議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 菊川市

平成 21年 9月定例会(第3回) 09月11日−04号




平成 21年 9月定例会(第3回) − 09月11日−04号









平成 21年 9月定例会(第3回)


平成21年第3回菊川市議会定例会会議録

議 事 日 程(第4号)

平成21年9月11日(金)午前9時開議 
日程第 1 諸報告
日程第 2 報告第 8号 平成20年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の報告について
日程第 3 議案第61号 菊川市表彰条例の制定について
      議案第62号 菊川市国民健康保険条例の一部改正について
      議案第63号 菊川市コミュニティプラントの設置及び管理に関する条例の一部改正について
      議案第64号 菊川市青葉台下水処理場基金に関する条例の廃止について
日程第 4 議案第65号 菊川市営保養センター「小菊荘」条例の制定について
日程第 5 議案第66号 菊川市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について
日程第 6 議案第67号 菊川市水道事業給水条例の一部改正について
日程第 7 議案第68号 中東遠看護専門学校組合規約の変更について
日程第 8 議案第69号 平成20年度菊川市一般会計歳入歳出決算の認定について
日程第 9 議案第70号 平成20年度菊川市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第71号 平成20年度菊川市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第72号 平成20年度菊川市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第73号 平成20年度菊川市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第74号 平成20年度菊川市営保養センター「小菊荘」特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第75号 平成20年度菊川市土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第76号 平成20年度菊川市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
      議案第77号 平成20年度菊川市病院事業会計決算の認定について
      議案第78号 平成20年度菊川市水道事業会計決算の認定について
日程第10 議案第79号 平成21年度菊川市一般会計補正予算(第3号)
日程第11 議案第80号 平成21年度菊川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
      議案第81号 平成21年度菊川市老人保健特別会計補正予算(第1号)
      議案第82号 平成21年度菊川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
      議案第83号 平成21年度菊川市介護保険特別会計補正予算(第1号)
      議案第84号 平成21年度菊川市営保養センター「小菊荘」特別会計補正予算(第1号)
      議案第85号 平成21年度菊川市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第86号 平成21年度菊川市病院事業会計補正予算(第2号)
日程第12 議案第87号 市有財産の処分について(市有地の処分)
日程第13 議案第88号 菊川市道路線の変更について
日程第14 議案第89号 平成21年度菊川市一般会計補正予算(第4号)
 ────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
議事日程のとおり
 ────────────────────────────────────────
出席議員(17名)
     1番  高 柳 和 弘 君     2番  内 田   隆 君
     3番  水 野 貞 幸 君     4番  伊 藤 芳 男 君
     5番  宮 城 力 弘 君     6番  西 澤 和 弘 君
     7番  清 水 一 男 君     8番  鈴 木   榮 君
     9番  河原崎 光 雄 君    10番  伊 藤 壽 一 君
    11番  岡 本 徳 夫 君    12番  小笠原 宏 昌 君
    13番  落 合 良 子 君    14番  すずき 麗 華 君
    15番  田 島 允 雄 君    16番  岩 科 鉄 次 君
    17番  北 沢 俊 一 君    
欠席議員(なし)
 ────────────────────────────────────────
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
  市     長     太 田 順 一 君    副  市  長   石 田 辰 芳 君
  教  育  長     石 原   潔 君    総務企画 部長   中 山   勝 君
  小 笠 支所長     伊 藤   崇 君    市民生活 部長   伊 藤   茂 君
  建設経済 部長     笹 瀬   厚 君    教育文化 部長   中 山 安 代 君
  消  防  長     岡 本 吉 弘 君    市立病院事務部長  赤 堀 弘 明 君
  総 務 課 長     沢 崎 久 雄 君    財 政 課 長   赤 堀 慎 吾 君
  企画政策 課長     原 田 修 一 君    安 全 課 長   赤 堀 正 人 君
  徴収対策 室長     坂 部 雅 司 君    市 民 課 長   井伊谷 育 代 君
  健康長寿 課長     落 合 哲 郎 君    福 祉 課 長   大 野 慶 明 君
  こどもみらい課長    栗 田 正 弘 君    環境推進 課長   高 岡 正 和 君
  都市計画 課長     織 部 文 雄 君    建 設 課 長   長谷山   勉 君
  商工観光 課長     浅 羽 睦 巳 君    農 林 課 長   広 瀬 勝 彦 君
  茶業振興 室長     横 山 嘉 彦 君    水 道 課 長   増 田 定 之 君
  下 水 道室長     石 川 睦 美 君    教育総務 課長   加 藤 容 章 君
  社会教育 課長     妻 木   久 君    会 計 管理者   内 田 勝 美 君
  市立病院総務課長    野 賀   済 君    代表監査 委員   牧 野   公 君
  議会選出監査委員    落 合 良 子 君
 ────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  議会事務局長      藤 田 一 郎      書記        堀 川 明 典  




開議 午前 9時00分





△開会の宣告 



○議長(北沢俊一君) 改めましておはようございます。

 ただいまの出席議員数は17名です。法第113条の規定による定足数に達しておりますので、平成21年第3回菊川市議会定例会第4日目の会議を開きます。

 会議中の上着の着脱につきましては御随意にお願いをいたします。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。



────────────────────────────────────────





△諸報告 



○議長(北沢俊一君) 日程第1 諸報告を行います。

 私からも市長からもございません。

 以上で、諸報告を終わります。



────────────────────────────────────────





△報告第8号の質疑 



○議長(北沢俊一君) ただいまから報告1件につきまして議題としますが、この報告は、法の規定による議会への報告がなされるものでありまして、議決事項ではございません。再質疑は、真に理解できなかった場合のみお願いをいたしたいというふうに思います。

 それでは、日程第2 報告第8号 平成20年度決算に基づく健全化判断化比率及び資金不足比率の報告についてを議題とします。

 本件について質疑の通告がありますので、これをお願いいたします。16番 岩科鉄次議員。岩科議員。岩科議員。



◆16番(岩科鉄次君) 初めに担当課長におわびをいたしますけれども、私、資料の見落としをしておりまして、このいろんな比率の経年ですね、17年から20年までの経年の表をいただいてありましたが、A4で2枚いただいて議案の中にありましたが、それを見落としておりまして、結論だけを見たもんですから、これでは判断がしにくいということで質問をいたしました。しかし、せっかく質問を出しましたので、おわびをしながら質問をいたします。

 これは19年の6月に地方公共団体の財政の健全化に関する法律で義務化されたものですが、率直に言いますとね、菊川市の場合には、自分らの給料も下げたり、あるいはいろんなものもよく精査をして、そして始末をしてやっているだよね。で、赤字が出たり、いろんなものはやはり、国の支出金を大幅に年度ごとに減らし続けているというところに、やはり真の原因があると思うわけです。

 地方交付税はふえたり減ったりするけれども、そのほかの依存財源などは大幅にいろんな立場で削られているもんですから、今さらね、地方財政を赤字になるように追い込んでおいて、今さら国がね、追い込んだ当の本人が「おまえら、もっと始末をしてやるように、赤字かどうかはっきりしろ」というようなことは、まことにおこがましいと思うわけですが、しかし、これは法ができちゃったもんで、それによってやるわけですけれども。

 それにしても、市の財政の全体をやっぱり把握しながら、なぜ赤字にならざるを得ないかと、どこを始末をして支出を減らしたから黒字化したかというのを知るには、やっぱり決算カードの要約したものを議会に出してもらう必要があると思うんですね。

 それで、この決算カードというのは、このごろ全国的に非常に話題になっていて、きのうも帰りに図書館によりましたら決算カードだけでね、新着の地方自治の本が2冊図書館に買って新着本としてね、ありましたけれども、決算カードで見た場合、担当課長としてはいずれも黒字化しているわけですけれども、この黒字は一体主としてどういう努力によって保たれているのか。

 また、債務負担行為を含めた将来負担比率ですね。将来負担比率もどこを気をつけて財政運用をしていかなければ将来負担比率が変わっていくのかという、その辺のことをね、担当課長としてどんなふうに見ていらっしゃるかということをひとつお聞きしたい。

 それから、病院がなかなか大変になりますよね。しかも、これは連結で見ろということになると、病院の不足分も赤字に上乗せになってくると。しかし、これももう、市長さんも御存じのように、病院の赤字なんていうのはね、菊川病院の努力ではどうしようもないところへ追い込まれているわけですよね。国の医療政策をどうするか、福祉政策をどうするかということを根本的に変えないと、もう菊川病院だって本年度の決算でも明らかなように、このくらいのものはもう出ざるを得ないような状況になってるわけで、連結で見た場合に菊川病院をね、どういうふうに考えるか、これは上下水道も入ってくるもんですから、特に下水道との今後のね、財政運用をどういうふうに考えるかと。

 それからもう一つは、合併して、合併債があるけれども、この合併債はカウントしないという決まりのようだが、全部カウントしないということじゃないですよね。この点は今後の財政運用にどんな影響が出てくるのか。

 それから、最後に積立金の状況ですが、一般会計で負担すべきものと他団体の地方債あるいは損失ですね、そういうものを、もう一つは退職金ですか、そういうものをひっくるめてやれということなんですけれども、地方債と損失補償というのはないと思うんですが、退職金ですね──の将来負担。こういうものを見ていった場合に今後この部分はふえ続けるのかどうなのか。

 その辺について決算の状況がどんなことであったか、このいただいた2枚の表ですね、これだとそこまでやっぱりよくわからんのですね。A4の裏表の実質公債比率というところから裏側の4の将来負担比率までのこの表だけでは、その辺がわからんもんですから、大まかなことでいいですけれどもお聞かせをいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 質問が終わりました。答弁を求めます。赤堀財政課長。赤堀課長。



◎財政課長(赤堀慎吾君) 財政課長でございます。おはようございます。それでは、岩科議員の御質問に答えさせていただきます。

 まず、初めに決算カードと健全化判断比率、あるいは資金不足比率の関係でございますけれども、決算カードといいますのは、普通会計を対象としております。これ菊川市の場合で申し上げますと、一般会計、小菊荘会計、土地取得会計、この3つの会計を決算統計上、普通会計というふうに申しておるわけですけれども、この普通会計を対象した数字が記載されたものが決算カードでございます。

 一方、健全化判断比率のうち、実質赤字比率につきましては、この普通会計を対象としたものでございます。

 連結実質赤字比率は、普通会計に公営事業会計、公営事業会計といいますのは企業会計に国民健康保険ですとか介護保険ですとか、そうした特別会計も含めたものですけれども、この公営事業会計をプラスしたものを対象としております。

 実質公債費比率につきましては、これにさらに加入をしている一部事務組合の負担金もプラスをされます。

 将来負担比率につきましては、さらに地方公社ですとか、第三セクター、ここまでを含んだ比率になってございます。

 また、資金不足比率、これは公営企業の資金不足比率ですので、当然公営企業会計、菊川市で申し上げますと、病院事業、水道事業、下水道特別会計の3つの会計ですけども、これを対象としております。

 したがいまして、決算カードから健全化判断比率の実質赤字比率を読み取ることができるんですけれども、そのほかのものについては、そこまで決算カードには数字が記入されておりませんので、決算カードからそのほかの健全化判断比率とか資金不足比率というものを読み取ることはできません。

 今、幾つか御質問をいただきました黒字化の理由ということでございますけれども、健全化比率の連結実質赤字比率につきましては、公営企業会計につきましては資金不足額ということで判断をしております。いずれの会計においても流動資産としての現金預金があるということで、資金不足が出てないということで黒字になっております。

 そのほかの会計につきましては実質収支で見ておりますので、いずれの会計におきましても、赤字にはなっておりませんので、歳入でもって歳出を賄ってきておりますので、赤字にはなっておりません。

 それから、将来負担比率でこれから気をつけていくということでございますけれども、将来負担比率を求める基本的な数字といいますのが一般会計等の地方債の残高ですよね。それから、公債費に準ずる債務負担行為の支出予定額、それから、他会計への繰り出し金もございます。それから退職手当の見込み額ですね。こういったものが将来負担比率の算定をする基礎となっておりますので、今後やっぱり気をつけていかなければならないのは、地方債の残高ですとか、あるいは公債費に準ずる債務負担行為の残高、これらをふやしていかない。

 今財政課といたしましては、返す額よりも多くは借りないようにしたいというふうに考えております。そうしていけば当然、年々減っていきますので、そうしたことをやっていかなければならないと思っております。

 また、退職金等につきましては、これはまた行政価格等も絡んできますので、現在の行政改革大綱、行財政改革大綱、あるいは集中改革プランをやっぱり着実に実証していくということが大切であるというふうに思っております。

 それから、病院事業会計ですとか、下水道の関係でございますけれども、病院事業会計につきましては、現在平成21年度から中期計画に基づきまして、23年度の黒字化を目指して病院が取り組んでおるところでございます。財政課といたしましては、病院がそういう形で経営の黒字化に取り組んでおるということで、一般会計としましてもできる限りの支援はしていきたいというふうに考えております。

 それから、下水道につきましては、時期も認可計画も3期以降の計画も当初の計画よりも少し時間をかけた形にしていただきたいということで、下水道室のほうには財政課からお願いをしておるところでございます。

 それから、特例債の関係ですけれども、将来負担比率は起債の残高が当然かかわってくるわけですけれども、それの交付税措置がある分につきましては、その残高から引いてもいいということになっております。

 で、特例債は含まれないのかということでございますけれども、合併特例債の場合はですね、充当率、つまり借りることができる額が事業費の95%でございます。で、借りた額の70%が、今年度地方交付税の普通交付税の基準財政需要額に算入をされるということで、全体の事業費の──95掛ける7ですから、66.5%が、全体事業費の66.5%が今年度交付税に措置をされるということになります。事業費の95%を借りても、そのうちの7割が交付税措置ということですので、残り3割分についてはそのまま将来負担比率のほうにも影響をしてまいります。

 それから、退職金の関係ですか、退職手当の今後につきましては、これは退職金の関係は当然職員の人数と、それから退職金の算定の方式によってきますので、これから職員の人数、それから退職金の算出の方法も過去大分変わってきておりますので、その辺の制度的変更に影響を受けるものと思われますので、今ちょっと、ふえるかへるかということは申し上げにくいところでございます。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。岩科議員再質疑ありますか。



◆16番(岩科鉄次君) ありません。ありがとうございました。



○議長(北沢俊一君) 以上で、岩科議員の質疑を終わります。

 以上で、通告による質疑を終わります。関連質疑はありませんか。

         〔発言する者なし〕



○議長(北沢俊一君) ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 報告第8号は、先ほど申し上げましたように議決事項ではありませんので、次に進みたいというふうに思います。



────────────────────────────────────────





△議案第61号〜議案第64号の質疑、採決 



○議長(北沢俊一君) 次に、日程第3 議案第61号 菊川市表彰条例の制定についてから、議案第64号 菊川市青葉台下水処理場基金に関する条例の廃止についてまでの4件を一括議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決します。

 最初に、議案第61号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。ありがとうございました。よって、議案第61号は原案のとおり可決しました。

 続いて、議案第62号、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第62号は原案のとおり可決いたしました。

 続いて、議案第63号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第63号は原案のとおり可決いたしました。

 続いて、議案第64号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第64号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第65号の質疑、採決 



○議長(北沢俊一君) 次に、日程第4 議案第65号 菊川市営保養センター「小菊荘」条例の制定についてを議題とします。

 本件について、質疑の通告がありますので、これをお願いいたします。

 最初に、16番 岩科鉄次議員の質疑をお願いいたします。岩科議員。



◆16番(岩科鉄次君) 御存じのように、この小菊荘は竹山県知事の時代に、この南遠というんですか、遠州南地域の母子保健センターとして県の施設として建てられたものです。

 私はよくわかりませんけれども、その当時の母子保健の衛生状態というのは、特にこの遠州南の農村地帯は全国的に見ても非常に劣悪な状況で、赤ちゃんの死亡率も非常に高いと、それから母子の健康状況も余りよくないと、環境も悪いというようなことで、県が特別に建てたわけですね。

 そのころには、今運動場になっているところは蓮池、蓮池といって、ため池でした。このため池の北側の岩盤のあるところに県が鉄筋の2階の建物を立ってずっとやっていて、しばらく予防注射なども御前崎のほうからも、あそこへ来てやると、こういう状況でやってきたんですが。

 時代が変わって、小笠町がほしけりゃ、払い下げるから使ったらどうだということで、この小菊荘として始めたわけですが、発足当時のものの考え方がそういうものだったもんですから、小笠町としてもこれを受け取って、そしてこれを、この地域の保険ですね、あるいはそういうものとして健康づくりのために活用しようじゃないかということで始めたわけです。

 ですから、非常に大変な苦労をして、職員の課長なんかはね、なるたけあそこへはいかんでもいいようにしたいなというようなものがあったんですが、もうしょっちゅうそういうところにも行ってもらって、運営に当たったと。それから、大変なときには地域の人たちが出てこれを守り続けてきたわけで、私の記憶ですと一番利用率の多かった額は年間1億2,600万ぐらい、そういうときもありました。

 しかし、その後、御存じのように、このような施設の運営が難しくなってきて、ほうぼやめてしまいました。小菊荘があったときには高松──浜岡ですね、それから御前崎、それから相良はどうか知りませんけれども、この間まで福田と竜洋、それから掛川はどうか知りませんけれども──そういうものがありましたけれども、御存じのように今それらの施設は一つもなくて、この中遠南では小菊荘だけになっちゃってるわけですね。

 それから、周りの環境も変わってきたもんですから、運営方法もうんと変えなきゃいかんということで、今の所長さんが上手にやって、赤字を出さずに今まで来たわけです。ほとんど多額の町費もつぎ込まずにやってきたという状況です。

 つまり、私が言いたいのはどういうことかというと、地域の人たちと小笠町という団体が協力・協同して、あの施設を守ろうじゃないかと、あそこの火が消えてしまうと、あそこは菊川じゃなくなって掛川みたいになっちゃうと。だからそういうことをさせないために、あの火を消さんように頑張ろうということで、ずっとやってきて、新市になってからも皆さんの御理解で多額のお金を投じてもらって新装オープンしたわけですね。

