議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 菊川市

平成 26年 9月定例会(第3回) 09月04日−03号




平成 26年 9月定例会(第3回) − 09月04日−03号









平成 26年 9月定例会(第3回)


平成26年第3回菊川市議会定例会会議録

議 事 日 程(第3号)

平成26年9月4日(木)午前9時開議 
日程第 1 諸報告
日程第 2 一般質問
 ────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
議事日程のとおり
 ────────────────────────────────────────
出席議員(17名)
     1番  倉 部 光 世 君     2番  加 茂 ひろ子 君
     3番  山 下   修 君     4番  岡 本 吉 弘 君
     5番  鈴 木 啓 之 君     6番  有 海 喜一郎 君
     7番  松 本 正 幸 君     8番  水 野 貞 幸 君
     9番  ? 柳 和 弘 君    10番  内 田   隆 君
    11番  西 澤 和 弘 君    12番  鈴 木   榮 君
    13番  小笠原 宏 昌 君    14番  北 沢 俊 一 君
    15番  岡 本 ? 夫 君    16番  田 島 允 雄 君
    17番  宮 城 力 弘 君    
欠席議員(なし)
 ────────────────────────────────────────
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
  市     長   太 田 順 一 君    副  市  長   石 田 辰 芳 君
  教  育  長   石 原   潔 君    総 務 部 長   沢 崎 久 雄 君
  危機管理 部長   淺 羽 睦 巳 君    企画財政 部長   赤 堀 慎 吾 君
  生活環境 部長   澤 島 延 行 君    健康福祉 部長   落 合 哲 郎 君
  建設経済 部長   赤 堀 正 人 君    教育文化 部長   栗 田 正 弘 君
  消  防  長   坂 部 浩 之 君    市立病院事務部長  野 賀   済 君
  総 務 課 長   加 藤 容 章 君    地域支援 課長   赤 堀 剛 司 君
  安 全 課 長   落 合 広 行 君    企画政策 課長   橋 爪 博 一 君
  財 政 課 長   大 野 慶 明 君    税 務 課 長   鈴 木   勝 君
  環境推進 課長   横 山 嘉 彦 君    下水道 課 長   匂 坂 一 秋 君
  健康づくり課長   戸 塚   宏 君    都市政策 課長   八 木 敏 昭 君
  商工観光 課長   大 石 芳 正 君    農 林 課 長   杉 山   勝 君
  市立病院総務課長  松 下 貴 浩 君   
 ────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  議会 事務局長   藤 田 一 郎      書     記  森 下 路 広  






開議 午前 8時59分





△開議の宣告 



○議長(宮城力弘君) 改めて、おはようございます。

 ただいまの出席議員数は17人です。法第113条の規定による定足数に達しておりますので、平成26年第3回菊川市議会定例会第3日目の会議を開きます。

 なお、会議中の上着の着用は御随意にお願いします。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。



────────────────────────────────────────





△諸報告 



○議長(宮城力弘君) 日程第1 諸報告を行います。

 私からも市長からもございません。

 以上で、諸報告を終わります。



────────────────────────────────────────





△一般質問 



○議長(宮城力弘君) 日程第2 一般質問を行います。

 昨日に引き続きまして一般質問を行いますが、本日は5名の方の一般質問をお受けいたします。

 質問時間は30分以内でお願いしたいと思います。

 それでは、通告順に質問を許します。



────────────────────────────────────────





○議長(宮城力弘君) 最初に、2番 加茂ひろ子議員の質問を許します。加茂ひろ子議員。

         〔2番 加茂ひろ子君登壇〕



◆2番(加茂ひろ子君) おはようございます。一般質問2日目、最初に質問させていただきます加茂ひろ子です。よろしくお願いいたします。

 質問要旨、食の安全安心と食育の必要性。

 健康で豊かな生活を送るためには、食の安全安心は不可欠なものであり、最も切実な願いの1つであります。

 静岡県では「しずおか食の安全推進のためのアクションプラン」を平成15年3月に策定し、食の安全確保に取り組み8年を経過しました。

 この中には「消費者の食に対する信頼確保」と「生産から流通・消費における食品の安全確保」の2つの柱を基本に据えて、関係部門の連携を強化し意識を広く浸透させるのが目的であります。

 昨今、中国でのカビの生えた肉や作業所の足元に落ちた肉を拾い、再び食用とする恐ろしい報道がなされました。また、楽しいはずの花火大会で食したキュウリで食中毒が多数出たことは大変悲しい事実であります。食は日常生活を送る上での基本です。家族、自分自身を守るには一人一人食の安全について知識と理解を深めることが重要と思います。

 また、生産者の立場から見ますと、安心安全のためのポジティブリスト(食品衛生法に基づく残留農薬や添加物)です。また、トレーサビリティ(生産履歴)など厳しい評価のクリアが必要になります。ですが、それはひいてはそれが生産者を守ることにもつながります。どちらも厳しい眼を持って食の安全安心のための努力をしなければなりせん。

 平成21年6月、改正版食育基本法が制定されました。食に関する適切な判断力を養い、心身の健康増進と豊かな人間形成をつくることを趣旨としています。家庭での食育、地域での食育、学校での食育と法の力ではなく生涯学習の必要性を感じます。

 そこで、食の安全、安心、食育について質問をさせていただきます。

 安全安心の見守り役として、消費者の会の人たちの役割と行政とのかかわりはどのようになっており、またその成果はいかがなものでしょうか。

 食育推進事業の進捗状況はいかがでしょうか。

 健康づくり食生活推進協議会の人たちが各方面で活躍されております。保育園のみそづくりや小笠北小の調理クラブなど、その他もろもろでございます。その評価はいかがでしょうか。

 食育推進計画のための食育事業を行うことが目的となっているが、同じような目的を持った課の連携はどのようになっているでしょうか。

 以上、3点を中心に質問をさせていただきます。



○議長(宮城力弘君) 加茂議員の質問が終わりました。

 市長の答弁を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) おはようございます。本日もよろしくお願いいたします。

 最初に、加茂議員の食の安全安心と食育の必要性についての御質問にお答えします。

 まず、「しずおか食の安全推進のためのアクションプラン」は静岡県が県民への安全で安心できる食品の提供を行うことを目的に、消費者の食に対する信頼確保、生産から流通・消費における食品の安全確保を掲げて策定されました。市では、このアクションプランの趣旨にのっとり食育推進の中で、地産地消の推進、産地、賞味期限、成分等の表示確認などPRしております。

 最初に、消費者の会の役割と行政のかかわりとその成果についてでありますが、消費者の会は現在21名により組織され、マイバックの推進、ごみの減量化や水質検査等、環境分野の改善について主に活動していただいております。

 議員御質問の食品安全における分野は、保健所等の専門機関が担当しており、市では食品衛生協会が市民へ安全で衛生的な食品を提供するため、食中毒の防止等の推進を行っているところであります。

 次に、食育推進事業の進捗状況、健康づくり食生活推進協議会の評価についてですが、食育推進事業の進捗状況は平成25年度に中間アンケートを実施し、食育推進計画では19項目のうち4項目で目標を達成、6項目で改善、1項目で変化なし、7項目で悪化、1項目で検証なしとなっております。

 食育推進事業につきましては、順調に推移しており、今後も計画目標達成に向け努力をしてまいります。

 また、健康づくり食生活推進協議会は市民の健康の保持増進、食生活改善の普及指導と栄養水準の向上を目的に、現在64名の方が活動していただいております。

 主な活動は、地域や小学校での調理実習など、市民に浸透した食育推進のための活動を実施していただいており、地域の役割の一翼を担っていただいている状況でございます。

 最後に、食育推進計画のための食育事業を行う課の連携はどのようになっているのかについてですが、食育推進計画における食育推進事業は健康づくり課をはじめ、庁舎内9課で「菊川すこやかプランワーキング会議」を開催し、情報交換、情報の共有化を図り、各事業の推進、進捗管理にあたっております。

 また、保育園、幼稚園、県関係者、市関係者で食育の支援体制や環境整備を目的に食育連絡会を組織し、研修会等を実施する中で各学校共通の食育全体計画を作成するなど、さまざまな取り組みをしております。さらに生産者、農協、農林課、教育総務課による地産地消推進会議の開催をするなど、食を取り巻く課題に対し連絡をとりながら情報の共有化を図り食育を推進しているところでございます。

 今後も、各関係課の連携、健康づくり食生活推進協議会の御協力を通し、食の大切さや望ましい食習慣を伝えることで、食の安全安心につなげていけるよう推進をしてまいります。

 以上で、加茂議員の質問に対する答弁とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(宮城力弘君) 答弁が終わりました。加茂議員、再質問はありますか。加茂議員。



◆2番(加茂ひろ子君) ありがとうございました。御丁寧なお答え、しっかりよくわかりました。その中で今、食べ物より環境のほうに傾いている消費者の会の人たちのことですけれども、マイバックとかそういうのに関心がいっているようですけれども、以前とは方向性が随分変わってきておりますけれども、そういったこととまた継続することは力なりと申しますけれども、何かほかにもこういったことにという提案はされてはいないのでしょうか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。赤堀建設経済部長。



◎建設経済部長(赤堀正人君) 建設経済部長でございます。ただいま加茂議員のほうから消費者の会につきまして継続・提案という御質問でございましたが、答弁書の中にもございますが、現在、消費者の会の皆様には消費者という立場で環境問題等に取り組んでいただいております。

 またマイバック、そういった運動も推進していただいております。その中で、消費者みずからがやはり活動していただくことは重要と考えますので、今後とも消費者の会が、活動が継続されますよう支援してまいりたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 加茂議員、再質問はありますか。加茂議員。



◆2番(加茂ひろ子君) 今の提案がというよりも、消費者の会の人たちのみずからの研究でということでそれはわかりました。それと、今の会長さんは若い方でありますけれども、どなたも年をとるということで、高齢化に向かって随分人数が減ってきているということを伺いました。事務局を行政のほうでやっているという中で、これからもうちょっと一生懸命いいことをやっていらっしゃるグループですので、部員の拡大ということについて力をかすということはございませんか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。赤堀建設経済部長。



◎建設経済部長(赤堀正人君) 高齢化に伴って人数が減るのは心配するよと、それで消費者の会のメンバーの交代といいますか、そういったことでございますけども、やはり消費者の会の方々どなたも一生懸命やってくれております。そういった中で、事務局としてもそういったことを考えつつ、また消費者の会のほうからそういった御意見が上がったときには、同じ立場として考えていきたいと思っております。



○議長(宮城力弘君) 加茂議員、再質問ありますか。加茂議員。



◆2番(加茂ひろ子君) もう何十年も続いているこの消費者の会ですので、絶対なくしてはならないと私も思っておりますし、事務局のほうでもそういうお答えをいただきましたので、これからも長く消費者の目としていろいろな面でつながっていっていただきたいなと思います。

 また、先ほど安全な食を提供するための活動をしていらっしゃる食品衛生協会に補助金を交付しておりますし、そういうところのほうで食品のほうはフォローしているんだなということを感じました。

 先ほど質問にも出しましたけれども、夏のキュウリとかああいう危ない話が出たときには、すぐそういうところを通じて意見の交換みたいなこととか、こういうお達しがあるとかっていうそういう話し合いとか、それを食品協会等はしているんでしょうか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。澤島生活環境部長。



◎生活環境部長(澤島延行君) 生活環境部長でございます。食品衛生協会等は環境推進課のほうで主に連携をとっております。ただいまの県の出先機関であります西部の保健所ですか、そういったところから食中毒等の必要な情報が参りますので、そういうものを市内で広報して対処するというような、そういった体制をとっております。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 加茂議員、再質問ありますか。加茂議員。



◆2番(加茂ひろ子君) 今の食品衛生協会についてですけれども、食べるということは当たり前のことになりすぎていて、ちょっと気を許すと大変なことにもつながりますので、そういうことでは定例会みたいに年に何回とかという、そういう人たちとの代表とのお話し合いとか、そういうことはございませんか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。澤島生活環境部長。



◎生活環境部長(澤島延行君) 生活環境部長でございます。食品衛生協会で定期的な総会とかもありますので、そちらのほうへ担当が出席をさせていただいています。あと、衛生協会の独自の活動もありますので、そういったときにも連携をとって事業に協力をしていると、そういった状態でございます。



○議長(宮城力弘君) 加茂議員、再質問ありますか。加茂議員。



◆2番(加茂ひろ子君) ありがとうございました。先ほどの全体の質問のお答えの中で、9課でいろいろなことを供用して、食育の件でしたけれども、今の食の安全についてでも先般、私たちの公民館祭りのときに市民課の方がいらして、イベントをやるときには衛生管理を一生懸命やるようにとか、そういった県からのお達しもあるし、いろいろあるので気をつけてくださいということを言いにわざわざ来てくださいましたけども、そういうことは本当に地元の自治会としてもうれしいことだったので、ぜひそういうことは続けていっていただきたいなと思います。これは質問ではなく意見でございます。

 その次に、先ほど食推協のお話が出てきましたけれども、1年間セミナーを受けて、それから正会員なるんですけれども、64名の方々が御活躍くださり、さまざまな場面で子供たちに、子供たちというより子供からお年寄りまでに頑張ってくださることは十分わかっております。ですが、地区によってないところがすごくあって、偏っております。そういった面についてはどのようにお考えでしょうか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。落合健康福祉部長。



◎健康福祉部長(落合哲郎君) 健康福祉部長です。食生活推進協議会のメンバーというのは、ボランティアでその方が自分の意思で入ってくれています。ということで、健康づくり推進委員さんと違って自治会から選抜ということではないものですから、地区的な偏りというのは確かにございます。

 その方々に全ての地区にということは頼みにくい部分がございますので、やはり事務局とするとメンバーをとにかくふやしていく、そういったことに力を入れて、食推が何で必要か、そしてどういうことをやっているかというのをもう少しPRしながら全市に広げるようなことをこれからもやっていきたいと思います。



○議長(宮城力弘君) 加茂議員、再質問ありますか。加茂議員。



◆2番(加茂ひろ子君) 確かにそれはよくわかります。でも、せっかくいいことをやっていらっしゃる方が頑張っておられるので、本来食推の会員さんの主な役割というのは、自分たちが勉強させてもらってそれを身につけて、それを地区に持ち帰って広めるっていうのが、一番の最初の目的で始まった会でございますので、例えば全然地区のないところにいってやってみるとか、そういったいろいろな、例えば隣の人にいうだけでもそれが伝達になるということもカウントされますので、そういった意味でやはり広くこういういいことをやっているということはちゃんとPRしていただきたいし、いろんな場面をつくっていただきたいと思います。

