議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 菊川市

平成 22年 6月定例会(第2回) 06月01日−01号




平成 22年 6月定例会(第2回) − 06月01日−01号









平成 22年 6月定例会(第2回)


平成22年第2回菊川市議会定例会会議録

議 事 日 程(第1号)

平成22年6月1日(火)午前9時開会 
日程第 1 会議録署名議員の指名
日程第 2 会期の決定
日程第 3 諸報告
日程第 4 諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦について
      諮問第 3号 人権擁護委員候補者の推薦について
      諮問第 4号 人権擁護委員候補者の推薦について
日程第 5 報告第 1号 平成21年度菊川市一般会計予算繰越明許費の報告について
      報告第 2号 平成21年度菊川市下水道事業特別会計予算繰越明許費の報告について
      報告第 3号 平成21年度菊川市病院事業会計予算繰越の報告について
      報告第 4号 菊川市土地開発公社の経営状況について
      報告第 5号 有限会社菊川生活環境センターの経営状況について
日程第 6 議案第36号 専決処分の承認について(菊川市税条例の一部を改正する条例
             の制定について)
      議案第37号 専決処分の承認について(菊川市都市計画税条例の一部を改正
             する条例の制定について)
      議案第38号 専決処分の承認について(菊川市国民健康保険税条例の一部を
             改正する条例の制定について)
日程第 7 議案第39号 菊川市立学校給食センター条例の一部改正について
      議案第40号 菊川市立病院事業の設置等に関する条例の一部改正について
      議案第41号 菊川市火災予防条例の一部改正について
日程第 8 議案第42号 平成22年度菊川市一般会計補正予算(第1号)
日程第 9 議案第43号 静岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の
             減少について
      議案第44号 静岡地方税滞納整理機構を組織する地方公共団体の数の減少について
日程第10 議案第45号 菊川市道路線の認定について
      議案第46号 菊川市道路線の変更について
────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
議事日程のとおり
────────────────────────────────────────
出席議員(17名)
     1番  高 柳 和 弘 君     2番  内 田   隆 君
     3番  水 野 貞 幸 君     4番  伊 藤 芳 男 君
     5番  宮 城 力 弘 君     6番  西 澤 和 弘 君
     7番  清 水 一 男 君     8番  鈴 木   榮 君
     9番  河原崎 光 雄 君    10番  伊 藤 壽 一 君
    11番  岡 本 徳 夫 君    12番  小笠原 宏 昌 君
    13番  落 合 良 子 君    14番  すずき 麗 華 君
    15番  田 島 允 雄 君    16番  岩 科 鉄 次 君
    17番  北 沢 俊 一 君
欠席議員(なし)
────────────────────────────────────────
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
  市     長   太 田 順 一 君   副  市  長   石 田 辰 芳 君
  教  育  長   石 原   潔 君   総務企画 部長   伊 藤   茂 君
  市民生活部長兼                                  
  小 笠 支所長   高 岡 正 和 君   建設経済 部長   笹 瀬   厚 君
  教育文化部 長   伊 藤   崇 君   消  防  長   岡 本 吉 弘 君
  市立病院事務部長  赤 堀 弘 明 君   総 務 課 長   沢 崎 久 雄 君
  財 政 課 長   赤 堀 慎 吾 君   企画政策 課長   原 田 修 一 君
  税 務 課長兼                                  
  徴収対策 室長   坂 部 雅 司 君   市 民 課 長   井伊谷 育 代 君
  環境推進 課長   五 島 将 行 君   建 設 課 長   横 山 嘉 彦 君
  水  道課長兼               教育総務課長兼            
  下水道 室 長   石 川 睦 美 君   給食センター所長  加 藤 容 章 君
  会 計 管理者   内 田 勝 美 君   市立病院総務課長  野 賀   済 君
  消防予防 課長   山 下 道 治 君   代表監査 委員   牧 野   公 君
────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  議会事務局長    藤 田 一 郎     書記        堀 川 明 典




開会 午前 9時00分





△開会の宣告 



○議長(北沢俊一君) 改めましておはようございます。

 皆さん方には、それぞれ平成22年第2回菊川市議会定例会への御参集大変御苦労さんでございます。

 ただいまの出席議員数は17名であります。法第113条の規定による定足数に達しておりますので、平成22年第2回菊川市議会定例会を開会いたします。

 なお、会議中の上着の着脱については御随意にお願いをいたします。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。