 だから、地域の住民と地域の発展、地域が栄えるということと一緒になって、行政のもちろん中心的な支援もあって、一緒になってあの施設が守られてきたわけですが、今後このような経営方針が変わるということになると、私が一番心配するのは指定管理者の選定方法について、何か市としては方向性を持った指定管理者の選定方法をお考えになっているかどうかというのが一つ。

 それから、全員協議会の要望で、この問題に関してのお考えをいただきましたけれども、そこでもう一つお聞きしたいのは、選定基準としてはね、地域の商工業者、地域の住民、それから行政全体から見てね、ふさわしいような選定基準でやっていただきたいと。

 それから、小笠の商店街はほとんど壊滅状態ですが、この小菊荘があることによって、地元商店も元気まではいかんけれども、まあやらにゃあいかんなあという気持ちになってるんですが、地元商店との協力関係ですね、地域生産物の活用、それから多いときには10人近く雇用もあると思うんですが、地元民の雇用についてどんなふうにお考えになっているのかと。

 それから4つ目としては、災害時の施設の活用ですね。寝るとこもあるし、お風呂もあるし、食事もできると。大きな災害のときにはこの施設の活用が何としても必要だと。そういうときに対応できるような、そういう指定管理運営の方向をお願いしたいというふうに思うんですけれども、差しさわりのない範囲で御答弁をお願いしたいと、こういうふうに思います。



○議長(北沢俊一君) 質疑が終わりました。答弁を求めます。浅羽商工観光課長。浅羽課長。



◎商工観光課長(浅羽睦巳君) 商工観光課長です。岩科鉄次議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、小菊荘の条例の制定案第23条につきましては、候補者の選定要件と議会の議決を、第24条については公募によらずに選定をする候補者を特定する場合の特例を規定したものでございます。今回の小菊荘の指定管理者の選定については、第24条の特例ではなく、公募する形、方法で選定を進める計画でございます。

 次に、選定基準につきましては、第23条の各号の要件に加えまして、御質問にありますように、現在まで小菊荘が地域貢献してきた地元商店との協力関係、また地域生産物の活用、地元の方の雇用などについて維持推進できるなどにつきましては、事業者選定の判断基準の一つであると考えております。

 事業者の選定にありましては、経営の専門家にも御参加をいただきます市の指定管理者選定委員会におきまして、総合的な判断の中で選定をしていただくことになります。

 次に、災害時の対応でありますが、現在、小菊荘は避難所の指定を受けておりますので、指定管理者制度が導入された以降も引き続き、現在の利用に支障がないようにしていきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。岩科議員再質疑ありますか。岩科議員。



◆16番(岩科鉄次君) 選定をする会ですね、これは今は運営委員会というものがあって、これは行政者だけじゃなくて、広く一般市民も代表が参加してやっているんですけれども、選定をするメンバーですね──は、そういうふうにメンバーの選出がされるというふうに考えてよろしいか。



○議長(北沢俊一君) 答弁をお願いします。浅羽課長。



◎商工観光課長(浅羽睦巳君) 選定委員会でございますが、先ほど言いました運営委員会の方にも、委員長の方にもお一人入っていただきます。また、そのほかの方には企業の方であるとか、先ほど申し上げました経営の専門家の方、そういう方に入っていただいて御審議をいただく予定でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。岩科議員再質疑ありますか。



◆16番(岩科鉄次君) 終わります。



○議長(北沢俊一君) 以上で、岩科議員の質疑を終わります。

 続いて、2番 内田 隆議員の質疑をお願いいたします。内田議員。



◆2番(内田隆君) それでは、条例についてお聞きしたいと思います。

 一番目の問題ですけど、今回行政改革の中の一環として指定管理者を指定するわけなんですが、それに伴った条例と理解しておりますが、現行のものをどのような形のところに持っていこうとした、要するに、数字で言えば1を8にするとかというような、いろんな目標があると思うんですが、ぜひそれをお聞かせ願いたいと思います。

 多分これにつきましては、最後に成果として比較をするときに非常に大事になってくると思いますので、現行のことをお願いしたいと思います。

 それと、もう一つ、27条の4で、利用料金をすべて指定管理者のところへ入れるという形になっておりますが、現在この利用料金が要するに多分収入のすべてになると思いますので、どの程度のものを考えておられるのか、それをお聞かせ願いたいと思います。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁をお願いします。浅羽商工観光課長。浅羽課長。



◎商工観光課長(浅羽睦巳君) 内田 隆議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、指定管理者を目指す具体的な目標でございますが、大きくはサービスの向上と利用者の増加であります。過去の実績からも年間の総利用者は、利用者の多い年度でありましても年間2万人を超えない状況でありましたので、年間の利用者数が2万人を超すことを目標としております。

 このことによりまして、施設の稼働率は70%を超えることになります。平成20年度実施した耐震補強改修工事に伴う施設の投資分についての年次割り分の改修もこのことによって可能となってまいります。

 その他として、合宿の誘致の数でございますが、年間60から70とあったものを100件程度に、また閑散期6月、また9月から10月における施設の稼働率を現在20%でありますが、これは40%ほどにというような目標を持っております。この数字につきましては、市側の考え方でありますが、指定管理者の候補者を選定する基準として考えていきたいと思っております。

 次に、使用料金の予想される内訳でございますが、収入については、ほとんどが使用料でございます。現在の状況から判断して年間の収入は9,000万円から1億円ということが使用料として見込まれてまいります。

 支出の状況につきましては、事業の運営費で約5割、施設の管理費で約1割、総務、その他経費におきましては約3割ということが見込まれます。結果として約1割程度の収支差額が考えられてこようかと思っております。将来的には大規模修理などを考慮する必要がありますので、一定の留保資金を確保することも考えていきたいと、このように考えております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。内田議員再質疑ありますか。



◆2番(内田隆君) はい、ありがとうございました。

 一つは、こういう公営事業というのは、ただ大きくなればいいというふうには、要するに競合する市内業者がたくさんおりますので、大きくなっていけばいいというふうには思ってませんので、今単に2万人を超すというようなやり方をしていきますと、商工業者の中で困るところが出てくるんじゃないかと思いますので、これについてはどんな御配慮をされているのかと、それと後、収支のところで10%ほどの収入償還があるということで言ったと思うんですけど、利益率から見たらどのぐらいのものを見込んでて、この10%が、10%が利益率ということであれば、それはそれで構わないんですけど。

 それともう1点、この中に要領の中にあったんですけど、最終的には大規模災害のときのために積立金を行うというようなお話をされたと思うんですが、その収入全体を指定管理者が受けた中において、公共にお金を持ってくるシステム、要するに負担金で取るのか使用料で取るのか、この辺のところはどうなっているか、お教え願いたいと思います。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁をお願いいたします。浅羽商工観光課長。浅羽課長。



◎商工観光課長(浅羽睦巳君) 御質問にお答えいたします。まず、一般の他の事業者との関係でございますが、御承知のとおり小菊荘につきましては、部屋の配置等も考えてみますと、ある程度宿泊につきましては、おふろが外であったり、トイレも外というようなことで、一般のビジネスホテルとかホテル関係とは一線を画した施設になっておりますので、利用者の整備がされているものと思います。

 また、飲食につきましても、今までも余り一方的にこちら取らないようにという配慮の中で考えておりましたので、その運営につきましては、今後運営委員会等も残す予定でありますので、運営につきましては、こちら市側も目を光らせるといいますかね、そういうような形で運営を見守っていきたいと考えております。

 また、10%の利益率につきましては、今概算でトータルでということで大ざっぱなお話をさせていただきましたので、実際には日帰りの方が多かったり宿泊のほうが多少利益率が多いですので、その割合によってはそこが変動するかもしれません。したがいまして、今大きなお話の中でさせた数値として御理解いただければと思います。

 また、積立金につきましてですが、これは特に参考にさしていただいたのは牧之原にあります子生れ温泉の例がございます。そういう中ではやはり大きな施設ともなりますと大規模修理というものが必ずついて回ります。そういう中では、子生れ温泉につきましては利用料というような形でその納付をお願いしてございます。

 その例に倣うような形で、小菊荘の基金の条例がございますので、そちらへ留保して、管理者からは一線を画して、こちらで管理する基金になりますので、そういう中で管理をしていきたいと、こんなふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。内田議員再々質疑ありますか。



◆2番(内田隆君) 結構です。ありがとうございました。



○議長(北沢俊一君) 以上で、内田議員の質疑を終わります。

 続いて、15番 田島允雄議員の質疑をお願いいたします。田島議員。



◆15番(田島允雄君) 私も、3点お聞きしたいと思います。

 指定管理者の移行に当たってですが、一つは現在の正職員と臨時職員の数ですね。

 2番目は、この移行に当たって、市としてこの職員の身分ですね、正職員、臨時職員を含めて、これをしっかり保障するという権利が守られるというふうにすべきと思うが、これはどういう方針でいるかと。

 3つ目は、もしね、応募がなかったという場合はどう──そんなこと考えていないかもしれんからね。榛原病院の場合にあったね、現実に。どうするか。その3点です。



○議長(北沢俊一君) 質疑が終わりました。答弁を求めます。浅羽商工観光課長。



◎商工観光課長(浅羽睦巳君) 田島允雄議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、現在の職員数でございますが、市の職員が2名、臨時職員として嘱託員が7人、それとパートの職員は複数の登録をしておりますが、それを5時間パートに換算しますと8人ということになりまして、合計で17人の体制で運営をしております。

 次に、身分保障などについてですが、指定管理者制度に移行した場合には、基本的には市の職員は配置できなくなりますので、配置転換などの検討が必要ではないかと考えております。また、臨時職員については地元の雇用維持も確保していきたいと考えますので、指定管理者の候補者と協議していきたいと思っております。

 次に、公募した結果、応募者がいない場合は改めて募集方法などを再検討して再募集することになります。指定管理者制度の導入時期がずれ込むことになる場合には、その期間は従来どおり市の直営で運営することとなります。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。田島議員再質疑ありますか。田島議員。



◆15番(田島允雄君) 結局17名いるわけですね。正職が2名でね、職員ですが。

 それで、委託後の従業員の配置の数はある程度18人ぐらいということになると、これはあれですか、要望としてね、契約書にちゃんとこう、もし、だれかどうかあった場合にはね、かなり細かい統括責任者、フロントとかあるいは料理長、食堂従業員や配膳の計画になると思うだけにね、それをきちっと契約するわけですね。

 その中に希望があればね、パート全部で17人のうち2名で15名になるわけだけど、きちんとね、契約のときに、むろん本人が意向が大事なもんで、本人が私はやめますよと言ったら別だけどね。そういうのをきちんと保障するということになるのかね。職員も基本的には配転だけど、頑張りたいとかね、ここで。ちょっと身分がかわるわけだよね。そういう今いる職員の意向を大事にしながらね、きちんと身分を保障するという責任を持ってやるかどうかと。それを確認したかった。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁を求めます。浅羽商工観光課長。



◎商工観光課長(浅羽睦巳君) 御質問にお答えいたします。

 まず、職員につきましては、本人の希望等もありますので、そこは希望をお聞きしながら考えていきたいと思います。

 また、臨時職員が新しい指定管理者のところへ雇用されるかどうかということにつきましては、それぞれその募集した指定管理者の提案の内容にもよると思います。その中でできるだけ多くの方を雇用していただけるという提案がある方、それにつきましてはこちらとしてもですね、大きないわば評価の対象になるといいますかね、そういう中で総合的に判断する中で業者を選定していくということになろうかと思います。その中ではそのように雇用を確保していただけるということはこちらもお願いしますし、提案の中では重要な要素になってこようかと思います。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。田島議員再々質疑ありますか。



◆15番(田島允雄君) 現在の職員数と委託後の配置、職員配置すると大体同数のわけだしね。十分な今のパートの保障は数の上では可能になってるわけですね、そう違わないし。そういう点じゃ、その働き口を今雇用が厳しい中で本人が希望すればね、しっかり保障するような契約、交渉すべきだということを申し入れて終わります。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁いいですね。



◆15番(田島允雄君) はい。



○議長(北沢俊一君) 以上で、田島議員の質疑を終わります。

 以上で、通告による質疑を終わります。関連質疑はありませんか。

         〔発言する者なし〕



○議長(北沢俊一君) ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第65号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第65号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第66号の質疑、採決 



○議長(北沢俊一君) 次に、日程第5 議案第66号 菊川市水道事業の設置等に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 本件については、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第66号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第66号は、原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第67号の質疑、討論、採決 



○議長(北沢俊一君) 次に、日程第6 議案第67号 菊川市水道事業給水条例の一部改正についてを議題とします。

 本件について、質疑の通告がありますので、これをお願いいたします。最初に16番 岩科鉄次議員の質疑をお願いいたします。岩科議員。



◆16番(岩科鉄次君) これは額そのものは大幅な変更ではないが、非常に微妙な問題ですわね。合併時にそれぞれの上水道はそのまま存続して、合併後5年以内に料金について審議し、統一すると、こういうただし書きの条例に基づいて今度やったということだと思うが、具体的にお聞きしますが、口径20ミリの人が97%ぐらいですよと、こういう資料でしたが、20ミリで営業用に使っている人、たくさんいるわけですね。

 例えば、これは小笠の特殊な例かもしれんけれども、施設園芸の農家は20ミリでほとんどやってますね。具体的に言うと、温室農家なんかほとんどこの20ミリと。しかし、菊川の場合には農業用のそういう水が来て、うんと安く一般の水より安くできると。それから小笠の場合には、南の砂地地帯に出向して農作業やってる人がものすごくたくさんいるわけですが、そういう人たちも農業用の水が来てやってるけれども、中心部で施設園芸やったり、あるいは水をたくさん使う営業者ですね。こういう営業者の場合、水量を250ぐらいの場合の値上がり分は、年間幾らぐらいになるというふうに試算されたかどうかということが一つ。

 それから2番目に、新料金では両方、菊川市全体として20年比、あるいは20年比だな、21年は無理だもんで20年比、どのくらいの増額となるかね、試算すれば。

 それからこれを個別に小笠上水道ではどのぐらいの増額になるかと。

 それから菊川上水道の場合はどのくらいの減益なのか、増益なのかわかりませんが、なるか。その辺まずお聞きしたい。



○議長(北沢俊一君) 質疑ありました。答弁を求めます。増田水道課長。増田課長。



◎水道課長(増田定之君) 水道課長でございます。岩科議員の御質問にお答えいたします。

 最初の御質問ですけど、口径20ミリ、水量250立米、この料金の値上がり分は幾らかということですけど、口径別の改定後の料金、口径20で2カ月で比較しますと、1,028円、2カ月です。1カ月換算にしますと514円。この分が増額となります。それに年間ですと12掛けてもらえるとわかります。

 それから次の20年比でどの程度に上がるかということでございますけど、菊川市全体の給水所で、税抜きでいきますと338万ほど増額になります。

 続きまして、小笠はどのくらいかということですけど、小笠上水道の増額は815万円です。

 最後に菊川上水の場合はということでございます。菊川の場合は477万円ほど減額ということです。こういうこれは新しい料金表に当てはめて試算をした結果でございます。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。岩科議員、再質疑ありますか。岩科議員。



◆16番(岩科鉄次君) そうなんですね。新聞発表されたら、すぐこういう切符を持って、「岩科、おらのうちはこのくらいふえるぞ」と。大体今増田さんおっしゃった250から300ぐらいの人で年間2カ月の支払いが5万4,000円ぐらいなんですよね。温室の人たちの場合。これ油も上がっていろいろしているけれども。だから5万円に6を掛けるとなかなかの額ですよね。それから太平洋ベルト地帯で一番大きい業者に聞いてみました。この人がこの小笠に進出するときにね、存分小言を言われました。1,000万近い水道料になっちゃうと。だけど、あんたらそれで商売やってるもんでね、待ったってしょうがないじゃないかねって言ったんですが、ただ理論的に新しいこっちのほうが弱いんだよね。普通物を買うときには、たくさん買えば買うほど安くなるのが普通だと。ところが小笠の水道の場合は、たくさん使って使うほど高くなるのはこれおかしいじゃないかと言われたんですが、小笠町始まって以来そういうやり方だから従っていただきたいということで無理強いをしてきたんですが、今度はやはりこれでまた上がってきますよね。確かに25が214戸、30口径が82戸、40になると96戸、50、75は全部合わせても50戸ぐらいですからあれだけれども、こういう使えば使うほど、あるいは営業として使っている人の経済負担がうんと高くなることについては、審議会の中では、仔細に読めばわかると思うんですが、どういう審議をされたのかお聞かせいただきたい。



○議長(北沢俊一君) 答弁お願いします。増田水道課長。



◎水道課長(増田定之君) お答えします。

 審議会のメンバーの8名の中に企業の方が、一応菊川、小笠が違うもんですから、菊川の代表、小笠の代表という形で企業の方も出てもらいまして、ある程度使う企業さんでございます。そうすると、やっぱ上がるじゃないかという気になりまして、その辺がもともとここは企業さんで知ってますので、比べると菊川地域高いということ。で、今回値上げという感じでなくて、菊川・小笠の不均衡を直すという趣旨ですので、企業さんのほうも御理解のほうをしてもらっている段階でございますけど、正式になればまたお願いしますけど、その辺で水だけが高いんじゃなくて、この地域はほかにも高いのもある。安いのも逆にある。それトータルで企業さんはお願いするということで、そういう審議会では意見がありました。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。岩科議員、再々質疑ありますか。岩科議員。



◆16番(岩科鉄次君) これで終わりか。



○議長(北沢俊一君) はい、そうです。



◆16番(岩科鉄次君) 結局小笠が815万、菊川が477万下がると。総合的にそういうことになったんだけれども、これは審議会ではどんな評価をしたわけですか。



○議長(北沢俊一君) 答弁を求めます。増田水道課長。



◎水道課長(増田定之君) 料金の設定の幾つかのシミュレーションを出しまして、これはただシミュレーションと言っても向こう10年のこういう事業をやるということで前提をしまして、これだけ費用がかかる、それに対して料金が入ってくる、収入がどのくらいが必要かということの中でシミュレーションをしまして、現在の料金体系、菊川・小笠は若干違いますけど、そのまま行った場合が1とする、1とした場合、菊川のでやりますと1.8%上がる、で小笠でやりますと0.8%下がる、下がるというのを結果的に下がりますけど、そうすると事業費的に二、三年はいいですけど、赤字がちょっと出る。収支に赤字が出るということは独立採算の企業として困りますので、その辺は皆さんに説明しまして、現行の1.00に近い口径別に変えまして、1.002ということで先ほど言ったトータル的に菊川市全体で338万ほど上がるような形ということになりました。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 以上で、岩科議員の質疑を終わります。

