議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 富士市

平成28年 6月 定例会−06月13日-01号




平成28年 6月 定例会

平成28年富士市議会定例会(6月)会議録第1号
平成28年6月13日(月)
1.出 席 議 員(32名)
                1番  萩野基行 議員
                2番  佐野智昭 議員
                3番  笹川朝子 議員
                4番  小池義治 議員
                5番  石川計臣 議員
                6番  下田良秀 議員
                7番  井出晴美 議員
                8番  藤田哲哉 議員
                9番  高橋正典 議員
               10番  山下いづみ議員
               11番  鈴木幸司 議員
               12番  杉山 諭 議員
               13番  遠藤盛正 議員
               14番  小野由美子議員
               15番  海野庄三 議員
               16番  一条義浩 議員
               17番  井上 保 議員
               18番  小池智明 議員
               19番  笠井 浩 議員
               20番  小沢映子 議員
               21番  荻田丈仁 議員
               22番  太田康彦 議員
               23番  川窪吉男 議員
               24番  望月 昇 議員
               25番  米山享範 議員
               26番  小山忠之 議員
               27番  村松金祐 議員
               28番  影山正直 議員
               29番  稲葉寿利 議員
               30番  石橋広明 議員
               31番  前島貞一 議員
               32番  松本貞彦 議員

2.欠 席 議 員(0名)

3.欠     員(0名)

4.説明のため出席した者(22名)
           市長       小長井義正君
           副市長      森田正郁 君
           副市長      仁藤 哲 君
           教育長      山田幸男 君
           総務部長     影島清一 君
           財政部長     高橋富晴 君
           市民部長     加納孝則 君
           福祉部長     太田 守 君
           保健部長     青柳恭子 君
           環境部長     栢森孝幸 君
           産業経済部長   成宮和具 君
           都市整備部長   渡辺 孝 君
           上下水道部長   山田恒裕 君
           建設部長     遠藤光昭 君
           中央病院長    小野寺昭一君
           中央病院事務部長 杉沢利次 君
           消防長      稲葉定久 君
           教育次長     畔柳昭宏 君
           市長公室長    山田教文 君
           企画課長     高野浩一 君
           総務課長     和泉 誠 君
           財政課長     伊東禎浩 君

5.出席した議会事務局職員(3名)
           局長       渡辺 悟
           次長       石川伸宏
           統括主幹     渡辺利英

6.議事日程(第1号)
                          平成28年6月13日(月)・午前10時開会
 日程第1  会議録署名議員の指名
 日程第2  会期の決定
 日程第3  諸般の報告
        専決処分の報告について
        富士市土地開発公社ほか6法人の経営状況について
        議長会等諸会議の概要について     副議長 米山享範 議員
 日程第4  議案一括議題
        報第4号 平成27年度富士市一般会計予算(繰越明許費)の繰越使用につき報告することについて
        報第5号 平成27年度富士市第二東名IC周辺地区土地区画整理事業特別会計予算(繰越明許費)の繰越使用につき報告することについて
        報第6号 平成27年度富士市水道事業会計予算(建設改良費)の繰越使用につき報告することについて
              ●報 告
 日程第5  議案一括議題
        報第2号 専決処分の承認を求めることについて
             (富士市税条例の一部を改正する条例制定)
        報第3号 専決処分の承認を求めることについて
             (富士市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定)
              ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決
 日程第6  議第78号 工事請負契約の締結に関し議決を求めることについて
            (第二東名IC周辺地区土地区画整理事業2街区造成工事)
              ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決
 日程第7  議案一括議題
        議第79号 財産の取得に関し議決を求めることについて
             (高規格救急自動車取得)
        議第80号 財産の取得に関し議決を求めることについて
             (消防ポンプ自動車取得)
              ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決
 日程第8  議第81号 財産の処分に関し議決を求めることについて
            (富士市公設地方卸売市場跡地処分)
              ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決
 日程第9  議案一括議題
        議第68号 平成28年度富士市一般会計補正予算について(第1号)
        議第69号 平成28年度富士市国民健康保険事業特別会計補正予算について(第1号)
        議第70号 平成28年度富士市公共下水道事業会計補正予算について(第1号)
        議第71号 富士市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例制定について
        議第72号 富士市立高等学校教育職員の給与等の特別措置に関する条例等の一部を改正する条例制定について
        議第73号 富士市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について
        議第74号 富士市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定について
        議第75号 富士市手数料条例の一部を改正する条例制定について
        議第76号 富士市営住宅条例の一部を改正する条例制定について
        議第77号 富士市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について
              ●説 明  ●質 疑  ●議案委員会付託
 日程第10  静岡地方税滞納整理機構議会議員選挙について
 日程第11  静岡県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙について

7.会議に付した事件
   議事日程と同一

                 午前10時 開 会
○議長(影山正直 議員) 出席議員が法定数に達しておりますので、会議は成立いたしました。
 ただいまから富士市議会6月定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の会議は、お手元に配付いたしてあります議事日程により進めます。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(影山正直 議員) 日程第1 会議録署名議員を議長から指名いたします。
              16番   一 条 義 浩 議員
              17番   井 上   保 議員
              18番   小 池 智 明 議員
 以上3名を指名いたします。
 この際、本6月定例会の運営等につきまして、去る6月6日及び本日、議会運営委員会を開催願い、協議していただきましたので、その内容、結果について、議会運営委員会委員長一条義浩議員から報告願います。16番一条義浩議員。
              〔16番 一条義浩議員 登壇〕
◎16番(一条義浩 議員) 御指名をいただきましたので、議会運営委員会の報告をいたします。
 去る6月6日及び本日、議会運営委員会を開催し、本6月定例会の運営等について協議いたしましたので、その概要と結果について御報告申し上げます。
