議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 菊川市

平成 18年 6月定例会(第2回) 06月05日−01号




平成 18年 6月定例会(第2回) − 06月05日−01号









平成 18年 6月定例会(第2回)


平成18年第2回菊川市議会定例会会議録

議 事 日 程(第1号)

平成18年6月5日(月)午前9時開会
日程第 1 会議録署名議員の指名
日程第 2 会期の決定
日程第 3 諸報告
日程第 4 報告第 2号 平成17年度菊川市一般会計予算繰越明許費の報告について
      報告第 3号 平成17年度菊川市下水道事業特別会計予算繰越明許費の報告に
             ついて
      報告第 4号 菊川市土地開発公社の経営状況について
      報告第 5号 有限会社菊川生活環境センターの経営状況について
日程第 5 議案第45号 専決処分の承認について(菊川市税条例の一部を改正する条例の
             制定について)
      議案第46号 専決処分の承認について(菊川市都市計画税条例の一部を改正す
             る条例の制定について)
      議案第47号 専決処分の承認について(菊川市消防団員等公務災害補償条例の
             一部を改正する条例の制定について)
      議案第48号 専決処分の承認について(菊川市立総合病院使用料及び手数料条
             例の一部を改正する条例の制定について)
      議案第49号 専決処分の承認について(平成18年度東海道本線菊川駅構内
             221?920m付近で交差する都市計画道路朝日線こ道橋新設
             工事の年度委託協定の締結について)
日程第 6 議案第50号 菊川市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一
             部改正について
      議案第51号 平成18年度菊川市一般会計補正予算(第1号)
      議案第52号 建設工事委託に関する協定の締結について(平成18年度菊川市
             公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定)
      議案第53号 菊川市道路線の変更について
日程第 7 請願について
 ────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
議事日程のとおり
 ────────────────────────────────────────
出席議員(22名)
     1番  宮 城 力 弘 君     2番  山 口 博 茂 君
     3番  齋 能   守 君     4番  河原崎 光 雄 君
     5番  落 合 良 子 君     6番  鈴 木   榮 君
     7番  西 澤 和 弘 君     8番  すずき 麗 華 君
     9番  伊 藤 壽 一 君    10番  原 田 和 明 君
    11番  田 島 允 雄 君    12番  清 水 一 男 君
    13番  岩 科 鉄 次 君    14番  落 合 克 郎 君
    15番  伊 藤 芳 男 君    16番  岡 本 徳 夫 君
    17番  横 山 隆 一 君    18番  小笠原 宏 昌 君
    19番  北 沢 俊 一 君    20番  黒 田 哲 和 君
    21番  戸 塚 正 晴 君    22番  寺 本 達 良 君
欠席議員(なし)
 ────────────────────────────────────────
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
  市     長   太 田 順 一 君    助     役   石 田 辰 芳 君
  収  入  役   内 田   隆 君    教  育  長   牧 野   毅 君
  総務企画 部長   名 波 克 美 君    小 笠 支所長   田 中 安 治 君
  福祉環境 部長   永 井 久 男 君    建設経済 部長   中 山   勝 君
  教育文化 部長   青 野 敏 行 君    消  防  長   山 内   均 君
  市立病院事務長   服 部 富 夫 君    総 務 課 長   栗 田 正 弘 君
  財 政 課 長   笹 瀬   厚 君    税 務 課 長   落 合 哲 郎 君
  環境推進 課長   伊 藤 立 身 君    都市計画 課長   落 合 恒 男 君
  建 設 課 長   長谷山   勉 君    市立病院医事課長  野 賀   済 君
  消防総務 課長   岡 本 吉 弘 君    代表監査 委員   牧 野   公 君
 ────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  議会事務局長    沢 崎 久 雄      書記        佐 藤 雅 巳




開会 午前 9時00分





△開会の宣告



○議長(寺本達良君) 改めておはようございます。

 皆さんそれぞれお忙しい中を平成18年第2回菊川市議会定例会に御参集いただき、ありがとうございます。

 ただいまの出席議員数は22人です。法第113条の規定による定足数に達しておりますので、平成18年第2回菊川市議会定例会を開会いたします。

 なお、本日6月5日は環境デーでございます。本日エアコンの使用はいたしませんので、会議中、上着の着用は御随意にお願いをいたします。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。



