議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 富士市

平成29年 2月 定例会−03月22日-付録




平成29年 2月 定例会

●委員会審査報告書
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成29年2月17日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               総務市民委員会        │
│                               委員長  太 田 康 彦   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第1号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第4号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 1款 市税 2項固定資産税          │     │     │
│     │     2款 地方譲与税 1項地方揮発油譲与税    │     │     │
│     │     4款 配当割交付金 1項配当割交付金     │     │     │
│     │     6款 地方消費税交付金 1項地方消費税交付金 │     │     │
│     │     9款 地方特例交付税 1項地方特例交付税   │     │     │
│     │     12款 分担金及び負担金 1項負担金      │     │     │
│     │                  1目総務費負担金  │     │     │
│     │     14款 国庫支出金 2項国庫補助金       │     │     │
│     │               1目総務費補助金     │     │     │
│     │              3項国庫委託金       │     │     │
│     │               1目総務費委託金     │     │     │
│     │     15款 県支出金 2項県補助金         │     │     │
│     │              7目消防費補助金      │     │     │
│     │             3項県委託金         │     │     │
│     │     16款 財産収入 1項財産運用収入       │     │     │
│     │             2項財産売払収入       │     │     │
│     │     17款 寄附金 1項寄附金           │     │     │
│     │     18款 繰入金 1項特別会計繰入金       │     │     │
│     │     20款 諸収入 3項貸付金元利収入       │     │     │
│     │            5項雑入            │     │     │
│     │     21款 市債 1項市債             │     │     │
│     │  歳出 1款 議会費 1項議会費           │     │     │
│     │     2款 総務費 1項総務管理費         │     │     │
│     │            2項徴税費           │     │     │
│     │            3項戸籍住民基本台帳費     │     │     │
│     │            4項選挙費           │     │     │
│     │            6項監査委員費         │     │     │
│     │     9款 消防費 1項消防費(4目水防費を除く) │     │     │
│     │     10款 教育費 6項社会教育費         │     │     │
│     │             6目文化振興費        │     │     │
│     │             7目文化会館費        │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │             8目文化財保護費       │     │     │
│     │             9目文化財発掘調査費     │     │     │
│     │             10目博物館費         │     │     │
│     │            7項体育保健費         │     │     │
│     │             1目体育振興費        │     │     │
│     │             2目体育施設費        │     │     │
│     │     12款 公債費 1項公債費           │     │     │
│     │     14款 予備費 1項予備費           │     │     │
│     │ 第2条(繰越明許費)                 │     │     │
│     │  第2表 繰越明許費                 │     │     │
│     │    2款 総務費                  │     │     │
│     │ 第4条(地方債の補正)                │     │     │
│     │  第4表 地方債補正                 │     │     │
│議第9号 │平成28年度富士市中柏原新田財産区特別会計補正予算につい │原案可決 │     │
│     │て(第1号)                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第41号 │富士市特別職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する │原案可決 │     │
│     │条例制定について                    │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成29年2月20日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               文教民生委員会        │
│                               委員長  荻 田 丈 仁   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第1号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第4号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 12款 分担金及び負担金 1項負担金      │     │     │
│     │                  2目民生費負担金  │     │     │
│     │                  6目教育費負担金  │     │     │
│     │     13款 使用料及び手数料 1項使用料      │     │     │
│     │                  1目民生使用料   │     │     │
│     │                  5目教育使用料   │     │     │
│     │     14款 国庫支出金 1項国庫負担金       │     │     │
│     │              2項国庫補助金       │     │     │
│     │               2目民生費補助金     │     │     │
│     │               6目教育費補助金     │     │     │
│     │              3項国庫委託金       │     │     │
│     │               2目民生費委託金     │     │     │
│     │     15款 県支出金 1項県負担金         │     │     │
│     │             2項県補助金         │     │     │
│     │              2目民生費補助金      │     │     │
│     │  歳出 3款 民生費 1項社会福祉費         │     │     │
│     │            2項老人福祉費         │     │     │
│     │            3項児童福祉費         │     │     │
│     │            4項障害者福祉費        │     │     │
│     │            5項生活保護費         │     │     │
│     │     4款 衛生費 1項保健衛生費         │     │     │
│     │            4項病院費           │     │     │
│     │     10款 教育費 1項教育総務費         │     │     │
│     │            2項小学校費          │     │     │
│     │            3項中学校費          │     │     │
│     │            4項高等学校費         │     │     │
│     │            5項幼稚園費          │     │     │
│     │            6項社会教育費         │     │     │
│     │             1目社会教育総務費      │     │     │
│     │             11目図書館費         │     │     │
│     │            7項体育保健費         │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │             3目保健費          │     │     │
│     │             4目学校給食費        │     │     │
│     │ 第2条(繰越明許費)                 │     │     │
│     │  第2表 繰越明許費                 │     │     │
│     │    3款 民生費                  │     │     │
│     │ 第3条(債務負担行為の補正)             │     │     │
│     │  第3表 債務負担行為補正              │     │     │
│     │       若者相談窓口運営事業(変更)       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第2号 │平成28年度富士市国民健康保険事業特別会計補正予算につい │原案可決 │     │
│     │て(第4号)                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第3号 │平成28年度富士市後期高齢者医療事業特別会計補正予算につ │原案可決 │     │
│     │いて(第3号)                     │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第4号 │平成28年度富士市介護保険事業特別会計補正予算について  │原案可決 │     │
│     │(第3号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第12号 │平成28年度富士市病院事業会計補正予算について(第3号) │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成29年2月17日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               環境経済委員会        │
│                               委員長  井 上   保   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第1号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第4号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 13款 使用料及び手数料 1項使用料      │     │     │
│     │                  2目衛生使用料   │     │     │
│     │     14款 国庫支出金 2項国庫補助金       │     │     │
│     │               3目衛生費補助金     │     │     │
│     │     15款 県支出金 2項県補助金         │     │     │
│     │              4目農林水産業費補助金   │     │     │
│     │              5目商工費補助金      │     │     │
│     │  歳出 4款 衛生費 2項清掃費           │     │     │
│     │            (3目生活排水処理費を除く)  │     │     │
│     │            3項環境対策費         │     │     │
│     │     5款 労働費 1項労働費           │     │     │
│     │     6款 農林水産業費 1項農業費        │     │     │
│     │               2項林業費        │     │     │
│     │     7款 商工費 1項商工費           │     │     │
│     │     8款 土木費 4項港湾費           │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第7号 │平成28年度富士市内山特別会計補正予算について(第2号) │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第8号 │平成28年度富士市旧今泉、一色、神戸、今宮特別会計補正  │原案可決 │     │
│     │予算について(第1号)                 │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成29年2月20日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               建設水道委員会        │
│                               委員長  笠 井   浩   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第1号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第4号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 14款 国庫支出金 2項国庫補助金       │     │     │
│     │               3目衛生費補助金     │     │     │
│     │               4目土木費補助金     │     │     │
│     │     15款 県支出金 2項県補助金         │     │     │
│     │              3目衛生費補助金      │     │     │
│     │              6目土木費補助金      │     │     │
│     │              7目消防費補助金      │     │     │
│     │  歳出 4款 衛生費 2項清掃費 3目生活排水処理費 │     │     │
│     │     8款 土木費 1項土木管理費         │     │     │
│     │            2項道路橋梁費         │     │     │
│     │            3項河川費           │     │     │
│     │            5項都市計画費         │     │     │
│     │            6項公園費           │     │     │
│     │            8項住宅費           │     │     │
│     │     9款 消防費 1項消防費 4目水防費     │     │     │
│     │ 第2条(繰越明許費)                 │     │     │
│     │  第2表 繰越明許費                 │     │     │
│     │    8款 土木費                  │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第5号 │平成28年度富士市第二東名IC周辺地区土地区画整理事業  │原案可決 │     │
│     │特別会計補正予算について(第2号)           │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第6号 │平成28年度富士市駐車場事業特別会計補正予算について   │原案可決 │     │
│     │(第2号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第10号 │平成28年度富士市水道事業会計補正予算について(第2号) │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第11号 │平成28年度富士市公共下水道事業会計補正予算について   │原案可決 │     │
│     │(第3号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成29年3月14日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               総務市民委員会        │
│                               委員長  太 田 康 彦   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第13号 │平成29年度富士市一般会計予算について          │別紙のと │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算)                │おり修正 │     │
│     │  歳入全般                      │議決すべ │     │
│     │                            │きものと │     │
│     │  歳出 1款 議会費                 │決定   │     │
│     │     2款 総務費(1項総務管理費6目シティプロモ │     │     │
│     │            ーション費を除く)       │     │     │
│     │     4款 衛生費 1項保健衛生費 9目斎場費   │     │     │
│     │     9款 消防費(1項消防費4目水防費を除く)  │     │     │
│     │     10款 教育費 6項社会教育費         │     │     │
│     │             2目生涯学習費        │     │     │
│     │             6目文化振興費        │     │     │
│     │             7目文化会館費        │     │     │
│     │             8目文化財保護費       │     │     │
│     │             9目文化財発掘調査費     │     │     │
│     │             10目博物館費         │     │     │
│     │            7項体育保健費 1目体育振興費 │     │     │
│     │                    2目体育施設費 │     │     │
│     │     12款 公債費                 │     │     │
│     │     13款 諸支出金                │     │     │
│     │     14款 予備費                 │     │     │
│     │ 第2条(債務負担行為)                │     │     │
│     │  第2表 債務負担行為                │     │     │
│     │       コールセンター業務            │     │     │
│     │       富士南まちづくりセンター建設事業     │     │     │
│     │       市税コンビニエンスストア収納業務     │     │     │
│     │       富士市土地開発公社用地取得事業(平成29年 │     │     │
│     │       度分)                  │     │     │
│     │ 第3条(地方債)                   │     │     │
│     │  第3表 地方債                   │     │     │
│     │ 第4条(一時借入金)                 │     │     │
│     │ 第5条(歳出予算の流用)               │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第24号 │平成29年度富士市鈴川財産区特別会計予算について     │原案可決 │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │                            │     │     │
│議第25号 │平成29年度富士市今井財産区特別会計予算について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第26号 │平成29年度富士市大野新田財産区特別会計予算について   │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第27号 │平成29年度富士市檜新田財産区特別会計予算について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第28号 │平成29年度富士市田中新田財産区特別会計予算について   │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第29号 │平成29年度富士市中柏原新田財産区特別会計予算について  │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第30号 │平成29年度富士市西柏原新田財産区特別会計予算について  │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第34号 │富士市監査委員に関する条例の一部を改正する条例制定につ │原案可決 │     │
│     │いて                          │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第35号 │富士市部設置条例及び富士市職員の特殊勤務手当に関する条 │原案可決 │     │
│     │例の一部を改正する条例制定について           │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第36号 │富士市消費者教育推進地域協議会条例制定について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第37号 │富士市地区まちづくりセンター条例の一部を改正する条例制 │原案否決 │     │
│     │定について                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第38号 │富士市職員定数条例の一部を改正する条例制定について   │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第39号 │富士市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正す │原案可決 │     │
│     │る条例制定について                   │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第40号 │富士市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 │原案可決 │     │
│     │制定について                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第42号 │富士市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定 │原案可決 │     │
│     │について                        │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第44号 │富士市税条例の一部を改正する条例制定について      │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第65号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第5号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 16款 財産収入 2項財産売払収入       │     │     │
│     │  歳出 2款 総務費 1項総務管理費         │     │     │
│     │             16目行政経営費        │     │     │
│     │     14款 予備費 1項予備費           │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成29年3月16日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               文教民生委員会        │
│                               委員長  荻 田 丈 仁   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第13号 │平成29年度富士市一般会計予算について          │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算)                │     │     │
│     │  歳入 12款 分担金及び負担金            │     │     │
│     │     13款 使用料及び手数料            │     │     │
│     │     14款 国庫支出金               │     │     │
│     │     15款 県支出金                │     │     │
│     │  歳出 3款 民生費                 │     │     │
│     │     4款 衛生費 1項保健衛生費         │     │     │
│     │             1目保健衛生総務費      │     │     │
│     │             2目予防接種費        │     │     │
│     │             4目保健活動費        │     │     │
│     │             5目健康ふじ21推進費    │     │     │
│     │             6目指定難病等対策費     │     │     │
│     │             10目フィランセ費       │     │     │
│     │             11目看護専門学校費      │     │     │
│     │            3項環境対策費         │     │     │
│     │             4目公害病補償給付費     │     │     │
│     │             5目健康被害予防事業費    │     │     │
│     │            4項病院費           │     │     │
│     │     10款 教育費 1項教育総務費         │     │     │
│     │            2項小学校費          │     │     │
│     │            3項中学校費          │     │     │
│     │            4項高等学校費         │     │     │
│     │            5項幼稚園費          │     │     │
│     │           6項社会教育費(2目生涯学習費、 │     │     │
│     │            6目文化振興費、7目文化会館  │     │     │
│     │            費、8目文化財保護費、9目文  │     │     │
│     │            化財発掘調査費、10目博物館費  │     │     │
│     │            を除く)            │     │     │
│     │           7項体育保健費 3目保健費    │     │     │
│     │                   4目学校給食費  │     │     │
│     │ 第2条(債務負担行為)                │     │     │
│     │  第2表 債務負担行為                │     │     │
│     │       ふじやま・くすの木学園車両運行管理業務  │     │     │
│     │       こども療育センター車両運行管理業務    │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │                            │     │     │
│議第14号 │平成29年度富士市国民健康保険事業特別会計予算について  │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第15号 │平成29年度富士市後期高齢者医療事業特別会計予算について │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第16号 │平成29年度富士市介護保険事業特別会計予算について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第33号 │平成29年度富士市病院事業会計予算について        │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第46号 │富士市立保育園の設置等に関する条例の一部を改正する条例 │原案可決 │     │
│     │制定について                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第47号 │富士市立幼保連携型認定こども園の設置等に関する条例の一 │原案可決 │     │
│     │部を改正する条例制定について              │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第48号 │富士市介護保険条例の一部を改正する条例制定について   │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第52号 │富士市病院事業助産師修学資金貸与条例制定について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第53号 │富士市立幼稚園の設置等に関する条例の一部を改正する条例 │原案可決 │     │
