議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 掛川市

平成21年第 4回定例会( 6月)−06月29日-04号




平成21年第 4回定例会( 6月)

                平成21年第4回(6月)
              掛川市議会定例会会議録(第4号)

〇議事日程      平成21年6月29日(月) 午前9時30分 開議

 日程第1
   認 第  1号  平成20年度掛川市病院事業会計決算の認定について
   認 第  2号  平成20年度掛川市水道事業会計決算の認定について

 日程第2
   議案第 89号  平成21年度掛川市一般会計補正予算(第1号)について

 日程第3
   議案第 90号  掛川市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定について
   議案第 91号  掛川市公民館条例の一部改正について
   議案第 92号  掛川市学校給食共同調理場に関する条例の一部改正について
   議案第 93号  掛川市・袋井市新病院建設事務組合の設置について

 日程第4
   議案第 94号  北中学校屋内運動場建築工事請負契約の締結について
   議案第 95号  三笠幼稚園建築工事請負契約の締結について
   議案第 96号  22世紀の丘公園実りの里等建設工事委託契約の締結について
   議案第 97号  掛川市道路線の廃止について
   議案第 98号  掛川市道路線の認定について


〇本日の会議に付した事件 ………………………………… 議事日程に掲げた事件に同じ

〇出席議員 ……………………………………………………………… 議員出席表のとおり

〇欠席議員 ……………………………………………………………… 議員出席表のとおり

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者 ………… 出席表のとおり

〇職務のため議場に出席した事務局職員 ………………………………… 出席表のとおり



                   議 事
                 午前9時30分 開議
                    開 議
○議長(佐藤博俊君) 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 市長より発言を求められておりますので、これを許します。
 市長、松井三郎君。
               〔市長 松井三郎君 登壇〕
◎市長(松井三郎君) 改めまして、おはようございます。
 御報告を 1件させていただきます。
  6月26日から発生しております一連の不審火につきまして、議員の皆様方に御報告を申し上げます。
 去る 6月26日金曜日午後11時44分、消防本部に通報の中央 3丁目における車庫と車両が燃える火災が発生し、続けて、翌27日土曜日の午前 2時37分通報の平野地区での車庫と車両が燃える火災がありました。さらに、同日午前 3時33分通報の天王町でごみ集積所にあるごみが燃える火災が発生いたしました。翌28日日曜日午前 2時44分通報の矢崎公会堂付近のごみ集積所のネットと屋台小屋の壁面が燃える火災が発生し、続いて、同日午前 2時57分通報の成滝地区での住宅及び車庫が燃える火災がありました。
 それぞれの火災は、いずれも火の気のないところから出火しており、出火原因については現在調査中でありますが、放火と思われます。一刻も早く犯人が検挙されるように切に望むところでございます。
 昨日、シオーネで掛川市区長会連合会自治区役員研修会が開かれましたが、その席上、私から金曜日の夜から日曜日の朝にかけての不審火につきまして報告をするとともに、放火による被害から自営手段として地区内の見回り、車庫の施錠、収集日朝方のごみ出しなどをお願いいたしました。自治区役員からは、市民の安全を脅かす極めて悪質な犯行であることから、市としても真剣に対応するように意見をいただいたところであります。既に消防署職員及び消防団の皆さんには夜間巡回を行っていただいておりますが、私といたしましても、放火防止のため市職員による青色回転灯パトロール車によるパトロール巡回をすることとし、昨日の深夜から実施をいたしました。今後も当分の間、市内全域でパトロール車による巡回を行うこととしております。
 市といたしましては、夜間のパトロールとともに市民の皆様に対して自営手段についてお知らせするなど、できる限りの対応をしていきたいと考えておりますので、何とぞ御理解くださいますようお願いを申し上げます。
 以上、一連の不審火につきまして御報告をさせていただきました。ありがとうございました。
△日程第1 認第 1号、認第 2号
○議長(佐藤博俊君) これより日程に入ります。
 日程第 1、認第 1号及び認第 2号について一括議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 本 2件に対する質疑の通告はありません。
