議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 掛川市

平成21年第 5回臨時会( 7月)−07月30日-01号




平成21年第 5回臨時会( 7月)

                 平成21年第5回(7月)
              掛川市議会臨時会会議録(第1号)

〇議事日程    平成21年7月30日(金)午前9時30分 開会

 日程第1
  会議録署名議員の指名

 日程第2
  会期の決定

 日程第3
  掛川市・袋井市新病院建設事務組合議員の選挙

 日程第4
  議案第 99号  市長等の給料の特例に関する条例の制定ついて

 日程第5
  議案第100号  専決処分の承認を求めることについて(掛川市外2組合公平委員会共同設置規約の変更)


〇本日の会議に付した事件 ……………………………… 議事日程に掲げた事件に同じ


〇出席議員(24名)
     1番  佐藤博俊君      2番  草賀章吉君
     3番  中上禮一君      4番  山崎恒男君
     5番  榛葉正樹君      6番  桑原通泰君
     7番  川瀬守弘君      8番  鈴木久男君
     9番  柴田正美君     10番  山本行男君
    11番  水野 薫君     12番  堀内武治君
    13番  山崎惠司君     14番  松井俊二君
    15番  鈴木正治君     17番  豊田勝義君
    18番  鳥井昌彦君     19番  大庭博雄君
    20番  内藤澄夫君     21番  加藤一司君
    22番  大石與志登君    23番  雜賀祥宣君
    24番  竹嶋善彦君

〇欠席議員( 1名)

    16番  高木敏男君

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者
 市長      松井三郎君       監査委員    谷雅雄君


〇委任(嘱託)を受けた者
 出席者
 副市長     山本君治君       教育長     杉浦靖彦君
 企画総務部長  川隅庄一君       参事      中山礼行君
 病院事務局長  貝嶋友房君       経済建設部長  内山宰年君
 福祉生活部長  伊村義孝君       南部行政事務局長深川喜春君
 会計管理者   松浦克己君       水道部長    大石武夫君
 教育次長    内海和夫君       消防長     岡山秀秋君
 企画調整課長  水野雅文君       経済建設部次長 石山俊文君
 税務課長    溝口 正君       総務課長    廣畑雅己君
 交通防災課長  鈴木 直君       IT政策課長  鈴木 裕君
 地域振興課長  大石弘美君       福祉課長    斉藤善久君
 高齢者支援課長 柴田 茂君       高齢者支援課付参事
                             清水眞佐臣君
 保健予防課長  松浦由幾君       環境保全課長  岩本克治君
 市民課長    松本一馬君       環境保全課付参事鈴木利之君
 都市整備課長  堀川久史君       農業振興課長  山下 茂君
 商工労働観光課長中山雅夫君       建築住宅課長  原田 勝君
 下水整備課長  山本 進君       道路河川課長  山崎賢治君
 大東支所長   小田勝男君       大須賀支所長  森下 高君
 監査委員事務局長平出松子君       水道工務課長  中村儀之君
 経営企画課長  松浦成夫君       医事課長    服部憲成君
 学校総務課長  栗田 稔君       学校教育課長  青野雅和君
 幼児教育課長  平出行良君       生涯教育課長  中山富夫君
 図書館長    大原淳哲君       消防総務課長  白畑喜久雄君
 予防課長    栗田 操君       中央消防署長  萩田秀之君
 南消防署長   萩田龍雄君
 欠席者
 病院長     五島一征君

〇職務のため議場に出席した事務局職員
 事務局長    岡本千司        次長兼議事調査係長
                             榛村吉宣
 庶務係長    山崎えみ子       主査      鈴木千代子
 主査      赤堀義幸        主任      杉山久平
 主任      伊藤裕司



