議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 富士市

平成28年 6月 定例会−06月29日-付録




平成28年 6月 定例会

●委員会審査報告書
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年6月16日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               総務市民委員会        │
│                               委員長  海 野 庄 三   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第68号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第1号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 17款 寄附金 1項寄附金           │     │     │
│     │     20款 諸収入 5項雑入            │     │     │
│     │     21款 市債 1項市債             │     │     │
│     │  歳出 2款 総務費 1項総務管理費         │     │     │
│     │     10款 教育費 6項社会教育費         │     │     │
│     │             6目文化振興費        │     │     │
│     │     14款 予備費 1項予備費           │     │     │
│     │ 第2条(地方債の補正)                │     │     │
│     │  第2表 地方債補正                 │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第71号 │富士市行政手続における特定の個人を識別するための番号の │原案可決 │     │
│     │利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の │     │     │
│     │一部を改正する条例制定について             │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第72号 │富士市立高等学校教育職員の給与等の特別措置に関する条例 │原案可決 │     │
│     │等の一部を改正する条例制定について           │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第73号 │富士市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定 │原案可決 │     │
│     │について                        │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第74号 │富士市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関 │原案可決 │     │
│     │する条例の一部を改正する条例制定について        │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第77号 │富士市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制 │原案可決 │     │
│     │定について                       │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年6月17日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               文教民生委員会        │
│                               委員長  井 上   保   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第68号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第1号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 14款 国庫支出金 1項国庫負担金       │     │     │
│     │     15款 県支出金 1項県負担金         │     │     │
│     │  歳出 3款 民生費 1項社会福祉費         │     │     │
│     │     4款 衛生費 1項保健衛生費         │     │     │
│     │     10款 教育費 2項小学校費          │     │     │
│     │            3項中学校費          │     │     │
│     │            6項社会教育費         │     │     │
│     │             11目図書館費         │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第69号 │平成28年度富士市国民健康保険事業特別会計補正予算につい │原案可決 │     │
│     │て(第1号)                      │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年6月16日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               環境経済委員会        │
│                               委員長  笠 井   浩   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第68号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第1号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 15款 県支出金 2項県補助金         │     │     │
│     │              4目農林水産業費補助金   │     │     │
│     │  歳出 4款 衛生費 3項環境対策費         │     │     │
│     │     6款 農林水産業費 2項林業費        │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年6月17日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               建設水道委員会        │
│                               委員長  小 池 智 明   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第68号 │平成28年度富士市一般会計補正予算について(第1号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 14款 国庫支出金 2項国庫補助金       │     │     │
│     │     15款 県支出金 2項県補助金         │     │     │
│     │              6目土木費補助金      │     │     │
│     │  歳出 8款 土木費 3項河川費           │     │     │
│     │            6項公園費           │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第70号 │平成28年度富士市公共下水道事業会計補正予算について   │原案可決 │     │
│     │(第1号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第75号 │富士市手数料条例の一部を改正する条例制定について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第76号 │富士市営住宅条例の一部を改正する条例制定について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

           発 言 通 告 表 ( 一 般 質 問 )
                                     平成28年6月定例会
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │一条 義浩(16)│1.所有者所在不明・相続人不存在の土地・家屋の増加と対処に│市長     │
│    │         │ついて                          │及び     │
│    │         │ 近年、不動産登記上の所有者が変更されないなどの原因により│担当部長   │
│    │         │、所有者所在不明・相続人不存在となる土地・家屋がふえていま│       │
│    │         │す。地方から都市への人口流出、土地・家屋の相続の問題や国外│       │
│    │         │に居住する納税義務者の増加といった理由により、固定資産税の│       │
│    │         │納税義務者の実態が不明確となり、賦課徴収事務に支障を来して│       │
│    │         │いる状況にあると言われています。             │       │
│    │         │ 一方で、財産権や所有権が保障されているがため、行政を含め│       │
│    │         │た第三者は手をつけられず、所有者の同意が必要な公共事業を行│       │
│    │         │う際や行政代執行の手続を行う際などの障壁にもなっています。│       │
│    │         │ 以下6点につき、市当局の見解を伺います。        │       │
│    │         │ (1) 所有者所在不明・相続人不存在の土地・家屋は、本市には│       │
│    │         │どの程度存在しているのでしょうか。            │       │
│    │         │ (2) この問題の1つとして、固定資産税の賦課徴収における問│       │
│    │         │題が挙げられます。所有者所在不明・相続人不存在で徴税できな│       │
│    │         │い場合、時効などを理由に不納欠損となるケースも少なからずあ│       │
│    │         │ると推察します。この問題における固定資産税の不納欠損処理の│       │
│    │         │状況はいかがでしょうか。                 │       │
│    │         │ (3) 土地・家屋所有者が死亡した場合は、相続人に対し徴税す│       │
│    │         │べきですが、相続人自身の死亡、市外への転出、あるいは、多数│       │
│    │         │の相続人や何代にもわたる場合など、さまざまな障壁があると思│       │
│    │         │います。このような場合、どの程度まで追跡調査を行われるので│       │
│    │         │しょうか。                        │       │
│    │         │ (4) 土地・家屋所有者が死亡した場合、本来ならば相続人に対│       │
│    │         │し徴税すべきですが、自治体の中には「誰かが払えばよい」とし│       │
│    │         │て、法的には無効でありながら、やむを得ず死亡している登記名│       │
│    │         │義人に対し、請求をしている事例もあると伺っています。いわゆ│       │
│    │         │る死亡者課税についての本市における実態はいかがでしょうか。│       │
│    │         │ (5) 一連の問題は、市税の減収はもとより、無駄な事務や経費│       │
│    │         │支出がふえ、今後さらにその懸念は増していくものと考えられま│       │
│    │         │す。それらを解決していくために本市としてどのような対策が取│       │
│    │         │られているかお知らせください。              │       │
│    │         │ (6) 相続人の存続が明らかでない場合や相続人全員が相続放棄│       │
│    │         │した場合に、民法上、相続財産管理人・不在者財産管理人の選任│       │
│    │         │を家庭裁判所に申し立てることができることとなっていますが、│       │
│    │         │本市としていかがお考えになりますか。           │       │
│    │         │2.蒲原病院の将来像を富士市としてどのように考えるか   │       │
│    │         │ 共立蒲原総合病院は、長年にわたり、急性期医療の提供など地│       │
│    │         │域の基幹病院として貢献してまいりました。しかし近年、   │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │一条 義浩(16)│医師数の大幅な減少に伴い医療機能が著しく低下、これまで果た│市長     │
│    │         │してきた役割を担うことが難しい状況となっています。    │及び     │
│    │         │ さて、一昨年3月、総務省より新たな公立病院改革ガイドライ│担当部長   │
│    │         │ンが発表されました。同ガイドラインでは、従前の財務指標一辺│       │
│    │         │倒ではなく、これまでの医薬品費、医療材料費等の経費節減に加│       │
│    │         │え、医療の質向上を目指す目標設定の記述が盛り込まれました。│       │
│    │         │ 薬や注射などに重きを置かれた時代から、医師等の医療スタッ│       │
│    │         │フ体制の充実や積極的な設備投資などにより、すぐれた医療技術│       │
│    │         │やサービスを提供することに重きを置かれる時代へと変化を遂げ│       │
│    │         │ました。                         │       │
│    │         │ 直営である市立中央病院とは異なり、一部事務組合であるがゆ│       │
│    │         │えに、全て本市の意向で病院が動いていくわけではありませんが│       │
│    │         │、蒲原病院の位置づけをどのように捉えるかによって、おのずと│       │
│    │         │本市としての姿勢も明らかになってくるはずです。      │       │
│    │         │ 以下、2点について市当局の見解を伺います。       │       │
│    │         │ (1) 蒲原病院の経営努力を本市としてどのように評価している│       │
│    │         │か伺います。                       │       │
│    │         │  ? 医師確保のための取り組み             │       │
│    │         │  ? 病床利用率を向上させるための取り組み       │       │
│    │         │  ? 研修を通じて病院機能を向上させるための取り組み  │       │
│    │         │  ? すぐれた医療提供の成果を示す、DPC機能評価係数を│       │
│    │         │向上させるための取り組み                 │       │
│    │         │ (2) 新公立病院改革ガイドラインでは、前ガイドラインに引き│       │
│    │         │続き、病院統合などの再編ネットワーク化、独立行政法人化や指│       │
│    │         │定管理者制度への移行といった経営形態の見直しを求めています│       │
│    │         │。本市が考える蒲原病院の将来像について伺います。     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │小野由美子(14)│1.新環境クリーンセンターの進捗状況とごみの減量について │市長     │
│    │         │ 13年の月日を経て、新環境クリーンセンターの建設計画が平成│及び     │
│    │         │32年度竣工を目指して現在進められています。市民の皆様からそ│担当部長   │
│    │         │の進捗状況に関しての質問も多く、関心の高い事項であります。│       │
│    │         │節目の年でもありますのでその進捗状況をお伺いします。   │       │
│    │         │ (1) 現在の進捗状況はいかがか。             │       │
│    │         │  ? 新環境クリーンセンター建設に伴う土地の確保はできた│       │
│    │         │のか。                          │       │
│    │         │  ? 新環境クリーンセンター本体建設の工程(スケジュール│       │
│    │         │)はどのようになっているのか。              │       │
│    │         │  ? 新環境クリーンセンター建設事業費と事業費調達計画の│       │
│    │         │現状はどうなっているのか。                │       │
│    │         │  ? 今後、新環境クリーンセンター建設事業を工程どおりに│       │
│    │         │進めるに当たって、障害となることが懸念される問題はあるか。│       │
│    │         │  ? 地震などの自然災害が来ても安全性はしっかり確保でき│       │
│    │         │るようになっているのか。                 │       │
│    │         │  ? 余熱利用施設における工程(スケジュール)とその規模│       │
│    │         │及び計画はどのようになっているのか。           │       │
│    │         │  ? 環境監視計画の進捗状況はいかがか。        │       │
│    │         │  ? 民営化することになった宿泊施設建設事業の進捗状況は│       │
│    │         │いかがか。                        │       │
│    │         │ (2) 新環境クリーンセンターが日量250トンの計画であること │       │
│    │         │から、富士市ごみ処理基本計画2015-2024において、平成31年度 │       │
│    │         │1人1日当たりのごみ焼却量の目標値が640グラムと計画されて │       │
│    │         │いる。                          │       │
│    │         │  ? 平成31年度までに、1人1日当たりのごみ焼却量640グ │       │
│    │         │ラムは達成できそうか。                  │       │
│    │         │  ? 達成するための施策はあるのか。          │       │
│    │         │  ? ごみマイスター制度に関して今後の方針はあるのか。 │       │
│    │         │  ? 生ごみ資源化の取り組みは今後どのように展開していく│       │
│    │         │のか。                          │       │
│    │         │  ? コンビニエンスストアにおけるレジ袋の有料化もしくは│       │
│    │         │廃止に取り組むことはできないものか。           │       │
│    │         │2.スズメバチ駆除に関する市民ニーズと市の体制について  │       │
│    │         │ 蜂に関する話題が5月ごろから急激にふえています。市民の中│       │
│    │         │で、大きな蜂がスズメバチなのかそれ以外なのか種類がわからず│       │
│    │         │に、一くくりの蜂で富士市役所に問い合わせるケースが多いよう│       │
│    │         │です。富士市では、スズメバチは市民安全課で駆除の対象となっ│       │
│    │         │ています。その他の種類の蜂に関しては環境総務課での対応とな│       │
│    │         │っています。                       │       │
│    │         │ そのことから、市役所の電話交換窓口やそれぞれ担当課の窓口│       │
│    │         │では、まず、スズメバチかどうかを問い合わせてきた市民に尋ね│       │
│    │         │ることになっています。しかし、そこで、市民がわ      │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │小野由美子(14)│からない場合、最初の窓口で、既にトラブルになっているのです│市長     │
│    │         │。                            │及び     │
│    │         │ 市民と担当課双方に話を聞いて、もっと市民のニーズに合った│担当部長   │
│    │         │対応にすべきだと感じましたので、以下質問します。     │       │
│    │         │ (1) スズメバチ、アシナガバチなど種類によって担当課が違う│       │