 続いて、15番 田島允雄議員の質疑をお願いいたします。田島議員。



◆15番(田島允雄君) 2点ほど質問させてもらいます。一つは、旧小笠地域が値上げになるわけですね、これ。それで合併前の水道料金というのはどっちが安かったのか、これ1点お聞きしたいと思います。で、値上げとならないような統合の補正はなかったのかという、今数例のシミュレーションがあったね。簡単に3つぐらいあれば言ってもらえばいいです。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁を求めます。増田水道課長。



◎水道課長(増田定之君) それでは田島議員の質問にお答えします。

 一つ目の合併前はどちらが安かったのかという質問です。基本料金の16立米以下、これは2,394円ということでどちらも同じ同額です。それに対して従量料金、段階別で使った単位で変わる値段ですけど、この段階が菊川上水が4段階、小笠上水が3段階ということでございます。結果は、合併前、今回上がる前は小笠上水のほうがわずかに安いということでございます。

 それから2つ目の質問ですけど、先ほど岩科さんにはお答えしましたとおり、この審議会の中で最初に基本料金の口座別料金にするよということ、これがそういう方法でやってほしいということで説明してなりまして、それからその従量料金、段階別の段階おきに見まして、先ほど言ったように4種類のシミュレーションを経まして、1つ目が現行料金でありますと先ほど言ったように、で、菊川料金、小笠料金でやると若干マイナスになるということで、事業費的にどうしても現行料金にかかる収入が欲しいということで、それに当てはめて1.00を下らない1.002、0.2%平たく言うと全体的には上がったような形になります。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁終わりました。田島議員、再質疑ありますか。田島議員。



◆15番(田島允雄君) 合併の方針、合併前の例えば水道料金にしろ、両町どっちに合わせるかというのは、サービスは高いほうに料金は低いほうにというのは大原則だったわけでね、4年たってるが、これ改めてというのはそういう方針を貫かにゃならんじゃないかというふうに思うわけですよ。

 今言ったように、合併前小笠町のほうがわずかに基本料金は一緒ですが、その後のどのくらい使ったかというほうの料金制度は確かに安くなってるね。水道言うと、大体新規料金費用2カ月当たりの20口径にしろ25口径にしろ、使うとだんだん高くなる件はそのほうがかなり安いということじゃんね。だもんで、一般的に考えれば、この小笠に合わせるというのが一般的なやり方じゃない、方針に基づいた。

 で、恐らく答申はいろいろ改良事業も含めて例があったもんで、4つの例を出しながら、それをにらんでわずかな値上げのほうを選んだじゃないかという推定をするだけがね。市長、何でその、これはあくまでも水道料金の審議会の答申であって、たとえ答申が出ても、両町の合併の方針や今の具体的な、例えば都市計画税の値上げの問題なんか考えりゃ、政治的配慮として言や、ほかはまあ事業もあるけが、方針どおりその安いほうに合わせて、そう大きい違いないもんでね、というふうなのが選択としてはよりベターじゃないかなというふうに考えるだけがさ、なぜこれはわざわざそういっちゃなんだけ、菊川下がったでいいじゃないかという問題じゃなくて、その後、両町の片一方の住民の感情の逆なでするような政策はとるべきじゃないと思うが、なぜこれを選んだのかというのは市長に聞きたい。



○議長(北沢俊一君) 答弁を求めます。太田市長。



◎市長(太田順一君) まず、諮問をするときには、やはり料金の現状維持、基本的には現状維持でお願いしたいということでお願いしました。もう一つは、やはりこの水道料金の安定供給、いわゆる今後10年間にどのような投資をしていくのか。例えば昨年御存じのように、丹野の調整池をつくりましたけども、またいろいろな石綿管の問題とかそういうことも考えた場合に、市民の皆さんに急激な負担にならないために、いわゆるどのような料金体系をするのかということは諮問しました。

 したがいまして、基本的には今回は大きな見直しは、使用料から水道の口径という大幅なシフトの中で、やはりこの基本的な数字については市民の皆さんもお認めいただける範囲であろうということでこの条例を提案させていただきました。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁を終わりました。田島議員、再々質疑ありますか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 以上で田島議員の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わります。関連質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託を省略することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、これから討論に入ります。最初に反対の方の討論をお願いいたします。16番 岩科鉄次議員。岩科議員。

         〔16番 岩科鉄次君登壇〕



◎16番(岩科鉄次君) 反対の立場で討論いたします。

 質問でも明らかになったように、小笠上水道は全体として815万円も値上がりすると。反対に菊川上水道は477万円も値下がりをすると。このような結果になったやっぱ説明はどうしても納得できんのですね。合併後5年以内に検討するということで、今の田島質問にあったように、これは低いほうに合わせるということでした。私は今さら持ち出すことはしないと思ったんですが、都市計画税条例についても全く同じように書いてあるんですね、合併後5年以内に検討すると。ということを合併協議会で決定をしたわけで、都市計画税条例を決定したわけではないという主張を私はしたわけですが、こういう扱いから見ても、私はもっと広く、この小笠の水道利用者の意見、あるいはアンケート、そういうものを聞くべきであったと、こういうふうに思います。

 それから、先ほども言ってるように営業者ですね、零細の営業者、床屋の衆とか食堂とか、今言った施設園芸農家、こういう人たちもかなりいるわけで、この人たちへの負担が非常に多くなると。よって、この条例改正には反対せざるを得ないということを申し上げます。



○議長(北沢俊一君) 16番 岩科議員の反対討論を終わりました。

 続いて、賛成の方の討論をお願いいたします。12番 小笠原宏昌議員。小笠原議員。

         〔12番 小笠原宏昌君登壇〕



◎12番(小笠原宏昌君) 私は、議案第67号 菊川市水道事業給水条例の一部改正につきまして、賛成の立場で討論をいたします。

 本条例は、8月6日に水道料金体系の見直しについて、水道料金等審議会から市長へ答申を受け、今後の水需要予測や施設整備計画を踏まえた中で水道料金体系を見直した結果、条例の一部が改正されるものであります。

 現在の菊川上水道及び小笠上水道の水道料金体系は、ともに平成9年度に改正されたものであり、12年が経過しており、合併をしなくても水道料金体系の見直しについては検討をせざるを得ない状況でありました。旧両町の料金体系は、使用水量によって料金が異なるものの使用者の形態に応じた料金格差がなく、不公平感が生じていると言われておりました。また旧町の料金体系をそのまま引き継いでいるため、それによる料金格差が生じていることにおいても問題が指摘されております。

 さらに自己水源が少ない本市においては、大井川広域水道の受水量が水需要の約90%に達し、受水料金も高額なため、良質な地下水源を有するほかの事業体に比べ、水道料金が割高になっているという現実もあります。

 今回の改正では、水道料金等審議会の委員の皆さんが真剣に審議をいただいた結果であり、現在の菊川市に適した水道料金の見直しがされたものと考えております。水道事業は独立採算の企業会計であり、将来的にわたって安定した運営を確保していく上で今回の条例の一部改正は必要であると考えています。

 先般の8月11日の地震においても、菊川市においては発生とともに緊急遮断弁が作動し、全市的な断水となりましたが、水道課職員の迅速な対応等により、午前8時過ぎには全面的な復旧がされ、大きな被害は発生しなかったと聞いております。このことは水道事業にかかわられた先人たちのたゆまない努力の賜物で、結果であり、安心な水が安定的に供給されている一つの事例であると言えます。

 しかしながら、水道事業の運営を将来にわたって安定的に維持していくためには、市民の理解と協力が必要であり、そのためには事業運営の透明性を確保しなければなりません。今後より一層の効率的な運営を進めていただきますよう御期待を申し上げ、賛成の討論といたします。



○議長(北沢俊一君) 12番 小笠原議員の賛成討論が終わりました。

 以上で反対、賛成の方の討論を終わります。

 お諮りします。これより採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第67号は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立多数。ありがとうございました。よって、議案第67号は、原案のとおり可決しました。

 ここで20分まで休憩をしたいというふうに思います。



休憩 午前10時10分



再開 午前10時20分





○議長(北沢俊一君) それでは休憩前に引き続き会議を再開いたします。



────────────────────────────────────────





△議案第68号の質疑、採決 



○議長(北沢俊一君) 日程第7 議案第68号 中東遠看護専門学校組合規約の変更についてを議題とします。

 本件については質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決をいたします。

 議案第68号は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第68号は、原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第69号の質疑、委員会付託 



○議長(北沢俊一君) 次に、平成20年度菊川市一般会計ほか9会計の決算審議に入ります。落合良子議員におかれましては、監査委員席に移動をお願いいたします。

 それでは、これより決算の審議を行いますが、この審議の前に私が1点お願いをいたします。この決算審査は常任委員会に付託することが予定されておりますので、その趣旨にかんがみ、この場での質疑は簡潔にお願いをしたいというふうに思います。

 日程第8 議案第69号 平成20年度菊川市一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題とします。

 本件について、質疑の通告がありますので、これをお願いいたします。最初に、2番 内田 隆議員の質疑をお願いいたします。内田議員。



◆2番(内田隆君) それでは、議案第69号の決算についてお伺いをいたします。

 私は未済額についてなんですが、その前に不納欠損から入りますと、不納欠損が昨年に比べて約5,000万ふえてるというような形の中で、監査委員の意見書の中では5年の時効と3年の執行停止というようなものが今回執行された中での不納欠損が多かったというような説明を受けたと思うんですが、そうなりますと、今持ってる4億9,000万のお金の位置づけが5年目のものが来年度どうなるのか、不納欠損の場合じゃなくて執行停止の場合については3年目のものがどうなるのか、これが多分来年度もやはり影響してきて、最終的にはこれを解消するのが何年後になるのかをお聞きしたいと思って質問させてもらいますのでよろしくお願いします。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁を求めます。坂部徴収対策室長。坂部室長。



◎徴収対策室長(坂部雅司君) 徴収対策室長です。内田議員の御質問にお答えします。

 歳入1款収入未済額4億9,767万1,367円の年次別状況でございますが、平成7年度は1万8,000円、平成8年度が19万1,000円、平成9年度が19万6,000円、平成10年度が144万9,000円、平成11年度が427万2,000円、平成12年度が600万1,000円、平成13年度が832万9,000円、平成14年度が1,377万1,000円、平成15年度が1,346万5,000円、平成16年度が4,807万9,000円、平成17年度が5,015万8,000円、平成18年度が6,935万7,000円、平成19年度が1億1,633万1,000円、平成20年度が1億6,605万4,000円となっております。

 次に、執行停止でございますが、地方税法第15条の7第1項第1号から3号の規定によって行っております。第1号は、滞納処分する財産がない場合、第2号は、滞納処分をすることによって生活を著しく急迫させるおそれのある場合、第3号は、滞納者の所在及び滞納処分ができる財産がともに不明な場合です。平成20年度の執行停止を見ますと、住民税、これは県民税を含めますけれど、3,201万円、固定資産税、これは都市計画税を含めますけれど、219万7,000円、軽自動車税44万4,000円、合計で3,465万1,000円となっております。この各税目ともそのほとんどが出国している外国人、あるいは登録を残したまま所在不明となった外国人で、滞納処分すべき財産がなかったものでございます。そのほか自己破産により滞納処分できる財産がないものや、生活保護を受けてるものでございます。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(北沢俊一君) 答弁終わりました。内田議員、再質疑ありますか。内田議員。



◆2番(内田隆君) 今執行停止が3,400万というお話でしたが、これは多分3年で時効になると思うんですが、割っていきますと、今1年目、2年目、3年目の数字がわかりましたら教えてください。



○議長(北沢俊一君) 答弁お願いします。坂部徴収対策室長。坂部室長。



◎徴収対策室長(坂部雅司君) 執行停止の今20年度の執行停止をかけたものが3,465万1,000円ということですので、3年あるいは即時欠損等も含めますので、その年次別の欠損額については今の段階、把握をしておりません。



○議長(北沢俊一君) 答弁終わりました。再々質疑ありますか。



◆2番(内田隆君) わかりました。結構です。ありがとうございました。



○議長(北沢俊一君) 以上で2番 内田議員の質疑を終わります。

 続いて15番 田島允雄議員の質疑をお願いいたします。田島議員。



◆15番(田島允雄君) 私も財政、農業、商業、駅南、防災、5点ですので関係するのはあと常任委員会でゆっくり濃厚な審議をしてもらいたいということでやりたいと思いますが。一つは普通建設事業についてですが、工事請負費のうちの地元企業の受注額と前年対比はどうだと。2番目は、この投資的経費についての補助事業と単独事業の内訳であるわけですね。それの主な事業なんだと。これは公債費負担適正化計画が県下で実質公債比率が高いほうなもんですから、今その適用を受けて規制を受けてる。その中でも、その中でもですよ、その中の一つの方法として、つまり投資的経費は歳出に占める割合は15%以内に納めるというルール、方針を持っているわけですね。その状況の中でも、やはりこういう不況の中で地元経済活性化を追求するべしと思うというのが、そういう点でどうだと今言った。そういうねらいですね。

 2番目です。地方債の状況、土木債、現在のうちの80億ですね。3,333万4,000円か、とにかく80億借金があると。で、この残高の事業別の残高もやっぱ明らかにすべきじゃないかと。2番目が、特に高額な事業の残高がどのくらいかと、この2点です。で、結局実質公債費比率がさっき言ったように随分高くなっている状況の中で、原因について、これ見ると結局この資料は決算の地方債の状況の中での普通債ということでね、そこを見ると、結局土木とか民生とか商工とかっていうのは、そういう分類の仕方してあるわけですね。それが残が幾らだと。

 しかし、一般市民が見て、今話題になっているそういう状況を見て、どういう事業がやられて、これだけの高くなっちゃったかと。今結果的に実質公債比率が。それを判断するに、もっと具体的な事業名で分析したほうがいいんじゃないかと。かなり膨大な数になるということだから、やればできると。そのほうが市民として財政をよく見れるんじゃないかと。それでこれは高いが必要だったなとかね、これは必要じゃないんじゃないかという判断ができると。そういう上でも必要じゃないかと。そういうことです。そのねらいでこの内訳を教えてほしい。どうだと。

 あとは農業問題ですが、この水田転作対応型の営農推進費ですが、これ結局国の減反政策の補助金ですね。これで当時の一般稲作農家の所得がどうなったかというのと、例えば20年度の農業所得の状況はどうだったと。

 2番目がそういう点でその施策の成果を検証するという任務を持ってると思うね。決算に当たってね。その中で、例えば例として7年度にこの農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想という累計をつくって、経営別の、お茶ならお茶、お米ならお米、あるいはお米と何かを足した、こういう累計をつくって、こういう従業員数で経費はこれだけでこうやりゃね、農業所得900万をできるというのを市がつくったんでね、国の指導で。ですから、現在それに当てはめて、ただ部分的な国の政策だけじゃなくって、現実に農業の所得状況はどうだという検証は決算で必要じゃないかという点で2番目を書いたんですね。

 で、その次は、商業振興費ですが、これ小規模業者の経営の安定のための支援を行ったと。この小規模業者のための小規模修繕の登録制度というのを19年はできたと。30万以下の課長の裁量でやることのできる事業ですね。ですから、それをこの不況のときに大いに活用すべきだというふうに思うが、この結果どうだったかと。前年対比でね。それと同時にこの20年度どういうふうな推進のための施策というかね、としてやってみたか。

 3番目は、これ市街地整備、つまり駅南土地区画整理事業費ですね、今の。もうじき終わります。本当に30年に及ぶ大事業だというね、いよいよ終わりを迎えると。それで20年度の決算は出ていますが、今までどのぐらいかかったのかね、その事業は去年も聞いたけども、ことしはちょっと不確定、その財源内訳ですね。国と県と市と。これを分けてお聞きしたいと。

 特に2番目で、いよいよこういう今までになかった、長期にわたる巨額の資金を投入した事業が終わるとき、ただ20年度の決算の仕方、つまりこうやって成果はこうですよというんじゃなくて、その事業全体をやっぱきちんと見てね、その総括をしていくと。どこがよくてどこが悪かったのか、事業はこういうものであるかという。それが今全面的な市の各課挙げての取り組み、総括を行って、これからの大型公共事業のあり方というか、市の金の使い方についての教訓にする必要があるじゃないかって、これは特に市長の見解を聞きたいと。それをやる必要があるじゃないかと。

 3番目は、この防災ですが、3番目じゃないわね、最後ですが、地域防災計画をつくって我々に配って、市民に配りましたね。この中でちょっと気になったのは、特に地震があったもんで、よく読んだから。いざというときに避難地はいいです、避難地まではね。そこで避難生活というのが待ってるわけじゃんね。そのときの避難所、これは設置及び避難生活の項でね、避難生活計画書をつくるということになってるわけ。どうもその辺ないけども、この点はどうだと。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 田島議員の質疑が終わりました。答弁を求めます。最初に赤堀財政課長。赤堀課長。



◎財政課長(赤堀慎吾君) 財政課長でございます。田島議員の御質問に答えさせていただきます。

 最初に、工事請負費の受注についてお答えいたします。成果書の普通建設事業費のうち、15節の工事請負費だけの数字ですので、委託等で工事をお願いしている分などは含まれておりませんので御了解をいただきたいと思います。

 一般会計におきまして、平成20年度の工事請負費の決算額は、前年度からの繰越明許費を含めまして、16億2,749万円余りでございます。このうち市内業者、これは市内に営業所を設置している業者も含んででございますけれども、市内業者へ発注された金額は、15億6,840万円余りとなっております。金額ベースで申し上げますと、96.4%が市内業者の受注額となっております。平成19年度の工事請負費につきましては、8億3,180万円余りでありまして、このうち市内業者の受注額は7億4,471万円余りとなっております。89.5%が市内業者への発注というふうになっております。

 次に、補助事業の主なものということでございますけれども、普通建設事業費の中で補助事業、単独事業と区分してございますけれども、これは国の補助金、負担金が入っているか入ってないかの区分でございます。国のお金が入ってるものは補助事業、そうでないものは単独事業というふうに区分してございます。