                   議 事
                 午前9時30分 開会
○議長(佐藤博俊君) ただいまの出席議員は23名であります。所定の定足数に達しておりますので、これより平成21年第 5回掛川市議会臨時会を開会いたします。
                    開 議
○議長(佐藤博俊君) これより、本日の会議を開きます。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(佐藤博俊君) 日程第 1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定に基づき、議長において、 9番、柴田正美君、17番、豊田勝義君を指名いたします。
△日程第2 会期の決定
○議長(佐藤博俊君) 日程第 2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りします。
 会期は本日 1日限りといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は本日 1日限りと決定いたしました。
△日程第3 掛川市・袋井市新病院建設事務組合議員の選挙
○議長(佐藤博俊君) 日程第 3、掛川市・袋井市新病院建設事務組合議員の選挙についてを議題といたします。
 お諮りいたします。
 選挙の方法については、地方自治法第 118条第 2項の規定により指名推選の方法によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 御異議なしと認めます。
 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
 なお、お諮りします。
 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 御異議なしと認めます。
 よって、議長において指名することに決しました。
 これより掛川市・袋井市新病院建設事務組合議員を指名いたします。水野薫君、堀内武治君、高木敏男君、加藤一司君及び佐藤博俊を指名いたします。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました水野薫君、堀内武治君、高木敏男君、加藤一司君及び佐藤博俊が掛川市・袋井市新病院建設事務組合議員に当選いたしました。
△日程第4 議案第99号
○議長(佐藤博俊君) 日程第 4、議案第99号を議題といたします。
 提出者より、提案理由の説明を求めます。市長、松井三郎君。
               〔市長 松井三郎君 登壇〕
◎市長(松井三郎君) ただいま上程されました議案第99号について御説明を申し上げます。
 議案第99号、市長等の給料の特例に関する条例の制定については、公金を紛失するという会計上不適切な取り扱いがあったこと、また情報公開のおくれなど市民への信用失墜を招くことになったことに対して、市職員の最高責任者として責任をとるため、市長、副市長の給料を減額するものであります。今後、信頼回復に専心いたしますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。
 以上、御説明を申し上げましたが、よろしく御審議くださるようお願いを申し上げます。
○議長(佐藤博俊君) 以上で説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。
 本件に対する質疑の通告はありません。質疑はありませんか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第99号につきましては、お手元に配付の議案付託表のとおり所管の常任委員会に付託いたします。
△日程第5 議案第 100号
○議長(佐藤博俊君) 日程第 5、議案第 100号について議題といたします。
 提出者より、提案理由の説明を求めます。市長、松井三郎君。
               〔市長 松井三郎君 登壇〕
◎市長(松井三郎君) ただいま上程されました議案第 100号について御説明を申し上げます。
 議案第 100号、専決処分の承認を求めることについては、掛川市・袋井市新病院建設事務組合の設置に伴い、公平委員会を共同設置する地方公共団体に同組合を加えるため、平成21年 7月17日付で専決処分により、掛川市ほか 2組合公平委員会共同設置規約を変更したことについて報告し、その承認を求めるものであります。
 以上、御説明を申し上げましたが、よろしく御審議くださるようお願いを申し上げます。
○議長(佐藤博俊君) 以上で説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第 100号につきましては、掛川市議会会議規則の規定に基づき、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 御異議なしと認めます。
 よって、本件につきましては委員会付託を省略することに決しました。
 これより本件に対する討論に入ります。討論はありませんか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。
 これより本件について採決いたします。
 本件は、承認することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 異議なしと認めます。
 よって、本件は承認することに決しました。
 この際、暫時休憩いたします。再開は予鈴でお知らせいたします。
                午前 9時40分 休憩
                午前11時23分 開議
○議長(佐藤博俊君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
△日程第6 議案第99号
