議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 御殿場市

平成18年12月定例会(第5号12月19日)




平成18年12月定例会(第5号12月19日)




             第    5    号


        平成18年御殿場市議会12月定例会会議録(第5号)


                        平成18年12月19日(火曜日)



  平成18年12月19日午前10時00分 開議


 日程第 1 市長提案理由の説明


 日程第 2 議案第   96号 交流センターセンターゾーン建築工事請負契約の締


                 結について


 日程第 3 議案第   97号 交流センターセンターゾーン機械設備工事請負契約


                 の締結について


 日程第 4 議案第   98号 交流センターセンターゾーン電気設備工事請負契約


                 の締結について


 日程第 5 議案第   99号 神場南土地区画整理事業地内の用地の処分について


 日程第 6 議員提出議案第8号 御殿場市議会委員会条例の一部を改正する条例案の


                 提出について


 日程第 7 議員提出議案第9号 御殿場市議会会議規則の一部を改正する規則案の提


                 出について


本日の会議に付した事件


  議事日程に同じ


出席議員(24名)


  1番  井 上 高 臣 君            3番  大 橋 由来夫 君


  4番  鎌 野 政 之 君            5番  稲 葉 元 也 君


  6番  勝 亦   功 君            7番  石 田 英 司 君


  8番  高 木 理 文 君            9番  厚 見 道 代 君


 10番  滝 口 俊 春 君           11番  佐々木 大 助 君


 12番  勝間田 通 夫 君           13番  野 木 慶 文 君


 14番  田 代 幸 雄 君           15番  勝 又 嶋 夫 君


 16番  勝 又 幸 雄 君           17番  西 田 英 男 君


 18番  榑 林 静 男 君           19番  鈴 木 文 一 君


 20番  黒 澤 佳壽子 君           21番  滝 口 達 也 君


 22番  横 山 竹 利 君           23番  長谷川   登 君


 25番  望 月 八十児 君           26番  菱 川 順 子 君


欠席議員


  な し


説明のため出席した者


 市長                  長 田 開 蔵 君


 副市長                 鈴 木 秀 一 君


 副市長                 渡 辺   勝 君


 教育長                 三 井 米 木 君


 企画部理事               菅 沼   章 君


 企画部長                井 上 大 治 君


 総務部長                芹 沢   勝 君


 環境経済部長              勝 又 親 男 君


 健康福祉部長              勝 亦 福太郎 君


 建設水道部長              杉 山 半 十 君


 防災監                 遠 藤   豪 君


 教育部長                福 島   東 君


 消防長                 平 野 昭 弘 君


 総務部次長               久保田 金 春 君


 財政課長                長 田 和 弘 君


議会事務局職員


 事務局長                勝 又 章 芳


 議事課長                土 屋 健 治


 議事課課長補佐             増 田 準 一


 主任                  佐 藤 歌 愛





○議長(勝間田通夫君)


 出席議員が法定数に達しておりますので、会議は成立いたしました。


○議長(勝間田通夫君)


 ただいまから、平成18年御殿場市議会12月定例会を再開いたします。


○議長(勝間田通夫君)


 本日は、当議場に去る12月5日の本会議において、御殿場市固定資産評価審査委員会委員に選任同意をされました持麾幸雄氏においでをいただいておりますので、ごあいさつをいただきたいと思います。


 それでは、持麾様、お願いをいたします。


○固定資産評価審査委員会委員(持麾幸雄君)


 おはようございます。


 貴重な時間をいただきまして、一言ごあいさつをさせていただきます。


 私は、このたび御殿場市固定資産評価審査委員会の委員の選任に当たりまして、当議会におきまして、ご同意をいただきました持麾幸雄でございます。


 現在の我が国の経済動向は、景気の回復基調とデフレからの脱却に向けて順調に進展していると言われております。がしかしながら、市民が等しく景気の回復を実感するまでには至っていない状況下、税を取り巻く環境は、非常に引き続き厳しいものと私は認識しているところでございます。


 こうした中、固定資産税の納税者の不服を審査、決定する委員会の委員といたしまして、誠に重責ではございますが、光栄かつ中立の立場を貫き通し、誠実に職務を全うしていく所存でありますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


 簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)


○議長(勝間田通夫君)