│     │制定について                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第54号 │富士市いじめ問題対策連絡協議会条例制定について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第55号 │富士市いじめ問題対策推進委員会条例制定について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第56号 │富士市いじめ問題再調査委員会条例制定について      │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第65号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第5号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳出 3款 民生費 3項児童福祉費 7目保育園費  │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成29年3月13日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               環境経済委員会        │
│                               委員長  井 上   保   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第13号 │平成29年度富士市一般会計予算について          │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算)                │     │     │
│     │  歳入 13款 使用料及び手数料            │     │     │
│     │     14款 国庫支出金               │     │     │
│     │     15款 県支出金                │     │     │
│     │  歳出 2款 総務費 1項総務管理費         │     │     │
│     │             6目シティプロモーション費  │     │     │
│     │     4款 衛生費 1項保健衛生費         │     │     │
│     │             3目動物愛護管理費      │     │     │
│     │             7目環境衛生費        │     │     │
│     │             8目森林墓園費        │     │     │
│     │            2項清掃費           │     │     │
│     │             (3目生活排水処理費を除く) │     │     │
│     │            3項環境対策費         │     │     │
│     │             1目環境政策費        │     │     │
│     │             2目環境保全費        │     │     │
│     │             3目自然保護費        │     │     │
│     │     5款 労働費                 │     │     │
│     │     6款 農林水産業費              │     │     │
│     │     7款 商工費                 │     │     │
│     │     8款 土木費 4項港湾費           │     │     │
│     │     11款 災害復旧費 1項農林水産業施設災害復旧費│     │     │
│     │ 第2条(債務負担行為)                │     │     │
│     │  第2表 債務負担行為                │     │     │
│     │       環境クリーンセンター廃止に係る計画策定業務│     │     │
│     │       農林漁業資金特別融資元利金補給      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第20号 │平成29年度富士市内山特別会計予算について        │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第21号 │平成29年度富士市旧今泉、一色、神戸、今宮特別会計予算に │原案可決 │     │
│     │ついて                         │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第22号 │平成29年度富士市須津山特別会計予算について       │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第23号 │平成29年度富士市旧原田特別会計予算について       │原案可決 │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │                            │     │     │
│議第49号 │工場立地法第4条の2第2項の規定に基づく準則を定める条 │原案可決 │     │
│     │例の一部を改正する条例制定について           │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成29年3月15日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               建設水道委員会        │
│                               委員長  笠 井   浩   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第13号 │平成29年度富士市一般会計予算について          │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算)                │     │     │
│     │  歳入 12款 分担金及び負担金            │     │     │
│     │     13款 使用料及び手数料            │     │     │
│     │     14款 国庫支出金               │     │     │
│     │     15款 県支出金                │     │     │
│     │  歳出 4款 衛生費 2項清掃費 3目生活排水処理費 │     │     │
│     │            5項上水道費          │     │     │
│     │     8款 土木費(4項港湾費を除く)       │     │     │
│     │     9款 消防費 1項消防費 4目水防費     │     │     │
│     │     11款 災害復旧費 2項土木施設災害復旧費   │     │     │
│     │ 第2条(債務負担行為)                │     │     │
│     │  第2表 債務負担行為                │     │     │
│     │       道路点検補修事業             │     │     │
│     │       富士早川改修事業             │     │     │
│     │       新富士駅北口駅前広場整備事業       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第17号 │平成29年度富士市新富士駅南地区土地区画整理事業特別会計 │原案可決 │     │
│     │予算について                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第18号 │平成29年度富士市第二東名IC周辺地区土地区画整理事業特 │原案可決 │     │
│     │別会計予算について                   │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第19号 │平成29年度富士市駐車場事業特別会計予算について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第31号 │平成29年度富士市水道事業会計予算について        │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第32号 │平成29年度富士市公共下水道事業会計予算について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第43号 │富士市中野台下水処理施設改修工事基金条例を廃止する条例 │原案可決 │     │
│     │制定について                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第45号 │富士市手数料条例の一部を改正する条例制定について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第50号 │富士市自転車駐車場条例の一部を改正する条例制定について │原案可決 │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │                            │     │     │
│議第51号 │富士市下水道条例の一部を改正する条例制定について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第57号 │富士市水防団条例の一部を改正する条例制定について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第58号 │富士市駐車場条例の一部を改正する条例制定について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第62号 │市道路線の認定について                 │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第63号 │市道路線の廃止について                 │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第64号 │市道路線の変更について                 │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

          発 言 通 告 表 ( 施政方針に対する質問 )
                                      平成29年2月定例会
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │望月  昇(24)│1.「施策の大要」について                │市長     │
│    │         │ (1) 『安全で暮らしやすいまち』をつくるための施策    │       │
│    │         │ 「被災者支援体制の充実を図るため、被害認定調査・り災証明│       │
│    │         │書発行システムを整備いたします」とありますが具体的な内容と│       │
│    │         │導入時期はいつか市長の考えについてお聞きします。     │       │
│    │         │ (2) 『健やかに安心して暮らせるまち』をつくるための施策 │       │
│    │         │  ? 「高校生を対象に、妊娠・出産・子育てといったライフ│       │
│    │         │イベントを含めた人生設計を考える機会を提供する『高校生ライ│       │
│    │         │フデザインセミナー』を実施いたします」とのことですが具体的│       │
│    │         │な実施方法と目的はどのようなことかお聞きします。     │       │
│    │         │  ? 「妊娠期から子育て期にわたる様々なニーズに対して、│       │
│    │         │総合的な相談・支援を行うワンストップ拠点『子育て世代包括支│       │
│    │         │援センター』の設置に向けた準備を進めてまいります」について│       │
│    │         │、具体的な内容と目的についてどのように考えているかお聞きし│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │  ? 「県内初となる公立幼稚園の教室を活用した『小規模保│       │
│    │         │育事業所』の開設や、保育ママ事業の拡充などを行うとともに、│       │
│    │         │企業主導型保育施設の整備を積極的に促進するため、設置費用等│       │
│    │         │に対する助成制度を創設いたします」について市長の考えをお聞│       │
│    │         │きします。                        │       │
│    │         │  ? 「児童虐待防止につきましては、専門的な医療機関と連│       │
│    │         │携し、医学的な見地から治療の必要性の判断や専門的・技術的な│       │
│    │         │助言を得ることのできる取組を県内で初めて実施し、個々のケー│       │
│    │         │スに応じた未然防止対策に繋げてまいります」、「生活困窮世帯│       │
│    │         │等に対する学習支援につきましては、現行の高校進学のための支│       │
│    │         │援に加え、新たに高校1年生を対象に中途退学防止のための支援│       │
│    │         │を実施いたします」及び「新たに発達障害を持つ児童・生徒を対│       │
│    │         │象に、学習支援や教育相談を行ってまいります」とありますが、│       │
│    │         │発達障害児の支援に対する市長の考えについてお聞きします。 │       │
│    │         │  ? 「認知症の初期対応や支援を包括的・集中的に行うため│       │
│    │         │、医師を含め複数の専門職で構成する『認知症初期集中支援チー│       │
│    │         │ム』を新たに設置してまいります」とありますがどのような効果│       │
│    │         │があると考えているかお聞きします。            │       │
│    │         │ (3) 『産業が交流するにぎわいのまち』をつくるための施策 │       │
│    │         │「無人航空機『ドローン』を導入し、山林の実態調査を効率的に│       │
│    │         │実施するほか、多分野での活用を検討してまいり       │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │望月  昇(24)│ます」とありますがドローンの活用について市長のお考えをお聞│市長     │
│    │         │かせください。                      │       │
│    │         │ (4) 『人と自然が共生し環境負荷の少ないまち』をつくるため│       │
│    │         │の施策                          │       │
│    │         │ 「上水道事業につきましては、料金改定により、市民や事業所│       │
│    │         │の皆様にご負担をお願いすることとなりましたが、安全な水を安│       │
│    │         │定的に供給するため、老朽管の更新及び主要管路の耐震化をより│       │
│    │         │一層進めるとともに、安定的な水道事業の継続を目的とした『(│       │
│    │         │仮称)富士市水道事業経営戦略プラン』の策定に着手いたします│       │
│    │         │」とありますが、市長の考えについてお聞きします。     │       │
│    │         │ (5) 『人にやさしい便利で快適なまち』をつくるための施策 │       │
│    │         │ 「橋梁の長寿命化や道路の舗装補修など、老朽化が進む道路施│       │
│    │         │設の維持管理をより一層進めてまいります」とのことですが、市│       │
│    │         │長の考えをお聞きします。                 │       │
│    │         │ (6) 『市民と創る新たなまち』を築くための施策      │       │
│    │         │ 「まちづくり協議会の活動に対する新たな財政支援として『ま│       │
│    │         │ちづくり協議会活性化補助金』を創設するとともに、人的支援と│       │
│    │         │して『まちづくり協力員』を平成30年3月から各地区まちづくり│       │
│    │         │センターに配置してまいります」とありますが市長の考えをお聞│       │
│    │         │きします。                        │       │
│    │         │ (7) 本市のシティプロモーションについて         │       │
│    │         │ 「富士市ブランドメッセージ大作戦を展開し」、「『青春市民│       │
│    │         │』を増やし、『富士市』を全国・世界に広めてまいります。」と│       │
│    │         │して、「ブランドメッセージ大作戦のメイン事業」に「青春市民│       │
│    │         │プロジェクト」を位置づけ、「青春市民ライフスタイル誌」の発│       │
│    │         │行や「青春市民ミーティング」を開催するなどとしていますが市│       │
│    │         │長の考えについてお聞きします。              │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │海野 庄三(15)│1.新年度の市政運営について               │市長     │
│    │         │ 2月15日に行われた新年度(平成29年度)に向けての市長施政│       │
│    │         │方針演説を拝聴。小長井義正市長においては1期目最終年度の施│       │
│    │         │政方針であり、「はじめに」の項で市長は、「『生涯青春都市富│       │
│    │         │士市』の実現に向けて、より多くの果実を収穫できるよう、任期│       │
│    │         │4年の成果を示してまいります。」と述べている。      │       │
│    │         │ 会派「凜(りん)の会」としては、その成果に期待しつつ、こ│       │
│    │         │こに施政方針に対する質問を提示、回答を願いたい。     │       │
│    │         │ 質問提示に当たっては、会派の持ち時間が答弁を含めて1時間│       │
│    │         │のため、「新年度の市政運営に向けて」と「施策の大要」、それ│       │
│    │         │ぞれの項目からピックアップした。             │       │
│    │         │ (1) 「新年度の市政運営に向けて」            │       │
│    │         │ 「新年度の市政運営に向けて」では、第五次富士市総合計画後│       │
│    │         │期基本計画の都市活力再生戦略に位置づけた3つのプロジェクト│       │
│    │         │を示し、そのうちの1つ、「次代を担うひとづくりプロジェクト│       │
│    │         │」では、議員発議によって推進を目的とした全国初の条例が制定│       │
│    │         │されたユニバーサル就労に対し、議会と連携しての推進に意欲を│       │
│    │         │示し、予算づけも図って多角的複眼思考をもっての事業を打ち出│       │
│    │         │している。その取り組みは高く評価するも、事業展開の核となる│       │
│    │         │のは福祉部に新設される生活支援課である。ユニバーサル就労の│       │
│    │         │推進には、福祉制度を超えての取り組みが必要とされるだけに、│       │
│    │         │その連携を、どう構築、事業を展開していくのか。      │       │
│    │         │ (2) 「施策の大要」                   │       │
│    │         │  ? 「第五次富士市総合計画」に位置づけた7つの柱のうち│       │
│    │         │『安全で暮らしやすいまち』をつくるための施策で打ち出されて│       │
│    │         │いる富士市消費者教育推進地域協議会とは、どのような目的で設│       │
│    │         │置、また、その構成は、どのように考えているのか。消費者教育│       │
│    │         │の推進が行政責務となった状況下、消費者相談を含め消費者行政│       │
│    │         │の人員体制は充足しているか。               │       │
│    │         │  ? 同じく『安全で暮らしやすいまち』をつくるための施策│       │
│    │         │に記されている田子の浦港周辺の津波対策に「全体の事業計画を│       │
│    │         │精査した上で、取組の内容や手順を示すロードマップを作成」と│       │
│    │         │あるが、河川遡上や、対策費、物件移設補償費などを含めた全体│       │
│    │         │の事業計画は、既に策定済みと受けとめてよいのか。また、策定│       │
│    │         │済みならば、その公表は、いつを予定しているのか。     │       │
│    │         │  ? 『健やかに安心して暮らせるまち』をつくるための施策│       │
│    │         │に「就学前人口の減少や保護者の就労環境の変化等に対応し、施│       │
│    │         │設配置や規模の適正化を図るため『(仮称)公立教育・保育施設│       │
│    │         │再配置計画』を策定」とあるが、この取り組みは、平成28年9月│       │
│    │         │に公表された富士市公共施設再編計画に基づくものなのか。基づ│       │
│    │         │くものとするならば、                   │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │海野 庄三(15)│計画で示されている「今後40年間で幼稚園の約57%、保育園は約│市長     │
│    │         │10%の延床面積の削減を目指す」を取り込んでいくのか。   │       │
│    │         │  ? 『産業が交流するにぎわいのまち』をつくるための施策│       │
│    │         │に「更なる企業誘致・留置を図るため、引き続き新たな工業用地│       │
│    │         │の候補地選定に向けた取組を進める」とあるが、新たな工業用地│       │
│    │         │確保のめどがあるのか。めどがあるとするならば、どの程度の規│       │
│    │         │模なのか。「誘致・留置」とあるが、新たな工業用地の確保は既│       │
│    │         │存事業所の留置=移転も絡めていくのか。留置=移転も絡めると│       │
│    │         │するならば留置には移転ではなく支援策の強化と多様性を優先す│       │
│    │         │べきではないか。                     │       │
│    │         │  ? 『魅力ある教育を実現するまち』をつくるための施策で│       │
│    │         │示されている「義務教育9年間における教育活動の更なる充実や│       │
│    │         │教育課題の解消に向けて、総合教育会議等を通じて教育委員会と│       │
│    │         │連携を深め、小中連携教育のより一層の推進と小中一貫教育の将│       │
│    │         │来的な導入を目指してまいります。」とあるが、総合教育会議の│       │
│    │         │長の市長として小中一貫教育を、どう捉えているのか、導入時期│       │
│    │         │については、どう考えているのか。             │       │
│    │         │  ? 『魅力ある教育を実現するまち』をつくるための施策で│       │
│    │         │は、富士総合運動公園内にある公園体育館と温水プールを取り上│       │
│    │         │げ、「今後のあり方を早急に検討」としているが、公園体育館は│       │
│    │         │昨年秋から使用中止としており、既に半年余を経過、「早急に検│       │
│    │         │討」ではなく、「早急に結論を下す」とすべきではないか。また│       │
│    │         │、「本市を取り巻く状況や世論調査の結果を踏まえながら、総合│       │
│    │         │体育館の建設に向け基本構想の策定に着手」とあるが、単年度で│       │
│    │         │策定するのか。単年度で策定とするならば策定時に今後の建設ス│       │
│    │         │ケジュールも明確にすべきではないか。           │       │
│    │         │  ? 『人にやさしい便利で快適なまち』をつくるための施策│       │
│    │         │には、新富士駅北口駅前広場の利便性向上に向けての改良工事の│       │
│    │         │取り組みが記されているが、2月23日の“富士山の日”に合わせ│       │
│    │         │て「北口」を「富士山口」と改名していくことが決まっている。│       │
│    │         │「富士山口」となるならば改良工事で富士山眺望への試みも取り│       │
│    │         │込んでいくべきと考えるが、いかがか。           │       │
│    │         │  ? 『市民と創る新たなまち』を築くための施策で打ち出さ│       │
│    │         │れている、まちづくり協議会の活動に対する新たな財政支援の「│       │
│    │         │まちづくり協議会活性化補助金」には地区人口規模などを勘案し│       │
│    │         │ていくのか。人的支援とする「まちづくり協力員」の位置づけと│       │
│    │         │、その人材確保の考えをお聞かせ願いたい。         │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │松本 貞彦(32)│1.「はじめに」及び「施策の大要」について        │市長     │
│    │         │ 市長は施政方針の「はじめに」の「人に安心を」では、「スピ│       │
│    │         │ード感をもって『田子の浦港振興ビジョン』を策定いたしました│       │
│    │         │。」とし、「施策の大要」では「田子の浦港周辺の津波対策につ│       │
│    │         │きましては、全体の事業計画を精査した上で、取組内容や手順を│       │
│    │         │示すロードマップを作成してまいります。」と述べられておりま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ 振り返ってみますとこのビジョンは既に平成27年度には、平成│       │
│    │         │28年度から平成40年度までの事業地区を4つに分けた年度別の事│       │
│    │         │業内容の内訳が、田子の浦港周辺津波対策事業計画として示され│       │
│    │         │ておりまして、この事業計画および事業着手は田子の浦港周辺地│       │
│    │         │区のみならず、市民の生活と産業経済活動全体における重大かつ│       │
│    │         │喫緊の課題であります。しかし平成28年度には議会に幾つかの補│       │
│    │         │正予算が提出され、事業計画が変更されてきました。そこで計画│       │
│    │         │がどこまで進んでいるのか、その内容とロードマップがいつ明ら│       │
│    │         │かに示されるのかお伺いします。              │       │
│    │         │2.「新年度の市政運営に向けて」及び「施策の大要」について│       │
│    │         │ 「新年度の市政運営に向けて」の第1の「安全で快適なまちづ│       │
│    │         │くりプロジェクト」では「新富士駅や富士駅の周辺整備を進める│       │
│    │         │ほか、公共交通機関の更なる充実を図るなど、利便性の高い快適│       │
│    │         │な市民生活を持続させる基盤整備を進めてまいります。」として│       │
│    │         │おり、「施策の大要」の第6に『人にやさしい便利で快適なまち│       │
│    │         │』をつくるための施策においては具体的に「新富士駅北口駅前広│       │
│    │         │場において、利便性向上を図るための改良工事に着手します。」│       │
│    │         │、また、「公共交通につきましては、本市の公共交通ネットワー│       │
│    │         │クの利便性向上に向け、まちなか循環バスの実証運行を開始する│       │
│    │         │とともに、バスロケーションシステムの導入に向けた検討を進め│       │
│    │         │てまいります。」と述べられています。そこで、       │       │
│    │         │ (1) 新幹線新富士駅北口が富士山口になったが富士山のゲート│       │
│    │         │ウェイとしての効果をどのように捉え、北口駅前広場の利便性の│       │
│    │         │向上だけでなく、おもてなしを含め富士山の表側の玄関口として│       │
│    │         │ふさわしい魅力ある整備が求められると思うがどうでしょう。ま│       │
│    │         │た南口整備も富士山口の整備に合わせた総合的な整備構想があっ│       │
│    │         │てしかるべきだと思いますがどうでしょう。         │       │
│    │         │ (2) 公共交通機関の充実を図る上では新富士駅、富士駅の接続│       │
│    │         │は今までも最重要課題に挙げられてきましたが、岳南都市圏総合│       │
│    │         │都市交通計画の中での一体的な整合性を図るのが喫緊の課題でも│       │
│    │         │あります。そして今まで取り組んできたDMV導入やワンコイン│       │
│    │         │タクシーの実証実験、また身延線延伸要望等幾つかの課題が検討│       │
│    │         │されてきましたが、現在の市長の思いをお伺いします。    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │松本 貞彦(32)│3.「施策の大要」について                │市長     │
│    │         │ (1) 第2に『健やかに安心して暮らせるまち』をつくるための│       │
│    │         │施策では、少子化対策における婚活と子育て支援事業について述│       │
│    │         │べられております。                    │       │
│    │         │ 富士市社会福祉協議会が実施する「ハッピネスFuji」の事│       │
│    │         │業充実及び商工団体等と協働で「(仮称)ふじ結婚支援ネットワ│       │
