菊川の魅力を発信する事業でありますが、事業の評価はどのようにしていますか。28年度の効果と反省はいかがでしょうか。29年度はどのように情報を発信するのか伺います。

 3番目、3款2項1目0103051、2億221万9,000円、園舎整備等補助費は、菊川中央こども園の園舎創設工事により待機児童解消に貢献するとありますが、29年度の待機児童の状況はいかがでしょうか。また、この創設によりどのくらいの枠が拡大されるのか、その他の対策はとられているのか伺います。

 4番目、4款1項5目0104011こども医療費1億9,879万7,000円、対前年度比4.9%と毎年増加しています。原因がわからないと対策がとれませんが、どのように分析・対応しているのか伺います。

 5番目、4款1項6目0104060健康マイレージ事業費57万9,000円、これは3年目になるわけでございますが、過去2年の実績と効果はどのように評価していらっしゃいますでしょうか。若い男性の参加が少ないということですが、その原因は何ですか。29年度の特徴を伺います。

 6番目、4款1項5目0104061総合戦略妊娠出産時家庭ホームヘルプサービス補助費10万円、利用されにくい事業とのことでしたが、事業の開始時に事前に必要性、需要見込み等の調査研究をしたと考えますが、実施後との相違はなぜ起きたのでしょうか。どのような対策をして29年度の予算計上をしたのか伺います。

 7番目、6款1項3目0106008茶業振興費803万6,000円、お茶は菊川の基幹産業であり、お茶が元気でないと菊川の活気も出ないと考えます。今回、茶品評会出品報償費250万円が設けられ、生産者もよいお茶を生産するというやる気が出るでしょうが、対象となる品評会はどのようなものですか。

 また、出品することで報償費がもらえるのですか。入賞した場合の報償金はあるのか伺います。

 8番、6款1項3目0106056総合戦略次世代農業推進事業費1,342万6,000円、内陸フロンティアを核とする主農業と交流人口増の取り組みの企画立案とありますが、内陸フロンティアの構想、その中の交流エリアとはどのようなものか伺います。また、儲かる次世代農業とはどのような農業を考えていますか。

 9番、7款1項3目107005工業振興費5,780万円、地域産業立地事業費補助金として計上されておりますが、新規の工業誘致が決まったのですか。その内容を伺います。

 10番、7款1項4目0107014、1,226万8,000円、茶消費拡大振興費は、前年比110.2%となっております。全て茶業協会への委託料負担金です。負担金の決め方と増加理由を伺います。また、事業の成果をどのように評価していますか。

 最後になります。8款4項1目0108066総合戦略駅北構想策定事業費350万円、27年度から行われている駅北地域の将来構想の策定事業の進捗状況を伺います。あわせて、業務内容の変更に伴う減額とありますが、内容を伺います。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(内田?君) 鈴木議員の質疑が終わりました。答弁を求めます。最初に河本総務部長。



◎総務部長(河本大輔君) 総務部長でございます。みどり21、鈴木啓之議員の御質問にお答えします。

 初めに、職員研修費についての御質問にお答えします。

 1つ目の職員の能力向上の研修費が減少しているのはなぜかについてですが、前年度比11万1,000円の減の要因は、静岡県市町村振興協会が主催し、静岡市内で開催します新規採用職員研修への参加者が17人から7人へ減少することに伴う受講負担金及び旅費の減、また、全国市市町村職員中央研修所が主催する専門実務研修への受講負担金の減などが主な要因となっております。したがいまして、研修事業の縮小に伴う減額といったものではございません。

 2つ目の29年度の研修計画は、前年度と比べどのように改良されているかについてですが、新たな研修の一例を申し上げますと、市単独研修におきましては新聞講座を開催し、新規採用職員を中心に受講させ、新聞を通して読みやすい文章を書く力を養い、情報発信力の向上に努めてまいります。

 また、県が主催する研修におきましては、時間内に最高の成果を上げる現状打破講座や働き方を見直すマネジメント講座が開催され、本市からも職員の受講を申し込んでいきます。

 次に、直接業務に関係ない講座でも、積極的に通信講座に取り組ませる必要があると考えるかいかがかについてですが、通信講座につきましては、受講料の2分の1以内かつ2万円を上限として、受講を終了した職員に対しまして助成をしております。

 助成の対象となる講座は、業務に関連する知識を習得する講座はもとより、本人のスキルアップやキャリアアップに資する講座につきましても広く認定をしており、その数は平成28年度におきましては146講座になります。

 今後につきましても、議員から御提言いただきましたとおり、より幅広い講座をメニューに加え、職員がさらに積極的に取り組めるよう、周知・啓発に努めてまいります。

 次に、総合戦略知名度向上事業についての御質問にお答えします。

 知名度向上事業は、移住定住人口の拡大を図るために、まずは多くの人に菊川市を知っていただくというものです。

 28年度に実施した内容は、菊川市の魅力を発信する15秒のCMを8月6日から15日までの10日間、SBS静岡放送及びテレビ静岡で合計32回放送いたしました。多くの人が目にするテレビという媒体を用いて、特に夏休み、お盆の時期に放送することで休み中の方、帰省中の方など、通常よりも多くの方に見てもらうことを期待したものであります。

 加えて、同時期に魅力発信事業といたしまして、JR東海道線の車両内への広告掲載やインターネットを活用したウエブ広告を集中的に行うことで相乗効果を図っております。

 1つ目の事業の評価はどのようにするかについてですが、この知名度向上事業をきっかけに菊川市に興味を持っていただき、ホームページでさらに魅力を知っていただく、そして訪れていただくことが目的となっております。

 したがいまして、事業の評価指標といたしましては、市ホームページへのアクセス件数としております。事業を実施した8月のアクセス件数は3万2,333件で、前月の2万9,172件に比べ3,161件、また前年同月比と比較しましても6,451件増加しております。

 2つ目の28年度の効果と反省はどうか、29年度はどのように情報発信するのかについてですが、この事業によって一定の視聴者に菊川市を知っていただいたことや、市がCMを実施するといった話題性などの効果はあったと考えます。

 ただ、予算の関係もあり放送回数も多いものではないことから、より効果的な事業を考える必要も感じたところでございます。

 平成29年度の知名度向上事業は、市のプロモーションビデオの制作を計画しております。15秒のCMでは伝えきれなかった菊川市の魅力を発信できるものと考えております。活用方法としては、You Tubeでの配信、全国のプロモーションビデオをまとめたサイトへの掲載や各種イベント等での放映を考えております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 続いて、原田教育文化部長。



◎教育文化部長(原田修一君) 教育文化部長でございます。みどり21、鈴木啓之議員の御質問にお答えさせていただきます。

 園舎整備等補助費への御質問にお答えいたします。

 平成30年4月の開園予定であります菊川中央こども園は、保育認定子供の定員枠を新たに90名設定する予定となっておりますので、保育を必要とする子供の受け入れ枠が、その分、平成30年度より拡大されることとなります。

 平成29年度の待機児童数についてですが、平成29年2月16日現在、国の定義によります待機児童数は19名となっております。待機児童につきましては、早期に入所が可能となるよう、各幼児施設と調整を続けておりますが、受け入れ枠に余裕がなく、厳しい状況であります。

 待機児童解消のその他の対策については何があるかということでございますが、受け入れ枠を拡大する手段としまして、認定こども園化の推進、公立幼稚園における預かり保育の拡充、既存保育所等との受け入れ人数拡大協議、菊川市幼保施設整備計画基本方針の見直しを進めております。

 また、全国的に問題になっております保育士不足につきましても、保育教諭等登録制度、県内大学短期大学等への訪問、保育現場復帰のための職場体験の実施等、保育士確保への取り組みを行っております。

 平成29年度におきましても、これらの対策を継続して実施するとともに、待機児童対策としての手段の一つであります小規模保育等の地域型保育給付事業やリフレッシュ保育事業の担当部署を健康福祉部福祉課から教育文化部幼児教育科に移す方向で内部調整を進めており、保育サービスに関する事務事業を可能な限り一つの部署に集めることで、待機児童対策を担当する職員の意識と情報の共有、連携を強化し、より効果的に待機児童対策に取り組んでまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 続いて、大石健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大石芳正君) 健康福祉部長でございます。それでは、みどり21、鈴木啓之議員の御質問に御答弁させていただきます。

 初めに、こども医療費についてでございますが、平成24年度から平成26年度は、1億5,000万円前後であったものが、平成27年度は1億7,000万円と2,000万円の増額となりました。

 増額の内訳でございますが、6歳以下の入院費が約1,300万円、小学生の通院費が約600万円増加したことによるものです。6歳以下の入院費が増加した要因ですが、平成26年度の後半から未熟児の出産が多く、出産後も医療行為を必要とするお子さんがおられたことや、生まれて間もなく重度な症状により、集中的な治療を要する子供さんがおられたことが要因と考えております。

 次に、小学生の通院費ですが、増額600万円に伴う通院増加日数1,626日を、病院の開院日、年間約240日と、それで除しますと、1日平均が6.7人の増加したこととなります。

 前年度と際立って増加した月もなく、冬から春にかけて通院が多く見られることから、インフルエンザが流行したことやアレルギー疾患、鼻炎等が要因と考えられます。

 また、最近は休日診療や夕方の開院時間の延長、待ち時間がスマートフォンで確認できなど、病院の受け入れ改善、医療行為の進歩なども要因の一つではないかと感じております。

 本制度は疾病の早期発見・治療、保護者の経済的負担の軽減、子供の健全な育成が目的でございます。事業が有効に活用されることは喜ばしいことである半面、それだけ、子供さんが病気を患っているということにもなります。今後もさらなる分析に努め、疾病の早期発見、治療、流行性感冒の抑制対策に努めていただくよう、関係機関と連携して周知するとともに、はしご受診をやめるなどといった適正な医療受診に努めていただく点についても、周知、啓発をしてまいります。