 ありがとうございました。


 持麾様には、今後とも委員としてご尽力、ご活躍をくださいますように、本席より心からお願いをいたします。


 本日は、お忙しい中、ありがとうございました。


○議長(勝間田通夫君)


 それでは、ただいまから本日の会議を開きます。


                           午前10時00分


○議長(勝間田通夫君)


 本日の会議は、お手元に配付してあります日程により運営いたしますので、ご了承願います。


○議長(勝間田通夫君)


 この際、諸般の報告を行います。


 20番 黒澤佳壽子君議員から、別紙のとおり発言を訂正したい旨の申し出があり、議長において、これを許可いたしました。


○議長(勝間田通夫君)


 本日議席に配付済みの資料は、議事日程第5号のほか、提案理由説明書(第2号)平成18年12月定例会、資料7 平成18年御殿場市議会12月定例会議案書(議員提出分)、資料8 平成18年御殿場市議会12月定例会議案資料(議員提出分)、以上でありますので、ご確認ください。


○議長(勝間田通夫君)


 日程第1 「市長提案理由の説明」を議題といたします。


 市長提出の議案第96号から第99号の4件について、市長から提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(長田開蔵君)


 本日追加提案いたしました議案のご審議をお願いするに当たり、その提案理由の概要をご説明申し上げます。


 議案は、契約案4件であります。


 最初に、議案第96号 交流センターセンターゾーン建築工事請負契約の締結について、議案第97号 交流センターセンター ゾ−ン機械設備工事請負契約の締結について、及び議案第98号 交流センターセンターゾーン電気設備工事請負契約の締結について、一括してご説明申し上げます。


 本3案は、平成16年度に策定されました御殿場市まちづくり計画に基づき、交流センターの整備事業の一環として、総合福祉機能を有した市民交流センターを建設すべく、過日、入札に付した結果に基づき、仮契約を締結いたしましたが、それぞれの工事の予定価格が1億5,000万円以上となりますので、議会の議決を経て本契約を締結いたしたく、提案するものであります。


 次に、議案第99号 神場南土地区画整理事業地内の用地の処分について申し上げます。


 本案は、神場南土地区画整理事業地内の用地について、過日、買取り申出者と仮契約を締結いたしましたが、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を経て本契約を締結いたしたく、提案するものであります。


 以上で、本日提案いたしました議案の提案理由の説明を終わりといたします。


 慎重なご審議の上、ご賛同をいただきますようお願い申し上げます。


○議長(勝間田通夫君)


 この際、日程第2 議案第96号「交流センターセンターゾーン建築工事請負契約の締結について」から日程第4 議案第98号「交流センターセンターゾーン電気設備工事請負契約の締結について」までの3議案を、一括して議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 企画部長。


○企画部長(井上大治君)


 それでは、ただいま議題となりました議案第96号、97号、98号について、一括、内容の説明を申し上げます。


 議案書の1ページをお開き願います。


 はじめに、議案書を朗読いたします。


 議案第96号


      交流センターセンターゾーン建築工事請負契約の締結について


 交流センターセンターゾーン建築工事請負契約の締結について、次のとおり締結したいので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和39年御殿場市条例第5号)第2条の規定により、議会の議決を求める。


 平成18年12月19日 提 出


                            御殿場市長 長 田 開 蔵


 1 契約の目的   交流センターセンターゾーン建築工事


 2 契約の方法   制限付き一般競争入札


 3 契約金額   1,150,800,000円


 4 契約の相手方   静岡市葵区本通五丁目1番地の5


            大成建設株式会社 静岡営業所


            所長 藤 巻 秀 郷


 次のページをお願いいたします。


 議案第97号


     交流センターセンターゾーン機械設備工事請負契約の締結について


 交流センターセンターゾーン機械設備工事請負契約の締結について、次のとおり締結したいので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和39年御殿場市条例第5号)第2条の規定により、議会の議決を求める。


 平成18年12月19日 提 出


                          御殿場市長 長 田 開 蔵


 1 契約の目的   交流センターセンターゾーン機械設備工事


 2 契約の方法   制限付き一般競争入札


 3 契約金額   470,400,000円


 4 契約の相手方   静岡市駿河区中原918番地


            第一工業株式会社 静岡営業所


            所長 阿 部 幸 雄


 次のページをお願いいたします。


 議案第98号


     交流センターセンターゾーン電気設備工事請負契約の締結について


 交流センターセンターゾーン電気設備工事請負契約の締結について、次のとおり締結したいので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和39年御殿場市条例第5号)第2条の規定により、議会の議決を求める。


