議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 藤枝市

平成21年 7月臨時会−07月15日-01号




平成21年 7月臨時会

           平成21年7月藤枝市議会臨時会会議録

               平成21年7月15日
〇議事日程
  平成21年7月15日(水曜日)
・開会、開議
・会議録署名議員の指名
・諸般の報告
   (1) 市長提出議案の受理について

日程第1 会期の決定
日程第2 第76号議案 藤枝市一般会計補正予算(第4号)
         以上1件上程
 1.提案理由の説明
 2.質 疑
 3.健康福祉委員会へ付託
・諸般の報告
   (1) 健康福祉委員会付託議案の審査終了報告の受理について

 4.健康福祉委員長の委員会審査の経過並びに結果の報告
 5.委員長報告に対する質疑
 6.討 論
 7.採 決
日程第3 藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会委員の選任について

〇本日の会議に付した事件
  議事日程と同じ


〇 出席議員(27名)
   1番 薮 崎 幸 裕 議員     2番 萩 原 麻 夫 議員
   3番 大 石 信 生 議員     4番 志 村 富 子 議員
   5番 岡 村 好 男 議員     6番 西 原 明 美 議員
   7番 天 野 正 孝 議員     8番 杉 山 猛 志 議員
   9番 遠 藤   孝 議員    10番 臼 井 郁 夫 議員
  11番 植 田 裕 明 議員    12番 大 石 保 幸 議員
  13番 杉 村 基 次 議員    14番 向 島 春 江 議員
  15番 山 田 敏 江 議員    16番 水 野   明 議員
  17番 百 瀬   潔 議員    18番 渡 辺 恭 男 議員
  19番 池 田   博 議員    20番 牧 田 五 郎 議員
  21番 池 谷   潔 議員    22番 山 内 弘 之 議員
  23番 内 藤 洋 介 議員    24番 岡 嵜 匡 志 議員
  25番 増 田 猪佐男 議員    26番 舘   正 義 議員
  27番 小柳津 治 男 議員

〇 欠席議員(0名)

〇 欠  員(0名)


〇 説明のため出席した者
     市長               北 村 正 平
     副市長              桜 井 幹 夫
     教育長              中 山   直
     総務部長             青 島 満 博
     行財政改革担当理事        山 梨 秀 樹
     企画財政部長           萩 原 正 行
     市民文化部長           羽 山 鉄 夫
     健康福祉部長           鈴 木 宏 美
     産業振興部長           高 橋 哲 也
     都市建設部長           水 野 晴 久
     環境水道部長           青 島 一 隆
     岡部支所長            平 野   仁
     会計管理者            滝 井 邦 男
     教育部長             村 松   正
     監査委員             勝 岡   毅
     監査委員事務局長         山 崎 道 幸
     消防長              甲 賀 優 一

〇 出席した事務局職員
     議会事務局長           増 田 達 郎
     主幹兼政策調査担当係長      中 村 正 秀
     主幹兼議事担当係長        片 山   優
     議事担当係長           小 林 博 之
     議事担当係長           矢 部 史 子
     議事担当主任主査         八 木 正 和



                        午前9時03分 開会
○議長(内藤洋介議員) ただいまから平成21年7月藤枝市議会臨時会を開会いたします。
 これから、本日の会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員に
 11番 植 田 裕 明  議員
 18番 渡 辺 恭 男  議員
 を指名いたします。
○議長(内藤洋介議員) ここで、事務局長から諸般の報告をいたします。事務局長。
◎議会事務局長(増田達郎) 御報告いたします。
 本臨時会へ市長から第76号議案 藤枝市一般会計補正予算(第4号)1件の議案の送付があり、これを受理いたしました。
 以上です。
○議長(内藤洋介議員) 日程第1、会期の決定を議題といたします。
○議長(内藤洋介議員) お諮りいたします。この臨時会の会期を本日1日としたいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、会期は1日に決定いたしました。
○議長(内藤洋介議員) 日程第2、第76号議案を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
          (登       壇)
◎市長(北村正平) おはようございます。
 ただいま議題となっております第76号議案につきまして、提案理由を御説明申し上げます。
 平成21年度藤枝市一般会計補正予算(第4号)でありますが、歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ3,900万円を追加し、予算の総額を407億5,230万円とするものであります。
 補正内容は、女性特有のがん検診推進事業に係るもので、歳入予算ではこの事業に係る国庫支出金を、歳出予算では検診に係る経費について予算措置をいたしたところであります。
 以上、補正予算の概要であります。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。
○議長(内藤洋介議員) 次に、補足説明を求めます。企画財政部長。
◎企画財政部長(萩原正行) 私から、補足説明をさせていただきます。
 今回の補正につきましては、国の経済危機対策の柱の1つの子育て教育支援対策の中の女性特有のがん対策について行うものでございます。本市が実施するがん検診におきまして、特定の年齢に達した女性、子宮頸がん検診につきましては20歳、25歳、30歳、35歳、40歳、乳がん検診につきましては40歳、45歳、50歳、55歳、60歳に対しまして、全国統一様式の子宮頸がん及び乳がんに関する検診手帳と無料クーポン券、受診案内を送付し、女性特有のがん検診における受診促進とがんの早期発見、健康保持等を図るものでございます。
 なお、無料クーポン券の有効期限は発効日から6カ月間なので、本市のがん検診の受診期間を勘案いたしまして、検診期間を12月下旬までといたすものでございます。
 具体的には、お配りしてございます予算書一般会計補正予算の1ページをごらんいただきたいと思います。1ページにつきましては先ほど市長から御説明させていただきましたように、歳出の今回の補正額とそれから合計額の記載がございます。
 続きまして6ページ、7ページを恐れ入りますけれどもお開きをいただきたいと思います。歳入でございますが、14款国庫支出金、2項2目3節の中の女性特有のがん検診推進事業費補助金3,900万円でございます。
 次に、8ページ、9ページをお開きいただきたいと思います。歳出でございます。4款衛生費、1項保健衛生費、6目保健推進事業費の健康診査費の女性特有のがん検診として3,900万円計上いたしました。11節の需用費は、消耗品、印刷製本費、12節の役務費は、通信運搬費、手数料でございます。13節の委託料は、検診の委託料でございます。
 以上、補足説明とさせていただきます。
○議長(内藤洋介議員) 以上で提案理由の説明は終わりました。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前9時09分 休憩