 次に、健康マイレージ事業の実績と効果の評価、若い男性の参加が少ないことの原因、29年度の特徴についてお答えいたします。

 平成27年度は、1,603枚のシートの配布と245人のポイント達成者がございました。

 実績に基づく評価ですが、達成者のうち、86%が女性であったことや、年代別では50代から70代が90%であったことから、60代、70代の意識は高く、仕事を持たれている年代の参加が少ない、それに加えて男性の参加が少ないことが結果が得られました。

 参加した方の8割は次回も参加すると回答される中、毎日体重計に乗るようにしたなどと具体的な事業成果も寄せられておりますが、知らない人が多いなどの指摘もあり、平成28年度は3,000枚余のシートを配布いたしましたが、まだまだ認識が低く、周知の手法を検討する必要があると感じております。

 男性の参加が少ない原因でございますが、みずからが好む趣味やスポーツに取り組む人が多く、仕事や地域活動など多忙な日々を送っていることが要因ではないかと考えております。

 若年層は行動範囲も広く、仕事や趣味も忙しい中、スポーツ少年団など子供たちと一緒に運動する機会も多く、別な取り組みで運動にいそしんでいるという点もあるのではないかと解しております。

 29年度の取り組みですが、参加の少ない男性や若い世代への周知とともに、マイレージ事業の取り組みに意識が高く、過去に事業に参加した50代から70代の方に広報役をお願いし、具体的な事業のよさを広めていただくなど、周知の手法を取り入れていきたいと考えております。

 また、市内の事業所へのPRを行い、事業所の健康づくり事業として取り組んでいただく提案などをして、多様な手段を通じ、健康マイレージに取り組んでいただけるよう努めてまいります。

 次に、妊娠出産時ホームヘルプサービス利用補助金についてでございます。

 事前の必要性需要見込みと、実施後実績と相違はないか。29年度はどのような対策をしているかについてでお答えいたします。

 事前の見方といたしましては、他市で取り組む同様な事業をもとに、対象となる市民の方に意見をお聞きしたところ、同様な事業があれば助かるとの声が多く、需要があると考え、先進市を参考に事業の取り組みを考えたところですが、菊川市における事情は、都市部の事情とは異なり、近くに両親など支援をしていただける方がいる点や、出産後、多忙な中で人を家に入れることに抵抗があるなど、また、サービスを提供する事業者も手探り状態で、行政ともに具体的なサービスの周知に欠けていたなど、いざ事業を使うとなると、ちゅうちょする点がリサーチされました。

 29年度においては、事業者と具体的なサービス内容の周知などをともに検討し、母子手帳の交付の際のPRや、産科院、医療機関のパンフレットの配布を行い、妊産婦の支援に努めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 続いて、加藤建設経済部長。



◎建設経済部長(加藤容章君) 建設経済部長でございます。みどり21、鈴木啓之議員の総括質疑についてお答えします。

 初めに、茶業振興費に関する御質問にお答えします。

 1つ目の対象となる品評会は、また、出品することで報償費がもらえるのかについてでございますが、対象とする品評会は全国茶品評会、関東ブロック茶の共進会、それと静岡県茶品評会の3つを予定しております。

 また、報償費を交付する対象でございますが、小笠・菊川、それぞれの茶業委員会、この茶業委員会が推薦したものに交付したいと考えております。

 次の、入賞した場合、報奨金はあるのかでございますが、菊川市茶業協会が規定を定め、対象とする茶の品評会で上位入賞したものに対して、奨励金を現在交付しております。この奨励金の額でございますが、全国茶品評会で1等1席の農林水産大臣賞、こちらを受賞した場合には50万円、1等2席では5万円を交付します。

 また、関東ブロック茶の共進会及び静岡県茶品評会では、1等1席の農林水産大臣賞を受賞した者には10万円、1等2席では5万円となっております。

 次に、総合戦略次世代農業推進事業費の御質問にお答えします。

 初めに、交流エリアとはどのようなものかについてでございますが、静岡県の内陸フロンティア構想は、有事に備えた防災減災対策と、平時の産業振興、地域活性化が両立した地域づくりを基本として組み立てられております。

 菊川市の場合には、地域農業の核となる場所の創設をテーマとしており、交流エリアにおきましては、人や情報、話題の交流を生み出し、菊川の農業を発信していく拠点となるよう計画をしているところでございます。

 次に、儲かる次世代農業とはどのような農業を考えているかについてでございますが、現在進めております地域特産物を初めとする高収益作物の生産、また複合経営を推進することにより農地の生産性を高め、新たな経営モデルや販売モデルを確立展開することにより、地域農業の活性化と所得の向上を図る取り組みでございます。

 次に、工業振興費の御質問にお答えします。

 新規の工場誘致が決まったのか、その内容はについてでございますが、小笠東地区に事業所を置き、現在創業しております物流関連企業が事業規模の拡大のため、赤土工業専用地域内に新たな物流施設を建設するものでございます。

 その事業内容でございますが、他の事業者の所有します荷物の保管、運送を行う拠点施設として計画されており、既に創業に向けた造成工事が着手され、予定では平成29年秋ごろの竣工、操業開始と聞いているところでございます。

 また、補助の内容でございますが、地域産業立地事業費補助金交付要綱のこちらの規定によりまして、用地取得費及び雇用に対する補助として、用地につきましては取得費の20%以内、雇用につきましては、新たな雇用に対して補助をするものでございます。

 次に、茶消費拡大振興費に関する御質問にお答えします。

 1つ目の負担金の決め方、それと増加理由でございますが、負担金につきましては、茶業協会規約におきまして構成団体ごとの分担金と市が負担する費用が定められており、この規定に基づき負担金を決めております。

 平成29年度の予算の内訳としましては、宣伝用のお茶の購入委託料が50万円、協会職員の人件費が721万2,000円、事業費としましては、通常に係る市の分担金が340万円、また、市が負担する事業活動費が115万6,000円となっております。

 この増額となった理由でございますが、平成29年度の茶業協会の新たな取り組みとしまして、若手生産者が企画に参画し運営する新規のイベントや、若手生産者の県外PR事業、こういったものを計画しており、この事業に係る予算115万6,000円を事業活動費として計上したことによるものでございます。

 次に、事業の成果をどのように評価しているかについてでございますが、茶業協会が行うイベントですとかPR事業、こちらは菊川茶の知名度向上や、茶の消費拡大を目的としていることから、事業成果の測定や評価を行うことが難しさがございますが、毎年実施するイベントや交流体験事業等の参加者数、販売額、こういったものを調査し、この結果につきまして、年2回開催します茶業協会役員会で報告を行うとともに、各種事業につきましても御意見等を伺っているところでございます。

 最後になりますが、総合戦略駅北構想策定事業費の御質問にお答えします。

 1つ目の駅北地域将来構想の進捗状況でございますが、平成27年度は駅北構想検討エリアを駅から半径500メートルの範囲とした駅北周辺地域と、その外側を西方地域とする2つのエリアに分け、駅北周辺地域では1案、西方地域では4案の構想素案を作成しました。

 平成28年度は策定しました素案をもとに、市民ニーズを確認するためのアンケート調査やワークショップ、また、民間企業の事業調査として企業ヒアリングを実施し、結果を分析する中、構想案のとりまとめを行っているところでございます。

 次に、業務内容の変更に伴う減額の内容についてでございますが、平成27年、28年度は、構想策定に伴う業務委託の予算を計上しておりましたが、平成29年度は構想の実現に向けた整備区域の検討、また、面的あるいは線的整備の手法等を検討するための業務委託に変更したため、委託料が減額となっております。

 以上で、みどり21への総括質疑の答弁とさせていただきます。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番。わかりやすい答弁をいただきました。

 では、最初から一つずつ、もう少しお伺いしたいと思います。

 職員研修費でございますが、新規採用の研修が17人から7人に減ったというようなお話がありましたけれども、これは新規の採用者が昨年と29年度では減っているということでよろしいでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。河本総務部長。



◎総務部長(河本大輔君) 総務部長でございます。採用職員の人数の減ということになります。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。この予算説明資料の中にございますけれども、行政運営を担うリーダー的な人材をする育成する選抜指名研修等を受講させることにより、職員の意識と地域を高めるとありますけれども、この選抜指名研修というのは誰にどのような教育をするのでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。佐藤総務課長。



◎総務課長(佐藤雅巳君) 総務課長でございます。選抜指名研修につきましては、大別しますと2つの種類がございます。1つは、自治体の今後の自治体運営を担うリーダー的な人材を育成する分野と、それぞれの行政課題に対応するための専門知識いろいろを習得する分野と2つを選抜指名研修のメニューとして用意をしているところでございます。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。先ほど部長から御説明がありました、29年度は新聞講座とか現状打破講座というような新しい講座を設けられるというようなお話でございましたけれども、現状打破講座というのは非常にいろんなものを改革するという面で耳ざわりのいい言葉なんですが、実質的にはもう少し内容を詳しく教えていただけますでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。佐藤総務課長。



◎総務課長(佐藤雅巳君) 総務課長でございます。ただいまお話がございました現状打破講座でございますが、これは新しく静岡県が主催する研修でございます。今現在、私どものほうに県のほうから研修の指導をいただける内容で限定してお答えさせていただくことになりますが、本講座につきましては、若手職員を中心としまして、生産性の高い働き方を意識させるための手法を学ぶものというふうに現時点では聞いております。

 また、詳細につきましては、県からそれぞれの個々の研修内容につきまして、年度中に私どものほうにも通知がされるというふうに承知をしております。

 現時点でのお答えとしましては以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) わかりました。まだ詳細は不明ということなので、それ以上は結構でございますが、通信講座もいろいろお伺いしていて問題があるんじゃないかと思うんですけれども、職員の皆様は異動も非常にありますし、幅広い知識が必要だと考えます。通信講座を利用して多くの知識を得たり資格を取らせるということは非常に重要なことだと思うんですけれども、この報告、この明細にもありますように、枠が20人でしたか、そうですね。こないだの補正予算のところでもありましたけど、定員の20人も下回るというような報告があって、ちょっとこれおかしいんじゃないかなって疑問に思ったんです。やはり、もう少し皆さん、いろいろ知識を得ていただくとうことは、やはり2年に1つぐらいは通信講座を各自が受けていただく、まあ50%ぐらいの人が受けていただくようなやる気というのを見せていただかないといけないんじゃないかなと思うんですが、この辺は、市長、どのようにお考えになりますか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。河本総務部長。