│    │         │ことが、市民の中で混乱を招き、不満につながっていると感じま│       │
│    │         │す。蜂全種類で担当課を一本化するべきと考えますが、いかがで│       │
│    │         │すか。                          │       │
│    │         │ (2) 市ウエブサイトで蜂対策を調べようとすると、「鳥獣・駆│       │
│    │         │除」の項目から入ります。そこで、蜂は全て駆除対象なのかと市│       │
│    │         │民に間違った印象を与えるようです。「鳥・動物・蜂・害虫への│       │
│    │         │対応」などわかりやすい事実に即した言葉に改め、蜂の項目では│       │
│    │         │、スズメバチ以外の蜂は益虫であることなど、蜂に関する情報ペ│       │
│    │         │ージを1つにまとめ、蜂の実物大の写真や特性等で種類と対応が│       │
│    │         │判断できるよう市民の視点に立ったウエブサイトづくりをする必│       │
│    │         │要があると思いますがいかがですか。            │       │
│    │         │ (3) 市の指定スズメバチ駆除事業者を担当課窓口及びウエブサ│       │
│    │         │イトで紹介し、市が介在せずに、市民が事業者と直接話せるよう│       │
│    │         │な関係をつくることで、市担当者と市民間での蜂の種類に関する│       │
│    │         │トラブルをなくすことができ、なおかつ、市民ニーズにも合うと│       │
│    │         │考えますがいかがでしょうか。               │       │
│    │         │ (4) 空き家や空き店舗、空き地などで蜂の巣があると確認され│       │
│    │         │た場合などにどうするのか、マニュアル化されているのでしょう│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │藤田 哲哉(8) │1.富士市の土地利用と環境保全について          │市長     │
│    │         │ 富士市の土地利用については、利用区域並びにその周辺地域に│及び     │
│    │         │おける災害の防止や良好な生活環境の維持の確保から、富士市土│担当部長   │
│    │         │地利用事業の適正化に関する指導要綱の定めがある。     │       │
│    │         │ また、富士市の環境保全及び創造については、富士市環境基本│       │
│    │         │条例が定められており、特に富士・愛鷹山麓地域では富士・愛鷹│       │
│    │         │山麓地域環境管理計画により、?自然環境の保全と創造、?自然│       │
│    │         │の節度ある利用、?富士・愛鷹自然風景の保全が図られている。│       │
│    │         │ 一方、この管理計画内においても多くの森林が伐採され土採取│       │
│    │         │等の土地利用があり、その後、覆土される。しかしながら、それ│       │
│    │         │らの多くは森林としての形態とは程遠く、富士山麓の航空写真か│       │
│    │         │らも違和感のある虫食い状態の地肌が見える。        │       │
│    │         │ これらの点からも富士市の土地利用が適正に行われているとは│       │
│    │         │言いがたい。                       │       │
│    │         │ 世界文化遺産となった富士山の玄関口である本市の森林の現状│       │
│    │         │を直視し、環境保全の観点も含め土地利用のあり方を見直すべき│       │
│    │         │と考え以下質問する。                   │       │
│    │         │ (1) 土地利用現場からの土砂等の流出対応をどう考えるか伺う│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (2) 長期にわたる土地利用の適正化をどのように考えるか伺う│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (3) いまだ土地利用の跡地が森林復元できていない現状をどの│       │
│    │         │ように考えるのか伺う。                  │       │
│    │         │2.より効果的なイベントとするための部署間連携について  │       │
│    │         │ 今年度は市制施行50周年を冠として各部署で多くのイベントが│       │
│    │         │行われる。先月も各市町の代表の皆さんが来富しイベントが開催│       │
│    │         │され、滞りなく行われたことは大変評価できる。       │       │
│    │         │ しかしながら、全体構成や進行については課題が見受けられ、│       │
│    │         │惜しい点もあった。                    │       │
│    │         │ そこで、各部署で行うことができるイベントにも、富士山・シ│       │
│    │         │ティプロモーション推進室や広報広聴課等が連携し、市内外に対│       │
│    │         │してより効果が発揮できるものとすべきと考えるがいかがか。 │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │佐野 智昭(2) │1.緑の基本計画(第二次)に基づく身近で魅力的な公園・緑地│市長     │
│    │         │の確保と適正な維持・管理について             │及び     │
│    │         │ 昨年度、平成37年度(2025年度)を目標とする、富士市緑の基│担当部長   │
│    │         │本計画(第二次)(以下「本計画」といいます)が策定されました│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 本計画の策定目的にも示されているように、社会・経済状況が│       │
│    │         │変化していく中、緑の機能を効果的に生かすことが今後ますます│       │
│    │         │重要となり、貴重な緑を次の世代に引き継ぎ、安全で安心して住│       │
│    │         │み続けることができる快適な都市環境を実現することが求められ│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ そして、樹林地、農地、公園、街路樹、公共施設・住宅・事務│       │
│    │         │所に植えられた樹木や草花、河川、湧水地など多種多様な緑地を│       │
│    │         │捉えて、本市にふさわしい緑の将来像や方針、施策などを体系的│       │
│    │         │に示している本計画の意義・役割は重要であると認識しています│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 本計画の性格上、緑に関する総合計画的な存在でもあることか│       │
│    │         │ら、掲げられている主な取り組みにつきましては、既に各分野そ│       │
│    │         │れぞれの目的で実施されている緑に関連する各種施策や、継続的│       │
│    │         │に進められている施策なども幅広く位置づけられています。これ│       │
│    │         │らにつきましては、今後さらなる充実・拡充を図りながら確実に│       │
│    │         │進めていくことが必要であると考えます。          │       │
│    │         │ 一方、本計画に新たに位置づけられた、身近で魅力的な公園・│       │
│    │         │緑地の確保や適正な維持・管理についての主な取り組みにつきま│       │
│    │         │しても、積極的な推進が必要であると考え、以下質問します。 │       │
│    │         │ (1) 公園配置の検証と見直しの観点から都市計画公園の見直し│       │
│    │         │ガイドラインの策定、都市公園の整備プログラムの策定が掲げら│       │
│    │         │れていますが、その内容及び策定スケジュールについてお伺いし│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ (2) オープンスペースの確保の観点から市民緑地制度の活用検│       │
│    │         │討が掲げられていますが、具体化に向けてのお考えをお伺いしま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ (3) 公園機能の向上の観点から街区公園の点検・評価の仕組み│       │
│    │         │づくり、(仮称)公園改善提案制度の運用が掲げられ、リーディ│       │
│    │         │ングプロジェクトとして、みんなの公園プロジェクトにも位置づ│       │
│    │         │けられているため、迅速な対応が必要であると考えますが、どの│       │
│    │         │ように具体化していくのかお伺いします。          │       │
│    │         │2.潤井川以西の南部地域(JR東海道本線より南側)における│       │
│    │         │治水対策の充実について                  │       │
│    │         │ 近年、地球温暖化、気候変動などに伴い、全国的に大雨や集中│       │
│    │         │豪雨の発生頻度が高まっています。また、記録的な大雨等によっ│       │
│    │         │て、河川の氾濫や洪水などによる被害も甚大化しています。  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │佐野 智昭(2) │ 平成26年8月の豪雨による広島市の土砂災害、平成27年9月の│市長     │
│    │         │関東・東北豪雨(台風18号)による鬼怒川の氾濫に伴う浸水被害│及び     │
│    │         │は、記憶に新しいところです。               │担当部長   │
│    │         │ 本市におきましても、平成26年10月の台風18号による大雨(最│       │
│    │         │大1時間降水量68ミリメートル)では、広範にわたって多大な浸│       │
│    │         │水被害が発生しました。                  │       │
│    │         │ 今回取り上げる潤井川以西の南部地域(以下、「本地域」とい│       │
│    │         │います)につきましても、各所で浸水被害が発生しました。また│       │
│    │         │、浸水常襲地域も存在しており、局地的大雨や集中豪雨により深│       │
│    │         │刻な被害が発生することも懸念されることから、迅速かつ的確な│       │
│    │         │対策が望まれます。                    │       │
│    │         │ 以下は、本地域における河川や浸水被害、現在進められている│       │
│    │         │対策などの概要を整理したものです。            │       │
│    │         │ ・本地域の流域は、田子江川流域(田子の浦港へ放流)、富士│       │
│    │         │早川流域(入道樋門にて駿河湾へ放流)、四ヶ郷用水路・元富士│       │
│    │         │2号排水路流域(元富士樋門にて駿河湾へ放流)に大別される。│       │
│    │         │ ・浸水被害は、田子江川、富士早川、四ヶ郷用水路・元富士2│       │
│    │         │号排水路の水位が上がり、そこに至る小規模な水路への排水能力│       │
│    │         │を超えて流入する雨水がはけないことが原因となっており、特に│       │
│    │         │一般県道水神田子の浦港線南側一帯における浸水被害の頻度が高│       │
│    │         │くなっている。                      │       │
│    │         │ ・本流域における総合的な整備計画及びハザードマップとして│       │
│    │         │は、総合雨水整備計画(平成8年3月策定)、田子江川河川整備│       │
│    │         │計画(平成26年2月静岡県策定)、富士川洪水ハザードマップ(│       │
│    │         │平成15年3月作成)が存在する。              │       │
│    │         │ ・具体的な対策として、田子江川・富士早川・下堀などの改修│       │
│    │         │による排水能力向上、入道樋門・元富士樋門の排水能力増強(国│       │
│    │         │・静岡県)に取り組んでいる。               │       │
│    │         │ 以上を踏まえ、さらなる本地域の治水対策の充実が必要である│       │
│    │         │と考え、以下質問します。                 │       │
│    │         │ (1) 本地域における浸水被害の深刻度をどのように捉えている│       │
│    │         │のかお伺いします。                    │       │
│    │         │ (2) 現在進められている主要な河川・水路の改修、樋門の排水│       │
│    │         │能力増強対策は、どの程度の確率規模を想定しているのかお伺い│       │
│    │         │します。                         │       │
│    │         │ (3) これらの対策が、本地域の浸水被害の主な原因となってい│       │
│    │         │る小規模水路の排水能力を超える雨水の浸入による溢水を解決す│       │
│    │         │るために十分であるとお考えかお伺いします。        │       │
│    │         │ (4) 河川・水路の改修に当たっては、周辺住民の日常の安全性│       │
│    │         │や利便性の確保という点も考慮する必要があると考えますが、周│       │
│    │         │辺住民への説明・意見収集は十分に行って進めているのかお伺い│       │
│    │         │します。                         │       │
│    │         │ (5) 総合雨水整備計画の計画期間(平成8年〜25年)が過ぎて│       │
│    │         │おり、本地域の土地利用の状況なども変化してきている    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │佐野 智昭(2) │ため、新たな視点からハード・ソフト両面の治水対策を検討し、│市長     │
│    │         │総合的に推進していくことが必要であると考えますがいかがでし│及び     │
│    │         │ょうか。                         │担当部長   │
│    │         │ (6) 本地域の富士川洪水ハザードマップ(150年に1度の浸水 │       │
│    │         │被害)は、富士川の決壊に伴うものであり壊滅的な浸水被害が想│       │
│    │         │定されていますが、加えて田子江川・富士早川・下堀などの河川│       │
│    │         │・水路の氾濫によるハザードマップも必要であると考えますがい│       │
│    │         │かがでしょうか。                     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │小山 忠之(26)│1.公契約条例の制定について               │市長     │
│    │         │ 公契約は、国や地方自治体が発注する建設工事や業務委託、ま│及び     │
│    │         │た物品、サービスなど公共調達に係る契約で、発注(契約)に際│担当部長   │
│    │         │しては最小の経費で最大の効果を図ることが大前提とされる。し│       │
│    │         │かし同時に、公共調達を担う事業者の経営環境・労働環境等の安│       │
│    │         │定的な改善に対して、地域経済・地域産業振興の観点から十分な│       │
│    │         │配慮が求められるようにもなった。そのための有力なツールとし│       │
│    │         │て近年、適正発注による経営・労働環境改善等を目指す公契約条│       │
│    │         │例が注目され、既に幾つかの自治体で制定され実効が期待されて│       │
│    │         │いる。                          │       │
│    │         │ 建設産業を初め、公契約に係る地域産業とそこに働く人たちの│       │
│    │         │持続可能な成長を図り、地域経済・産業振興につなげていくもの│       │
│    │         │として、公契約条例が果たす役割は大きいと思われる。    │       │
│    │         │ そこで、ここでは特に、公契約において中心的な位置を占める│       │
│    │         │建設産業を中心にお尋ねする。               │       │
│    │         │ (1) 現況調査及び認識について              │       │
│    │         │ 近年、建設産業は公共調達での競争激化等から低価格受注が顕│       │
│    │         │在化ないし慢性化し低賃金の常態化、雇用の不安定化、技能労働│       │
│    │         │者の不足、業界の弱体化などが指摘される。地域経済・産業振興│       │
│    │         │の面から、また大規模災害への組織的対応という面からも現況把│       │
│    │         │握と対策は急務と思われる。                │       │
│    │         │  ? 富士市内の建設業者の経営環境・労働環境等の実態把握│       │
│    │         │のための実態調査は、従来、どの部署がどのように実施してきた│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │  ? 富士市内の建設業者及び業界の経営環境・労働環境等の│       │
│    │         │現況についてどのように認識しているか。          │       │
│    │         │ (2) 公契約条例について                 │       │
│    │         │ 公契約条例は、適正発注のもとで事業者の経営・労働環境の不│       │
│    │         │断の改善を図り、地域密着型事業者の育成と雇用の確保等を通じ│       │
│    │         │て地域経済活性・産業振興に資するものと期待されている。  │       │
│    │         │ 公契約条例制定を目指し、論点整理や課題の抽出、方向性の協│       │
│    │         │議等を行う「検討会」(仮称)を市長の諮問機関として設置。速│       │
│    │         │やかに稼働させるべきと考えるがいかがか。         │       │
│    │         │2.国民健康保険事業の都道府県単位化と市の役割について  │       │
│    │         │ 国民健康保険事業は2018年度(平成30年度)から、都道府県が│       │
│    │         │財政運営の主体となる都道府県単位化に移行する。苦しい国保財│       │
│    │         │政運営を続けてきた市町村には救いになるという面はあるものの│       │
│    │         │、被保険者市民からは、現行の顔の見えやすい関係から顔の見え│       │
│    │         │にくい関係になっていくのではという危惧、また自治体議会の関│       │
│    │         │与の度合いが薄まるという懸念も拭いきれない。       │       │
│    │         │ 国保事業運営が、被保険者市民から決して遠い存在とならない│       │
│    │         │ように、移行準備段階から対応すべきことは何か、課題    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │小山 忠之(26)│整理が必要と考え、以下について伺う。           │市長     │
│    │         │ (1) 運営主体移行への手順と進捗状況           │及び     │
│    │         │  ? 県と市町村との連携会議の進捗状況と今後の見通しはど│担当部長   │
│    │         │うか。                          │       │
│    │         │  ? 県が策定する国保運営方針(案)に対する市の意見の反│       │
│    │         │映はどのように行われているか。また市はどのような意見ないし│       │