                        午前9時29分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) これから第76号議案に対する質疑を行います。通告がありますので、発言を許します。15番 山田敏江議員。
          (登       壇)
◆15番(山田敏江議員) 第76号議案 平成21年度藤枝市一般会計補正予算(第4号)の質疑をいたします。
 1点目には、女性特有のがん検診の受診促進を図る目的でありますが、21年度の子宮がん、乳がん検診の見込みになりますが、年齢別受診者率を伺います。また、自己負担分についての金額もそれぞれ伺います。
 2点目、人間ドック、日帰りの検診に無料クーポン券は利用できますかどうか伺います。また、一泊ドックはサービスになっていることから、この点どうなるか伺います。
 3点目、今、20代から30代の女性にがんがかかりやすいということから対象年齢を指定しておりますが、1年限りで受診率向上につながるか疑問があります。どのようなPR方法を考えておりますか伺うところです。また、今後、定着するまでの実施が必要と思われますが、今後に向けての基本的な考え方も伺っておきます。
○議長(内藤洋介議員) 答弁を求めます。健康福祉部長。
◎健康福祉部長(鈴木宏美) 山田議員の議案質疑にお答えいたします。
 1点目の今年度の予定受診者、率、自己負担についてでございますが、昨年度、平成20年度の子宮がん検診の受診率は31.6%でした。そして、乳がん検診の受診率は32.1%でした。これに基づきまして、今年度の受診の見込みにつきましては、受診率で子宮がん検診の方が32%を見込みました。これは1万810人という人数になります。乳がん検診につきましては、こちらも同じく約32%を見込みまして、こちらの人数が1万160人となっております。
 それぞれの自己負担金でございますが、子宮がん検診につきましては1,400円、こちらは今回、子宮頸がんの関係になります。乳がん検診につきましては、視触診につきましてはお一人700円、マンモグラフィーをやられる場合にはお一人3,000円となっております。
 次に、2点目の人間ドック等に無料クーポンが使えるかということでございますが、今回の事業につきましては、健康増進法に基づいて市が行うがん検診が対象となりますので、個人的に人間ドック等を受診された場合には対象にはなりません。
 次に、3点目のPR等についてでございますが、今回議決をいただきましたら、それぞれ該当の方に、今回の事業につきましては個人的にそれぞれ検診の手帳等をお送りするということで、該当者には必ずこの制度が伝わるということで、ほかに特にPR等は考えておりません。通常のがん検診のPRにつきましては、広報等を使ってやっております。
 来年度以降のことでございますが、今回の事業は平成21年度の経済危機対策の一環として位置づけられた単年度の事業でございます。当初、国の方でも平成22年度以降の事業実施については本事業の成果を検証の上、検討していく予定というような情報も聞いておりますが、来年度以降の事業の実施につきましては、国の方針が継続実施ということで決定した場合には、今年度の本市の実施状況、県内市町の動向等を見ながら方針を決定していきたいと考えております。
 以上でございます。
○議長(内藤洋介議員) 山田敏江議員、よろしいですか。15番 山田敏江議員。
◆15番(山田敏江議員) わかりました。
 今、人間ドックの関係は対象にはならないということでありましたけれども、ここのところをやはり、広く多くの皆さんに人間ドック、日帰りドック、一泊ドックそれぞれ広げているさなかなんです。そういうことからも、このクーポン券が利用できるというようにならないということですが、これも国の指導の中に入っているのかどうか、国の指導のもとでやられているのかどうかというところで伺っておきます。
 今、がん検診は志太医師会と市立病院の中で本人の希望でやられておりますけれども、それぞれ金額が違うわけです。これは、頸がんと体がんをやるところと、医師会は頸がんだけの検査ということで、それぞれ金額が違うのです。今言われた人間ドックは対象ではないよということでありますけれども、この子宮がん検診が対象になるということなので、検診の内容を統一するべきではないかと金額の違いから見ると思うわけです。これは具体的なことですので、委員会の方でまた審議されるようにお願いしたいと思いますが、一応そのことについてお答えできれば伺っておきます。
○議長(内藤洋介議員) 健康福祉部長。
◎健康福祉部長(鈴木宏美) 最初の人間ドックが対象にならないというのは国の方針かということでございますが、これにつきましては、はっきり国の方で実施要綱というものを定めておりまして、その中では対象には入っておりませんので、今回はできないということになります。
 それぞれの検診の金額が違うということですが、これにつきましては、今後また各機関等とも協議しながら検討していきたいと考えております。
○議長(内藤洋介議員) 山田敏江議員、よろしいですか。
◆15番(山田敏江議員) 了解しました。
○議長(内藤洋介議員) 以上で質疑を終わります。
 ただいま議題となっています第76号議案は、健康福祉委員会に付託いたします。
○議長(内藤洋介議員) ここでしばらく休憩いたします。
                        午前9時38分 休憩