 昔のことを言ってもなんですけれども、健康まつりとか、ふれあい広場なんかにはいろんなことをやっているんじゃないかと思いますけど、その点ではいかがでしょうか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。落合健康福祉部長。



◎健康福祉部長(落合哲郎君) 健康福祉部長です。現在参加されている会員さんの活動というのは本当にいろいろなことをやっていただいています。それが今議員さんがおっしゃるように、自分の地区に帰ってやっているところとそうでないところの格差が出てきていると。そういう意味で、とにかく今やっていることがどれだけいろんなことをやっているかというかというPRをまずはやりまして、それをほかの地区にも拡散していくということは当然おっしゃるとおりでございますので、それをやっていきたいと思います。

 もう一つは、これは報告ですけれども、今現在の会長さんというのが、持ち回りではありますけれども、県の食推の会の会長さん、持ち回りでやるわけです。そういった中で、静岡県の食生活推進協議会が全国で表彰される、たまたまのめぐり合わせもございますけれども、それなりにやはり菊川の会の活動もやっているし、そこの代表の方が県の代表になる。そういった本当に今の活動の成果がございますので、そういったこともPRに含めながら、今ないところにいかにPRしていくかということは、これから進めていきたいと思います。



○議長(宮城力弘君) 加茂議員、再質問ありますか。加茂議員。



◆2番(加茂ひろ子君) 食生活の食推協が今度表彰されるということを聞いてとてもうれしく思います。やはりリーダーが育っていかないとその地区、それから学区にも広がっていきませんので、それは本当に大事にしていっていただきたいグループだと思っております。また、食推のほうは本当にまとまっていていいなと思います。

 食推以外に、先ほど食育の連携ということで、各課9課にわっていろいろなことを横のつながりをもってやってくださっているっていうお話をいただきました。その中で、私のさきの質問で、法に縛られるのではなく、家庭や児童館や学校教育の中で、またそういう食育が広がっていき、しつけにもなりこの食べ物はどういうものだということがわかるような食育をやっていっていただきたいと思いますが、なかなかその連携プレーが先ほど9課でできていると言いましたけれども、どうも学校教育のほうでなかなか結びつかないということをちょっとほかの課で伺いましたけれども、学校教育課ではどのような考えをお持ちでしょうか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。栗田教育文化部長。



◎教育文化部長(栗田正弘君) 教育文化部長でございます。食育のことについての学校での活動の御質問ということだと御理解いたしますが、現在、菊川市内の小中学校におきましては、まず日ごろこれは給食がございますので、給食指導を中心にしましてまず食育の指導に今取り組んでいるというというところが、まず1つございます。それから特に低学年におきましては食事の姿勢、それとか食器とか箸の持ち方ですね、そうしたものも指導をしている状況でございます。

 さらに、お昼の放送があることは御存じかと思いますが、そうした中では地場産を使っているということで、その食材の紹介とかあるいは生産している方のご紹介などもしている。そういうこともやっております。また、学校によりましては生徒の給食委員会というのがございますので、そうした中では残量の調査などを実施しまして、その給食の残量が減少するようにといいますか、そうした取り組み、そうしたあるいは片づけ方の指導、そうしたものも行っているところであります。

 また、各校では食育全体の計画、そうしたものも作成しております。その中で、職員会議等でその食育のいわゆる共通理解をするといいますか、そうした中で指導にまず取り組んでいるということがございます。さらに申し上げれば、今度は各授業という場におきましては、栄養教諭2名、これが全校に巡回しておるわけですけれども、その中でいわゆる栄養素といいますか、その栄養のバランスとかそうしたもの、バランスのよい食事の大切さ、そうしたものを通じて食育などを行っているところであります。

 当然、各校で調理実習なども行っておりますので、そうした中では今申し上げたような栄養のバランスとか、そうした食品を使った食事づくり、そうしたものも指導していると、そんな状況で今取り組んでいるところでございます。



○議長(宮城力弘君) 加茂議員、再質問ありますか。加茂議員。



◆2番(加茂ひろ子君) それでは、今連携をしているという中で、子供たちに対して調理実習なんかをやるときに、例えば土曜日にやったり普通の日にやったりいろいろなときにバッティングするという、そういう状況が出てくるということをこれからはなくしていっていただきたいなと思っております。例えば、児童館の管轄でいきますと、夏休みにやるときにほかの課でやるのと同じ日なってみたりいろいろなことがありますし、そういうことのないようにこれからは進めていっていただきたいと思います。

 今、いろいろな課の方からお話を聞き、またグループのことについて真剣に考えてくださっていることがしっかりわかりましたので、私もこれからはいろいろな面でバックアップさせていただきたいと思います。

 以上で質問を終わりといたします。ありがとうございました。



○議長(宮城力弘君) 以上で、2番 加茂議員の質問を終了いたします。



────────────────────────────────────────





○議長(宮城力弘君) 次に、3番 山下 修議員の質問を許します。

         〔3番 山下 修君登壇〕



◆3番(山下修君) 皆さん、おはようございます。きょうは、2番目の質問をさせていただきます山下でございます。よろしくお願いいたします。

 菊川水系の水質の向上についてという質問をさせていただきます。

 菊川市の都市計画マスタープランにおける都市づくりのテーマとして「大切な水・緑を育みいきいきとした暮らしを創造する都市菊川」とうたわれています。また、基本方針において、水と緑の確保と活用として水や緑の拠点を創出し、これらを河川空間や緑地空間でネットワークすることによって、生活に身近なところで気軽に自然に親しみ触れ合うことのできる潤いのある都市環境の形成を図り、また快適で衛生的な都市環境を創出するとともに、河川やため池などの水質向上と汚濁防止のための施策を推進するとされています。

 菊川は、その源流を粟ケ岳に端を発していますが、安定した水源ではなく、流域面積の狭さにより水田への渇水被害を与え続けた歴史を持っています。現在においても流域内に170余りのため池が存在することからも推察されます。戦後の復興期、昭和27年に着工され、43年に竣工した国営大井川水利事業により、大井川の水を利用した農業用水・上水道・工業用水への利用が順次進められ、現在に至っております。菊川市の水資源の多くは、大井川の水により補完され供給されていることは周知のとおりでございます。この限られた水資源の保全、水質の確保、有効な利活用が菊川市の魅力ある将来にとって重要な課題であるということはいうまでもありません。

 平成17年3月国土交通省により新しい水質指標が「今後の水質管理の指標について(案)」として取りまとめられ、一級河川で調査が実施されています。新しい水質指標(河川)とは、人と河川の触れ合いや生態系への関心など、多様な視点で捉える指標で次の4項目よりなっています。

 1番、人と河川の豊かなふれあいの確保。2番、豊かな生態系の確保。3番、利用しやすい水質の確保。4番、下流域や滞留域に影響の少ない水質の確保。

 1から3の項目について評価項目と評価レベルが設定され、調査が実施されています。

 平成23年度における項目2の評価はB(良好)観測地点は高田橋ですが、他の項目は菊川においては調査されていません。また、従来の水質指標であるBOD値による評価は、一級河川の平均水質(河川ランキング)で、菊川A(2mg/L以下)と牛淵川B(3mg/L以下)ですが、県内一級河川において最も低く、特に牛淵川においては全国でも今だ最下位に極めて近い順位に甘んじている現況でございます。

 そこで、当市における水質の現状と水質向上への取り組み、今後の対応について質問します。

 1番、菊川市の菊川水系における水質の状況はどのように推移していますか。また、重点的に対策の必要な項目や支川の水質について、どのような所見を持っているか伺います。

 2番目、環境基本計画において、安全安心で快適なまちづくりのためにとの基本方針の中で、清流菊川の実現を目指して水洗化率と水生生物調査の参加団体数、並びに悪臭(水質汚染による)苦情件数を環境指標として進められていますが、その現況と目標達成の可能性と今後の取り組みについて、また生活排水処理形態別の人口と比率の現況についてお伺いいたします。

 3つ目に、掛川市において実施されている「浄化槽市町村整備事業(市町村設置型)」通常の合併処理層より水をきれいにする能力が高い高度処理型の処理層を市が設置する事業について伺います。

 ?事業を推進するために満たされるべき条件は。?浄化槽設置費に対する財政措置と市の負担は。?住民の浄化槽設置費負担額及び使用料。?当事業のメリット・デメリットということでお伺いします。

 4問目に、市内には水質に問題があるとされたため池が過去にありました。現況どのようになっているか伺います。

 5番目に、環境基本計画に環境負荷の小さい農業の推進とありますが、水質向上に関連する取り組みとその効果についてお伺いいたします。

 6番目に、国土交通省で示された新しい水質指標(河川)に対する今後の対応と菊川の将来像について伺います。

 以上、登壇での質問とさせていただきます。



○議長(宮城力弘君) 山下議員の質問が終わりました。

 市長の答弁を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 山下議員の菊川水系の水質向上についての御質問にお答えします。

 最初に、菊川水系における水質の状況はどのように推移しているか、また重点的に対策の必要な項目や支川の水質についてどのような所見を持っているかの御質問にお答えします。

 国土交通省で公表されています菊川中流部の環境基準点である高田橋でのBODの経年変化を見ますと、昭和56年度に汚濁増加した以降は水質改善の傾向にあり、平成12年度以降は菊川上流部の環境基準値2mg/L以下で推移しております。

 また、環境基準につきましては、いずれの項目も基準を満たしており、重点的に対策が必要な項目については、現在のところありませんが、今後も水質汚濁防止に努めてまいります。

 当市では、年4回35地点での水質検査を実施しており、支川について環境基準の設定はありませんが、本川と同等に評価を行った結果、水質改善の傾向にあり、市民生活への影響を及ぼすものではないと考えております。今後も水質浄化に関する活動を行い、水質保全を推進してまいります。

 次に、環境指標である水洗化率、水生生物調査の参加団体数、水質汚染による悪臭苦情件数の現況と今後の取り組み、また生活排水処理形態別の人口と比率現況についての御質問にお答えします。

 1つ目の公共下水道の水洗化率についてですが、環境基本計画において目標値として平成31年度に92.1%としております。平成26年7月末現在の水洗化率は平成20年度に比べ6.5%上昇した86.2%となっておりますので、目標値を達成できると考えております。今後も引き続き未接続世帯に対する個別訪問や啓発活動により早期接続に努めてまいります。

 2つ目の水生生物調査の参加団体数、水質汚染による悪臭苦情件数についてですが、環境基本計画の目標値は、平成31年度までに9団体の実施を目指しており、今年度は小学校やこどもエコクラブ等6団体で実施したところでございます。今後も実施する小学校の拡大や生活環境イベントの開催を計画しておりますので、目標値は達成できると考えております。

 また、水質汚染による悪臭苦情については近年はございません。

 3つ目の生活排水処理形態別の人口と比率の現況についてですが、公共下水道が約8,900人で19%、合併処理浄化槽が約1万7,300人で36%、単独処理浄化槽が約1万8,600人で39%、くみ取りが約2,100人で4%、コミュニティプラントが約830人で2%となっております。

 次に、市町村設置型の浄化槽市町村整備事業の御質問にお答えします。

 1つ目の農業を推進するために満たされるべき条件についてですが、対象となる地域としては都道府県計画に定められた浄化槽の整備地域であり、公共下水道の事業計画が定められていない地域で、環境大臣が認めるものとなっています。

 2つ目の浄化槽設置費に対する財政措置と市の負担についてですが、設置費の財源につきましては、国費、地方債、個人負担としての分担金となり、国費は設置費の3分の1、地方債は設置費の約60%、分担金は設置費の約10%で、このうち市が負担するのは地方債になります。

 3つ目の住民の浄化槽設置費の負担額及び使用料についてですが、個人負担金としては先ほど分担金と浄化槽へ接続するための宅内配管工事費であり、分担金約十数万円と工事費の数十万円を併せたものが負担額となります。また、使用料につきましては6〜7人槽で年額5万円程度となるものと思われます。

 4つ目の当事業のメリット・デメリットについてですが、メリットとしましては個人設置型に比べ計画的に整備できるなど考えられます。デメリットとしましては、設置費に補助金を交付する個人設置型に比べ市の負担が大きいことや、更新時などにおける費用がふえるものと思われます。

 次に、水質の問題のあるとされたため池がありましたが、現況をどのように把握されているかとの質問にお答えします。市内のため池の多くは古くから貴重な農業用水として広く活用されてきましたが、大井川用水の整備後は非常時の農業用水や消防水利として守られています。

 そのため、現在はため池の利用頻度が減り、水の循環が滞り水質に影響が出ることも考えられますので、ため池の水質浄化も考慮して水位調整を行い、対応していきたいと考えております。

 次に、環境基本計画に環境負荷の小さい農業の推進とあるが、水質向上に関連する取り組みとその効果はの御質問にお答えします。

 過剰な施肥による地下水等、環境への影響が問題になったことから、年間防除暦の配布や土壌分析による施肥管理作業の情報発信、定期的な巡回による病害虫の発生状況の把握など、防除に関する情報発信を生産農家に行い、環境保全型農家の普及に取り組んでまいりました。その結果、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素が地下水の環境基準であります10ピーピーエムを下回るまでになりました。

 また、市内の茶工場も荒茶に含まれる残留農薬分析を行っていますが、基準を超える残留農薬は検出されておりません。今後も市内の河川の水質浄化のため、環境保全型農業を推進してまいります。

 最後に、河川の新しい水質指標に対する今後の対応と菊川の将来像についての御質問にお答えします。

 河川の新しい水質指標に対する今後の対応については、豊かな生態系の確保を目指し、水生生物調査や環境イベントの啓発活動を引き続き実施していきたいと考えております。また、菊川の将来像につきましては、今後も公共下水道の整備や合併浄化槽の設置、市民の皆様の河川に対する意識の向上を図りながら、親しみと愛着のある清流菊川の実現に努めてまいります。

 以上で、山下議員の質問に対する答弁とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(宮城力弘君) 答弁が終わりした。山下議員、再質問ありますか。山下議員。



◆3番(山下修君) 丁寧な答弁ありがとうございました。ちょっと一部主要河川の水質測定結果BODについてのことで、若干わかる範囲で教えていただきたいと思いますので質問させていただきます。

 下水道の整備、そういった推進によりまして平成18年度との比較におきまして、当時10から20くらいのBOD濃度であった五丁目樋管や本所松樋管、八王子橋樋管や谷欠橋っていうんでしょうかね、そこら辺で現在水質が大分改善されているというデータが市のほうの水質結果でなっておりますけれども、依然一部の樋管、水系においては濃度が5前後というんですか、5ミリグラムパーリッターというようなところが残っています。

