議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 富士市

平成28年 2月 定例会−03月22日-付録




平成28年 2月 定例会

●委員会審査報告書
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年2月18日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               総務市民委員会        │
│                               委員長  海 野 庄 三   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第1号 │平成27年度富士市一般会計補正予算について(第4号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 1款 市税 1項市民税            │     │     │
│     │           4項市たばこ税          │     │     │
│     │     5款 株式等譲渡所得割交付金         │     │     │
│     │         1項株式等譲渡所得割交付金      │     │     │
│     │     6款 地方消費税交付金 1項地方消費税交付金 │     │     │
│     │     8款 自動車取得税交付金           │     │     │
│     │         1項自動車取得税交付金        │     │     │
│     │     9款 地方特例交付金 1項地方特例交付金   │     │     │
│     │     10款 地方交付税 1項地方交付税       │     │     │
│     │     12款 分担金及び負担金 1項負担金      │     │     │
│     │                  1目総務費負担金  │     │     │
│     │                  5目消防費負担金  │     │     │
│     │     14款 国庫支出金 2項国庫補助金       │     │     │
│     │               1目総務費補助金     │     │     │
│     │               6目消防費補助金     │     │     │
│     │               7目教育費補助金     │     │     │
│     │              3項国庫委託金       │     │     │
│     │     15款 県支出金 2項県補助金         │     │     │
│     │              1目総務費補助金      │     │     │
│     │             3項県委託金         │     │     │
│     │              1目総務費委託金      │     │     │
│     │     16款 財産収入 1項財産運用収入       │     │     │
│     │             2項財産売払収入       │     │     │
│     │     17款 寄附金 1項寄附金           │     │     │
│     │     18款 繰入金 1項特別会計繰入金       │     │     │
│     │            2項基金繰入金         │     │     │
│     │     20款 諸収入 2項市預金利子         │     │     │
│     │            3項貸付金元利収入       │     │     │
│     │            4項受託事業収入        │     │     │
│     │            5項雑入            │     │     │
│     │     21款 市債 1項市債             │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │  歳出 1款 議会費 1項議会費           │     │     │
│     │     2款 総務費 1項総務管理費         │     │     │
│     │            2項徴税費           │     │     │
│     │            3項戸籍住民基本台帳費     │     │     │
│     │            5項統計調査費         │     │     │
│     │     9款 消防費 1項消防費(4目水防費を除く) │     │     │
│     │     10款 教育費 6項社会教育費 2目生涯学習費 │     │     │
│     │                    6目文化振興費 │     │     │
│     │                    7目文化会館費 │     │     │
│     │                    10目博物館費  │     │     │
│     │            7項体育保健費 1目体育振興費 │     │     │
│     │                    2目体育施設費 │     │     │
│     │     12款 公債費 1項公債費           │     │     │
│     │     14款 予備費 1項予備費           │     │     │
│     │ 第2条(繰越明許費)                 │     │     │
│     │  第2表 繰越明許費                 │     │     │
│     │    2款 総務費                  │     │     │
│     │    10款 教育費                  │     │     │
│     │ 第4条(地方債の補正)                │     │     │
│     │  第4表 地方債補正                 │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第39号 │富士市特別職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する │原案可決 │     │
│     │条例制定について                    │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第43号 │富士市公共建築物保全基金条例制定について        │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年2月19日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               文教民生委員会        │
│                               委員長  井 上   保   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第1号 │平成27年度富士市一般会計補正予算について(第4号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 12款 分担金及び負担金 1項負担金      │     │     │
│     │                  2目民生費負担金  │     │     │
│     │                  3目衛生費負担金  │     │     │
│     │     13款 使用料及び手数料 1項使用料      │     │     │
│     │                  1目民生使用料   │     │     │
│     │                  5目教育使用料   │     │     │
│     │                 2項手数料      │     │     │
│     │                  3目衛生手数料   │     │     │
│     │     14款 国庫支出金 1項国庫負担金       │     │     │
│     │              2項国庫補助金       │     │     │
│     │               2目民生費補助金     │     │     │
│     │               3目衛生費補助金     │     │     │
│     │               7目教育費補助金     │     │     │
│     │                            │     │     │
│     │     15款 県支出金 1項県負担金         │     │     │
│     │             2項県補助金         │     │     │
│     │              2目民生費補助金      │     │     │
│     │              3目衛生費補助金      │     │     │
│     │              8目教育費補助金      │     │     │
│     │             3項県委託金         │     │     │
│     │              2目民生費委託金      │     │     │
│     │  歳出 3款 民生費 1項社会福祉費         │     │     │
│     │            2項老人福祉費         │     │     │
│     │            3項児童福祉費         │     │     │
│     │            4項障害者福祉費        │     │     │
│     │            5項生活保護費         │     │     │
│     │     4款 衛生費 1項保健衛生費         │     │     │
│     │             (9目環境衛生費を除く)   │     │     │
│     │            3項環境対策費         │     │     │
