議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 菊川市

平成 28年 9月定例会(第3回) 09月07日−04号




平成 28年 9月定例会(第3回) − 09月07日−04号









平成 28年 9月定例会(第3回)


平成28年第3回菊川市議会定例会会議録

議 事 日 程(第4号)

平成28年9月7日(水)午前9時開議 
日程第 1 諸報告
日程第 2 報告第 6号 平成27年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の報告について
日程第 3 議案第50号 菊川市議会議員及び菊川市長の選挙における選挙運動の公営に関する条例の一部改正について
      議案第51号 菊川市都市公園条例の一部改正について
日程第 4 議案第52号 平成27年度菊川市一般会計歳入歳出決算の認定について
日程第 5 議案第53号 平成27年度菊川市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第 6 議案第54号 平成27年度菊川市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第55号 平成27年度菊川市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第56号 平成27年度菊川市土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第57号 平成27年度菊川市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第58号 平成27年度菊川市病院事業会計決算の認定について
      議案第59号 平成27年度菊川市水道事業会計未処分利益剰余金の処分及び決算の認定について
日程第 7 議案第60号 平成28年度菊川市一般会計補正予算(第2号)
日程第 8 議案第61号 平成28年度菊川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
      議案第62号 平成28年度菊川市介護保険特別会計補正予算(第1号)
      議案第63号 平成28年度菊川市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
日程第 9 議案第64号 第2次菊川市総合計画基本構想の策定について
 ────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
議事日程のとおり
 ────────────────────────────────────────
出席議員(17名)
     1番  岡 本 吉 弘 君     2番  有 海 喜一郎 君
     3番  山 下   修 君     4番  加 茂 ひろ子 君
     5番  鈴 木 啓 之 君     6番  倉 部 光 世 君
     7番  松 本 正 幸 君     8番  ? 柳 和 弘 君
     9番  水 野 貞 幸 君    10番  宮 城 力 弘 君
    11番  鈴 木   榮 君    12番  西 澤 和 弘 君
    13番  小笠原 宏 昌 君    14番  岡 本 ? 夫 君
    15番  北 沢 俊 一 君    16番  田 島 允 雄 君
    17番  内 田   隆 君    
欠席議員(なし)
 ────────────────────────────────────────
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
  市     長  太 田 順 一 君   副  市  長  石 田 辰 芳 君
  教  育  長  石 原   潔 君   総 務 部 長  河 本 大 輔 君
  危機管理 部長  淺 羽 睦 巳 君   企画財政 部長  赤 堀 慎 吾 君
  生活環境 部長  大 野 慶 明 君   健康福祉 部長  大 石 芳 正 君
  建設経済 部長  加 藤 容 章 君   教育文化 部長  原 田 修 一 君

  消  防  長  坂 部 浩 之 君   市立病院事務部長兼経営企画課長
                                榊 原 敏 矢 君
  総 務 課 長  佐 藤 雅 巳 君   企画政策 課長  橋 爪 博 一 君
  財 政 課 長  鈴 木   勝 君   市 民 課 長  妻 木   久 君
  下水道 課 長  成 瀬 孝 幸 君   長寿介護 課長  竹 田 安 寛 君
  都市計画 課長  星 野 和 吉 君   代表監査 委員  太田原   浩 君
 ────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  議会事務 局長  五 島 將 行     書     記  松 村   光






開議 午前 9時00分





△開議の宣告 



○議長(内田?君) 改めまして、おはようございます。

 ただいまの出席議員数は17人です。

 法第113条の規定による定足数に達しておりますので、平成28年第3回菊川市議会定例会第4日目の会議を開きます。

 なお、会議中の上着の着用は御随意にお願いいたします。

 本日の議事日程は、お手元の配付のとおりです。



────────────────────────────────────────





△諸報告 



○議長(内田?君) 日程第1 諸報告を行います。

 私からも市長からもございません。

 以上で、諸報告を終わります。



────────────────────────────────────────





△報告第6号の質疑 



○議長(内田?君) 次に、日程第2 報告第6号 平成27年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の報告についてを議題といたします。

 本件については質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 報告第6号は、議決事項ではありませんので次に進みます。



────────────────────────────────────────





△議案第50号〜議案第51号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第3 議案第50号 菊川市議会議員及び菊川市長の選挙における選挙運動の公営に関する条例の一部改正について及び議案第51号 菊川市都市公園条例の一部改正についての2件を一括議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 最初に、議案第50号 菊川市議会議員及び菊川市長の選挙における選挙運動の公営に関する条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第50号は、原案のとおり可決いたしました。

