議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 御殿場市

平成17年 3月定例会(第1号 2月28日)




平成17年 3月定例会(第1号 2月28日)




             第    1    号


        平成17年御殿場市議会3月定例会会議録(第1号)


                         平成17年2月28日(月曜日)



  平成17年2月28日午前10時00分 開議


 日程第 1  会議録署名議員の指名


 日程第 2  会期の決定


 日程第 3  議席の一部変更


 日程第 4  平成17年度市長施政方針


 日程第 5  市長提案理由の説明


 日程第 6  同意第    1号 御殿場市固定資産評価審査委員会委員の選任につ


                  いて


 日程第 7  同意第    2号 御殿場市外1組合公平委員会委員の選任について


 日程第 8  議員提出議案第1号 自動車登録番号標に「富士山」ナンバー創設を求


                  める意見書の提出について


 日程第 9  議案第    2号 平成16年度御殿場市一般会計補正予算(第3号


                  )について


 日程第10  議案第    3号 平成16年度御殿場市観光施設事業特別会計補正


                  予算(第1号)について


 日程第11  議案第    4号 平成16年度御殿場市公共下水道事業特別会計補


                  正予算(第2号)について


 日程第12  議案第   17号 御殿場市職員の高齢者部分休業に関する条例制定


                  について


 日程第13  議案第   18号 御殿場市職員の修学部分休業に関する条例制定に


                  ついて


 日程第14  議案第   19号 御殿場市地区コミュニティ供用施設等条例の一部


                  を改正する条例制定について


 日程第15  議案第   20号 御殿場市教育委員会の委員等に対する報酬の支給


                  及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定につ


                  いて


 日程第16  議案第   21号 御殿場市税賦課徴収条例の一部を改正する条例制


                  定について


 日程第17  議案第   22号 御殿場市手数料条例の一部を改正する条例制定に


                  ついて


 日程第18  議案第   23号 御殿場市保育事業条例の一部を改正する条例制定


                  について


 日程第19  議案第   24号 御殿場市営住宅条例の一部を改正する条例制定に


                  ついて


 日程第20  議案第   25号 御殿場市児童屋内体育施設設置条例の一部を改正


                  する条例制定について


 日程第21  議案第   26号 神場南土地区画整理事業地内の用地の処分につい


                  て


 日程第22  議案第   27号 駿豆地区広域市町村圏協議会を構成する市町村数


                  の減少及び駿豆地区広域市町村圏協議会規約の変


                  更について


 日程第23  議案第   28号 住民票の写し等の交付に関する事務の委託の廃止


                  について


 日程第24  議案第   29号 住民票の写し等の交付に関する事務の委託の廃止


                  について


 日程第25  議案第   30号 住民票の写し等の交付に関する事務の委託の廃止


                  について


 日程第26  議案第   31号 住民票の写し等の交付に関する事務の委託の廃止


                  について


 日程第27  議案第   32号 住民票の写し等の交付に関する事務の委託に係る


                  協議について


 日程第28  議案第   33号 字の区域の変更について


 日程第29  議案第   34号 市道路線の認定について


本日の会議に付した事件


  議事日程に同じ


出席議員(25名)


  1番  井 上 高 臣 君            3番  大 橋 由来夫 君


  4番  石 田 英 司 君            5番  稲 葉 元 也 君


  6番  勝 亦   功 君            7番  鎌 野 政 之 君


  8番  高 木 理 文 君            9番  厚 見 道 代 君


 10番  滝 口 俊 春 君           11番  佐々木 大 助 君


 12番  勝間田 通 夫 君           13番  野 木 慶 文 君


 14番  勝 又 嶋 夫 君           15番  田 代 幸 雄 君


 16番  勝 又 幸 雄 君           17番  滝 口 達 也 君


 18番  榑 林 静 男 君           19番  鈴 木 文 一 君


 20番  小宮山 武 久 君           21番  黒 澤 佳壽子 君


 22番  横 山 竹 利 君           23番  長谷川   登 君


 24番  西 田 英 男 君           25番  望 月 八十児 君


 26番  菱 川 順 子 君


欠席議員


  な し


説明のため出席した者


 市 長                 長 田 開 蔵 君


 助 役                 鈴 木 秀 一 君


 収入役                 渡 辺   勝 君


 教育長                 三 井 米 木 君


 企画部長                菅 沼   章 君


 総務部長                勝 亦   誠 君


 環境市民部長              芹 沢   勝 君


 健康福祉部長              吉 川 敏 雄 君


 経済部長                芹 澤 頼 之 君


 都市整備部長              小見山 惣 一 君


 建設水道部長              水 谷   隆 君


 教育部長                勝 又 親 男 君


 消防長                 勝間田 嘉 雄 君


 総務部次長兼総務課長          鈴 木 正 則 君


 企画部財政課長             田 代 豊 治 君


 企画部財政課副参事           勝 又 正 美 君


 総務部次長兼人事課長          井 上 大 治 君


 総務部税務課長             芹 沢 修 治 君


 総務部課税課長             小 林 良 逸 君


 健康福祉部児童福祉課長         勝 又 昭 典 君


 経済部次長兼農林土木課長        高 橋 文 武 君


 建設水道部下水道課長          土 屋 俊 光 君


 都市整備部次長兼都市計画課長      久保田 金 春 君


 都市整備部建築住宅課長         芹 澤 賢 治 君


 教育部体育課長             江 藤 宏 司 君


 建設水道部次長兼管理維持課長      勝 又 章 芳 君


議会事務局職員


 事務局長                希 代   勲


 議事課長                勝間田 征 夫


 課長補佐                土 屋 健 治


 主  幹                勝 又 雅 樹


○議長(黒澤佳壽子君)


 出席議員が法定数に達しておりますので、会議は成立いたしました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 ただいまから、平成17年御殿場市議会3月定例会を開会いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 会議に先立ちまして、去る2月3日に開催されました第128回静岡県市議会議長会定期総会におきまして、西田英男議員が、市議会議員として、長期にわたりその功績が顕著なため、25年以上の特別表彰となりました。


 ただいまより、表彰状の伝達を行います。


 西田議員、演壇前までおいでください。


                 (表 彰 状)


   御殿場市 西田英男様


 あなたは市議会議員の要職にあること25年鋭意市政の振興に務め地方自治の伸展に尽くされた功績はまことに多大であります。


 よってここに本会表彰規程により特別表彰します。


   平成17年2月3日


             静岡県市議会議長会会長 沼津市議会議長 鈴木秀郷 代読


                  (拍 手)


○議長(黒澤佳壽子君)


 以上で、表彰状の伝達を終わります。


○議長(黒澤佳壽子君)


 それでは、本日の会議を開きます。


                         午前10時00分 開会


○議長(黒澤佳壽子君)


 本日の会議は、お手元に配付してあります日程により運営いたしますので、ご了承願います。


○議長(黒澤佳壽子君)


 本日、議席に配付済みの資料は、議事日程(第1号)のほか、平成17年度市長施政方針、提案理由説明書 平成17年3月定例会、平成17年御殿場市議会3月定例会議案書(議員提出分)、以上でありますので、ご確認ください。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第1 「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、4番 石田英司議員、5番 稲葉元也議員、以上、2名を指名いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第2 「会期の決定」を議題といたします。


 平成17年3月定例会の会期は、本日2月28日から3月25日までの26日間といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、平成17年3月定例会の会期は、26日間と決定いたしました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第3 「議席の一部変更」を議題といたします。


 会派の異動及び結成に伴い、会議規則第4条第3項の規定に基づき、議席の一部を変更いたします。


 勝又嶋夫議員の議席を15番とし、田代幸雄議員の議席を14番といたします。


 これにご異議ございませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認め、それぞれ変更することに決定をいたしました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 それでは、ただいま決定しました議席にそれぞれお着き願いたいと思います。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第4 「平成17年度市長施政方針」を議題といたします。


 この件について、市長から平成17年度施政方針の説明を求めます。


 市長。


○市長(長田開蔵君)


 平成17年3月定例会において、平成17年度の各会計予算及び各議案のご審議をお願いするに当たり、私の市政に対する所信、予算編成方針並びに施策の大要をご説明申し上げ、議員各位をはじめ広く市民の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。


 私は、去る1月30日の選挙によりまして、市民の皆様をはじめ、関係各位からの力強いご支援と温かいご厚情を賜り、市制施行50周年という記念すべき年に、引き続き2期目の市政を担うこととなりました。今や変革と創造の時代を迎え、皆様から寄せられました信頼と期待にお応えするために決意を新たにし、自治運営の基本である「市民主体の市政運営」を図り、常に市民の皆様の視点に立ち、協働によるまちづくりに取り組み、開かれた市政の実現に努めてまいる所存であります。


 我が国を取り巻く国際情勢は、イラク情勢や北朝鮮問題など引き続き不安定な状況であり、世界平和と安全のため、一日も早い解決を心から願うものであります。


 また、昨年は、震度7の新潟中越地震の発生をはじめ、観測史上最多の台風の上陸・集中豪雨など自然災害や異常気象が多発いたしました。


 一方、アテネ五輪での日本人選手の大活躍など、明るいニュースの提供もありました。


 近年の社会経済は、依然一部に弱い動きが見られ、また、穏やかなデフレ状況が続いていますが、本年度においては、生産や設備投資が増加するなど、企業部門が引き続き改善することを背景に、雇用・所得環境が改善し、消費は着実に増加すると見込まれております。


 これにより、地方財政計画の中でも、我が国経済は、引き続き民間需要中心の穏やかな回復が続き、デフレから脱却に向けた進展が見込まれております。


 政府は、昨年の6月に「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2004」を定め、真の地方分権を推進するために、三位一体改革の早期実現を図ることとしており、今後は、国の動向に注視し、かつ、時代の変化を的確にとらえ、市民の皆様の負託に応えることがより強く求められております。


 これらを背景に、第3次御殿場市総合計画の将来都市像であります「緑きらきら、人いきいき、御殿場」を実現するために、3か年実施計画を基本に、各分野にわたる施策を積極的に展開し、夢と希望に満ちた安心して暮らせる活力あるまちづくりを推進してまいります。


 それでは、平成17年度予算編成の背景、編成方針、予算概要、主要施策などについて申し上げます。


 はじめに、国の動向など、予算編成の背景、編成方針などについて申し上げます。


 国は、平成17年度予算編成に当たり、三位一体改革をはじめとする構造改革を更に本格的に推進し、歳出全体の抑制を図ることなどを基本方針とし、また、経済財政運営については、GDP(国内総生産)の実質成長率1.6%となるなどの経済見通しの基に取り組むこととしております。


 地方財政計画は、効率的な財政運営を基本に、歳出全体の抑制に努めることとし、昨年度に比べ、地方一般歳出については、1.2%程度の減を計画値としているところであります。


 このような国の動向の中で、本市における平成17年度当初予算は、歳入の基幹をなす市税収入が引き続き伸び悩むことと、三位一体改革などによる国庫補助・負担金の一般財源化や地方交付税の縮減化が行われるなど、地方財政対策がますます厳しい状況である一方で、歳出については、行政需用が多様化し増大する中で、重点配分事業を含めて、3か年実施計画に掲げられた事業を着実に推進する必要がありますことから、今まで以上に厳しい財政環境での予算編成となりました。


 このため、行財政改革の推進を図り、全庁を挙げての経常経費の縮減や、最少の経費で最大の効果を上げるよう事務事業の効率化・重点化に努めるとともに、ペイオフの実施に伴う公金の適正な管理と各種基金の活用、更に財産区のご理解とご協力により、所要の財源確保に努めつつ、編成したものであります。


 次に、予算の概要について申し上げます。


 はじめに、歳入について申し上げますと、市税収入につきましては、家屋をはじめとする固定資産税の増やある程度の企業の業績回復基調を背景に、法人市民税の伸びを見込み、市税全体では2.2%の増額計上となりました。


 また、市税以外では、増額を見込みましたのは、地方譲与税、地方特例交付金、財産収入などであり、国庫支出金、繰入金、地方交付税などは減額での計上となりました。


 歳出について申し上げますと、当面する政策課題に適切に対応するため、世代交流多目的施設整備事業や中心市街地活性化事業、人づくり事業など9つの重点配分事業を掲げた上で、総務費が玉穂支所建設事業や世代交流多目的施設整備事業などにより、大幅な増額となりましたが、教育費が印野地区体育館・プール建設事業の減などにより、大幅な減額での計上となりました。


 この結果、一般会計の予算額は、291億9,000万円で、前年度当初予算に対しまして、6.4%の大幅な減となりましたが、これは、多額な減税補てん債の一括借換分が減となったことが主な要因であり、これを除いた実質では0.5%の減となりました。


 企業会計を含めた特別会計は、194億4,457万円余で、3.8%の増となり、これらを合わせた全会計の予算総額は、486億3,457万円余で、2.6%減の予算編成となりました。


 なお、RDFセンターに係る諸問題については、御殿場市・小山町広域行政組合で今後の方向性を含め検討してまいります。


 それでは、企画・総務の施策について申し上げます。


 市制施行50周年記念事業につきましては、「御殿場の魅力を知り、育て、伝えよう」のスローガンのもと、昨年度に引き続き、子供からお年寄りまでが参加するテレビ・ラジオの公開番組や富士山測候所の資料展のほか、第17回削ろう会御殿場大会やツーデーマーチなど、各地からの皆様を迎えての事業を展開してまいります。


 広域連携の取り組みとして、裾野市・小山町との公共施設の相互利用などをはじめとして、具体的な方策を検討してまいります。


 富士山ナンバーに関しましては、この促進を図るため、富士山ナンバー創設促進協議会を設立いたしました。関係の4市2町で連携し、この実現に向けて取り組んでまいります。


 世代交流多目的施設につきましては、本年度で実施設計を行い、いよいよ実質的に事業着手となります。昨年度にまとめた実施計画に対して寄せられた市民の皆様のご意見を十分検討させていただき、「施設を利用される方が主役」という基本姿勢で実施設計に取り組んでまいります。


