議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 菊川市

平成 27年 3月定例会(第1回) 03月09日−05号




平成 27年 3月定例会(第1回) − 03月09日−05号









平成 27年 3月定例会(第1回)


平成27年第1回菊川市議会定例会会議録

議 事 日 程(第5号)

平成27年3月9日(月)午前9時開議 
日程第 1 諸報告
日程第 2 一般質問
 ────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
議事日程のとおり
 ────────────────────────────────────────
出席議員(17名)
     1番  岡 本 吉 弘 君     2番  有 海 喜一郎 君
     3番  山 下   修 君     4番  加 茂 ひろ子 君
     5番  鈴 木 啓 之 君     6番  倉 部 光 世 君
     7番  松 本 正 幸 君     8番  ? 柳 和 弘 君
     9番  水 野 貞 幸 君    10番  宮 城 力 弘 君
    11番  鈴 木   榮 君    12番  西 澤 和 弘 君
    13番  小笠原 宏 昌 君    14番  岡 本 ? 夫 君
    15番  北 沢 俊 一 君    16番  田 島 允 雄 君
    17番  内 田   隆 君    
欠席議員(なし)
 ────────────────────────────────────────
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
  市     長   太 田 順 一 君    副  市  長   石 田 辰 芳 君
  教  育  長   石 原   潔 君    総 務 部 長   沢 崎 久 雄 君
  危機管理 部長   淺 羽 睦 巳 君    企画財政 部長   赤 堀 慎 吾 君
  生活環境 部長   澤 島 延 行 君    健康福祉 部長   落 合 哲 郎 君
  建設経済 部長   赤 堀 正 人 君    教育文化 部長   栗 田 正 弘 君
  消  防  長   坂 部 浩 之 君    市立病院事務部長  野 賀   済 君
  総 務 課 長   加 藤 容 章 君    地域支援 課長   赤 堀 剛 司 君
  安 全 課 長   落 合 広 行 君    企画政策 課長   橋 爪 博 一 君
  財 政 課 長   大 野 慶 明 君    都市政策 課長   八 木 敏 昭 君
  茶業振興 課長   赤 堀 広 行 君    学校教育 課長   江 川 正 徳 君
  おおぞら幼保園統括園長 角 替 裕 士 君
  幼児教育 課長   成 瀬 孝 幸 君    消防次長兼予防課長 山 田 益 雄 君
  議会選出監査委員  北 沢 俊 一 君
 ────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  議会事務局長    藤 田 一 郎      書記        森 下 路 広  






開議 午前 8時59分





△開議の宣告 



◎議会事務局長(藤田一郎君) おはようございます。本日の机上配付物について御案内いたします。議事日程第5号を配付させていただきだいております。御確認をお願いいたします。

 それでは、会議に先立ちまして御礼を行いたいと思います。御起立お願いします。相互に礼。お願いします。御着席ください。



○議長(内田?君) 改めまして、おはようございます。

 ただいまの出席議員数は17人です。法第113条の規定による定足数に達しておりますので、平成27年第1回菊川市議会定例会第5日目の会議を開きます。

 本日の議事日程第は、お手元に配付のとおりです。



────────────────────────────────────────





△諸報告 



○議長(内田?君) 日程第1 諸報告を行います。

 私からも市長からもありません。

 以上で、諸報告を終わります。



────────────────────────────────────────





△一般質問 



○議長(内田?君) 日程第2 一般質問を行います。

 3月6日に引き続き一般質問を行います。本日は4人の方の一般質問をお受けいたします。時間は30分以内でお願いします。

 それでは、通告順に質問を許します。



────────────────────────────────────────



○議長(内田?君) 最初に、1番 岡本吉弘議員の質問を許します。岡本議員。

         〔1番 岡本吉弘君登壇〕



◆1番(岡本吉弘君) おはようございます。きょうは、一般質問ということでトップバッターですので、よろしくお願いします。きょうは緊張して、ちょっと朝の目覚めが早かった中で、すっきりした気持ちで臨みたいと思いますけど、よろしくお願いします。

 私は、一般質問として、「空家・空地対策からまちづくりを考える」ということで一般質問させていただきます。

 目標として、防災や防犯を踏まえた空家対策による安全・安心なまちづくりの推進を目標としております。また、目的として、空家の適正管理による危険防止並びに利活用等による危険な空家の発生抑制を目的としております。

 では、質問の要旨を行います。

 菊川市は、合併して誕生した新しい市は、平成26年度に市制10周年を迎え、節目の年となったところです。合併の効果を十分に発揮しながら、市民の融和を図り、一体性の確立と均衡ある発展と市民の皆様と協働しながら、住んでよかった、住みたくなるまちを目指しております。

 さて、近年の急速な少子高齢化の進行、大都市への転出、人口減少社会への進展や経済的事情等により適切な維持管理がなされないまま老朽化が進行している建物が増加しております。特に、長期間放置された空家・空地は、防災や防犯、衛生、景観等の面から、隣接する建築物や周辺に悪影響を及ぼすなど、さまざまな弊害を生む事例が多く見られるようになり、市内では空家が増加してきております。空家が発生し、老朽化する倒壊等の危険、防犯や衛生面など周辺環境への多大な悪影響をもたらし、さまざまな問題が確立すれば、市や地域にとっても大事な財産にもあります。

 全国の空き家件数は、昨年10月1日時点、820万戸となり、住宅総数に占める割合は13.5%だったことが総務省の住宅土地統計調査速報値でわかりました。空家数、率とも過去最高を更新しました。5年前の前回の調査に比べ、空家数は63万戸ふえ、空家率は0.4ポイント上昇、1958年に36万戸、率は2.0%にすぎなかったが、一貫して上昇しています。

 29日に公表された総務省の住宅統計調査速報値によると、昨年10月時点の本県の空家率は16.3%で、5年前の前回調査から2.1ポイント増加しました。県は、県内の総住宅数や空家率の推移などについて詳細分析を進め、本年1月に公表しました。また、こうした問題のある空家の適切な管理を行い、倒壊のおそれがある空家を撤去することなど、地方自治体が行いやすくするため、国が法的な根拠を提示して支援する必要性から、空家対策の推進に係る特別措置法が昨年11月27日に成立しました。

 この空家対策特別措置法の狙いは2つあり、1つが、これまでの問題のある空家への対策です。市町村が空家への立ち入り調査、指導、勧告、命令、行政代執行、所有者が命令に従わない場合や所有者が不明な場合の措置をとれるように定め、所有者が命令に従わない場合は過料の罰則を設けている。また、登記が曖昧で空家の所有者からわからないという方については、固定資産税などの課税のため個人情報を必要な際において利用できるように定めております。

 もう一つの狙いは、活用できる空家の有効活用です。市町村に空家のデータベースを整備し空家の跡地を活用する、促進することを定めております。同時に、これらのことが確実に実行されるには、国が基本方針を定め、それに応じて市町村はそれぞれ空家に対する方策を立てる必要があるとしていますが、所有者等による空家の適正管理が行われ、利活用や危険な空家の発生防止を促すことにより、新たな空家の発生を抑制し、快適な生活環境の確保と活力ある地域づくりにつなげていくものでありますが、菊川市としての課題は、問題のある空家への除去と利活用等の実態が把握されていないままの空家が5年前の調査結果数値790戸により、公表数数値870戸がふえ続けている現状であります。市は、こうした現状を踏まえ、この法律の制定をどのように捉え活用しているのか、次の点について質問をします。

 1、空き家等対策の推進に関する特別措置法が平成26年11月27日公布され、施行日が公布日から3カ月以内とされている。

 ?特別措置法施行に伴い、庁内空家対策検討委員会は組織されているのか、また、担当課はどこか。

 ?空家等の対策の推進に関する特別措置法が施行され、運用するためには条例等の制定が必要になると思うが、条例は市独自の条例となるのか、条例制定はせず国の法律を適用するのか。また、条例を制定する場合の時期はいつになるのか、この点について伺います。

 ?菊川市による空家等対策計画は策定されているのか。

 ?空家等の所在や所有者の調査をどのように行うのか。

 ?固定資産税情報の内部利用等についてどのように対応するのか。

 ?空家等データベースの整備等はどのように考えているのか。

 ?適切な管理の促進、有効活用はどのように考えているのか。

 2番といたしまして、菊川市火災予防条例に空地・空家の管理規定が定められているが、どのような指導を行っているかについてお伺いします。

 以上です。



○議長(内田?君) 岡本議員の質問が終わりました。

 市長の答弁を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) おはようございます。本日もまた一般質問をよろしくお願いいたします。

 最初に、岡本吉弘議員の空家・空地対策からまちづくりを考えるについての御質問にお答えします。

 最初に、空家等対策の推進に関する特別措置法についてですが、御質問にありますとおり、この法律は昨年11月27日に公布され、2月26日、一部施行がされたものであり、今後は、示されました基本方針により、菊川市の空家対策基本計画の策定に取り組むこととなります。

 なお、平成27年度から主管課を都市政策課に置き、進めてまいります。

 また、空家等対策業務に当たり、複数の課にまたがる課題もありますので、庁内対策協議会等の設置も検討してまいります。

 次に、市独自の条例制定についてですが、特別措置法の施行により、市独自の条例を制定する必要はないと考えております。

 次に、御質問の空家等の所在や所有者の調査方法や固定資産税情報の内部利用方法、空家等データベースの整備方針、適切な管理の促進、有効活用方針などについては、計画策定の中で検討してまいりたいと考えています。

 最後に、菊川市火災予防条例空地・空家の管理規定が定められているが、どのような指導を行っているのかについてですが、菊川市火災予防条例第24条で、空地、空家の所有者または管理者は、侵入の防止、周囲の燃焼のおそれのある物件の除去等、火災予防上必要な措置を講じなければならないと定められております。

 これにより、市では現地確認後、枯れ草や可燃性の物品など火災発生のおそれがある場合には物件の除去等必要な措置を指導することができるものであります。このため、消防本部では、空家からの出火防止を図る目的で、菊川市消防本部空家の管理に関する運用基準を平成25年4月1日に施行し、指導運用しているところです。

 今後については、菊川市の空家等対策基本計画策定にあわせて対策指導の見直しを行ってまいります。

 以上で、岡本吉弘議員の質問に対する答弁とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆1番(岡本吉弘君) 1番、岡本です。ただいま明確な答弁をいただきましてありがとうございます。

 空家対策の推進に係る特別措置法が昨年、国会のほうを通りまして、特別措置法が施行されたわけですけれども、その特別措置法が、もう3月になりましたけれども、2月の末に──2月の26日に施行となったところでございます。その特定空家の徐却等のあれについては、これから規則等の定め、詳細な内容が、規制等が必要になってくると思います。それについては一応5月の26日施行ということになっております。

 こうした中で、今、課のほうについては都市政策課のほうで担当するということで、報告の中でありましたけれども、これは非常にまた、今市民等がこういう空家等の問題に対していろいろな課へ、地域の中でいろいろこういう実情があるということの中で、いろいろ要望のある中で、いろいろ、安全課に行きなさいとか都市政策課に行きなさいか、消防へ行きなさいとかいろいろあった中で、担当課が明確になったということは、市民にとってはありがたい話の中で、地域のそういう問題点を法にするということは有効かと思います。

 この空家等の推進に係る特別措置法が2月26日に施行されて、今後進めるということですけれども、これから進めるという内容の中で、私は、この特別措置法が施行されたんですよね、もう。2月26日に。それで、この法律が施行される前に昨年、衆議院を通過したというか、今の実情を踏まえた中で、菊川市が空家問題をいろいろ取り組む中で、菊川市としての空家の目標と目的等ですか、そういう問題点ということですか、運用上の課題、対策のあり方について、空家等の実態調査を事前になぜ行えなかったかというのをちょっと疑問に思いますけれども、法律が施行された以上、やっぱり地域事情を勘案した中で、やはり菊川市としての空家の関係のどういうふうに利用価値があるのかって、私もその前に件数等も菊川市が大分ふえているということで790戸ですか。菊川市が5年前には790、それから公表数値が870ということで、ふえ続けております。この中て、菊川市として空家等の対策、基本方針を定めておく必要があったと思うんです。その点について、この法律が施行した中で特別措置法が施行されてから、これからいろんな対策を立てていくというのは、私もちょっと行政としての対応がちょっとおくれているのではないかと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 危機管理部長でございます。議員の御質問にお答えさせていただきます。

 議員の今御質問のとおり、特別措置法が施行になりました。施行になりまして、国のほうが国の基本方針というものを示すことになっております。

 最近、国のほうが基本方針を示されてきました。そういう中で、まだその基本方針自体もいろいろ議論がまだあるところで、まだしっかり固まった部分ばかりではございませんが、やっと今国のほうが基本方針を出したという段階でございます。