│    │         │主張を提起しているか。                  │       │
│    │         │ (2) 保険者と保険料率について              │       │
│    │         │  ? 都道府県単位化の後も保険者は県と市町村が担うとされ│       │
│    │         │るが、その機能分担はどうなるか。市の役割と被保険者への影響│       │
│    │         │はどうか。                        │       │
│    │         │  ? 市の保険料率は県が示す標準保険料率を参考に決めると│       │
│    │         │されるが、事実上は標準保険料率イコール市の保険料率となるの│       │
│    │         │ではないか。                       │       │
│    │         │  ? 保険税(料)は市が賦課・徴収するとされるが、徴収額│       │
│    │         │と県が市に配分する納付金との差額はどうなるか。      │       │
│    │         │ (3) 議会の関与について                 │       │
│    │         │  ? 新たな運営形態において、市町村議会の関与はどのよう│       │
│    │         │に行われることになるか。                 │       │
│    │         │  ? 都道府県単位化のもとでの国保財政運営等に関する監視│       │
│    │         │・点検体制はどうか。                   │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│6   │笠井  浩(19)│1.富士市の荒廃竹林対策について             │市長     │
│    │         │ 竹林は私が子どものころから身近にあり、里山の風景にはなく│及び     │
│    │         │てはならないものだと思う。ハチク、マダケ、モウソウチクなど│担当部長   │
│    │         │、竹にもいろいろ種類があるが、今回は、モウソウチクの竹林に│       │
│    │         │ついて考えてみたいと思う。                │       │
│    │         │ ここ20年くらいの間に、荒廃した竹林の異常繁殖が全国ニュー│       │
│    │         │スで報じられるようになった。               │       │
│    │         │ 平成16年3月に静岡県環境森林部森林総室が発行した竹林整備│       │
│    │         │読本(以下、読本という)によると、登呂遺跡から篠竹で編んだ│       │
│    │         │かごが出土しており、戦国時代には竹やりや弓の材料になるなど│       │
│    │         │、もちろん春の食材としても、竹は古くから日本人の生活に密着│       │
│    │         │してきた。                        │       │
│    │         │ 1960年代からまきが使われなくなり、1980年代からは安価な輸│       │
│    │         │入タケノコが急増し農家は採算がとれなくなり、さらに農業の後│       │
│    │         │継者不足により、里山と同様、竹林が放置されるようになった。│       │
│    │         │ 静岡県は温暖で雨量も多く竹の繁殖に適した環境であり、収穫│       │
│    │         │時期がお茶やミカン、米などの作物と重ならない都合のよい作物│       │
│    │         │であったため、県内各地で多くの農家がタケノコ栽培を始めた。│       │
│    │         │山の裾野でタケノコ、中段でミカン、山頂付近でお茶を栽培する│       │
│    │         │といった農業も盛んだったため、耕作が放棄されると土地の肥え│       │
│    │         │たミカン畑や茶畑に瞬く間に竹林が広がっていったと思われる。│       │
│    │         │ 県内では東名、新東名、国道1号を西に向かっていくとき、周│       │
│    │         │囲の山林がモウソウチクで覆われているのがわかる。清水区以西│       │
│    │         │では山が全て竹やぶになってしまっているところも数多くある。│       │
│    │         │ 富士市を見渡してみると、富士川地区、松野地区から岩本、大│       │
│    │         │淵、根方方面にかけて広範囲で荒れた竹林が確認できるが、県中│       │
│    │         │西部に比べたら被害は軽い状態だと思う。          │       │
│    │         │ 今なら竹林による富士市の山林の浸食が防げると思い、以下質│       │
│    │         │問する。                         │       │
│    │         │ (1) 県は、平成16年に発行された読本の中で竹林所有者の意向│       │
│    │         │調査をすべきだとしているが、富士市では過去に調査を行ったこ│       │
│    │         │とがあるか。調査実績がなければ早急に調査すべきだと思うがど│       │
│    │         │うか。                          │       │
│    │         │ (2) 読本では、竹林が荒廃すると地下茎が弱り、根が浅くなり│       │
│    │         │、大雨のときに地盤が弱り斜面が崩壊する危険が高くなると、静│       │
│    │         │岡市足久保でおきた土砂崩れの実例を上げて警告している。富士│       │
│    │         │市でも、土砂災害警戒区域が指定されるなど防災対策を進めてい│       │
│    │         │るが、急傾斜地にある竹林を防災面からどのように考えるか。 │       │
│    │         │ (3) 竹林はもともと、農業でタケノコを栽培するために生育さ│       │
│    │         │れたと思われるが、農業面から見て現在の富士市の竹林をどう捉│       │
│    │         │えるか。                         │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│6   │笠井  浩(19)│ (4) 荒廃した竹林には不法投棄も多いので、環境面からも考え│市長     │
│    │         │る必要があると思うがいかがか。              │及び     │
│    │         │ (5) 静岡県内では県を初め、富士宮市、静岡市、藤枝市等々、│担当部長   │
│    │         │相当数の市町が独自の助成制度を設けて竹林対策に当たっている│       │
│    │         │が、富士市でも助成制度を設けて竹林対策に当たるべきだと思う│       │
│    │         │がいかがか。                       │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │川窪 吉男(23)│1.災害復旧と要援護者への支援について          │市長     │
│    │         │ 皆様御案内のとおり、4月14日に熊本地震が発生いたしました│及び     │
│    │         │。4月14日は震度7、マグニチュード6.5(これを前震というそ │担当部長   │
│    │         │うです)、また4月16日には本震と言われるマグニチュード7.3 │       │
│    │         │の地震が発生し、その後も余震が続き、1カ月が過ぎようやく復│       │
│    │         │旧活動も本格化してまいりました。             │       │
│    │         │ 私は6月1日から6月3日の2泊3日ではありますが、現地視│       │
│    │         │察に行ってまいりました。熊本市内はもとより、被害が最も大き│       │
│    │         │かった益城町、隣の嘉島町、西原村と道路の寸断や橋の崩落もあ│       │
│    │         │り、限られた地域しか視察できませんでしたが、それぞれの社会│       │
│    │         │福祉協議会が運営しているボランティアセンターや各避難所に赴│       │
│    │         │き、忙しい中、役場の職員の皆様やボランティアセンターの事務│       │
│    │         │局長等から、現状や課題を聞かせていただきました。2日目に入│       │
│    │         │りました嘉島町には静岡県の熊本地震現地支援本部が設置されて│       │
│    │         │おり、本市からも2名の職員が派遣されていて、会うことができ│       │
│    │         │激励してきました。また、担当の課長にも話をお聞きすることが│       │
│    │         │でき、本市職員は朝早くから夜遅くまで業務をこなしてくれて本│       │
│    │         │当に助かっていますと感謝しておりました。なお、この県の支援│       │
│    │         │本部は地震発生後すぐに第1陣ができ、第15陣まで行う予定です│       │
│    │         │が、本市は第3陣から第15陣まで派遣する予定とのことで、ここ│       │
│    │         │までする自治体は富士市だけとのことを聞き、何か富士市民とし│       │
│    │         │て誇らしく思いました。そうした聞き取りや現況調査の中で、ド│       │
│    │         │ローンや無人ヘリコプターの話が出ました。地震発生直後の道路│       │
│    │         │状況、土砂崩れ、地割れ、家屋の倒壊、熊本城の崩落状況等、有│       │
│    │         │人ヘリコプターではできない細かな状況把握ができ、復旧計画に│       │
│    │         │は大いに役立ったとお聞きしました。            │       │
│    │         │ (1) 災害発生時、被害状況の把握をするためにドローンや無人│       │
│    │         │ヘリコプターの活用を早急に検討すべきではないかと思いますが│       │
│    │         │、市長の所見を伺います。                 │       │
│    │         │ (2) また、このようなドローンや無人ヘリコプターは他自治体│       │
│    │         │では各種のイベントや観光、地場産品をアピールするプロモーシ│       │
│    │         │ョンビデオ制作にも使われているようです。         │       │
│    │         │ そこで、災害時以外にも多目的に活用できるドローンや無人ヘ│       │
│    │         │リコプターの検討はできないのでしょうか。市長の所見をお伺い│       │
│    │         │いたします。                       │       │
│    │         │ (3) 次に、災害時に備えてストマ装具を備蓄することについて│       │
│    │         │でありますが、まず、ストマ装具と言いますのは、何かの理由で│       │
│    │         │消化管や尿管が損なわれた場合、腹部などに排せつ用の開口部を│       │
│    │         │造設することがありますが、この排せつ用の開口部を人工肛門と│       │
│    │         │か人工膀胱といいますが、これらを総称してストマといい、この│       │
│    │         │ストマを持っている人のことをオストメイトと呼びます。オスト│       │
│    │         │メイトの皆さんは、このストマに装具をつけ、その装具に排せつ│       │
│    │         │物を受けるパウチという袋を装着して使用しています。ストマは│       │
│    │         │障害の部                         │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │川窪 吉男(23)│位によっておなかの右下につくられたり、おへその左上だったり│市長     │
│    │         │とさまざまで、その形状、使用するパウチなどもさまざまです。│及び     │
│    │         │こうしたオストメイトの皆様がさきの東日本大震災や視察に行き│担当部長   │
│    │         │ました熊本地震では被災後すぐに自分に適したストマ装具を手に│       │
│    │         │入れることができず、大変苦労されたと伺っております。公益社│       │
│    │         │団法人日本オストミー協会では、日常の交換、装着のために保管│       │
│    │         │している装具とは別に、避難時の手持ち用装具として、ストマ用│       │
│    │         │品や小物類の必要最小限のものを含めて2週間分をまとめて持ち│       │
│    │         │出せるように準備しておくことを推奨しているとのことですが、│       │
│    │         │実際に持ち出せるとは限らず、また津波や建物の倒壊状況によっ│       │
│    │         │ては、自宅に取りに戻ることもできず、その後の避難生活に非常│       │
│    │         │に支障を来すことが予測されています。           │       │
│    │         │ 一般的にストマ装具は自宅のほかに親戚や知人の家に保管して│       │
│    │         │もらうことが多いようですが、必要なときに確実に手に入れられ│       │
│    │         │るかどうかは確証がありません。こうしたことから、より耐震性│       │
│    │         │、防火性にすぐれた公共施設での保管も考えられており、自治体│       │
│    │         │によっては、既にストマ装具を備蓄しているところもあるそうで│       │
│    │         │す。聞くところによると、東京都町田市では、希望者の装具を市│       │
│    │         │の施設で保管する事業を開始したそうであります。      │       │
│    │         │ ストマ装具もさまざまで、被災後すぐに自分に適した装具が調│       │
│    │         │達できるとも限らないため、本市でも公的に安全に管理できる場│       │
│    │         │所で備蓄しておく必要があると思いますが、市長の所見を伺いま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │高橋 正典(9) │1.防災・減災から見た富士市の大規模地震対策について   │市長     │
│    │         │ 本年4月14日午後9時26分と16日の午前1時25分の2度にわた│及び     │
│    │         │り熊本地方を襲った熊本地震においては、現時点で49名の方の命│担当部長   │
│    │         │が失われ、また、地元で生活されていた多くの方々が被災し、い│       │
│    │         │まだに避難生活を余儀なくされている状況です。亡くなられた方│       │
│    │         │の御冥福をお祈りするとともに、一日も早く復興し、被災された│       │
│    │         │方々に平穏な日々が訪れますよう、お祈りいたします。    │       │
│    │         │ 我々富士市民にとりましても人ごとではなく、東海地震が取り│       │
│    │         │沙汰されて久しいわけですが、5年3カ月前に東日本大震災が発│       │
│    │         │災し、ここ東海沖を飛び越えて、熊本地震が発生したということ│       │
│    │         │は、まさに東海地震がいつ来てもおかしくないと言えましょう。│       │
│    │         │ 東海・東南海・南海トラフの3連動の大地震が、いつ発生して│       │
│    │         │もおかしくない状況の中、我々は、何をすべきか考えていかなく│       │
│    │         │てはなりません。                     │       │
│    │         │ これを踏まえて以下、質問いたします。          │       │
│    │         │ (1) このたびの熊本地震においては、震度7クラスの揺れが4│       │
│    │         │月14日と16日の2回にわたり、この地方を襲った結果、14日に被│       │
│    │         │害は受けたが倒壊までは免れた家屋が16日に再び襲った揺れで倒│       │
│    │         │壊してしまった、という事例があった。           │       │
│    │         │ 本市においてこれまで、昭和56年5月以前に建築された木造住│       │
│    │         │宅を対象に耐震診断から耐震補強を行い、家屋の倒壊による人的│       │
│    │         │被害を防ぐための施策である「TOUKAI−0」を活用し、耐│       │
│    │         │震補強した方もいると思うが、中には耐震診断の結果、耐震補強│       │
│    │         │の必要性はないと判断された物件もあったと思う。そのような所│       │
│    │         │有者に対し再度、耐震の点検を促しつつ、さらに「わが家の専門│       │
│    │         │家診断事業」の必要性を訴え広めていく必要があると考えるがい│       │
│    │         │かがか。                         │       │
│    │         │ (2) 家具の転倒防止について、さきの11月定例会で質問し、広│       │
│    │         │く市民に周知することを要望したが、このことについても再度、│       │
│    │         │周知するよう求めるがいかがか。              │       │
│    │         │ (3) 平成7年に発災した阪神淡路大震災において多くの家屋が│       │
│    │         │倒壊し、これに伴い火災が発生、多くの家屋を焼失した。   │       │
│    │         │ このことから発災時にはガスの元栓をとめろ、ブレーカーを落│       │
│    │         │とせなど、避難の前にさまざまな作業が求められる。     │       │
│    │         │ しかし、急いで避難したいと思うときに、全て行えるか、かな│       │
│    │         │りハードルは高いと考えるが、火災を発生させないためにも各家│       │
│    │         │庭で感震ブレーカーの設置について要望があれば、本市としても│       │
│    │         │推奨し、かつ補助していくべきと考えるがいかがか。     │       │
│    │         │ (4) 熊本地震においても配水管の断裂から給水活動ができずに│       │
│    │         │住民に不便をかけたことは周知のとおりである。そこで、本市の│       │
│    │         │水道事業について、以下質問する。             │       │
│    │         │  ? 地震の揺れの影響による配水管の断裂のリスクを軽減 │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │高橋 正典(9) │するため、既存配水管から耐震管への更新状況はいかがか伺う。│市長     │
│    │         │  ? 滝戸区に岩松第2配水池が整備され、給水事業としては│及び     │
│    │         │良好な環境が整ってきたと考えているが、大地震の発生を考え懸│担当部長   │
│    │         │念されることは、岩本山にある岩松配水池の貯水タンクであるが│       │
│    │         │、タンクの耐震補強について、どのように考えているか伺う。 │       │
│    │         │ (5) 防災無線については、万が一地震が発生した場合に市内各│       │
│    │         │地に点在する同報無線のスピーカーから、市民に対して、自身の│       │
│    │         │身の安全の確保や避難指示などの情報が流されることになるが、│       │
│    │         │現在の同報無線から流れる情報については、聞きにくい(音が割│       │
│    │         │れる、聞き取りづらく言っている意味が理解しがたい、聞こえな│       │
│    │         │いなど)とされる事象が市民の声としてあることから、市民の安│       │
│    │         │全の確保という観点に立ち、今できることとして市内全域の調査│       │
│    │         │を行い、その聞き取りにくさの解消に努めるべきと考えるがいか│       │
│    │         │がか。                          │       │
│    │         │ 以上5点につき質問いたします。             │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │海野 庄三(15)│1.宙に浮いた格好の大淵の総合運動公園内への総合体育館建設│市長     │
│    │         │の今後について                      │及び     │