 行財政改革につきましては、本年度において大規模な組織機構の再編に着手いたします。今後、一層厳しい財政状況が予測される中で、市民ニーズの高い部門の充実や柔軟な事務事業の執行体制づくりを進め、行政運営の効率化を図ってまいります。また、指定管理者制度の導入手続を進めるとともに、公共施設整備にかかるPFI事業の導入について検討してまいります。


 なお、社会情勢が目まぐるしく変化する今日、市民ニーズはますます多様化しています。そこで、既成概念や行政の枠にとらわれず、斬新な発想や民間的な感覚で行政運営全般にわたって提言をいただく私的諮問機関として、企業経営者などの有識者による「行政経営戦略会議」、これを設置いたします。


 市民との協働事業としての地域振興策につきましては、御殿場市市民協働まちづくり市民会議の提言を踏まえ、各種事業を具現化するほか、まちづくり条例などの整備に努めてまいります。


 また、地区の振興対策としてのまちづくりに対する事業も併せて推進します。


 市民の森整備事業につきましては、御殿場地区市民の森の管理道が完成し、中心部での樹種転換が実施されたことから、本年度は、展望台などを設置して、部分開放してまいります。


 少子化対策につきましては、次世代育成支援対策行動計画に従って事業を推進し、少子化の流れを緩和する施策を検討してまいります。また、男女共同参画社会づくりにつきましても、「第2次レインボープラン御殿場21」の行動計画に従い、本年度は、条例制定を目標に事業を推進してまいります。


 国際化推進事業につきましては、国際交流協会と協調し、姉妹都市交流の充実として、チェンバーズバーグ市への公式訪問団の派遣や民間による都市間交流への支援、在住外国人と市民がふれあう各種イベントを開催し、国際性豊かな人材育成に努めてまりいます。


 広報広聴事業につきましては、広報紙や無線放送、ホームページ等の広報媒体を充実し、市民が必要とする情報を積極的に提供するとともに、市政モニターや出前懇談会、インターネットなどにより、広く市民の声を聴き、市政への反映に努めてまいります。


 東富士演習場につきましては、本年3月末日をもって第8次使用協定の期間が満了となりますことから、現在、第8次使用協定の終結に係る行政・権利の課題事項につきまして、所管する協議会において協議が進められているところであります。これらの課題事項についての合意を見た上で終結協議が決着し、次期の第9次使用協定の手続となる見込みでございます。


 従いまして、東富士演習場第9次使用協定の締結が前提となりますが、演習場の使用に伴う諸障害の防止、民生安定施設整備事業や地元権利の擁護など、地元の民生安定の推進につきましては、引き続き関係機関との調整に努めてまいります。


 また、米軍再編に係る在沖縄海兵隊のキャンプ富士への移転が懸念されておりますが、使用協定の精神にのっとり、対処してまいります。


 職員の意識改革・人材育成につきましては、「市民一人ひとりの幸せと市民や地域貢献を最優先に考える職員の育成」をスローガンとする長期的展望のもと、増大する行政課題に積極的に取り組むため、職員の新たな人事評価制度、研修制度等の構築に関する「人材育成基本方針」の策定に着手いたします。


 また、市民サービスのより一層の向上を目指すため、厳正な服務規律の確保、危機管理意識の高揚、職員の異動配置をはじめとする適正な人事管理を推進し、時代に適応した研修体系の策定、より高度な知識・技能を持つ専門職員の養成と国や県、民間研究機構への実務派遣研修を引き続き行い、常に自己啓発に努め、高い見識を持って行動する職員の養成に努めてまいります。


 電子自治体の推進を図るため、平成12年度に策定した行政情報化推進計画を見直すとともに、個人情報保護につきましては、庁内情報系ネットワークの構築、情報セキュリティポリシーの周知及び研修と併せて、外部による情報セキュリティ監査を実施してまいります。


 次に、生活環境施策について申し上げます。


 戸籍住民基本台帳事務につきましては、戸籍のコンピュータ化や住民基本台帳ネットワークも軌道に乗り、昨年度から戸籍の届出時の本人確認が、また、本年6月からは、住民登録時の本人確認が義務化され、住民情報の保護がより一層求められています。今後も、届出処理や証明書発行時間の短縮を図るなど、事務処理の効率化、適正化及び個人情報保護に努め、より一層の市民サービスの向上を図ってまいります。


 市民相談事業につきましては、くらしの相談体制の充実により、市役所の総合窓口機能の向上を図り、引き続き、市民から寄せられる各種相談の適切な対応を図り、犯罪のない明るく住みよい市民生活の確保に努めてまいります。


 また、消費生活相談業務につきましては、相談件数も年々増加しており、内容も複雑・多様化の傾向にあるため、消費生活相談体制の整備を図り、市民がトラブルに巻き込まれないよう啓蒙啓発に努めてまいります。


 交通安全対策事業につきましては、人身事故、とりわけ死亡事故が増加傾向にあることから、本年は、「人身事故800件以下」を目標に掲げ、子供やお年寄りをはじめ市民の交通事故防止を目指して、交通安全意識の高揚に向けた取り組みを重点的に進めてまいります。


 環境保全につきましては、大量生産、大量消費による地球資源の枯渇、地球の温暖化、オゾン層の破壊など地球環境の悪化は進んでいるところであり、我が国におきましても対応策が検討されているところであります。


 今後、地方におきましても、より一層の環境対策が義務化されることと考えられます。


 また、身近な問題として、富士山・箱根外輪山を中心とした自然環境の保全、景観・居住性等快適環境の創造など、それぞれの対応が求められております。


 このような中、複雑・多様化している環境問題は、市民・事業者・行政が協働して取り組むことが重要であることから、「環境基本計画」に基づいて、具体的な施策の推進を図り、目指す環境像実現に向けて取り組んでまいります。また、市役所自らも一事業所として、環境負荷の低減を目標に、ISO14001による継続的改善を推進し、新たに地域で取り組める地球温暖化対策について、調査・研究してまいります。


 廃棄物対策につきましては、「ごみ減量対策実行プログラム」に基づき、家庭系はもとより、特に事業系の廃棄物の適切な処理及び分別の徹底を図るとともに、生ごみ堆肥化の推進、生ごみ処理機購入に対する補助、再資源化の推進等の各種事業を実施し、より一層の削減を目標に、一般廃棄物処理基本計画の見直しを図り、実効性のあるごみ減量及び再資源化対策に取り組んでまいります。


 次に、福祉・保健・医療施策について申し上げます。


 社会福祉につきましては、健康で安心、安全な生活ができるよう、福祉の更なる充実を図るため、地域の皆様との協働により「御殿場市地域福祉計画」を策定してまいります。


 障害者福祉につきましては、「障害者計画・共に生きる福祉のまちづくりプラン」に基づき障害者福祉の推進に努めてまいります。また、障害者社会参加の促進、在宅福祉の充実、自立支援等、支援費制度による福祉サービスのより一層の円滑な推進に努めてまいります。


 身体障害者につきましては、障害のある人の社会参加の促進と情報提供の充実を図るため、手話通訳、要約筆記、点訳、音訳等のボランティア養成を進めるとともに、既存の公民館等公共施設のバリアフリー化のための施設改修を進めてまいります。


 知的障害者及び精神障害者につきましては、「第一のぞみ作業所」、「第二のぞみ作業所」及び「むつみ作業所」の運営や施設機能強化を支援してまいります。


 生活保護につきましては、リストラや高齢化の進行に伴い、要保護世帯の増加が予測されますので、適正な保護を実施するとともに、要保護世帯の自立に向けた指導をしてまいります。


 高齢者福祉につきましては、介護予防や生活支援のための各種施策を実施してまいります。なお、本年度は、高齢者保健福祉計画改定の年に当たりますので、この策定を進めてまいります。


 また、親族のない認知症高齢者などの権利擁護を図るため、成年後見制度利用支援事業を実施してまいります。


 ねんりんピック事業につきましては、平成18年10月に全国健康福祉祭静岡大会が開催されます。本市は、ゴルフ交流大会の開催地となることから、本年5月にリハーサル大会を実施してまいります。


 シルバー人材センターにつきましては、豊かな知識、経験を持つ高齢者に就労機会や社会参加の場を提供するため、機能の拡充や組織の育成に努めてまいります。


 児童福祉につきましては、保護者や地域全体で、子供一人ひとりが、等しく心身ともに健やかに育成されるよう、環境づくりに努めてまいります。


 なお、昨今、社会問題となっております児童虐待につきましては、児童虐待の防止等に関する法律の改正を受け、未然に防止を図るため、関係機関とのネットワークを拡大し、虐待防止に努めてまいります。


 放課後児童健全育成事業につきましては、放課後児童教室が未開設となっております高根小学校区に、本年度早期開設を目指してまいります。


 また、既設の教室につきましては、児童の安心、安全な環境の向上を図ってまいります。


 チャイルドシート装着促進事業につきましては、チャイルドシート購入者に対し、助成を行ってまいります。


 また、近年における母子家庭の急増等社会状況の変化に鑑み、母子家庭の自立を促進するため、働く母親に対し、自立支援教育訓練や高等職業訓練促進などを行い、子育ての充実や就業支援の強化を図り、母子家庭の生活の安定と向上のために、母子自立支援事業を推進してまいります。


 保育所につきましては、保護者が働きながら安心して子供を育てられるよう、保育所の環境整備、保護者の多様なニーズに対応するなど、より良い保育所運営に努めてまいります。


 児童館につきましては、児童や幼児に安全かつ快適な遊びの場を提供するとともに、子供たちの体験活動教室の充実、母親クラブなどの団体育成やボランティア活動の推進に努めてまいります。


 保健事業につきましては、第2次御殿場市保健計画の最終年度として、母子保健事業、成人・老人保健事業、予防接種事業を推進してまいります。


 特に、女性のがん罹患率の第1位であります乳がんについては、がん検診の精度の向上を図るため、医療機関へマンモグラフィ導入事業を助成するとともに、早期発見、早期治療への取り組みを積極的に進めてまいります。


 また、保護者の子育てによる経済的負担を軽減するため、未就学児まで乳幼児医療費助成の支援を進めてまいります。


 国民健康保険事業につきましては、国保税収入が低迷する中で、高齢化の進展とともに、保険給付費はもとより、老人保健拠出金や介護納付金が年々増加するなど、事業を取り巻く状況は厳しさを増しております。


 このような状況を踏まえ、収納率の向上、医療費の適正化、保健事業の推進などに積極的に取り組み、国保財政の安定的運営の確保に努めてまいります。


 国民年金事業につきましては、国が、未加入者の解消や収納率の向上を目標に、免除制度の見直しなど制度改正を進めております。このようなことを踏まえ、改正内容の広報活動に積極的に取り組んでまいります。


 また、本年4月施行の特別障害給付金制度につきましては、制度の周知と窓口の的確な対応に努めてまいります。


 救急医療センターにつきましては、休日、夜間の一次救急医療施設として、広く市民に浸透しその使命を果たしているところであり、二次、三次医療機関との更なる連携を図りながら、救急医療の使命達成のため努めてまいります。


 また、医師会が設置する本年4月1日開校予定の御殿場看護学校の、円滑な運営が図れるよう支援してまいります。


 介護保険事業につきましては、引き続き介護サービスの供給確保や情報提供を充実させ、健全な運営に努めてまいります。


 また、介護保険法に基づく制度施行後5年の見直しへの対応や、平成18年度からの第3期介護保険事業計画の策定に向けて、数年後の要介護者の動向も視野に入れて実施してまいります。


 次に、農林業及び地籍調査施策について申し上げます。


 地域農業の振興につきましては、競争力のある農業経営者、営農組織を中心とした農業経営を確立することが求められております。このため、担い手の確保や人材の育成、集落営農組織づくりなどの事業を推進してまいります。


 併せて、農地の利用集積を図り、振興作物の奨励等による経営の安定・向上を図るとともに、自然環境の保全、良好な景観の形成など水田の多面的機能を維持するよう、農業委員会や関係団体と連携し対応してまいります。


 本市の農作物の基幹作物は水稲であり、米の生産調整は農家に大きな負担を強いてきましたが、昨年度から水田農業構造改革により生産数量の配分方式に転換されました。本年度、本市は4,667tの生産目標数量となり、面積に換算しますと940.9haが作付け目標面積となります。


 生産目標面積が達成できるよう農家個々に目標面積を提示して、良味良質の御殿場コシヒカリの生産に取り組んでまいります。


 併せて、各地区の水田転作管理組合の支援を行い、転作作物として奨励をしております麦、大豆をはじめ、そば、トウモロコシなどの産地化をさらに進め、農家の経営安定や集団営農活動の振興を図ってまいります。


 畜産関係につきましては、本年度も本市の特産として確立しつつある金華豚の振興をはじめ、酪農、肉牛、養豚、養鶏等の畜産振興を目指して支援をしてまいります。


 農業の基盤整備であるほ場整備事業につきましては、県営事業として進めており、高根北部地区は事業も終盤を迎え、最終業務である換地作業を進めてまいります。


 御殿場かがやき地区につきましては、事業が本格化し約20haの工事を予定しております。


 また、高根西部山之尻地区につきましては、事業認可を受け土地改良区の設立、測量設計作業を進めてまいります。


 農業用排水路及び農道等の農業用施設の整備につきましては、農地の保全や農業の生産性の向上の基礎となりますので、引き続き整備を実施してまいります。


 林業振興につきましては、水源涵養や環境保全などの森林の果たす役割の重要性に鑑み、山林所有者や森林組合の協力のもと、樹種転換事業、間伐促進事業を実施してまいります。本年度は、5年に一度の森林整備計画の見直しとなりますので、鋭意取り組んでまいります。