│    │         │ーク会議」を開催するとあり、事業を多角的に行うことは喜ばし│       │
│    │         │いことですが、これら事業の有機的な連携、例えばコラボレーシ│       │
│    │         │ョン事業開催、会員交流や活動成功例等の情報共有(個人情報等│       │
│    │         │除く)はなされるのか。また、子育て世代包括支援センターの設│       │
│    │         │置準備も踏まえて、婚活事業から子育て支援事業への連携やワン│       │
│    │         │ストップ窓口等も踏まえた大きな視点に立った少子化対策が求め│       │
│    │         │られると思うがお伺いします。               │       │
│    │         │ (2) 第3に『産業が交流するにぎわいのまち』では、富士山3│       │
│    │         │776型広域DMOの設置の検討を行うなど広域連携による観光│       │
│    │         │振興を図ると述べられております。             │       │
│    │         │  ? 富士山3776型広域DMOの設置検討が打ち出されま│       │
│    │         │したが、ぜひとも表富士側をネットワークでつなぐ広域連携によ│       │
│    │         │る観光振興が必要であります。どのような範囲で呼びかけていく│       │
│    │         │のか、その構想をまずお伺いします。            │       │
│    │         │  ? 本年も富士山百景写真コンテストが計画されているよう│       │
│    │         │ですが、市民に定着した行事に成長しました。近年、富士山を南│       │
│    │         │北から眺めて、一番北は福島県花塚山からはるばる308キロメー │       │
│    │         │トルのかなたからの写真が、一番南からは和歌山県那智勝浦町か│       │
│    │         │ら太平洋越しに実に323キロメートルの写真が紹介をされており │       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ 富士山頂上を自分の足できわめる。また、市庁舎の屋上からの│       │
│    │         │富士山と駿河湾の眺望も見事であります。そこで私は市外からの│       │
│    │         │積極的な応募受け入れなど、富士山百景コンテストの一工夫をま│       │
│    │         │ず求めたいと思いますが、どのように考えておられるかお伺いし│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ 以上、申し上げてまいりましたが、御案内のとおり富士山と駿│       │
│    │         │河湾は切っても切れません。そこで、平成14年まで運行されてい│       │
│    │         │た駿河湾フェリーが同年4月をもってその母港を田子の浦港から│       │
│    │         │清水港に変更されましたが、そのときの寂しさを忘れることがで│       │
│    │         │きません。何といっても駿河湾海上から田子の浦港へ入港する雄│       │
│    │         │大な富士山を市民に、全国民に世界の人々に見てもらいたいと思│       │
│    │         │うのであります。                     │       │
│    │         │ そこで、                        │       │
│    │         │  ? 現在、清水港―土肥港間を直行しているフェリーを田子│       │
│    │         │の浦港に寄港できるような運動はできないかと思うのであります│       │
│    │         │。そして、富士山へのルートを歩いてもらいたいと思うのであり│       │
│    │         │ます。田子の浦港のにぎわいづくり             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │松本 貞彦(32)│のために、この広域DMO設置の検討課題にふさわしいと思いま│市長     │
│    │         │すが、御所見をお伺いします。               │       │
│    │         │ 「林業振興につきましては、新たに首都圏の工務店等を招いて│       │
│    │         │富士ヒノキ原産地視察を行うとともに、『富士ヒノキの家建築助│       │
│    │         │成事業補助金』について募集棟数の上限を撤廃するなど、富士ヒ│       │
│    │         │ノキのより一層の販路拡大に取り組んでまいります。     │       │
│    │         │ また、市貸付林において、借地人と民間事業者の協力を得て、│       │
│    │         │間伐等の整備を促進し、山林の保全と併せて富士ヒノキの供給強│       │
│    │         │化に努めてまいります。                  │       │
│    │         │ さらに、無人航空機『ドローン』を導入し、山林の実態調査を│       │
│    │         │効率的に実施するほか、多分野での活用を検討してまいります。│       │
│    │         │」とあります。                      │       │
│    │         │ そこで、                        │       │
│    │         │  ? 富士ヒノキの販路拡大には、積極的な姿勢が見られる。│       │
│    │         │予算の上でも示されているように、「富士ヒノキ販路拡大支援」│       │
│    │         │の具体的な取り組みをお示しいただきたいと思います。    │       │
│    │         │  ? 「富士ヒノキの家建築助成事業補助金」について募集棟│       │
│    │         │数の上限を撤廃ということで、これまで補正を含めて60棟が限度│       │
│    │         │であったが、平成29年度は70棟分の予算であるが、申請件数が上│       │
│    │         │回れば対応するとの解釈でよいのか。また、今回は量的緩和であ│       │
│    │         │るが、申請要件の緩和も視野において施策を進める考えはあるか│       │
│    │         │お伺いします。                      │       │
│    │         │  ? 山林の保全と富士ヒノキの供給強化の具体化策をお伺い│       │
│    │         │します。                         │       │
│    │         │  ? ドローンについては森林行政のみならず、各種公共施設│       │
│    │         │の長寿命化対策及び災害時の現場調査とその対応など利用が拡大│       │
│    │         │すると思うが、その全庁的な活用検討が求められますがお伺いし│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ (3) 第4に『人と自然が共生し環境負荷の少ないまち』をつく│       │
│    │         │るための施策については、「地域エネルギーの有効活用につきま│       │
│    │         │しては、岳南鉄道線等の地域インフラを活用した地域電力事業に│       │
│    │         │おいて、可能性調査の成果を踏まえ、関係者と協議を進めるなど│       │
│    │         │、実現に向けて取り組んでまいります。」とありますが、本調査│       │
│    │         │の現況と今後の取り組みと事業の可能性や進捗状況、地域電力に│       │
│    │         │対する貢献度と実現の見込みについてお伺いします。     │       │
│    │         │ (4) 第5に『魅力ある教育を実現するまち』をつくるための施│       │
│    │         │策についてお尋ねします。「小中連携教育のより一層の推進と小│       │
│    │         │中一貫教育の将来的な導入を目指してまいります。さらに、グロ│       │
│    │         │ーバル化に対応した英語教育の推進と充実を図るため、英語検定│       │
│    │         │3級以上を受験する中学3年生を対象に、検定料の軽減を図る制│       │
│    │         │度を創設するとともに、海外研               │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │松本 貞彦(32)│修として、姉妹都市であるオーシャンサイド市へ中学校英語教員│市長     │
│    │         │を派遣します。」とありますが、              │       │
│    │         │  ? 小中学校の教育連携の現場での状況と小中学校一貫教育│       │
│    │         │の検討はどのように進んでいるのか。本市でのその必要性をどう│       │
│    │         │認識しているのかお伺いします。              │       │
│    │         │  ? 英語検定料金の軽減制度創設は十分理解するがそれ以前│       │
│    │         │の英語教育が何より重要だと思います。多くの小中学生がこの検│       │
│    │         │定にチャレンジできるような教育方針、指導方針などをお示しく│       │
│    │         │ださい。                         │       │
│    │         │  ? 中学校英語教員の派遣でありますがその詳細をお示しく│       │
│    │         │ださい。                         │       │
│    │         │ (5) 第6に『人にやさしい便利で快適なまち』をつくるための│       │
│    │         │中で、「都市計画につきましては、集約・連携型の都市づくりの│       │
│    │         │推進に向け、『富士市立地適正化計画』と『市街化調整区域の土│       │
│    │         │地利用方針』の策定に着手してまいります。」とありますが、 │       │
│    │         │  ? 市民懇話会の内容と規模についてお伺いします。   │       │
│    │         │  ? 市民の多くが市街化調整区域の見直しに関心を持ってい│       │
│    │         │ると思うがどのように受けとめているか。そして土地利用方針の│       │
│    │         │概要についてお伺いします。                │       │
│    │         │  ? 策定に着手する市長の集約・連携型都市づくりのお考え│       │
│    │         │をお伺いします。                     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │小山 忠之(26)│1.「はじめに」について                 │市長     │
│    │         │ 「任期仕上げの年に向けて」強い意欲を示しながら「基本姿勢│       │
│    │         │とこれまでの主要な施策について所信を申し述べ」る中で、「生│       │
│    │         │涯青春都市」を目指し、「まちに元気を、人に安心を」を信条と│       │
│    │         │して取り組んできたとしているが、「1期4年で答えを出す」、│       │
│    │         │「ノーと言わない行政」などの公約も踏まえ、以下について伺う│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 公約を含めこれまでの取り組みの自己評価・採点はどうか。課│       │
│    │         │題についてはどう認識しているか。             │       │
│    │         │2.「新年度の市政運営に向けて」について         │       │
│    │         │ 第3「活力みなぎるしごとづくりプロジェクト」について  │       │
│    │         │ 「経済の好循環を生み出すため、本市の企業が持つ技術力の更│       │
│    │         │なる発信」をしていくことや、企業誘致、留置等への取り組みが│       │
│    │         │述べられているが、                    │       │
│    │         │ (1) 富士市の企業において育まれた技術力の特徴や特異性、希│       │
│    │         │少性、対外的優位性についてどのように把握・分析し評価してい│       │
│    │         │るか。                          │       │
│    │         │ (2) 地元中小企業振興と連動・連携し得る「新たな企業の誘致│       │
│    │         │」についてどう取り組んできたか。また新年度以降どう取り組ん│       │
│    │         │でいくか。                        │       │
│    │         │3.「施策の大要」について                │       │
│    │         │ (1) 第2『健やかに安心して暮らせるまち』をつくるための施│       │
│    │         │策について                        │       │
│    │         │ 「妊娠期から子育て期にわたる様々なニーズに対して、総合的│       │
│    │         │な相談・支援を行うワンストップ拠点『子育て世代包括支援セン│       │
│    │         │ター』の設置に向けた準備を進めてまいります」としている。こ│       │
│    │         │こでまず、                        │       │
│    │         │  ? 「子育て世代包括支援センター」について想定している│       │
│    │         │機能及び準備の具体的内容及び設置場所・時期について、伺う。│       │
│    │         │ 一方、高齢者福祉について「『地域包括ケアシステム』の更な│       │
│    │         │る推進」とある。要援護高齢者等の在宅生活を目指す地域包括ケ│       │
│    │         │アシステムにおいて、地域包括支援センターはその中核に位置づ│       │
│    │         │けられるとされるが、同センターについては今後、高齢者のみな│       │
│    │         │らず障害児(者)から子どもまで包括する抜本的な機能強化が期│       │
│    │         │待されている。                      │       │
│    │         │ そこで、                        │       │
│    │         │  ? 地域包括支援センターの機能強化と、同センターと子育│       │
│    │         │て世代包括支援センターとの連携体制の構築についてあわせて検│       │
│    │         │討してはいかがか伺う。                  │       │
│    │         │ (2) 第3『産業が交流するにぎわいのまち』をつくるための施│       │
│    │         │策について                        │       │
│    │         │ 工業振興施策に触れながら、「引き続き新たな工業用地の候補│       │
│    │         │地選定に向けた取組を進める」などとしている。       │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │小山 忠之(26)│ そこで、2点を伺う。                  │市長     │
│    │         │  ? これまで工業振興施策において掲げた数値目標の到達状│       │
│    │         │況はどうか。その可否についてどう分析し、新年度施策にどのよ│       │
│    │         │うに反映しているか。                   │       │
│    │         │  ? 新たな工業用地候補地選定の進捗状況はどうか。また同│       │
│    │         │用地について地域中小企業対策を含めていかなる産業集積を想定│       │
│    │         │しているか。                       │       │
│    │         │ (3) 第4『人と自然が共生し環境負荷の少ないまち』をつくる│       │
│    │         │ための施策について                    │       │
│    │         │ 「(仮称)富士市水道事業経営戦略プラン」の策定に着手する│       │
│    │         │こと、水道施設等の管理の包括的民間委託を試行導入すること、│       │
│    │         │「富士市生活排水処理長期計画」の見直し、また「(仮称)富士市│       │
│    │         │公共下水道事業経営戦略プラン」の策定、さらに浄化槽整備区域│       │
│    │         │において新たな整備手法を検討し「『浄化槽整備計画』を策定す│       │
│    │         │る」など重要な計画の見直しや策定がてんこ盛りとなっているが│       │
│    │         │、3点についてのみ伺う。                 │       │
│    │         │  ? 「(仮称)富士市水道事業経営戦略プラン」策定の意義│       │
│    │         │と狙い、到達目標及び住民への影響(メリット)について    │       │
│    │         │  ? 包括的民間委託のメリット及びデメリットについて  │       │
│    │         │  ? 「浄化槽整備計画」策定の意義と狙い、住民への影響(│       │
│    │         │メリット)について                    │       │
│    │         │ (4) 平成29年度の執行体制について            │       │
│    │         │ 「様々な行政課題に的確に対応するとともに、効果的な事業の│       │
│    │         │執行や市民満足度の向上を図るため、組織の改正を行ってまいり│       │
│    │         │ます。」とあるが、組織横断型の仕組みにはどう取り組んできた│       │
│    │         │か。新年度についてはどうか。               │       │
│    │         │ (5) 平成29年度予算編成について             │       │
│    │         │ 会計予算総額1685億円余は、地域経済の活力増進に資する貴重│       │
│    │         │な地域内再投資と捉え、市民経済への最大限の波及効果を企図し│       │
│    │         │た活用(執行)が求められる。                │       │
│    │         │ 特に、一般会計予算における物件費、投資的経費を初め各会計│       │
│    │         │における外注に係る予算の執行については、税の地域・市民還元│       │
│    │         │を強く意識した対策が期待されるところである。       │       │
│    │         │ 地域経済活性に資する地域還元対策について所見を伺う。  │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │石橋 広明(30)│1.新年度の市政運営に向けて               │市長     │
│    │         │ 第3に「活力みなぎるしごとづくりプロジェクト」について │       │
│    │         │ 「地域経済の先行きに不透明感が漂う中、経済の好循環を生み│       │
│    │         │出すため、本市の企業が持つ技術力の更なる発信に加え、新たな│       │
│    │         │産業の創出・育成に向けた支援、市外からの企業誘致や既存企業│       │
│    │         │の留置等、本市経済の持続的な発展に向けた取組を進めてまいり│       │
│    │         │ます。」、「郷土愛やまちの誇りであるシビックプライドを醸成│       │
│    │         │し、いつまでも住み続けたいという市民を増やすとともに、本市│       │
│    │         │の知名度や好感度を向上させ、観光客や転入者の増加を促進する│       │
│    │         │ことを目的として、このブランドメッセージを積極的に活用した│       │
│    │         │『富士市ブランドメッセージ大作戦』を展開してまいります。 │       │
│    │         │ さらに『青春大賞事業』につきましては、ブランドメッセージ│       │
│    │         │と掛け合わせ、『青春市民プロジェクト』として拡充してまいり│       │
│    │         │ます。」としているが、シビックプライドの醸成とは、具体的に│       │
│    │         │どのような内容で事業展開をしていくのかお示ししていただきた│       │
│    │         │い。また、ブランドメッセージ大作戦を展開するためのチーム編│       │
│    │         │成や構成員について、考えを伺う。             │       │
│    │         │2.施策の大要                      │       │
│    │         │ (1) 第1に『安全で暮らしやすいまち』をつくるための施策に│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │ 「『静岡県薬物乱用防止県民大会』が10年ぶりに本市で開催さ│       │
│    │         │れることから、多くの市民の皆様に参加を呼びかけ、薬物乱用根│       │
│    │         │絶に機運を盛り上げてまいります。」としているが、具体的な事│       │
│    │         │業内容及び開催予定日、会場、呼びかけ対象者の考えを伺う。 │       │
│    │         │ (2) 第2に『健やかに安心して暮らせるまち』をつくるための│       │
│    │         │施策について                       │       │
│    │         │ 「待機児童対策につきましては、目標を2年前倒しし、平成30│       │
│    │         │年4月時点での待機児童の解消を目指し、新年度を待機児童解消│       │
│    │         │の強化期間として位置付け、県内初となる公立幼稚園の教室を活│       │
│    │         │用した『小規模保育事業所』の開設や、保育ママ事業の拡充など│       │
│    │         │を行うとともに、企業主導型保育施設の整備を積極的に促進する│       │
│    │         │ため、設置費用等に対する助成制度を創設いたします。    │       │
│    │         │ また、こども未来課に新たに専任職員を配置するとともに、庁│       │
│    │         │内に『(仮称)待機児童解消緊急プロジェクトチーム』を設置い│       │
│    │         │たします。」としているが、                │       │
│    │         │  ? 「小規模保育事業所」の開設場所と保育士の確保を伺う│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │  ? 企業主導型保育施設の整備を積極的に促進するための設│       │
│    │         │置費用等に対する助成制度の上限と対象企業の周知をどのように│       │
│    │         │図るのか。                        │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │石橋 広明(30)│  ? 「(仮称)待機児童解消緊急プロジェクトチーム」の具│市長     │
│    │         │体的内容とチーム編成の対象者と専任職員の対象者と役割を伺う│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (3) 第3に『産業が交流するにぎわいのまち』をつくるための│       │
│    │         │施策について                       │       │
│    │         │  ? 工業振興につきましては、CNF関連産業の一大集積地│       │
│    │         │を目指し、用途開発の促進に向けて「産業連携CNFチャレンジ│       │
│    │         │補助金」の対象を拡大するとともに、新たにCNFのサンプルや│       │
│    │         │使用製品の常設展示を行うなど、情報の発信を強化するほか、市│       │
│    │         │内企業とCNF製造企業等とのマッチングの場を積極的に提供し│       │
│    │         │てまいります。」としているが、              │       │
│    │         │   ア 常設展示の具体的内容を伺う。          │       │
│    │         │   イ 市内企業とCNF製造企業等のマッチングの場とは、│       │
│    │         │具体的な考え方をお示しいただきたい。           │       │
│    │         │   ウ CNF関連産業の一大集積地を目指すとしているが、│       │
│    │         │集積地の確保の考えを伺います。              │       │
│    │         │  ? 「田子の浦港のにぎわいづくりにつきましては、引き続│       │
│    │         │き客船などの誘致に取り組むとともに、『水陸両用バス』のデモ│       │
│    │         │ンストレーション走行を実施いたします。」としているが、  │       │
│    │         │   ア 「水陸両用バス」のデモンストレーションに対して、│       │
│    │         │関係者との調整は図られているのか。            │       │
│    │         │   イ 「水陸両用バス」デモンストレーションの目的と将来│       │
│    │         │展望を伺う。                       │       │
│    │         │ (4) 第4に『人と自然が共生し環境負荷の少ないまち』をつく│       │
│    │         │るための施策について                   │       │
│    │         │ 「生活排水処理対策につきましては、公共下水道及び浄化槽の│       │
│    │         │手法で整備を進めておりますが、持続可能な汚水処理システムの│       │
│    │         │構築に向けて『富士市生活排水処理長期計画』を見直してまいり│       │
│    │         │ます。」としているが、「富士市公共下水道全体計画」に基づき│       │
│    │         │見直すと思われますが、全体ではどのような計画のもと、進めて│       │
│    │         │いくのか、具体的な内容を伺う。また、公共下水道整備済み区域│       │
│    │         │の未接続世帯への接続を促す取り組みについて、具体的な内容を│       │
│    │         │伺う。                          │       │
│    │         │ (5) 第5に『魅力ある教育を実現するまち』をつくるための施│       │
│    │         │策について                        │       │
│    │         │  ? 「文化振興につきましては、昨年11月にオープンした『│       │
│    │         │ふじ・紙のアートミュージアム』を拠点に、企画展やワークショ│       │
│    │         │ップを開催するなど、市内外に『紙のアート』の魅力を発信して│       │
│    │         │まいります。」としているが、企画展やワークショップの具体的│       │
│    │         │内容と目的について伺う。                 │       │
│    │         │  ? 「スポーツ施設の整備のうち、現在、使用中止としてい│       │
│    │         │る富士総合運動公園体育館につきましては、既存の体     │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │石橋 広明(30)│育館や学校体育館等を有効に活用し、利用団体をはじめ市民の皆│市長     │
│    │         │様にご不便をおかけすることのないよう努めてまいります。  │       │
│    │         │ また、富士総合運動公園体育館と温水プールの今後のあり方を│       │
│    │         │早急に検討するとともに、本市を取り巻く状況や世論調査の結果│       │
│    │         │を踏まえながら、総合体育館の建設に向け基本構想の策定に着手│       │
│    │         │してまいります。」としているが、             │       │
│    │         │   ア 現状、体育館は事前の予約であり、学校体育館は利用│       │
│    │         │者委員会への申請や登録者による予約となっており、利用団体に│       │
│    │         │不便をかけない施策を伺う。                │       │
│    │         │   イ 富士総合運動公園体育館と温水プールの今後のあり方│       │
│    │         │の具体的考えを伺う。                   │       │
│    │         │   ウ 総合体育館の建設に向けた基本構想の策定に着手とあ│       │
│    │         │るが、以前からの市民の願いでもあり、早期実現に向けての取り│       │
│    │         │組みとして、基本構想の策定着手から実施設計や建設着手はいつ│       │
│    │         │ごろを予定しているのか。また、建設予定地としての考えを伺う│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (6) 第6に『人にやさしい便利で快適なまち』をつくるための│       │
│    │         │施策について                       │       │
│    │         │ 「空き家対策につきましては、『富士市空家等対策協議会』を│       │
│    │         │設置し、所有者への意向調査の結果などを踏まえ、『富士市空家│       │
│    │         │等対策計画』を策定いたします。」としているが、対策協議会の│       │
│    │         │組織メンバーの選定と意向調査の具体的内容及び対策計画の具体│       │
│    │         │的内容を伺う。                      │       │
│    │         │ (7) 第7に『市民と創る新たなまち』を築くための施策につい│       │