│    │         │ 地方公共団体における最上位計画に位置づけられている富士市│教育長    │
│    │         │の総合計画には、新環境クリーンセンター建設と総合体育館建設│担当部長   │
│    │         │という2つのビッグ事業がある。              │       │
│    │         │ このうち新環境クリーンセンターは、担当部署の熱意と建設予│       │
│    │         │定地周辺の住民の理解により実現に向けてレールに乗ったものの│       │
│    │         │、総合体育館については、いまだ計画のままで実現に向けての動│       │
│    │         │きもみられない。                     │       │
│    │         │ 状況的には宙に浮いた格好となっているが、ここにきて体育協│       │
│    │         │会加盟団体からは、白紙になったとする声も上がっている。  │       │
│    │         │ そうした声を受け、改めてここに総合体育館建設を取り上げ、│       │
│    │         │これまでの歩みを検証しながら質問を提示、市長の見解を伺いた│       │
│    │         │い。                           │       │
│    │         │ まず、これまでの取り組みを検証すれば……        │       │
│    │         │  ・総合体育館は平成13年度から平成22年度までの第四次富士│       │
│    │         │市総合計画では、場所や規模などについて総合的かつ具体的な調│       │
│    │         │査研究を進めるとし、さらに武道館にも触れ、武道館構想につい│       │
│    │         │て検討を進めるとしていた。                │       │
│    │         │  ・この第四次富士市総合計画に基づき市は平成20年度に公募│       │
│    │         │も絡め有識者や体育協会などのスポーツ関係者ら12人に委員を委│       │
│    │         │嘱した富士市総合体育館及び武道館基本構想策定委員会(以下、│       │
│    │         │策定委員会という)を設置。同時に426万円余の費用をもって県 │       │
│    │         │内のコンサルタント会社に調査を依頼し、策定委員会は平成21年│       │
│    │         │3月に報告書をまとめている。報告書によれば、延床面積は1万│       │
│    │         │3000平方メートルから1万5500平方メートル、概算建設費は用地│       │
│    │         │費や外構工事費などを除く建物本体だけで52億円から70億円とな│       │
│    │         │っており、さらに体育館と武道館の一体的整備案と体育館と武道│       │
│    │         │館の分離型整備案、それぞれの概算建設費も算出している。  │       │
│    │         │  ・この報告書をもとに市は平成22年度に庁内建設検討委員会│       │
│    │         │(以下、検討委員会という)を設置。検討委員会は平成24年10月│       │
│    │         │には、中型バス1台をもって大挙して富士市が目指す総合体育館│       │
│    │         │と、ほぼ同規模の体育館と武道館を一体的に整備、平成23年4月│       │
│    │         │にオープンした愛知県一宮市の総合体育館を視察している。  │       │
│    │         │  ・平成25年2月定例会の新年度市長施政方針に対する質問で│       │
│    │         │は、その建設場所をただす議員の質問に前市長は「富士総合運動│       │
│    │         │公園内の体育館の建てかえを前提として、その周辺への建設が適│       │
│    │         │当と考えている」と述べている。              │       │
│    │         │  ・かような建設に向けての動き、さらには第四次をリレーし│       │
│    │         │た平成23年度から平成32年度までの第五次富士市総合計画では、│       │
│    │         │活動の拠点となる総合体育館などの整備・充         │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │海野 庄三(15)│実を図ると踏み込んでいることから、体育館と武道館の一体的整│市長     │
│    │         │備か、それとも分離型整備かの二者択一の決着を図り、本格的な│及び     │
│    │         │基本構想、基本設計、実施設計、そして着工と進み、第五次富士│教育長    │
│    │         │市総合計画終了の平成32年度までには総合体育館が誕生するので│担当部長   │
│    │         │はとの期待が高まっていた。                │       │
│    │         │  ・こうした中で平成26年1月に市長が交代。新市長の小長井│       │
│    │         │義正市長が就任1年目に示した平成26年度市長施政方針では総合│       │
│    │         │体育館について何ら触れず、予算的にも検討委員会の開催費用と│       │
│    │         │して、わずか6万2000円に過ぎなかった。          │       │
│    │         │  ・平成26年3月に、公共建築物保全計画を公表した以降、現│       │
│    │         │状の公共建築物の維持・補修ですら財源確保が厳しいことを理由│       │
│    │         │に小長井市長は、「総合体育館は建設スケジュールの見直しが必│       │
│    │         │要かもしれない」とも述べ、第五次富士市総合計画終了の平成32│       │
│    │         │年度までの総合体育館誕生は絶望的と言わざるを得ない状況とな│       │
│    │         │っている。                        │       │
│    │         │ この流れを踏まえ、以下、3点を質問、回答を願いたい。  │       │
│    │         │ (1) 平成26年2月定例会の新年度市長施政方針に対する質問で│       │
│    │         │重要な懸案事業である総合体育館について何ら触れていないこと│       │
│    │         │への議員の指摘に小長井市長は「建設は必要と考えている」と述│       │
│    │         │べているが、今も、その考えに変わりはないか。       │       │
│    │         │ (2) 市長交代後の総合体育館建設の動きを捉えて、白紙になっ│       │
│    │         │たとする発言は、今年2月に開かれた富士市体育協会の評議員会│       │
│    │         │の席上で、その発言者は体育協会加盟競技団体の代表、かつ策定│       │
│    │         │委員会の委員を担った方である。つまり本市のスポーツ界の重鎮│       │
│    │         │である。建設は必要とするならば、そうした立場の方の受けとめ│       │
│    │         │方を払拭、建設計画を形として示すため、さらには建設計画を今│       │
│    │         │後につなぐためにも総合体育館建設基金を創設してはどうか。 │       │
│    │         │ (3) 一宮市は、総合体育館建設に当たって、総合運動公園内に│       │
│    │         │建設を条件に事業費の2分の1を補助という有利な国庫補助を活│       │
│    │         │用。総事業費約71億円中、実に約33億円の補助を受けている。国│       │
│    │         │庫補助の見直し・削減が進む中、国庫補助獲得に向けて早急に新│       │
│    │         │たな実現可能な建設スケジュールを策定、建設計画を国にアピー│       │
│    │         │ルすべきではないか。                   │       │
│    │         │2.富士市の貴重な文化財でありながら存続に黄信号が点灯して│       │
│    │         │いる石造物の保護について                 │       │
│    │         │ 文化財は、日本の文化財保護法及び地方公共団体の文化財保護│       │
│    │         │条例において規定されている有形、無形の後世に伝えたい遺産と│       │
│    │         │されている。特に歴史的、文化的に価値の高いものは、指定文化│       │
│    │         │財とし、保存措置が施され、民間所有であっても補助金交付など│       │
│    │         │をもって保存措置が施されている。             │       │
│    │         │ 富士市内の指定文化財は、国指定が富士山など8件、県指  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │海野 庄三(15)│定が旧稲垣家住宅など10件、市指定がディアナ号の錨や雁堤など│市長     │
│    │         │62件、そして国登録が旧順天堂田中歯科診療所兼主屋など4件の│及び     │
│    │         │計84件となっている。                   │教育長    │
│    │         │ 文化財を歴史や時代の証人であり、それを研究することで過去│担当部長   │
│    │         │の姿が明らかになるとともに現在を考える上で重要な資料ともな│       │
│    │         │るという視点で捉えると、その代表格は石造文化財であり、生活│       │
│    │         │圏に数多く存在している。                 │       │
│    │         │ 富士市教育委員会は、富士文化財愛好会に調査を依頼して昭和│       │
│    │         │59年1月から市内の石造文化財の実態を把握、5年間にわたる調│       │
│    │         │査で市内全域に約3600基もの石造文化財の存在を確認、記録し、│       │
│    │         │「富士市の石造文化財」の表題で第1集から第5集の記録集にま│       │
│    │         │とめている。                       │       │
│    │         │ しかし、この約3600基もの石造文化財のうち指定文化財は、い│       │
│    │         │ずれも市指定の竹採塚、白隠禅師の墓、善得寺墓群のなかの大勲│       │
│    │         │策禅師の墓、善得寺墓群のなかの大原雪斎の墓の4件に過ぎない│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ こうした状況は、石造文化財が?材質が堅牢、?その多くに宗│       │
│    │         │教的背景があり、神社・仏閣に建立されているものが多い、?守│       │
│    │         │護神として地域の保存意識が高いなどから、あえて指定文化財と│       │
│    │         │する必要性が希薄、加えて、その数の多さと類似性から、文化財│       │
│    │         │的価値が低い、そう判断してのものと推測される。      │       │
│    │         │ よって市指定4件の石造文化財も、石造文化財としてではなく│       │
│    │         │、その背景にある貴重な歴史に目を向けての史跡としての指定で│       │
│    │         │ある。                          │       │
│    │         │ これら市指定の4件以外にも極めて貴重な歴史を秘めた石造文│       │
│    │         │化財があり、その存続に黄信号が点灯していることを踏まえ、保│       │
│    │         │存担保となる指定文化財を願って、以下、3点を質問、回答を願│       │
│    │         │いたい。                         │       │
│    │         │ (1) 富士市教育委員会発行の文化財収録集「富士市の文化財」│       │
│    │         │には、室伏半蔵と仁藤春耕の「道しるべ」が紹介されている。室│       │
│    │         │伏半蔵は江戸時代の文政年間(1818年〜1830年)から天保年間(│       │
│    │         │1830年〜1844年)にかけ潤井川北岸から久沢、入山瀬など富士市│       │
│    │         │北西部にかけ十数基の「道しるべ」を建立。一方、仁藤春耕は、│       │
│    │         │明治39年(1906年)から明治45年(1912年)にかけ旧東海道から│       │
│    │         │吉永地区を南北に貫き、裾野市十里木を経て御殿場市滝ケ原から│       │
│    │         │甲州街道に接する須走に至る間に128基もの「道しるべ」を建立 │       │
│    │         │している。ともに旅人のためにとするとうとい社会貢献事業であ│       │
│    │         │る。この「道しるべ」は、管理責任が曖昧であることから散逸、│       │
│    │         │消失する不安を抱え込み、今年2月には、大きく傾き、その管理│       │
│    │         │責任の曖昧さが露呈、修復まで、かなりの時間を要した。その背│       │
│    │         │景の歴史に目を向け市が保存責任を担うべきではないか。   │       │
│    │         │ (2) 個人的な見解ではあるが室伏半蔵、仁藤春耕の「道しる │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │海野 庄三(15)│べ」は市指定文化財に値すると思われる。教育委員会は文化財と│市長     │
│    │         │しての価値判断を富士市文化財保護審議会に諮問、専門家の判断│及び     │
│    │         │を仰ぐ考えはないか。                   │教育長    │
│    │         │ (3) 市内の石造文化財には、その背景にある貴重な歴史から観│担当部長   │
│    │         │光名所となり得るものも散見される。観光都市・富士市を目指す│       │
│    │         │視点から観光課等と連携して、その洗い出しに取り組んでみては│       │
│    │         │どうか。                         │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│10  │小池 智明(18)│1.ESCO事業を活用した防犯灯一斉LED化への取り組みに│市長     │
│    │         │ついて                          │及び     │
│    │         │ 市内には、町内会・区が設置・管理する防犯灯が、現在約1万│担当部長   │
│    │         │9600灯存在する。                     │       │
│    │         │ 防犯灯は、市民の安全及び犯罪の防止を図る上で、大きな役割│       │
│    │         │を果たしている。                     │       │
│    │         │ 市では、富士市生活安全条例に基づき、防犯灯を設置・管理す│       │
│    │         │る町内会・区に設置費補助金、維持管理費補助金を交付している│       │
│    │         │が、平成24年度から、電気料金が安価で環境への負荷も少ないL│       │
│    │         │ED防犯灯に対する補助を開始している。          │       │
│    │         │ 従来の蛍光灯に比べLED防犯灯は、電気料金が安いだけでな│       │
│    │         │く、明るく、寿命が長いため、維持管理を行う町内会や役員の負│       │
│    │         │担も減ることが期待されるが、現在の補助金制度では全ての切り│       │
│    │         │かえまでには相当の年数を要すると考えられる。       │       │
│    │         │ 一方本年度、エネルギー消費量の多い中央病院において、民間│       │
│    │         │活力を用いて省エネルギー改修を行うESCO事業に取り組む予│       │
│    │         │定とされているが、防犯灯LED化にも民間企業のノウハウ、資│       │
│    │         │金、技術力、スピードを活用したESCO事業を導入し、市内の│       │
│    │         │防犯灯を一斉にLED化すべきではと考える。        │       │
│    │         │ こうした観点から以下質問する。             │       │
│    │         │ (1) 現在の補助金制度で防犯灯をLEDに切りかえていった場│       │
│    │         │合のスケジュールと市及び町内会・区の財政負担は、どのように│       │
│    │         │見込んでいるか。                     │       │
│    │         │ (2) 防犯灯を市に移管した上で、新たな財政負担を伴わないE│       │
│    │         │SCO事業を活用した防犯灯一斉LED化への取り組みを進める│       │
│    │         │べきと考えるがいかがか。                 │       │
│    │         │2.民間活力を導入した「攻めのFM(ファシリティマネジメン│       │
│    │         │ト)」への取り組みについて                │       │
│    │         │ 昭和40年代から50年代にかけて建設された公共施設が老朽化し│       │
│    │         │、今後一斉に更新・大規模修繕の時期を迎える一方、人口減少・│       │
│    │         │高齢化が進む中で、効率的かつ効果的な維持修繕の実施による長│       │
│    │         │寿命化や建築物保有量の計画的な削減など、保有する公共施設を│       │
│    │         │資産として最適に維持管理し、有効活用を図るとして、富士市で│       │
│    │         │も公共施設マネジメントいわゆるファシリティマネジメント(以│       │
│    │         │下、FMという)に取り組み始めたところである。      │       │
│    │         │ 昨年4月に策定された富士市公共施設マネジメント基本方針で│       │
│    │         │は、目標設定した一般公共建築物の延床面積20%削減がクローズ│       │
│    │         │アップされ、FMはいかに減らすかイコール統合、廃止するかの│       │
│    │         │イメージが先行している感が強い。             │       │
│    │         │ しかし本来FMは、保有する公共施設を資産として最適に維持│       │
│    │         │管理し、有効活用を図ることである。            │       │
│    │         │ 例えば、この二、三年で取り組み始めた公共下水道の終末  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│10  │小池 智明(18)│処理場屋根貸し太陽光発電事業は、その好例と言えよう。   │市長     │
│    │         │ ?終末処理場の屋根を太陽光発電事業者に貸し出すことにより│及び     │
│    │         │市は収入を得る、?太陽光発電により地球規模での課題である再│担当部長   │
│    │         │生可能エネルギーの利用促進に寄与する、?災害時の非常用電源│       │
│    │         │として市民サービスの向上に寄与する等、民間活力を導入するこ│       │
│    │         │とにより、既存施設を生かし、新たな財政負担を伴わず、歳入確│       │
│    │         │保、市民サービスの向上につなげている。          │       │
│    │         │ 統合、廃止等のイメージが先行するFMを「守りのFM」とす│       │
│    │         │るなら、有効活用を前面に打ち出したFMは「攻めのFM」と言│       │
│    │         │えよう。                         │       │
│    │         │ そして今後は、こうした「攻めのFM」もあわせて取り組んで│       │
│    │         │いくことが、より必要であると考える。           │       │
│    │         │ そうした観点から以下質問する。             │       │
│    │         │ (1) 吉原市民ひろば活用・南町公園整備事業の進捗状況はいか│       │
│    │         │がか。                          │       │
│    │         │ (2) 官公庁ネットオークション(市が所有する事務機器や公用│       │
│    │         │車、公有不動産等の公有財産、市が税金滞納者から差し押さえた│       │