 質疑はありませんか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。
 お諮りします。
 ただいま議題となっております 2件の決算のうち、認第 1号については12人を委員定数とする病院事業会計決算特別委員会を、認第 2号については12人を委員定数とする水道事業会計決算特別委員会を設置し、それぞれ付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 御異議なしと認めます。
 よって、認第 1号については12人を委員定数とする病院事業会計特別委員会を、認第 2号については12人を委員定数とする水道事業会計決算特別委員会を設置し、これに付託することに決しました。
 なお、お諮りします。
 ただいま設置されました特別委員会の委員の選任については、委員会条例第 8条第 1項の規定に基づき、議長において次のとおり指名いたしたいと思います。
 病院事業会計決算特別委員会委員として、中上禮一君、川瀬守弘君、鈴木久男君、山本行男君、水野 薫君、堀内武治君、山崎惠司君、鈴木正治君、高木敏男君、内藤澄夫君、加藤一司君、竹嶋善彦君、以上12名。
 次に、水道事業会計決算特別委員会委員として、草賀章吉君、山崎恒男君、榛葉正樹君、桑原通泰君、柴田正美君、松井俊二君、豊田勝義君、鳥井昌彦君、大庭博雄君、大石與志登君、雜賀祥宣君、佐藤博俊、以上12名。
 以上のとおり指名いたします。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 御異議なしと認め、ただいま指名のとおり選任することに決しました。
△日程第2 議案第89号
○議長(佐藤博俊君) 日程第 2、議案第89号について議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 質疑の通告がありますので、これを許します。
 この際、一言申し上げます。
 質疑につきましては3回までとし、第1回目は、議員及び答弁者はいずれも登壇において行い、2回以降の再質疑につきましては、いずれも自席にて起立の上お願いすることといたします。
  9番、柴田正美君、御登壇ください。
               〔9番 柴田正美君 登壇〕
◆9番(柴田正美君) 議案第89号、平成21年度掛川市一般会計補正予算(第 1号)について質疑をいたしたいと思います。
 事項別明細書21ページ、歳出、第 4款第 1項 2目救急医療センターこの問題で、これが発足をいたしまして、患者数と、その他実績等はどのようかということをお聞きいたします。
  2点目は、事項別明細書23ページ、歳出、第 5款、第 1項 2目緊急雇用対策事業のことでございます。市が直接行う事業が 3件、それから民間委託が 4件というふうに伺っておりますけれども、新規雇用の数等も大変少ないようでありますが、その詳細を伺いたいと思います。
 以上です。
○議長(佐藤博俊君) 答弁願います。
 市長、松井三郎君。
               〔市長 松井三郎君 登壇〕
◎市長(松井三郎君) 柴田議員にお答えをいたします。
 初めに、緊急医療センターの関係でございます。本年 4月から開設した急患診療室は、平日夜間においては内科、小児科を診察する 1名の医師により、また、日曜祝日におきましては、このほか外科診療を加えた 2名の医師体制で対応をしております。
 外来受診状況としては、平日夜間における 1日当たりの平均患者数が前年の在宅輪番による実績で 4月が 7.4人、 5月が 8.3人であったのに対して、急患診療室開設以降は 4月が 8.7人、 5月が 9.8人の 2カ月平均で 9.2人となり、 1日当たり 1.4人多くなっております。
 一方、日曜祝日における 1日当たりの平均患者数は、医師会への委託方式により医療センターで実施していた前年の実績で 4月が42.8人、 5月が62.3人であったのに対して、急患診療室開設以降は 4月が61.2人、 5月が79.0人の 2カ月の平均で72.2人となり、 1日当たり18.0人多くなっております。平日、日曜祝日ともに前年より増加しておりますが、これはセンター化で場所がわかりやすくなったことと、PRが行き届いていたことによるものと考えております。
 今後も引き続き 1次救急は急患診療室、 2次救急は市立総合病院という役割分担を明確にし、広報を適切に行うことにより市立総合病院の負担軽減化を実現するよう求めてまいりますとともに、救急医療体制の充実に努めてまいります。
 次に、緊急雇用対策事業の詳細ということでございます。
 緊急雇用対策事業は、国の緊急経済対策の一環として行うもので国費 100%の事業であります。事業内容は、雇用期間 6カ月未満の緊急雇用創出事業と 1年以上の継続事業として実施するふるさと雇用再生特別対策事業の 2つに分かれております。緊急雇用創出事業につきましては、当初予算でお認めいただいた 2事業に加え、今回 4事業を追加した 6事業であります。これにより全体の雇用者数は33人、うち新規雇用者数は26人となるものであります。