 実際に、市としてどのような建物を対象物件として取り扱っていくかということにつきましては、国の基本方針を見ながら、市としてしっかり対象物を決めていかないと、調査等々、後の問題ができませんので、今のところ、今基本方針を預かったところであります。したがいまして、今後、どのような対象物を市として対策をとっていくかということを決定しまして、庁内の委員会等で詰めていきたいと、こんなふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆1番(岡本吉弘君) これから進めていくということです。

 今、空家の空地対策からまちづくりを考える上、非常に、今私の自治会でも、私の同じ班ですけれども、28軒の、今私がいる自治会が、班があります。その中で、空家が、今私の5軒、私は打上のほうに住んでいるんですけど、12軒あるです。非常にまた、自治会としても今、こうした状況を踏まえた中で、空家がやっぱり自治会としても困っているわけです。12軒ということで。特別措置法の特定空家に対するその建物はないですけれども、これから維持管理をなされていない空家が非常にふえているということは、非常にまた懸念をしていると思います。

 そんな中で、今、菊川防犯まちづくり条例というのがあると思いますけれども──済みません。今菊川市に防犯まちづくり条例ってあるわけですけれども、この防犯まちづくり条例、菊川市の防犯まちづくり条例ですけれども、この条例について、犯罪のない明るく住みよいまちづくりということで、推進するための基本理念を定めた中で、安心して暮らすことができる地域社会の実現に寄与することを目的として菊川市の防犯まちづくり条例が制定されております。

 そんな中で、今回のこういう空家を問題点として、今回の特別措置法にあわせて、菊川市の防犯まちづくり条例を改正したらどうかということで私はちょっと提案をしたいと思います。

 今、この中に私がちょっと考えたんですけれども、このまちづくり条例の中に空家条例の土地所有者等の責務ですけど、まちづくり条例の中に、土地の所有者等の責務ということで、今私がちょっと考えたんですけれども、土地の所有者等が所有し、または管理する土地・建物もしくは工作物に係る安全及び安心を確保するために、施策に協力するよう努めなければならないと、こういう土地所有者等は市が実施する防犯まちづくりを推進するために施策を協力するよう努めなければならないと、こんなような文を入れたら、もっと菊川市の地主ですか、そういうのに対応するためにも、一つの、火災予防条例と同じような、必要な内容が盛り込まれるので、もっと市民としてもこういうのは理解されると思いますので、この辺のまちづくり条例を平成22年に制定されていますけれども、そういう条例の見直しも必要ではないかと。条例の中で一層市民、こういう土地の管理者についても、所有している方についても、こういう条例の中で、市民に広報していくことも必要ではないかと思っていますので、よろしくお願いします。

 それからもう一つ、今防犯のまちづくりの条例を提案させていただきましたけど、この新法制定の中で、もう2月の26日に制定されている中、これから菊川市が土地問題を有効に解決していくために、例えばですけれども、市外の土地、家屋、所有者によって固定資産税の納税通知書があります。あの中に、一応法律が施行された以上、空家の適正な管理の啓発、文書等同封して啓発を定めるなど、あらゆる機会を捉えてこの住民体制に適正管理をお願いする必要を考えていますけど、この中で私が、もう法律が施行された以上、やっぱり周知していくことが必要だと思うんです。この中で、市のホームページをした中で、「法律が改正されました、特定空き家が改正されました。今回の法改正でこのようになりました」ということは、適正管理について広報のきくがわなりホームページに記載した中で啓発するなどして、この固定資産税のほうはこれから5月には納税通知書が各市民に配付されていきますけど、通知されていきますけど、この固定資産税通知書にこういうのをした中で啓発をして文書を同封していくような手法は、私はちょっといいのではないかということの中で考えておりましたんで、これについてどのように市のほうについては、担当部局としてはどのように考えていますか。



○議長(内田?君) 岡本議員、通告から少し枝葉のほうが強くなっていると思いますけど、先ほど、今後いろんなことを協議会の中で検討されていくというようなお話がありましたので、それを含めまして答弁ができるようでしたらお願いしたいと思います。

 淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 危機管理部長でございます。

 先ほど、防犯のまちづくり条例の関係の御質問がありました。条例につきましては、今後また、先ほど申し上げたとおり、庁内の委員会の中でいろいろこの空家対策を詰めてまいります。防犯のまちづくり条例については、空家に特化したというものではございませんが、そういう中で条例の改正が必要あるかというようなものはあわせて検討したいと、こんなふうに思います。

 それと、固定資産税の納税通知とかそういう中で空家対策の呼びかけができないかというところでございますが、実際にはどういう場面でPRしていくかということもこちらもしっかり考えていきたいと思います。税の中に直接それを入れるかどうかということはまだこの場でお答えはできませんけれども、市民のPR、適正なPRというものは考えていきたいなと思っております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問ありますか。



◆1番(岡本吉弘君) よろしくお願いします。

 次の視点についてちょっとお伺いしますけれども、私が菊川市としての質問内容で、課題として問題のある空家ということで文書の中に、質問状にですね、菊川市としての課題は何かということの中で、問題のある点についてどのような認識を持っているのかということで質問をしたですけど、この課題の問題のある点について、市はどのような認識を持っているのかお伺いします。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 危機管理部長です。もうちょっと、今質問の要旨がちょっとわからなかったもんですから、もうちょっと御説明をお願いします。済みません。



○議長(内田?君) 岡本議員。



◆1番(岡本吉弘君) 昨年の議会で、年末でしたか、鈴木榮議員が、空家の関係についての質問をしたと思うんです。その関係についての、同じ内容ですので。問題のある空家の関係です。お願いします。



○議長(内田?君) 淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 危機管理部長でございます。

 定例会の中で御質問いただいた関係だということでございまして、今回の法律改正につきましては、当然御質問のあったような物件の問題を解決すために法律ができてきたとこちらも思っておりますので、あのような物件につきましては、この法律に従って適切に対応をとっていくよう考えていきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆1番(岡本吉弘君) その問題のある空家ですけれども、私は一つ懸念をしているんですけれども、いつまで放置をしてくのかということがちょっと、非常に周辺の自治会等、近隣の住民等も不安を抱えておる材料だと思うんです。

 そんな中で、昨年、鈴木榮議員の答弁を見ますと、菊川市の所管である静岡県袋井土木事務所に事例の確認をしましたが、電話等による措置の勧告した事例はありますが、措置をめぐった事例はないということです。して答弁書をちょっと見たですけれども、これは土木事務所建築事務所のほうで電話で確認した内容ですか。そこをちょっとお聞きします。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。八木都市政策課長。



◎都市政策課長(八木敏昭君) 都市政策課長です。

 ただいまの御質問の県袋井土木への問い合わせの方法ですけれども、袋井土木に出向きまして写真、資料等を見せた中での回答ということです。

 ただ、現場にまで来て、見ていただいた経緯はないということです。

 以上です。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆1番(岡本吉弘君) その点がちょっとはっきりしなかったもんですから、今、課長のほうから、現場に出向いたと。ということは業者の対応として、やはりそこまでした中で相談というのはしていかなきゃならないと思う。

 この中でああいう問題のある空家というのは、やっぱりいろいろ法律を調べても、建築基準法です。一番今この中で建築基準法と菊川市の火災予防条例、道路法と廃棄物の処理、清掃に関する法律、これは災害対策基本法ということで、非常に取り巻きはされているんですけれども、そういう勧告徐却したら、そこまでは各条例、法令等も非常に規制は弱い中で、いま一歩進めるためにも、何らかの外堀から埋めていくというか、やっぱりいつまでもほっとくじゃなくて、建築基準法で一応建築所に相談に行った以上は、菊川市としてのこの空家の問題になる点については、根拠条例をしっかり定めた中で、どこに、要するに根拠としてやれるのかというのはしっかりやっぱりつかんでおかなければならないと思います。

 そこで、建築基準法の8条に建築物の維持保全命令というのがあるわけですけれども、それを全国でも適用している市町村もあるわけです。それから道路法についても、その道路法の46条、これについても適用している市町村もあるわけです。それから廃棄物処理に関する清掃に関する法律5条の関係、清掃の保持、これらもそうです。それから、災害対策基本法の64条、応急公用負担、これもありますけれども、これはあくまでも、まさに危険が迫った場合については市町村長の命令によってこれは破壊ができるというような内容があるわけですけれども、やっぱり菊川市の火災予防条例に空地・空家の管理がある。それから建築基準法もある。その中で、両者検討会を、どういうふうにして空家のこの問題を解決していくかという検討会を持ったことがありますか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 危機管理部長でございます。

 御質問のとおり、さまざまな条例とか過去のいろんな定めの中でいろいろ指導するような決まりもございます。しかしながら、そのことが不十分でありまして、空家の対策ができてこなかったもんですから、今回、この特別措置法ができたということであります。したがって、この特別措置法に従って一定の手順を踏んで処理をしていかないとならないことになっておりますので、その分については検討しながら進めていきます。

 また、過去にこのような検討したのかということでありますが、それにつきましても、例えば個人情報の問題であっても、この庁舎内でありましても例えば税の情報であるとかそういうものにつきましてもこの中で共有することができません。したがいまして、なかなか一つのデータをみんなで見て検討するということがなかなかできませんでしたが、今度の特別措置法の中ではこのような個人情報につきましても活用できるという、改めて定めができましたので、今後はそういうことが可能になってまいります。

 したがって、御質問がありましたとおり、従来までのものではなかなかできなかったことが今度の特別措置法によりまして可能になったということを御理解いただければと思います。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問ありますか。



◆1番(岡本吉弘君) 今、部長からの、それは行政の考えというのはその辺を踏まえた中での対応になろうかと思うんです。

 ただ、今問題のある空家を、よく現地を、行ってよく見てみると、管理不全状態の状況になっているわけです。それから、要は危険性から言えば、建築物の倒壊です。あそこは2階の窓がもうあいているし、東側ももう空家になっているし、ツタもあるし、建築材料の脱落とか飛散によって敷地外の生命、身体、財産に非常に係る──北側のお宅もそうですけれども、被害を生じるおそれがあると私は認識しております。

 それから、生活環境として敷地内にあるツタ、雑草等の繁茂とか周辺の環境の保全に支障が、おそれがあるというふうに認識をしております。

 それから、伊東市の事例もそうですけれども、空家から、防犯上の問題ですけれども、非常に事件が発生した事例もあるわけです。それで、不特定多数の侵入、要するに出入りするとか、犯罪行為というですか、放火なんかもあったときに誘発するおそれがあるんです。例えばあれが放火された場合については、周辺への延焼、拡大も非情に考えるわけです。そう考えると、私はそんな悠長言っているような、そんな空家特別措置法ですか、言っている時代──ではないと思うんです。やっぱりここは、何でもそうですけども、着実に、外堀から埋めていって、条例の根拠条文を示して、みんなでたここをなんとかしにゃいかんという1つは規制を、幾ら何でも指導勧告でいいもんですから、袋井建築主事のほうも指導勧告した事例がありますという答弁もされていますけれども、そういう事例があるということはできるということです。だからそれも指導だと思うんです。

 それで、火災予防条例の24条にしてもそうです。これもできないわけじゃないです。外から調査することもできるし、関係者の調査をすることもできるし、誰が所有者で、それもできるし、いや、それはもっと行政の中の担当課が今の現状を踏まえて空家がどのようにこのようになっているか、周囲の状況を、住民がいろいろ支援と言っても何もしてくれないというか、それではやっぱりいけないし、依頼がとか市のほうであった以上、的確な対応をするのが行政の住民への信頼の回復だと思うんです。この辺について、きょうは質問させていただきましたけれども、それこそ空家対策特別措置法ができましたけれども、私はその前にもっと空家対策の市としての基本指針というんですか、そういうのを私は法律が施行されてからやるじゃなくて、法律施行の前に情報が入るだから、菊川市として空家・空地についてはどういう問題があるかというか、問題、課題点を踏まえた中でやっぱり検討委員会を開催して、早期にこれが、これから政策を定める中でいろいろしていかなければいけないと思うんです、対策について。それだけど対策が出てから、それじゃ法律が施行されてから対策を考えるではもう半年、1年いってしまうもんですから、その辺をぜひよろしくお願いします。

 それから、きょう4月の火災予防条例に市長のほうから条例を適用した中で的確な指導をお願いしてまいりますということで市長の答弁がありましたので、きょうは私の質問をこれで終わらせていただきたいと思います。ありがとうございました。