────────────────────────────────────────





△会議録署名議員の指名



○議長(寺本達良君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 今期定例会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定によって、19番 北沢俊一議員、20番 黒田哲和議員を指名します。



────────────────────────────────────────





△会期の決定



○議長(寺本達良君) 日程第2 会期の決定についてを議題にします。

 お諮りします。

 今期定例会の会期は本日から6月21日までの17日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺本達良君) 異議なしと認めます。

 会期は本日から6月21日までの17日間に決定いたしました。



────────────────────────────────────────





△諸報告



○議長(寺本達良君) 日程第3 諸報告を行います。

 私からはありません。

 次に、市長から行政報告の申し出をいただいておりますので、これをお受けいたします。

 太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 改めておはようございます。

 本日は、第2回の定例会に御参集いただきましてありがとうございます。2月の第1回定例会以降の行政報告を申し上げます。

 この期間におきましては、年度末、年度当初に多くの事業が開催されておりますので、その中でも主だったものを報告させていただきます。

 新年度を迎え、4月1日、交通指導隊の退任式・委嘱式が、翌2日には菊川市消防団任命式が行われ、菊川市の安心と安全を守り、担う新しい体制がスタートしました。

 3日の月曜日、市民集会所において年度初め式を行い、平成18年度の始まりに当たり、私の思いを職員に訓示いたしました。

 また、同日の午後には、市立中学校及び小学校に赴任された教職員の着任式を行いました。

 4月6日、7日でございますが、市立の中学校・小学校の入学式が行われ、中学校には435名、小学校におきましては425名の新1年生の入学がありました。

 4月7日、この4月より、小笠町と菊川町商工会が合併し、新しくスタートした菊川市商工会の開所式が菊川事務所で行われました。県内第1号の商工会の合併として、他地区の手本となった菊川市商工会の今後の活動に大いに期待するところであります。

 8日、菊川市連合自治会の総会が開催され、会長に西方地区選出の有海 正さんが御就任されました。1年間、自治会活動の中心として大変期待するところであります。

 17日、東遠地区4市による東遠地区工業用水企業団設立協議会が開催されました。

 18日には、昨年より5日早く、JAのお茶初取引が茶業振興センターで朝7時から始まりました。

 20日、市立総合病院において、財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価の認定授与式が行われました。今回は、平成13年度に受けた認定の更新で、評価基準バージョン5の認定は、県下初となります。

 25日、菊川市の誕生を記念して制定した市民憲章の石碑の除幕式を市役所玄関前で行いました。「市民憲章」を合言葉に、まちづくり、人づくりを目指してまいります。

 29日に春の叙勲が発表され、石原の宮城克郎さんが瑞宝双光章を、青葉台2丁目の田辺希世さんが瑞宝単光章を受章されました。

 5月に入りまして、2日、3日、古道塩の道で交流を続けています長野県小谷村で開催された塩の道まつりに参加する交流ツアーが行われ、当市からおよそ40人が参加されました。

 また、3日には、菊川西中学校、菊川東中学校、岳洋中学校、常葉菊川中学校の4中学による市中学校親睦総合体育大会が開催されました。

 20日、市民総合体育館において、子供自転車リーダー育成大会が行われ、内田小学校が優勝しました。

 23日、26日、29日、30日に、奥の谷、三協、棚草、三沢の各地区において、環境保全センター報告会が行われました。

 以上が主な行事でございます。

 また、3月末、市内にあります企業、日東工業株式会社様、フジオーゼックス株式会社様より、それぞれ菊川市に対して多額の寄附がありましたことを報告させていただきます。

 続きまして、平成18年一番茶生産概況報告をこの場をおかりして報告させていただきます。

 本年一番茶の生育状況は、1月から2月にかけては平年並みの気温で推移し、3月には寒暖の差が激しい中、特に3月末日の低温により被害を受けた茶園も見受けられましたが、4月上旬の見込みでは、休眠を十分にとった茶樹から良質なお茶が期待でき、また、例年より早めの茶期を迎えそうだという状況でありました。

