議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 藤枝市

平成21年 5月29日臨時会−05月29日-01号




平成21年 5月29日臨時会

          平成21年5月29日藤枝市議会臨時会会議録

               平成21年5月29日
〇議事日程
  平成21年5月29日(金曜日)
・開会、開議
・会議録署名議員の指名
・諸般の報告
   (1) 市長提出議案の受理について
   (2) 議員提出議案の受理について
日程第1 会期の決定
日程第2 第59号議案 特別職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例
         以上1件上程
 1.提案理由の説明
 2.質 疑
 3.総務企画委員会へ付託
・諸般の報告
(1) 総務企画委員会付託議案の審査終了報告の受理について
 4.総務企画委員長の委員会審査の経過並びに結果の報告
 5.委員長報告に対する質疑
 6.討 論
 7.採 決
日程第3 発議案第36号  藤枝市議会議員の議員報酬及び期末手当の支給並びに費用弁償条例の一部を改正する条例
         以上1件上程(提案理由の説明、委員会付託省略事件)
 1.採 決

〇本日の会議に付した事件
  議事日程と同じ



〇 出席議員(27名)
   1番 薮 崎 幸 裕 議員     2番 萩 原 麻 夫 議員
   3番 大 石 信 生 議員     4番 志 村 富 子 議員
   5番 岡 村 好 男 議員     6番 西 原 明 美 議員
   7番 天 野 正 孝 議員     8番 杉 山 猛 志 議員
   9番 遠 藤   孝 議員    10番 臼 井 郁 夫 議員
  11番 植 田 裕 明 議員    12番 大 石 保 幸 議員
  13番 杉 村 基 次 議員    14番 向 島 春 江 議員
  15番 山 田 敏 江 議員    16番 水 野   明 議員
  17番 百 瀬   潔 議員    18番 渡 辺 恭 男 議員
  19番 池 田   博 議員    20番 牧 田 五 郎 議員
  21番 池 谷   潔 議員    22番 山 内 弘 之 議員
  23番 内 藤 洋 介 議員    24番 岡 嵜 匡 志 議員
  25番 増 田 猪佐男 議員    26番 舘   正 義 議員
  27番 小柳津 治 男 議員

〇 欠席議員(0名)

〇 欠  員(0名)



〇 説明のため出席した者
     市長               北 村 正 平
     副市長              桜 井 幹 夫
     教育長              中 山   直
     病院長              毛 利   博
     総務部長             青 島 満 博
     行財政改革担当理事        山 梨 秀 樹
     企画財政部長           萩 原 正 行
     市民文化部長           羽 山 鉄 夫
     健康福祉部長           鈴 木 宏 美
     産業振興部長           高 橋 哲 也
     都市建設部長           水 野 晴 久
     環境水道部長           青 島 一 隆
     岡部支所長            平 野   仁
     会計管理者            滝 井 邦 男
     病院事務部長           多々良   豊
     教育部長             村 松   正
     監査委員             勝 岡   毅
     監査委員事務局長         山 崎 道 幸
     消防長              甲 賀 優 一

〇 出席した事務局職員
     議会事務局長           増 田 達 郎
     議会事務局次長          松 浦 光 男
     主幹兼政策調査担当係長      中 村 正 秀
     主幹兼議事担当係長        片 山   優
     議事担当係長           小 林 博 之
     議事担当主任主査         八 木 正 和