◎総務部長(河本大輔君) 総務部長でございます。議員から今お話がありましたように、平成28年度の実績としましては20人の予算に対しまして10人という実績でございます。より多くの人が受講できるように、今20人という予算上の20人という枠の設定がありますけれども、より多くの人が取り組めるように周知を図っていきますし、先ほど答弁させていただいたように、メニューについても拡大を検討していきます。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) どうやってふやしていくかというのは非常に問題だと思うんです。部課長さんが先頭に立って部下の方に、おまえ、受けたらどうだというふうにやっていかないといけないと思いますし、余りこれは自己啓発の問題なんで、強制的なこともできないとは思うんですが、この講座の、これだけ講座がありますよ、何回こう、あって6カ月ですよとか1年ですよということで、幾らですよってそういうパンフレットというのは全職員に配付はしているわけでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。佐藤総務課長。



◎総務課長(佐藤雅巳君) 総務課長でございます。研修につきましては、毎年年度当初に職員のほうに案内をしております。研修は大別しますと、予算の説明資料13ページにもございますとおり、実施主体別に言いますと、市が実施する研修、また3市が実施する研修、そして外部派遣、県であるとか市町村振興協会であるとか、そうしたものが主催する研修に今職員を派遣するというようなものがございます。

 ただいま御質問いただいております通信教育につきましては、これは当然市が3市と協議の中で実施をしているわけでございますが、年度当初に、さまざまな研修について、職員に対して周知をしております。

 研修につきましては、採用年次、採用何年目とか、あとは職階、管理職、監督職というような職階に応じた指定研修というものがございます。そのほかに、職員が選択する研修もございます。その中の選択研修のオプション的にこうした通信教育を設けているわけでございまして、今議員から御提言をいただきましたとおり、まだ実績については私ども当然十分だというふうには認識をしておりませんので、より周知については図ってまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) この件についてはもうこれで終わりにしますけれども、やはり今は非常に資格社会になっておりまして、市民の方も、ここで仕事をしている窓口の人たち、または奥に座っている人たち、どういう資格を持っているかというのは非常に知りたいと思いますので、ぜひいろんな面で、自己啓発でもってこういう通信講座を受けていただくようにして、やはり窓口に行ったら、有資格者名ということで、どの資格を持っている人が誰がいます、こういうのをだっと張って、市民がよくわかるようにしたほうがいいんじゃないかと思うんです。民間会社だと、工場なり課なりのところへ行くと、有資格者リストって、何の資格があってって、そこへ危険物取り扱い主任だとか、そういうような資格がある中で、名札をかけてあって、どの資格を持っている人がここに何人いるかというのがわかるようになるんですが、やはり市役所もそういうようなやり方というのを考えてみたらいかがでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。佐藤総務課長。



◎総務課長(佐藤雅巳君) 総務課長でございます。私ども市の職員が業務上必要とする資格は当然取得をさせております。また、このただいまの話に出ております通信教育の講座につきましては、例えばTOEICであるとか、英語の研修の関係でございますが、そうしたもののメニューはございますが、この通信教育を受講して何か、例えば国家資格であるとか、そういったようなものを取得するというようなそうした研修、通信の講座等は立てておりません。しかしながら、最初に申し上げましたとおり、業務上の必要な資格等につきましては、当然、職員に計画的に取得をさせているというふうに考えております。

 また、その表示につきましては、今現在行っておりませんので、必要なものにつきましてはまた考える必要があるというふうには考えておりますが、この通信教育につきましては、そうした資格取得というものを目指すというものではございません。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) では、次にいきます。2款1項2目総合戦略知名度向上事業費ということでございますが、対前年比124.8%ということで、部長から先ほど説明がございましたように、8月6日から15日まで、SBSテレ静等で32回放送したよとか、電車の中づりをやったよとか、いろいろお話がありまして、私もいろいろ興味を持っていたんですが、残念ながらこのコマーシャルも、どの番組で何時何分にやるというようなものもわかりませんでしたので、見るチャンスはなかったのと、余り電車に乗る時間も、ときもチャンスもないもんですから、いろんな、時々乗るときに、電車に乗ってずっと最初の車両から最後の車両まで見るんですが、ちょっと見るチャンスはありませんでした。

 いろんなことをやるというのは非常にいいと思うんですけども、その効果、先ほど非常に効果の判断が、評価のしようが余りないというような形で、ホームページのアクセス数でもって評価をしているということで御報告いただき、アクセス数が3,000回、前年に対しては6,000回というのでふえているということは、効果があったのかなとは思いますけども、市内外へ市の魅力が発信されているまちだと思うかとの問いに、そう思う、どちらかといえばそう思うが31%というような話だったんですけど、この辺についてはどのように評価をされていますか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。勝浦秘書広報課長。



◎秘書広報課長(勝浦敬豊君) 秘書広報課長でございます。今言われた市民アンケートの中の意識調査の中の一つかと思います。そういったものはまた毎年度やっている調査でございますので、そういった中で、きのうの市民の方も、そういうふうに市が情報発信をしているというふうに感じるかどうかというのも一つの評価の指標になってこようかと思います。

 また、市民アンケートの結果を注視しながら、対策を練っていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。こういうふうな中づりのパンフレット、ポスターというんですか、そういうようなものとか、それからコマーシャルでやった中の一こまとか、そういうようなものをポスターにして地区センターのほうに配付したというようなことはございませんか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。勝浦秘書広報課長。



◎秘書広報課長(勝浦敬豊君) 秘書広報課長でございます。先ほどの知名度向上事業とあわせて、ウエーブ広告をやるということも申し上げました。あわせまして、市内の地区センターであるとかそういったところ、あるいは商店のほうにも出向きましてポスターの掲示もやっていただいたところでございます。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。では、前年比124.8%に増加したというのはどういう項目で増加しているわけでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。勝浦秘書広報課長。



◎秘書広報課長(勝浦敬豊君) 秘書広報課長でございます。ホームページのほう、市のほうのホームページにいきますとアクセス件数というのが把握できるようになっておりますので、そこで菊川市のほうのホームページにアクセスをしてきた人の人数ということでカウントしております。



○議長(内田?君) ちょっと費用、お金は伸びた。



◎秘書広報課長(勝浦敬豊君) 今の増額につきましては、昨年度200万の範囲でCM放送をやりました。今年度につきましてはプロモーションビデオの製作の委託料ということで考えております。昨年とは違う事業を実施していきたいということでございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。プロモーションビデオにしたんで、ちょっとお金がたくさん要るよというふうに受けとめさせていただきました。

 次、3款2項1目の映写整備等の補助金でございますけれども、平成30年になると、菊川中央こども園が開設することによって保育部門のほうで90名の定員枠がまるきりふえるというようなことでお答えがありまして、今29年度というのが2月16日現在で19名の待機児童があるということでございましたけれども、潜在的な待機児童も含めるとどのぐらいに今現在なるんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。原田教育文化部長。



◎教育文化部長(原田修一君) 教育文化部長でございます。潜在的な待機ということでございますけれども、潜在的な待機、いわゆる私的待機と言われる方かと思いますけれども、私的待機の方が2月16日現在で27名ございます。先ほどの19人と27人を足しまして46人の方が何らの形で保育園にまだ入れないというような形であると思っております。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) わかりました。そうすると、プラス・マイナスすると、この菊川中央こども園が開設すると非常に余裕ができるというか、待機児童の器としてはもう安心できるというふうに考えてよろしいでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。原田教育文化部長。



◎教育文化部長(原田修一君) 教育文化部長でございます。私的待機の部分の考え方でございますけれども、この部分につきましては、例えばあいている保育園があるんだけれども、この保育園だと、例えば通勤路から外れているとか、住んでいる場所からちょっと遠いというようなことで、そのあいている保育園には行けないという方もカウントされますので、中央こども園が開園したからといって必ずしも潜在的なものも全部なくなるということはなかなかちょっと難しいとは考えております。

 また、将来、子供を保育園に預けたいというニーズも今後どうなるか。当然、少子化が進んでくる中で、保育園に入る子供の数自体は減りますけれども、ニーズがやはり今後どうなるかということもしっかり見きわめる必要があろうかと思っております。

 私どもとしましては、90人できたからもうこれで全て解決するよというふうにはちょっとなかなか考えられないというふうには思っているところでございます。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 器としては足りるよというふうなことになるんじゃないかなとは思うんですが、そうすると、もう一つ問題なのは、保育士さんどうするねというのが確かにあると思うんです。いろんな面で、器はあるけれども、保育士さんがいないからできないというような状況もいろいろ出ているわけでございまして、市のほうとしても保育士さん対策というのはいろいろやっていただいているとは私も感じておりますけれども、先ほどお話にありました保育士の登録制度です。昨年、1名登録されて1名横地保育園入れていただいたという実績があると思いますけれども、昨年の保育士登録制度の活用ぐあいというか、状況を教えていただけますか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。原田教育文化部長。



◎教育文化部長(原田修一君) 教育文化部長でございます。大変申しわけございません。人数までのきょうはデータを持ってまいりませんでしたので、また、委員会等で御報告させていただければと思いますけれども、今、議員さんのほうから横地保育園のお話が出ましたけれども、それ以外の保育園にも御紹介させていただいたという事例がございますので、これで十分かというほどには御紹介できませんでしたけれども、何人かは御紹介させていただいて、そのうち何人かは採用に結びついたというふうには聞いております。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) こういう登録制度を設けて、実績が出て、いろいろ活動されているというふうに受けとめました。