────────────────────────────────────────





△会議録署名議員の指名 



○議長(北沢俊一君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 今期定例会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定によりまして、5番の宮城力弘議員、6番の西澤和弘議員を指名いたします。



────────────────────────────────────────





△会期の決定 



○議長(北沢俊一君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は本日から6月18日までの18日間としたいというふうに思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認めます。

 会期は本日から6月18日までの18日間に決定いたしました。



────────────────────────────────────────





△諸報告 



○議長(北沢俊一君) 日程第3 諸報告を行います。

 市長から行政報告の申し出ありますので、これをお受けいたします。太田市長。市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) おはようございます。本日は、菊川市議会第2回定例会に御参集いただきましてありがとうございます。

 ただいま、18日間の会期を決定いただきましたが、上程議案の御審議、また一般質問等の御指導よろしくお願いします。

 それでは、第1回の定例会以降の行政報告を申し上げます。

 年度末から年度始めということで、さまざまな行事が行われましたので、主な行事のみ報告をいたします。

 3月25日、嶺田地区コミュニティセンターの落成式が、多くの皆さんの御参加をいただく中、盛大に開催されました。また、28日にはみねだ地域づくり協議会の設立総会も行われ、これにより、いよいよ市内全域に地域づくりの拠点、体制が整備されることになります。地域コミュニティーを核としたまちづくりがさらに推進されますことを期待しているところでございます。

 また31日には、本市と磐田市、森町で進める「家庭医養成連絡協議会設立総会」が行われ、地域医療を守り育てるための取り組みが名実ともにスタートいたしました。

 4月に入り3日、4日には「栄西禅師供養祭」を初め、恒例の「西方ふるさと水源祭」「火剣山わらびまつり」「横地城まつり」など、地域のまつりが盛大に開催されたところでございます。

 6日、7日には市内小学校、中学校の入学式が行われ、小学校には403名、中学校には442名の新1年生を迎えました。

 また、菊川市連合自治会総会が11日開催され、会長には、昨年に引き続き、平川地区の石井水穂さんが就任されました。

 16日、平成2年以来20年ぶりとなる献上茶謹製事業記念式典が、アエルで華やかに行われました。指定園主の皆様を初め、多くの茶業関係者の長きにわたる御苦労、御尽力により、すばらしい菊川茶を皇室にお届けすることができる運びとなりました。改めてお礼申し上げる次第でございます。

 22日には、サエリアでJAの新茶初取引が行われ、この日は416キロが上場しました。昨年は1,105キロの上場でしたので、量的には少なくなりましたが、関係者の努力によりすばらしい質の茶葉がとれました。

 29日、春の叙勲が発表され、嶺田の寺本達良さんが旭日双光章を、青葉台の田邉秀夫さんが瑞宝単光章を受章されました。その御功績に対しまして、深く敬意を表するところです。

 5月に入りまして19日、浜岡原子力発電所安全等対策協議会が開催されました。また、同日、会長である石原御前崎市長より、「5号機タービンの建屋3階での火災に係る再発防止策」について、中部電力に対し要請書を提出いたしました。

 22日、文化会館アエルが、平成4年の開館以来、入場者数200万人を達成しました。また、同日には、常葉美術館において、特別企画展「初代静岡県知事関口隆吉展」のオープニングセレモニーが行われ、大勢の皆さんでにぎわいました。7月4日まで開催されておりますので、ぜひ多くの方に足を運んでいただき、郷土ゆかりの偉人の遺徳に触れていただきたいと思います。

 以上が主な行事の報告でございます。

 最後になりますが、本年の一番茶の生産概況報告を申し上げます。

 3月30日、朝の厳しい冷え込みで発生した茶の凍霜害は、市内の茶園に広範囲にわたって被害をもたらし、茶業関係者は経験のない被害に困惑されたことと思います。行政といたしましても、3月初旬に雪害を受けたという南九州地域に職員を派遣し、その対策手法等について情報収集を行ったところです。この情報に基づき、茶樹の再生指導、摘採・製造段階の指針作成が急務と判断し、4月19日の情報交換会を初め、JAと一体となった対策説明会の開催や情報提供に努めてまいりました。

