議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 富士市

平成28年 9月 定例会−10月07日-付録




平成28年 9月 定例会

●委員会審査報告書
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年9月14日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               一般・特別会計決算委員会   │
│                               委員長  小 池 智 明   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│認第1号 │平成27年度富士市一般会計歳入歳出決算認定について    │認  定 │     │
│     │                            │     │     │
│認第2号 │平成27年度富士市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認 │認  定 │     │
│     │定について                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第3号 │平成27年度富士市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算 │認  定 │     │
│     │認定について                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第4号 │平成27年度富士市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定に │認  定 │     │
│     │ついて                         │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第5号 │平成27年度富士市新富士駅南地区土地区画整理事業特別会計 │認  定 │     │
│     │歳入歳出決算認定について                │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第6号 │平成27年度富士市第二東名IC周辺地区土地区画整理事業特 │認  定 │     │
│     │別会計歳入歳出決算認定について             │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第7号 │平成27年度富士市駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定につ │認  定 │     │
│     │いて                          │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第8号 │平成27年度富士市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決 │認  定 │     │
│     │算認定について                     │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第9号 │平成27年度富士市内山特別会計歳入歳出決算認定について  │認  定 │     │
│     │                            │     │     │
│認第10号 │平成27年度富士市旧今泉、一色、神戸、今宮特別会計歳入歳 │認  定 │     │
│     │出決算認定について                   │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第11号 │平成27年度富士市須津山特別会計歳入歳出決算認定について │認  定 │     │
│     │                            │     │     │
│認第12号 │平成27年度富士市旧原田特別会計歳入歳出決算認定について │認  定 │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│認第13号 │平成27年度富士市鈴川財産区特別会計歳入歳出決算認定につ │認  定 │     │
│     │いて                          │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第14号 │平成27年度富士市今井財産区特別会計歳入歳出決算認定につ │認  定 │     │
│     │いて                          │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第15号 │平成27年度富士市大野新田財産区特別会計歳入歳出決算認定 │認  定 │     │
│     │について                        │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第16号 │平成27年度富士市檜新田財産区特別会計歳入歳出決算認定に │認  定 │     │
│     │ついて                         │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第17号 │平成27年度富士市田中新田財産区特別会計歳入歳出決算認定 │認  定 │     │
│     │について                        │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第18号 │平成27年度富士市中柏原新田財産区特別会計歳入歳出決算認 │認  定 │     │
│     │定について                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│認第19号 │平成27年度富士市西柏原新田財産区特別会計歳入歳出決算認 │認  定 │     │
│     │定について                       │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年9月20日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               企業会計決算委員会      │
│                               委員長  村 松 金 祐   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│認第20号 │平成27年度富士市水道事業会計決算認定について      │認  定 │     │
│     │                            │     │     │
│認第21号 │平成27年度富士市公共下水道事業会計決算認定について   │認  定 │     │
│     │                            │     │     │
│認第22号 │平成27年度富士市病院事業会計決算認定について      │認  定 │     │
│     │                            │     │     │
│議第93号 │平成27年度富士市水道事業会計剰余金処分について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第94号 │平成27年度富士市公共下水道事業会計剰余金処分について  │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年9月27日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               総務市民委員会        │
│                               委員長  太 田 康 彦   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第83号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第2号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 10款地方交付税                │     │     │
│     │     13款使用料及び手数料             │     │     │
│     │     14款国庫支出金 2項国庫補助金        │     │     │
│     │              5目消防費補助金      │     │     │
│     │     15款県支出金 2項県補助金          │     │     │
│     │             7目消防費補助金       │     │     │
│     │     16款財産収入                 │     │     │
│     │     17款寄附金                  │     │     │
│     │     18款繰入金                  │     │     │
│     │     19款繰越金                  │     │     │
│     │     20款諸収入                  │     │     │
│     │     21款市債                   │     │     │
│     │  歳出 2款総務費 1項総務管理費          │     │     │
│     │           3項戸籍住民基本台帳費      │     │     │
│     │     9款消防費 1項消防費            │     │     │
│     │     10款教育費 6項社会教育費          │     │     │
│     │            6目文化振興費         │     │     │
│     │     14款予備費 1項予備費            │     │     │
│     │ 第2条(債務負担行為の補正)             │     │     │
│     │  第2表 債務負担行為補正              │     │     │
│     │       旧富士見台下水処理場解体事業       │     │     │
│     │       (追加)                 │     │     │
│     │ 第3条(地方債の補正)                │     │     │
│     │  第3表 地方債補正                 │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第88号 │富士市地区まちづくり活動推進条例制定について      │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第89号 │富士市職員の退職管理に関する条例制定について      │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第90号 │富士市火災予防条例の一部を改正する条例制定について   │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                  平成28年 9月28日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               文教民生委員会        │
│                               委員長  荻 田 丈 仁   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第83号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第2号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 14款国庫支出金 1項国庫負担金        │     │     │
│     │             2項国庫補助金        │     │     │
│     │              2目民生費補助金      │     │     │
│     │     15款県支出金 1項県負担金          │     │     │
│     │  歳出 3款民生費 1項社会福祉費          │     │     │
│     │           2項老人福祉費          │     │     │
│     │           3項児童福祉費          │     │     │
│     │           4項障害者福祉費         │     │     │
│     │           5項生活保護費          │     │     │
│     │     4款衛生費 1項保健衛生費          │     │     │
│     │           (8目環境衛生費を除く)     │     │     │
│     │           3項環境対策費          │     │     │
│     │            4目公害病補償給付費      │     │     │
│     │     10款教育費 6項社会教育費          │     │     │
│     │            1目社会教育総務費       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第84号 │平成28年度富士市国民健康保険事業特別会計補正予算につい │原案可決 │     │
│     │て(第2号)                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第85号 │平成28年度富士市後期高齢者医療事業特別会計補正予算につ │原案可決 │     │
│     │いて(第1号)                     │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第86号 │平成28年度富士市介護保険事業特別会計補正予算について  │原案可決 │     │
│     │(第1号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第87号 │平成28年度富士市病院事業会計補正予算について(第1号) │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年9月27日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               環境経済委員会        │
│                               委員長  井 上   保   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第83号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第2号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 14款国庫支出金 2項国庫補助金        │     │     │
│     │              7目労働費補助金      │     │     │
│     │              8目農林水産業費補助金   │     │     │
│     │              9目商工費補助金      │     │     │
│     │     15款県支出金 2項県補助金          │     │     │
│     │             3目衛生費補助金       │     │     │
│     │             5目商工費補助金       │     │     │
│     │  歳出 4款衛生費 1項保健衛生費          │     │     │
│     │            8目環境衛生費         │     │     │
│     │           2項清掃費            │     │     │
│     │            1目清掃総務費         │     │     │
│     │           3項環境対策費          │     │     │
│     │            1目環境政策費         │     │     │
│     │     5款労働費 1項労働費            │     │     │
│     │     6款農林水産業費 1項農業費         │     │     │
│     │              2項林業費         │     │     │
│     │     7款商工費 1項商工費            │     │     │
│     │     8款土木費 4項港湾費            │     │     │
│     │ 第2条(債務負担行為の補正)             │     │     │
│     │  第2表 債務負担行為補正              │     │     │
│     │       田子の浦港周辺津波対策全体計画策定業務  │     │     │
│     │       (追加)                 │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年9月28日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               建設水道委員会        │
│                               委員長  笠 井   浩   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第83号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第2号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳出 4款衛生費 2項清掃費            │     │     │
│     │            3目生活排水処理費       │     │     │
│     │     8款土木費 1項土木管理費          │     │     │
│     │           2項道路橋梁費          │     │     │
│     │           3項河川費            │     │     │
│     │           5項都市計画費          │     │     │
│     │           6項公園費            │     │     │
│     │           8項住宅費            │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年9月28日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               文教民生委員会        │
│                               委員長  荻 田 丈 仁   │
│                                              │
│                 請 願 審 査 報 告 書                │
│                                              │
│         本委員会に付託された請願は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第131条の規定により報告します。                 │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬─────────┬────────────────────────┬─────┤
│受理番号 │件    名   │審  査  の  結  果           │備  考  │
├─────┼─────────┼────────────────────────┼─────┤
│     │         │                        │     │
│ 4   │国民健康保険税に │ 富士市議会基本条例第6条第3項の規定に基づく │     │
│     │関する請願    │発言の申し出のあった請願者の趣旨説明及び紹介議 │     │
│     │         │員の補足説明を受けた後、審査の結果、当委員会と │     │
│     │         │しては不採択とすべきものと決した。       │     │
│     │         │                        │     │
└─────┴─────────┴────────────────────────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年9月28日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               建設水道委員会        │
│                               委員長  笠 井   浩   │
│                                              │
│                 陳 情 審 査 報 告 書                │
│                                              │
│         本委員会に付託された陳情は、審査の結果、次のとおり決定したので、     │
│        会議規則第133条の規定により報告します。                 │
│                                              │
│                       記                      │
│                                              │
├─────┬─────────┬────────────────────────┬─────┤
│受理番号 │件    名   │審  査  の  結  果           │備  考  │
├─────┼─────────┼────────────────────────┼─────┤
│     │         │                        │     │
│ 3   │富士市土砂等によ │ 当局からの所見説明を受けた後、審査の結果、当 │     │
│     │る土地の埋め立て │委員会としては、当局説明を了承することに決した │     │
│     │等の規制に関する │。                       │     │
│     │条例に基づく土砂 │                        │     │
│     │埋め立て事業地内 │                        │     │
│     │の検査拡充を求め │                        │     │
│     │る陳情      │                        │     │
│     │         │                        │     │
└─────┴─────────┴────────────────────────┴─────┘

           発 言 通 告 表 ( 一 般 質 問 )
                                     平成28年9月定例会
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │遠藤 盛正(13)│1.高齢者にかかわる民生委員児童委員の業務実態と業務軽減に│市長     │
│    │         │役立つタブレット端末の導入について            │及び     │
│    │         │ 高齢化社会が進む中、民生委員児童委員(以下、「民生委員」│担当部長   │
│    │         │という。)の地域における役割は、多種、多様にわたり大変な激│       │
│    │         │務となっています。民生委員は、3年の任期で厚生労働大臣が委│       │
│    │         │嘱し、地域住民の福祉向上を図るため、相談、指導、調査を初め│       │
│    │         │とする自主的な活動のほか、福祉事務所等関係行政機関への協力│       │
│    │         │を行う民間奉仕者で社会福祉に対する熱意と豊かな経験を持った│       │
│    │         │人の中から、それぞれの地域を分担しており、児童問題を専門に│       │
│    │         │担当する主任児童委員とともに活動をされています。     │       │
│    │         │ しかし、近年民生委員の高齢化、なり手不足が問題になってい│       │
│    │         │ます。ある民生委員の方は、担当以外の地区も受け持たれている│       │
│    │         │と聞きます。そこで、今後増加していく高齢者世帯、特に独居の│       │
│    │         │高齢者に対する相談、調査などの安否確認作業のために、民生委│       │
│    │         │員の増員や1人当たりの業務の軽減を行政としても考えなければ│       │
│    │         │いけないと考えます。8月初旬私たち会派は、先進事例として高│       │
│    │         │齢者見守りに取り組んでいる、北海道登別市社会福祉協議会に視│       │
│    │         │察に行ってまいりました。昨年12月から、タブレット端末を使っ│       │
│    │         │た高齢者の見守り、生活相談業務を試行しており、在宅1人暮ら│       │
│    │         │し高齢者に端末を貸与、簡単な操作で就寝、起床や外出、帰宅な│       │
│    │         │どの情報を入力してもらい変化がないかチェックする仕組み、買│       │
│    │         │い物支援機能も盛り込んでいて事業化を目指し研究を進めていま│       │
│    │         │す。このサービスは、新たな仕組み構築が狙いで、介護保険制度│       │
│    │         │改正で今後専門職以外のサービスが適用除外となる、要支援1、│       │
│    │         │2の方に対する市民サポートも視野に入れていると聞きました。│       │
│    │         │このタブレット端末での見守りをするシステムを私たち富士市で│       │
│    │         │もすぐに検討、導入する必要があると思い、その必要性について│       │
│    │         │以下、質問いたします。                  │       │
│    │         │ (1) 富士市の民生委員の業務実態をどのように把握しているか│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (2) 地域包括ケアについて民生委員の役割をどのように考えて│       │
│    │         │いるか。                         │       │
│    │         │ (3) 今後、タブレット端末を利用した高齢者、特に独居の方の│       │