 もう一つ、お話の中にも出てきたんですが、菊川市幼保施設整備計画のほう、今いろいろ取り組まれていると思いますけれども、10年先を見据え、子供の数と保育園・幼稚園の需要予測等を行い、規模と配置を含め、市全体としてバランスよく幼保施設が整備されることを目的として策定され、現在見直ししているということなっておりますけれども、最近の状況を見ますと、いろんな面で各施設が急に計画をして新設するというのがいろいろ出てきていると思うんですけれども、これを菊川市幼保施設整備計画とそういうふうなものが全然リンクしないような感じがするんですが、その辺、どのようにお考えでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。原田教育文化部長。



◎教育文化部長(原田修一君) 教育文化部長でございます。確かに、今鈴木議員がおっしゃるように、なかなか施設の整備についてはばたばたになっているという状況については、お認めさせていただくところでございます。その原因としましては、保育ニーズの変化というものが非常に大きいかなというふうには私ども考えております。

 ちなみに、参考までに申し上げますと、平成18年度と平成28年度に比べまして、保育園の入所の子供の人数は約24%増加しているところでございます。一方で、幼稚園、これは公立・私立含めまして、同じく18年度から28年度を比べますと26%減っているところでございます。当然、保育園につきましては、受け皿としてどう今後拡充していくかという問題もございますし、幼稚園におきましては経営の問題もございますので、新たな経営策を考えていく中で、認定こども園というのが1つの選択肢になりまして、現在の状況に至っているというふうに考えております。

 今後につきましてでございますけれども、今お話がありましたように、幼保施設整備計画の策定の審議に当たりましては、各園の代表者の皆様にも入っていただいておりまして、お互い同じ共通認識のもとでこの計画をつくっていきたいというふうに考えております。

 現在の進捗状況におきましては、子供の数の推計は済んでおりますが、今一番問題になるのは、その子供の数が減る中で、保育のニーズがどうなるかというところが非常に大きな問題でございます。今までどおり保育ニーズがふえ続けるのか、それともある程度頭打ちなのか、そういったものを園の実際の現場の皆さんとお話する中で共通認識を持った上で、これからはこういう施設整備が必要になるということを御理解いただいた上で今後の施設整備を各園の皆さんにも考えていただければありがたいなというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) では、次にいかせていただきます。

 4款1項5目子供医療費でございますが、これはいつも予算のときにいろいろ問題になって討議されているわけですが、12月の補正のときは、27年度の決算で病名なんかも報告してあるんだというようなことで答弁があったというふうに感じておりますけれども、今までどんどんふえていく中で、何か対策をとらないといけないんじゃないですか。その中では病名なり現状を分析して原因を調べないと対策のとりようがないじゃないですかというなお話もさせていただいているんですが、回答としては、病気の種類までは細かく分析していないが、国保のレセプトや菊川病院の資料を見ると、年間を通して風邪が一番多く、冬場のインフルエンザ、アレルギーによる鼻炎、アトピー性皮膚炎などが多いようであるというような答弁しか、今までのところはいただいていないんですが、そうすると、毎年毎年ふえてくるというのは、じゃ毎年毎年風邪なりインフルエンザを引く人が多くなってくるんですかというような考え方にもなりますし、やはり何らかの、今いろいろデータの時代なんで、昨年とことしと比べると、こういう病気でこれだけ上がっているんですよ。対策としてはこういうふうにして対策をとっているけれども、対策が取り切れてないとか、何かデータで話をしていかないと話にならないと思うんですが、この辺はどのように考えますか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。大石健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大石芳正君) 健康福祉部長でございます。以前から鈴木議員様にはそのことについて御意見をいただいておりまして、こちらにつきましても、数字としてやはり確認をすること、やはりそれが一番生数字に近い、もしくと評価をしたり対策を講じるのに重要であると感じております。

 現在、国保連でありますとかそういったところにつきましても、保険者そのものが個々にデータ収集はしているんですが、保険者が重なりますとなかなかそのものが一括出てこないので、菊川市のデータをさらに細かく知りたいとなると、そのデータをくっつけることが必要になります。それについては、いろいろと策が講じていまして、今後、診療報酬データというものを総合的に、トータル的に出して対策を講じていこうということで、県のほうでも動きができてきております。まだそこのところについても全てが構築されたわけではなくて、小さいデータについては切り捨てられて、要するに大まかな集計データとして公表されるという状況にございます。そこところが出てくると、もっと細かな対策が講じるデータがいただけるのかなというふうに思います。

 今回、ただし、今現状で得られるものにつきましては、それぞれの保険者から状況をいただきまして、やはり健康づくりという面で子供さんの体調が保たれるような施策はしていかなきゃならないと思います。今後も菊川病院さんとか開業医さんから情報をいただきまして、できる限りそういった健康づくりの方面では取り組んでまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) ぜひそういうような形で対策をとっていっていただきませんと、やはり子供のことですので、病気になる子供も気の毒なもんですから、なるべく病気にならないようにという対策がとれればいいかなと思うんですけれども。

 先ほど、新生児の入院とか未熟児が多いというような問題が出てきましたが、それは最近になってふえたというような何か理由があるのでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。大石健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大石芳正君) 健康福祉部長でございます。27年度につきましては、未熟児出産が数字でも多かったと思っております。これにつきましては、私の所見でございますけれども、不妊治療によるものであるとか、高齢出産というのは全国的にやはり傾向もございますので、そういったところが一つの要因じゃないかな。これは断定はできませんので、私のあくまでも所見としてお答えをさせていただきます。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。高齢化するとやはりいろいろ問題が出てくると思いますので、ぜひ早く結婚をさせるような、してもらうような事業もやられておられるんで、そちらのほうも力を入れてお願いしたいと思っております。

 次は、4款1項6目の健康マイレージ事業でございますけれども、先ほども男の人が参加が少ないとか、若い方の参加が少ないというようなお話がありましたけれども、市役所の職員は何人参加をしましたでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。大石健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大石芳正君) 健康福祉部長でございます。済みません。そのことについてはちょっとデータを持ち合わせておりませんきで、委員会の中でまたお答えをさせていただきます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。やはりこういう事業というものは、市役所の職員の方が皆さん理解してやっていただくのがいいんじゃないかなと思いますし、やはりやってみないとそれがいいかどうかってなかなか評価ができないんじゃないかなと思います。

 そういうことで、私もやってみました。教育長、笑わないで。いろいろ委員会で質問するもんですから、自分でやってみないとなかなか質問もできないんじゃないかなど思いまして、やってみました。感想はいろいろありまして、窓口では話はしておきましたけれども、これ目的というもの自体が、日ごろ健康づくりに関心のない人たちへの参加を呼びかけているということなんですが、それでよろしいのでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。大石健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大石芳正君) 健康福祉部長でございます。背景としましては、健康寿命の延伸、ロコモシンドロームの予防、運動継続が必要であるということから、そこで楽しく健康づくりをしながらポイントをためていただくような、楽しく運動をしていただくということが主な前提でありますので、継続をしていただくことであるもんですから、真意は、運動している方も継続をしていただく、運動機会のない方は運動にいそしんで勤しんでいただく、こういったことが主要な目的と考えております。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) そういう目的で健康に関心のない人が健康に関心を持ってもらうということであれば、非常にいいことだと思うんですが、やはりやってみて感じるのは、何が、きょう丸をつけるために何をすればいいかというところを見ると、休肝日をつくったとか、先ほどお話のあった体重計に乗ったとか、血圧をはかった。これで丸がつくわけです。そうすると、やはりそれが運動に結びついていくかというのとはまたちょっと違うんじゃないかなという感じを考えました。ですから、お年寄りというと失礼ですが、血圧をはかってみるかな。で丸をつけようというのはいいかれしれませんけども、やはり若い人がこれをやって毎日血圧をはかろうとは考えませんし、休肝日をつくるというのも自分の個人のあれでつくるでしょうけれども、やはりそれが運動につながるというのにはちょっと、もう少し考えなきゃいけないんじゃないかなと、これは私の感想です。

 よかったのは、もうやめようと思ったんですけど、カードをもらって、使えるというんでたこまんに行って出したら、家内と2人でいったら2つお菓子をもらったで、これはいいねって家内が言ってましたんで、それだけつけ加えておきます。

 それともう一つ、私がやろうと思ったのは10月ぐらいからなもんですから、それからやると、何かに参加して、その会場でスタンプをもらわなきゃいけないと、もらうチャンスがないんです。11月に何か中央公民館のところでイベントがあって、そこではスタンプをくれましたけど、ほかにはあと、以降スタンプをくれる事業というのは一切ないんです。そうすると、スタンプ2つもらえる機会がない。私の場合は、11月に人間ドックを受けましたんで、それを持っていったんでスタンプはもらえたわけですが、その辺もつけ加えます。

 次にいきます。4款1項5目総合戦略、妊娠出産時家庭ホームヘルプサービス補助費、これは、他市で取り組む事業で、対象者に意見を聞いたら、あるといいねというような形の中でつくられたということでございましたけれども、菊川にこれをやっている事業者というのは何社あるんですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。大石健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大石芳正君) 健康福祉部長でございます。事業者ですが、菊川市ですと8事業者になります。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。これ予算内容を見ますと、各項目で1名の予算が組んであるんですが、これ1名にした理由は何でしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。大石健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大石芳正君) 健康福祉部長でございます。まず、予算の入り口ということで、1名としました。申し込み状況に応じて、その中で補正の対応ということでまずは考えております。