 6月6日は、本定例会に提出される報告案5件、補正予算案3件、条例案7件、契約案1件、単行案3件及び人事案1件の合わせて20件について、当局からその概要説明を受けるとともに、本定例会の会期及び議案の審議方法等について協議をいたしました。
 その結果、本定例会の会期は本日より6月29日までの17日間とし、各議案の審議方法といたしましては、報告案のうち、繰越使用に係る3件の報告を受け、専決処分をした残る2件、契約案1件及び単行案3件につきましては委員会付託を省略して本会議即決とし、残る補正予算案3件及び条例案7件並びに既に受理されております請願1件につきましては、それぞれ所管の各常任委員会に付託し、審査願うこととなりました。なお、人事案1件につきましては、後日、議案書No.2として別途提出される予定でありますので、御了承願います。
 次に、静岡地方税滞納整理機構議会議員選挙についてでありますが、去る5月18日、候補者の届け出が締め切りとなり、その結果、市議会議員枠2名に対し3名の立候補となったため、本定例会において選挙することとなりましたので、御了承願います。
 次に、静岡県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙についてでありますが、去る5月26日、候補者の届け出が締め切りとなり、その結果、市議会議員枠3名に対し4名の立候補となったため、本定例会において選挙することとなりましたので、御了承願います。
 次に、一般質問の取り扱いにつきましては、従前どおり、質問、答弁を含めて1人60分以内を基準とすることが確認されました。また、一般質問の通告締め切りを明14日の正午までといたしましたので、御了承願います。
 また、本日は、請願の取り下げについて協議いたしました。本定例会に提出が予定されておりました請願1件について、去る6月10日、請願者から取り下げ申出書が提出され、議長が許可したことから、本請願は撤回されたことの報告がありましたので、御了承願います。
 以上で議会運営委員会の報告を終わります。
○議長(影山正直 議員) 以上で議会運営委員会の報告を終わります。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第2 会期の決定
○議長(影山正直 議員) 日程第2 会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、本日から6月29日までの17日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって会期は本日から6月29日までの17日間と決定いたしました。
 なお、会期中の会議予定につきましては、お手元に配付いたしてあります会期予定表により御了承願います。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第3 諸般の報告
○議長(影山正直 議員) 日程第3 諸般の報告を行います。
 最初に、本定例会における議案として市長から20件の提出が予定されておりますが、このうち受理し、既に配付いたしてありますものは19件であります。残る1件の人事案件につきましては、後日配付されますことを御了承願います。
 次に、本定例会における説明員につきましては、お手元に配付いたしてあるとおりでありますので、御了承願います。
 次に、専決処分の報告について申し上げます。地方自治法第180条第1項の規定により、議会が指定した専決処分事項について、去る5月31日、市長から専決処分書の写し7件が提出され、受理し、既に配付いたしてあるとおりでありますので、御了承願います。
 次に、去る3月10日の2月定例会において可決されました活火山防災対策の強化を求める意見書及び精神障害者の交通運賃割引に関する意見書の2件につきましては、同日、内閣総理大臣を初め、関係大臣等にそれぞれ送付いたしましたので、御了承願います。
 次に、富士市土地開発公社ほか6法人の経営状況についての説明書が市長から提出され、それぞれ受理し、既に配付いたしてあるとおりでありますので、御了承願います。
 次に、市議会だより編集などのため、今会期中、議場における写真撮影を許可いたしましたので、御了承願います。
 次に、議長会等諸会議の概要について、副議長米山享範議員から報告願います。25番米山享範議員。
              〔25番 米山享範議員 登壇〕
◎25番(米山享範 議員) 御指名でございますので、2月定例会以降に行われました議長会等諸会議の概要と、その結果について御報告申し上げます。
 最初に、議長会について申し上げます。4月21日、第99回東海市議会議長会定期総会が岐阜県岐阜市で開催されました。会議では、昨年4月の定期総会以降の会務報告を受け、これを了承。議案審議では、静岡県提出の介護従事者の養成に対する支援について、愛知県提出の地球温暖化対策の拡充と広域連携の推進について、三重県提出の環太平洋連携協定(TPP)協定交渉の大筋合意について、岐阜県提出の森林吸収源対策に係る安定財源確保及び山村振興対策の推進についての各議案を可決いたしました。続いて、平成27年度当議長会会計決算及び同慶弔基金会計決算を認定。平成28年度当議長会会計予算、同慶弔基金会計予算をそれぞれ原案どおり可決し、次期開催地を愛知県一宮市に決定いたしました。
 次に、5月13日、全国自治体病院経営都市議会協議会第44回定期総会が東京都において開催されました。会議に先立ち、「公立病院改革の推進について」というテーマで総務省大臣官房審議官亀水晋氏の講演がありました。また、新規に本協議会に加盟した奈良県生駒市と宇陀市の紹介がありました。会議では、昨年定期総会以降の事務報告及び平成27年度歳入歳出決算を了承、認定し、平成28年度事業計画並びに予算をそれぞれ原案どおり可決いたしました。その後、役員改選が行われ、本市は当協議会の理事に選任されました。
 次に、5月31日、全国市議会議長会第92回定期総会が東京都において開催され、会議に先立ち、表彰が行われました。先ほど議長から伝達いたしましたように、議員在職10年以上の一般表彰を太田康彦議員が受賞いたしました。ここに、改めて永年の議会活動に対する御功績に敬意を表したいと存じます。会議では、昨年5月以降の会務報告を受けた後、各部会提出及び会長提出の各議案をそれぞれ原案どおり可決いたしました。また、前日行われた理事会において、本市が当議長会の監事に選任されました。
 次に、静岡県地方議会議長連絡協議会について申し上げます。6月3日、静岡県地方議会議長連絡協議会定期総会が静岡市で開催され、会議では、平成27年度事業実績及び歳入歳出決算を了承、認定し、また、平成28年度事業計画及び歳入歳出予算を原案どおり承認いたしました。続いて、第1回政策研修会として「できるやんか!人間って欠けているから伸びるんや」と題し、千房株式会社代表取締役中井政嗣氏による講演が行われました。
 次に、各期成同盟会について申し上げます。5月25日、富士治山治水期成同盟会通常総会及び国道469号建設促進期成同盟会通常総会が富士宮市において開催されました。いずれの会議におきましても、平成27年度事業報告及び決算報告を了承、認定。関係機関への請願、要望活動を柱とする平成28年度事業計画及び収入支出予算を原案どおり可決いたしました。
 以上、概要のみを申し上げ、議長会等諸般の報告を終わります。
○議長(影山正直 議員) 以上で諸般の報告を終わります。
 ここで、市長に、本6月定例会提出議案の大綱について説明を求めます。市長。
              〔市長 小長井義正君 登壇〕
◎市長(小長井義正 君) お許しを得ましたので、本市議会6月定例会に提案申し上げ、御審議を賜ります報告案5件、補正予算案3件、条例案7件、契約案1件、単行案3件、人事案1件、合わせて20件の議案につきまして、私からその要旨を申し上げます。
 なお、詳細につきましては、後刻所管の部長に説明させますので、あらかじめ御承知いただきたいと存じます。
 初めに、報告案でありますが、報第2号及び報第3号につきましては、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をしたものについて、同条第3項の規定に基づき議会に報告し、御承認をお願いするものであります。
 報第2号富士市税条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、本案は、地方税法等が改正されたことに伴い、熱損失防止改修工事を行った住宅に対する固定資産税の減額に係る申告書の記載事項の変更その他所要の措置を講ずるため、条例の一部改正を行い、専決処分したものであります。
 報第3号富士市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、本案は、地方税法施行令が改正されたことに伴い、本年4月1日からの国民健康保険税について、被保険者均等割額及び世帯別平等割額の、5割軽減及び2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定における所得基準額を引き上げ、軽減措置を拡充するため、条例の一部改正を行い、専決処分したものであります。
 報第4号から報第6号までにつきましては、平成27年度富士市一般会計予算、平成27年度富士市第二東名IC周辺地区土地区画整理事業特別会計予算及び平成27年度富士市水道事業会計予算における予算の繰越使用について報告するものであります。
 次に、議第68号平成28年度富士市一般会計補正予算(第1号)についてでありますが、今回9700万円を追加し、予算総額を歳入歳出それぞれ830億9700万円とするものであります。
 その主な内容は、林業振興事業における合板加工施設整備助成のほか、国の補助決定に伴う河川改良費を追加計上するものであります。
 地方債の補正でありますが、河川整備事業について起債限度額の変更を行うものであります。
 議第69号平成28年度富士市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、制度改正に伴うシステム改修経費を追加計上するものであります。