○議長(佐藤博俊君) 日程第 6、議案第99号について議題といたします。
 本件に関し、これより委員長の報告を求めます。総務委員長、大石與志登君、御登壇願います。
             〔総務委員長 大石與志登君 登壇〕
◎総務委員長(大石與志登君) ただいま議長より報告を求められました議案第99号、市長等の給料に関する条例の制定について、その審査の概要と結果につきまして御報告申し上げます。
 当委員会は、本日午前 9時50分から第 3委員会室におきまして、全委員出席のもと開会をいたしました。
 冒頭、市長よりごあいさつをいただいた後、担当課長から説明を受け、質疑に入りました。
 委員からは、新市長、副市長、参事、それぞれが公金紛失の事実を知った日、上司へ報告した日、公表の日はいつかとの質疑があり、当局より、公金事実を知った日等それぞれの日について答弁がありました。
 さらに委員より、明確に事実をつかむことが必要である。立てかえ指示、報告のおくれ等も含め、適切な処分を行うべきである。また、副市長、参事の処分は適切か判断基準を伺うとの質疑がございました。
 当局より、判断基準はいろいろなケースがある。法令の関係を参考にして、市長は 1カ月、副市長、参事、税務課長については、より厳しい処分をした。また、旧掛川、大須賀、大東の例、近隣市の例についても当局より回答がありました。
 他の委員からは、この問題については市民の関心が非常に高い。早急なけじめをつけてもらいたい。民間では 1円合わなくても徹夜で調査する。市は体質が古いのではないか。企業は情報公開が当たり前であるとの質疑がなされ、当局より、今回の処分でけじめをつけたい。警察は事情聴取をしている。今それを注視をしている。最終的には捜査結果を踏まえて対応していく。さらに今回の事件については、それを隠ぺいと思われても仕方ない。市全体の問題とすべきであったとの答弁がありました。
 他の委員より、市民の反応は大きい。警察と連携をとり、できるだけ早く市民に公表してほしいとの意見を付して、これについては了としたいとの意見がありました。
 以上で質疑を終結し、討論に付したところ、討論はなく、採決の結果、当総務委員会に付託されました議案第99号、市長等の給料の特例に関する条例の制定につきましては、賛成多数にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、総務委員会委員長報告といたします。
○議長(佐藤博俊君) 以上で委員長の報告は終わりました。
 これより、委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。討論の通告がありますので、これを許します。 9番、柴田正美君、御登壇ください。
               〔9番 柴田正美君 登壇〕
◆9番(柴田正美君) 議案第99号、市長等の給料の特例に関する条例の制定について、反対する立場から討論いたします。
 当局の行いました公金紛失に係る報告書によれば、今回の事件の原因は個人のモラルの欠如によること、これが主たる原因ということでありますけれども、職員の隠ぺい耕作ともとられかねない行動、こうした公務員倫理の低下の問題、公金意識の希薄さとともに、組織内にあるべきチェック機能が十分に働かなかったということが事態を重く複雑化させたものというふうな考えを当局の立場からも表明をされているわけであります。
 私は、この委員会の中、先般の委員会の中で詳細な事実関係を質問をいたしました。事ここに至っても、まともに答えられないありさまであります。わずかに 4万 6,300円の件では、 4月 2日に知った事実を 5月12日に初めて市長に報告をしたと。 4月 24日就任をしているわけですけれども、戸塚市長にもしなかったのではないかと思います。公表はさらに 1カ月を経過した 6月 9日でございます。
 静岡新聞 7月27日の「大自在」、ここの論評、次のように論評しております。市は、昨年11月に問題を把握しながら、警察に相談を持ちかけていることを口実に、公にするのをためらい続け、 6月初め本市の記者が取材を始めると、やっと発表に踏み切った。課内で税金紛失の発覚した際、上司が職員間でこっそり立てかえるように指示をする不適切処理も明らかになり、市民から隠ぺい工作があったと受け取られても仕方がない。督促されるままに、血の出るような思いで納税し続けた住民は裏切られた気持ちだろう。掛川市が全国に「生涯学習都市」を宣言したのは30年前、官民挙げ、人間の内面を充実させる運動に違いなく、このところの明朗と言えない体質はどこから出てきたのか。地方の時代の先頭走者だったあの矜持はどこにやった。このように論評しているわけです。まさにこの由々しき事態だと思います。
 私は、組織内にあるべきこのチェック機能しっかり働かない。当局、この処分基準の判断、判断基準、これも質問したわけですけれども、当局は旧掛川市あるいは大東町、大須賀町などの例挙げて説明されましたけれども、このたびの事例は単なる管理監督責任ではなくて、いわゆる立てかえの指示をしたり、報告の大幅おくれ、こうした責任では、まさに当事者の責任だというふうに思います。市長はともかく、副市長や参事などの責任というのは10分の 1の減給 2カ月では到底市民の納得は得られないものだというふうに考えます。ぜひこの処分を再検討し、市民に謝罪をし、再発防止の措置をとられるように要請をいたしまして、反対の討論といたします。
○議長(佐藤博俊君) 同じく19番、大庭博雄君、御登壇ください。
               〔19番 大庭博雄君 登壇〕
◆19番(大庭博雄君) 私は、議案第99号、市長等の給料の特例に関する条例の制定について、賛成の立場から討論いたします。