 なかなかこの事業、議員も御指摘いただいたように、やはり事業者さんの顔が見えないと、どういう人が来るのか、どんなことをしたら幾らかかるのかというのがもっと明確にならないとなかなか使いづらいんだなというふうな実感を今年度持ちました。ですので、事業者さんとまずはPRの直接事業者さんがどういう人が来て、どういうお金がかかるのか、そこをもっと具体的に説明できるようなことをしないとなかなか普及は難しいのかなということで、ただし、ほんとに困っている方には重要な事業ですので、そこをしっかり使えることが出産、妊娠をされている方々を手助けしていくことにつながっておりますので、そこについてまずはしっかりと事業を精査しまして、事業主の方々と御一緒にこれからPRをして、使われる事業として、利用される支援としてつなげていきたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) では、6款1項3目のほうにいきます。茶業振興費でございますが、この茶品評会出品報償費250万が今度設定されたわけでございますが、非常に出品するのに報償金をもらえるというのはやりがいができていいことだなと思いますが、これは出品すれば報償金をもらえるということでよろしいわけですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。加藤建設経済部長。



◎建設経済部長(加藤容章君) 建設経済部長です。先ほど説明しましたように、小笠、菊川、それぞれの茶業委員会が推薦したものというのが条件になります。今回、この事業を創設しまして、どれぐらいふえるかというのをまだ想定はしておりませんが、ただ手を挙げるだけじゃなくて、やはり上位入賞を目指してもらいたいということで、品質等をこの委員会の中で確認していただき、推薦できるものに対して報償費を交付したいと、そんな考えでおります。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。そうすると、先ほど3つの品評会ということで、全国、関東、静岡県というようなお話がありましたが、そうすると、菊川から何点ぐらい、各品評会に、例えば2点とか5点とか、そういう何件ぐらい出品できるんですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合茶業振興課長。



◎茶業振興課長(落合広行君) 茶業振興課長です。それぞれの品評会に対しましての枠というのは確かにございます。全国に進みますと夢咲管内でいきますと15点というような枠がございます。

 昨年の実績になりますが、平成28年度の点数では、全国にいたしましては8点、それから近辺につきましては7点ですか。関東ブロックについては1点という出展数でありましたので、これにつきまして考えますと、かなり少なくなっている状況にございます。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 済みません、もう一点、菊川茶のPRに取り組むというふうにありますけれども、菊川茶という名前で販売しているお茶ってあるんですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合茶業振興課長。



◎茶業振興課長(落合広行君) 茶業振興課長です。茶業協会のほうで出させていただいております、袋のほうには深蒸し菊川茶という形で袋を提供させていただきまして、これは茶農協さんであり、樹園さん、また茶商さんにおいて活用していただいているという形で出させていただいております。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) では、6款1項3目の次世代農業推進事業費でございますが、交流エリアというのは先ほど伺ったんですが、有事に備えた防災・減災のための場所で、農業の核となる場所というようなお話を伺ったんですが、もう少し具体的に伺えますか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長でございます。交流エリアにつきましては、先ほど申し上げましたように、防災・減災の機能という面に関しましては、当面あそこで露地野菜等を栽培しますけれども、そういった有事の際に食料を供給できるような場所、それから、将来的な話になってきますけれども、あそこのところに建物のようなものができれば一時避難ができるような場所であるとか、そういったものも想定の中に入れていることでございます。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) それから、もうかる農業という言葉が大分使われているんですけれども、もうかるというのは、先ほど高収益作物とか複合農業とかというような御答弁がありましたけれども、モデルとして、何か一覧表にして、こういうような格好でこういう規模だったらどのぐらいの収益が上がると。それがもうかるレベルだというようなモデルをつくるというような計画はありますか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長です。当然、農家の皆さんにそういったことをお示ししながら、お茶と例えば芽キャベツであるとか、それが1反当たりどれくらいの収入なるからこれだけの金額になるんだよということも当然お示しをしながら進めていきたいと、このように考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 7款1項4目のほうに移らせていただきます。

 茶消費拡大振興費ということでございますけれども、知名度拡大というようなことと消費拡大というようなことが、これ常にやられているわけですけれども、どういうところをターゲットとして29年度は拡大をしていくのか。そういう計画は御存じでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合茶業振興課長。



◎茶業振興課長(落合広行君) 茶業振興課長です。現状におきまして、やはりお茶を消費する方、急須で飲む方が少ないと言われております。こういった点を捉えて、いろんな形で今お茶を飲ませる、リーフのお茶をペットボトルで、まあ啓発用という考えの中ではリーフ茶を考えます。リーフ茶をいかに飲ませるかという点について、フィルターinボトル、冷茶です。こういった形で普及をさせておりますが、やはりそれだけではなかなか普及しません。そういった中で、若手の生産者の中には、いろんな形でお茶を飲ませようということで考えてきておりますので、そういったところを今回の事業の中でも盛り込んでいただいて、いろんな形でお茶を飲んでいただく、そして入れ方を知っていただいて楽しんでいただく。こういうところを考えていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。最近、静岡新聞を見ていますと、結構いろんなお茶の話題があって、きのうの新聞ですか、1ボトル2万円ぐらいのお茶が、これがワイングラスで飲むのに非常によく売れているというようなお話もあったり、いろいろ出ていましておもしろいなと思うんですが、やはりああいうような企画も、こういうところで新しい若手がいろいろやっているというようなものをもう少し市内の外だけじゃなくて、市内にも皆さんにも知ってもらうということが必要だと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合茶業振興課長。



◎茶業振興課長(落合広行君) 茶業振興課長です。若手の生産者の皆さんにおきましては市内におきましても、茶フェスの今回3月にも行われます。そういった会場でもいろんな形でお茶を提供させていただいております。また、市内の一部施設をお借りしてのお茶カフェですか、こういった形の中でもぜひいろんな形のお茶を飲ませていただいておりますので、こういった形の、市内の皆さんにも、こういうてい茶、お茶の飲み方を広めさせていただきたい。

 特に、市内の皆さんにはこういったいろんな楽しみ方を覚えていただいて、また外から見えられた方に対しましても広めていただければと考えていますので、こういった点で、また市内のほうにも広めさせていただきたいと考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) 12番です。知名度拡大ということは非常に大切なことですし、販路を広げるというのも大切なことなんですが、販路ということをとってみると、新しい地域へ行って菊川茶を紹介する、飲んでもらう、販売する、こういうようなことも必要だと思うんですが、新しい地域への知名度拡大というのはどのような形で行われていますか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合茶業振興課長。



◎茶業振興課長(落合広行君) 茶業振興課長です。新規の県外のエリアにつきましては、昨年につきましては市の防災におきまして協定を結びました滝沢市、岩手県のほうです。こちらのほうのイベントのほうに出展をさせていただきました。本年もこういった形の中で新規の地域を考えていきたいとは思います。

 そういった中に、この若手の皆さんの中にもいろんな地域、県外の場所に出向いておりますので、そういった情報をいただく中で新しい地域との結びつきなども進められていければという形で捉えております。お願いします。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) では、最後の質問にいきます。8款4項1目総合戦略駅北構想策定事業費、この中に、27年度から駅北構想というのはいろいろやられているわけですけれども、先ほどの進捗状況もお伺いいたしましたけれども、駅北開発というと、今駅を中心として半径500メートルで、その外を西方というようなお話がありましたけれども、駅北開発といった場合に、どこからどこまで東西、それから北はどこまで、その辺はどのように考えてますでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。加藤建設経済部長。



◎建設経済部長(加藤容章君) 建設経済部長でございます。今回、27年から進めております構想をつくる範囲としましては200ヘクタール、範囲でいいますとJR東海道線から北側になりまして、北の境としましては東海道新幹線で、東側の境としましては、以前、区画整理をやりました柳町が境となりますし、西側では県道の菊川停車場伊達方線、こちらを境として200ヘクタールで構想はつくっております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木啓之君) わかりました。

 それから、橋上駅の話が、いつも話題として出てくるわけでございますけれども、菊川駅の利用者数の推移というのはどのようになっておりますでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。星野都市計画課長。



◎都市計画課長(星野和吉君) 都市計画課長です。現在、細かい数字は持っておりませんが、利用者のほうは年々減少傾向になっております。また、利用者の数字については、また委員会のときに報告させていただきます。

 以上です。



○議長(内田?君) 鈴木議員、再質疑ありますか。



◆12番(鈴木啓之君) ありがとうございました。終わります。



○議長(内田?君) 済いません、総務課長から答弁の追加を求められて、(発言する者あり)加藤建設経済部長から、答弁の追加をお願いします。



◎建設経済部長(加藤容章君) 今、御質問いただきました菊川駅の利用者の関係でございますが、利用者の年間人数でございますが、平成23年度に156万8,000人、平成24年度は159万3,000人、平成25年度でございますが160万6,000人、そして平成26年度が153万9,000人と、こんな推移をしているところでございます。



○議長(内田?君) 済いません。もう1点、総務課長のほうからお願いします。



◎総務課長(佐藤雅巳君) 総務課長でございます。大変申しわけございません。ただいまの私どもの職員研修費の御答弁で1点訂正をお願いしたいと思います。

 鈴木議員から、通信教育につきまして御質問いただきました中で、資格取得に関するメニューについて御質問いただきました。

 その際、私、資格取得を前提としたメニューについては、特別御用意していませんというような御答弁を申し上げましたが、広くメニューある中で、資格の取得であるとか検定の合格を目指したメニューもございます。

 一部、御紹介申し上げますと、危険物の取扱者の関係であるとか、宅地建物の取引士の関係、または日商簿記の検定の合格の関係ですとか、そうした資格の取得であるとか、検定の合格を目指したメニューも複数御用意しているというものに御訂正をお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 鈴木議員、よろしいですか。



◆12番(鈴木啓之君) はい。終わります。



○議長(内田?君) 以上で、会派みどり21、12番 鈴木啓之議員の質疑を終わります。

 ここで、職員の入れかえもありますので、1時まで休憩といたします。



休憩 午前11時29分



再開 午後 1時00分





○議長(内田?君) 休憩を閉じて会議を続けます。

 続いて、会派市民ネットを代表して、9番 倉部光世議員の質疑を許します。なお、質疑時間は、再質問を含め20分以内でお願いします。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) それでは、市民ネットを代表いたしまして、総括質疑をさせていただきます。