 また、南地区においては18年度よりもちょっとふえて、江川の水系においてはちょっと悪化してるというような状況も見受けられるわけですけれども、その辺について、どのように対応されていくのかということを、もしわかればお願いしたいと思います。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。澤島生活環境部長。



◎生活環境部長(澤島延行君) 生活環境部長でございます。河川の汚れといいますか、BODの数値の関係でございますが、今手元にある資料で申し上げますと、これ、平成23年度ですが、菊川の、平均値といいますか、BOD値がリットル当たり1ミリグラム、牛渕川の、例えば堂山橋地点でいきますと2.2ということで、それぞれ数値につきましては、河川ごとの環境基準値をクリアをしてる数値になります。

 で、先ほどの、本線のほうへ流れ込む樋門、樋管、支川についてでございますが、比較的BODの値が小さいところと、若干の、数カ所ですが、大きいところがあるわけですが、それぞれ排水路の形態、例えば、そこへ流れる水の量がどうしてもそれぞれ違いますので、水量が少ないとどうしても高くなる傾向は必ずあると思いますが、それとやっぱり、そこへ上流の水が出てくる部分については、比較的生活排水が、汚れた水がどうしても入ってきているというような、そういった地区的な特色があるものと思います。そういったことで、若干数値が高い部分も見かけられるというような、そういった状況であると思います。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 山下議員、再質問ありますか。山下議員。



◆3番(山下修君) 今のようなこの水系によって、いろいろ若干その差があるということで、やはり全体の数値というか、本川の数値ではなくて、各支川のある程度のこのBODの目標値みたいなものを設けて、地域の住民、また自治会等を巻き込んで、そこら辺の数値を公表し明示しながら水質の状況を知らせる、そして、その地区で取り組んでいただくというような形を、私は進めたほうがよろしいのかなと、そんなふうに思うわけでございます。地域住民の水質への意識の啓発、また意識の高揚を図るという意味で、そういった手法をとったほうがよろしいんじゃないのかなとこんなふうに思うんですけど、そこら辺についてはどうでございましょう。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。澤島生活環境部長。



◎生活環境部長(澤島延行君) 生活環境部長です。ありがとうございます。今までも市の独自のBOD調査で市内35カ所を調査をしてきたわけですが、この結果につきましては、ホームページ等で公表をしてるわけですが、一歩二歩進んで、こういった結果を持って地区へ入っていくというような、そういった考え方は、当然今から必要なことだと思いますので前向きに研究をしていきたいと、そんなふうに思います。よろしくお願いします。



○議長(宮城力弘君) 山下議員、再質問ありますか。山下議員。



◆3番(山下修君) 全部で今、菊川市内では35カ所で測定という形になっておりますけれども、若干、平成12年から、私、データを見ましたが、それで18年にある程度追加があって35カ所になってると思うんですけれども、菊川本川においては高田橋が一番下になってるわけですね。菊川の管轄としてもう少し下流地点でも測定が必要じゃないのか、また牛渕川におきましても、本川においてはフガク工機西側と、こういうような形になってて、菊川と掛川市の境、高橋川と合流した境ぐらいで本川の測定が必要じゃないのか、また嶺田地区とか、そういったところは用排水の分離がなされてないというような下水路があるという、それが下流側で牛渕川につながってくると、こういうところもあります。そういった地点でも、若干その測定をですね、水質の測定箇所をこうふやすというようなほうがよろしいんじゃないのかと、私は個人的にはそう思うわけですけれども、そこら辺に、もしふやすということなら、そういうことはできるんでしょうか、できないんでしょうか。お伺いいたします。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。澤島生活環境部長。



◎生活環境部長(澤島延行君) 生活環境部長でございます。国交省で調べてる本川のほうの調査地点というのはもともと決まってるわけですが、それに付随して、市で今現在35カ所の調査をしておるわけですが、ちょっと私もどういった経緯があって、この地点が選ばれてるかというのはよく存じてないわけですが、こういったものを一括考慮して、当然、河川に上流、中流、下流というものがあるものですから、そういった意味で、そういった水質の状況がよくわからない、よく、この時点では判明しないというような状況であれば、再度よく研究して、適切な地点を選んで、それが結果的にふえれば、それはそれでやっていくしかないんじゃないかなというような、そんなことを考えていますのでよろしくお願いいたします。



○議長(宮城力弘君) 山下議員、再質問ありますか。山下議員。



◆3番(山下修君) ありがとうございました。また、検討していただければと思います。

 それで2番目の質問に関連してですけれども、生活排水処理別人口の、平成26年度の比率ということで、公共下水道、また合併処理人口というのが市の施策によりまして数字的に上昇してるという、単独処理槽の比率が減ってくみ取りも減っていると、こういう数字になってるのではないのかなと思います。

 先日、監査意見書の中にもありましたけれども、ぜひとも下水道の接続率の向上に向けて頑張っていただきたいと思いますし、合併処理槽の設置促進と、こういうことについても努めていただきたいなと、こんなふうに思います。接続率の向上には、接続受益者負担金の減免制度、こういったことの周知徹底ということが意見書でも載っておりましたけれども、ぜひともそこら辺を徹底して接続率の向上、水洗化率も向上するということになるんだと思いますけれども、そこら辺はよろしくお願いしたいと思います。

 一点、環境基本計画の中で、清流菊川の実現のための環境指標ということで、水洗化率というのがあるわけですけれども、水洗化率というのは、下水道を利用できる区域内の人口のうち、実際に下水道を利用している人の割合、これは間違いないでありましょうか。よろしく。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。澤島生活環境部長。



◎生活環境部長(澤島延行君) 生活環境部長です。公共下水でいうところの水洗化率につきましては、公共下水の工事が既に行われて、供用開始をされてる区域の中の人口に対して、実際に公共下水に接続して使用してるかというような、そういった方の人口の比率ということでございます。



○議長(宮城力弘君) 山下議員、再質問ありますか。山下議員。



◆3番(山下修君) 菊川市全体の環境基本計画ということでございます。それで、下水道と今合併浄化槽という2本立てで市の水質浄化、生活雑排水の処理というのが進められてるわけですけれども、平成30年度を目標にした数字でも下水道による整備率というのは、人口割合というのは26か27が目標だったと思うんですけれども。

 そうしますと全体の水質環境の指針としては、水洗化率ということで、市全体の目標にするのでは、ちょっと不適切なというか、全部を網羅した指標じゃないというように感じるわけですけれども、それを補うものとして、「汚水処理人口普及率」とか、「生活雑排水処理率」とかという言葉があって、それが総人口から単独処理槽人口、生活雑排水を処理してない人口、また非水洗人口というのを引いた数字を行政人口で割ったという、こういう指標があるわけですけども、環境の指標としてはそういったものに変えていくことが適当じゃないのかなと。環境基本計画の見直しというようなことも最近お聞きしましたので、そこら辺についてどうお考えか、またお願いいたします。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。澤島生活環境部長。



◎生活環境部長(澤島延行君) 生活環境部長でございます。ただいま環境基本計画の中には、確かに、水洗化率というようなことで目標値が定めてあります。議員おっしゃるように、水洗化率につきましては、公共下水の数値ということで、市内全般を評価するには余り適当でないというか、ちょっと力が弱いんじゃないかというようなことだと思いますが、ちょうど今、環境基本計画につきましては、ことし中間年度に当たりまして、内容の見直し等してるわけですが、そういった機会でもありますし、ただいまの下水とか合併浄化槽を含めた汚水処理人口普及率、そういった数値が入ってこれるかどうかというような、そういった研究も含めまして検討していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 山下議員、再質問ありますか。山下議員。



◆3番(山下修君) ありがとうございます。今後、何か参考になればと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。ちなみに、今の汚水処理人口比率が生活雑排水処理率といいますと、平成25年度の菊川市が今58.4%、それで、これは、例えば人口規模で5万人未満のところでどのくらいの数字になってるかというような数字なんですけども、こちらは全国平均出てるんですけども、少し前の数字で比較対象にはならないですけれども、平成20年度、5年前の数字でも69.3%というのが全国平均であったと。それから5年経過してますので、全国平均はもっと上がってると思うんですけれども、そういう意味においても、そういった生活雑排水を処理している比率というのは、菊川市はちょっと低いのかなと。今後、その処理に向けて、推進に向けて頑張っていただきたいなと、こんなふうに思います。

 2番目の質問は以上で終わります。

 3番目なんですけれども、一般的に下水道工事、公共下水道工事が終わって、ほぼ、菊川市以外、相当が進んでる、こういう状況の中でこんなことがある文に載ってました。「今後、処理施設の整備が必要とされる地域は、整備済みの地域に比べ、集落規模が小さく家屋密度が低くなることから、建設費と維持費の合計額を比較すると、集合処理よりも戸別処理の有利な地域がほとんどです」、これは、合併処理を進めている菊川市の方向性と一緒だと思います。「今後、市町村の財政状況を考慮すると、浄化槽を主体とした生活排水処理施設の整備が進むと思われます」と。「浄化槽を国庫補助制度等を活用して整備する手法として、個人設置型浄化槽設置整備事業と市町村設置型浄化槽市町村整備事業戸別排水処理施設整備事業の、大きく分けて2つの手法がある」と。「中でも、以下に示す浄化槽市町村整備事業が最も注目されております」と。「対象は、市町村が本事業を導入することを環境省も推進しています」と、こんな文章があるわけですけれども、先ほど市長さんのほうからも細かく御説明いただきました、メリット・デメリット、多々あるかと思いますけれども、今後の合併処理槽の普及推進のために一つの検討材料として御検討いただければなと、こんなふうに思います。よろしくお願いいたします。

 4番目なんですけれども、実はこのため池というのは、私、小笠の南地区に前岡池という池がございます。非常に低いところにつくられたため池ということで、周辺の住宅地よりもため池のほうが低いよと、こういう形のため池なんですけれども、用排水の設備が完全に分離されてないと、こういった形で生活雑排水がそのため池の中に流れ込む、こういったことによって、市のほうには苦情としては上がってないということですけども、前々から、そういう、地元でのお話はこう上がってくる部分がありまして、まあ、大分改善されまして、そういう苦情も少なくなってきているわけですけれども。

 南部の、非常に標高の低いといいますか、流末に当たるようなところにおいては、用水と排水が区別されてない水路が、併用の水路がたくさん存在すると、こんなふうに認識しているんですけれども、そこら辺につきましては、完全な用排水の分離というような、こう、水路の改修が、私は必要ではないのかなと、こんなふうに思うわけですけど、そこら辺について当局の御見解、どうでございましょうか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。赤堀建設経済部長。



◎建設経済部長(赤堀正人君) 建設経済部長でございます。南地区にあります前岡池につきましては、たしか平成13年当時だと思いましたけども、当時の南地区の役員さん、土木委員さん、そういった方といろいろ協議させていただいて、どういったルートで、大井川用水を前岡池に入れたらいいのかという会合を持たせてもらいました。約半年ほどかけまして、この路線でいこうということで決めたわけでございます。また、そこの部分につきましては、サンライズとか前岡地区の排水はもう分離してございますので、前岡池には入らないと思っています。

 また、ちょうど、水稲のときですね、一番水の要る5月、6月、そういったときにつきましては、南町の道路側溝等を利用して、前岡池に農業水を入れているわけでございますが、あとはもう、農業水が余り使わないような時期につきましては、もう南地区の地区センターの前にゲートをつけてございます。そこから南へ落とすようになっております。そして、前岡池がちょっと水質に問題があるということでございますが、それもたしか平成十何年だったと思いますけども、以前は葦とか蓮、そういったものがたくさん繁茂していた池でした。そういったことから、地元から浚渫をやっていただきたいという話をいただきまして、県営事業で、ヘドロといいますか、そういったものの浚渫を行いました。それに伴いまして、今は全然もう葦も蓮もございません。また、葦とか蓮があったときは、ああいった植物、浄化作用がございますので、大分水もきれいになったかと思うんですが、あの池は水深が大変浅いです。水深が1メーター50とか、そういった池で水温等も上がると思います。そういった関係で、ちょっと藻とか、そういったものが発生するかと思いますが、それは十分説明させていただいた上で浚渫または用水路の改良を行ってきたと、そのように理解しております。



○議長(宮城力弘君) 山下議員、再質問ありますか。山下議員。



◆3番(山下修君) わかりました。なかなか、それ以外でもそういう用排水をしっかり分離していただきたいなというような声もあるわけですけれども、まだその辺は、今後御検討をいただきたいなと思いますので、よろしくお願いいたします。

 最後になりますけれども、生活排水処理の整備事業の進行に伴う環境の再生と、国交省で言われている新しい水質の指標ということなんですけれども、通常のそのBOD値とか、そういったもので、はかってよくなったよというんじゃなくて、実際に子供たちとか、人間がそのまま見たり触ったりにおいを嗅いだりというような形の中で、ああ、これは水に親しめるなと、そういう観点から、この、水がきれいか汚いかというような、判断するような、私は指標じゃないのかなと、こんなふうに思うところです。

 水質改善が進みますと、こんなふうによくなってくよという、その例がありまして、水質が、汚濁の話が聞こえなくなった、その次に、農業用水路からどぶ臭さがなくなって、その後、ボウフラやウジムシの発生が抑えられ、ハエや蚊が少なくなった。その後に、メダカや蛍のよみがえり、河川には鮎の回帰が見られると。その後、子供たちと水生生物との触れ合いや、水遊びのできる場所があらわれる。この辺が国交省さんが言われている、人と河川の豊かな触れ合いの確保、ランクで言うと、Bになるわけですけれども、さらにもう少しよくなると水浴ができる、まあ、水泳ができるというんですかね、中へ入って潜ったりすることもできると、ここら辺になりますとランクAという形になりまして、顔を川の水につけやすい、泳ぎたいと思うきれいな川、清流菊川という環境計画の中でうたわれているわけですけれども、最終的には、なかなかこれ遠い話かもしれませんけれども、泳ぎたいと思うような川になるような夢に向けて、今後も水質浄化の施策を進めていっていただけたらなと、こんなふうに思うところでございます。

 以上をもちまして、私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(宮城力弘君) 以上で、3番 山下議員の質疑を終了いたします。