│    │         │て                            │       │
│    │         │ 「市民サービスの向上につきましては、マイナンバーカードの│       │
│    │         │更なる普及を図り、コンビニエンスストアでの証明書交付サービ│       │
│    │         │スの利用を促進してまいります。」としているが、具体的内容と│       │
│    │         │今後の方向づけを伺う。                  │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│6   │笠井  浩(19)│1.「はじめに」から                   │市長     │
│    │         │ (1) 「私自らがトップセールスを重ね、積極的に企業誘致を進│       │
│    │         │める」とあるが、3年間のトップセールスによる企業誘致の実績│       │
│    │         │と来年度の目標を伺う。                  │       │
│    │         │ (2) 「この3年間でまいた種が着実に成長し、実を付け、収穫│       │
│    │         │の時期を迎えようとしております。」とあるが、どのような種を│       │
│    │         │まき、どのような果実がいつ収穫できるのか伺う。      │       │
│    │         │2.「新年度の市政運営に向けて」から           │       │
│    │         │ (1) 第1、「安全で快適なまちづくりプロジェクト」    │       │
│    │         │  ? 「新富士駅や富士駅の周辺再整備を進める」とあるが、│       │
│    │         │富士駅周辺特に北口付近の再整備には地権者の協力が不可欠だと│       │
│    │         │思うが現状はいかがか。                  │       │
│    │         │  ? 「公共交通機関の更なる充実を図る」とあるが、平成29│       │
│    │         │年度当初予算には意気込みが感じられない。高齢化社会にとって│       │
│    │         │も若者が住みたくなるまちをつくるに当たっても、公共交通政策│       │
│    │         │は重要だと考えるがお考えを伺う。             │       │
│    │         │ (2) 第2、「次代を担うひとづくりプロジェクト」     │       │
│    │         │ 「若い世代の人口確保に向け、これまでの取組に加え、本市の│       │
│    │         │立地利便性や移住支援策をPRするターゲットを絞り積極的に働│       │
│    │         │きかける」とあるが、ターゲットを絞る対象は何か伺う。   │       │
│    │         │3.「施策の大要」から                  │       │
│    │         │ (1) 第1、『安全で暮らしやすいまち』          │       │
│    │         │ 「不法侵入者などから利用者の安全を確保するため、公立幼稚│       │
│    │         │園・保育園や福祉キャンパスなどの福祉施設等に、防犯カメラや│       │
│    │         │警備システムの設置を進めてまいります。」とあるが、防犯カメ│       │
│    │         │ラの設置に関してはプライバシーに触れる部分もあり、条例等に│       │
│    │         │よる防犯カメラの設置に関するルールづくりが必要と考えるがい│       │
│    │         │かがか。                         │       │
│    │         │ (2) 第3、『産業が交流するにぎわいのまち』       │       │
│    │         │ 「更なる企業誘致・留置を図るため、引き続き新たな工業用地│       │
│    │         │の候補地選定に向けた取組を進める」とあるが、場所や時期等、│       │
│    │         │具体的に伺う。                      │       │
│    │         │ (3) 第7、『市民と創る新たなまち』           │       │
│    │         │ 「『まちづくり協力員』を平成30年3月から各地区まちづくり│       │
│    │         │センターに配置してまいります。」とあるが、具体的に伺う。 │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │小沢 映子(20)│1.「施策の大要」から                  │市長     │
│    │         │ (1) 第2『健やかで安心して暮らせるまち』について    │       │
│    │         │  ? 「『子育て世代包括支援センター』の設置に向けた準備│       │
│    │         │を進めてまいります。」とあるが、どのような人的体制で、どの│       │
│    │         │ような機能を担わせるのか。                │       │
│    │         │  ? 「社会的養護の重要性が高まる中、里親制度を広く周知│       │
│    │         │するため、市民協働事業提案制度を活用し、新たに全小学校区に│       │
│    │         │おいて啓発活動を進めてまいります。」とあるが、どのような内│       │
│    │         │容で、どのように啓発するのか。              │       │
│    │         │  ? 「認知症の初期対応や支援を包括的・集中的に行うため│       │
│    │         │、医師を含め複数の専門職で構成する『認知症初期集中支援チー│       │
│    │         │ム』を新たに設置してまいります。」とあるが支援チームの人的│       │
│    │         │体制、派遣状況をどう想定しているのか。          │       │
│    │         │ (2) 第5『魅力ある教育を実現するまち』について     │       │
│    │         │ 「新たに小学校3校、中学校2校をコミュニティ・スクールに│       │
│    │         │指定し、学校と地域、保護者等が一体となって学校運営の改善及│       │
│    │         │び児童・生徒の健全育成に取り組む」とあるが、地域住民や保護│       │
│    │         │者等に対しても、取り組みの必要性や成果を広く周知するなど、│       │
│    │         │学校への理解と参画を促す環境づくりができているのか。   │       │
│    │         │ (3) 第7『市民と創る新たなまち』について        │       │
│    │         │  ? 男女共同参画については、「女性の活躍推進を図るセミ│       │
│    │         │ナーを開催するとともに、小中学校と連携し次代を担う若い世代│       │
│    │         │への啓発を強化してまいります。」また、LGBTについては、│       │
│    │         │「多様性が理解され尊重されるよう、講演会やセミナーを開催し│       │
│    │         │てまいります。」とあるが、どのような人を対象にして、どのよ│       │
│    │         │うな実効性のある工夫をしているのか。           │       │
│    │         │  ? 多文化共生については、「外国人市民への日本語指導や│       │
│    │         │、誰にでもわかりやすい『やさしい日本語』の普及などにおいて│       │
│    │         │、外国人市民と協働することにより、多文化共生意識の向上に努│       │
│    │         │めてまいります。」とあるが、多文化共生の推進状況について伺│       │
│    │         │う。                           │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

           発 言 通 告 表 ( 一 般 質 問 )
                                     平成29年2月定例会
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │遠藤 盛正(13)│1.高齢者運転の交通事故対策と生活の足の確保について   │市長     │
│    │         │ 近年、高齢ドライバーが運転する車による悲惨な死亡事故が相│及び     │
│    │         │次ぎ、対策のあり方が問われています。昨年10月下旬に横浜市港│担当部長   │
│    │         │南区では80代の男性が運転する軽トラックが集団登校中の児童の│       │
│    │         │列に突っ込み7人が死傷。11月には栃木県下野市で高齢者の運転│       │
│    │         │する車が病院玄関付近に突っ込んで3人が死傷。同月東京都立川│       │
│    │         │市の病院の敷地内で車が暴走、はねられた2人が犠牲になる死亡│       │
│    │         │事故が起きています。これも高齢ドライバーによる事故です。 │       │
│    │         │ 静岡県内では、昨年10月までの交通事故死亡者のうち37%が高│       │
│    │         │齢ドライバーによる事故の犠牲者だそうです。県内で運転免許証│       │
│    │         │を保有する65歳以上の高齢者は平成27年末で59万人超。富士市で│       │
│    │         │は、平成27年末で運転免許証の保有者は、17万5000人で、そのう│       │
│    │         │ち65歳以上の高齢者が4万人強いるそうです。これは全体の22.6│       │
│    │         │%で、今後高齢化が進む中この数字も間違いなく上がっていきま│       │
│    │         │す。ここで問題は、多くの高齢者が「自分は大丈夫、事故なんか│       │
│    │         │起こさない」と思っていることです。しかし高齢になれば運転に│       │
│    │         │対する認知機能は確実に衰えてきています。警察庁は認知症の人│       │
│    │         │が起こした交通事故が平成27年までの3年間で少なくとも216件 │       │
│    │         │あったとしています。そこで政府も認知症ドライバー対策を強化│       │
│    │         │する「改正道路法」を本年3月から施行すると発表しています。│       │
│    │         │静岡県警も、この認知症ドライバー対策を強化する臨時認知機能│       │
│    │         │検査が新設され、県内でも対象となる75歳以上の高齢運転者は約│       │
│    │         │1万人になると見込んでいます。              │       │
│    │         │ ここで簡単に、臨時認知機能検査について説明いたします。逆│       │
│    │         │走などの通行区分違反や信号無視といった認知機能低下により引│       │
│    │         │き起こされやすいとされる18項目で違反をした75歳以上の高齢者│       │
│    │         │に義務づけられるもので、認知症のおそれがあると判断されれば│       │
│    │         │医師の診断などを受けなければならず、発症していた場合は免許│       │
│    │         │停止か免許取り消しとなるものです。このように法律的にも高齢│       │
│    │         │者の交通事故防止に厳しくなりますが、現在、行われている運転│       │
│    │         │免許証自主返納を進める意味でも、今後の行政の取り組みが大切│       │
│    │         │になってくると思います。                 │       │
│    │         │ 富士警察署管内での運転免許証自主返納者は、平成24年が391 │       │
│    │         │件、平成25年が340件、平成26年が539件、平成27年が623件、平 │       │
│    │         │成28年は817件となっています。今年度は特に昨年10月に起きた │       │
│    │         │全国的な高齢ドライバーによる交通事故を受けて増加傾向になっ│       │
│    │         │ているそうです。                     │       │
│    │         │ しかし、免許証を返納した後の生活の足については不安を抱え│       │
│    │         │る方が多く、行政としても早急な取り組みが必要となっ    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │遠藤 盛正(13)│てきています。山間地など車がないと生活が成り立たない地域が│市長     │
│    │         │あるのも事実ですし、孫の送り迎えを生きがいにしている方もい│及び     │
│    │         │らっしゃいます。そこで、運転しなくても生活できる自主返納し│担当部長   │
│    │         │ても安心して生活できる環境づくりに今すぐ取り組んでいただき│       │
│    │         │たいと思います。私たちの富士市から、高齢者自身の交通事故、│       │
│    │         │高齢ドライバーによる悲惨な交通事故を起こさないよう「高齢ド│       │
│    │         │ライバー交通事故ゼロ」を目指して、以下質問させていただきま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ (1) 富士市の高齢ドライバーによる交通事故の現状について │       │
│    │         │ (2) 富士市の公共交通機関の現状について         │       │
│    │         │ (3) 富士市の認知症の疑いのある要介護認定者の運転免許証保│       │
│    │         │有者の対応はどのようになっているのか。          │       │
│    │         │ (4) 富士市の運転免許証自主返納事業の取り組みについて  │       │
│    │         │2.富士駅南口田子浦線整備計画の進捗状況について     │       │
│    │         │ 平成20年度からスタートした富士駅南口田子浦線の整備計画は│       │
│    │         │当時、富士駅南地区区長会、富士南地区区長会、富士第二小学校│       │
│    │         │PTA、富士南小学校PTA、富士南中学校PTA、富士駅南商│       │
│    │         │店会からの強い要望を受け、当時の鈴木尚市長を初めとする当局│       │
│    │         │と住民30名ほどが参加した行政視察を行い、鈴木市長にも、大変│       │
│    │         │危険な箇所であると認識をいただき早急な改良計画が必要とされ│       │
│    │         │て始まった事業だと認識しています。            │       │
│    │         │ 予定では平成28年度には全ての工事が終了し、富士駅南口周辺│       │
│    │         │の交通安全と地域の活性化が進むと住民からも大きな期待を受け│       │
│    │         │ていました。しかし、順調にスタートしたかに見えた事業ですが│       │
│    │         │、平成23年ごろから平成27年までは手つかずな状態が続き、移転│       │
│    │         │を済ませた人やまだお住まいの方からも、いつになったら本格的│       │
│    │         │に始まるんだと不安の声が上がっています。この計画は、住民に│       │
│    │         │してみると単に道路の拡張だけでなく、富士駅南口周辺の整備が│       │
│    │         │進められることで、にぎわいあるまちづくりができると大いに期│       │
│    │         │待されているものです。                  │       │
│    │         │ 富士駅周辺の整備計画も長期にわたり進められていますが、具│       │
│    │         │体的に進んでいないのが現状です。この富士駅南口田子浦線の改│       │
│    │         │良工事は、富士駅周辺の再整備計画にも大きく寄与すると考えま│       │
│    │         │すので、一日も早い工事の完成を望むものであります。以上のこ│       │
│    │         │とから今後の工事の進捗はどのようにするのか確認したいと思い│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ 以上、2項目をもって1回目の質問とさせていただきます。 │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │小野由美子(14)│1.富士市在住の日本語を母語としない外国籍の方々への日本語│市長     │
│    │         │教育について                       │及び     │
│    │         │ 平成29年1月現在で、富士市には、57カ国4800人弱の外国籍の│担当部長   │
│    │         │方々がおり、市の主催講座だけでなく、市民団体の方々や個人ボ│       │
│    │         │ランティアの方々が、外国籍の方々に、日本語や日本での生活上│       │
│    │         │必要な事柄を伝える活動を担ってくれています。25年以上前から│       │
│    │         │富士市より委託を受け活動している教員OB・OGで構成されて│       │
│    │         │いる「富士日本語教室」や20年以上前より自主的にボランティア│       │
│    │         │で活動している「富士にほんごの会」、そして、FILSで行っ│       │
│    │         │ている日本語ボランティアの皆様などです。         │       │
│    │         │ 1月22日に行われた第14回日本語スピーチコンテスト入賞者の│       │
│    │         │スピーチにも、日本語を教えているボランティアの方々の献身的│       │
│    │         │な活動に感謝する内容が多くあり、富士市に住む外国籍の方々に│       │
│    │         │とってかけがえのない活動になっていると認識しています。長年│       │
│    │         │の御活動に深く感謝するものです。             │       │
│    │         │ その中で、現在、日本語を学びたいと希望している外国籍の方│       │
│    │         │々がふえ、ボランティアが不足している状態にあると聞いており│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ 日本語を学ぶチャンスのないまま長年日本に住んでいる人が正│       │
│    │         │社員になったときに漢字ができなくて困ったとか、子どもが学校│       │
│    │         │へ行くようになり学校から持って帰ってくるお便りが読めないと│       │
│    │         │いう人がいます。また、研修生や実習生は滞在年数が限られてい│       │
│    │         │ることから少しでも日本語能力を上げて帰国したいと思っていま│       │
│    │         │す。このように要望が多様化してきている現実もあります。  │       │
│    │         │ 日常生活での会話や読み書きがわからず困るということだけで│       │
│    │         │なく、災害時に情報が届かなければ危険にさらされることも予想│       │
│    │         │されます。学校のような場所で日本語を学ぶことのできない人々│       │
│    │         │にとって日本語ボランティアの存在は欠かせないものです。  │       │
│    │         │ さらに、静岡県では、これから不足するといわれている介護人│       │
│    │         │材の担い手として、外国人の導入も視野にあり、その場合、日本│       │
│    │         │語をしっかり学ぶシステムづくりが課題になっているとの報道が│       │
│    │         │ありました。                       │       │
│    │         │ その一方で、富士市にも、日本語教師を目指し、専門学校や大│       │
│    │         │学等に通って420時間に及ぶ日本語教育の専門知識を習得し、さ │       │
│    │         │らには日本語教育能力検定試験に合格した方々もいます。しかし│       │
│    │         │、それらの資格を持つ方々でも、富士市で日本語を外国籍の方々│       │
│    │         │に教えようとすると、1回200円ほどの資料代でボランティア活 │       │
│    │         │動をする以外に活躍の場がないという嘆きの声も聞こえています│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 多様化してきている需要に対し、供給が従来の献身的なボラン│       │
│    │         │ティアに支えられているところが大きいことから、機能    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │小野由美子(14)│している部分ではすばらしい成果を出していますが、もう少し多│市長     │
│    │         │様化に向け枠を広げてもよいのではないかと感じ、以下質問いた│及び     │
│    │         │します。                         │担当部長   │
│    │         │ (1) 富士市の外国籍の方々への日本語教育の目的と方針、そし│       │
│    │         │て、現在行っている手段・方法をお聞きします。       │       │
│    │         │ (2) 現在の制度はそのまま生かした上で、所有する資格(日本│       │
│    │         │語教師として認められる基準の取得や語学検定等)、得意分野及│       │
│    │         │び他国の滞在経験や日本語教師としての派遣条件等々の情報を人│       │
│    │         │材登録し、市が把握した上で、ウエブサイト等で紹介し、それぞ│       │
│    │         │れの派遣要望に応じ、能力に見合う報酬を得られるシステムをつ│       │
│    │         │くるときではないかと思いますがいかがでしょうか。     │       │
│    │         │ (3) 在住する外国籍の方々に日本語力を上げてもらうことは当│       │
│    │         │然ですが、市役所の窓口や郵便物にも「やさしい日本語」を活用│       │
│    │         │し情報弱者を減らす努力をすることや、富士市で日本語教育に携│       │
│    │         │わっていただいている方々との連絡会を主催し、それぞれの方が│       │
│    │         │持っていらっしゃる課題などの情報を行政に取り入れてはいかが│       │
│    │         │でしょうか。                       │       │
│    │         │2.不用浄化槽を雨水貯留施設へ転用する効用とその費用の一部│       │
│    │         │補助について                       │       │
│    │         │ 現在、富士市における下水道布設工事は、富士市の北部地域へ│       │
│    │         │と進んできております。従来、下水道が布設されるとき、今まで│       │
│    │         │使っていた浄化槽を撤去し、そこに下水道本管への接続管路を整│       │
│    │         │備してきたと思います。                  │       │
│    │         │ しかし、敷地に余裕がある場合、浄化槽を撤去しなくても下水│       │
│    │         │道への接続管路を布設することが可能です。そして、不用となっ│       │
│    │         │た浄化槽を雨水貯留施設に転用することができます。     │       │
│    │         │ 雨水貯留施設へ転用することにより、?雨水の庭木等への散水│       │
│    │         │・洗車・防火用水等への有効利用ができます。?雨水の有効利用│       │
│    │         │により水道料金と下水道使用料の負担を軽減できます。?宅地内│       │
│    │         │に遊水機能をもつことにより、降雨時の河川の負担を軽減できま│       │
│    │         │す。?不用となる浄化槽を廃棄処分することなく、再利用できま│       │
│    │         │す。?下水道への接続への誘導要因になります。       │       │
│    │         │ このようにいいことずくめであることから、浄化槽の雨水貯留│       │
│    │         │施設への転用に補助金制度を設けている市が全国にたくさんあり│       │
│    │         │ます。自治体別雨水利用助成制度一覧(2011年4月)によると、│       │
│    │         │全国で何らかの雨水対策を行っている205市区町村のうち94市町 │       │
│    │         │に浄化槽の転用助成制度があります。助成制度がないところは、│       │
│    │         │東京都心や神奈川県の都市部です。静岡県では、ほとんどの市で│       │
│    │         │この浄化槽からの転用雨水貯留施設への助成制度を行っていて、│       │
│    │         │助成制度を設けていないのは上記一覧によると島田市と富士市の│       │
│    │         │みです。                         │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │小野由美子(14)│ 担当課は市によってさまざまですが、新設の家庭用雨水貯留槽│市長     │
│    │         │より格段に容量の大きな雨水貯留施設となることから、治水対策│及び     │
│    │         │として積極的に進めている市が多いようです。        │担当部長   │
│    │         │ そこで、以下質問いたします。              │       │
│    │         │ (1) 降雨時の雨水対策に苦慮することが多い富士市に、下水道│       │
│    │         │工事が北部にきている今こそ、富士市浄化槽雨水貯留施設転用費│       │
│    │         │補助金を創設し、普及を図るべきと思いますがいかがでしょうか│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (2) これから下水道布設が計画されている公共施設で、避難所│       │
│    │         │指定施設の不用浄化槽はマンホールトイレに転用されると思いま│       │
│    │         │すが、指定避難所以外の公共施設の不用浄化槽を大型の雨水貯留│       │
│    │         │施設に転用することで、治水対策に大きく寄与する施設になりま│       │
│    │         │す。そこで質問です。                   │       │
│    │         │  ? これから下水道が布設される予定の指定避難所以外の公│       │
│    │         │共施設はどのような施設ですか。              │       │
│    │         │  ? 河川への雨水の流入を抑えるために、また、雨水の有効│       │
│    │         │利用のために、それらの施設に下水道が布設されるとき、不用に│       │
│    │         │なる浄化槽を雨水貯留槽に転換することを計画すべきと考えます│       │
│    │         │がいかがですか。                     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │佐野 智昭(2) │1.松林を地域・事業者・行政の協働で守り育てていくために │市長     │
│    │         │ 富士海岸及び吉原海岸の松枯れ対策については、喫緊の課題と│及び     │
│    │         │して取り組まれており、平成28年度当初予算には松くい虫被害木│担当部長   │
│    │         │伐倒破砕、防除薬剤地上・空中散布、塩害被害木除去などを実施│       │
│    │         │する森林被害木対策事業費1694万円余が計上され、さらに11月の│       │
│    │         │補正予算では松くい虫被害木伐倒破砕費2031万円余が追加計上さ│       │
│    │         │れた。                          │       │
│    │         │ 現在、11月補正予算に基づき被害木の伐倒破砕が行われている│       │
│    │         │ところであるが、対象となっている2040本の松は、昨年9月から│       │
│    │         │10月にかけての調査時点で被害木と判断されたものである。  │       │
│    │         │ しかし、調査以降、被害はさらに拡大しており、新たに被害木│       │
│    │         │と判断できるものも見受けられるが、伐倒破砕の対象とはならず│       │
│    │         │、被害はさらに拡大し続けるという悪循環を招いている。そして│       │
│    │         │、地域の方々は、先人たちによって守り継がれてきた松が急激な│       │
│    │         │勢いで枯れていく姿を、何もできずに見ているだけの状況に、歯│       │
│    │         │がゆさを感じている。                   │       │
│    │         │ そのような状況に対応するためには、継続して松枯れ対策を講│       │
│    │         │じるとともに、被害を受けた松を迅速かつ的確に伐倒破砕処理で│       │
│    │         │きるような、地域・事業者・行政の協働の体制と仕組みの確立が│       │
│    │         │有効であると考えられる。                 │       │
│    │         │ また、平成23年9月の台風15号、平成24年9月の台風17号の襲│       │
│    │         │来以降、塩害被害木として除去された松及び松くい虫被害木とし│       │
│    │         │て伐倒破砕処理された松の数は膨大であり、松林の環境も大きく│       │
│    │         │変化していることから、将来を見据えて計画的に的確な保全・育│       │
│    │         │成対策を講じていくことが必要であろう。          │       │
│    │         │ 以上を踏まえ、以下、質問する。             │       │
│    │         │ (1) 松くい虫被害木を早期に発見し、迅速に伐倒破砕処理を行│       │
│    │         │い、被害の拡大を防ぐため、松林を有する町内会等で定期的な巡│       │