 林道整備につきましては、林業の生産基盤の推進と振興を図るため、引き続き沢入線の整備を進めるほか、高内1号線の改良を行ってまいります。


 地籍調査事業につきましては、本年度は竈、中山及び中清水の各一部45haの一筆地調査と昨年度に一筆調査が終了しました中畑の一部48haについて、閲覧・認証・登記事務を実施してまいります。なお、全体計画に対する達成率は、61%の見込みであります。


 次に、商工・労政・観光施策について申し上げます。


 地域経済活性化のために、農業・工業・商業・観光業等の連携のもと、「アピールナウ御殿場を継続し、御殿場の名産を市内外にPRすることで地場産業の振興を図ってまいります。


 また、中小企業に対する金融面での支援や利子補給等を引き続き実施するとともに、商工会の行う各種指導事業等の支援を進めてまいります。


 商業施策につきましては、中心市街地活性化を図るため、TMO構想に基づき、事業の推進を図ってまいります。


 また、市営駅南駐車場の外壁などの改修を行います。


 工業施策につきましては、神場南企業団地の残された用地への企業誘致に努めます。また、進出企業に対する支援も継続してまいります。


 労働施策につきましては、駿東勤労者福祉サービスセンター及び駿東地域職業訓練センターへの支援を通じ、中小企業者への福利厚生の充実と有為な職業人の育成を図ってまいります。


 また、仕事と家庭の両立を支援する「ファミリーサポートセンター事業」などにより、就労環境の整備を図ってまいります。


 勤労者住宅建設資金貸付事業につきましても、マイホーム取得に向けて、引き続き支援してまいります。


 観光施策につきましては、ここ数年で飛躍的に増加した観光交流客に対し、市内に回遊していただくための観光振興策が求められております。観光懇話会をはじめ、観光協会を中心とした関係者と一体となって、新たな施策を講じてまいります。


 また、本市の観光の魅力を更に高めるために、御殿場桜まつり、富士山太鼓まつり、東富士高原まつり花火大会、よさこい御殿場等の各種イベントを更に定着・発展させるとともに、新たな滞留環境拠点を目指し、「100万本のバラ計画」事業を進めるべく、引き続き試験栽培などを行ってまいります。


 温泉事業につきましては、温泉会館利用者の安定的確保を図るため、PRに積極的に努め、地場産品の紹介コーナーを設けるなど施設の改修を進め、更に今後の温泉会館のあり方について検討してまいります。


 次に、社会資本整備、住宅施策について申し上げます。


 都市構造の再生や活力あるまちづくりの構築を図るため、「都市計画マスタープラン」に基づき、地域の特性を生かした環境や人に優しいまちづくりを目指してまいります。


 空洞化の著しい中心市街地につきましては、「中心市街地活性化基本計画」に基づき、行政の役割と地域の役割を基本としつつ、TMO機関との連携により、土地の有効活用を進め、市街地の基盤整備と商業の活性化を図ってまいります。


 市街地の道路施設につきましては、都市計画道路などの幹線道路や生活道路を含め、様々な整備手法を検討し、実現可能な具体的方向について、中心市街地道路整備計画を策定いたします。


 また、市街地における土地利用の促進を図るため、土地利用の現況や動向等の調査を踏まえ、地区計画等の導入も視野に入れながら、用途地域の見直しについて検討してまいります。


 更に、無秩序な開発を防止するため、自然環境の保全や生活環境の確保に配慮した適正な土地利用の誘導に努めてまいります。


 新たな工業用地調査事業につきましては、進出を希望している企業の需要や動向をとらえ、進出に対応するための既存適地の調査を行うとともに、新工業団地の整備を図ってまいります。


 なお、都市計画基本図などについて、多用途に使用可能なデジタルデータの基図として新たに作成してまいります。


 第二東名自動車道建設につきましては、本年秋に道路四公団が民営化され、併せて整備する区間についても4か月以内に決定されることから、御殿場ジャンクション以東の早期着工に向けて、県及び関係市町との連携を強化し、国などの関係機関へより積極的に働きかけてまいります。


 街路整備事業につきましては、新たに新橋深沢線の県道御殿場箱根線から御東原循環線までの整備に取り組むとともに、御殿場駅前通り線の整備を引き続き推進してまいります。


 また、新橋茱萸沢線の国道246号との交差点改良工事につきましては、県の道路事業として本年度事業完了に向け、取り組んでまいります。


 御殿場駅周辺の道路整備につきましては、(通称)東大路線の市道0216号線及び(通称)新橋川島田線の市道4242号線の整備を引き続き推進するとともに、(仮称)森之腰線の市道4543号線の整備工事に着手いたします。


 中山大坂土地区画整理事業につきましては、組合施行事業として一部区域の工事に着手します。なお、市の関連事業として(通称)オドリバ線の市道0263号線の整備を進めてまいります。


 また、神場南土地区画整理事業につきましては、本年度組合事業が完了することから、組合解散に向けた事務を進めるとともに、御殿場市・小山町土地開発公社の換地を早期に処分するため、企業の誘致活動に併せて住宅用地の処分を積極的に推進してまいります。


 桜と富士山を基本テーマとした(仮称)桜公園整備事業につきまして、昨年度に引き続き、樹林地園区1.9haの整備工事を進め、平成18年春のオープンを目指してまいります。


 (仮称)南ふれあい自然公園整備事業につきましては、本年度から2年かけ、0.7haの整備に取り組んでまいります。


 また、中心市街地に住む人々やここに訪れる人々に、ゆとりと潤いのある、緑豊なまちづくりを推進するため、新橋浅間神社境内地を活用した(仮称)新橋せせらぎ公園整備事業を本年度から2か年かけ、整備に取り組んでまいります。


 既設の公園につきましては、引き続き適正な維持管理に努め、更に老朽化しました新橋公園のトイレをユニバーサルデザインの理念のもと、改築いたします。


 秩父宮記念公園は、その利活用の推進・花苗の充実やPR活動の強化に継続的に取り組むとともに、市内で減少しつつあります藪椿の保存を図るため、昨年度に引き続き椿園の整備をいたします。


 本年度より「緑の基本計画」に基づく緑のネットワーク事業として、道路・河川事業との連携により、緑道の整備を図るとともに、緑化推進モデル地区指定事業などを引き続き推進してまいります。


 更に、市民や各種団体等と、緑豊なまちづくりを協働で推進するための「緑きらきら推進協議会」の設立に伴い、その活動の支援を図ってまいります。


 市営住宅の建替えにつきましては、玉穂第2団地の建替事業を年次的に整備し、本年度は、3工区、28戸の建設を進め、平成18年度の完成を目指してまいります。


 一方、個人住宅の耐震対策につきましては、耐震診断やブロック塀・木造住宅耐震対策助成事業を引き続き実施し、災害に強いまちづくりを推進いたします。


 次に、住環境整備施策について申し上げます。


 市道整備につきましては、継続事業の早期完成を目指すとともに、道路網全体の中で果たすべき役割、機能等を検討し、市民生活における必要性、利便性、緊急性等を勘案し進めてまいります。


 既存道路につきましては、市民生活の基盤を支えるべく積極的に維持管理をするとともに、歩行者の安全確保のための歩道設置など、交通事故の防止などにつながる交通安全施設の整備を進めてまいります。


 生活道路の整備につきましては、市民生活の利便性を確保するため、建物などが密集し建ち並んでいるなど、特別の事情がある地域において、幅員4m以上を確保することが困難であり、かつ改良拡幅の整備計画が当面ない市道で、地域住民の利用頻度が高い道路について、市全域を対象に、生活道路整備5か年計画を策定して舗装化を進めてまいります。


 今年度終了する、御東原循環線の街路樹を統一した桜並木に樹種転換して、潤いのある景観と心やすらぐ快適な生活空間を形成いたします。


 河川につきましては、治水・利水及び環境に配慮した未整備の河川を整備するとともに、橋梁の落橋防止対策を進めてまいります。


 公共下水道事業につきましては、生活環境の改善並びに公共用水域の水質保全を図るため、前年度に引き続き東田中・鮎沢地先の整備を進め、御殿場処理区の早期完了に努めてまいります。


 農業集落排水整備事業につきましては、清後・山之尻地区の管路工事を進め、本年度中に全区域の供用開始を目途に努めてまいります。


 上水道事業につきましては、老朽化と貯留能力の劣る東山第2配水池の建替えや経年管の布設替え等を計画的に実施するとともに、配水管路等の情報をシステム化するなど、管理の高度化と施設の更新整備を推進してまいります。


 また、併せて財政基盤の強化にも努めてまいります。


 工業用水道事業につきましては、一層の安定給水を図るため、配水池築造の実施設計に着手してまいります。


 次に、防災施策について申し上げます。


 地震や風水害、更には武力攻撃などから市民の生命、財産を守る「災害に強い 安全な まちづくり」を実現するため、地域や住民との協働・連携の中、防災・危機管理体制の一層の強化に努めてまいります。


 地震対策として、特に発災前の事前対策を最優先課題と位置付け、家庭内の安全確保のため、家具固定と、住宅の耐震診断を推進してまいります。


 広域的防災体制の整備が求めらる、富士山火山防災につきましては、周辺自治体との連携体制を強化し、火山防災計画を策定してまいります。


 また、災害時の非難場所などとなる公共施設及び地域の公民館等の耐震化を推進し、施設の安全性を確保してまいります。


 地域防災の中心組織となる自主防災組織については、組織体制・活動状況の分析を行い、その育成と活性化に努めてまいります。


 武力攻撃事態に対しましては、国・県との連携・協議により、国民保護計画を策定してまいります。


 消防装具の強化を図るため消防ポンプ自動車の更新と、防災対策の一環として耐震性貯水槽を設置し、消防水利の空白地帯解消に努めます。


 次に、教育・文化・体育施策について申し上げます。


 学校教育につきましては、子供たちが「確かな学力」を身につけるために、基礎・基本の定着と、自ら学び、自ら考える力の育成とを目指すとともに、自信を持って自らの目標に向かって主体的に努力することのできる「こころざし」を持った子供を育てるための教育を推進してまいります。


 そのためには、魅力ある授業づくり、特色ある学校づくりの2点を重点とし、教育活動を進めてまいります。本年度、本市の単独事業として、学校図書館に補助者を配置し、子供たちの要望に応えられる図書館経営を目指してまいります。


 なお、大規模校の保健室や多人数の養護学校に補助者を派遣して、子供たちが健やかに育つようにいたします。更に、子供たちが一流の芸術家などにふれあう機会を持つことができるよう、夢創造事業を実施してまいります。


 また、小学校2年生以上と中学校の多人数学級に教科指導と生活指導を行う講師を派遣し、児童・生徒にきめ細やかな指導が行われるようにいたします。英語教育の充実と国際理解教育の推進を図るために、小・中学校へALTを派遣し、文部科学省の提唱する「英語の話せる日本人」の育成に努めてまいります。


 養護教育につきましては、教育内容の充実を図り、個別指導において、一人ひとりの教育課題に沿って、その発達を促すよう指導・支援するとともに、交流教育を実施し、互いを認め合い、思いやりを持った子供たちを育成してまいります。更に、静岡県の推進する「心のユニバーサルデザイン」の視点に立った「共生・共育」の取り組みを広げ、特別支援教育を推進してまいります。


 幼稚園教育につきましては、遊びを中心として幼児期にふさわしい生活をする中で「人・もの・こと」との係わりを学んでいくよう努めてまいります。また、各幼稚園では、未就園児と保護者を対象とした教育相談を開催し、地域の幼児教育センター的役割を果たせるように努めてまいります。


 教育施設と教育備品につきましては、年次計画により教育環境整備に努めてまいります。


 本年度は御殿場小学校5号校舎改築工事に着手し、神山小学校に養護学級の開設、高根中学校を除く全中学校に教育用コンピュータ整備を行い、地震対策として神山幼稚園の耐震補強工事と竈幼稚園の耐震補強設計に着手してまいります。


 社会教育につきましては、市民が心豊かな活力ある生活といきいきと充実した人生を目指して学習活動ができるよう、市民大学や家庭教育を支援する学習講座等の充実を図るとともに、従来から行っている市や各種団体が実施する学習情報の提供に加え、新たに市内で活動している団体の把握に努め、市民の様々な学習要求に応えられる学習相談の機能を高めてまいります。


 また、市民が文化芸術を身近なものとしてふれあう機会の充実と自由で自発的な文化芸術活動の推進を目指して、団体の育成や市民芸術祭の充実に努めてまいります。


 青少年健全育成につきましては、青少年教育を充実し、次代を担う青少年の資質の向上に努めるとともに、市内の小・中学校や地域と連携し、様々な社会参加活動を推進してまいります。


 また、小学生を対象に農村での野外活動をする「青少年チャレンジ体験事業」や静岡県東部5市3町の広域事業として、中学生を対象に洋上での集団学習と自然・文化・産業等を学ぶ「静岡県東部少年の船」など各種事業を推進してまいります。併せて、補導事業や環境浄化活動、青少年の悩みに応える「はればれ相談」を継続実施し、非行防止など青少年育成に努めてまいります。


 地域づくり活動の振興につきましては、人と人との関わりを基調に、住んでよかった、これからも住みたいと市民一人ひとりが実感できるよう、行政区ごとに活発に行われている地域づくり活動を支援し、新しい地域課題や社会の変化に対応した活動ができるよう、地域づくり活動主事の養成や地域活動主事相互の交流を進めてまいります。


 文化財の保護につきましては、富士山気象観測に係る機材や資料の展示会を開催するとともに、市内の文化財を巡るウオーキングコースマップの作成や、市内の石仏を網羅した「文化財のしおり」の作成を行い、市民が郷土の歴史や文化を学ぶ機会の提供を図ってまいります。


 社会体育につきましては、総合体育施設や馬術・スポーツセンターなどの社会体育施設の効率的な利用促進を図るとともに、市民がいつでも、どこでも気軽にスポーツに親しみ、楽しむことができるレクリエーションスポーツの普及と健康増進意識を高めるために、『市民ひとり1スポーツ』を推進してまいります。これと併せ、競技スポーツの奨励と選手育成のために、指導者の育成や確保にも努めてまいります。