 平成18年12月19日 提 出


                          御殿場市長 長 田 開 蔵


 1 契約の目的   交流センターセンターゾーン電気設備工事


 2 契約の方法   制限付き一般競争入札


 3 契約金額   258,300,000円


 4 契約の相手方   御殿場市新橋975番地の3


            株式会社 関電工 静岡支店御殿場営業所


            所長 水 口 健 夫


 本案の交流センターセンターゾーンの建設事業は、第3次御殿場市総合計画における「演習場と市民生活」に係る政策目標に沿い平成16年度に策定された「御殿場市(東富士演習場周辺)まちづくり計画」に基づく「交流センター」整備事業の一環として、世代交流と総合福祉機能を具備し、幼児から高齢者まで、幅広い世代の市民や障害のある人たちが交流できる世代交流多目的施設・市民交流センターとして位置付けたものであります。


 この事業は、平成17年12月21日に防衛補助8条の事業の適用、補助率については75%でございますが、これを受け、本年6月から造成工事に着手し、このたび建物の建設工事に着手するものであります。なお、完成につきましては、平成20年6月を予定しております。


 この工事に当たりましては、去る12月6日、制限付き一般競争入札を行った結果、先ほど議案の中で申しましたように、建築工事につきましては、静岡市の大成建設株式会社静岡営業所が11億5,080万円で、機械設備工事につきましては、静岡市の第一工業株式会社静岡営業所が4億7,040万円で、電気設備工事につきましては、市内新橋の株式会社関電工静岡支店御殿場営業所が2億5,830万円でそれぞれ落札し、過般、3社と仮契約を締結いたしましたが、この工事の予定価格がそれぞれ1億5,000万円以上となり、条例の定めるところによりまして、議会の議決を経て本契約を締結いたしたく、提案をするものであります。


 それでは、今回発注の工事の概要につきまして、説明をさせていただきます。


 資料6 議案資料の1ページをお開き願います。


 図面が小さくて恐縮に存じますけれども、まず、建築場所でございますが、市の陸上競技場の南側で、敷地面積およそ1.8haであります。


 次に、2ページにつきましては配置図、3ページについては地下1階の平面図、4ページにつきましては1階の平面図、5ページにつきましては2階の平面図となっております。


 なお、これら図面につきましては、本年の7月の27日に全員協議会でご説明させていただきましたが、各階の平面図の部屋等の配置については、変更ございません。


 なお、面積等については、基本設計時と若干変わっております。


 次に、6ページにお願い申し上げます。


 最初に、建築工事の概要でございますけども、構造につきましては、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、地上2階、地下1階、延床面積6,231.09?でございます。先ほど申しました基本設計時では6,186.5?ということで44.59?の増となっておりまして、各部屋は若干違いますが、一番の増の要因は、共通スペース、これが増えておるのが原因でございます。外部仕上げにつきましては、屋根がフッ素ガルバリウム鋼板葺き、外壁につきましては、タイル貼り一部コンクリート打放し仕上げとなっております。


 なお、施設の東側には別棟といたしまして、シルバー人材センターのワークプラザが設けられます。その他、屋外に交流広場として芝生の広場、一輪車の練習場、遊具の設置、屋外トイレ、駐車場等が設けられます。


 次に、7ページの機械設備工事、それから8ページの電気設備工事につきましては、全協等の説明よりも詳しくなっておりますので、後ほどご覧をいただきたいと存じます。


 以上で、説明の方を終わらせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(勝間田通夫君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


 8番 高木理文議員。


○8番(高木理文君)


 何点か質問をさせていただきます。


 今回の契約の方法は制限付き一般競争入札により行われたものなんですけれども、工事入札明細書を拝見いたしますと、建築工事が4社、電気設備工事が8社、機械設備工事が、2社辞退をしたところで、5社が入札に参加をいたしました。


 まず、お伺いしたいのは、今回の入札に参加できる資格のある総合評定値が1,500点以上の建築工事業者、そして1,300点以上の電気・機械設備工事業者は、それぞれどのくらいおられるのでしょうか。


