議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 富士市

平成28年11月 定例会−12月12日-付録




平成28年11月 定例会

●委員会審査報告書
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                  平成28年11月30日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               総務市民委員会        │
│                               委員長  太 田 康 彦   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第96号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第3号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 12款分担金及び負担金 1項負担金       │     │     │
│     │     14款国庫支出金 2項国庫補助金        │     │     │
│     │              1目総務費補助金      │     │     │
│     │     17款寄附金 1項寄附金            │     │     │
│     │     20款諸収入 5項雑入             │     │     │
│     │     21款市債 1項市債              │     │     │
│     │  歳出 2款総務費 1項総務管理費          │     │     │
│     │           2項徴税費            │     │     │
│     │           3項戸籍住民基本台帳費      │     │     │
│     │           4項選挙費            │     │     │
│     │           5項統計調査費          │     │     │
│     │           6項監査委員費          │     │     │
│     │     9款消防費 1項消防費            │     │     │
│     │     10款教育費 6項社会教育費          │     │     │
│     │            6目文化振興費         │     │     │
│     │            8目文化財保護費        │     │     │
│     │            10目博物館費          │     │     │
│     │           7項体育保健費          │     │     │
│     │            1目体育振興費         │     │     │
│     │            2目体育施設費         │     │     │
│     │     14款予備費 1項予備費            │     │     │
│     │ 第3条(地方債の補正)                │     │     │
│     │  第3表 地方債補正                 │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第107号 │富士市の議会の議員及び長の選挙における選挙運動     │原案可決 │     │
│     │の公費負担に関する条例の一部を改正する条例制定     │     │     │
│     │について                        │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第108号 │富士市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一     │原案可決 │     │
│     │部を改正する条例制定について              │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │                            │     │     │
│議第109号 │富士市印鑑条例の一部を改正する条例制定について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第110号 │富士市行政手続における特定の個人を識別するため     │原案可決 │     │
│     │の番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利     │     │     │
│     │用に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正     │     │     │
│     │する条例制定について                  │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第111号 │富士市職員の退職手当に関する条例の一部を改正す     │原案可決 │     │
│     │る条例制定について                   │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第112号 │富士市総合体育館建設基金条例制定について        │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第113号 │富士市税条例等の一部を改正する条例制定について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第114号 │富士市手数料条例の一部を改正する条例制定につい     │原案可決 │     │
│     │て                           │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第118号 │富士市立体育館の設置及び管理に関する条例の一部     │原案可決 │     │
│     │を改正する条例制定について               │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                  平成28年12月 1日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               文教民生委員会        │
│                               委員長  荻 田 丈 仁   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第96号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第3号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 14款国庫支出金 1項国庫負担金        │     │     │
│     │             2項国庫補助金        │     │     │
│     │              2目民生費補助金      │     │     │
│     │     15款県支出金 1項県負担金          │     │     │
│     │  歳出 3款民生費 1項社会福祉費          │     │     │
│     │           2項老人福祉費          │     │     │
│     │           3項児童福祉費          │     │     │
│     │           4項障害者福祉費         │     │     │
│     │           5項生活保護費          │     │     │
│     │     4款衛生費 1項保健衛生費          │     │     │
│     │     10款教育費 1項教育総務費          │     │     │
│     │           2項小学校費           │     │     │
│     │           3項中学校費           │     │     │
│     │           4項高等学校費          │     │     │
│     │           5項幼稚園費           │     │     │
│     │           6項社会教育費          │     │     │
│     │            1目社会教育総務費       │     │     │
│     │            11目図書館費          │     │     │
│     │           7項体育保健費          │     │     │
│     │            4目学校給食費         │     │     │
│     │ 第2条(繰越明許費)                 │     │     │
│     │  第2表 繰越明許費                 │     │     │
│     │   3款 民生費                   │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第97号 │平成28年度富士市国民健康保険事業特別会計補正予     │原案可決 │     │
│     │算について(第3号)                  │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第98号 │平成28年度富士市後期高齢者医療事業特別会計補正     │原案可決 │     │
│     │予算について(第2号)                 │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第99号 │平成28年度富士市介護保険事業特別会計補正予算に     │原案可決 │     │
│     │ついて(第2号)                    │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │                            │     │     │
│議第106号 │平成28年度富士市病院事業会計補正予算について      │原案可決 │     │
│     │(第2号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第115号 │富士市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制     │原案可決 │     │
│     │定について                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第116号 │富士市介護保険条例の一部を改正する条例制定につ     │原案可決 │     │
│     │いて                          │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第117号 │富士市病院事業使用料及び手数料条例の一部を改正     │原案可決 │     │
│     │する条例制定について                  │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                  平成28年11月30日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               環境経済委員会        │
│                               委員長  井 上   保   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第96号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第3号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳出 4款衛生費 2項清掃費            │     │     │
│     │            1目清掃総務費         │     │     │
│     │           3項環境対策費          │     │     │
│     │     5款労働費 1項労働費            │     │     │
│     │     6款農林水産業費 1項農業費         │     │     │
│     │              2項林業費         │     │     │
│     │     7款商工費 1項商工費            │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第103号 │平成28年度富士市内山特別会計補正予算について      │原案可決 │     │
│     │(第1号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                  平成28年12月 1日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               建設水道委員会        │
│                               委員長  笠 井   浩   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第96号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第3号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 14款国庫支出金 2項国庫補助金        │     │     │
│     │              4目土木費補助金      │     │     │
│     │     15款県支出金 2項県補助金          │     │     │
│     │  歳出 4款衛生費 2項清掃費            │     │     │
│     │            3目生活排水処理費       │     │     │
│     │     8款土木費 1項土木管理費          │     │     │
│     │           2項道路橋梁費          │     │     │
│     │           3項河川費            │     │     │
│     │           5項都市計画費          │     │     │
│     │           6項公園費            │     │     │
│     │           8項住宅費            │     │     │
│     │ 第2条(繰越明許費)                 │     │     │
│     │  第2表 繰越明許費                 │     │     │
│     │   8款 土木費                   │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第100号 │平成28年度富士市新富士駅南地区土地区画整理事業     │原案可決 │     │
│     │特別会計補正予算について(第1号)           │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第101号 │平成28年度富士市第二東名IC周辺地区土地区画整     │原案可決 │     │
│     │理事業特別会計補正予算について(第1号)        │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第102号 │平成28年度富士市駐車場事業特別会計補正予算につ     │原案可決 │     │
│     │いて(第1号)                     │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第104号 │平成28年度富士市水道事業会計補正予算について      │原案可決 │     │
│     │(第1号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第105号 │平成28年度富士市公共下水道事業会計補正予算につ     │原案可決 │     │
│     │いて(第2号)                     │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

           発 言 通 告 表 ( 一 般 質 問 )
                                     平成28年11月定例会
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │遠藤 盛正(13)│1.スポーツ観光まちづくりの条件整備と推進方策について  │市長     │
│    │         │ 全国的に、スポーツ観光事業時代とされ、その取り組みが盛ん│及び     │
│    │         │に行われています。久しく富士市でも、スポーツ観光という言葉│担当部長   │
│    │         │が使われてきました。                   │       │
│    │         │ 特に最近は、インバウンド観光(外国人の観光客)に注目が集│       │
│    │         │まっています。爆買いだけの観光客だけでなく、体験型の観光へ│       │
│    │         │と各自治体も工夫を凝らしています。            │       │
│    │         │ 富士市でも、停滞的な都市計画の中、経済効果のあるスポーツ│       │
│    │         │を誘致する必要があると思い、さらに早急に取り組む必要がある│       │
│    │         │とも思い今回の質問になりました。             │       │
│    │         │ 2020年の東京五輪に向けたスポーツ熱を生かし、それを観光資│       │
│    │         │源として自治体スポーツ施策と参加交流人口の活用を考えなくて│       │
│    │         │はいけないと思います。富士市スポーツ推進計画の後期計画で、│       │
│    │         │市民を中心とした生涯スポーツの推進やスポーツ団体への支援を│       │
│    │         │進めるとしている中、スポーツによるシティプロモーションで本│       │
│    │         │市の特色を生かした大会、イベント等の誘致も計画はされていま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ しかし、スポーツ観光事業としての行政主導の具体的なものが│       │
│    │         │見えてきません。近年、富士山女子駅伝やキウイマラソン、アル│       │
│    │         │ティメット大会が行われていますが、スポーツ観光事業としての│       │
│    │         │取り組みは、どのようになっているのでしょうか。      │       │
│    │         │ 11月15日の静岡新聞に、三島市観光協会が2020年の東京五輪に│       │
│    │         │向け、交流客800万人を目標に7事業の観光戦略アクションプラ │       │
│    │         │ンを市に答申した「セブンカラーズ」という記事が載っていまし│       │
│    │         │た。                           │       │
│    │         │ 具体的には                       │       │
│    │         │  ?「ガーデンシティプロジェクト」による回遊性の向上  │       │
│    │         │  ?健康・スポーツと観光を結び付けたビジネスの創出   │       │
│    │         │  ?既存施設を活用したイベントの実施          │       │
│    │         │  ?「食」を通した地域ブランドを推進し、付加価値の高い商│       │
│    │         │   品販売                       │       │
│    │         │  ?メディアを利用したイベントの実施          │       │