 また、本年度は、NPO法人御殿場市体育協会の創立50周年記念事業や第6回静岡世界少年サッカー大会海外招聘チーム受入事業を支援、助成してまいります。


 図書館につきましては、生涯学習や情報センターの拠点として、蔵書内容の充実を図り、利用者へのサービスに努めてまいります。また、子育て支援及び子供読書活動推進の一端として、親と子のふれあいの大切さを啓蒙するため『ブックスタート事業』を引き続き実施してまいります。


 学校給食につきましては、児童・生徒の健康増進に配慮し、安全で安心して喜ばれる給食づくりに努めてまいります。衛生管理向上のため、調理作業時の水はね防止対策を視野に入れた施設の整備計画を実施し、効率的な施設管理の活用を図ってまいります。


 また、ごみ減量化を推進するため、第一学校給食センターに設置しました生ごみ処理機により、4か所の学校給食センターから排出される生ごみの処理を行い、市民及び公共施設などでの天然土壌改良剤として花木などへの活用を図ってまいります。


 更に、第二学校給食センターの老朽化に伴い、より望ましい施設を構築するうえでの立地条件・施設の規模・能力・運営・環境対策等の具体的な調査を行ってまいります。


 なお、地場産品の使用につきましては、現在、水かけ菜・トウモロコシ・にんじん・ジャガイモなどを一部使用しておりますが、御殿場で収穫された御殿場コシヒカリ・ひとめぼれや麦などの活用を広め、児童・生徒の成長に合わせた栄養バランスを考えた献立により、楽しい食習慣の育成とともに、食育に努めてまいります。


 以上、平成17年度における私の市政に取り組む基本的な考え方と予算を編成する上で留意し対応いたしました主要点について申し上げましたが、これらの施策の効果的な実施と目的達成に向けて、市民の皆様のご理解とご協力が得られるよう努めるとともに、英知を結集して行政課題に的確に対応していくよう鋭意努力してまいります。


 ここに重ねて、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力、ご支援を賜りたく、心からお願い申し上げまして、平成17年度における私の施政方針といたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 この際、10分間休憩いたします。


                                  午前10時59分


○議長(黒澤佳壽子君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


                                  午前11時11分


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第5 「市長提案理由の説明」を議題といたします。


 市長提出の議案第2号から第34号及び同意第1号と第2号の35件について、市長から提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(長田開蔵君)


 本日開会の市議会3月定例会に提出いたしました議案のご審議をお願いするに当たり、その提案理由の概要をご説明申し上げます。


 議案は全部で35件あり、そのうち予算案15件、条例案9件、契約案1件、人事案2件、その他8件となっております。


 以下、議案番号に従い、順次ご説明申し上げます。


 最初に、議案第2号 平成16年度御殿場市一般会計補正予算(第3号)について申し上げます。


 今回の補正額は、4億2,000万円の増額で、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ331億1,900万円となります。


 補正の要因といたしましては、職員の早期退職者の発生、事業費の確定、市債の確定などであります。


 歳出の主なものは、職員退職手当、高齢者予防接種事業費、街路整備事業費、観光施設事業会計繰出金の増額であります。


 歳入の主なものは、基金繰入金、市債の増額であります。


 また、事業の進捗状況等により、繰越明許費及び債務負担行為を設定するものであります。


 次に、議案第3号 平成16年度御殿場市観光施設事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。


 今回の補正は、歳入における増減であり、決算確定による繰越金及び一般会計繰入金の増額並びに使用料の減額であります。


 次に、議案第4号 平成16年度御殿場市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。


 今回の補正は、国庫補助による管渠布設工事について、債務負担行為を追加設定するものです。


 次に、議案第5号 平成17年度御殿場市一般会計予算について申し上げます。


 平成17年度御殿場市一般会計予算は、歳入歳出それぞれ291億9,000万円であります。


 歳出の主なものについて、款別に申し上げます。


 2款の総務費は、玉穂支所建設事業費、世代交流多目的施設整備事業費、庁舎耐震整備事業費であります。


 3款の民生費は、民間保育所運営費、生活保護扶助費、介護保険特別会計繰出金であります。


 4款の衛生費は、広域行政組合塵芥処理費及びし尿処理費負担金、成人健康診査事業費、老人保健特別会計繰出金であります。


 5款の労働費は、勤労者住宅建設資金貸付金であります。


 6款の農林水産業費は、ほ場整備事業費、地籍調査事業費、東富士演習場内治山治水対策事業費であります。


 7款の商工費は、御殿場のまつり支援事業費、中小企業育成融資資金貸付金であります。


 8款の土木費は、中心市街地道路整備事業費、玉穂第2団地建替事業費、公共下水道事業会計繰出金であります。


 9款の消防費は、広域行政組合消防費負担金であります。


 10款の教育費は、御殿場小学校校舎改築事業費、教育用コンピュータ整備事業費であります。


 これらの財源の性質別構造につきましては、市税などの自主財源が201億2,365万円余で、歳入予算の68.9%、国庫支出金などの依存財源が90億6,634万円余で、歳入予算の31.1%の内訳となっております。


 次に、議案第6号 平成17年度御殿場市国民健康保険特別会計予算について申し上げます。


 予算総額は、歳入歳出それぞれ63億2,600万円であります。


 歳出の主なものは、保険給付費及び老人保健拠出金であります。


 歳入の主なものは、国民健康保険税、療養給付費等交付金、国庫支出金であります。


 次に、議案第7号 平成17年度御殿場市老人保健特別会計予算について申し上げます。


 予算総額は、歳入歳出それぞれ50億200万円であります。


 歳出の主なものは、医療給付費であります。


 歳入の主なものは、支払基金交付金、国庫支出金のほか、県支出金、一般会計繰入金であります。


 次に、議案第8号 平成17年度御殿場市簡易水道特別会計予算について申し上げます。


 予算総額は、歳入歳出それぞれ1億200万円であります。


 歳出の主なものは、施設管理費及び上水道事業会計負担金であります。


 歳入の主なものは、水道料金及び印野財産区繰入金であります。


 次に、議案第9号 平成17年度御殿場市食肉センター特別会計予算について申し上げます。


 予算総額は、歳入歳出それぞれ4,300万円であります。


 歳出の主なものは、食肉センター施設の管理委託料であります。


 歳入の主なものは、と場使用料及び一般会計繰入金であります。


 次に、議案第10号 平成17年度御殿場市観光施設事業特別会計予算について申し上げます。


 予算総額は、歳入歳出それぞれ8,700万円であります。


 歳出の主なものは、温泉会館管理費であります。


 歳入の主なものは、温泉会館使用料及び一般会計繰入金であります。


 次に、議案第11号 平成17年度御殿場市救急医療センター特別会計予算について申し上げます。


 予算総額は、歳入歳出それぞれ4億5,000万円であります。


 歳出の主なものは、救急医療センターの管理に要する経費及び診療業務に要する経費であります。


 歳入の主なものは、診療収入、証明手数料及び小山町からの負担金並びに一般会計繰入金であります。


 次に、議案第12号 平成17年度御殿場市公共下水道事業特別会計予算について申し上げます。


 予算総額は、歳入歳出それぞれ17億9,900万円であります。


 歳出の主なものは、汚水管埋設などの建設事業費のほか、施設管理費、公債費であります。


 歳入の主なものは、国庫補助金、一般会計繰入金のほか、市債、下水道使用料、受益者負担金であります。


 次に、議案第13号 平成17年度御殿場市介護保険特別会計予算について申し上げます。


 予算総額は、歳入歳出それぞれ29億5,200万円であります。


 歳出の主なものは、介護サービス給付費、審査支払手数料等の保険給付費、介護認定審査会費、介護保険料の賦課徴収費であります。


 歳入の主なものは、第1号被保険者の保険料のほか、介護給付費の国庫負担金、支払基金交付金、県負担金及び一般会計繰入金並びに介護認定審査会小山町負担金などであります。


 次に、議案第14号 平成17年度御殿場市農業集落排水事業特別会計予算について申し上げます。


 予算総額は、歳入歳出それぞれ3億2,500万円であります。


 歳出の主なものは、管路整備事業費等の建設事業費であります。


 歳入の主なものは、国庫補助金のほか、一般会計及び財産区繰入金並びに市債であります。


 次に、議案第15号 平成17年度御殿場市上水道事業会計予算について申し上げます。


 最初に、収益的収支について申し上げます。


 収入につきましては、水道料金、水道利用加入金、他会計負担金などで、総額15億4,598万4,000円となっております。


 支出につきましては、施設の維持管理費、事務費、減価償却費、企業債の支払利息などで、総額12億6,109万9,000円となっております。


 次に、資本的収支について申し上げます。


 支出の総額は、10億250万4,000円で、主なものは、管路等情報管理整備事業や流量計更新業務などの建設改良費、配水池の建替工事や深井戸のさく井工事、配水管布設工事などの第7期拡張事業費、配水管布設替工事の老朽管更新事業費及び企業債の償還金であります。


 これらの財源としましては、他会計負担金、繰入金、工事負担金のほか、内部留保資金等を充てる予定であります。


 次に、議案第16号 平成17年度御殿場市工業用水道事業会計予算について申し上げます。


 最初に、収益的収支について申し上げます。


 収入につきましては、水道料金、預金利息などで、総額6,921万9,000円となっております。


 支出につきましては、水源施設等の維持管理費、減価償却費、企業債の支払利息などで、総額5,804万円となっております。


 次に、資本的収支について申し上げます。


 支出のみで、総額3,693万1,000円となっております。


 主なものは、建設改良費や企業債の償還金であります。


 これらの財源としては、内部留保資金等を充てる予定であります。


 次に、議案第17号 御殿場市職員の高齢者部分休業に関する条例制定について及び議案第18号 御殿場市職員の修学部分休業に関する条例制定について申し上げます。


 本2案は、地方公務員法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、新たに職員の部分休業について、条例を制定するものであります。


 次に、議案第19号 御殿場市地区コミュニティ供用施設等条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。


 本案は、駒門地区児童厚生体育施設の移転工事の完成に伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第20号 御殿場市教育委員会の委員等に対する報酬の支給及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。


 本案は、オンブズパーソンの勤務時間の減に伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第21号 御殿場市税賦課徴収条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。


 本案は、不動産登記法の全部を改正する法律が施行されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第22号 御殿場市手数料条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。


 本案は、屋外広告物法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第23号 御殿場市保育事業条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。


 本案は、御殿場市立原里第2保育園の園舎増改築工事の完成に伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第24号 御殿場市営住宅条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。


 本案は、玉穂第2団地第2工区の竣工に伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第25号 御殿場市児童屋内体育施設設置条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。


 本案は、印野地区体育施設の改築に伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議案第26号 神場南土地区画整理事業地内の用地の処分について申し上げます。


 本案は、神場南土地区画整理事業地内の用地を処分すべく、過日、買取り申出者3名と仮契約を締結いたしましたが、神場南土地区画整理事業地内において、御殿場市・小山町土地開発公社から御殿場市が取得し処分する土地は、全体で処分価格が2,000万円を超え、かつ処分面積が5,000?を超えております。今回の用地の処分は、その一部であるため、議会の議決を経て本契約を締結いたしたく、提案するものであります。


 次に、議案第27号 駿豆地区広域市町村圏協議会を構成する市町村数の減少及び駿豆地区広域市町村圏協議会規約の変更について申し上げます。


 本案は、平成17年4月1日から伊豆長岡町、韮山町及び大仁町の3町が合併し伊豆の国市になること並びに戸田村が沼津市に合併することに伴いまして、駿豆地区広域市町村圏協議会規約の改正につきまして、地方自治法第252条の6の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案第28号 住民票の写し等の交付に関する事務の委託の廃止についてから議案第32号 住民票の写し等の交付に関する事務の委託に係る協議についてまでの5議案について、一括して申し上げます。


 本5案は、平成17年4月1日から伊豆長岡町、韮山町及び大仁町の3町が合併し、伊豆の国市になること並びに戸田村が沼津市に合併することに伴いまして、3町1村との事務委託の廃止及び伊豆の国市との事務委託に係る協議につきまして、地方自治法第252条の14の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案第33号 字の区域の変更について申し上げます。


 本案は、県営担い手育成基盤整備事業高根北部地区第4工区の工事が完了したので、ほ場整備後の形状に合わせたものとするため、字の区域の変更について、議会の議決を経たく提案するものであります。


 次に、議案第34号 市道路線の認定について申し上げます。


 今回の認定は2路線で、都市計画法第32条の協議に基づき、新設した道路を認定するものであります。


 次に、同意第1号 御殿場市固定資産評価審査委員会委員の選任について申し上げます。


 本案は、来る平成17年4月29日をもちまして任期満了となります杉山 仁(すぎやま ひとし)氏を引き続き、御殿場市固定資産評価審査委員会委員に選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。


 次に、同意第2号 御殿場市外1組合公平委員会委員の選任について申し上げます。


 本案は、来る平成17年3月31日をもちまして任期満了となります梶 豊(かじ ゆたか)氏を引き続き、御殿場市外1組合公平委員会委員に選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。


 以上で、本日提案いたしました議案の提案理由の説明を終わりといたします。


 慎重なご審議の上、ご賛同いただきますようお願いを申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第6 同意第1号「御殿場市固定資産評価審査委員会委員の選任について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(勝亦 誠君)


 ただいま議題となりました同意第1号について、内容のご説明を申し上げます。


 議案書の資料1、28ページをお開きいただきたいと思います。


 それでは、議案の朗読をさせていただきます。


  同意第1号


         御殿場市固定資産評価審査委員会委員の選任について


 次の者を御殿場市固定資産評価審査委員会委員に選任したいので、地方税法(昭和25年法律第226号)第423条第3項の規定により、議会の同意を求める。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


