議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 菊川市

平成 28年 3月定例会(第1回) 02月23日−02号




平成 28年 3月定例会(第1回) − 02月23日−02号









平成 28年 3月定例会(第1回)


平成28年第1回菊川市議会定例会会議録

議 事 日 程(第2号)

平成28年2月23日(火)午前9時開議 
日程第 1 諸報告
日程第 2 議案第 1号 菊川市職員の給与に関する条例の一部改正について
      議案第 2号 菊川市特別職の職員で常勤のものの給料等に関する条例の一部改正について
      議案第 3号 菊川市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部改正について
      議案第 4号 菊川市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について
      議案第 5号 菊川市職員の特殊勤務手当支給条例の一部改正について
      議案第 6号 菊川市職員の退職管理に関する条例の制定について
      議案第 7号 地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備について
      議案第 8号 菊川市行政不服審査法施行条例の制定について
      議案第 9号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備について
日程第 3 議案第10号 菊川市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律施行条例の一部改正について
日程第 4 議案第11号 菊川市下水道条例の一部改正について
日程第 5 議案第12号 菊川市都市計画審議会条例の一部改正について
日程第 6 議案第13号 菊川市消費生活センターの組織及び運営に関する事項等を定める条例の制定について
日程第 7 議案第14号 菊川市放課後児童健全育成事業に関する条例の一部改正について
日程第 8 議案第15号 菊川市歴史街道館条例の廃止について
日程第 9 議案第16号 菊川市火災予防条例の一部改正について
日程第10 議案第17号 平成27年度菊川市一般会計補正予算(第5号)
日程第11 議案第18号 平成27年度菊川市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
日程第12 議案第19号 平成27年度菊川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
      議案第20号 平成27年度菊川市介護保険特別会計補正予算(第4号)
      議案第21号 平成27年度菊川市下水道事業特別会計補正予算(第4号)
日程第13 議案第22号 平成27年度菊川市病院事業会計補正予算(第1号)
日程第14 議案第31号 財政融資資金及び地方公共団体金融機構資金貸付金に係る債務者の変更について
日程第15 議案第32号 東遠学園組合の共同処理する事務の変更及び東遠学園組合規約の変更について
日程第16 議案第33号 平成27年度菊川市一般会計補正予算(第6号)
日程第17 陳情について(精神障害者に対する他障害者並み交通運賃割引を求める意見書採択に関する陳情)
 ────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
議事日程のとおり
 ────────────────────────────────────────
出席議員(17名)
     1番  岡 本 吉 弘 君     2番  有 海 喜一郎 君
     3番  山 下   修 君     4番  加 茂 ひろ子 君
     5番  鈴 木 啓 之 君     6番  倉 部 光 世 君
     7番  松 本 正 幸 君     8番  ? 柳 和 弘 君
     9番  水 野 貞 幸 君    10番  宮 城 力 弘 君
    11番  鈴 木   榮 君    12番  西 澤 和 弘 君
    13番  小笠原 宏 昌 君    14番  岡 本 ? 夫 君
    15番  北 沢 俊 一 君    16番  田 島 允 雄 君
    17番  内 田   隆 君    
欠席議員(なし)
 ────────────────────────────────────────
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
  市     長   太 田 順 一 君    教  育  長   石 原   潔 君
  総 務 部 長   河 本 大 輔 君    危機管理 部長   淺 羽 睦 巳 君
  企画財政 部長   赤 堀 慎 吾 君    生活環境 部長   澤 島 延 行 君
  健康福祉 部長   五 島 將 行 君    建設経済 部長   加 藤 容 章 君
  教育文化 部長   原 田 修 一 君    消  防  長   坂 部 浩 之 君
  市立病院事務部長  野 賀   済 君    総 務 課 長   佐 藤 雅 巳 君
  秘書広報 課長   勝 浦 敬 忠 君    地域支援 課長   赤 堀 広 行 君
  企画政策 課長   橋 爪 博 一 君    財 政 課 長   大 野 慶 明 君
  市 民 課 長   妻 木   久 君    下水道 課 長   匂 坂 一 秋 君
  福 祉 課 長   坂 部 正 雄 君    長寿介護 課長   鈴 木 和 則 君
  都市政策 課長   八 木 敏 昭 君    商工観光 課長   大 石 芳 正 君
  農 林 課 長   中 川 敬 司 君    会計管 理 者   杉 山   勝 君
  幼児教育 課長   成 瀬 孝 幸 君    消防次長兼予防課長 山 田 益 雄 君
  代表監査 委員   太田原   浩 君
 ────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  議会事務局長    藤 田 一 郎      書記        森 下 路 広