 補助事業の主なもので申し上げますと、小笠東小学校体育館建設事業に2億3,125万4,000円、これも15節の工事請負費のみでございますけれども。駅南土地区画整理事業に1億1,315万5,000円、潮海寺地区計画事業に5,634万7,000円などでございます。また単独事業における主要事業でございますけれども、小笠東地区コミュニティセンター建設事業に1億6,817万3,000円、小菊荘の整備事業に1億6,363万5,000円、小笠南地区のコミュニティセンター建設事業に1億3,319万6,000円、奈良野下平川線事業に1億967万2,000円などとなっております。

 次に、地方債の状況についての御質問に答えさせていただきます。

 地方債の分類につきましては、起債根拠に基づく分類、目的別の分類、発行形式による分類、地方債計画における分類など多岐にわたっており、地方債残高をどういった形式でまとめるかは、その資料の利用方法により選択することになります。

 成果書の地方債の状況は、予算書との対比を考慮して、地方自治法施行規則に定める予算に関する説明書様式を用いて目的別に作成したものでありますので、事業別に起債額を明らかにしたものではございません。

 次に、特に高額な事業ということですけれども、これは合併後の4年間、平成17年度から平成20年度の借入額、土木債に限らずですね、合併後の借入額で申し上げますと、朝日線整備事業に8億2,790万円、西方高橋線整備事業に5億7,540万円、地域防災無線整備事業に2億1,500万円、駅南土地区画整理事業に2億790万円、公文名富田線整備事業に1億8,660万円などとなっております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、広瀬農林課長。



◎農林課長(広瀬勝彦君) 農林課長です。田島議員の御質問にお答えします。

 水田転作に関する一番目の質問でございますが、米の生産調整に伴う転作の奨励金としまして、米の生産調整達成者には、米の生産の抑制に伴う所得の減少を補う形で、小麦や大豆等の転作作物の作付をした場合に補助金を交付しております。国の水田農業構造改革交付金に上乗せする形で、市の単独の補助金を交付しております。参考までに平成19年度の農協でお米の買い取りの価格につきましては、一等のコシヒカリにつきまして1万3,208円、60キロ当たりであります。平成20年度は1万2,000円となっております。

 また、大規模水田農業者につきましては、前述で述べました補助金に加えまして、国の直接支払い制度であります水田経営所得安定対策の加入を促進して、より安定的な所得の確保を目指すよう支援を行っております。一般家庭につきましては、農林課としては把握ができておりません。

 また、税務課の20年度の農業所得収支は課税状況調べによりますと、農業所得者数が244名に対しまして、農業所得が6億264万円ほどとなっており、単純に1人当たりに換算いたしますと約250万円となります。単純にこの数字をもって考えますと、年間の農業所得の目標数値にはほど遠いということになりますが、この数値はあくまで確定申告の内容から判断された数値でありまして、純粋な年間の農業所得数値とは言えるものではありません。

 次に、2番目の御質問ですが、平成7年度に当市は、農業所得900万円を目標としました営農モデルをつくりましたが、現在その目標を達成しているかということでありますが、平成7年度に策定されました農業経営基盤強化促進に関する基本構想は、当時菊川町が900万円、小笠町が700万円という目標数値を設定しておりました。5年ごとに見直しを行っておりまして、現在は18年3月に策定されました「強化の促進に関する基本的な構想」が現行の構想として定められております。

 この構想の中で、年間農業所得の目標としては800万円程度として、認定農家を協議する際には、本水準を実現できるか、過去の所得状況等を確認して審査されているところであります。

 さて、先ほどの本構想が策定されて3年が経過しようとしておりますが、先に述べました課税状況調べにより、単純に1人当たりに換算しますと250万円となり、農業所得が減少しているということは否めず、来年度策定予定であります基本構想の年間農業所得も見直しをせざるを得ない状況であると考えております。

 また、お茶と水稲の営農モデルの場合、現在の数値に換算してどのような結果になるかという御質問ですが、1番目の回答に沿って考えますと低い数値にならざるを得ないとは思いますが、経営規模の3.5ヘクタール、お茶の2.5ヘクタール、水稲1ヘクタールで、家族3人の農家のモデルの場合、現在の価格はお茶の生葉で年間約500円、キロ当たり、1等のコシヒカリで60キロ当たり1万2,000円でありますので、粗収益が約半分と平成7年モデルとではなりますので、経費を引きますと大変厳しい状況と推察されます。これらを踏まえまして、次期の基本構想の計画の検討には参考にしていきたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、浅羽商工観光課長。浅羽課長。



◎商工観光課長(浅羽睦巳君) 商工観光課長です。それでは田島允雄議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、小規模修繕事業者の登録制度については、該当する30万円以下の修繕費の発注について、平成20年度で市役所全体でですね、延べで1,181件ございました。このうち市内の業者の取り扱いが836件、70.8%です。また、この中で666件56.4%が小規模登録事業者となっております。これにつきましては前年の平成19年と比較をしますと小規模修繕登録事業者の利用率は23.2ポイント増ということで大きく上昇いたしました。

 各課ごとの内訳との御質問でございますが、ここでは各部ということで御説明をさせていただきます。

 小規模事業者の請負額は、総務企画部では総額で1,085万3,000円、前年比で134%の増、福祉環境部では181万1,000円、13%の減、建設経済部では259万8,000円、85%の増、教育文化部では1,121万4,000円、53%の増、小笠支所で70万9,000円、25%の減、消防本部で209万4,000円、183%の増、全体では総額で2,927万9,000円、71%の増額となっております。これは年度末の補正など緊急の経済対策などによりまして、増加をしたものとなっております。

 結果的には今年度は該当内容も多かったことで全体的に大きく伸びたということを判断しております。

 次に、担当課としまして契約担当課の総務課とともに少額な契約については制度の利用を呼びかけておりますので、該当事業の多くは制度を利用した形となっていると考えております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、織部都市計画課長。織部課長。



◎都市計画課長(織部文雄君) 都市計画課長です。それでは田島議員の質問であります市街地整備費、平成20年度決算までの総事業費とその内訳財源についてお答えをさせていただきます。

 事業計画上における平成20年度末までの決算額は、155億5,506万5,000円であり、内訳としましては国県等の補助金としまして65億8,717万9,000円であります。また市費としましては89万6,788万6,000円となっております。

 また、総括し、政策評価を実施すべきと思いますがどうという質問でございますが、土地区画整理法、都市計画法の法的には事業完了後の評価を実施すべきとはございませんが、しかし、長期にわたり多額な巨費を投じての事業であるため、事業評価の実施は必要と認識しておりますが、評価を行う時期・手法については事業の完了時期等にあわせまして、今後検討していく必要があるというふうに考えております。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 続い……いいですか、ちょっと今単位の読み間違い、よかったですか。単位の読み間違いがちょっとあったような気がしますが。



◎都市計画課長(織部文雄君) 済みません、それじゃ、ちょっと済みません、ちょっともう一度、金額的なことを申し上げさせてもらいます。

 金額の総決算としまして155億5,506万5,000円でございまして、内訳としまして、国県等の補助金としまして65億8,717万9,000円、市費としまして89億6,788万6,000円ということでございました。済みませんでした。



○議長(北沢俊一君) はい、ありがとうございました。

 続いて、赤堀安全課長。



◎安全課長(赤堀正人君) 安全課長でございます。田島議員の御質問にお答えいたします。

 御質問の避難生活計画書が作成されているかにつきましては、当市におきましても県と同様に円滑な避難生活が行われるように、菊川市避難所運営マニュアルを作成しております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁終わりました。田島議員、再質疑ありますか。田島議員。



◆15番(田島允雄君) かなり詳しく答弁してもらったもんで、先ほど言ったように今、決算審議、それぞれかなり深めてもらいたいということがあるだけが、その中でもちょっと聞きたいことがあるので、しばらくちょっと幾つか聞きたいということです。

 一つは財政問題でね、いろいろ厳しい財政の中でも本当に大変だと思うでね、いろいろ公共事業、市民要望もあるもんで。その中で一遍聞きたいのは、それでもまあ何とかね、公債費負担適正計画提出して、ルールとして投資的経費15%以内、あるいは市債はね、借金は15億だという方針を持ったわけじゃんね。現実的には投資的経費というのは20何%になったよね。お金のほうは20年度15億ちょっとだからね、それは計画どおりだが。多分市長さんも苦労するところじゃないかと。

 そんなこと言ったって切実な地元要望、バックにあるじゃないかというふうなこともあるじゃないかと思うが、しかし、それでも、この20……決算でも否定してたけ、ちょっと多いというわけじゃね、投資的経費ね。これを聞いたのはそれでじゃ、私は不要不急の大型公共事業はこの際ね、とても手がつけれないじゃないかと。

 でも本当に生活密着型の公共事業をこう、それでもやらんにゃならんだもんでやるべきだという考え方持ってるから、市長さん、この点、この決算のね、投資的事業経費の若干というか──若干とは言えないかもしれないね、20何%でね、たしか、15%以内がね。20は……23.5だね。19年度が22%だもんでね、苦しいところだと思うけれど公共事業の選択についての見解というのをちょっと、どう御苦労してるのかお聞きしたいというのが一つ、経過でね。

 もう一つ、農業従事ちょっと一言、ちょっと聞こえ取れなかっただけやけど、モデルでやると1戸当たり幾らかかっているのか、もう一遍ちょっと言ってもらいたいだからね。まあいずれにしても厳しい状況があるからね、本当に。今度の政変なんか、こういう農家の怒りの声もあるじゃないかと思うが。

 まあ、ちょっとさっきわからなかったけど、結局生産費がお米だと、60キロ1俵、さっき農協の渡しが20年度で1万2,000円だってね、60キロ1俵ね。これ、生産費が一俵1万6,412円というのは、この年度の平均的な生産費でね、はるかにあれじゃね、この生産費のほうが高くなって。これでこのとき1万2,400円ぐらいで同時に計算すると179円だったよね、農家の手取り労賃というのは。179円というのは何だというとね、今自販機で売っている500ccのミネラルウォーターが1缶120円でポンと出るじゃんね。あれ500ccだけん詰めるとね、お米なんかそれは余るだよ。つまりね、100円を切っちゃうというね、ミネラルウォーターよりもこういうのが安うなっちゃうほど現実的な問題だと完全な失敗な農政だというのは明らかになってるとこだからね。

 別にこれは国の政策を忠実にやるので特に自治体に責任があるもんじゃないけど、やっぱりこうなると、この厳しい状況、市長、どう思うかというのをちょっと聞いてみたいな、決算に当たってね。どう認識しているのかね。

 最後です。市長も、ぜひ今一応駅南についての総括はやりたいということで、時期と体制はまだわからんからね、やる必要があるという課長答弁でね、市長さんはこれ、同感かどうかね。

 最後に、避難所の生活についてね、計画してあるということでね、避難生活。これ避難生活大事だなあと思うもんでね、ぜひ俺は、ちょっと見てなかったもんで、後で資料みたいなと思うから。

 ちょっとこれ気になったのはね、さきほど小菊荘は避難所になってると言ったよね。それで、避難所と救護所というのがあるじゃんね、いざというときの病院が。あれが最初は保健センターとね、2カ所なってるからね、その次に西中とか東中とかね、もう1カ所小学校の体育館がダブっててね、避難所と救護所とね、一緒。これについてどういう考えなん、いざあれじゃ、そこへ避難というか、かなり大変になっちゃって、ようやっと避難地にたどり着いて、夜になっちゃって、避難生活に入らんにゃならんというときにね、そこは救護所だよというと3カ所はダブっているというのはね。あるいは後からつくってもどいてくれよと言われる可能性もあるという状況なのか、いや大丈夫なのか、ちょっと気になるもんで。その点お聞きしたい。



○議長(北沢俊一君) 最初に市長から投資的経費の問題、農業問題、それから駅南区画整理事業の問題について、お答えいただきます。



◎市長(太田順一君) それでは田島議員から、いわゆる総括的に答弁させてもらいます。

 20年度の予算につきましては、予算審議をいただき認められた予算規模で、この一年間全職員総力を挙げまして、十分な予算執行ができたものと私どもは理解しております。

 以上です。

         〔笑声あり〕



○議長(北沢俊一君) 続いて、赤堀課長。安全課長。



◎安全課長(赤堀正人君) 安全課長でございます。田島議員御質問、避難所と救護所ということでございますけど、避難所はわかりやすく言えば小中学校等になっております。救護所はメインの救護所がけやきと小笠の保健センター、予備的な救護所として小笠北小、菊川西中、東中となっております。

 基本的に救護所は軽度の傷を負った方とか、そういった方を見る場所になります。ですから、そこで見て、そのまま自宅へ帰れる方とか病院へ運ばなきゃいけない方とか、そういったものを判定する場所というようになっております。ですから救護所へ来て、そのまま避難所へ避難して泊まるというようなことはないかと思います。もし重傷とかそういった方が見えた場合は、次の病院とかへ搬送するような形になっております。



○議長(北沢俊一君) 続いて、農業問題、広瀬農林課長、お願いします。広瀬課長。



◎農林課長(広瀬勝彦君) 農林課長です。先ほど答弁させていただいた中で、7年度との比較ということで、最終的な終始の数字までは把握できなかったんですが、個々の20年度のお米の単価、お茶の年間の約、生葉の単価、生葉については500円、お米については1万2,000円が20年度でしたというふうに御答弁させて、この数字を7年度の先ほどの経営体系に生産額として載せた場合、粗収益がおおむね半分となるというふうに御答弁させていただいたと思います。

 後粗収益に対して必要経費をどのように算定するかというもの等もあるかと思いますが、そのまま入れていってもやはり平成7年の基準のときの目標が800万、見直しをして──あ、済みません、平成7年のときには900万でした。このモデルをそのまま数値の中に入れて見直しをして800万ということを考えても、粗収益が半額になりますので、所得的にはこの7年度から比べると、半分程度に落ちるということが見込まれると大変厳しいというようなことの答弁をさせていただいたと思います。金額はちょっと正確にはお伝えできなかったこと申しわけありませんでした。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。田島議員、再々質疑ございますか。



◆15番(田島允雄君) 最後。市長、大変簡単簡潔な、これは俺は俺じゃルール違反なもんでね。今ここでやる気はないで。ぜひ決算のそばでね、私はこれだけ親切によう調べて細かにね、突いたけが、あれで市長なんだから楽なもんでね、あんた。とんでもない話で、あんた。だれでもできるじゃない。それでいいよいいよ、それで、そっちの結局避難所というのはちょっと確認したい、大事なことだもんで。

 そうすると、まあ例えばね、5丁目の衆はさ、西中に行くようになってるけれど、体育館をもしいつも使ってても、どいてくれよと、あんた、ここ、救護所になるでということはまずないよというふうな発言だと聞いてもいいわけですね。それともそういう危険があるのかどうか、そこが心配です、具体的に言うと。ほかの3つのとこもそういうことだからね。



○議長(北沢俊一君) 最初にじゃあ市長。

         〔「はあ」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 太田市長。



◎市長(太田順一君) 答弁必要ないということですよね。

         〔「もう、いいよ別に」と呼ぶ者あり〕



◎市長(太田順一君) 多分、そういうふうに再々質問で田島議員から来ると思いましたので。

         〔「あ、そうなん」と呼ぶ者あり〕



◎市長(太田順一君) やはり公共事業について──一つはですね、財源的な問題につきましては、やはり総合計画があり、5年計画があり、単年度的ないろいろな事業がありますので、当然その先を見据えて公債費とか、あるいは事業というのは当然検討しております。

 従いまして、今公共事業、大型事業か生活関連事業かという福祉とかいうことがありますので、それ当然、年度、年度に、限られた財源の中で、先ほどの農業の問題もそうです、商業の問題も、あるいは区画整理の問題も、あるいは地元への福祉とか教育とかというものは、これからも当然予算の中できちっと対応していきたいと思いますので、やはり田島議員にも成果があったところにつきましては、やっぱり評価もしていただいて、またこれから見直さなければいけないことにつきましては、またいろいろと御指導をいただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(北沢俊一君) 続いて、救護所の問題は落合健康長寿課長。落合課長。



◎健康長寿課長(落合哲郎君) 健康長寿課長です。救護所というのは、地震が突発に起きた場合、当然、本来は本部の指示ですけれども、そういう場合は当然職員はまずそこへ行って開設準備して、状況ではもう開いていると、それがまず2カ所と。それが状況においては本部からの指示で各小中学校の開設に動いていきます。

 で、救護所の目的というのは、トリアージと応急処置、そこでそのままそこにいてもらうということではなくて、先ほど安全課長からありましたように、重体の場合にはとにかくほかの病院なり、その時点ですと各地からの応援も来てますので、そういうようなところへ行くということで、避難所、トリアージをして軽症だからじゃあ避難所であっちへ行って、普通にあっちへ行ってくださいということはあるかもしれませんけども、そこがダブるような形では今こちらでは考えておりません。



◆15番(田島允雄君) どうも。(笑声)



○議長(北沢俊一君) 15番 田島議員の質疑を終わります。

 以上で、通告による質疑を終わります。関連質疑はありませんか。小笠原議員。



◆12番(小笠原宏昌君) 念のために確認をしておきたいわけですが、先ほどの答弁の中で、お茶の、生葉の単価の件で、500円という数字をお話に出ましたけども、おおよそどういう計算で大体そういう数字が出てきたのか、説明をいただけたらありがたいと思います。



○議長(北沢俊一君) 広瀬農林課長。



◎農林課長(広瀬勝彦君) これにつきましては、20年度の茶業振興室のほうに調べていただきまして、生葉で一番茶の販売の単価、二茶、秋冬番という収入に対しての状況で、それをいただいた数字の合計の一年間の単価を合計した数字であります。

 詳しくはちょっと申しわけないですけど、資料をいただいたものを言わせていただいてもらいます。

 これは、それこそ専業農家の人たちが自分で出荷してやる価格とか、そういうものとは違いまして、茶農協の平均的なものを集計して出してありますので、一概に合致するものではないのかもしれないんですけど、おおむね一番茶が360円ほど、二番茶が85円ほど、秋冬が40円ほどということの合計でおおむね500円というものを出してあります。