│    │         │見守りが、民生委員の業務軽減にもなると思うがいかがか。  │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │井上  保(17)│1.予算編成過程における民主性の確保について       │市長     │
│    │         │ 間もなく来年度の予算編成が始まるが、歳入面ではその根幹を│及び     │
│    │         │なす税収が平成20年のリーマンショック以降、依然として減収傾│担当部長   │
│    │         │向にあり、その一方で歳出面では高齢化に伴う福祉を初めとした│       │
│    │         │財政需要の増加傾向がとまらず、市の財政は厳しさを増すばかり│       │
│    │         │であり、経費の節減、事業の見直しが進められ、勢い住民サービ│       │
│    │         │スにも変更が求められてくる。               │       │
│    │         │ こうした中での予算編成には従来以上に市民の理解、信頼の獲│       │
│    │         │得のため市民の声が生かされていること、民主性が確保されてい│       │
│    │         │ることが必要となる。                   │       │
│    │         │ 予算編成の権限は市長にあるが、市民から担当課への直接的な│       │
│    │         │要望、各会派の予算要望、あるいは事業評価などを通じ、予算に│       │
│    │         │対し市民の声を反映させるための取り組みが行われている。財政│       │
│    │         │運営の厳しさが増す中、一層の民主性の確保を図るため、これま│       │
│    │         │での反省を踏まえ、以下質問する。             │       │
│    │         │ (1) 負担金の支出について                │       │
│    │         │ 負担金のうち、地方公共団体等で構成される任意団体の負担金│       │
│    │         │について、これまでの支出額の決定過程を問う。       │       │
│    │         │ (2) 基金の取り崩し、活用について            │       │
│    │         │ 基金にはそれぞれ特定の目的があり、その承認のもとに積み立│       │
│    │         │てられてきた。取り崩して活用するに当たってはその目的との整│       │
│    │         │合を図り、市民の理解が得られるよう手続を経る必要があるが、│       │
│    │         │大村教育施設等整備基金について、その取り崩しの過程を問う。│       │
│    │         │ (3) 一括交付金制度の導入について            │       │
│    │         │ 事業目的ごとに担当課から地域に対し交付されている各種補助│       │
│    │         │金を地域に一括交付、予算配分を地域の自治に委ねることによっ│       │
│    │         │て、予算編成の民主性を確保するという手法が考えられるが、こ│       │
│    │         │の制度の導入について現状当局はどのように考えているかを問う│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (4) 公の施設の見直しについて              │       │
│    │         │ 公の施設の見直しが進められる。この際、全市的観点による見│       │
│    │         │直し方針と「地域住民の意思」との違いが生ずることが考えられ│       │
│    │         │るが、その調整をいかに図るか、当局の考えを問う。     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │小野由美子(14)│1.子どもと子育て世代を包括的に支援する体制づくりについて│市長     │
│    │         │ ことし8月に、和光市の子育て世代包括支援(ネウボラ)の合│及び     │
│    │         │同視察に行ってきました。和光市では人口流動が激しく、そのた│担当部長   │
│    │         │めに社会から孤立してしまう母子が多く、虐待につながる事例が│       │
│    │         │多く発生していました。和光市では、虐待を未然に防ぐために、│       │
│    │         │産前産後ケアと子育て世代包括支援の体制づくりを急いで行う必│       │
│    │         │要があったのだということを確認しました。また、和光市の取り│       │
│    │         │組みを安倍総理を初め大臣たちが視察し、国の子育て世代包括支│       │
│    │         │援センター構想のもとになったとお聞きしました。      │       │
│    │         │ 平成19年1月23日厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長通│       │
│    │         │知の「子ども虐待対応の手引きの改正について」第2章「発生予│       │
│    │         │防」では、「特に最近は、少子化や核家族化あるいはコミュニテ│       │
│    │         │ィーの崩壊に経済不況等の世相が加わっての生きづらさの現れと│       │
│    │         │して語られており、特別な家族の問題という認識で取り組むので│       │
│    │         │はなく、どの家庭にも起こりうるものとして捉えられるようにな│       │
│    │         │っている。保健・医療・福祉等の関係者は、このような認識に立│       │
│    │         │ち、子どもを持つ全ての親を念頭に入れて、子ども虐待防止の取│       │
│    │         │組を進めていく必要がある」とあり、まさに、子育て世代包括支│       │
│    │         │援の考え方のもとであると実感しました。          │       │
│    │         │ 一昔前までは、実家の母親などが働いているケースも多くはな│       │
│    │         │く、里帰り出産が安心してできたのだと思います。今は、妊娠中│       │
│    │         │の女性から、「実家の親も働いている」、「実家が遠くて帰れな│       │
│    │         │い」、「親がうるさくて帰っても休めない」などの声を聞きます│       │
│    │         │。今、安心して子どもを産み育てることができるように、富士市│       │
│    │         │もいろいろな施策を実行し、計画していると思います。    │       │
│    │         │ 平成27年11月議会の私の産前産後母体ケアの充実に関する質問│       │
│    │         │で、市長は「今後、産前、産後の母体ケアの充実を図るため、保│       │
│    │         │健師と市内産科医療機関及び助産所の助産師による情報交換会を│       │
│    │         │行い、お互いに連携しながら、さらなる妊産婦支援の向上に努め│       │
│    │         │てまいります。」と答弁し、平成28年2月議会の私の質問に、子│       │
│    │         │育て世代包括支援センターをフィランセ内に設立すると御答弁い│       │
│    │         │ただきました。                      │       │
│    │         │ 産前産後妊娠から子育てまでも包括的にケアする子育て世代包│       │
│    │         │括支援センターに多くの市民が期待しております。それらを踏ま│       │
│    │         │え、以下質問いたします。                 │       │
│    │         │ (1) 平成27年11月議会で答弁された「保健師と市内産科医療機│       │
│    │         │関及び助産所の助産師による情報交換会」はどのような結果があ│       │
│    │         │りましたか。その成果と今後の展開をお聞かせください。   │       │
│    │         │ (2) 埼玉県和光市では人口8万人余の市で、子育て世代包括支│       │
│    │         │援センターを市内5カ所で開設しており、民間の助産所    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │小野由美子(14)│は市の子育て世代包括支援センターと産前産後ケアセンターも兼│市長     │
│    │         │ねて市からの委託を受けております。また、民間も含む子育て支│及び     │
│    │         │援センターを子育て世代包括支援センターに移行し、母子手帳を│担当部長   │
│    │         │発行、相談業務、個々人に合ったケアプランを作成しているとの│       │
│    │         │ことでした。和光市では、市内にある資源を、民間も含めうまく│       │
│    │         │生かして無理なくつくり上げた様子が伺えます。       │       │
│    │         │ 富士市においては、子育て世代包括支援センターについて、児│       │
│    │         │童福祉分野と母子保健分野の関係課が、子育て世代包括支援セン│       │
│    │         │ターの3つの役割について、情報を共有し、先進自治体の取り組│       │
│    │         │みを情報収集するなど、勉強会を昨年12月から開始したところと│       │
│    │         │の御答弁をいただきました。そこでお聞きいたします。    │       │
│    │         │  ? 庁舎内勉強会で、子育て世代包括支援センター設置への│       │
│    │         │方針や方向性等は見えてきたのでしょうか。到達した内容と今後│       │
│    │         │の進め方などをお示しください。              │       │
│    │         │  ? 市は、どのような富士市子育て世代包括支援センターに│       │
│    │         │したいと思っていらっしゃいますか。            │       │
│    │         │2.新環境クリーンセンター環境学習・環境啓発施設の方針とロ│       │
│    │         │ードマップについて                    │       │
│    │         │ 平成32年竣工予定の新環境クリーンセンター建設敷地内に、環│       │
│    │         │境学習・環境啓発施設とそれに併設して余熱体験施設の建設が計│       │
│    │         │画されています。                     │       │
│    │         │ まずは、環境学習・環境啓発施設の建設方針とロードマップに│       │
│    │         │ついて質問します。                    │       │
│    │         │ (1) 環境学習・環境啓発施設オープンまでのロードマップと施│       │
│    │         │設建設をどのように進めるつもりなのかお示しください。   │       │
│    │         │ (2) 3R協働プラットホームとはどのようなものか、その目的│       │
│    │         │とその果たす役割と市が期待する成果は何ですか。      │       │
│    │         │ (3) 市は、環境学習・環境啓発施設をどのような施設にしたい│       │
│    │         │とお考えですか。                     │       │
│    │         │3.温水プールと新環境クリーンセンター余熱体験施設について│       │
│    │         │ 現在の環境クリーンセンターが昭和61年に竣工し、総合運動公│       │
│    │         │園内の温水プールは、その環境クリーンセンターの余熱利用施設│       │
│    │         │と理解しております。                   │       │
│    │         │ 最近、温水プールを利用している方々から、環境クリーンセン│       │
│    │         │ターが久保町から糀窪に移転するに伴い、温水プールがなくなる│       │
│    │         │のではないかという声を良く聞くようになりました。温水プール│       │
│    │         │で水中ウオーキングをされている方々が県富士水泳場の50メート│       │
│    │         │ルプールでは歩けないという声やぜんそく児童の水泳教室がなく│       │
│    │         │なるのではないかという心配の声です。存続を要望する署名運動│       │
│    │         │も始まったとお聞きしました。               │       │
│    │         │ 新環境クリーンセンター建設に関する計画において、市民  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │小野由美子(14)│の皆様の安心を確保する観点から、以下質問します。     │市長     │
│    │         │ (1) 余熱体験施設に、ウオーキングやぜんそく児童の水泳教室│及び     │
│    │         │ができるような機能を持たせる予定はありますか。      │担当部長   │
│    │         │ (2) 余熱体験施設に予定されている機能とロードマップをお知│       │
│    │         │らせください。                      │       │
│    │         │ (3) 余熱体験施設への公共交通(バス路線)に関する計画をお│       │
│    │         │知らせください。                     │       │
│    │         │ (4) 温水プールの、余熱体験施設建設後の計画をお示しくださ│       │
│    │         │い。                           │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │佐野 智昭(2) │1.新富士駅南口周辺の商業地域を富士山の玄関口にふさわしい│市長     │
│    │         │魅力的なまちにするために                 │及び     │
│    │         │ 平成5年4月、本市は、地方拠点都市地域の整備及び産業業務│担当部長   │
│    │         │施設の再配置の促進に関する法律(平成4年8月施行)のもと、│       │
│    │         │静岡県東部地方拠点都市地域に指定された。そして、新富士駅南│       │
│    │         │地区は、新幹線駅を有する立地条件を背景とした交流拠点機能の│       │
│    │         │強化や商業・業務機能の導入などにより、岳南都市圏の中核とな│       │
│    │         │るゾーンとして期待され、拠点地区となった。        │       │
│    │         │ その後、平成11年10月には新富士駅南地区土地区画整理事業(│       │
│    │         │以下「区画整理事業」という。)が都市計画決定され、平成12年│       │
│    │         │度より事業が開始された。                 │       │
│    │         │ また、平成14年4月には新富士駅南地区計画(以下「地区計画│       │
│    │         │」という。)が都市計画決定され、商業地域(以下「当該地域」│       │
│    │         │という。)は、商業・業務ゾーンという位置づけのもと「駅前と│       │
│    │         │いう立地条件を活かして、広域圏や本市における観光・交流等の│       │
│    │         │拠点となる中高層の商業・業務地を目指す」という方針が示され│       │
│    │         │、建築物等のルールが定められた。             │       │
│    │         │ そして、平成26年3月に策定された富士市都市計画マスタープ│       │
│    │         │ランの土地利用の基本方針において、当該地域は「さまざまな人│       │
│    │         │の交流による賑わいのある商業・業務地を形成するため、土地区│       │
│    │         │画整理事業による市街地整備を推進するとともに、地区計画など│       │
│    │         │のまちづくりルールに基づき、本市及び広域の玄関口としてふさ│       │
│    │         │わしく、市民や観光客等のニーズに対応した、利便性の高い魅力│       │
│    │         │的な施設の立地誘導を推進する」と示された。        │       │
│    │         │ そのような位置づけの中、区画整理事業は、平成41年度の完成│       │
│    │         │を目指し着々と進められている。              │       │
│    │         │ しかしながら、当該地域においては、地区計画に基づく建築物│       │
│    │         │等の誘導だけでは各種計画に示されているような商業・業務地と│       │
│    │         │しての形成は困難ではないかと懸念される。         │       │
│    │         │ そこで行政としては、投資効果が得られるよう積極的に当該地│       │
│    │         │域のまちづくりにかかわり、先導していくことが必要ではないか│       │
│    │         │と考え、以下、当局の見解を伺う。             │       │
│    │         │ (1) 最近になってホテルの立地等の動きが出ているが、当該地│       │
│    │         │域全体の土地所有者等の土地活用、施設建設などに関する意向は│       │
│    │         │把握しているか。                     │       │
│    │         │ (2) 民間の自然発生的な土地利用(施設立地)に委ねるのでは│       │
│    │         │なく、土地所有者等を対象に土地活用や施設建設の実現手法など│       │
│    │         │についての勉強会等を開催し、共通認識を持っていただくことも│       │
│    │         │有効であると考えるがいかがか。              │       │
│    │         │ (3) 当該地域にふさわしい商業・業務機能の集積を、ある程度│       │
│    │         │、計画性を持って進めていくことが必要であると考えるがいかが│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ (4) 本市及び岳南広域、富士山への玄関口にふさわしい魅力 │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │佐野 智昭(2) │ある町並みを形成していくことも重要であると考えるがいかがか│市長     │
│    │         │。                            │及び     │
│    │         │ (5) 当該地域に隣接している柳島公園は、下堀川の河川空間と│担当部長   │
│    │         │連携した魅力的な憩いの場、交流の場として再整備するとともに│       │
│    │         │、地震災害時等における区の防災拠点としての機能を充実させる│       │
│    │         │ことが必要であると考えるがいかがか。           │       │
│    │         │2.市民・行政がともに考え、行動する協働のまちづくりをさら│       │
│    │         │に推進するために                     │       │
│    │         │ 今日の行政を取り巻く環境は、人口減少や少子・高齢化、厳し│       │
│    │         │い財政状況など大きく変化している。また、公共サービスへの要│       │
│    │         │望は、ますます複雑化・多様化しており、これまで行政が担って│       │
│    │         │きた役割の全てを今後も同様に行政が担い続けることが難しくな│       │
│    │         │っている。一方で、地域の公共的課題の解決を行政だけに任せる│       │
│    │         │のではなく、みずから進んで取り組もうとする市民(市民活動団│       │
│    │         │体等を含む)、事業者もふえてきている。          │       │
│    │         │ そうした中で、地域の課題や多様化する市民ニーズに的確に対│       │
│    │         │応していくためには、市民・事業者の豊かな発想力・想像力、迅│       │
│    │         │速性・柔軟性・専門性などの特性を生かしながら、市民・事業者│       │
│    │         │・行政のそれぞれの役割分担の中で、協働によるまちづくりをさ│       │
│    │         │らに推進していくことが求められている。          │       │
│    │         │ 本市においては、既に第五次富士市総合計画の施策の大綱の都│       │
│    │         │市経営(市民と創る新たなまち)の中で、「市民一人ひとりの輝│       │
│    │         │きを大切にし、市民と行政が相互に信頼を深め、新たなパートナ│       │
│    │         │ーシップを構築しながら、市民の力、地域の力を発揮できる協働│       │
│    │         │のまちづくりを推進する」と示されている。そして、後期基本計│       │
│    │         │画では、市民主役都市(市民力、地域力を活かした市民主体のま│       │
│    │         │ち)を目指して、地区まちづくり活動の推進、市民協働の推進が│       │
│    │         │基本方針として示され、関連する基本的な条例や制度などが整っ│       │
│    │         │てきたところである。                   │       │
│    │         │ それを確実に軌道に乗せるため、行政としては協働の機会の創│       │
│    │         │出や各種情報提供、まちづくり活動支援などに対する取り組みを│       │
│    │         │さらに充実していくことが必要ではないかと考え、以下質問する│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (1) 富士市市民協働推進条例のもとに進められている市民協働│       │
│    │         │事業提案制度について伺う。                │       │
│    │         │  ? 市が提案を求める事業実施に当たって課題を抱えている│       │
│    │         │事業については、どのようなプロセスを経て決定するのか。  │       │
│    │         │  ? 制度開始から3年目の現段階において、問題となってい│       │
│    │         │ることや課題はあるか。                  │       │
│    │         │  ? 今後、制度を改善するなど充実させていく考えはあるか│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (2) 各地区のまちづくり協議会におけるまちづくり活動をさら│       │
│    │         │に活性化するための市の支援について伺う。         │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │佐野 智昭(2) │  ? 各地区の活動状況やまちづくり活動の活性化などに関し│市長     │
│    │         │て情報提供するコブタレポートを作成しているが、その周知はど│及び     │
│    │         │のように行っているか。                  │担当部長   │
│    │         │  ? 本議会に上程された富士市地区まちづくり活動推進条例│       │
│    │         │が可決された場合、条例をより確実に推進するため、現段階にお│       │
│    │         │いては市の支援が重要になると考えるが、今後どのように具現化│       │
│    │         │していくのか。                      │       │
│    │         │ (3) 静岡県が道路事業で行っている事業着手準備制度(※)に│       │
│    │         │ついての市の対応について伺う。              │       │
│    │         │  ? 本市としては、どのような協力を行っているか。   │       │
│    │         │  ? 今後、事業着手準備制度の活用を予定している県道はあ│       │
│    │         │るか。                          │       │
│    │         │  ? 市道の拡幅整備等を推進するため、事業着手準備制度と│       │
│    │         │類似する手法を取り入れていく考えはないか。        │       │
│    │         │  ※ 沿道市民等と県、市町がワークショップを開催し、話し│       │
│    │         │合いながら道路の改良計画を作成、あわせて事業実施の合意形成│       │
│    │         │を図り、事業着手から完成までのスピードアップを図る制度。 │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │高橋 正典(9) │1.本市の重要な観光資源の1つ「岩本山」の整備と活用につい│市長     │
│    │         │て                            │及び     │
│    │         │ おらが宝ともいえる富士山が世界文化遺産に登録され3年が経│担当部長   │
│    │         │過した。この間、シティプロモーションの一環として、富士山を│       │
│    │         │活用し集客を図ろうと海抜ゼロメートルから山頂を目指す富士山│       │
│    │         │登山ルート3776などを開催してきた。            │       │
│    │         │ 富士市からの富士山の眺望は他市にまさるものがあると確信し│       │
│    │         │ている。                         │       │
│    │         │ また、富士川左岸の富士川緑地には、野球場、サッカー場など│       │
│    │         │があり、右岸側には、野球場を4面配置すべく総合的な改修計画│       │