 そして、4月18日に、JA遠州夢咲農協さんの新茶初取引から始まったわけでありますが、4月中の低温、日照不足から、当初の見込みとは大きくずれ、手摘みが昨年同様4月21日ごろから始まり、はさみ刈りも昨年並みの4月26日前後から始まりました。

 茶期中は雨が多く、終了は早場所で5月10日ごろ、遅場所では17日ごろまでとなり、期間的には、雨で摘採、操業ができない日が多く、初取引から1カ月という長丁場となりました。

 一番茶の実績は、調査に協力いただいている茶工場の実績などから推察しますと、荒茶単価は昨年並みからやや高くなっておりますが、荒茶生産量は前年比91%、荒茶販売高は前年比93%で非常に厳しいものとなっています。

 開始時期、終了時期、あるいは品質差により、荒茶生産高で前年比85%というような落ち込みの工場もあるようで、工場間で差が大きく出た年となっております。

 品質については、生産者の皆さんの日ごろからの安心で安全なお茶づくりへの管理と低温、日照時間の少なさなどの気象要因が相まって、全体的に上品でうまみのある良品が生産されています。

 しかし、茶期前の「上級・中級クラスは適正量。下級クラスは多め」という流通在庫情報や末端消費の冷え込みから、茶商さんの仕入れは慎重となり、品質吟味による徹底した選択買いは予想以上で、少しでも品質に難があるものは敬遠され、非常に厳しい取引になったと聞いております。

 また、県内他産地でも前年比95%から悪いところでは70%というような地域もあると伺っており、非常に厳しい茶業情勢となっています。

 加えて、原油価格の高騰により、茶園管理費用においても、荒茶製造においてもコストが増大し、販売、製造両面ともに経営を圧迫する事態となっております。

 市では、茶園業界を中心として、積極的に消費拡大宣伝を行い、産地PRに努め、生産においては、機械化、基盤整備による生葉生産コストの削減や荒茶製造茶工場の運営改善を進めていく必要があると考えております。

 5月29日より、ポジティブリスト制度が施行され、新たな食品安全基準がスタートしております。もとより、安全、安心のお茶づくりをしてまいりましたが、より一層の配慮が必要となっております。今後も、生産者、流通業者、農協さん、行政が一体となって産地づくりを進めてまいる所存であります。皆様の御支援と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、一番茶の情勢報告といたします。

 以上でございます。ありがとうございました。



○議長(寺本達良君) 以上で諸報告を終わります。



────────────────────────────────────────





△報告第2号〜報告第5号の上程、説明



○議長(寺本達良君) これから議案の審議に入ります。

 日程第4 報告第2号から報告第5号までの4件を一括議題とします。

 ここで、提案者に提案理由の説明を求めます。

 太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 報告第2号は、平成17年度菊川市一般会計予算の繰越明許費の報告についてであります。

 新幹跨線橋耐震補強工事事業や駅南土地区画整理事業につきまして、不測の事態による事業期間の延長を2月議会でお認めいただきました。一般会計に係る繰越明許費15件についての詳細が決定しましたので、法律に基づきまして御報告させていただきます。

 報告第3号は、平成17年度菊川市下水道事業特別会計予算の繰越明許費の報告についてであります。報告第2号同様に、詳細について御報告させていただきます。

 報告第4号及び第5号でありますが、いずれも地方自治法第243条の3第2項により、経営状況を議会に報告するものでございまして、報告第4号が菊川市土地開発公社、報告第5号が有限会社菊川生活環境センターでございます。

 以上が概略でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(寺本達良君) 提案理由の説明が終わりました。