 次に、議案第51号 菊川市都市公園条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第51号は、原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第52号の質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第4 議案第52号 平成27年度菊川市一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題とします。

 本件について、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。本件については、一般会計予算決算特別委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、一般会計予算決算特別委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第53号の質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第5 議案第53号 平成27年度菊川市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。

 本件については、質疑の通告がありますので、これを許します。なお、質疑は再質問も含め、5分以内でお願いします。16番 田島允雄議員。田島議員。



◆16番(田島允雄君) 国保特別会計の11ページと22ページですね。保険財政共同安定化事業の拠出金です。10億2,197万6,665円ですか、交付金のほうが9億9,521万4,728円、これは大分差があるわけですね、2,676万1,437円の、この差はどういうものを意味するかということをお聞きしたい。

 国保安定財源、目的は国保税の安定化とそれによる国保財政の安定化、それによる国保税の標準化、それ目的ですね。

 菊川の場合には、結局、拠出金の超過となったということですが、菊川の国保を見ますと医療費というのは低いですね、県下35のうち、24番目ですよ。低いほうに入る。

 ところが、国保税、1人当たり、1世帯当たりの国保税は35のうち、上から4番目に高いと。1人当たりは7番目です。国保は高い、医療費は低い、こういう現状の中で、菊川はなぜその拠出金オーバーになっているわけですね、拠出金が多いと。むしろ逆じゃないかと思いますが、この意味するところをお聞きしたい。

 以上です。



○議長(内田?君) 田島議員の質疑を終えました、答弁を求めます。妻木市民課長。市民課長。



◎市民課長(妻木久君) 市民課長です。田島議員の質問にお答えいたします。

 保険財政共同安定化事業の交付金と拠出金の差はどういうふうな意味を持つかということについてですが、保険財政共同安定化事業の事業の内容について御説明のほうしたいと思います。

 本事業は、静岡県国民健康保険団体連合会を事業の運営主体として高額医療費の発生リスクの分散と、市町保険者間の保険料の平準化、財政の安定化を図るために1件当たり80万円以下の医療費について、市町の拠出金により負担を共有する再保険的な事業となっております。

 御質問の交付金と拠出金の差についてということですが、医療費の低い市町については、拠出金が超過となります。逆に、医療費の高い市町については、交付金が超過となっております。

 以上で、田島議員の質問に対する答弁とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。田島議員、再質問ありますか。田島議員。



◆16番(田島允雄君) 県下で35ある国保間助け合いのシステムだっていうことですよね。そして、医療費の低いところが高くなるというのをね、これ納得できんないですよ。それで、つまりは医療費の低いっていうのは、医療費の天下の医療費格差となるんですよね。大きい病院がたくさんある大都市というのは、当然医療費は高くなる、しかし医療資源が少ない、小さい町は、医療が低いというのは、低い理由はそういうところにあるのよね。

 その医療費をやって低いほう、努力して低くして、あるいは医療資源の少ない、医療費の低いところが大きいところの豊かな医療資源のある、大病院のある、そこの保険料を助けるっていう結果になってるんですね。助け合いの趣旨に矛盾してないかっていうのをもってるんですけどね。

 そこで、県下の決算だもんですから、各保険者の拠出金と交付金の割合、どうなってるんですかね。これを、資料を、ぜひ、まずそれを聞きたい。なければ、資料を提供して、県下のこの拠出金と交付金の出入りを明らかにするべきじゃないか。そこで公平差を図るじゃないかというふうに思いますが、どうでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。妻木市民課長。



◎市民課長(妻木久君) 市民課長です。

 拠出金と交付金の関係ということですが、こちらにつきましては、県から全体でプールをしてということ、先ほど言いましたような共有をしてということになりますので、今の御質問に対する答えとしましては、拠出金、交付金が最終的にはイコールになるわけでありまして、県内のその入り繰りといいますか、各市町ごとはそれぞれなっておりますけど、全体の計としましてはゼロになるという形です。

 資料につきましては、各市町の状況というものについては、常に御提示のほうをしたいと思います。

 以上です。



○議長(内田?君) 田島議員、再質問ありますか。田島議員。



◆16番(田島允雄君) あと1分しかないので、あれですが、全体がトータルするというのはわかるけど、各市町が、各それぞれの保険者が市町にはどのくらいもらうのかっていう、そこに差が出ないかっていう、不平等がでないかと。