│    │         │不動産、自動車、服飾装身具、美術品等の差し押え品を出品・落│       │
│    │         │札するインターネット上のオークション)の活用状況はいかがか│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (3) 公共施設敷地へのコンビニ誘致に取り組む考えはないか。│       │
│    │         │  ? 博物館が富士山かぐや姫ミュージアムとしてリニューア│       │
│    │         │ルオープンし市内外からの来訪が期待される広見公園。    │       │
│    │         │  ? ロゼシアターと相まって普段から利用客が多い中央公園│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │  ? それ以外にも可能性・妥当性がある公共施設敷地。  │       │
│    │         │ (4) 現在は担当部署ごとばらばらに所管・発注している庁舎、│       │
│    │         │まちづくりセンター、学校、福祉施設等における建物、電気、空│       │
│    │         │調、エレベーター等の保守管理・点検業務を一括して発注する公│       │
│    │         │共施設の包括施設管理業務委託に取り組む考えはないか。   │       │
│    │         │ (5) テーマ(対象施設・事業概要など)を定めず、民間事業者│       │
│    │         │から「富士市のファシリティ(公共施設・土地)を活用する」、│       │
│    │         │「新たな財政負担が生じない」という条件で、行政では思いつか│       │
│    │         │ない、民間ならではのノウハウを活用した自由な提案を公募し、│       │
│    │         │条件が整った場合には事業化するFM施策の事業者提案制度に取│       │
│    │         │り組む考えはないか。                   │       │
│    │         │ (6) 富士市として「攻めのFM」に関する基本姿勢、取り組み│       │
│    │         │体制はどのように考えるか。                │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│11  │井上  保(17)│1.財産区の統合に関する取り組みの進捗状況と見通しについて│市長     │
│    │         │ 今年度予算の特徴として、市有土地等売り払い収入を公共建築│及び     │
│    │         │物保全基金に積み立てる事業を予算化するなど資産の見直しによ│担当部長   │
│    │         │る財政健全化に向けた積極性が挙げられる。         │       │
│    │         │ 資産の見直しは全市的にあまねく、偏ることなく進められるこ│       │
│    │         │とが求められる。                     │       │
│    │         │ 私は昨年6月に、富士市における財産区についての一般質問を│       │
│    │         │した。                          │       │
│    │         │ その際、市長より財産区について、最終的には市への統合が望│       │
│    │         │ましいと考えている、財産区の合意が必要であるので財産区管理│       │
│    │         │会と統合に向けた協議を順次進めるとの答弁があった。    │       │
│    │         │ 具体的に進捗が図られることを期待し、改めて富士市における│       │
│    │         │財産区の統合に関する取り組みについて、その進捗状況と見通し│       │
│    │         │について伺う。                      │       │
│    │         │ (1) 当局の財産区についての現状認識と評価を伺う。    │       │
│    │         │  ? 平成22年度から特別会計が設置され会計処理が行われて│       │
│    │         │きた。この内容をどう評価するか。             │       │
│    │         │  ? 財産区財産の保全状況をどのように把握されているか。│       │
│    │         │  ? 財産区運営の基本にある住民福祉の増進、市の一体性を│       │
│    │         │損なわないの原則を富士市において具体的にどのような指標をも│       │
│    │         │って評価し、これまでの実績と現状の課題をどのように認識して│       │
│    │         │いるか。                         │       │
│    │         │ (2) 各財産区の今後のあり方について当局の考えを伺う。  │       │
│    │         │ 財産区の役割である財産の保存、利用、改良のため、財産区住│       │
│    │         │民の福祉の増進のため、また防災面・環境面の役割のため、各財│       │
│    │         │産区の今後のあり方をどのように考えているか。       │       │
│    │         │ 財産区ごと「現状のまま」、「市への統合」など、どのような│       │
│    │         │あり方が適切と考えているか。               │       │
│    │         │ (3) 各財産区との協議の進捗状況と見通しについて伺う。  │       │
│    │         │  ? 協議の経過または今後の予定について        │       │
│    │         │  ? 協議に臨む当局側の体制はどのように考えているか。 │       │
│    │         │  ? 協議に当たっての課題、争点となることは何と考えてい│       │
│    │         │るか。また、それへの対応をどのように考えるか。      │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│12  │笹川 朝子(3) │1.学校のトイレ及び公共施設のトイレの改善について    │市長     │
│    │         │ この問題は2月議会でも質問しましたが、再度深めていくとい│及び     │
│    │         │う観点から、今回取り上げるものです。           │教育長    │
│    │         │ 学校は、子どもたちが学び、遊び、食べ、排せつするという学│担当部長   │
│    │         │習の場であるとともに生活の場でもあります。        │       │
│    │         │ 言うまでもなく、学校のトイレは子どもたちが1日に何回も必│       │
│    │         │ず使う場所です。育ち盛りの子どもたちの健康を支える役割を持│       │
│    │         │っています。ところが、学校のトイレに行きたくないという子ど│       │
│    │         │もたちの声を聞きます。トイレに行けない症候群が問題になって│       │
│    │         │います。和式だから、臭いし汚いからなどが理由とされています│       │
│    │         │が、改修が進まないトイレを嫌い、使えずにいるという問題があ│       │
│    │         │ります。                         │       │
│    │         │ 市内の小・中学校の洋式化率は、平均で32.9%(13.8%〜82.8│       │
│    │         │%)です。多くの学校が、トイレの3K(臭い・汚い・暗い)ま│       │
│    │         │たは5K(臭い・汚い・暗い・怖い・壊れている)に悩んでいま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ また、学校で大便をすると茶化されたり、いじめの対象になっ│       │
│    │         │たりということもあり、トイレに行くことを我慢している状況が│       │
│    │         │あります。                        │       │
│    │         │ 学校のトイレの問題は、物理的・心理的な要因と掃除を含めた│       │
│    │         │メンテナンスの要因があると思います。           │       │
│    │         │ 今、家庭のトイレはほとんどが洋式便器で、温水洗浄便座です│       │
│    │         │。商業施設などのトイレは最新鋭の機器が入り、きれいで明るく│       │
│    │         │趣向を凝らしたものに進化しています。学校のトイレとのギャッ│       │
│    │         │プが非常に大きいのが現状です。              │       │
│    │         │ 富士市は、学校の耐震化が終了したので、今年度から5年間か│       │
│    │         │けてトイレの洋式化率45%を目標に、とりあえず今年度は30%に│       │
│    │         │するとして、1800万円(小・中学校で90器分)の予算を計上しま│       │
│    │         │した。                          │       │
│    │         │ 洋式化の取り組みについては大いに評価するものですが、現在│       │
│    │         │の3K・5Kトイレを改善することができるのでしょうか。  │       │
│    │         │ 学校のトイレは、子どもたちが必ず使う場所です。同時に、ほ│       │
│    │         │とんどの学校が地域のコミュ二ティの核であり、避難場所に指定│       │
│    │         │されています。                      │       │
│    │         │ トイレ整備を進めることは、日常の教育現場の切実なニーズに│       │
│    │         │応えると同時に、災害に対する備えでもあります。      │       │
│    │         │ 2011年3月に発生した東日本大震災を通じて、地域社会におけ│       │
│    │         │る学校のトイレの役割も認識されました。          │       │
│    │         │ 地震発生時、多くの地域住民が学校に避難し、通常の何倍もの│       │
│    │         │老若男女が学校のトイレを利用しました。足腰が悪くて和式を使│       │
│    │         │えない高齢者の中には、トイレに行くたび、ボランティアにトイ│       │
│    │         │レの中で支えてもらうことをためらうあまり、水分をとらなくな│       │
│    │         │る人もいたと聞きます。屋外の仮設トイレは寒さの問題はもちろ│       │
│    │         │ん、夜間は防犯の点からも、女性や子            │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│12  │笹川 朝子(3) │どもたちは不便だったといいます。今回の熊本地震でも同じ状況│市長     │
│    │         │がありました。                      │及び     │
│    │         │ 子どもたちや地域住民が安心して使えるトイレづくりを進めて│教育長    │
│    │         │いくことは急務ではないでしょうか。            │担当部長   │
│    │         │ また、多くの市民が利用する公共施設のトイレも、和式便器の│       │
│    │         │ところが多くあります。高齢者や下肢に支障のある人は、和式便│       │
│    │         │器は使えません。                     │       │
│    │         │ まちづくりセンターも地域の拠点ですし、行事の計画もたくさ│       │
│    │         │んあります。                       │       │
│    │         │ 公共施設のトイレも現状を把握して、洋式化とともに快適なト│       │
│    │         │イレ環境にしていくべきではないでしょうか。        │       │
│    │         │ 以下、質問いたします。                 │       │
│    │         │ (1) 学校のトイレの現状をどう把握しているか。      │       │
│    │         │ (2) 今年度から5カ年計画で洋式化率45%にする計画の内容に│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │ (3) トイレ教育の考えと実施状況について         │       │
│    │         │ (4) 子どもたちへのアンケートの実施について       │       │
│    │         │ (5) 文部科学省は2014年1月に、学校施設長寿命化改修の手引│       │
│    │         │を公表しました。今後、学校トイレの改修にどう生かしていくの│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ (6) 公共施設のトイレの現状をどう把握しているか。    │       │
│    │         │ (7) 公共施設のトイレの洋式化の取り組みについて     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│13  │小池 義治(4) │1.富士川河口断層帯の調査状況について          │市長     │
│    │         │ ことし4月に甚大な被害が発生した平成28年熊本地震は、日奈│及び     │
│    │         │久断層帯及び布田川断層帯という2つの断層帯が動いたものとさ│担当部長   │
│    │         │れる。日本には2000以上の活断層があり、全国のどこででも大き│       │
│    │         │な地震が起こる可能性があるが、本市域においては、富士山の南│       │
│    │         │西山麓から富士川河口付近にかけて南北に延びる富士川河口断層│       │
│    │         │帯の存在が知られており、数ある断層帯の中でも地震発生確率が│       │
│    │         │高いグループに属するとの指摘もある。本市及び静岡県の地震防│       │
│    │         │災対策は、プレート境界型である東海地震(南海トラフ大地震)│       │
│    │         │に力点が置かれているが、単独で断層帯が動くことによる直下型│       │
│    │         │地震、また、東海地震との連動の可能性についてのさらなる調査│       │
│    │         │と対策が望まれる。                    │       │
│    │         │ 以下質問する。                     │       │
│    │         │ (1) 富士川河口断層帯について、近年どのような調査がされ報│       │
│    │         │告されているか。                     │       │
│    │         │ (2) 調査結果を市民にどのように周知し、どう対策をとってい│       │
│    │         │くか。                          │       │
│    │         │2.同窓会開催への補助金交付について           │       │
│    │         │ 地元へのUターン就職促進や婚活支援を目的として、市民が開│       │
│    │         │催する同窓会に対して自治体が補助金を交付し応援する事例が全│       │
│    │         │国的にふえており、最近では富士宮市でも開始された。参加者1│       │
│    │         │人につき1000円程度、上限金額を5万円程度とする自治体が多く│       │
│    │         │、補助金制度があることで同窓会の開催がふえることが期待され│       │
│    │         │ている。同窓会の開催が、Uターン就職に結びつき定住者がふえ│       │
│    │         │たり、ふるさと納税寄付金の増加に結びついたりすれば、交付し│       │
│    │         │た補助金額以上の市への収入増も見込めるのではないだろうか。│       │
│    │         │同窓会開催に対して補助金を交付する施策を検討してはどうか。│       │
│    │         │3.ふるさと納税の取り組みについて            │       │
│    │         │ ふるさと納税制度の浸透につれて、本市への寄付金はふえてい│       │
│    │         │るものの、県内には数億円の寄付を記録している自治体も多数あ│       │
│    │         │り、後塵を拝している現状である。             │       │
│    │         │ 民間の企業経営においては、売上等の数字であらわれる結果を│       │
│    │         │強く意識しながら、マーケティングを見直したり、競合他社との│       │
│    │         │差異を分析したりという業務改善を短い間隔で繰り返すことはよ│       │
│    │         │く行われるが、ふるさと納税の寄付金増加に向けては、そういっ│       │
│    │         │た結果への意識とたゆまぬ改善の努力が必要と考え、以下質問す│       │
│    │         │る。                           │       │
│    │         │ (1) 本市への寄付額の現状をどう捉えているか。      │       │
│    │         │ (2) ふるさと納税の返礼品選定や広報戦略の計画・実施・評価│       │
│    │         │・改善(PDCAサイクル)は、どの部署が責任を持ち、どの程│       │
│    │         │度の期間で行われているか。                │       │
│    │         │ (3) 今年度より開始される地方創生応援税制、いわゆる企業版│       │
│    │         │ふるさと納税にどう取り組んでいくか。           │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│13  │小池 義治(4) │4.富士市役所周辺地区の中心商業・業務地の土地利用について│市長     │
│    │         │ 本市の都市計画において、富士市役所周辺地区の商業系用途地│及び     │
│    │         │域は、「まちなか」として、「魅力的で利便性の高い商業・サー│担当部長   │
│    │         │ビス施設の集積を図るとともに、“歩いて楽しい”商業・業務地│       │
│    │         │の形成を図る」とされている。しかし現状では、数台から数十台│       │
│    │         │の平置きの駐車場を有した、いわゆるロードサイド型の小売店舗│       │
│    │         │・飲食店が多く、店舗間の距離が離れた比較的低密度な市街地が│       │
│    │         │広がっている。富士市役所周辺地区の中心商業・業務地の土地利│       │
│    │         │用について、以下質問する。                │       │
│    │         │ (1) 富士市役所周辺地区の商業系用途地域について、商業・サ│       │
│    │         │ービス施設の集積をどのように図っていくか。        │       │
│    │         │ (2) 本庁舎に勤務する市職員が交通安全会の名称で、市庁舎周│       │
│    │         │辺に駐車場を借りているが、おおよそ何台で、どれほどの面積か│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (3) 富士市役所周辺地区の店舗や事業所の利用者が使えるよう│       │
│    │         │に、庁舎の近くに市営の立体駐車場を整備し、庁舎に勤務する市│       │
│    │         │職員が定期券を一定数購入するなどして採算性を担保した上で、│       │
│    │         │運営することはできないか。                │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│14  │下田 良秀(6) │1.生涯にわたって健全な心身を培い、健康寿命を延伸し、豊か│市長     │
│    │         │な人間性を育むための富士市における食育について      │及び     │
│    │         │ 食育とは生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育│教育長    │
│    │         │むための重要なテーマであります。             │担当部長   │
│    │         │ 我が国においては若い世代に対する食育の必然性、世代構造の│       │
│    │         │変化、子どもの貧困、新たな成長戦略における健康寿命の延伸、│       │
│    │         │食品ロス低減、和食のユネスコ無形文化遺産登録決定、各地域に│       │
│    │         │おける食育の課題などの食をめぐる状況の変化に対応するため、│       │