 今回の公金紛失に関しましては、内部の犯行が疑われています。いまだ犯人の特定には至っておりません。我々議員としても心配の念を深めているところであります。市長等の給料の特例に関する条例は、今回の事件について市長、副市長が市の最高責任者として管理監督責任を明らかにするものとして提案されてきたものであります。市長及び副市長は、市税等収納金の一部が紛失したこと及びその後の対応について市民に対し大変な迷惑をかけているということを反省し、その意を表しているのであります。
 私は、今述べました点から、この市長の提案に対し、賛成するものであります。また、事件の内容から見ても、提案された内容は妥当であると考えるものであります。
 松井市長は、当選した後にこの事実を知ったのでありますが、この条例の提案は職員に範を示すとともに、信頼回復への決意ともとれるわけでありまして、このことも評価いたします。
 市長は、今回の事態を重く受けとめ、再発防止と適正な事務の執行の確保、信頼回復のために 6月に再発防止対策調査委員会を設置し、調査の実施及び再発防止対策を検討しております。先般の全員協議会では、公金紛失にかかわる報告がされました。短い期間で集中的に実態調査や改善についての検討が行われたことを伺いました。
 公金紛失の事実は消えません。今後は報告されたとおり、地道に再発防止のための改善策を進め、市民から信頼回復に全力で努めていただきたいと願っています。
 最後に、今回の公金紛失の事態を憂うる者として、早期に事件が明らかになり、犯人も逮捕され、職場内の相互信頼感が高まり、市民の信頼を得て、さらに高い行政サービスが行われることを望み、私の賛成討論といたします。
 議員諸君の賛同をお願いいたします。
○議長(佐藤博俊君) 以上で通告による討論は終わりました。
 そのほか討論ありませんか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。
 これより採決に入ります。
 本件に対する委員長の報告は可決すべきとするものであります。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  〔賛成者起立〕
○議長(佐藤博俊君) ありがとうございました。起立多数であります。
 よって、本件は原案のとおり可決することに決しました。
 以上で本日の日程全部を終了いたしました。
 この際、市長、松井三郎君から発言を求められておりますので、これを許します。御登壇ください。
               〔市長 松井三郎君 登壇〕
◎市長(松井三郎君)  7月臨時会の閉会に際しまして、市長として一言ごあいさつを申し述べさせていただきます。本日開催の臨時会におきましては、去る 7月17日に設立されました掛川市・袋井市新病院建設事務組合の議員を選出していただくとともに、当局から御審議をお願いをいたしました議案であります市長等の給料の特例に関する条例の制定、専決処分の承認につきまして、いずれもお認めをいただき、心から厚くお礼を申し上げます。
 これから掛川市・袋井市新病院建設事務組合議員になられた議員には、組合議会におきまして新病院建設の円滑なる推進のため、御尽力を賜りますようお願いを申し上げます。
 また、公金紛失事件につきましては、いまだ犯人が特定されておらず、解決しておりませんが、私の管理責任を初め、関係職員の処分を決定させていただきました。今後、早期の事件の解決を目指すとともに、上司が補てんを指示し、事件の隠ぺい工作ともとられる行為、これはもちろんのこと、このようなことが二度とないよう再発防止に万全を期してまいりたいというふうに思っております。
 また、市民の皆さんに深くおわびを申し上げますとともに、信頼回復に向けて職員一同、最大限の努力をしてまいります。
 このほか、財政問題を初め重要な課題が山積しておりますので、身を引き締めて、今後の市政運営に全力を尽くしてまいります。
 なお、掛川市は法人税が大幅な落ち込みになっており、平成17年度以来 4年ぶりに普通交付税の交付団体となりました。本年度の歳入予算に対しまして、約 1億 2,900万円の交付税の増額はありますけれども、大変厳しい財政状況でございます。
 また、全員協議会におきまして御報告いたしました地域医療体制整備検討プロジェクトチームの設置のために人事異動を 8月 1日付で行いますが、あわせて税務課の充実を図るため、課長補佐を専任化すると同時に、課員を増員する異動を行いますことを御報告申し上げます。
 最後になりますが、財政状況が逼迫しておりますが、議員の皆様方の御理解と御支援をこれまで以上賜りますよう心からお願いを申し上げまして、あいさつといたします。
 ありがとうございました。
○議長(佐藤博俊君) それでは、私からもごあいさつ申し上げます。
               〔議長 佐藤博俊君 登壇〕
○議長(佐藤博俊君) 約 1カ月後には平成20年度の決算と、まことに厳しい財政状況のもとでの補正予算を中心とした 9月定例会を迎えます。また、御承知のとおり、衆議院選挙が 8月30日執行されます。そんな意味も踏まえ、いよいよ熱い夏を迎えますが、皆様方には十分御健康に御留意くださることと、また当掛川市及び市民を震撼させるようなことがないことを願う次第であります。
 結びに、 8月 6日、 7日、全議員による恒例の東京研修が執り行われますが、すばらしい結果になることを期待して、私からの閉会のあいさつといたします。
○議長(佐藤博俊君) これにて本日の会議を閉じ、平成21年第 5回掛川市議会臨時議会を閉会いたします。
                午前11時45分 閉会




 [ 署  名 ]




 以上、地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。


          平成   年   月   日



                掛川市議会議長    佐 藤 博 俊









 [ 署 名 議 員 ]



                掛川市議会議員    柴 田 正 美





                掛川市議会議員    豊 田 勝 義