開議 午前 8時59分





△開議の宣告 



○議長(内田?君) 改めまして、おはようございます。

 ただいまの出席議員数は17人です。法第113条の規定による定足数に達しておりますので、平成28年第1回菊川市議会定例会第2日目の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。



────────────────────────────────────────





△諸報告 



○議長(内田?君) 日程第1 諸報告を行います。

 私からも市長からもありません。

 以上で諸報告を終わります。



────────────────────────────────────────





△議案第1号〜議案第9号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第2 議案第1号 菊川市職員の給与に関する条例の一部改正についてから議案第9号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備についてまでの9件を一括議題といたします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決をします。

 最初に、議案第1号 菊川市職員の給与に関する条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第1号は原案のとおり可決しました。

 次に、議案第2号 菊川市特別職の職員で常勤のものの給料等に関する条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第2号は原案のとおり可決しました。

 次に、議案第3号 菊川市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第3号は原案のとおり可決しました。

 次に、議案第4号 菊川市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第4号は原案のとおり可決しました。

 次に、議案第5号 菊川市職員の特殊勤務手当支給条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第5号は原案のとおり可決いたしました。

 次に、議案第6号 菊川市職員の退職管理に関する条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第6号は原案のとおり可決しました。

 次に、議案第7号 地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第7号は原案のとおり可決しました。

 次に、議案第8号 菊川市行政不服審査法施行条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第8号は原案のとおり可決しました。

 次に、議案第9号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第9号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第10号の質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第3 議案第10号 菊川市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律施行条例の一部改正についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。議案第10号は、総務建設委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第10号は総務建設委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第11号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第4 議案第11号 菊川市下水道条例の一部改正についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありますのでこれを許します。5番 鈴木啓之議員。



◆5番(鈴木啓之君) 私は、議案第11号 菊川市下水道条例の一部改正について質問させていただきます。

 カドミウムについては、平成23年10月に公共用水域の水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準の基準値が0.01ミリグラムパーリットルから0.003ミリグラムパーリットルに変更され、これを受けて排水基準が0.1ミリグラムパーリットルから0.03ミリグラムパーリットル、地下水の浄化措置命令に関する浄化基準が0.01ミリグラムパーリットルから0.03ミリグラムパーリットル、下水道排水基準が0.1ミリグラムパーリットルから0.03ミリグラムパーリットルと改正され、平成26年11月にトリクロロエチレンについても改正があり、今回の菊川市下水道条例の一部改正になるわけですが、この条例の改正について、事前に市内各事業所に案内は出されておりますでしょうか。

 また、この条例の改正により影響を受ける企業が市内にありますでしょうか。あれば、その対応について、どのように考えていらっしゃるか伺います。

 また、この条例の改正により、市内企業との公害防止協定等改定が必要となる事項はありますでしょうか。あれば、その概要を伺いたいと思います。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(内田?君) 鈴木議員の質疑が終わりました。答弁を求めます。匂坂下水道課長。



◎下水道課長(匂坂一秋君) 下水道課長でございます。

 それでは、鈴木啓之議員の質問にお答えいたします。

 1つ目の、事前に市内各事業所に案内は出ているかについてでございますが、今回の改正は、公共用水域の水質汚濁を防止する水質汚濁防止法の改正に伴うものであり、全国で適用されているものであるため、市から事前に改正内容について案内は出しておりませんが、静岡県からは対象となる事業所には通知を出しております。

