議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 藤枝市

平成18年11月定例会−11月24日-01号




平成18年11月定例会

  平成18年11月藤枝市議会定例会会議録(1日目)

              平成18年11月24日
〇議事日程
平成18年11月24日(金曜日)
・開会、開議
・会議録署名議員の指名
・諸般の報告
   (1) 市長提出議案の受理について
   (2) 議員提出議案の受理について
   (3) 例月現金出納検査、定期監査及び財政援助団体等監査結果報告の受理について

日程第1 会期の決定
日程第2 第80号議案  平成18年度藤枝市一般会計補正予算(第3号)
     第81号議案  平成18年度藤枝市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
     第82号議案  平成18年度藤枝市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
     第83号議案  平成18年度藤枝市介護保険特別会計補正予算(第1号)
     第84号議案  藤枝市副市長の定数を定める条例
     第85号議案  地方自治法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例
     第86号議案  藤枝市税条例の一部を改正する条例
     第87号議案  藤枝市立図書館建設費基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例
     第88号議案  藤枝市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
     第89号議案  静岡県後期高齢者医療広域連合の設置について
     第90号議案  藤枝市勤労者福祉センターの指定管理者の指定について
     第91号議案  静岡県大井川広域水道企業団規約の変更について
       以上12件一括上程(提案理由の説明のみ)
日程第3 発議案第5号  飲酒運転撲滅に関する決議
       以上1件上程(委員会付託省略事件)
 1.採 決

〇本日の会議に付した事件
 議事日程と同じ



              飲酒運転撲滅に関する決議

 交通事故のない安全で安心な社会の実現は、私たち藤枝市民の願いである。
 しかしながら、飲酒運転による死亡事故や人身事故等の発生は、依然として後を絶たない状況にあり、幸せな家庭が一瞬にして崩壊していく悲惨な現実がある。
 本年8月に発生した公務員による飲酒暴走運転事故により、3人の幼い命が奪われたことは、私たちにも深い悲しみをもたらしたが、かかる現状は、飲酒運転根絶の意識が浸透していないことに起因している。
 飲酒運転を撲滅するには、運転者はもとより、同乗者、その家族や職場、更には地域が一体となって、飲酒運転を絶対に許さないという強い意志を示さなければならない。
 これから飲酒の機会が増える年末年始を控えて、飲酒運転撲滅への啓蒙活動の必要性を痛感するところである。
 よって本市議会は、ここに改めて交通安全意識の徹底を強く呼び掛けるとともに、市当局をはじめ関係機関・団体との連携を強め、市民や地域と一体となって飲酒運転の撲滅に邁進するものである。
 以上、決議する。
    平成18年11月24日
                            静岡県藤枝市議会



〇 出席議員(24名)
   1番 志 村 富 子 議員     2番 岡 村 好 男 議員
   3番 西 原 明 美 議員     4番 天 野 正 孝 議員
   5番 杉 山 猛 志 議員     6番 遠 藤   孝 議員
   7番 臼 井 郁 夫 議員     8番 植 田 裕 明 議員
   9番 大 石 保 幸 議員    10番 杉 村 基 次 議員
  11番 向 島 春 江 議員    12番 山 田 敏 江 議員
  13番 水 野   明 議員    14番 百 瀬   潔 議員
  15番 渡 辺 恭 男 議員    16番 池 田   博 議員
  17番 牧 田 五 郎 議員    18番 池 谷   潔 議員
  19番 山 内 弘 之 議員    20番 内 藤 洋 介 議員
  21番 岡 嵜 匡 志 議員    22番 増 田 猪佐男 議員
  23番 舘   正 義 議員    24番 小柳津 治 男 議員

〇 欠席議員(0名)

〇 欠  員(0名)