│    │         │  ?小田原・箱根地区や伊豆地域との広域連携       │       │
│    │         │  ?文化プログラムによる、インバウンド(訪問旅行者)対応│       │
│    │         │の7点を挙げています。                  │       │
│    │         │ 観光全般については、広過ぎますので、特にスポーツ観光事業│       │
│    │         │の部分について三島市をみると、健康・スポーツ関連として、各│       │
│    │         │種団体の合宿や大会の誘致を促進、既存施設を活用して三島スカ│       │
│    │         │イウォークや伊豆フルーツパークなどと連携を図るとしています│       │
│    │         │。                            │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │遠藤 盛正(13)│ このような観光事業計画が、スポーツ大会で富士市を訪れる方│市長     │
│    │         │々をターゲットにできないものでしょうか。例えば、新設される│及び     │
│    │         │富士川観覧車、須津川渓谷のバンジージャンプ、市内から30分以│担当部長   │
│    │         │内のゴルフ場、田子の浦のシラス丼、富士川のラフティング、工│       │
│    │         │場夜景などと連携したスポーツ観光事業が本来のスポーツ観光の│       │
│    │         │意義だと思いますが、いかがでしょうか。          │       │
│    │         │ また、市内の宿泊施設の充実を図るとともに、富士市ホテル旅│       │
│    │         │館業組合との話し合い、調整はどのように行われているのでしょ│       │
│    │         │うか。                          │       │
│    │         │ 私は、その面では富士山観光交流ビューローがその役割を果た│       │
│    │         │すものだと思います。富士山観光交流ビューローは、それまでの│       │
│    │         │富士市観光協会と行政の統合事業として、富士市の観光事業が円│       │
│    │         │滑に進むことを目的に設立されたと思っています。      │       │
│    │         │ そして、スポーツ観光という面でも積極的にかかわるべきと考│       │
│    │         │えています。                       │       │
│    │         │ 私は、富士市には現在、十分なスポーツ施設が整っていると思│       │
│    │         │います。後は、どこがスポーツ観光事業を見据えて管理していき│       │
│    │         │、スポーツ都市の戦略とまちづくりの連携をしていくかだと思い│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ 今までのような「絵に描いたスポーツ観光」ではなく、市外、│       │
│    │         │県外、国外からも誘客できる展開、スポーツイベントと都市計画│       │
│    │         │が同時に進む、スポーツに親しむまちづくりが、早急に求められ│       │
│    │         │ています。                        │       │
│    │         │ 私は、スポーツは隠れた観光資源だと思っていますので、既に│       │
│    │         │動き出している他自治体を参考にしながら、今すぐスポーツ観光│       │
│    │         │事業に真剣に取り組むべきだと考え、以下、質問させていただき│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ (1) 現在のスポーツ観光事業としての富士市の実績をどのよう│       │
│    │         │に分析しているのか。                   │       │
│    │         │ (2) 既存の市内スポーツ施設で今後どのようなスポーツ観光事│       │
│    │         │業ができるとお考えか。                  │       │
│    │         │ (3) 今後のスポーツ観光事業とスポーツイベントの展開を現状│       │
│    │         │の市の組織体制を踏まえ、どのように考えているか。     │       │
│    │         │ (4) 観光振興の視点からも、スポーツコミッションの創設が必│       │
│    │         │要と考えますが、富士山観光交流ビューローの今の役割と、今後│       │
│    │         │の役割をどのようにお考えか。               │       │
│    │         │ 以上、4点をお聞きして、1回目の質問といたします。   │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │川窪 吉男(23)│1.障害者スポーツの普及について             │市長     │
│    │         │ ことしも押し迫ってまいりました。数々の自然災害が猛威を振│及び     │
│    │         │るい、各地に被害の爪跡を残した一年でもありました。    │教育長    │
│    │         │ 8月にはブラジル、リオでオリンピックが、9月にはパラリン│担当部長   │
│    │         │ピックが開催され、日の丸を背負った選手団が奮闘し、オリンピ│       │
│    │         │ックでは41個、パラリンピックでは24個のメダルを獲得する輝か│       │
│    │         │しき成績をおさめました。開催中は連日オリンピックの模様が中│       │
│    │         │継され、選手団の帰国後もパレードや祝賀会が開催されました。│       │
│    │         │パラリンピックも、オリンピックほどではないにせよ、選手たち│       │
│    │         │の活躍が報道され、4年後の東京オリンピック、パラリンピック│       │
│    │         │への期待が膨らんでいるところであります。         │       │
│    │         │ 国内でも、パラリンピックと同様な障害者スポーツ大会が開催│       │
│    │         │されていますが、リオパラリンピックを契機に、障害者スポーツ│       │
│    │         │についての関心が一層高まっていることから、障害者スポーツの│       │
│    │         │普及についてお伺いいたします。              │       │
│    │         │ (1) 第17回静岡県障害者スポーツ大会「わかふじスポーツ大会│       │
│    │         │」について                        │       │
│    │         │  ? 本市からの参加状況はいかがだったでしょうか。また、│       │
│    │         │過去の大会の参加状況はいかがだったでしょうか。      │       │
│    │         │  ? 本市はどのような支援をしたのでしょうか。     │       │
│    │         │ (2) 大会参加以外に障害者がスポーツ、運動に参加し「楽しめ│       │
│    │         │る」環境の整備について伺います。             │       │
│    │         │  ? ふじし障害者プランの5つの基本的視点の1つとして、│       │
│    │         │「共生社会の実現に向け、スポーツ活動等様々な社会参加を通じ│       │
│    │         │て自立や自己実現ができるよう、環境整備に努める」と記載され│       │
│    │         │ていますが、福祉の視点から障害者スポーツ活動支援について、│       │
│    │         │現状と今後の計画をお伺いいたします。           │       │
│    │         │  ? 平成28年3月に作成された、富士市スポーツ推進計画後│       │
│    │         │期計画では、4つの重点施策の1つとして「障害のある人のスポ│       │
│    │         │ーツ推進」と記載されていますが、現状と今後の計画をお伺いい│       │
│    │         │たします。                        │       │
│    │         │ (3) 障害者に対するスポーツや運動を普及していくには、指導│       │
│    │         │者の存在が欠かせないと考えていますが、障がい者スポーツ指導│       │
│    │         │員について、本市での現状をどのように把握しているかお伺いい│       │
│    │         │たします。                        │       │
│    │         │2.風邪予防対策と学校保健に「あいうべ体操」導入について │       │
│    │         │ ことしも風邪、インフルエンザの流行の兆しが見えてきました│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 小中学校の学校現場ではこれまで、うがいや手洗い等を予防策│       │
│    │         │として指導されてきましたが、それだけでは予防効果は十分とは│       │
│    │         │いえず、学級閉鎖も余儀なくされてきました。福岡県や大阪府で│       │
│    │         │は、予防効果があるといわれている「あいうべ体操」を小中学校│       │
│    │         │で取り入れ、さらなるインフルエンザ対策          │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │川窪 吉男(23)│を講じていると伺っております。そこで伺います。      │市長     │
│    │         │ (1) 風邪予防として給茶機を設置しているが、今までの経過と│及び     │
│    │         │現在の設置状況をお伺いいたします。            │教育長    │
│    │         │ (2) 本市の小中学校において、学校保健に「あいうべ体操」を│担当部長   │
│    │         │取り入れたらいかがでしょうか。              │       │
│    │         │ (3) また、「あいうべ体操」普及のためのセミナーを開催して│       │
│    │         │はいかがでしょうか。                   │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │佐野 智昭(2) │1.健康づくりやまちの活性化などに効果のある「歩く」に視点│市長     │
│    │         │を当てた、歩きたくなる・自然と歩いてしまうまちをつくるため│及び     │
│    │         │の仕掛けや仕組みづくりについて              │担当部長   │
│    │         │ 歩くことによって得られる効果・効用は、健康づくり、精神面│       │
│    │         │の安定・脳の活性化、地域づくり・まちの活性化、環境の保全な│       │
│    │         │ど多様である。とりわけ健康面では、生活習慣病等の予防になり│       │
│    │         │、それに伴い医療費の抑制につながるとされている。     │       │
│    │         │ 国でも、歩くことを取り入れた政策が進められており、健康増│       │
│    │         │進法に基づき策定された、国民の健康の増進の総合的な推進を図│       │
│    │         │るための基本的な方針である「健康日本21(第2次)」には、1│       │
│    │         │日の歩数が数値目標として設定されている。         │       │
│    │         │ また、国土交通省では、重点的施策としてコンパクト・プラス│       │
│    │         │・ネットワークが掲げられ、歩いて暮らせるまちづくりを推進し│       │
│    │         │ている。                         │       │
│    │         │ さらに、内閣府地方創生推進事務局では、12の地方公共団体等│       │
│    │         │をスマートウエルネスシティ総合特区に指定し、自律的に「歩く│       │
│    │         │」を基本とする「健幸」なまちの構築を進めている。そして、指│       │
│    │         │定された地方公共団体では、歩いて暮らせる条例の制定、他分野│       │
│    │         │の各種計画に健康の視点を導入するための指針となる、歩いて暮│       │
│    │         │らせるまちづくり構想等の策定、それらに基づく各種施策の実施│       │
│    │         │などにより、健幸長寿社会の創出に取り組んでいる。     │       │
│    │         │ 一方、本市についてみると、都市計画マスタープランでは、過│       │
│    │         │度に自動車に依存せず、誰でも安全・快適に移動できるまちづく│       │
│    │         │り、過度に自動車に依存しない交通体系の構築が目標として掲げ│       │
│    │         │られ、各種施策が示されている。さらに、まちなかまちづくりに│       │
│    │         │おいては、人がつながり、まちがつながる、歩いて暮らせる楽し│       │
│    │         │い「まちなか」がコンセプトとして設定されている。     │       │
│    │         │ また、健康ふじ21計画?の運動分野の目標の1つとして、「1│       │
│    │         │日1万歩以上歩く人を増やす」が設定されている。そして、健康│       │
│    │         │ふじ21アクションプラン後期計画の取り組みとして実施している│       │
│    │         │、ふじさん青春度指数・ふじさん青春マイレージの中には、健康│       │
│    │         │づくり行動として歩くに関連する項目が3つ示されているほか、│       │
│    │         │+10(プラステン)の普及と一万歩コースの紹介が取り組み内容│       │
│    │         │として示されている。                   │       │
│    │         │ さらに、スポーツ推進計画後期計画では、スポーツ施設等の整│       │
│    │         │備・活用の中で、一万歩コースの活用・検討が施策の方向性とし│       │
│    │         │て示されている。                     │       │
│    │         │ その他、具体的な取り組みとして、ウオーキングに関するイベ│       │
│    │         │ント・講座等やウオーキングコースの設定もされている。   │       │
│    │         │ 以上のように、本市においても歩くに関連する政策・施策等が│       │
│    │         │展開されているところであるが、超高齢社会を迎えるに当たって│       │
│    │         │、歩くことによって得られる効果・効用をさらに大      │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │佐野 智昭(2) │きなものとするための政策・施策等の充実が必要ではないかと考│市長     │
│    │         │え、以下質問する。                    │及び     │
│    │         │ (1) スマートウエルネスシティの概念を取り入れ、歩きたくな│担当部長   │
│    │         │るまちづくり、自然と歩いてしまうまちづくりを政策として推進│       │
│    │         │していくことも有効であると考えるがいかがか。       │       │
│    │         │ (2) ふじさん青春マイレージについて、歩くことを重視した改│       │
│    │         │善は考えられないか、あるいは、歩くことに特化したウオーキン│       │
│    │         │グ・マイレージ等を実施する考えはないか。         │       │
│    │         │ (3) 各地区に、歩く健康づくりや郷土の歴史探訪などを目的と│       │
│    │         │する22の一万歩コースが設定されているが、利用率や周知度は極│       │
│    │         │めて低いように感じる。スポーツ推進計画後期計画にも施策の方│       │
│    │         │向性が示されているが、今後利用を促進するためにどのような取│       │
│    │         │り組みを行っていくお考えか。               │       │
│    │         │ (4) 歩く機会をふやすことにもつながる、公共交通の利用促進│       │
│    │         │のためのモビリティ・マネジメント(※)は、公共交通自体の充│       │
│    │         │実とあわせて重要な施策であると思うが、今後どのような取り組│       │
│    │         │みを行っていくお考えか。                 │       │
│    │         │ (5) 地域の特色や資源を活用し観光振興に結びつけるとともに│       │
│    │         │、市民にとっても興味を持って楽しく歩くことができるように、│       │
│    │         │(仮称)ふじの道(50選など)を指定し、魅力ある道づくりを進│       │
│    │         │めていくことを提案するがいかがか。            │       │
│    │         │                             │       │
│    │         │ ※渋滞や環境、あるいは個人の健康等の問題に配慮して、過度│       │
│    │         │に自動車に頼る状態から公共交通や自転車などをかしこく使う方│       │
│    │         │向へと自発的に転換することを促す、一般の人々やさまざまな組│       │
│    │         │織・地域を対象としたコミュニケーションを中心とした持続的な│       │
│    │         │一連の取り組みを意味する。(日本モビリティ・マネジメント会│       │
│    │         │議ウエブサイトより)                   │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │石川 計臣(5) │1.町内会が管理する防犯灯のLED化の現状と今後の維持管理│市長     │
│    │         │・補助金制度等の方向性について              │及び     │
│    │         │ 全国の各自治体は、闇における犯罪防止と公衆の安全を図るた│担当部長   │
│    │         │め、市民協働による防犯灯の設置と維持管理を行っている。その│       │
│    │         │仕組みは、防犯灯の設置・維持管理(電気料、修繕)を町内会が│       │
│    │         │行い、費用の一部を自治体が補助するというのが一般的である。│       │
│    │         │ 富士市においても、これまで蛍光灯防犯灯の新設費用の一部と│       │
│    │         │電気料の約2分の1相当額を市が補助し、電球や老朽化した器具│       │
│    │         │交換等の修繕費については町内会が負担してきた。      │       │
│    │         │ 某町内会の実績事例では、150灯の蛍光灯防犯灯の維持管理費 │       │
│    │         │用(電気料、修繕費)として、平成22年が約37万円、電気料が大│       │
