議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 藤枝市

平成20年 5月臨時会−05月13日-01号




平成20年 5月臨時会

         平成20年5月藤枝市議会臨時会会議録(1日目)

               平成20年5月13日
〇議事日程
  平成20年5月13日(火曜日)
・開会、開議
・会議録署名議員の指名
日程第1 会期の決定
日程第2 藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会の中間報告について
日程追加 副議長の辞職
日程追加 副議長の選挙
日程第3 常任委員の選任
・諸般の報告
   (1) 各常任委員会正・副委員長の互選結果報告について
日程第4 議会運営委員の選任
・諸般の報告
   (1) 議会運営委員会正・副委員長の互選結果報告について
日程追加 藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会委員の選任
・諸般の報告
   (1) 藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会委員正・副委員長の互選結果報告について

〇本日の会議に付した事件
  議事日程と同じ

〇 出席議員(24名)
   1番 志 村 富 子 議員     2番 岡 村 好 男 議員
   3番 西 原 明 美 議員     4番 天 野 正 孝 議員
   5番 杉 山 猛 志 議員     6番 遠 藤   孝 議員
   7番 臼 井 郁 夫 議員     8番 植 田 裕 明 議員
   9番 大 石 保 幸 議員    10番 杉 村 基 次 議員
  11番 向 島 春 江 議員    12番 山 田 敏 江 議員
  13番 水 野   明 議員    14番 百 瀬   潔 議員
  15番 渡 辺 恭 男 議員    16番 池 田   博 議員
  17番 牧 田 五 郎 議員    18番 池 谷   潔 議員
  19番 山 内 弘 之 議員    20番 内 藤 洋 介 議員
  21番 岡 嵜 匡 志 議員    22番 増 田 猪佐男 議員
  23番 舘   正 義 議員    24番 小柳津 治 男 議員

〇 欠席議員(0名)

〇 欠  員(0名)

〇 説明のため出席した者
     市長               松 野 輝 洋
     副市長              大 石 博 正
     総務部長             杉 村   茂
〇 出席した事務局職員
     議会事務局長           増 田 達 郎
     庶務課長             鈴 木 宏 美
     主幹兼議事担当係長        杉 本 直 己
     議事担当係長           小 林 博 之
     議事担当係長           片 山   優
     議事担当係長           中 村 正 秀