│    │         │が示されているところである。               │       │
│    │         │ ただ、このいずれも既存の施設が利用できることからか、長期│       │
│    │         │的な改修計画になっており、市外からの来訪者にとっても絶好な│       │
│    │         │ロケーションであるにもかかわらず整備のおくれが、本市にとっ│       │
│    │         │て大きな損失にならなければよいが……と懸念するところである│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ そこで、注目すべきは岩本山である。           │       │
│    │         │ 岩本山には、岩本山公園があり、ここに梅園があることから2│       │
│    │         │月に入ると「絶景☆富士山まるごと岩本山」が開催され、同月の│       │
│    │         │最終日曜日には、地元の岩松北地区主催で、梅まつりが開催され│       │
│    │         │るのである。平成27年度の実績で、4月10日までの開催期間に1│       │
│    │         │万4798人の来訪があった。                 │       │
│    │         │ このほとんどが、富士山をバックに梅の小枝を撮影したり、桜│       │
│    │         │の花を入れた富士山であったりと、工夫を凝らし撮影ポイントを│       │
│    │         │探してはシャッターを切っている。梅だけでなく、桜の時期にも│       │
│    │         │多くの観光客が訪れるのである。              │       │
│    │         │ この絶好なロケーションである岩本山を、本市の観光資源とし│       │
│    │         │て活用すべく、以下、質問する。              │       │
│    │         │ (1) スポーツ観光の面を考えると、先に述べた、富士川左岸の│       │
│    │         │富士川緑地以外にも、フリースペースとして利用できる自由広場│       │
│    │         │を整備すべきであると考える。               │       │
│    │         │ 平成26年度実績であるが、全日本アルティメット選手権本選を│       │
│    │         │皮切りに平成27年3月の2015アルティメットドリームカップの1│       │
│    │         │万人の参加者まで、トータルで2万3000人の集客があったところ│       │
│    │         │だが、「富士山が見える富士市で、富士のふもとで大会を」とい│       │
│    │         │うことで開催されてきた結果と考える。           │       │
│    │         │ 富士川緑地の総合的な改修計画を出すもさまざまな問題から進│       │
│    │         │展がみられない状況であるならば、市道岩本山公園線沿いの民地│       │
│    │         │が広く空き地のまま残されているので、民間活力を生かし官民協│       │
│    │         │働で整備運営を図り、より多くのスポーツ愛好家が活用できるよ│       │
│    │         │う整備すべきと考えるがいかがか。             │       │
│    │         │ (2) 観光面での誘客を促進していく中で環境整備の面から、市│       │
│    │         │道旭町富士宮線から岩本山公園に向かう岩本山公園線の    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │高橋 正典(9) │拡幅をし、観光バスが岩本山公園までスムーズに入って行けるよ│市長     │
│    │         │うにすべきと考えるがいかがか。              │及び     │
│    │         │ (3) 本年6月のことであるが、岩本山にアジサイが1万2000株│担当部長   │
│    │         │あって、今が見ごろだということで、平日でバスが七、八台、休│       │
│    │         │日には十二、三台も訪れたということであった。       │       │
│    │         │ 現地では、「どこに1万2000株ものアジサイがあるのだろうか│       │
│    │         │」と首をかしげた人もいたようだが、広く点在しているというこ│       │
│    │         │とで、一応納得したようだ。                │       │
│    │         │ いずれにせよ、「メディアの力というものは、すごい」と受け│       │
│    │         │とめている。                       │       │
│    │         │ そこで、点在しているアジサイで、お客様が来るなら、富士山│       │
│    │         │が顔を出すのが難しい梅雨の時期なればこそ、もっとアジサイを│       │
│    │         │植栽して、集客につなげるべきと考えるがいかがか。     │       │
│    │         │2.総合運動公園体育館の利用停止を受け、富士市立総合体育館│       │
│    │         │及び武道館構想の実現の急務について            │       │
│    │         │ 本年6月定例会の一般質問において私ども凜(りん)の会代表│       │
│    │         │の海野庄三議員が「宙に浮いた格好の大淵の総合運動公園内への│       │
│    │         │総合体育館建設の今後について」というテーマで質問した。  │       │
│    │         │ 本年8月の新聞報道によると、「これまで多くの市民が使用し│       │
│    │         │てきた総合運動公園体育館が、耐震診断の結果、建物の耐震強度│       │
│    │         │不足が判明したため10月以降に大会等を予定していた団体に対し│       │
│    │         │、他の施設を利用するよう調整していく」ということであった。│       │
│    │         │ 昭和53年に雇用促進事業団が建設した当該施設が耐震性に欠け│       │
│    │         │るという事実を承知していながら使用させるのは、安全を担保で│       │
│    │         │きないとの観点から利用を停止するということであろう。   │       │
│    │         │ このことが明白になった以上、新環境クリーンセンター建設の│       │
│    │         │着手を目前にして、財政面からいって大変厳しいことは承知する│       │
│    │         │も多くの施設利用者がいることを考えれば、これとて放置してお│       │
│    │         │くわけにもいかないと考える。               │       │
│    │         │ また、多くの市民が、市長の提唱する青春大賞、あるいは、ふ│       │
│    │         │じさん青春マイレージを推進していくためにも、さらに、市民の│       │
│    │         │健康志向からスポーツに励み、健康年齢を意識した生活を送ろう│       │
│    │         │としている積極性に、後押しをすべきであって、決して軽視でき│       │
│    │         │るものではない。                     │       │
│    │         │ 第六次富士市総合計画に載せていくなどと悠長に構えるのでは│       │
│    │         │なく、1日も早く富士市総合体育館と武道館基本構想の実現に向│       │
│    │         │け動き出す時と捉え、以下質問する。            │       │
│    │         │ (1) 本年6月定例会において海野議員から、「総合体育館の建│       │
│    │         │設は必要と考えていると述べたが、その考えに変わりはないか」│       │
│    │         │との質問に対し、市長は、長年にわたる市民からの要望もあり必│       │
│    │         │要と考えている。また、建設場所については、        │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │高橋 正典(9) │総合運動公園体育館の建てかえと考えていると答弁、さらに、「│市長     │
│    │         │第四次国土利用計画(富士市計画)のスポーツウェルネス交流ゾ│及び     │
│    │         │ーンに位置づけている」との答弁であったが、今も変わりはない│担当部長   │
│    │         │か、念のため伺うがいかがか。               │       │
│    │         │ (2) 同じく海野議員からの、建設資金の準備をすべく「総合体│       │
│    │         │育館建設基金を創設してはどうか」との提案に対し、「総合体育│       │
│    │         │館の建設を市民全体で応援していただくためにも、基金の創設に│       │
│    │         │向けて準備を進めてまいります」という市長答弁であったが、そ│       │
│    │         │の進捗状況はいかがか。                  │       │
│    │         │ (3) 同じく海野議員からの、「国庫補助獲得に向けて早急に新│       │
│    │         │たな実現可能な建設スケジュールを策定し、建設計画を国にアピ│       │
│    │         │ールすべきではないか」という質問に対し、市長答弁を要約する│       │
│    │         │と、国土交通省の所管する社会資本整備総合交付金制度を念頭に│       │
│    │         │置くも国の動向を注視しつつ機をみて国に働きかけてまいります│       │
│    │         │とのことであったが、その進捗状況はいかがか。       │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│6   │藤田 哲哉(8) │1.富士市公共施設再編計画について            │市長     │
│    │         │ 富士市は平成27年4月に富士市公共施設マネジメント基本方針│及び     │
│    │         │を策定。公共施設を取り巻く現状と課題を整理し、将来に過度の│担当部長   │
│    │         │負担をかけることのないよう、施設総量、配置の適正化、公共建│       │
│    │         │築物の長寿命化の必要性を示すとともに、これまで公共施設は、│       │
│    │         │市民のニーズに応えるために整備されてきたことから、単に公共│       │
│    │         │施設を減らせばよいというものではなく、将来に向けた公共施設│       │
│    │         │の必要性を十分検証し、中長期的な視点で効率的に公共施設の整│       │
│    │         │備、管理運営を行っていくための基本的な考えを示した。   │       │
│    │         │ さらに、本年度、富士市公共施設再編計画(案)(以下「再編│       │
│    │         │計画案」という。)を作成し、パブリック・コメント制度(以下│       │
│    │         │「パブコメ」という。)により意見を求めた。        │       │
│    │         │ こうした動き、流れを捉え、以下、質問する。       │       │
│    │         │ (1) 今回のパブコメのスポーツ施設の部門で、「温水プールは│       │
│    │         │、熱源がなくなることや、代替機能として静岡県富士水泳場が存│       │
│    │         │在することから廃止を検討します」とあったが、どの部分を捉え│       │
│    │         │て静岡県富士水泳場を代替機能としているのかを伺う。    │       │
│    │         │ (2) 再編計画案にある温水プールの代替機能としての静岡県富│       │
│    │         │士水泳場の考え方は、静岡県の考え方と整合性は取れているのか│       │
│    │         │伺う。                          │       │
│    │         │2.スポーツ推進計画におけるスポーツウェルネス交流ゾーンの│       │
│    │         │方向性について                      │       │
│    │         │ 平成22年3月、富士市は、「いつでも・どこでも・いつまでも│       │
│    │         │ スポーツは人生のともだち」をキャッチフレーズとして富士市│       │
│    │         │スポーツ振興計画を策定。翌年の平成23年8月、国は、スポーツ│       │
│    │         │を通じて幸福で豊かな生活を営むことが人々の権利であることを│       │
│    │         │認めるとともに、地域スポーツクラブの支援や障害者スポーツの│       │
│    │         │支援等の基本的な方向性を示すスポーツ基本法(以下「基本法」│       │
│    │         │という。)を制定した。                  │       │
│    │         │ さらに、富士市は、この基本法改正の趣旨を踏まえ、名称をス│       │
│    │         │ポーツ振興計画からスポーツ推進計画(以下「推進計画」という│       │
│    │         │。)に改め、平成28年3月に後期計画を策定した。      │       │
│    │         │ また、最上位計画である第五次富士市総合計画後期基本計画(│       │
│    │         │以下「五次総」という。)や第四次国土利用計画(富士市計画)│       │
│    │         │により、新たにスポーツウェルネス交流ゾーンが規定され、推進│       │
│    │         │計画により大会誘致等を目的にスポーツ施設の充実などの環境整│       │
│    │         │備の強化を打ち出している。                │       │
│    │         │ これらの取り組み、方針に対して、以下、質問する。    │       │
│    │         │ (1) 推進計画の「計画見直しの背景・目的」に「平成32年には│       │
│    │         │東京オリンピック・パラリンピックの開催が予定され、今後、市│       │
│    │         │民のスポーツに対する関心は、ますます高まることが期待されま│       │
│    │         │す。こうしたスポーツに対する機運の高まりを生かして、『する│       │
│    │         │』『みる』『支える』スポーツの好循環           │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│6   │藤田 哲哉(8) │を生み出していくことが重要です。」とあるが、ここで言うスポ│市長     │
│    │         │ーツの好循環をどう捉えているのか伺う。          │及び     │
│    │         │ (2) スポーツウェルネス交流ゾーンは、五次総で「富士山の眺│担当部長   │
│    │         │望等の立地優位性を活かし、ゾーン内に集積するスポーツ・教育│       │
│    │         │等の既存施設や、建設を予定する新環境クリーンセンターから発│       │
│    │         │生するエネルギーを有効活用した施設との機能連携・相互利用を│       │
│    │         │図り、スポーツや健康を通じた交流拠点を形成します。」とあり│       │
│    │         │、推進計画では、「誘致に向けて環境整備を図るとともに、宿泊│       │
│    │         │事業者との連携を強化します。」とある。そこで、新環境クリー│       │
│    │         │ンセンターから発生するエネルギーをスポーツウェルネス交流ゾ│       │
│    │         │ーンの環境整備や宿泊事業者との連携を図るため有効利用すると│       │
│    │         │いう考えはあるのか伺う。                 │       │
│    │         │ (3) スポーツウェルネス交流ゾーンでは、幅広い年齢層の利用│       │
│    │         │や、国際的な誘致に向けて、身近な課題として既存施設のトイレ│       │
│    │         │の洋式化やユニバーサル化が急務と思われるが、環境整備の計画│       │
│    │         │には、どのように盛り込まれているのか伺う。        │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │海野 庄三(15)│1.教育委員会制度の大きな変革を経た今後の富士市の文化・ス│市長     │
│    │         │ポーツ振興について                    │及び     │
│    │         │ およそ60年ぶりに教育委員会制度を大幅に見直した改正地方教│教育長    │
│    │         │育行政法が平成27年4月に施行された。           │担当部長   │
│    │         │ 改正により、名目上、教育委員会制度の「政治的中立の確保」│       │
│    │         │、「方針の継続性・安定性の確保」、「地域の人達の参加で住民│       │
│    │         │の意向を反映」という三原則を保持しながらも地方公共団体の長│       │
│    │         │の教育行政に対するかかわりが強化されている。具体的には、教│       │
│    │         │育長と教育委員長は常勤の教育長に一本化され、さらに、教育長│       │
│    │         │は、それまでの教育委員による互選から首長が議会の同意を得て│       │
│    │         │の任命となり、任期も他の委員より1年短い3年に短縮。最も大│       │
│    │         │きく変わったのは首長が主宰する総合教育会議の新設である。 │       │
│    │         │ このほか、行政機構の見直しも行われ、富士市においては、地│       │
│    │         │方教育行政の組織及び運営に関する法律の第26条で規定されてい│       │
│    │         │る教育委員会の活動や施策について、自己点検・評価及び外部評│       │
│    │         │価の対象としていた5つの施策、市民文化、生涯スポーツ、教育│       │
│    │         │行政基盤、学校教育、社会教育・青少年健全育成のうち、市民文│       │
│    │         │化と生涯スポーツを教育委員会から分離して、その業務を所管し│       │
│    │         │てきた市民文化担当の文化振興課と、生涯スポーツ担当のスポー│       │
│    │         │ツ振興課は市長部局に移管、市民部の管轄下としている。   │       │
│    │         │ こうした教育委員会制度の大きな変革を踏まえ、以下、今後の│       │
│    │         │文化・スポーツ振興に向けて2点を質問、回答を得たい。   │       │
│    │         │ (1) 富士市教育委員会は、地方教育行政の組織及び運営に関す│       │
│    │         │る法律第26条に基づき市議会9月定例会に平成27年度自己点検・│       │
│    │         │評価報告書を提出、公表しているが、従来の5つの施策のうち市│       │
│    │         │長部局に移管した市民文化と生涯スポーツは除外している。この│       │
│    │         │除外した市民文化と生涯スポーツの自己点検・評価及び外部評価│       │
│    │         │に、業務の移管を受けた市長部局は、どう対応しているのか。 │       │
│    │         │ (2) 教育委員会制度の「政治的中立の確保」、「方針の継続性│       │
│    │         │・安定性の確保」、「地域の人達の参加で住民の意向を反映」と│       │
│    │         │いう三原則は、市民文化と生涯スポーツの施策が教育委員会から│       │
│    │         │市長部局に移管されても踏襲されるべきものであり、それを担保│       │
│    │         │する面から行政責務を明文化する(仮称)文化・スポーツ振興条│       │
│    │         │例の制定を図るべきではないか。              │       │
│    │         │2.2020年東京オリンピック・パラリンピック文化プログラムに│       │
│    │         │向けての富士市の取り組みについて             │       │
│    │         │ 国(文化庁)は、平成27年7月に2020年東京オリンピック・パ│       │
│    │         │ラリンピック(以下、「2020年東京大会」という。)に向けた文│       │
│    │         │化プログラムの基本構想を発表。「2020年東京大会を文化の祭典│       │
│    │         │としても成功させることは、我が国の文化の魅力を世界に示すと│       │
│    │         │ともに、文化芸術を通じて世界に大きく貢献するまたとない機会│       │
│    │         │であり、文化芸術の振興にとっても大きなチ         │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │海野 庄三(15)│ャンスである」とした上で、文化プログラムの全国展開を通じて│市長     │
│    │         │全国津々浦々で国や地方公共団体を初め、芸術家、文化芸術団体│及び     │
│    │         │、NPO、企業、住民等、あらゆる主体が文化芸術に参画できる│教育長    │
│    │         │枠組みをつくり、文化芸術立国の実現を目指すとしている。  │担当部長   │
│    │         │ 基本構想では、数値目標も掲げ、文化プログラムのイベント数│       │
│    │         │は20万件、参加アーティストは5万人、参加人数は5000万人とし│       │
│    │         │ている。                         │       │
│    │         │ この基本構想の発表以降、各方面で準備が進み、2020年東京大│       │
│    │         │会の文化プログラムは2016年リオデジャネイロオリンピック・パ│       │
│    │         │ラリンピック後に開始とされる中、国はことし10月19日から同22│       │
│    │         │日まで東京と京都で開かれる国際イベント、スポーツ・文化・ワ│       │
│    │         │ールド・フォーラムを2020年東京大会に向けての最初の文化プロ│       │
│    │         │グラムに位置づけている。                 │       │
│    │         │ 国の動きを受けた形で静岡県も文化プログラムの展開を目指し│       │
│    │         │て平成27年10月に準備委員会を設立、ことし6月には平成28年7│       │
│    │         │月から平成29年3月を実施期間とする文化プログラムのモデル事│       │
│    │         │業を募集し、応募48件から6件を選定。これを第1次募集とし、│       │
│    │         │その後、第2次募集にも乗り出すなど文化プログラムの展開に意│       │
│    │         │欲的である。                       │       │
│    │         │ こうした国や本県の動きを捉えて、以下、2020年東京大会文化│       │
│    │         │プログラムに向けての富士市の取り組みについて3点を質問、回│       │
│    │         │答を得たい。                       │       │
│    │         │ (1) オリンピック憲章は、「スポーツと文化芸術、教育を融合│       │
│    │         │させることがオリンピックの根本的な原則である」とし、開催国│       │
│    │         │に文化プログラムの開催を規定しているが、地方公共団体の富士│       │
│    │         │市として、その文化プログラムを、どう捉えているのか。   │       │
│    │         │ (2) 教育委員会制度の見直しにより地方公共団体の長の教育行│       │
│    │         │政に対するかかわりが強化された証左として、平成28年度一般会│       │
│    │         │計当初予算では市民部文化振興課担当で(仮称)紙のアートミュ│       │
│    │         │ージアム整備事業費に5219万3000円、平成28年度一般会計9月補│       │
│    │         │正予算では産業経済部観光課担当で戸塚洋二氏顕彰等常設展示施│       │
│    │         │設整備事業費に4070万円の予算化を図るなどスピード感を有した│       │
│    │         │文化芸術施策を打ち出している。そうしたアグレッシブな、スピ│       │
│    │         │ード感を有した施策にアクセルを踏み込んで地方公共団体の富士│       │
│    │         │市として単独、あるいは官民協調による全国に発信できる独創性│       │
│    │         │に富んだ、富士市ならではの2020年東京大会文化プログラムの構│       │
│    │         │想はあるのか、また、構想に取り組む考えはあるのか。    │       │
│    │         │ (3) 静岡県の文化プログラム第1次募集で、応募48件中、6件│       │
│    │         │が選定されたが、そのうちの1件、「富士の山ビエンナーレ」は│       │
│    │         │、富士市、富士宮市、静岡市の3市を会場にした、市民有志が実│       │
│    │         │行委員会を立ち上げての現代アートによる芸術祭で、ことし10月│       │
│    │         │28日から11月27日を期間として3市内            │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │海野 庄三(15)│で開催することになっている。富士市、富士宮市、静岡市の3市│市長     │
│    │         │を会場とするも実行委員会の事務局は富士市内に置き、実行委員│及び     │
│    │         │長を初め主要スタッフも富士市民である。この市民主体・主導の│教育長    │