 それでは、ここで10時20分まで休憩といたします。



休憩 午前10時06分



再開 午前10時18分





○議長(宮城力弘君) それでは、休憩を閉じまして会議を再開いたします。



────────────────────────────────────────





○議長(宮城力弘君) 続いて、4番 岡本吉弘議員の質問を許します。岡本吉弘議員。

         〔4番 岡本吉弘君登壇〕



◆4番(岡本吉弘君) 午前中の3番手ですけども、よろしくお願いします。

 私は、農業振興地域の整備計画と土地利用についてということで質問をさせていただきます。

 農地の土地利用については、農業振興地域の整備に関する法律──農振法によって、厳しい規制がなされているのが現状でございます。例えば、農地を法律上、農業振興地域の農業地区域内から除外して転用することがやむを得ないと判断される場合でも、一連の手続に多大な時間と手間を要してます。

 農用地区域では、6次産業化の推進のための農家レストラン、農家民宿の開業も事実上困難であり、立地によっては、新規就農者のための住宅、農家の生活を支える保育所やコンビニエンスストアですら設置が認められておりません。

 一方、農業を取り巻く環境の変化、担い手不足等のため耕作放棄地は拡大する一方ですが、このような荒廃した耕作放棄地に、農村に就業機会をもたらす企業の立地の相談があっても認められていません。

 現在、全国市長会等でも優良農地の確保と農業・農村の活性化の両立、つまり、農業・農村の活性化のための優良農地をどのように守り有効に活用していくのか、また他の用途での利用を図っていくべきかどうかの判断は、市町村への権限移譲を求めていることは承知しているところでございます。

 現状の本市の農業振興地域整備計画の中では、今後は、地域の振興上、必要となるさまざまな非農業的土地利用との調整に留意しつつ、農業の基礎となる優良農用地の確保に努め、地域の合った農業の振興を図っていくとされておりますが、いまや働き手の高齢化や後継者不足、茶価格低迷と耕作放棄地の発生・増加など、農地の荒廃化は周辺の農業環境を悪化させるだけではなく、良好な田園、茶園景観を損なう要素にもなっています。農地の転用問題や耕作放棄地問題は避けて通れないと思うが、整備計画の見直しを含めて次の質問をします。

 1、農業振興地域整備計画の策定については、おおむね5年ごとに基礎調査を行い、調査の結果、計画を変更する必要が生じた場合には見直しを行うこととなっていますが、現状の農業情勢の中において、今回どのような内容について見直しを行うかお伺いをします。

 2番として、現在農業振興地域内の青地ですけども、遊休地を含む農地ですが、有効に利用されていない農地はどのぐらいあるのか、そのうち耕作放棄地はどのぐらいあるのか伺います。

 3として、青地の農地の中でも、面積も狭く道路に接していないなど効率性に欠ける地域の農地に耕作放棄地が目立ってきてる、そうした茶園・水田の扱いを本計画ではどのように考えてるのかお伺いします。

 4番、農業振興地域整備計画との調和のとれた土地利用の促進対策として、駅等公共施設から1キロないし、1.5キロ地点は徒歩圏域と推測される地域にあって、現に周辺環境が住宅化されてる地区と、隣接地が青地で小区画と用水も悪く、耕作放棄地の増加する地区がある、このような場合に、本計画の中で青地から白地に見直すことができるのかお伺いをいたします。

 次に、質問事項2でございますけども、コミュニティバスの充実について質問させていただきます。

 市長は、後期総合計画の中で、菊川市の持つすばらしい自然環境や多くの先人が築き上げてきた地域の伝統や文化、また交通アクセスの利便性など、この恵まれた立地条件を生かし、今後も基本計画のもと、市民の皆様と協働しながら、菊川市に住んでよかった、住みたくなるまち、そんなまちを目指し、一緒にまちづくりを進めていきましょうと挨拶をされております。

 平成26年度菊川市総合計画行政評価市民アンケート調査結果によると、「利用しやすい交通手段が確保されたまちだと思う(満足)」が13%、「思わない(不満)」が43.7%と不満が上回っている。菊川市における交通システムの課題、問題点として、市民の移動手段が圧倒的に自家用車の利用であるため、ある特定の時間帯と場所において、市内各所で渋滞を巻き起こしている。環境面からも直ちに是正を望む声もあるが、みずから自動車を運転できない市民にとっては移動に関して制約と負担を強いられております。

 路線バスは主要幹線を基本に運行されているため、バス停付近以外の市民は利用しにくくなっており、本数も限りがあり、市内にはバスの通らない非バス路線地域も少なくなく、結果的に自家用車もバスも利用できない高齢者等はタクシー利用を余儀なくされて、大きな経済負担となっております。

 このようなことから、自家用自動車に利用に頼らず、市民にとって使いやすい公共交通の維持・充実は必要であり、路線バスや菊川市で運用されているコミュニティバスの運行計画の再構築、通勤・通学の利用に合わせるなど、市民に対する新たな移動手段の提供は市民の外出機会の増大による地域の活性化を促し、目前に迫る高齢化社会の対応、また自家用自動車利用抑制による環境保全や市民相互のコミュニティー性向上などさまざまな背景により実現が求められている。菊川市民にとって、使いやすい移動手段の創出が実現すれば、その効果は非常に大きいものとなる。

 住みやすいまちづくりのために、次の質問をいたします。

 1番として、コミュニティバスを利用したまちづくりについて、どのように考えてるかお伺いをします。

 2番として、現状のルートは、病院中心の運行として利用されているが、買い物客や通勤・通学者も利用できるようにできないかお伺いします。

 以上、登壇から2問の質問をさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員の質問が終わりました。市長の答弁を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 岡本議員の質問にお答えします。

 最初に、1問目の農業振興地域整備計画と土地利用についての質問にお答えします。

 1つ目の農業振興地域整備計画の見直しの内容についてですが、計画は、現在の土地利用の動向や農業生産量、農業生産基盤及び施設整備等の現状を調査し、平成21年4月に本計画で掲げていた見通しや計画値と比較・検証を行います。

 その後、おおむね10年後を見通して、本計画の農業振興及び農地利用計画の方向性の再検討や新たな農業生産基盤の整備開発計画等の追加を検討してまいります。

 2つ目の農業振興地域で有効に利用されていない農地と耕作放棄地の面積についてですが、平成25年度の調査では、市全体で有効に利用されていない農地の面積は276ヘクタールあり、そのうち農振農用地区域、いわゆる青地については82ヘクタールの耕作放棄地が確認されております。

 3つ目の作業効率の低い青地内の農地の扱いを本計画ではどのように考えているかについてですが、議員御承知のとおり、山間谷地等の耕作条件の悪い農地については、年々耕作放棄地化が進んでおります。今後は、土地の条件等を精査し、農地として引き続き維持保全していく地域と山林化の可能性のある地域を整理していく必要性があると考えております。

 4つ目の駅等公共施設から半径1キロから1.5キロ内にある青地の農地をいわゆる白地へ見直しすることができるかについてですが、平成21年度の農振法等の改正により審査基準が厳格となり、議員御質問の区域に限らず、市内全域において集団的農用地や土地改良事業等の受益地の農地では、白地に見直すことは原則的に難しい状況であることを御理解いただきたいと思います。

 次に、2問目のコミュニティバスの充実についての御質問にお答えします。

 1つ目のコミュニティバスを活用したまちづくりについてどう思っているのかについてですが、本市のコミュニティバスは、市民の交流の促進と市内の移動に際しての支障がある方が出かけやすくなることを目的に導入しました。具体的に申し上げますと、コミュニティバスは、どなたでも乗車が可能ですが、主に高齢者、子供、妊婦及び運転免許証を所持していない市民が、公共施設、医療機関、商店及び観光施設等に容易にアクセスできるような路線や運行時間を設定することとし、インタビュー調査、アンケート調査や4カ月の実証実験を経て、現在の運行に至っております。

 本事業は、より多くの市民に利用いただくため、皆様の要望に応える形で毎年少しずつ停留所の位置やコースを変更しており、平成19年度から本年3月までに約22万8,000人余りの方に御利用いただいております。

 また、昨年度実施したアンケート調査でも、今後も市民がコミュニティバスの利用を望む声が多いことから、本事業を継続するとともに、多くの皆様に御利用いただけるよう改善を続けていく予定でございます。

 2つ目の、買い物や通勤・通学を対象としたルート設定についてですが、現在の路線は病院、公共施設、大手スーパーなどを経由して運行しており、路線沿線の店舗や学校への通学にも御利用いただいております。しかしながら、夕方5時までの運行としておりますことから、通勤での利用は困難な状況であり、増便することは運行時間の大幅な見直しと大きな財政負担が予想されます。

 今後の高齢化社会では、高齢者の移動手段の確保と持続可能な制度であることが重要な課題であり、現在のコミュニティバスには、まさにこの課題に対して本市が現時点で選択し得る最も適した手法であると考えております。

 以上で、岡本吉弘議員の質問に対する答弁とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(宮城力弘君) 答弁が終わりました。岡本議員、再質問はありますか。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) 4番 岡本です。ただいま質問1問目の農業振興地域整備計画と土地利用についての質問について、今答弁をいただきましてありがとうございました。

 菊川市の農業振興整備計画は、前回、平成21年に見直しをされております。今回、その5年後ということで、26、27年と、整備計画の見直しのなることと、年と、今、事務局のほうの担当課では、その農業、市域整備計画を見直している作業をしてることと思います。

 ただいまの市長の質問の中で、この整備計画については、菊川市の農業の将来についての、10年後の方向性を検討していくと答弁をされています。その方向性についても検討されていると。

 そういう中で、ことし、たしか、4月だと思いますけれども、菊川市の広報紙の中で整備計画が出ていたけれども、その見直しということは、この農地の問題については農業委員会の非常に多くが関与しております。その中で、追加と検討をするということでしたけども、その調査は終わっているのか、今どういう段階か、その点をお聞きします。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。杉山農林課長。



◎農林課長(杉山勝君) 農林課長です。現在、見直しに入る、その前段階として、今年度1年かけて基礎調査というものをやっている最中でございます。その結果を受けて見直しが必要となれば、来年度見直しに入る予定でございます。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) 4番 岡本です。この農業振興地域の整備に関するのは5年に1度が見直すものです。それに伴って市民等から農業委員会とかからそのような今見直しの作業を進めているといいましたけども、意見はありましたか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。杉山農林課長。



◎農林課長(杉山勝君) 農林課長です。見直しにつきましては、農業委員会でもお話をさせていただきましたし、実際協議するのは農業振興地域整備促進協議会というのが組織されておりますので、実質的にはそこで見直し作業ということになります。その協議会も年に2回ほど今までも行っておりますので、その中でも今年度基礎調査を実施して、その結果によって来年度実施するというお話は説明してございます。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) 4番です。岡本です。今、基礎調査のほうを実施しているということでありましたけども、前回、平成21年の見直しのところについては見直しがなしと、私も担当課から聞いております。ということで、その5年後ということで、ことし、来年ということで多分もう市民等の意見はないということは、もうそのまま基礎調査がそのまま進んで基本計画が多分ことし完成して、来年は諮問して多分出てくると思いますけども、そのような状況で私の意図することは、ことしは茶価の低迷、いろいろ農産物のTPP問題いろいろありますけども、見直しがなしということは担当としてどのように思っていますか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。杉山農林課長。



◎農林課長(杉山勝君) 農林課長です。見直しがなしということではなくて、ことし基礎調査を実施して、来年度見直しを実施するということでございます。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) 4番 岡本です。先般この問題について担当課とちょっと話をしたんですけれども、この辺について今ことし、来年と見直し作業をしているということの中で、ことしは青地については青地内の幹線道路の部分が道路等の供用をされたとか、道路等に整備されたと。その辺の程度で変更はなしと聞いていますけど、そのような回答というか、そのような係からあって大きな見直しはないと聞いていますけど、その点をひとつお願いします。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。杉山農林課長。



◎農林課長(杉山勝君) 農林課長です。この間に、議員がおっしゃったように公共事業で道路水路等なったものが当然この見直しの中で整理をいたします。ただ、それ以外に市内全域にわたって耕作放棄地問題もありますので、全体の土地利用について再度検討してまいりたいと考えております。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) 4番 岡本です。そもそも農業振興地域整備計画というのは、農業の振興を図るべき区域を明らかにする中で、そのまま土地利用の農業地の有効利用と農業の近代化のための施策ですね、それを総合的に計画を推進する目的となっております。この総合的な農業振興計画を今耕作放棄地が大分ふえていますけど、そのような中でこの耕作放棄地がますます先ほど答弁で言われましたけど、ますます増大化していく中で今後菊川市の農業をどのように考えているか、わかる範囲以内でお願いをします。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。杉山農林課長。



◎農林課長(杉山勝君) 農林課長です。耕作放棄地につきましては、先ほど市長答弁にもありましたように、山間谷地で進んでおります。そのような中で、もう農地に復元不可能というところもありますので、そういうところについては森林原野としてもいたし方ないというところもありますので、そのようなものは農用地からの除外等も含めて検討してまいりたいと思います。

 ただ、農林課ですので、農地を保全する立場ではありますが、菊川市の発展のために必要な土地利用につきましては、市の総合計画等々整合を図っていきたいと、それも含めて県と協議してまいりたいと考えております。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) 4番 岡本です。それこそ、農業振興整備計画については5年ごとの見直しと、これから菊川市の農業を10年先を見ての振興計画であるということをした中で、この有効な農地利用についての整備計画がことしと来年で見直しされることを期待しております。よろしくお願いします。

 それから、先ほど菊川市の広報紙の中で見直しの作業ということで、菊川市の広報紙でことしの4月でしたか、5センチ四方の枠で市民にわかりやすい説明の農業振興計画を見直すというのが、ホームページを見るとその広報紙をそのまま貼りつけしたんですよね。やっぱりそれは市民の耕作放棄地や遊休地がある中で、やっぱり市民に情報の伝達をするというか、よく市長がきちっとという言葉をよく使いますけども、アンテナを高くして、よそのそういう見直しの年の情報を有効につかんで、市民の皆様にホームページを利用する等、広報紙を利用する等有効な手段をとっていただきたいなと思っております。

 それこそ、これ他市の農業振興計画の見直しのある町ですけども、しっかりA4、1ページでうまく説明をされています。質問の時間が長くなりますものですから、とにかく現在耕作がされておらず今後も引き続き耕作の意思がなく農用地として利用が困難と認められる土地と、こういうことで説明がうまくわかるように書いてありますので、またその辺はアンテナを高くして情報の市民に対する指導というんですかね、周知というんですか、徹底ですか、その辺を農業振興計画というのは恐らくパブリックコメントも平成21年にした中で、この振興計画というのは市民に周知した中で、広報紙に掲載する方法も考えられますけども、その辺についてはよろしくお願いします。