                        午前9時10分開会
○議長(内藤洋介議員) ただいまから平成20年5月藤枝市議会臨時会を開会いたします。
 これから、本日の会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員に
        12番 山 田 敏 江  議員
        24番 小柳津 治 男  議員
 を指名いたします。
○議長(内藤洋介議員) 日程第1、会期の決定を議題といたします。
○議長(内藤洋介議員) お諮りいたします。
 この臨時会の会期を、本日から5月15日までの3日間としたいと思います。御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、会期は3日間に決定いたしました。
○議長(内藤洋介議員) 日程第2、藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会の中間報告について、舘 正義委員長から報告を求めます。舘委員長。
◎特別委員会委員長(舘正義議員) おはようございます。ただいまから藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会の中間報告をいたします。
 本委員会は、最近の藤枝市立総合病院の厳しい経営状況に対し、議会として経営に関する調査・研究をし、経営健全化の提言をすることを目的として平成19年9月議会におきまして設置され、これまで7回の会議を開催し協議を重ねてまいりました。本日は、7回の委員会の協議内容を御報告いたします。
 藤枝市立総合病院は、平成7年に現在地に新築移転後14年目を迎え、志太榛原地域の基幹病院としての使命を果たし、住民の生命を守ることに多大な貢献をしてきたところであります。
 しかしながら、平成16年度から開始された、いわゆる新臨床研修医制度等の影響により常勤医師不足が深刻化していること、また、全国的に見ても小児科・産婦人科・麻酔科等では、慢性的な過重労働等勤務条件の劣悪化、医療事故による紛争・訴訟事例の増加によるモチベーションの低下、医師給与の官民及び地域間格差などにより、地方の公立病院の勤務医不足の解消のめどは全くついていないのが現状です。
 さらに、平成18年度の医療制度改革関連法案の改正による国民医療費の抑制を主たる目的とした数々の医療政策は、また、内容的に医療機関の統廃合など再編を目指すものという側面も有しています。
 このようなさまざまな要因により、藤枝市立総合病院の経営状況は悪化の一途をたどっています。
 こうしたことから、藤枝市立総合病院にかかる経営健全化の提言をすることを目的として、平成19年9月議会において藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会を設置いたしました。
 平成19年10月12日に第1回の委員会を開催し、以来7回の委員会を開催するとともに、病院中期経営計画策定に携わったコンサルタントを招いての勉強会や病院との関わりについて、総務部、企画財政部を初めとする病院以外の部局からの意見を聴取するなどさまざまな角度から研究・検討を重ねてまいりました。
 最初に、藤枝市立総合病院の現状と見通しについてでありますが、患者数については入院外来ともに平成16年度をピークに減少が続き、平成19年度は1日平均で入院ではピーク時の約80%、外来では約70%にまで落ち込んでいます。平成18年度の診療報酬改定は3.16%のマイナス改定であり、これらの原因により医業収益も大きく落ち込んでいます。
 また、平成19年度は歯科口腔外科における保険診療費の不適正請求による一カ月間の保険医療機関の指定取消も大きな影響を与えています。
 さらに平成20年度の改定においても診療報酬本体で0.38%のプラスとなっていますが、薬価基準が1.2%のマイナスであるため改定率としては0.82%のマイナスであり、今後もこの傾向は続くと考えられます。
 医師数については、平成16年度には106人であった常勤医師が、平成20年度当初には93人となり、この間に内分泌代謝科など診療科目の縮小も余儀なくされました。今後もさらに常勤医師の減少と診療科目の縮小が危惧されるところであります。
 次に、今後の方向性についてでありますが、中期経営計画は専門のコンサルタントと病院職員の手で策定し、外部の有識者の意見も反映されており評価できるものであります。この中期経営計画の中で公開されている経営指標ベンチマーキングにより、他病院と比べて病床利用率が低い、患者1人1日当たり入院診療単価が低い、人件費比率が高い、委託比率が高いなど今後の改善点も浮き彫りとなっています。
 藤枝市立総合病院経営に関する申し入れ書の中でも指摘しておりますが、改革施策の進捗管理を頻繁に行い、数値化するなどわかりやすい形で公開することに加え、その時期を明確にして広く意見を求める場を設けることを強く要望します。
 今後の具体的な取り組みとしては、常勤医師確保など必要な医療体制の整備と持続可能な病院経営が柱となりますが、総務省による公立病院改革ガイドラインを踏まえて策定される公立病院改革プランの策定を契機に、経営の効率化、病院の再編とネットワーク化、経営形態の見直し等の議論、検討が一層加速されるべきものと考えます。
 最後に、今後の本委員会の取り組みについてでありますが、病院においては産婦人科医師の問題、中期経営計画に基づく経営改善等につきまして、いましばらく経緯を見守る必要があり特別委員会を継続してまいりたいと考えております。
 なお、この中間報告を踏まえた提言書を病院開設者である市長に提出させていただきます。
 以上申し上げて藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会の中間報告とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
○議長(内藤洋介議員) 以上で、特別委員会委員長の報告は終わりました。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前9時19分 休憩