│    │         │幅に値上がりした東日本大震災後の平成24年は約52万円を支出し│       │
│    │         │ている。この維持管理費は市からの電気料補助金22万5000円(15│       │
│    │         │0灯×1500円)を差し引いた実費であり、町内会運営費の10%か │       │
│    │         │ら15%に相当する。この維持管理費は町内会の大きな財政負担に│       │
│    │         │なっている。                       │       │
│    │         │ このような状況の中、現在、富士市を含む多くの自治体が環境│       │
│    │         │負荷(二酸化炭素)の軽減と市及び町内会の財政負担を軽減する│       │
│    │         │ため、蛍光灯防犯灯を省エネルギー・長寿命のLED防犯灯に取│       │
│    │         │りかえる事業を積極的に進めている。            │       │
│    │         │ LED防犯灯は、蛍光灯防犯灯よりも5倍以上の寿命があり、│       │
│    │         │電気料と二酸化炭素を60%程度軽減できると言われている。また│       │
│    │         │、LED防犯灯の寿命とされている10年から13年間は修繕費がほ│       │
│    │         │とんど発生しない利点がある。               │       │
│    │         │ 防犯灯LED化の手法は各自治体で異なっており、富士市では│       │
│    │         │、既存の電柱等に設置された蛍光灯防犯灯をLED防犯灯に取り│       │
│    │         │かえる場合、補助限度額として1灯ごとに1万2000円の補助金が│       │
│    │         │交付される。                       │       │
│    │         │ そして当補助金が一部の町内会に偏らず、全ての町内会に対し│       │
│    │         │て平等に助成を行えるよう、年間ベースでの補助限度灯数が設け│       │
│    │         │てあり、町内会が管理する防犯灯数が、           │       │
│    │         │ 1灯から30灯の場合……補助限度灯数は年間4灯まで    │       │
│    │         │ 31灯から50灯の場合……補助限度灯数は年間6灯まで    │       │
│    │         │ 51灯から100灯の場合……補助限度灯数は年間8灯まで    │       │
│    │         │ 101灯から150灯の場合……補助限度灯数は年間10灯まで   │       │
│    │         │ 151灯以上の場合……補助限度灯数は年間12灯まで      │       │
│    │         │である。                         │       │
│    │         │ 富士市は平成26年度から防犯灯のLED化を本格的にスタート│       │
│    │         │させており、今年度で3年目になる。そして、第五次富士市総合│       │
│    │         │計画後期基本計画の進行管理で示されたLED防犯灯の普及率は│       │
│    │         │平成27年度現在で17.3%、目標指数として、後期基本計画の最終│       │
│    │         │年度となる平成32年度の普及率を60%に設定してある。    │       │
│    │         │ 防犯灯の維持管理費用の負担軽減を図るためには、各町内  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │石川 計臣(5) │会平等のもと、できるだけ早い段階でのLED化率100%達成が │市長     │
│    │         │望まれるだけでなく、LED防犯灯が比較的新しい技術であり開│及び     │
│    │         │発途上であることから予想し得ない状況の変化への対応や適切な│担当部長   │
│    │         │維持管理方法などについて各町内会への周知が必要と考え、以下│       │
│    │         │質問する。                        │       │
│    │         │ (1) 各町内会管理の防犯灯の総数、一町内会での最大管理灯数│       │
│    │         │、LED化率100%の町内会数等、防犯灯管理の現状を伺いたい │       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (2) 全ての町内会がLED化率100%を達成する時期をいつご │       │
│    │         │ろと想定しているか。                   │       │
│    │         │ (3) LED化率100%達成後の維持管理に係る補助制度をどの │       │
│    │         │ように考えているか。                   │       │
│    │         │ (4) LED防犯灯は新しい技術であり、まだ解明されていない│       │
│    │         │課題があることのほか、維持管理方法が各町内会で異なっている│       │
│    │         │。市と町内会の役割分担や適切な維持管理方法を検討する「(仮│       │
│    │         │称)LED防犯灯のあり方検討会」を立ち上げ、町内会向けの維│       │
│    │         │持管理に関する手引書を作成すべきと考えるがいかがか。   │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │山下いづみ(10)│1.富士市の紙文化、歴史と芸術を広めることについて    │市長     │
│    │         │ 11月1日にロゼシアター内に、ふじ・紙のアートミュージアム│及び     │
│    │         │がオープンした。紙のアート作品に特化した日本で初めての施設│担当部長   │
│    │         │であり、「日本一の紙のまち・富士市」を市内外にPRをしてい│       │
│    │         │く拠点となる。今後、産業としての紙、そして、芸術・文化面も│       │
│    │         │強調をして、紙を通して富士市の魅力を発信していくと期待でき│       │
│    │         │る。そこで、以下、4点について質問をする。        │       │
│    │         │ (1) ふじ・紙のアートミュージアムがオープンし、市長の所感│       │
│    │         │はどのようか。これからの紙のアートミュージアムの展開はどう│       │
│    │         │していくのか。紙アートの質を高めていくために今後は何が必要│       │
│    │         │だと考えるか。                      │       │
│    │         │ (2) 紙フェアで展示している「富士市の紙の歴史」の常設展示│       │
│    │         │を考えてはいかがか。                   │       │
│    │         │ (3) 富士手すき和紙の広報はどのようにしているのか。博物館│       │
│    │         │の実習室を手すき和紙工房とわかるように看板をつけてはいかが│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ (4) 紙の原料であるミツマタを富士の紙の歴史や文化に貢献し│       │
│    │         │た土地等に植えてはどうか。                │       │
│    │         │2.女性活躍促進の取り組みについて            │       │
│    │         │ ことし5月20日に、女性活躍加速のための重点方針2016が、す│       │
│    │         │べての女性が輝く社会づくり本部で決定をした。主な3つの柱は│       │
│    │         │、?あらゆる分野における女性の活躍?女性の活躍を支える安全│       │
│    │         │・安心な暮らしの実現?女性活躍の基盤整備である。今後、国レ│       │
│    │         │ベルでの取り組みの加速とともに、地方、民へと全国展開をして│       │
│    │         │いく。その中の取り組みから以下、5点について質問をする。 │       │
│    │         │ (1) 女性の参画拡大と人材育成についての市の取り組み状況は│       │
│    │         │どのようか。自治会や企業への働きかけはどのようか。    │       │
│    │         │ (2) 組織のトップ、市長みずからが女性活躍促進の取り組みと│       │
│    │         │して、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣│       │
│    │         │言賛同者となってはいかがか。               │       │
│    │         │ (3) 女性への暴力根絶の取り組みとして、もっと強化をしたほ│       │
│    │         │うがよいと考える点は何か。その取り組みに対しての課題は何か│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (4) 国が進めている地方自治体への性暴力被害者ワンストップ│       │
│    │         │支援センター設置を検討してはいかがか。          │       │
│    │         │ (5) パープルライトアップ(女性への暴力根絶)やパープルリ│       │
│    │         │ボン運動の展開はどのようになったか。           │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│6   │小池 義治(4) │1.地区別の人口推移について               │市長     │
│    │         │ 旧富士川町との合併時、平成20年11月1日時点の本市の人口は│及び     │
│    │         │26万1504人であったが、その後は横ばいが続いた後に漸減に転じ│担当部長   │
│    │         │、約8年間で5600人余の人口が減少、率にして2.2%の減となっ │       │
│    │         │ている。この間の人口推移を地区別に見てみると、市の全体で均│       │
│    │         │一に減少しているのではなく、増加地区と減少地区が混在してお│       │
│    │         │り、その差し引きにより人口減となっていることがわかる。  │       │
│    │         │ この8年間で人口が増加したのは、丘(868人増)、富士北(645 │       │
│    │         │人増)、富士駅南(505人増)、岩松北(339人増)、岩松(183人増)、│       │
│    │         │青葉台(103人増)、富士南(97人増)の7地区で、合計で2740人の │       │
│    │         │プラス、減少したのは、富士見台(1090人減)、元吉原(992人減) │       │
│    │         │、吉原(840人減)、田子浦(697人減)、富士川(638人減)など19地 │       │
│    │         │区で、合計で8388人のマイナスであった。          │       │
│    │         │ 今後の都市計画や人口減少対策の立案に当たっては、地区単位│       │
│    │         │でのきめ細かな現状把握が必要と考え、以下質問する。    │       │
│    │         │ (1) 人口が増加した地区の要因についてどう分析するか。  │       │
│    │         │ (2) 人口が減少した地区の要因についてどう分析するか。  │       │
│    │         │ (3) 合併後8年間の人口推移で、まちなかで人口が増加せず横│       │
│    │         │ばい(吉原・富士駅北・富士駅南・富士北の4地区合計:4万582│       │
│    │         │1人→4万5823人)であったことと、周辺地域において減少幅が10│       │
│    │         │%を超える地区があらわれたこと(富士見台:17.1%減・元吉原 │       │
│    │         │:12.2%減・吉永北:11.1%減)のどちらを、より深刻な問題と │       │
│    │         │捉えるか。                        │       │
│    │         │2.コンパクトシティ政策の実現性と負の側面について    │       │
│    │         │ ことし10月、富士市内在住の若者世帯がまちなかで住宅を取得│       │
│    │         │する費用に対し最大70万円の助成を行う「まちなかU−40(富士│       │
│    │         │市若者世帯まちなか居住支援奨励金交付制度)」がスタートした│       │
│    │         │。また、平成30年度までに立地適正化計画を作成し、市街化区域│       │
│    │         │内に新たに都市機能誘導区域や居住誘導区域を設定することで、│       │
│    │         │コンパクトなまちづくりを強化する方向性が示されている。  │       │
│    │         │ コンパクトシティ政策は10年以上前より全国的に、特に除雪コ│       │
│    │         │ストの課題を抱えた都市などから先行して具体的施策がとられて│       │
│    │         │きたが、行き詰まる事例も散見される。コンパクトシティの先進│       │
│    │         │市として知られた青森市では、2001年開業の駅前再開発ビル「ア│       │
│    │         │ウガ」の運営母体であった第三セクターが事実上の経営破綻、ま│       │
│    │         │た秋田市でも2012年に中心部に開業した再開発エリアの核テナン│       │
│    │         │トが2年余で撤退するなどの課題が表面化した。       │       │
│    │         │ コンパクトシティ政策は、都市の効率化や中心市街地の賑わい│       │
│    │         │に光が当てられる一方で、郊外地区での人口減少と高齢化が急激│       │
│    │         │なものになった場合に地域コミュニティの維持が難しくなるなど│       │
│    │         │の負の側面も懸念される。本市では、26の小学校区に設置された│       │
│    │         │まちづくりセンターを拠点として、それぞ          │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│6   │小池 義治(4) │れの地区が老壮青のバランスがとれた人口構成のもと、地域の歴│市長     │
│    │         │史と自然に基づく特性を生かした活発なまちづくり活動が行われ│及び     │
│    │         │てきた。このことは、市外に向けても胸を張って自慢できる富士│担当部長   │
│    │         │市民の誇りであり、先人が残してくれた“宝物”だと感じている│       │
│    │         │が、人口急減期における居住誘導政策により、この特徴が毀損す│       │
│    │         │るおそれはないだろうか。市民のコンセンサスが十分とは言えず│       │
│    │         │、より広範な議論が必要と考え、以下質問する。       │       │
│    │         │ (1) ことし3月15日の建設水道委員会において、「コンパクト│       │
│    │         │シティがこれから行政コストの削減を考えれば非常に大事になっ│       │
│    │         │てくる」という説明がされたが、コンパクトシティ政策を進める│       │
│    │         │ことによって削減される行政コストとは、具体的には何がどれほ│       │
│    │         │どか。                          │       │
│    │         │ (2) 本市ウエブサイトの「まちなかU−40」の説明には、制度│       │
│    │         │概要として、「本市の人口減少に歯止めをかけ、まちなかへの居│       │
│    │         │住を促進するため、市内在住の若者世帯を対象に、まちなかへの│       │
│    │         │住宅取得にかかる費用について助成を行います。」と記述されて│       │
│    │         │いる。若い富士市民がまちなかへ転居すると、市全体の人口減少│       │
│    │         │に歯どめがかかるという因果関係とその根拠について説明を求む│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (3) 前述した青森市や秋田市とともにコンパクトシティの先進│       │
│    │         │市で知られる富山市では、市郊外への大型商業施設の建設に制限│       │
│    │         │をかけていたが、近隣市(射水市、小矢部市、砺波市)で大型商│       │
│    │         │業施設の出店が相次ぐという問題が生じた。本市近隣においては│       │
│    │         │、沼津市東椎路の市街化調整区域において大型商業施設「ららぽ│       │
│    │         │ーと」の建設計画があるが、本市への影響についてはどう捉えて│       │
│    │         │いるか。                         │       │
│    │         │ (4) 平成30年度までに作成される立地適正化計画においては、│       │
│    │         │新たに“居住誘導”と名称のついた区域を設定するなど、これま│       │
│    │         │でよりもコンパクトシティを目指す方向性が強調されるが多くの│       │
│    │         │市民、特に居住誘導区域を含まない地区の住民と、どのように対│       │
│    │         │話しながら計画を策定していくか。             │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │笠井  浩(19)│1.新々富士川橋と、関連道路の工事進捗に伴う岩松中学校の校│市長     │
│    │         │舎等の配置について                    │及び     │
│    │         │ 本年1月、新々富士川橋の起工式が行われ、岩本側の橋脚2本│教育長    │
│    │         │が完成した。                       │担当部長   │
│    │         │ 平成30年代半ばの開通を目指して今後も工事が続く。    │       │
│    │         │ 橋本体の工事の進捗に合わせ、関連する県道、市道など周辺道│       │
│    │         │路の整備も進展し、岩松中学校を取り巻く環境も大きく変わって│       │
│    │         │きた。                          │       │
│    │         │ 将来的に岩松中学校の西側は県道の拡幅に伴い特別教室棟ぎり│       │
│    │         │ぎりまで道路となり、東側も市道の拡幅に伴いグラウンドが約2.│       │
│    │         │5メートル削られる。北側は新しい道路ができ、残地は学校の敷 │       │
│    │         │地となる予定であるが、削られる土地とふえる土地との間に校舎│       │
│    │         │が建っており、一体的な活用ができない建物配置になっている。│       │
│    │         │ 特に、校舎が北端、体育館が南端という市内に例のない配置で│       │
│    │         │あるために移動時間がかかり、授業や行事に支障が出るケースも│       │
│    │         │ある。                          │       │