│    │         │文化プログラムに対して富士市は、事業費の2分の1以内で上限│担当部長   │
│    │         │額を50万円とする市民活動支援補助金交付制度をもってサポート│       │
│    │         │しているが、補助金交付以外にも多面的な行政サポートが必要と│       │
│    │         │判断される。今後、予想される第2弾、第3弾への市民主体・主│       │
│    │         │導の文化プログラムへの対応を含め、富士市として補助金交付以│       │
│    │         │外のサポートを検討すべきと思われるが、いかがか。また、多面│       │
│    │         │的にサポートしていくとの考えがあるならば、どのような体制を│       │
│    │         │もって取り組むのか。                   │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │笠井  浩(19)│1.富士市の不登校対策について              │市長     │
│    │         │ 文部科学省による平成26年度学校基本調査によると、全国の不│及び     │
│    │         │登校の児童生徒数は平成13年度の13万8000人をピークに減少傾向│教育長    │
│    │         │にあったが、平成25年度再び増加に転じた。         │担当部長   │
│    │         │ 富士市でも、平成25年度は、小学生58人(前年比12人増)、中│       │
│    │         │学生197人(同12人増)、平成26年度は小学生71人(同13人増) │       │
│    │         │、中学生184人(同13人減)、平成27年度は小学生77人(同6人 │       │
│    │         │増)、中学生203人(同19人増)、総数では平成25年度から255人│       │
│    │         │、255人、280人と増加傾向にある。             │       │
│    │         │ 平成26年7月3日、教育再生実行会議の第5次提言の中で「国│       │
│    │         │は、小学校及び中学校における不登校の児童生徒が学んでいるフ│       │
│    │         │リースクール(※?)や国際化に対応した教育を行うインターナ│       │
│    │         │ショナルスクール(※?)などの学校外の教育機会の現状を踏ま│       │
│    │         │え、その位置付けについて、就学義務や公費負担の在り方を含め│       │
│    │         │検討する。また、義務教育未修了者の就学機会の確保に重要な役│       │
│    │         │割を果たしているいわゆる夜間中学について、その設置を促進す│       │
│    │         │る」と提言した。                     │       │
│    │         │ 同年9月10日安倍首相は30年の運営実績を持つフリースクール│       │
│    │         │東京シューレを視察し、首相官邸のウエブサイトで次のようなコ│       │
│    │         │メントを発表した。                    │       │
│    │         │ 「まず、子供たちが、いじめなどにより学校に行けなくなって│       │
│    │         │いるという状況から目を背けてはならないと思います。既に教育│       │
│    │         │再生実行会議において、いじめ対策等をまとめてきましたが、不│       │
│    │         │登校になっている子供たちにとって、こうした東京シューレのよ│       │
│    │         │うな場、様々な学びの場があって、そこでそうした経験も生かし│       │
│    │         │ながら、将来に夢を持って頑張っている子供たちがいるというこ│       │
│    │         │とも伝えていきたいし、学び方、あるいは生き方にも様々な生き│       │
│    │         │方、学び方があるんだということも、我々は受け止めながら、そ│       │
│    │         │ういう対応をしていくことが大切だと思います。そうした中にお│       │
│    │         │いて、教育再生実行会議の報告書を受けて、学習面において、あ│       │
│    │         │るいは経済面において、どういう支援ができるかということにつ│       │
│    │         │いて検討するように文部科学大臣に指示をしたいと思います。」│       │
│    │         │ 同年10月27日、この指示を受けた当時の下村博文文部科学大臣│       │
│    │         │は、川崎市が運営する子どもの居場所、川崎市子ども夢パーク、│       │
│    │         │川崎市が公設民営で運営する「フリースペースえん」を視察し、│       │
│    │         │意見交換を行った。                    │       │
│    │         │ その後の記者会見で大臣は、意見交換の中では、不登校であっ│       │
│    │         │たとしても、子どもたちはそれぞれ能力や才能を持っていること│       │
│    │         │。未来のエジソン、アインシュタインのように世界に大きく貢献│       │
│    │         │できるような人材が埋もれているかもしれないという感覚を改め│       │
│    │         │て持ちました。フリースクール等、多様な選択の中で学んでいけ│       │
│    │         │るような柔軟な対応を含め、全ての子どもたちに対するバックア│       │
│    │         │ップ体制について、柔軟に、そしてシャープに対応していきたい│       │
│    │         │と考えております。文部科学                │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │笠井  浩(19)│省内の検討チームの第1回会合を今週10月30日に開催し、全国フ│市長     │
│    │         │リースクール等フォーラムを、11月24日に開催をする予定ですと│及び     │
│    │         │語った。                         │教育長    │
│    │         │ そして、全国フリースクール等フォーラムが開催され、実際に│担当部長   │
│    │         │フリースクールを運営している3団体からの報告、政策研究大学│       │
│    │         │院大学客員教授永井順國氏、聖心女子大学教授永田佳之氏の発言│       │
│    │         │の後、意見交換を行った。                 │       │
│    │         │ 翌日の記者会見で下村大臣は、3団体からの事例発表でフリー│       │
│    │         │スクールでは1人1人の子どもたちの状況に応じながら多様な活│       │
│    │         │動が行われることについて改めて感じた。今後有識者会議を設置│       │
│    │         │し、スピーディーに検討を進める必要があると思うと述べ、平成│       │
│    │         │27年1月、フリースクール等に関する検討会議と不登校に関する│       │
│    │         │調査研究協力者会議が設置され、フリースクール等に関する検討│       │
│    │         │会議は本年6月に、不登校に関する調査研究協力者会議は本年7│       │
│    │         │月に最終報告を提出した。                 │       │
│    │         │ フリースクール等に関する検討会議では、不登校の子どもたち│       │
│    │         │の学校以外の場での学習等に対する支援に焦点を当てて検討され│       │
│    │         │た。最終報告では、学校は、児童生徒が社会において自立的に生│       │
│    │         │きる基礎を培っている。不登校の児童生徒に対しても精神的にも│       │
│    │         │経済的にも自立し社会に参加し、豊かな人生を送れるよう、その│       │
│    │         │社会的自立に向けた支援が学校以外の場でも行われる必要がある│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 民間にはフリースクール等、不登校の子どもたちが安心して過│       │
│    │         │ごせる場所が点在し、実際に多くの不登校経験者を社会復帰させ│       │
│    │         │ている。こうした居場所への公費助成、自宅から出られない児童│       │
│    │         │生徒への訪問支援、保護者に対する支援も重要であり、相談を受│       │
│    │         │けるのと同時に不登校の子を持つ親の会などを紹介し、子どもた│       │
│    │         │ちを休ませることの大切さなど、保護者同士の情報交換を勧める│       │
│    │         │等々、多くの施策、課題が報告された。           │       │
│    │         │ 不登校に関する調査研究協力者会議では学校としての不登校に│       │
│    │         │対する政策について検討された。              │       │
│    │         │ 報告では、不登校児童生徒に対する支援の目標は、児童生徒が│       │
│    │         │社会的に自立できるようにすることであるとした上で、全ての教│       │
│    │         │員が専門性を発揮するとともに、教員とは異なる専門性や経験を│       │
│    │         │有する専門スタッフや関係機関等の参画を得て大勢の関係者が協│       │
│    │         │力し合って子どもにかかわる体制を実現することにより、1人1│       │
│    │         │人の多様な課題に対応した切れ目のない組織的な支援の推進がな│       │
│    │         │されることを期待したいとし、教員に対して不登校にしないため│       │
│    │         │の計画策定、児童生徒理解・教育支援シートの作成、ICT学習│       │
│    │         │の指導、子どもたちへの個別指導、グループ指導、繰り返し指導│       │
│    │         │、教育に関する専門性の向上、性同一性障害等への理解等々、行│       │
│    │         │政や教員に対してとても厳しい内容となっている。      │       │
│    │         │ 学校以外の居場所については、既存の学校教育になじめな  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │笠井  浩(19)│い児童生徒については、本人の希望を尊重した上で場合によって│市長     │
│    │         │は、教育支援センターや不登校特例校、ICTを活用した学習支│及び     │
│    │         │援、フリースクール、夜間中学などさまざまな関係機関を活用し│教育長    │
│    │         │、社会的自立への支援を行うことが考えられる。       │担当部長   │
│    │         │ なお、フリースクールについては、国においてモデル事業を実│       │
│    │         │施しているが、多様な教育機会確保の観点から引き続き実施する│       │
│    │         │ことが適切である。                    │       │
│    │         │ 保護者に不登校となった児童生徒への支援に関する情報がなく│       │
│    │         │、対応がおくれている場合もある。既存の保護者同士のネットワ│       │
│    │         │ークとの連携協力を図ることや、そのようなネットワークづくり│       │
│    │         │への支援を通じて保護者を支援することも考えられるとした。 │       │
│    │         │ こうした経緯をたどり、本年5月10日第190回国会に、義務教 │       │
│    │         │育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関す│       │
│    │         │る法律案(以下「本法案」という。)が、自民党、公明党、民進│       │
│    │         │党、大阪維新の会より共同提出された。法案は現在閉会中審査と│       │
│    │         │なっており、次期国会に再提出され、成立の見込みとなっている│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 本法案は、主に、不登校の児童生徒に対する学校の責務がうた│       │
│    │         │われているが、第13条では学校以外の場で行う多様で適切な学習│       │
│    │         │活動の重要性と、子どもたちが休むことの必要性が明記された。│       │
│    │         │ この2年間で文部科学省の不登校に対する支援の考え方も大分│       │
│    │         │変わってきていると思い以下質問する。           │       │
│    │         │ (1) 不登校児童生徒への支援は小中学校に戻すことではなく社│       │
│    │         │会的に自立することだと思うがいかがか。          │       │
│    │         │ (2) 不登校対策は不登校児童生徒の気持ちを理解することが必│       │
│    │         │要だと思うが、平成26年9月定例会の一般質問で、学校で不登校│       │
│    │         │新聞の購読を検討すると答えているが、検討されたか。    │       │
│    │         │ (3) 不登校児童生徒の保護者に対する支援が必要だと思うがい│       │
│    │         │かがか。富士市に不登校家族の会があることを知っているか。 │       │
│    │         │ (4) 卒業していった不登校生徒のその後の調査をしたことがあ│       │
│    │         │るか。                          │       │
│    │         │ (5) 民間団体やフリースクール等との連携については考えてい│       │
│    │         │るか。                          │       │
│    │         │ (6) 本法案についてどのように考えるか。         │       │
│    │         │ ※?自由な発想で、自由な教育を行う民間組織の学校のこと。│       │
│    │         │子どもの個性を尊重し、適性を見出すことに重点をおく。不登校│       │
│    │         │の児童、生徒が学校のかわりに通う。カウンセリング、社会体験│       │
│    │         │や自然体験も行う。                    │       │
│    │         │ ※?外国人子女を対象とする学校。小学校から高校課程の学校│       │
│    │         │が多い。                         │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │下田 良秀(6) │1.富士市における高等教育機関の誘致及び連携について   │市長     │
│    │         │ 現在、全国で人口減少や若者流出という現状下において、大学│及び     │
│    │         │立地等への期待がある一方、大学、短大、専門学校等(高等教育│担当部長   │
│    │         │機関)の経営環境は極めて厳しい状況にあることを踏まえ、各自│       │
│    │         │治体において高等教育機関の立地可能性について模索、検討がな│       │
│    │         │されています。                      │       │
│    │         │ そんな中、サテライトキャンパスの誘致のほか、大学や短大に│       │
│    │         │こだわらず、圏域の人口流出を防ぎ、地元で専門的な知識を学び│       │
│    │         │、地元で就職できるシステムが構築できれば地域活性化につなが│       │
│    │         │る専門学校の誘致などにも力を入れるなど形にとらわれない高等│       │
│    │         │教育機関の誘致がなされてきております。          │       │
│    │         │ また、これまで専門学校は、全国的に産学官連携の主体となる│       │
│    │         │ことが大学、短大に比べ少なかったと言われておりますが、その│       │
│    │         │専門性が注目され新たに連携が構築されてきております。   │       │
│    │         │ このように各自治体で高等教育機関の誘致及び連携について創│       │
│    │         │意工夫し、いかに地域を活性化できるかが検討されています。 │       │
│    │         │ 今後、富士市においても、新たな高等教育機関の誘致及び今あ│       │
│    │         │る高等教育機関との連携についても検討する必要があると考え、│       │
│    │         │以下質問いたします。                   │       │
│    │         │ (1) 富士市の新たな高等教育機関の誘致の現状とこれからの取│       │
│    │         │り組みについて                      │       │
│    │         │ (2) 富士市と今ある高等教育機関との連携の現状とこれからの│       │
│    │         │取り組みについて                     │       │
│    │         │2.特別職に対する情報セキュリティ対策について      │       │
│    │         │ 現在では、世界中で情報セキュリティに対する重要性がますま│       │
│    │         │す高まってきております。行政においても同様であり、情報漏え│       │
│    │         │いに対するリスクは高まっている現状があります。富士市でも高│       │
│    │         │度情報化社会における、市民の皆様の安全を守るため、富士市が│       │
│    │         │取り扱う情報資産の機密性、完全性、可用性を確保し、これを維│       │
│    │         │持していくための基本的な事項を定める富士市情報セキュリティ│       │
│    │         │基本方針が定められております。              │       │
│    │         │ そんな中、各自治体においての特別職の職員に対する情報セキ│       │
│    │         │ュリティ対策は一般職に対する研修、教育、マニュアルづくり等│       │
│    │         │とは温度差のある自治体が全国的にもあるようです。     │       │
│    │         │ 富士市が情報を適切に管理することは市民を守り、職員を守り│       │
│    │         │、ひいては富士市政の健全な運営を守ることにつながることと確│       │
│    │         │信しております。                     │       │
│    │         │ そこで以下質問いたします。               │       │
│    │         │ (1) 富士市の特別職に対する情報セキュリティ対策における現│       │
│    │         │状について                        │       │
│    │         │ (2) 多様化するリスクに対する情報セキュリティ対策の今後の│       │
│    │         │取り組みについて                     │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │下田 良秀(6) │3.富士市における鳥獣被害対策について          │市長     │
│    │         │ 昨今、全国の中山間地では鹿、イノシシ、猿などの野生鳥獣に│及び     │
│    │         │よる農林産業への被害が日常的になってきております。それに対│担当部長   │
│    │         │し国では、鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特│       │
│    │         │別措置に関する法律が施行され、現在の状況へ対応するため改正│       │
│    │         │等がなされています。                   │       │
│    │         │ 一方で鳥獣の駆除の担い手の高齢化、減少が叫ばれております│       │
│    │         │。しかし、農林業への被害は実被害もさることながら、農林業の│       │
│    │         │担い手減少へ歯どめをかける意味でも最小限に食いとめなければ│       │
│    │         │ならない状況にあります。                 │       │
│    │         │ そんな状況の中、各自治体ではICTや最新技術の導入、今あ│       │
│    │         │る資源を駆使するなどあの手この手の工夫をして鳥獣対策をして│       │
│    │         │いる状況にあります。                   │       │
│    │         │ このような状況は富士市でも同様であり、鳥獣対策は継続して│       │
│    │         │行っていかなければならないと考えます。          │       │
│    │         │ そこで以下質問いたします。               │       │
│    │         │ (1) 富士市における鳥獣被害及び対策の現状と課題について │       │
│    │         │ (2) 鳥獣対策における最新技術の導入や今後の取り組みについ│       │
│    │         │て                            │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│10  │荻田 丈仁(21)│1.富士市唯一の国指定史跡浅間古墳の整備を含む史跡活用につ│市長     │
│    │         │いて                           │及び     │
│    │         │ 富士市には歴史的にも文化的にも重要な埋蔵文化財が存在する│教育長    │
│    │         │。市内には現在800の古墳があるといわれ、特に富士市東部に多 │担当部長   │
│    │         │くの古墳があるとされる。須津・浮島地区においても縄文時代、│       │
│    │         │弥生時代の遺跡も発見されており、古墳時代の遺跡は須津・浮島│       │
│    │         │地区から数多く発見されている。須津地区に多くある古墳は須津│       │
│    │         │古墳群と名づけられ、その古墳の中には、国指定の浅間古墳、県│       │
│    │         │指定の琴平古墳、市指定の千人塚古墳と指定文化財に史跡認定さ│       │
│    │         │れているが、1つの地域に重要な遺跡が3つ存在することは全国│       │
│    │         │的に珍しいとされる。しかし、その価値は多くの人に知られてい│       │
│    │         │ない。と言うのも、これらの史跡は重要な富士市の財産でもある│       │
│    │         │が、史跡指定以来現状での保存で、整備や活用が十分行われてい│       │
│    │         │ないのが実情である。                   │       │
│    │         │ 文化財としての史跡は富士市の、地域の重要な公共財産である│       │
│    │         │ならば、その価値を高めるためにも整備をする発掘調査の必要性│       │
│    │         │は感じる。ただ、一般的に学術調査としても発掘調査は難しく、│       │
│    │         │国指定史跡浅間古墳であっても長年において、発掘調査が行われ│       │
│    │         │ないままである。しかしながら、今後は、重要な史跡は保護、継│       │
│    │         │承していくだけではなく、富士市の財産として活用、発信するた│       │
│    │         │めには発掘調査を市として求め進めるべきである。      │       │
│    │         │ 富士市の東部に光を当てたいという思いは強いが、情報発信を│       │
│    │         │含め、将来的には史跡の活用に向けての内容確認の発掘調査が行│       │
│    │         │われれば、地域の文化・歴史が明らかになり教育に寄与したり、│       │
│    │         │富士市の大きな観光資源になり得る可能性を秘めていると思われ│       │
│    │         │るので以下の質問をする。                 │       │
│    │         │ (1) 富士市の重要な史跡の保存、管理及び史跡を含む埋蔵文化│       │
│    │         │財の発掘調査の考え方は。                 │       │
│    │         │ (2) 富士市で唯一の国指定の浅間古墳の活用に向けて、地域、│       │
│    │         │所有者、専門家、行政等を交えての整備計画が必要と思うがいか│       │
│    │         │がか。その上で、今後、国・県に対しての発掘調査の整備要望を│       │
│    │         │すべきと思うがいかがか。                 │       │
│    │         │ (3) 富士市東部の史跡を観光振興や教育に活用する観点からも│       │
│    │         │もっと有効に利用すべきと思うがいかがか。         │       │
│    │         │2.キャリア教育先進市としての充実とさらなる取り組みについ│       │
│    │         │て                            │       │
│    │         │ 日本社会においてさまざまな領域において構造的な変化が進行│       │
│    │         │している。特に産業や経済の変容は雇用形態の多様化、流動化に│       │
│    │         │も直結し、子どもたちの中には将来に不安を感じ、学校での学習│       │