 議第70号平成28年度富士市公共下水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、国の補助決定に伴う下水道管路整備工事費の追加等を行うものであります。
 次に、議第71号富士市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、本案は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第9条第2項の規定に基づき、本市における個人番号の独自利用事務の範囲を規定するため、条例の一部を改正するものであります。
 議第72号富士市立高等学校教育職員の給与等の特別措置に関する条例等の一部を改正する条例制定についてでありますが、本案は、地方公務員法が改正され、条例で引用する条項に移動が生じたため、3件の条例を一括して改正するものであります。
 議第73号富士市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、本案は、職員の旅費の支給に係る級別の職務を改めるため、条例の一部を改正するものであります。
 議第74号富士市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、本案は、地方公務員災害補償法施行令が改正されたことに伴い、議員その他非常勤職員について、同一の事由により厚生年金保険法による障害厚生年金等が併給される場合における、条例による傷病補償年金及び休業補償の調整率を改めるため、条例の一部を改正するものであります。
 議第75号富士市手数料条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、本案は、既存住宅の増築または改築に係る長期優良住宅建築等計画の認定、非住宅建築部分の新たな評価方法による低炭素建築物新築等計画の認定、建築物エネルギー消費性能向上計画等の認定等に係る申請手数料を新たに規定するため、条例の一部を改正するものであります。
 議第76号富士市営住宅条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、本案は、施設の老朽化により昭和44年度建設の岩本山団地を廃止するため、条例の一部を改正するものであります。
 議第77号富士市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、本案は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令が改正されたことに伴い、非常勤消防団員等について、同一の事由により厚生年金保険法による障害厚生年金等が併給される場合における、条例による傷病補償年金及び休業補償の調整率を改めるため、条例の一部を改正するものであります。
 次に、議第78号第二東名IC周辺地区土地区画整理事業2街区造成工事につきましては、工事請負契約の締結に関し議会の議決を求めるものであります。
 次に、議第79号高規格救急自動車取得及び議第80号消防ポンプ自動車取得につきましては、財産の取得に関し議会の議決を求めるものであります。
 議第81号富士市公設地方卸売市場跡地処分につきましては、財産の処分に関し議会の議決を求めるものであります。
 以上、諸議案につきまして要旨のみ御説明申し上げましたが、御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、本定例会の開催中に、富士市固定資産評価員の選任につき同意を求めることについての人事案につきましては、別途提案申し上げる予定でありますので、このことを申し添えて、私の概要説明とさせていただきます。
 以上であります。
○議長(影山正直 議員) 以上で市長の説明を終わります。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第4 議案一括議題(報第4号〜報第6号)
○議長(影山正直 議員) 日程第4 報第4号平成27年度富士市一般会計予算(繰越明許費)の繰越使用につき報告することについてから報第6号平成27年度富士市水道事業会計予算(建設改良費)の繰越使用につき報告することについてまでの3件を一括議題といたします。
 当局に報第4号から報第6号までの3件について一括報告を求めます。財政部長。
              〔財政部長 高橋富晴君 登壇〕
◎財政部長(高橋富晴 君) それでは、議案書の7ページをお願いいたします。報第4号平成27年度富士市一般会計予算(繰越明許費)の繰越使用につき報告することについて御説明いたします。
 次の8ページをお願いいたします。平成27年度富士市一般会計繰越明許費繰越計算書は、昨年11月の補正第3号及び本年2月議会での補正第4号で繰り越しの承認をいただいたものでありますが、2款総務費1項総務管理費の伝法倉庫整備事業から次のページの10款教育費6項社会教育費の(仮称)紙のアートミュージアム事業まで、合計24事業で、翌年度繰越額の合計は13億361万6000円、その財源内訳は、お示しのとおりであります。
 これら24事業のうち、8ページ2行目、総務費の紙産業イメージアップ推進検討事業から、商工費の歴史・自然活用事業までの13事業、及び10ページ、教育費の2事業、計15事業については、地方創生加速化交付金事業など国の補正予算に伴うもので、平成28年度事業の前倒し実施によるものです。その他の事業は、入札不調や関係機関等との調整、協議のおくれなどにより平成27年度内に完了できなかったものです。なお、農林水産業費の担い手確保・経営強化支援事業につきましては、国の補正予算に伴い2月補正で予算計上し、1150万円の繰越明許費を設定したものですが、県の補助の採択を受けられなかったため、繰り越しを取りやめたものであります。
 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 都市整備部長。
             〔都市整備部長 渡辺 孝君 登壇〕
◎都市整備部長(渡辺孝 君) 次に、報第5号平成27年度富士市第二東名IC周辺地区土地区画整理事業特別会計予算(繰越明許費)の繰越使用につき報告することについて御説明いたしますので、議案書の12ページをお願いいたします。
 このことにつきましては、本年2月議会におきまして、事業の年度内での完了が見込めないことから、議第5号で繰り越しの御承認をいただいていたところであります。
 次の13、14ページをお願いいたします。1款土地区画整理事業費1項区画整理事業費、事業名、区画整理事業において2175万2000円を繰り越ししたものであります。また、事業の内容は、事務所及び附帯施設の物件移転補償1件であります。
 以上で報第5号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 上下水道部長。
             〔上下水道部長 山田恒裕君 登壇〕
◎上下水道部長(山田恒裕 君) それでは、議案書15ページをお願いいたします。私からは、報第6号平成27年度富士市水道事業会計予算(建設改良費)の繰越使用につき報告することについてを御説明いたしますので、議案書の16、17ページをお願いいたします。
 平成27年度富士市水道事業会計予算繰越計算書になります。1款資本的支出1項建設改良費のうち、事業名は配水設備等改良事業になります。繰越工事の内容ですが、説明欄にありますように、県道富士白糸滝公園線(吉原富士本西町)配水管移設工事であります。本工事は、富士土木事務所工事課発注の道路改築工事に伴い、口径100ミリメートルの配水管が支障となり移設工事を行うものですが、県道改築工事の工程の遅延により本工事の進捗に遅延が生じたため、繰り越しとなったものであります。翌年度繰越額は850万円で、財源内訳は建設改良事業負担金が220万円、損益勘定留保資金が630万円になります。
 以上で報告を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 以上で報告を終わります。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第5 議案一括議題(報第2号、報第3号)
○議長(影山正直 議員) 日程第5 報第2号専決処分の承認を求めることについて(富士市税条例の一部を改正する条例制定)及び報第3号専決処分の承認を求めることについて(富士市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定)の2件を一括議題といたします。
 当局に報第2号及び報第3号の2件について一括説明を求めます。財政部長。
              〔財政部長 高橋富晴君 登壇〕
◎財政部長(高橋富晴 君) 議案書の1ページをお願いいたします。報第2号専決処分の承認を求めることについて(富士市税条例の一部を改正する条例制定)について御説明いたします。
 次の2ページをお願いいたします。本案は、地方税法等の一部を改正する等の法律等が平成28年3月31日に公布されたことに伴い、同日、専第10号で、次の3ページにあります条例第29号富士市税条例の一部を改正する条例の制定について専決処分いたしましたので、報告し、承認を求めるものであります。
 最初に、今回の税条例の改正要旨を御説明いたしますので、議案参考資料の1ページをお開きください。今回の税条例の改正要旨でありますが、改正内容は、固定資産税及び都市計画税に係るもので、3点ございます。
 1点目は、固定資産税について、一般廃棄物の最終処分場の償却資産に係る特例割合に関する規定の追加に伴う引用条項の改正で、附則第12条の2第4項を改正したものであります。これは、地方税法の改正により一般廃棄物の最終処分場の償却資産に係る特例割合に関する規定が追加されたことに伴い、同法の関連事項に移動が生じたため、条例で規定している公共下水道の除外施設の償却資産に係る特例割合に関する規定の引用条項を改めるものであります。