 ふるさと雇用再生特別対策事業につきましては、今回新たにお願いするもので市が運営している地域SNS、「e−じゃん掛川」の内容をより充実させるため、情報収集、情報発信作業を民間業者へ委託するもので、 2人の雇用を確保するものであります。
 各事業内容の詳細につきましては、経済建設部長からお答え申し上げます。
 以上でございます。
○議長(佐藤博俊君) 答弁願います。
 内山経済建設部長。
             〔経済建設部長 内山宰年君 登壇〕
◎経済建設部長(内山宰年君) それでは、私から緊急雇用対策事業の内容の詳細について補足させていただきます。
 まず、 1つ目の緊急雇用創出事業につきましては、全部で 6事業ございます。当初予算で防災ラジオ配布事業と外国人児童生徒等支援事業の 2事業を計上し、今議会において幼保園・幼稚園・保育園に通園する外国人園児のコミュニケーション支援事業、GIS用住民基本台帳データ作成事業、ホームページ標準化事業、市有財産台帳確認業務の 4事業の合計 6事業を予定しております。
 なお、当初予算に計上しました 2事業につきましても、今回若干の補正内容が含まれております。
 個別の事業内容を申し上げますと、防災ラジオ配布事業につきましては、当初予算で計上しました事業でありますが、防災ラジオ約 4,000台を市民に配布するため、申請書の受け付け、台帳整備等を行う事業で雇用者 1人、事業費は57万 7,000円となります。このうち賃金等に係る17万 4,000円を今回増額補正させていただくものであります。
 外国人児童生徒等支援事業につきましては、これも当初予算計上事業でありますが、日本語とポルトガル語ができる失業者を雇用し、小・中学校の外国人児童生徒等に対し日本語指導教室や学習指導の補助を行う事業で、雇用者 3人、事業費は 744万 8,000円となります。このうち保険料 2万3,000円を今回増額補正させていただくものであります。
 以下、今回の補正で初めてお願いする事業でございますが、幼保園・幼稚園・保育園に通園する外国人園児のコミュニケーション支援事業は、日本語の理解が十分でない外国人園児が在園する市内の公立及び私立幼保園・幼稚園・保育園において、保育の補助や保護者からの相談を受けたり、保護者との意思疎通の支援を行う事業で、雇用者 1人、事業費は 206万円であります。
 GIS用住民基本台帳データ作成事業は、地図情報システムに住民情報を付加するため、地図情報と住民情報を突合させ、住民情報を地図上で表示可能とする作業を専門業者へ委託するもので、新規雇用者 6人、既存雇用者 2人の計 8人を雇用し、事業費は 1,023万円であります。
 ホームページ標準化事業につきましては、掛川市ホームページをだれにでも見やすく配慮し、平等に情報を提供できるようにするため、全ページのチェックと修正を民間事業者に委託するもので、新規雇用者 9人、既存雇用者 3人の計12人を雇用し、事業費は 2,230万 1,000円であります。
 市有財産台帳確認業務は、新公会計制度への対応や遊休資産の発掘による売却等資産の有効活用を目的に市有財産の利用状況を把握するため、地番図と市有財産台帳、航空写真とを照合し、目視による確認とリスト化の作業を民間事業者へ委託するもので、新規雇用者 6人、既存雇用者 2人の計 8人を雇用し、事業費は 1,638万 5,000円であります。
 次に、ふるさと雇用再生特別対策事業につきましては、今回、地域SNSを活用した地域活性化事業の 1事業を予定しております。この事業は、当市における地域経済、環境、福祉等の住民ニーズへの対応や地域資源を再発掘するため情報収集員を雇用し、取材した情報を市の「e−じゃん掛川」で発信する作業等を民間事業者へ委託するもので、雇用者 2人、事業費は 710万 9,000円であります。
 以上でございます。
○議長(佐藤博俊君) 再質疑はありますか。
  9番、柴田正美君。
◆9番(柴田正美君)  1番目の救急医療センター、これは今お聞きしますと急患診療室が 1次救急を担い、 2次救急、こういう関係は市立病院、こういうことでありますけれども、例えば掛川の市立病院を紹介するのではなくて、あるいはどこか浜松のほうへ行けとか、磐田病院へ行ったらどうかと、そういうこともあり得るわけでしょうか。
○議長(佐藤博俊君) 伊村福祉生活部長。
◎福祉生活部長(伊村義孝君) 今回の急患診療室の開設に当たっては、小笠医師会の御協力をいただいて実現できていることでありますが、その際に、市立総合病院との連携ということを主にしていますので、基本的にはもうその線でいっています。
 したがって、急患診療室から市外の病院に御紹介するということは原則ありません。ただ、今回の急患診療室にかかってみえる患者さんの範囲を見ますと、菊川市、御前崎市、それから森町あたりからも来ています。そういう場合は、当然のことながら 2次診療として、その患者さんの住んでいる総合病院を御紹介するということはある得るわけですが、磐田市とかそのほかさらに遠いところの方が急患診療室に見えていることはありませんもんですから、今、お話しあったような人は、その方が住んでいる総合病院との連携の範囲で行っているという状況でございます。