 4月の天候不順も重なり、茶農家の皆さんの御心配は続きましたが、その間、機械メーカーの協力を得るなど、摘採・製造の指導が徹底して行われたことは、JAや生産者が一体となって凍霜害に取り組む体制強化につながったものと考えます。

 こうして例年より2週間ほどおくれてスタートした一番茶は、5月中旬以降、摘採が終わりに近づくにつれて、当初の予想より好転する情報が得られるようになりました。これらは、指導に基づく徹底した浅刈り、製造段階での細心の注意を、一枚岩になって生産者の皆さんが取り組んでいただいた結果ではないかと思います。多くの茶工場が5月23日前後で一番茶を終了したと報告を受けております。

 市が実施している茶農協一番茶生産実績調査の、昨日正午現在の集計結果では、前年比で荒茶生産量は86.5%、単価は112.3%、販売額で96.1%となっております。販売額で前年を超えるとの回答が38.5%、10%未満の減が26.9%、10%以上の減が34.6%と回答されました。当初は甚大な被害が予想されましたが、最小限の被害にとどまったことに胸をなで下ろしているところであります。

 しかし、茶価が低迷する中で、2年続いて前年を割り込むこととなり、加えて本年は、茶工場、もしくは生産者における格差が大変大きいと聞いており、苦労に苦労を重ねた厳しい一番茶でありました。この後、二番茶は6月15日前後に始まると予想されており、一番茶の影響の少ないことを願うところであります。

 次に、献上茶の皇室への献上ですが、日程が6月11日金曜日に決定しました。農協代表、指定園主、手もみ保存会の皆様に御同行いただき、茶産地菊川を代表して献上してまいります。なお、7月2日に静岡県知事に献上の御報告を申し上げ、献上茶謹製事業のすべての行事が終了することとなります。

 茶業に係る情勢報告は以上でございます。

 以上をもちまして、第2回定例会の冒頭に当たっての行政報告とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(北沢俊一君) 市長の行政報告が終わりました。

 以上で諸報告を終わります。



────────────────────────────────────────





△諮問第2号〜諮問第4号の上程、説明、質疑、採決 



○議長(北沢俊一君) 日程第4 諮問第2号から第4号の人権擁護委員候補者の推薦についての3件を一括議題といたします。

 ここで、提案者に提案理由の説明を求めます。市長。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 諮問第2号から諮問第4号は、人権擁護委員候補者の推薦についてでございます。来る9月30日において、3人の人権擁護委員の任期満了に伴い、次期の人権擁護委員を推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、市議会の御意見をお聞きし、人権擁護委員の候補者として法務大臣に推薦するためのものでございます。

 最初に諮問第2号において意見を求める澤田一宏様は、任期満了による再任であります。澤田一宏様は、平成16年10月に人権擁護委員としての活動を始められ、現在3年任期の2期目をお務めいただいております。この間非常に熱心に人権相談や人権啓発活動に取り組まれ、教育活動においても社会教育委員をされるなど、人望も厚く、人権擁護委員としての活動に引き続き積極的な取り組みをされることが期待されます。

 次に、諮問第3号において意見を求める藤江皓一様は、任期満了による再任であります。藤江皓一様は、平成19年10月に人権擁護委員としての活動を始められ、現在3年任期の1期目をお務めいただいており、菊川地区研究会では会計を、掛川人権擁護委員協議会では子供人権委員をされております。人権擁護委員としての1期目の活動においても、非常に熱心に人権相談や人権啓発活動に取り組まれていらっしゃいますので、引き続き人権擁護委員としてお願いをしたいと考えております。

 最後に、諮問第4号において意見を求める牧野高子様は新任であります。牧野高子様は、御前崎市立浜岡北小学校の校長先生をお勤めされ、平成21年3月に退職されております。40年の長きにわたり教員としてお勤めされた御経験から、人権教育におきましても、多くの知識を持ち合わせられており、人権相談や人権啓発活動に御尽力をいただけるものと考えております。

 以上、諮問第2号から第4号の3件について、御審議の上、お認めいただきますようお願いいたします。ありがとうございます。



○議長(北沢俊一君) 提案理由の説明が終わりました。

 本件については、内容説明を省略をいたします。

 これより質疑に入ります。

 最初に諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についての質疑ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決いたします。

 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦については、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、諮問第2号は原案のとおり同意することと決定いたしました。

 次に、諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について、これについて質疑ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決いたします。

 諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦については、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、諮問第3号は原案のとおり同意することと決定いたしました。

 次に、諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦について質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決いたします。

 諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦については、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、諮問第4号は原案のとおり同意することと決定いたしました。



────────────────────────────────────────





△報告第1号〜報告第5号の上程、説明 



○議長(北沢俊一君) 日程第5 報告第1号 平成21年度菊川市一般会計予算繰越明許費の報告についてから報告第5号 有限会社菊川生活環境センターの経営状況についてまでの5件を一括議題といたします。

 それでは、提案者に提案理由の説明を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 初めに、報告第1号の平成21年度菊川市一般会計予算繰越明許費及び報告第2号の平成21年度菊川市下水道事業特別会計予算繰越明許費の詳細が決定いたしましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告させていただきます。

 次に、報告第3号の平成21年度菊川市病院事業会計予算繰り越しの詳細が決定いたしましたので、地方公営企業法第26条第3項の規定により報告させていただきます。

 次に、報告第4号の菊川市土地開発公社の経営状況について及び報告第5号の有限会社菊川生活環境センターの経営状況について、地方自治法第243条の3第2項の規定により報告するものでございます。

 詳細については、担当が内容説明いたしますので、御審議の上、お認めくださいますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 提案理由の説明が終わりました。

 続いて、議案の内容説明を求めます。

 まず最初に、報告第1号と報告第4号について、赤堀財政課長。赤堀課長。

         〔財政課長 赤堀慎吾君説明〕



○議長(北沢俊一君) 続いて、報告第2号について、石川水道課長。石川課長。

         〔水道課長 石川睦美君説明〕



○議長(北沢俊一君) 続いて、報告第3号について、野賀病院総務課長。野賀課長。

         〔市立病院総務課長 野賀 済君説明〕



○議長(北沢俊一君) 続いて、報告第5号について、五島環境推進課長。五島課長。

         〔環境推進課長 五島将行君説明〕



○議長(北沢俊一君) 以上で、報告第1号から報告第5号の内容説明が終わりました。



────────────────────────────────────────





△議案第36号〜議案第38号の上程、説明 



○議長(北沢俊一君) 続いて日程第6 議案第36号から議案第38号の専決処分の承認についての3件を一括議題といたします。

 それでは、提案者に提案理由の説明を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 議案第36号から38号の専決処分の承認についてでございます。

 地方税法等の一部を改正する法律の制定に伴い、菊川市税条例、菊川市都市計画税条例及び菊川市国民健康保険税条例の一部改正を、平成22年3月31日に専決処分いたしました。議案第36号から議案第38号の3件について、地方自治法第179条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 詳細については、担当が内容を説明いたしますので、御審議の上、お認めいただきますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 提案理由の説明が終わりました。

 続いて、議案の内容説明を求めます。

 最初に、議案第36号及び議案第37号について、坂部税務課長。坂部課長。

         〔税務課長 坂部雅司君説明〕



○議長(北沢俊一君) 続いて、議案第38号について、井伊谷市民課長。

         〔市民課長 井伊谷育代君説明〕



○議長(北沢俊一君) 以上で、議案第36号から議案第38号までの内容説明が終わりました。



────────────────────────────────────────





△議案第39号〜議案第41号の上程、説明 



○議長(北沢俊一君) 日程第7 議案第39号 菊川市立学校給食センターの条例の一部改正についてから議案第41号 菊川市火災予防条例の一部改正についてまでの3件を一括議題とします。

 それでは、提案者に提案理由の説明を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 初めに、議案第39号の菊川市立学校給食センターの条例の一部改正についてでございます。給食センターの統合及び学校給食法の改正に伴い、同法の引用条名等を修正する必要があるため、本条例を改正するものでございます。

 次に、議案第40号の菊川市立病院事業の設置に関する条例の一部改正についてでございます。精神科病棟の病室の個室化を図る改修及び身体障害者用トイレの設置に伴い、精神科病床数を変更するため、本条例を改正するものでございます。

 最後に、議案第41号の菊川市火災予防条例の一部改正について、「対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取り扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令及び住宅用防災機器の設置及び維持に関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部を改正する省令」及び「消防法施行規則及び特定共同住宅等における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する省令の一部を改正する省令」の制定等に伴い、本条例を改正するものでございます。

 詳細については、担当が内容を説明いたしますので、御審議の上、お認めいただきますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 提案理由の説明が終わりました。