 2点目は、熱損失防止改修工事を行った住宅に対する固定資産税の減額のための申告書への記載事項の変更であり、附則第12条の3第8項第5号を改正したものであります。外壁、窓等の断熱改修工事を行った住宅につきましては、固定資産税の減額措置が適用となりますが、地方税法施行令の改正により、減額措置の判定に用いる費用の額は、改修工事に要した費用の額から国または地方公共団体からの補助金等の額を控除したものとされたことに伴い、申告書の記載事項に「国又は地方公共団体の補助金等」を追加するものであります。
 3点目は、都市計画税について、熱供給事業の用に供する償却資産に対して課する固定資産税の課税標準の特例規定の廃止等に伴い引用条項等を改正するもので、第144条第2項及び附則第19条を改正するものであります。これは、地方税法の改正により、熱供給事業者が新設した熱供給事業に用いる償却資産に対する固定資産税の課税標準の特例に関する規定が削られたこと等に伴い、同法の関連条項に移動が生じたため、都市計画税の課税標準となるべき価格に関する規定の引用条項及び読みかえ規定の引用条項を改めるものです。
 改正内容の詳細につきましては、2ページ及び3ページに新旧対照表をお示ししておりますので、御参照ください。
 議案書の3ページにお戻りください。附則でありますが、この条例は平成28年4月1日から施行するものです。なお、改正後の富士市税条例の規定は、平成28年度以後の年度分の固定資産税及び都市計画税について適用し、平成27年度分までの固定資産税及び都市計画税については従前の例によるものです。
 専決処分いたしました富士市税条例の一部を改正する条例についての説明は以上でありますが、今回の専決は地方税法等の改正のうち、施行日が平成28年6月以前のもので、緊急を要するものであり、その他施行日に猶予のある改正につきましては、今後の定例会に別途条例の改正案を提案させていただく予定でありますので、よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 保健部長。
              〔保健部長 青柳恭子君 登壇〕
◎保健部長(青柳恭子 君) それでは、報第3号について御説明いたしますので、議案書の4ページをお願いいたします。
 報第3号専決処分の承認を求めることについて(富士市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定)についてでありますが、次の5ページをお願いいたします。本案は、地方税法施行令の一部を改正する政令が本年3月31日に公布されたことに伴い、同日、専第11号により、次の6ページにあります条例第30号富士市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について専決処分いたしましたので、報告し、承認を求めるものであります。
 初めに、条例改正の要旨について御説明いたしますので、議案参考資料4ページをお願いいたします。今回の改正は、所得の低い世帯に対し国民健康保険税の軽減措置の拡充を行うもので、3年連続の拡充となります。措置の1点目は、被保険者均等割額及び世帯別平等割額の5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者の数に乗ずべき金額を26万円から26万5000円に引き上げるものであります。2点目は、2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者等の数に乗ずべき金額を47万円から48万円に引き上げるものであります。
 改正内容につきましては、議案参考資料5ページの新旧対照表にお示ししてございますが、第19条第2号は5割軽減の、第3号は2割軽減の対象世帯について規定するもので、被保険者等の数に乗ずべき金額をそれぞれ改正後の金額に改めるものであります。
 議案書の6ページにお戻り願います。附則でありますが、第1項でこの条例の施行日を国民健康保険税の賦課期日である本年4月1日とし、第2項には経過措置を規定しております。
 以上で報第3号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 以上で説明を終わります。
 これから報第2号及び報第3号の2件について一括質疑に入ります。――質疑を終わります。
 お諮りいたします。
 報第2号及び報第3号の2件については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって報第2号及び報第3号の2件については委員会付託を省略することに決しました。
 これから報第2号及び報第3号の2件について一括討論に入ります。――討論を終わります。
 これから報第2号及び報第3号の2件について一括採決に入ります。
 お諮りいたします。
 報第2号専決処分の承認を求めることについて(富士市税条例の一部を改正する条例制定)及び報第3号専決処分の承認を求めることについて(富士市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定)の2件については承認することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって報第2号及び報第3号の2件は承認されました。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第6 議第78号工事請負契約の締結に関し議決を求めることについて(第二東名IC周辺地区土地区画整理事業2街区造成工事)
○議長(影山正直 議員) 日程第6 議第78号工事請負契約の締結に関し議決を求めることについて(第二東名IC周辺地区土地区画整理事業2街区造成工事)を議題といたします。
 当局に議第78号について説明を求めます。財政部長。
              〔財政部長 高橋富晴君 登壇〕
◎財政部長(高橋富晴 君) 議第78号工事請負契約の締結に関し議決を求めることについて(第二東名IC周辺地区土地区画整理事業2街区造成工事)について御説明いたしますので、議案書の116ページをお願いいたします。
 本案は、富士市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規定に基づき、工事請負契約の締結について議決をお願いするものであります。
 1の工事名は第二東名IC周辺地区土地区画整理事業2街区造成工事で、2の工事場所は富士市大淵地先、3の契約内容ですが、契約金額は2億4732万円、契約の履行期限は平成29年3月1日、工事の概要は造成面積4.4ヘクタール、土工一式、土質改良一式、仮設工一式などであります。4の契約の相手方は、富士市伝法1659番地の15、株式会社三和工務店代表取締役遠藤祐佐です。次のページをお願いいたします。5の契約の方法は制限付き一般競争入札です。
 なお、118ページに位置図を、119ページに造成平面図を、120ページに造成横断面図をお示しいたしましたので、御参照願います。このうち120ページの造成横断面図に記載した数値につきましては、東西方向及び南北方向のそれぞれの中心部での寸法をお示ししておりますので、御承知願います。
 また、入札の状況ですが、議案参考資料の45ページをお願いいたします。こちらには、入札結果と入札参加者一覧をお示ししておりますが、予定価格が2億5082万6760円で、制限付き一般競争入札の結果、1回目の入札では市内建設業者10社が応札しましたが、いずれも予定価格を上回り、2回目の入札では6社が辞退、残り4社が応札し、最低入札金額2億4732万円で株式会社三和工務店を落札者と決定したものであります。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 以上で説明を終わります。
 これから議第78号について質疑に入ります。29番稲葉寿利議員。
◆29番(稲葉寿利 議員) 幾つかちょっとお尋ねをいたします。
 この落札率というのは何%なのかというのが1点です。
 それと、10社の応札の中で6社が辞退しているという状況で、この見積額が本当に正しい見積額をとっているのかなという疑問があります。2回目で6社も辞退をされるような工事金額は適正かどうかという部分をちょっと疑問に思って、質疑をさせていただきます。もちろん落札をされた業者は、これで十分できるよという形の中で落札をされているわけでありますけれども、10社のうちの6社が辞退をする事態というのは尋常ではないのかなというふうに思いますが、当局はその辺はどのように考えられているのでしょうかということが1点です。
 この2点だけ、ちょっとお聞かせいただきたいと思います。
○議長(影山正直 議員) 財政部長。
◎財政部長(高橋富晴 君) 落札率でございますが、98.6%でございます。
○議長(影山正直 議員) 都市整備部長。
◎都市整備部長(渡辺孝 君) 先ほどの質疑ですけれども、落札率が98.6%ということでもって、各業者ぎりぎりの線を狙って落札したものと思っております。工種としましては、土工と土質改良工ですので、それほど難しい積算にはならないと思っております。適正な算定であったと思っております。以上です。
○議長(影山正直 議員) もう1点、6社が辞退をしているということについて。
◎都市整備部長(渡辺孝 君) ぎりぎりの線を狙って額を入れたんですけれども、自分たちの金額と合わないというようなことがあったので、辞退をしたのかなというふうに思います。よろしくお願いします。
○議長(影山正直 議員) 29番稲葉議員。
◆29番(稲葉寿利 議員) 落札率の98.6%が高いか低いかというのはこれからの議論になろうかと思いますけれども、ぎりぎりの線を皆さん狙って、今、特に仕事がないという中で、やっぱり皆さん仕事はとりたいと思うんです。ここで6割、6社が辞退をしてしまうような見積額というのが、本当に市内業者の育成ということを考えていく中で正しいのかな。もちろん安くてしっかりやっていただければいいわけですけれども、もう少し業者側の立場にも立った形の中での入札も考えていただいたほうがいいのかな。これはもちろん、市民の税金ですから安くてしっかりやっていただくのがいいわけですけれども、地元業者の育成という部分も考えて、これからはいろいろ検討していっていただければいいかなということを思います。