│    │         │2016年3月18日に、第3次食育推進基本計画が決定されました。│       │
│    │         │ 富士市においてもさらなる食育を推進するため、平成26年度か│       │
│    │         │ら平成30年度までを計画期間とする富士市食育推進計画「第2次│       │
│    │         │富士山おむすび計画」が策定されております。このように現在で│       │
│    │         │は食育の重要性はますます高まっています。         │       │
│    │         │ そこで以下質問いたします。               │       │
│    │         │ (1) 日本型食生活や食事バランス改善の現状と今後の課題につ│       │
│    │         │いて                           │       │
│    │         │ (2) 健康寿命の延伸を図るための成人及び子どもの生活習慣病│       │
│    │         │予防、歯の健康に関する指導の現状と今後の課題について   │       │
│    │         │ (3) 地産地消の推進や学校給食への地場産品の導入拡大状況に│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │ (4) 食品廃棄物の発生抑制や再生利用の現状と課題について │       │
│    │         │ (5) 富士市における食文化の特徴と伝承活動推進の現状と課題│       │
│    │         │について                         │       │
│    │         │ (6) 子どもの貧困に対する子ども食堂等の取り組みについて │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │荻田 丈仁(21)│1.須津川渓谷の整備推進と須津渓谷橋のブリッジバンジーを含│市長     │
│    │         │む有効活用について                    │及び     │
│    │         │ 清流と豊かな自然に囲まれた須津川渓谷は富士市の東部に位置│担当部長   │
│    │         │し、四季折々の美しい景色が楽しめる愛鷹山系随一の美しい渓谷│       │
│    │         │と言われ、落差21メートルの大棚の滝を有する。また、2003年に│       │
│    │         │林道整備工事の一環として建設整備された全長110メートル、幅 │       │
│    │         │8メートル、河原までの高さ約57メートルの須津渓谷橋から見る│       │
│    │         │大棚の滝はもちろんだが、須津渓谷橋から見える切り立った渓谷│       │
│    │         │から見える駿河湾や河原から見る渓谷橋は圧巻の景色があり、須│       │
│    │         │津川渓谷には新緑や紅葉の季節には市内外より多くの人が訪れる│       │
│    │         │場所となっている。                    │       │
│    │         │ しかしながら、富士市の観光資源としても全国的に誇れる場所│       │
│    │         │であると思うが、富士市の観光スポットとしての利用度からする│       │
│    │         │とまだまだ認知度は低く積極的な活用はなされてきているとは言│       │
│    │         │えない。須津川渓谷自体は地域の、富士市の誇れる財産として保│       │
│    │         │全をしながらも、主要観光スポットとしては、もっと有効活用は│       │
│    │         │なされてもよく、富士市のシティプロモーション上でも効果的な│       │
│    │         │利用があってもよい。                   │       │
│    │         │ 昨年には、観光課の一元的管理のもとで、須津川渓谷の現状と│       │
│    │         │課題を整理した上での、富士市須津川渓谷総合的整備計画が策定│       │
│    │         │されている。ただ、観光資源としても大きな魅力はあり情報発信│       │
│    │         │に力を入れてほしいが、須津川渓谷でのルールは徹底されておら│       │
│    │         │ず、路上駐車やバーベキュー利用のマナーの悪さが目立つ状況は│       │
│    │         │早期に改善しなればいけないことである。          │       │
│    │         │ 今後、富士市須津川渓谷総合的整備計画を生かしながら地域を│       │
│    │         │交えた整備推進は求められるが、今まで以上の推進を図るために│       │
│    │         │は、須津川渓谷の可能性を探っての大きな光が当たることが必要│       │
│    │         │と考える。現況の整備計画にはないが、より須津川渓谷の魅力を│       │
│    │         │磨きあげる上では、先進自治体等で取り組んでいる観光施策とし│       │
│    │         │て滝や橋を使ったイベントや周辺アクティビティの充実を含む新│       │
│    │         │たな試みとして民間活力を利用しての体験型アトラクションの可│       │
│    │         │能性を探るべきであると思われるので以下の質問をする。   │       │
│    │         │ (1) 富士市須津川渓谷総合的整備計画が策定され、須津川渓谷│       │
│    │         │活用会議が設置されたようだがどのようになっているのか。  │       │
│    │         │ (2) マナーの悪さが目立つ路上駐車やバーベキューの対応とし│       │
│    │         │て、ルールやしっかりとした規制を設けて示すことはもちろんだ│       │
│    │         │が、条例や新たな駐車場及びバーベキューサイトの整備は必要と│       │
│    │         │考えるがどうか。                     │       │
│    │         │ (3) シティプロモーションとして、大棚の滝はもちろんだが、│       │
│    │         │須津渓谷橋を富士市の大きな魅力としての情報発信やイベントを│       │
│    │         │行ってPRすべきであると思うがいかがか。         │       │
│    │         │ (4) 観光施策としての須津渓谷橋の有効活用として、全国各 │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │荻田 丈仁(21)│地において自治体等と連携して運営している体験型アトラクショ│市長     │
│    │         │ンでもあるブリッジバンジーについての(仮称)富士バンジーの│及び     │
│    │         │可能性を探るべきであると思うがいかがか、また、可能性がある│担当部長   │
│    │         │ならば市制50周年記念のチャレンジイベントとしてバンジージャ│       │
│    │         │ンプの開催をしてみてはどうか。              │       │
│    │         │2.熊本地震を受けての対応と観光危機管理について     │       │
│    │         │ 熊本地震が4月14日、16日に前震、本震と一連の大きな地震が│       │
│    │         │発生し観光地でもある熊本を中心に甚大な被害が発生した。富士│       │
│    │         │市においても地震発生後直ちに職員を被災地に派遣し、支援活動│       │
│    │         │をする中で、被災地の課題等も検証してきている。東日本大震災│       │
│    │         │以降、富士市において富士市地域防災計画が見直され対策が示さ│       │
│    │         │れてきたが、今回の熊本地震を受けて、新たな課題を含め修正が│       │
│    │         │必要であると考えられる。また、新たな災害時協定の推進や観光│       │
│    │         │振興に力を入れている市としても環富士山での広域的な視点から│       │
│    │         │も観光危機管理の取り組みも重要であると考えるので以下の質問│       │
│    │         │をする。                         │       │
│    │         │ (1) 地震発生後の富士市の対応として職員を派遣しているが、│       │
│    │         │どのような教訓を得ての今後の反映を考えているのか。    │       │
│    │         │ (2) 今までも災害時の対応として自治体、各種団体、民間企業│       │
│    │         │等の災害時協定は進められているが、現状を含め、災害時協定の│       │
│    │         │取り組みはどうなっているのか。              │       │
│    │         │ (3) 市内在住の人だけではなく、ビジネスや観光で富士市に来│       │
│    │         │ている人たちも多く、特に観光誘客に力を入れ始めている富士市│       │
│    │         │として観光危機管理についてどのように捉えているのか、今後、│       │
│    │         │観光危機管理計画の策定を進めるべきであると考えるがいかがか│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│16  │太田 康彦(22)│1.公民連携と公的不動産の活用について          │市長     │
│    │         │ (1) 富士市は富士市公共施設マネジメント基本方針を策定し、│及び     │
│    │         │その適用期間を平成27年度から平成66年度までの40年間としてい│担当部長   │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ そこでは、将来にわたり公共施設の必要性を検証すると同時に│       │
│    │         │、複合化や多機能化により施設機能の充実を図ることで効果的な│       │
│    │         │サービスを持続しつつ、施設の総量を削減するなど、人口減少社│       │
│    │         │会に応じた公共施設のあり方を模索していくとしています。  │       │
│    │         │ 「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太の方針2015)に│       │
│    │         │おいて、「PPP(※?)/PFI(※?)の飛躍的拡大のため│       │
│    │         │には、公的負担の抑制につながることを前提としつつ、PPP/│       │
│    │         │PFI手法について、地域の実情を踏まえ、導入を優先的に検討│       │
│    │         │することが必要である」とされ、これを受けて、「多様なPPP│       │
│    │         │/PFI手法導入を優先的に検討するための指針」が決定されま│       │
│    │         │した。                          │       │
│    │         │ そして、ここでは、人口20万人以上の地方公共団体は、この指│       │
│    │         │針を踏まえ、平成28年度末までに優先的検討規程を定めることが│       │
│    │         │要請されています。                    │       │
│    │         │ 近年、全国各地で取り組みが始まり、成功例が紹介される中、│       │
│    │         │富士市における取り組みと、今後の展開について伺います。  │       │
│    │         │  ? 富士市における民間活力の導入実績とその評価について│       │
│    │         │伺います。                        │       │
│    │         │  ? 富士市では公有地売却事例として、岳南食肉センター跡│       │
│    │         │地、富士市公設地方卸売市場跡地、さらに市民ひろばと大型物件│       │
│    │         │の売却が続く状況にありますが、これらの土地の活用において、│       │
│    │         │PPP/PFI手法の導入が検討されたのか伺います。    │       │
│    │         │ (2) PPP/PFI事業に精通した人材の育成が急務であり、│       │
│    │         │事業を担う人材の育成に取り組むことの必要性が言われています│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 国においても、地方公共団体等の実務担当者が、PPP/PF│       │
│    │         │I事業に関する必要な情報を容易に得ることができる環境を整備│       │
│    │         │するとしています。                    │       │
│    │         │  ? 富士市において、PPP/PFI事業におけるノウハウ│       │
│    │         │の蓄積および人材の育成について、どのような取り組みがなされ│       │
│    │         │、また今後どのような方針で進めるのか伺います。      │       │
│    │         │  ? 富士市公共施設マネジメント基本方針並びに富士市公共│       │
│    │         │建築物保全計画に基づき、公共サービスの提供方法の見直し、保│       │
│    │         │有建築物の総量削減が進められていきますが、PPP/PFI手│       │
│    │         │法の導入に関する今後の展開について伺います。       │       │
│    │         │ ※?PPP:Public Private Partnership         │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│16  │太田 康彦(22)│ 公共施設等の建設、維持管理、運営等を行政と民間が連携して│市長     │
│    │         │行うことにより、民間の創意工夫等を活用し、財政資金の効率的│及び     │
│    │         │使用や行政の効率化等を図るもの。             │担当部長   │
│    │         │ ※?PFI:Private Finance Initiative         │       │
│    │         │ PFI法に基づき、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民│       │
│    │         │間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う手法。   │       │
│    │         │2.吉原公園及び南町公園の再整備について         │       │
│    │         │ (1) 平成23年度施政方針において、吉原公園再整備について示│       │
│    │         │され、六所家跡地については公園としての整備が完了と伺ってい│       │
│    │         │ますが、吉原公園全体としての整備にはワークショップが開催さ│       │
│    │         │れたものの、その後の進展が見られません。         │       │
│    │         │  ? 吉原公園再整備の計画を具体的にお示しください。  │       │
│    │         │  ? 再整備に関するワークショップ開催以降、吉原地区、今│       │
│    │         │泉地区からのワークショップ参加者に対する説明、整備の進捗に│       │
│    │         │ついて説明が行われているのか伺います。          │       │
│    │         │ (2) 南町公園の再整備について伺います。         │       │
│    │         │ 質問の第1項目とも関係しますが、この公園の再整備について│       │
│    │         │は、市民ひろばの売却によって得られる資金をもとに進めるとさ│       │
│    │         │れています。                       │       │
│    │         │ 再整備についてワークショップを開催するとしています。ワー│       │
│    │         │クショップ開催時期及び整備に関する基本的なスケジュールを伺│       │
│    │         │います。                         │       │
│    │         │ (3) 平成28年5月にまとめられた「新たなステージに向けた緑│       │
│    │         │とオープンスペース政策の展開について」では、「緑とオープン│       │
│    │         │スペースの多機能性を、都市のため、地域のため、市民のために│       │
│    │         │引き出すことまでが役割であると再認識し、その視野を広げて各│       │
│    │         │種施策に取り組むことが必要である」として、都市公園の総合的│       │
│    │         │かつ戦略的な役割、都市づくりにおける新たな位置づけを示して│       │
│    │         │います。                         │       │
│    │         │ 新たな時代を迎える都市公園整備において、中心市街地におけ│       │
│    │         │る吉原公園、南町公園の再整備は、富士市のまちづくりにとって│       │
│    │         │重要な役割を担うものと考えますが、どのような方針で取り組ま│       │
│    │         │れるのか伺います。                    │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│17  │井出 晴美(7) │1.災害時における母子のための避難所設置について     │市長     │
│    │         │ 熊本地震発生後、避難生活を続け、乳児を抱えた母親や妊娠中│及び     │
│    │         │の女性のケアの重要性が大きな課題として浮上しています。子ど│教育長    │
│    │         │もが泣いたら迷惑になる、感染症が怖いなどの理由から、避難所│担当部長   │
│    │         │を避けて屋外のテントや車で過ごす女性が少なくありません。 │       │
│    │         │ 熊本地震後出産した186名に調査した結果、20%に当たる36名 │       │
│    │         │に「産後うつ」の疑いが見られ、これは被災前の2倍に当たりま│       │
│    │         │す。熊本県助産師会では、熊本市にある民間団体の施設を利用し│       │
│    │         │、乳児と母親のための専用避難所を開設。さらに熊本市は市内9│       │
│    │         │カ所の福祉避難所を活用し、妊婦と生後1カ月未満の乳児がいる│       │
│    │         │母親を受け入れています。                 │       │
│    │         │ 出産間もない母子への支援は大変重要であり、事前の準備や連│       │
│    │         │携が大切と痛感いたします。                │       │
│    │         │ そこで伺います。                    │       │
│    │         │ (1) 災害時における母子のための避難所の設置や支援体制はど│       │
│    │         │のようにお考えか伺います。                │       │
│    │         │ (2) 避難所運営マニュアルに、乳児を抱える母親、妊娠中の女│       │
│    │         │性への支援体制について盛り込んでいただきたいと思うがいかが│       │
│    │         │でしょうか。                       │       │
│    │         │2.本市における自殺対策について             │       │
│    │         │ 改正自殺対策基本法が本年4月から施行されました。同法では│       │
│    │         │、これまで国だけに義務づけていた自殺対策の計画策定が自治体│       │
│    │         │にも求められています。さらに、子どもの自殺予防へ学校が保護│       │
│    │         │者や地域と連携し、教育や啓発に努めることも盛り込まれました│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 全国の自殺者数は、1998年から14年連続で3万人を超えていま│       │
│    │         │した。それが2006年成立の自殺対策基本法で、自殺は防げるとの│       │
│    │         │理解が広がり、対策の進展で2010年から減少に転じ、昨年は18年│       │
│    │         │ぶりに2万5000人を下回っています。しかし、楽観できる状況で│       │
│    │         │はなく、15歳から34歳の死因の第1位に自殺が挙げられるのは、│       │
