議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 御殿場市

平成19年 2月臨時会(第1号 2月15日)




平成19年 2月臨時会(第1号 2月15日)




             第    1    号


        平成19年御殿場市議会第1回臨時会会議録(第1号)


                         平成19年2月15日(木曜日)



  平成19年2月15日午前10時00分 開議


 日程第  1 会議録署名議員の指名


 日程第  2 会期の決定


 日程第  3 市長提案理由の説明


 日程第  4 議案第1号 神場南土地区画整理事業地内の用地の取得について


本日の会議に付した事件


 日程第  1 会議録署名議員の指名


 日程第  2 会期の決定


 日程第  3 市長提案理由の説明


 日程第  4 議案第1号 神場南土地区画整理事業地内の用地の取得について


 追加日程第1 議長辞職の件


 追加日程第2 議長の選挙


 追加日程第3 副議長辞職の件


 追加日程第4 副議長選挙


 追加日程第5 駿東地区交通災害共済組合議会議員の選挙


出席議員(24名)


  1番  井 上 高 臣 君           3番  大 橋 由来夫 君


  4番  鎌 野 政 之 君           5番  稲 葉 元 也 君


  6番  勝 亦   功 君           7番  石 田 英 司 君


  8番  高 木 理 文 君           9番  厚 見 道 代 君


 10番  滝 口 俊 春 君          11番  佐々木 大 助 君


 12番  勝間田 通 夫 君          13番  野 木 慶 文 君


 14番  田 代 幸 雄 君          15番  勝 又 嶋 夫 君


 16番  勝 又 幸 雄 君          17番  西 田 英 男 君


 18番  榑 林 静 男 君          19番  鈴 木 文 一 君


 20番  黒 澤 佳壽子 君          21番  滝 口 達 也 君


 22番  横 山 竹 利 君          23番  長谷川   登 君


 25番  望 月 八十児 君          26番  菱 川 順 子 君


説明のため出席した者


 市長                  長 田 開 蔵 君


 副市長                 鈴 木 秀 一 君


 副市長                 渡 辺   勝 君


 教育長                 三 井 米 木 君


 企画部理事               菅 沼   章 君


 企画部長                井 上 大 治 君


 総務部長                芹 沢   勝 君


 環境経済部長              勝 又 親 男 君


 健康福祉部長              勝 亦 福太郎 君


 建設水道部長              杉 山 半 十 君


 防災監                 遠 藤   豪 君


 教育部長                福 島   東 君


 消防長                 平 野 昭 弘 君


 総務部次長               久保田  金春 君


 財政課長                長 田 和 弘 君


議会事務局職員


 事務局長                勝 又 章 芳


 議事課長                土 屋 健 治


 議事課課長補佐             増 田 準 一


 主幹                  勝 又 雅 樹





○議長(勝間田通夫君)


 出席議員が法定数に達しておりますので、会議は成立いたしました。


○議長(勝間田通夫君)


 ただいまから平成19年御殿場市議会第1回臨時会を開会いたします。


○議長(勝間田通夫君)


 直ちに、本日の会議を開きます。


                        午前10時00分 開会


○議長(勝間田通夫君)


 本日の会議は、お手元に配付してあります日程により運営いたしますので、ご了承願います。


○議長(勝間田通夫君)


 「御殿場市議会常任委員会の委員の選任」及び「御殿場市議会議会運営委員会の委員の選任」につきましては、「御殿場市議会委員会条例第8条1項」の規定により、お手元に配付してあります資料7「御殿場市議会第1回臨時会資料」のとおり指名をいたしました。


 また、昨日の全員協議会で内選されました御殿場市の各種委員の推薦については、本日付をもちまして推薦することといたしますので、ご了承願います。


 本日、議席に配付済みの資料は、臨時会議事日程のほか、提案理由説明書、平成19年第1回臨時会、資料7 平成19年御殿場市議会第1回臨時会資料、以上でありますので、ご確認ください。


 なお、議案書及び、議案資料は先に配付済みであります。


○議長(勝間田通夫君)