  氏  名  杉 山   仁


  住  所  御殿場市塚原58番地


  生年月日  昭和32年8月1日


 本市の固定資産評価審査委員会は、地方税法423条の規定により設置され、御殿場市税賦課徴収条例第78条の規定によりまして、3人の委員で構成されております。このうち、平成14年から委員としてお務めをいただきご尽力をいただきました杉山 仁氏が、来る4月29日をもちまして任期満了となります。つきましては、固定資産の評価について、学識経験を有する杉山 仁氏を引き続き、御殿場市固定資産評価審査委員会委員に選任いたしたく、議会の同意を求めるものでございます。


 なお、杉山 仁氏の経歴につきましては、議案資料2の40ページに記載させていただいてございますので、併せてご覧をいただきたいと思います。


 以上で、内容の説明を終わりにさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、同意第1号「御殿場市固定資産評価審査委員会委員の選任について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第7 同意第2号「御殿場市外1組合公平委員会委員の選任について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(勝亦 誠君)


 ただいま議題となりました同意第2号の内容のご説明を申し上げます。


 議案書資料1の29ページをお開きいただきたいと思います。


 はじめに、議案の朗読をいたします。


  同意第2号


          御殿場市外1組合公平委員会委員の選任について


 次の者を御殿場市外1組合公平委員会委員に選任したいので、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第9条の2第2項の規定により、議会の同意を求める。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


  氏  名  梶     豊


  住  所  御殿場市東山184番地


  生年月日  昭和11年11月10日


 御殿場市外1組合公平委員会につきましては、地方公務員法の規定によりまして3名の委員をもって組織されておりますが、このうち、平成13年から1期4年にわたりご尽力をいただきました梶 豊委員が、来る3月31日をもって任期満了となります。つきましては、人格が高潔で識見を有する梶 豊氏を御殿場市外1組合公平委員会委員に引き続き選任いたしたく、議会の同意を求めるものでございます。


 なお、梶氏の経歴につきましては、議案資料2の41ページに記載させていただいてございますので、併せてご覧いただきたいと思います。


 以上、説明を終わりにさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、同意第2号「御殿場市外1組合公平委員会委員の選任について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第8 議員提出議案第1号「自動車登録番号標に「富士山」ナンバー創設を求める意見書の提出について」を議題といたします。


 提出者代表から内容説明を求めます。


 議会運営委員長。


○議会運営委員長(勝又幸雄君)


 ただいま議題となりました議員提出議案第1号 自動車登録番号標に「富士山」ナンバー創設を求める意見書の提出について、提案者を代表しまして、提案理由の説明を申し上げます。


 なお、提案理由の説明は、意見書の朗読により説明とさせていただきますので、ご了承願います。


 お手元の平成17年御殿場市議会3月定例会議案書(議員提出分)の1ページをお開きください。


 議案書の朗読をいたします。


  議員提出議案第1号


    自動車登録番号標に「富士山」ナンバー創設を求める意見書の提出について


 地方自治法第99条及び御殿場市議会会議規則第14条の規定により、別紙意見書を提出する。


  平成17年2月28日


  御殿場市議会議長


   黒 澤 佳壽子 様


                          提出者  御殿場市議会議員


                                 勝 又 幸 雄


                                 井 上 高 臣


                                 石 田 英 司


                                 厚 見 道 代


                                 勝 又 嶋 夫


                                 榑 林 静 男


                                 鈴 木 文 一


                                 横 山 竹 利


                                 望 月 八十児


   自動車登録番号標に「富士山」ナンバー創設を求める意見書


 我々、富士山を取り巻く富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、小山町、芝川町の住民は、朝に夕に富士山を仰ぎ、日本一気高い富士山のふもとで暮らすことに誇りを持っています。


 国土交通省においては、2004年11月に「新たな地域名表示ナンバープレートの導入について(要綱)」を示し、地域振興や観光振興等の観点から、ナンバープレートの地域名表示を弾力化し、新たな地域名表示を認めることとなりました。


 ついては、富士山麓地域の4市2町の自動車登録に当たっては「富士山」ナンバーが創設されることを要望いたします。


 「富士山」ナンバーの創設には、地域住民の高い支持や熱意が寄せられていることはもちろん、これが実現の暁には、郷土愛や住民の連帯意識が高まり、地域の活性化に必ずや寄与するものと考えられます。また、「富士山」のナンバープレートを得ることで、富士山の名に恥じない運転マナーの向上も期待されるところであります。


 さらに地域外においては、「富士山」ナンバーを付けた車は一台一台が観光宣伝効果を有し、富士山麓地域における交流人口の増大にも結びつくものと考えられます。


 今般、国土交通省では、一定の基準のもとで国民の視点に沿った形で画期的な制度の導入を決定されたことに敬意を表すとともに、富士山麓地域の長年の夢である「富士山」ナンバーが創設されることを強く要望いたします。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


  平成17年2月28日


                             御 殿 場 市 議 会


 国土交通大臣 様


 以上でございます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議員提出議案第1号「自動車登録番号標に「富士山」ナンバー創設を求める意見書の提出について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第9 議案第2号「平成16年度御殿場市一般会計補正予算(第3号)について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 財政課長。


○財政課長(田代豊治君)


 ただいま議題となりました議案第2号について、ご説明申し上げます。


 資料3、補正予算書をご用意いただきたいと存じます。


 補正予算書の1ページをお開きください。


 はじめに、議案の朗読をさせていただきます。


  議案第2号


         平成16年度御殿場市一般会計補正予算(第3号)


  平成16年度御殿場市の一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。


  (歳入歳出予算の補正)


 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ420,000千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ33,119,000千円とする。


  2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


  (繰越明許費の補正)


 第2条 繰越明許費の追加は、「第2表 繰越明許費補正」による。


  (債務負担行為の補正)


 第3条 債務負担行為の追加は、「第3表 債務負担行為補正」による。


  (地方債の補正)


 第4条 地方債の追加及び変更は、「第4表 地方債補正」による。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 今回の補正につきましては、職員の早期退職者の退職手当の増額、事業費の確定、市債の確定などにより、増減等について補正をさせていただくものでございます。


 補正内容につきましては、歳入歳出事項別明細書により説明させていただきますので、26ページ、27ページをお願いいたします。


 最初に、3の歳出について説明させていただきます。


 2款の総務費でございますが、1項1目一般管理費の説明欄1は、人件費の補正でありますが、定年前の中途退職者17人分の退職手当を増額するものでございます。2の協議会等負担金?広域行政組合負担金は、中途死亡退職者に伴う退職手当の御殿場市分の負担金を増額するものでございます。特定財源欄市債の増額は、庁舎耐震補強工事に係る起債の確定に伴う財源更正でございます。


 7目の財産管理費の1基金積立金?の社会福祉事業基金元金は、社会福祉のためにいただいた寄附金を追加するものでございます。


次のページをお願いいたします。


 3款の民生費でございますが、2項3目保育所費の1保育所運営費?施設運営費は、保育所入所児童の増加に伴い、給食の賄い材料費に不足が見込まれますことから、追加するものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 4款の衛生費でございますが、1項1目保健衛生総務費の1母子保健事業は、妊婦及び乳幼児の健康診査の受診者の増加により、委託料を追加するものでございます。


 2目予防接種費の1感染症予防事業は、高齢者インフルエンザ予防接種者の増加に伴い委託料に不足が見込まれますことから、追加するものでございます。


 2項1目清掃総務費の1広域行政組合負担金の?の塵芥処理費負担金は、RDFセンターの脱臭設備改善事業に係る組合債の増額確定により負担金の減額補正、?のし尿処理費負担金は、衛生センターのオゾン発生装置制御監視設備等改修事業に係る組合債の減額確定により、負担金の増額補正をするものでございます。


 2目環境衛生費の1公衆浴場設備改善事業補助金は、公衆浴場内の改装に係る設備改善事業補助金で、県補助金の追加採択により、補助金を追加するものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 6款の農林水産業費でございますが、1項6目農地費1の土地改良区交付事業は、農業用排水路改修工事等の事業費の確定に伴う交付金の追加でございます。


 次のページをお願いいたします。


 7款の商工費ですが、1項4目1観光施設事業会計繰出金は、温泉会館使用料が入湯客の減少により減収が見込まれますことから、繰出金を増額するものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 8款の土木費でございますが、2項1目道路橋梁維持費、5目東富士周辺道路整備事業費、7目交通安全施設整備費、9目地方特定道路等整備事業費、10目震災対策緊急道路整備事業費、3項2目東富士周辺河川改修事業費は、それぞれ起債の確定に伴う財源更正でございます。


 次のページをお願いいたします。


 4項2目街路事業費の1街路整備事業は、県営事業で実施しております新橋茱萸沢線整備事業費の確定により負担金を追加するものでございます。特定財源の市債の減額は、起債の確定により御殿場駅前通り線整備事業が890万円の増、東部幹線整備事業が2,670万円の減額との差額の財源更正でございます。


 3目街路関連事業費の1街路関連整備事業は、(仮称)森之腰線整備事業で、用地取得に係る建物移転等補償費の追加でございます。特定財源の市債の増額は、(仮称)森之腰線整備事業が4,190万円、駅前広場関連道路整備事業が640万円で、それぞれ起債の確定に伴う増額の財源更正でございます。


 5項4目市営住宅建替等事業費は、玉穂第2団地建替事業に係る起債の確定に伴う財源更正でございます。


 次のページをお願いいたします。


 9款の消防費でございますが、1項1目常備消防費の1常備消防費等負担金は、広域行政組合会計の救助工作車購入事業の消防債の減額確定により、広域行政組合消防費負担金を増額補正するものでございます。


 2目非常備消防費1の消防団員退職報償金は、退団者の増及び御殿場市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正による支給額の増により、追加するものでございます。2の消防団活動事業は、台風や豪雨及び夜間の巡視等による警戒出動等の増により、費用弁償を追加するものでございます。特定財源の市債は、消防ポンプ自動車購入事業に係る起債の確定に伴う財源更正でございます。


 3目消防施設費は、40t型耐震性貯水槽設置事業の起債の確定に伴う財源更正でございます。


 5目の災害対策費は、防災資機材整備に寄附金を充当するため、財源更正するものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 10款の教育費でございますが、2項3目神山小学校校舎増築事業は、校舎増築事業費の起債の確定に伴う財源更正でございます。


 次のページをお願いいたします。


 14款の予備費につきましては、計数調整でございます。


 次に、14ページ、15ページをお願いいたします。


 14ページ、15ページになりますが、14ページの2の歳入について説明させていただきます。


 17款の県支出金でございますが、2項3目衛生費県補助金は、公衆浴場内の改装に係る設備改造事業補助金の追加補助でございます。


 3項6目土木費委託金は、県営事業で実施しております新橋茱萸沢線整備事業に係る都市計画街路事務の委託金の確定に伴う追加でございます。


 次のページをお願いいたします。


 19款の寄附金でございますが、2目の民生費寄附金は社会福祉のために、6目の消防費寄附金は防災対策のために、それぞれ説明欄記載の方々から寄附をいただいたものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 20款の繰入金でございますが、3項1目1節の財政調整基金繰入金は、今回の補正に伴いまして不足する財源に充てるため、財政調整基金から繰入れするものでございます。2節の職員退職手当基金繰入金は、今回の人件費補正に係る退職手当の補正に伴いまして、職員退職手当基金を取崩し、財源に充てるものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 22款の諸収入でございますが、4項3目雑入の2節保健衛生費納付金は、高齢者のインフルエンザ予防接種自己負担金でありまして、接種者の増により増額するものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 23款の市債でございますが、1項1目総務債の3節総務管理債は、庁舎耐震工事に係る緊急防災基盤整備事業の確定により増額するものでございまして、4節地域再生事業債は、地域経済の活性化及び地域雇用の創造を実現し、地域の再生を図るため平成16年度に創設されたもので、地方単独事業の事業量について、一定の要件を満たす地方公共団体が行う事業の対象としているもので、厳しい収支状況の中での財源補てんとして借入れするものでございます。


 3目の土木債から5目の教育債につきましては、説明欄記載のそれぞれ事業費の確定に伴いまして、増減の補正をさせていただくものでございます。


 次に、4ページをお願いいたします。


 第2表の繰越明許費補正の追加についてでございますが、3款2項児童福祉費の民間保育所施設整備事業補助金は、高根学園保育所の増改築工事に係る補助金でございますが、当初、年度内の完了を予定しておりましたが、新潟中越地震により鉄鋼資材の調整が遅れるなど、工事の遅れから年度内の完了が見込めなくなったため、繰越明許とするものでございます。完成は平成17年6月を予定しており、完成検査後、支払いをすることとなります。


 8款2項道路橋梁費の地方特定道路等整備事業は、東田中地先市道0115線道路改良事業に係る用地取得費、物件補償費でありまして、当初、年度内の完了を予定しておりましたが、物件の移転等に日時を要するため繰越明許とさせていただくものでございますが、地方特定道路として起債対象の単独事業分でございます。完成は、平成17年10月末を予定しております。


 10款6項保健体育費の印野地区体育館・プール建設事業は、プール建築附帯工事でございますが、工期が3か月になるため、本体プール建築外部工事部分の遅れから平成17年度に入ってしまうために繰越明許とさせていただくものでございます。


 次に、5ページをお願いいたします。


 第3表の債務負担行為補正の追加についてでございますが、神場南企業団地用地取得事業は、現在、売却について推進しておりますが、土地開発公社の所有地につきましては、現在、市において債務負担をし、土地開発公社で金融機関から資金を借入れているところであります。現在の債務負担行為の期間が平成17年3月末に終了となりますことから、新たに平成17年度から平成19年度までの債務負担行為の設定をさせていただくものでございます。


 次に、6ページをお願いいたします。


 第4表の地方債補正についてでございますが、今回の地方債の補正につきましては、本年度事業費の確定に伴いまして、起債許可額及び起債事業の補正をさせていただくものでございますが、追加につきましては、歳入の23款市債でご説明させていただきましたが、平成16年度に地域の再生を図るため新たに創設されたもので、今回の補正の財源補てんとして計上したものでございます。変更につきましては、9件の限度額の変更でございまして、起債の方法、利率及び償還の方法につきましては、変更はございません。