○議長(内田?君) 以上で、1番 岡本吉弘議員の質問を終わります。



────────────────────────────────────────





○議長(内田?君) 次に、6番 倉部光世議員の質問を許します。倉部議員。

         〔6番 倉部光世君登壇〕



◆6番(倉部光世君) 本日、私は、「菊川市のまち・ひと・しごと創生の取り組み」について質問をさせていただきます。

 平成27年度は、全国的に少子高齢化と人口減少対策で、自立的で持続可能なまちづくりを行っていく地方創生に向かう年となります。

 自治体がそれぞれのよさを再発見し、課題を見直し個性を尊重した発想と創意工夫を行っていかなくてはなりません。各市町村は、新しい産業をおこし、その魅力を競い合って定住人口を維持する必要に迫られ、各地方自治体の責任が今まで以上に重くなっていくということでもあります。

 政府は、地域再生制度として雇用の創出や経済活性化などに取り組む計画を立て、努力をした自治体に対し財政、金融等の支援を行うとしています。2015年度から5カ年の方針として、まち・ひと・しごと創生総合戦略を提示していることも受け、今年度の施政方針では菊川市のまち・ひと・しごと創生と緊急経済対策への取り組みとして人口推移を踏まえ分析・調査を行い、第2次総合計画との整合性を図りながら、地方人口ビジョン及び地方版総合戦略の策定をしていくとなっております。

 菊川市は、減少に向かっているとはいえ、ここ数年も転入者数が転出者数を上回っております。東海道沿いで気候も温暖、交通の便がよいなどの立地条件も備わっていて、地域おこし協力隊の特別交付税措置の対象地域要件区域分でも3大都市圏外にあって、条件不利地域でない町村に指定されております。

 急激な減少はないと考えられることから、これからの対策となりますが、深刻な過疎問題に直面している自治体では、20年以上も前から独自の対策を考えられていることも事実でありますので、少しでも早い対策が必要となります。

 一般社団法人移住推進交流機構ニッポン移住交流ナビJOINが1月に開催した移住交流&地域おこしフェアには、全国から200を超える自治体窓口が集まり、地域おこし協力隊募集エリアにも110ものが自治体が出演しておりました。

 移住促進の資料は、若者の目を引くためにデザイン性の高い工夫を凝らしたものがほとんどでした。

 また、特に人口減少に直面している自治体の取り組みは、参考になるものが多く、各ブースの担当者の、1人でも多くの方に地元を訪れていただきたいというPRは、熱意を感じるものばかりでした。

 数字の分析調査も重要でありますが、どのように将来を見据え、限られた人や財源でどのようなまちづくりを行っていくのかが今後の重要課題です。これからのまちづくりは、少子高齢化と人口減少が今後私たちの生活にどのような影響を及ぼすのか具体的に理解をして、市民と行政が危機感を共有するところから始める必要性があります。危機感を共有し、その対策を他人事ではなく、市民全体が課題として話し合っていくことこそが必要になります。

 人口減少社会に対するには、1、少子化対策、2、大都市への人口流出をとめ大都市から地方へとその流れを変える。3、女性、高齢者などの人材活用が必要です。また、まちの魅力の再認識と、何よりもふるさとを大切に思う心を育て、残すようにすることが未来に向かって必要なことであります。

 これからの菊川市のまち・ひと・しごと創生への取り組みについて質問及び提案をさせていただきます。

 1、まち・ひと・しごとの中で一番のかなめは人であることは明らかです。潜在している地域住民の地元の誇りを目覚めさせることが必要です。人づくりはまちづくりから、また、まちが人をつくる。ずっとここに住んでいる人、外から菊川市に来た人、一度地元を離れ戻った人、いろいろな目線を持ってまちを見直すことが必要です。

 菊川市が主婦が幸せに暮らせるまちの上位になった一つの要因は、主婦は比較的外から嫁いで来られた方が多いということもあると考えられます。ずっと住んでいると当たり前のことが、外から来た人にとっては目新しく、とてもすばらしいことと感じられるものです。例えば、菊川市の規模ですが、大きからず小さからず、何となく話していると、人と人がつながっている。都市部に住んでいると感じられない連帯感を感じるそうです。

 また、自治会組織についても、ここまで、隅々までその活動が行き渡っているのは、首都圏にいた人からすると驚くことなのです。また、菊川市は東京を中心地とした移動の中では、その立地条件からしても、とても立ち寄りやすいまちと感じるそうです。菊川市の活力を高めるための取り組みの中の市民との協働のまちづくりを推進するためにも、地方が依存から自立に意識を変え、地方から知恵やアイデアが生まれてくる仕組みとそこから出たアイデアを実現させるための市民の参加が不可欠になります。市民と危機感を共有しつつ、そのアイデアを市政に生かす仕組みとしては、いよいよテーマを決めたワークショップ型のサロンの開催が必要となってきます。

 地域支援課の職員も、牧之原市で行われた対話による協働の地域づくりフォーラムなどいろいろな研修やセミナーに参加されているようですが、菊川市としての今後の取り組みを伺います。

 また、取り入れていくようであれば、その際必要となるファシリケーターの養成についてはどのように考えていますか。

 2番、人の育成のために市民活動支援講座やセカンドセミナーが開催されています。26年度も講師もすばらしい方ばかりで、とても有意義な講座でした。このような講座にはぜひ多くの方に参加していただきたいと思いますが、26年度の講座の成果、またPR方法等の課題についてどのように検証されて本年度へ生かしていくか伺います。

 3番、その育成のもう一つの課題、女性の参加についてですが、市民が参加しやすい場としてコミュニティ協議会の活動が推進されておりますが、コミュニティ協議会の役員の女性の割合を伺います。また、今後女性が参加しやすくするためには、どのような対策をお考えでしょうか。

 4番、住民の政治や行政の関心を示すバロメーターが投票率です。最近の低投票率では、地方創生にも不安が残ります。政治に関心、興味を持ち、選挙の重要性を意識した有権者をふやすには、子供のころからの教育が重要になります。10周年の小中学校生の作文とはすばらしいもので、これからのまちづくりのヒントが書かれていたと思います。自分たちの声が市政に届くという実体験をすることにより、長い目で見た郷土を愛する人の育成をするために、子ども議会を開催する市町もふえてきました。菊川市でも導入していく必要があると考えますが、いかがでしょうか。

 5番、ニッポン移住交流ナビJOINに菊川市は加盟しておりますが、市の紹介以外、全く更新がされていないようですが、加盟した目的、今後の活用方法について伺います。

 以上で、私の登壇での質問を終わらせていただきます。ありがとうございます。



○議長(内田?君) 倉部議員の質問が終わりました。

 最初に、市長の答弁を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 倉部議員の、「菊川市のまち・ひと・しごと創生の取り組み」は、についての御質問にお答えします。

 子ども議会の必要性についての答弁は教育長からさせていただきますので、よろしくお願いします。

 最初に、ワークショップ型サロン開催の必要性についてですが、地方創生が国の重要課題に位置づけられる中、これからは自治体がいかにして自主性を発揮していくかが問われることになります。市民、行政等が知恵を絞り、地元の特性を生かしながら地域の活性化に取り組むことが求められ、市民と行政との協働によるまちづくりの推進は今後ますます重要になってくると考えております。

 本市は、協働のまちづくりを推進する地域組織の核としてコミュニティ協議会を位置づけております。平成25年第2回定例会で倉部議員の御質問にお答えしたとおり、コミュニティ協議会は地域の皆さんが地域の課題や将来の姿について話し合ったり、事業を展開したりしながら自主的に運営している組織であることから、コミュニティ協議会が地域におけるサロンの役割を果たしているものと理解しております。

 ファシリテーターの養成も必要とは感じますが、まずは地域の課題を共有していく人をふやしていくことが重要と考えますので、今後も多くの方にコミュニティ協議会に参画していただき、まちづくりに対してさまざまな意見交換をしていただくことを期待しております。

 次に、今年度の講座の成果、またPR方法等の課題の検証と次年度へどう生かすかについてですが、市民活動支援講座については全4回の連続講座として開催し、延べ70人の参加がありました。各地で市民活動を実践されている20代から40代の若手の講師を招き、若者をメーンターゲットに地域貢献活動に踏み出すきっかけづくりとなる講義を行いました。また、セカンドライフセミナーについては、シニアと呼ばれる世代を対象に、地域活動への参加を促すことを目的に開催し、市内全域から約400人の参加がありました。参加者アンケートによる満足度の成果を見ましても、多くの参加者の期待に沿うものであったと理解しております。

 PR方法につきましては、自治会文書による回覧や地区センター等へのチラシの配付、市の広報、ホームページ、フェイスブックを通じた開催告知のほかセカンドライフセミナーでは、対象者に直接開催案内と招待状を送付したところ、大変多くの皆さんに御参加いただくことができました。次年度もメーンターゲットを絞り、それぞれの対象に関心の高いテーマを設定するとともに、効果的なPRを行ってまいります。

 次に、コミュニティ協議会の女性役員の割合と女性が参加しやすくするための対策についてですが、コミュニティ協議会全11地区の平成26年度の組織体制における女性役員の割合は12%となっております。市としましても、女性の地域活動への参加を促進するため、コミュニティ協議会懇話会や各地区定例会においてその必要性を継続して訴えており、各コミュニティ協議会において十分に御理解をいただいているものはと判断しております。

 実態として、コミュニティ協議会の女性役員の割合は高いとは言えませんが、本年度、加茂地区において防災女性の会が設立されるなど、これまでの地域活動は男性が中心といった意識は変わりつつあると考えております。

 こうした女性参画の動きをさまざまな分野に広げていけるよう、今後も会議等を通じて継続的に女性の地域参加への働きを行ってまいります。

 最後に、ニッポン移住交流ナビJOINに加盟した目的と今後の活用方法についてですが、まず、JOIN一般社団法人移住・交流推進機構は、平成19年10月に、移住や交流希望者への情報発信、移住・交流のニーズに応じた地域サービスを提供するシステム普及などを行うために設立された団体であり、現在、県内全ての市町が加入しております。

 当市がJOINに加入した経緯につきましては、静岡県からの情報提供を受け、全国の自治体だけでなく、企業、団体会員の移住・交流に関す情報収集に活用することを目的に、平成23年度に加入したものでございます。

 現在は、JOINが運営するするインターネットニッポン移住交流ナビにおいて、市の概要及び市の豊かな自然環境に恵まれた景観などの写真を掲載して、情報を発信しております。また、同サイトにある全国自治体移住者支援制度一覧にも当市の情報を掲載しております。

 移住・定住につながる情報がどのようなものか検討し、今後も引き続きニッポン移住交流ナビを活用し、情報を発信してまいります。

 また、JOINが実施する移住・交流に関する自治体政策策定支援事業に参加するなど、移住・交流に資する新たな施策作成についての検討を進めてまいります。

 私からの答弁は以上でございます。ありがとうございました。



○議長(内田?君) 続いて、教育長の答弁を求めます。石原教育長。

         〔教育長 石原 潔君登壇〕



◎教育長(石原潔君) 失礼します。それでは、私からは子ども議会を菊川市でも導入していく必要についてお答えします。

 学校では、小学校6年生で政治の働きについて学習を始め、中学校3年生の社会で議会政治について詳しく学習しています。また、小学校の児童会活動や中学校の生徒会活動、学級活動において、子供たちの自治的な活動や話し合い活動を行っており、現状では、御提案のあった子ども議会については、教育課程内の活動として取り入れることは考えておりません。

 以上で、倉部議員の御質問に対する答弁とさせていただきます。ありがとうございました。失礼します。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。

 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) 今5点御答弁いただきましたけれども、最初のワークショップ型サロンについてですけれども、特にそれを取り立てて行われるということではなく、コミュニティ協議会の中で話し合って、皆さんの気持ちを高めていただきたいということになっておりますけれども、コミュニティ協議会の中で例えばこのような形で皆さんの意見をとっていきますよという形でそのサロン型のワークショップ、ワークショップ型のサロンの方法を広めていくという必要があると思いますけれども、その点についてはいかがでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀剛司君) 地域支援課長でございます。