│    │         │視や被害木の可能性の高い松を選定する体制を確立する。そして│       │
│    │         │、町内会等からの情報を共有し、伐倒破砕処理の必要性の有無の│       │
│    │         │判定などを行う地域・事業者・行政の3者からなる判定会議を定│       │
│    │         │期的に開催、その判定結果をもとに地域と事業者が手分けをして│       │
│    │         │伐倒破砕処理を行うといった体制・仕組みの確立を提案するがい│       │
│    │         │かがか。                         │       │
│    │         │ (2) 堤防の構築や気候変動、社会情勢の変化などに伴い、松林│       │
│    │         │を取り巻く環境も大きく変わってきており、場所によって松の育│       │
│    │         │成状況も異なっていることから、多様な視点で松林の実態を調査│       │
│    │         │し、それを踏まえ、将来の松林のあり方や保全・育成方針、具体│       │
│    │         │的な施策・取り組みを定め、地域・事業者・行政の協働による推│       │
│    │         │進方策などを示す、長期的な視点に立った(仮称)松林保全・育│       │
│    │         │成アクションプランの策定を提案するがいかがか。      │       │
│    │         │2.富士山を生かし、富士山と調和した富士市らしい景観形成 │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │佐野 智昭(2) │を推進するために                     │市長     │
│    │         │ 本市の景観行政は、主には景観法に基づく富士市景観計画(平│及び     │
│    │         │成21年7月策定、以下「景観計画」という。)、富士市景観条例│担当部長   │
│    │         │(平成21年10月施行、以下「景観条例」という。)、富士市屋外│       │
│    │         │広告物条例(平成24年4月施行、以下「屋外広告物条例」という│       │
│    │         │。)に基づき進められており、市民・事業者・行政が一体となっ│       │
│    │         │て良好な景観形成に取り組んでいる。            │       │
│    │         │ また、平成17年度より、富士山を背景に持つ本市ならではの景│       │
│    │         │観スポットを発信し、美しい富士市をPRするため、富士山百景│       │
│    │         │写真コンテストが実施されている。             │       │
│    │         │ そして、平成25年6月に富士山が世界文化遺産に登録されたこ│       │
│    │         │とをきっかけに、改めて富士山の眺望の保全や富士山と調和した│       │
│    │         │景観形成の重要性、海抜ゼロメートルから山頂までを望むことが│       │
│    │         │できる本市の特性が再認識された。             │       │
│    │         │ さらに、本市が推進するシティプロモーションは、世界の宝「│       │
│    │         │富士山」を活動の源に明るい未来に向かって“富士市”を発信し│       │
│    │         │ます。が基本姿勢となっており、推進事業として「富士山と、」│       │
│    │         │運動や富士山登山ルート3776などが実施されている。これらは、│       │
│    │         │言うまでもなく富士山の美しい眺望や富士山と調和した富士市ら│       │
│    │         │しい景観が守られていてこそ成り立つものである。      │       │
│    │         │ 以上を踏まえ、景観に関する施策や取り組みをさらに充実、工│       │
│    │         │夫していくことが、今後のシティプロモーションの推進やまちの│       │
│    │         │魅力向上、本市を訪れる方々へのおもてなしにもつながっていく│       │
│    │         │ものと考え、以下、質問する。               │       │
│    │         │ (1) 景観計画、景観条例及び屋外広告物条例に基づく施策に関│       │
│    │         │連して、以下について伺う。                │       │
│    │         │  ? 新たに景観重要公共施設の指定を考えているか。   │       │
│    │         │  ? 屋外広告物条例に基づく取り組みの成果と課題をどのよ│       │
│    │         │うに捉えているか。                    │       │
│    │         │  ? 富士山の眺望や町並みに配慮したすぐれた屋外広告物等│       │
│    │         │の顕彰制度を創設する考えはないか。            │       │
│    │         │ (2) 平成28年12月に無電柱化の推進に関する法律(以下「無電│       │
│    │         │柱化推進法」という。)が制定されたことを踏まえ、以下につい│       │
│    │         │て伺う。                         │       │
│    │         │  ? 本市では、無電柱化についてどのような実績があり、今│       │
│    │         │後の予定はあるか。                    │       │
│    │         │  ? 本市は、無電柱化推進法に対してどのような姿勢で取り│       │
│    │         │組んでいくのか。                     │       │
│    │         │ (3) 富士山の眺望や富士山の存在を生かした富士市ならではの│       │
│    │         │取り組みの充実という観点から、以下について伺う。     │       │
│    │         │  ? 12回目を迎えている富士山百景写真コンテスト及びその│       │
│    │         │関連で、改善が必要なことや新たに取り組んでいくことはあるか│       │
│    │         │。                            │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │佐野 智昭(2) │  ? 全国に350以上あるとも言われている郷土富士(富士と │市長     │
│    │         │呼称される山)に着目、シティプロモーションの一環にもなる、│及び     │
│    │         │本家本元の富士山の麓の本市で、郷土富士を有する都市が一堂に│担当部長   │
│    │         │会して自慢し合う(仮称)郷土富士サミット等のイベントを山の│       │
│    │         │日や富士山の日などにあわせて開催するというのはどうか。  │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │藤田 哲哉(8) │1.学校2学期制の見直しと土曜授業の導入について     │市長     │
│    │         │ 学習指導要領は、子どもたちの状況や時代の要請等を受けて改│及び     │
│    │         │訂されてきた。平成20年度に行われた改訂は、教育基本法の改正│教育長    │
│    │         │により明確になった教育の目的や目標を踏まえ、子どもたちの「│担当部長   │
│    │         │生きる力」をより確かに育んでいく観点から見直しが行われた。│       │
│    │         │ 学力については、「ゆとり」か「詰め込み」かの対立を乗り越│       │
│    │         │え、基礎的な知識の習得及び主体的に学習に取り組む姿勢を育成│       │
│    │         │することが重視されることとなった。            │       │
│    │         │ 2月14日、昨年12月の中央教育審議会の答申を踏まえ、次期学│       │
│    │         │習指導要領等の改訂案が公表された。文部科学大臣の記者会見で│       │
│    │         │は、現在の学習指導要領の基本的な枠組みを維持しながら、子ど│       │
│    │         │もたちの知識の理解の質をさらに高めることを目指すものと説明│       │
│    │         │された。                         │       │
│    │         │ 富士市では、ゆとり教育が社会の要請等により推進された時代│       │
│    │         │に、小中学校で2学期制や静岡式35人学級を導入、子どもと向き│       │
│    │         │合う時間の確保や落ち着いた学習の取り組みを目的とした。  │       │
│    │         │ しかしながら、平成25年の全国学力・学習状況調査の結果から│       │
│    │         │課題も指摘された。                    │       │
│    │         │ そこで、以下、質問する。                │       │
│    │         │ (1) 学校2学期制導入時は、「学校二学期制実践研究会」が設│       │
│    │         │置され、2年間の実践研究が行われた。そして、今、平成28年度│       │
│    │         │から富士市教育振興基本計画後期実施計画が、平成32年にかけ実│       │
│    │         │施されている。全国的にも2学期制が見直される中、富士市も、│       │
│    │         │この後期実施計画期間にメリット・デメリットを研究し、学校2│       │
│    │         │学期制について見直し検討を行うよい機会と思われるが、いかが│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ (2) 次期学習指導要領等の改訂案では、小学校の標準授業時数│       │
│    │         │について3年生・4年生の外国語活動がそれぞれ35単位時間、5│       │
│    │         │年生・6年生の外国語がそれぞれ70単位時間必要としている。こ│       │
│    │         │れだけの時間数を確保するためには、土曜日の授業の導入につい│       │
│    │         │ても検討が必要と考えるが、いかがか。           │       │
│    │         │2.文書の取り扱いに関するガイドラインの提案       │       │
│    │         │ 富士市では、平成25年度から富士市及び富士宮市共同電算化事│       │
│    │         │業を実施。運営体制として富士地区電子自治体推進協議会事務局│       │
│    │         │を富士市情報政策課内に置き、富士市長が会長を務めている。 │       │
│    │         │ 業務範囲として、共同電算化計画の進捗管理や業務システムの│       │
│    │         │構築等があり、基幹系システム、内部情報系システム等に分類さ│       │
│    │         │れ運用している。                     │       │
│    │         │ これらは、第二次富士市情報化計画(以下、「第二次計画」と│       │
│    │         │いう。)のもとでオープン系パッケージシステムとして導入  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │藤田 哲哉(8) │され、第三次富士市情報化計画(以下、「第三次計画」という。│市長     │
│    │         │)へと引き継がれ、電子自治体の確立を目指している。    │及び     │
│    │         │ さて、第二次計画策定時の時代と比べ情報化を取り巻く環境が│教育長    │
│    │         │大きく変わり、スマートデバイスの普及や通信速度の高速化によ│担当部長   │
│    │         │りワークスタイルも変化、行政サービスにおいても情報通信技術│       │
│    │         │(以下、「ICT」という。)の進展に伴い、新たにICTを利│       │
│    │         │用したサービスの展開が必要という観点から、第三次計画では、│       │
│    │         │基本方針に「魅力的でいきいきした情報の発信」を新設、コスト│       │
│    │         │削減の視点だけでなく、情報発信強化のチャンスという視点に立│       │
│    │         │ち新たな展開を加えた。                  │       │
│    │         │ 以上は、市が保有するありとあらゆる情報をシステム化し、行│       │
│    │         │財政の効率化や市民サービスの向上を具現化する計画であり、I│       │
│    │         │CTを利用したサービス、すなわちシステムの出口部分であると│       │
│    │         │考えられる。                       │       │
│    │         │ しかしながら、システムの入口部分であるベースデータとなる│       │
│    │         │大もと、つまり各課から集まってくる情報は、その担当の考え方│       │
│    │         │や個人のICTに依存している状況にある。         │       │
│    │         │ ここに文書の電子化が進む中、業務のワークフローで入口部分│       │
│    │         │を重点化する必要があると考える。行政文書作成時に文書の性質│       │
│    │         │を各自が十分に理解することにより、目的別に文書データの形を│       │
│    │         │規格化する。すなわち、今まで行政文書作成後の編綴する際に、│       │
│    │         │分類されていたものを、作成時に目的別に分類するものである。│       │
│    │         │ このことにより、行政文書の管理の効率化がなされ、公開等に│       │
│    │         │も迅速に対応できるとともに、データの利用を意識した形をとる│       │
│    │         │ことで、オープンデータ化の推進にも寄与できる。      │       │
│    │         │ これらを踏まえ、以下質問する。             │       │
│    │         │ 市が保有する情報も市有財産という考え方、すなわち市民と情│       │
│    │         │報を共有することで、公共の福祉の増進が考えられるとすると、│       │
│    │         │その品質確保を担保することは重要であると考えられる。そこで│       │
│    │         │、文書の取り扱いに関するガイドラインが必要不可欠であると思│       │
│    │         │うが、いかがか。                     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │荻田 丈仁(21)│1.定住促進策として新幹線新富士駅の通勤・通学者の利便性向│市長     │
│    │         │上と利用促進について                   │及び     │
│    │         │ 富士市ではかねてよりJR東海への要望活動を進めてきている│担当部長   │
│    │         │が、小長井市長が市長に就任してからはJR東海への喫緊の要望│       │
│    │         │活動として、平成26年12月16日に行っている。その成果としては│       │
│    │         │、本年2月23日に新富士駅北口が富士山口に名称変更が実現した│       │
│    │         │ことは喜ばしいことであるが、引き続きの要望事項でもある、ひ│       │
│    │         │かり号停車や新富士駅―富士駅間の身延線延伸要望は前回の要望│       │
│    │         │回答同様に難しいとされていた。私は平成26年11月議会において│       │
│    │         │「広域公共交通整備促進として新幹線の利便性向上について」の│       │
│    │         │質問をした際に可能性のある要望として、新幹線の始発、最終便│       │
│    │         │について増便すべきであると提案しているが小長井市長での要望│       │
│    │         │には反映できなかったが、その要望を進める上では乗降客数の拡│       │
│    │         │大は必要不可欠であり、利用促進としても通勤、通学に対する助│       │
│    │         │成をすべきとも提案している。改めて、今後の新幹線の利便性向│       │
│    │         │上としての要望活動については将来的な新富士駅の展望に立ち、│       │
│    │         │乗降客数をふやしてのより現実性の高い要望はすべきと考える。│       │
│    │         │ その上で、新幹線の利用拡大を図るための国の施策として税制│       │
│    │         │優遇がされたが、これは国の新幹線通勤を推進しての地方への定│       │
│    │         │住促進策であり、その恩恵に係る自治体としては、新幹線利用者│       │
│    │         │の利便性向上や利用促進を図り、乗降客数の増加に生かさなけれ│       │
│    │         │ばいけないと考える。同時に、通学者をふやすことを進める上で│       │
│    │         │は、人口減少対策に係る基礎調査としては、新幹線利用のニーズ│       │
│    │         │調査をしての潜在的な掘り起こしはするべきことであるが、既に│       │
│    │         │新幹線通勤・通学を奨励することを定住促進策としても取り組ん│       │
│    │         │でいる先進自治体の有効性を鑑みても、富士市として、早期に取│       │
│    │         │り組んでもらいたい思いは強く、将来的なリニア開通後の新富士│       │
│    │         │駅の存続を考えても、利用促進と利便性向上を図っての乗降客の│       │
│    │         │増加を進めていただきたく以下の質問をする。        │       │
│    │         │ (1) 新幹線こだま号の始発便及び最終便の増便についての有効│       │
│    │         │性、可能性についてどのように捉えているのか。       │       │
│    │         │ (2) 新幹線通勤・通学に関する需要調査として実態とその効果│       │
│    │         │を検証すべきだがいかが。また、人口減少対策として富士市から│       │
│    │         │出て行かない基礎調査として、高校生年代や首都圏進学者を対象│       │
│    │         │としたニーズ調査はしてきたのか。             │       │
│    │         │ (3) 新幹線利用の税制優遇がされたが、その対応としての新幹│       │
│    │         │線通勤の奨励への取り組みはすべきことであると思うがいかが。│       │
│    │         │また、通学生への対応が求められるが静岡市が既に新幹線通学費│       │
│    │         │貸与事業を行っているがどのように評価をしているのか。   │       │
│    │         │ (4) 新幹線利用促進のためには、通勤・通学者への駐輪場・ │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │荻田 丈仁(21)│駐車場確保の環境整備を進めるべきであるがいかが。     │市長     │
│    │         │ (5) 今後のJR東海への要望活動の内容と実施予定はどのよう│及び     │
│    │         │になっているのか。                    │担当部長   │
│    │         │2.子どもを産みやすくする環境整備をするための基金の創設に│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │ 人口減少が進む富士市においては、定住促進も含め、若い人た│       │
│    │         │ちが子どもを産み育てやすい環境づくり、子育てを支援する事業│       │
│    │         │の拡大を図ることが求められている。今までもさまざまな少子化│       │
│    │         │対策を進めてきているが、若い人口をふやす出生率向上へのさら│       │
│    │         │なる少子化対策は必要と考える。今後、子どもを産みやすくさせ│       │
│    │         │る環境を充実させ、もっと雰囲気的にも子どもを産みたくなるよ│       │
│    │         │うな、子どもを産むなら富士市と思うようなわかりやすい事業が│       │
│    │         │必要である。ただ、新たな事業を行うに当たっては、事業費の捻│       │
│    │         │出が問題となるが、その事業推進の財源としては、国、県からの│       │
│    │         │措置はもちろん、企業、団体、市民からの寄附によって進めるの│       │
│    │         │も1つの手であると考える。                │       │
│    │         │ 現在ある寄附の受け皿としての福祉基金は具体的に何に使われ│       │
│    │         │ているのかわかりづらい寄附の受け皿でもあるので、寄附の見え│       │
│    │         │る化としてより具体的にわかるような基金に変える必要がある。│       │
│    │         │例えば、3子以上の出産に対しての奨励金給付等、出産を支援す│       │
│    │         │る目的を明らかにして、寄附の使い道を示しながら、理解を求め│       │
│    │         │ての寄附の受け皿となるような少子化対策基金(仮称)の設立を│       │
│    │         │しての取り組みが可能性として考えられる。新たな少子化対策事│       │
│    │         │業を行うに当たっては、財政状況が厳しいことは十分承知してい│       │
│    │         │るので、財源の確保をしながらの事業推進が求められるが、福祉│       │
│    │         │基金のあり方を含め、目的をはっきりとさせたわかりやすい寄附│       │
│    │         │ができる受け皿の創設をすることも考えての提案をしたく以下の│       │
│    │         │質問をする。                       │       │
│    │         │ (1) 出生率向上に向けてはどのような分析をして対応をしてい│       │
│    │         │るのか。また、子どもを産みやすくするための出産奨励支給事業│       │
│    │         │の導入は考えられないか。                 │       │
│    │         │ (2) 福祉基金はどのような使い方がされているのか、福祉基金│       │
│    │         │の寄附の使われ方を明確にする見える化の必要があると思うがい│       │
│    │         │かが。                          │       │
│    │         │ (3) 少子化対策を進める中でのメニューとして、子どもをふや│       │
│    │         │す等の支援をしたい企業、団体のニーズを調べた上でわかりやす│       │
│    │         │い事業と寄附の受け皿として少子化対策基金(仮称)の創設をし│       │
│    │         │てはいかが。                       │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│6   │米山 享範(25)│1.ボランティアによる学校教育について          │市長     │
│    │         │ 近年、子どもの命にかかわる事件が多発している。事件にかか│及び     │
│    │         │わった大人、子どもたちが命をどのように認識していたかが問わ│教育長    │
│    │         │れる。                          │担当部長   │
│    │         │ 形式的に子どもたちに「命は大切だ」というよりも、「自分の│       │
│    │         │生命」の誕生を学ぶことで、命の大切さを実感できるのではない│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ 富士地区のライオンズクラブ(以下LC)では、青少年の健全│       │
│    │         │育成活動の一環として、富士市内の小学校27校を対象とした活動│       │
│    │         │を行っている。                      │       │
│    │         │ プロの助産師を招き、4年生以上を対象に「いのちを考える」│       │
│    │         │と題した、生命の誕生を学ぶ講演を開催しているものである。 │       │
│    │         │ 教育の現場においても、「命の大切さ」は学校、家庭、地域と│       │
│    │         │連携して取り組むことが不可欠と考えるが、教員自身が命に向き│       │
│    │         │合う中で、子どもたちに伝えるのが難しい言葉等もあると思う。│       │
│    │         │ LCでは、子どもたちに正しい知識を伝える必要性とともに、│       │
│    │         │子どもが自分自身や他人を思い、命の大切さの実感を深めてもら│       │
│    │         │えるよう、年13校、2年で小学校を一巡することに意義を感じ、│       │
│    │         │6年間で79校の講演活動を継続してきたが、この取り組みについ│       │
│    │         │て、以下伺う。                      │       │
│    │         │ (1) 教育委員会として、LCによる「命を考える事業(講演)│       │
│    │         │」の有効性を評価したことがあるか。あるとすれば、その有効性│       │
│    │         │はどの程度か。                      │       │
│    │         │ (2) 教育は家庭教育と学校教育に大別されるが、家庭教育にお│       │
│    │         │ける命の大切さについては、保護者の教育方針の違い等から個人│       │
│    │         │差があると思われる。これについてどのように考えているか。 │       │
│    │         │ (3) 教育委員会として、このような講演(事業)を開催する予定│       │
│    │         │や計画はあるか。また、「命の大切さ」について、どのように指│       │
│    │         │導していくべきと考えているか伺う。            │       │
│    │         │ (4) LCが講演を行う中で、PTA関係の父兄が40名も参加し│       │
│    │         │た学校もあった。できるだけ多くの大人や子どもたちに話を聞い│       │
│    │         │てもらうために、改善点などあれば伺いたい。        │       │
│    │         │ (5) LCの講演について、教職員はどのように受けとめている│       │
│    │         │のか。教育委員会として把握していれば伺う。        │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │稲葉 寿利(29)│1.富士ヒノキの活用促進PRについて           │市長     │
│    │         │ 富士ヒノキのブランド化と地域材の利用促進を目指し、市長は│及び     │
│    │         │いろいろな施策を打ち出し、積極的に動いているところでありま│担当部長   │
│    │         │す。富士ヒノキの活用促進PRについて以下質問いたします。 │       │
│    │         │ (1) 市内においては「富士ヒノキの家建築助成事業」は当初見│       │
│    │         │込みより応募が多く、また昨年12月20日には富士市森林組合とと│       │
│    │         │もに2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の施設整│       │
│    │         │備において、地域木材の活用を求める要望活動として、林野庁長│       │
│    │         │官や東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に要│       │
│    │         │望書を手渡す等々PR活動をされていますが、今までの成果はい│       │
│    │         │かがか。                         │       │
│    │         │ (2) 林野庁長官は「国産材の使用に向けて林野庁として施主と│       │
│    │         │なる東京都や国に働きかけるが、地域の熱意、盛り上がりが大切│       │
│    │         │。さらに地元で盛り上げてほしい。」とのこと。具体的にどのよ│       │
│    │         │うに盛り上げていくのか。                 │       │
│    │         │2.耕作放棄地対策について                │       │
│    │         │ 近年の農業を取り巻く環境は、農業者の高齢化や担い手不足、│       │
│    │         │耕作放棄地の増加など、大変厳しい状況となっています。   │       │
│    │         │ 特に、耕作放棄地が増加すると雑草や害虫がふえ、周辺の農地│       │
│    │         │に悪影響をもたらすばかりでなく、山林に潜んでいた野生動物が│       │
│    │         │民家に入り、餌を求めあらわれやすくなったり、不法投棄される│       │
│    │         │可能性も高くなります。                  │       │
│    │         │ また、農地は洪水を防止する機能が備わっており、一定量まで│       │
│    │         │の雨を物理的に蓄え、さらに耕作されている畑は、保水能力が高│       │
│    │         │く、雨水が地下に入って河川への流出調整を行っていますが、農│       │
│    │         │地が耕作放棄地に変わった場合には、その保水能力が低くなり、│       │
│    │         │洪水を引き起こしやすくなってしまいます。         │       │
│    │         │ さらには、景観の保全や保養的機能などの地域に貢献している│       │
│    │         │機能も失われてくることが考えられます。          │       │
│    │         │ 以上のとおり、耕作放棄地は、地域にもたらす影響が大きいた│       │
│    │         │め、なくなることを願っております。            │       │
│    │         │ そこで、下記の件について質問いたします。        │       │
│    │         │ (1) 市内に現在、耕作放棄地がどれほど存在しているのか。 │       │