 また、建築工事については、入札業者がわずか4社のみということだったわけですけども、これは市としてはどのように受けとめられておられるのかお伺いいたします。


 次に、機械設備工事請負契約について伺います。


 この工事は予定価格の約70%の額で落札がされております。予定価格を30%も割り込んでしまって果たして品質の保証ができるのかと考えるわけです。


 地方自治法施行令第167条の10におきましては、最低制限価格を設けることもできることになっております。御殿場市の財務規則第36条にも、最低制限価格は、契約の目的となる工事又は製造の技術上の難易、過去の入札の実例、その他の条件を勘案して、予定価格の10分の8以上で適正に定めなければならない、と記されております。最低制限価格を設定をした場合であっても80%以上の額でということだと思います。


 今回は、最低制限価格は設けなかったということでしょうけれども、こうしたケースにおきましては、落札の決定に当たりどのような確認をされておられるのか、お伺いをいたします。


 また、この入札につきましては、参加願が出ていた業者が2社辞退をされているわけですけれども、この点についてはどのような解釈をされておられるのか、お伺いをいたします。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(勝間田通夫君)


 企画部長。


○企画部長(井上大治君)


 4点ほどのご質問をいただきましたので、順次お答えをさせていただきます。


 1点目の総合評定値が1,500点以上の建築工事業者、1,300点以上の電気設備の工事社数でございますけれども、建築工事1,500点以上、県内に本・支店、営業所を置く業者でございますけれども、22社ございます。そのうち、実際に入札参加の資格のあるものが18社であります。ということで、4社の方については、指名停止というようなことでございます。電気設備工事につきましては、同様に22社ございますけれども、実際には21社ということで、1社は指名停止の業者でございます。機械設備工事につきましては、19社ございますけれども、同様に18社の方が参加資格があったということでございます。


 それから、2点目の入札業者の数を言われておりまして、これをどのように受けとめているかということだと思いますけども、この点につきましては、公告の時点では最低でも10社以上の入札があると予想しておりました。それぞれ業者の都合もありますし、参加されない理由につきましてはこちらでは把握できません。このような入札もあったというようなことで勉強させられたということで感じております。


 次に、3点目の最低制限価格等の関係で今回、低価格入札ではないかというような懸念をされているようで、どのような確認をされたかというご質問でございますけども、低入札が行われた場合というようなことで、これは一般質問でもお答えしましたが、入札時に積算内訳書の提出を義務付けております。そして、それによりまして業者の積算能力を評価するとともに、低入札を考えられるような入札があった場合には、一たん落札を保留しまして、提出された積算内訳書の内容を精査いたしまして適正な工事施行が可能かどうか判断をさせていただきました後、契約をしたということでご了解をお願いをしたいと思います。


 それから、4点目でございますけれども、業者が2社ほど辞退されたけれども、これはどのように解釈をしているのかという点でございますけども、入札の辞退には、これは会社の都合でございます。法等にも抵触しませんし、公告にもそのようなことをうたっておりませんので、こういう事態はあり得る事態というようなことで認識をしております。


 以上、答弁とさせていただきます。


 (「終わります。」と高木理文君)


○議長(勝間田通夫君)


 ほかにありませんか。


 (この時質疑なし)


○議長(勝間田通夫君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(勝間田通夫君)


 お諮りいたします。


 本3案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本3案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(勝間田通夫君)


 これより討論に入ります。


 本3案に対して、反対討論の発言を許します。


 (この時発言なし)


○議長(勝間田通夫君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


 (この時発言なし)


○議長(勝間田通夫君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(勝間田通夫君)


 これより、本3案について、順次、採決をいたします。


 最初に、議案第96号「交流センターセンターゾ−ン建築工事請負契約の締結について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(勝間田通夫君)


 次に、議案第97号「交流センターセンターゾ−ン機械設備工事請負契約の締結について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(勝間田通夫君)


 次に、議案第98号「交流センターセンターゾ−ン電気設備工事請負契約の締結について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(勝間田通夫君)


 日程第5 議案第99号「神場南土地区画整理事業地内の用地の処分について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 企画部長。


○企画部長(井上大治君)