 2つ目の、影響を受ける企業があるか。あればその対応は、についてでございますが、これは所管いたします西部健康福祉センターに問い合わせをいたしたところ、菊川市においてはカドミウム、トリクロロエチレンを使用している事業所の届け出はないとの回答を得ておりますので、影響を受ける企業はございません。

 3つ目の、市内企業との公害防止協定等の改定が必要となる事項があるかについてでございますが、今回の条例改正は、国の定める下水道施行令に準じている本市の下水道条例の条項の一部を改正するものであり、市の下水道条例の改正により公害防止協定の改定が必要となるものではないと考えております。

 以上で、鈴木議員の御質問に対する答弁とさせていただきます。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆5番(鈴木啓之君) 5番です。どうもありがとうございます。非常に今の答弁を伺いまして安心いたしました。このような基準は、やはり表面処理をやっている企業とか、いろんな各企業によって、非常に影響を受けるものでありまして、影響がある企業に対しては猶予措置というようなものもとられておりますので、その辺を確認させていただきました。

 どうもありがとうございました。質問を終わります。



○議長(内田?君) 5番 鈴木啓之議員の質疑を終わります。

 以上で、通告による質疑を終わります。

 関連質疑はありますか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第11号 菊川市下水道条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第11号は原案のとおり可決いたしました。



────────────────────────────────────────





△議案第12号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第5 議案第12号 菊川市都市計画審議会条例の一部改正についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第12号 菊川市都市計画審議会条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第12号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第13号の質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第6 議案第13号 菊川市消費生活センターの組織及び運営に関する事項等を定める条例の制定についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。議案第13号は、総務建設委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第13号は総務建設委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第14号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第7 議案第14号 菊川市放課後児童健全育成事業に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第14号 菊川市放課後児童健全育成事業に関する条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第14号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第15号質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第8 議案第15号 菊川市歴史街道館条例の廃止についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。議案第15号は、教育福祉委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第15号は教育福祉委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第16号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第9 議案第16号 菊川市火災予防条例の一部改正についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第16号 菊川市火災予防条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第16号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第17号の質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第10 議案第17号 平成27年度菊川市一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。議案第17号は、一般会計予算決算特別委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第17号は一般会計予算決算特別委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第18号の質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第11 議案第18号 平成27年度菊川市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。議案第18号は、教育福祉委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第18号は教育福祉委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第19号〜議案第21号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第12 議案第19号 平成27年度菊川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)から、議案第21号平成27年度菊川市下水道事業特別会計補正予算(第4号)までの3件を一括議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 最初に、議案第19号 平成27年度菊川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第19号は原案のとおり可決しました。

 次に、議案第20号 平成27年度菊川市介護保険特別会計補正予算(第4号)は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第20号は原案のとおり可決しました。

 次に、議案第21号 平成27年度菊川市下水道事業特別会計補正予算(第4号)は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第21号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第22号の質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第13 議案第22号 平成27年度菊川市病院事業会計補正予算(第1号)を議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。議案第22号は、教育福祉委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第22号は、教育福祉委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第31号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第14 議案第31号 財政融資資金及び地方公共団体金融機構資金貸付金に係る債務者の変更についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第31号 財政融資資金及び地方公共団体金融機構資金貸付金に係る債務者の変更については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第31号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第32号の質疑、採決 



○議長(内田?君) 次に、日程第15 議案第32号 東遠学園組合の共同処理する事務の変更及び東遠学園組合規約の変更についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第32号 東遠学園組合の共同処理する事務の変更及び東遠学園組合規約の変更については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(内田?君) 起立全員。よって、議案第32号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第33号の上程、説明、質疑、委員会付託 



○議長(内田?君) 次に、日程第16 議案第33号 平成27年度菊川市一般会計補正予算(第6号)を議題とします。

 それでは、提案者に提案理由の説明を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) おはようございます。議案第33号についての提案理由を申し上げます。