│    │         │ (2) これまで耕作放棄地の減少に向けてどのような取り組みを│       │
│    │         │してきたのか。                      │       │
│    │         │ (3) 今後も耕作放棄地の減少に向けてどのような対策を考えて│       │
│    │         │いるのか。                        │       │
│    │         │ (4) また、市街化区域内で農業を経営している方で、近年農薬│       │
│    │         │を散布することによって周辺住民に迷惑をかけるなど農業がしづ│       │
│    │         │らくなっているため、市街化調整区域内に農地を求めて農業を継│       │
│    │         │続したいと考えている方がいます。そのような方が、市街化調整│       │
│    │         │区域内で農業を行えれば、耕作放棄地対策につながると思うが、│       │
│    │         │促進に向けた優遇対策は講じているのか。          │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │石川 計臣(5) │1.災害時要援護者を対象にした避難支援策の現状と今後の取り│市長     │
│    │         │組みについて                       │及び     │
│    │         │ 昨年2月の定例会において、同僚議員から、災害時に一般の方│担当部長   │
│    │         │と同じ一次避難場所での待機が難しい障害者や要援護者等の災害│       │
│    │         │弱者の方に対しての支援体制ができているのか、という内容の質│       │
│    │         │問がありました。この質問に対する市長及び当局の答弁の要旨は│       │
│    │         │次のとおりです。                     │       │
│    │         │  ・災害時要援護者支援については、富士市地域防災計画と富│       │
│    │         │士市災害時要援護者支援計画で明示している。        │       │
│    │         │  ・災害発生直後の避難先である一次避難所での生活に配慮が│       │
│    │         │必要な方の避難先として、社会福祉センター4館と県立富士特別│       │
│    │         │支援学校の5カ所を福祉避難所に指定するとともに、市内29カ所│       │
│    │         │の民間福祉施設との間で災害時における要援護者の緊急受け入れ│       │
│    │         │等に関する協定を締結している。              │       │
│    │         │  ・福祉避難所については、指定施設の安全性を確認するとと│       │
│    │         │もに受け入れ体制を整えた上で開設することとしているので、開│       │
│    │         │設までには一定期間の猶予が必要になる。この福祉避難所で対応│       │
│    │         │困難な要援護者の方は、緊急受け入れ協定を締結している民間福│       │
│    │         │祉施設への受け入れを要請する。              │       │
│    │         │  ・一次避難場所から福祉避難所や民間福祉施設に移動避難す│       │
│    │         │る方は、自助での避難は無理なので支援できる地域の皆さんと一│       │
│    │         │緒に共助で移動していただくことになるかと思う。      │       │
│    │         │  ・市内の介護事業者から、災害時要援護者の身近な緊急避難│       │
│    │         │場所として協力したいとの申し入れをいただいているので、今後│       │
│    │         │、富士市介護保険事業者連絡協議会と協議を重ね、連携のあり方│       │
│    │         │について検討を進めていく。                │       │
│    │         │ 災害時要援護者の避難支援の取り組みについて、昨年の2月定│       │
│    │         │例会で議論されていない事項を中心に、以下質問いたします。 │       │
│    │         │ (1) 昨年4月に発生した熊本地震では、本市の職員が嘉島町に│       │
│    │         │おいて避難所運営に携わりました。この貴重な経験の中で本市の│       │
│    │         │要援護者支援に直接反映できるような事象、例えば、福祉避難所│       │
│    │         │の開設や民間福祉施設との連携などに携わる経験が得られたでし│       │
│    │         │ょうか。お伺いします。                  │       │
│    │         │ (2) 昨年の2月定例会において、今後、富士市介護保険事業者│       │
│    │         │連絡協議会との間で、災害時要援護者の緊急避難場所としての協│       │
│    │         │力・連携のあり方について協議を重ねていくとの答弁がありまし│       │
│    │         │た。協議の進捗状況についてお伺いします。         │       │
│    │         │ (3) 富士市災害時要援護者支援計画で示されている避難支援策│       │
│    │         │の取り組み内容について                  │       │
│    │         │ 本市が取り組んでいる災害・緊急支援情報キットの申請   │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │石川 計臣(5) │者は、昨年6月30日現在で約6700人(出展:「広報ふじ」)です│市長     │
│    │         │。災害時要援護者には妊産婦・乳児・日本語にふなれな外国人な│及び     │
│    │         │どが含まれており、これらの方を含めると災害時要援護の対象者│担当部長   │
│    │         │は1万人を超えるのではないでしょうか。災害の規模や状況によ│       │
│    │         │って、福祉避難所への避難者数は変動しますが、1万人を超える│       │
│    │         │要援護者の存在が想定される中で、指定されている福祉避難所が│       │
│    │         │5館では少ないのではないでしょうか。「市町福祉避難所設置・│       │
│    │         │運営マニュアル(静岡県健康福祉部 平成26年1月)」では、福│       │
│    │         │祉避難所の指定目標として、以下のように提起されています。 │       │
│    │         │                             │       │
│    │         │  <参考> 福祉避難所の指定目標            │       │
│    │         │  福祉避難所の指定目標は、要援護者や同居家族の生活圏やコ│       │
│    │         │ミュニティとのつながりに配慮し、設定することとするが、少な│       │
│    │         │くとも、地域における身近な福祉避難所については、小学校区に│       │
│    │         │1カ所程度の割合で指定することを目標とすることが望ましい。│       │
│    │         │  ※「福祉避難所設置・運営に関するガイドライン」(厚生労│       │
│    │         │働省)から抜粋。                     │       │
│    │         │                             │       │
│    │         │ 富士市においては、各小学校区に存在する26カ所のまちづくり│       │
│    │         │センターが厚生労働省のガイドラインの要件に該当すると考えま│       │
│    │         │す。まちづくりセンターを福祉避難所として活用することについ│       │
│    │         │て、市の見解をお伺いします。               │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │井上  保(17)│1.富士市における地域運営組織の可能性について      │市長     │
│    │         │ 富士市においては人口減少、少子高齢化、ライフスタイルの変│及び     │
│    │         │化などの理由により、地域コミュニティの持つ機能の低下が危惧│担当部長   │
│    │         │される状況から、地域の課題を地域みずからの組織の持つ力によ│       │
│    │         │って解決できるよう、地域組織の強化・まちづくり活動の推進を│       │
│    │         │図るべく富士市地区まちづくり活動推進条例が制定され平成28年│       │
│    │         │11月施行された。                     │       │
│    │         │ 一方、国においては人口減少が続く中、暮らしの場である地域│       │
│    │         │社会の維持に地域運営組織の形成が重要であるとしてその調査研│       │
│    │         │究が進められ報告書がまとめられた。            │       │
│    │         │ 地域コミュニティの中心を担ってきた町内会や自治会の役割が│       │
│    │         │低下する一方、住民生活に必要なサービスの供給にも支障を来し│       │
│    │         │かねない地域の状況に鑑み「地域の生活や暮らしを守るため、地│       │
│    │         │域で暮らす人々が中心となって形成され、地域内の様々な関係主│       │
│    │         │体が参加する協議組織が定めた地域経営の指針に基づき、地域課│       │
│    │         │題の解決に向けた取組を持続的に実践する組織」が求められてい│       │
│    │         │るという。                        │       │
│    │         │ 富士市はこの地域運営組織の形成にどのように取り組んでいく│       │
│    │         │のか、その可能性をどのように考えているのか。以下質問する。│       │
│    │         │ (1) 富士市地区まちづくり活動推進条例によって具体化される│       │
│    │         │地域組織と、国の考える地域運営組織とを対照させ、共通する点│       │
│    │         │・相違する点をどのように捉えるか。            │       │
│    │         │ (2) 富士市における地域運営組織の必要性と、今後の取り組み│       │
│    │         │をどのように考えるか。                  │       │
│    │         │ (3) 富士市地区まちづくり活動推進条例の施行に関連して  │       │
│    │         │  ? この条例による成果をどのような指標によって評価しよ│       │
│    │         │うと考えているか。                    │       │
│    │         │ 町内会加入率、各種行事への参加率、団体の構成人数、会計の│       │
│    │         │収支の状況など、どのように捉えようとしているか。     │       │
│    │         │  ? 第3条第3号の逐条解説において「市だけでは解決でき│       │
│    │         │ない問題」とあるが、その具体例はどのような問題か。    │       │
│    │         │ また、市の組織の中で、どのような検討プロセスを経て、それ│       │
│    │         │が解決すべき課題となってきたか。             │       │
│    │         │  ? 第10条第4号の逐条解説において事務局機能について「│       │
│    │         │将来的には地区の市民等が主体となった運営体制が確立されるよ│       │
│    │         │うに」とあるが、どのくらいの期間で、どのような市民等に、ど│       │
│    │         │のような運営のノウハウを提供し、運営主体の交代を考えている│       │
│    │         │のか。                          │       │
│    │         │ 市民等主体の運営を可能と判断する条件は何か。また、体制が│       │
│    │         │確立された地区から交代していく考えか、全地区一斉に交代して│       │
│    │         │いく考えか。                       │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│10  │太田 康彦(22)│1.学校における地域との連携及び学校間の連携について   │市長     │
│    │         │ 富士市では、学校縁、すなわち学校を拠点とした地域とのきず│及び     │
│    │         │なを築いてきています。子どもたちが地域の大人とのかかわりを│教育長    │
│    │         │保ち、同時に、地域が学校の教育活動への理解を深めているとさ│担当部長   │
│    │         │れています。                       │       │
│    │         │ そして、平成27年の中央教育審議会答申では「子供たちの成長│       │
│    │         │に向けて,多くの住民が参加して地域と学校とが連携・協働して│       │
│    │         │いくことは,子供たちの教育環境の充実にとどまらず,地域住民│       │
│    │         │の学びを起点に地域の教育力を向上させるとともに,持続可能な│       │
│    │         │地域社会を創っていくことにもつながる。」と述べられているよ│       │
│    │         │うに学校教育と地域の新たな関係の方向が示されています。  │       │
│    │         │ そこで学校と地域の連携のあり方について伺います。    │       │
│    │         │ (1) 学校縁によって築かれてきた学校と地域との関係として具│       │
│    │         │体的な活動をお示しいただき、それらをどのように評価している│       │
│    │         │のか伺います。                      │       │
│    │         │ (2) 地域社会の教育力の低下、家庭の教育力の低下が叫ばれて│       │
│    │         │久しいが、学校・家庭・地域の教育力のバランスは保たれている│       │
│    │         │でしょうか。                       │       │
│    │         │ (3) 地域コミュニティの希薄化が危惧される中、富士市地区ま│       │
│    │         │ちづくり活動推進条例が制定され、コミュニティの力を維持し、│       │
│    │         │高める方向が示されています。地域の教育力の観点からの今後の│       │
│    │         │まちづくりのあり方について伺います。           │       │
│    │         │ (4) 地域における学校との新たな関係として学校支援地域本部│       │
│    │         │を設置する場合もあるが、地域と学校の連携・協働において、ど│       │
│    │         │のように検討されていますか。               │       │
│    │         │ (5) 「義務教育の接続の在り方」が総合教育会議の議題として│       │
│    │         │審議されていますが、学校間の連携についてどのような検討が行│       │
│    │         │われていますか。                     │       │
│    │         │2.放課後学習支援ボランティアの拡充について       │       │
│    │         │ 平成26年度から始まった放課後学習支援ボランティアは、小学│       │
│    │         │校3年生の希望者を対象として放課後や長期休業期間に補充的な│       │
│    │         │学習指導を行っているものですが、平成26年度16校、平成27年度│       │
│    │         │は市内全ての小学校27校に拡大し、今日に至っています。   │       │
│    │         │ 導入以降の短期間ではありますが、成果については手応えを感│       │
│    │         │じられていると理解していますが、今後の方向性、拡充について│       │
│    │         │以下伺います。                      │       │
│    │         │ (1) これまでの各校におけるボランティアの募集状況並び生徒│       │
│    │         │の反応、成果について伺います。              │       │
│    │         │ (2) 小学校3年生が比較的、時間を確保しやすいとのことから│       │
│    │         │対象となっているが、小学校高学年での拡大の可能性について伺│       │
│    │         │います。                         │       │
│    │         │ (3) 中学校においては制度として導入されてはいませんが、市│       │
│    │         │内中学校において学校独自の取り組みを行っているところもあり│       │
│    │         │ます。中学校での取り組み事例を参考に、制度として中学校への│       │
│    │         │導入をどのように考えますか。               │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│11  │杉山  諭(12)│1.富士市の公用車へのドライブレコーダーの設置について  │市長     │
│    │         │ 公用車での交通事故防止及び訴訟問題の対策案として、公用車│及び     │
│    │         │へのドライブレコーダーの設置を提案し以下伺います。    │担当部長等  │
│    │         │ (1) 多くの職員が運転する公用車を有する地方自治体として、│       │
│    │         │ドライブレコーダーについての認識をお伺いいたします。   │       │
│    │         │ (2) 本市の過去5年間に発生した公務中の交通事故発生件数と│       │
│    │         │損害賠償額の推移について、どのように考察されているのか伺い│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ (3) 管理職の方々は、部下である職員を守るという観点から、│       │
│    │         │部下に対して、具体的にどのような指導を行っているか伺います│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │2.本市の期日前投票所の増設について           │       │
│    │         │ 富士市選挙管理委員会は、昨年7月実施の参議院議員通常選挙│       │
│    │         │において、イオンタウン富士南店1階サウスコートへ期日前投票│       │
│    │         │所を増設しました。                    │       │
│    │         │ その実施状況及び結果から、今後の選挙における期日前投票所│       │
│    │         │についてのお考えを伺います。               │       │
│    │         │ (1) 投票率の低下に歯どめがかからない状況の中、選挙管理委│       │
│    │         │員会事務局長としての昨年7月に、期日前投票所増設を決定した│       │
│    │         │経緯について伺います。                  │       │
│    │         │ (2) イオン富士南店への期日前投票所増設による効果をどのよ│       │
│    │         │うに捉えているか伺います。                │       │
│    │         │ (3) 4年に1度の統一地方選挙の中間年であることしは、各種│       │
│    │         │選挙が予定されているが、今後、予定されている選挙についてど│       │
│    │         │のような改善と取り組みを検討されているのか伺います。   │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│12  │小池 智明(18)│1.常葉大学富士キャンパスの撤退に伴い考える高等教育機関の│市長     │
│    │         │市内立地の意義等について                 │及び     │
│    │         │ 常葉大学が、富士キャンパスを閉鎖・撤退し、新設される草薙│担当部長   │
│    │         │キャンパスに移転することを発表し1年が経過した。     │       │
│    │         │ この間、市当局は大学側と交渉を重ね、富士市議会においては│       │
│    │         │、昨年9月定例会で「常葉大学富士キャンパスの撤退に伴う跡地│       │
│    │         │利用に係る決議」を行い、「…当該地は本市の第四次国土利用計│       │
│    │         │画(富士市計画)の土地利用構想で、スポーツウェルネス交流ゾ│       │
│    │         │ーンとして重要な位置づけにあり、検討に当たっては本市と十分│       │
│    │         │な協議を進め、このゾーニングに即した、市民に納得がいくよう│       │
│    │         │なものになることを強く求める」と申し入れしてきたところであ│       │
│    │         │る。                           │       │
│    │         │ 平成30年3月の富士キャンパス閉鎖まで、あと1年となり、「│       │
│    │         │跡地利用」に目が行きがちであるが、ここでいま一度、高等教育│       │
│    │         │機関設置を求める多くの市民の声が後押しする形で開設された富│       │
│    │         │士キャンパスが存在した「意義・効果」をしっかり把握、評価し│       │
│    │         │ておくことが重要と考える。                │       │
│    │         │ またその上で、今後、富士市において新たに高等教育機関を立│       │
│    │         │地誘導することの意義、可能性についても検討していくことが必│       │
│    │         │要ではないかと考える。                  │       │
│    │         │ そんな観点から以下質問する。              │       │
│    │         │ (1) 常葉大学富士キャンパス(旧常葉学園富士短大、旧富士常│       │
│    │         │葉大学含む)が存在してきたことによる以下のさまざまな影響、│       │
│    │         │効果を数量的にどう把握しているか、またそれをどう評価するか│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │  ? 市内高校生の進学受け皿の面から          │       │
│    │         │  ? 市外出身学生のアパート入居・消費の面から     │       │
│    │         │  ? 卒業生の市内への就職(雇用)、定住の面から    │       │
│    │         │  ? 教員の研究活動、行政等が設置する委員会等への学識経│       │
│    │         │験者としての参画の面から                 │       │
│    │         │  ? 市民大学、公開講座等開催による市民の教養深化の面か│       │
│    │         │ら                            │       │
│    │         │  ? 学生の授業、サークル活動を通じたまちづくりへの貢献│       │
│    │         │の面から                         │       │
│    │         │  ? 大学が存在、運営されることによる雇用、各種取引等の│       │
│    │         │面から                          │       │
│    │         │ (2) 常葉大学には、前述した「大学の存在意義・効果」等を客│       │
│    │         │観的、学問的に調査、評価できる先生方が経営学部等に多数在籍│       │
│    │         │されている。大学とともに、改めて詳細な調査を行い、記録とし│       │
│    │         │て残すとともに、今後の検討、判断の参考資料とすべきと考える│       │
│    │         │がいかがか。                       │       │
│    │         │ (3) 常葉大学とのやり取りの中で、一部機能(サテライトキャ│       │
│    │         │ンパス等)の市内立地についての可能性をどう把握しているか。│       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│12  │小池 智明(18)│ (4) 市では、首都圏から富士市へのUJIターン促進策を進め│市長     │
│    │         │ているが、若者の定住の観点からは、「地元の大学に進学し、詳│及び     │
│    │         │細な地元の就職情報の中で判断し、地元の企業に就職する」こと│担当部長   │
│    │         │もUJIターン同様、もしくはそれ以上に効果が高いと考えるが│       │
│    │         │いかがか。                        │       │
│    │         │ (5) 富士市として新たな高等教育機関の立地誘導をどう考える│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │  ? 意義・効果と課題                 │       │
│    │         │  ? 18歳人口が減少を続ける中で、地域産業振興に関連する│       │
│    │         │研究・開発にもつながることが期待される大学院大学や(仮)専│       │
│    │         │門職業大学等の誘致を検討する考えはないか。        │       │
│    │         │ (6) 常葉大学富士キャンパスの跡地利用計画の進捗はどう把握│       │
│    │         │しているか。                       │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│13  │小池 義治(4) │1.骨髄バンクのドナー登録の推進及びドナー助成制度の創設に│市長     │
│    │         │ついて                          │及び     │
│    │         │ 白血病などの血液疾患で造血幹細胞移植(骨髄移植や末梢血幹│担当部長   │
│    │         │細胞移植など)を必要としている患者に対し、血縁関係のない人│       │
│    │         │から提供される骨髄液や末梢血幹細胞をあっせんする仕組みが骨│       │
│    │         │髄バンクであり、公益財団法人日本骨髄バンクが中心となり事業│       │
│    │         │を行っている。ドナー(提供者)の登録は、体重等の要件を満た│       │
│    │         │す18歳から54歳の健康な人が可能であり全国で約47万人が登録し│       │
│    │         │ている。提供時の体への負担等が考慮され満55歳の誕生日で自動│       │
│    │         │的にドナー登録は取り消しになるため、1992年のドナー登録制度│       │
│    │         │開始から四半世紀がたった現在では、この年齢制限による取り消│       │
│    │         │し数が増加しており、ドナー登録者数の維持が課題となっている│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ ドナー登録者の中から、患者と白血球の型(HLA)が適合し│       │
│    │         │た人が候補者として選ばれて最終同意すると、骨髄液(または末│       │
│    │         │梢血幹細胞)の採取が行われる。骨髄液は全身麻酔下で腰の骨か│       │
│    │         │ら採取され、最低4日間の入院と数日の検査通院が必要となる。│       │
│    │         │提供は善意に基づくものであるため、ドナーが仕事を休んで入院│       │
│    │         │・通院しても休業補償等はなく、ドナーと患者は互いを知ること│       │
│    │         │はできず面会も認められていない。             │       │
│    │         │ 移植を必要とする患者の約96%にはHLA型が適合するドナー│       │
│    │         │登録者が見つかるが、ドナー側の仕事の都合や健康状態、転居先│       │
│    │         │不明などから、実際に移植に至るのは6割弱にとどまっている。│       │
│    │         │ドナーへの助成は、国による制度はないが独自に行っている市町│       │
│    │         │村があり、県として取り組む埼玉県内の63市町村を初め全国205 │       │
│    │         │の市町村が助成制度を設けている。静岡県内では駿東郡清水町が│       │
│    │         │、ドナーに対し1日につき2万円、ドナーが勤務する事業所に対│       │
│    │         │し1日につき1万円、いずれも通算7日を上限とする助成を行っ│       │
│    │         │ている。ドナーの休業による経済的負担を軽減することは、移植│       │
│    │         │率の向上につながることが期待される。以下、質問する。   │       │
│    │         │ (1) 骨髄バンク事業について市はどのように取り組んでいるか│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (2) 本市においても骨髄バンクのドナー助成制度を創設できな│       │
│    │         │いか。                          │       │
│    │         │2.デマンドタクシーの現状と今後の公共交通について    │       │
│    │         │ 富士市民の交通手段はマイカー依存度が高く、公共交通の利用│       │
│    │         │は低調であることが、過去の岳南都市圏パーソントリップ調査等│       │
│    │         │で明らかになっており、運転ができない状況にあったりマイカー│       │
│    │         │を所有していない市民には不便な都市構造となっている。こうし│       │
│    │         │た状況を改善すべく、鉄道や路線バスを「幹線」、コミュニティ│       │