 以上で終わります。
○議長(影山正直 議員) 質疑を終わります。
 お諮りいたします。
 議第78号については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって議第78号は委員会付託を省略することに決しました。
 これから議第78号について討論に入ります。――討論を終わります。
 これから採決に入ります。
 お諮りいたします。
 議第78号工事請負契約の締結に関し議決を求めることについて(第二東名IC周辺地区土地区画整理事業2街区造成工事)は原案どおり決することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって議第78号は原案どおり可決されました。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第7 議案一括議題(議第79号、議第80号)
○議長(影山正直 議員) 日程第7 議第79号財産の取得に関し議決を求めることについて(高規格救急自動車取得)及び議第80号財産の取得に関し議決を求めることについて(消防ポンプ自動車取得)の2件を一括議題といたします。
 当局に議第79号及び議第80号の2件について一括説明を求めます。消防長。
              〔消防長 稲葉定久君 登壇〕
◎消防長(稲葉定久 君) それでは、議第79号及び議第80号財産の取得に関し議決を求めることについての2件を御説明申し上げます。
 初めに、議第79号高規格救急自動車取得についてでありますが、議案書の121ページ、あわせまして議案参考資料46、47ページの高規格救急自動車見取図をお願いいたします。
 本案は、中央消防署大淵分署及び西消防署鷹岡分署の高規格救急自動車2台の取得について議決をお願いするものであります。現在、中央消防署大淵分署及び西消防署鷹岡分署に配置してあります高規格救急自動車は、平成19年11月及び平成20年11月に購入したもので、走行距離14万2000キロメートル及び10万8000キロメートルであり、車両及び救急資機材の老朽化が著しいため更新をお願いするものであります。導入車両は、傷病者管理等をより適切に行うために高規格救急自動車とし、高度な救急処置を施し傷病者を搬送するとともに、作業性や安全性の向上を図っております。
 それでは、契約の内容について御説明申し上げます。2の取得価格は7231万6800円で、シャシーが3780万円、高度救命処置用資機材が3451万6800円で、1台当たりの価格はシャシーが1890万円、高度救命処置用資機材は1725万8400円であります。3の契約の相手方は、シャシーが、静岡市駿河区国吉田2丁目3番1号、静岡トヨタ自動車株式会社法人営業部部長鈴木智久で、高度救命処置用資機材は、沼津市大岡2391番地の7、協和医科器械株式会社沼津支店支店長高橋勝巳であります。4の契約の方法は、シャシー及び高度救命処置用資機材ともに指名競争入札であります。5の配置場所は、中央消防署大淵分署及び西消防署鷹岡分署であります。
 次の123ページをお願いいたします。高規格救急自動車の概要ですが、シャシーはワンボックスで定員は7人、駆動方式は四輪駆動であります。高度救命処置用資機材につきましては、経鼻エアウェイ等の気道確保用資機材、血圧計等の観測用資機材、人工呼吸器等の呼吸・循環管理用資機材、その他救命処置用資機材として輸液用資機材などであります。
 また、この車両の見取り図は、議案参考資料46、47ページのとおりであります。
 以上で議第79号の説明を終わります。
 続きまして、議第80号消防ポンプ自動車取得について御説明いたします。議案書の124ページ、あわせまして議案参考資料48ページの消防ポンプ自動車見取図をお願いいたします。
 本案は、富士市消防団第2分団及び第31分団の消防ポンプ自動車2台の取得について議決をお願いするものであります。現在、第2分団及び第31分団に配置してあります消防ポンプ自動車は、いずれも平成7年に購入したもので、20年以上経過し、老朽化が著しいため更新をお願いするものであります。
 それでは、契約の内容について御説明申し上げます。2の取得価格は3672万円で、1台当たりの価格は1836万円であります。3の契約の相手方は、東京都八王子市中野上町2丁目31番1号、日本機械工業株式会社本社営業部部長平井厚行であります。4の契約の方法は公募型指名競争入札であります。5の配置場所は富士市消防団第2分団及び第31分団であります。
 次の125ページをお願いいたします。消防ポンプ自動車の概要ですが、シャシーはフォードアダブルキャブ、定員は8人で、駆動方式は後輪駆動であります。艤装につきましては、ポンプはA―2級、揚水方式は自動揚水方式であります。
 また、この車両の見取り図は、議案参考資料48ページのとおりであります。
 以上で議第79号及び議第80号の2件の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 以上で説明を終わります。
 これから議第79号及び議第80号の2件について一括質疑に入ります。――質疑を終わります。
 お諮りいたします。
 議第79号及び議第80号の2件については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって議第79号及び議第80号の2件については委員会付託を省略することに決しました。
 これから議第79号及び議第80号の2件について一括討論に入ります。――討論を終わります。
 これから一括採決に入ります。
 お諮りいたします。
 議第79号財産の取得に関し議決を求めることについて(高規格救急自動車取得)及び議第80号財産の取得に関し議決を求めることについて(消防ポンプ自動車取得)の2件については原案どおり決することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって議第79号及び議第80号の2件は原案どおり可決されました。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第8 議第81号財産の処分に関し議決を求めることについて(富士市公設地方卸売市場跡地処分)
○議長(影山正直 議員) 日程第8 議第81号財産の処分に関し議決を求めることについて(富士市公設地方卸売市場跡地処分)を議題といたします。
 当局に議第81号について説明を求めます。産業経済部長。
             〔産業経済部長 成宮和具君 登壇〕
◎産業経済部長(成宮和具 君) それでは、議第81号財産の処分に関し議決を求めることについて(富士市公設地方卸売市場跡地処分)を御説明いたしますので、議案書の126ページをお願いいたします。
 本案は、富士市公設地方卸売市場跡地である市有土地を静岡日野自動車株式会社用地として処分したいので、富士市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議決を求めるものであります。
 処分する土地の表示でありますが、富士市荒田島字鮒川188番10ほか11筆で、面積は3万3443.39平方メートルでございます。場所につきましては、次の127ページに記載の位置図を御参照いただきたいと思いますが、旧富士市公設地方卸売市場敷地内の北側跡地であります。売払価格は9億847万円で、処分先は、静岡市駿河区国吉田2丁目5番1号、静岡日野自動車株式会社代表取締役社長桑原優であります。
 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 以上で説明を終わります。
 これから議第81号について質疑に入ります。――質疑を終わります。
 お諮りいたします。
 議第81号については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって議第81号については委員会付託を省略することに決しました。
 これから議第81号について討論に入ります。――討論を終わります。
 これから採決に入ります。
 お諮りいたします。
 議第81号財産の処分に関し議決を求めることについて(富士市公設地方卸売市場跡地処分)については原案どおり決することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって議第81号は原案どおり可決されました。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第9 議案一括議題(議第68号〜議第77号)
○議長(影山正直 議員) 日程第9 議第68号平成28年度富士市一般会計補正予算についてから議第77号富士市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定についてまでの10件を一括議題といたします。
 当局に各議案について順次説明を求めます。財政部長。
              〔財政部長 高橋富晴君 登壇〕
◎財政部長(高橋富晴 君) 議第68号平成28年度富士市一般会計補正予算について(第1号)について御説明いたしますので、議案書の19ページをお願いいたします。
 第1条の歳入歳出予算の補正ですが、予算の総額に9700万円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ830億9700万円とするものです。
 第2条の地方債の補正は第2表地方債補正により御説明いたしますので、22ページをお願いいたします。第2表地方債補正は、変更でありまして、河川整備事業において国の補助決定による事業費の追加に伴い限度額を2060万円増額し、4億980万円とするものであります。なお、起債の方法、利率、償還の方法は、補正前と同じです。