 ただいま議題となりました議案第99号について、ご説明を申し上げます。


 お手元の議案資料5の4ページをお開き願います。


 最初に、議案書を朗読させていただきます。


 議案第99号


        神場南土地区画整理事業地内の用地の処分について


 神場南土地区画整理事業地内の用地を次のとおり処分したいので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和39年御殿場市条例第5号)第3条の規定により、議会の議決を求める。


 平成18年12月19日 提 出


                          御殿場市長 長 田 開 蔵


 1 処分の目的   神場南土地区画整理事業地内の用地を処分するため。


 2 処分の方法   随時契約


 3 処分する土地の所在地、地目、地積及び金額


   所在地 御殿場市神場一丁目46番。地目 宅地。地積 203.39?。金額 11,308,484円。


 本案につきましては、神場南土地区画整理事業地内の用地を処分すべく、御殿場市小山町土地開発公社から御殿場市が既に取得した土地につきまして、過日、買取りの申し出のありました個人の方と仮契約を締結いたしましたが、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を経て本契約をするために、提案をさせていただきました。


 議案資料6の9ページをお開き願います。


 場所につきましては、図面右上にあります四角で網かけのかかっています中に46と数字の入った区画でございます。


 処分の目的は、この用地を個人の方へ処分するため。


 処分の方法については、随意契約であります。


 処分する土地は、御殿場市神場一丁目46番の1区画で、地目は宅地、地積は203.39?、処分金額は1,130万8,484円であります。


 なお、今後の予定でありますが、現在、仮契約をしておりますが、議決をいただきました後に本契約に移行した上で、処分手続を進めさせていただくというものでございます。


 現在までの神場南土地区画整理事業地内の処分状況については、資料図面に区画番号がないものにつきましては、既に処分が完了しているものであります。ページ右下の凡例に示したとおり、四角印が御殿場市の所有している9区画であります。このたびはそのうちの1区画を処分するものであります。


 なお、御殿場市小山町土地開発公社所有の工業専用地域内の2区画、工業地域内の10区画につきましても、今後、処分に向けて鋭意努力をしてまいりたいと考えております。


 以上、説明とさせていただきます。


 ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。


○議長(勝間田通夫君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


 (この時質疑なし)


○議長(勝間田通夫君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(勝間田通夫君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(勝間田通夫君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


 (この時発言なし)


○議長(勝間田通夫君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


 (この時発言なし)


○議長(勝間田通夫君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(勝間田通夫君)


 これより、議案第99号「神場南土地区画整理事業地内の用地の処分について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(勝間田通夫君)


 この際、日程第6 議員提出議案第8号「御殿場市議会委員会条例の一部を改正する条例案の提出について」から日程第7 議員提出議案第9号「御殿場市議会会議規則の一部を改正する規則案の提出について」までの2議案を、一括して議題といたします。


 提出代表者から、内容説明を求めます。


 議会運営委員長。


○議会運営委員長(滝口達也君)


 ただいま議題となりました議員提出議案第8号 御殿場市議会委員会条例の一部を改正する条例案の提出についてと、議員提出議案第9号 御殿場市議会会議規則の一部を改正する規則案の提出についての2案について、内容説明をいたします。


 最初に、議員提出議案第8号についてでありますが、この委員会条例の一部改正は、地方自治法の一部を改正する法律のうち、議会制度の充実に関する事項等が平成18年11月24日から施行されたことを受けて出されるものであります。


 主な改正点は、委員の選任が、開会中でも閉会中でも、議長の指名によりできるものとされたことと、会議録について、現状の冊子によるもののほか、電磁的記録によることもできるとされたことであります。


 それでは、議案書の朗読をいたしますので、資料7 議員提出分議案書の1ページをお開きください。


 議員提出議案第8号


     御殿場市議会委員会条例の一部を改正する条例案の提出について


 御殿場市議会委員会条例の一部を改正する条例を、地方自治法(昭和22年法律第67号)第112条及び御殿場市議会会議規則(平成3年御殿場市議会規則第3号)第14条の規定により、次のとおり提出する。