│    │         │バスやデマンドタクシーを「枝線」とする公共交通網の充実に向│       │
│    │         │けた取り組みがされているが、目に見える成果に至っていない。│       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│13  │小池 義治(4) │ デマンドタクシーは、事前に会員登録した市民が、利用したい│市長     │
│    │         │ときに電話予約すると時刻表の時間に合わせ自宅等から決められ│及び     │
│    │         │た病院やスーパー等の停車場までを200円から500円の自己負担で│担当部長   │
│    │         │運ぶ制度で、平成21年に始まった大淵地区の「こぶし」を皮切り│       │
│    │         │に、現在は7つの地区で運行されており、平成27年度は延べ7947│       │
│    │         │人が利用した。同じ時刻の便に複数の予約が入った場合に乗り合│       │
│    │         │いとなるが、現状の利用頻度ではそのケースは少なく、1台当た│       │
│    │         │りの乗車人数は約1.2人にとどまり、利用者1人1乗車当たりの │       │
│    │         │公費投入額は630円(うち市負担分514円)となっている。   │       │
│    │         │ 今後さらなる高齢化が進むことは確実であり、富士市の都市構│       │
│    │         │造にマッチしたわかりやすく便利な公共交通を実現することを喫│       │
│    │         │緊の課題と捉え、以下質問する。              │       │
│    │         │ (1) 現状のデマンドタクシーの課題をどう認識しているか。 │       │
│    │         │ (2) デマンドタクシー1台当たりの平均乗車人数(約1.2人) │       │
│    │         │は、輸送効率の点で一般のタクシーとほぼ同じである。高齢者、│       │
│    │         │特に運転免許返納者に対し、一般タクシーの運賃を一部助成した│       │
│    │         │方が市民にわかりやすく利便性は向上すると考えるがどうか。 │       │
│    │         │ (3) 公共交通への公費投入額は、路線バスに約5800万円、コミ│       │
│    │         │ュニティバスに約4300万円、デマンドタクシーに約800万円、岳 │       │
│    │         │南電車に6200万円で、ここ数年は大きな変動なく推移している。│       │
│    │         │また、敬老会接待や敬老祝金の支給などの敬老事業には、約1億│       │
│    │         │1000万円(77歳以上1人当たり4322円)の公費が支出されている│       │
│    │         │。公共交通の充実を通じて高齢者に報いるという観点から、敬老│       │
│    │         │祝金の一部を公共交通クーポン券で支給したり、敬老会を縮小し│       │
│    │         │た分をコミュニティ交通に振り分けることを地域で選択できるよ│       │
│    │         │うにするなどの変更を検討できないか。           │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│14  │山下いづみ(10)│1.富士市の子どもたちがお茶に親しむ環境づくりについて  │市長     │
│    │         │ 静岡県はお茶の生産量、消費量日本一を誇っている。本市にお│及び     │
│    │         │いても年々茶園面積が減少しているものの、平成18年静岡県の生│教育長    │
│    │         │産農業所得統計によると、1位のお茶が産出額20億3000万円で2│担当部長   │
│    │         │位のお米が産出額7億4000万円、3位のミカンが3億円で、断ト│       │
│    │         │ツの主要農産物である。                  │       │
│    │         │ 本市では富士山の景観を生かしたお茶のPRや、茶娘たちのイ│       │
│    │         │ベントPR等が行われ、お茶の普及に努めている。子ども向けに│       │
│    │         │は、T−1グランプリの開催や、給茶器が設置されている学校が│       │
│    │         │あり、小学校のクラスによってはお茶の入れ方教室、茶摘み体験│       │
│    │         │などが取り入れられている。                │       │
│    │         │ 昨年12月、静岡県議会定例会にて静岡茶愛飲促進条例が可決さ│       │
│    │         │れた。条例制定の背景には、県内の小中学校の6割超で給食時に│       │
│    │         │お茶が提供されていない現状に危機感を持ち、健全な発育の手助│       │
│    │         │けとして、静岡茶に親しむことを目的としている。お茶を飲む習│       │
│    │         │慣ができれば、健康維持も期待でき、また、お茶の歴史文化への│       │
│    │         │理解、郷土愛を高めて豊かな人間性を育むきっかけとなるとして│       │
│    │         │いる。                          │       │
│    │         │ 静岡茶愛飲促進に当たり、市町や学校法人などへ、給食時や休│       │
│    │         │憩時間に子どもたちがお茶を飲む機会や食育の機会を設けること│       │
│    │         │を努力義務としている。                  │       │
│    │         │ 今後、本市の一層充実した取り組みにより、子どもたちがお茶│       │
│    │         │に親しみ、健康で、お茶の生活文化を身につけていくことを期待│       │
│    │         │し、以下7点について伺う。                │       │
│    │         │ (1) 学校では、子どもたちがお茶を飲む機会をどのようにつく│       │
│    │         │っているのか。今後の計画はどのようか。          │       │
│    │         │ (2) 富士市において年に一度を目標に、給食時にお茶を提供で│       │
│    │         │きるように検討をしてはいかがか。             │       │
│    │         │ (3) 県で推奨する、栄養教諭等への日本茶アドバイザー資格取│       │
│    │         │得を促してはいかがか。                  │       │
│    │         │ (4) T−1グランプリ参加者の推移はどのようか。また、どの│       │
│    │         │ように参加者を募っているのか。              │       │
│    │         │ (5) 過去のT−1グランプリ参加者はその後、市や学校などで│       │
│    │         │どのように生かされたか。                 │       │
│    │         │ (6) 昨年度、今年度、小学校でお茶の入れ方教室を開催した学│       │
│    │         │校は何校、何クラスあるのか。今後は、小学校一学年を定めて、│       │
│    │         │全てのクラスでお茶の入れ方教室の展開を図ってはどうか。  │       │
│    │         │ (7) 住民へのおいしいお茶の入れ方講座の普及にどのように努│       │
│    │         │めているのか。                      │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │井出 晴美(7) │1.不登校児童生徒への支援について            │教育長    │
│    │         │ 文科省において平成28年9月14日付で、不登校児童生徒への支│及び     │
│    │         │援の在り方について(通知)が出されました。通知内容には、「│担当部長   │
│    │         │不登校児童生徒への支援につきましては、関係者において様々な│       │
│    │         │努力がなされ、児童生徒の社会的自立に向けた支援が行われてき│       │
│    │         │たところですが、不登校児童生徒数は依然として高水準で推移し│       │
│    │         │ており、生徒指導上の喫緊の課題となっております。     │       │
│    │         │ 文部科学省におきましては、こうした状況を踏まえ、平成27年│       │
│    │         │1月に『不登校に関する調査研究協力者会議』を発足させ、(1) │       │
│    │         │不登校児童生徒の実情の把握・分析、(2)学校における不登校児 │       │
│    │         │童生徒への支援の現状と改善方策、(3)学校外における不登校児 │       │
│    │         │童生徒への支援の現状と改善方策、(4)その他不登校に関連する │       │
│    │         │施策の現状と課題について総合的・専門的な観点から検討を願い│       │
│    │         │、本年7月に『不登校児童生徒への支援に関する最終報告〜一人│       │
│    │         │一人の多様な課題に対応した切れ目のない組織的な支援の推進〜│       │
│    │         │』を取りまとめていただいたところです。」と記され、「本通知│       │
│    │         │は、今回取りまとめられた最終報告に基づき、不登校児童生徒へ│       │
│    │         │の支援についてまとめたものです。文部科学省としては、この最│       │
│    │         │終報告の趣旨を踏まえ、今後更に施策の充実に取り組むこととし│       │
│    │         │ておりますが、貴職におかれましても、下記により不登校児童生│       │
│    │         │徒への支援の充実に一層努められるようお願いします。」として│       │
│    │         │、1不登校児童生徒への支援に対する基本的な考え方、2学校等│       │
│    │         │の取組の充実、3教育委員会の取組の充実、の項目ごとにきめ細│       │
│    │         │かな支援内容が記されました。               │       │
│    │         │ 1の不登校児童生徒への支援に対する基本的な考え方において│       │
│    │         │は、「不登校児童生徒への支援は、『学校に登校する』という結│       │
│    │         │果のみを目標にするのではなく、児童生徒が自らの進路を主体的│       │
│    │         │に捉えて、社会的に自立することを目指す必要があること。また│       │
│    │         │、児童生徒によっては、不登校の時期が休養や自分を見つめ直す│       │
│    │         │等の積極的な意味を持つことがある一方で、学業の遅れや進路選│       │
│    │         │択上の不利益や社会的自立へのリスクが存在することに留意する│       │
│    │         │こと。」                         │       │
│    │         │ 「特に義務教育段階の学校は、各個人の有する能力を伸ばしつ│       │
│    │         │つ、社会において自立的に生きる基礎を養うとともに、国家・社│       │
│    │         │会の形成者として必要とされる基本的な資質を培うことを目的と│       │
│    │         │しており、その役割は極めて大きいことから、学校教育の一層の│       │
│    │         │充実を図るための取組が重要であること。また、不登校児童生徒│       │
│    │         │への支援については児童生徒が不登校となった要因を的確に把握│       │
│    │         │し、学校関係者や家庭、必要に応じて関係機関が情報共有し、組│       │
│    │         │織的・計画的な、個々の児童生徒に応じたきめ細やかな支援策を│       │
│    │         │策定することや、社会的自立へ向けて進路の選択肢を広げる支援│       │
│    │         │をすることが重要で                    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │井出 晴美(7) │あること。さらに、既存の学校教育になじめない児童生徒につい│教育長    │
│    │         │ては、学校としてどのように受け入れていくかを検討し、なじめ│及び     │
│    │         │ない要因の解消に努める必要があること。          │担当部長   │
│    │         │ また、児童生徒の才能や能力に応じて、それぞれの可能性を伸│       │
│    │         │ばせるよう、本人の希望を尊重した上で、場合によっては、教育│       │
│    │         │支援センターや不登校特例校、ICTを活用した学習支援、フリ│       │
│    │         │ースクール、夜間中学での受入れなど、様々な関係機関等を活用│       │
│    │         │し社会的自立への支援を行うこと。             │       │
│    │         │ その際、フリースクールなどの民間施設やNPO等と積極的に│       │
│    │         │連携し、相互に協力・補完することの意義は大きいこと。   │       │
│    │         │ 不登校児童生徒が、主体的に社会的自立や学校復帰に向かうよ│       │
│    │         │う、生徒自身を見守りつつ、不登校のきっかけや継続理由に応じ│       │
│    │         │て、その環境づくりのために適切な支援や働き掛けを行う必要が│       │
│    │         │あること。」                       │       │
│    │         │ 「家庭教育は全ての教育の出発点であり、不登校児童生徒の保│       │
│    │         │護者の個々の状況に応じた働き掛けを行うことが重要であること│       │
│    │         │。また、不登校の要因・背景によっては、福祉や医療機関等と連│       │
│    │         │携し、家庭の状況を正確に把握した上で適切な支援や働き掛けを│       │
│    │         │行う必要があるため、家庭と学校、関係機関の連携を図ることが│       │
│    │         │不可欠であること。その際、保護者と課題意識を共有して一緒に│       │
│    │         │取り組むという信頼関係をつくることや、訪問型支援による保護│       │
│    │         │者への支援等、保護者が気軽に相談できる体制を整えることが重│       │
│    │         │要であること。」などが記されています。          │       │
│    │         │ 2の学校等の取組の充実では、「不登校児童生徒への効果的な│       │
│    │         │支援については、学校及び教育支援センターなどの関係機関を中│       │
│    │         │心として組織的・計画的に実施することが重要であり、また、個│       │
│    │         │々の児童生徒ごとに不登校になったきっかけや継続理由を的確に│       │
│    │         │把握し、その児童生徒に合った支援策を策定することが重要であ│       │
│    │         │ること。その際、学級担任、養護教諭、スクールカウンセラー、│       │
│    │         │スクールソーシャルワーカー等の学校関係者が中心となり、児童│       │
│    │         │生徒や保護者と話し合うなどして、『児童生徒理解・教育支援シ│       │
│    │         │ート(試案)』を作成することが望ましいこと。これらの情報は│       │
│    │         │関係者間で共有されて初めて支援の効果が期待できるものであり│       │
│    │         │、必要に応じて、教育支援センター、医療機関、児童相談所等、│       │
│    │         │関係者間での情報共有、小・中・高等学校間、転校先等との引継│       │
│    │         │ぎが有効であるとともに、支援の進捗状況に応じて、定期的にシ│       │
│    │         │ートの内容を見直すことが必要であること。また、校務効率化の│       │
│    │         │観点からシートの作成に係る業務を効率化するとともに、引継ぎ│       │
│    │         │に当たって個人情報の取扱いに十分留意することが重要であるこ│       │
│    │         │と。」など記されております。               │       │
│    │         │ また、別記においては、「義務教育段階の不登校児童生徒が学│       │
│    │         │校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けて    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │井出 晴美(7) │いる場合の指導要録上の出欠の取扱いについて」記され、出席要│教育長    │
│    │         │件が示されています。                   │及び     │
│    │         │ さらに、民間施設についてのガイドライン(試案)、教育支援│担当部長   │
│    │         │センター整備指針(試案)、などの項目ごとに、詳細な内容で通│       │
│    │         │知されております。                    │       │
│    │         │ 本市においても、不登校児童生徒への対応についてはさまざま│       │
│    │         │支援を行っていただいているところですが、通知にあるように「│       │
│    │         │不登校児童生徒への支援は、『学校に登校する』という結果のみ│       │
│    │         │を目標にするのではなく、児童生徒が自らの進路を主体的に捉え│       │
│    │         │て、社会的に自立することを目指す必要があること。」は重要な│       │
│    │         │考え方であるとともに具体的対策が必要であると考えます。  │       │
│    │         │ そこでお伺いいたします。                │       │
│    │         │ (1) 本市の不登校児童生徒1人1人の意向を把握し必要な支援│       │
│    │         │を行うために、学級担任、養護教諭、スクールカウンセラー、ス│       │
│    │         │クールソーシャルワーカー等の学校関係者が中心となり、児童生│       │
│    │         │徒や保護者と話し合うなどして、「児童生徒理解・教育支援シー│       │
│    │         │ト」を作成することについてのお考えを伺います。      │       │
│    │         │ (2) 通知内容に、「児童生徒の才能や能力に応じて、それぞれ│       │
│    │         │の可能性を伸ばせるよう、本人の希望を尊重した上で、場合によ│       │
│    │         │っては、教育支援センターや不登校特例校、ICTを活用した学│       │
│    │         │習支援、フリースクール、夜間中学での受入れなど、様々な関係│       │
│    │         │機関等を活用し社会的自立への支援を行うこと。その際、フリー│       │
│    │         │スクールなどの民間施設やNPO等と積極的に連携し、相互に協│       │
│    │         │力・補完することの意義は大きいこと。」とありますが、フリー│       │
│    │         │スクールなどの民間施設やNPO等との連携、民間施設への支援│       │
│    │         │はどのように取り組まれているのか伺います。        │       │
│    │         │ (3) 同じく通知内容に、「相談・指導スタッフは児童生徒の教│       │
│    │         │育に深い理解を有するとともに、不登校への支援について知識・│       │
│    │         │経験をもち、その指導に熱意を有していること。       │       │
│    │         │ さらに、専門的なカウンセリング等の方法を行うにあっては、│       │
│    │         │心理学や精神医学等、それを行うにふさわしい専門的知識と経験│       │
│    │         │を備えた指導スタッフが指導にあたっていること。」とあります│       │
│    │         │が、本市の相談・指導スタッフはどのような体制をとられている│       │
│    │         │のか伺います。                      │       │
│    │         │ (4) 通知では、訪問指導体制強化が記されておりますが、本市│       │
│    │         │の訪問指導体制強化はどのように取り組まれているのか伺います│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (5) 昨年の9月14日付で、不登校児童生徒への支援の在り方に│       │
│    │         │ついて(通知)が出され、かなり詳細に支援内容が記されており│       │
│    │         │ますが、これら内容についての協議会や実施計画等どのように取│       │
│    │         │り組まれているのか伺います。               │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│16  │鈴木 幸司(11)│1.富士市の中小企業の現状と今後の中小企業振興策について │市長     │
│    │         │ 日本の雇用の70%は中小企業によって支えられている。平成22│及び     │
│    │         │年6月に政府が制定した中小企業憲章の前文に、中小企業がその│担当部長   │
│    │         │力と才能を発揮することが疲弊する地方経済を活気づけるとあり│       │
│    │         │、その基本原則には、中小企業を支援する政策の実施に当たって│       │
│    │         │は地方自治体との連携を一層強めることとすると書かれている。│       │
│    │         │ 本年2月19日の日経新聞から引用する。          │       │
│    │         │ 「上場企業が株主への配当を増やす。2016年度の配当総額は11│       │
│    │         │兆8千億円と連続で過去最高になり、リーマンショックの影響を│       │
│    │         │受けた09年度に比べ倍増する。」、「企業業績は2年ぶりに過去│       │
│    │         │最高を更新する見通し。利益の伸びに応じて株主への還元を積極│       │
│    │         │的に増やす姿勢が日本企業に定着してきた。」        │       │
│    │         │ この記事から大手企業は好景気に沸いていることが見てとれる│       │
│    │         │。富士市にもこうした影響は及んでいるのだろうか。     │       │
│    │         │ 私は今年度、常葉大学富士キャンパス安達明久研究室に所属し│       │
│    │         │、学生たちとともに富士・富士宮地域における中小企業の経営姿│       │
│    │         │勢調査を行った。東京商工リサーチ評点45点以上の富士・富士宮│       │
│    │         │市の中小企業418社にその経営姿勢に対するアンケートを送付、 │       │
│    │         │106社から回答を得ている。回収率は25%。          │       │
│    │         │ 私の立てた仮説は、人にやさしい会社は業績もよいというもの│       │
│    │         │。この仮説を立証するために、まずはこの418社の決算報告に基 │       │
│    │         │づくTSR評点の過去5年間の動きに着目し詳細な分析を行っ │       │
│    │         │た。                           │       │
│    │         │ リーマンショック後の2011年から2015年までの5年間で、これ│       │
│    │         │ら企業の業績がどのように推移したかを調べた結果、業績がよく│       │
│    │         │なっている企業はその4分の1に過ぎないことが明らかになった│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 半数の200社以上が過去5年で業績を悪化させており、残りの1│       │
│    │         │00社がかろうじて横ばいというのが富士・富士宮地区の中小企業│       │
│    │         │の実態である。                      │       │
│    │         │ 2009年のリーマンショックが景気の底ではない。少なくとも富│       │
│    │         │士・富士宮地域の中小企業の多くにとっては、景気回復の実感は│       │
│    │         │ない。                          │       │
│    │         │ 本年4月1日より富士市ユニバーサル就労の推進に関する条例│       │
│    │         │が施行される。富士市はユニバーサル就労の推進を目指すと決め│       │
│    │         │たのであり、この決断は現在、内外の多くの関心を集めている。│       │
│    │         │これは冒頭述べた中小企業憲章の行動指針「女性、高齢者や障害│       │
│    │         │者を含め働く人々にとって質の高い職場環境を目指す」という部│       │
│    │         │分と符合し、国の中小企業政策ともぴたりと合致している。こう│       │
│    │         │した背景のもと、まずは以下のように質問し議論を深めたい。 │       │
│    │         │ (1) 富士市の現在の景気動向について、どのように認識してい│       │
│    │         │るか。                          │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│16  │鈴木 幸司(11)│ (2) 富士市の中小企業の実態については、どのような調査を行│市長     │
│    │         │っているのか。                      │及び     │
│    │         │ (3) 富士市の中小企業の現在の経営状況や業績について、どう│担当部長   │
│    │         │分析しているか。                     │       │
│    │         │ (4) 今後の中小企業振興策については、どのように考え、どの│       │
│    │         │ように進めていくのか。                  │       │
│    │         │ (5) 富士商工会議所が推進する「健康経営」には富士市として│       │
│    │         │どのように協力していくのか。               │       │
│    │         │2.職員みずからが調査研究を行う庁内シンクタンクの設置につ│       │
│    │         │いて                           │       │
│    │         │ 国は2014年、新たな「公的統計の整備に関する基本的な計画」│       │
│    │         │を決定し、今後は証拠に基づく政策立案を推進し、経済や雇用動│       │
│    │         │向等をより適時・的確に捉える統計を作成及び提供するためのオ│       │
│    │         │ープンデータ化を進めることとしている。          │       │
│    │         │ 私たち会派民主連合は本年1月19日、埼玉県春日部市を訪れ、│       │
│    │         │市の取り組む庁内シンクタンク「かすかべ未来研究所」の視察を│       │
│    │         │行った。                         │       │
│    │         │ 富士市でもさまざまな戦略や計画の策定の際、全体を俯瞰して│       │
│    │         │みる必要性がふえている。そうした場合にコンサルタント会社に│       │
│    │         │頼るか、それとも職員が調査研究に携わるかで、費用対効果並び│       │
│    │         │に目的達成率が変わってくるという説明を受け、また春日部市の│       │
│    │         │都市間競争に勝ち残るという最終目標については大きくうなずか│       │
│    │         │された。人口減少時代を迎え、本市も人ごととはいえない状況に│       │
│    │         │あり、こうした庁内シンクタンクの設置についても今後検討する│       │
│    │         │必要があるものと思われる。                │       │
│    │         │ データ入力については外部委託も必要であり、また地元の大学│       │
│    │         │の協力が有効とのことだが、そうした面からも常葉大学富士キャ│       │
│    │         │ンパスの撤退は本市にとって影響は大きい。来年、大きな財産が│       │
│    │         │富士市から消えてしまうことになる。今後はそうした頭脳流出に│       │
│    │         │ついても対策を取る必要があると思い、以下のように伺う。  │       │
│    │         │ 富士市には今後、市長直属の庁内シンクタンクの設置が必要だ│       │
│    │         │と思うが、いかがか。                   │       │
│    │         │ 以上2項目6点について回答願いたい。          │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│17  │下田 良秀(6) │1.富士市における将来の医療を見据えた富士市立中央病院の建│市長     │
│    │         │てかえについて                      │及び     │
│    │         │ 現在では医療を取り巻く環境は急激に変わってきており、技術│担当部長   │
│    │         │の進歩もますます加速化しています。それに伴い、富士市立中央│       │
│    │         │病院に求められるものは最新の医療だけでなく、広域連携や地域│       │
│    │         │医療との連携、治療終了後のフォローも含め多種多様化してきて│       │
│    │         │おります。                        │       │
│    │         │ 静岡県内の医療環境として長らく医師不足などの課題がありま│       │
│    │         │す。県内の人口10万人当たりの医療施設に従事する医師数は2014│       │