                        午前9時04分 開会
○議長(内藤洋介議員) ただいまから平成21年5月29日藤枝市議会臨時会を開会いたします。
 これから、本日の会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員に
        9番 遠 藤   孝  議員
        20番 牧 田 五 郎  議員
 を指名いたします。
○議長(内藤洋介議員) ここで、事務局長から諸般の報告をいたします。事務局長。
◎議会事務局長(増田達郎) 御報告いたします。
 初めに、本臨時会へ市長から第59号議案 特別職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例1件の議案の送付があり、これを受理いたしました。
 次に、薮崎幸裕議員ほか25名から発議案第36号1件の提出があり、これを受理いたしました。
 以上です。
○議長(内藤洋介議員) 日程第1、会期の決定を議題といたします。
○議長(内藤洋介議員) お諮りいたします。この臨時会の会期を本日1日としたいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、会期は1日に決定いたしました。
○議長(内藤洋介議員) 日程第2、第59号議案を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。市長。
          (登       壇)
◎市長(北村正平) おはようございます。
 ただいま議題となっております第59号議案について、提案理由を御説明申し上げます。
 本件は、平成21年5月1日付の人事院臨時勧告に基づき、国家公務員に対する平成21年6月期の期末・勤勉手当の支給月数を暫定的に引き下げる改定措置が行われたことに伴いまして、本市の市長、副市長及び教育長の期末手当、並びに一般職の職員の期末・勤勉手当について、これに準じて支給月数の改定を行うものであります。
 よろしく御審議のほどお願い申し上げます。
○議長(内藤洋介議員) 次に、補足説明を求めます。総務部長。
◎総務部長(青島満博) 私から、補足の説明をさせていただきます。
 本条例は、人事院が現下の大変厳しい経済状況を受けまして、民間企業の夏のボーナス支給状況を特別調査した結果、平成21年5月1日に人事院臨時勧告で国家公務員に対する平成21年6月期の期末・勤勉手当の支給月数を暫定的に引き下げる改定措置が行われたことに伴い、国家公務員に準じまして本市の市長、副市長及び教育長の期末手当を0.15カ月引き下げ、一般職員の期末手当を0.15カ月、勤勉手当を0.05カ月の合計0.2カ月の引き下げについて、支給月数の改定を行うものでございます。
 以上でございます。
○議長(内藤洋介議員) 以上で提案理由の説明は終わりました。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前9時08分 休憩