〇 説明のため出席した者
     市長               松 野 輝 洋
     助役               大 石 博 正
     収入役              池 谷   保
     教育長              松 村 俊 三
     病院長              金 丸   仁
     総務部長             西 形 宥 二
     企画財政部長           小 澤 隆 保
     市民部長             八 木 久 美
     健康福祉部長           秋 山 和 久
     環境経済部長           仲 田 和 好
     都市建設部長           大 石   茂
     上下水道部長           八 木 一 仁
     教育部長             桜 井 幹 夫
     生涯学習部長           増 田 達 郎
     病院事務部長           杉 村   茂
     消防長              浅 羽 信 雄
     監査委員             勝 岡   毅
     監査委員事務局長         大 石 隆 史

〇 出席した事務局職員
     議会事務局長           萩 原 正 行
     庶務課長             青 島 満 博
     主幹兼議事担当係長        前 田 孝 之
     主幹兼議事担当係長        杉 本 直 己
     議事担当係長           片 山   優
     議事担当係長           福 井   昇



                               午前9時11分 開会
○議長(舘正義議員) ただいまから、平成18年11月藤枝市議会定例会を開会いたします。
 これから本日の会議を開きます。
○議長(舘正義議員) 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員に
 5番 杉 山 猛 志  議員
 19番 山 内 弘 之  議員
 を指名いたします。
○議長(舘正義議員) ここで、事務局長から諸般の報告をいたします。事務局長。
◎議会事務局長(萩原正行) 御報告いたします。
 初めに、本定例会へ市長から第80号議案、平成18年度藤枝市一般会計補正予算(第3号)ほか11件の議案の送付があり、これを受理いたしました。
 次に、志村富子議員ほか22名から発議案第5号、以上1件の提出があり、これを受理いたしました。
 次に、監査委員から平成18年度例月現金出納検査結果報告書7月、8月、9月分、平成18年度定期監査(工事監査)結果報告書、平成18年度財政援助団体等監査結果報告書・第2回分の送付があり、これを受理いたしました。
 以上です。
○議長(舘正義議員) 次に、例月現金出納検査結果、定期監査及び財政援助団体等監査結果について監査委員から報告を求めます。監査委員。
          (登       壇)
◎監査委員(勝岡毅) おはようございます。
 それでは、例月現金出納検査及び工事監査並びに財政援助団体等監査の結果について御報告いたします。
 初めに、地方自治法第235条の2第1項の規定に基づいて行いました、例月現金出納検査の結果について御報告いたします。
 検査の対象は、収入役等所管に係る平成18年度7月、8月、9月分の現金出納保管状況でございます。
 検査の概要は、各所管から提出されました資料の説明聴取と証拠書類、収支計算書、試算表等を照査し、指定金融機関の出納総括表及び預金残高証明書との照合を行いました。
 検査の結果は、お手元にお配りしてあります?の例月現金出納検査結果報告書の写しに記載されておりますように、各種会計及び歳入歳出外現金並びに病院・水道事業会計の収支額は別表のとおりで、収支残高と指定金融機関の現在高は、いずれも相違ないことを認めました。
 次に、地方自治法第199条第4項の規定に基づいて行いました定期監査のうち、工事監査について申し上げます。
 平成18年8月7日、8日に、教育委員会生涯学習部郷土博物館において施工中の、(仮称)藤枝文学館建設関連工事4件とそれに付随する業務委託1件について行いました。
 監査の方法は、工事の設計、積算、施工監理等の技術的事項について、社団法人大阪技術振興協会に調査を委託し、担当課から提出を求めました設計図書等に基づき、関係職員から説明を聴取し、工事現場において施工状況等の実地調査を行いました。
 その結果につきましては、?の定期監査(工事監査)結果報告書の写しをごらんいただきたいと存じます。監査した各工事等は、おおむね適正に執行されているものと認めました。
 なお、検討事項等については、郷土博物館等に直接要望したところでございます。
 次に、地方自治法第199条第7項の規定に基づいて行いました、財政援助団体監査の結果について御報告いたします。
 今回の監査は、藤枝市観光協会に対して、環境経済部商工課から交付された平成17年度運営費補助金及び事業費補助金に係る出納その他の事務の執行について実施したものであります。