                        午前9時28分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) これから、特別委員会委員長の報告に対する質疑を行います。
 通告がありますので発言を許します。12番 山田敏江議員。
          (登       壇)
◆12番(山田敏江議員) 第1点には、病院中期経営計画策定にかかわったコンサルタントを招いての勉強会について、どなたが見えられましたか。全議員の参加のもとでやられなかった理由について伺います。
 2番目、今後の方向性の中で改革施策の進捗管理を頻繁に行い、数値化するなどわかりやすい形で公開することに加え、その時期を明確にし、広く意見を求める場を設けることを強く要望するとありますが、どのような形で議会に報告をされるのか、その点について伺います。
○議長(内藤洋介議員) 特別委員会委員長から答弁を求めます。
          (登       壇)
◎特別委員会委員長(舘正義議員) それでは、山田敏江議員の質疑について私からお答えをさせていただきます。
 まず1点目の策定に携わったコンサルタントですが、手島直幸様であります。確か前回の全協のときにはお名前を報告したと思っております。
 全議員参加でなぜやらなかったかということでございますが、これは、特別委員会の中で特別委員として病院の現状認識を確認するためにコンサルタントを招いて、コンサルタントの御意見等を聴取しようということでございましたので、これは特別委員会としての中でやらせていただくということでやりましたので、それ以外の他意はございませんので御理解いただきたいと思います。
 2点目の進捗管理等を頻繁にやって数値化をして云々のことでございますが、これは特別委員会として申し入れ書もいたしました中にも書いてありますように、委員会として病院執行部にきちんとそういったものを今後取り組みなさいという要望をいたしましたので、それについては病院側から、数値化できるものについてはできるだけ早めに数値化する、また困難なものもあるので、それについては研究をさせてほしいという答弁がきておりますので、今病院の方で鋭意努力されているものと思っております。それができ次第示されてくるのではないかということでございます。
 これについては今後の特別委員会の中で確認をしていただければと思っております。以上です。
○議長(内藤洋介議員) 12番 山田敏江議員、よろしいですか。
◆12番(山田敏江議員) はい、わかりました。
○議長(内藤洋介議員) 以上で特別委員会委員長の報告に対する質疑を終わります。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前9時31分 休憩

                        午前9時38分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) 休憩中に、副議長・池田博議員から、副議長の辞職願が提出されました。
○議長(内藤洋介議員) お諮りいたします。
 ここで、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、ここで副議長の辞職の件を議題といたします。
○議長(内藤洋介議員) 初めに、提出されています副議長の辞職願を職員が朗読いたします。庶務課長。
◎庶務課長(鈴木宏美) 辞職願を朗読いたします。
 ────────────────────────────────────
          辞職願
 私儀、一身上の都合により副議長を辞職いたしたいので、許可されますよう願い出ます。
  平成20年5月13日
                           藤枝市議会副議長 池田 博
  藤枝市議会議長 内藤洋介様
 ────────────────────────────────────
○議長(内藤洋介議員) お諮りいたします。
 池田 博議員の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、池田 博議員の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前9時40分 休憩

                        午前9時58分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) ただいま副議長の席が空席となりました。
 お諮りいたします。
 ここで副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。
○議長(内藤洋介議員) 議場の出入り口を閉めます。
          (議 場 閉 鎖)
○議長(内藤洋介議員) ただいまの出席議員数は24人です。
 投票用紙を配付いたします。
          (投 票 用 紙 配 付)
○議長(内藤洋介議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
          (「なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 配付漏れなしと認めます。
○議長(内藤洋介議員) 投票箱を点検いたします。
          (投 票 箱 点 検)
○議長(内藤洋介議員) 異状なしと認めます。
○議長(内藤洋介議員) これより投票に移ります。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。投票用紙に被選挙人の氏名を記載し、職員が議席番号と氏名を呼び上げますので、順に投票をお願いします。
          (点呼に応じ順次投票)
○議長(内藤洋介議員) 投票漏れはありませんか。
          (「なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 投票漏れなしと認めます。
○議長(内藤洋介議員) 投票を終わります。
○議長(内藤洋介議員) 議場の出入り口を開きます。
          (議 場 開 鎖)
○議長(内藤洋介議員) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に7番 臼井郁夫議員と19番 山内弘之議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。
          (開     票)
○議長(内藤洋介議員) 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数        24票
有効投票        23票
無効投票        1票
有効投票中
水野 明議員    22票
山田敏江議員    1票
以上のとおりであります。
○議長(内藤洋介議員) この選挙の法定得票数は6票であります。よって、水野 明議員が副議長に当選されました。
○議長(内藤洋介議員) ただいま副議長に当選されました水野 明議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。
○議長(内藤洋介議員) 副議長に当選されました水野 明議員のごあいさつをお願いします。
          (登       壇)
◆13番(水野明議員) ただいまは御推挙いただきまして、まことにありがとうございます。
 私、先輩諸氏がいる中でこうした副議長という席をいただきまして本当にありがたく思っております。
 来年の1月1日には岡部町との合併を控える中で、この時期は大切な年だと思っております。今後、議会がスムーズに運営できますように、内藤議長のもと副議長としての任務が全うできますように一生懸命努力をしてまいりたいと思っておりますので、皆様方の御指導をよろしくお願いいたします。
 ありがとうございました。
          (拍       手)
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前10時11分 休憩