                        午前9時35分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) これから第59号議案に対する質疑を行います。通告がありますので、発言を許します。3番 大石信生議員。
          (登       壇)
◆3番(大石信生議員) 公務員一時金0.2カ月カットを中心にした第59号議案について、若干の質疑を行います。
 まず、なぜ3本一括で提案されたのかという問題です。公務員特別職と公務員一般職とは、給与といっても性格がやや違います。私どもは、今回のような状況の中で減額の提案が出されたときに、一般職員とそれから市長、副市長、教育長、これは分けて考えるべきだと思っています。
 例えば市長の場合、首長ですね、全国では市長みずからがかなり思い切ったカットをしているという例は少なからずあります。御承知のとおりです。しかし、一般職員はそうはいかないでしょう。現に給与条例は市長、副市長の特別職のものがあって、教育長のものが別にあり、議員の報酬条例があり、一般職員はまた別に給与条例があるわけです。市民から見てもそれぞれ違います。これはもとの条例ごとに別々に提案されるべきものではないですか。なぜ3本一括か。3本一括というなら、ではなぜもともと3本別々に条例があるのかお答えをいただきたいと思います。
 次に、今回の措置は、今、政治の最大の課題になっている内需拡大に逆行するものではないか。消費低迷と景気悪化の悪循環から抜け出せないが、この悪循環をさらに加速させるだけではないかという問題であります。
 今から1週間ほど前の5月20日の夕刊に大きな見出しが躍りました。これはそのコピーですが、この日、内閣府が発表したGDP戦後最悪。1‐3月期は年率で15.2%も落ち込みました。世界最悪の下落率。内需、外需ともに総崩れになったというものであります。中でも外需の落ち込みよりも内需の落ち込みがはるかに上回って、内需回復の道筋は見えないと。失業増、賞与減が追い討ちをかけている。そういう記事であります。
 アメリカ発の金融危機が起こったとき、我が国は一番影響を受けないだろうといわれておりました。それが世界で一番深刻になったのは、GDP、国内総生産を支える国民の懐が、相次ぐ増税、負担増、労働法制の改悪など、悪政の連続ですっかり凍りついてしまっているからだ。これはもう常識になっております。
 だから今回の措置は、今、政府がやろうとしていることとも矛盾する内需拡大に逆行し、消費低迷と景気悪化の悪循環を一層ひどくするだけだと、そういう問題ではないか。市長はどういう見解を持っているかお答えをいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(内藤洋介議員) 答弁を求めます。総務部長。
◎総務部長(青島満博) 大石議員の議案質疑にお答えいたします。
 まず1点目でございます。給与の性格でございますが、一般職の期末・勤勉手当と特別職の期末手当は性質が違うとのことでございますが、いずれも市民の税金で賄われている以上、市民感覚からすれば性質は同じものであると考えております。
 次に、1の2でございますが、条例が3本別々であることでございますが、市長及び副市長の給与の額については、藤枝市議員報酬等審議会の御意見を伺うものであり、教育長と一般職につきましては、おのおのの立場の違いにより勤務条件等を定めた条例を別々に規定しているということでございます。
 大きな2番目として、内需拡大に逆行ということでございますが、職員の個人消費や地域経済への影響があるものと認識はしておりますが、そのために現在、国におきましては経済立て直しのための経済危機対策を行っております。
 なお、今回の人事院勧告の目的につきましては、民間の夏季一時金の状況を公務員給与に反映させるためのものであるということで認識をしております。
 以上でございます。
○議長(内藤洋介議員) 大石信夫議員、よろしいですか。3番 大石信生議員。
◆3番(大石信生議員) これはなかなか、今、答弁を聞いていてお答えにくい問題ではないかなと思いました。
 実は、今回いろいろ調べてみましたけれども、例えば静岡市などでは4本を別々に出しているわけです。これは政令市とは関係ないですよ。中には4本一緒に出している市もありました。これは議員のやつも一緒にして出しているわけです。こういうのは特に一括法以後、ひとつの流行みたいになっていますけれども、もともと別々に条例が存在しているわけですから。そして、部長は市民の税金で賄っている点で同じだと言ったけれども、それだけでは説明できない。市民から見ていろいろな問題点がそれぞれありますよ。
 したがって、私はやはりこういう問題、特にこの59号については、本来3本別々に出すべきだと。私どもの態度もこれに対して違うわけですから。そういう点からいっても、やはりこれは別々に出すのが丁寧なやり方であって、これを一括で出すというのは、かなり乱暴な提案だと言わざるを得ないわけであります。それについて見解があったら言ってください。
 内需拡大に逆行するのではないか。景気低迷と景気悪化の悪循環から抜け出せないけれども、この悪循環をさらに加速させるのではないかということについては、若干認めるような発言もありましたが、しかし5月20日の報道にもありますように、とにかくGDPが戦後最悪の状態になったわけです。これはやはり相当な状況だと思いますけれども、こういうものは結局、いわば非常に安易な今回のような措置、そういうようなものが重なって起こってきているわけです。そういう指摘はもう私は常識的な問題だと思うわけですが、市長、これについて見解はありませんか。
○議長(内藤洋介議員) 総務部長。
◎総務部長(青島満博) 再質疑にお答えいたします。
 まず、3本一括でございますけれども、提案理由の説明等でお話しさせていただきましたように、今回の改正につきましては、改正の動機が同一ということと、改正の内容が、臨時勧告という趣旨からして暫定措置ということでございますので、また合わせまして条例本文にはさわらずに附則の一部を改正するにとどまるということでございますので、技術的手法としても一本化するという方法もございますので、それにならってやったということでございます。
 内需拡大云々につきましては、当然公務員の給与につきましては、やり方として民間の状況を反映したものが望ましいということがございますので、そういった点からも今回の措置を講じたということでございます。
 以上でございます。
○議長(内藤洋介議員) 大石信生議員、よろしいですか。
 以上で質疑を終わります。
 ただいま議題となっています第59号議案は、総務企画委員会に付託いたします。
○議長(内藤洋介議員) ここでしばらく休憩いたします。
                        午前9時45分 休憩