 日程第1 「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、8番 高木理文議員、9番 厚見道代議員、以上、2名を指名いたします。


 日程第2 「会期の決定」を議題といたします。


 平成19年第1回臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしとみとめます。


 よって、会期は、1日間と決定いたしました。


○議長(勝間田通夫君)


 日程第3 「市長提案理由の説明」を議題といたします。


 市長提出の議案第1号について、市長から提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(長田開蔵君)


 本日開会の市議会第1回臨時会にて提出いたしました議案の御審議をお願いするに当たり、その提案理由の概要をご説明申し上げます。


 議案は、契約案1件であります。


 それでは、議案第1号、神場南土地区画整理事業地内の用地の取得について申し上げます。


 本案は、神場南土地区画整理事業地内の用地について、過日、御殿場市小山町土地開発公社と仮契約を締結いたしましたが、当初、神場南土地区画整理事業地内において、御殿場市小山町土地開発公社が所有していた土地は、全体の価格が2,000万円を超え、かつ面積が5,000?を超えるものでありました。


今回の用地の取得は、その一部であるため、議会の議決を経て本契約を締結いたしたく、提案するものであります。


 以上で本日提案いたしました議案の提案理由の説明を終わりといたします。


 慎重なご審議の上、ご賛同いただきますようお願いを申し上げます。


○議長(勝間田通夫君)


 議案第1号「神場南土地区画整理事業地内の用地の取得について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 企画部長。


○企画部長(井上大治君)


 ただいま議題となりました議案第1号について、ご説明を申し上げます。


 資料1議案書の1ページをお開き願います。


 最初に、議案書を朗読させていただきます。


 議案第1号


      神場南土地区画整理事業地内の用地の取得について


 神場南土地区画整理事業地内の用地を次のとおり取得したいので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求める。


 平成19年2月15日 提 出


                          御殿場市長 長 田 開 蔵


1 買収の目的  神場南土地区画整理事業地内の用地について、宅地の供給を図る


        ため。





2 買収する土地の所在地、地目、地積及び金額


 ┌──────────────┬────┬──────────┬─────────────┐


 │     所在地      │地目  │地積(?)     │金額(円)        │


 ├──────────────┼────┼──────────┼─────────────┤


 │御殿場市神場一丁目 2番  │宅地  │301.45    │26,231,704   │


 ├──────────────┼────┼──────────┼─────────────┤


 │御殿場市神場一丁目 3番  │宅地  │324.71    │28,259,020   │


 ├──────────────┼────┼──────────┼─────────────┤


 │御殿場市神場一丁目 4番  │宅地  │260.01    │22,617,793   │


 ├──────────────┼────┼──────────┼─────────────┤


 │御殿場市神場一丁目18番  │宅地  │546.00    │47,509,706   │


 ├──────────────┼────┼──────────┼─────────────┤


 │御殿場市神場一丁目25番  │宅地  │593.79    │51,670,110   │


 ├──────────────┴────┼──────────┼─────────────┤


 │        合計         │2,025.96  │176,288,333  │


 └───────────────────┴──────────┴─────────────┘


3 買収の相手方  御殿場市萩原483番地


         御殿場市小山町土地開発公社


         理事長 鈴木秀一


 本案につきましては、去る平成19年2月5日御殿場市小山町土地開発公社と仮契約を締結いたしましたが、当初、神場南土地区画整理事業地内に所有していた御殿場市小山町土地開発公社の土地は、全体の価格が2,000万円を超え、かつ面積が5,000?を超えるものでありました。今回、市が取得する部分は、この一部でありますことから、議会の議決を経て本契約を締結いたしたく、提案するものであります。


 概要につきましては、資料2でご説明いたします。1ページをお開き願います。


 買収する土地は、御殿場市小山町土地開発公社が取得し、換地処分されました神場南土地区画整理事業地内の土地のうち、5区画で、図面でいきますと、網掛けになった丸数字の、神場1丁目2番、3番、4番、18番、25番で、合計2,025.96?で、買収金額は、176,288,333円であります。