 28ページをお願いいたします。2歳入について御説明いたします。
 14款国庫支出金1項2目衛生費負担金は、985万2000円増額し補正後の予算額を1863万円とするもので、歳出において未熟児養育医療費を追加することに伴い、2分の1の国庫負担金を計上するものであります。2項4目土木費補助金は、1057万円増額し補正後の予算額を11億6455万7000円とするもので、2節河川費補助金における下堀及び富士川の補助決定によるものであります。
 次の30ページをお願いいたします。15款県支出金1項2目衛生費負担金は、492万6000円増額するもので、国庫支出金と同様、未熟児養育医療費を追加することに伴うものであります。2項4目農林水産業費補助金は、4250万円増額するものですが、民間事業者が行う合板加工施設整備に対し補助する事業について、県から10分の10の補助金を受け入れるものであります。6目土木費補助金700万円の増額は、富士早川の国の補助決定に伴う県の負担分を計上するものであります。
 次の32ページをお願いいたします。17款寄附金は、3目衛生費寄附金24万7000円など総額115万1000円を計上するものでありますが、内訳につきましては議案参考資料末尾の寄附者名簿を御参照願います。
 次の34ページをお願いいたします。20款諸収入5項6目雑入40万1000円の増額は、予算額調整によるものです。
 次の36ページをお願いいたします。21款市債は、第2表で御説明したとおり、河川整備事業債を2060万円増額するもので、市債の総額は50億6670万円となります。
 次の38ページをお願いいたします。3歳出です。
 2款総務費1項23目防犯まちづくり費は、20万円を追加するものですが、平成27年度中に受け入れた麻薬・覚せい剤撲滅事業寄附金を財源に、薬物乱用防止事業費で新たに啓発用品購入費を措置するものであります。
 次の40ページをお願いいたします。3款民生費1項1目社会福祉総務費56万5000円の追加は、平成27年度中に受け入れた寄附金を福祉基金に積み立てるものであります。3目国民健康保険費は64万5000円を追加するものでありますが、保健事業を県単位で広域化することに伴い、システム改修が必要となり、その経費の一部を特別会計に対し繰り出すものであります。
 次の42ページをお願いいたします。4款衛生費1項4目保健活動費は、1970万5000円を追加するものですが、未熟児養育医療事業費において生活保護受給者に対する多額の給付が発生し、当初の見込みを大きく上回る経費が必要となったことによるものであります。
 次の44ページをお願いいたします。3項2目環境保全費及び3目自然保護費は、寄附金の受け入れに伴う財源更正であります。
 次の46ページをお願いいたします。6款農林水産業費2項2目林業振興費は、4250万円の追加ですが、民間事業者が行う合板加工施設整備に対し助成を行うものであります。
 次の48ページをお願いいたします。8款土木費3項3目河川改良費は、3770万円の追加ですが、国の補助決定を受け、富士早川改修事業費を2700万円、下堀改修事業費を1070万円、それぞれ追加するものであります。6項2目公園維持修繕費20万円の追加は、寄附金を財源に中央公園ベンチ補修費を計上するものであります。
 次の50ページをお願いいたします。10款教育費2項1目小学校管理費の31万円、3項1目中学校管理費の5万円、6項6目文化振興費の29万4000円、11目図書館費の15万円は、いずれも寄附を受けたことに伴い、図書等の購入費や基金積立金を計上するものであります。
 次の52ページをお願いいたします。14款1項1目予備費は、歳入歳出の調整で531万9000円を減額し、補正後の額を9468万1000円といたすものであります。
 補正予算案の説明は以上であります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 保健部長。
              〔保健部長 青柳恭子君 登壇〕
◎保健部長(青柳恭子 君) それでは、議第69号平成28年度富士市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について御説明いたします。
 議案書の57ページをお願いいたします。第1条は歳入歳出予算の補正でありますが、予算の総額に歳入歳出それぞれ364万5000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ303億8364万5000円とするものであります。
 内容について御説明いたしますので、63ページ、64ページをお願いいたします。2歳入であります。
 3款国庫支出金2項2目国民健康保険制度関係業務準備事業費補助金は、国民健康保険の財政実施主体が平成30年度から都道府県に移行する制度改正に伴い、県が運用する国保事業費納付金等算定標準システムに本市の情報を提供するための本市国保システムの改修経費について国が補助するもので、補正後の額を補助の上限予定額である300万円とするものであります。
 9款繰入金1項1目一般会計繰入金は、64万5000円を追加し補正後の額を25億1672万3000円とするもので、本市国保システムの改修経費に対する国の補助金不足分を一般会計から繰り入れるものであります。
 次に、65、66ページをお願いいたします。3歳出であります。
 1款総務費1項1目一般管理費は、364万5000円を追加し補正後の額を1億5955万7000円とするもので、これは平成30年度から国民健康保険の財政実施主体が都道府県に移行する制度改正に伴い、県が運用する国保事業費納付金等算定標準システムに本市の情報を提供するための本市国保システムの改修に要する経費を計上するものであります。
 以上で議第69号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 上下水道部長。
             〔上下水道部長 山田恒裕君 登壇〕
◎上下水道部長(山田恒裕 君) それでは、議案書67ページをお願いいたします。私からは、議第70号平成28年度富士市公共下水道事業会計補正予算について(第1号)を御説明いたしますので、議案書の68ページをお願いいたします。
 今回の補正でありますが、社会資本整備総合交付金等の交付決定に伴い、資本的収入及び支出について補正をお願いするものであります。
 初めに、第2条でありますが、平成28年度富士市公共下水道事業会計予算の第2条に定めました業務の予定量を改めるもので、(1)の処理区域面積は1ヘクタールを追加し、補正後の面積を3974ヘクタールに改めるものであります。(4)の主要な建設改良事業のうち、(ア)の下水道管路整備事業は7100万円を増額し補正後の額を17億5277万3000円に、(イ)の下水道管路改良事業は4147万6000円を減額し補正後の額を2億6935万1000円に、(エ)の処理場改良事業は3040万円を増額し補正後の額を2億7519万1000円とするものであります。
 次に、第3条は、予算第4条本文括弧書きを改め、資本的収入及び支出の予定額を補正するものであります。まず、括弧書きの改正ですが、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額28億8万4000円は、ここに記載しました内容で補填をするものでございます。
 次に、収入の第1款資本的収入は、5584万円を増額し補正後の額を21億9184万円とするものであります。第1項企業債は2520万円を増額し補正後の額を12億7080万円とするもので、これは下水道管路整備事業費及び処理場改良事業費に充当する起債の増等によるものであります。第3項補助金は3064万円を増額し補正後の額を7億4229万円とするもので、これは下水道管路整備事業費及び処理場改良事業費に係る国庫補助金の増等によるものであります。
 次に、支出の第1款資本的支出は、5992万4000円を増額し補正後の額を49億9192万4000円とするものであります。これは第1項建設改良費における下水道管路整備工事費の増等によるものであります。
 次に、第4条は、予算の第6条に定めました起債の限度額を12億4560万円から12億7080万円に改めるものであります。
 以上で議第70号平成28年度富士市公共下水道事業会計補正予算(第1号)についての説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 総務部長。
              〔総務部長 影島清一君 登壇〕
◎総務部長(影島清一 君) それでは、議第71号から議第74号までの4件を一括して説明させていただきます。
 初めに、議第71号富士市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例制定について御説明いたします。議案書の80ページ、あわせて議案参考資料の6ページをお願いします。
 本案は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆるマイナンバー法第9条第2項の規定に基づき、社会保障、税等の分野における本市の独自利用事務の範囲について、必要な事項を定めるものであります。
 それでは、新旧対照表の6ページをお願いいたします。
 第3条は、個人番号の利用範囲について定めたものであり、第1項は、法に定める事務を処理するために庁内の情報連携を可能とする規定に本市が独自に個人番号を利用する事務を加え、当該事務を別表に定めるものであります。
 次に、同条第2項は、第1項で規定した、本市が独自に個人番号を利用する事務についても庁内の情報連携を行う必要があることから、特定個人情報であって、みずから保有するものを利用できる規定を加えるものであります。次に、第2項の追加に伴い、改正前の項の繰り下げ等を行い、また、第4条は、規則への委任規定を加えるものであります。