 コミュニティ協議会の中でワークショップ型のサロンの開催ということでございますが、担当課の職員もワークショップの研修等にも参加しておりますし、各コミュニティ協議会の定例会等にも参加しております。そういった中で、ワークショップ型サロンの開催などの提案をしていければと思いますし、また、協議会の役員が集まる、先日行った懇話会でも、役員その他の会員の方にワークショップの体験をしていただき、その必要性は認識していただいたと感じております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) 先日の懇話会でされていたということは存じ上げております。やはり、ただこういうのがありますよというだけではなかなか各地区で実際に実施されるということはないと思うんですけれども、こないだの六郷地区で小学校のお母さんたちを集めて子供たちの課題を話すというのを1度やっていただいたですが、やはり皆さんそれぞれ意見を、お話出していただいて、今後の課題ということで集約していくことができたと思います。ぜひ、各地区で──課題はいろいろあると思いますけれども、こちら行政のほうから提案をして、こういう課題についてこのようなワークショップをもっとやっていただきたいということで、推進ないしそれをできる方の育成をもっとしていただきたいと思いますが、あと、その中で何人かの方が多分養成講座みたいのには参加されていると思うんですが、そういう方たちはファシリテーターとかができるぐらいの能力をお持ちなのか、あとそのワークショップをやる形というのを御存じの方が各コミュニティ協議会にいらっしゃるかどうか教えていただけますか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀剛司君) ファシリテーターのことだと思いますけれども、ファシリテーター養成講座を特に指定開催しているということは過去にもなかったと思いますが、それぞれの協議会の中にそういった役割ができる方がいるかどうかというところではございます。という質問だとは思いますけれども、協議会それぞれ役員が、毎年同じ方といいますか、固定された方がやっている協議会、それから年度によって役員がかわってしまう協議会等いろいろございまして、全ての協議会でどういう方がいるかというところは把握してございませんけれども、今協議会からさまざまな研修に参加してくださっている方は見えますので、そういった方がファシリテーターになっていただけるということであれば、我々としても非常に心強いものだと思っております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) 各地区に地区センターにはセンター長さんがいらっしゃると思うんですが、そのような方はそういう講座を受けられているということはございますでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀剛司君) 地域支援課長でございます。

 地区センターの事務長でございますが、県のコミ推協という略称になっていて申しわけないですけれども、コミュニティの関係の協議会が県の単位の協議会があって、そういった中では、研修は行っております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) センター長さんも受けていらっしゃるということですので、ぜひコミュニティ協議会とセンター長さん、皆さん協力していただいて、各地区でこのようなサロンをやっぱり開いていっていただく必要が今後はあると思います。行政のほうでコミュニティ協議会以外でできればテーマを決めて、いろんな年齢の方を集めてやっていただけるのが理想的だと思うんですけれども、なかなかそれが難しいのであれば、ぜひ各コミュニティ協議会でそれを開催していく推進をぜひしていっていただきたいと思います。

 御存じの範囲で結構ですが、現在そのような、このようなワークショップ型のサロンを開催されているコミュニティ協議会があったら事例を教えてください。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀剛司君) それぞれのコミュニティ協議会の中でワークショップ型のサロンを開催しているかどうかということですけれども、申しわけありません。その点については、私は承知はしてございません。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) やはりやっていらっしゃる、把握もされていないということですので、やはりワークショップ型サロンというのはぜひやっていっていただきたい、今後やっていかなくてはいけないことだと思いますので、ぜひこちらのほうから開催の働きかけをもっと積極的にしていただいて、皆さんの意見を集約できるようにしていただきたいと思います。

 コミュニティ協議会さんですが、固定で役員をやられているところも何カ所かありまして、どうしてもちょっと一般の方が入りづらいという雰囲気がまだあるところも多いかと思います。コミュニティ協議会が何かちょっと理解できていない方もまだやはりいらっしゃったり、各自治会との連携がいま一つうまくいっていないところもあったりと思いますので、ぜひこのようなサロンを活用していくことによってコミュニティ協議会の中の人の輪をもっと広げていけるようにしていただきたいと思いますが、コミュニティ協議会さんのほうにぜひこのワークショップ型サロンの開催方法を広げていっていただけるような働きかけは今後お願いできないでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀剛司君) 地域支援課長でございます。

 先ほど答弁の中でふれた点がございますが、本年度の懇話会で女性の地域参画に対するワークショップ、協議会の会長・副会長だけではなくて女性の部会長、副会長さん等にも御出席をいただき、それぞれの御意見、対話をしていただきました。そういった中では、やはりこういった対話というのが必要だということは皆さんおっしゃっていましたし、次年度以降の懇話会についてもこういった形、ワークショップによるサロンの開催なども検討しております。そういったワークショップをきっかけに、さまざまな協議会が導入していただければ、我々としてもそれについての支援はしていこうと思っております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) ぜひそのような、皆さんがワークショップ型サロンを活用していただけるような支援を今後もっと広げていっていただきたいと思います。

 できれば、お子さんからお年寄りまで参加できるようなサロンを行っていくことが望ましいというようなこともきちっとお伝えしていっていただくと、今後活用していくのには大変有意義ではないかと思います。

 先日、県大の学生さんが行っていますデモクラシーカフェというのがありまして、ちょっと参加させていただきましたけれども、お子さんを持っているお母さんから定年退職した方、いろんな方が参加されて、そこに議員もまじってみんなで話すというのを行いました。やはり大変皆さん有意義な意見を出されておりましたので、ぜひ、今いろんな形で行われておりますので、そういう事例研究もしていただきながら提案をしていっていただきたいと思いますけれども、その点はいかがでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀剛司君) 地域支援課長でございます。

 近年ではさまざまな自治体、それからさまざまな団体がそういったテーマを決めていろんな話し合いの場面を設けたりはしております。地域づくりについてはさまざまな人が地域には見えますし、そういった人たちの意見をもとに地域づくりをしていくということは大変重要なことだと思います。そういったことについては、現在もできるだけの可能な範囲で職員が研修には参加しておりますし、そういったことは今後とも続けてまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) ぜひ、職員さんも、たくさん研修に行かれているのをよくフェイスブックなどでも拝見しますので、せっかく行かれた研修ですので、その成果を生かすべく、そのような機会をふやしていっていただきたいと思います。

 あと2番目について、実践塾のほうですが、4回されて、桜庭のおばさんなど、とても若くてやる気のある皆さんが講師に来ていただいて、私も参加させていただいたんですが、先ほどのお話で、若者が踏み出すきっかけということで伺ったんですけれども、実際参加すると、若い方より少し、やはり私たち以上の年齢の方のほうが多かったように見受けられます。

 また、参加した中で半分近くが職員さんというか、行政関係の方が多かったんですけれども、PRをしていくに当たりまして、チラシを配る、ホームページ載せるというのはいつものことなんですが、やはり参加していただきたいターゲットを絞って、例えば高校生にも配るとか、高校の先生たちに配るとかそのような方法をとっていかないと多くの方に伝わっていかない。ふだん広報を見ているような方にしか伝わっていかないと思うんですけれども、その点、広報についてどうお考えでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀剛司君) 地域支援課長でございます。

 本年度の市民活動支援講座、若者がテーマということで、今、高校生に周知ということですけれども、本年度の講座の開催におきましては市内の高校にもチラシを配付させていただいたところでございます。

 また、職員がということでしたけれども、決してその職員にこちらから参加をお願いしたわけではなく、一市民として自主的に参加してくれたものですので、確かにテーマは若者ということでしたけれども、年齢層につきましてはさまざま、20代から70代まで方御参加いただきましたけれども、若者が参加する、若者を受け入れる側の若者に対する認識ということもその研修講座では得られたのではないかと思っております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) 高校にも配付はしていただいたということですけれども、やはり皆さん、ちょっと何となくターゲットが絞られていないのかなという感じを、参加して思いました。でも、話の内容はほんとに、昨年度いいものでしたので、できるだけ多くの方に参加していただけたらよかったなと思いましたので、今年度もまた別の形でされていくとは思いますけれども、より多くの方に伝わるように工夫をしていただきたいと思います。

 ほか何人か御紹介しましたが、やはり知らなかったという方が大変多かったです。興味はあるけれども知らなかったという方がすごく多かったので、どうしても行政でやるものについては興味を持って見てくださっている方でないと伝わらないのかもしれないんですけれども、ぜひ口コミで広げるとか、興味のある方に伝えてそこからもっと広げていただくとかということをぜひやっていって、せっかくの講座が無駄にならないようにしていただきたいと思います。

 いい取り組みをしていれば年々参加もふえていくとは思いますけれども、ぜひ昨年度やったもののよさを伝えながら今年度の周知のほうに努めていただけたらいいのではないかと思います。

 あとコミュニティ協議会の女性の参加ですけれども、12%ということでしたが、今までのことを思えば少しはふえているのかなとは思いますけれども、やはりどうしても自治会のほうの役員になるのがほとんど男性です。自治会長さん初め班長さんに出てくる方もやはり男性が多かったりということなんですけれども、やはりコミュニティ協議会が各地区の意見集約をしていくとなれば、もっともっと女性の方に参加して、入りやすくしていただきたいなと思いますけれども、その点についてもう少し女性参加していただけるような工夫をお考えでしたら教えていただけますでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀剛司君) 地域支援課長でございます。

 コミュニティ協議会に限らず、さまざまな組織の役員というのは、依然として男性が多数を占めている状況です。

 今おっしゃられたように役員につきましては男性以外、女性にも役員を担う素質を持った方というのは非常に多く見えると思います。御家庭を持った女性の方ですと、そういった会合とか役員に参加するというのは御家族の協力も必要ではないかと思っております。そういった意味で、男女共同参画社会の必要性というのはこれまでも訴えてきましたし、今後とも先進事例の紹介ですとかそういったことで啓発を努めていくことが重要であると認識をしております。

 以上です。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) ぜひお願いしたいと思いますが、現在、その12%いらっしゃる女性なんですが、どんな役についている方がいらっしゃるかはおわかりですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀剛司君) 地域支援課長でございます。

 女性の役員ですけれども、副会長になっておられる方が2つの協議会、それ以外のところにつきましては、主に福祉の関係の部会長ですとか副部会長さんといったことでございます。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) やはり今現在女性が入っていらっしゃる役のところには、ほかの地区でも女性が入りやすいということだと思いますので、ぜひこういうところではこういう形でやっていますよという紹介をして推進していただくような運動とか支援をぜひしていただきたいと思います。どうしてもコミュニティ協議会の会合とか夜が多いと、女性が出にくいということもあると思うんですけれども、ある程度子育て済んだ方でしたら少しお時間もとれると思いますので、まずは参加しやすい方たちにぜひコミュニティ協議会のほうにも参加していただき、そのほかの女性が参加できるようにぜひ働きかけを行っていっていただきたいと思います。

 あと、子ども議会の件ですけれども、どこでも皆さん全部やっているというわけではないんですが、最近開催しているところが大分ふえてきたということで、いろんな事例を拝見しております。子供たちが自分たちで、きょう私がやっているような席に立ち、市長、執行部全部皆さんと向かい合って質問し合うということまでやっていらっしゃるところもあるそうです。

 どうしても若者の政治離れが今うたわれておりまして、今度選挙権が18歳に引き下げられる見通しともなっております。学校のほうでいろいろな先ほど取り組みもされているとは思うんですけれども、やはり現場に来ないと実感が湧いてこないのかなと思うんです。実際こういう席に座ってみたりするということもやはり興味を持つ一つのきっかけになるのではないかと思います。

 修学旅行で国会議事堂で席に座らせていただいたりすることはあるとは思うんですが、ぜひ身近な、自分に一番近いところのところに子供たちが参加できる、もしくは参加できないまでも中で見学ができたりするような試みをしていただけたらと思いますが、その点についてはいかがでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長でございます。御意見ありがとうございます。

 先ほど学校につきましては教育長のほうから、現在そういった取り組みを詳しく行っているというところで、これは申し上げましたとおりでございます。新聞でも、18歳の選挙法法案、これは公選法の改正になりますけれども、それが提出されまして、今後恐らく成立していくよになるんじゃないかと、そんなふうに思いますが、もしそうなりますと、今後恐らく文科省のほうでもいろんな方針とか学習の内容についての更新といいますか、そうしたものが特に示されてくるのかなと、そんな思いもございますけれども、現在、行政におきましても、実際これは行政としてではございますが、全体的には選挙のことも含めまして、いろんな出前行政講座とかその他の広報などで今実際には行っている状況でございまして、学校は先ほど述べたとおりでございますが、一方で、ぜひ議会におかれましても、例えば議会基本条例におきましても、今市民の参加と、あるいは市民との連携とか、あるいは広報の充実とかというようなこともうたわれてございますので、ぜひここら辺につきましても、市のほうの選挙部局とのまた連携をする中で、ぜひ選挙あるいは広報、そうした啓発活動、そうしたものにもぜひお力添えをいただければ、そうした中で学校とも今後模索をしていくということも伺えるのではないかなと、そのように思いますので、ぜひその辺のあたりをこちらのほうが御提案というわけではございませんが、そうした御意見としても述べさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) ぜひ協力し合って進めていけたらと思います。議会の出前講座ですとか議会見学のほうも、議会のほうが主導で行うこともできていくと思いますので、ぜひ両方の面からお子さんたちにもっと興味を持っていただいて、自分たちの意見はしっかり伝えれば伝わるということをわかっていただけるようにしていけたらと思います。