 監査の方法、期日、結果につきましては?の財政援助団体等監査結果報告書(第2回分)の写しをごらんいただきたいと存じます。
 全般について申し上げますと、監査した補助金の使用及び経理事務並びにこれらに係る事務については、観光協会事務所の建物借り上げの契約や助成金の交付要綱の事務的な不備が見受けられましたので、契約及び要綱を整備した上で、適正な補助金の執行並びに経理事務に努めるよう、商工課に指導をお願いいたしました。
 観光協会は、昨年度駅前に観光案内所をオープンさせ、積極的に観光催事の企画運営や宣伝活動及び新会員の勧誘を行っており、藤枝市の観光事業の振興・発展に尽力されております。
 今後も、観光協会と市が連携を図り、観光振興の中心的団体として努力されるよう要望するものであります。
 以上、例月現金出納検査及び工事監査並びに財政援助団体等監査結果の報告とさせていただきます。
○議長(舘正義議員) 以上で報告は終わります。
 日程第1、会期の決定を議題といたします。
○議長(舘正義議員) お諮りいたします。この定例会の会期を、本日から12月14日までの21日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(舘正義議員) 異議なしと認めます。したがって、会期は21日間に決定いたしました。
○議長(舘正義議員) 日程第2、第80号議案から第91号議案まで、以上12件を一括議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。
 初めに、第80号議案から第83号議案まで、以上4件の説明を求めます。市長。
          (登       壇)
◎市長(松野輝洋) 本11月定例会、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 それではただいま提案をいたしました補正予算4件につきまして、順次、提案理由を御説明申し上げます。
 初めに、第80号議案 平成18年度藤枝市一般会計補正予算(第3号)でありますが、今回の補正は、歳入歳出予算にそれぞれ6億4,190万円を追加し、予算の総額を378億5,790万円とするほか、債務負担行為並びに地方債について所要の補正を行うものであります。
 今回の補正内容は、職員の変動等による人件費や、市税過誤納還付金、児童手当費、勤労者住宅建設資金貸付金、地域振興経費などに対する追加措置や、バス運行環境整備事業費、青木と水守土地区画整理区域内、公園施設管理者負担金、公債費の利子償還金、特別会計繰出金などを整理し、予算措置をいたしたところであります。
 また、債務負担行為の追加の補正につきましては、工事発注時期の平準化対策に配慮し、ゼロ市債として市単独事業の道路・水路工事に所要の補正をいたすものであります。
 次に、歳入予算につきましては、所得譲与税、前年度繰越金や、それぞれの事業に対する国・県支出金、市債、諸収入について所要の補正をいたすものであります。
 次に、第81号議案 平成18年度藤枝市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)でございますが、今回の補正は、歳入歳出予算にそれぞれ1,770万円を追加し、予算の総額を106億7,210万円とするもので、職員の変動等による人件費について所要の補正をいたすものであります。
 次に、第82号議案 平成18年度藤枝市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)でありますが、今回の補正は、歳入歳出予算にそれぞれ610万円を追加し、予算の総額を34億6,250万円とするもので、職員の変動等による人件費について所要の補正をいたすものであります。
 次に、第83号議案 平成18年度藤枝市介護保険特別会計補正予算(第1号)でございますが、今回の補正は、歳入歳出予算にそれぞれ9,980万円を追加し、予算の総額を62億8,980万円とするものであります。
 主な補正内容でありますが、歳出予算につきましては、職員の変動等による人件費、保険給付費、介護給付費準備基金積立金、地域支援事業費、国庫等精算金等の整理を行い、所要の補正をいたすものであります。
 歳入予算につきましては、国・県支出金、一般会計繰入金、繰越金について所要の補正をいたすものであります。
 以上が補正予算4件の概要でありますが、よろしく御審議の上、御議決をお願い申し上げて説明を終わらせていただきます。
○議長(舘正義議員) 次に、第84号議案から第91号議案まで、以上8件の説明を求めます。市長。
          (登       壇)
◎市長(松野輝洋) ただいま議題となっております議案8件につきまして、提案理由を御説明申し上げます。
 最初に、第84号議案の藤枝市副市長の定数を定める条例についてでありますが、本件は地方自治法の一部を改正する法律が公布され、助役制度から副市長制度に移行することに伴い、新たに定数を定めたく提案するものであります。