 次に、別表ですが、第3条第1項に規定した本市が独自に利用する事務、及び同条第2項に規定した当該事務において利用する特定個人情報を規定するものであります。本市においては、8ページまでの5つの事務及び特定個人情報を規定するものであります。
 議案書の82ページをお願いします。附則ですが、本条例の施行日をマイナンバー法附則第1条第5号に掲げる規定の施行の日からとするものであります。
 以上で議第71号の説明を終わります。
 続きまして、議第72号富士市立高等学校教育職員の給与等の特別措置に関する条例等の一部を改正する条例制定について御説明いたします。議案書の83ページ、あわせて議案参考資料の9ページをお願いします。
 本案は、平成26年5月14日に公布された地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律第1条の規定により、地方公務員法第24条第2項が削られたことにより条項ずれが生じたことに伴い、富士市立高等学校教育職員の給与等の特別措置に関する条例のほか2件の条例について、一括してその一部を改正するものであります。
 それでは、新旧対照表の9ページをお願いします。第1条は、富士市立高等学校教育職員の給与等の特別措置に関する条例の一部改正であり、第1条中「第24条第6項」を「第24条第5項」に改めるものであります。同様に、第2条の富士市職員の勤務時間、休暇等に関する条例、第3条の富士市一般職の任期付職員の採用等に関する条例についても、それぞれ第1条の引用条項を改めるものであります。
 議案書の84ページをお願いします。附則ですが、この条例の施行日を公布の日からとするものであります。
 続きまして、議第73号富士市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について御説明いたします。議案書の85ページ、あわせて議案参考資料の10ページをお願いします。
 本案は、平成28年4月の人事異動により、医療職給料表(3)の適用を受ける職員が課長職に昇任したことに伴い、同職員に対する旅費支給の取り扱いについて、一般職の課長等に対する者と同等にするため、本条例の一部を改正するものであります。
 それでは、議案参考資料10ページの新旧対照表をお願いします。別表第1の3級の項の一番下の欄ですが、医療職給料表(3)の適用者のうち、現行の旅費3級の適用者は7級職の職員のみとなっておりますが、ここに医療職給料表(3)の適用者で6級職の職員のうち、課長職にある職員を加えようとするものであります。
 議案書の86ページをお願いします。附則ですが、附則第1項はこの条例の施行日を公布の日からとし、本年4月1日に遡及適用させようとするものであり、附則第2項は旅費3級の適用を4月1日に遡及することによる既払いの旅費を内払いとみなすものであります。
 以上で議第73号の説明を終わります。
 続きまして、議第74号富士市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定について御説明いたします。議案書の87ページ、あわせて議案参考資料の11ページをお願いします。
 本案は、地方公務員災害補償法施行令の一部を改正する政令の施行に伴い、他の法令による給付との調整率を改正するため、条例の一部を改正するものであります。
 それでは、議案参考資料の11ページ、新旧対照表をお願いします。附則第6条は、本条例による給付と他の法令による給付との調整について定めたものであります。同条第1項では、年金たる補償の受給権者が同一の事由により厚生年金保険法など他の法令による障害厚生年金等が支給される場合には、この条例による本来の給付額に附則第6条の右欄に掲げる率を乗じて得た額を支給する旨を定めております。今回、12ページ上段の障害厚生年金等のみが支給される場合の調整率を「0.86」から「0.88」に改めるものであります。また、同条第2項では、休業補償の額の調整について規定しており、前項と同様に表中の調整率を「0.86」から「0.88」に改めるものであります。
 議案書の88ページをお願いします。附則ですが、附則第1項は、この条例の施行日を公布の日とし、改正後の条例の規定は地方公務員災害補償法の改正の施行日である平成28年4月1日から遡及適用させようとするものであります。附則第2項は、この条例の施行に伴う経過措置を規定するものであり、改正後の条例の規定は平成28年4月1日以後に支給すべき事由の生じた補償について適用し、同日前に支給すべき事由の生じた補償については、なお従前の例によるものであります。最後に、附則第3項でありますが、平成28年4月1日からこの条例の施行日の前日までの間に改正前の条例の規定により支給された傷病補償年金及び休業補償は、改正後の条例による補償の内払いとみなすものであります。
 以上で議第74号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 都市整備部長。
             〔都市整備部長 渡辺 孝君 登壇〕
◎都市整備部長(渡辺孝 君) それでは、議第75号富士市手数料条例の一部を改正する条例制定について説明をさせていただきます。議案書の89ページ、あわせて議案参考資料13ページをごらんください。
 今回の改正でございますが、建築物の認定に係る申請手数料3点の改正を行うものであります。まず1点目として、長期優良住宅の認定制度の拡充により、新築住宅だけでなく既存住宅の増築または改築をする場合の認定基準が追加されたことに伴い、既存住宅に係る手数料を追加するものであります。2点目として、低炭素建築物の認定制度の拡充により、非住宅部分の評価方法として新たに簡易なモデル建物法が追加されたことに伴い、手数料の申請区分を追加するものであります。次に3点目として、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律が施行され、建築物のエネルギー消費性能が基準を満たす場合には、容積率の特例や省エネ基準に適合する旨の表示ができるようになったことから、認定に係る手数料を新たに規定するものであります。
 それでは、改正内容を新旧対照表により説明させていただきますので、議案参考資料13ページをお願いいたします。
 まず、長期優良住宅に係る申請手数料ですが、新たに第86号の2の2を追加し、新築住宅以外の住宅に係る計画認定の申請手数料を定め、また、次ページの第86号の2の4を追加し、変更認定の申請手数料を定めるものです。手数料の額ですが、登録住宅性能評価機関の交付する適合証を添付して申請する場合は表の左側の額を、市へ直接申請する場合は右側の額を手数料として定めるものです。
 次に、2点目の低炭素建築物に係る申請手数料ですが、第86号の3として16ページ下段の「一戸建ての住宅以外の住宅の住戸部分及び共用部分以外の部分」から21ページの「その他の建築物」にかけて、表の右側の欄「その他の場合」に、「市長が定める基準による審査を行う場合」と区別して、モデル建物法による「その他の場合」を追加するものです。
 次に、23ページをお願いいたします。3点目の建築物エネルギー消費性能に係る申請手数料ですが、第86号の5として、容積率の特例に関する建築物エネルギー消費性能向上計画の認定に係る申請手数料を定め、28ページの第86号の6として、計画の変更認定に係る申請手数料を定めるものです。また、33ページの第86号の7として、表示制度に関する建築物エネルギー消費性能基準に適合している旨の認定に係る申請手数料を定めるものです。
 続いて、議案書の111ページをお願いいたします。附則ですが、この条例の施行日を公布の日からとするものです。
 以上で議第75号の説明を終わります。
 続きまして、議第76号富士市営住宅条例の一部を改正する条例制定について御説明いたしますので、議案書の112ページ、あわせて議案参考資料の41ページをお願いいたします。
 今回の改正は、老朽化が進んでおりました昭和44年度建設の岩本山団地において、全ての入居者の退去が完了したことから、1団地全13戸の用途廃止を行うためのものであります。
 それでは、改正内容について新旧対照表により御説明いたしますので、議案参考資料の41ページをお願いいたします。別表第1の岩本山団地のうち、昭和44年度に岩本456番地に建設した13戸の建設年度、位置、戸数の記載を削除するものであります。
 議案書の113ページをお願いいたします。附則でございますが、この条例の施行日を公布の日とするものであります。
 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 消防長。
              〔消防長 稲葉定久君 登壇〕
◎消防長(稲葉定久 君) 続きまして、議第77号富士市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について御説明いたします。議案書114ページ、あわせて議案参考資料42ページをお願いいたします。
 本案は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が施行されたことに伴い、富士市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正するものであります。
 改正内容につきましては、新旧対照表で御説明いたしますので、議案参考資料42ページをお願いいたします。附則第5条は、他の法律による給付との調整を規定したもので、第2項において傷病補償年金と同一の事由により、厚生年金保険法による障害厚生年金等が併給される場合の調整率を改正し、また、本条例第18条の2に規定する特殊な状況下における公務上の災害に係る年金たる傷病補償年金と厚生年金保険法による障害厚生年金等が併給される場合の調整率を改正するものであります。
 次の43ページをお願いいたします。第5項においては、休業補償と同一の事由により、厚生年金保険法による障害厚生年金等が併給される場合の調整率を改正するものであります。