 2番の、青地内の遊休地で、農地で有効に利用されている農地って質問をさっきさせてもらって、農地が276で、青地が82ヘクタールと回答されていますけども、最近遊休地というか、耕作放棄地とかって私もよくの法律の解釈を見ても自分でもちょっとわからないようなふうに思っていますけども、1年以上耕作とか、あぜの草刈りをしているとかいろいろあって、この遊休地も耕作放棄地も一緒じゃないかと思いますけど、市の見解についてはその面積を出した結果について、この276ヘクタールというのは遊休地を含むのか、耕作放棄地を含んでいるのか、その点についてお伺いします。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。杉山農林課長。



◎農林課長(杉山勝君) 農林課長です。耕作放棄地と遊休農地につきましては、耕作放棄地については過去1年以上作付をされておらず、耕作が見込めない農地それから遊休農地につきましては、耕作放棄地プラス低利用農地、保全管理等されてて有効に使われていない農地という農林課の認識でございます。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) 4番 岡本です。前回の平成21年のときの農業振興整備計画でございますけども、ここに17年度の農地の保全の方向性を示した振興計画ですけど、経営耕地面積が2,748ヘクタールと、その中で耕作放棄地が177とここで方向性として面積が書かれています。ということは、177ヘクタールということはその後において276ヘクタールになったというころは、その後急上昇したということですかね。その辺をお伺いします。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。杉山農林課長。



◎農林課長(杉山勝君) 農林課長です。耕作放棄地につきましては、123ヘクタール、市内123ヘクタールと現在把握しております。それに対して、保全管理等含めた遊休地が153ヘクタールありまして、合わせて276ヘクタールという数字、現在把握している数字はそのようになってございます。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) 4番 岡本です。今、数字的に今課長のほうからもらったですけども、それこそその青地の農地の中でも非常に市長の答弁にもありますけど、中山間地の非常に荒れているということで、このような土地についても有効な利用を考えていきたいなということで答弁をもらっていますけども、この農業機械も入らないというか、効率性の悪い、ことしも茶価の低迷で近隣の畑を見ますと私はことし以上に荒れている土地はないなと思って、最近もちょっとまた痛感をしておりますけども、この従来その今の段階世代を支えている私たちですけども、それ以上の人たちが昭和40年代に基盤整備事業ということで茶畑・水田についてもいろいろ苦労なさってきたわけですけども、そういう一つの山なり開墾ってよくいいますけども、そういう山間地をお茶が高かったもので、非常に今基盤整備以外の前の土地がいっぱいあるんですよね。そういう土地を例えば優良農地をもっと推進して、その中間山間地を例えば青地から白地に戻してそれを有効利用するというか、公用地とか市民農園とかっていろいろ最近第三者の農業団体もあらわれていますけども、そういう有効利用についても非常に農業機械が入らない、担い手のないところへ、とても借りるとか有効に活用することはできないと思います。そうした中で、その山間地の荒れた土地をもう少し有効利用するために、この耕作放棄地や遊休地をなくすためにもそれを青地から白地への返還について私は積極的に推進すべきと思いますが、市の見解をお伺いします。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。杉山農林課長。



◎農林課長(杉山勝君) 農林課長です。先ほども答弁しましたように、森林原野化もやむを得ないと判断できる土地については、そのような方向性も含めて見直していきたいと思っております。

 また、それ以外の土地利用につきましては、市の総合計画などとも整合を図って、農業以外の土地利用についてもあわせて検討していきたいと考えております。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) 今、そのような問題は承知しているということで、見直しをしていきたいとしましたけども、私はせっかくことし農業、菊川市にとっては5年に1回の農業振興整備計画がつくられるということは、そしてましてや道路幹線だけの青地からそれを引いた数字というのは非常に納得できないと思いますけども、その前にもうちょっと施策じゃないけども目標設定というんですかね、もう荒れ放題ということは市の担当課もわかっていると思います。それこそ耕作放棄地の面積についても今、先ほど担当から82という数字をもらいましたけども、この80という数字については、私はもう要は農地として使いませんよというふうに解釈をしております。そういうのをいかに農用地として活用していくかというか、やっぱり優良農地とこの農業振興計画というのは、今の現状、菊川市の現状を考えると非常に危惧をされます。とにかく前に受けた施策というんですか、きょう他市ちょっとインターネット、近隣に市町村ですけども、ちゃんと市民農園をこういうふうに指導して援助していますって、市民農園のホームページに載っていましたけども、もうちょっとアンテナを高くして菊川市の農業者はこれから高齢化する一方ですけども、菊川市の農業をどう導くかという、その辺を重々あくまでもこれは計画書ですので、地域整備計画書、これをもって菊川市の農業がどういうふうな方向性を左右していくかという、非常に大きな重要な問題であると私は認識をしております。

 それから、4番目の農業振興地域整備計画の調和のとれた土地利用ということで、質問をさせていただきました。菊川市も先般アンケート調査をしましたけども、そういう中でやっぱり交通網というかそういうのは重要な問題であると思います。やっぱ菊川市は住んでよかったお茶がうまい、自然が豊かっていろいろアンケートありますけども、そういう中でもこのいかにその菊川市の定住人口ですね、それを維持、転入、転出させない、定住人口が維持増加を狙うためにも、4番の質問をさせてもらいましたけども、この整備計画の中にこれから農業の振興と保全計画については、非常に書かれている中で、併合した中でこの菊川市の農業と他事業との関連について増加する地域の振興上必要となるさまざまな非農業的土地利用との調整を図りつつ、優良農地の確保に保全を努めながら、適正な住宅施策や工業導入立地も想定し、秩序ある利用を図ると、この農業振興計画の中でされております。

 そうした中で、菊川市が今、ことしの3月も駅北の構想の将来について説明がありましたけども、これからにぎわいの創設、道路網の交通ネットワーク、非常に将来が期待されて駅周辺の開発については期待をしております。そういう中で、菊川市の駅を中心とした中で、1.5キロ以内にある青地ですけども、今74ヘクタールあります。そういう中で、かつて宮の西もそうだったですけども、宮の西も非常に今インターを中心として非常ににぎわいの創出を図って道路網の整備はされて、住宅化されていっています。私も、将来の定住人口を想定した中でこの土地利用について青地ですね、その1.5キロ以内にあった耕作放棄地を非常にまた、片や道路の左は住宅地化されて右は青地だと。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、あと2分です。



◆4番(岡本吉弘君) はい。そのような土地利用との関連について担当課はどのように思っているか、私は定住化推進としてこれを青地から白地に移換するのは、非常にとって菊川の定住は、これから外からの定住人口の増加につながると思いますけども、その辺をどうお考えですか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。赤堀建設経済部長。



◎建設経済部長(赤堀正人君) 建設経済部長でございます。ただいま岡本議員から1キロから1.5キロ以内にある農地をということでございましたが、本来、農業振興計画でございますが、この計画につきましては農地の青、白、そういったものを規定することを目的としているものではございません。菊川市で生産される農産物の生産振興と生産農家の所得を上げること。また、現在の農振計画でございますけども、計画どおりできたのかできなかったのか、そういったことを検証いたしまして、その結果を次の計画に反映することが見直しの姿と考えております。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。あと1分40秒です。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) いろいろ答弁ありがとうございます。また、これからの将来の農業振興と住宅施策、若者定住化についても御検討をよろしくお願いします。

 きょうはなかなか農業振興地域のほうへ時間ちょっと費やしてしまいましたけども、今コミュニティバスの利用も非常にふえてて、利用価値がふえているということですけれども、菊川市の都市計画マスタープランについてもこの後この公共交通の体系の整備指針という中で、非常にまたコミュニティバスについてはこれから地球温暖化に配慮しながらも運行に非常にルートとか利便性を図ると思っていますけども、この前決算のですね、事業成果のところに平成25年度の事業成果書とコミュニティバスの事業の市民に周知の関係で、公共交通会議での合意のもと地域や利用の意見をもとに利便性を図ったと、事業報告をされているのが利便性を図ったというような、どのような利便性を図ったか、それで利用者がふえたのか、それだけお願いします。



○議長(宮城力弘君) 答弁をお願いします。赤堀地域支援課長。



◎地域支援課長(赤堀剛司君) 地域支援課長でございます。25年度コミュニティバス事業の見直しでございますけれども、駅の北側にできました新しい商業施設、そちらへの利用者の方のそちらの利用に配慮しまして、2つのコースの見直しを行いました。1点目としましては、西方沢水加コースというコースがございますが、そちらのコースでこれまで利用者の少なかったバス停留所を新たに商業施設内に移動させました。それから、それに伴いまして黒沢富田コースからもその商業施設を利用できることとしました。

 もう1点目は、奈良野布引原コース、赤土下にある商業施設、このコースからの商業施設の利用が不可能でありましたことから路線の変更を若干行いまして、商業施設付近に停留所を置くこととし、商業施設の利用を可能なことといたしました。その結果でございますが、駅の北側にある商業施設内の停留所の1年間の利用者数ですけれども、西方沢水加コースでは120人、黒沢富田コースでは430人、それから赤土下の利用者の方は285人ということで、1日当たりそれぞれ1人以上の御利用をいただいております。多くの停留所が1日当たり1人未満という停留所もございます。そういった中では新しく設けたバス停留所には多くの方に御利用をいただいておると思っております。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、あと18秒です。岡本議員。



◆4番(岡本吉弘君) ありがとうございました。今、ちょっと農業振興計画のほうへ力が入りまして、コミュニティのほうは申しわけなかったですけども、聞くことが3つありましたので、きょうは1つ聞きましたので次回にあと2つ聞きたいと思います。よろしくお願いして終わります。ありがとうございました。



○議長(宮城力弘君) 以上で、4番 岡本吉弘議員の質問を終了いたします。



────────────────────────────────────────





○議長(宮城力弘君) 続いて、12番 鈴木 榮議員の質問を許します。鈴木 榮議員。

         〔12番 鈴木 榮君登壇〕



◆12番(鈴木榮君) 今の岡本議員の質問は耕作放棄地についての質問でしたが、私は切り口を変えて放置住宅地についての質問をいたします。

 まず最初は、老朽化した放置建物や放置宅地への法的措置をということであります。日本は人口減少時代に入っておりますが、個人住宅の空き家や空き地が地区にいろいろな安全上の問題を引き起こしております。国土交通省の調査によりますと、調査対象者1万5,000人のうち、17.7%が空き家を所有していた。内訳は、1戸建て74.1%が多く、立地が田舎や郊外よりも市街地35.5%のほうが多いことがわかった。空き家になった理由は別の住宅に住みかえた後、そのまま放置したり、親から相続したままだったり、別荘を購入したが使用していないなどでありました。

 そのうち、売却や賃貸しなどを検討しているものは24%で、他の71%は特に何もしないまま放置している。特に、管理すらしていないものは12.8%もいた。空き家のまま放置されれば、防犯・防火などさまざまな問題が出てくる。国土交通省や地方自治体も対策に乗り出しているが、課題は多いというものでありました。一口に空き家・空き地といってもいろいろなケースがあります。1つ目が商店街のシャッター通りにある空き店舗、2つ目が転居等で空き家になり売却や賃貸しが図られない戸建て住宅、3つ目が住人が死亡し、相続が複雑で放置された建築物、4つ目が所有者の居所は判明しているが、抵当権や負債があり、解決されないまま放置された建築物等に分けることができます。また、これらには居住可能なものと住めない廃屋があります。宅地も建物と同様な理由であります。5として土地に関しては宅地以外に耕作放棄地であるただいまの農地等があります。

 私はここで、廃屋や納税されていない住宅の具体的な事例について紹介し、行政が解決に向けて取り組むよう提案をいたします。

 一つは、菊川市内の市街地に無人化した戸建ての廃屋があります。木造2階建てで家全体がツタに覆われ、まるでジャングルにいるようであります。ここの問題は隣家が密集しており、火災や台風、地震、豪雨等でいつ倒れても不思議ではない、心配で隣接の皆さんが眠れない日々だといいます。私は、見にいきましたが確かにこれはひどいと感じました。

 以前、自治会が行政に相談したが、個人の所有物であり解決は難しいとのことであったそうです。隣家の話によると、所有者の所在は不明であると言っておりました。しかし、そのまま放置すればいつかは倒壊する。生活している隣家に人的被害が出ては大変です。国や自治体は国民や住民の命を守る義務があります。何かよい手だてはあるはずだと考えます。類似した話は冒頭の国交省の調査でも判明しておりますが、最近は近隣でも幾つかあります。「老朽家屋等の適正管理に関する条例」を制定した市もあります。この条例の内容は、所有者の責務、そして市民の情報提供、そして実態調査、立ち入り調査、指導、勧告、支援、命令、公表、代執行と進行するわけで、危険な状態が切迫しているとき、市長は緊急安全措置をとるというものであります。

 放置住宅地も同様で、雑草が生い茂り、夏は種を周辺にまき散らし、害虫の巣になり、冬は枯れ草火災を心配しなければならない。法律上は無断で草刈りすらできない状況であります。これに対しては市民の生活を守るため市において強制措置をとる必要があると感じます。条件があえば国から経費補助も出ますし、滞納額で穴埋めすることもできると思います。

 第三者に危害を及ぼすおそれのある放置された廃屋や放置住宅地について。

 1、市内の廃屋や放置住宅地の実態調査はされているかお伺いをいたします。

 市民情報からでも冒頭の1から5の区分に整理しておく必要があるのではないでしょうか。

 質問に2、家屋や土地の納税のうち、滞納額はどのように処理をされているか。強制執行時の経費に収入として対応できないものか。

 3、危険な状態が切迫している建築物に対し、市長は緊急安全措置をとることができるよう仮称でありますが、「菊川市老朽家屋の適正管理に関する条例」を制定して対応することはできないでしょうか。

 4として市民の生活を守るために、他に対応できる方法は何かありますかということであります。

 2つ目の質問は菊川総合病院の外来駐車場拡張ということであります。

 菊川市立総合病院は、全国の多くの総合病院が経営危機に陥る中、以前から周辺地域に先駆けて評価を高める「日本医療機能評価機構評価認定」の病院評価を取得するなど地域の総合病院として生き残りをかけ努力してまいりました。

 現在、院内15科維持や回復期リハビリテーション、院内保育所さくらんぼ保育室の設置等にも病院維持への工夫が見られます。最近は、お見舞いメールやトピックスで日々の細かな情報を伝えるなど、一層工夫を凝らしているものも評判の高さを実感をしております。中でもこども救急サイトは、休日や夜間に幼児の異常を発見したとき幼児を抱える若い家族にとってありがたいシステムであります。以前にも、県や病院へ電話相談システムもありましたが、こちらのほうがなじみやすいと感じました。