 そういうことが資料提供の主な内容です。恐らく、これは平成30年を目指している、国保の広域化、今、都道府県単位化という、そういう言い方するそうですが、これへの一歩前進ということになるわけですね。これによって、1円、全ての医療、1円からの医療費が全部県が把握して、県でつかんだということになるわけですよね、この安定化事業基金の一元化っていうのですね。

 もしそうなら、そういうことでそれをベースに、つまり県単位化が進むとすると、大変な矛盾を持つじゃないかというふうに感じるわけです。

 私が、一昨年はどうなるか国保連合会に要求をして、この拠出金と交付金の資料の提供を。

         〔「残り30秒です」と呼ぶ者あり〕



◆16番(田島允雄君) お願いしたんですけどね。そのとき、浜松、大都市の、5億3,000万ぐらい入るという。それで、例えば伊東なんか1億3,000万拠出金がすることになる、そのときの菊川の試算は800万くらいの交付金増になりましたけどね。恐らく、これ余り変わってない。

         〔「残り5秒です」と呼ぶ者あり〕



◆16番(田島允雄君) いうことで、ぜひこういう問題を含んでいるもので、資料提供をしっかりお願いしたいと。

         〔「終わりです」と呼ぶ者あり〕



◆16番(田島允雄君) 以上。終わりです。ちょうど終わりです。



○議長(内田?君) 16番 田島議員の質疑を終わります。

 以上で、通告による質疑を終わります。関連質疑はございますか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) よろしいですか。質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りいたします。本件については、教育福祉委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、教育福祉委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第54号〜議案第59号の質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第6 議案第54号 平成27年度菊川市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてから、議案第59号 平成27年度菊川市水道事業会計未処分利益剰余金の処分及び決算の認定についてまでの6件を一括議題とします。

 本件について、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。議案第54号、議案第55号及び議案第58号は、教育福祉委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第54号、議案第55号及び議案第58号は、教育福祉委員会に審査を付託することに決定しました。

 続いて、議案第56号、議案第57号及び議案第59号は、総務建設委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第56号、議案第57号及び議案第59号は、総務建設委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第60号の質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第7 議案第60号 平成28年度菊川市一般会計補正予算(第2号)を議題とします。

 本件については質疑の通告がありますので、これを許します。なお、質疑は再質問を含め、5分以内でお願いします。8番 ?柳和弘議員。?柳議員。



◆8番(?柳和弘君) それでは1点質問させていただきます。

 企画総務費、菊川市総合計画冊子等作成業務委託料について、第2次総合計画基本構想を市民に周知するための冊子や、プレゼンテーション資料のデザイン及び作成業務を委託するとありますが、質問1ですが、市民に対して従来と違う趣向で説明を計画しているのでしょうか。どういう点を、どういう場面で市民に訴えかけようと考えてるのでしょうか。

 2番、プレゼンテーション資料の活用方法はどのような計画でしょうか。

 3、およそ260万円の増額となっていますが、内訳を教えてください。

 4、この時点での見直しになったのはどのような検討経過によるものなのでしょうか。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(内田?君) ?柳議員の質疑が終わりました。答弁を求めます。橋爪企画政策課長。橋爪課長。



◎企画政策課長(橋爪博一君) 企画政策課長でございます。

 それでは、?柳議員の2款1項7目102856事業、企画総務費13節菊川市総合計画冊子等作成業務委託料481万7,000円の御質問にお答えいたします。

 初めに、1つ目の市民に対して従来と違う思考で説明を計画しているのか、どういう点を、どういう場面で市民に訴えかけようと考えているのかについてでございますけれども、これまで総合計画については、市民の皆様に対し、広報きくがわ等によりお知らせをするほか、ホームページでの公開、それから概要版等を配付してまいりました。

 また、出前行政講座等により要望のあった都度、市職員が資料作成をして御説明をしてまいりました。

 基本的には周知方法や説明する機会はこれまでと同様でございますけれども、説明する場合によりわかりやすく、また視覚的な情報伝達効果の高いパワーポイント資料を加えていきたいと考えております。

 次に、2つ目のプレゼンテーション資料の活用方法はについてでございますけれども、1つ目の質問でお答えさせていただいたとおり、要望があったや団体、学校とへの説明、それから出前行政講座、また市外からの、例えば視察等、本市をPRする機会を捉えて活用していきたいと考えております。