│    │         │先進7カ国では日本のみであり非常事態であることは変わらない│       │
│    │         │状況です。                        │       │
│    │         │ そこで伺います。                    │       │
│    │         │ (1) 本市における、自殺者の状況、対策について伺います。 │       │
│    │         │ (2) 子どもの自殺対策については、どのような取り組みをお考│       │
│    │         │えか伺います。                      │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│18  │小沢 映子(20)│1.学び直しの場としての夜間中学設置について       │市長     │
│    │         │ 夜間中学とは、公立の中学校の夜間学級のことをいいます。戦│及び     │
│    │         │後の混乱期で義務教育を終了できなかった人や、さまざまな理由│教育長    │
│    │         │から本国で義務教育を終了せずに日本で生活を始めることになっ│担当部長   │
│    │         │た外国籍の方など多様な背景を持った人たちが一生懸命学んでい│       │
│    │         │ます。最近では、学校の配慮から形としては中学校を卒業してい│       │
│    │         │ても不登校や虐待などの理由で十分に通うことのできなかった人│       │
│    │         │たちの学び直しの場としての役割も期待されるようになりました│       │
│    │         │。そこで、平成27年8月、文部科学省は形だけでも義務教育を卒│       │
│    │         │業した人の再入学は原則認めていなかったのですが、方針を変え│       │
│    │         │再入学を認めることになりました。文部科学省では、現在8都府│       │
│    │         │県に31校あり約1800名が学ぶ夜間中学を各都道府県に1校以上を│       │
│    │         │目標にさまざまな支援を始めました。そこで富士市での状況を伺│       │
│    │         │います。                         │       │
│    │         │ (1) 平成27年度、静岡県は国の委託を受け、中学校夜間学級に│       │
│    │         │ついての検討委員会を設け、富士市教育委員会からも委員を出し│       │
│    │         │ています。検討内容をお示しいただきたい。         │       │
│    │         │ (2) 富士市での夜間中学に対するニーズはいかがでしょうか。│       │
│    │         │ (3) 夜間中学を設置する利点、または問題点を伺いたい。  │       │
│    │         │ (4) 国、県が夜間中学設置を進める方針を持つ中で富士市での│       │
│    │         │今後の考え方を伺いたい。                 │       │
│    │         │2.児童福祉法等の一部を改正する法律の公布についての市の役│       │
│    │         │割と体制は                        │       │
│    │         │ 児童相談所における児童虐待相談対応件数の増加が続き、複雑│       │
│    │         │・困難なケースも増加している今日、平成28年6月3日、児童福│       │
│    │         │祉法等の一部を改正する法律が公布されました。児童虐待に関す│       │
│    │         │る対策強化の一環として、児童相談所の体制・専門性や権限の強│       │
│    │         │化を図るとともに、里親や養子縁組に関する支援を児童相談所の│       │
│    │         │業務として位置づけること等を盛り込んでいます。      │       │
│    │         │ それに伴って、市町村の役割も大きくなります。市町村が、身│       │
│    │         │近な場所で、児童や保護者に寄り添って継続的に支援し、児童虐│       │
│    │         │待の発生を防止することが重要である。このため、市町村を中心│       │
│    │         │とした在宅支援を強化することとあり、在宅ケースについて、児│       │
│    │         │童や保護者の置かれた状況に応じ、児童相談所の責任のもとで、│       │
│    │         │市町村による養育支援等を受けるよう措置を行えるようになりま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ (1) 富士市での児童虐待の実態はどのようになっているのでし│       │
│    │         │ょうか。                         │       │
│    │         │ (2) 法改正後、身近な市で虐待の発生予防を講じなければなら│       │
│    │         │なくなると思われるが、以前にも増して強化が必要となる人的資│       │
│    │         │源や在宅支援の体制は整えられるのでしょうか。       │       │
│    │         │ (3) 児童相談所と連携している要保護児童対策地域協議会の活│       │
│    │         │動状況はいかがでしょうか。                │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│19  │石橋 広明(30)│1.子ども会活動の現状と対策について           │市長     │
│    │         │ 近年、子ども会に入会する家庭が減ってきていることが問題と│及び     │
│    │         │なっております。これは、少子化が進み、生活が多様化する中で│教育長    │
│    │         │役員の選出や作業の協力などによる家庭の負担等が問題と思われ│担当部長   │
│    │         │ますが、原因は多々あるようです。強制でないなら子ども会に加│       │
│    │         │入したくないと入会を断る家庭以外でも、一度入会していたのに│       │
│    │         │退会してしまう子どもや子ども会は不要だという結論になって解│       │
│    │         │散した会まであるそうです。子ども会の意義として、異年齢交流│       │
│    │         │の場での子どもたちの成長や地域との交流、また、災害時の共助│       │
│    │         │としてのつながりや地域防犯との関わり等を考えると大きな問題│       │
│    │         │だと思われます。                     │       │
│    │         │ 現在、富士第一小学校には約700名の児童が在校しております │       │
│    │         │が、校区子ども会(安全共済会加入者)に参加している児童は平│       │
│    │         │成28年度で475名、平成29年度には400名前後となる見込みです。│       │
│    │         │また、校区21町内会中、平成28年度は12町内の参加で、平成29年│       │
│    │         │度は、既に3町内会の退会の申請があり9町内会の見込みとなっ│       │
│    │         │ております。富士第一小校区の問題は、町内会各区では活動して│       │
│    │         │いる子ども会が各家庭ではなく、地区子ども会単位(単位子ども│       │
│    │         │会)で校区子ども会の活動から抜けて行われてしまっていること│       │
│    │         │です。理由としては、?加入者の減少により、校区子ども会の本│       │
│    │         │部役員を選出するのが困難であること、?少子化により、スポー│       │
│    │         │ツ大会等のチーム編成が難しく行事に参加できないことなどが挙│       │
│    │         │げられています。                     │       │
│    │         │ 以下質問いたします。                  │       │
│    │         │ (1) 富士市子ども会世話人連絡協議会の現状と今後の取り組み│       │
│    │         │について                         │       │
│    │         │ (2) 校区子ども会の現状と今後の方向づけ         │       │
│    │         │ (3) 単位子ども会の現状と抱える問題点について      │       │
│    │         │ (4) 単位子ども会の活性化のための具体的対策について   │       │
│    │         │2.公園施設の防犯カメラ設置について           │       │
│    │         │ 東京都荒川区では、本年2月4日、区立公園33カ所に防犯カメ│       │
│    │         │ラを設置すると発表されました。全公園に設置するのは、東京都│       │
│    │         │23区で初めてといいます。                 │       │
│    │         │ 区によると、これまで主に区立学校や区道路などに設置してき│       │
│    │         │たが、公園新設や改修時に地元説明会で近隣住民から、安全のた│       │
│    │         │め防犯カメラをつけてほしいなどの要望が相次いだこともあり設│       │
│    │         │置を決めたようです。                   │       │
│    │         │ 現在、防犯カメラが設置されている区立公園は2カ所で来年度│       │
│    │         │に1685万円を計上し、残る31カ所に計50台設置、付近の民家は映│       │
│    │         │らないようにし、映像は1週間で上書きするなどプライバシーに│       │
│    │         │配慮するそうです。区道路公園課は、公園は夜間に騒ぐ人がいる│       │
│    │         │など迷惑行為報告がされているが、防犯カメラは抑止につながる│       │
│    │         │はず、プライバシーに十分配慮し、区民が安心して公園を利用で│       │
│    │         │きるようにしたいと話しているそ              │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│19  │石橋 広明(30)│うです。                         │市長     │
│    │         │ 先日、富士市中島に在住の市民が、竪堀公園の利用者への不満│及び     │
│    │         │を訴えてきました。公園トイレの使用マナーや壁面にスプレーに│教育長    │
│    │         │よる落書き、休憩所の落書き、地区防災倉庫へのスプレーによる│担当部長   │
│    │         │落書き、ごみの放置等迷惑行為が甚だしく地区住民の憩いの場が│       │
│    │         │犯罪の場になりかねないため、防犯カメラの設置をぜひお願いし│       │
│    │         │たいと強く要望されましたので、以下質問いたします。    │       │
│    │         │ (1) 市内公園における犯罪状況について          │       │
│    │         │ (2) 市内公園における治安対策と環境整備について     │       │
│    │         │ (3) 防犯カメラの設置及び運用に関する条例制定に向けての取│       │
│    │         │り組みについて                      │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│20  │山下いづみ(10)│1.女性と子どもへの暴力のない公的空間の形成について   │市長     │
│    │         │ 国連UN Womenが取り組むセーフシティーズ・グローバ │及び     │
│    │         │ル・イニシアティブは公的空間における女性と女児に対する性暴│教育長    │
│    │         │力、セクシャル・ハラスメントを防止・減少させるプログラムで│担当部長   │
│    │         │あります。世界の参加都市での有効な防犯モデルの提供を行うも│       │
│    │         │のです。国内では唯一、平成26年3月から堺市が参加をしていま│       │
│    │         │す。この取り組みにより、公的空間における女性と女児に対する│       │
│    │         │暴力の現状を捉えて、最終的には「すべての人にとって安全安心│       │
│    │         │なまち」を目指して事業展開を行っていくものです。     │       │
│    │         │ 富士市においても、男女共同参画プランの施策の方向の1つと│       │
│    │         │して、「人権の尊重と女性に対する暴力などの根絶」が掲げられ│       │
│    │         │ています。平成23年度の施策、女性に対する暴力などの根絶事業│       │
│    │         │の新規事業に、「セクシャル・ハラスメント防止の徹底」が上げ│       │
│    │         │られました。5年たった現在、どのようにセクシャル・ハラスメ│       │
│    │         │ント等の防止の徹底取り組みがなされてきているのでしょうか。│       │
│    │         │この問題は非常に繊細であり、被害に遭っても声に出せずひとり│       │
│    │         │で悩む場合も多く、市の取り組みは重要であります。また、国内│       │
│    │         │外問わず、ユニバーサルな問題であることから、他市との連携や│       │
│    │         │他国の情報を得ることも効果的に思われます。そこで、以下、3│       │
│    │         │点について質問いたします。                │       │
│    │         │ (1) 過去5年間の性暴力、ハラスメントに対しての市長部局・│       │
│    │         │学校での取り組みはどのようか。警察や病院との連携はどのよう│       │
│    │         │になっているのか。                    │       │
│    │         │ (2) 女性や子どもに対する暴力、ハラスメントフリーの啓発の│       │
│    │         │工夫はどのようか。                    │       │
│    │         │ (3) 国連UN Womenの取り組むセーフシティーズ・グロ │       │
│    │         │ーバル・イニシアティブに参加をしている堺市の取り組みを富士│       │
│    │         │市でも展開してはどうか。                 │       │
│    │         │2.バラの花を生かした市の魅力づくりについて       │       │
│    │         │ バラの花は花の女王として愛され、品種、種類もさまざまあり│       │
│    │         │、使用方法も園芸、精油、化粧品や食料品の原料など多岐にわた│       │
│    │         │っています。                       │       │
│    │         │ 富士市においては、昭和43年7月、「みどりと花のある美しい│       │
│    │         │都市づくり」そして、「明治百年記念事業」の一環として、市民│       │
│    │         │の花「バラ」が制定されました。現在では、中央公園や広見公園│       │
│    │         │などでバラの花鑑賞を楽しむことができます。        │       │
│    │         │ 今年5月には、本市にて第25回「ばら制定都市会議 in Fuji │       │
│    │         │」(通称:ばらサミット)が開催されました。22の加盟自治体の│       │
│    │         │うち、14の自治体が参加され、各自治体の取り組み発表、記念講│       │
│    │         │演等が催されました。それぞれの自治体の取り組みには、その土│       │
│    │         │地の歴史、文化が垣間見られるものやユニークな事業がありまし│       │
│    │         │た。                           │       │
│    │         │ 今回のばらサミット開催を契機に、改めて、市のシンボル  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│20  │山下いづみ(10)│であるバラの花を生かして、今まで以上に魅力あるまち、富士に│市長     │
│    │         │発展させることを願い、以下、2点について質問いたします。 │及び     │
│    │         │ (1) 今回、ばらサミットを開催し、よかった点と今後の課題は│教育長    │
│    │         │何か。                          │担当部長   │
│    │         │ (2) バラの花を利用した商品開発や催しなど新プロジェクトを│       │
│    │         │考えてはいかがか。                    │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│21  │杉山  諭(12)│1.富士市庁舎の5S活動の取り組みによる業務の効率化につい│市長     │
│    │         │て                            │及び     │
│    │         │ 本市は、今年市制50周年を記念して各種事業が計画されており│担当部長   │
│    │         │、4月29日には、市立博物館が富士山かぐや姫ミュージアムとし│       │
│    │         │て生まれ変わり、オープニングセレモニーを開催いたしました。│       │
│    │         │ また、5月にはばら制定都市会議(ばらサミット)が開催され│       │
│    │         │、全国の市町が富士市に集まり、バラの花をテーマにした取り組│       │
│    │         │みや市町の郷土自慢について発表していただきました。    │       │
│    │         │ つい先日は、テレビ東京の長寿番組でもある、開運!なんでも│       │
│    │         │鑑定団in富士の公開録画がロゼシアター大ホールで開催され、私│       │
│    │         │の家内が応募して抽選に当たり一緒に観覧させていただきました│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ さて、この市制50年を振り返ると、昭和41年に旧富士市・旧吉│       │
│    │         │原市・旧鷹岡町の2市1町が合併し、その4年後の昭和45年に現│       │
│    │         │在の市庁舎が建設されました。               │       │
│    │         │ 合併当時の人口は16万4932人、世帯数は3万7776世帯で、当時│       │
│    │         │は全部の世帯に電話があるわけではなく、テレビも白黒の時代で│       │
│    │         │、車社会に突入し始めたころだと記憶しています。      │       │
│    │         │ 市役所の業務においても、あらゆる資料は手書きの文書であり│       │
│    │         │、各種手続や申請書も紙を使用した帳票類であったと推察いたし│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ その後、市内企業の発展とともに富士市も特例市となり産業都│       │
│    │         │市として発展し、平成20年には旧富士川町と合併し人口も26万15│       │
│    │         │04人、世帯数は9万5796世帯となりました。         │       │
│    │         │ 時代は、昭和から平成に入り、情報化社会、IT社会となり、│       │
│    │         │この50年は、経済的にも技術的にも目覚しい発展を遂げてまいり│       │
│    │         │ました。                         │       │
│    │         │ 各家庭では、電話も黒電話はなくなり、携帯電話やスマートフ│       │
│    │         │ォンを各自が持ち、テレビも液晶でハイビジョン対応となりまし│       │
│    │         │た。                           │       │
│    │         │ 行政においても、現在では文書や各種資料などパソコンを使用│       │
│    │         │したIT化が進み、業務の効率化を進めていただいております。│       │
│    │         │ しかし、現状の庁舎内を見たときに、適切な職場環境とともに│       │
│    │         │本当に効率化は進んでいるのか疑問に感じる状況にあると考えま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ 私は5年前に庁舎内を見たとき、少し違和感を覚えました。庁│       │