 第1問目ですが、予算書の69ページ、2款1項9目、事業が0102152総合戦略市民協働センター活動事業費です。

 協働のまちづくりを推進するために、市民活動の活性化を図る効果的な支援を行っている市民協働センター、NPO団体とボランティアの連携も担っていく必要も見出され、さらなる活用が必要とされております。

 1、市民力が今後の街を支える大きな力となるとしている中、予算額が減少しているのはなぜか伺います。

 2問目、夜間休日などの時間外の利用のニーズは把握しているか伺います。

 次です。予算書74ページ、2款1項11目0102075六郷地区センター整備事業費です。

 六郷地区センター新築に伴う用地買収と建物基本設計業務委託造成工事を進めていく中で、これからは基本設計の前に利用する市民圏を聞いていく必要があると思うが、どうお考えでしょうか伺います。

 予算書の125ページ、6款1項5目0106056総合戦略次世代農業推進事業費です。

 1番、儲かる次世代農業モデルの推進を図る上で、重要な役割を果たすと考えられる内陸フロンティア事業の進捗状況を伺います。

 2、次世代農業推進事業企画委託料について、企画内容、委託先の選定方法を伺います。

 予算書の109ページ、4款1項5目0104016発達支援事業。

 1、発達支援事業について、今後、支援が必要な児童が増加していくと考えられている中、209万3,000円の減額となっている理由はを伺います。

 2、今後の発達障害支援事業の方向性を伺います。

 次です。予算書100ページ、3款2項1目0103074幼児教育課の保育事業費です。

 1・2歳児の保育について各施設が飽和状態にある中、今後の保育の確保についてどのような対策をとっていくのか伺います。また、その中でリフレッシュ保育の枠はとれているのでしょうか伺います。

 以上となります。よろしくお願いします。



○議長(内田?君) 倉部議員の質疑が終わりました。答弁を求めます。最初に河本総務部長。



◎総務部長(河本大輔君) 総務部長でございます。市民ネット、倉部議員の御質問にお答えします。

 初めに、総合戦略市民協働センター活動推進事業費についての御質問にお答えします。

 1つ目の市民協働センターの予算額が減少しているのはなぜかについてですが、平成28年度予算には、市民協働センター業務用の公用車購入費やパソコン用ウイルスソフト購入費など、市民協働センターの設置に伴う初期投資に係る経費が予算計上されておりました。平成29年度につきましては、これらの初期投資に係る経費分の予算額が減少したものであります。

 2つ目の夜間休日などの時間外の利用ニーズは把握しているかについてですが、運営委託団体からの業務報告書により、センター主催の講座やイベントなどの開催状況等を把握しております。なお、団体や個人による時間外利用についてもセンターから報告を受けており、月二、三回程度の利用実績があることは承知しております。今後も利用者との意見交換会等を開催し、利用ニーズの把握に努めてまいります。

 次に、六郷地区センター整備事業費についての御質問にお答えします。

 市民の意見を聞いていく必要があると思うがどうかについてですが、地区センターの整備につきましては、これまでも自治会や利用団体などの要望を反映させるよう、自治会やコミュニティー協議会、利用団体、PTAなどで構成する建設委員会を立ち上げていただき、センターの形状や各部屋のレイアウト等を決定していただいております。

 六郷地区センターにおいても、同様に建設委員会を立ち上げていただき、建設委員会と協議しながら基本設計を進めてまいります。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 続いて、加藤建設経済部長。



◎建設経済部長(加藤容章君) 建設経済部長でございます。市民ネット、倉部議員の総括質疑、3つ目の総合戦略次世代農業推進事業費の御質問にお答えします。

 初めに、内陸フロンティア事業の進捗状況はについてでございますが、県が公表しております内陸フロンティアを開く取り組み評価書の進捗評価におきまして、計画どおり実施という評価を受けており、今年度につきましては、取り組み主体となる法人が設立されたところでございます。

 次に、次世代農業推進事業における企画内容、委託先選定方法についてでございますが、総合戦略の基本目標でございます時代を先取る菊川型農業モデルの創出に向けた具体的な取り組み内容を構築するため、基本施策である儲かる次世代農業モデルの推進の実施のための調査研究と、農業を核とした多面的な取り組みを展開していくための企画立案を考えております。

 また、委託先につきましては、内陸フロンティアの計画立案に当初から携わっていただいております法人を予定しております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 続いて、大石健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大石芳正君) 健康福祉部長でございます。それでは、総括質疑、市民ネット様からの4問目の質問で、私から答えさせていただきます。

 発達支援事業についてでございますが、対前年比で209万3,000円の減額理由でございますが、平成28年度の予算におきましては、有識者の臨時職員を雇い上げるために予算を計上いたしましたが、年間を通して有識者を雇用することができませんでした。事業対応は、スポット的に有資格者の出席をお願いして対応してまいりました。

 29年度においても、年間を通した有資格者の雇用は難しいことから、年間雇用の予算からスポット雇用の予算に切りかえたことで臨時職員の賃金が減額となったものでございます。減額予算となりましたが、支援体制に後退の影響を与える等の減額ではございません。

 発達支援事業の方向性でありますが、多様な事例に対応するためには、医療や医師、療育の専門機関との連携は、ますます重要となってまいります。関係する機関と連携を蜜にし、親子にしっかりと向き合う支援に努め、教室事業や園訪問、関係機関との打ち合わせ、それから個別ケースのカンファレンス等、各種事業の質を高める取り組みを行ってまいります。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 続いて、原田教育文化部長。



◎教育文化部長(原田修一君) 教育文化部長でございます。市民ネット、倉部議員の御質問にお答えいたします。

 保育事業への御質問についてですが、先ほど、みどり21、鈴木議員への答弁と一部重複いたしますが、保育を必要とする子供の受け入れ枠の拡大を目指し、市内幼児施設、特に幼稚園の認定こども園化を進めております。

 平成28、29年度の2カ年で、菊川中央こども園の園舎創設事業への補助を行い、保育認定子供90人の定員枠が新たに確保される予定です。90人の定員のうち、1・2歳の保育支給認定児童の定員は30名で計画されております。

 また、平成29年度から堀之内幼稚園が新たに認定こども園への移行を予定されており、新たに保育認定子供を受け入れていただくための関連予算としまして、平成29年度予算案に保育認定施設型給付費を増額させていただきました。

 これ以外に、28年度に引き続き保育士の確保や既存保育所等との受け入れ人数拡大協議、菊川市幼保施設整備計画の見直しを進めてまいります。

 また、保育サービスに関する事業の担当部署の再編を図り、待機児童対策を担当する職員の意識と情報の共有、連携を強化し、より効果的に待機児童対策に取り組んでまいりたいと考えております。

 次に、リフレッシュ保育の枠はとれているかについてですが、市内保育所等の御協力をいただく中、市内全11保育所等において、リフレッシュ一時保育事業を実施いただいております。

 しかし、各園とも専任の保育士等が確保されているわけではなく、園児の病欠等により基準を満たす受け入れ枠がある場合のみに受け入れが限られていることから、一定の受け入れ枠が確保されている状況ではありません。

 厳しい状況ではありますが、他の園や市内の認可外保育所等を紹介するなど、一時的に家庭で保育を受けることが困難となった乳幼児の保育の確保に努めてまいります。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) では、1問目から質問をさせていただきたいと思います。

 市民協働センターについてですけれども、減額の理由は自動車の購入、複写機等の借り上げ料などの減額ということで承知いたしておりますけれども、人件費、事業費、管理費というのは同じになっているんですけれども、こちらは委託契約で3年間固定になっているんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。河本部長。



◎総務部長(河本大輔君) 総務部長でございます。市民協働センターの業務運営委託につきましては、業者選定に当たりましてプロポーザルを実施し、そのときに提出された事業計画に基づいて実施していただいておりまして、28年度、29年度につきまして、特に人件費等につきましての増減はございません。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 固定かどうかをちょっと伺ったんですが、これ、変更することは可能なんでしょうか、3年間で金額を。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。河本総務部長。



◎総務部長(河本大輔君) 総務部長でございます。基本的には、プロポーザルのときに提出された事業計画に基づいて実施していただいておりまして、基本的にはそれでいくと考えておりますけれども、事業を運営していただく中で利用ニーズ等を踏まえ、変更が必要だというふうに判断があれば、変更契約等も検討していくことになろうかと思います。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) ということで、先ほど、夜間、休日のニーズについて伺ったんですけれども、実際の利用は2、3回ということなんですが、やはり、皆さんお時間がとれるのが夜間が多いということで、実績よりはニーズが多いというふうに伺っております。

 それを行うに際しましては、やはり人件費のほうがかかってしまうので、いろいろ工夫をされているようですけれども、実際に利用されている方に、やはりアンケートみたいなのをとって、どのぐらい本当にニーズがあるかを調べなければいけないと思いますけれども、その点は実施されているでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀広行君) 地域支援課長でございます。センターの活動状況につきましては、今月予定をしているんですけれども、センターの活動状況の報告を兼ねた利用者に対してのニーズ調査といいますか、そういった意見交換会をやるということで予定をしております。そういった中でニーズのほうの調査はつかんでいきたいというふうには考えております。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 今回でニーズ調査をされるということですけれども、できれば予算を立てる前にニーズ調査をして対応していただきたいと思いますけれどもいかがでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀広行君) 地域支援課長でございます。1年間の、まずは総括をするべきかなというふうに思っております。そういった中で、利用者の方からのセンターに対しての意見要望等を踏まえた上で、また必要があれば予算のほうは考えていきたいと思っております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) では、できるだけ使いやすいものにしていただけたらと思います。