 続いて、議案の内容説明を求めます。

 報告第2号について、笹瀬財政課長。

         〔財政課長 笹瀬 厚君説明〕



○議長(寺本達良君) 続いて、報告第3号について、落合都市計画課長。

         〔都市計画課長 落合恒男君説明〕



○議長(寺本達良君) 続いて、報告第4号について、笹瀬財政課長。

         〔財政課長 笹瀬 厚君説明〕



○議長(寺本達良君) 続いて、報告第5号について、伊藤環境推進課長に説明を求めます。

 環境推進課長。

         〔環境推進課長 伊藤立身君説明〕



○議長(寺本達良君) 以上で議案の内容説明が終わりました。



────────────────────────────────────────





△議案第45号〜議案第49号の上程、説明



○議長(寺本達良君) 続いて、日程第5 議案第45号から議案第49号までの5件を一括議題とします。

 ここで、提案者に提案理由の説明を求めます。

 太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 議案第45号は、菊川市税条例の一部を改正する条例の制定に係る専決処分について議会の承認を求めるものであります。

 地方税法等の一部を改正する法律の制定に伴い、個人住民税は、1つ、個人住民税均等割及び所得割の非課税限度額の見直し、2つ目として、給与等に係る税率の10%へのフラット化、3つ目として、地震保険料控除の創設についてであります。

 固定資産税は、1つ目は、平成18年度から平成20年度までの土地に係る負担調整措置の改正、2つ目は、住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置の創設についてであります。

 たばこ税は、税率の引き上げ等の改正を行うために、菊川市税条例の一部を改正するものであります。当該法律の施行年月日である平成18年4月1日から施行する必要がありますが、公布年月日が平成18年3月31日であったことから、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したものであり、同条第3項の規定により、専決処分について議会に報告し、その承認を求めるものでございます。

 議案第46号は、菊川市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定に係る専決処分について、議会の承認を求めるものであります。

 地方税等の一部を改正する法律の制定に伴い、平成18年度から平成20年度までの土地に係る負担調整措置の改正を行うために、菊川市都市計画税条例の一部を改正するものであります。当該法律の施行年月日である平成18年4月1日から施行する必要がありますが、公布年月日が平成18年3月31日であったことから、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したものであります。同条第3項の規定により、専決処分について議会に報告し、その承認を求めるものでございます。

 議案第47号は、専決処分事項の承認を求めることについてであります。

 本議案は、最近における社会経済情勢により、非常勤消防団員等に対する損害補償に係る補償基礎額及び介護補償額の改定を行う必要性と適正化を図るためのものであります。

 非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部が改正されたこと、消防業務並びに救急業務等に係る補償基礎額が階級及び勤続年数にそれぞれ改正され、また、扶養親族の介護補償額についても介護区分により改正されました。

 それに伴い、菊川市消防団員等の公務災害補償条例の一部改正を平成18年4月1日をもって専決処分しましたので、地方自治法第179条第1項の規定により、これを報告し、議会の承認を求めるものでございます。

 議案第48号は、専決処分事項の承認を求めることについてであります。

 本議案は、医療報酬の算定方法を定める件等が改正されたことに伴い、菊川市立総合病院使用料及び手数料条例の一部改正を平成18年4月1日をもって専決処分をしました。

 地方自治法第179条第3項の規定により、これを報告し、議会の承認を求めるものでございます。

 議案第49号は、平成18年度東海道本線菊川駅構内221.92キロメートル付近での交差する都市計画道路朝日線こ道橋新設工事の年度委託協定の締結に係る専決処分についてでございます。

 東海道本線菊川駅構内221.92キロメートル付近で交差する都市計画道路朝日線こ道橋新設工事については、全体での工事委託協定を平成17年10月の第3回臨時議会でお認めをいただき、平成17年11月15日に、東海旅客鉄道株式会社と工事委託協定を締結しているものでございます。

 今回の平成18年度工事委託協定につきましては、本協定の第4条に伴い、年度工事委託協定を締結するものであり、地方自治法第96条第1項第5号並びに菊川市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づくものであります。

 委託期間を中断することができないことから、地方自治法第179条第1項の規定により、当該工事委託協定の締結について専決処分したものであります。同条第3項の規定により、当該工事委託協定の締結に係る専決処分について議会に報告し、その承認を求めるものでございます。御審議の上、お認めくださいますようお願い申し上げ、提案理由といたします。