 議案書115ページをお願いいたします。附則第1項は、この条例を公布の日から施行し、改正後の本条例の規定は平成28年4月1日から適用とするものであります。第2項及び第3項は、この条例の経過措置を規定したものであります。
 以上で議第77号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○議長(影山正直 議員) 以上で説明を終わります。
 これから質疑に入ります。
 最初に、議第68号について質疑を許します。――質疑を終わります。
 次に、議第69号及び議第70号の2件について一括質疑を許します。――質疑を終わります。
 次に、議第71号から議第77号までの7件について一括質疑を許します。11番鈴木幸司議員。
◆11番(鈴木幸司 議員) 議第75号の手数料条例の一部改正についてお伺いします。
 低炭素住宅、省エネ認定機関の適合証を受けない場合でも、市長が定める基準として新しく今回手数料が出てきたわけですけれども、例えば床面積300平米以下のものが今まで6000円だったものが13万3000円とかなりの値段、上がっていますけれども、市長が定める場合というのは、モデル建物法を使った場合だけだと考えてよろしいでしょうか。
○議長(影山正直 議員) 都市整備部長。
◎都市整備部長(渡辺孝 君) 今回、モデル建物法が新たに追加されているんですけれども、それ以前には、一般標準法というものがございまして、今回、それを分けたわけでございます。以上です。
○議長(影山正直 議員) 11番鈴木議員。
◆11番(鈴木幸司 議員) 一般標準法も市長が定めた場合として考えているということなのか、一般標準法で今まで性能認定されてきたのだということだと考えていいのか、どちらでしょうか。
○議長(影山正直 議員) 都市整備部長。
◎都市整備部長(渡辺孝 君) そのとおりでございます。
○議長(影山正直 議員) 11番鈴木議員。
◆11番(鈴木幸司 議員) 市長が定める基準として新しくモデル建物法が今回出てきたわけですから、ぜひともこの方法についても周知のほうをお願いしたいと要望して、終わります。
○議長(影山正直 議員) 質疑を終わります。
 これから以上の議案について委員会付託を行います。
 議第68号から議第77号までの10件は、お手元に配付いたしてあります委員会付託表のとおり各常任委員会に付託いたします。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第10 静岡地方税滞納整理機構議会議員選挙について
○議長(影山正直 議員) 日程第10 静岡地方税滞納整理機構議会議員選挙についてを議題といたします。
 静岡地方税滞納整理機構議会議員につきましては、静岡地方税滞納整理機構規約第8条第1項第4号の規定により、市議会議員から2名を選出することになっておりますが、候補者が3名となったため、今回、選挙が行われるものです。
 この選挙は、静岡地方税滞納整理機構規約第8条第4項の規定により、全ての市議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、会議規則第32条の規定に基づく選挙結果の報告のうち、当選人の報告及び当選人への告知は行うことができません。
 お諮りいたします。
 選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって、選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決しました。
 選挙の方法でありますが、投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
                  〔議場閉鎖〕
 ただいまの出席議員数は32名です。投票用紙を配付いたします。なお、候補者名簿は机上に配付いたしてございます。
                 〔投票用紙配付〕
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めます。
                  〔投票箱点検〕
 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番から順次投票をお願いします。
                   〔投 票〕
 投票漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
                  〔議場開鎖〕
 これから開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に1番萩野基行議員及び6番下田良秀議員を指名いたします。よって両議員の立ち会いをお願いいたします。
                   〔開 票〕
 ただいまの選挙の結果を事務局長に報告させます。
◎議会事務局長(渡辺悟 君) ただいまの選挙の結果を報告いたします。届け出順に申し上げ、敬称は略させていただきます。
 投票総数32票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち
                有効投票    32票
                無効投票    0票
 有効投票中
              松 田 吉 嗣     30票
              水 野   明     0票
              落 合 勝 二     2票
 以上のとおりです。
○議長(影山正直 議員) 以上で報告を終わります。
 この選挙の結果をもって、静岡地方税滞納整理機構事務局へ報告いたしますので、御了承願います。なお、当選人の決定については、後日、報告いたします。
      ―――――――――――――――――――――――――――――――
△日程第11 静岡県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙について
○議長(影山正直 議員) 日程第11 静岡県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙についてを議題といたします。
 広域連合議会議員につきましては、広域連合規約第9条の規定により、市議会議員3名に欠員が生じたことから選挙の告示をしたところ、候補者が4名となったため、今回選挙が行われるものです。
 この選挙は、広域連合規約第8条の規定により、全ての市議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、会議規則第32条の規定に基づく選挙結果の報告のうち、当選人の報告及び当選人への告知は行うことができません。
 お諮りいたします。
 選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって、選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決しました。
 選挙の方法でありますが、投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
                  〔議場閉鎖〕
 ただいまの出席議員数は32名です。投票用紙を配付いたします。なお、候補者名簿は机上に配付いたしてございます。
                 〔投票用紙配付〕
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めます。
                  〔投票箱点検〕
 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番から順次投票をお願いします。
                   〔投 票〕
 投票漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
                  〔議場開鎖〕
 これから開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に1番萩野基行議員及び6番下田良秀議員を指名いたします。よって両議員の立ち会いをお願いいたします。
                   〔開 票〕
 ただいまの選挙の結果を事務局長に報告させます。
◎議会事務局長(渡辺悟 君) ただいまの選挙の結果を報告いたします。届け出順に申し上げ、敬称は略させていただきます。
 投票総数32票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち
                有効投票    31票
                無効投票    1票
 有効投票中
              影 山 正 直     30票
              浅 原 和 美     0票
              二 橋 益 良     0票
              内 田 ? 典     1票
 以上のとおりです。
○議長(影山正直 議員) 以上で報告を終わります。
 この選挙の結果をもって、静岡県後期高齢者医療広域連合事務局へ報告いたしますので、御了承願います。なお、当選人の決定については、後日、報告いたします。
 以上で本日の日程は全て終了いたしました。
 お諮りいたします。
 議事の都合により、明14日から21日までの8日間は休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
 御異議なしと認めます。よって明14日から21日までの8日間は休会とすることに決しました。
 なお、6月16日及び17日の2日間は、委員会付託議案について各常任委員会の審査をお願いいたします。
 次の本会議は6月22日午前10時から開きます。
○議長(影山正直 議員) 本日はこれにて散会いたします。
                午前11時57分 散 会