 ?、?、〇25は、住宅用地として、個人の方に処分します。


 ?、?は、先行取得するために、御殿場市小山町土地開発公社より、当該用地を御殿場市が買い戻しをするものであります。


 今後の予定でありますが、議決いただきましたあとに、本契約をした上で処分手続きを進めさせていただくというものであります。


 以上、説明とさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(勝間田通夫君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


 (この時質疑なし)


○議長(勝間田通夫君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(勝間田通夫君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(勝間田通夫君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


 (この時発言なし)


○議長(勝間田通夫君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


 (この時発言なし)


○議長(勝間田通夫君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(勝間田通夫君)


 これより、議案第1号「神場南土地区画整理事業地内の用地の取得について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(勝間田通夫君)


 これより、四常任委員会の委員長及び、副委員長の互選をお願いいたします。


 会場について申し上げます。


 総務委員会は、議長応接室、経済文教委員会は、議長室、健康福祉委員会は、第1委員会室、建設水道委員会は、第2委員会室に、ご参集願います。


 なお、互選の結果を議長まで報告願います。


 委員会のため暫時休憩をいたします。


                           午後10時10分


○議長(勝間田通夫君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


                           午後10時21分


 各常任委員会から正副委員長互選の結果報告がありましたので、お知らせをいたします。


 総務委員会委員長 勝亦  功議員  副委員長 野木 慶文議員


 経済文教委員会委員長 石田 英司議員  副委員長 勝又 嶋夫議員


 健康福祉委員会委員長 厚見 道代議員  副委員長 鎌野 政之議員


 建設水道委員会委員長 稲葉 元也議員  副委員長 田代 幸雄議員


 以上の方がそれぞれ選任をされました。


○議長(勝間田通夫君)


 これより議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選をお願いをいたします。


 議会運営委員は、議長応接室にご参集願います。


 なお、互選の結果を議長まで報告をお願いをいたします。


 議会運営委員会開催のため、暫時休憩をいたします。


                           午後10時23分


○議長(勝間田通夫君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


                           午後10時30分


 議会運営委員会から、正副委員長互選の結果報告がありましたのでお知らせいたします。


 委員長 大橋 由来夫議員、副委員長 田代 幸雄議員、以上の方がそれぞれ選任されました。


 この際、一身上の都合によりまして、議長を副議長と交替いたします。


             (議長 退席、副議長 着席)


○副議長(佐々木大助君)


 ただいま議長と交替いたしました。


 これより、暫時、議長を務めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


 ただいま議長 勝間田 通夫議員から、議長の辞職願が提出されました。


 この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに、ご異議ありませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○副議長(佐々木大助君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、この際、「議長辞職の件」を日程に追加し、直ちに議題といたします。


             (勝間田 通夫議員 除斥)


○副議長(佐々木大助君)


 地方自治法第117条の規定により、勝間田通夫議員が除斥されていますのでお知らせいたします。


 それでは、提出された辞職願を事務局職員に朗読させます。


 議事課長。


○議事課長(土屋健治君)


                  辞職願


 今般、一身上の都合により御殿場市議会議長の職を辞したいので、許可されるよう願い出ます。


平成19年2月15日


                         御殿場市議会議長 勝間田通夫


御殿場市議会副議長佐々木大助様


 以上でございます。


○副議長(佐々木大助君)


 お諮りいたします。


 勝間田通夫議員の辞職願については、これを許可することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○副議長(佐々木大助君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、勝間田通夫議員の議長辞職については、これを許可することにしました。


             (勝間田 通夫議員 入場)


○副議長(佐々木大助君)


 勝間田通夫議員にお知らせいたします。


 先ほど提出された議長の辞職願については、議会の許可がありましたので、ご了承願います。


 ただいま、議長が欠員となっております。


○副議長(佐々木大助君)


 お諮りいたします。


 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○副議長(佐々木大助君)


 ご異議なしと認めます。


 よって「議長の選挙」を日程に追加し、直ちに選挙を行います。


○副議長(佐々木大助君)