│    │         │ 平成21年と平成24年に影山議員が、昨年11月に杉山議員が同様│       │
│    │         │の一般質問をしているが、私も、岩松中学校の再配置は急ぐべき│       │
│    │         │だと思い、以下質問する。                 │       │
│    │         │ (1) 新たに学校の敷地となる予定の面積と、道路用地として削│       │
│    │         │られる予定の面積を把握できているか。           │       │
│    │         │ (2) グラウンドの東側を約2.5メートル削られた場合、現在の2│       │
│    │         │00メートルトラックは確保できるか。            │       │
│    │         │ (3) 現在正門は、生徒、教員、来客、給食車両が出入りしてい│       │
│    │         │るが、登下校時には生徒と車両が交錯し、危険である。北側の製│       │
│    │         │茶工場跡地が新しい道路形状に整備されたので、生徒たちが北側│       │
│    │         │からも出入りできるようにすべきだと思うがいかがか。    │       │
│    │         │ (4) この先五味島岩本線の整備が進むと、学校敷地の今まで裏│       │
│    │         │側だった部分があらわになる。ごみ置き場や古い倉庫の裏側など│       │
│    │         │が道路から見えるようになる。外から見た学校は整然としている│       │
│    │         │べきだと思うがいかがか。                 │       │
│    │         │ (5) 将来的には特別教室棟と校舎等を合わせて体育館の北側へ│       │
│    │         │新しく建てる考えのようだが、校舎移設後の、トラックや野球の│       │
│    │         │バックネットなど、その他の施設の配置について構想はあるか。│       │
│    │         │ (6) 岩松中学校の施設の再配置は新々富士川橋の開通に合わせ│       │
│    │         │て行うべきだと思うがいかがか。              │       │
│    │         │2.市民参加の短編映画制作によるまちづくりについて    │       │
│    │         │ 映画は、芸術でもあり文化でもある。           │       │
│    │         │ 見ることはもちろん、制作に関わることも、出演して演技をす│       │
│    │         │ることも、人生の中で貴重な体験になるはずである。     │       │
│    │         │ 昨年、岩松・岩松北地区で行った5団体の合同講演会で富士市│       │
│    │         │出身の渡辺喜子監督の講演があった。監督の提案で映画    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │笠井  浩(19)│を撮ろうということになり、合同講演会の担当団体である岩松中│市長     │
│    │         │学校PTAが中心になり、生徒たちが主演の短編映画の制作に挑│及び     │
│    │         │戦した。                         │教育長    │
│    │         │ 短時間の撮影だったが、映画の制作ワークショップから始まり│担当部長   │
│    │         │、役者のオーディション、役割分担など、細かい準備から撮影、│       │
│    │         │上映までを経験したPTAのメンバーも子どもたちも貴重な経験│       │
│    │         │をした。                         │       │
│    │         │ 子どもたちや参加したPTAのメンバーからは       │       │
│    │         │ ・カメラやマイク、カチンコなど、いろいろな役割を体験でき│       │
│    │         │キャリア教育になった。                  │       │
│    │         │ ・目的はよい作品をつくることなので、成績に関係なく頑張れ│       │
│    │         │た。                           │       │
│    │         │ ・他の映画へも興味がわき芸術へのかかわりができた。   │       │
│    │         │ ・オーディションで役割を決めたが、選ばれることの厳しさを│       │
│    │         │知った。                         │       │
│    │         │ ・出演したい子、裏方に回りたい子、普段見えない子どもたち│       │
│    │         │の性格が見えた。                     │       │
│    │         │ ・親子で参加でき、日ごろのわだかまりが解けた。     │       │
│    │         │ ・LINEやメールと違い直接人と接するので人とのかかわり│       │
│    │         │が濃くなった。                      │       │
│    │         │ ・親も祖父母も楽しんだ。                │       │
│    │         │ ・作品には地域の見なれた景色が随所に登場するのでみんなで│       │
│    │         │楽しめた。                        │       │
│    │         │ 等々、感想を聞くことができた。             │       │
│    │         │ 何よりも年齢に関係なく参加できる役割があるのでまちおこし│       │
│    │         │にとても役立つと確信し、以下質問する。          │       │
│    │         │ (1) 市民による短編映画の制作を推奨し、市が支援すべきだと│       │
│    │         │思うがいかがか。                     │       │
│    │         │ (2) 中学校を中心に、地域がかかわる映画づくりを推奨し、協│       │
│    │         │力すべきだと思うがいかがか。               │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │小野由美子(14)│1.新環境クリーンセンター建設敷地造成工事に関する安全・安│市長     │
│    │         │定・安心について                     │及び     │
│    │         │ 平成32年竣工予定の新環境クリーンセンター建設工事に関し、│担当部長   │
│    │         │現在の状況を質問します。                 │       │
│    │         │ 富士市新環境クリーンセンター施設整備基本計画が平成25年1│       │
│    │         │月に富士市環境部廃棄物対策課により策定されました。    │       │
│    │         │ 当時より、敷地内に一般廃棄物埋設地が存在していることは基│       │
│    │         │本計画内に記されておりましたが、その範囲等詳細に関しては、│       │
│    │         │今後の調査により確定すると記されておりました。      │       │
│    │         │ 具体的には、資料1「基本計画」48ページ(4)に、「一般廃│       │
│    │         │棄物埋設地は土地の改変をせず緑地として有効活用」と記され、│       │
│    │         │続いて、「なお、一般廃棄物が埋没されている状況をかんがみ、│       │
│    │         │土壌に関する事前調査を実施します」とあります。さらに、49ペ│       │
│    │         │ージの図3−2敷地造成計画案において一般廃棄物埋設地がおお│       │
│    │         │よそで記されており、括弧書きで、「範囲については今後の調査│       │
│    │         │により確定します」と書かれています。           │       │
│    │         │ そして、資料2同計画書68ページの6−2−1設計段階(1)│       │
│    │         │敷地の造成計画(図6−4)において、切土と盛土の造成計画の│       │
│    │         │場所が記されております。                 │       │
│    │         │ この2つの図を重ね合わせると、図3−2の土地の改変をせず│       │
│    │         │の場所と、図6−4の切土と盛土の場所が重なっており、その矛│       │
│    │         │盾に関しては、その後の調査結果を持って正式に報告されると説│       │
│    │         │明を受けておりました。                  │       │
│    │         │ そして、平成28年11月22日、青葉台地区ごみ処理施設建設検討│       │
│    │         │委員会への説明会において、その後の調査結果と今後の方針等々│       │
│    │         │が報告されました。新環境クリーンセンターの「安全と安心を約│       │
│    │         │束する資源循環パーク」という基本理念に基づき、市長の御見解│       │
│    │         │をお伺いいたしたく質問いたします。            │       │
│    │         │ (1) 新環境クリーンセンター建設地内の一般廃棄物埋設地の調│       │
│    │         │査結果(面積・場所・量・内容物・埋設時期・埋設理由・経緯・│       │
│    │         │埋設者等)をお知らせください。              │       │
│    │         │ (2) 新環境クリーンセンター建設事業用地として、一般廃棄物│       │
│    │         │埋設地と承知の上で、購入した理由をお知らせください。   │       │
│    │         │ (3) 一般廃棄物埋設地の今後の方針をお知らせください。  │       │
│    │         │ (4) その方針により、今までの地元説明及び基本計画から変更│       │
│    │         │となる点をお知らせください。               │       │
│    │         │ (5) 資源循環パークの名のとおり、将来ごみ減量により、焼却│       │
│    │         │炉に余裕ができたときに、新環境クリーンセンターにおいて、埋│       │
│    │         │設一般廃棄物を処理する、富士市における負の遺産を整理してい│       │
│    │         │くという長いスパンで環境先進都市富士市をつくっていこうとい│       │
│    │         │うビジョンを持つお考えはありませんかお答えください。   │       │
│    │         │2.災害時必要なマンホールトイレ地下タンクとして不要となっ│       │
│    │         │た浄化槽を有効活用することについて            │       │
│    │         │ 富士市生活排水処理長期計画に沿って、下水道管路整備が  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │小野由美子(14)│富士市の北部に進んできております。現在、下水道管路布設工事│市長     │
│    │         │がなされている地域の建築物には合併処理浄化槽及びみなし浄化│及び     │
│    │         │槽が設置されておりますが、下水道管路が布設されますと、1年│担当部長   │
│    │         │以内に下水道に接続することが義務づけられております。しかし│       │
│    │         │、下水道に接続すると、今まで使用していた浄化槽が不要になり│       │
│    │         │、撤去するにも費用がかかるし、まだ使えるのにもったいないと│       │
│    │         │の考えから、下水道への接続を渋る場合が多々あるとお聞きしま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ そこで、不要となった浄化槽の有効利用による災害時のトイレ│       │
│    │         │の確保と下水道への接続促進の提案をしたいと思います。   │       │
│    │         │ 11月16日、第4回世界トイレの日事業として、静岡県環境整備│       │
│    │         │事業協同組合主催、内閣府政策統括官、静岡県、静岡県市長会等│       │
│    │         │々の後援で、災害時のトイレ・し尿処理研修会が行われ、富士市│       │
│    │         │議会からも議員が参加しました。サブタイトルは、避難所トイレ│       │
│    │         │運営の向上でした。                    │       │
│    │         │ 大変に有意義な研修で、災害時、水洗トイレは使えないと考え│       │
│    │         │、トイレの問題にしっかり取り組んでおくことは、人間の命と尊│       │
│    │         │厳にかかわるとても大事な問題であると実感しました。    │       │
│    │         │ そこで、下水道管路布設に伴い、不要となった浄化槽を災害時│       │
│    │         │のマンホールトイレの下のためておくタンクに有効利用すれば、│       │
│    │         │災害時のトイレに困ることがなくなると考え、以下質問いたしま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ (1) 浄化槽を備えている公共施設(学校・まちづくりセンター│       │
│    │         │等々)で、これから下水道管路布設予定のあるものはどれくらい│       │
│    │         │あるのでしょうか。その中で避難所として指定されている施設は│       │
│    │         │どれくらいあるのでしょうか。また、既に下水道に接続している│       │
│    │         │が浄化槽が埋設されている避難所はあるのでしょうか。施設名と│       │
│    │         │ともにお知らせください。                 │       │
│    │         │ (2) 浄化槽が設置されている公共施設が、下水道に接続される│       │
│    │         │とき、不要になった浄化槽を清掃してタンクとし、その上にマン│       │
│    │         │ホールトイレを設置できるようにすると費用もかからずに、避難│       │
│    │         │所のトイレの確保ができます。早急に検討してほしいと思います│       │
│    │         │が、いかがですか。                    │       │
│    │         │ (3) 一般家庭や民間施設で、下水道管路が整備された後、速や│       │
│    │         │かに下水道への接続を促すためにも、また、災害時のトイレ確保│       │
│    │         │の観点からも、不要となった浄化槽を災害時のマンホールトイレ│       │
│    │         │に変換させることができることをPRし、あわせて下水道への接│       │
│    │         │続をお願いしてはいかがでしょうか。市民は、どこに頼めばマン│       │
│    │         │ホールトイレに変換してもらえるのかすべがわかりませんので、│       │
│    │         │その紹介をあわせて行うことはとても有効と思います。市民への│       │
│    │         │安全と安心の確保からも大切なことと思います。ぜひ、御検討い│       │
│    │         │ただけますようお願いいたします。             │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │井出 晴美(7) │1.産後ケア事業の導入について              │市長     │
│    │         │ 子育て支援は、これまでも国や自治体の取り組みにより、妊娠│及び     │
│    │         │・出産・育児と切れ目のない支援策が講じられてきていますが、│担当部長   │
│    │         │現在、大きな課題になっているのが出産直後の対応です。特に、│       │
│    │         │妊娠中からの切れ目のない継続的な支援が必要です。     │       │
│    │         │ 出産により女性の心身には大きな負担が生じます。特に出産直│       │
│    │         │後から1カ月間は、身体的な負荷に加えて、急激なホルモンバラ│       │
│    │         │ンスの変化で、精神的に不安定になる傾向が強く、十分な休養と│       │
│    │         │サポートが必要です。                   │       │
│    │         │ 近年、晩婚・晩産により女性の出産年齢が年々高くなってきて│       │
│    │         │います。出産する女性の親の年齢も高齢化しており、十分な手助│       │
│    │         │けを受けられない状況があります。また、核家族化が進み、地域│       │
│    │         │との交流も希薄化している中で、不安を抱えたまま母親としての│       │
│    │         │育児がスタートするケースが多くなっています。       │       │
│    │         │ 良好な母子の愛着形成を促進する上で、出産直後の1カ月間が│       │
│    │         │最も大事な時期であり、さらには産後早期の親子関係が虐待や育│       │
│    │         │児放棄の予防・早期発見などの役割も果たすと言われています。│       │
│    │         │したがって、出産直後の母親への精神的・身体的なサポートは欠│       │
│    │         │かせないものとなってきています。             │       │
│    │         │ 厚生労働省は、2017年度から、出産後の母親が育児への不安や│       │
│    │         │重圧によって精神的に不安定になる「産後うつ」を予防するため│       │
│    │         │、健診を受ける際の費用を助成するとしています。      │       │
│    │         │ 新聞各紙では、「出産後の母親が育児への不安や重圧によって│       │
│    │         │精神的に不安定になる『産後うつ』を予防するため、厚生労働省│       │
│    │         │は2017年度から、健診を受ける際の費用を助成する。深刻化すれ│       │
│    │         │ば虐待や育児放棄につながったり、自殺を招いたりする恐れがあ│       │
│    │         │り、不調の兆しを早めに見つけ、行政の相談窓口など適切なケア│       │
│    │         │につなげるのが狙い。                   │       │
│    │         │ 産後うつは約10人に1人が経験するとされる。費用助成は産後│       │
│    │         │2週間と1カ月の2回、それぞれ5千円が上限で、国と市区町村│       │
│    │         │が半分ずつ負担する。一般的な健診費は約5千円のため、事業を│       │
│    │         │導入する自治体では補助券などによって多くの人が無料で受けら│       │
│    │         │れ、出産した医療機関以外での健診も対象となる。厚労省は17年│       │
│    │         │度予算の概算要求に7億円を盛り込んだ。          │       │
│    │         │ 厚労省研究班が12〜14年度に実施した調査では、初産の場合、│       │