 あと最後の移住ナビの件なんですけれども、静岡県内全部が加盟はされているということでしたけれども、あちらのホームページを拝見しますと、登録というか市を検索できるものが今12ぐらいしか静岡県内でありません。その中で菊川市がというのであるなと思って、いいことだと思ったんですが、開いたんですが、市の紹介は載っているんですけれども、移住に関してこういうことをやっているというような記述が全くありませんで、何年か前の載せたままとまっていたような感じがするんですけれども、その辺、どなたか管理をされている方がいらっしゃるのでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。橋爪企画政策課長。



◎企画政策課長(橋爪博一君) 企画政策課長でございます。

 今議員おっしゃられたとおり、このJOINのほう、加盟は県内全市町しております。ただ、情報を乗っけているところが今14市町で、条件の不利地域を含むところが10市町、それから4市町、菊川もそうですけれども、不利益地域を含まない地域が4つとなっております。

 それから、管理については一応窓口がうちの企画政策課になりますので、情報を載せたりというのが今後出てくれば、横断的な情報も必要でありますので、うちで調整しながら乗っけていくというようなことになると思います。

 それから活用につきましては、当然情報につきましては取りにいく情報、収集する情報と、PR、要するに発信していく情報というのがあると思いますけれども、今まで活用していなかったことは事実でございますので、今後、当然さまざまな課題、それから地方版の戦略をつくっていく中で集めなきゃいけない情報、それから発信していく情報、この辺もちょっと研究をしていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) ぜひ少しでも多くのツールを使って菊川市のPRをしていっていただきたいと思います。

 ただ、また菊川市のほうで特に定住促進といって取り立てて大きくされている政策が今ないのでそこに載せていけないのかなとも思うんですけれども、菊川市は住みやすいとか、菊川市のよさとかぜひ移住をする場合はこういうところがすぐれているよという点を少しでも早く情報を載せていただけると、かなり多くの方が参考にされていると思いますのでいいかと思うんですけれども、現在、何か載せられるとするとどのようなことが載せられるか、もしお考えがあったらお願いします。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。橋爪企画政策課長。



◎企画政策課長(橋爪博一君) 企画政策課長でございます。議員おっしゃったとおりで、今の乗っけている情報、他市の事例を見ますと、例えばマッチング、農業をやりたい人が地方に移住をしてというようなそういうマッチングの情報とかを載せている市町も当然あります。今現在、菊川市としてどういう情報を載せるかというのはここで御答弁できませんけれども、もう一点が、報道等で御承知かもしれませんけれども、今回、地方創生の関係で総務省のほうは、東京のほうですけれども、全国の移住促進センターを今後立ち上げていく。それから静岡県のほうは、まだ今議会で予算要求の段階ですけれども、富士の国に住みかえるセンターとうものをまた東京のほうに設置する。ここら辺も使いながら、うちとしては情報を出していけるものはしていきたいし、集められるものはしていきたいと。

 今言った総務省と静岡県の情報につきましては、まだ27年度の立ち上げということで、詳細な中身まで説明を受けておりませんので、今後そこら辺も含めて、JOINも含めて検討していきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 倉部議員、再質問はありますか。倉部議員。



◆6番(倉部光世君) 現在特にあれということですが、やはり主婦が幸せに暮らせるまちとかいうテーマなどは載せていってもいいのかなと思われます。やはり菊川市のいいところというと、普通に考えるととりたててないと言われてしまえばないんですが、やはり皆さん一番暮らしやすい、雪も降らず交通の便もよく、人もよく大変暮らしやすいというイメージをもっともっと打ち出していっていただければ、すごく過疎地に行くよりは大変移住しやすいイメージがあると思います。ぜひ今後政策のほうを策定されていくに当たりましても、本市のよさを市民の意見を聞きながらまとめていっていただいて活用していっていただけたらいいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上で質問を終わります。ありがとうございます。



○議長(内田?君) 以上で、6番 倉部光世議員の質問を終わります。

 ここで、10時35分まで休憩といたします。



休憩 午前10時24分



再開 午前10時34分





○議長(内田?君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────────────────────────────────





○議長(内田?君) 次に、14番 岡本?夫議員の質問を許します。岡本議員。

         〔14番 岡本?夫君登壇〕



◆14番(岡本?夫君) 私は、平成27年第1回菊川市議会定例会に臨み、昨年の第4回定例会と同じ「安全か、おおぞらは」との題目のもとに質問をさせていただきます。

 市長は、平成27年度の施政方針の中で次のように述べています。

 昨年4月、本市の幼保一体化施設のモデルとなるおおぞら幼保園を開園いたしました云々。また、昨年の台風18号による園周辺の冠水につきましては、下内田地区冠水対策業務委託を実施し、状況調査や今後の対策を検討いたしますと述べています。

 予算書には、下内田地区冠水対策として348万2,000円が計上されております。担当は幼児教育課であります。説明資料には、台風18号による影響を受け、おおぞら幼保園周辺の冠水状況調査を実施するとなっております。

 市提出の平成10年9月23日から24日の集中豪雨による冠水箇所一覧表では、ここ溝落区は昔からの低地で、雨水の集中するところであり、浸水被害は当然発生したと考えられるにもかかわらず、無印の浸水なしになっております。そのことは、昨年の第4回定例会で私が紹介しておきました。平成24年9月25日、教育福祉委員会が開催をされ、その中で議員がこの資料を利用していることは皆さんに紹介をさせていただいております。この市の資料は、客観的事実を欠いた調査不足の不正確な資料であることは平成26年の台風18号が証明をしております。市は、誤った資料を直ちに撤回すべきであります。

 平成26年10月5日から6日の台風18号では、河城観測所で時間最大雨量42ミリ、累加雨量208ミリとなっております。平成10年9月23日から24日の集中豪雨では、同じ河城観測所で時間最大雨量82ミリ、累加雨量230ミリという数字が残っております。

 今年度の施政方針で予算にも書かれておりますけれども、なぜ冠水状況調査を業務委託しなければならないのか、その理由を明らかにしていただきたい。なぜ菊川市自身の力で、自前で冠水状況調査をしないのかお伺いします。

 以上で、登壇での質問にかえさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(内田?君) 岡本議員の質問が終わりました。

 市長の答弁を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 岡本?夫議員の、「安全か、おおぞらは」の御質問にお答えします。

 最初に平成10年9月23日から24日の集中豪雨による冠水箇所一覧表は、誤った資料であり、直ちに撤回すべきである、についてですが、平成26年第4回定例会の一般質問で答弁させていただいたとおり、資料として誤りが認められるものではないため、撤回する考えはございません。

 次に、冠水状況調査を業務委託する理由は何か、についてですが、おおぞら保育園周辺の冠水に伴う対応策を検討するために調査をするものでございます。

 最後に、なぜ自前で冠水状況調査をしないのか、についてですが、昨年の台風18号の冠水時には、市職員により河川の出水水位や冠水深など現地確認を行い、全員協議会にて担当から報告させていただきました。今後、それらのデータを用い、雨量と出水水位の分析、集水面積の確認など、市では実施できない作業について委託するものでございます。

 以上で、岡本議員の質問に対する答弁とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。

 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) 今、市長さんから市の提出の資料は撤回する必要はないという答弁でしたんですけれども、これは市が配ってくれたのを何回もコピーしたもんで、なかなかここのところがわかりが悪くなったんですけれども、一番初め、議員に配付してくれたとき、建設地は議員の紹介をさせていただきましたけれども、議員がこれを見て、教育福祉委員会の中で、ここには何ら浸水なんかないよと、水は入ってないよということをこの資料を見て発言しておりますけれども、私もこの資料だけ見たならばその議員の判断は間違ってないと思うんですけれども、市長にお伺いしますけれども、どうですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長でございます。

 ただいま岡本議員がおっしゃったように、その地図は当時の状況を把握したものでありまして、それがそこに載っているものでありますから、そこに実際もし書いてないとした場合には、それはその時点での調査した状況がそこに載っているというものだと考えます。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) 部長、要はこの地図を見て、議員が大事な請願の審査で利用して話をしているわけです。それで、この地図を見たら、何もそこには水は入ってないよという判断をしたわけです。この地図からは、浸水したということはないから、僕はその議員は間違ってないと思うんだけれども、この地図からはそう判断しても正しいですね、それは。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長です。

 それは今議員がおっしゃったように、議員がいろんなそれぞれ個人の知識の状況の中で御判断をして、その地図を見て総合判断をしたということだと認識します。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) 課長、まことに申し訳ないんですけど、私は簡単に聞いているんですよ。要は、私の言っているのは、この地図を見て、資料を見て、教育福祉委員会で、議員はこの建設地のところには水は入らないよと、浸水はないよという判断をしたわけです。そのように議事録に書いてあるんです。それに関しては私も、この地図を見ただけなら、事実はどうかわからないけれども、地図だけの判断からいうと、水は入らないよと判断しても別に間違ってないだなと僕は思うんだけど、どうですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長です。

 議員のおっしゃるとおり、地図上ではそのように思えると思います。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) それで、地図上では何でもそのように判断して間違いない、なかったよという判断を今されていました。正しいと思いますけれども。

 それで、昨年、台風18号、このような水が出ているわけです。水が出ている。それで、当初予算で予算を計上して、冠水に関して業務委託するわけです。そういって、なぜ先ほど必要ないと言ったけど、この資料が間違ってないんですか。おかしいじゃないですか。どうですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長です。

 これも前々からお答えをしておりますとおり、その資料全体としましては、その資料はそこのところだけを調べたものではございません。当時、その市全体の中でわかった情報、そうしたものをそこに落としてあるものだと、そのように私は理解しております。その中で、そこの情報がもし入っていなかったとしても、その情報は得られなかったんであれば、それはやむを得ないことであろうかと私は考えますが、いかがでしょうか。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) それなら部長、この資料は請願の審査の前の日、4日にみんなやって、3日に配っているんですけど、何で配る必要があったんですか。これを見て、皆さんに、あそこは水が入らないから安全ですよという、そういうために皆さん配ったんでしょう。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長です。

 そのことに、配った配らなかったという、そのことにつきましても以前もお答えしましたとおり、当時そうした資料があれば皆様方にできるだけ提供するという方針で、それまでもほかの資料もお配りしてまいりました。ハザードマップの説明もしてまいりました。そうした中でお配りしたものであって、それに対してそれぞれの議員がどのような形で、もしこういった資料もありましたということで出したものでありますので、そこの見方についての説明を私どものほうで少し不足だったという点はお認めしたいと思いますけれども、それに対してどうのこうのという作為を持ってやったものではございません。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) それで、当局の説明だと、この溝落地区というのは田畑が主で、家がなかったから見る人はいなんだと。だから、確認した人がいないから周辺は水が入っていてもここのところは確認した人いないんだから白くなっていたよという答弁にしてもらったんだけれども、今回、部長、台風18号で時間雨量が42ミリ、それで累加雨量208ミリ、それでこのような状況になっているわけ。それで、私たちが、おかしいねって言っていた平成10年9月23日から24日にかけた集中豪雨では、これは同じ河城の観測所で、時間最大雨量82ミリ、流下雨量230ミリ、数字が出ているわけです。平成10年のほうが昨年よりもたくさん降っているわけです。

 難しいことを聞いているんじゃない。昨年の18号で時間雨量42ミリの208ミリしか降ってなくてこの状況で、なぜ平成10年の水の入らないだなんて言うんですか。そのときは見た人がいないからわからないと言えば、それは前は確認した人がいないもんでしようがないなということになるけれども、今回、この数字を見れば、はあ、悪かったなと、この数字からいけば平成10年もここのところは水が入っていたんだと思う。悪かったとなぜ言えないですか。こんなこと難しいもんじゃないですよ。ここからも、部長見て、これ。僕はここのところに田島さんと2人で行って、平成10年のときどうかということでレベルを借りて水平をはかった。そしたら、水門が、上小笠のところに鉄塔があって崩れたところの上流部にごみがつかえていたというんで、その高さでやって見たら、トイレがあるね、トイレが。トイレの南側のグラウンドへ上がる階段の1段目か2段目ぐらいの所辺までは水が来たんじゃないかと、レベルをはかってみて、そのときは確認しているわけ、僕らは。

 それで、あなたは私に、私前質問したとき、いや、あそこは別にそんな大したことはなかったと。水没もないし車は通れたと、議事録を読めばいいけれども。そういうように答弁していて、こないだ、これで車は通れるんですか、あなた。あなた自身、私の質問に対して、ここのところは、道は水が上がったかもしれないけれども、車が通れないほど全然問題ないですよと、そういう答弁をしていますよ。議会での皆さん方が答弁していただくのは口から出任せを言って、その場限りの答弁では困るんですよ。その責任はどうなんですか。これ、水が、車が通れるんですか。通路が。