                        午前10時41分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) ここで、健康福祉部長より発言を求められておりますので、許可いたします。健康福祉部長。
◎健康福祉部長(鈴木宏美) 先ほどの山田議員の再質疑の中で、検診についての経費が医療機関によって違うのではないかという御質疑がございました。私の方から、そういうことがあれば今後協議していきたいということでお答えしましたが、現在、既に本市で行っております委託先につきましてはすべて同じ内容、同じ金額でやっておりまして、当然自己負担についても全部同じでありますので、訂正させていただきます。
○議長(内藤洋介議員) ここで、事務局長から諸般の報告をいたします。事務局長。
◎議会事務局長(増田達郎) 御報告いたします。
 本日、健康福祉委員会に付託いたしました第76号議案の審査が終了した旨、健康福祉委員長から報告があり、これを受理いたしました。
 以上です。
○議長(内藤洋介議員) 次に、第76号議案について、委員長の報告を求めます。健康福祉委員長。
          (登       壇)
◎健康福祉委員長(池田博議員) 本委員会に付託されました第76号議案 平成21年度藤枝市一般会計補正予算(第4号)について、主な質疑を中心に御報告いたします。
 初めに、「今回の検診対象者数について伺う。」という質疑があり、これに対して、「子宮頸がん検診の対象者は4,393人で、国の受診率の目標数値は50%であるので、2,197人を見込んでいる。乳がん検診の対象者は5,136人で、同じく目標数値は50%であるので、2,568人を見込んでいる。」という答弁がありました。
 次に、「受診率が50%を超えた場合は、市単独費で賄うのか伺う。」という質疑があり、これに対して、「国は実績に基づき補助率10分の10としているため、かかった経費は満額補助される。」という答弁がありました。
 次に、「既に受診された方の対応を伺う。」という質疑があり、これに対して、「対象者には、郵送する通知の中にクーポン券に加えて償還払いの請求書も同封するので、健康推進課に申請することで、既に支払った自己負担金をお返しする。」という答弁がありました。
 以上のような審査を経て、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告いたします。
○議長(内藤洋介議員) 以上で委員長の報告は終わりました。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前10時45分 休憩

                        午前10時45分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) これから上程議案の委員長の報告に対する質疑を行いますが、通告はありません。質疑なしと認め、本案の質疑を終わります。
○議長(内藤洋介議員) これから本案の討論を行います。
 通告はありません。討論なしと認め、本案の討論を終わります。
○議長(内藤洋介議員) これから上程議案の採決をいたします。
 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長(内藤洋介議員) 日程第3、藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会委員の選任についてを議題といたします。
 お諮りいたします。藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により岡村好男議員を指名したいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名いたしました岡村好男議員を藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会委員に選任することに決定いたしました。
○議長(内藤洋介議員) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。
○議長(内藤洋介議員) これで平成21年7月藤枝市議会臨時会を閉会いたします。
                        午前10時47分 閉会



 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。


 藤枝市議会 議長                  内  藤  洋  介

 藤枝市議会 会議録署名議員             植  田  裕  明

 藤枝市議会 会議録署名議員             渡  辺  恭  男