│    │         │と自分の将来との関係に意義が見出せずに学習意欲が低下してい│       │
│    │         │る状況があるとの指摘もある。このような中で、キャリア教育と│       │
│    │         │して、1人1人が「生きる力」を身につけしっかりとした勤労観│       │
│    │         │・職業観を形成・確立し将来直面              │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│10  │荻田 丈仁(21)│するであろうさまざまな課題に柔軟かつたくましく対応する力を│市長     │
│    │         │高めることが求められてきた。その上で、キャリア教育は、新た│及び     │
│    │         │な定義として「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基│教育長    │
│    │         │盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す│担当部長   │
│    │         │教育」と示され、より重要性は増している。         │       │
│    │         │ 私も富士市でのキャリア教育の推進については、議会でも何度│       │
│    │         │も取り上げてきたが、既に富士市では、キャリア教育の重要性を│       │
│    │         │十分認識の上、各小・中学校での職業講話、職業体験を初め、男│       │
│    │         │女共同参画授業の実施、富士市立高校では探求学習としてキャリ│       │
│    │         │ア教育の積極的な取り組み、企業等と連携してのキッズジョブや│       │
│    │         │若者のためのキャリアデザイン支援室であるfきゃるでの対応等│       │
│    │         │キャリア教育を取り巻く環境は高い評価をしてもよく、改めて、│       │
│    │         │富士市はキャリア教育先進市と言っても間違いはない。また、現│       │
│    │         │在では、富士市のキャリア教育を研究する懇話会が設立されてシ│       │
│    │         │ンポジウム等の取り組みが行われており、商工会議所青年部及び│       │
│    │         │fきゃる等の力を借りてキャリア教育の充実が図られている。た│       │
│    │         │だ、先進的なさまざまな取り組みはあるものの連携のあり方や懇│       │
│    │         │話会を進めていく上での課題はあると思われる。       │       │
│    │         │ 今後、キャリア教育の先進市として、子どもたちのためのキャ│       │
│    │         │リア教育を推進、充実していく上では、議会で以前から求めてき│       │
│    │         │たこととして、学校、地域、企業、団体、NPO、行政等、組織│       │
│    │         │的、一体的な連携の関係及び仕組みづくりが重要である。現況の│       │
│    │         │懇話会の充実はもちろんだがさらなるステップアップをして、キ│       │
│    │         │ャリア教育を推進する時期が来ていると思われるので以下の質問│       │
│    │         │をする。                         │       │
│    │         │ (1) 富士市のキャリア教育の現状や課題をどのように捉えてい│       │
│    │         │るか。                          │       │
│    │         │  ? 学校においての職業講話、職場体験、男女共同参画授業│       │
│    │         │の実績は。またfきゃるとの連携はどのように進められているの│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │  ? 富士市立高校においてのキャリア教育の状況は。   │       │
│    │         │  ? キッズジョブの状況をどのように捉えているか。   │       │
│    │         │  ? 富士市のキャリア教育を研究する懇話会での取り組みは│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (2) 改めてキャリア教育の充実を図る上では(仮称)キャリア│       │
│    │         │教育推進協議会の設立を進めるべきと思うがいかがか。    │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│11  │米山 享範(25)│1.地域の守り手となる消防団活動の魅カアップと団員確保にも│市長     │
│    │         │つながる優遇策について                  │及び     │
│    │         │ 消防団の活動は防災・減災が叫ばれる中、地域の守り手として│担当部長   │
│    │         │重要な役割を担っている。全国的に団員数は定数を確保できず、│       │
│    │         │先細りと団員の高齢化が横たわり、この問題が大きく地域の課題│       │
│    │         │になっている。富士市のある分団に最近、20代の青年が入団した│       │
│    │         │という朗報も聞いているが、40代、50代の団員が中心で若年層が│       │
│    │         │少ないのが現状。団員の職業もサラリーマンが多く、昼間地元に│       │
│    │         │いる自営業の人は少ない。                 │       │
│    │         │ 愛媛県松山市では町を挙げて消防団を応援する体制もでき、団│       │
│    │         │員数も充実しているという。富士市においても、機能別団員制度│       │
│    │         │、機能別分団制度の導入と、消防団員の優遇策や処遇改善が必要│       │
│    │         │と考え、以下質問する。                  │       │
│    │         │ (1) 特定の活動や大規模災害に限定して活動する機能別団員制│       │
│    │         │度は、地域との結びつきの強い郵政職員や農協職員で構成される│       │
│    │         │。このような若い世代も活動しやすい環境が必要と思うが、どの│       │
│    │         │ように考えているか、整備の方法は。            │       │
│    │         │ (2) 従業員の消防団活動に協力的な事業所を認定する消防団協│       │
│    │         │力事業所表示制度で、活動に協力的な市内の事業所を広く地域社│       │
│    │         │会に知らしめ、称揚していくことについて計画はあるか。また、│       │
│    │         │どう考えているか。                    │       │
│    │         │ (3) 事業所の優遇策として、事業資金融資に対する利子の軽減│       │
│    │         │などを考えてみてはどうか。このような計画はあるのか、また、│       │
│    │         │今後の取り組みについて伺う。               │       │
│    │         │ (4) 団員の処遇についても、21世紀に合ったものに見直してい│       │
│    │         │くなど改善が必要と思うが、計画はあるのか。計画があるなら、│       │
│    │         │それはどのようなものか。                 │       │
│    │         │2.マイナンバー制度の富士市の現況と今後の取り組みのあり方│       │
│    │         │について                         │       │
│    │         │ マイナンバーは赤ちゃんから高齢者まで、日本で住民登録して│       │
│    │         │いる1人1人に割り振られる12桁の番号で、当面は確定申告や児│       │
│    │         │童手当の申請など、税と社会保障の手続に利用される。行政機関│       │
│    │         │の窓口での手続が簡単になり、将来的には利用できる分野も拡大│       │
│    │         │、メリットも大きいというが、情報流出の危険性も大きい。そこ│       │
│    │         │で、以下について質問する。                │       │
│    │         │ (1) 当初、各世帯に郵送したマイナンバーの通知カードは何通│       │
│    │         │郵送し、確実に市民に届いたのは何通で、未達として役所に滞留│       │
│    │         │しているものは何通あるのか。役所はこのような未達者について│       │
│    │         │、どのような対策を考えているか。また、どう対処しているのか│       │
│    │         │伺う。                          │       │
│    │         │ (2) 紙の通知カードがマイナンバーカードである、と思い込ん│       │
│    │         │でいる人が多く、申請を行っていない人が多いようである。申請│       │
│    │         │に対する再啓発の必要性は高いと考えるが、どのように周知する│       │
│    │         │のか、またその方法は。どのような対策を立てているのか伺う。│       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│11  │米山 享範(25)│ (3) 現況のマイナンバーカード所有者数は。カード取得までの│市長     │
│    │         │流れと期間はどのようなものか。また、今、カードを所持してい│及び     │
│    │         │ても、印鑑登録証明書交付にはこれまでと同じ印鑑登録証が必要│担当部長   │
│    │         │というが、今後もこのまま行くのか、また、変えるとしたらどの│       │
│    │         │ように進めていくのかについて伺う。            │       │
│    │         │ (4) カード交付時には暗証番号が必要とされるが、その仕組み│       │
│    │         │について伺う。                      │       │
│    │         │ (5) 役所は市民の利便性向上のため、マイナンバーカードを利│       │
│    │         │用した証明書交付を、来年2月からコンビニエンスストアにおい│       │
│    │         │て実施していくというが、住民基本台帳カード保有者に不利にな│       │
│    │         │らないか。住基カード保有者にはどのように理解を求めていくの│       │
│    │         │か。コンビニ交付による行政側のメリットは。        │       │
│    │         │ (6) 最大の問題は125万人もの年金加入者の情報流出といった │       │
│    │         │事件が実際に起きていることである。不安を拭い去ることは難し│       │
│    │         │いが、富士市の情報セキュリティはどのようになっているのか。│       │
│    │         │パスワードを定期的に変更する時代に、マイナンバーは12桁の同│       │
│    │         │じ番号を生涯にわたり使用するわけで、成り済まし利用も考えら│       │
│    │         │れるが、役所の対応はどのように考えているか。       │       │
│    │         │ (7) 公的機関へのサイバー攻撃の増加を踏まえ、総務省は「実│       │
│    │         │践的サイバー防御演習」を実施し、住民情報の流出防止を図ると│       │
│    │         │いうが、標的型攻撃によるウイルスの侵入の完全防止は難しいと│       │
│    │         │される。富士市ではこれらの対応をどのように考えているのか。│       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│12  │小池 智明(18)│1.富士市水道事業基本計画の見直しと簡易水道統合計画につい│市長     │
│    │         │て                            │及び     │
│    │         │ 企業会計事業として運営されている富士市水道事業は、昨年度│担当部長   │
│    │         │、向こう5年間(平成28〜32年度)の水道料金について平均31.9│       │
│    │         │2%の値上げを決定した。                  │       │
│    │         │ 議会では、さまざまな議論を重ねた上で、         │       │
│    │         │ ・今後、老朽管の更新や災害対策等、持続可能な整備を進めて│       │
│    │         │いくためには値上げはやむを得ない。            │       │
│    │         │ ただし、                        │       │
│    │         │ ・今回の水道料金改定に至った経緯、必要性について十分に市│       │
│    │         │民へ周知を図るとともに、次回の料金改定に当たっては、その予│       │
│    │         │測を示すなど、事前に市民の理解を得るよう努めること。   │       │
│    │         │ ・5年ごとの見直しは、下水道使用料改定においても同様とな│       │
│    │         │っている。今後の料金見直しについては、上下水道の料金改定が│       │
│    │         │市民生活に与える影響を十分に考慮し、ともに最小限の引き上げ│       │
│    │         │幅に抑えることを最大の目標として取り組み、そのための努力を│       │
│    │         │具体的に示すこと。                    │       │
│    │         │ とりわけ、水道料金の次回改定では、平成33年度、改定率38.8│       │
│    │         │6%が必要との試算も示されているが、今後5年間の経営努力を │       │
│    │         │明確に示した上で、次回改定幅をどこまで圧縮できるかを示すこ│       │
│    │         │と。                           │       │
│    │         │ との附帯決議を付してこれを認めることとなった。     │       │
│    │         │ 料金値上げ検討時に示された平成38年度までの収支予測によれ│       │
│    │         │ば、今回の値上げ対象期間とした平成28年度から32年度までの5│       │
│    │         │年間では、今後の投資に当たる資本的支出の建設改良費は計約81│       │
│    │         │.8億円であり、そのうち、新規整備や老朽管対策等にかかる水道│       │
│    │         │施設整備事業費、配水設備等改良事業費に約72.1億円(建設改良│       │
│    │         │費の88.1%)、東部11簡易水道組合を中心とする簡易水道統合整│       │
│    │         │備事業費に約3.5億円(4.3%)が予定されている。      │       │
│    │         │ 一方、次の5年間(平成33〜37年度)では、建設改良費は、ほ│       │
│    │         │ぼ倍増の計約178.9億円であり、水道施設整備事業費、配水設備 │       │
│    │         │等改良事業費に約140.1億円(建設改良費の78.3%)、簡易水道 │       │
│    │         │統合整備事業費に約31.6億円(17.7%)が予定されている。  │       │
│    │         │ これらの数値は、現在の富士市水道事業基本計画(平成23年3│       │
│    │         │月策定)で算出された基礎数値を積み上げて算出した数値である│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 今後、平成29・30年度の2カ年で、水道事業基本計画を見直す│       │
│    │         │予定となっており、附帯決議に示された今後の経営努力をいかに│       │
│    │         │明確に示し、実施していくかを注視していく必要があると考える│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ こうした中で以下、質問する。              │       │
│    │         │ (1) 水道事業基本計画見直しに当たってのポイントはどのよ │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│12  │小池 智明(18)│うに考えているか。                    │市長     │
│    │         │ (2) 簡易水道の市水道への統合の背景と目的を改めて伺う。 │及び     │
│    │         │ (3) 統合を進めるに当たり、地方自治体としての富士市、水道│担当部長   │
│    │         │事業者(企業会計運営者)としての富士市水道、各簡易水道組合│       │
│    │         │それぞれの役割は何か。                  │       │
│    │         │ (4) 統合に向けた現在の進捗状況と課題は何か。      │       │
│    │         │ (5) 市水道と簡易水道の料金体系、平均使用水量、平均料金を│       │
│    │         │比較すると、どのようになっているか。           │       │
│    │         │ (6) 統合に向けては、市水道、簡易水道それぞれの利用者が応│       │
│    │         │分・同様の負担をすべきと考える。簡易水道の料金体系を早期に│       │
│    │         │市水道と同じとするよう簡易水道組合及び利用者の方々に促すべ│       │
│    │         │きではないか。                      │       │
│    │         │2.市災害対策本部、市内全避難所を開設・運営する総合防災訓│       │
│    │         │練の実施について                     │       │
│    │         │ ことし4月に発生した熊本地震では、避難所運営で大きな課題│       │
│    │         │が見られたという。                    │       │
│    │         │ 「早い者勝ちで陣取った場所にお年寄りらは一日中、座ったり│       │
│    │         │、寝転んだりしたまま。町職員は避難所に泊まり込みで3食の配│       │
│    │         │膳からトイレ掃除まで、運営の全てを行い、避難者は“お客さん│       │
│    │         │”状態だった」(静岡新聞8月31日「熊本地震の教訓」)   │       │
│    │         │ これは、8月18日に富士市議会が開催した議員研修会でも、熊│       │
│    │         │本地震発生後に現地に救援職員として派遣された市防災危機管理│       │
│    │         │課職員から同様のことが報告された。            │       │
│    │         │ また9月4日に掛川市で行われた県総合防災訓練では、市内42│       │
│    │         │カ所の避難所全てで避難所運営訓練を行ったが、大きな課題が浮│       │
│    │         │き彫りになったという。                  │       │
│    │         │ 「掛川市では、市内42カ所の広域避難所ごとに運営マニュアル│       │
│    │         │を作成し近年訓練を行っている。市は『自助の精神は比較的根付│       │
│    │         │いている方だろう』として避難所運営を住民に任せたが、実際は│       │
│    │         │『結局、市の人がほとんど仕切っていた』(参加者)のが実情」│       │
│    │         │(静岡新聞9月11日「いのちを守る 防災しずおか」)    │       │
│    │         │ 大規模災害が発生した場合、行政職員は本来、被害状況の把握│       │
│    │         │や罹災証明の発行など、復旧・復興に向けた業務を担っている。│       │
│    │         │ 改めて、住民主体の避難所開設・運営に備えた準備や訓練の重│       │
│    │         │要性を感じる。                      │       │
│    │         │ 一方、昨年11月議会で私は、「避難所開設・運営訓練にスムー│       │
│    │         │ズに取り組めるよう基本マニュアルを行政側で作成すべきでは」│       │
│    │         │と質問した際、市長は「実際に災害が発生した場合、避難所開設│       │
│    │         │初期の段階では、原則、市の地区班職員や施設管理者である学校│       │
│    │         │、自主防災組織の皆様など、限られた人員で開設することとなり│       │
│    │         │ますが、その後は避難者みずからが運営組織を立ち上げ、運営管│       │
│    │         │理を行っていただくこととなります。            │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│12  │小池 智明(18)│今後は、このことを踏まえた基本マニュアルを市で作成し、避難│市長     │
│    │         │所ごとのマニュアル作成についての啓発を強化するとともに、災│及び     │
│    │         │害時のスムーズな運用につなげるため、訓練などを通じてそのマ│担当部長   │
│    │         │ニュアルを検証していただくよう働きかけてまいります」と答弁│       │
│    │         │している。                        │       │
│    │         │ こうした中、以下質問する。               │       │
│    │         │ (1) 市が作成する基本マニュアルの進捗状況はいかがか。  │       │
│    │         │ (2) 市災害対策本部と市内全避難所を開設・運営する総合防災│       │
│    │         │訓練の実施・繰り返しが必要と考えるがいかがか。      │       │
│    │         │ (3) こうした総合防災訓練で、町内会・区の災害対策本部(自│       │
│    │         │主防災会)⇔避難所⇔まちづくりセンター⇔市災害対策本部と連│       │
│    │         │携・役割分担を確認しながら行う訓練が、地域防災力の強化につ│       │
│    │         │ながると考えるがいかがか。                │       │
│    │         │ (4) 市として総合防災訓練実施までのスケジュール(基本マニ│       │
│    │         │ュアルの配布、それぞれの避難所関係町内会・区でのマニュアル│       │
│    │         │作成、避難所開設・運営訓練の準備等)を検討・提示の上、その│       │
│    │         │準備を促進し、まずは訓練に取り組むべきと考えるがいかがか。│       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│13  │太田 康彦(22)│1.地域材の利用促進と林業施策の展開について       │市長     │
│    │         │ 富士市は豊かな森林資源に恵まれ、その総林野面積は1万2058│及び     │
│    │         │ヘクタール、林野率は49.2%に及びます。民有林1万143ヘクタ │担当部長   │
│    │         │ールの中、木材生産に当たる森林区分は3303ヘクタール、32.5%│       │
│    │         │を占めています。また、10齢級以上の針葉樹の割合が大きくなっ│       │
│    │         │ており、ヒノキでは89%、杉では98%と、資源として本格的な利│       │
│    │         │用促進を図るべき段階にきています。            │       │
│    │         │ 全国的にも、戦後造成されてきた人工林が約1000万ヘクタール│       │
│    │         │に及び、その半数以上が10齢級以上の主伐期を迎えていることか│       │
│    │         │ら、森林資源を循環利用することが森林・林業を取り巻く大きな│       │
│    │         │課題となっています。                   │       │
│    │         │ さらに2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて│       │
│    │         │、地域材利用PRに自治体の動きも加速している中、富士市の富│       │
│    │         │士ヒノキを初め、地域材利用促進への取り組みと今後の方針につ│       │
│    │         │いて伺います。                      │       │
│    │         │ 最初に、富士地域材使用住宅取得費補助金について伺います。│       │
│    │         │ (1) 補助金制度導入以降の効果、成果をどのように捉えていま│       │
│    │         │すか。                          │       │
│    │         │ (2) 本年度も8月30日の時点で申請件数が40棟に達し、募集が│       │
│    │         │締め切られていますが、制度の拡充について、どのように考えて│       │
│    │         │いますか。                        │       │
│    │         │ (3) 富士市の住宅政策「スミドキU−40プラス」や「まちなか│       │
│    │         │U−40」との連携、相乗効果を狙う施策の推進については、どの│       │
│    │         │ように取り組まれていますか。               │       │
│    │         │ 近年、全国で大規模な木材加工、合板製造の工場建設が活発化│       │
│    │         │しており、富士市内においても最先端の合板工場が稼働していま│       │