○議長(内田?君) 岡本議員、資料の撤回の話じゃなくて、答弁に対する質問ということでよろしいんですか。はい。



◆14番(岡本?夫君) これは資料の撤回の話ですよ。



○議長(内田?君) 資料の撤回については、その時点ではそういう資料だったという答弁をされていますので、それ以上ではないと思うんですけど。



◆14番(岡本?夫君) それはあなたがそのようなことを言う必要はないと思うんですよ。



○議長(内田?君) いや、そんなことはないですよ。



◆14番(岡本?夫君) 私は聞いているんですから。



○議長(内田?君) いや、私は……。



◆14番(岡本?夫君) 聞いているんですから。



○議長(内田?君) 私は答弁者から話をして、岡本議員に説明しているわけです。



◆14番(岡本?夫君) 当局が説明しているから、僕はどうですかということを言っているんですよ。



○議長(内田?君) いや。



◆14番(岡本?夫君) 資料が絡んでいるんですよ、いろいろ。



○議長(内田?君) ですから、資料の撤回、その当時の資料がうそだったという岡本議員の質問をされているんですか、それともそうでなくて、今回の事案と見比べたら違っているじゃないかという質問ですか。



◆14番(岡本?夫君) 今度の一番の大きなのは、安全か、おおぞらはと、それが主題。あそこは安全か、おおぞらは安全ですかということが一番のメインです。それで、過去、当局が答弁してくれたことに関して事実はどうですかということを聞いております。そういう答えてください。

 あなたは、部長は、私の質問に対して、ここの水路に関しては平成10年のとき、冠水したかもわからんけれど、道を水が上がったかもわからんけれども、車の通れないような状況じゃないと、そんな大したことの問題じゃないですよと、そういう答弁をしていますよ。議事録を読んでもいいですけれども。



○議長(内田?君) 岡本議員、わかりました。要は、答弁に対しての安全性について。



◆14番(岡本?夫君) ああそうですよ。



○議長(内田?君) わかりました。はい。じゃ、答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長です。

 私は、当時でたらめなことを申し上げているつもりは全くございません。それはどういうことかといいますと、今岡本議員がおっしゃったこと、それは議会録に残っているのでそのとおりだと思いますけれども、当時は当然、現場の地域の方、そうしたことは私、二、三人から話を聞いております。当地に耕作地を持っている方からも現場へ行って話を聞きました。そうしたところ、その時点では、雨が降ったときに、そのときは水路が──ちょうどその道の近くには水路が通っていますので、その部分がごみでたまって、その分から水があふれ出ていたと。これは事実だと思います。その水が下流に向かって、当然進入路というのは今の幼保園に向かってやや低くなっておりますので、そうしたところへ水がザーザーと流れていたと。それは勢いよく流れていたということを聞いております。

 ただ、全体的なことについては明らかな状況はわかりません。西側の部分についてはある程度水があったということも聞いておりますが、その道につきましては、特にそうしたことで聞いておりましたので、もしそういう水が上がっている状態で、当時のその方にも聞きましたが、それは車も通れる状態であったということも聞きましたのな、その状態であるなら、十分車も通れるんじゃないかということでお答えをしたところでございます。

 それから、もう少し補足させていただきますけれども、この当地域につきましては、これまで水のことに関していろいろ御意見が出されてまいりました。もちろん市としましても、先ほど申し上げたように、耕作者の方とか近隣にお住まいの方などにおいて話を伺うなり調査を行ったところ、当地域の、先ほどいいましたが西側部分、そこの部分に川の部分、上小笠川の部分です。そちらについてはかなり水が出たのではないかという話もありましたけども、全体的にどうであったかということは実際にははっきりわからなかったというのが状況でございます。これはいろんな問題が絡み合っているからではないかと、そんなふうに思います。

 その中で、先ほどもお答えさせていただきましたけれども、それまでに得られている情報をもとに、建設地を含めて影響は少ないであろうと、そういうことを申し上げておるのでございまして、以前から出水があるということはある程度考えられた。これは、園が孤立した場合でも、それを一時的なものであって、建設自体には影響はないと申し上げておりました。実際、建設にはほとんど今回は影響はございませんでした。

 また、進入路につきましても、これも、市としても進入路につきましてはかさ上げはその時点では行わないけれども、その後の冠水状況の頻度あるいは冠水するという状況がどういう状況であるかということを考えて今後の状況を把握した上で対応策をしていくという、そういうお答えをさせていただいております。もうそれまでの情報もある程度わかっておりましたけれども、そうしたものを含めてもう一回調査をするということでお答えをしております。

 建設地は大丈夫だからということは何も私はしなくてもいいとは言っておりませんし、だからこそ今回の状況に基づいた詳細な調査を実施するものであると、そういうことを申し上げているのでございまして、市長も申し上げているのでございまして、先ほどの水のどうのという、そういうことを全てを勘案した中で今回やっているということでございますので、今までもそうした御答弁をさせていただいてきたと、そのように認識しております。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質疑ありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) 部長、これが昨年の26年の18号の台風の被害状況です。それで、これでは車は十分に通れたんですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長です。

 見てのとおり、その中に入っていったらどういうことになるかということは誰でもわかると思いますので、通れる状況ではないと思います。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) 昨年の18号の状況を見れば、もう入っていけば車がどうなるかわかるという今答弁してくれましたね。それなら、部長、数字が平成10年の数字と平成26年の数字、同じ河城の観測所のデータが出ているわけです。平成10年もこのようになったと、普通は我々は理解するんです。菊川の教育行政を預かる部長は、そういうような理解をしないんですか。理解しないならば、どういう理由であそこは平成10年には水が、これだけの雨があっても入らなんだと証明しなければならないですよ、あなた。

 それで、おおぞらに予算を使って、8,500万円近い予算を使って、何もないならあれなんですけど、新たに当初予算で348万2,000円ですか。予算を出して冠水業務調査費対策の業務委託をすると。僕はこれを見て唖然とした、唖然と。正直な話。こんなことは、建つ前にあれだけ大所高所の先生方や皆さんが危ないって言っていた請願も出たとき、なぜ自分らが調べる力がないならその時点で調べなかったのですか。皆さんの言うことを信じて起立した議員たちはかわいそうですよ。何をしてるですか。本来ならこんなことは、おおぞらを建設する前にやってなければいけないことですよ。どうですか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長でございます。

 先ほども申し上げましたとおり、これ市長もお答えしていますが、これまで当地域には人的被害、農地被害、自治会や住民からの被害報告がなく、冠水の影響も少ないものと判断していましたと、そういう御答弁をさせていただいておりますけれども、これは、それまでに得られている情報をもとに建設地を含めた、先ほど申し上げましたが、影響は少ないだろうということを申し上げているのでありまして、以前から出水があるであろうということはある程度は想定されました。その中でもし、これは御質問も出ましたので、答弁を当時もしておりますけれども、園が孤立した場合でも──今回そういう形になりましたけれども──場合でも、それは一時的なものであり、建設地自体には影響はないということを申し上げておりました。

 それと、今なぜ調査しなかったという点につきましても、そうした中で道路の進入路についてもどうだという話があって、その進入路というのはあの一体の中の一部であります。その中で進入路の状況がもし今後どういう状況になるかということを見ながら、それを調査をするということを申し上げてきたわけですので、今回そのような状況になって、やみくもに何かをするのではなく、そういった状況を見た中で、たまたま今回その道路だけでなく全体的な水位が上がってしまったという状況があるから、全体をもう一度再調査をして、安全対策を考えましょうということを申し上げているのであります。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) あんまりこの問題は難しい問題じゃないので、簡単に話をしますけれども、平成26年、昨年の台風18号の雨量の水位でこんだけの水位が出たと。それよりも平成10年のときは時間雨量も累加雨量も多かった。その多かったときの資料がこれで、皆さんも渡したこういった地図がこれで、このときに関しては見た人いなかったので、水が入ったというようには載ってなかったけれども、水が入らなんだということで、だけど、昨年ですね、昨年の18号の台風を見て、平成10年もこのようになったと理解するのが普通だと思うんですけれども、部長はどうですか。

 平成10年、私なら、普通の一般の人は、平成10年もこのようになったなあと、数字が生きている、数字が。数字がなけりゃ僕やらないですよ、こんなこと。数字が出ている以上、菊川の議員としてやらざるを得んですよ。皆さんの言いなりになるわけにはいかん。数字がちゃんと明らかになっている以上。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長でございます。

 それは何度もお答えしていますとおり、先ほど来申し上げているとおりで、そういう状況を見て今回やるということでございます。それは今までも言っておりますし、全くあそこが浸からないというようなことは申し上げておりません。ある程度の出水は予想されるということは考えているということも申し上げてきておりますので、先ほど答弁したとおり、今回道もあわせてそれもやるということを言っておりましたので、それとあわせて全体を調査するということでございます。

 なお、ちょっと細かい数字につきましては担当のほうからちょっとお答えします。



○議長(内田?君) 成瀬幼児教育課長。



◎幼児教育課長(成瀬孝幸君) 幼児教育課長でございます。

 今、岡本議員のほうから、数字のお話をいただいてございます。岡本議員のほうの質問のほうにも、河城のほうで平成10年に82ミリと、それで昨年の台風18号、同じ河城で42ミリ。平成10年の雨量に対して昨年の雨量ということでお話をいただいてございます。

 先ほど部長のほうから御答弁させていただいてございますが、さきの平成24年の教育福祉委員会、そちらのほうの提出資料のほうの図面はちょっと私手元に今ございませんのでそちらのほうは答弁を控えさせていただきますが、それこそ私ども担当課としまして、これは全員協議会のほうの場でも平成25年の4月に御報告させていただいた経緯がございますが、その当時の集中豪雨、1晩ございました。これが河城で33ミリということで、この日は私どもも直接現場のほうでの確認もさせていただいてございます。

 先ほどから岡本議員のほうからお話いただいてございます平成10年と26年の82ミリと42ミリ、で累計に対してもそういう数字、230と208ミリというお話をいただいてございます。この当時の加茂水位です。そちらのほうの水位のほうも私ども資料がございましたので、そちらのほうの確認もさせていただいきたところ、平成10年が4.46メーターと、平成26年、昨年でございますが4.19というメーターの水位になってございます。

 さっきも部長のほうから御答弁させていただいてございます昨年のほうの冠水状況のほうを踏まえて、27年の当初予算のほう、当課から予算のほうをお願いさせていただいてございます。

 議員御承知のように河城の雨量計、これから言って平成10年が82ミリということでございます。累計のほう、最大の時間雨量は1時間当たりということになってございますが、累加の230ミリという先ほどからお話もいただいてございます。この累加というのも、何時間続けて降っているという累計の数字になってございまして、当然、議員御承知のように、2時間で230ミリ降った場合と7時間で230ミリと、当然その場合によっては出水の状況が変わってきてございます。出水の量としましては、当然、ちょっと私この27年のほうの当初予算のほうの説明というか、先ほど部長のほうからも御答弁させていただいていますが、さきの総括質問の質疑のほうで部長のほうも答弁させていただいてございますが、流量とか現地調査、外水の解析というようなお話、答弁もさせていただいてございます。昨年、26年の10月には私どもも担当職員、現場のほうに行って、出水の量、現場の水の中にも入り、深さと量を確認してございます。ここら辺の私どもが確認した調査、現場の情報を伝えて、今回私どもができないものを委託として27年度にお願いさせていただきたいというものでございます。

 過去に何でやってないかということでございますが、降る量と、当然その降った集水面積、今岡本議員のほうは河城の観測所の数字を先ほどからお話いたしましてございます。現場のほう、河城のほうから入ってきます菊川のほうに影響する水位とあと上小笠川のほう、これは推計的には同じ流末は菊川推計になってございますが、入山瀬、小笠山のほうの雨量計ということにも関係が生じてきます。ですので、ここら辺のもの、両方の点を踏まえる中、また昨年の現地の状況も鑑みる中で、私どもができないものを27年度にコンサルタントのまた知識を生かして、検証と今後の対策を検討するためにお願いしたいものでございます。

 以上でございます。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) 部長、難しいことを言ってるんじゃないの。市民だって日本一の教育行政だなんて思ってはいない。普通のことをやってもらえればいい、普通の感覚で。

 平成26年に雨の量、時間雨量、最大流下雨量もこのような水が出て、平成10年のときはそれが昨年よりもたくさん雨が降ったと。そりゃ河城観測所しかないので仕方ないですよ、公式に出ているところが。各地区地区で違いますよ、その降り方。しかし、我々は河城観測所というところで出て、それを使うしかないじゃないですか。