│    │         │うつ状態など精神的な不調に陥る人は産後2カ月ごろまでに多く│       │
│    │         │、特に産後2週間の時期に発症のリスクが高かった。1カ月健診│       │
│    │         │は広く行われているが、子供の発育の確認が中心。研究班はより│       │
│    │         │早い段階から、精神的に不安定になりやすい母親へのケアを充実│       │
│    │         │させる必要があると指摘していた。             │       │
│    │         │ 健診では母親の身体的な回復状況に加え、授乳がうまくできて│       │
│    │         │いるかなど、子育ての悩みを幅広く聞き、心身の状態を    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │井出 晴美(7) │把握する。支援が必要と判断されれば、市区町村による育児相談│市長     │
│    │         │や指導のほか、宿泊・日帰りによる産後ケア事業の利用などを促│及び     │
│    │         │す。」といった内容で掲載されておりました。        │担当部長   │
│    │         │ 産後ケア事業については、出産直後の母親が休養したり、授乳│       │
│    │         │指導を受けたりする産後ケアを目的に、産科医療機関や助産所で│       │
│    │         │デイケア、ショートステイを行う事業です。東京都世田谷区では│       │
│    │         │、武蔵野大学と共同で、産後ケアセンター桜新町を開設し、産後│       │
│    │         │4カ月未満の母子を対象に、24時間体制で助産師ら専門スタッフ│       │
│    │         │がショートステイやデイケアで育児相談や授乳、沐浴指導、乳児│       │
│    │         │の健康状態の管理などを行っております。利用した母親からは、│       │
│    │         │親身なケアを受けられ、久しぶりによく眠れたといった喜びの声│       │
│    │         │が相次いでいるそうです。                 │       │
│    │         │ そこでお伺いいたします。                │       │
│    │         │ (1) 本市における、2017年の健診助成事業の導入と体制につい│       │
│    │         │て伺います。                       │       │
│    │         │ (2) 本市の産後ケア支援は保健師、助産師、看護師による赤ち│       │
│    │         │ゃん訪問を行い、身体測定や赤ちゃんとお母さんの健康相談、市│       │
│    │         │の保健サービスの説明などを行っているとのことですが、「産後│       │
│    │         │うつ」による虐待や育児放棄などへの対応はどのような体制をと│       │
│    │         │られているのか伺います。                 │       │
│    │         │ (3) 出産後の女性はホルモンのバランスに変調を来し、一時的│       │
│    │         │に情緒不安定になりがちです。産後に産科医療機関や助産院など│       │
│    │         │で宿泊や日帰りによる乳房ケア、心身のケアや休養などの支援を│       │
│    │         │行う産後ケアの充実を図ることは大変重要です。本市として、「│       │
│    │         │産後うつ」対策として出産直後のお母さんの心身をサポートする│       │
│    │         │宿泊・日帰りによる産後ケア事業を導入してはと思いますが、本│       │
│    │         │市のお考えを伺います。                  │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│10  │下田 良秀(6) │1.富士市におけるいじめ防止の取り組みについて      │市長     │
│    │         │ 現在では子どもたちを取り巻く環境は目まぐるしく変わってき│及び     │
│    │         │ております。それに伴い、いじめは多種多様化し、表面化しにく│教育長    │
│    │         │くなるとともに、これまででは想像し得ないようないじめが多発│担当部長   │
│    │         │してきております。                    │       │
│    │         │ 昔のいじめと現代のいじめについての違いは、ネット社会への│       │
│    │         │いじめの広がり、コミュニケーション不足による限度のない残忍│       │
│    │         │性と継続性及びゲーム・遊び感覚だと言われています。    │       │
│    │         │ 今この瞬間にも全国でたくさんの子どもたちが悩み、苦しみ、│       │
│    │         │助けを求め生活をしております。いじめが子どもたちに物理的・│       │
│    │         │精神的な被害を与え、自信や自尊心を失わせ、社会問題化してい│       │
│    │         │る不登校、ニート、自殺の引き金ともなっております。    │       │
│    │         │ 富士市において、大切な子どもたちの明るい未来のためにも、│       │
│    │         │日進月歩で変化する社会環境の中でありますが、待ったなしで継│       │
│    │         │続的に取り組んでいかなければならない、いじめ防止のための取│       │
│    │         │り組みを質問させていただきます。             │       │
│    │         │ (1) 富士市におけるいじめの状況はどうなっているのかお聞か│       │
│    │         │せください。                       │       │
│    │         │ (2) いじめに対し現状どのような対策をしているかお聞かせく│       │
│    │         │ださい。                         │       │
│    │         │ (3) 昨今問題になっているネットによるいじめなど変化する新│       │
│    │         │たないじめに対し、今後継続的、持続的なものとしてどのように│       │
│    │         │対策を考えていますか。新たな対策や検討していることなどをお│       │
│    │         │聞かせください。                     │       │
│    │         │2.富士市における放課後児童クラブについて        │       │
│    │         │ 放課後児童クラブについては、子育て関連法、児童福祉法が改│       │
│    │         │正され、「設備及び運営について、条例で基準を定めなければな│       │
│    │         │らない」「その基準は、児童の身体的、精神的及び社会的な発達│       │
│    │         │のために必要な水準を確保するものでなければならない」と定め│       │
│    │         │られ、「従事する者及びその員数については厚生労働省令で定め│       │
│    │         │る基準に従い定める」こととなりました。また市町村はその基準│       │
│    │         │を常に向上させるよう努めなければならないと市長の監督等責任│       │
│    │         │も明記されています。                   │       │
│    │         │ 子ども・子育て支援法では放課後児童健全育成事業に従事する│       │
│    │         │者等の処遇の改善に資するための施策のあり方について検討を加│       │
│    │         │え、その結果に基づいて所要の措置を講ずることとされています│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ このように放課後児童クラブについては、今後ますます放課後│       │
│    │         │健全育成における役割が期待され、強化・拡充されるとともに、│       │
│    │         │運営等の基準はより厳格なものが必要とされるようになってきて│       │
│    │         │おります。そのため各地区の放課後児童クラブに対し市が拠出す│       │
│    │         │る放課後児童クラブ運営管理費も増加をしてきております。  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│10  │下田 良秀(6) │ よいサービスのためにはよいスタッフが必要であり、そのため│市長     │
│    │         │の人材育成の担い手及び仕組みが必要不可欠です。また扱うお金│及び     │
│    │         │が大きくなる中、その管理にもある程度の基準が必要ではないか│教育長    │
│    │         │と考えます。                       │担当部長   │
│    │         │ そこで以下質問いたします。               │       │
│    │         │ (1) 富士市において現状の放課後児童クラブの運営に対する課│       │
│    │         │題はどのようなものがあるかお聞かせください。       │       │
│    │         │ (2) 放課後児童クラブの運営の質を常に向上をさせていくため│       │
│    │         │富士市ではどのようなことを実施しているかお聞かせください。│       │
│    │         │ (3) 放課後児童クラブが「児童も預ける親も安心できる場所」│       │
│    │         │であるために、指導・人材育成のマニュアル化、運営の透明性を│       │
│    │         │確保する仕組みづくり、及び利用者からの要望や苦情をしっかり│       │
│    │         │と受けとめ、円滑に解決する仕組みを整えるべきと思いますが、│       │
│    │         │お考えをお聞かせください。                │       │
│    │         │ (4) 放課後児童クラブ内でのいじめ対策はどうようにされてい│       │
│    │         │るかお聞かせください。                  │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│11  │村松 金祐(27)│1.豪雨災害被害防止のための防災体制及び情報提供について │市長     │
│    │         │ 台風等による豪雨災害が毎年のように発生している。とりわけ│及び     │
│    │         │ことし8月に岩手県岩泉町でグループホーム入所者9名が大雨で│担当部長   │
│    │         │亡くなった災害は、大変衝撃的であった。改めて亡くなられた被│       │
│    │         │害者の御冥福をお祈り申し上げる。最近では線状降水帯という気│       │
│    │         │象現象なども大きな被害をもたらしており、鬼怒川を決壊させた│       │
│    │         │災害も記憶に新しい。このような気象状況による被害を未然に防│       │
│    │         │ぐための課題は数多くあると考える。そこで以下について伺う。│       │
│    │         │ (1) 8月のグループホームでの災害を受けて、介護施設の避難│       │
│    │         │対策等の防災体制の見直しが求められている。本市においても見│       │
│    │         │直しが進んでいると思うが進捗状況はどうか。        │       │
│    │         │ (2) 介護施設の場合も在宅介護の場合にも避難準備情報などの│       │
│    │         │情報提供が重要であり、それに基づいて速やかな避難が必要だが│       │
│    │         │、避難準備情報、避難勧告、避難指示などさまざまな情報の種類│       │
│    │         │があり、それぞれについて十分理解されていないとも言われてい│       │
│    │         │る。本市では理解度を高めるためにどのような取り組みをしてい│       │
│    │         │るか。                          │       │
│    │         │ (3) 各種情報を確実に提供できるよう本市においても同報無線│       │
│    │         │のフルデジタル化及び防災ラジオの難聴地域解消に取り組んでい│       │
│    │         │るが、フルデジタル化の現在の進捗と防災ラジオの難聴地域の状│       │
│    │         │況はどうなっているか。                  │       │
│    │         │ (4) 被害を防止するために正確かつ速やかな情報提供が重要で│       │
│    │         │あると考えるが、気象庁が降雨量の多い地域を選び、気象予報士│       │
│    │         │を派遣・常駐しているようだが、本市においてはどのような対応│       │
│    │         │を考えているか。                     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│12  │井上  保(17)│1.富士市におけるふるさと納税制度への取り組みについて  │市長     │
│    │         │ 平成20年度、ふるさと納税制度が創設された。       │及び     │
│    │         │ 富士市における実績を見ると、当初は年間で件数にして1件か│担当部長   │
│    │         │ら3件程度、金額で10万円から60万円程度であった。しかし、平│       │
│    │         │成27年度決算では件数は2000件を超え、金額では4000万円を超え│       │
│    │         │、件数・金額とも大きくふえている。            │       │
│    │         │ 時間の経過とともにこの制度が広く知られるようになってきた│       │
│    │         │ことに加え、制度の見直しが行われてきたことによるものとみら│       │
│    │         │れる。                          │       │
│    │         │ この際、改めてふるさと納税が大きくふえた要因、そして富士│       │
│    │         │市のふるさと納税による効果と影響を検証し、今後富士市におい│       │
│    │         │てこの制度をいかに有効なものとすることができるか、実情にか│       │
│    │         │なった取り組みの見直しが求められていると考える。     │       │
│    │         │ そこで、以下質問する。                 │       │
│    │         │ (1) 富士市におけるふるさと納税の実績と件数・金額の変動し│       │
│    │         │た要因をどう捉えているか。また、全国の実績とその変動要因に│       │
│    │         │ついて、どう捉えているか。                │       │
│    │         │ (2) 富士市におけるふるさと納税の財政面における効果と影響│       │
│    │         │をどう捉えているか。                   │       │
│    │         │  ? 寄附金額、税収への影響、返礼品の費用、制度の運用に│       │
│    │         │伴う費用等、どのように捉えているか。           │       │
│    │         │  ? ふるさと納税による寄附金は寄附者の寄附目的の実現に│       │
│    │         │向けどのように生かされているのか。寄附メニューごとの寄附金│       │
│    │         │額と寄附メニューに関連する事業の予算とを対比、具体的に示さ│       │
│    │         │れたい。                         │       │
│    │         │ (3) 平成29年度予算編成において、ふるさと納税はどのように│       │
│    │         │見込まれているか。                    │       │
│    │         │ (4) ふるさと納税による基金を設けることの条例制定は検討さ│       │
│    │         │れているか。                       │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│13  │小沢 映子(20)│1.発達障害の方への理解と支援について          │市長     │
│    │         │ 発達障害者支援法が施行されて12年目となりました。この間さ│及び     │
│    │         │まざまな試みがなされ、発達障害についての理解と支援の体制が│教育長    │
│    │         │構築されつつあります。全国的に発達障害専門医が不足している│担当部長   │
│    │         │中、富士市では、専門医が支援事業所と連携し1次診療を担い、│       │
│    │         │改築予定の吉原林間学園では、児童精神科の医師が常駐され、発│       │
│    │         │達障害の2次診療も開始される予定です。発達障害児(者)への│       │
│    │         │医療も含めた支援体制が充実しつつあると思うが、全教職員の理│       │
│    │         │解と配慮は進んでいるのでしょうか。発達障害の人たちを取り巻│       │
│    │         │く環境について伺います。                 │       │
│    │         │ (1) 教育プラザに特別支援教育センターが設置されて2年目と│       │
│    │         │なるが、発達障害のある子どもたちへの支援の成果と課題をどの│       │
│    │         │ように捉えているのでしょうか。              │       │
│    │         │ (2) 教職員がそれぞれの障害の特性を理解した上で指導力を発│       │
│    │         │揮するために、教職員への研修をどのように行っているのでしょ│       │
│    │         │うか。                          │       │
│    │         │ (3) 有効とされているユニバーサル授業の導入、ペアレントプ│       │
│    │         │ログラムの導入と効果について見解を伺います。       │       │
│    │         │ (4) 児童・生徒の4.5%といわれる学習障害を持つ子どもへの │       │
│    │         │理解と配慮は進んでいるのでしょうか。           │       │
│    │         │ (5) 2次障害としての不登校、ひきこもり、鬱、依存症、行為│       │
│    │         │障害等についての見解を伺います。             │       │
│    │         │2.援助が必要な人への助け合いのしるし「ヘルプマーク・ヘル│       │
│    │         │プカード」の導入・普及・周知について           │       │
│    │         │ ヘルプマークとは義足や人工関節を使用している方、内部障害│       │
│    │         │や難病の方、または妊娠初期の方など、外見からわからなくても│       │
│    │         │援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要とし│       │
│    │         │ていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、東京都│       │