 そういうことで答弁させていただきました。



○議長(北沢俊一君) 答弁終わりました。よろしいでしょうか。



◆12番(小笠原宏昌君) はい。



○議長(北沢俊一君) ほかに関連質疑ありませんか。

         〔発言する者なし〕



○議長(北沢俊一君) 質疑なしと認め、質疑終わります。

 お諮りします。本件については、総務建設委員会及び教育福祉委員会に所管事項の審査を付託したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、総務建設委員会及び教育福祉委員会に所管事項の審査を付託することに決定しました。



────────────────────────────────────────





△議案第70号〜議案第78号の質疑、委員会付託 



○議長(北沢俊一君) 次に、日程第9 議案第70号 平成20年度菊川市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についてから、議案第78号 平成20年度菊川市水道事業会計決算の認定についてまでの9件を一括議題とします。

 本件について、質疑の通告がありません。質疑を終わります。

 お諮りします。議案第70号から第73号及び議案第77号は、教育福祉委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、議案第70号から第73号及び議案第77号につきましては、教育福祉委員会に審査を付託することに決定しました。

 続いて、議案第74号から議案第76号及び議案第78号は、総務建設委員会に審査を付託したいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、議案第74号から議案第76号及び議案第78号は総務建設委員会に審査を付託することと決定いたしました。



────────────────────────────────────────





○議長(北沢俊一君) 以上で、平成20年度10会計の決算をすべてを所管する常任委員会に審査を付託しました。落合議員におかれましては自席にお戻りください。御苦労さまでした。

 ここで職員の入れかえがございますので、10分間休憩をさせていただきまして、20分から再開をいたしたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。



休憩 午前11時05分



再開 午前11時17分





○議長(北沢俊一君) 若干時間前でありますけども休憩前に引き続き委員会を再開したいと思います。



────────────────────────────────────────





△議案第79号の質疑、採決 



○議長(北沢俊一君) 日程第10 議案第79号 平成21年度菊川市一般会計補正予算(第3号)につきまして議題とします。

 本件については、質疑の通告がありますので、これをお願いしたいというふうに思います。

 最初に、4番 伊藤芳男議員の質疑をお願いいたします。伊藤議員。



◆4番(伊藤芳男君) それでは簡潔にいきたいと思いますけれども、24ページの3款1項1目96の職員給与費ということで、健康長寿課の職員関係ですけれども、その人数、その背景、あるいは特に社会福祉協議会からの引き上げというんですか、あるいはこどもみらい課のほうにも給与費関係でマイナス補正がございますので、その辺の関連もあるのかどうか、もう少し具体的な御説明をお願いしたいということでございます。

 次の29ページでございますけれども、6款1項3目の細目9ということで、強い農業づくり交付金事業、これは、実は私も、若干お茶をつくっておりまして、茶工場の組合員でもありまして、今までいろんな業者さんとか、これは設備関係を機械を携わっている業者さんだかに伺いますと、現在はいろんなラインといいますか、生産ラインを複数あっても一つに減らしたりとか、そういったいろんな、静岡ではこうだ、周辺の例えば藤枝とか、そういったところではこうだというような大体のお話は伺っているわけです。いわゆる茶価の低迷が、いわゆる品質がよくても売れないというように私は認識しておるわけです。

 そういったことで今回の施策、確かに国の施策ですけれども、生産加工組合の本当のニーズと合致しているのかなというここら辺の見解をまず伺いたいということです。

 次の34ページ、9款1項5目細目7の防災資機材整備事業の中の特にいわゆる設置看板というんですか、対策の地震対策の標識を取りつけるということで、この具体的な説明をお願いをしたいと思っております。

 最後に37ページ、文化会館の管理費ということで、これはどこでも必ず修繕費というのは発生することは承知しておりますけども、日常のメンテの中でこういったものが早くわからなかったのかなということと、もう一つは修繕には当然不良のパーツの取りかえとか、あるいはいわゆるユニット交換とか、こういったものが一般的だと考えておりますし、今回この辺が空調ですからコンプレッサーが悪ければコンプレッサーを修繕すれば直るんではないかなと、あるいはモーターが悪ければですね、モーターを取りかえれば直るんではないかなと、そのように単純に考えるもんですから、もう少し具体的な御説明をお願いしたいと。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 質疑が終わりました。答弁を求めます。

 最初に、沢崎総務課長。沢崎課長。



◎総務課長(沢崎久雄君) 総務課長でございます。伊藤議員の御質問にお答えしたいと思います。

 民生費の関係で職員給与ということで、総務課のほうで答弁をさせていただきます。

 まず、今年度の職員給与費について、全般について先に説明させていただきます。

 今年度、職員給与費につきましては、当初予算に計上いたしました予算額でございますけれども、20年度で組織・人数をもとに積算されて、当初計上させていただきました。

 そして今年度6月に6月補正におきまして、21年度新たな組織替えがありましたので、それにあわせて当初の予算枠内で配分をかけさせていただいたところでございます。予算配分に当たりましては今年度執行に支障のない予算で6月に枠組みのほうで補正計上させていただきました。

 そして、今回の補正でございます。今回の補正につきましては、年度当初行った職員の人事異動に伴いまして、費目間の増減、共済員等でいきますと共済率のワープとか、現在の組織にあわせた補正を行ったものでございます。

 御質問の3・1・1目の96、健康長寿課の分で申し上げますと、20年度まで健康福祉課から福祉分野を分割をいたしまして、新たに福祉課を創設いたしました。この再編に当たりましては、増大する福祉行政需要に的確に対応できるよう組織改革を行ったものでございます。

 また、20年度の健康福祉課では6係・31名という非常に大きな部署でございましたが、21年度から新たに健康長寿課として4係・24名体制をすることによりまして、健康増進や高齢者福祉分野に係る事業について、課として一体に取り組んでいく体制を整えたところでございます。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、横山茶業振興室長。横山室長。



◎茶業振興室長(横山嘉彦君) 茶業振興室長です。伊藤議員の御質問にお答えします。

 茶価の低迷、消費量の減少の中、品質の優良なものは売り物になりますが、品質が悪いものは売りにくいとか、売れないというように認識をしております。荒茶加工施設での設備の老朽化が進み、茶の生産コスト上昇と品質低下を招く要因となっています。市内の荒茶加工施設についても、老朽化により機械の更新が必要となっているお茶工場があります。今回、特別に国のほうで耐用年数を経過した荒茶加工施設の更新が国庫補助の対象になりました。

 市におきましては、5月1日と5月11日付で、各茶工場のほうに文書を出しまして周知をしました。その中で要望のあった23のお茶工場に対して、5月15日に市役所のほうで説明会を行いました。これについては県の担当の方も出ていただいて説明をしております。

 最終的には機械更新に伴う改善計画の策定をしていただいて、6工場が今内示を受けているところであります。更新時期にきている機械があり、資金計画にも支障のないお茶工場に対しましては、そういうお茶工場に対してのニーズには合致しているものと考えています。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 続いて、赤堀安全課長。赤堀課長。



◎安全課長(赤堀正人君) 安全課長でございます。伊藤芳男議員の御質問にお答えいたします。

 御質問の地震対策、避難所案内標識設置工事の具体的説明をということでございますけども、設置場所につきましては市が避難所予定場所に指定しております小中学校など20カ所を予定しております。

 契約方法につきましては、入札におきまして業者決定し工事を順次進めていく予定でおります。

 また、仕様につきましてですけれども、多分大きさということでよろしいかと思いますけども、文字を書く盤は、およそ横1メートル20、縦80センチ程度の盤にですね、高さは2メーター二、三十のものを考えております。日本語と英語、ポルトガル語、3カ国語で「ここは避難所ですよ」という文字を入れる予定でおります。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、妻木社会教育課長。妻木課長。



◎社会教育課長(妻木久君) 社会教育課長です。お答えします。

 菊川文化会館アエルは平成4年3月にオープンしまして、現在までに約187万人の方々に御利用いただきまして、菊川市の文化の拠点として愛されてまいりましたが、築17年以上が過ぎ、舞台関係、照明関係、音響関係それから空調関係など、大きな修繕が必要な時期となっています。

 今回の空調ポンプの修繕につきましても、業者のメンテナンス時にある程度の指摘等を受けておりますが、当初予算への計上も検討してまいりましたが、そのほかに先に行うべき修繕があり、そちらを優先いたしました。しかし、今般7月末ごろからポンプのほうに異常のほうを来し、今回の補正予算に計上させていただくものです。

 修繕方法につきましては、ポンプ導入後17年以上が経過しておりまして、すでに補修パーツ等がほとんどないことや、シャフトの摩耗ということで通常ではポンプとしては寿命と言える症状となっております。このためユニットの交換を行うものです。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。伊藤議員、再質疑がありますか。伊藤議員。



◆4番(伊藤芳男君) ありがとうございました。職員給与費のほうの理解としては、いわゆることしの21年度の当初の人事異動で人は全く変わらないと、そのように解釈すればよろしいということですね。



○議長(北沢俊一君) ほか、いいですか。



◆4番(伊藤芳男君)あ、いいですか。もう一つはですね、今度は防災資機材のほうなんですけれども、きょうもいろいろ避難所とか、避難地とか、あるいはヘリポートとか、救護所とかですね。こんないろいろ同じところがダブったところがあると思うんですけども、そのいわゆる表示型なのか、案内型なのか、その辺はいかがでしょうか。

 その2点についてお願いします。



○議長(北沢俊一君) 答弁を求めます。最初に、総務課長。



◎総務課長(沢崎久雄君) 前年度と職員かわらないのかというような御質問でよろしいですかね。およそ。



◆4番(伊藤芳男君) 21年度の当初に人事異動やってますよね。ですから、人は多分かわらないと思う、あくまでも予算的なね、そこのやり方と言いますかね、使い方だけだと理解したんですけど。



◎総務課長(沢崎久雄君) そのとおりです。当初の配置人数と現在の配置人数、予算上ですね、その人数的にはかわっておりません。よろしいでしょうか。



○議長(北沢俊一君) 次に、安全課長。赤堀安全課長。



◎安全課長(赤堀正人君) 安全課長でございます。ただいまの御質問ですけども、表示型になろうかと思います。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。伊藤議員。



◆4番(伊藤芳男君) 先ほど安全課長のほうから20カ所ということで伺ったんですけど、私もちょっと避難地と避難所の違いとかですね、現実にはどのぐらいあるのかということと、その辺ちょっと事前にですね、ちょっとマニュアルのほうから見たんですけども、私がカウントしますと22カ所ぐらいになると思うんですけど、その辺はいかがですか。



○議長(北沢俊一君) 伊藤議員に再々質疑がございました。赤堀安全課長。



◎安全課長(赤堀正人君) 安全課長でございます。現在市で指定しております避難所につきましては、協定を結んでおります小笠高校、常葉学園、開洋高校等を含めまして、21カ所となっております。

 また、ここの総合体育館等につきましては、原発のときだけという考えでございます。ですから20カ所ということで、設置数は予定しております。



◆4番(伊藤芳男君) 最後ですね。町部の地区センターを災害時の要援護者を収容する福祉避難所ということでね……



○議長(北沢俊一君) 伊藤議員、すいません。ルールでは3回。



◆4番(伊藤芳男君) 3回です。すいません。



○議長(北沢俊一君) ごめんなさいね。終わります。



◆4番(伊藤芳男君) ありがとうございました。



○議長(北沢俊一君) 4番 伊藤議員の質疑を終わります。

 続いて、6番 西澤和弘議員の質疑をお願いいたします。西澤議員。



◆6番(西澤和弘君) それでは、よろしくお願いいたします。

 初めに25ページの小規模授産所運営費等補助金566万1,000円の減ですけど、この事業所の廃止とお聞きしましたが、そこへ通われてた利用者の方への影響はどのようなものか、また支障がなければ廃止の理由はお知らせいただければと思います。

 同じく25ページ、敬老会費ですけど、これは食料費を減額してその分記念品にプラスというようなことだとは思うんですけども、変更に至った理由、そしてその変更に至った理由は参加者の希望なのか、それとも行政上のことなのか、そしてその食料費減額におけるお弁当がほかのお弁当になったとは思うんですけど、市内業者さんへの影響はあるのかどうなのかお聞かせください。

 26ページの子育て応援特別手当給付金、給付金の内容説明をお伺いいたします。

 27ページ、住宅手当緊急特別措置費、これは国の新規事業だそうですけど、この内容説明もお聞かせください。

 29ページ、先ほどの伊藤議員からの御質問のあったところですけど、荒茶加工施設老朽化対策補助金。説明書によりますと、6茶工場に対する補助金だそうですけど、今お聞きしますと23の要望があったということですけど、今後どのような対策を進めていくのか、きっと茶業振興にもかかわる補助事業だと思いますので御説明をお願いいたします。

 33ページ、菊川駅前トイレ整備事業、この各駅にもトイレがあって私も利用するんですけど、ここのメンテが一番皆さんにとって、これから関わってくることかなと思います。余りにも汚れてたトイレが駅前にありますと、市の顔としても印象が悪くなるのではないかなという考えから、メンテにかかる予想額、もし概算が出ておりましたらお知らせしていただきたいということと、現存する駅の構内のトイレはこの駅前トイレができることによってどうなるのか、職員用のトイレになるのか、または一般的に今までどおり使えるのか、わかったらお知らせしてください。

 36ページのデジタル機器購入費、これは公立幼稚園のデジタル機器に対する購入の補助だと思うんですけど、私立幼稚園が当市にはあって、通っている子のウエートも大変大きいので、私立への対応はどうかお聞かせください。よろしくお願いします。



○議長(北沢俊一君) 西澤議員の質疑が終わりました。答弁を求めます。最初に大野福祉課長。大野課長。



◎福祉課長(大野慶明君) 福祉課長でございます。西澤議員の御質問にお答えいたします。

 ここで言っております小規模授産所でありますが、これは旧小笠地区の丹野というところにありましたリッキー作業所というところへの補助金でありました。で、平成18年の10月から御存じのように障害者自立支援法が施行されまして、こういった小規模授産所においても、この支援法に基づく事業への移行が必要であるとされたところで、移行に向けてこの授産所でも努力はされておりました。市といたしましても、制度移行に当たって、いろんな助言とか指導とかいたしておりましたけれども、移行要件であります利用者の増ですね、この支援法で求められているのが定員数が20名なんですけれども、実際には利用者が6名という状況でございました。で、20名のところ6名という状況でございまして、そのほかのサービス管理者の人材等の確保もなかなか困難であったということがございまして事業を廃止いたしたいという申し出がございまして、ことしの2月ですけれども、そういった報告を受けまして、廃止の手続をさせていただきました。

 利用者への影響でありますけれども、同じように日中一時支援とか就労支援をやっております草笛の会、あるいは東遠学園のほうと連携をいたしまして、そちらのほうへ受け入れていただきました。ですので、サービスの継続利用についてはスムーズに移行できたと考えております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) もう1件、住宅手当の関係をお願いします。



◎福祉課長(大野慶明君) すいません。住宅手当でございますけれども、この住宅手当緊急特別措置事業は、これは新たなセーフティーネットの構築ということで、経済危機対策が各種行われておりますけれども、そのうちの住宅生活支援対策事業として国の補正予算によりまして100%の補助を受けて実施されるものであります。

 その内容ですけれども、補正予算書に掲載をさせていただいたように、住宅手当そのものと、それから事業実施に伴う事務費ですが、当市の場合、電算の委託業務、申請から給付に係るシステムの導入をこれ予定しておりますが、これらが対象経費となっております。手当そのものは、10月1日から開始されますけれども、対象となる方といたしましては、7つの要件がございまして、2年以内に離職された方、世帯の生計維持者、それから求職活動を行う方といった7つの要件、これすべてに該当する方とされております。

 手当の額ですけれども、上限額で単身世帯の場合が3万7,200円、複数世帯の場合は4万8,300円といったもので、これは生活保護の住宅扶助における特別基準額に準じた額とされております。

 それから支給期間でございますが、6カ月間を限度とされておりまして、アパート等の貸し主、または管理者ですね、事業者の口座に直接振り込まれるようになります。この制度につきましては、生活保護までは至らないけれども、離職によって生活拠点を失う、あるいは失うおそれのある方、こういった方を救済しようとすることで創設されたものであります。

 現在、市といたしましても10月1日の開始に向けまして、要領等を整備を進めておりまして、けやきの福祉係、福祉課のほうで受付を行う予定でございます。具体的には一応今のところ9月の24日から受付開始をする予定でおります。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、落合健康長寿課長。落合課長。



◎健康長寿課長(落合哲郎君) では、敬老会について説明いたします。

 昨年度、連合自治会役員会において、敬老会のあり方について見直しをしたほうがいいという意見がございました。それからこの議会におきましても、落合良子議員から敬老会についての御意見等がございました。

 これを受けまして、民生委員、老人クラブ、コミュニティ協議会、自治会の役員の方等をメンバーとする検討委員会を開催いたしました。そこでの主な意見として、これまでの記念品では個々に欲しいものになっていないのではないかと。それから弁当につきましては分量が多過ぎる。それから持ち帰りで衛生的に心配だ等の意見が出ました。このため検討委員会では、記念品については商工会発行の商品券に、それから弁当については、もう少し値段を安くして分量、それから衛生面からも考えて助六寿司弁当に変更するという検討委員会の結論ということになりました。

 その折に、検討委員会の議論の材料のためにアンケートも高齢者、それから自治会その他の方々からのアンケートもとっておりまして、その中で記念品について、やはり商品券がということがいう傾向が出てまいりました。これを受けて今回の補正予算はさせていただくものであります。

 業者につきましては、昨年度までは菊川市の飲食業組合に注文してきましたけれども、その助六にするということで飲食業組合とも話をいたしました結果、作業、手でやらなければいけないとかそういうようなこともございまして、今回は入札を行い、市内業者の入札を行うということで市内業者の有限会社夢みに決定したところでございます。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 続いて、栗田こどもみらい課長。栗田課長。



◎こどもみらい課長(栗田正弘君) こどもみらい課長でございます。西澤議員の御質問にお答えをいたします。

 子育て応援特別手当給付費でございますが、同手当は国の経済危機対策の一環といたしまして平成20年度に実施されましたが、現下の不況下におきまして、引き続き行われるものでございます。