 続いて、議案の内容説明を求めます。

 まず最初に、議案第39号について、加藤教育総務課長。加藤課長。

         〔教育総務課長 加藤容章君説明〕



○議長(北沢俊一君) 続きまして、議案第40号について、野賀病院総務課長。野賀課長。

         〔市立病院総務課長 野賀 済君説明〕



○議長(北沢俊一君) 続いて、議案第41号について、山下消防予防課長。山下課長。

         〔消防予防課長 山下道治君説明〕



○議長(北沢俊一君) 以上で、議案第39号から議案第41号の内容説明が終わりました。

 ここで若干休憩を取りたいと思いますが、10時10分まで休憩といたします。



休憩 午前 9時56分



再開 午前10時07分





○議長(北沢俊一君) 若干予定時刻前でありますけれども、休憩前に引き続き会議を開きたいというふうに思います。



────────────────────────────────────────





△議案第42号の上程、説明 



○議長(北沢俊一君) 日程第8 議案第42号 平成22年度菊川市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 それでは最初に、提案者に提案理由の説明を求めます。太田市長。市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 議案第42号の平成22年度菊川市一般会計補正予算(第1号)について、今回の補正は、歳入歳出それぞれ1,100万円を追加し、予算総額を168億7,100万円としたものでございます。補正の主な内容につきましては、国等の交付金の交付決定及び制度改正に伴う事業費の変更並びに当初予算成立後に緊急的対応が必要となった経費の追加でございます。

 以上が概略でございます。詳細については、担当が内容を説明いたしますので、御審議の上、お認めくださいますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 提案理由の説明が終わりました。

 続いて、議案の内容説明を求めます。伊藤総務企画部長。伊藤部長。

         〔総務企画部長 伊藤 茂君説明〕



○議長(北沢俊一君) 以上で、議案第42号の内容説明が終わりました。



────────────────────────────────────────





△議案第43号〜議案第44号の上程、説明 



○議長(北沢俊一君) 続いて、日程第9 議案第43号 静岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について及び議案第44号静岡地方税滞納整理機構を組織する地方公共団体の数の減少についてを一括議題といたします。

 それでは、提案者に提案理由の説明を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 議案第43号の静岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について及び議案第44号の静岡地方税滞納整理機構を組織する地方公共団体の数の減少についてでございます。

 静岡県後期高齢者医療広域連合及び静岡地方税滞納整理機構は、県内の全市町が構成団体となる広域連合でございます。今回、当広域連合を組織する地方公共団体のうち、平成22年3月23日に芝川町が富士宮市に、新居町が湖西市に編入合併したことにより、当広域連合を組織する地方公共団体数が減少することについて、関係する地方公共団体と協議するため、地方自治法第291条の11の規定により、この案を提出するものでございます。

 御審議の上、お認めくださいますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 提案理由の説明が終わりました。

 本件については、内容説明を省略いたします。



────────────────────────────────────────





△議案第45号〜議案第46号の上程、説明 



○議長(北沢俊一君) 続いて、日程第10 議案第45号 菊川市道路線の認定について及び議案第46号 菊川市道路線の変更についてを一括議題といたします。

 それでは、提案者に提案理由の説明を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 初めに、議案第45号の菊川市道路線の認定についてでございます。道路改良等に伴う認定であり、今回御審議いただく市道は、潮海寺地内の柿田2号線及び菊川市民病院西側に接する市民病院前線の2路線でございます。道路法第8条第2項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第46号の菊川市道路線の変更についてでございます。道路改良等に伴う終点部の変更であり、今回御審議いただく市道は、倉沢地内の東峰畑ナシ線、沢水加地内の薊ケ谷線、牛渕地内の東原2号線、加茂地内の宮ノ西6−38号線の4路線でございます。道路法第10条第3項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 御審議の上、お認めくださいますようお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) ありがとうございました。



────────────────────────────────────────





△散会の宣告 



○議長(北沢俊一君) 以上で、本日予定しました日程のすべてを終了しました。

 なお、議案への質疑・討論の通告は、6月7日月曜日正午まで、議会事務局のほうへ提出を願います。

 次の会議は、6月9日水曜日午前9時から当議場で開催しますので、定刻までに御参集ください。

 本日はこれをもって散会といたします。

 御苦労さまでした。



散会 午前10時18分