│    │         │が作成したマークです。このマークを見かけたら、席を譲り、困│       │
│    │         │っているようなら声をかける等、思いやりのある行動を呼びかけ│       │
│    │         │たものです。東京都に限らず全国に普及させたいという当事者か│       │
│    │         │らの願いが広がっています。                │       │
│    │         │ (1) 交通機関やさまざまな生活の場で周囲からの配慮を必要と│       │
│    │         │している人がいます。見えない障害に対して富士市ではどのよう│       │
│    │         │な配慮が求められているのでしょうか。           │       │
│    │         │ (2) ヘルプマーク・ヘルプカードを富士市でも取り入れて、普│       │
│    │         │及させていくことはできないのでしょうか。         │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│14  │高橋 正典(9) │1.「富士川SA大観覧車」と「夜景」を富士市が誇る観光資源│市長     │
│    │         │に位置づけての活用について                │及び     │
│    │         │ 本市の観光施策においては、世界文化遺産である富士山を生か│担当部長   │
│    │         │したシティプロモーションを進めているところである。「富士山│       │
│    │         │と、」運動もその一環で、バス、トラックへのラッピングは「日│       │
│    │         │本一に会う」、「富士山と、」とし、首都圏に向け運行している│       │
│    │         │バス・運送業者の協力も得て、富士市の名前を大きく広めようと│       │
│    │         │積極的に進めていることは周知のとおりである。       │       │
│    │         │ こうした中、現在、東名高速道路富士川サービスエリア上り線│       │
│    │         │側において、民間業者主体による大観覧車が来年2月の開業に向│       │
│    │         │け、建設工事が進められているところである。        │       │
│    │         │ この大観覧車は、高さ60メートルもあり、まさに観光都市を目│       │
│    │         │指す本市のランドマークとしての価値は非常に高いものがあると│       │
│    │         │考える。                         │       │
│    │         │ また、12月17日には、ロゼシアターにおいて全国工場夜景サミ│       │
│    │         │ットの開催が予定され、現在、関係機関の協力もいただきながら│       │
│    │         │、官民一体となって着々と準備が進められている。      │       │
│    │         │ この全国工場夜景サミットは、全国的に工場夜景が新たな観光│       │
│    │         │資源として脚光を浴び、本市においても進めていこうというもの│       │
│    │         │であるが、工場夜景を含む岩本山からの夜景を富士市が誇る観光│       │
│    │         │資源と位置づけ、今後の観光施策の展開に期待するところである│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 本市には、このように、有効な観光資源があるのだという観点│       │
│    │         │に立って大項目で2点質問する。              │       │
│    │         │ (1) 富士川サービスエリア上り線に設置される大観覧車につい│       │
│    │         │ては、前述のとおり現在施工中である。           │       │
│    │         │ 本市、西の玄関口として東名高速道路富士川サービスエリアに│       │
│    │         │隣接する富士川楽座は、本市の観光施設の一役を担っており、平│       │
│    │         │成27年度来場者数の344万5000人から捉えても、観光収入の稼ぎ │       │
│    │         │頭であることは一目瞭然である。              │       │
│    │         │ さらに、この富士川楽座に隣接しているのが、NEXCO中日│       │
│    │         │本が運営するエクスパーサである。エクスパーサについては、N│       │
│    │         │EXCO中日本の運営であるので詳細は避けるが、新東名高速道│       │
│    │         │路の各サービスエリアの施設の流れをくみ、しゃれた店舗づくり│       │
│    │         │に倣っているところが見受けられる。この富士川楽座とエクスパ│       │
│    │         │ーサに挟まれたNEXCO中日本の用地内において大観覧車の設│       │
│    │         │置が進められているのである。               │       │
│    │         │ 雑駁な説明ではあるが、これを踏まえ大観覧車に関し、以下2│       │
│    │         │点質問する。                       │       │
│    │         │  ? 市長は、この大観覧車についてどのように捉えているか│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │  ? 本市の観光資源の1つとして有効に活用させてもらうべ│       │
│    │         │きと考えるが、その活用に向けて市としての考えはあ     │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│14  │高橋 正典(9) │るのか。                         │市長     │
│    │         │ (2) 前述のとおり、工場夜景から視点を変え、広い意味での夜│及び     │
│    │         │景観光について岩本山の夜景を本市の観光資源として活用してい│担当部長   │
│    │         │くべきであろうと考える。                 │       │
│    │         │ さきの9月議会の一般質問では、「岩本山公園内のあじさいを│       │
│    │         │増殖し観光資源とすべき」と要望したが、富士市の観光拠点とも│       │
│    │         │いえる岩本山公園へ観光客を一人でも多く呼び込むためにはさま│       │
│    │         │ざまな策を講ずるべきである。その有力な施策として工場夜景を│       │
│    │         │含む岩本山からの夜景の活用を願って以下2点質問する。   │       │
│    │         │  ? 岩本山の夜景を本市の観光資源とし、ビューポイントと│       │
│    │         │して売り出していくべきと考えるが、市長はどのように考えてい│       │
│    │         │るか。                          │       │
│    │         │  ? 観光資源と位置づけ、今後、ビューポイントとして売り│       │
│    │         │出すに当たっては、夜間の公園開放など安全面を含めソフト、ハ│       │
│    │         │ード両面からの新たな整備が必要と判断されるが、その点につい│       │
│    │         │ての考えはどうか。                    │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │海野 庄三(15)│1.市民の命を守る富士市の環境保全体制の現状と市民の知る権│市長     │
│    │         │利の確立について                     │及び     │
│    │         │ 近代科学の進展と経済合理性の追求を目的とした社会・経済活│担当部長   │
│    │         │動により、私たちは物質的には豊かな、かつ便利な生活を享受し│       │
│    │         │てきた一方、環境を破壊し、健康にも悪影響を及ぼす公害という│       │
│    │         │“人為災害”の脅威にさらされ、その対策・克服に向けての艱難│       │
│    │         │辛苦の時代を過ごしてきた。                │       │
│    │         │ 戦後、全国各地でさまざまな環境破壊や健康被害の報告が相次│       │
│    │         │ぎ、国は昭和42年に公害対策基本法を施行、これを受け全国的に│       │
│    │         │同法で規定された大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音、振動、│       │
│    │         │悪臭、地盤沈下の典型7公害の防止や、環境の監視が加速度的に│       │
│    │         │進んだ。                         │       │
│    │         │ 戦後、工業都市として発展してきた富士市も田子の浦港のヘド│       │
│    │         │ロ問題を初め、さまざまな公害事象が発生し、マスメディアが、│       │
│    │         │その事象を公害のデパート富士市という汚名をもって伝えたが、│       │
│    │         │公害対策基本法の施行以降、公害行政の推進を最優先課題として│       │
│    │         │取り組んだことにより大きく改善、大気汚染濃度の環境基準の達│       │
│    │         │成をもって公害を克服したともされている。         │       │
│    │         │ そして公害対策のベースであった公害対策基本法が公害対策の│       │
│    │         │成果を踏まえて平成5年に複雑化・地球規模化する環境問題に対│       │
│    │         │応するために制定、施行された環境基本法にリレーされたことに│       │
│    │         │より、公害対策は環境対策と表現されるようになっている。  │       │
│    │         │ 富士市においても平成10年度の組織改正により、それまでの公│       │
│    │         │害課は環境保全課と課名が改められ、年次報告書である公害白書│       │
│    │         │も環境白書となり、現在は富士市の環境というネーミングで発行│       │
│    │         │、配布されている。                    │       │
│    │         │ しかし、東日本大震災時の福島第一原発事故による大量の放射│       │
│    │         │性物質による土壌汚染や、築地市場の豊洲移転問題が示すベンゼ│       │
│    │         │ン、シアン化合物などの有害物質による土壌・水質汚染、富士地│       │
│    │         │域においても焼却過程で生成される有害物質のダイオキシン類の│       │
│    │         │田子の浦港における底質汚染の防止が今後の主要課題となってい│       │
│    │         │るほか、ことし11月上旬に平成17年からことし6月にかけ富士市│       │
│    │         │を含む静岡県や長野県など4都県の山林で破砕処理した北陸新幹│       │
│    │         │線の軽井沢―長野間の防音壁に有害物質のアスベスト(石綿)が│       │
│    │         │含まれていたことが発覚、マスメディアで伝えられるなど近代科│       │
│    │         │学の負の遺産を抱え込んでいる。              │       │
│    │         │ つまり、公害を克服したとされる私たちの生活は、近代科学の│       │
│    │         │負の遺産の中に存在しているわけで、環境対策の要諦は、その負│       │
│    │         │の遺産と真正面から向き合い、環境保全の要諦は市民の知る権利│       │
│    │         │が確立した中での環境汚染防止に向けての監視、そう言えるので│       │
│    │         │はないか。                        │       │
│    │         │ この認識をもって富士市の環境を考察、市民の命を守り、  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │海野 庄三(15)│市民の知る権利の確立に向けて疑問符が打たれ、また取り組みが│市長     │
│    │         │必要と思われる5点を質問、回答を得たい。         │及び     │
│    │         │ (1) 富士市は環境部環境保全課が担当課となって毎年、表題を│担当部長   │
│    │         │富士市の環境とする環境・公害に関する年次報告書を発行、配布│       │
│    │         │しているが、その中にある環境行政の推進の項で公害防止協定等│       │
│    │         │を掲載。平成27年度末現在で富士市が公害防止協定を締結してい│       │
│    │         │る事業場は23事業場、覚書を締結している事業場は30事業場、住│       │
│    │         │民団体と企業との公害防止協定等の締結に市が立会人となった事│       │
│    │         │業場は27事業場と記されている。このほか大気汚染の監視に向け│       │
│    │         │て昭和50年2月、市が指導タワーとなって地域住民による公害対│       │
│    │         │策委員会と対象工場によって発足した公害防止地域連絡会議の一│       │
│    │         │覧も記されている。しかし、公害防止地域連絡会議の一覧には、│       │
│    │         │地域名と対象工場名が記されているものの、富士市が公害防止協│       │
│    │         │定や覚書を締結及び市が立会人となった市民団体名と事業場名の│       │
│    │         │掲載はなく、公害防止協定締結23事業場、覚書締結30事業場、立│       │
│    │         │会27事業場と、その数だけである。市民の知る権利の面から公害│       │
│    │         │防止地域連絡会議と同様、市が公害防止に向けて協定及び覚書を│       │
│    │         │締結している事業場名や、市が立会人となった住民団体名と事業│       │
│    │         │場名も掲載すべきではないか。               │       │
│    │         │ (2) 市民の知る権利について富士市は、平成2年12月1日に県│       │
│    │         │内他市に先駆けて富士市公文書公開条例を制定、平成15年4月か│       │
│    │         │らは、より開かれた市政を目指して同条例を全部改正した富士市│       │
│    │         │情報公開条例をもって総務課が担当課となって対応している。か│       │
│    │         │ように制度上は、市民の知る権利は確立されているが、環境保全│       │
│    │         │に関して協定の締結や覚書の締結に至らなくても市が立会人にな│       │
│    │         │っての地域と事業場の話し合いの場で市が記録した議事録などは│       │
│    │         │公文書扱いになるのか。また、富士市情報公開条例に基づく公開│       │
│    │         │請求の対象になるのか。                  │       │
│    │         │ (3) 「市が立会人となっての地域と事業場が話し合いの場で市│       │
│    │         │が記録した議事録も公文書扱いになり、公開請求の対象にもなる│       │
│    │         │」と仮定して質問。富士市公文書管理規則第6条では保存期間を│       │
│    │         │定め、法令その他別に定めがあるもののほかは、別表をもって1│       │
│    │         │年、3年、5年、10年、永年と5つに区分しているが、議事録の│       │
│    │         │保存期間の区分判定や、その保存方法は総務課が一括して担って│       │
│    │         │いるのか。各課に委ねられている公文書扱いの議事録も存在する│       │
│    │         │ならば、全庁統一して対応していく区分判定と保存方法のマニュ│       │
│    │         │アルはあるのか。                     │       │
│    │         │ (4) 有害化学物質の代表格的なものとされるダイオキシン類に│       │
│    │         │よる環境汚染や健康への悪影響はベトナム戦争におけるオレンジ│       │
│    │         │剤による枯葉作戦に端を発し、吹きつけアスベストの使用禁止は│       │
│    │         │昭和50年9月など、その歴史を振り返れば、         │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │海野 庄三(15)│今後も新たな有害化学物質の認定と、その対応が予想される。基│市長     │
│    │         │礎自治体としては、環境対策及び環境保全に向けて専門的な知識│及び     │
│    │         │を有する人材の確保が必要となるが、今後、どう対応、育成して│担当部長   │
│    │         │いくのか。                        │       │
│    │         │ (5) 富士市は、表題を富士市の環境とする環境・公害に関する│       │
│    │         │年次報告書を発行、配布しているものの、年次の報告書であるこ│       │
│    │         │とから、これまでの公害との闘いや負の遺産の現況などを把握す│       │
│    │         │ることはできない。こうした状況下、市は市制50周年を捉えて新│       │
│    │         │市史の編さん作業に取り組んでいるが、その作業の線上で、平成│       │
│    │         │25年3月1日に発行した「過去に学ぶ 富士の災害史」に続く、│       │
│    │         │第2弾の分野別郷土史として、市民の知る権利の側面から「(仮│       │
│    │         │称)富士の環境史」の編さん、発行に取り組む考えはないか。 │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│16  │小池 智明(18)│1.地域経済分析システムRESASの活用について     │市長     │
│    │         │ 平成27年4月に、国のまち・ひと・しごと創生本部は、「地域│及び     │
│    │         │経済分析システムRESAS(リーサス)」、いわゆるビッグデ│担当部長   │
│    │         │ータを活用した地域経済の見える化システムをインターネット上│       │
│    │         │で公開した。                       │       │
│    │         │ RESASは、官公庁のデータだけでなく、さまざまな民間企│       │
│    │         │業が持つデータ、例えば帝国データバンクが有する全国の企業情│       │
│    │         │報、ソフトバンク系データ企業が有するスマートフォンユーザー│       │
│    │         │の位置情報等も含まれ、個別の企業間の実際の取引関係や、きめ│       │
│    │         │細かな人の移動の情報を知ることができる。         │       │
│    │         │ こうしたビッグデータに基づき、地域におけるヒト・モノ・カ│       │
│    │         │ネの流れを地図やグラフ等で見える化(可視化)し、誰でもがそ│       │