 本年度におきましては、平成21年10月1日現在におきまして支給対象となるのは、平成15年4月2日から平成18年4月1日までの間に生まれた子供がいる世帯で、住民基本台帳及び外国人登録原票上の世帯主に支給をされます。支給額は、対象となる子供1人当たり3万6,000円でございます。これによりまして、本市で対象となる子供は、今回のこの手当が第1子から対象ということで拡充されておりますので、およそ1,600人になる見込みであります。したがいまして、予算額として5,760万円を計上いたしたものでございます。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、横山茶業振興室長。横山室長。



◎茶業振興室長(横山嘉彦君) 茶業振興室長です。西澤議員の御質問にお答えします。

 荒茶製造施設の更新は、それぞれの事業主体、お茶工場になりますが、経営診断の中で実施していくものと考えています。今回の補助事業は、そういった考え方がある上で緊急経済対策の中で特別に補助対象となったものです。今後この補助事業が継続されるようであれば、その都度茶工場に周知をして要望を吸い上げてまいりたいと思います。

 今回の補助事業につきましては、市内の茶工場に周知をしまして、要望のお茶工場に対しましては説明会も行っております。その中で6茶工場のほうが申請をしたものです。更新の時期に来ていないか、他の茶工場におきましては、更新の時期が来ていないのか、補助事業といえども2分の1は事業主体のほうの負担でありますので、コスト増を勘案してなのかはそれぞれの茶工場の経営判断になると思います。

 今後も有利な補助事業などがあれば茶工場に周知をし、それぞれに判断をしていただくものと思っております。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 続いて織部都市計画課長。織部課長。



◎都市計画課長(織部文雄君) 都市計画課長です。

 それでは菊川駅前トイレ整備事業につきましてお答えさせていただきます。

 JR菊川駅前においてのトイレ設置の御要望に対しまして、この補正予算にて地域活性化交付金を充てまして、トイレ整備事業を実施する予定であります。現在業務委託により実施設計を行っております。来年の完成を目指しております工事完成後の維持管理方法については、駅前広場の管理も含めた中での管理方法を検討していく必要があると考えております。現在のところは、結論に至ってはおりません。

 またメンテナンスにかかる予算の予想額としましても、実施設計段階から予算との兼ね合いを図りつつ、メンテナンスが最小限で済むような材質等を使用するように配慮しながら検討してまいっております。現在は実施設計段階でありますので御理解をお願いしたいと思います。

 今回のトイレ設置につきましては、JRにも協議を行っておりまして、JRも承知しております。駅構内のトイレにつきましては、JRについて維持管理を行っていただいておりますので、今後どうなるかということについては現在のところは市としては聞いておらない状況でございます。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 続いて、加藤教育総務課長。総務課長。



◎教育総務課長(加藤容章君) 教育総務課長です。西澤議員のデジタル機器購入に関する御質問にお答えいたします。

 今回の補正では、公立幼稚園4園に対しまして地上デジタルテレビの購入予算を計上いたしました。私立幼稚園の対応はしておりません。これは公立幼稚園の地上デジタルテレビの整備に当たっては、国の学校情報通信技術環境整備事業、2分の1の補助でございますが、この事業により整備を進める計画であり、この事業の対象は、公立の幼稚園及び公立の小中学校等ということが定義づけられ、私立幼稚園は対象にならないためでございます。

 私立幼稚園への国や県の対応としましては、文部科学省で子育て支援対策臨時特例交付金というものを財源としまして、静岡県の私学振興室において、私立幼稚園緊急環境整備事業による整備を進めており、デジタルテレビの購入等については、こちらの事業で2分の1が補助されると聞いております。直接園が県と協議を進めているため、事業の詳細ですとか各園の要望状況は把握しておりませんが、私立幼稚園に対する国の補助事業があることから、現時点では市として私立幼稚園に対する対応は考えておりません。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。西澤議員、再質疑ありますか。西澤議員。



◆6番(西澤和弘君) ありがとうございました。確認だけさせていただきます。小規模授産所運営は廃止となったが、草笛や東遠とのお話し合いでうまくそこの利用者は振り分けられたということでよろしいでしょうか。

 敬老会については、いろんな前からの御要望があってこういうふうに変えたということですので質問はないんですけど、ただ業者の代表者の方とのお話し合いで、飲食業組合とのお話し合いでこうなった、承認されたということですけど、なかなか飲食業組合の組合員の中においてもいろんな御意見がありまして、金額的にもまとまった大きなお金が動く事業ということで受け取っている組合員の方もいらっしゃいますので、参加者の方の希望等が多かったというのを全面に出していただいて、そういう結論に達したということにしていただきたいなと思います。

 あと3番目と4番目はぜひよろしくお願いしたいということと、住宅手当については受け付けが始まるということでこれからのPR、市民の方が知らなければ利用もできませんので、PRのことも考えていただき、有効に使っていただきたいなと思います。

 荒茶のほうはわかりました。この事業自体は継続性があるかどうかわからないという判断でよろしいですよね。

 あと駅前トイレについては市民の皆様からの要望もあるし、菊川の顔となるトイレです。皆さんもよその自治体に行って、駅を利用するときに多分お使いになると思いますけど、今実施設計の時期でとてもメンテは考えておりませんというお話ですけど、私は設計も大事ですけど、メンテも必ず大事な事項になってくると思いますので、早いうちから検討していただいて、設計の時期からメンテのことを考えた設計をしていただけるよう要望しておきます。

 デジタル化は、私立幼稚園に対しては県の補助があるから市はないよと、規定が公立の規定だから私立幼稚園に対してはないよということでいいんですよね。一つだけ質問させてください。幼稚園もそうなんですけど、保育園も私立の保育園がたくさんあるんですけど、その私立に対しての対応がもしわかれば教えていただけたらと思います。1点だけよろしくお願いします。



○議長(北沢俊一君) 答弁お願いします。栗田こどもみらい課長。こどもみらい課長。



◎こどもみらい課長(栗田正弘君) こどもみらい課長です。ただいまの西澤議員の御質問でございますけれども、この私立の保育園につきましては、私立ですけれども、私立の保育園につきましては、デジタル機器の購入に関し、補助金とか交付金は現在ございません。しかしながら、実際には各園において今後購入していくとかそうした場合の補助等につきましては、やはり保育園のほう、私どものほうで担当しておりますので、そうした点については少し研究する必要があるではないかと、そのように感じているところでございます。

 そんなところで、8月中旬ごろから各園に問い合わせを少しさせていただきました。それによりますと、実際には各園ともこの対応についての取り組み方といいますか、そうしたものが非常にばらつきがございまして、現時点でなかなか結論を出すというのはなかなかできないところでございますので、現状ではこの調べました状況、そうしたものに基づきまして、さらに園側の意見を聞くなどしまして、今後財政当局、そうしたところとも協議を行いまして、対応のほうを検討していきたいとそのように今考えております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁終わりました。西澤議員。



◆6番(西澤和弘君) デジタル化になってアナログのテレビが使えなくなるといのは、これだれでも同じころになると思います。公立行ってる、幼稚園に通ってる子、私立行ってる子、保育所行ってる子、すべてにかかわることですので、ぜひ保育所のほうは御意見をまとめられて、何か政策があればよろしくお願いしたいなと思います。ありがとうございました。



○議長(北沢俊一君) 6番 西澤議員の質疑が終わりました。

 続いて2番 内田 隆議員の質疑をお願いいたします。内田議員。



◆2番(内田隆君) それでは、補正予算の中で3点質問するつもりだったんですけど、真ん中は大体わかりましたので。最初に24ページの舟岡山公園の工事124万ですけど、内容につきましては、木の伐採というふうに聞いてるんですが、ここ多分南部第二の区画整理のときに工事をやったとこかなと思ったもんで、そのときに一緒にできなかったのかなということでこれは質問させてもらっておりますので、そんなお答えでお願いします。

 小規模授産所についてはわかりました。それと35ページの学校施設の中で洋式トイレの補正予算が出ておりますが、これにつきまして今回で何カ所やる予定であって、全体で何カ所計画されてあって、あと残りがどれだけあるかということを御説明願いたいと思います。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 内田議員の質疑が終わりました。答弁を求めます。最初に大野福祉課長。大野課長。



◎福祉課長(大野慶明君) 福祉課長でございます。内田議員の御質問にお答えいたします。

 舟岡山公園の整備工事費ですけれども、今質問がありましたとおり、樹木の伐採、あるいは剪定といった工事でございます。現地ですけれども、しばらくの間、手が入ってなかったということで、あそこの招魂社ですか、社をおおっていたり、コード状へもう垂れ下がっているといった状況でありました。で、今回補正をお願いをして適正管理を行いたいというものであります。剪定するものですけれども、低木ではなくて主に高木ですね。業者さんにお願いしないとちょっと手が入らないなというところでお願いをする予定でおります。

 それで南側の公園との整備の中でというお話ですが、そこについては別でということで、当時はこの舟岡山のほうへは特に手をつけてなかったということになります。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、加藤教育総務課長。加藤課長。



◎教育総務課長(加藤容章君) 教育総務課長です。内田議員の小中学校の洋式トイレ整備、これについてお答えいたします。

 今回の補正では、小学校のトイレ洋式化工事費としまして、570万円を計上し、小笠南小学校、内田小学校、それと堀之内小学校の児童用トイレについて、この3校で12個程度の入れかえを、入れかえといいますか、取りかえを予定しています。

 学校トイレの洋式化につきましては、生活様式の変化に伴い自宅のトイレが洋式化されていることや、障害を持った子供、またけがをした子供への対応、あと低学年や外国籍の児童生徒への配慮などから学校から既設トイレの改修要望が多く出されております。こういったことから必要性や整備状況を勘案しまして、継続的に整備を進めているところでございます。

 整備目標としましては、小中学校の校舎内の各階の各トイレ、この中に男女1カ所以上洋式トイレを設置していきたいと、こんなことで今進めたいと考えております。今回の補正を含めた今年度末の整備状況としましては、小学校9校でいいますと、校舎内トイレのうち障害者用トイレ、また職員用トイレを除いた児童用のトイレが全部で46カ所あります。このうち洋式トイレが男女とも設置された数が25カ所となり、整備率としては54%となります。同じく3つの中学校では、トイレの箇所が28カ所ありまして、洋式トイレが設置された数が15カ所、整備率としては小学校と同じ54%となります。

 以上で答弁とさせていただきます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。内田議員、再質疑ありますか。



◆2番(内田隆君) 舟岡山については、工事が別だということで要するに前回はやれなかったということでよろしいわけですよね。

 それともう1点、今トイレについては、あと50%という形ですけど、今回ここで一応切ってあるということについては、また将来的に向かっていくということだと思うんですが、この後残りの40%ぐらいはどのぐらいの期間でやられるか、大体計画が立っておるわけですか。



○議長(北沢俊一君) 答弁を求めます。最初に大野課長。



◎福祉課長(大野慶明君) 福祉課長です。別の工事として実施しているということで聞いておりますというか、そういう形になっております。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 続いて、加藤教育総務課長。



◎教育総務課長(加藤容章君) 今後の計画ですが、小学校では未整備のところが21カ所、ブース数といいますか、便器の交換数で言うと38カ所程度残っています。また中学校では13カ所、22個ということになります。

 それで今後の整備計画については、それこそ学校のほうのこういった工事要望というのはたくさんありまして、毎年必要によって学校と相談しながらどこを採択するか決めていきますので、特にこちらとしてはいつまでとか、こういう計画を持っているものではありません。

 以上で答弁とさせていただきます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。内田議員、再々質疑ありますか。



◆2番(内田隆君) ありません。ありがとうございました。



○議長(北沢俊一君) 2番 内田議員の質疑を終わります。

 この後、職員の入れかえがございますので、ここで4番 伊藤芳男議員から2番 内田議員までの質疑に関連する質疑をお受けしたいと思います。関連質疑はありますか。すずき麗華議員。



◆14番(すずき麗華君) 伊藤芳男議員の……



○議長(北沢俊一君) マイク上げてください。



◆14番(すずき麗華君) すいません。伊藤芳男議員の強い農業づくり交付金事業の質問ですけど、これこの中に茶価の低迷は品質がよくても売れないという現状認識と本施策にずれがないかという質問が入ってますけどね、ここのところがちょっと品質をよく上げるために工事をよくするというような形でしか答弁をいただいていないもんですから、そこのところは僕も聞きそびれたかもしれないですけど、この品質がよくても売れないという現象のその関係の認識ですね。認識と施策というものを教えていただきたいということね、ちょっと一つは。

 で、もう一つ。これ文化会館管理費なんですけど、これは今修繕というのに一応少ない低価格の修繕は指定管理業者で持つというような形になってまして、大きな修繕は市で持つということになってますけども、結局この中で不良パーツとかいろんなものの修繕とか、そういうような細かい修繕の一つ一つの金額が少ないという形のものでも、最終的にはまとめてやれば市で持ってもらえるようになるという、そういう形になるものですから、これから小菊荘なんかもいろんな形で指定管理者ということになるもんですから、その点のこれは大きな修繕としてただ一業者だから大きな修繕になるのか。それとも細かい一つ一つの修繕、小さな修繕としてとらえて、それが集まって大きな修繕になっていくのかという、その部分をちょっと教えていただきたいと思います。お願いします。



○議長(北沢俊一君) 最初に、横山茶業振興室長。横山室長。



◎茶業振興室長(横山嘉彦君) 茶業振興室長です。先ほどの伊藤議員のほうのときに答弁をさせていただきましたが、品質の優良なものは売り物になりますが、品質が悪いものは売りにくいとか売れないというふうに認識しております。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 続いて、妻木社会教育課長。妻木課長。



◎社会教育課長(妻木久君) 社会教育課長です。今の御質問ですけども、指定管理者との協定の中で30万円を境としまして30万円に達しないものについては指定管理者のほうで行う、それから30万円を超えたものについては市が実施するということになっております。

 そういう中で指定管理者のほうとしましても、年間で200万円のその修繕の予算というものを計上してあります。そういう中で30万円すれすれのものもありますけれども、そちらのほうでやっていただいております。そういう中で市としましては、設備等のもっと大規模な修理ということで実施をしております。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。よろしいですか。すずき議員。



◆14番(すずき麗華君) すいませんね。今、この強い茶業農業づくりの交付金の関係なんですけどね……



○議長(北沢俊一君) マイク上げてくださいね。



◆14番(すずき麗華君) 失礼しました。今答弁をいただいたんですけど、結局この伊藤議員の質問の中では、やっぱり品質がよくても売れないという現象のそういうので、品質がよけりゃ売れるという、そういう考えの中でこれをやってるから、品質がよくても売れないというそういう問題に対しては考えていないということでいいですか。



○議長(北沢俊一君) 答弁を求めます。茶業振興室長。



◎茶業振興室長(横山嘉彦君) なかなか今茶価の低迷ということで、それこそ消費も減少しているということで、荒茶等が実際にはだぶつきがあります。その中でもし悪いお茶を出したら、それはもう全然売り物になりませんので、それで品質をよくしたものしか売れないというような認識をしております。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。ほかに関連質疑ありますか。小笠原議員。



◆12番(小笠原宏昌君) 内田議員の質問の学校のトイレの関係ですけども、私が今聞いたところですと3校で12カ所というふうに聞いたんで、それでそういう数ですね。



○議長(北沢俊一君) 加藤教育総務課長。



◎教育総務課長(加藤容章君) 教育総務課長です。そのとおりでございます。ことしは内田、それと堀之内小、あと小笠南小の3校で12カ所を570万でやる予定で補正計上させていただきました。



○議長(北沢俊一君) よろしいでしょうか。小笠原議員。



◆12番(小笠原宏昌君) ちなみにその場所が多いですので、どういうような発注の形になるのか確認をさせていただけたらと思いますが。



○議長(北沢俊一君) 答弁をお願いします。加藤総務課長。



◎教育総務課長(加藤容章君) 金額的には570万ということで、場所は飛んでおりますが、一本で発注できたらなと個人的には私としては思っております。ですので、実はこの3校というのは放課後児童クラブの関係で、校舎内の余裕教室、そちらを補正予算で改装するところでございまして、その工事とあわせて行いますので、そちらの工事のほうの絡みもありますが、できれば一つの業者に3カ所の整備を一つで出したいと、こんなふうに考えております。



○議長(北沢俊一君) よろしいですか。



◆12番(小笠原宏昌君) いいです。



○議長(北沢俊一君) ほかにございませんか。鈴木議員。



◆8番(鈴木榮君) 舟岡山公園なんですが、現在の既設のやつは南部第二の区画整理の範囲外ということで別にやられると思うんですが、今後は公園ができたものですから、相変わらず別に管理するのか、公園と一緒に管理するのか、その辺はどうなっておりますか。



○議長(北沢俊一君) 大野福祉課長。大野課長。



◎福祉課長(大野慶明君) 今後の話でございますが、もちろんその中で取り込んで一体的にその管理ができるというお話であれば、そういった形で検討をするべきことであると考えております。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。鈴木議員。



◆8番(鈴木榮君) 今後の検討課題ということですね。わかりました。



○議長(北沢俊一君) ほかに。

         〔発言する者なし〕



○議長(北沢俊一君) 質疑なしと認め、4番 伊藤芳男議員から2番 内田 隆議員までの質疑を終わります。

 この後、職員の入れかえがございますということを確認をいただきまして、ここで13時まで休憩といたします。



休憩 午後 0時07分



再開 午後 1時00分





○議長(北沢俊一君) それでは、午前中に引き続きまして、会議を開きます。

 続いて、1番 高柳和弘議員の質疑をお願いいたします。高柳議員。



◆1番(高柳和弘君) それでは、4点質問をさせていただきます。

 21ページですが、広報誌等発行費の印刷製本費についてであります。入札差金による減額ということですけれども、地震発生とか新型インフルエンザ大流行など突発的事態も想定される中で現時点で減額してしまって広報誌の増ページや臨時号発行などが今後必要になった場合の対応は大丈夫でしょうかということで1点目です。

 それから2点目で、同じく21ページの庁舎管理費、修繕料ですけども、庁舎壁面の緊急修理工事の補正につきましては、6月にも行いましたが、今回の内容はどのようなもので、前回の補正分との関連はあるのでしょうか。また8.11駿河湾地震の影響について、壁面についてですけども、調査は実施されたのでしょうか。