│    │         │す。この工場の本格稼働による富士市の林業への効果を期待する│       │
│    │         │ところです。                       │       │
│    │         │ (4) 合板あるいは木材加工への富士地域材を長期的に安定供給│       │
│    │         │していく上で、今後、林業行政として重点的に推進すべきことを│       │
│    │         │挙げてください。                     │       │
│    │         │ 平成24年度に策定された富士市公共建築物等における富士地域│       │
│    │         │材利用促進基本方針では、「市自らが率先して公共施設での木材│       │
│    │         │、とりわけ富士地域材の利用を促進・拡大するとともに、市民が│       │
│    │         │公共施設などでその香りやぬくもりと触れ合うことで、潜在的な│       │
│    │         │需要を呼び起こし、需要拡大に結びつくことを期するものである│       │
│    │         │。」とされています。                   │       │
│    │         │ (5) この方針では木材使用量目標値も定め、方針に沿って施策│       │
│    │         │が進められてきたと存じますが、これまでの4年間の取り組みを│       │
│    │         │どのように捉えていますか。                │       │
│    │         │ 静岡県では富士山世界文化遺産登録を契機として、平成26年か│       │
│    │         │ら3カ年で富士山世界文化遺産森林景観整備事業に取り組んでい│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ (6) 本年度が最終年度となるこの事業の継続は必要と考える │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│13  │太田 康彦(22)│が県への要望や富士市として取り組みについて伺います。   │市長     │
│    │         │ セルロースナノファイバー(CNF)への富士市の積極的な取り│及び     │
│    │         │組みが重ねられていますが、本来、木材由来の新素材であり、林│担当部長   │
│    │         │業振興にも大きく寄与すると期待されます。         │       │
│    │         │ (7) 木材利用の促進、拡大に寄与し得るCNFの研究開発の展│       │
│    │         │望について伺います。                   │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│14  │小沢 映子(20)│1.地域防災計画での原子力災害対策は           │市長     │
│    │         │ 静岡県の浜岡地域原子力災害広域避難計画が平成28年3月策定│及び     │
│    │         │されました。この防災計画では、発電所から5キロメートル以内│教育長    │
│    │         │のPAZ(※?)、発電所から5キロメートルから31キロメート│担当部長   │
│    │         │ルのUPZ(※?)の11市町が主な計画の対象となっています。│       │
│    │         │ また中部電力の浜岡原発安全性向上対策の状況のプレスリリー│       │
│    │         │ス等から、さまざまな対策を経て再稼働に向けての審査申請の準│       │
│    │         │備を行っていることが報じられています。浜岡原発で事故が起こ│       │
│    │         │れば、西風・偏西風によって、富士市も放射能汚染地域となり市│       │
│    │         │民も避難しなければならない事態も予想されます。      │       │
│    │         │ (1) 県の広域避難計画によると、富士市等のUPZ外について│       │
│    │         │は今後の検討課題として「屋内退避、一時移転等について検討」│       │
│    │         │とあります。県から説明がありましたか。またどういう場合でど│       │
│    │         │れくらいの日数になるのでしょうか。            │       │
│    │         │ (2) 原子力災害が単独で発生した場合、富士市は島田市の避難│       │
│    │         │先の1つとなっていますが、避難元の島田市と避難受け入れの協│       │
│    │         │議は現在どのくらい進んでいるのでしょうか。また避難元の市民│       │
│    │         │をどこにどれくらい受け入れるのでしょうか。        │       │
│    │         │ (3) 原子力災害対策特別措置法第10条では事故が発生したら県│       │
│    │         │からUPZ内の市町などに通報することになっています。UPZ│       │
│    │         │外の富士市では、迅速な事故情報が得られるのでしょうか。  │       │
│    │         │ (4) 消防等で原子力災害に使える資機材はどれくらいあるので│       │
│    │         │しょうか。                        │       │
│    │         │ (5) 富士市の地域防災計画では今のところ原子力災害対策は取│       │
│    │         │り組まれていませんが、今後原子力災害対策計画を策定するつも│       │
│    │         │りはあるのでしょうか。                  │       │
│    │         │ ※?PAZとは、Precautionary Action Zone(予防的防護措 │       │
│    │         │置を準備する区域)の略で、原子力施設からおおむね半径5キロ│       │
│    │         │メートル圏内。放射性物質が放出される前の段階から予防的に避│       │
│    │         │難等を行う。                       │       │
│    │         │ ※?UPZとは、Urgent Protective action planning Zone(│       │
│    │         │緊急時防護措置を準備する区域)の略で、PAZの外側のおおむ│       │
│    │         │ね半径30キロメートル圏内。予防的な防護措置を含め、段階的に│       │
│    │         │屋内退避、避難、一時移転を行う。             │       │
│    │         │2.インクルーシブ教育と障害者差別解消法         │       │
│    │         │ 平成28年4月、いわゆる障害者差別解消法が施行され、全ての│       │
│    │         │国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、社会への│       │
│    │         │参加を制約している社会的障壁を取り除くことが約束されました│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ このため、障害者に対する不当な差別的取り扱い及び合理的配│       │
│    │         │慮の不提供を差別と規定し、行政機関等及び事業者に対    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│14  │小沢 映子(20)│し、差別の解消に向けた取り組みを求めるとともに、普及啓発活│市長     │
│    │         │動等を通じて、障害者も含めた国民1人1人が、それぞれの立場│及び     │
│    │         │において自発的に取り組むことを促しています。       │教育長    │
│    │         │ 富士市では障害を理由とする差別の解消の推進に関する富士市│担当部長   │
│    │         │職員対応規程を策定しました。全職員が心して周知徹底してほし│       │
│    │         │い内容です。                       │       │
│    │         │ 千葉県は国に先んじて平成18年、差別を解消する条例を策定し│       │
│    │         │ています。策定に当たってのアンケートによると教育の場での差│       │
│    │         │別事例が圧倒的な数寄せられていました。          │       │
│    │         │ (1) 職員対応規程の教職員への周知はどのようになされたので│       │
│    │         │しょうか。                        │       │
│    │         │ (2) 設置の検討を約束した障害者差別解消支援地域協議会のメ│       │
│    │         │ンバーに教育関係の委員は入るのでしょうか。        │       │
│    │         │ (3) 障害があっても通常の子どもたちの中で学ぶという本来の│       │
│    │         │意味でのインクルーシブ教育の進展に、この障害者差別解消法は│       │
│    │         │役割を担えるのでしょうか。また施行されてからの現状を伺いま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位 │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│ 15  │井出 晴美(7) │1.被災者台帳「被災者支援システム」の導入・運用について │市長     │
│    │         │ 被災者台帳とは、災害が発生した場合、被災者の援護を総合的│及び     │
│    │         │かつ効果的に実施するための基礎となる台帳であり、災害対策基│教育長    │
│    │         │本法第90条の3第1項において、市町村の長が作成することとさ│担当部長   │
│    │         │れています。                       │       │
│    │         │ 被災者台帳を導入することによって、被災者の状況を的確に把│       │
│    │         │握し、迅速な対応が可能になるほか、被災者が何度も申請を行わ│       │
│    │         │ずに済む等被災者の負担軽減が期待されています。このため、近│       │
│    │         │年、東日本大震災や広島土砂災害、熊本地震等大規模災害のみな│       │
│    │         │らず災害が多発する中、被災者台帳の作成への認識が高まりつつ│       │
│    │         │ありますが、その作成は必ずしも進んでいません。      │       │
│    │         │ こうした実態を踏まえ、内閣府(防災担当)においては、平成│       │
│    │         │26年度被災者台帳調査業務報告書を取りまとめ、地方自治体に対│       │
│    │         │して、先進事例集、導入支援実証報告及びチェックリストを提示│       │
│    │         │しています。                       │       │
│    │         │ この内閣府の報告書において、被災者台帳の先進事例の一つと│       │
│    │         │して取り上げられている「被災者支援システム」は、1995年の阪│       │
│    │         │神・淡路大震災で壊滅的な被害を受けた兵庫県西宮市が独自に開│       │
│    │         │発したシステムで、現在、地方公共団体情報システム機構(J−│       │
│    │         │LIS)の「被災者支援システム全国サポートセンター」におい│       │
│    │         │て、全国の地方公共団体に無償で公開・提供されています。  │       │
│    │         │ このシステムの最大の特徴は、家屋被害はもとより、被災者を│       │
│    │         │中心に据えている点です。住民基本台帳のデータをベースに被災│       │
│    │         │者台帳を作成し、これをもとに、罹災証明書の発行、支援金や義│       │
│    │         │援金の交付、救援物資の管理、仮設住宅の入退居など被災者支援│       │
│    │         │に必要な情報を一元的に管理します。これによって被災者支援業│       │
│    │         │務の効率化はもとより、被災者支援業務の正確性及び公平性を図│       │
│    │         │ることができます。                    │       │
│    │         │ そこで、お伺いいたします。               │       │
│    │         │ (1) 本市における被災者台帳「被災者支援システム」の導入、│       │
│    │         │運用体制は、整っているのか伺います。           │       │
│    │         │2.避難所施設の小中学校体育館の冷暖房設置について    │       │
│    │         │ 東日本大震災、熊本地震等、避難所生活が長期化する中で、課│       │
│    │         │題に上った1つとして、避難所施設の空調設備の設置がございま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ 震災等で、避難所生活を余儀なくされた被災者の方々について│       │
│    │         │は、避難所での生活が長期化することに伴うさまざまな健康への│       │
│    │         │影響が懸念され、その対策が重要となりました。特に、夏季にお│       │
│    │         │いては、多数の被災者が集団で生活する避難所は、室内温度も上│       │
│    │         │昇しやすい環境にあり、空調設備が整っていない場合は、熱中症│       │
│    │         │の発生が危惧され、熱中症に関する注意喚起や適切な室内温度を│       │
│    │         │保つための環境整備が重要な課題となりました。       │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │井出 晴美(7) │ 国においては、学校施設は、児童生徒等の学習・生活の場であ│市長     │
│    │         │り、地震等の災害発生時には、地域住民の応急避難場所としての│及び     │
│    │         │役割もあり、その安全性を確保することは極めて重要であること│教育長    │
│    │         │から、地方公共団体が学校施設の整備をするに当たり、その施設│担当部長   │
│    │         │に要する経費の一部を国が交付金として地方公共団体へ交付する│       │
│    │         │ものとして、学校施設環境改善交付金が設けられています。その│       │
│    │         │中には、空調設置工事なども含まれており、その他、防災安全交│       │
│    │         │付金においても、空調設置について交付金の対象となっておりま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ そこで、お伺いします。                 │       │
│    │         │ (1) 災害時に備え、防災安全交付金など国庫補助金を活用し避│       │
│    │         │難所施設の小中学校体育館に空調設備を設置してはと考えますが│       │
│    │         │、本市のお考えを伺います。                │       │
│    │         │3.LGBTに対する支援について             │       │
│    │         │ LGBTとは、Lが「レズビアン(Lesbian)」、Gが「ゲイ │       │
│    │         │(Gay)」、Bが「バイセクシュアル(Bisexual)」、Tが「ト │       │
│    │         │ランスジェンダー(Transgender)」と4つの言葉の頭文字を合 │       │
│    │         │わせた言葉で、このうちLGBは主に性的指向をもとに分類され│       │
│    │         │、Tは性自認をもとに分類しています。           │       │
│    │         │ 昨年4月に大手広告代理店が20歳から59歳の約7万人を対象に│       │
│    │         │行った調査では13人に1人(7.6%)が「自分はLGBT」と回答 │       │
│    │         │しています。LGBTの当事者は、周囲の人々の無理解や偏見な│       │
│    │         │どから日々の生活の中でさまざまな困難を抱えています。学校や│       │
│    │         │就業先での出来事を初め、地域社会や各種サービスを利用しよう│       │
│    │         │とする際など、生活のあらゆる場面で直面する困難から生きづら│       │
│    │         │さを感じている場合が多く、ゲイ、バイセクシャル男性に対する│       │
│    │         │インターネット調査では、全体の65%が自殺を考えたことがある│       │
│    │         │と回答し、そのうち、15%は実際に自殺未遂の経験があるとして│       │
│    │         │います。誰もがありのままで受け入れられ、自分らしく生きるこ│       │
│    │         │とができる社会にしていくことが必要です。         │       │
│    │         │ 現在、そうしたLGBTなどの性的少数者への理解を深め支援│       │
│    │         │を行う動きは世界的に広まってきているところですが、我が国に│       │
│    │         │おいては2020年のオリンピックの東京開催決定を機に取り組みが│       │
│    │         │進んできています。                    │       │
│    │         │ IOC(国際オリンピック委員会)は平成26年12月の総会で「│       │
│    │         │五輪憲章に性的指向による差別禁止を加える」と決議し、東京五│       │
│    │         │輪の大会基本計画にも多様性を認め合う対象として「性的指向」│       │
│    │         │を明記しました。また、平成27年3月東京都渋谷区が、条例を制│       │
│    │         │定し、11月より同性同士のカップルのパートナーシップ証明書の│       │
│    │         │交付を行っています。さらに、同年4月文部科学省が、全国の小│       │
│    │         │中高校などに教員が理解者となり、いじめや差別を許さない人権│       │
│    │         │教育を進めるよう求める「性同一性障害に係る児童生徒に対する│       │
│    │         │きめ細かな対応の実施等について」を通知しました。     │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │井出 晴美(7) │ 本市においても、LGBTなどの性的少数者に対する理解を深│市長     │
│    │         │め、LGBTなどの性的少数者の人たちが自分らしく生きること│及び     │
│    │         │ができるよう、市民への啓発や情報提供などに積極的に取り組ん│教育長    │
│    │         │でいくことが重要です。そのためにも、性の多様性についてさら│担当部長   │
│    │         │に理解を深め、偏見や差別意識をなくしていく必要があると考え│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ そこでお伺いいたします。                │       │
│    │         │ (1) 昨年6月定例会において、小池義治議員より同様の質問が│       │
│    │         │あり、回答がございましたが、1年以上が経過しましたので、現│       │
│    │         │状におけるLGBTの方に対する本市の支援状況について伺いま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │  ? LGBTの相談者に対する専用窓口体制はとれているで│       │
│    │         │しょうか。                        │       │
│    │         │  ? 相談担当職員に対しLGBTに関する研修は実施してい│       │
│    │         │るのでしょうか。                     │       │
│    │         │  ? LGBTの方の要望に対する検討会や協議会、意見交換│       │
│    │         │は実施しているでしょうか。                │       │
│    │         │  ? 市民への啓発活動はどのように取り組まれているでしょ│       │
│    │         │うか。                          │       │
│    │         │ (2) 教育現場のLGBTへの対応について伺います。    │       │
│    │         │  ? 文科省は平成27年4月にLGBTの児童生徒に対するき│       │
│    │         │め細かな対応をと学校に通知しておりますが、1年以上が経過し│       │
│    │         │、具体的にどのような取り組みがなされているのか伺います。 │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│16  │杉山  諭(12)│1.富士市の歴史遺産であるかりがね堤が日本遺産に認定される│市長     │
│    │         │取り組みについて                     │及び     │
│    │         │ 日本の山といえば富士山と言われるように、富士山は日本人に│担当部長   │
│    │         │とって象徴であり信仰の対象でもあるとともに、一度は登りたい│       │
│    │         │憧れの山でもあります。                  │       │
│    │         │ その富士山が、平成26年6月22日信仰の対象と芸術の源泉とし│       │
│    │         │て静岡、山梨両県の25の構成資産が、世界文化遺産に登録されま│       │
│    │         │した。                          │       │
│    │         │ 本市で構成資産として申請した村山古道や富士塚などは残念な│       │
│    │         │がら、登録が見送られてしまい、構成資産がないことを惜しむ声│       │
│    │         │が聞こえてきますが、市民の多くは、構成資産がなくても、富士│       │
│    │         │山が世界文化遺産に登録されたことを喜んでいます。     │       │
│    │         │ そこで私は、富士山世界文化遺産の構成資産がなくても、それ│       │
│    │         │にかわる遺産を磨き上げ観光資源とできるものが本市には数多く│       │
│    │         │あると考えます。その中の1つが、世界遺産に匹敵する遺産であ│       │
│    │         │る、かりがね堤を提案させていただきます。         │       │
│    │         │ そしてこのかりがね堤こそ、徳川家康が江戸幕府を開いた時代│       │
│    │         │に郷士であった古郡氏が3代にわたり、合理性に基づく画期的な│       │
│    │         │治水工事を行い、つくり上げた堤であります。        │       │
│    │         │ その後、この地域が豊かな自然と豊富な水、温暖な気候に恵ま│       │
│    │         │れ、古くは加島5000石として稲作を中心とした地域として多くの│       │
│    │         │人々が暮らし栄え、現在の富士市となりました。       │       │
│    │         │ 私は、このかりがね堤が、全国に発信できる日本遺産に認定さ│       │
│    │         │れることで大きな観光資源につながると考えます。      │       │
│    │         │ そこで以下質問をいたします。              │       │
│    │         │ (1) 日本遺産に認定申請するためにどのような要件が必要です│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ (2) 日本遺産の認定前後には、どのような審査がありますか。│       │
│    │         │ (3) かりがね堤を日本遺産に認定申請するお考えはありますか│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │2.子育て応援事業、お産応援タクシーについて       │       │
│    │         │ 国内では人口減少に歯どめがかからず、少子化が進む中で、国│       │
│    │         │を初め地方自治体は、人口減少や少子化の対策に、多種多様な政│       │
│    │         │策を策定し事業を行ってきました。             │       │
│    │         │ 多くの自治体が、競って若者の定住促進や子育て世代への手厚│       │
│    │         │い事業を展開する中で、実際に子どもを生むのは、女性です。 │       │
│    │         │ 一般的には男女が出会いお互いを認め合って結婚をし、愛を育│       │
│    │         │んで新しい命を授かり、妊娠となります。          │       │
│    │         │ 本市も、日本一子育てしやすいまちを目指して、今まで多くの│       │
│    │         │事業に取り組んでまいりました。              │       │
│    │         │ 男女が結婚をしてめでたく妊娠したら、母子健康手帳の配付、│       │
│    │         │妊婦健康診断、お母さんお父さん教室など、行政による手厚い事│       │
│    │         │業があり、出産したら、出産育児一時金の支給、赤      │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│16  │杉山  諭(12)│ちゃん訪問事業などお母さんお父さんへの充実した事業により産│市長     │
│    │         │前産後の精神的不安や経済的負担を軽減する事業についても実施│及び     │
│    │         │していただいております。                 │担当部長   │