                        午前10時21分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) 日程第3、常任委員の選任を行います。
○議長(内藤洋介議員) お諮りいたします。
 常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、岡村好男議員、西原明美議員、山田敏江議員、渡辺恭男議員、内藤洋介、小柳津治男議員、以上6名を総務企画委員会委員に、志村富子議員、杉山猛志議員、百瀬 潔議員、池谷 潔議員、山内弘之議員、増田猪佐男議員、以上6名を文教建設委員会委員に、天野正孝議員、植田裕明議員、杉村基次議員、池田 博議員、牧田五郎議員、舘 正義議員、以上6名を健康福祉委員会委員に、遠藤 孝議員、臼井郁夫議員、大石保幸議員、向島春江議員、水野 明議員、岡嵜匡志議員以上6名を経済消防委員会委員にそれぞれ指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名いたしました方々をそれぞれの常任委員に選任することに決定いたしました。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前10時23分 休憩

                        午前10時39分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) ここで、事務局長から諸般の報告をいたします。
◎議会事務局長(増田達郎) 常任委員会正・副委員長の互選結果につきまして御報告いたします。
 総務企画委員会委員長に渡辺恭男議員、同じく副委員長に岡村好男議員。
 文教建設委員会委員長に池谷 潔議員、同じく副委員長に杉山猛志議員。
 健康福祉委員会委員長に植田裕明議員、同じく副委員長に天野正孝議員。
 経済消防委員会委員長に岡嵜匡志議員、同じく副委員長に遠藤 孝議員がそれぞれ互選されました。以上です。
○議長(内藤洋介議員) 各常任委員会の正・副委員長は、ただいまの報告のとおりであります。よろしくお願いいたします。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前10時40分 休憩

                        午前10時49分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) 日程第4、議会運営委員の選任を行います。
○議長(内藤洋介議員) お諮りいたします。
 議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、臼井郁夫議員、植田裕明議員、大石保幸議員、渡辺恭男議員、池谷 潔議員、山内弘之議員、岡嵜匡志議員、舘 正義議員、小柳津治男議員、以上9名を指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名いたしました方々を議会運営委員に選任することに決定いたしました。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前10時50分 休憩

                        午前11時00分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) ここで、事務局長から諸般の報告をいたします。事務局長。
◎議会事務局長(増田達郎) 議会運営委員会正・副委員長の互選結果につきまして御報告いたします。
 委員長に舘 正義議員、副委員長に小柳津治男議員がそれぞれ互選されました。
 以上です。
○議長(内藤洋介議員) 議会運営委員会の正・副委員長は、ただいまの報告のとおりであります。よろしくお願いをいたします。
○議長(内藤洋介議員) ここで、しばらく休憩いたします。
                        午前11時01分 休憩

                        午前11時10分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) お諮りいたします。
 藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会委員の選任の件を日程に追加したいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、本件を日程に追加することに決定いたしました。
○議長(内藤洋介議員) お諮りいたします。
 藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、天野正孝議員、植田裕明議員を指名したいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(内藤洋介議員) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名いたしました2名の方々を藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会委員に選任することに決定いたしました。
○議長(内藤洋介議員) ここでしばらく休憩いたします
                        午前11時11分 休憩

                        午前11時23分 再開
○議長(内藤洋介議員) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
○議長(内藤洋介議員) ここで事務局長から、諸般の報告をいたします。
◎議会事務局長(増田達郎) 藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会の正・副委員長の互選結果について御報告申し上げます。
 委員長に小柳津治男議員、副委員長に大石保幸議員がそれぞれ互選されました。
 以上です。
○議長(内藤洋介議員) 藤枝市立総合病院経営に関する特別委員会の正・副委員長は、ただいまの報告のとおりであります。よろしくお願いをいたします。
○議長(内藤洋介議員) 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
 再開日時をお知らせいたします。5月15日、午前9時開議です。
○議長(内藤洋介議員) 本日は、これで散会いたします。
                        午前11時23分 散会