 平成27年度菊川市一般会計補正予算(第6号)についてでございます。今回の補正は、国の平成27年度補正予算に伴い、実施する事業について計上するもので、歳入歳出それぞれ1億5,170万円を追加し、予算総額を181億3,440万円とするものでございます。

 詳細につきましては、担当が内容を説明いたしますので、御審議の上、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 提案理由の説明が終わりました。

 続いて、議案の内容説明を求めます。赤堀企画財政部長。

         〔企画財政部長 赤堀慎吾君説明〕



○議長(内田?君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。なお、質疑の時間は再質問を含め5分以内でお願いします。質疑はございますか。8番 ?柳議員。



◆8番(?柳和弘君) 8番です。リーダー人材創出事業費、総合戦略・農学芸スクール事業費、また就業就労環境支援事業費につきまして、それぞれ3,700万、3,800万、200万という金額で委託料として大きな枠で載っておりますけれども、その委託先というのはどういう期間を想定していますか。それだけ説明をお願いします。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。橋爪企画政策課長。



◎企画政策課長(橋爪博一君) 企画政策課長でございます。企画政策課では、リーダーの人材創出事業、それから農学芸スクール事業についてお答えをさせていただきます。

 まず、今回の事業につきましては、昨年10月末に策定しました総合戦略の中で事業を位置づけていまして、スケジュール期間としては、ことし、ある程度の研究準備をして、来年度からそれを具体的に進めていきたいということで、これについて本課で、ある意味シンクタンク的なところにいろいろな制度設計についてお話し合いをさせていただいたり、または金融機関等もお話をさせていただきました。

 そういった中で、仕組みづくりについて、なかなか行政では専門的知識がありませんので、菊川市内にそういう専門のシンクタンクもありましたので、そういうところとこの立案をしてきましたので、今現在では市内のそういう専門のシンクタンクのところに業務委託を発注していきたいという考えでございます。これは2件ともそうでございます。

 以上です。



○議長(内田?君) 大石商工観光課長。



◎商工観光課長(大石芳正君) 商工観光課長です。それでは御質問の総合戦略就業就労環境支援事業の委託先の考えでございますが、これにつきましては、ニーズとしまして、女性の皆様からいろいろと要望をお聞きした中で事業を進めていこうと考えております。

 委託先につきましては、それらの女性の皆さんから聞き取ったニーズを確認いたしまして、企業でありますとか就労支援を行う事業所、それからNPО、そういったところの事業内容を確認いたしまして委託先を決定してまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。?柳議員、再質疑はありますか。?柳議員。



◆8番(?柳和弘君) ありがとうございました。



○議長(内田?君) ほかに質疑はございますか。総務建設委員の方は、最終的には付託になると思いますので、今は控えていただきたいと思います。

 そのほか何かございますか。2番 有海議員。



◆2番(有海喜一郎君) 2番 有海です。総合戦略・農学芸スクール事業費、これは先ほども御説明ありましたけど、農業を軸にした首都圏児童生徒や本市の中学生を対象とするということであります。それと、首都圏からの参加者、親子となっております。この地域住民の触れ合いを通じ、本市を第2のふるさとにするという認識、訪問することで交流人口の増加を図ると、つなげるということになっております。これは内容的にどのような政策でいくのか、詳しく説明をお願いをしたいと思います。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。橋爪企画政策課長。