 六郷地区センターです。地区センター続きで申しわけないですけれども、建設委員会はつくられるということなんですけれども、そのタイミング、つくるタイミングですね、工事の進捗とそのつくるタイミングを教えてください。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀広行君) 地域支援課長でございます。内々には地元のほうには人選のほうをお願いをしているところでございます。年度、4月になったら早々に立ち上げていただくようにとは考えております。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) では、この用地の買収して業務委託契約を結ぶ前から建設委員会をつくって意見を聞いていただくということでよろしいですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀広行君) 地域支援課長でございます。時期的にどのタイミングになるかはちょっと今、具体的には言えませんけれども、できる限り4月になってから、できるだけ早々に立ち上げていただきたいというふうには考えております。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 東館のときが、実際、プロポーザルが先になっているようなことがありましたので、六郷地区センターについてどのようになっているか、ちょっと伺ってみたんですけれども、では、設計の前から意見を聞いていただけるということで承知してよろしいですね。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀広行君) 地域支援課長でございます。できるだけ早くに立ち上げていただくように、地元のほうにはお願いはしておりますし、これからもしていきたいと思っております。

 当然、まず地元の方にはどういった施設にするかといったイメージを持っていただきたいと思っております。これもできるだけ早く、他の地域の地区センターを御見学いただいて、ある程度のイメージを膨らませ、持っていただく中で、その意見を踏まえて設計のほうを進めていきたいと思っております。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 建設委員というと、大体20名ぐらいの方だと思うんですけれども、例えばそれ以外の方、六郷地区、3つ地区センターがあるわけですが、地区も広く、たくさんの方がいらっしゃるんですけれども、その方たちへの周知というのは、どこのタイミングでされていくんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀広行君) 済いません、その周知というのは、建設委員をどういった形に固定するかということじゃなくてですか。



◆9番(倉部光世君) 事業をやるよという。



◎地域支援課長(赤堀広行君) 当然、タイミング的にどのタイミングといいますか、必要なタイミングを見計らって、センターの整備については地元のほうに情報は流していきたいと思っております。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) やはり、地区センターとなりますと、使う方たくさんいらっしゃいますので、もちろん建設委員会というのも大事だと思うんですが、それ以外の方からも意見を聞いていけるような仕組みをつくっていただけたらと思いますがいかがですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀広行君) 地域支援課長でございます。基本的には、建設委員会のほうに、整備に必要な委員さんをできるだけ幅広く拾っていただきたいというのは地元のほうにもお願いをしておりますし、人選については、当然、地元のほうにお任せしますけれども、基本的にはその建設委員会をベースに、そこでいただいた意見を基本意見としながら整備のほうは進めていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 前々からいろいろお願いしているんですけれども、こういう場合には、できるだけ多くの方の意見を集約できるような方法をとっていただきたいということで提案をさせていただいておりますけれども、例えば建設委員会のほうでいろんな方の意見を聞く、例えばワークショップとかを開催するということは大丈夫なんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀広行君) 地域支援課長でございます。我々が基本的に考えているのは、あくまでもその建設委員会の中で協議しながら整備を進めていくというのが基本だと考えております。

 そういった中で、その建設、地元のほうにはできるだけ地域の方の意見を拾っていただくようなことは考えてほしいということは伝えていきたいと思っております。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) その点、じゃあ、よろしくお願いしたいと思います。

 次に行きたいと思います。農業モデル、内陸フロンティアの件ですけれども、現在、法人を設立されているということなんですけれども、今回、測量等も入っておりまして、一応500万円ということですけれども、この対象地域、地区となるのは、あそこの月岡の部分と考えてよろしいでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長でございます。月岡のところと考えていただいて結構でございます。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) その中で、測量等委託料になっておりますけれども、測量調査以外ですと、どんな調査をされるのか、また、浸水地域と重なっていると思うんですが、幼児教育課のほうで調査している水量などの件などもありますが、その辺はあわせて考えていかれるんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長でございます。測量調査、それから設計という格好で、今回、その交流エリアの2.4ヘクタールにつきまして、29、30年度に一応、圃場という格好で整備をしてまいりますので、その設計等を含めた委託ということになります。

 その設計の中身につきましては、先ほど倉部議員がおっしゃったように、幼保園の北側の所の浸水の話もありますので、当然、そこのところに影響の出ないような形の中で、そのエリアについては造成をしていく必要となりますので、そういったものを加味しながら、設計をしていきたいと、そのように考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) わかりました。あと、先ほどの、企画を委託されるということで、今までやっているところにお願いするということですが、この企画自体は何年先のものまで立てられる予定でしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長でございます。当面は、その法人が取り組んでいく内容について、次年度の計画であるとかそういったものを立てていくんですけれども、当然、数年先を見越した中でやっていきたいと考えております。

 その取り組み自体、毎年毎年取り組んでいくものですから、取り組んだ内容等をまた検証しながら、また次年度に取り組んでいくような格好で計画を立てていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 数年ということですけれども、測量されて、これ平成30年に、ある程度、形になっていくと考えてよろしいですか。



○議長(内田?君) 中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長です。30年に2.4ヘクタールの区域については造成をかけて、早くやればその年に作物等を植えていくという形になろうかと思います。

 29年度から、法人に対して企画等の委託をしていくわけでございますけれども、それにつきましては、特に総合戦略期間、平成31年までは集中的に、全体的なその総合戦略を推進していくということも含めましての企画委託という格好になりますので、そういった中で進めていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 済いません、今、2.4ヘクタールを造成されるということで、これ、全体は何ヘクタールあるんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長です。内陸フロンティアの推進区域、全体としては12ヘクタールぐらいがございます。それが3つのエリアに、構想の中では分類しておりまして、今回進めようとしておる交流エリアにつきましては2.4ヘクタールということでございます。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 承知しました。先ほどの企画、事業企画ですけれども、交流人口をふやしていくという点も入っておりましたが、例えば商工観光課の方でも交流人口増という施策をされていたりですとか、企画制作課のほうで移住対策などもされておりますけれども、その辺の連携はどういうふうになっていますでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長です。そもそも、倉部議員がおっしゃったように、現在も我々の経済3課、商工、茶業、農林で連携して、そういったグリーン・ツーリズムであるとか、そういった事業を展開しておりますけれども、それにつきましては、引き続き今回設立されました法人等とも連携する中で進めてまいりたいと、そのように考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) できるだけ連携をしながら、予算が重なっていかないようにしていただきたいなと思いますけれども、その点はいかがですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長です。現在進めておりますのは、市のほうの予算でグリーン・ツーリズム等も進めておりますけれども、将来的には、できればそういった法人がグリーン・ツーリズム絡めながら今回計画しているフロンティアのところを訪れて体験交流してもらうだとか、そういったことを企画していく中で、法人がその経営の一つとしてそういったものをやっていけるように、そのような形で考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 法人のほうに、だんだんやっていただけるようにということですけど、その法人には、今、何団体ぐらいが入っていらっしゃるでしょう。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長です。現在、構成員は9名となっております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) じゃあ、9名の方で新しい法人を設立されて、今、準備中ということでよろしいでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。中川農林課長。



◎農林課長(中川敬司君) 農林課長です。まあ、9名の方で法人を立ち上げまして、今現在もその法人の今後の運営の方針であるとか、そういったものを詰めているところでございます。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) では、ぜひ計画となるようにしていただきたいと思います。

 次の発達支援事業のほうに移らさせていただきたいと思います。

 発達支援事業の減額は、臨時職員の募集をやめたためということで、多分、心理相談員であったと思いますけれども、それはスポットの雇用で仕事的には十分なんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合健康づくり課長。



◎健康づくり課長(落合和之君) 健康づくり課長です。スポットで対応いたします臨時職員で対応するということで、今、考えております。

 機会の増加等に応じて指導回数もふえるかと思いますが、今、この段階での考えでございます。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) じゃあ、減額の理由のほう、わかりました。

 あと、相談件数の推移がわかれば、ここ二、三年の数値を教えていただきたいんですが。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合健康づくり課長。



◎健康づくり課長(落合和之君) 健康づくり課長です。大変申しわけございません。今、詳細な資料を持ち合わせませんので、分科会のほうで御案内させていただきたいと思います。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) では、予算書のほうの説明資料に、発達相談のグループ相談というのが、今年度は載ってなかったんですけれども、それの事業はなくなるんでしょうか。書いてなかっただけなんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合健康づくり課長。



◎健康づくり課長(落合和之君) 健康づくり課長です。今年度の予算の説明資料の中での、発達相談のところで、グループ相談というのがないということですけれども、これにつきましては、多様な相談の形態がございますので、その中でグループに分けてもやるということは考えておるところでございます。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) グループ相談は続けていただけるということで、今年度、ペアレントプログラムのほうを予算化していただいて、事業をやっていただけるということですが、回数とか人数とかがわかれば教えてください。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合健康づくり課長。



◎健康づくり課長(落合和之君) 健康づくり課長です。ペアレントプログラムにつきましては、全て6回のコースの講習等がございまして、その講習を受けるということでございます。その講座の中に、一般市民の方、それから業者の関係者も支援者側として講座のほうに参加をして、その後の事業に役立っていくというようなものになっております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 全6回コースの人数を教えて下さい。全6回が1回なのか、それを何回かやられるのか、時期的に、例えば春先にやって夏もやって冬もやるのか、ちょっとその辺のプランがわかれば教えてください。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合健康づくり課長。



◎健康づくり課長(落合和之君) 健康づくり課長です。まず、受講者の人数ということだと思いますけども、一度に、多分何十人もというわけにはいかないものですから、そこは講師の方との相談によってやっていこうということになると思います。

 それから開催の時期でございますが、まだ講師の方と、まだこれからお話をさせていただきまして、時期等については決めていくことになりますが、なのでもう少し、4月からというわけにはちょっといかないと思いますが、できるだけ早い時期でこの開催をしていきたいと考えております。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 済いません、全然、この計画が立たれてないということですけれども、これ、予算はどうやって計算されているんですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合健康づくり課長。