 難しいことを言ってるんじゃない。平成10年に降った雨の量は昨年降ったよりも多く降っている。それでいて、皆さんはまだ資料、依然として撤回はしないと、この資料。おかしくはないかねと言ってる。一般の感覚でいって。こんなの難しいことじゃないじゃないですか。悪かったと。平成10年のとき、あそこは田んぼだったので、被害があるかどうか見る人がいないので、確認できなかったので、白く塗ってあったけれども、今回、台風18号でこれだけの水に出て、雨量も調べたら、平成10年のほうがたくさん降っていた。それなら平成10年もこれくらいの雨が降ったんじゃないかと思わざるを得ん。まことに申しわけなかった、そう言えば何も難しいことじゃないと思うよ。何をそれを、まだいまだにこの資料を撤回しないだ。間違っていますよ、これは資料として。

 部長、裁判だって、新しい証拠が出てきて、それに基づいて、1回有罪と言っても無罪になるんですよ。一番初めに言ったのをずっとそれでいかにゃいかんということじゃないの。新しい状況証拠が出てきて、わかったら、皆さんは平成10年のときはまだわからないと、見た人がいないから。だけど、昨年たまたま18号が来て、その総雨量と最大雨量が出て、それよりも多い雨が平成10年に降っていると言えば、普通は平成10年だってこのようになったと、この資料は悪かったと、訂正しますと、なぜ言えんですか、そんなことが。まともですか、皆さん。こんな難しいこと言ってるんじゃないの。部長。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長です。

 議員のほうからも難しい問題じゃないというふうにおっしゃっておりますが、私も余りそんなに難しい答え方をしているとは思っておりませんけれども、その資料はさまざまな資料の中での一つでありまして、またその中の一部分でありまして、その資料自体が間違っていることではないということを申し上げていて、これはもうこれまでどおりの考え方でございますので、その点は御確認いただければ、今までもそのようにお答えしてきたと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) 資料は間違っていないということなんですけれども、この当時は部長、この当時は見た人がいないから、ここは田んぼで家屋がないから、見た人がいないからわからんと。わからんから白く塗ってあったと、そういう判断で話をしてもらったわけだよね。見た人がいないということで。だけど、昨年、18号で雨が降って、みんなこれ写真で撮って、現場の写真があるわけだ。そうしたら、雨の量を見たら最大も累加も昨年よりも平成10年のほうがたくさん降っている。言えば、当然、この当時は見た人がいないってあれだったかもわからんけども、昨年の18号を見て、総合的に判断すれば、ここの平成10年、当然同じぐらいの水はあったと理解するのが普通じゃないですか。それで、その資料を出したけれども、18号の状況を見て、確認できたで、撤回させていただきます、なぜ言えんのか、そんなこと。当たり前のことじゃないの、こんなこと。

 もし民間で、民間でこんなことをしてれば大問題ですよ。食物の中にちょっとした異物が混入しても、部長もよく知っていると思うけれども、全て回収しているわけ。回収している。間違ってても悪いことしたと判断したときは回収している。回収。会社の存続をかけても品物を回収しているわけ。

 こういう、まだいまだに、その当時は、当時はと、何を言っているのかっていうことです。まともな頭をしているのかということですよ。

         〔「これはまずい」と呼ぶ者あり〕



◆14番(岡本?夫君) 平成10年に、見た人いないって。確かに見た人はいないかもわからんけど、僕などは現地を見て、レベルではかっていろいろな人の話を聞いたら、はあ、平成10年もここは水に浸かっていたよと、僕は判断しているわけ。だけど、見た人いないからといって、そんならそれはしょうがないなということで来たんだけれども、昨年、18号の台風で総雨量とか雨量が昨年よりも平成10年のほうが少なければ入ってたじゃないかとは言わない、僕は。ね、部長。たまたま昨年の降った雨よりも平成10年のほうがたくさん降っていたから僕はこういう質問をしているわけ。何でこれが訂正できないですか。僕には理解できない。

 市長、市長さん、どうですか。市長さん。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長でございます。

 私が頭がまともかどうかということにつきましては、私はコメントできませんけれども、従来申し上げておりますとおり、その資料についての考え方は申し述べておるわけでございまして、その考え方について誤りというものは私は感じておりませんので、その資料自体が間違っていることじゃないということを何度も繰り返して申し上げている次第です。

 以上です。



○議長(内田?君) 岡本議員、言葉には少し気をつけていただきたいと思います。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) あんた部長ね、平成10年の雨が降ったときの資料がこれなんだけれども、ここは確◎認した人がいないから、水が入らないと(発言する者あり)そういう判断しているわけです、議員の人たち。教育福祉委員会で。正しいですか、それ。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長です。

 それも今までお答えしたとおりで、入らないとは一言も私はお答えしておりませんが、出水状況はある程度あるだろうということは申し上げておりますし、水のほうも冠水状況は実際に私も現地の人に、先ほども申し上げましたが、聞いたところ、そういう状況であったということも申し上げておりますので、入らないなどと一言も私は言っておりません。

 以上です。



○議長(内田?君) 岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆14番(岡本?夫君) 入らないとは言ってない。だけど、車が水没するような状況じゃないと、大した問題ではないと、そういう答弁をしていますよ、あなた。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長です。

 それも先ほど申し上げたとおり、現地の方に確認したら、その状況が、先ほども言った水が路面を洗う、その路面を洗う状況はどうかわかりませんよ。それはわかりませんが、そういう状況であったと。その中で、その方もその状況でなら、車は十分通れるよということも話がありましたので、私もそういった言葉と、あとはその状況を判断して申し上げているのであって、それは今までどおり申し上げたとおりです。



○議長(内田?君) 岡本議員、残り20秒です。



◆14番(岡本?夫君) ですので、平成10年の状況はとにかく、昨年の18号の台風の状況を見て、雨量も昨年よりも平成10年のほうがたくさん降っていた。



○議長(内田?君) 終わりです。岡本議員終わりです。



◆14番(岡本?夫君) ああそうか。



○議長(内田?君) 以上で、14番 岡本?夫議員の質問を終わります。



────────────────────────────────────────





○議長(内田?君) 次に、8番 ?柳和弘議員の質問を許します。?柳議員。

         〔8番 ?柳和弘君登壇〕



◆8番(?柳和弘君) それでは、一般質問最後になりますが、よろしくお願いします。

 市内の茶産業近代化遺産で、県「茶の都」構想への参画はというテーマで質問させていただきます。

 新茶シーズンを間近に控えまして、今回も複数の議員から、菊川茶振興に対して質問が出されました。茶業振興につきましてはさまざまなアプローチの仕方があると思います。消費拡大、販路拡大をどうするか。あるいは、生産基盤の再整備や生産体制の再構築をどうするかと、いろいろありますが、私は、菊川市の茶産地としての存在感を示し、地位を確立するにはどうしたらいいかということで、そういう視点で質問をさせていただきます。

 静岡県では、先般、平成27年度当初予算案を発表しました。その中で、お茶関連事業費の新規事業として島田市お茶の郷の取得などを行う「茶の都」拠点事業費が計上されております。

 県では、昨年3月に「ふじのくに茶の都しずおか構想」をまとめました。県内にあるお茶に関する産業や文化など多彩な資源を生かして茶の都づくりを進め、「静岡茶と茶の都しずおか」の魅力を国内外に情報発信し、日本一の茶産地として静岡茶のブランドの確立強化を図ろうというものであります。

 島田市の施設であるお茶の郷を県営化するということについては、ことしの年明け早々に発表されており、施設を再整備し、平成28年に県内で開催される「世界お茶まつり」の会場としての活用も検討しているということであります。

 隣接市においてこのような大型企画が進行する中、菊川市としてはどのようなかかわり方をするべきでしょうか。川勝知事が掲げる「茶の都」構想を具現化するために整備しようとしている拠点施設の隣接市として茶の都構想に積極的に参画すべきであると考えます。

 お茶の郷に至近距離であるという地の利も生かして「深蒸し茶発祥の地、菊川市」をアピールするチャンスにしなくてはなりません。地元島田市にとっては大きなメリットであるのはもちろん、周辺の市町もそれぞれ世界農業遺産茶草葉農法などのお茶関連だけでなく、まちのシンボルであるSLや温泉、あるいは富士山静岡空港などの特色を生かし、茶産地としての情報発信に名乗りを上げてくるはずであります。

 では、我が菊川市は何を目玉商品に参画できるのか。他の市町に対しての優位性のあるものは何でしょうか。いろいろ考えてみました。

 その1つとして、茶製造の効率化・機械化に取り組んできた歴史遺産があります。製茶技術は、伝統の手もみから、明治30年代に手動式の粗揉機などが発明されました。大正に入ると、動力式の製茶機械へと発展し、その後たゆまぬ改良を重ね、現在ではコンピューター専用機械へと進化し、より品質の安定したお茶をより多く生産できるシステム機械に発展しております。

 一方、手もみであった摘採も、大正初期に手ばさみが登場、昭和30年代に1人用の動力茶刈り機が開発され、昭和40年代には2人用へと進化、そして昭和60年代には乗用の大型茶摘採機が登場し、作業効率が飛躍的に向上しております。

 昭和59年に編さんされた菊川町茶業誌にもあるとおり、当市においてはこの製茶機械の分野においても摘採機械の分野においても、先人の方々の知恵と努力により新技術の開発生産で茶業界全体の近代化を推進してきたことがうかがえます。具体的には、製茶機械においては松下工場さんが明治期から、当時最も性能がすぐれていたといわれた高林式粗揉機などを堀之内地内におきまして近年まで製造を行ってきました。

 茶摘採機械におきましては、手ばさみの先駆けである内田式を初め複数の製造所がありましたが、現在は落合刃物工業さんが市内唯一の製造企業であり、茶摘採機等を国内のみならず海外にまで販売網を広げております。可搬式摘採機では市場のほとんど、乗用摘採機でも国内トップの占有率を誇っております。

 本社工場敷地内には資料館が建てられまして、手ばさみから2人用、可搬茶刈り機等、数多く保存・展示され、その発展の歴史を実物でかいま見ることができます。

 さらに、市内では公的な研究機関として静岡県農林技術研究所茶業研究センターもあります。施設内の資料室には、やはり明治時代からの製茶機械やお茶刈り機などの貴重な資料、現物が多数保管・展示されております。

 明治後期から大正にかけて、緑茶は生糸と並んで輸出の2大品目であったと言われております。当時、近隣から集められた荒茶を再生する工場もあり、堀之内停車場から鉄道で横浜港や清水港に運んでいたということです。平成25年に国登録文化財に指定された駅南の赤煉瓦倉庫は、当時の歴史を伝える唯一の建物であります。

 このように、当市内には静岡茶茶業界の発展に大きく寄与した茶産業近代化遺産群が存在しており、県「茶の都」構想に同調し、静岡茶の情報発信と消費復活に向けて取り組まなくてはならないと感じております。

 質問1、県の「茶の都」構想に積極的に参加すべきと考えるが、どうでしょうか。追従型あるいは頼まれてから参画するということでなくて、提案型で率先して手を挙げたほうがよいと思います。競り合う茶産地の中で、特色や優位点を明確に表現し、茶産地としての地位を確立するときであります。また、菊川市、菊川茶の存在を県当局に対しても示すことも必要であります。県としても、県の構想を積極的に盛り上げようとする市町に対してはより手厚く支援してくれることが期待されます。県の強力な情報発信力で菊川茶を宣伝してもらうチャンスと捉えてはどうでしょうか。

 質問2、参画の方法として、さきに述べた市内の茶産業近代化遺産群を材料にしてはどうでしょうか。できれば菊川市単独でなく、茶機械関連企業が残っている周辺市も巻き込んで連携して進める。ただし、菊川市がリードして推進していきたいものであります。

 質問3、近代化遺産群としての登録、認定などの顕彰はできないでしょうか。あるいは、市として郷土学習の資料としての活用も推進したい。また、産業観光に活用することもできるのではないかなと思います。

 以上、先人の皆さんが長い年月にわたりたゆまぬ努力と工夫により築き上げた茶業発展の功績に感謝し、偉大な歴史を顕彰することで菊川茶業の地位の確立、対外的な認知度の向上を願い、質問とさせていただきます。

 金曜日には、加茂議員の質問に対し、島田市のお茶の郷の県営化をチャンスと捉え、周辺市と連携して取り組んでいくという前向きな答弁がありましたが、改めまして、菊川市としての県「茶の都」構想へのかかわり方について伺わせていただきますので、よろしくお願いします。



○議長(内田?君) ?柳議員の質問が終わりました。

 市長の答弁を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) ?柳議員の、市内茶産業近代化遺産で県の「茶の都」構想への参画についての御質問にお答えします。