 平成18年12月19日


  御殿場市議会議長 勝間田 通夫 様


                         提出者  御殿場市議会議員


                               滝 口 達 也


                               勝 亦   功


                               大 橋 由来夫


                               厚 見 道 代


                               滝 口 俊 春


                               榑 林 静 男


                               黒 澤 佳壽子


                               長谷川   登


                               望 月 八十児


                               石 田 英 司


 次に、資料8 議案資料の新旧対照表1ページと2ページをお開きください。


 まず、第3条につきましては、第2項を削除して第3項を繰り上げるものです。


 次に、第5条につきましては、ただし書きの部分を削除いたします。


 次に、第8条と第14条の主たる改正内容は、議長権限で委員の選任及び常任委員の委員会所属の変更並びに議会運営委員と特別委員の辞任許可ができるというものです。


 次に、第22条につきましては、読替えに関する字句の追加をいたします。


 次に、3ページと4ページになりますが、第30条では、電磁的記録による会議録の作成を可能とするよう改めるものです。


 なお、附則につきましては、この条例は、平成19年1月1日から施行する、とするものであります。


 続きまして、議員提出議案第9号について、内容説明をいたします。


 この会議規則の一部改正は、地方自治法の一部を改正する法律によって、委員会に議案提出権が認められようになったことや、電磁的記録による会議録作成が可能になったこと等を受けて、会議規則に所要の改正を加えるものであります。


 なお、会議規則は、地方自治法第120条の規定により、議会の議決により設けるものとされております。


 それでは、議案書を朗読いたしますので、資料7 議員提出分議案書の3ページをお開きください。


 議員提出議案第9号


      御殿場市議会会議規則の一部を改正する規則案の提出について


 御殿場市議会会議規則の一部を改正する規則を、地方自治法(昭和22年法律第67号)第120条の規定により、次のとおり提出する。


 平成18年12月19日


  御殿場市議会議長 勝間田 通夫 様


                         提出者  御殿場市議会議員


                               滝 口 達 也


                               勝 亦   功


                               大 橋 由来夫


                               厚 見 道 代


                               滝 口 俊 春


                               榑 林 静 男


                               黒 澤 佳壽子


                               長谷川   登


                               望 月 八十児


                               石 田 英 司


 続きまして、資料8 議案資料の新旧対照表5ページと6ページをご覧ください。


 まず、第14条につきましては、委員会の議案提出に関する条文の追加を行うものであります。


 次に、第19条につきましては、委員会が提出した議案の撤回等に関する条文の追加を行うものであります。


 次に、第37条につきましては、委員会提出議案の付託に関する条文の追加等を行うものであります。


 次に、第78条と、次の7ページ、8ページになりますが、第79条及び第81条につきましては、会議録の電磁的記録化に合わせられるよう、条文の文言を整理を行うものでございます。


 最後に、第98条第2項の改正は、地方自治法の一部改正によって生じた項番号のずれを修正するためのものです。


 なお、附則につきましては、この規則は、平成19年1月1日から施行する、とするものであります。


 以上で、議員提出議案第8号 御殿場市議会委員会条例の一部を改正する条例案の提出についてと、議員提出議案第9号 御殿場市議会会議規則の一部を改正する規則案の提出についての内容説明を終わります。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(勝間田通夫君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


 (この時質疑なし)


○議長(勝間田通夫君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(勝間田通夫君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本2案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(勝間田通夫君)


 これより討論に入ります。


 まず、本2案に対して、反対討論の発言を許します。


 (この時発言なし)


○議長(勝間田通夫君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


 (この時発言なし)


○議長(勝間田通夫君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(勝間田通夫君)


 これより、本2案について、順次、採決をいたします。


 最初に、議員提出議案第8号「御殿場市議会委員会条例の一部を改正する条例案の提出について」を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(勝間田通夫君)


 次に、議員提出議案第9号「御殿場市議会会議規則の一部を改正する規則案の提出について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(勝間田通夫君)


 この際、お諮りいたします。


 市長から、12月5日の会議における建設水道部長及び建築住宅課長の発言の一部について、発言取消し申出書のとおり、取り消したい旨の申し出がありました。この取り消しを許可することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と言う者あり)


○議長(勝間田通夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、市長からの発言取消し申出を許可することに決定をいたしました。


○議長(勝間田通夫君)


 以上で、本日の日程は、全部終了いたしました。


 これをもちまして、平成18年御殿場市議会12月定例会を閉会いたします。


                        午前10時42分 閉会





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





    議  長    勝間田 通 夫





    署名議員    勝 亦   功





    署名議員    石 田 英 司