◎健康づくり課長(落合和之君) 健康づくり課長です。これにつきまして、予算立ては講師の講師料ということで計算をしております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 現在、その講師料ですが、出されているということは何回か決まっていて出されているわけではないんでしょうか。全体を一括でお願いする形なんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合健康づくり課長。



◎健康づくり課長(落合和之君) 全てで、全6回のコースで講師のほうをお願いしていければというような予算立てをしているところでございます。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) ということは、全6回コースを1回だけやるという計算をされているということですか。やはり、なかなか6回続けて出られるかというと、なかなかそれは難しいので、ある程度、日程をずらして何度かこの6回をやっていただかないと、皆さんが参加するのは大変難しいと思うんですけれども、その辺は考慮されていただいてないんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合健康づくり課長。



◎健康づくり課長(落合和之君) 健康づくり課長です。今、おっしゃっていただいたように、全6回の講義のほうを全て参加されるというのは、確かに難しいこともございますので、日程につきましては募集をしていく中で、この日というようなものを御案内させていただく中で、できる限りということは申し上げていくつもりでございますが、この講義の内容につきましても、全て、例えば講義を受ける必要で、その後何か資格がとれるというものではなくて、その都度、場合によって、そのケースへの対応というようなことで、このプログラムを構成されているということを聞いておりますので、例えば全て出て、何かを得られるというものではなくて、その中で、また講座の方にいろいろ感じていただくものがあればということで考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) せっかく初めていただけるものなので、より多くの方が参加できるような形を検討していただきたいと思います。

 園訪問がありますが、昨年と回数が全く同じとなっておりましたけれども、これはふやす必要はないということでしょうか。対象のお子さんも、少しふえているかと思われますけれども、その点はいかがですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。落合健康づくり課長。



◎健康づくり課長(落合和之君) 健康づくり課長です。園訪問については、回数をそれぞれ、園の児童数等に応じて決めていくわけですが、確かに発達支援が必要な対象児童については、今後ふえる見込みでもあるということですが、まずその初期段階において、発達支援が必要かどうかという判断も含めて、この訪問をしていく、その後、個別のケースに対しては対応していくというようなことになるかと思います。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) ぜひ、細かい対応をお願いしたいと思います。

 最後の質問のほうに移りたいと思います。

 1・2歳児の保育について、対応については先ほどの鈴木議員の御質問の中にもあり、今も説明をしていただきました。私が伺った中で、中央幼稚園さんができると、ある程度、枠が広がるということなんですが、それまでの間なんですけれども、例えば小規模保育のふやし方などは具体的に御検討されてますでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。原田教育文化部長。



◎教育文化部長(原田修一君) 教育文化部長でございます。小規模保育事業につきましては、市内でも関心を持っていただいている園もございますので、そういったところと、今は連絡を取りながら進めさせていただいておるところでございます。

 ただ、諸条件、例えば場所の問題等がございますので、なかなか今、まだ順調に進んでないというのが現状でございます。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 対応してくださっているということなんですけど、現在の私的待機と待機児童の数えている中で、さっき27人と19名でしたが、1・2歳児は、この中にはどのぐらいいるかはおわかりでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。原田教育文化部長。



◎教育文化部長(原田修一君) 教育文化部長でございます。1・2歳児の国の定義によります待機が1・2歳児で合計18名でございます。私的待機が、1・2歳合わせて22名でございます。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) ということは、やはりこれ、解消するには1・2歳時が預けられる場所が必要ということですね。

 小規模保育をされるので、現在、保育園とか幼稚園ではなくて民間の一般の方でこういうものをやってみたいという方のとこを調査とかはされてますでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。原田教育文化部長。



◎教育文化部長(原田修一君) 教育文化部長でございます。今、先ほど、ちょっと答弁させていただきましたように、私ども、保育事業と地域型の保育事業につきましては、これまで担当が分かれておりまして、なかなかそこの部分が、うまく連携がとれてなかったというふうに思っております。

 29年度から、その部分を一つにしようということで、今、進めておりますけれども、私どもが把握している中では、やはり小規模保育事業、民間の園の皆さんとつき合いがございますので小規模保育事業、それから企業さんによっては企業内保育に関心を持たれているところもございます。

 また、市内には認可外の保育所もございますので、そういった方が認可を受けていただくということも一つの方法ではないかなというふうに思っておりますが、これから、やはり一番大きい問題は、やはり、ゼロ・1・2のところを、やはり定員はある程度確保していかなくてはいけないと思っておりますので、先ほどもちょっと御説明させていただきましたように、幼保施設の基本計画の中で、そういったところも御議論いただきたいなというふうには思っておるところです。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) なかなか、きょう、あす、解決できることではないと思いますが、とにかく、このゼロ・1・2に対する対応のほうを考えていただけたらと思います。

 またこれを、要するにリフレッシュ保育を利用されている方も多いと思います。実際、保育園がいっぱいなのでお休みのところに入れていくとかという形でしか、今、なかなか機能していないということですけれども、補正で減額されたんですけれども、そのときの実績よりも、やはり予算はちょっと多めに200万ほど多く見積もっていると思われますけれども、その点はどういう考え方でしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。森下福祉課長。



◎福祉課長(森下路広君) 福祉課長です。今年度、申し込みがございまして、その都度、園のほうに確認させていただきまして、受け入れの状況だとか、たまたま園のほうでイベントとかあると、なかなかその日、事情もありまして受け入れできないということで、今年度に関しましては減額、そこら辺の調整がつかなかったということで減額の補正をさせていただきましたが、来年度29年度につきましては、今までの実績に基づきまして、今年度に比べて、またちょっと増額というか、予算額のほうで計上のほうをさせていただきました。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) やはり、ただ枠が今ないという状況なんですけど、その辺のバランス的にはどうなんでしょうか。予算を見積もっても預かる場所が、ちょっと今ない状況と伺ったんですけれども、その辺の考え方はいかがですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。森下福祉課長。



◎福祉課長(森下路広君) 福祉課長です。先ほど言いましたけど、なかなか園の調整とか都合もございまして連絡がつかないとき、民間の事業所を御紹介させていただくだとか、あと掛川市と菊川市で、会員制になりますがファミリーサポートセンターというのも会員制で利用する、そういったセンターもございますんで、そちらのほうにも、もし受け入れが困難であれば、会員制ですけれども、そういったのも紹介のほうも続けていければと思っています。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) ファミリーサポートセンターのほうの利用ということですけど、今年度、このリフレッシュのほうが、幼児教育課のほうに移られるということですけど、ファミリーサポートセンターの関係は福祉課に残りますか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。森下福祉課長。



◎福祉課長(森下路広君) 福祉課長です。今、倉部議員さんがおっしゃったように、ファミリーサポートセンターにつきましては、従前どおり福祉課のほうで受け持つような形になります。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) やはり、そこ連携とっていただかないと、利用者の方、御不便かかると思いますので、連携の仕方を考えていただきたいと思います。

 また、このリフレッシュ保育の申し込みが今は福祉課なので、けやきでされているんですけれども、所管が変わると中央公民館のほうに移動になってしまうんでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。森下福祉課長。



◎福祉課長(森下路広君) 福祉課長です。先ほどから来、話はさせていただきますが、一応担当は、主担当は幼児教育課のほうでお願いするような形になりますが、菊川市内全域で人数ということを考えた場合に、やはり菊川地区のほうの利用者もかなりいるということで、手続というか正式な手続に関しましては幼児教育課にお願いしますけど、電話連絡だとか、そこら辺の調整につきましては、従前どおり福祉課のほうでも受け持つような形にしたいと考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) ということは、どちらに行っても受け付けしていただけるようになると考えてよろしいですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。森下福祉課長。



◎福祉課長(森下路広君) 倉部議員のおっしゃったように、基本的にはどちらでも受け付けするような形で考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。倉部議員。



◆9番(倉部光世君) 今までは福祉課のほうだけで受け付けていて、あっち行ったり、こっち行ったりというのが少しあったようですので、それは解消されると考えさせていただいてよろしいですね。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。森下福祉課長。



◎福祉課長(森下路広君) 今までは福祉課と小笠地域に関しましては、小笠総合サービス課のほうでお願いしておりましたんで、それが一応福祉課と幼児教育課ということで、専門の部署で受け付ける形になりますので、そこら辺は連携を持って、担当が同士ということでやっていけるんじゃないかなと思っております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質疑ありますか。



◆9番(倉部光世君) 終わります。



○議長(内田?君) 以上で、会派市民ネット、9番 倉部光世議員の質疑を終わります。

 以上で、総括質疑を終わります。

 お諮りします。議案第15号は一般会計予算決算特別委員会に審査を付託したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第15号は一般会計予算決算特別委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第16号〜議案第22号の委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第11 議案第16号 平成29年度菊川市国民健康保険特別会計予算から、議案第22号 平成29年度菊川市水道事業会計予算までの7件を一括議題とします。

 本件については質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。議案第16号、議案第17号、議案第18号及び議案第21号は教育福祉委員会に、議案第19号、議案第20号及び議案第22号は総務建設委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第16号、議案第17号、議案第18号及び議案第21号は教育福祉委員会に、議案第19号、議案第20号及び議案第22号は総務建設委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△散会の宣告 



○議長(内田?君) 以上で、本日予定しました議事日程は全て終了しました。

 なお、本日付託した一般会計、特別会計及び事業会計当初予算の討論通告は、3月23日木曜日正午までに事務局へ提出願います。

 次の会議は3月6日月曜日午前9時から当議場で開催しますので、定刻までに御参集ください。

 本日は、これをもって散会といたします。お疲れさまでした。



◎議会事務局長(五島將行君) 議員の皆様にお知らせいたします。この後、写真撮影が予定されておりますが、担当者が連絡があるまで、議員控室でお待ちください。よろしくお願いいたします。

 それでは、互礼をもって解散させていただきます。御起立お願いします。

 相互に礼。お疲れさまでした。



散会 午後 1時48分