○議長(佐藤博俊君) 再質疑ありますか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 以上で 9番、柴田正美君の質疑を終わります。
 関連質疑はありますか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第89号につきましては、お手元に配付いたしました議案付託表のとおり、所管の常任委員会に分割付託いたします。
△日程第3 議案第90号〜議案第93号
○議長(佐藤博俊君) 日程第 3、議案第90号から議案第93号までの 4件について一括議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 本 4件に対する質疑の通告はありません。
 質疑はありませんか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第90号から議案第93号までの 4件につきましては、お手元に配付した議案付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。
△日程第4 議案第94号〜議案第98号
○議長(佐藤博俊君) 日程第 4、議案第94号から議案第98号までの 5件について一括議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 本 5件に対する質疑の通告はありません。
 質疑はありませんか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第94号から議案第98号までの 5件につきましては、会議規則第37条第 3項の規定に基づき委員会付託を省略いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
               〔「異議あり」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 異議ありの御意見がありました。何号に御異議ありますか。
 柴田議員。
◆9番(柴田正美君) 議案第95号と96号であります。
○議長(佐藤博俊君) 柴田議員、採決にまだ入るわけではありませんので、そのときの異議ありにお願いしたいということで、すみません。
 ただいま議題となっております議案第94号から議案第98号までの 5件につきましては、会議規則第37条第 3項の規定に基づき委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 御異議なしと認め、よって、本 5件につきましては委員会付託を省略することに決しました。
 これより本 5件に対する討論に入ります。
 討論ありませんか。
                〔「なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。
 これより議案第94号から議案第98号までの 5件について一括採決いたします。
 本 5件は原案のとおり決することに御異議ありませんか。
               〔「異議あり」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 何号に異議がありますか。
◆9番(柴田正美君) 95号、96号であります。
○議長(佐藤博俊君) 議案第95号及び議案第96号について異議がありますので、本 2件は起立採決といたします。
 一括で採決いたします。
 議案第95号及び議案第96号について、賛成の諸君の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
○議長(佐藤博俊君) ありがとうございました。着席をお願いします。
 起立多数であります。
 よって、本 2件は原案のとおり可決することに決しました。
 次に、議案第94号、議案第97号及び議案第98号の 3件について一括採決いたします。
 本 3件は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 御異議なしと認めます。
 よって、本 3件は原案のとおり可決することに決しました。
 以上で本日の日程全部を終了いたしました。
 お諮りします。
 議事の都合により、 6月30日から 7月 6日までの 7日間は休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」との声あり〕
○議長(佐藤博俊君) 御異議なしと認めます。
 よって、 6月30日から 7月 6日までの 7日間は休会することに決しました。
 来る 7月 7日は午前 9時30分から本会議を開きます。
 本日はこれにて散会いたします。
                 午前9時58分 散会