 以上で、平成16年度御殿場市一般会計補正予算(第3号)についての説明とさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願いいたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 この際、午後1時まで休憩いたします


                                   午後0時01分


○議長(黒澤佳壽子君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


                                   午後1時00分


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第9 議案第2号「平成16年度御殿場市一般会計補正予算(第3号)について」を継続いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


 9番 厚見議員。


○9番(厚見道代君)


 1点お伺いいたします。


 ページ6ページの地方債ですけども、上段です。地域再生事業費、これ新規に創設されたわけですけども、地方交付税の大幅削減の代替的な側面を持っている起債ですけれども、これの背景と内容について、お伺いしたいと思います。


 以上、1点です。お願いいたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 財政課長。


○財政課長(田代豊治君)


 地域再生事業債の関係でありますけども、先ほどご説明したとおり、平成16年度に創設をされたということで、原則としては、地方単独事業に対して通常の充当率を上回る部分に充当できるという起債でありまして、当初は借入れの方は想定しておりませんでしたけども、今回の補正におきまして、退職手当の増や今後また災害等による地方交付税の減額が予想される厳しい収支状況の中で計上させていただいたものですが、この起債に関しましては事業へ充当する建設債ということでありまして、借入可能額の範囲内で現在、申請をしているところでございます。


 いずれにしましても、充当事業の方がまだ確定しておりませんので、起債の許可を申請するために必要な予算措置という形でもって一般財源として総務債の方へ計上させていただいたところです。確定が決まりましたらば補正あるいは決算において充当事業の説明をさせていただきたいと思いますので、ご理解をいただきたいと思います。


○議長(黒澤佳壽子君)


 ほかに質疑ありませんか。


 25番 望月議員。


○25番(望月八十児君)


 2点お伺いいたします。


 まず、26、27ページになりますが、2款1項1目一般管理費の中で、27ページにございます説明欄の1人件費について、お尋ねいたします。


 ?の職員17人、途中退職者の負担ということで3億8,900万円計上されておるわけでございますが、当初予算につきましては12人の方が退職されると、こういうことで当初予算で説明がございました。今回17人ということで、17人といいますと合計29人になります。13年度、14年度、15年度と見てまいりますと、13年度は、普通退職者3人、14年度が7人、15年度が1人、定年で13年度が10人、14年度が9人、15年度が12人、なお勧奨によるところの13年度が5人、14年度が7人、15年度が11人と、その他ということで、13年度合計18人、14年度が23人、15年度が28人といいますと、まだ1人また人数的には多いということになるわけですが、この途中で退職される、個人的なことということもあろうかと思いますが、この17人の内訳というんでしょうか、どういう状況なのか、この点をお知らせ願いたいと、こういうふうに思います。


 それから、2点目でございますが、7款1項4目でございます。34、35ページになりますが、観光施設事業会計繰出金ですが、919万5,000円ということで、説明によりますと、観光施設事業会計への繰出金ですと、これを増額していく。原因として入浴者の減が起因となっておると、こういうことでございますが、単にこれで利用者が減になっていくので、それに対する補てんをしていくよと、こういうことだと思うんですが、今後これがまた利用者が減っていくよというようなときにはどんどんどんどん、これは一般財源からでございますので、こういうことはあり得るのかどうか、この点を説明願いたいと思います。


○議長(黒澤佳壽子君)


 人事課長。


○人事課長(井上大治君)


 それでは、1点目のご質問にお答えを申し上げます。


 27ページの職員の17人の内訳でございますけれども、勧奨退職の方が11人、それから普通退職、自己都合で辞められる方が3人、それからご不幸にも死亡退職の方が3人となっております。


 なお、勧奨退職と普通退職の違いでございますけども、勧奨退職者につきましては、50歳以上の方で任命権者が認めた者、それから普通退職の自己都合の方は、50歳以下の方で自分の都合で辞められた方ということになります。


 以上です。


○議長(黒澤佳壽子君)


 経済部長。


○経済部長(芹澤頼之君)


 7款1項4目の関係について、お答えをいたします。


 このあと特会の方でまたご審査いただくわけでございますけれど、実は当初予算で入館者数といいますか、利用者数14万人と見込んでおりました。しかし、1月末では10万5,000人ほど、3月末の見込みでも12万3,000人程度しか見込めないというようなことからいたしまして、使用料が5,000万円余ですね、ちょっと不足してしまうと、見込みよりも、そうしたときに一応前年度決算が確定しておりますので、その決算によります繰越金等を見ましてもどうしても一般財源の方にお願いをしなければならない状態になりました。


 このことは、いろいろ手立てをしてみました。パンフレットを作成したりしてあちこちの事業所等にお配りをしたり、社員教育を徹底して、笑顔で挨拶をしたりとか清掃を丁寧にしたりというようなことで、誘客に大変努めてはきました。しかしながら、近隣にも似たような施設ができてきたこととか、いろいろの要素が加わりまして人数が減ってしまったという中で、現在、市の内部に助役を委員長といたしまして、温泉会館のあり方、これにつきまして、やはりこのままいきますと、あの施設ではもう老朽化してしまっておりますので、多くの方に、市民はもとより東京近郊とか横浜とか、京浜方面のお客さん、また静岡方面のお客さん等を誘客するにいたしましても、なかなか入っていただけないんではないかという中で、今後の将来構想を踏まえまして今、検討中でございます。


 したがいまして、議員のおっしゃるとおり、いつまでも一般財源を頼りにしておんぶにだっこの状態でいるわけにはいきませんので、大所高所に立ちまして、その点を踏まえて検討して17年度中には結論を出したいなと思っております。


 以上でございます。


              (「了解」と望月八十児君)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ほかに質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第2号「平成16年度御殿場市一般会計補正予算(第3号)について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第10 議案第3号「平成16年度御殿場市観光施設事業特別会計補正予算(第1号)について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 経済部長。


○経済部長(芹澤頼之君)


 ただいま議題となりました議案第3号について、内容の説明をいたします。


 はじめに、議案及び条文予算の朗読をいたします。


  議案第3号


      平成16年度御殿場市観光施設事業特別会計補正予算(第1号)


  平成16年度御殿場市の観光施設事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


  (歳入歳出予算の補正)


  第1条 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、 「第1表 歳入歳出予算補正」による。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 今回の補正は、歳入における増減でありまして、使用料の減、決算確定による繰越金の増、並びに一般会計繰入金の増額であります。


 58、59ページをお願いします。


 1款1項1目使用料でありますが、先ほども一般会計の補正でもご質疑いただきましたが、当初、入館者数を14万人と見込み予算計上しましたが、見込みを大幅に下回り、1月末現在の入館者は10万5,400人余、使用料が5,205万円余でありまして、3月末の見込みでは、入館者が12万3,000人、使用料は5,900万円の見込みとなりまして、1,400万円の減額をお願いするものでございます。この理由としましては、浜名湖花博、更に度重なる台風の影響等が考えられます。


 次のページをお願いします。


 はじめに、下の欄の4款繰越金でありますが、当初、頭出しで10万円計上となりましたが、決算確定により480万5,000円の補正増であります。したがいまして、使用料の減額と、上の欄の関係にもなりますけれど、今回の繰越金との増額分との差額919万5,000円を一般会計からの繰入金として増額補正をお願いいたすものでございます。


 以上で説明を終わりますが、ご審議のほどよろしくお願いいたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


 25番 望月議員。


○25番(望月八十児君)


 ただいまご説明いただきました1款1項1目使用料についてでございますが、1,400万円以上の減ということでございます。部長からこの減の要因が、説明がですね、花博があったから、台風だったからと、そんなことは私にはそれが要因だなんていうことは、絶対ないとは、100%ひとつもそんなことないとは断言はでき得ないけども、少なからずも花博があったから、台風の影響でということだけは、大きな1つ、2つの要因であるなんていうことは私は断じてこれは容認できないと思います。いま少し把握したそういう説明を、この要因については、していただきたいと、こういうふうにお伺いいたします。


 再度、この点お願いいたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 経済部長。


○経済部長(芹澤頼之君)


 お答えいたします。


 先ほどの説明で一般的な要因ということで申し上げましたですけど、本来は、根底にあるものといたしまして、来館者等のアンケート等も伺っている中では、やはり施設が古過ぎますよ、と言われているわけです。それから浴槽が小さい、男女それも各1つしかないということで、露天風呂とかそういうものがあればもう一回来たいなとかいうような声がやっぱり聞かれるということと、それから食堂がない、ということをやっぱり言われております。それから、先ほどもちょっと触れさせていただきましたが、小山町にもできましたし、それから裾野の方でも大分お客さんが多いということ、やはり後からできたとこの施設は非常に印象もよろしいし、使い勝手もいいということで喜ばれているということを言われております。


 私どももそういったことに少しでも近づくように努力をしなければいけないなと思っておりますが、先ほども一般会計の方でもお話させていただきましたけれど、現在、そういうことをいろいろ含めて、助役を委員長にして、各部長全部こぞってあらゆる意見を出していただき今検討をしておりますけれど、いずれにいたしましても、今回の入館者が減ったということでは、理由は、最初の説明以外に、今申し上げましたような複数の要因があるということでご理解をいただきたいと思います。


 以上でございます。


○議長(黒澤佳壽子君)


            (「終わります。」と望月八十児君)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ほかに質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第3号「平成16年度御殿場市観光施設事業特別会計補正予算(第1号)について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第11 議案第4号「平成16年度御殿場市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 建設水道部長。


○建設水道部長(水谷 隆君)


 ただいま議題となりました議案第4号について、内容のご説明を申し上げます。


 資料?3の補正予算書の63ページをお開きいただきたいと思います。


 まず、条文予算を朗読いたします。


  議案第4号


      平成16年度御殿場市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)


  平成16年度御殿場市の公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


  (債務負担行為の補正)


  第1条 債務負担行為の追加は、「第1表 債務負担行為補正」による。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 今回お願いする補正予算は、債務負担行為の追加であります。


 次のページをお願いいたします。


 第1表 債務負担行為補正ですが、公共下水道管渠布設事業費の追加をお願いするもので、限度額を1億1,400万円とするものであります。これは国庫補助による循環線の管渠布設工事を国の債務負担行為により前倒し施行するもので、財源は、国庫補助金が50%、残る市負担分のうち、市債90%、一般財源10%を見込んでおります。


 工事箇所でありますが、東田中1丁目地先651m、3丁目地先568mの2路線を計画しており、工事発注は、17年3月下旬を予定しております。


 以上で、内容の説明を終わらせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第4号「平成16年度御殿場市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第12 議案第17号「御殿場市職員の高齢者部分休業に関する条例制定について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(勝亦 誠君)


 ただいま議題となりました議案第17号のご説明を申し上げます。


 議案書資料1、1ページ、2ページをお開きください。


 地方公務員法及び地方公共団体の一般職の任期付き職員の採用に関する法律の一部を改正する法律が平成16年6月9日に公布され、地方公務員法に新たに高齢者部分休業についての規定が加わりました。このことによりまして、条例を制定するものでございます。


 高齢者部分休業につきましては、加齢による諸事情への対応、地域貢献などのために、


 定年前5年を超えない期間、任命権者が認めた場合において、勤務時間の一部を勤務しない部分休業ができることとなります。


 それでは、議案を朗読いたします。


  議案第17号


        御殿場市職員の高齢者部分休業に関する条例制定について


 御殿場市職員の高齢者部分休業に関する条例を次のとおり制定する。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 条例の内容について、ご説明申し上げます。


 第1条は、この条例の根拠法令及び趣旨について規定してございます。


 第2条第1項は、高齢者部分休業の範囲を規定してございます。


 第2項では、高齢者部分休業を取得できる期間を、地方公務員法で規定する上限である5年としたものです。


 次に、第3条ですが、高齢者部分休業の期間中、その勤務を要しない時間は、給与が減額される旨を規定してございます。


 第4条は、高齢者部分休業を取得した期間を、御殿場市職員の退職手当に関する条例の規定により、職員としての勤務時間から除算する規定であります。


 第5条は、高齢者部分休業をしている職員の業務を処理する措置を講じることが著しく困難となった場合、任命権者は、職員の同意を得て部分休業の承認を取消し、または短縮することができることを規定してございます。


 第6条は、部分休業の承認が上限の20時間以内であった場合において、公務に支障がない場合においては、その範囲を20時間まで延長することができる旨の規定であります。


 第7条は、この条例に定めるもののほか必要な事項は、規則で定めるとしたものでございます。


 また、施行日は、平成17年4月1日とするものでございます。


 規則につきましては、議案資料の2の1ページから5ページに、規則及び主に手続に係る様式等を規定したものの(案)を示してございますので、ご覧いただきたいと思います。


 なお、この条例の運用に当たっては、地域ボランティアなどをする際の取得等が考えられますが、職員に関する他の制度を利用するなど、実際にこの条例の規定によるものがあるのかは甚だ微妙であります。


 改正後の地方公務員法が平成17年4月1日から施行されることに伴いまして、市においても、条例を制定するものでございます。


 以上で、議案の説明を終わりにしますが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第17号「御殿場市職員の高齢者部分休業に関する条例制定について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第13 議案第18号「御殿場市職員の修学部分休業に関する条例制定について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(勝亦 誠君)


 ただいま議題となりました議案第18号のご説明を申し上げます。


 議案書資料1、3ページ、4ページをお開きください。


 議案第17号でご審議をいただきました御殿場市職員の高齢者部分休業に関する条例制定についてと同様に、地方公務員法及び地方公共団体の一般職の任期付き職員の採用に関する法律の一部を改正する法律が平成16年6月9日に公布され、新たに修学部分休業についての規定が加わりましたことに基づき、条例を制定するものでございます。