 お諮りいたします。


 議長の選挙の方法については、投票によりたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○副議長(佐々木大助君)


 ご異議なしと認めます。


 よって議長選挙は投票によって行います。


 議場の閉鎖を命じます。


                 (議場閉鎖)


○副議長(佐々木大助君)


 ただいまの出席議員数は、24名であります。


 投票用紙を事務局職員に配付させます。


                (投票用紙配付)


○副議長(佐々木大助君)


 投票用紙の配付漏れは、ありませんか。


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○副議長(佐々木大助君)


 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記・無記名であります。


 投票用紙に、被選挙人1名を記載し、点呼に応じて順次投票願います。


○副議長(佐々木大助君)


 点呼を命じます。


 議事課長。


○議事課長(土屋健治君)


 それでは、名前をお呼びしますので、順次ご投票ください。


 1番 井上高臣議員、3番 大橋由来夫議員、4番 鎌野政之議員、5番 稲葉元也議員、6番 勝亦功議員、7番 石田英司議員、8番 高木理文議員、9番 厚見道代議員、10番 滝口俊春議員、12番 勝間田通夫議員、13番 野木慶文議員、14番 田代幸雄議員、15番 勝又嶋夫議員、16番 勝又幸雄議員、17番 西田英男議員、18番 榑林静男議員、19番 鈴木文一議員、20番 黒澤佳壽子議員、21番 滝口達也議員、22番 横山竹利議員、23番 長谷川登議員、25番 望月八十児議員、26番 菱川順子議員、11番 佐々木大助議員。


○副議長(佐々木大助君)


 投票漏れはありませんか。


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


○副議長(佐々木大助君)


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議場開鎖)


○副議長(佐々木大助君)


 これより開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に10番 滝口俊春議員、12番勝間田通夫議員を指名いたします。


 両議員の立ち会いを願います。


                 (開 票)


○副議長(佐々木大助君)


 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数24票


 これは先ほどの出席議員数に符合しております。


 このうち


 有効投票24票


 無効投票 0票


 有効投票中


 滝口 俊春議員 13票


 長谷川 登議員  5票


 西田 英男議員  2票


 望月八十児議員  2票


 厚見 道代議員  2票


 以上のとおりであります。


○副議長(佐々木大助君)


 この選挙の法定得票数は、6票であります。


 よって、滝口俊春議員が議長に当選されました。


○副議長(佐々木大助君)


 ただいま当選されました滝口俊春議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、議長に当選されたことを告知いたします。


○副議長(佐々木大助君)


 それでは、議長に当選された滝口俊春議員から就任のごあいさつをお願いいたします。


○議長(滝口俊春君)


 このたび、議員の皆様方のご推挙によりまして、御殿場市議会議長の要職に就きました滝口俊春でございます。大変身に余る光栄にも存じますとともに、中心より、皆様方に感謝申し上げたいと思っております。また、この議会におきまして、その責任の重さをなお一層痛感しておる次第でございます。しかし、私自身、浅学非才な身ではございますけれども、お引き受けしました以上は誠心誠意、御殿場市の発展のために、また、福祉向上のために皆さんとともに努力して参りたいというふうに考えております。どうか先輩の皆様方、同僚の議員の皆様方、今後ともなお一層のご支援、ご鞭撻をお願い申し上げまして、議長就任のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)


○副議長(佐々木大助君)


 それでは、議長を交替いたします。


 ご協力ありがとうございました。


             (副議長 退席、議長 着席)


○議長(滝口俊春君)


 これより、議長を務めさせていただきます。


 よろしくお願いをいたします。


○議長(滝口俊春君)


 ただいま副議長 佐々木大助議員から、副議長の辞職願が提出されました。


 この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○議長(滝口俊春君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、この際、「副議長辞職の件」を日程に追加し、直ちに議題といたします。


              (佐々木大助議員 除斥)


○議長(滝口俊春君)


 地方自治法第117条の規定により、佐々木大助議員が除斥されていますので、お知らせいたします。


○議長(滝口俊春君)