                        午前10時51分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) ここで、事務局長から諸般の報告をいたします。事務局長。
◎議会事務局長(増田達郎) 御報告いたします。
 本日、総務企画委員会に付託いたしました第59号議案の審査が終了した旨、総務企画委員長から報告があり、これを受理いたしました。
 以上です。
○議長(内藤洋介議員) 次に、第59号議案について、委員長の報告を求めます。
 総務企画委員長。
          (登       壇)
◎総務企画委員長(大石保幸議員) 本委員会に付託されました第59号議案の審査の経過と結果について、主な質疑を中心に御報告いたします。
 初めに、「県下の状況及び実施しない場合のペナルティーはあるか伺う。」という質疑があり、これに対して、「伊東市及び下田市を除いた県及び21市について、一般職の職員の減額内容は0.2カ月の引き下げである。また、実施はあくまで自治体の判断であるが、地方公務員法により民間との均衡を保つことと、住民説明を十分に行うこととされているが、ペナルティーについては特にない。」という答弁がありました。
 次に、「職員組合との交渉状況はどうなっているか。」という質疑があり、これに対して、「4月28日に第1回目の事務折衝を行い、意見調整は行った。その後折衝を重ねて、最終的には団体交渉し、妥結している。」という答弁がありました。
 次に、「職員における影響額について伺う。」という質疑があり、これに対して、「市役所職員についてはおおむね6,700万円、病院職員については4,600万円、市全体では1億1,300万円の減額である。市役所職員1人当たりの平均として7万6,000円、病院職員については1人当たり6万9,000円、市全体では1人当たり7万3,000円である。」という答弁がありました。
 次に、「過去、今回のように人事院勧告で引き下げた例はあるか伺う。」という質疑があり、これに対して、「直近では平成16年度に0.15カ月引き下げた例がある。」という答弁がありました。
 なお、一委員から、「職員組合から妥結に当たって要望があるならば、そのように対応するよう望みたい。」との意見がありました。
 続いて討論に入り、初めに、「第2条 藤枝市職員の給与に関する条例の一部改正について、景気回復のため、定額給付金やエコカー減税、省エネ家電のエコポイント制、高速道路の休日上限1,000円などのばらまき消費刺激策をしても景気は悪化している。その上、職員のボーナスカットをすれば、今後中小企業などのボーナスなどにも影響を及ぼすことになることから、公務員ボーナスの削減はすべきではない。以上のことから反対する。」という討論がありました。
 次に、「人事院は、世界的な金融危機を発端とした景気の急速な悪化に伴い、本年の民間企業における夏のボーナスが前年比で大幅なマイナスであることを受け、民間との一時金に大きな乖離があることは適当でなく、可能な限り民間の状況を反映することが望ましいことなどにより、暫定的な措置として夏季一時金の支給月を引き下げることが適当である臨時勧告を行った。本市においても、臨時勧告が民間のボーナス実態に基づくものであり、職員組合との交渉において合意していること、県内自治体の対応状況等を踏まえると、夏季一時金を提出議案どおり引き下げを実施することが適当であると考え、賛成する。」という討論がありました。
 以上のような審査を経て、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告いたします。
○議長(内藤洋介議員) 以上で委員長の報告は終わりました。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前10時56分 休憩