 修学部分休業につきましては、職員の公務に関する能力の向上に資すると認めるときは、2年を超えない期間について、勤務時間の一部を勤務しない部分休業ができることとなります。


 それでは、議案を朗読させていただきます。


  議案第18号


        御殿場市職員の修学部分休業に関する条例制定について


 御殿場市職員の修学部分休業に関する条例を次のとおり制定する。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 それでは、条例の内容についてご説明申し上げます。


 第1条につきましては、この条例の根拠法令及び趣旨について規定してございます。


 第2条第1項は、修学部分休業の範囲を規定しております。


 第2項につきましては、修学部分休業を取得できる教育施設の規定でございます。


 次に、第3条ですが、修学部分休業の期間は、その勤務しない時間につきましては、給与が減額される旨を規定してございます。


 第4条は、修学部分休業をしている職員の部分休業の承認を取消しする事由を規定したものでございます。


 第5条は、この条例に定めるものほか必要な事項は規則で定めるとしたもので、規則につきましては、議案資料2の6ページから8ページまでに、規則及び主に手続に係る様式等の(案)を示してございますので、ご覧いただきたいと思います。


 附則は、この条例の施行日は、平成17年4月1日と規定したもので、修学部分休業は、公務能率の向上に資するため、職員が大学や専門学校に通学する場合などの利用が考えられます。


 現在は、大学など通信教育の際のスクーリングを受講する場合には、職務専念の義務の免除の制度を利用してまいりますが、長期にわたる修学の際には、現在ある制度と修学部分休業制度を有効に活用し、職員の個人能力向上の一端を担えるものと考えております。


 以上で、議案の説明を終わりにします。


 よろしくご審議のほどお願いいたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第18号「御殿場市職員の修学部分休業に関する条例制定について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第14 議案第19号「御殿場市地区コミュニティ供用施設等条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 企画部長。


○企画部長(菅沼 章君)


 ただいま議題となりました議案第19号について、説明いたします。


 お手元の平成17年度御殿場市議会3月定例会議案書の5ページをお願いいたします。


 はじめに、議案書の朗読をさせていただきます。


  議案第19号


   御殿場市地区コミュニティ供用施設等条例の一部を改正する条例制定について


 御殿場市地区コミュニティ供用施設等条例の一部を改正する条例を次のとおり制定する。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


  御殿場市地区コミュニティ供用施設等条例の一部を改正する条例


  御殿場市地区コミュニティ供用施設等条例(平成11年御殿場市条例第35号)の一部を次のように改正する。


  別表第1中





  ┌───────────────┬──────────────────┐


  │駒門地区児童厚生体育施設   │御殿場市駒門240番地の1      │


  ├───────────────┼──────────────────┤


  │               │御殿場市駒門487番地の3     │


  │               │                  │


  │      」を       │                  │


  │「              │                  │


  │駒門地区児童厚生体育施設   │                  │


  └───────────────┴──────────────────┘


                                   」に改める。


   附 則


 この条例は、平成17年4月1日から施行する。


 本案は、駒門区にあります駒門地区児童厚生体育施設が第二東名高速道路建設に伴い、移転物件となったことから、平成15年度3月に道路公団と物件移転補償契約を締結し、平成16年度に移転改築を行ったものであります。


 新施設は16年12月に完成し、これまでの施設につきましては、平成17年3月には解体撤去を予定しておりますことから、施設の位置の変更をお願いするものであります。


 なお、資料2、議案資料9ページ、10ページの新旧対照表を併せてご参照いただき、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


 以上で、説明を終わりにさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第19号「御殿場市地区コミュニティ供用施設等条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第15 議案第20号「御殿場市教育委員会の委員等に対する報酬の支給及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(勝亦 誠君)


 ただいま議題となりました議案第20号について、ご説明を申し上げます。


 議案書資料1、6ページをお開きください。


 本件は、オンブズパーソンの相談時間が減ることに関しまして、所要の改正を行うものでございます。


 それでは、議案の朗読をいたします。


  議案第20号


  御殿場市教育委員会の委員等に対する報酬の支給及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について


 御殿場市教育委員会の委員等に対する報酬の支給及び費用弁償条例の一部を改正する条例を次のとおり制定する。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 議案内容の説明につきましては、新旧対照表により説明させていただきます。


 議案資料2の11ページと12ページをお開きいただきたいと思います。


 左側が旧、右側が新となっており、改正部分につきましては、左側のアンダーライン部分を右側のアンダーラインの部分に改めるものでございます。


 今回の条例改正につきましては、平成11年に設置した御殿場市オンブズパーソンの相談時間を、現在は月4日間、時間にして32時間となっておりますが、平成17年度から、月に3日間、時間にいたしますと24時間となることから、報酬額を改正するものでございます。


 この改正により、一月当たり32万円でありました報酬が24万円に改正するものであります。


 なお、この条例は、平成17年4月1日から施行するものでございます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第20号「御殿場市教育委員会の委員等に対する報酬の支給及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第16 議案第21号「御殿場市税賦課徴収条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 総務部長。


○総務部長(勝亦 誠君)


 ただいま議題となりました議案第21号について、内容のご説明を申し上げます。


 議案書資料1、7ページをお開きください。


 はじめに、議案の朗読をいたします。


  議案第21号


  御殿場市税賦課徴収条例の一部を改正する条例制定について


 御殿場市税賦課徴収条例の一部を改正する条例を次のとおり制定する。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 議案内容の説明につきましては、新旧対照表により説明させていただきます。


 議案資料の2、13、14ページをお開きください。


 今回の改正は、不動産登記法が登記事務の電子化に伴い、平成16年6月18日に全部改正が公布されました。


 この改正に伴いまして、御殿場市税賦課徴収条例の一部を改正するものでございます。


 左側の旧アンダーラインを右側の新アンダーラインに改めるもので、第54条第2項及び次のページの第5項は、土地登記簿及び建物登記簿が、法の全部改正により登記簿に統一されたことに基づきまして、改正するものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 第72条は、引用する不動産登記法の施行年度及び法律番号の改正、並びに条項の整備を行うもので、新たに引用条項第51条第1項に、共用部分である旨の登記または団地共有部分である旨の登記がある建物に係る部分を除くの括弧書きを加えるものであります。


 なお、施行日につきましては、改正不動産登記法の施行に併せ、条例施行日を平成17年3月7日とするものであります。


 よろしくご審議のほど申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第21号「御殿場市税賦課徴収条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第17 議案第22号「御殿場市手数料条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 都市整備部長。


○都市整備部長(小見山惣一君)


 ただいま議題となりました御殿場市手数料条例の一部を改正する条例制定について、説明をさせていただきます。


 資料1の議案書の8ページをお願いいたします。


 まず最初に、議案の朗読をさせていただきます。


  議案第22号


  御殿場市手数料条例の一部を改正する条例制定について


 御殿場市手数料条例の一部を改正する条例を次のとおり制定する。


 平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 内容の説明につきましては新旧対照表で行いますので、資料2の議案資料17、18ページをお願いいたします。


 左側旧の別表第2条関係でありますけども、中ほどの屋外広告物の申請をご覧ください。許可申請に当たっての手数料の区分が第1種と第2種になっておりますが、第1種は、許可期限が2年間で、広告塔、広告板その他これらに類するものと、金属製やプラスチック製でできている頑固なはり札または立看板その他これらに類するものでありまして、第2種は、許可期限が30日間であるベニア板や規約によってできた簡易な広告物のはり札、立看板という扱いで区分されておりましたが、近年、はり札または立看板等が数多く景観の阻害要因となっている事例が多いことから、広告物法が改正され、第1種のはり札または立看板その他これらに類するものを、行政代執行手続をとることなく直ちに除去できる簡易広告物として第2種に統一されたところでございます。


 これに伴い、静岡県屋外広告物条例も同様な改正が行われたところでございます。


 新の方をご覧いただきたいと思います。


 この改正を受けまして、許可申請の際の手数料について、第1種のはり札または立看板その他これらに類するものを削除し、はり札または立看板を第2種に統一するとともに、新たに許可の対象となった第4号の広告付記を追加するものであります。


 附則として、この条例は、平成17年4月1日から施行するものであります。


 以上で、説明を終わります。


 よろしくご審議のほどお願いいたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第22号「御殿場市手数料条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 この際、10分間休憩いたします。


                                   午後1時55分


○議長(黒澤佳壽子君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


                                   午後2時06分


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第18 議案第23号「御殿場市保育事業条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(吉川敏雄君)


 ただいま議題となりました議案第23号の内容の説明をいたします。


 資料?1の議案書の9ページをお開きをいただきたいと思います。


 議案書の朗読をいたします。


  議案第23号


  御殿場市保育事業条例の一部を改正する条例制定について


 御殿場市保育事業条例の一部を改正する条例を次のとおり制定する。


 平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 一部改正の内容につきましては、議案資料によりご説明いたしますので、資料?2の議案資料の19ページ、20ページをお開きをいただきたいと思います。


 左側が旧、右側が新でございます。


 この表の4段目でございます原里第2保育園の増改築事業につきましては、厚生労働省の補助事業として進めてまいりました。新園舎は既設園舎の隣接地に、鉄骨造平屋建て、延べ床面積955.02?で建設し、完成の運びとなりますので、園舎の地番の変更と定員を30人増の120人に改めるものでございます。


 施行日は、平成17年4月1日からとするものでございます。


 なお、公立保育園9つの保育園の総定員は、870人から30人増の900人となります。


 以上で、内容の説明を終わります。


 よろしくご審議をお願いいたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第23号「御殿場市保育事業条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第19 議案第24号「御殿場市営住宅条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 都市整備部長。


○都市整備部長(小見山惣一君)


 ただいま議題となりました御殿場市営住宅条例の一部を改正する条例について、説明をさせていただきます。


 資料?1の議案書10ページをお願いいたします。


 議案書の朗読をいたします。


  議案第24号


        御殿場市営住宅条例の一部を改正する条例制定について


 御殿場市営住宅条例の一部を改正する条例を次のとおり制定する。


   平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 内容の説明につきましては、新旧対照表で行いますので、資料?2の21、22ページをお願いいたします。


 本条例につきましては、平成16年6月に工事を発注いたしました市営住宅玉穂第2団地の2工区の工事がこの3月末に完成をいたしますので、入居に先立ち、条例に位置付けをするものであります。


 新旧ともに表の最上段に、左から建設年度、団地の名称、所在地、建物の構造、そして一番右に第14条第2項の数値とございますけども、この14条2項の数値とは、団地の利便計数を表わしているものであります。これは市営住宅の家賃を決定する際に市が団地の立地する利便性を考慮し、公営住宅法で1から0.7まで表すこととされております。


 今回の改正点の1点目といたしまして、旧の二重アンダーラインでありますが、昭和37年に建設された玉穂第2団地、簡易耐火平屋建ては、今回の建替えにより削除するものであります。また、昭和41年と42年に茱萸沢750番地先に建設された耐火平屋建ての玉穂第3団地は、その敷地が市役所玉穂支所の敷地の一部になることから、今回解体し、条例から削除するものであります。


 次に、23、24ページをお願いいたします。


 2点目といたしまして、新のアンダーラインですが、本年3月に玉穂第2団地が、鉄筋コンクリート造り2階建て、2棟、30戸が完成することに伴い、条例に追加するものです。住居の構成は、床面積38.66?の2Kタイプと、床面積58.80?の3Kタイプの2種類で、第14条第2項の利便計数は従前と変わってございません。


 なお、玉穂第2団地は、平成15年度から18年度まで、4工区に分け、鉄筋コンクリート造り2階建て9棟を、3DKタイプが60戸、2Kタイプが60戸、計120戸の建替えを予定しております。


 附則として、この条例は、平成17年4月1日から施行するものであります。


 以上で、説明を終わりにさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願いいたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第24号「御殿場市営住宅条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第20 議案第25号「御殿場市児童屋内体育施設設置条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 教育部長。


○教育部長(勝又親男君)


 ただいま議題となりました議案第25号について、ご説明をさせていただきます。


 資料1の議案書13ページをお開きいただきたいと思います。


 最初に、議案の朗読をいたします。


  議案第25号


     御殿場市児童屋内体育施設設置条例の一部を改正する条例制定について


 御殿場市児童屋内体育施設設置条例の一部を改正する条例を次のとおり制定する。


   平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 本案につきましては、平成16年度、防衛補助事業であります印野地区体育施設(体育館・プール)が完成することに伴いまして、印野地区児童屋内体育施設の名称を、補助事業の名称であります印野地区体育施設(体育館・プール)と変更するものであります。


 新旧対照表の方で説明いたしますので、資料2の25ページ、26ページをお願いします。


 まず、題名でございますけども、地区体育施設及びを加えまして御殿場市地区体育施設及び児童屋内体育施設設置条例とするものでございます。


 第1条の設置でございますけども、地域児童の体位向上を図りというのを、地域住民の健康増進と児童の体位向上を図り、併せてスポーツの振興とに変更、また、児童屋内体育施設を、御殿場市地区体育施設及び児童屋内体育施設と改めるものであります。


 第2条の表中でございますけれども、印野地区児童屋内体育施設を、印野地区体育施設(体育館・プール)。そして位置でございますけども、御殿場市印野1,714番の20となっておりますけども、このカンマ取りまして、御殿場市印野1714番地の20とするものでございます。


 附則でございますけども、条例の施行日を、平成17年4月1日とさせていただくものでございます。


 以上で、内容の説明を終わります。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第25号「御殿場市児童屋内体育施設設置条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第21 議案第26号「神場南土地区画整理事業地内の用地の処分について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 企画部長。


○企画部長(菅沼 章君)


 ただいま議題となりました議案第26号について、説明させていただきます。


 お手元の議案書14ページをお願いいたします。


 最初に、議案書の朗読をさせていただきます。


  議案第26号


         神場南土地区画整理事業地内の用地の処分について


 神場南土地区画整理事業地内の用地を次のとおり処分したいので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和39年御殿場市条例第5号)第3条の規定により、議会の議決を求める。