│    │         │ また、助成制度も、不妊治療費助成制度や未熟児養育制度、さ│       │
│    │         │らに各種予防接種費用の助成、子ども医療費の助成と拡充、子育│       │
│    │         │てホットステーションの設置など多くの事業を他市に先駆けて取│       │
│    │         │り組んでいただいてまいりました。             │       │
│    │         │ 本当に自分たちが子育てをしていた時代に比べれば、充実した│       │
│    │         │行政サービスがなされていると考えていました。       │       │
│    │         │ そのような中、私は市民から「富士市は、子育て支援が充実し│       │
│    │         │ているが、お産のときに病院にいく方法がない」と相談を受けま│       │
│    │         │した。                          │       │
│    │         │ 確かに妊婦さんの中には、御主人が単身赴任などや仕事で不在│       │
│    │         │の場合に不安を感じている方がいるようです。        │       │
│    │         │ そこで、以下お伺いいたします。             │       │
│    │         │ (1) 市民の方からお産の時に病院へ行くのに困るとお話を聞く│       │
│    │         │ことはあったでしょうか。また、御相談をいただいた場合、本市│       │
│    │         │ではどのような御案内をしていますか。           │       │
│    │         │ (2) お産応援タクシーの実施に当たり、運転手への知識の普及│       │
│    │         │などの支援が可能でしょうか。               │       │
│    │         │ 以上2項目5点についてお伺いいたします。        │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│17  │萩野 基行(1) │1.殺処分ゼロに向けての取り組みについて         │市長     │
│    │         │ 日本各地で動物愛護の取り組みが推進されております。静岡県│及び     │
│    │         │におきましても殺処分の頭数は平成27年度で猫1835頭、犬104頭 │担当部長   │
│    │         │と年々減ってはきているものの、いまだなくなることはありませ│       │
│    │         │ん。                           │       │
│    │         │ 平成25年に改正動物愛護管理法が施行されて以来、殺処分ゼロ│       │
│    │         │を実現するなど、実績を上げている自治体もあります。国や県が│       │
│    │         │さまざまな取り組みを行っておりますが、市民に一番近い市が積│       │
│    │         │極的に取り組まなければ殺処分ゼロにはならないと考えます。 │       │
│    │         │ 本市も犬猫殺処分ゼロを目標に掲げ、「人にも動物にもやさし│       │
│    │         │いまち」を目指していくべきだと考え、以下の質問をいたします│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (1) 本市の引き取り数、捕獲数、苦情件数・内容をお聞かせく│       │
│    │         │ださい。                         │       │
│    │         │ (2) 今年度予算において、去勢避妊手術の補助金が、飼い主の│       │
│    │         │判明しない猫のみとなりましたがその現状とそれによる苦情があ│       │
│    │         │りましたらお聞かせください。               │       │
│    │         │ (3) ボランティア団体の皆さんは、日々献身的な活動を続けら│       │
│    │         │れております。殺処分ゼロへの取り組みには、ボランティアの皆│       │
│    │         │さんの協力は不可欠と考えます。そこでお聞きします。    │       │
│    │         │  ? 市内のボランティア団体の現状について       │       │
│    │         │  ? 各ボランティア団体では保護した犬猫の新しい飼い主を│       │
│    │         │探すため、譲渡会の機会をふやすことに苦慮していると伺いまし│       │
│    │         │た。そこで、多くの人々が集まる公共施設などで譲渡会を行うこ│       │
│    │         │とはできないか。                     │       │
│    │         │ (4) 人と動物の共生する社会を実現するためには、動物と地域│       │
│    │         │社会に深いかかわりを持つ市民の皆さんとともに地域に根差した│       │
│    │         │動物愛護を進める必要があります。そこで、地域の身近な相談員│       │
│    │         │として、住民の相談に応じたり、飼い方の助言をするなど、動物│       │
│    │         │の愛護と適正飼育の普及啓発等の活動を行う方、いわゆる動物愛│       │
│    │         │護推進員が必要となってきます。静岡県では推進員を拡充してい│       │
│    │         │きたい、そして、この推進員は市が推薦するものと伺い、以下お│       │
│    │         │聞きします。                       │       │
│    │         │  ? 本市の動物愛護推進員の人数や人選方法、市との連携状│       │
│    │         │況について                        │       │
│    │         │  ? 今後の取り組みについて              │       │
│    │         │ (5) 迷子対策として、犬、猫へのマイクロチップ装着・登録は│       │
│    │         │非常に効果的だと伺いました。現に市内で保護された中で1割程│       │
│    │         │度しか装着されていないようです。そこでこのマイクロチップ装│       │
│    │         │着に補助をしてはいかがでしょうか。            │       │
│    │         │ (6) 近年のペットブームにおいて、ペットマナー問題が地域問│       │
│    │         │題として取り沙汰されていると聞きます。そこで飼い主の責務を│       │
│    │         │しっかりと理解してもらうために、ペットショッ       │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│17  │萩野 基行(1) │プや獣医にもペット飼い方マナーの指導をしていただく必要があ│市長     │
│    │         │ると考えます。市からペットショップ等への啓発活動の現状と今│及び     │
│    │         │後の取り組みについてお伺いします。            │担当部長   │
│    │         │ (7) 多くの自治体がふるさと納税に動物愛護活動支援を導入し│       │
│    │         │ております。今までにも一般質問に取り上げられてきましたが、│       │
│    │         │本市でも「人と動物にやさしいまち」として自由記入ではなく、│       │
│    │         │寄附メニューの1つに追加できないでしょうか。       │       │
│    │         │ (8) 東日本大震災は、人のみならず多くの動物の命をも奪う大│       │
│    │         │災害となりました。静岡県でも、家族の一員でもあるペットとと│       │
│    │         │もに避難する同行避難を推奨しています。そこで本市での取り組│       │
│    │         │みをお伺いします。                    │       │
│    │         │  ? 市民へのペット動物災害対策・同行避難の啓発活動につ│       │
│    │         │いて                           │       │
│    │         │  ? 避難所でのペットの受け入れ態勢について      │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│18  │小池 義治(4) │1.富士市マナー条例の運用と環境美化について       │市長     │
│    │         │ 富士市議会平成28年2月定例会で可決成立した「富士市誰もが│及び     │
│    │         │快適に過ごすことができる美しいまちづくりの推進に関する条例│教育長    │
│    │         │(通称:富士市マナー条例)」が6月1日に施行され、3カ月余│担当部長   │
│    │         │が経過した。今後は、この条例が市民に広く周知され、適切に運│       │
│    │         │用されることで、市内の美化が進むことを期待したい。    │       │
│    │         │ これまでも市内の道路や公園など公共の場所において、町内会│       │
│    │         │による清掃活動やふじクリーンパートナー(アダプション・プロ│       │
│    │         │グラム)など市民による美化活動が行われているものの、行政や│       │
│    │         │地域住民の管理が行き届かずに雑草が繁殖していたりごみが散乱│       │
│    │         │していたりする箇所も散見される。今後将来にわたっては、市内│       │
│    │         │の道路や公園の総面積が漸増する一方で人口は減っていくため、│       │
│    │         │市民1人当たりの環境維持のためのコストは増加し、管理が行き│       │
│    │         │届かない公共の場所がふえてくるおそれがある。今後、誰もが快│       │
│    │         │適に過ごすことができる美しいまちづくりを推進するためには、│       │
│    │         │新しい住民参加の仕組みや、より効率的な行政の取り組みが必要│       │
│    │         │と考える。以下、質問する。                │       │
│    │         │ (1) 富士市マナー条例の成立以降、どのような周知活動をして│       │
│    │         │きたか。                         │       │
│    │         │ (2) 同条例をもとに、指導または勧告した事例はあったか。 │       │
│    │         │ (3) 同条例の第12条第1項において、「市長は、誰もが快適に│       │
│    │         │過ごすことができる美しいまちづくりを特に推進する必要がある│       │
│    │         │と認める公共の場所を美化推進重点区域(以下「重点区域」とい│       │
│    │         │う。)として指定することができる。」とし、また同条第3項に│       │
│    │         │は、「地域の美化並びに快適な生活環境の保全及び創造に自ら取│       │
│    │         │り組む団体は、第1項に規定する重点区域の指定を申し出ること│       │
│    │         │ができる。」としているが、市内に重点区域が1つもない状態で│       │
│    │         │市民は具体的なイメージがつかめず、自発的に指定を申し出る団│       │
│    │         │体はあらわれにくいため、まずは市長が、最初の重点区域の指定│       │
│    │         │をした上で徐々に重点区域を増やしていくべきではないか。今後│       │
│    │         │の重点区域の指定についてどう計画しているか。       │       │
│    │         │ (4) 同条例が適切に運用され効果を上げるためには、市民参加│       │
│    │         │による啓発活動や条例の遵守を見回る取り組みも必要と考える。│       │
│    │         │そうしたごみのポイ捨て等を防ぐ施策と同時に、雑草取りやごみ│       │
│    │         │拾いなどの環境美化活動もより一層必要であるため、市民協働に│       │
│    │         │よる総合的な環境美化活動の推進を期待したい。市内の美化を推│       │
│    │         │進するために今後必要な取り組みについて、どう考えているか。│       │
│    │         │2.市内での就職を条件に返済が減免される奨学金制度の導入に│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │ 我が国における奨学金はほとんどが貸与型であり、非正規雇用│       │
│    │         │の増加など労働環境の変化の中で若者がその返済に苦し    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│18  │小池 義治(4) │み、返済滞納者がふえていることが社会問題になっている。富士│市長     │
│    │         │市議会ではこの状況を受け、平成26年6月定例会において市民か│及び     │
│    │         │らの請願を採択し、「給付型奨学金制度の創設を含む奨学金制度│教育長    │
│    │         │の見直しを求める意見書」を国に対し提出している。     │担当部長   │
│    │         │ 大学生や専門学校生を広く対象にした給付型奨学金を市単独で│       │
│    │         │創設するのは財政的に厳しいため国政における実現を期待したい│       │
│    │         │が、本市における喫緊の課題であり、富士市まち・ひと・しごと│       │
│    │         │創生総合戦略の最上位目標である若い世代の人口の確保の実現を│       │
│    │         │目的にしたUJIターン就職促進の一環としての奨学金制度の創│       │
│    │         │設を検討すべきと考える。                 │       │
│    │         │ 人口の増減は、出生数と死亡数の差である自然増減と、転入数│       │
│    │         │と転出数の差である社会増減に分けられるが、このうち転入の増│       │
│    │         │加を促す施策として本市では、市外に住む夫婦いずれかが満40歳│       │
│    │         │未満の若者世帯が富士市に住宅を取得する際に最大200万円を補 │       │
│    │         │助する若者世帯定住支援事業奨励金(スミドキU−40プラス)が│       │
│    │         │実施されており、平成28年度当初予算で1億850万円が計上され │       │
│    │         │ている。それと比べて、市外への転出を減らしていくための取り│       │
│    │         │組みが十分でないように感じる。              │       │
│    │         │ 本市における転出の要因としては、高校卒業後に市外に進学し│       │
│    │         │、そのまま市外で就職するケースが多いと思われるが、2018年に│       │
│    │         │常葉大学富士キャンパスが閉校し移転した後には、その傾向に拍│       │
│    │         │車がかかることが懸念される。高校卒業後に市外に進学した学生│       │
│    │         │が、地元での就職を第一に考える誘因となるような施策が必要と│       │
│    │         │考え、以下質問する。                   │       │
│    │         │ (1) 本市の、高校卒業後の進学を理由とする転出数をどれほど│       │
│    │         │と把握しているか。                    │       │
│    │         │ (2) UJIターン就職促進の取り組みとして、どのような施策│       │
│    │         │がされているか。                     │       │
│    │         │ (3) 市内での就職を条件に返済が減免される奨学金制度を検討│       │
│    │         │してはいかがか。                     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│19  │鈴木 幸司(11)│1.市制50周年記念事業並びに富士市の文化振興について   │市長     │
│    │         │ 「富士のもと 夢をつなげて 50年」というスローガンのもと│及び     │
│    │         │、各種の富士市制50周年記念文化事業が、現在繰り広げられてい│教育長    │
│    │         │ます。特に4月にリニューアルオープンした富士山かぐや姫ミュ│担当部長   │
│    │         │ージアムや、11月1日にオープンが予定されている、ふじ・紙の│       │
│    │         │アートミュージアムは、市外から人を呼び込む拠点となる可能性│       │
│    │         │も高く、市当局のさらなるPRを期待するところです。    │       │
│    │         │ 2年ほど前の定例会における一般質問の中で、富士市を文化に│       │
│    │         │乏しいまちだと市民に言われたままで良いのかという手厳しい意│       │
│    │         │見が出されたことがあります。しかし私はそんなふうには感じま│       │
│    │         │せん。まちを歩けばさまざまなモニュメントに突き当たりますし│       │
│    │         │、そもそも文化などというものは、人それぞれの感性に依拠する│       │
│    │         │もので、市民1人1人がみずから受信者そして発信者となって、│       │
│    │         │楽しみながら盛り上げていくべきものだと思うからです。   │       │
│    │         │ ただ、そうした意見が出る背景には、行政側の情報発信力不足│       │
│    │         │があるのではないかと考え、芸術の秋を迎えるに当たり、以下の│       │
│    │         │ように質問します。                    │       │
│    │         │ (1) 富士市立博物館はリニューアルの結果、どのような成果が│       │
│    │         │上がっているのか。来場者数の推移を含めてお伺いします。  │       │
│    │         │ (2) ロゼシアター内に、ふじ・紙のアートミュージアムがオー│       │
│    │         │プンしますが、その経緯と展望はどのようになっていますか。 │       │
│    │         │ (3) 富士市総合文化祭の規模と参加者数の推移をどのように把│       │
│    │         │握していますか。                     │       │
│    │         │ (4) 同じく古谿荘庭園特別公開における参加者数の推移はどう│       │
│    │         │でしょうか。                       │       │
│    │         │ (5) 秋の読書週間に合わせて、富士市立中央図書館での50周年│       │
│    │         │記念事業というものは何かあるのでしょうか。        │       │
│    │         │ (6) 2020年東京オリンピック・パラリンピック文化プログラム│       │
│    │         │に向けた静岡県のモデルプログラムに、富士市も会場となる「富│       │
│    │         │士の山ビエンナーレ2016」が今回選定されましたが、ビエンナー│       │
│    │         │レに対する市の協力体制はどのようになっているのでしょうか。│       │
│    │         │2.改正廃棄物処理法に基づく現地確認義務と電子マニフェスト│       │
│    │         │の普及について                      │       │
│    │         │ 現地確認義務とは平成23年4月1日付で廃棄物処理法の一部が│       │
│    │         │改正され、罰則なしの努力義務として規定されたものです。今回│       │
│    │         │は、市が排出事業者になっている産業廃棄物の最終的な処分先に│       │
│    │         │ついて、きちんと把握されているのか伺うものです。     │       │
│    │         │ また、産廃処理に関する電子マニフェストの利用については、│       │
│    │         │既に2回ほど文書質問させていただき、回答を得たとこ    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│19  │鈴木 幸司(11)│ろですが、その文書質問の回答に基づき、以下質問いたします。│市長     │
│    │         │ (1) 富士市では現在、この現地確認義務をどのように果たして│及び     │
│    │         │いますか。                        │教育長    │
│    │         │ (2) 「電子マニフェストの普及について県から要請があれば協│担当部長   │
│    │         │力していく」との回答を既に得ています。昨年静岡県は第3次静│       │
│    │         │岡県循環型社会形成計画において、平成32年度目標の電子マニフ│       │
│    │         │ェスト導入率を50%に設定しましたが、これについての協力要請│       │
│    │         │はあったのでしょうか。                  │       │
│    │         │ 以上2項目8点について回答願います。          │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│20  │山下いづみ(10)│1.フードバンクサービスの充実について          │市長     │
│    │         │ 生活困窮者の支援の1つとして、フードバンクが利用されてい│及び     │
│    │         │る。フードバンクとは品質には問題ないが流通困難になった食品│教育長    │
│    │         │を集めて、生活困窮者に無償提供を行うものである。     │担当部長   │
│    │         │ 2002年には日本に初めてフードバンク団体が東京で設立され、│       │
│    │         │静岡県内では2014年にNPO法人「フードバンクふじのくに」が│       │
│    │         │設立されて、フードバンク活動に広がりをみせ、支援先がある自│       │
│    │         │治体が34市町に達している。                │       │
│    │         │ フードバンクのニーズは幅広く、生活困窮者、DV被害者、子│       │
│    │         │どものいる家庭から高齢者1人暮らし世帯、そして、児童養護施│       │
│    │         │設、高齢者施設、母子家庭の支援団体、学校などが挙げられる。│       │
│    │         │その一方で、食品回収、仕分け、受け渡しなど、提供側の人手不│       │
│    │         │足が課題として挙げられている。              │       │
│    │         │ そこで、全ての必要な人たちにフードバンクサービスが行き届│       │
│    │         │き、フードバンクの人材と財政基盤が安定していくためには、今│       │
│    │         │後、ますます行政の協力が必要であると考える。そこで、以下7│       │
│    │         │点について質問する。                   │       │
│    │         │ (1) 本市のフードバンクの利用状況はどうか。       │       │
│    │         │ (2) ニーズの把握と、サービスの提供方法はどのようになって│       │
│    │         │いるか。民生委員児童委員など住民に寄り添い活動を行っている│       │
│    │         │人たちや、必要な個人が直接、フードバンクへ受け取り可能にな│       │
│    │         │っているのか。                      │       │
│    │         │ (3) フードバンクサービスを市の事業として展開をしてはいか│       │
│    │         │がか。                          │       │
│    │         │ (4) フードバンクの周知はどのように行っているのか。フード│       │
│    │         │ドライブコーナーをふやすなどして、広報の工夫をしてはいかが│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ (5) 学校、公共施設、福祉施設等に、拠点配達を行ってはどう│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ (6) 学校へ朝食を食べないで登校している子どもの状況はどう│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ (7) 食料支援の次の支援として、フードバンクの利用者向けに│       │
│    │         │食育、料理教室を展開してはいかがか。           │       │
│    │         │2.「富士山と、」ポロシャツを住民向けに広報をし、販売する│       │
│    │         │ことについて                       │       │
│    │         │ ことし、富士市はシティプロモーション事業の一環で、職員の│       │
│    │         │クールビズ用にそろいのオリジナルポロシャツを製作した。この│       │
│    │         │ポロシャツは、富士山を活用しながら富士市を盛り上げていこう│       │
│    │         │と結成された「チーム富士山」からの提案が実現したもの。ロゴ│       │
│    │         │は、田子の浦の波で富士山を表現。背中は、富士山と市の魅力を│       │
│    │         │結ぶ「富士山と、」運動のマークがついている。白、黒、青系な│       │
│    │         │ど全5色を取りそろえている。4月末までに一般行政職員数を上│       │
│    │         │回る1821着の申し込みがあり、議員の希望者も着用をしている。│       │