 それでは、提出された辞職願を事務局職員に朗読させます。


 議事課長。


○議事課長(土屋健治君)


                  辞職願


 今般、一身上の都合により、御殿場市議会副議長の職を辞したいので、許可されるよう願い出ます。


 平成19年2月15日


                         御殿場市議会副議長佐々木大助


  御殿場市議会議長 滝口俊春様


 以上でございます。


○議長(滝口俊春君)


 お諮りいたします。


 佐々木大助議員の辞職願については、これを許可することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○議長(滝口俊春君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、佐々木大助議員の副議長辞職については、これを許可することに決しました。


              (佐々木大助議員 入場)


○議長(滝口俊春君)


 佐々木大助議員にお知らせいたします。


 先ほど提出をされた副議長の辞職願については、議会の許可がありましたので、ご了承願います。


○議長(滝口俊春君)


 ただいま副議長が欠員となっております。


○議長(滝口俊春君)


 お諮りいたします。


 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○議長(滝口俊春君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、「副議長の選挙」を日程に追加し、直ちに選挙を行います。


○議長(滝口俊春君)


 お諮りいたします。


 副議長の選挙の方法については、投票によりたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○議長(滝口俊春君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、副議長選挙は投票によって行います。


 議場の閉鎖を命じます。


                 (議場閉鎖)


○議長(滝口俊春君)


 ただいまの出席議員数は、24名であります。


 投票用紙を事務局職員に配付させます。


                (投票用紙配付)


○議長(滝口俊春君)


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


 (「なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○議長(滝口俊春君)


 異状なしと認めます。


○議長(滝口俊春君)


 念のため申し上げます。


 投票は、単記・無記名であります。


 投票用紙に被選挙人1名を記載し、点呼に応じて、順次投票願います。


 点呼を命じます。


 議事課長。


○議事課長(土屋健治君)


 それでは、お名前をお呼びいたしますので、順次投票ください。


 1番 井上高臣議員、3番 大橋由来夫議員、4番 鎌野政之議員、5番 稲葉元也議員、6番 勝亦 功議員、7番 石田英司議員、8番 高木理文議員、9番 厚見道代議員、11番 佐々木大助議員、12番 勝間田通夫議員、13番 野木慶文議員、14番 田代幸雄議員、15番 勝又嶋夫議員、16番 勝又幸雄議員、17番 西田英男議員、18番 榑林静男議員、19番 鈴木文一議員、20番 黒澤佳壽子議員、21番 滝口達也議員、22番 横山竹利議員、23番 長谷川登議員、25番 望月八十児議員、26番 菱川順子議員、10番 滝口俊春議員。


 以上でございます。


○議長(滝口俊春君)


 投票漏れはありませんか。


 (「なし」と言う者あり)


○議長(滝口俊春君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


○議長(滝口俊春君)


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議場開鎖)


○議長(滝口俊春君)


 これより開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に13番 野木慶文議員、14番 田代幸雄議員を指名いたします。


 両議員の立ち会いをお願いします。


                 (開 票)


○議長(滝口俊春君)


 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数24票


 これは先ほどの出席議員数に符合しております。


 このうち


 有効投票24票


 無効投票 0票


 有効投票中


 滝口 達也議員  13票


 鎌野 政之議員   5票


 石田 英司議員   2票


 高木 理文議員   2票


 菱川 順子議員   2票


 以上のとおりであります。


○議長(滝口俊春君)


 この選挙の法定得票数は、6票であります。


 よって、滝口達也議員が副議長に当選されました。


○議長(滝口俊春君)


 ただいま当選されました滝口達也議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、副議長に当選されたことを告知いたします。


○議長(滝口俊春君)


 それでは、副議長に当選された滝口達也議員から就任のごあいさつをお願いいたします。


○副議長(滝口達也君)


 皆様のご指導をいただきながら、議長の補佐という大役を一生懸命やっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)


○議長(滝口俊春君)