│    │         │の地域の現状や未来、強み・弱みを把握することにより、データ│       │
│    │         │に基づく客観的なまち・ひと・しごと創生総合戦略を立案し、施│       │
│    │         │策の実施・検証に役立てていくとされている。        │       │
│    │         │ 現在は人口、産業、農林水産業、観光、消費、地域経済循環等│       │
│    │         │についてデータが公開されているが、今後はさらにデータの追加│       │
│    │         │や区分の詳細化(例えば産業分類を大分類→中分類→小分類)、│       │
│    │         │分野の拡張を進めていく予定と言われている。        │       │
│    │         │ ただし、官公庁データは誰でも見ることができるが、民間企業│       │
│    │         │データは自治体職員の中でIDを付与された職員しか閲覧できな│       │
│    │         │い。                           │       │
│    │         │ こうした中、RESASの活用について、以下質問する。  │       │
│    │         │ (1) RESASの地域経済循環マップ等から読み取れる県内他│       │
│    │         │市と比較した富士市の地域経済循環の特徴を、どう把握している│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ (2) IDを持つ担当職員は、RESASの企業別花火図(帝国│       │
│    │         │データバンクデータ)から、市内の個別企業の取引先企業との関│       │
│    │         │係情報(販売・仕入額等)や、その企業データを       │       │
│    │         │ ・コネクター機能(市外への販売割合)の高さ       │       │
│    │         │ ・ハブ機能(市内からの仕入割合)の高さ         │       │
│    │         │ ・雇用貢献度(従業員増減率)の高さ           │       │
│    │         │ ・利益貢献度(当期純利益の年間平均値)の高さ      │       │
│    │         │のそれぞれの指標で並びかえた情報を閲覧できるとされる。  │       │
│    │         │ こうした民間企業同士の取引情報を、今後の産業施策にどのよ│       │
│    │         │うに活用していく考えか。                 │       │
│    │         │ (3) 立地適正化計画を策定するには、地域の人口、経済集積な│       │
│    │         │どの特徴、変化を地図やグラフ等で可視化しながら説明、意見交│       │
│    │         │換し、合意形成を図っていくことが重要と考える。策定作業をサ│       │
│    │         │ポートするコンサルタントへの作業委託に際しては、RESAS│       │
│    │         │等のビッグデータを十分使いこなせることを要件とすべきと考え│       │
│    │         │るがいかがか。                      │       │
│    │         │2.地域経済循環の視点に立った公共調達等のあり方について │       │
│    │         │ 公共調達とは、公共工事による社会資本整備、物品の購入、 │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│16  │小池 智明(18)│役務の調達等、国や地方自治体が税金を使って行う契約行為全般│市長     │
│    │         │を言う。                         │及び     │
│    │         │ 会計法令によれば、透明性、公平性、競争性を確保するために│担当部長   │
│    │         │、公共調達は競争入札を原則とするとされている。      │       │
│    │         │ 一方、地域経済循環の視点から考えれば、なるべく市内の企業│       │
│    │         │が落札し、市内の産業、雇用に波及していくことが望ましい。 │       │
│    │         │ 特に富士市は、自主財源比率が高く、平成28年度は不交付団体│       │
│    │         │であり、富士市で稼いだ金だからこそ、市外に流出しないよう富│       │
│    │         │士市内で循環させることが肝要であると考える。       │       │
│    │         │ 透明性、公平性、競争性を確保しつつ、地域経済循環に貢献す│       │
│    │         │るような公共調達のあり方について以下質問する。      │       │
│    │         │ (1) 市が発注する公共調達の代表的な分野である公共工事、物│       │
│    │         │品、情報システムそれぞれの?年間発注額、?市内業者受注率(│       │
│    │         │件数及び金額ベース)、?下請・資材購入まで含めた市内循環率│       │
│    │         │(金額ベース)はどう把握しているか。           │       │
│    │         │ (2) 市が直接あるいは間接的に関与する以下の建設事業につい│       │
│    │         │て、地元企業の参加や地元からの資材購入等、資金の市内循環率│       │
│    │         │向上に向け、どのように取り組み、また検証していくのか。  │       │
│    │         │  ? 新環境クリーンセンター建設事業(市有地に公共施設建│       │
│    │         │設)                           │       │
│    │         │  ? 富士ハイツ跡地宿泊施設誘致事業、吉原市民ひろば複合│       │
│    │         │施設誘致事業(市有地に民間施設誘致)           │       │
│    │         │  ? 市施行・組合施行土地区画整理区域内、工業団地内の建│       │
│    │         │築物(市が補助金等を交付して基盤整備した民有地に民間企業が│       │
│    │         │建設)                          │       │
│    │         │  ? 富士駅周辺、吉原商店街等で検討・計画されている市街│       │
│    │         │地再開発事業(市が補助金を交付して地権者が民有地で解体、建│       │
│    │         │設)                           │       │
│    │         │ (3) 物品購入に当たっては、市内で営業するだけでなく、そこ│       │
│    │         │に居を構え、家族が生活することにより地域経済循環に貢献する│       │
│    │         │とともに、商店街を構成したり、コミュニティーの担い手となっ│       │
│    │         │ている地域に根差した家族経営の小企業・商店等に優先的に発注│       │
│    │         │するような工夫は考えられないか。             │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│17  │小山 忠之(26)│1.第7期介護保険事業計画について            │市長     │
│    │         │ 富士市の第7期介護保険事業計画(平成30年度〜32年度)の策│及び     │
│    │         │定に向けては、これまでのスケジュールによれば、平成28年度に│担当部長   │
│    │         │基礎調査を実施し、平成29年度に計画を策定するとされている。│       │
│    │         │地域包括ケア体制の充実については昨年11月定例会一般質問で日│       │
│    │         │常生活圏域の細分化や地域包括支援センターの増強等について伺│       │
│    │         │い、次期計画に反映すべく取り組む、という趣旨の答弁をいただ│       │
│    │         │いたところである。                    │       │
│    │         │ 1年を経過し、現計画の着実な推進を図りながら次期計画(第│       │
│    │         │7期)策定に向けての取り組みも本格化していくものと思われる│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ そこで、以下について、それぞれ現況及び進捗状況について伺│       │
│    │         │う。                           │       │
│    │         │ (1) 基礎調査について                  │       │
│    │         │  ? 調査区の設定と調査対象及び主たる調査項目について │       │
│    │         │  ? 対象者に対する悉皆調査のための調査手法とフォロー体│       │
│    │         │制について                        │       │
│    │         │  ? 次期計画への反映について             │       │
│    │         │ (2) 在宅医療・介護連携推進事業について         │       │
│    │         │  ? 在宅医療・介護連携推進事業の現況と課題、対応につい│       │
│    │         │て                            │       │
│    │         │  ? 在宅医療・介護連携推進事業への取り組み体制について│       │
│    │         │ (3) 日常生活圏域の細分化と地域包括支援センター増設につい│       │
│    │         │て                            │       │
│    │         │  ? 中学校区単位への細分化について          │       │
│    │         │  ? 地域包括支援センターの増設について        │       │
│    │         │2.富士山登山ルート3776の活用について          │       │
│    │         │ 富士市が新たに開発した海抜ゼロメートルから3776メートルの│       │
│    │         │富士山頂に至る「富士山登山ルート3776」は、オープンからおお│       │
│    │         │むね2シーズンを経過した。このルートは、海から世界文化遺産│       │
│    │         │の頂点まで一本の線で結ぶ我が国唯一にして希有なルートであり│       │
│    │         │、まさにオンリーワンとして内外に広く誇るべき財産である。 │       │
│    │         │ まだ緒についたばかりで試行錯誤の段階だと思われるが、ルー│       │
│    │         │トが市内外の人々にさらに愛され親しまれ、一層活用されるよう│       │
│    │         │、着実な環境整備への努力が必要となろう。そこで、以下につい│       │
│    │         │て伺う。                         │       │
│    │         │ (1) オープン以降の活用(利用)状況と課題について    │       │
│    │         │  ? ルートの認知度、評価について           │       │
│    │         │  ? ルートの活用実績について             │       │
│    │         │  ? 当面の課題と次シーズンへの展望について      │       │
│    │         │ (2) 環境整備について                  │       │
│    │         │  ? 標高差がもたらす垂直分布の特性の見える化を図ること│       │
│    │         │について                         │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│17  │小山 忠之(26)│   (一定の標高ごとに自然植生や動物、野鳥の生態を案内看│市長     │
│    │         │板形式等で表示するなどの工夫をしてはどうか。)      │及び     │
│    │         │  ? 沿線施設や景観ポイントとの水平的な連携をより深める│担当部長   │
│    │         │ことについて                       │       │
│    │         │   (沿線施設や景観ポイントを水平的にゾーニングするなど│       │
│    │         │して面的な広がりを持たせ、特に中高年齢愛好者が水平的に「横│       │
│    │         │歩き」回遊を楽しめるなどの工夫はできないか。)      │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│18  │鈴木 幸司(11)│1.富士総合運動公園体育館の使用中止問題について     │市長     │
│    │         │ 富士総合運動公園体育館の耐震診断が行われ、中間報告におい│及び     │
│    │         │て、Y方向(南北)のIs値が0.2「倒壊または崩壊する危険性 │教育長    │
│    │         │が高い」と判定され、当面の間使用を中止すると発表された。今│担当部長   │
│    │         │後の総合体育館建設構想も含め以下のように質問する。    │       │
│    │         │ (1) 9月末予定とされていた耐震診断の正式報告の結果はどう│       │
│    │         │だったのか。                       │       │
│    │         │ (2) 建築基準法施行令の改正によって新耐震基準が昭和56年に│       │
│    │         │示されていたにもかかわらず、今日まで耐震診断が行われてこな│       │
│    │         │かった理由は何か。またそれは新総合体育館建設構想に絡むこと│       │
│    │         │なのか。                         │       │
│    │         │ (3) 今後の対応として「止むを得ない場合に限り、主催者に現│       │
│    │         │状を説明し、地震発生時の対応を確認した上で使用することとす│       │
│    │         │る」とあるが、そのやむを得ない場合という事態は発生したのか│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (4) 「10月以降、既に予約をされている団体については、学校│       │
│    │         │等の既存施設を利用できるよう調整し、代替案を提示」とされて│       │
│    │         │いるが、12月現在、どのような団体にどんな代替案を提示したの│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │2.災害時の富士市立中央病院の役割について        │       │
│    │         │ 本年も12月4日に市内各地で自主防災会の手で地域防災訓練が│       │
│    │         │行われる予定である。そうした訓練の際、住民の方々から「大災│       │
│    │         │害が起きたときに怪我や病気になったときはどこに行けばよいの│       │
│    │         │か」という質問をよく伺う。そこで災害時の富士市立中央病院の│       │
│    │         │役割について、以下のように質問する。           │       │
│    │         │ (1) 富士市立中央病院が有するDMAT機能について    │       │
│    │         │ (2) 富士市立中央病院は、有事の際にはどのような役割を果た│       │
│    │         │すのか。                         │       │
│    │         │3.富士市の地籍調査の現状について            │       │
│    │         │ 震災発生時に問題となることの1つに土地の所有区分の問題が│       │
│    │         │ある。東北地方太平洋沖地震からの復興が進まないことの原因の│       │
│    │         │1つにも挙げられている地籍調査のおくれについて伺う。   │       │
│    │         │ (1) 富士市の地籍調査の現在の状況と今後の予定は。    │       │
│    │         │ 以上3項目7点について回答願います。          │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│19  │藤田 哲哉(8) │1.安全・安心な放課後児童クラブの安定した運営について  │市長     │
│    │         │ 富士市における放課後児童クラブ(以下、「クラブ」という。│及び     │
│    │         │)は、保護者がつくった任意の団体、すなわち同じ悩みを持つ保│担当部長   │
│    │         │護者の仲間たちと保育をボランティア的に引き受けてくれた心あ│       │
│    │         │る方たちとの協力によって始められました。そのため、当時とは│       │
│    │         │経営体制が全く異なる現在でも、ガイドラインでは保護者自身が│       │
│    │         │互いに協力して子育ての責任を果たすことが明記されております│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ また、近年、児童福祉法が改正されたことにより、受け入れ人│       │
│    │         │数も大幅に増加することとなり、クラブ自体が肥大化しました。│       │
│    │         │このことにより、クラブが扱う金額や人員が大きく変化し、多様│       │
│    │         │化する児童対応と重なり、市より委託されている各クラブの運営│       │
│    │         │委員会自体も経営者として重責を担う状況となりました。   │       │
│    │         │ しかしながら、運営委員会の役員構成は、各地域のまちづくり│       │
│    │         │関連の役員の充て職的な状態であるために、経営者としての責務│       │
│    │         │については各クラブの運営委員会により、かなりの意識の違いが│       │
│    │         │あると思われます。                    │       │
│    │         │ そこで、以下、質問いたします。             │       │
│    │         │ (1) 委託事業者となる運営委員会がボランティア状態にあるこ│       │
│    │         │とを、どのようにお考えでしょうか。            │       │
│    │         │ (2) 運営委員会が、そのような状態でも各クラブでトラブルが│       │
│    │         │あった場合の最終責任は運営委員会ということですと、過重な負│       │
│    │         │担と思われますが、どのようにお考えでしょうか。      │       │
│    │         │ (3) 経営責任者として運営を果たせる環境を整えるべきと思い│       │
│    │         │ますが、どのようにお考えでしょうか。           │       │
│    │         │2.富士市の農業振興ビジョンの今後の展開について     │       │
│    │         │ 富士市では、農業の担い手不足、耕作放棄地の増加等の農業全│       │
│    │         │体の課題が深刻さを増している中で、「富士市農業振興ビジョン│       │