│    │         │そして、住民からも「欲しい」という声を聞く。富士市の魅力発│       │
│    │         │信を盛り上げていくために                 │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│20  │山下いづみ(10)│も、住民にも広報をして、市庁内等で「富士山と、」ポロシャツ│市長     │
│    │         │を販売してはいかがか。                  │及び     │
│    │         │                             │教育長    │
│    │         │                             │担当部長   │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│21  │笹川 朝子(3) │1.安心して使える国民健康保険制度にするために      │市長     │
│    │         │ 戦前の国民健康保険法は、1938年(昭和13年)に制定、施行さ│及び     │
│    │         │れました。そのときは日本が日中戦争に突入した1937年直後です│担当部長   │
│    │         │。兵士の多くは農民で、農村地帯は貧困かつ無医村であり、医療│       │
│    │         │は受けにくい状態でした。                 │       │
│    │         │ 政府はそれまで農民の健康状態には無関心でしたが、徴兵検査│       │
│    │         │で全国的に甲種合格率が下がったことに危機感を持ち、農民の医│       │
│    │         │療保障を無視できなくなりました。年金制度が戦費調達のためで│       │
│    │         │、国民健康保険は健兵調達、戦力培養のためにつくられました。│       │
│    │         │この国民健康保険法は、相互扶助、共助の制度で、国庫負担も自│       │
│    │         │治体負担もなく、保険者は主に産業組合・農業会(農協の前身)│       │
│    │         │等でした。                        │       │
│    │         │ 1947年に施行された憲法、第25条に「第1項 すべて国民は、│       │
│    │         │健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」「第2項 │       │
│    │         │国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆│       │
│    │         │衛生の向上及び増進に努めなければならない」と定められていま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ 1948年に国民健康保険法は改正され、保険者は原則市町村にな│       │
│    │         │りました。                        │       │
│    │         │ 1959年に施行された新国民健康保険法の条文は、「第1条 こ│       │
│    │         │の法律は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もつて社会│       │
│    │         │保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とする」「第2条│       │
│    │         │ 国民健康保険は、被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡に関し│       │
│    │         │て必要な保険給付を行うものとする」            │       │
│    │         │ 新国民健康保険法は、社会保障が明記され旧国民健康保険法の│       │
│    │         │相扶共済の精神は消え、戦前と戦後の国民健康保険法は全く違っ│       │
│    │         │たものになりました。                   │       │
│    │         │ 新国民健康保険法の立場に立って、富士市の国民健康保険の状│       │
│    │         │況について以下伺います。                 │       │
│    │         │ (1) 4月1日現在の加入世帯は3万8193世帯(37.2%)、被保│       │
│    │         │険者数6万4410人(25.1%)です。保険料の滞納状況について  │       │
│    │         │  ? 加入世帯の平均所得額               │       │
│    │         │  ? 滞納世帯の所得階層別の人数と世帯数        │       │
│    │         │  ? 世帯の実態(内訳)                │       │
│    │         │ (2) 滞納世帯への対応について              │       │
│    │         │  ? 収納率を上げるために努力をされているが、どのような│       │
│    │         │手順で行っているか。                   │       │
│    │         │  ? 差押処分の種類と対象物件             │       │
│    │         │ (3) 不納欠損について                  │       │
│    │         │  ? 不納欠損の内訳                  │       │
│    │         │  ? 1人当たりの不納欠損額              │       │
│    │         │ (4) 安心して使える制度に向けての改善策         │       │
│    │         │  ? 課税の基準について                │       │
│    │         │  ? 保険税及び一部負担金減免制度           │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│21  │笹川 朝子(3) │ (5) 医療費について                   │市長     │
│    │         │  ? 医療費がかかる要因                │及び     │
│    │         │  ? 医療費を押し上げている疾病            │担当部長   │
│    │         │ (6) 無料低額診療事業の取り組みについて         │       │
│    │         │  ? 中央病院の医療費一部負担金の未納状況       │       │
│    │         │  ? 生活困窮者等の相談事例              │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│22  │小山 忠之(26)│1.ふるさと創生に資する中小企業・地域経済活性対策の力強い│市長     │
│    │         │推進について                       │及び     │
│    │         │ ふるさと創生または地方創生は近年、全国的なテーマとされ、│担当部長   │
│    │         │人口減少への対応を急ぐ人口増戦略から財源対策のふるさと納税│       │
│    │         │に至るまでさまざまなメニューの下で、必ずしも展望の見えにく│       │
│    │         │い地域間競争を展開しているように見えます。        │       │
│    │         │ そうした中で、折々の時流に左右される一過的な処方ではなく│       │
│    │         │産業都市・富士市においては長い歴史と伝統の下で育まれている│       │
│    │         │はずの、中小企業の潜在力を最大限に顕在化させる独自の処方を│       │
│    │         │改めて練り上げ、持続可能な中小企業・地域経済活性を確実に実│       │
│    │         │現させることが急務と考えます。              │       │
│    │         │ そこで、以下について伺います。             │       │
│    │         │ (1) 現行の「富士市中小企業振興基本条例」(平成19年4月1│       │
│    │         │日施行)を抜本的に改正して「富士市中小企業・地域経済振興基│       │
│    │         │本条例(仮称)」として再生すべき時機と考え、以下、2点につ│       │
│    │         │いて伺います。                      │       │
│    │         │  ? 現行条例は県内初(当時)の先進例となったが、施行か│       │
│    │         │らほぼ10年を経過。この間の社会経済情勢の変化は著しく、中小│       │
│    │         │企業政策の視点も少なからず変容していると思われる。この間の│       │
│    │         │変化・変容についてどのように認識しているか。       │       │
│    │         │ 中小企業家同友会富士支部はかねて、同条例改正について試案│       │
│    │         │を示し問題提起しています。そこで、            │       │
│    │         │  ? 中小企業者(家)の深い経験智初め民間の知恵を生かし│       │
│    │         │切ることなど斬新な仕組みを盛り込んだ同試案を有力なたたき台│       │
│    │         │として広く英知を結集し、迅速に抜本改正を目指すべきと考える│       │
│    │         │が、いかがか。                      │       │
│    │         │ (2) 公契約条例の制定について              │       │
│    │         │ 公契約条例の制定については、本年6月定例会一般質問におい│       │
│    │         │て、制定を目指して有識者等による諮問機関等を設けて検討して│       │
│    │         │はどうか、と伺ったところです。              │       │
│    │         │ これに対しては、同問題は関連法との整合性に議論の余地があ│       │
│    │         │ることや、県内においてはまだどこも制定していない等から、当│       │
│    │         │面「研究を」ということでありました。           │       │
│    │         │ そこで、伺います。                   │       │
│    │         │  ? 「研究」の進捗状況は、どうか。          │       │
│    │         │2.富士市の臨時職員(長期)の経験、知識等を生かすための処│       │
│    │         │遇改善について                      │       │
│    │         │ 富士市役所の非正規職員(臨時・パート職員)は平成28年5月│       │
│    │         │1日現在で、一般・特別会計だけでも1382人に上り、同会計にお│       │
│    │         │ける正規・非正規合わせた総職員数3176人の約44%を占めていま│       │
│    │         │す。このうち、勤務形態が長期に及ぶ臨時職員は同会計分で622 │       │
│    │         │人となっています。                    │       │
│    │         │ 臨時職員については、正規職員の欠員補充として6カ月を超え│       │
│    │         │ない範囲で勤務し、給与は日額制。ただし所与の条件を    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│22  │小山 忠之(26)│満たせば勤務期間の更新は可能。加えて言えば、社会保険、雇用│市長     │
│    │         │保険、また通勤手当、期末手当もそれぞれ条件によって支給され│及び     │
│    │         │るとされています。                    │担当部長   │
│    │         │ ところで、期間限定の欠員補充とはいえ各現場での任用期間は│       │
│    │         │平均でも5年強に及び、経験、知識、意欲ともに正規職員と遜色│       │
│    │         │ない臨時職員は少なくないものと拝察します。しかし、その処遇│       │
│    │         │は必ずしも経験、力量等を反映したものとは見えず、近年設けら│       │
│    │         │れた臨時職員等に正規職員への門戸を開く経験者採用枠も極めて│       │
│    │         │狭き門となっており、経験智等の積極的活用という姿勢は感じら│       │
│    │         │れません。                        │       │
│    │         │ 給与面においても同一労働同一賃金とはほど遠い厳しい状況に│       │
│    │         │あるとされます。総じて、臨時職員については依然として、言っ│       │
│    │         │てみれば、業務は等しく行うが処遇の格差はそのまま継続、とい│       │
│    │         │う状況にあるように見えます。               │       │
│    │         │ 臨時職員はそもそも、イベントや季節的な要因等による文字通│       │
│    │         │りの緊急的臨時要員として現業職を中心に導入されたのが始まり│       │
│    │         │とされます。しかし、時を経て社会経済情勢の変遷する中でその│       │
│    │         │形態は大きく変容し、多数の臨時職員については現実の勤務形態│       │
│    │         │は既に短期欠員補充の枠を大きく越えて、事実上の正規化に等し│       │
│    │         │い戦力となっている、といって過言ではないようです。    │       │
│    │         │ しかし、そうした変遷と内容の変容にもかかわらず、臨時職員│       │
│    │         │は地方公務員の人件費抑制の隠れみのとなって、実態とは乖離し│       │
│    │         │た旧態依然の建前の下に使い勝手よく利用されているのではない│       │
│    │         │か、との指摘も、あながち的外れとは言えないと思われます。 │       │
│    │         │ そこで、特に長期臨時職員の当面の処遇改善に関して、以下に│       │
│    │         │ついて伺います。                     │       │
│    │         │ (1) 経験者採用枠について、さらに思い切って拡充的に対応す│       │
│    │         │べきではないかと考えるがいかがか。            │       │
│    │         │ (2) 給与条件について、現行の日額制から月額制に転換し、昇│       │
│    │         │給等諸条件についても全面的な改善を図るべきと考えるがいかが│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

             富士市議会定例会(9月)会期表
                                  平成28年9月7日(水)開会
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日│曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第1日│9.7  │水│10:00 │本 会 議  │開 会                       │
│   │   │ │   │       │ 1.会議録署名議員の指名              │
│   │   │ │   │       │ 2.会期の決定                   │
│   │   │ │   │       │ 3.諸般の報告                   │
│   │   │ │   │       │ 4.特別委員会の中間報告              │
│   │   │ │   │       │   ●中間報告に対する質疑            │
│   │   │ │   │       │ 5.議第91号 訴えの提起について(市営住宅明渡し等請│
│   │   │ │   │       │  求事件)                    │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 6.認第1号 平成27年度富士市一般会計歳入歳出決算 │
│   │   │ │   │       │  認定についてほか議案18件(認第2号〜認第19号)一│
│   │   │ │   │       │  括上程                     │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●議案委員会付託    │
│   │   │ │   │       │ 7.認第20号 平成27年度富士市水道事業会計決算認定 │
│   │   │ │   │       │  についてほか議案4件(認第21号、認第22号、議第93│
│   │   │ │   │       │  号、議第94号)一括上程             │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●議案委員会付託    │
│   │   │ │   │       │ 8.岳南排水路管理組合議会議員の選挙について    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第2日│9.8  │木│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第3日│9.9  │金│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第4日│9.10 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第5日│9.11 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第6日│9.12 │月│9:30 │一般・特別会計│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │決算委員会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第7日│9.13 │火│9:30 │一般・特別会計│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │決算委員会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第8日│9.14 │水│9:30 │一般・特別会計│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │決算委員会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第9日│9.15 │木│13:30 │議会運営委員会│ ●発言通告締切・正午               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第10日│9.16 │金│9:30 │企業会計   │ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │決算委員会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第11日│9.17 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第12日│9.18 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第13日│9.19 │月│   │休   会  │(敬老の日)                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第14日│9.20 │火│9:30 │企業会計   │ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │決算委員会  │                          │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日│曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第15日│9.21 │水│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第16日│9.22 │木│   │休   会  │(秋分の日)                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第17日│9.23 │金│10:00 │本 会 議  │ 1.認第1号 平成27年度富士市一般会計歳入歳出決算 │
│   │   │ │   │       │  認定についてほか議案18件(認第2号〜認第19号)一│
│   │   │ │   │       │  括上程                     │
│   │   │ │   │       │   ●委員長報告  ●委員長報告に対する質疑   │
│   │   │ │   │       │   ●討 論    ●採 決           │
│   │   │ │   │       │ 2.認第20号 平成27年度富士市水道事業会計決算認定 │
│   │   │ │   │       │  についてほか議案4件(認第21号、認第22号、議第93│
│   │   │ │   │       │  号、議第94号)一括上程             │
│   │   │ │   │       │   ●委員長報告  ●委員長報告に対する質疑   │
│   │   │ │   │       │   ●討 論    ●採 決           │
│   │   │ │   │       │ 3.議第83号 平成28年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第2号)ほか議案7件(議第84号〜議第90号)│
│   │   │ │   │       │  一括上程                    │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●議案委員会付託    │
│   │   │ │   │       │ 4.請願について                  │
│   │   │ │   │       │ 5.陳情について                  │
│   │   │ │   │       │ 6.発議第3号 常葉大学富士キャンパスの撤退に伴う │
│   │   │ │   │       │  跡地利用に係る決議について           │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第18日│9.24 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第19日│9.25 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第20日│9.26 │月│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第21日│9.27 │火│9:30 │総務市民委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │環境経済委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第22日│9.28 │水│9:30 │文教民生委員会│ 付託議案等審査                  │
│   │   │ │   │建設水道委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第23日│9.29 │木│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第24日│9.30 │金│9:30 │議会運営委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第25日│10.1 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第26日│10.2 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第27日│10.3 │月│10:00 │本 会 議  │ 1.議第83号 平成28年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第2号)ほか議案7件(議第84号〜議第90号)│
│   │   │ │   │       │  一括上程                    │
│   │   │ │   │       │ 2.請願について                  │
│   │   │ │   │       │ 3.陳情について                  │
│   │   │ │   │       │   ●委員長報告  ●委員長報告に対する質疑   │
│   │   │ │   │       │   ●討 論    ●採 決           │
│   │   │ │   │       │ 4.議第92号 財産の取得に関し議決を求めることにつ │
│   │   │ │   │       │  いて(静岡県立吉原林間学園改築整備事業用地取得)│
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 5.議第95号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を │
│   │   │ │   │       │  求めることについて               │
│   │   │ │   │       │ 6.一般質問                    │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日│曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第28日│10.4 │火│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第29日│10.5 │水│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第30日│10.6 │木│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第31日│10.7 │金│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
│   │   │ │   │       │閉 会                       │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