 ただいまから、前正副議長の退任のあいさつがございます。


 まず、前議長の勝間田通夫議員からお願いいたします。


○12番(勝間田通夫君)


 退任に当たりまして、一言御礼のごあいさつをさせていただきます。議員の皆さん、それから当局の皆さん、事務局の皆さん、この1年間いろいろご支援ご指導いただきまして本当にありがとうございました。


 特に、議会運営につきましては、議会運営委員会の皆さんが、それぞれ主義主張異なる中で、話し合いを基本としていただきまして、互譲によりまして、1年間円滑な議会運営ができましたことを熱く御礼を申し上げます。


 市長以下、当局の皆さんには、市政施行50年が経過する中で、今の平成の時代、こんな変革と言いますか、制度の改正の時代は初めてでありまして、そういう時代を担っている皆さんでありますけれども、市政発展のため、それから住民福祉のために、頑張っていただきまして、また適切な対応をいただきまして、1年間無事に円滑な運営ができましたことを御礼を申し上げます。


 結びに、今後皆さんまた、いろいろご指導いただきますようお願い申し上げまして、お礼とさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)


○議長(滝口俊春君)


 次に、前副議長の佐々木大助議員にお願いいたします。


○11番(佐々木大助君)


 今まで1年間、議員の皆さんや、市当局の皆さんに支えられて、大過なく副議長の職を全うできましたことを感謝申し上げて、お礼の言葉といたします。ありがとうございました。(拍手)


○議長(滝口俊春君)


 続きまして、議員を代表して滝口達也議員から、前正副議長に対しまして、謝辞がございます。


 前正副議長様、前にお進みください。


○副議長(滝口達也君)


 御殿場市議会を代表いたしまして、勝間田前議長、佐々木前副議長に、一言お礼を述べさせていただきたいと思います。


 勝間田前議長におかれましては、議会の内外を問わず、その職責を十二分に果たされ、議会の代表としてご活躍をされましたことに敬意を表しますとともに、心より御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


 佐々木前副議長におかれましては、議長の補佐としての大役を全うされまして、運営がつつがなく進むことに、真摯に勤められましたことを心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。


 勝間田前議長、佐々木前副議長におかれましては、さらなる御殿場市議会の発展のために引き続きのご指導ご鞭撻をいただくことを心よりお願い申し上げまして、簡単ではございますが、謝辞といたします。1年間本当にありがとうございました。(拍手)


○議長(滝口俊春君)


 お諮りいたします。


 この際、駿東地区交通災害共済組合議会議員の選挙を日程に追加したいと思います。


 これは駿東地区交通災害共済組合規約第5条の規定により、本市議会議員のうちから1名の組合議会議員を選挙するものであります。


 これにご異議ありませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○議長(滝口俊春君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、「駿東地区交通災害共済組合議会議員の選挙」を日程に追加し、直ちに選挙を行います。


○議長(滝口俊春君)


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


○議長(滝口俊春君)


 これにご異議ございませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(滝口俊春君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


○議長(滝口俊春君)


 お諮りいたします。


 指名の方法は、議長において指名することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(滝口俊春君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


○議長(滝口俊春君)


 それでは、指名を行います。


 先例によりまして、議長の職にあります滝口俊春を、駿東地区交通災害共済組合議会の議員に指名いたします。


○議長(滝口俊春君)


 お諮りいたします。


 ただいま指名をいたしました滝口俊春を当選人と定めることにご異議ありませんか。


 (「異議なし」という者あり)


○議長(滝口俊春君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、滝口俊春が、駿東地区交通災害共済組合議会議員に当選いたしました。


○議長(滝口俊春君)


 以上で、本日の日程は、全部終了いたしました。


 これにて、平成19年御殿場市議会第1回臨時会を閉会いたします。


                        午後11時24分 閉会





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





 平成  年  月  日





    前 議長     勝間田  通夫





    前副議長     佐々木  大助





    議  長     滝 口 俊 春





    副議長      滝 口 達 也





    署名議員     高 木 理 文





    署名議員     厚 見 道 代