│    │         │年12月末現在193.9人で、全国平均は233.6人で全国順位は40位と│       │
│    │         │、依然医師不足が続いていることが厚生労働省の調査でも報告さ│       │
│    │         │れています。特に西高東低と言われる医師偏在も問題となってお│       │
│    │         │ります。このような状況の中、静岡県では医師確保対策の充実・│       │
│    │         │強化を図るため、ふじのくに地域医療支援センターが中心となり│       │
│    │         │、「ふじのくにバーチャルメディカルカレッジ」を創立・運営し│       │
│    │         │、医学修学研修資金貸与制度、教育機能、臨床機能、調査・研究│       │
│    │         │機能を柱とした取り組みにより、県内外から多くの医師を確保し│       │
│    │         │、地域における偏在解消に努めています。富士市立中央病院でも│       │
│    │         │、絶対的な人数の不足はあるものの、近年の医師の人数の推移を│       │
│    │         │見ると医師の確保に尽力されており一定の結果が出ているように│       │
│    │         │思われます。                       │       │
│    │         │ また富士市・富士宮市を区域とする富士医療圏(二次医療圏)│       │
│    │         │においては、がん診療連携拠点病院等のない空白の二次医療圏で│       │
│    │         │した。しかし平成28年4月に富士市立中央病院が静岡県立静岡が│       │
│    │         │んセンター(都道府県がん診療連携拠点病院)とのグループ指定│       │
│    │         │による地域がん診療病院に指定されたことによりその空白は解消│       │
│    │         │されました。                       │       │
│    │         │ 富士市の施策としては、新公立病院改革プランを、経営の効率│       │
│    │         │化、再編・ネットワーク化、経営形態の見直しに、地域医療構想│       │
│    │         │を踏まえた役割の明確化を新たに加えた4つの視点で策定してい│       │
│    │         │くとしています。                     │       │
│    │         │ このように、連携などのソフト面や人的な面については歩を進│       │
│    │         │めているように思いますが、ハード面を考えると富士市立中央病│       │
│    │         │院は昭和59年に建設され、既に30年以上が経過しております。一│       │
│    │         │般的に市立病院を建てかえる場合、建設には新病院の構想に着手│       │
│    │         │してから約10年の年月が必要であります。今から富士市立中央病│       │
│    │         │院の建てかえ構想に着手しても、現在の富士市立中央病院は築45│       │
│    │         │年程度まで使用することとなります。            │       │
│    │         │ 医療を取り巻く環境の変化への対応、施設の老朽化、富士市制│       │
│    │         │も50周年を迎え、新たな50年先の富士市の医療をも踏まえて考え│       │
│    │         │た場合、今、富士市立中央病院の建てかえについて検討を始める│       │
│    │         │べきでないかと思い以下質問いたします。          │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│17  │下田 良秀(6) │ (1) 富士市制50周年を迎えた今、将来を見据えた富士市の医療│市長     │
│    │         │についていかがお考えでしょうか。             │及び     │
│    │         │ (2) 医療技術の進歩や施設の老朽化等も踏まえ、検討を始める│担当部長   │
│    │         │には適齢期を迎えた富士市立中央病院の建てかえについていかが│       │
│    │         │お考えでしょうか。                    │       │
│    │         │2.富士市森林墓園の運営について             │       │
│    │         │ 現代社会における社会環境の変化から、墓地不足が問題となり│       │
│    │         │その必要性から富士市においても富士市森林墓園が創立されまし│       │
│    │         │た。そんな中、少子化の傾向は、核家族化や高齢化と相まって、│       │
│    │         │お墓を承継していく基盤を揺るがせつつあります。      │       │
│    │         │ 近年では、結婚をしても子どもを持たない夫婦や、生涯結婚を│       │
│    │         │しない単身者、また高齢化による身寄りのない人たちといった層│       │
│    │         │が増加しており、お墓を建てても、そのお墓を承継していく者が│       │
│    │         │いないという問題が生まれています。            │       │
│    │         │ また、子どもが娘だけという場合、それぞれの娘が嫁いだ後、│       │
│    │         │自分たちのお墓を誰が守るのかということが、切実な問題として│       │
│    │         │浮かび上がってきます。一人っ子同士が結婚した場合には、1世│       │
│    │         │帯でお墓を2つ持つことになるという家族も少なくないという状│       │
│    │         │況もあるようです。承継者がいたとしても、生活空間が広がった│       │
│    │         │現代社会においては、生涯未婚率の上昇、転勤による住所移転や│       │
│    │         │海外滞在などといったこともまれではなく、お墓を建てても管理│       │
│    │         │していけないという問題も生じています。管理ができず、お墓参│       │
│    │         │りもできないことを心配する声もあります。         │       │
│    │         │ 実際大阪市では15年間で4000基余りのお墓が無縁墓となり、そ│       │
│    │         │の撤去に5億円近くの費用がかかったようです。このように、生│       │
│    │         │活様式や社会環境が大きく変化した現代では、お墓の問題は社会│       │
│    │         │的問題だといえ富士市でも将来を踏まえ富士市森林墓園の運営を│       │
│    │         │考えていく必要があると思い質問いたします。        │       │
│    │         │ (1) 富士市森林墓園の運営状況についてお聞かせください。 │       │
│    │         │ (2) 富士市森林墓園の今後の管理や運営方針についてどうお考│       │
│    │         │えかお聞かせください。                  │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│18  │笹川 朝子(3) │1.富士市公共施設再編計画の対応について         │市長     │
│    │         │ 1950年代から1970年代にかけての経済成長期、日本の地域は大│及び     │
│    │         │きく変動しました。地方から大量の人々を都市部に移住させまし│担当部長   │
│    │         │た。新幹線、高速道路で大都市を結び、コンビナートを造成し、│       │
│    │         │都心部では再開発が行われ、道路の拡幅・整備が進みました。郊│       │
│    │         │外では、土地区画整理事業等を実施しました。都市郊外に存在し│       │
│    │         │たコミュニティは崩壊し、市町村合併で中心部への行政権限の集│       │
│    │         │中が進められました。                   │       │
│    │         │ 日本は先進国の中でかつての人ロ増加率1位から、現在では人│       │
│    │         │ロ減少率1位になろうとしており、超高齢化社会を迎えようとし│       │
│    │         │ています。政府はそんな中で、大企業が国際競争に勝ち残れるよ│       │
│    │         │うに、日本の仕組みをつくりかえようとしています。国土と地方│       │
│    │         │とコミュニティを再編し、行政サービスを削減するための居住地│       │
│    │         │の再編、つまり公共施設の削減を進めるとしています。    │       │
│    │         │ 2014年4月、総務省は「公共施設等総合管理計画」の策定の指│       │
│    │         │針を発表しました。公共施設等の現状や将来の見通し、管理に関│       │
│    │         │する基本的な考え方を示して計画の策定が進められました。市は│       │
│    │         │、「富士市公共施設再編計画」の策定を進め、2015年4月に策定│       │
│    │         │した「富士市公共施設マネジメント基本方針」では、市が保有し│       │
│    │         │ている公共施設をそのまま存続させていくために必要な更新費用│       │
│    │         │を試算し、過去の平均更新費用と比較すると毎年約30億円不足す│       │
│    │         │る。この不足額を埋めるために、一般公共建築物の延べ床面積を│       │
│    │         │20%削減しなければならないとして、3つの基本原則を挙げてい│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ 基本原則1.公共サービスの提供方法を見直し、保有建築物の│       │
│    │         │総量を削減する。                     │       │
│    │         │ 基本原則2.一般公共建築物の維持管理手法を最適化し、ライ│       │
│    │         │フサイクルコストを縮減する。               │       │
│    │         │ 基本原則3.一般公共建築物の資産価値を最大限引き出すため│       │
│    │         │に、効果的に利活用していく。               │       │
│    │         │ この基本原則に従って、今後40年間を見据え、公共施設の再編│       │
│    │         │について検討したとあります。               │       │
│    │         │ 計画の策定は義務ではありませんが、国の要求どおりに計画を│       │
│    │         │策定しなければ、地方財政措置で不利に扱われる公算が大きいと│       │
│    │         │言われています。                     │       │
│    │         │ 市民生活は、公共施設を使うことで成立しています。日常的に│       │
│    │         │使う公共施設は、日常的に使える場所に必要です。「適正規模」│       │
│    │         │を維持するという理由で、公共施設の統廃合を進めると、不便に│       │
│    │         │なり、場合によっては生活が成り立たなくなり、その結果、「人│       │
│    │         │ロ減少→統廃合→生活が不便→便利なところに転居→人口減少」│       │
│    │         │という悪循環に陥ることになるのではないでしょうか。    │       │
│    │         │ 公共施設は究極的には住民のものです。行政の立場から見  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│18  │笹川 朝子(3) │たマネジメントの対象としての公共施設であってはならないと考│市長     │
│    │         │えます。計画の対応について以下質問いたします。      │及び     │
│    │         │ (1) 国のインフラ長寿命化基本計画と富士市公共施設再編計画│担当部長   │
│    │         │の関係について                      │       │
│    │         │ (2) 目標の設定について、対象となる一般公共建築物の延べ床│       │
│    │         │面積57万9059平方メートルの20%を目標に削減するとあります。│       │
│    │         │目標数値の根拠、また、過去5年間で統合・廃止・譲渡・指定管│       │
│    │         │理へ移行した物の内訳について               │       │
│    │         │ (3) 協働のまちづくりを推進している一方で、公共施設の統合│       │
│    │         │・廃止等については、行政の計画ありきで進められているように│       │
│    │         │感じます。住民の声をもっと取り入れていくべきではないでしょ│       │
│    │         │うか。                          │       │
│    │         │ (4) 公共施設マネジメントの取り組みは、まずは長寿命化を目│       │
│    │         │指していくべきと考えます。地元中小建設業者による維持管理を│       │
│    │         │積極的に進めていくことについて              │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│19  │萩野 基行(1) │1.高齢者の自動車事故防止について            │市長     │
│    │         │ 近年、高齢者の自動車運転による悲惨な交通事故が多発し、社│及び     │
│    │         │会問題の1つとなっております。要因はアクセルとブレーキの踏│教育長    │
│    │         │み間違いや逆走、安全不確認、判断の遅延などさまざまです。 │担当部長   │
│    │         │ 70歳以上の方は運転免許更新の際に高齢者講習の受講、75歳以│       │
│    │         │上の方は高齢者講習の前に、講習予備検査(認知機能)など義務│       │
│    │         │づけられております。                   │       │
│    │         │ また免許の自主返納制度もありますが、警察庁の運転免許統計│       │
│    │         │によると、全国ですが、平成27年での70歳以上の運転免許保有者│       │
│    │         │数は949万1098人です。そして70歳以上で免許を返納した人数は │       │
│    │         │23万1233人です。ということはわずか2.4%しか返納していない │       │
│    │         │のが現状です。超高齢社会に突入している今日、高齢者による交│       │
│    │         │通事故防止に本市もしっかりと取り組んでいかねばならないと考│       │
│    │         │えます。                         │       │
│    │         │ そこでお伺いします。                  │       │
│    │         │ (1) 本市での交通事故防止啓発の取り組みと自主返納の現状に│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │ (2) 自主返納をした高齢者への対応について        │       │
│    │         │ (3) 本市におきましても、車社会ということは否めなく、自主│       │
│    │         │返納し公共交通に頼ることに抵抗を持つ市民は多いようです。そ│       │
│    │         │こで、自動ブレーキ搭載車購入やサポート器具の取りつけに補助│       │
│    │         │をしてはどうか。                     │       │
│    │         │2.図書館利用について                  │       │
│    │         │ 本市の図書館は、蔵書数や環境など大変に充実しており、市民│       │
│    │         │の憩いの場としてすばらしい施設になっております。中央図書館│       │
│    │         │においては、平成27年度は49万6414人もの来館者があったという│       │
│    │         │のはそのあかしかと思います。               │       │
│    │         │ 日ごろの運営に感謝申し上げるとともにますますの向上をお願│       │
│    │         │いするようお伺いします。                 │       │
│    │         │ 多くの人々が図書を手にします。本市においてもブックカバー│       │
│    │         │等で衛生管理をしておりますが、さらに一歩進んで、書籍消毒機│       │
│    │         │の導入はいかがでしょうか。                │       │
│    │         │ 本の貸し出しのときに消毒、殺菌する図書消毒機は、既に全国│       │
│    │         │各地で導入されてきており、強力な紫外線で殺菌消毒し、送風に│       │
│    │         │より本に挟まった髪の毛やほこりなどを除去するものです。図書│       │
│    │         │消毒機を使うことにより、不特定多数の方が利用する図書館の本│       │
│    │         │を清潔で安心して借りることができます。特に児童や乳幼児のた│       │
│    │         │めに本などを借りるときにウイルスなどの心配もなくなりますの│       │
│    │         │で、導入ができないかお伺いいたします。          │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

             富士市議会定例会(2月)会期表
                                 平成29年2月15日(水)開会
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第1日│2.15 │水│10:00 │本 会 議  │開 会                       │
│   │   │ │   │       │ 1.会議録署名議員の指名              │
│   │   │ │   │       │ 2.会期の決定                   │
│   │   │ │   │       │ 3.諸般の報告                   │
│   │   │ │   │       │ 4.特別委員会の中間報告              │
│   │   │ │   │       │   ●中間報告に対する質疑            │
│   │   │ │   │       │ 5.議第59号 工事請負契約の締結に関し議決を求める │
│   │   │ │   │       │  ことについて(富士市新環境クリーンセンター建設工│
│   │   │ │   │       │  事)                      │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 6.議第60号 財産の取得に関し議決を求めることにつ │
│   │   │ │   │       │  いて(新環境クリーンセンター建設事業用地取得) │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 7.議第1号 平成28年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第4号)ほか議案12件(議第2号〜議第12号、│
│   │   │ │   │       │  議第41号)一括上程               │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●議案委員会付託    │
│   │   │ │   │       │ 8.発議第1号 富士市ユニバーサル就労の推進に関す │
│   │   │ │   │       │  る条例制定について               │
│   │   │ │   │       │ 9.平成29年度市長施政方針             │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第2日│2.16 │木│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第3日│2.17 │金│9:30 │総務市民委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │環境経済委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第4日│2.18 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第5日│2.19 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第6日│2.20 │月│9:30 │文教民生委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │建設水道委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第7日│2.21 │火│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第8日│2.22 │水│10:00 │本 会 議  │ 1.議第1号 平成28年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第4号)ほか議案12件(議第2号〜議第12号、│
│   │   │ │   │       │  議第41号)一括上程               │
│   │   │ │   │       │   ●委員長報告   ●委員長報告に対する質疑  │
│   │   │ │   │       │   ●討 論     ●採 決          │
│   │   │ │   │       │ 2.議第61号 損害賠償の額を定めることについて   │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 3.議第13号 平成29年度富士市一般会計予算について │
│   │   │ │   │       │  ほか議案47件(議第14号〜議第40号、議第42号〜議第│
│   │   │ │   │       │  58号、議第62号〜議第64号)一括上程       │
│   │   │ │   │       │   ●議案説明                  │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第9日│2.23 │木│14:00 │議会運営委員会│           (施政方針に対する質問)   │
│   │   │ │   │       │●発言通告締切・正午                │
│   │   │ │   │       │           (一  般  質  問)   │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第10日│2.24 │金│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第11日│2.25 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第12日│2.26 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第13日│2.27 │月│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第14日│2.28 │火│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第15日│3. 1 │水│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第16日│3. 2 │木│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第17日│3. 3 │金│10:00 │本 会 議  │ 1.平成29年度市長施政方針に対する質問       │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第18日│3. 4 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第19日│3. 5 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第20日│3. 6 │月│10:00 │本 会 議  │ 1.平成29年度市長施政方針に対する質問       │
│   │   │ │   │       │ 2.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第21日│3. 7 │火│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第22日│3. 8 │水│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第23日│3. 9 │木│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
│   │   │ ├───┼───────┼──────────────────────────┤
│   │   │ │本会議│議会運営委員会│                          │
│   │   │ │終了後│       │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第24日│3.10 │金│10:00 │本 会 議  │ 1.議第13号 平成29年度富士市一般会計予算について │
│   │   │ │   │       │  ほか議案47件(議第14号〜議第40号、議第42号〜議第│
│   │   │ │   │       │  58号、議第62号〜議第64号)一括上程       │
│   │   │ │   │       │   ●質 疑  ●議案委員会付託         │
│   │   │ │   │       │ 2.議第65号 平成28年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第5号)上程               │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●議案委員会付託    │
│   │   │ ├───┼───────┼──────────────────────────┤
│   │   │ │本会議│一般・特別会計│ 所管事務調査について               │
│   │   │ │終了後│決算委員会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第25日│3.11 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第26日│3.12 │日│   │休   会  │                          │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第27日│3.13 │月│9:30 │総務市民委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │環境経済委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第28日│3.14 │火│9:30 │総務市民委員会│ 付託議案審査                   │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第29日│3.15 │水│9:30 │文教民生委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │建設水道委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第30日│3.16 │木│9:30 │文教民生委員会│ 付託議案審査                   │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第31日│3.17 │金│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第32日│3.18 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第33日│3.19 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第34日│3.20 │月│   │休   会  │(春分の日)                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第35日│3.21 │火│9:30 │議会運営委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第36日│3.22 │水│10:00 │本 会 議  │ 1.議第13号 平成29年度富士市一般会計予算について │
│   │   │ │   │       │  ほか議案48件(議第14号〜議第40号、議第42号〜議第│
│   │   │ │   │       │  58号、議第62号〜議第65号)一括上程       │
│   │   │ │   │       │   ●委員長報告   ●委員長報告に対する質疑  │
│   │   │ │   │       │   ●討 論     ●採 決          │
│   │   │ │   │       │ 2.議第66号 財産の処分に関し議決を求めることにつ │
│   │   │ │   │       │  いて(老人ホーム駿河荘跡地処分)ほか1件(議第67│
│   │   │ │   │       │  号)一括上程                  │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 3.議第68号 損害賠償の額を定め和解することについ │
│   │   │ │   │       │  て                       │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 4.議第69号 富士市固定資産評価審査委員会委員の選 │
│   │   │ │   │       │  任につき同意を求めることについて        │
│   │   │ │   │       │ 5.議第70号 富士市鈴川財産区管理委員及び富士市檜 │
│   │   │ │   │       │  新田財産区管理委員の選任につき同意を求めること │
│   │   │ │   │       │  について                    │
│   │   │ │   │       │ 6.発議第2号 富士市議会委員会条例の一部を改正す │
│   │   │ │   │       │  る条例制定についてほか議案1件(発議第3号)一括│
│   │   │ │   │       │  上程                      │
│   │   │ │   │       │ 7.共立蒲原総合病院組合議会議員の選挙について   │
│   │   │ │   │       │ 8.閉会中の継続審査について            │
│   │   │ │   │       │閉 会                       │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