 最近、菊川市総合病院は、患者数が多くなっています。病院従事者の確保については苦労をかけておりますが、経営上からみれば喜ばしいことであります。しかし、来院が多くなった関係で、駐車場が極端に不足する事態になりました。職員の駐車場や路肩まで車が溢れている状態であります。市民サービスの一環として職員の駐車場を他に確保する等、もう少し外来の駐車場を拡張することはできないかお伺いをいたします。

 以上、質問を終わります。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員の質問が終わりました。

 市長の答弁を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 鈴木 榮議員の御質問にお答えします。

 最初に1問目の老朽化放置建造物や放置宅地への法的対策をの御質問にお答えします。

 1つ目の市内の廃屋や放置住宅の実態調査はされているかについてですが、統計上では国の平成20年度の住宅・土地・統計調査での空き家は、市内の建物1万6,420戸中1,780戸、10.8%の空き家率でありますが、これはアパート等の空き部屋も含めた率でありまして、したがって実際に危険を及ぼすおそれのある家屋の実数は把握しておりません。

 2つ目の家屋や土地の納税のうち滞納額をどのように処理されているか、強制執行時の経費に収入として対応できないかについてですが、滞納処分によって収入した固定資産税は普通税であり、強制執行時の経費として特定目的の事業費財源とするものではありません。

 3つ目の危険な状態が切迫している建築物に対し、緊急安全措置をとることができる条例の制定についてですが、現時点では問題も多く対応が難しい状態ですが、今国が進めている「空き家等対策の推進に関する特別措置法案」により方向が示され、これにあわせ迅速に対応できるように考えてまいります。

 4つ目の市民生活を守るため他に対応できる方法はあるのかについてですが、一般的には建築基準法第10条においても保安上危険な建築物等に対する措置に関する規定がございます。

 ただし、勧告及び措置の執行は、特定行政庁である静岡県が行うもでありますので、菊川市の所管である静岡県袋井土木事務所に事例の確認をしましたが、電話等により措置の勧告をした事例はありますが、措置を命じた事例はないとのことであります。

 次に、2問目の菊川市立総合病院の外来駐車場拡張の御質問でございます。この駐車場につきましては、平成19年度から少しずつではありますが、駐車場を増設し、外来駐車場の確保に努めてまいりまして、現在、患者用駐車場は241台となっております。

 平成20年度以降は、外来患者数が徐々に減少し、近年では減少傾向にあり、19年度で比較しても200名余の外来患者が減少しております。しかしながら議員の質問にあるように、休み明けの初心患者の多いときやピークの時間帯には満車になることがあり、御不便をおかけすることもあります。このようなときには守衛等を配置し、空きスペースに駐車していただくよう誘導し対応してまいります。したがいまして、今現在、医師数や診療科の増加が見込めない状況を考慮し拡張については、今後の診療体制や患者の動向を鑑み検討して、動向をにらみ検討してまいりたいと思います。

 以上で、鈴木 榮議員の質問対する答弁とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(宮城力弘君) 答弁が終わりました。鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) 最初の1問目から行きたいと思いますが、空き家の調査なんですが、ただ空き家といっても冒頭でもいいましたが、使える空き家とまた使えない空き家、また店舗に同じ住宅でありながら店舗があいているということで空き店舗ということもあります。それで、こういうのは早急に調査をしておく必要があるんじゃないかというふうに考えますが、先ほどの答弁の中で1,780戸というか、アパートを含んであいているということでありますが、単独の戸建ての空き家というのはどのぐらいあるかということも調査しておく必要があると思います。例えば、近隣の市の状況というのは余り参考にしたくないわけですが、例えば掛川市は戸建の空き家が約380戸あると書いてあります。ですから、菊川の場合もどういう家屋が何戸ぐらい空き家なのか、例えば商店が進出したいならどこに何戸ぐらいあるか、また住みたいなら修理すれば入れる、そのまま入れる家がどこにどのぐらいあるか、また早く取り壊さないと困るよと、迷惑住宅がどのぐらいあるか、これは整理して、よそから来る人の利便性を図ってもらったらいいじゃないかと思うんですが、その辺はどうでしょうか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 危機管理部長でございます。それでは、お答えさせていただきます。

 議員の御質問の中に、番号を挙げて1、2、3、4、5という形で御質問を受けております。1番については、商店街のシャッター通りにある空き店舗ということでございますが、これについては、空き店舗対策等もございますので、担当課のほうである程度把握をしております。

 あと、5番については、耕作放棄地の農地の関係でございました。これ、先ほど御答弁等ありましたとおり、これも担当課で把握しております。真ん中にあります2、3、4、これにつきましては、先ほど使える住宅と使えない住宅などを調べられないかというところでございますけども、これにつきましては、なかなか、その、プライバシーの問題もあります。そういう中で、業者がどこまでそのことを調べておけばいいかというところについては、なかなか難しいところがあるのではないかなと思います。

 他市の例を見ますと、空き家バンクということで、例えば自分の住宅を貸したいんだという希望のある方だけを調査をして、そういうことをストックしている団体もございます。しかしながら、その実態のその運用状況などを見てみますと、かなり低いレベルで、実際それが機能しているかということも議論になっているのも現実でございます。そういう中で、実際には、空き家などにつきましては、民間の不動産業等の兼ね合いもございます。そういう中で、先ほど議員から御質問のありましたように、事前に使える住宅、使えない住宅をかなり調べといたほうがいいということについては、かなり現在では難しさがあると思っております。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 関係部署で何か御回答、いいですか。鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) 鈴木です。関係部署という話もありましたが、それはまた後で最後のほうに伺いたいと思いますが、私は、これを調査するのにプライバシーということを言われましたが、これは何戸ぐらいどこにあるということは、これは構わないんじゃないかと思うんですが、これは各自治会で調べさせて、困った放置家屋がどのぐらい、どういう状態であるとか、放置宅地がどのぐらいの状態であるとか、また空き家が何戸ぐらいあるとか、これは自治会からとか住民から情報を集めれば概略の数字が判明してくると思いますが、その辺はどうでしょうか。問題ありますか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 危機管理部長でございます。先ほど自分からも申し上げましたが、所有者の方みずから情報を提供しますので、このことを皆さんに公表して使っていただきたいですよとかというお話であればいいと思いますが、今、議員のおっしゃられるように、地域の皆さんの情報をこう集めて、それが行政、とっておいたにしても、その後、あと、条例の話もあるかもしれませんが、条例等、次の施策がつながっているような状態であれば、確かにそういうことをやっていくということが、意味が持ってきますけども、あとの施策がきれいに組み立てていない前に、そのことだけ集めるということにつきまして、やはりそれぞれ、先ほどプライバシーと言いましたけども、その情報をこう管理するということについては、なかなか難しさがあるのかなと思っております。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 鈴木 榮議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) はい、鈴木です。私は広範囲にわたって調査してほしいというふうに言いましたので、なかなか焦点が合わないわけですが、例えば、私が言った、近所を困らせている住宅・宅地がどのぐらいあるか、これを調べるのはどうでしょうか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 今、近所を困らせているというところですけども、どの程度をもって困らせているとかという判断基準も非常に難しいと思います。一人の方が困っているんだということで困っている場所になるのか、多数、周りの方が全てそういうことを言うので困っているのではないかという場所になるのか、非常にそういうところも難しいところがありますので、議員の言われるように、とりあえずこう事前にいろいろ調べといたらどうかというところの質問の趣旨だと思いますが、そのことにつきましては、先ほど申し上げたとおり、なかなか難しいところがあると考えております。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) 結局、掛川市では廃屋が380戸あると調べがついているわけですね。それで、これは、それじゃあ、困ってるのはどういうのかというと、これは住民が困ってるかどうかという話ですから、市から判断して困ってるじゃないかという話では、私の提案はないもんですから、自治会長がうちの地区で困ってるのはこういう家がこういうようにあるよというのを集めて、どこの地区にはこういう家があるということを把握しておいたほうがいいじゃないかということを申し上げているわけです。これは、この3番の質問に関連していきますので、何かコメントがあったら言ってもらいたいんですが。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 危機管理部長です。先ほど答弁した中、市としても、これからどんな手を打っていこうかということは当然考えております。そういう中で、先ほど議員からの御質問があったとおり、多くの自治体でその条例をつくって、指導するというような条例をつくっているところもあります。

 実際に、行政代執行ということで、撤去するまでの規定を設けているところは非常に少ないわけですが、平成26年の4月現在で、今355の団体がそのような条例をつくって何とかしようかという動きをしております。そういう中では、この状況を見まして、国のほうがしっかりもっと支援策を考えなきゃならないだろうということで、この秋の国会に、空き家等の推進に関する特別措置法案というものが提出される予定になっております。それにつきましては、従来は基本的に、市町村は所有者に無断で、強制的に空き家を撤去する、そういう強い権限がありませんでした。したがって、議員の言われるように、条例等をつくって撤去したらどうかという御発言ですけども、そのことはなかなか基本的な部分に触れて難しいところでありました。

 さらに、撤去するその後の問題として、幾つかまだ問題があります。御承知のことと思いますが、撤去すれば固定資産税が大きくはね上がるということになります。住宅地ではないということになります。また、一度取り壊してしまうと、4メートル以上の道路に接していないと、もう住宅のほうは建てられないという状況にもなります。また、撤去費用もかなりかかると、このような幾つかの問題がございまして、すぐにはこう撤去に踏み込めない、また撤去した後の所有者の方の負担も大きくなるという問題から、非常に全国的に困ったものになってきております。

 そういう中で、国が法案等を制定している中では、今後は市町村の立入調査権限、これをある程度付与していこう、指導とか、最終的にはその行政代執行の部分まである程度考えたらどうかということ、さらには、家屋撤去の費用の助成ということで、国とか県がある程度その費用を助成したらどうか。

 また、先ほど申し上げました、固定資産税の負担の関係、これはある程度、特例みたいなものをけられないかと、このようなことを今検討しておりますので、この動向を見ながら、市としても対策を考えていきたいと、こんなふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) 今、部長が答弁されたのはそのとおりであります。しかし、私が問題にしてるのは廃屋、もう壊れそうな家を一番問題にしてる、きょうはそれを主体に取り上げたいと思います。

 私、質問の中の2は飛ばしまして、3の危険な、切迫している条例ということなんですが、この老朽家屋等の適正管理に関する条例というのは、調べてみましたら、あちこちでつくっておりまして、それで、最近、掛川でできたというのを知ったもんですから、こんな近くでというふうにびっくりしたんですが、まあ、どこでも困ってるということであります。

 新しい特別措置法が今提案されているということなんですが、以前からも、国土交通省から空き家再生等推進事業という法律がありまして、これは補助対象があります。それで、地方公共団体が行う次の事業は不良住宅の空き家の除去というのが5分の2を国から補助するとか、これは条件がありまして、5年間、人口が減り続けていることという条件がありますが、調べてみましたら、菊川、わずかながら5年間連続で減り続けているという状態ですので、これが当てはまるんじゃないかというふうに思います。

 それで、除去を行う者に対する経費補助というのが2分の1、これは民間が撤去した場合は、その半分を補助する、国が補助するということらしいんですが、こういうものも、現在の法律の中ではこういうものもあります。

 まず所有者の、特定の2分の1を補助をするというのがあるんですが、これは、詳しくはわからないんですが、多分行方不明者を特定するには、それなりのお金がかかるのでそれを補助するという意味かなとも思いますが、こういうのが現在の法律でもありますので、これらの問題、この、私が問題にしてるこの廃屋というのは、もう今にも倒れそうで、ツタで、近所の人が言うには、このツタが覆ってるので、ツタの根元を切ったら倒れちゃうんじゃないかと、ツタでもってるんじゃないかという人もいます。私が見たところ、どうも南から西へちょっと傾いてるかなというふうに思いますが、そこには空き地のほうへ倒れるか、その、隣の家へ倒れても、庭のほうで住宅には関係ないかなとも思うんですが、その反対側へ倒れると、住んでる家の上へ被さるということになりますから、これ、急ぐもんですから、何とか法律ができるのを待たずに対策をとってほしいと。この条例というのは、強制執行ができるということなんですね。それで、その強制執行の経費は国で、今言ったようなお金が出るということなもんですから、この条例は考えるということなんですが、至急やってもらえるかどうか、ちょっと伺いたいと思います。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 危機管理部長でございます。議員からは問題になってる家屋等の写真等も見せていただきまして、大変問題があるということを、私も思っております。しかし、今、国がそのような動きをしておりまして、国会に出てくるということであれば、近くまた、その法律のその中身等もだんだん出てこようかなと思います。

 議員も御承知のとおり、法律の序列でいきますと法律の下に条例がありますので、まず法律をしっかり見きわめて考えていかないと、法律を超えるようなことは当然考えられないわけでありますので、国の動向等を見て、それから条例のほうも考えていければと思っております。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) 現在、あちこちで制定している廃屋等の適正管理に関する条例というのは、内容を見てみますと、概略において類似してる、ほとんど似てるような内容なんですね。だから、これをまず制定をして、その後、法改正があったらそれに準じて改正をしていくということもできると思うんですが、そういうふうにこの法律ができてからいろいろ考えて成案していくとかなり時間がかかるということで、まず日本全国で、一部かもしれませんが、つくっているこの条例をまず制定するということが肝心じゃないかと思いますが、その辺はどうでしょうか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。淺羽危機管理部長。



◎危機管理部長(淺羽睦巳君) 危機管理部長でございます。先ほどの、自分からも申し上げたとおり、大分もう近いうちにはその内容がわかってくると思いますので、条例の制定のその準備はできていけると思います。したがって、その法律の制定というのがいつの時点であるのかしっかりわかりませんけども、並行した形で考えていければと思います。

 また、事によれば、法律でありますので、条例の制定が必要にならないこともあると思いますので、法律をもって全てがこう実行できるような形のものになるかもしれない、そこら辺は少しわかりませんので、今後しっかり動向を見ていきたいなと思います。

 以上でございます。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) 時間の関係もありますので、私としては、すぐにでも現在の法律で対応してほしいというのを申し上げておきます。

 それと、2番目の滞納税ですが、現在こういう行方不明とか廃屋の固定資産税というのはどのように処理されているか、市長の、この私への答弁だと用途が違うのでという話ですが、それではなくて、滞納額はどのように今処理されてるのかお伺いいたします。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。鈴木税務課長。