│    │         │」(以下、「ビジョン」という。)を策定しました。     │       │
│    │         │ このビジョンの個別施策である「企業の農業参入支援」では、│       │
│    │         │現状と課題として農業者の減少が危惧される一方、バイオテクノ│       │
│    │         │ロジーや先端技術を利用したアグリビジネスへの注目が高まり、│       │
│    │         │新たな農業の担い手としての企業の農業参入を支援することで、│       │
│    │         │新たな雇用の創出と耕作放棄地の解消のために支援方法の確立が│       │
│    │         │急務となっているとしています。              │       │
│    │         │ また、昨年6月議会での下田議員の薬草の栽培や耕作放棄地を│       │
│    │         │利用した新たな農業について、どのような取り組みを考えている│       │
│    │         │のかについての質問に対し、市長は、「本市の状況につきまして│       │
│    │         │は、薬草の栽培の実績はなく、今後、採算性や土壌の適否、医薬│       │
│    │         │品メーカーとの連携等、薬草が新たな農作物になり得るかを検討│       │
│    │         │してまいりたいと考えております」と回答しています。    │       │
│    │         │ そこで、以下、質問いたします。             │       │
│    │         │ (1) 支援方法の確立が急務となっているとしていますが、具 │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│19  │藤田 哲哉(8) │体的な支援についてはどのような状況なのか伺います。    │市長     │
│    │         │ (2) アグリビジネスとして、薬草の栽培については検討すると│及び     │
│    │         │していましたが、どのように検討をされたのかを伺います。  │担当部長   │
│    │         │ (3) 農業参入をする企業の1つとして障害福祉事業所に静岡県│       │
│    │         │も後押しを本格化させていますが、富士市としての支援は、どの│       │
│    │         │ように考えているかを伺います。              │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│20  │笹川 朝子(3) │1.学校におけるいじめ問題について            │市長     │
│    │         │ 横浜市で悲しい事件が明らかになり、マスコミでも大きく取り│及び     │
│    │         │上げられました。報道によりますと、この生徒は小学校2年生だ│教育長    │
│    │         │った平成23年8月、原発事故で福島県から横浜市に自主避難し、│担当部長   │
│    │         │横浜市立小学校に転校。その直後から、名前に菌をつけて呼ばれ│       │
│    │         │たり、蹴られたりするなどのいじめを受けました。また、5年生│       │
│    │         │のときには、同級生に「(東電から原発事故の)賠償金があるだ│       │
│    │         │ろう」と言われ、遊興費として総額150万円ほどを払わされまし │       │
│    │         │た。「ただこわくてしようがなかった」と証言しています。両親│       │
│    │         │から相談を受けた警察が、聴取結果を伝えても学校は動かなかっ│       │
│    │         │たと言います。父親は、何度相談しても一向に動かない学校に不│       │
│    │         │信感を持ち、弁護士に相談しながら、学校側やいじめたとされる│       │
│    │         │同級生の保護者らと話し合ったが改善せず、昨年12月に第三者委│       │
│    │         │員会に調査を申し入れました。               │       │
│    │         │ 第三者委員会は、学校の対応について、一昨年に生徒側から相│       │
│    │         │談を受けていたにもかかわらず、適切に対応しなかったことを「│       │
│    │         │教育の放棄に等しい」と批判しました。市教育委員会に対しても│       │
│    │         │重大事態と捉えず、調査の開始がおくれ、生徒側への適切な支援│       │
│    │         │がおくれたと指摘しました。                │       │
│    │         │ 「いままでいろんなはなしをしてきたけどしんようしてくれな│       │
│    │         │かった」、「(先生に)むしされてた」、「いままでなんかいも│       │
│    │         │死のうとおもった。でも、しんさいでいっぱい死んだからつらい│       │
│    │         │けどぼくはいきるときめた」。小学校6年生のときにこの手記を│       │
│    │         │書き、代理人の弁護士を通じて一部が公表されました。    │       │
│    │         │ 先日会見した両親も、絶望のサインを受けとめなかった学校や│       │
│    │         │市教育委員会に「何もしてくれなかった」、「八方ふさがりだっ│       │
│    │         │た」と対応に不信感をあらわにしていました。11月2日、横浜市│       │
│    │         │長は謝罪会見をして、「大変重く受けとめ、教育委員会にはきち│       │
│    │         │んと対策を取るよう重ねて指示をする」と述べました。    │       │
│    │         │ 生徒は、心が折れそうなくらいつらかったと思います。いじめ│       │
│    │         │には、社会のあり方がかかわります。競争と管理の教育、弱者を│       │
│    │         │いじめ、攻撃する社会や政治など。苦しむ福島の住民に「最後は│       │
│    │         │金目でしょ」と言い放った元環境大臣のような人物もいました。│       │
│    │         │子どもの世界は大人社会を映す鏡です。           │       │
│    │         │ 昨年5月には、岩手県矢巾町の中学校2年生の男子生徒が、い│       │
│    │         │じめを苦に電車に飛び込んで自殺しました。生徒は何度も担任の│       │
│    │         │先生にいじめの被害を訴えていたが、学校側が適切に対応してく│       │
│    │         │れなかった。担任以外はトラブルを把握していなかったとのこと│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ いじめが原因での自殺が後を絶ちません。         │       │
│    │         │ 国立教育政策研究所は首都圏にある1つの市の全ての小学校(│       │
│    │         │13校)と中学校(6校)に在籍する、小学校4年生から    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│20  │笹川 朝子(3) │中学校3年生までの全児童生徒(1学年当たり800人)の変容を │市長     │
│    │         │追跡調査して「いじめ追跡調査2007-2009いじめQ&A」(2010 │及び     │
│    │         │年)にまとめました。いじめは年によって増減傾向はなく、どの│教育長    │
│    │         │年も似たような傾向率が示された。加害者や被害者は入れかわり│担当部長   │
│    │         │、全体の8割を超える子どもが3年間のうち何らかの被害体験を│       │
│    │         │、同じく全体の8割以上の子どもが加害体験を持つという。つま│       │
│    │         │り一部の特定の子どもが被害者になる、加害者になるという想定│       │
│    │         │は誤りである。そして、日本のいじめの多数は「仲間はずれ・無│       │
│    │         │視・かげ口」、「からかう・悪口」であることも判明したと。 │       │
│    │         │ 国連の子どもの権利委員会は、子どもの権利条約実施に関する│       │
│    │         │第3回日本政府報告に対し、過度の競争主義的な教育の問題を指│       │
│    │         │摘し、いじめの問題の背景には教育政策など大きな問題がある。│       │
│    │         │そして「大切にされていない」、「自分なんかどうでもよい」と│       │
│    │         │いった不全、自尊感情の低さなどもいじめの背後にあると指摘し│       │
│    │         │ています。また、人権に詳しい弁護士は、いじめは人権侵害その│       │
│    │         │ものです。それを子どもたちがきちんと自分の認識の中に入れ込│       │
│    │         │むには、子どもたち自身の人権が尊重されているという実感が不│       │
│    │         │可欠です。自分の人権が尊重されているという実感がない人間に│       │
│    │         │は、他人の人権を尊重するという認識が生じるはずがない。上か│       │
│    │         │ら規範意識を涵養したり、道徳教育することでいじめがなくなる│       │
│    │         │ということはおそらくないでしょう。と述べています。    │       │
│    │         │ 富士市でも、仲間外れやクラス内での無視、暴言などのいじめ│       │
│    │         │に悩み、本人と保護者が担任や学校、教育委員会に訴えてもまと│       │
│    │         │もな対応をとってもらえず、不登校になっている事例があります│       │
│    │         │。不眠・拒食症で16キログラムも痩せて体力が落ちてしまった生│       │
│    │         │徒もいます。母親からは、鬱状態になり「毎日、死ぬことを考え│       │
│    │         │ている」とアンケートに書いてあったと話してくれました。ほか│       │
│    │         │にも暴言・暴力行為を担任に訴えても、真剣に受けとめてもらえ│       │
│    │         │ず、学校中の教師たちに本人の思い込みと片づけられ、親子で苦│       │
│    │         │悩の日々を過ごしている生徒もいます。           │       │
│    │         │ いじめは見えていなくても必ず起きていると発想を転換するこ│       │
│    │         │とが大事だと言われます。冷やかしやからかいなど、ささいに見│       │
│    │         │えがちなことでも、複数の相手から繰り返されれば自殺を考える│       │
│    │         │ほど追い詰められることがあるとも言います。        │       │
│    │         │ どの子も、大事に育てられてきたかけがえのない子どもたちで│       │
│    │         │す。1人の人間として尊厳を大切にされ、教育を受ける権利があ│       │
│    │         │ります。いじめ問題にどう取り組んでいくのか以下質問いたしま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ (1) 小中学校それぞれいじめ認知はどれくらいか。     │       │
│    │         │ (2) 不登校の理由のうち、いじめは全体の何人か。そのいじめ│       │
│    │         │を保護者が学校、市教育委員会まで訴えているのは何人か。  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│20  │笹川 朝子(3) │ (3) いじめを受けている本人や保護者からの訴えにどのように│市長     │
│    │         │対応しているか。                     │及び     │
│    │         │ (4) 「いじめを認めない」、「困っている本人の話を聞かない│教育長    │
│    │         │」という教師に対する不信感が見られます。横浜市や岩手県矢巾│担当部長   │
│    │         │町、兵庫県加古川市などの事件を受けて、富士市ではどのような│       │
│    │         │対策を取られているのか。                 │       │
│    │         │ (5) 市内の保護者から、いじめ防止対策推進法の「重大事態」│       │
│    │         │として第三者委員会の設置の申し出を受け、教育委員会は設置し│       │
│    │         │ました。構成委員と委任内容はどうなっているか。      │       │
│    │         │ (6) いじめにより年間30日以上の欠席が続き、「重大事態」が│       │
│    │         │生じた場合、学校及び教育委員会は、初期段階としてどのような│       │
│    │         │対応を行うのか。                     │       │
│    │         │ (7) いじめアンケート実施について、生徒が書きにくく、後々│       │
│    │         │、個人情報を盾に被害者の開示請求を拒否できるような記名式は│       │
│    │         │やめるべきで、富士市でも無記名に統一できるのか。     │       │
│    │         │ (8) 人権教育が大事と考えますが、考えをお聞かせください。│       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

             富士市議会定例会(11月)会期表
                                  平成28年11月25日(金)開会
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月日 │曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第1日│11.25 │金│10:00 │本 会 議  │開 会                       │
│   │   │ │   │       │ 1.会議録署名議員の指名              │
│   │   │ │   │       │ 2.会期の決定                   │
│   │   │ │   │       │ 3.諸般の報告                   │
│   │   │ │   │       │ 4.特別委員会の中間報告              │
│   │   │ │   │       │   ●中間報告に対する質疑            │
│   │   │ │   │       │ 5.議第119号 工事請負契約の締結に関し議決を求め  │
│   │   │ │   │       │  ることについて(平成28年度公営住宅田子浦団地E │
│   │   │ │   │       │  棟全面的改善事業に伴う主体工事)        │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 6.議第120号 財産の取得に関し議決を求めることに  │
│   │   │ │   │       │  ついて(新環境クリーンセンター建設事業用地取得)│
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 7.議第96号 平成28年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第3号)ほか議案22件(議第97号〜議第118号 │
│   │   │ │   │       │  )一括上程                   │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●議案委員会付託    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第2日│11.26 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第3日│11.27 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第4日│11.28 │月│14:00 │議会運営委員会│ ●発言通告締切・正午               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第5日│11.29 │火│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第6日│11.30 │水│9:30 │総務市民委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │環境経済委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第7日│12.1 │木│9:30 │文教民生委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │建設水道委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第8日│12.2 │金│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第9日│12.3 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第10日│12.4 │日│   │休   会  │                          │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月日 │曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第11日│12.5 │月│9:30 │議会運営委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第12日│12.6 │火│10:00 │本 会 議  │ 1.議第96号 平成28年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第3号)ほか議案22件(議第97号〜議第118号 │
│   │   │ │   │       │  )一括上程                   │
│   │   │ │   │       │   ●委員長報告  ●委員長報告に対する質疑   │
│   │   │ │   │       │   ●討 論    ●採 決           │
│   │   │ │   │       │ 2.議第121号 富士市ほか1組合公平委員会委員の選  │
│   │   │ │   │       │  任につき同意を求めることについて        │
│   │   │ │   │       │ 3.議第122号 富士市教育委員会委員の任命につき同  │
│   │   │ │   │       │  意を求めることについて             │
│   │   │ │   │       │ 4.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第13日│12.7 │水│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第14日│12.8 │木│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第15日│12.9 │金│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第16日│12.10 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第17日│12.11 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第18日│12.12 │月│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
│   │   │ │   │       │閉 会                       │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