 3つ目、31ページです。商業振興費の消費拡大事業補助金、市商工会による前回のプレミアム付商品券発行事業の実績成果をどのように分析し、今回の事業に反映しようとしているのでしょうか。新たな消費の喚起、地元の中小小売店で使ってもらうための方策について……



○議長(北沢俊一君) ちょっと高柳議員、すいません、ちょっと中断をしてください。



◆1番(高柳和弘君) なかなか待っていると長いもんですね。(笑声)どこまで行ったか。途中だったですね。これ31ページの商業振興費の途中だったと思いますが、新たな消費喚起、それから地元中小小売店で使ってもらうための方策について、商工会との協議検討、あるいは商工会に対する指導等は何か行ったのでしょうか。

 最後の4点目ですけども、37ページ、文化会館管理費の運営委員費用弁償の予算ですが、今回の補正で計上したというのは、恐らく当初に計上漏れだったということだと思いますけども、今年度残りあと半年という中で協議を、十分な協議を尽くすためにどのような予定を考えているのでしょうか。

 以上、4点をよろしくお願いします。



○議長(北沢俊一君) すいませんでした。高柳議員の質疑が終わりました。答弁を求めます。最初に、原田企画政策課長。原田課長。



◎企画政策課長(原田修一君) 企画政策課長でございます。まず最初に、広報費、印刷製本費の減額についてお答えいたします。

 今回の減額補正につきましては、広報きくがわ印刷業務の入札差金と今後必要となるだろうと思われます印刷製本費の増額分を想定しまして、103万5,000円の減額の予算を計上させていただいたところでございます。御心配いただいております突発的な事態に対応するページ数の増などにも対応できるよう若干予算の余裕は持たせていただいておりまして、減額させていただいているところでございます。

 なお御心配いただいております突発的な事態とはちょっと異なるかもしれませんが、新型インフルエンザの対応につきましては、9月17日発行予定の広報きくがわに、病院のかかり方や手洗い・うがいなどの励行など新型インフルエンザに備えた呼びかけを掲載させていただきたいと思っております。

 また地震関係につきましても年間の計画の中で記事等の掲載を予定しているところでございます。

 以上、質問への答弁とさせていただきます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、沢崎総務課長。沢崎課長。



◎総務課長(沢崎久雄君) 総務課長です。それでは議員の御質問にお答え、庁舎管理費の修繕費についてお答えさせていただきます。

 まず御質問にもありますように、6月議会におきまして、外壁の補正予算をお認めいただきました。この補正では、せり出しの防止の応急措置としての修繕費でありますが、落下防止としてはまだまだ不十分であるため、再度検討させていただきました。検討した結果、将来全面的な落下防止工事を施行することになった場合におきましても二重投資にならず、またレンガが落ちることなく安全な対策を講じたく、今回撤去することが最善と判断いたしまして補正をさせていただくことになりました。今回撤去する経費は、応急措置と比較しますと200万円ほど経費がかさむことになり、補正計上をさせていただいたところでございます。

 次に、8月11日地震発生時について、調査の関係でございますけれども、地震発生当日、午前中に市職員と庁舎建設業者により外壁周辺、新たなせり出しやひび割れがないか、目視で確認をさせていただきました。目立ったせり出しやひび割れはその時点では発見をされておりません。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続きまして、浅羽商工観光課長。浅羽課長。



◎商工観光課長(浅羽睦巳君) 商工観光課長です。それでは高柳和弘議員の御質問にお答えをいたします。

 市の緊急経済対策の一環として、商工会において実施をしていただいておりますプレミアム商品券の運用につきましては、5月31日に発行を開始をいたしました。11月30日までを使用期限として現在実施中でございます。

 現在までの回収状況でございますが、商工会の集計で8月4日時点でございますが、9,234万7,000円、84%が回収をされております。その利用の内訳につきましては、食料品が15.1%と最も多く、その他自動車の整備や旅行、ガソリンの購入などの利用が多くなっております。商工会の意見としても、日用品の商品が主体であるが、その他車の整備の消費もあり、地元商店街と商店主と買い物券により客数が増加をしていますと。中には建設業にも活用が見られまして、地元消費に大きく貢献をしているという説明でございました。

 今回の発行では、専用券、共通券の区分を設けて、利便性も考慮しながら地元商店への利用も考慮できたことで地元商店への売り上げにも反映できていると判断をしております。今回補正予算の要望によりまして、第2弾を計画しているわけですが、第1回目の発行も方法としては大変好評であったと思っておりますので、同様の方法をもって地元商店の年末年始の売り出しなどにあわせて利用できるように商工会と調整していきたいと、このように思っております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて妻木社会教育課長。妻木課長。



◎社会教育課長(妻木久君) 社会教育課長です。お答えします。今回お願いするアエル運営委員会の費用弁償は、平成20年度からの指定管理者制度導入に伴いまして、今年度予算編成時に予算の見直しと組み換えを行ったところでありますが、この際のミスにより、項目を誤って削除してしまいました。そのために今回補正のほうをお願いするものです。また今年度は3回の運営委員会を予定しており、主に指定管理者移行後の運営状況や設備の状況、指定管理者に対する意見、御要望などをいただく場としております。今後、細心の注意を払ってまいりますのでよろしくお願いいたします。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。高柳議員、再質疑ありますか。高柳議員。



◆1番(高柳和弘君) 庁舎の壁面の補修については、この北側ですか、そこの箇所を補正を実施しているのでしょうか。



○議長(北沢俊一君) その1問だけでいいですか。



◆1番(高柳和弘君) ああ、それで、はい。



○議長(北沢俊一君) じゃあ、沢崎総務課長。



◎総務課長(沢崎久雄君) 総務課長でございます。

 御存じかと思いますけれども、庁舎、今この地点の北側面と2階の西側面、そちらの2カ所の部分でございます。西面のうち2階部分につきましては7.3平米、北面について32平米の2カ所の工事部分でトータル200万ということでございます。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。再々質疑ありますか。高柳議員。



◆1番(高柳和弘君) ありがとうございました。じゃあ、庁舎については先ほど地震の後、目視で確認したということですけども、十分また注意をしていただきたいと思います。

 それとあとは商品券についても、年末年始に地元の小売店さんのメリットになるように、ぜひ有効な、大型店へ流れるのをできるだけ押さえていくといいますか、地元の小売店で使っていただくようなPRを心がけていただきたいということで要望というか提案させてもらって終わりたいと思います。ありがとうございました。



○議長(北沢俊一君) 以上で、1番 高柳議員の質疑を終わります。

 続いて8番 鈴木 榮議員の質疑をお願いいたします。鈴木 榮議員。



◆8番(鈴木榮君) 私は、8ページなんですが、債務負担行為の補正ということで、これは愛育保育園園舎改築にかかる借入金償還に対する元金の補給ということで1億7,900万載っておりますが、質問は、政府の方針が変わった場合、市の指導はどこまでできるかということなんですが、数日前の新聞に地方分権改革推進委員会というのが政府にあって、ここから第3次の勧告案というのが、これは鳩山内閣が出たときに出すということで、今のところは案だそうですが、そういうのが発表されたという記事がありました。それでこの中で保育園のことについて、いろいろな基準を廃止するとか、いろいろありました。

 そこで今後いろいろ変わってくる、幼保園の投資とかいうこともありましたが、そういうのも含めていろいろ変わってくると思いますが、この私立保育園に対しては、大体9割出してるわけで、総額は3億5,600万、愛育の場合ね──というふうになっております。それでこれだけお金を出すんだから、いろいろ政府の方針が変わった場合、どこまで口を出していいと考えているのかということなんですが、公立の場合は法律というか上のほうが変わればさっと変われるわけですが、私立に対して9割の補助をしていると。そこでいろいろ指導ができると思うんですが、金を出せば口も出すというのが常識だと思いますが、その辺を今後いろいろ情勢が変わった場合、どこまで関与していくつもりかちょっとお伺いしたいと思います。

 それで2番目は、25ページなんですが、これ先ほどから話が2件ほど出ておりましたが、丹野のリッキーという作業所の方が6人、7人と聞いてましたが、先ほど6人、廃止のため草笛に入れてもらうということで、566万円が不用額が出たという話なんですが、これはめでたしいめでたしというんでしょうが、草笛受けてもらうときにね、果たして無料でよかったのか、その辺の話は草笛との間にどうなってたのかちょっと伺いたいと思います。私は何かその部分、全額とはいかないまでも何か補助をすべきじゃなかったかというふうには考えます。

 27ページ、生活保護費なんですが、6,200万円補正になってますが、だんだんふえて、生活保護者世帯がふえてきたというのはよく聞く話なんですが、近年どのように変化してきたのか、また将来どのように将来の見通しを持っているのかということを伺いたいと思います。これ外国人はこのうちどうなってるのかと、わかったら知りたいと思います。

 27ページですが、新型インフルエンザ対策用備品購入費670万ほど出ておりますが、これ特殊なテントという話なんですが、1張り。このテントの性能というかそれを伺うとともに、この1張りで大体どのぐらいの人が収容できるというか、処理できるのか。また今後インフルエンザが拡大した場合、このテントをふやす用意があるのか、見込みがあるのか、その辺を伺いたいと思います。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 鈴木議員の質疑が終わりました。答弁を求めます。最初に栗田こどもみらい課長。栗田課長。



◎こどもみらい課長(栗田正弘君) こどもみらい課長です。鈴木議員の御質問にお答えいたします。

 御質問の内容は、政府の地方分権改革推進委員会の第3次勧告案のそれに関連しての御質問ということでございますけれども、現段階におきましては、この勧告案というものがまず明らかになったと、そういった記事の段階でございます。そうした関係でございまして、まだ今後国あるいは県とそうしたところの動きというのは全くわからない状況、不明な状況でございます。そうした中では、市といたしましては、今後国とか県等の動きをよく注意をいたしまして、それによりまして市としての対応につなげていきたいと、そのように考えておりますけれども、もしその中で先ほど議員からもお話がありました指導制の必要性とかそうしたもの、補助金等もございますので、そうしたものが発生してくれば、それに対しては市として対応していかなければならないと考えているところです。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 続いて大野福祉課長。大野課長。



◎福祉課長(大野慶明君) 福祉課長でございます。鈴木議員の御質問にお答えいたします。

 最初に、小規模授産所の補助金の件でありますが、今回の補正で減額する補助金は、小規模授産所への運営費補助でありまして、利用者に対するものではございません。利用者を受け入れた施設におきましては、既に自立支援法によりまして、運営されております日中一時支援事業、または就労支援事業の中で対応ということになります。したがいまして、この補助金分をそちらに振りかえるということはございません。単に減額ということになります。

 なお、受け入れをしていただいた側につきましては、その日中一時支援事業、あるいは就労支援事業において、利用者がふえるという形になりまして、多少の事業費の増額は考えられますけれども、これにつきましては、自立支援法のその他の各種事業と同様に、国が2分の1、県が4分の1、市が4分の1というその負担割合をもって負担が出てきますので、そちらでの対応ということになります。

 それから次に、生活保護の関係ですが、19年度末ですけれども、これは全般ですけれども、外国の方も含めての数字ですが、19年度末におきましては34世帯37名でございました。これが20年度の10月ぐらいまではこういった数字がずっと横ばいでございましたが、20年度の11月ごろから増加をし始めまして、20年度末におきましては47世帯58人、これは19年度と比べますと、世帯で138.2%、人員で156.8%となります。で、ことしの8月末におきましては、69世帯107名で、同じく19年度と比べますと、世帯で202.9%、人員で289.2%という状況であります。それからこのうちの外国籍の方でございますが、19年度末におきましては、2世帯の2人、お二方でした。で、こちらも同様に20年度の12月ごろから増加を始めまして、20年度末におきましては4世帯9名、これは19年度と比べますと世帯で200%、人員で450%になります。ことしの8月末では18世帯50人、これも比べますと世帯900%、人員で2,500%といった数字になります。

 今後の推測でございますが、やはり生活保護は、経済状況、雇用状況に左右されるものでありまして、報道等では景気の底を打ったという意見もありますけれども、まだまだ不況前までに回復するには時間がかかると思われます。といったことから、あとそれから失業保険の支給、あるいはことしから始まっていますが、緊急融資が終わる方等も出てくることが予想されますので、生活保護もしばらくの間は増加の傾向が続くものと考えております。

 今後の対策としましては、引き続き外国人通訳者の設置など相談対応体制を維持するとともに、10月から始まります住宅緊急特別手当、ハローワークの行う就労支援事業といった制度を活用してセーフティーネットを構築していきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、落合健康長寿課長。落合課長。



◎健康長寿課長(落合哲郎君) 健康長寿課長です。

 次は、最後に新型インフルエンザの対策用備品でのテントに係る費用についてお答えします。

 今回の新型インフルエンザに対し、菊川市総合病院では、感染症患者を診る診察室を持たないため、感染の疑いのある患者が訪れた場合の応急対策としまして、駐輪場の一角に簡易テントを設置し、診察に当たりました。このため今から今後の流行に備え、空気圧に差をつけることで汚染した空気が外に漏れることがなく、さらに汚染した空気を殺菌清浄する機能を備えた約20平方メートルのエアテント1式を用意することにしたものでございます。

 その中で外来に関する診察検査等の処置を行いますが、半日で30名から40名の診察が可能であると考えております。軽症の場合は薬剤投与にて自宅療養治療、重症の場合は入院治療となります。また市立病院での入院重症患者の受け入れは六、七名が限度かと思われます。

 次に、今後病気が拡大した場合の増設等の対応策の考えはの御質問ですけれども、現時点では対応できる医師には限りがあるため、増設は考えておりません。今のこの私、健康長寿課の答弁でありますけれども、このテントは災害時における救済活動やトリアージ用のテントとしての活用も考えることと、地域活性化経済危機対策臨時交付金の対象となることから、一般会計において補正計上したものであります。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁が終わりました。鈴木議員、再質疑ありますか。鈴木議員。



◆8番(鈴木榮君) まず愛育保育園なんですが、以前の質問だとちょっと一たん金を出したものはクレームというか、口を出すことは難しいというようなたしか答弁があったと思いますが、やはりお金を9割も出してるわけですから、必要な意見は言うということ、姿勢で行ってもらいたいと思います。

 それと、生活保護世帯なんですが、この6,200万円は、大体ことしいっぱいまで持つという補正だと思いますが、大体伸び率から考えてもいけるというふうに考えておりますかどうか、伺いたいと思います。

 それだけです、はい。



○議長(北沢俊一君) 答弁お願いします。大野福祉課長。



◎福祉課長(大野慶明君) 福祉課長でございます。今回補正をお願いするのも、現時点で考えられるその伸び率を考慮いたしまして、今年度必要と想定される数字を計上させていただいております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 答弁終わりました。再々質疑ありますか。



◆8番(鈴木榮君) ありません。



○議長(北沢俊一君) はい、わかりました。

 以上で、8番 鈴木議員の質疑を終わります。

 続いて、12番 小笠原宏昌議員の質疑をお願いいたします。小笠原議員。



◆12番(小笠原宏昌君) それでは、4つ質問をさせていただきます。

 まず27ページの歳出、3款3項3目80細目ですが、生活保護総務費ということで418万円が計上されておりますが、法外扶助費と増ということで聞きなれない表現でありますので、どのような内容か確認をしたいと思います。

 さらに説明資料の中に外国人の対応相談員の、その後ですね、外国人の対応相談員の増という内容もありますので、これはどのように配置等の活用を考えているのか、伺いたいと思います。

 さらにそういう中で、相談業務ということでありますので、なかなか今外国人の皆さんの様子を考えると、業務対応するべき内容も多いように思いますが、内容として十分であるか、また課題などが残っていれば伺いたいと思います。

 次に、27ページの歳出4款1項1目2細目医療救護費ということで32万7,000円、今の質問ありましたが、新型インフルエンザ対策用の消耗品費の購入の増ということですが、内容、また今後の対策として必要な物品などそろえるのに十分であるのかどうか伺いたいと思います。

 また内容のほうをよく見ますと、新型インフルエンザの対策行動計画策定委員の費用弁償っていうんですか、報酬っていうんですかね、その内容も載っておりましたので、この委員会があるということですので、内容と役割などについても確認をしたいと思います。

 さらに32ページですが、歳出の8款4項3目1細目の下水道事業特別会計費ですが、1,039万6,000円と職員給与費の増ということですが、どのような内容であるのか、また市単独事業費、下水道管理費の増による市負担財源の増となっておりますが、接続予定が変わったのかどうか、そういうことも含めて具体的にどのような内容でこのような補正が出たのか伺いたいと思います。

 最後に37ページですが、歳出10款5項4目3細目ですが、文化顕彰活動支援費と、39万円でありますが、関口隆吉氏についてですが、今回の広報きくがわでも大変大きく取り上げていただいておりまして、関係する皆さんも本当にこれまでもこの顕彰活動を支えて、さらにこれからも頑張っていこうという意味でも、大変心強く市の取組みを評価しているんではないかと思いますが。そういう中で今回は国民文化祭を好機ととらえて活動支援にも力を入れていただいておるようですが、内容について、おおよそどのような内容であるのかとういことと、またこうした活動については、関口さんの顕彰活動に限らず、広報でも非常にこれまで何名かの郷土に尽くした方の紹介をされておりますけども、今までの過去の取り組みを見ますと、菊川にこれ限ったことではないんですが、どうしても一過性に終わりがちな面がこうした取り組みというのはあるものですから、ぜひ継続性を考えていただきたいという観点で課題として残るとしたらどのようなことがあるのか伺いたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 小笠原議員の質疑が終わりました。答弁求めます。最初に大野福祉課長。大野課長。



◎福祉課長(大野慶明君) 福祉課長でございます。小笠原議員の御質問にお答えいたします。

 法外援護費でございますが、これは菊川市法外援護事業実施要綱、これは市単独事業になりますが──に基づき、生活保護法その他の社会福祉関係法の適用とならない生活困窮者に対して生活資金を緊急的に支給するものであります。特に生活保護の相談を受けている方が保護費の申請から支給までの間に当座の生活資金がない場合、こういった場合に生活費として支給しておりますが、昨年度後半から生活保護申請の大幅な増加に伴いまして、この援護費も8月末現在で25件、102万1,000円という状況で増加しております。このため今回補正をお願いするものであります。