◎企画政策課長(橋爪博一君) 企画政策課長でございます。先ほど上程の説明にもございましたけれども、まずは農業の部分について、若い世代から触れ合っていただきたいということで、対象者としては市内の中学生、それから首都圏がメインになるかと思いますけれども、遠方からの親子を含めた中学生を菊川の農業触れていただいて、菊川を第2のふるさとにしていただきたいという中では、まずはそのカリキュラムをちゃんとしていこうということで、この夏までには、夏休みに向けて長期のカリキュラムをまずはつくっていくということで、これについては先ほどちょっとお話ししましたように、シンクタンク等もちょっといろいろ話をさせてもらったんですけれども、協力体制というのが当然必要になります。当然、生産者のフィールドを与えていただく生産者の方、これは個人も農業生産も生産法人もありますけれども、そういうとことの連携、それからもう一個は、遠方からこちらに来ていただくには、やはり、ある意味旅行会社等の協力も必要だろうということで、そういうところにもこの立案企画には入っていただこうというふうに考えています。

 それをもって、長期、夏休みに向けての子供たちの体験ツアー、それから、それを踏まえて9月以降は地元の子供たちが放課後とか休み等を利用していただいて農業体験をしていく、そういうことを考えていきたいと。これはすぐではありませんけれども、将来的にはそこでいろいろな農産物を加工したり販売というものは、これは何年後かわかりませんけれども、そういうところに結びついていけばいいのかなと。やはり子供たちに農業というのは1つの就労の場、産業であるという認識を若いときから持っていただきたいというねらいもございますので、これは総合戦略でも、位置づけておりますので、これをやっていきたいと。で、できれば、当然行政が永遠にこれを続けていくということではなくて、先ほど説明したとおり、法人化をしていただいて、行政とは離れた形で運営をしていく、この体制を構築していきたいという狙いももう一つあります。

 以上です。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。有海議員、再質疑はありますか。有海議員。



◆2番(有海喜一郎君) 2番です。法人化に進めていきたいと、そのようにお聞きしております。

 こういう中で法人化するとなると、農地等いろいろございます。そのような農地の確保、それはどのようにお考えでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。橋爪企画政策課長。



◎企画政策課長(橋爪博一君) 企画政策課長でございます。これは今どういう形になるかというのは正直いって申し上げられませんけれども、これは毎月会議をやる中で、生産者の方、それからいろんな農家の方にもお聞きする場面があると思います。

 そういった中で、まずは体験については現場で動いている農場をフィールドとして貸していただくというのは第一前提になりますけれども、例えば耕作放棄地を利用する場があれば、いずれはそういうところも利用可能かなとは思います。ただ、これについては、これから農業分野の方にも相談し、行政の中でも内部的に調整をしながら、フィールドを考えていきたいというように考えております。

 以上です。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。有海議員、再質疑はありますか。有海議員。



◆2番(有海喜一郎君) 2番 有海です。ありがとうございます。今非常に農家離れがしている。また耕作地もふえているということで、市を挙げて、この農業に対して若いころから、また遠方からもこちらの地域にきてそういうことに御努力願えたらありがたいと、このように思います。

 質問を終わります。



○議長(内田?君) 2番 有海議員の質疑が終わりました。ほかに質疑はございますか。

         〔発言する者なし〕



○議長(内田?君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。議案第33号は、一般会計予算決算特別委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、議案第33号は一般会計予算決算特別委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△陳情について 



○議長(内田?君) 次に、日程第17 陳情についてを議題とします。

 事務局長に陳情文書表を朗読させます。藤田事務局長。

         〔事務局長陳情文朗読〕



○議長(内田?君) お諮りします。受理番号28の2、「精神障害者に対する他障害者並み交通運賃割引を求める意見書採択に関する陳情」の所管は教育福祉委員会であります。所管の委員会に付託したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田?君) 異議なしと認め、本件は、所管である教育福祉委員会に審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△散会の宣告 



○議長(内田?君) 以上で、本日予定されておりました議事日程は全て終了しました。

 なお、本日、付託した条例の討論通告は2月24日水曜日正午までに、一般会計補正予算(第5号)、一般会計補正予算(第6号)の討論通告は3月1日火曜日正午までに事務局へ提出願います。

 また、次の会議は、3月2日水曜日午前9時から当議場で開催しますので、定刻までに御参集願いたいと思います。

 本日はこれをもって散会いたします。お疲れさまでした。



散会 午前 9時41分