 以上でございます。



○議長(寺本達良君) 提案理由の説明が終わりました。

 ここで、15分間休憩といたします。10時15分に再開いたします。



休憩 午前10時00分



再開 午前10時15分





○議長(寺本達良君) 休憩前に引き続き会議を行います。

 これから、議案の内容説明を求めます。

 議案第45号、議案第46号について、落合税務課長。

         〔税務課長 落合哲郎君説明〕



○議長(寺本達良君) 続いて、議案第47号ですが、これにつきましては、内容説明を省略いたします。

 続いて、議案第48号について、菊川市立病院野賀医事課長に説明を求めます。

 野賀医事課長。

         〔市立病院医事課長 野賀 済君説明〕



○議長(寺本達良君) 続いて、議案第49号については、落合都市計画課長。

         〔都市計画課長 落合恒男君説明〕



○議長(寺本達良君) 以上で議案の内容説明が終わりました。



────────────────────────────────────────





△議案第50号〜議案第53号の上程、説明



○議長(寺本達良君) 続いて、日程第6 議案第50号から議案第53号までの4件を一括議題とします。

 ここで、提案者に提案理由の説明を求めます。

 太田市長。

         〔市長 太田順一君登壇〕



◎市長(太田順一君) 議案第50号は、菊川市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例についてであります。

 本議案は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令が平成18年3月27日に公布され、同年4月1日から施行されたことにより、非常勤消防団員等に係る退職報償金支払額が階級及び勤続年数により一部が改正されたことに伴い、菊川市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正するものでございます。

 議案第51号は、平成18年度菊川市一般会計第1回目の補正予算についてであります。

 今回の補正は、歳入歳出にそれぞれ370万円を追加し、予算総額を166億6,370万円としたものでございます。

 歳出の主なものとしましては、夢咲農協補助金返還額に101万2,000円、消防本部備品購入費に100万円の追加などでございます。

 次に、歳入でございますが、国県補助事業の採択、変更に伴い、国県支出金が160万4,000円の増などとなっております。

 議案第52号は、地方自治法第96条第1項第5号並びに議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、建設工事委託に関する協定の締結についてであります。

 今回の平成18年度菊川市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定ですが、平成17年3月末に供用開始をした菊川浄化センターの増設工事について、日本下水道事業団に委託しようとするものであります。

 議案第53号は、道路法10条第3項の規定により準用する同法第8条第2項の規定に基づき、市道1路線の変更をするものであります。

 今回変更する西233号線は、地元からの要望に基づき、終点の変更を行うものであります。

 御審議の上、お認めいただきますようお願い申し上げまして、提案理由といたします。

 以上でございます。



○議長(寺本達良君) 提案理由の説明が終わりました。

 続いて、議案の内容説明を求めます。

 議案第50号ですが、これにつきましては、内容説明を省略いたします。

 続いて、議案第51号について説明を求めます。

 名波総務企画部長。

         〔総務企画部長 名波克美君説明〕



○議長(寺本達良君) 続いて、議案第52号について、落合都市計画課長。

         〔都市計画課長 落合恒男君説明〕



○議長(寺本達良君) 続いて、議案第53号ですが、これにつきましては、内容説明を省略いたします。

 以上で、議案に対する提案理由並びに内容説明が終わりました。



────────────────────────────────────────





△請願について



○議長(寺本達良君) 日程第7 請願についてを議題とします。

 事務局長に請願文書表を朗読させます。

 沢崎事務局長。

         〔事務局長請願文書表朗読〕



○議長(寺本達良君) お諮りします。

 受理番号1号 障害者自立支援法の施行に伴う療養施設等の利用者負担軽減に関する請願の所管は文教福祉委員会であります。所管の委員会に付託したいと思いますが、それに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(寺本達良君) 異議なしと認めます。

 それでは、所管である文教福祉委員会に審査を付託することに決定をいたしました。



────────────────────────────────────────





△散会の宣告



○議長(寺本達良君) 以上で、本日予定しました日程すべてを終了しました。

 なお、議案への質疑の通告は、6月9日金曜日正午までに事務局へ提出をお願いいたします。

 次の会議は、12日月曜日午前9時から当議場で開催をいたしますので、定刻までに御参集ください。

 本日はこれをもって散会といたします。

 御苦労さまでした。



散会 午前10時42分