 次に、3つ目のおよそ260万円増額の内訳は、についてでございますけれども、当初予算でお認めいただいた印刷製本費として221万、これに加え、説明用のパワーポイント資料追加分が10万円、それから総合計画の冊子、概要版、パワーポイント等3種類のデザイン料として約250万円の内訳となって増額をお願いするものでございます。

 次に4つ目のこの時点での見直しになったのは、どのような検討経過によるものかについてでございますけれども、総合計画審議会等から、若い方々も含め、幅広い世代の市民の皆様に、本市の総合計画をよりわかりやすく、見たくなるように、効果的にお伝えするためにデザイン性には配慮する必要があると、こういう点を捉えて、冊子を作成していってほしいという御意見を多数いただきました。

 これらの意見を踏まえ、本予算を、補正予算をお願いするに至りました。

 以上で、?柳議員への御質問に対する答弁とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。?柳議員、再質疑ありますか。?柳議員。



◆8番(?柳和弘君) ありがとうございました。

 デザイン料の250万、この積算根拠といいますか、算出根拠をもう少し教えていただきたいのと、あと、デザイン性に配慮ということで4番目の答えですが、それはどういう検討委員会ですか、そちらから出たのか、どの場面で出たのかお願いします。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。橋爪企画政策課長。



◎企画政策課長(橋爪博一君) 企画政策課長でございます。

 デザイン料の予算の関係でございますけれども、そういう実績があるところの見積もりを数社いただいて予算のほうは計上させていただいております。

 それから、経緯につきましては、昨年来、おととしから審議会、総合計画の審議会の中で基本構想、それからいろんな政策施策について協議をいただきました。

 本年7月19日に答申をいただいて、本議会のほうへ上程をさせていただいております。

 この中で、当初予算を組んだ後でございますけれども、当然、数回、審議会を開いております。この間、他市からもいろんな総合計画が来ました、できたものが。それを見ますと、やはりみやすさとか、今までないような、行政地区でない冊子を非常に最近はつくっていて、若い世代にも見ていただけるような冊子をつくっておりますので、そういう経緯の中で審議会からも多数そういう意見が出た経緯でございます。

 以上です。



○議長(内田?君) ?柳議員、再質疑ありますか。?柳議員。



◆8番(?柳和弘君) ありがとうございました。

 今回の補正で、説明資料を充実させて総合計画構想を市民によく理解していただいて、やはり行政と市民の協働でまちづくりを進めるということで、市民に市が目指すまちづくりの姿を、メッセージを発信し続けるという意味で資料を充実させるというふうに受けとめてよろしいでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。橋爪企画政策課長。



◎企画政策課長(橋爪博一君) そういう御理解でよろしいかと思います。

 以上です。



○議長(内田?君) ?柳議員、再質疑ありますか。



◆8番(?柳和弘君) ありがとうございました。



○議長(内田?君) 8番 ?柳議員の質疑を終わります。

 以上で、通告による質疑を終わります。関連質疑はありますか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) よろしいですか。質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。本件については、一般会計予算決算特別委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、一般会計予算決算特別委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第61号〜議案第63号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第8 議案第61号 平成28年度菊川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)から、議案第63号 平成28年度菊川市下水道事業特別会計補正予算(第2号)までの3件を一括議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 最初に、議案第61号 平成28年度菊川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第61号は、原案のとおり可決しました。

 次に、議案第62号 平成28年度菊川市介護保険特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第62号は、原案のとおり可決しました。

 次に、議案第63号 平成28年度菊川市下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第63号は、原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第64号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第9 議案第64号 第2次菊川市総合計画基本構想の策定についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第64号 第2次菊川市総合計画基本構想の策定については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立多数。よって、議案第64号は、原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△散会の宣告 



○議長(内田?君) 以上で、本日予定した日程は全て終了しました。

 なお、付託した議案の討論通告は、13日火曜日の正午までにお願いします。

 なお、議案第52号 一般会計歳入歳出決算の認定について及び議案第60号 一般会計補正予算(第2号)の討論通告については、23日金曜日の正午までに事務局に提出をお願いします。

 次の会議は、27日火曜日午前9時から当議場で開催しますので、定刻までに御参集ください。

 本日はこれをもって散会といたします。



散会 午前 9時24分