◎税務課長(鈴木勝君) 税務課長でございます。滞納の管理につきましては、こういった、議員の御指摘の家屋、廃屋ですね、それとあと管理されていないような土地、こうしたものを区別して管理しているわけではありませんもんですから、滞納額全体としては把握をしておりますが、この部分だけ別個に、じゃあ、滞納額が幾らあるとかということで管理はしておりません。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) そういう意味ではなくて、例えば、このAという人の土地・建物があると、当然そこへ固定資産税がかかると思いますが、それを請求しているのかいないのか、例えば行方不明の人はどう処理しているのか、それをちょっと伺いたい。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。鈴木税務課長。



◎税務課長(鈴木勝君) 税務課長でございます。行方不明である方については、当然、相続人等を探すという行動がまず最初にあります。それでも、なおかつ納期限内に納税者とおぼしき方が見つからないというようなことがありますと、公示送達という方法をとります。で、公示送達というのは、市が設置しております掲示板に納税の告知を行う、これによって納税通知書がその納税者に対して送付されたというふうに見なされます。そういうことをしております。

 で、結果的に納税の告知をしましても、納税される方が見当たらないということも実際にはございます。それにつきましては、そうしたものは納税額が滞納になって蓄積をしていくということで管理をしてございます。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) それでは、そのとれなかったものは、不納欠損処理というか、その5年だと思うんですが、それはどうなってるか。不納欠損処理の金額の中に入ってるのか入ってないのか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。鈴木税務課長。



◎税務課長(鈴木勝君) 税務課長でございます。5年間のうちにその課税権が行使できないという場合には、時効、請求することができない、時効消滅というんですが、これが法律で定められておりますので、その税は時効、我々が請求権を失うと、そういう結果になります。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) 時効ということですが、5年ですね。それで、時効の停止、中断という処理もあって、これ5年、有効だということで、全部で10年たてばどうしても時効になるという話だと思うんですが、このような処理、例えば海外へその者が出た場合は、自動的に時効の中断がなると思うんですが、そういう、時効の中断とか、そういう処理というのは全然考えていなかったのかをちょっと伺いたいと。



○議長(宮城力弘君) 答弁をお願いします。鈴木税務課長。



◎税務課長(鈴木勝君) 時効の中断の要件としましては、その不動産を差し押さえるという方法が一つございます。ですが、もしその納税をされようとする方が出国をしたということで、今、議員、御発言があったんですけれども、ということは、その方の存在を我々は承知しているということになりますので、そういった場合には、その方に納税をお願いをすること、その行為がまず最初に発生すると思いますので、時効の中断の要件とすれば、まず差し押さえを実施するということが先に行われるというふうに考えます。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) 差し押さえも、わかったらぜひ必要だと思うんですが、いろいろ調べてみたら、この滞納税、これ、利子も含めて、この処理が放置されていたために、当時のその担当者並びに課長が莫大な求償を受けたと、市民から訴えられて求償を受けたと、事例もあると、裁判事例も出てましたので、この辺は慎重に、ただ放置するのではなくて、法的に通るように、しっかり管理をしていただきたいというふうに思います。その辺の何かコメントありますか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。鈴木税務課長。



◎税務課長(鈴木勝君) 税務課長でございます。今、議員のほうから発言がありました事例についても承知をしておりますので、より一層適正な課税、滞納処分につきましては、努力を続けていきたいと思っております。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) わかりました。ありがとうございました。

 ひとまず、時間の関係で病院の駐車場に戻りますが、先ほどの市長の答弁だと、一時ほど混雑は、駐車場してないよという話なんですが、私が最近ちょっと菊川病院にやっかいになりまして、それで、行ってこういうことを言うんですが、非常に混むんですよ。通りに車が本当に、道路はいっぱいになってしまっていて。それで、整理する方もいるんですが、住民によると、ここはだめだめというふうに追い払うだけで、どこへ置いてくれということは言わないと。置くところがないので、その南側の、東側かな、住宅の方もこの辺まで来て置いてくよと、ただ、追い払うだけでは困るよということを言ってました。ですから、最近はかなり混んでるということですが、その辺の対策というのは何か考えてるかどうか、お願いしたいと思います。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。野賀病院事務部長。



◎市立病院事務部長(野賀済君) 病院事務部長です。

 まず、これまで病院の取り組み、現状につきまして、御理解をしていただきましてまことにありがとうございます。議員からの御指摘のとおり、曜日によっては駐車場が大変御不便をおかけするような曜日があります。例えば、月曜日とか木曜日とか、そういった曜日は大変に混むような状況でありまして、市長からの答弁にもありましたように、平成19年に約二十数台、23年に十数台を増設をさせてもらいまして、それで何とか対応してるような状況であります。

 あと、患者数につきましては、平成13年ころは850人くらいの患者さんがおりました。ですけども、だんだん状況変わってきまして、平成20年ころは650人くらい、で、今現在ですと450人弱くらいで、患者数でおります。これは、減っちゃったということもありますけれども、当院の場合には入院中心で診療のほうをさせていただく、そういったところを中心に考えておるもんですから、患者さんの数が、外来患者さんの数は減っているという現状もあります。

 そういった中で、やはり曜日によっては足りないような、駐車場が御不便をおかけするような曜日がありますもんですから、そういったときに、守衛等の誘導、まあ、余り適切な誘導ではないかもしれませんけれども、こういったところで毎日何台足りなかったかというのをチェックをさせてもらっておりまして、1週間の平均で申しますと、約17台が路肩へ駐車をするというようなことになっております。7月、8月の状況によりますと。ですから、時間帯、例えば9時、10時、その辺の時間帯ですと若干御迷惑をおかけするようなときがありますけれども、ほぼ、一番南側を御利用していただくとか、そういったことで何とか今なってるんじゃないかなというところで、もう少し様子を見ていきたいと考えております。

 以上になります。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) 私もね、実は写真を撮ってきたんですよ。それで、17台、もっと多かったかなと思うんですが、駐車場がほかに、あの辺にいいとこがないということだと思うんですが、東へ降りるとこに薬局がありますが、あの下は職員が借りているところだと思うんですが、駐車場が斜めのところに、どのぐらいですかね、何十台か駐車場が借りていると思うんですが、あれから南へかけての一帯というのが、昔、住民の話によると、宅地開発をやろうとして、それでいろいろ話し合いをしたところ、売り渋った人が数人いてできなかったということなんですが、現在は全部茶畑なんですが、大分耕作放棄地になっていて、それで、言えばすぐ貸してくれるよというようなことも、近所の住民が言ってたんですが、ちょっと斜めのとこなんですが、今ある駐車場の東側になるんですかね。借りて下る道をつくれば、かなり広い駐車場がつくれるというふうに思うもんですから、まあ、それはお金が要る話で、現在の病院の会計では大変だと思うんですが、その辺、市長にお伺いしますが、その辺の市からの繰出金というか、面倒を見て少し駐車場を広げてやるということはできないでしょうか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。野賀病院事務部長。



◎市立病院事務部長(野賀済君) 病院事務部長です。今の御質問でありますけれども、先ほど申し上げましたように、患者さんの数とか医師の数とか、あと職員の人数とか、そういったものを考慮に入れながら検討していきたいと考えております。それで、どうしてももう無理だというような状況が、もし数年後にあるようでしたら、また市のほうと相談して進めていきたいと考えております。よろしくお願いします。



○議長(宮城力弘君) 鈴木議員、再質問ありますか。鈴木議員。



◆12番(鈴木榮君) 病院の駐車場、わかりました。なるべく患者が右往左往しないように、ひとつよろしくお願いしたいと思います。

 それで、時間がちょっと2分ほどあるもんですから、もとへ戻りまして、老朽化家屋ですね、これはもう、廃屋というのは菊川市内でも、私が知ってる限りでもあちこちあるわけですが、例えば、火をつけられた場合、どうかというと、まあ、近所の家に被害が及ばないだろうと思えるとこが多くあるわけですが、また倒れても、まあ、コンクリートの家もあるんですが、倒れてもそう被害はないかなと。また、そこへ浮浪者が入るということは……



○議長(宮城力弘君) あと残り2分です。



◆12番(鈴木榮君) はい。浮浪者が入るということは心配されていて、そういうものは自治会からいろいろ要望が出てるんじゃないかと思いますが、どうしようないと、警察もどうしようもないというようなことを言っておりますが。今、私が言った、このツタの廃屋というのは、今、先ほど言ったように、ツタを切れば倒れちゃうじゃないかというような、緊急を要するものなので、倒れてからけが人が出て、それから対策を練ると、出すということがないように、これは緊急のことだと思いますので、ぜひ前向きに、至急、できる限りの対策をとっていただきたいというように申し上げて、質問を終わらせていただきます。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 以上で、12番 鈴木議員の質問を終了いたします。

 ここで、13時まで休憩といたします。



休憩 午前11時51分



再開 午後 1時00分





○議長(宮城力弘君) 休憩を閉じまして、会議を再開いたします。



────────────────────────────────────────





○議長(宮城力弘君) 続いて、15番 岡本?夫議員の質問を許します。岡本?夫議員。

         〔15番 岡本?夫君登壇〕



◆15番(岡本?夫君) 平成26年第3回菊川市議会定例会に臨みまして、私は、「浜岡再稼働反対56.1%は」との題目のもとに質問をさせていただきます。

 本定例会、12人の質問者がありまして、最後になりました。昨日は、安倍内閣が第2次のスタートをしました。その中に、5人の女性大臣が含まれていました。この菊川市議会の当局側にも、一日も早く女性の管理職が出てくることを期待しながら、質問をさせていただきます。

 そして、私、ここにバッジをつけております。言われています、9月には北朝鮮からの報告書が発表されている様に言われております。安倍内閣総理大臣は、国会議員として一番初めからこの拉致の問題に取り組んでくれた人であります。全ての拉致被害者の皆さんが、祖国日本の土を元気に踏むことを期待しながら、私はおります。

 そして、異常気象の中で、日本全国各地で多くの被害者が、特に広島市では大変な災害が起きております。まだ2名の方が発見されない状態でおります。救助に当てられている自衛隊の皆さんや多くのボランティアの皆さん、大変ですけれども、努力をしていただきたいなと思います。お亡くなりになられました皆さんに、心から哀悼の意を表する次第であります。そして、多くの被災のところで生活されている皆さんにもお見舞いを申し上げたいと思います。

 菊川市は、ことしの6月25日、市民アンケート結果を発表しました。これは、長年議員がこの項目についてアンケートをしていただきたいということを要望してきたことを当局が取り入れてくれた質問内容であります。アンケートの項目の中で、今回初めて盛り込まれた浜岡原発の再稼働についての項目で、回答者の半分以上が再稼働に反対の考えをしております。

 アンケートは、無作為に選んだ市内の成人2,000人に郵送をし、1,012人から回答がありました。有効回収率は50.6%であります。このようなアンケートで50%を超すということは大変なことであります。この結果をもたらしたのは、今、担当した当局がある知恵を働かしたと聞いております。担当部局の皆さんに感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

 「浜岡原発の今後についてどう思うか」との問いに対して、「停止していたほうがいい」56.1%、「安全が確認できれば稼働したほうがよい」22.6%、「どちらともいえない」15.5、「わからない」と、ここには無回答を含めて5.8%です。回答者の再稼働反対の意見が市民の過半数を占めているが、行政としてどのように考えているか、今回初めて明らかになった市民の再稼働反対の意見は、政策の中でどのように活用されていくのか、お伺いしたいと思います。

 従来、市長は、市民の理解が得られない限りと述べてきましたけれども、市長が使用してきた市民とは、最終的にはアンケートに回答した市民を意味していたのではなく、市民とは、私たち市議会議員を意味してくれていました。

 市議会が再稼働賛成の回答をした場合、市長はどのようにされるのか、お伺いをしたいと思います。皆さんで一緒に原子力の持つ意味について、討論や議論というよりも一緒に勉強していきたい、そのような気持ちできょうは質問をさせていただきます。

 登壇での質問は以上です。ありがとうございました。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員の質問が終わりました。市長の答弁を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 岡本?夫議員の浜岡再稼働反対56.1%はの御質問にお答えします。

 始めに、市民アンケート結果については、昨日の田島議員の答弁で説明したとおりでありますが、市民アンケートにことしから浜岡原発、市民意識調査の項目を追加し、浜岡原子力発電所の今後についての意識を調査し、20歳以上の市民2,000人を無作為に抽出し、1,012人から回答をいただき、回収率は50.6%でありました。

 結果は、「停止しておいたほうがよい」が56.1%、「安全が確認できれば稼働したほうがよい」が22.6%、「どちらともいえない」が15.5%、「わからない」が3.8%、「無回答」が2.0%という結果となりました。この結果は、市民の皆さんが、昨日もお答えしましたが、市民の皆さんが原発に慎重な考えを持っていると受けとめたところであります。アンケート結果の公表から2カ月以上がたちましたが、現在も市民の理解が得られない限り再稼働は認めないという従来の考えは変わらないものであります。

 この市民アンケートにつきましては、今後も継続的に実施し、市民の皆様の意見を捉えていく予定であります。

 最後に、私は就任以来変わらず、市議会における決定は重要なものと考えております。しかし、現時点では、浜岡原子力発電所の再稼働について議論する時期ではないと考えております。

 以上で、岡本?夫議員の質問に対する答弁とさせていただきます。



○議長(宮城力弘君) 答弁終わりました。岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) きのうも市長、田島議員の質問を聞いてて、再稼働について議論すべき時期ではないという答弁をされて、今も全く同じなんですけれども、私はきのう、田島議員の意見を聞いてて、自分なりにこの、善意に解釈すれば、再稼働なんていうのはもうとんでもないことだと、今の福島の状況を、市長や市の当局が見に行ってくれて、あの状況を見て帰ってきて、ふるさと、この菊川を福島のようなことにしてはいけないと、強く自分は思っている、だから、その、もう再稼働なんていうのは、そんな議論は、問題外だよと、そういう意味で、市長は、そんなもの、再稼働する議論すべき時期ではないというように、私は私なりに理解をさせてもらってるんですけれども、市長、今、再稼働について議論すべき時期ではないというのは、どういう理由で、今、議論すべき時期でないと言われるのですか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。赤堀企画財政部長。