│    │         │舎内の職員の机の周りに、あまりに書類や資料が多く、それら書│       │
│    │         │類や資料は、適正に管理されているのか疑問を感じたからです。│       │
│    │         │果たして、庁舎内には、5Sという考えはあるのか疑問を感じま│       │
│    │         │した。                          │       │
│    │         │ 民間の企業では、整理・整頓・清掃・清潔・しつけのアルファ│       │
│    │         │ベットの頭文字のSをとり5Sの考え方が、企業活動の    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│21  │杉山  諭(12)│背骨となり、生産活動や職場管理が当たり前の取り組みになって│市長     │
│    │         │おります。                        │及び     │
│    │         │ 本市も人口が減少しているとはいえ、市制50周年を迎え、地方│担当部長   │
│    │         │自治体の目的である25万人の住民福祉の増進のため、今後さらに│       │
│    │         │都市間競争に勝ち抜くための政策や事業展開を計画実施していか│       │
│    │         │なければならないと考える中、業務の効率化だけでなく、職員の│       │
│    │         │安全面からも5S活動を取り入れていくべきと考え以下質問いた│       │
│    │         │します。                         │       │
│    │         │ (1) 現状、市役所庁舎内の職場環境で職員の皆さんの安全が確│       │
│    │         │保され、業務がやりやすい状況にあると考えるか伺います。  │       │
│    │         │ (2) 庁舎内職場環境の改善をどのように進められているのか伺│       │
│    │         │います。                         │       │
│    │         │ (3) 庁舎内の防災対策を進める上でも、5S活動の導入が有効│       │
│    │         │と考えるがいかがか伺います。               │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│22  │萩野 基行(1) │1.無料で使える公衆無線LANの設置について       │市長     │
│    │         │ 近年、モバイルパソコン・スマートフォン・タブレットなどの│及び     │
│    │         │普及とともに、全国的にコンビニ・観光施設・飲食店・宿泊施設│担当部長   │
│    │         │・公共施設などさまざまな場所において、無料で無線LANの利│       │
│    │         │用が可能になりつつあります。               │       │
│    │         │ 公衆無線LANは電話回線が混雑し、利用できない場合でもイ│       │
│    │         │ンターネットにアクセスしやすいため、災害時でも情報を受発信│       │
│    │         │できる有効な通信手段です。                │       │
│    │         │ また外国人観光客から無料の公衆無線LANの要望が強く、富│       │
│    │         │士市におきましても2020年の東京オリンピック・パラリンピック│       │
│    │         │に向けての合宿誘致や台湾などへのインバウンドの取り組みを積│       │
│    │         │極的に行っていることから、海外旅行者がふえていくことが予想│       │
│    │         │されます。そのため国内外の観光客が手軽に情報を入手できるよ│       │
│    │         │う、観光拠点等における公衆無線LANの設置が必要となってき│       │
│    │         │ております。                       │       │
│    │         │ 本市におきましても官民一体となって設置を進めていくべきと│       │
│    │         │考えます。                        │       │
│    │         │ そこでお伺いいたします。                │       │
│    │         │ (1) 以前の一般質問にも今後、整備促進を図っていくとありま│       │
│    │         │したが、観光拠点等への設置状況と予定をお伺いします。   │       │
│    │         │ (2) 災害時の家族、友人、知人の安否確認、情報の取得に効果│       │
│    │         │的な通信手段として、公共施設や避難場所への設置状況と予定を│       │
│    │         │お伺いします。                      │       │
│    │         │ (3) まちなかまちづくりの一環として、各商店街に公衆無線L│       │
│    │         │ANを設置して、人を集める材料にしてはどうか。      │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│23  │鈴木 幸司(11)│1.木造住宅の耐震化の進捗状況について          │市長     │
│    │         │ 「木造住宅の耐震化を促す県の補助制度『TOKAI−0』が│及び     │
│    │         │岐路に立っている。創設から15年を迎えたが、資金不足を理由に│担当部長   │
│    │         │、耐震補強工事を受け入れない高齢者世帯が多いためだ。耐震化│       │
│    │         │率95%(2020年度末)を新たに目標に掲げる県は制度を5年間延│       │
│    │         │長する一方、戸別訪問で成果を上げる富士市の取り組みに活路を│       │
│    │         │見いだす」                        │       │
│    │         │ これは本年3月20日の朝日新聞に掲載された記事であるが、防│       │
│    │         │災では先進的な取り組みを行っている静岡県の中でも、富士市は│       │
│    │         │その先頭を走っていることは余り知られていない。      │       │
│    │         │ 今回の熊本地震の被災状況から2つの教訓が得られた。1つ目│       │
│    │         │は多くの木造家屋の倒壊。これを防ぐためには木造住宅の耐震化│       │
│    │         │が欠かせないことが明らかになった。            │       │
│    │         │ そこで以下のように質問する。              │       │
│    │         │ (1) 平成15年度から開始された戸別訪問は、どのような経緯で│       │
│    │         │始まり、どんな成果があるのか。              │       │
│    │         │ (2) 静岡県の住宅の耐震化率目標は平成32年度95%であるが、│       │
│    │         │富士市の平成27年度現在の住宅の耐震化率は何%まで来ているの│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │2.避難所のプライバシー確保について           │       │
│    │         │ 建築基準法第1条に「この法律は、建築物の敷地、構造、設備│       │
│    │         │及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財│       │
│    │         │産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的と│       │
│    │         │する」とある。                      │       │
│    │         │ 昭和56年に施行された新耐震基準が要求しているのは、わかり│       │
│    │         │やすく表現すると、震度6強から震度7程度の地震が来ても、建│       │
│    │         │物が倒壊しないことであり、建物の大破、中破、小破を防ぐこと│       │
│    │         │を求めてはいない。                    │       │
│    │         │ つまり現在の耐震基準では震度7が連続して起きた場合、補強│       │
│    │         │工事が終わるまで避難所生活を余儀なくされる場合がある、これ│       │
│    │         │が熊本地震で見えてきた2つ目の教訓である。        │       │
│    │         │ 私は平成16年の新潟中越地震の際、ボランティアとして2週間│       │
│    │         │の避難所暮らしを経験した。小千谷高校の体育館での共同生活か│       │
│    │         │ら、グラウンドでのテント生活に移り、ほっとしたことを覚えて│       │
│    │         │いる。                          │       │
│    │         │ 「人道憲章と人道対応に関する最低基準(スフィア基準)」に│       │
│    │         │は避難所について「プライバシーを確保し、十分な覆いのある生│       │
│    │         │活空間を有する」と明記されていることを踏まえた上で、以下の│       │
│    │         │ように質問する。                     │       │
│    │         │ (1) 富士市の防災計画では避難所におけるプライバシーの確保│       │
│    │         │についてはどのように配慮されているのか。         │       │
│    │         │ 以上2項目3点について回答願いたい。          │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│24  │遠藤 盛正(13)│1.市内の有料老人ホームの運営実態をどのように把握している│市長     │
│    │         │か                            │及び     │
│    │         │ 本年2月定例会で、有料老人ホームの虐待防止についてお聞き│担当部長   │
│    │         │しました。市は、老人福祉法に基づく立入検査を2年に1度の頻│       │
│    │         │度で実施し、必要に応じて適切な措置を講じるよう指導している│       │
│    │         │と、お答えをいただきました。しかし、これは介護職員に対する│       │
│    │         │虐待防止の指導例かと思いますが、そのほかにも施設の運営体質│       │
│    │         │面でも目に余る苦情が私の耳には入っています。一部有料老人ホ│       │
│    │         │ームで過剰な介護サービスを入居者に押しつけるとか、介護サー│       │
│    │         │ビスを限界まで使い切ることを入居の条件に挙げ、必要ない身体│       │
│    │         │介護サービスを申し込むように迫られたケースもあるようです。│       │
│    │         │また、家賃を低く設定して高齢者を誘いながら、過剰な介護サー│       │
│    │         │ビスを受けるよう、身内の事業者を使って囲い込んだり、生活保│       │
│    │         │護受給者や低所得者を集めたりする事業者もいるようです。その│       │
│    │         │ために入居されても、「人間らしい生活をしていない」と指摘す│       │
│    │         │るケアマネジャーもいます。                │       │
│    │         │ 有料老人ホームの指導指針では、設置事業者の義務として、?│       │
│    │         │契約締結前にサービス内容や費用について書面を交付して説明す│       │
│    │         │ること。?情報開示。?誤解を招くような広告の禁止。?契約に│       │
│    │         │従ってサービスを提供すること。そして行政による指導監督とし│       │
│    │         │て、?報告徴収、事務所や登録住宅への立入検査。?業務に関す│       │
│    │         │る是正指導ができるとしています。             │       │
│    │         │ しかし、都道府県では、実態を把握するには人員が足りず、質│       │
│    │         │の向上のために市町村の関与を強めるべきとしました。これによ│       │
│    │         │り、市町村は地元の要望を反映させたり、悪質な事業者を早目に│       │
│    │         │把握して、過剰な介護が行われないよう、運営実態も調査対象に│       │
│    │         │なるとしました。                     │       │
│    │         │ 以上のことから、現在富士市における有料老人ホーム施設事業│       │
│    │         │者の運営実態をどのように把握しているのか、また監督指導した│       │
│    │         │例があるならお聞きして1回目の質問といたします。     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

             富士市議会定例会(6月)会期表
                                 平成28年6月13日(月)開会
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日│曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第1日│6.13 │月│10:00 │本 会 議  │開 会                       │
│   │   │ │   │       │ 1.会議録署名議員の指名              │
│   │   │ │   │       │ 2.会期の決定                   │
│   │   │ │   │       │ 3.諸般の報告                   │
│   │   │ │   │       │ 4.報第4号 平成27年度富士市一般会計予算(繰越明許│
│   │   │ │   │       │  費)の繰越使用につき報告することについてほか議案│
│   │   │ │   │       │  2件(報第5号、報第6号)一括上程       │
│   │   │ │   │       │   ●報 告                   │
│   │   │ │   │       │ 5.報第2号 専決処分の承認を求めることについて(富│
│   │   │ │   │       │  士市税条例の一部を改正する条例制定)ほか議案1件│
│   │   │ │   │       │  (報第3号)一括上程              │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 6.議第78号 工事請負契約の締結に関し議決を求める │
│   │   │ │   │       │  ことについて(第二東名IC周辺地区土地区画整理事│
│   │   │ │   │       │  業2街区造成工事)               │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 7.議第79号 財産の取得に関し議決を求めることにつ │
│   │   │ │   │       │  いて(高規格救急自動車取得)ほか議案1件(議第80│
│   │   │ │   │       │  号)一括上程                  │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 8.議第81号 財産の処分に関し議決を求めることにつ │
│   │   │ │   │       │  いて(富士市公設地方卸売市場跡地処分)     │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 9.議第68号 平成28年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第1号)ほか議案9件(議第69号〜議第77号)│
│   │   │ │   │       │  一括上程                    │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●議案委員会付託    │
│   │   │ │   │       │ 10.静岡地方税滞納整理機構議会議員選挙について   │
│   │   │ │   │       │ 11.静岡県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙につい │
│   │   │ │   │       │  て                       │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第2日│6.14 │火│14:00 │議会運営委員会│●発言通告締切・正午                │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第3日│6.15 │水│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第4日│6.16 │木│9:30 │総務市民委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │環境経済委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第5日│6.17 │金│9:30 │文教民生委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │建設水道委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第6日│6.18 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第7日│6.19 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第8日│6.20 │月│   │休   会  │                          │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日│曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第9日│6.21 │火│9:30 │議会運営委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第10日│6.22 │水│10:00 │本 会 議  │ 1.議第68号 平成28年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第1号)ほか議案9件(議第69号〜議第77号)│
│   │   │ │   │       │  一括上程                    │
│   │   │ │   │       │   ●委員長報告  ●委員長報告に対する質疑   │
│   │   │ │   │       │   ●討 論    ●採 決           │
│   │   │ │   │       │ 2.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第11日│6.23 │木│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第12日│6.24 │金│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第13日│6.25 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第14日│6.26 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第15日│6.27 │月│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第16日│6.28 │火│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第17日│6.29 │水│10:00 │本 会 議  │ 1.副議長辞職について               │
│   │   │ │   │       │ 2.副議長選挙について               │
│   │   │ │   │       │ 3.議会運営委員の選任について           │
│   │   │ │   │       │ 4.常任委員の選任について             │
│   │   │ │   │       │ 5.特別委員の選任について             │
│   │   │ │   │       │ 6.議第82号 富士市固定資産評価員の選任につき同意 │
│   │   │ │   │       │  を求めることについて              │
│   │   │ │   │       │ 7.富士市議会議員の派遣について          │
│   │   │ │   │       │閉 会                       │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