 それから次に、外国人対応相談員でありますが、生活相談や生活保護の申請において外国籍の方が急増していることから、窓口での相談業務と生活保護決定後の生活相談、生活指導を円滑に進めるため、通訳者として採用させていただいております。また生活保護業務のほか、福祉課、健康長寿課、こどもみらい課がそれぞれ所管しております窓口業務での通訳や翻訳業務等を行っていただいております。

 なお、商工観光課で実施しております緊急雇用事業によりまして、急増している窓口業務に対応するため5月からさらに1名の通訳者を配置し、生活相談やこどもみらい課の児童相談などに対応しております。

 したがいまして、現在外国人相談員の方が2名によりまして、けやき内の業務に対応しておりますが、今の状況で言いますと、何とか回っているというような状況であります。今後の経済状況によるところが大きいと思われますが、現時点では少なくとも引き続き2名の相談員体制が必要と考えております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、落合健康長寿課長。落合課長。



◎健康長寿課長(落合哲郎君) 健康長寿課長です。

 新型インフルエンザ対策用の消耗品の内容でございますけれども、4月、豚インフルエンザということで海外からの発生がありまして、その時期、国内まで感染が確認された時期の予防対策として、マスク、消毒液、防護服など消耗品を流用により緊急購入したことへの補正であります。

 内容としますと、5月2日には新聞に折り込んだチラシであるとか、全戸配布したチラシの印刷費、それからマスク、防護服等となっております。今後は予算書の、その後の27ページ、4款1項1目細目4というところで、新型インフルエンザ対策事業において、また消毒薬、それから全課配布のチラシ、それからマスク、消毒薬の追加購入、それから新たに使い捨てのゴム手袋等を購入することで今回補正計上しております。先ほど答弁いたしました新型テントにつきましてもこれからの対策に充てていきたいと考えています。

 今後10月がひとつの感染拡大のピークと言われております。今、今回購入する等の物品につきましては、今後また状況に応じて柔軟な対応ということで考えております。で、新型インフルエンザ対策行動計画策定委員会でありますけれども、これは国県がこの行動計画をつくっております。当市におきましても菊川市の新型インフルエンザ行動計画を策定することを目的として副市長を委員長、それから西部保健所長、小笠医師会の菊川の代表、菊川病院院長、消防本部長、それから薬剤師会の菊川の代表の方、それから庁内の部課長等をメンバーにいたしまして、この菊川市の行動計画を策定したところであります。

 以上であります。



○議長(北沢俊一君) 続いて、石川下水道室長。石川室長。



◎下水道室長(石川睦美君) 下水道室長です。小笠原議員の質問にお答えします。

 職員給与費の増につきましては、機構改革によりまして、下水道室が創設されたことにより管理職の給与費等がふえたことによるものです。市単独事業費の増につきましては、新たな土地利用の発生により、下水道本管から宅地内公共ますまでの取付管の設置箇所数がふえたことによるものです。

 また下水道管理費の増につきましては、包括的民間委託の受託業者による日々の点検により、処理場施設を監視する情報処理システムについて緊急に点検及び交換が必要になったものです。いずれも起債対象外事業であることから、市負担財源が増額となりました。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、妻木社会教育課長。妻木課長。



◎社会教育課長(妻木久君) 社会教育課長です。お答えします。

 初代県知事関口隆吉氏については、今年度の市政5周年事業として、郷土の偉人を紹介する中で取り上げ、来春の成人式において新成人に広く紹介するため、書籍「関口隆吉の一生」を配布するとともに、月岡地区にある顕彰碑周辺への誘客を図るための環境整備を行いたいと考えております。

 また国民文化祭の関連としましては、県の主催事業として静岡県立中央図書館が「江戸から明治へ しずおかの貴重書と初代県知事関口隆吉」展を10月7日から17日まで県立美術館で、11月3日から8日までグランシップで開催します。市としてはこちらに協力するという形の支援を考えています。

 今後の環境整備に伴いまして、どのように誘客を図っていくかという課題については、今後につきまして検討をいたして誘客のほうに努めていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 答弁終わりました。小笠原議員、再質疑ありますか。小笠原議員。



◆12番(小笠原宏昌君) もう少し伺いたいと思います。

 まず生活保護総務費の関係ですが、大体伺った点についてはわかったわけですが、現在非常に外国人の方が苦労されている。日本人も当然そうなんですが、特に日本人以上に生活する上で苦労の多い外国人の皆さんについて緊急的に生活保護に行く前の段階のところをやっぱり支援したほうがいいということで扶助費が回ってられるということで、これは本当に苦しい財政でありますけれども大事なことだなというふうに思います。

 そういうことともう一つは相談員の増ということで、結局今2名の方が配置されているということでありますが、ここの本所とけやきと支所ということで考えると3名ぐらいは必要なのかなというふうな感じがするんですが、その関係、2名ということですが、私が感じている3名ぐらいは必要じゃないかなということの中で、その辺はどんなふうに今後の考えとして検討があるのか伺いたいと思います。

 それからインフルエンザの関係については、先日新型インフルエンザの対策行動計画というのを議員のほうにもいただきまして、ざっと目を通させていただいているんですが、これなどを見ますと、菊川市の患者の予測、死亡者の予測などというのが出ておりますが、菊川でも死亡者の予測が70名から250名という非常に深刻な重たい数字が出ておりまして、ここにいる関係の皆さんは結構比較的健康な方が多いもんですから、私も含めてインフルエンザについてちょっとどっか直接自分にどれだけ関係あるのかという認識が自分なんか特に弱いというような気があったわけですが、こういう数字を見ますとね、本当にもっと深刻にというんですか、真剣にしっかりとこのことについては認識しないといけないなというふうなことを、この行動計画を見て改めて感じたところもあります。

 そういうことを考えますと、この関係で必要な予算というのは当然苦しい財政の中でもまた今後も必要であれば、なるたけ早目にしていくということが大事だなというふうに思います。

 対策委員の関係の皆さんが御苦労されてこういう資料をつくられておりますので、これ見たときに、後ろを見ましたら対策委員というのがこれ載ってなかったものですから、対策委員会とこの対策本部とか、対策会議とかの関連が少しちょっと読み取りにくい点があったんで、少しその辺の兼ね合いっていうんですか、そういうふうにこれ連携をとられているのか、もう少しわかりやすく説明がいただけたらというふうに思います。

 あと下水道の関係ですが、特別なということではないような説明でしたが、升の設置がふえたということだったんですが、ますの設置というのは、計画があってやられるわけですからね、急にふえたというようなことではないように思うんですがね。何かもう少し、急にこうやって補正で上げなきゃならなくなった背景がもう少しわかりやすくいただけたらというふうに思いますし、あと接続計画というのについては、あんまりこういう不景気もあって当初の計画に比べて接続の計画がちょっと落ち込んでいるというんですか、そういう影響ではないのかどうかということは伺いたいと思います。

 最後に、文化顕彰活動の関係ですが、関口さん、今回特に力を入れていただいて、大変ありがたいわけですが、私、以前一般質問でも話をさせていただいているんですが、誘客というんですか、訪れていただいて、本当にただ単にこの関口さんという存在を知るだけでなくて、特に青少年の方にとっては、これから大人になってどうやって人生を考えようかというときに、郷土にこういう偉人がいて、大変日本じゅうを動き回って、国のまたこの地域の礎をつくった人間がこんな身近にいたんだということを肌に感じるという機会は、非常に青少年の方にとって重要だと思いますので、そういう意味でぜひ一過性に終わらせていただきたくないという思いで質問しているわけですが、一般質問でもそんなことをお話したんですが、今回予算的に厳しいようですがね、やはりパネルなどをつくって、いろんな催しもののときに許されるならそういうパネルを市内どこへでも持っていって、関口さんに、あの場所に来られない方がそれを見て、じゃあ一遍訪れてみようということにもつながってくると思いますので、ぜひそういった持ち運び可能な関口さんの、広報でもあれだけ資料集めていただいておりますので、パネル化するというのは比較的取り組みやすい事業だというふうに思いますので、これを機会に広報で取り上げていただいた方を順にそういうパネルでストックして顕彰活動を大いに盛り上げていくきっかけにというようなことも将来的には必要な対策、取り組みではないかなというふうに思うんですが、そんな点については検討がされるかどうか伺いたいと思います。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) 小笠原議員の再質疑が終わりました。答弁求めます。最初に大野福祉課長。大野課長。



◎福祉課長(大野慶明君) 福祉課長でございます。外国人の相談員の関係ですが、私、今2名と答弁いたしましたけれども、この2名はけやきに配置されている外国人の方になります。本庁のほうには3人の方、今お願いしております。で、3人おりますが、通訳としてお1人、この方は終日、それから翻訳をしている方が半日の勤務、それから相談事業を行っていただいている方が週1日、火曜日の午前中ですけれども、こういった勤務体制で実施していただいております。

 それからあと教育委員会さんのほうも相談ということでお二方の外国人の通訳を採用されているとなっております。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、落合健康長寿課長。落合課長。



◎健康長寿課長(落合哲郎君) 先ほど小笠原議員から計画書のほう紹介していただきましてありがとうございます。この計画書の中で、菊川市が最大250人の死亡を想定しております。これというのは、スペイン風邪のときの数字から国が出したものを菊川市にも当てて出した数字でありますけれども。ですから、計画そのものはこれを想定して、これから最悪を考えて考えていかなければいかなければなりません。そうした場合ですと、普通役所もそうですし、会社でも欠勤率が40くらいになるじゃないかと。そんな状況であります。

 ただ今回の新型インフルエンザというのが症状そのものは季節性とそれほど変わりない、ただし感染力は強いと。もう一つは基礎疾患を持ってる方、それから乳幼児、母子の方については本当にかかった場合には重症になる場合があるということで、今対策としますと、メキシコなんかのニュース見ますと、マスクを配ってたりとか、全会場で全員がマスクをしたりとか、厚労省のほうは今まだそこまでする必要はないと。咳が出れば当然その人はマスクしてもらう。それから手洗いについても、こういうシュッシュッっていうのがありますけど、あれがあってもいいけども、なければ当然普通に手洗いしていただければいい、そういう基本のほうをまたお願いしたいと思います。

 その中で、先ほどの策定委員会がこの計画を見たときにちょっとよくわからないという話で、この計画をつくった段階では、とにかく9月に、もう冬に秋に向けてこれからまた感染が拡大するという想定のもとで早急にもう6月、7月とつくりました。その段階で、この中身ともう一つはその後の対策本部をどうするかということが頭にありまして、それを載せたということで、本来こういう計画の場合の策定委員の要綱名簿を載せるべきであるところが落ちてしまったと、それが実情であります。ですから、皆様にお配りした中にはそれ載っておりませんけれども、これからはそれも添付した中での配布等を考えていきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(北沢俊一君) 続いて、石川下水道室長。石川室長。



◎下水道室長(石川睦美君) 下水道室長です。

 ますの今回ふえたことでございますが、工事施工時に対象地が駐車場であるとか農地で利用されているとか、そういったことで将来的な土地利用が確定していないというようなことで、新たにその土地を施主のほうで必要に応じて設置を希望されるというようなことで今回ふえてきた事例です。工事期間中、工事年度にそういった計画があれば補助事業の対象になるということでございますので、こういうことで事業年度が経過してからだと市の負担財源のどうしてもそちらに負担が来るというようなことになろうかと思います。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 続いて、妻木社会教育課長。妻木課長。



◎社会教育課長(妻木久君) 社会教育課長です。

 先ほどの答弁の中でも申し上げましたけれども、県のほうの主催します企画展がございます。こちらのほうへの提供というような形の中で、うちのほうにある現場等も含めまして写真パネル等の提供参加ということで今調整のほうを行っております。

 またそのほかの文化財等につきましても、今後対応のほうは徐々にではあるかと思いますけれどもしていかなければいけないと思いますので、そちら今回のものを参考等にしながらまた対応したいと思います。



○議長(北沢俊一君) 答弁終わりました。小笠原議員、再々質疑ありますか。小笠原議員。



◆12番(小笠原宏昌君) 最後になりますので少し総括的に質問したいんですが。

 最初に、生活保護の関係ですけど、やっぱり私の記憶でももっといるんだろうなと思ってたんですが、やはりかなりの方が働いていただいているということがわかったわけですが。一つ支所のほうがね、出てなかったんで、支所にもたしかいるんではないかなと思うんで、この際確認の意味で教えていただきたいと思います。

 それからインフルエンザの関係についてはわかりました。せっかくですので、この対策の中で感じたこともお話の中に入れたいんですが。やはり今役所としても最悪の場合40%ですか、欠勤があるかもしれないという想定もあり得るんだということがありましたが、同時に、各職場だとか学校だとかいろんなところにこれ影響がやっぱり最悪の場合はあるということで、旅行一つとってもね、ちょっとはやってるっちゃやめちゃおうとかということにもなって、経済活動にもすごく深刻な影響が想定されてるようですので、ぜひ万全には万全の体制ができるようにお願いしたいわけです。

 例えば話ですが、最近少し集まりがあったときにこんな話があったわけですが、ちょっとある人の娘さんが調子が悪いんでインフルエンザかもしれないと思って病院に電話したそうなんですね。そしたら今の病院の状況があるもんですから、夜のほうがそういう状況でしたら開業医の日に行っていただきたいというお話だったそうですが。インフルエンザとなるとね、非常に今のこういう状況だもんですから、不安でやっぱり問い合わせされる方はね、あって問い合わせするもんですから、ただ開業医というだけだと、じゃあどこにどういうふうに言ったらいいんだろうかっていってパニックになるようですので、もう少し今後の中では具体的にそうした対応がこれからふえると思いますので、ぜひその辺も研究をいただけたらというふうに思います。これ意見です。

 あと下水道の話は、であれば当初の中で行けるんではないかなという印象はちょっと持つんですが、わかりました。

 あと顕彰活動のほうはぜひ限られた予算だと思いますが、できるだけの努力を期待して最後の質問を終わります。



○議長(北沢俊一君) それでは、支所の外国人対応、相談員等について伊藤支所長、お願いします。伊藤支所長。



◎小笠支所長(伊藤崇君) それでは、ただいまの小笠原議員の御質問ですが、小笠支所には、掛川のハローワークから週3回、月曜日、水曜日、木曜日で時間は1日、これは日系の方が通訳でいらっしゃっています。それからあとハローワークの事務の方も一緒について週3日支所のほうで対応しております。

 以上です。



○議長(北沢俊一君) インフルエンザの関係はいいですか。落合長寿課長、いいですか。



◎健康長寿課長(落合哲郎君) いいです。



◆12番(小笠原宏昌君) 期待しておりますんでお願いします。終わります。



○議長(北沢俊一君) 12番 小笠原議員の質疑を終わります。

 以上で通告順の質疑を終わります。

 ここで改めて、1番 高柳議員から12番 小笠原宏昌議員までの質疑に関連する関連質疑を受けたいと思いますが、関連質疑はありますか。

         〔発言する者なし〕



○議長(北沢俊一君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決します。

 議案第79号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第79号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第80号〜議案第86号の質疑、採決 



○議長(北沢俊一君) 次に、日程第11 議案第80号 平成21年度菊川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)から議案第86号 平成21年度菊川市病院事業会計補正予算(第2号)までの7件を一括議題とします。

 本件について、質疑の通告がありません。以上で質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決します。

 最初に、議案第80号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第80号は原案のとおり可決しました。

 続いて、議案第81号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第81号は原案のとおり可決しました。

 続いて、議案第82号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第82号は原案のとおり可決しました。

 続いて、議案第83号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第83号は原案のとおり可決しました。

 続いて、議案第84号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第84号は原案のとおり可決しました。

 続いて、議案第85号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第85号は原案のとおり可決しました。

 続いて、議案第86号は、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第86号は原案のとおり可決いたしました。

 ここで2時10分まで休憩としたいと思います。



休憩 午後 1時57分



再開 午後 2時07分





○議長(北沢俊一君) 予定時間より早いわけでありますが、休憩前に引き続き、会議を開きたいというふうに思います。



────────────────────────────────────────





△議案第87号の質疑、採決 



○議長(北沢俊一君) 次に、日程第12 議案第87号 市有財産の処分について(市有地の処分)を議題とします。

 本件について、質疑の通告がありません。以上で質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決をいたします。

 本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第87号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第88号の質疑、採決 



○議長(北沢俊一君) 次に、日程第13 議案第88号 菊川市道路線の変更についてを議題とします。

 本件について質疑の通告がありません。以上で質疑を終わります。

 お諮りします。委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決することに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(北沢俊一君) 異議なしと認め、採決します。

 本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(北沢俊一君) 起立全員。よって、議案第88号は原案のとおり可決しました。



────────────────────────────────────────





△議案第89号の上程、説明 



○議長(北沢俊一君) 次に、日程第14 議案第89号 平成21年度菊川市一般会計補正予算(第4号)を議題とします。

 それでは、提案者の提案理由の説明を求めます。太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 議案第89号の平成21年度菊川市一般会計補正予算(第4号)について、今回の補正は、歳入歳出にそれぞれ690万円を追加し、予算総額を187億4,150万円としたものでございます。

 補正の主な内容は、8月11日に発生しました駿河湾沖を震源とする地震により住宅に被害を受けられた皆様の災害復旧支援として新たに実施補給制度を設けるものでございます。このほか地震発生時より増加しております耐震診断及び耐震補強に対する補助事業に関する予算を増額するものでございます。

 以上が、概略でございます。詳細については担当が内容を説明いたしますのでよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(北沢俊一君) 提案理由の説明が終わりました。

 続いて、議案の内容説明を求めます。中山総務企画部長。中山部長。

         〔総務企画課長 中山 勝君説明〕



○議長(北沢俊一君) 以上、議案第89号の内容説明が終わりました。



────────────────────────────────────────





△散会の宣告 



○議長(北沢俊一君) 以上で、本日予定しました日程は全て終了しました。

 なお、議案第89号に対する質疑の通告及び決算に対する討論の申し出は、9月18日金曜日午後5時まででございますので、事務局へ提出を願います。

 次の会議は、29日火曜日午前9時から当議場で開催しますので、定刻までに御参集ください。

 本日はこれをもって散会といたします。御苦労さまでした。



散会 午後 2時15分