   平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 1 処分の目的  神場南土地区画整理事業地内の用地を住宅用地として処分するため


 2 処分の方法  随意契約


 3 処分する土地の所在地、地目、地積及び金額


 ┌──────────────┬───┬────────┬─────────────┐


 │    所 在 地     │地目 │地 積(?)  │金   額(円)     │


 ├──────────────┼───┼────────┼─────────────┤


 │ 御殿場市神場一丁目1番  │宅地 │262.06  │15,487,746   │


 ├──────────────┼───┼────────┼─────────────┤


 │ 御殿場市神場一丁目7番  │宅地 │235.31  │12,847,926   │


 ├──────────────┼───┼────────┼─────────────┤


 │ 御殿場市神場一丁目13番  │宅地 │235.34  │13,108,438   │


 ├──────────────┼───┼────────┼─────────────┤


 │    合   計     │   │732.71  │41,444,110   │


 └──────────────┴───┴────────┴─────────────┘


 本案は、神場南土地区画整理事業地内の用地を処分すべく、平成17年第1回臨時会において議決をいただきました。御殿場市小山町土地開発公社から御殿場市が取得した土地につきまして、過日、買取り申出のありました市内の一般の個人の方3名と仮契約を締結いたしました。


 神場南土地区画整理事業地内全体での処分価格が2,000万円を超え、かつ処分面積が5,000?を超えるため、今回の処分はこの一部であることから、議会の議決を経て本契約をするための提案をしたものでございます。


 資料2、議案資料の27ページ、28ページを併せてご覧いただきたいと思います。


 場所につきましては、資料右側上の円で囲んであるところでございます。図面がちょっと小さいため右下側に少し拡大したものを載せてございますので、こちらご覧いただきたいと思います。こちらの1と7と13の区画について、数字の周りを塗りつぶしてあるところが3区画でございます。


 処分の目的は、神場南土地区画整理事業地内工業地域内の用地を住宅地として処分するためでございます。


 処分の方法ですが、買取り申出のありました3名の方との随意契約です。


 処分する土地の内訳ですが、地図の?の土地が御殿場市神場一丁目1番、地目は宅地、面積は262.06?、処分金額は1,548万7,746円で、?単価は5万9,100円です。?の土地が御殿場市神場一丁目7番、地目は宅地、地積は235.31?、処分金額は1,284万7,926円で、?単価は5万4,600円です。?の土地が御殿場市神場一丁目13番、地目は宅地、地積は235.34?、処分金額は1,310万8,438円で、?単価は5万5,700円です。


 なお、3区画とも市内の一般個人の方に処分するものでございます。


 また、単価につきましては、平成16年度の公示価格及び類似の販売実例等から批準方式により算定しております。


 今後の予定ですが、それぞれの方と現在仮契約をしてございますが、議決をいただきました後に本契約に移行するということで事務手続を進めさせていただこうと思っております。


 それから、現在までの処分の状況でございますが、27ページ、資料の真ん中の表をご覧いただきたいと思います。


 神場南土地区画整理事業土地処分状況という表ですが、この中の土地開発公社換地処分状況欄をご覧いただきますと、今回の3区画が処分された場合を含めまして、左側の上から4行目の欄に処分済み、処分予定の合計というところがございますが、合計面積で7万6,064.45?、面積割合で67.5%、合計金額で32億1,033万3,017円という状況でございます。


 また、残りました工業専用地域内の2区画、工業地域内の36区画につきましては、今後、処分に向け鋭意努力してまいりたいと考えております。


 以上、説明とさせていただきます。


 ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第26号「神場南土地区画整理事業地内の用地の処分について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第22 議案第27号「駿豆地区広域市町村圏協議会を構成する市町村数の減少及び駿豆地区広域市町村圏協議会規約の変更について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 企画部長。


○企画部長(菅沼 章君)


 ただいま議題となりました議案第27号について、説明させていただきます。


 お手元の議案書の15ページ、16ページをお願いいたします。


 はじめに、議案書の朗読をさせていただきます。


 議案第27号


   駿豆地区広域市町村圏協議会を構成する市町村数及び駿豆地区広域市町村圏協議会規約の変更について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の6の規定により、平成17年3月31日限りで駿豆地区広域市町村圏協議会から田方郡伊豆長岡町、同郡韮山町、同郡大仁町及び同郡戸田村が脱退し、同年4月1日から、同協議会に伊豆の国市が加入することに伴い、駿豆地区広域市町村圏協議会規約を別紙のとおり変更する。


   平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 内容説明に当たりまして、誠に恐縮ですが、資料2議案資料29ページから34ページの新旧対照表をご参照いただきたいと思います。


 本案は、駿豆地区広域市町村圏内の市町村合併によるものでありまして、平成17年4月1日から、伊豆長岡町と韮山町及び大仁町の3町が合併し伊豆の国市になることと、並びに戸田村が沼津市に合併することに伴いまして、同協議会の規約の改正をお願いするものであります。


 では、第3条の見出し中、市町村を市町に改め、同条中、伊豆長岡町を伊豆の国市に改め、韮山町、大仁町及び戸田村を削り、関係市町村を関係市町に改めるものであります。


 第6条中、14人を11人に改める。


 第7条及び第8条中、関係市町村の長を関係市町の長に、市町村の長を市町の長に改める。


 第10条第1項中、関係市町村別を関係市町別に、関係市町村の長を関係市町の長に改め、同条第2項中、関係市町村長を関係市町の長に、市町村の職員を市町の職員に改めるものであります。


 第12条第1項中、関係市町村別を関係市町別に、関係市町村の長を関係市町の長に改め、同条2項中、関係市町村の長を関係市町の長に改める。


 第17条第1項、第2項及び第3項、第19条第3項並びに第20条第2項中、関係市町村を関係市町に改める。


 参考資料の方は33ページの方ご参照いただきたいと思います。


 同22条第1項中、市町村の収入役を市町の収入役に改める。


 第23条第2項中、関係市町村の長を関係市町の長に改める。


 第26条中、関係市町村の監査委員を関係市町の監査委員に改める。


 第28条中、関係市町村の長を関係市町の長に改める。


 附則、この規約は、平成17年4月1日から施行する。


 以上で、説明を終わります。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第27号「駿豆地区広域市町村圏協議会を構成する市町村数の減少及び駿豆地区広域市町村圏協議会規約の変更について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 この際、日程第23 議案第28号「住民票の写し等の交付に関する事務の委託の廃止について」から日程第27 議案第32号「住民票の写し等の交付に関する事務の委託に係る協議について」までの5議案は、関連する議案でありますので、一括して議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 環境市民部長。


○環境市民部長(芹沢 勝君)


 ただいま議題となりました議案第28号から第32号まで、一括内容説明をいたします。


 議案書の17ページをお願いいたします。


 議案の朗読をいたします。


  議案第28号


        住民票の写し等の交付に関する事務の委託の廃止について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の14第2項の規定により、平成17年3月31日限りで住民票の写し等の交付に関する事務の伊豆長岡町への委託及び同町からの委託を廃止するものとする。


   平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 議案第29号から第31号につきましても、韮山町、大仁町、戸田村への委託及び同町、同村からの委託を廃止するものでありまして、同じ内容でありますので、議案の朗読は省略させていただきます。


 次に、21ページをご覧ください。


 議案の朗読をいたします。


 議案第32号


       住民票の写し等の交付に関する事務の委託に係る協議について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の14第1項の規定により、住民票の写し等の交付に関する事務を別紙規約により伊豆の国市へ委託し、及び同市から委託を受ける。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 内容の説明を申し上げます。


 駿豆広域窓口サービスは、現在15市町村をもって、住民票の写し、印鑑登録証明書の交付を広域市町村のどこの窓口でも受けられるもので、平成11年11月1日から開始した事業であります。


 議案第28号から第30号までは、平成17年4月1日から伊豆長岡町、韮山町、大仁町が合併し、伊豆の国市の発足となるため。


 また、議案第31は、戸田村が平成17年4月1日から沼津市に合併するため、現在、相互で行っている伊豆長岡町、韮山町、大仁町及び戸田村との委託を平成17年3月31日限りで廃止するものであります。


 議案第32号は、平成17年4月1日から新たに発足します伊豆の国市と現行と同内容の、22ページに規約があるわけですが、これらと全く同内容の協定、住民票の写し等の交付に係る事務の事務委託に関する規約による事務委託をさせていただくものでございます。


 このようなことから、地方自治法252条の14の規定により、事務の廃止及び委託について、議会の議決をお願いするものであります。


 以上で、内容の説明を終わりにさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願いいたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 議案第28号から議案第32号については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本5案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本5案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第28号「住民票の写し等の交付に関する事務の委託の廃止について」から議案第32号「住民票の写し等の交付に関する事務の委託に係る協議について」までの5案を、一括採決いたします。


 本5案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本5案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第28 議案第33号「字の区域の変更について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 経済部長。


○経済部長(芹澤頼之君)


 ただいま議題となりました議案第33号について、内容を説明いたします。


 議案書の24ページをお開きいただきたいと思います。


 はじめに、議案の朗読をさせていただきます。


  議案第33号


               字の区域の変更について


  県営担い手育成基盤整備事業高根北部地区(第4工区)施行の結果、土地改良法(昭和24年法律第195号)第89条の2の規定により準用する同法第54条第4項の規定による換地処分の公告があった日の翌日から、次のとおり字の区域を変更したいので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第260条第1項の規定により議会の議決を求める。


   平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 県営ほ場整備事業高根北部地区につきましては、事業面積が107haと広いため、工区を4工区に分けて整備を行ってまいりまして、すべての面工事が完了し、この度確定測量や行政境界の変更作業等が整いましたので、新設の道路、水路等の区分に合わせまして4工区の字の区域を変更したく提案するものであります。


 なお、1工区につきましては、平成10年12月議会、2工区、3工区につきましては、平成16年9月議会におきまして、それぞれ議決をいただいております。


 今後の予定といたしましては、この3月議会で議決をいただき、一部小山町もございますので、同時進行をいたします。5月には、県知事の告示を予定いたしております。


 それでは、資料?2議案資料の36ページをお開きください。


 4工区の位置につきましては、県道足柄停車場富士公園線の北側から小山町境まで、東西では、市道0103号線(通称)原里北郷線と、市道7232号線(通称)北部幹線に挟まれました29.7haでございます。


 次のページ、第4工区の全体図をご覧ください。


 ページを逆さにしていただいて、第4工区の全体図でございますが、左側の凡例は、小山町との行政境は黒の実線で表示いたしました。この図の上段の右側、一色字浄音作の一部であります。ここだけ黒くなっているところでございますが、小山町との境でございます。


 旧の字界は縦縞の線で表示してあります。


 新しい字界は点線で表示してございます。


 なお、この件の行政境の変更は、平成15年12月議会におきまして、世帯数、面積の増減のない変更として議決をいただいてございます。


 それでは、戻りまして35ページの字区域変更新旧対照表をご覧ください。


 表の中央に調書番号が付番してあります。今回の字区域の変更で7つの字に変更がございました。左側が旧、右側が新になってございますが、字名の変更手順は、調書番号1の上小林字所田で申し上げますと、古沢道満畑、これ旧でございますが、古沢道満畑、それから遅畑、所田、上小林大根畑、同じく矢台丸、それから向、そして所田の中から地権者の皆さんが選択し、区長さんの了解もいただきまして、まとめて所田とするものでございます。


 以下、2から7までは同様にご理解をいただきたいと思います。


 なお、効力の発生日は、土地改良法第89条の2の規定によりまして、換地処分の公告のあった日の翌日からとなってございます。


 雑駁でございますが、以上で内容説明を終わります。


 ご審議のほどよろしくお願いします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第33号「字の区域の変更について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 日程第29 議案第34号「市道路線の認定について」を議題といたします。


 当局から内容説明を求めます。


 建設水道部長。


○建設水道部長(水谷 隆君)


 ただいま議題となりました議案第34号について、内容のご説明を申し上げます。


 議案書の27ページをお開きいただきたいと思います。


 議案書の朗読をいたします。


  議案第34号


               市道路線の認定について


 道路法(昭和27年法律第180号)第8条第2項の規定により、次のとおり市道路線を認定する。


  平成17年2月28日 提 出


                             御殿場市長 長 田 開 蔵


 今回お願いする案件は、路線認定2件であります。


 議案資料?2の38ページをお開きいただきたいと思います。


 市道2090号線は、新橋地先 御殿場南高等学校西側に位置し、駿河住宅株式会社が開発行為で整備した宅地分譲内の新設道路を、都市計画法第32条の協議により、市に帰属した道路を認定するものであります。


 なお、道路の延長及び幅員につきましては、下の欄に記載のとおりであります。


 次に39ページをお願いいたします。


 市道2091号線は、東田中地先秩父宮記念公園南側に位置し、有限会社 オフィス・カドが開発行為で整備した宅地分譲内の新設道路を、都市計画法第32条の協議により、市に帰属した道路を認定するものであります。


 以上で、今回提案させていただきました議案の内容の説明を終わらせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


  (この時質疑なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 質疑なしと認めます。


 これにて、質疑を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 お諮りいたします。


 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対して、反対討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 次に、賛成討論の発言を許します。


  (この時発言なし)


○議長(黒澤佳壽子君)


 討論なしと認めます。


 これにて、討論を終結いたします。


○議長(黒澤佳壽子君)


 これより、議案第34号「市道路線の認定について」を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


  (「異議なし」と言う者あり)


○議長(黒澤佳壽子君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


○議長(黒澤佳壽子君)


 以上で、本日の会議は、全部終了いたしました。


 この際、本席より定例会再開のお知らせをいたします。


 3月2日、午前10時から3月定例会を再開いたしますので、定刻までに議場にご参集願います。


 本日は、これにて散会いたします。


                          午後2時54分 散会