                        午前10時59分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) これから上程議案の委員長の報告に対する質疑を行いますが、通告はありません。質疑なしと認め、本案の質疑を終わります。
○議長(内藤洋介議員) これから本案の討論を行います。
 通告がありますので発言を許します。
 最初に、原案に反対の3番 大石信生議員。
          (登       壇)
◆3番(大石信生議員) 私は、この臨時議会に提案されました第59号議案 特別職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について討論を行います。
 もともと市長、副市長と教育長、それから一般職員は別々に条例があり、それぞれ違うわけですが、3本一括の提案ですから、討論では分けて申し上げます。
 私どもは、市民感情も考慮して、この際、市長、副市長及び教育長についてはあえて反対しないという態度をとるものです。
 一般職員についても、市民感情という面からいえば、今少なくない市民の皆さんが職員給与に厳しい態度を持っていることを私どもは十分に承知しております。
 しかし、この問題は、大きな視野から見る必要がある問題であります。これまでも民間よりも公務員がよいといってはたたかれ、民間の方がよくなると、今度は民間がたたかれるというくり返しでした。こういう狭い視野で国民同士が感情的なレベルでぶつかっている限り、喜ぶのは財界だけで、結局それは国民にはね返ってきて、庶民の生活はよくなっていかないと思います。
 質疑でも述べましたが、今回の措置は内需拡大に逆行し、消費低迷と景気悪化を加速させるものであって、私どもは一般職員の給与の切り下げには一貫して反対してきましたし、今回も反対であります。
 もう1つ指摘しておきたいことは、人事院が既に決まっていた公務員の夏季一時金をカットする勧告を出したことは、乱暴なルール違反だということです。公務員の賃金は、前年冬と当年夏の民間の支給額を調べ、8月に人事院が勧告する仕組みになっています。例年どおりの調査は行うものの、その前に一部企業の調査をもとに削減を勧告してきたものです。前倒しで減額を勧告するのは初めてであります。もともと勧告は夏の一時金支給には間に合わないため、年末一時金に反映されており、時間差はあっても全体としては水準調整が行われる仕組みになっております。これをみずから踏み破ったのは、自民党が減額法案を検討し始めたのが発端といわれています。選挙向けに公務員をたたいたとアピールすることやルール無視の賃下げ実績づくりがねらいで、党利党略以外の何物でもありません。
 今回の措置は、今戦いの真っ最中の民間の中小企業の賃金を抑え込むことにつながり、また国会で審議が始まろうとしている地域別最低賃金の改定にもマイナスの作用を及ぼしていくことは確実であります。
 このような市民から見て重要なマイナス要因を持つ今回の一般職の一時金削減に反対であることを申し上げて、討論といたします。
○議長(内藤洋介議員) 次に、原案に賛成の5番 岡村好男議員。
          (登       壇)
◆5番(岡村好男議員) 私は、ただいま議題となっております第59号議案につきまして、賛成の立場から討論いたします。
 人事院は、世界的な金融危機を発端とした景気の急速な悪化に伴い、本年の民間企業における夏のボーナスが前年比で大幅なマイナスであることを受け、民間と公務の一時金に大きな乖離があることは適当でなく、可能な限り民間の状況を公務に反映することが望ましいことなどにより、5月1日に暫定的な措置として、6月期の夏季一時金の支給額について、特別職については期末手当を0.15カ月の引き下げ、一般の職員については期末手当を0.15カ月、勤勉手当を0.05カ月の合計0.2カ月の引き下げをすることが適当である臨時勧告を行いました。
 本市においても、人事院が勧告した今回の特例措置が暫定的で民間のボーナス実態に基づくものであること、そして職員組合との交渉において合意をしていること、県内自治体の対応状況等を踏まえますと、国家公務員に準じて人事院の臨時勧告どおり夏季一時金の引き下げ実施をすることが適当であると考えております。
 以上のことを踏まえて、私は本議案に対する賛成討論といたします。
○議長(内藤洋介議員) 以上で討論を終わります。
○議長(内藤洋介議員) これから上程議案の採決をいたします。
 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
          (起立多数)
○議長(内藤洋介議員) 起立多数です。したがって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長(内藤洋介議員) 日程第3、発議案第36号を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。12番 大石保幸議員。
          (登       壇)
◎12番(大石保幸議員) 発議案第36号 藤枝市議会議員の議員報酬及び期末手当の支給並びに費用弁償条例の一部を改正する条例について提案理由の説明を申し上げます。
 今回の改正は、議員の夏における期末手当について、支給月を1.6カ月から1.45カ月へ0.15カ月分減額するものであります。
 人事院は、本年夏の民間企業におけるボーナスが前年に比べ大幅なマイナスになるとの予想を受けて、民間企業の状況を把握するために緊急の調査を4月7日から24日まで実施いたしました。調査の結果、その時点で集計された民間企業の夏のボーナスは、前年に比べて平均14.9%のマイナスというものであり、これを受けて人事院は5月1日に、国家公務員の夏季一時金のうち期末手当マイナス0.15カ月、勤勉手当マイナス0.05カ月、合計0.2カ月分の減額という臨時勧告を行いました。
 今回の人事院臨時勧告に基づき、本市職員の平成21年6月期の期末・勤勉手当と市長、副市長及び教育長の期末手当については、先ほど第59号議案 特別職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例として支給月数の改正が採決されたところですが、議会におきましても今回のアメリカに端を発した経済不況は未曾有のものと認識をしており、執行部と同様に期末手当について0.15カ月分の減額を提案するものであります。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(内藤洋介議員) 以上で提案理由の説明は終わりました。
○議長(内藤洋介議員) 本案は、私を除く26議員による発議ですので、質疑、委員会付託、討論のいずれも省略したいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、本案は質疑、委員会付託、討論のいずれも省略することに決定いたしました。
○議長(内藤洋介議員) これから発議案第36号を採決いたします。
 本案は、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。
○議長(内藤洋介議員) 以上で、本日の日程はすべて終了しました。
○議長(内藤洋介議員) これで平成21年5月29日藤枝市議会臨時会を閉会いたします。
                        午前11時11分 閉会



地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   藤枝市議会 議長                内  藤  洋  介

   藤枝市議会 会議録署名議員           遠  藤     孝

   藤枝市議会 会議録署名議員           牧  田  五  郎