 最初に、1つ目の県の「茶の都」構想への積極的な参画と、2つ目の市内の茶産業近代化遺産群の活用についてですが、県が「ふじのくに茶の都しずおか推進会議」で示したお茶の郷の県営化を中心とした拠点づくりについては、平成27年度中に島田市から施設を取得するとともに、今後の活用方法などを示した推進計画を策定することをお聞きしております。

 今後は、県と情報交換する中、参画について研究し、茶の拠点施設が身近にできることをチャンスと捉え、市内の茶業に関する歴史的資料などを提案し、茶業関係者一体となって「深蒸し発祥の地、菊川」をアピールしていきたいと考えております。

 次に、近代化産業遺産群への登録・認定による顕彰及び郷土学習の資料や観光への活用についてですが、近代化産業遺産群は、幕末から明治維新、そして戦前にかけて、日本の産業近代化に貢献した工場跡や炭鉱跡等の建造物などの産業遺産を経済産業省が66件の近代化産業遺産群と1,115件の個々の認定遺産を登録したものであります。

 現在は、新規の近代化産業遺産群としての認定・登録は終了したとのことでございます。

 また、顕彰につきましては、毎年春先に茶祖栄西禅師を初め茶業先覚者の功績に感謝し、供養祭を開催して顕彰に努めております。

 また、観光につきましてですが、昨年11月に開催した海外輸出商談会で、海外のバイヤーを市内の企業の資料館に御案内いたしました。大変興味を持っていただいたという事実がございますので、今後、その企業と話をしながら、観光にも活用できるのではないかと考えております。

 そして、郷土学習につきましてですが、小学校3年時に全校にわたり取り組んでいるところですが、今後は市内の貴重な資源を観光や学習資料として活用できるか、研究をしてまいります。

 以上で?柳議員の質問に対する答弁とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(内田?君) 答弁が終わりました。

 ?柳議員、再質問はありますか。?柳議員。



◆8番(?柳和弘君) ありがとうございました。

 これが県の構想ということで、冊子にまとめられたものでありますけれども、この構想に基づいて推進、県の有識者会議のほうでも検討が進められているというふうに新聞等でも見ておりますが、この構想について、まず印象というか感想、それから菊川茶振興に絡めて、どのように感じたか、その辺をまずお聞きしたいと思います。お願いします。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。太田市長。



◎市長(太田順一君) このお茶の構想につきましては、まだ具体的には県のほうから具体的な施策についてお聞きしておりませんが、お茶の郷を県が購入するということは事実でありますし、島田の市長も、公の場において売却するということも確認をしております。したがって、静岡空港も今後、県としても国際線のターミナルを建築するということでありますので、この牧之原台地を中心としたこれからのいろんな事業展開というのは、希望が持てる。チャンスを捉えることができると、そのように思っております。

 したがって、先ほど申し上げましたように、菊川市の強み、あるいは弱みというものをしっかり検討する中で、これからお茶に対して積極的に取り組んでいきたいと、そのように考えております。

 細部につきましてはまた部長、課長のほうから答弁させますので、よろしくお願いします。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀茶業振興課長。



◎茶業振興課長(赤堀広行君) 茶業振興課長でございます。

 この県の「茶の都」構想は、これを具体化する、実現する拠点施設としてお茶の郷が位置づけられたということでございますので、お茶に関する情報の集積、あるいは発信の拠点が身近にできることは、先ほど市長から答弁がありましたとおり、菊川茶を世界に向けて発信できるよい機会だと考えております。

 こういったことから、茶の拠点施設が身近にできることをチャンスと捉えて、議員御提案の市内の茶業に関する歴史的な資料とその活用について、県のほうに提案等をするとともに、「深蒸し菊川茶発祥の地、菊川」を全面的にPRしていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) ?柳議員、再質問はありますか。?柳議員。



◆8番(?柳和弘君) ありがとうございました。

 そうですね。ぜひ「深蒸し発祥の地」をこの構想に絡めれるように取り組んでいただきたいと思いますし、できるだけ情報収集のほうも、構想のほうもできてもう丸1年たっておりますけれども、収集活動、県のほうとの収集と情報提供に取り組んでもらって、ぜひ絡んでいっていただきたいと思います。

 それから、今先ほど申し上げましたですが、産業近代化産業遺産、正式には経産省が認定したのを産業近代化遺産というわけですが、ここでは一般的な話として、そうした建物、機械類等と申し上げておりますけれども、この辺は現物のほうは担当の部局では見て、どんなように感じたか、どうでしょうか。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀茶業振興課長。



◎茶業振興課長(赤堀広行君) 茶業振興課長でございます。

 市内の企業が有している、先ほどの?柳議員からありました資料館等は、我々も拝見させていただきまして、それこそ手ばさみから最近の茶刈り機までといったことが、言ってみればお茶の歴史等がよくわかる、非常にいい資料がそろっているなという印象でおります。

 こういったことから、こういったものを活用していくということは必要なことだなということは感じております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) ?柳議員、再質問はありますか。?柳議員。



◆8番(?柳和弘君) こういった遺産も、落合刃物の資産では、資料館までつくって保管されているということでありますが、小さい工場なんかでは、なかなか機械も大きいということで、ほとんど古いものはないというような状況のようであります。こうした歴史的なものを、消え去りつつあるものをいかにまた保管していくというのも、事業所と連携して、大切に守っていっていく取り組みもまたお願いしたいと思います。

 このほかに、この茶の都構想に菊川市として参画するというようなアプローチ、どんなアプローチの仕方があるか、素材があるか、その辺はどうでしょうか。深蒸し茶の発祥の地というようなものもありますし、あるいは棚田の景観を生かすとかいろいろあろうかと思いますが、もし今の段階で何かイメージしているようなものがあったら示していただければと思います。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀茶業振興課長。



◎茶業振興課長(赤堀広行君) 今、具体的にこうだというところは持ち合わせをしてはおりませんけれども、議員がおっしゃられました茶文字でありますとか、それから棚田等も含めて、どういったストーリー性を組み立てられるかということをしていきたいなというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(内田?君) ?柳議員、再質問はありますか。?柳議員。



◆8番(?柳和弘君) 今、課長も言ったように、ストーリーというのが大切だということで、いかにストーリーをつくるか、お茶の販売についてもストーリー性というのがよく言われる。いろんなものでストーリー性というのが言われますので、その辺はそのものの付加価値を上げるということに取り組んでもらいたいと思います。

 それで、市内のそういったいろんな近代化にかかわった、貢献した遺産、施設というのは、先ほど申し上げたように、会社、企業とか公共施設もありますが、もう一つ大切なものがあります。それは何かというと、県立小笠農業高校があるかなと思います。これは調べますと、大正元年に郡立小笠農学校ということで創立されたということで、平成24年には創立100周年を迎えられたということであります。平成7年には今小笠高校と名前が変わって、総合学科制になっておりますけれども、その間の昭和38年に茶業科ができたというふうに、高校の100周年の変革には載っておりました。ですので、茶業科というのがなくなるまで50年ぐらいですか──の間に毎年40人ぐらいの卒業生がいたんじゃないかなと思いますので、2,000人ぐらいの茶業者を輩出していた。この茶業者が現在も今のお茶の生産の中心的に活躍している中で、多くがこの出身の方じゃないかなと思っております。

 今、現在は総合学科ということでなった現在も、選択制でありますし、また規模は大分小さくなったようですけれども、茶園が高田ヶ丘農場というのがあって、そのお茶をまた校外に、これも小さい茶工場があるようですけれども、そこで製茶にして、全国に高校生が通信販売しているということで、まだ伝統を守っているということでありますので、こうした施設もある、教育施設があると。そういうことで、お茶の生産する機械もつくっていたし、それを使うというか、お茶を生産する人づくり、担い手、茶業人も育成した、そういう大きな拠点が市内には幾つかあるということです。ほかのまちにはないと思うんで、ぜひこの辺を生かす工夫をしていただきたいと思います。

 それから、質問のほうをさせていただきますけれども、先ほど質問の3番目のほうになりますけれども、小学3年生学習ということで、郷土の学習の中でぜひ活用してもらいたいと思います。ぜひ、今、お茶の入れ方とかもやっているようですけれども、歴史、古い機械などを見てもらうのも興味を持ってもらえるじゃないかなと思いますが、この辺についてもう少し何か具体的にありましたらお願いします。



○議長(内田?君) 答弁を求めます。赤堀建設経済部長。



◎建設経済部長(赤堀正人君) 建設経済部長でございます。

 小学生にどのような学習を今後させていく考えがあるかという質問でよろしいんですか。



◆8番(?柳和弘君) そうですね。



◎建設経済部長(赤堀正人君) 市長の答弁の中には、全校的にわたりまして学習していることを答えさせていただきました。これは、市内の小学校全校におきまして、3年生のとき、お茶への取り組みについて勉強していただいているということでございます。

 また、そのほかにつきましては、議員の地元の河城小ですね。河城小はたくさんやっているようなことを聞いております。地元農家の方を招いて、総合的な学習として体験学習を実施していると。これにつきましても、新聞等によりますと、その講師となった農家の方がもう引退されるということで、子供たちからお礼を差し上げたというようなことも載っておりました。

 こういったこともございますので、全校的にということではございませんが、今各学校でやっていただいていることは、教育サイドとも相談してからの話になりますが、継続していく必要があるのではないかと、そのように考えております。



○議長(内田?君) ?柳議員、再質問はありますか。?柳議員。



◆8番(?柳和弘君) ありがとうございました。

 それから、輸出の関係で、答弁のほうでも取り組みについて少しさわられておりましたけれども、先ほど言いましたように、質問の中でも最初に言ったように、菊川が輸出にかかわっていたという点が明治時代からあるということがあります。地元の、私の友田の小笠町産地という茶文字畑も、最初は、昔明治のころ、この辺のお茶を集めていたフジ製茶合資会社というですか、そちらが宣伝用に東海道沿線の土地を探してあそこへ、斜面へ広告畑をつくったと。最初はローマ字で書かれていて、フジカンパニーTXポーターズと、会社の宣伝がローマ字で、英語で書いていたけれども、その後、戦争等があって、今の小笠茶産地に植えかえられているというような歴史の輸出のストーリーもありますので、活用できたらなあと思います。

 それから、もう一つ、お茶の輸出に関連して、今お茶の国内消費が低迷する中で、お茶の輸出が注目されておりますけれども、日本全体でも2,000トンから2,400トンぐらいということです。それが明治20年代のピーク時には、その10倍ほどあった。2万トン以上あったということで、それのほとんどがアメリカに輸出していた。先ほど言った堀之内停車場、この辺にも集まったお茶も輸出されていたということです。

 なぜこの時代に今の10倍も輸出されていたかということですが、これはアメリカで今のような日本食ブームだったのか、あるいはそれともちゃんとやる人が多かったのかというとそうではなくて、アメリカもこの時代、開拓時代ということで、生野菜の摂取が不足してビタミンC不足によって壊血病になる人が多かったというようなことも聞いています。緑茶でビタミンCを補っていたというような話をちょっと聞いたことがあります。

 ウーロン茶とか紅茶はビタミンがほとんどないようです。特にビタミンCは、紅茶には全く含まれていないということでありますので、こうしたビタミンCを不足するようなそういった地域への輸出というのもひとつ、昔の歴史をひもといていくといいんじゃないかなと思っております。

 最初の茶の郷構想に戻りますけれども、ぜひ、要は一番お願いしたいということは、県の「茶の都」構想に乗りおくれないで、菊川のぜひ存在感を、これを機会にまた示していただきたい。積極的にかかわって、情報収集、情報発信、県に対してもやっていただいて、菊川茶の茶業の発展、菊川の茶業関係者の、また今少し低迷していますけれども、やる気を奮起させるように取り組んでいただけたらということで質問とさせていただきました。

 最後に、「茶の都」構想です。もう一度構想に対して、あるいは菊川の茶産業の近代化の活用についてお願いして、質問を終了させていただきます。ありがとうございました。



○議長(内田?君) 以上で、8番 ?柳和弘議員の質問を終わります。



────────────────────────────────────────





△散会の宣告 



○議長(内田?君) 以上で一般質問全てが終了しました。

 次の会議は3月25日午前9時から当議場で行います。定刻までに御参集ください。

 本日は、これをもって散会いたします。お疲れさまでした。



◎議会事務局長(藤田一郎君) お知らせいたします。この後、午後1時から地方教育行政に関する勉強会を開催いたします。議員の皆さんは協議会室にお集まりください。

 それでは、互礼をもって解散としたいと思います。御起立お願いします。

 相互に礼。お疲れさまでした。



散会 午前11時58分