 次に、第85号議案の地方自治法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例についてでありますが、本件は、地方自治法の一部を改正する法律により助役制度及び収入役制度が改正されることに伴い、関係する条例についてそれぞれ改正を行いたく提案するものであります。
 次に、第86号議案の藤枝市税条例の一部を改正する条例についてでありますが、本件は、資本金等の額が1億円を超える法人からの法人市民税の超過課税について、平成19年度から平成23年度まで、5カ年間の延長を行いたく提案するものであります。
 次に、第87号議案の藤枝市立図書館建設費基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例についてでありますが、本件は図書館建設費基金の処分について今後の図書館整備の計画に合わせ、所要の改正を行いたく提案するものであります。
 次に、第88号議案の藤枝市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてでありますが、本件は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が、公布、施行されたことに伴い、非常勤消防団員等の損害補償について、地方公務員災害補償制度と均衡を図るため傷病等級等を定めるほか、所要の改正を行いたく提案するものであります。
 次に、第89号議案の静岡県後期高齢者医療広域連合の設置についてでありますが、本件は健康保険法等の一部を改正する法律の施行により、平成20年4月1日から現行の老人保健制度に変わり、後期高齢者医療制度が実施されることに伴い、その運営のため静岡県下の全市町で構成する広域連合を設置いたしたく提案するものであります。
 次に、第90号議案の藤枝市勤労者福祉センターの指定管理者の指定についてでありますが、本件は、地方自治法第244条の2第6項の規定により、平成19年4月1日から藤枝市勤労者福祉センターの管理を行わせる指定管理者について指定を行いたく提案するものであります。
 次に、第91号議案の静岡県大井川広域水道企業団規約の変更についてでありますが、本件は、地方自治法の一部を改正する法律により、事務吏員の職名が廃止されることに伴い、規約の一部の変更を行いたく提案するものであります。
 以上、議案8件につきましてよろしく御審議のほどをお願いして説明を終わらせていただきます。
○議長(舘正義議員) 以上で提案理由の説明は終わりました。
 日程第3 発議案第5号を議題といたします。
 お諮りいたします。本案は、私を除く23議員による発議ですので、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論のいずれも省略したいと思いますが、御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(舘正義議員) 異議なしと認めます。したがって、本案は提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論のいずれも省略することに決定いたしました。
 これから発議案第5号を採決いたします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。
          (「異議なし」と言う者あり)
○議長(舘正義議員) 異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。
  それでは、ただいま議決いただきました飲酒運転撲滅に関する決議を私から朗読し、宣言いたします。
 飲酒運転撲滅に関する決議
交通事故のない安全で安心な社会の実現は、私たち藤枝市民の願いである。
 しかしながら、飲酒運転による死亡事故や人身事故等の発生は、依然として後を絶たない状況にあり、幸せな家庭が一瞬にして崩壊していく悲惨な現実がある。
 本年8月に発生した公務員による飲酒暴走運転事故により、3人の幼い命が奪われたことは、私たちにも深い悲しみをもたらしたが、かかる現状は、飲酒運転根絶の意識が浸透してしいないことに起因している。
 飲酒運転を撲滅するには、運転者はもとより、同乗者、その家族や職場、さらには地域が一体となって、飲酒運転を絶対に許さないという強い意志を示さなければならない。
 これから飲酒の機会がふえる年末年始を控えて、飲酒運転撲滅への啓蒙活動の必要性を痛感するところである。
 よって本市議会は、ここに改めて交通安全意識の徹底を強く呼びかけるとともに、市当局を初め関係機関・団体との連携を強め、市民や地域と一体となって飲酒運転の撲滅に邁進するものである。
  以上、決議する。
    平成18年11月24日
                           静岡県藤枝市議会
○議長(舘正義議員) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。
 再開日時をお知らせいたします。12月4日午前9時開議です。
○議長(舘正義議員) 本日は、これで散会いたします。
                                午前9時30分 散会