◎企画財政部長(赤堀慎吾君) 企画財政部長でございます。きのうの田島議員にもお答えいたしました。で、今の岡本議員にもお答えをしましたが、市民の理解が得られない限り再稼働は認めないという従来の考えに変わりはないと。現時点では、浜岡原子力発電所の再稼働について議論する時期ではないと考えておると、そのお答えのとおりでございます。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) 市民の理解を得らない限り再稼働は認めないということで、それはいいんですよ、わかるんです。それで、今まで市民の意向調査をしていただきたいということを、私たちは皆さんにお願いしてきたんですけれども、今回初めて市が主催してアンケート調査をやってくれたわけです。それで、市民の回答が50%超えた、どこへ出しても恥ずかしくない調査結果で、その中の結果で菊川の人たちは56.1%が再稼働は嫌ですよという結論が出てるわけですね。その一般の市民と、従来、市長さん、議会の中で答弁してくれてる市民とは誰ですかと。再々質問したとき、その都度答えるのが、最終的には、市民とは市議会議員の過半数が市民の意向を示しているという答弁をしてくれていましたよ、今まで。

 だから、今回出ている17人の議員の中で、選挙を去年、1月にありましたけれども、浜岡について明確にいい悪いの意思表示をして出てきてる議員というのは少ないと思うんです。知らずに1票入れてる人いるわけですよ。だから、私は議会で過半数が再稼働賛成ですよという結論を出したとき、市長はどういう判断するのかということを教えていただきたいという質問してるんです。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。赤堀企画財政部長。



◎企画財政部長(赤堀慎吾君) 企画財政部長でございます。今までもお答えをしてきたとおりでございまして、市民アンケートの結果といいますか、市民アンケートはあくまでも市民の意識調査ということで実施をしております。で、お答え申したとおり、これは継続して実施をしていくことにまた意味があると思っております。で、市民アンケートの結果を参考として議会の皆さんと協議をしていくというふうにお答えをしております。

 昨年の9月議会でも、?柳議員の御質問にお答えをいたしまして、議員の皆さんと話し合い、協議をして今後方向を出していきたいというふうにお答えをしております。そのとおりでございます。

 それから、議員の皆様方が、選挙の期間中に原発の問題をどういうふうに市民の皆様に訴えたか、それは別として、選挙によって選ばれた皆様方は、市民の、菊川市民の代表者であるというふうに認識をしております。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) 今、部長に答弁していただいたんですけど、この問題は重要ですから、市長にお願いしたいですよ。従来からずっと市民の理解が得られない限りというのは、原発問題ばかりではなくて、ほかの問題についても、市民の理解が得られないというのは、具体的に誰を指すんですかと。だから、最終的な市長の答弁は、議会の過半数が市民の過半数だということでした。それは間違ってないと思うんですよ、行政として。僕は、市民の一般の常識と議会の過半数の常識が一致をする、一緒になることが当たり前だと思うんですけど。しかし、まだわからないからあえて聞いているんです。

 それと、浜岡の問題は遠くの問題ではないんですよ。何かあったら、我々がふるさとを追われてどこかに行かなければならない状況にあるから聞いてるんですよ、市民とは誰を指すのかと。いまだに、この問題決めるならやっぱり市議会議員の過半数が市民を意味してるよと、市長が答えるなら答えていいですよ。そこですよ。だから、今回、せっかく市の担当が無作為でアンケートをとって、結果が出て、それも38%か何%の回収率なら、私、あえて言いませんけれども過半数を超えた、どこへ出しても恥ずかしくない、正確な数字が出て、その中で56%が反対ですよと言えば、市長としては、やっぱり自分がやったアンケートの結果を重視したいと言わなければいけないと思うんだけど、そこら難しいですよ、市長。難しいけど、これは明らかにしてもらわなければ。我々の命と暮らしがかかってるんですよ、普通の問題とは違いますよ。どうですか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。赤堀企画財政部長。



◎企画財政部長(赤堀慎吾君) 企画財政部長でございます。アンケートの回収につきましては、最初、岡本議員からもお褒めの言葉をいただきまして、ことしは担当課が非常に努力をいたしまして、高い回収率をおさめることができました。で、先ほど来何度も繰り返しておりますが、市民アンケートの調査結果は、これは参考にしながら、議会の皆さんと協議をして今後の方向性を出していくという考え方に変わりはありません。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) それなら市長、あくまでも市議会がということはありがたい。なら、市長みずから、議会が間違った判断しないように、私も一緒になって、市民と一緒になって、市議会の皆さんに話をしましょうと、それくらいの話をしてもらわなければ、アンケートの意味がないんじゃないんですか。市民、無作為の人たちの意見がここに書いてくれてありますよ。切実ですよ。これは、部長ではなくて市長に答えていただきたい。やっぱり、議会も大切だけれども、今回の問題は市民の命と暮らしがかかってるから、私は議会を尊重するけれども、議員の皆さんにも私と一緒になってもらいたいと、運動してきます、一言言ってくれれば、私はあえて何も言いませんよ。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。太田市長。



◎市長(太田順一君) もうこの件につきましては、昨日もお話ししておりますし、今までもずっと私は申し上げてきております。今回のアンケートの結果につきましては、やはりこの数値につきましては、私も市民の皆さんが原発に対しては慎重な考えを持っているということは、このデータから当然受けとめておりますが、先ほど申し上げましたように、議会に対してどういうふうに思ってるかということでありますが、前々からお話ししておりますように、議会制民主主義の中ではやはり議会の、市議会における決定は非常に重要なものと思っております。しかし、現時点でこの浜岡の、田島議員からの再稼働になった場合という、たらればの話でありますが、しかし、今の時点では、再稼働については考えられないということを申し上げております。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) 市長も市当局も去年とことし福島に、ことしは広野町かな、行ってきたという話でしたけど、私も昨年、総務建設委員会で広野町の役場で説明を受けて、それでそのあしたですか、バスで楢葉から富岡の駅を見てきて、ことしは皆さんは同じとこに行ったので、私は菊川の友人5名かな、5名と7月の19、20日、21日と全村避難されている飯舘村に行かせてもらいました。行って、南相馬から浪江を見てきました。

 私はそこらを見てきて、福島の人たちには申しわけないけれども、浜岡でなくてよかったなという気持ちでいっぱいでした。福島の第一と浜岡の原発は同じシステムです。厳しいこと言いますけれども、3月11日の東日本の地震が起きて、それを契機に東京電力の原発が事故を起こしたんですけれども、あれを見ていて、菅さんが浜岡をとめていただきたいと、内閣総理大臣に言われるまで、地元の市長、周辺施設ね、市長、誰か国に対して危ないからとめていただきたいと申し入れした人はありますか。市長は、福島でああいう事故が起きてるとき、まだ菅さん、とめてくれよと言わないとき、どういう考え方でいましたか。正直に答えてください。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。今の質問につきましては、通告外ということになりますので、次の質問に移っていただきたいと……。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) 議長さんね、通告外ということですけれども、どういう問題で通告外ですか。浜岡の問題について聞いてるんですよ。浜岡原発について聞いてるんです。何が通告外ですか。この問題を議論しなくて、議員、務まりませんよ。何を指導してるんですか、議長は。当たり前のことじゃないですか、こんなこと。



○議長(宮城力弘君) 今の岡本議員の通告では、浜岡原発の反対に対する56.1%のアンケートについての御質問でございますので、そちらに移っていただきたいと思います。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) この問題は、浜岡原発の問題がどうかということで、市がアンケートをとって56.1%出たんですよということです。何を言ってるんですか、議長。この大事な問題について議論しなくて何になるんですか。笑われますよ、こんなこと。

         〔「議運を開いて論議したらどうですか」と呼ぶ者あり〕



○議長(宮城力弘君) アンケートについての御質問としていただきたいと思います。

         〔「そんなことはないよ、質問の範囲内」と呼ぶ者あり〕



◆15番(岡本?夫君) アンケートに基づいて質問しているんですよ、何を言ってるんですか。市民がアンケートをとってくれて、56.1%が、浜岡はやめていただきたいという結果が出たから、この問題で市長さんに聞いてるわけですよ。

         〔「議運、議運」と呼ぶ者あり〕



◆15番(岡本?夫君) 議運開いてやってくださいよ。笑われますよ、こんなことで。



○議長(宮城力弘君) じゃあ、市長さん、答えられる範囲でいいですか。太田市長。



◎市長(太田順一君) 3月11日に被災してから5月6日までに、市長としてどのような思いであったかということでいいですよね。大変、大きな地震と津波と原発の事故であり、大変、地域の皆さんに対してお見舞いの気持ちであると同時に、やはりこのような事故にならないように、あるいは被災しないように、私どもも再度その対策について考えていかなければならないという気持ちを持っておりました。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) そういう考え持ってたら、すぐ立って、そうして、そういう答弁していただければ、議長がつまらないこと言わなくてもよかったわけですよ、すぐ立って言ってくれれば。そんな難しいこと聞いてるわけじゃないですよ。僕は残念だったなというのが、一番末端の首長は、市民の生命と財産を守らなければならない一番の責任者ですよ。自分のとこに降りかかってくるかもわからないというときは、しっかりしてもらわなければいけないですよ。内閣総理大臣が危ないからとめようというなら、その前に市長、今まで市長は、プルサーマルのときもそうですよ。我々は危ないから躊躇したほうがいいですよと言ってきて、皆さん方は、いや、危なくはないと、安全だと、国の言うことを信じると言って、で、プルサーマル、オーケー出したわけでしょう。そうしたら、国が危ないというとき、とめてくれよと。

 それなら、聞きますけれども、菅さんが浜岡を、危ないからとめてくださいと言ってとめてもらった。僕は菅さんの外交姿勢とか哲学等は反対ですけれども、浜岡をとめたことに対しては感謝ですよ。みんな言ってます、ありがたかった。

 それで、市長に聞きますけど、菅さんが、浜岡は危ないからとめていただきたいと言ってとまった。それなら、地元の市長としては、市長でなくても担当部局、国に、浜岡はどういう点で危ないのか、聞きましたか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。赤堀企画財政部長。



◎企画財政部長(赤堀慎吾君) 企画財政部長でございます。具体的に国に照会はしておりません。ただ、一般的に報道で浜岡の場合、大地震が起こる、今後30年間に大地震が起こる可能性が、たしかあのころ87%とおっしゃいましたか、というバックデータがあるからとめたということで、我々もそういうふうに理解をしておりました。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) 今、部長の答弁ですが、地震が86.4%、起きる可能性あるということは、もうずっとなくならないわけですね。その数字がなくなるということはないと思うんですよ。それなら、ずっと危ないということになると、どうですか、部長。ずっと危ないと思うんで、その86%の確率が少なくなるということはないと思う。どうですか、論理的に。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。赤堀企画財政部長。



◎企画財政部長(赤堀慎吾君) 企画財政部長でございます。大きな地震が来る確率というのは、それはそう大きくは変わってこないとはもちろん思います。ただ、受ける側として、原子力発電所の安全性という意味では、当時の基準では十分ではないということで、安全基準を、確かなものをつくって、大規模な地震にも耐えられるようにということで工事をしております。したがいまして、その地震が来る確率というものは変わらないかもしれませんけども、受ける側の対策というものは変わっていくんではないかというふうに思っております。

 以上です。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) それなら、市として、浜岡原発は、どういう点とどういう条件ですね、どれだけの条件がそろえばいいよというつもりでいるんですか、条件。少なくとも市民の生命と財産を守る皆さんならば、当然、それくらいの条件はこれとこれとこれがクリアすれば、嫌とは言えないねとは多分勉強してると思うんですね。今から勉強中、その条件が出てれば教えていただきたいし、まだ勉強中ですというなら勉強中でも結構です。どちらですか。



○議長(宮城力弘君) 答弁を求めます。赤堀企画財政部長。



◎企画財政部長(赤堀慎吾君) 企画財政部長でございます。市として独自な判断基準というものは持っておりません。で、これはやはり規制委員会ですよね、この新基準によるというものが具体的な方向ではないかというふうに思います。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、再質問ありますか。岡本議員。



◆15番(岡本?夫君) 部長、市として自分の条件持ってないと言ったら、これ、余りにも困るよね。やっぱり勉強してもらわなければ。僕も、何も見ないでやってますけれども、調べるとこは調べてきてるんですよ。皆さん、僕もそんな知らなかったですけどね、中部電力に原子力課をつくったのがいつかと言っても、皆さん知らないと思うので、僕、言いますけれども、1956年3月に中部電力は火力部に原子力課を設置してますよ。60年前ですね、60年。それで、中電が原発を始めたいと言ったのが1963年9月に三重県へ提案しています。で、そのとき、三重県へ出してるのが、そのときは、御前崎は不適格だという判断をしていた。それで、64年に芦浜へ建設のお願いした。それだけれども、漁民の反対でできなくなって1967年の1月に当時の浜岡農業協同組合組合長に初めて原発の話が持ち込まれました。1967年の7月に産経新聞が報道しました、浜岡原発計画について。8月には、全協を行って合意を受けて、9月に中電が浜岡に正式に申し入れた。こういう流れを見てきて、今まで大きな事故というのは79年3月にスリーマイル島の事故がありました。86年の4月、チェルノブイリの事故が起きて、そのときは日本にまでも被害が来ているんですね。それと、この間の3月11日の福島の事故ですよ。

 それで、市長も福島に行かれて、私も行って見たんですけれども、地域住民が自分の住んでたとこを追われて、よそに避難してるわけでしょう。



○議長(宮城力弘君) 岡本議員、あと2分で……。



◆15番(岡本?夫君) はい、わかりました。私たちも避難しなければならないと言われてる。普通の道理として90万人もの人たちが避難しなければならないようなものは、やめていただくのが道理ではないんですか。後から来て、私たちのほうがこの菊川に昔から住んでるんですよ。少しでも思いやりの心が中電にあったならば、そんな迷惑をかける施設はやめて撤退しますよというのが日本古来の、日本人が持ってきた思いやりの気持ちではないんですかね。

 滝川さんがアルゼンチンでその言葉を使って、その結果がどうかは知りませんけんども、東京オリンピックが成功しました。やっぱり人のことを思う、思いやりの気持ちが、私は必要だと思います。

 とにかく、市長、ふるさとを大事にするという気持ちは市長たちと一緒ですよ。一緒になって頑張っていきたい。議会の皆さんにも、市長、先頭になって説得をしていただけるように努力していただきたいと思います。

 きょうはここらで終わります。ありがとうございました。



○議長(宮城力弘君) 以上で、15番 岡本?夫議員の質問を終了いたします。



────────────────────────────────────────





△散会の宣告 



○議長(宮城力弘君) 以上で、本日予定いたしました日程全てが終了いたしました。

 次の会議は9日、火曜日午前9時から当議場で開催いたしますので、定刻までに御参集ください。

 本日はこれをもって散会いたします。お疲れさまでした。



散会 午後 1時40分