│     │             4目公害病補償給付費     │     │     │
│     │            4項病院費           │     │     │
│     │     10款 教育費 1項教育総務費         │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │            2項小学校費          │     │     │
│     │            3項中学校費          │     │     │
│     │            4項高等学校費         │     │     │
│     │            5項幼稚園費          │     │     │
│     │            6項社会教育費         │     │     │
│     │             1目社会教育総務費      │     │     │
│     │             4目青少年対策費       │     │     │
│     │             5目少年自然の家費      │     │     │
│     │             11目図書館費         │     │     │
│     │            7項体育保健費 3目保健費   │     │     │
│     │                    4目学校給食費 │     │     │
│     │ 第2条(繰越明許費)                 │     │     │
│     │  第2表 繰越明許費                 │     │     │
│     │   3款 民生費                   │     │     │
│     │ 第3条(債務負担行為の補正)             │     │     │
│     │  第3表 債務負担行為補正              │     │     │
│     │       私立保育園施設整備資金融資元金補給(変更)│     │     │
│     │                            │     │     │
│議第2号 │平成27年度富士市国民健康保険事業特別会計補正予算につい │原案可決 │     │
│     │て(第3号)                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第3号 │平成27年度富士市後期高齢者医療事業特別会計補正予算につ │原案可決 │     │
│     │いて(第4号)                     │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第4号 │平成27年度富士市介護保険事業特別会計補正予算について  │原案可決 │     │
│     │(第3号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第10号 │平成27年度富士市病院事業会計補正予算について(第1号) │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第49号 │富士市立養護老人ホーム設置条例を廃止する条例制定につい │原案可決 │     │
│     │て                           │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年2月18日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               環境経済委員会        │
│                               委員長  笠 井   浩   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第1号 │平成27年度富士市一般会計補正予算について(第4号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 13款 使用料及び手数料 1項使用料      │     │     │
│     │                  2目衛生使用料   │     │     │
│     │                 2項手数料      │     │     │
│     │                  3目衛生手数料   │     │     │
│     │     14款 国庫支出金 2項国庫補助金       │     │     │
│     │               3目衛生費補助金     │     │     │
│     │               8目商工費補助金     │     │     │
│     │     15款 県支出金 2項県補助金         │     │     │
│     │              5目農林水産業費補助金   │     │     │
│     │              6目商工費補助金      │     │     │
│     │  歳出 4款 衛生費 1項保健衛生費 9目環境衛生費 │     │     │
│     │            2項清掃費           │     │     │
│     │             (3目生活排水処理費を除く) │     │     │
│     │            3項環境対策費 1目環境政策費 │     │     │
│     │     5款 労働費 1項労働費           │     │     │
│     │     6款 農林水産業費 1項農業費        │     │     │
│     │               2項林業費        │     │     │
│     │     7款 商工費 1項商工費           │     │     │
│     │     8款 土木費 4項港湾費           │     │     │
│     │ 第2条(繰越明許費)                 │     │     │
│     │  第2表 繰越明許費                 │     │     │
│     │   6款 農林水産業費                │     │     │
│     │   7款 商工費                   │     │     │
│     │ 第3条(債務負担行為の補正)             │     │     │
│     │  第3表 債務負担行為補正              │     │     │
│     │       新環境クリーンセンター建設契約等支援業務 │     │     │
│     │       (廃止)                 │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第7号 │平成27年度富士市内山特別会計補正予算について(第1号) │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年2月19日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               建設水道委員会        │
│                               委員長  小 池 智 明   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第1号 │平成27年度富士市一般会計補正予算について(第4号)   │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算の補正)             │     │     │
│     │  歳入 14款 国庫支出金 2項国庫補助金       │     │     │
│     │               3目衛生費補助金     │     │     │
│     │               5目土木費補助金     │     │     │
│     │     15款 県支出金 2項県補助金         │     │     │
│     │              3目衛生費補助金      │     │     │
│     │              7目土木費補助金      │     │     │
│     │  歳出 4款 衛生費 2項清掃費 3目生活排水処理費 │     │     │
│     │            5項上水道費          │     │     │
│     │     8款 土木費 1項土木管理費         │     │     │
│     │            2項道路橋梁費         │     │     │
│     │            3項河川費           │     │     │
│     │            5項都市計画費         │     │     │
│     │            6項公園費           │     │     │
│     │            8項住宅費           │     │     │
│     │     9款 消防費 1項消防費 4目水防費     │     │     │
│     │ 第2条(繰越明許費)                 │     │     │
│     │  第2表 繰越明許費                 │     │     │
│     │   8款 土木費                   │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第5号 │平成27年度富士市第二東名IC周辺地区土地区画整理事業特 │原案可決 │     │
│     │別会計補正予算について(第1号)            │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第6号 │平成27年度富士市駐車場事業特別会計補正予算について   │原案可決 │     │
│     │(第1号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第8号 │平成27年度富士市水道事業会計補正予算について(第2号) │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第9号 │平成27年度富士市公共下水道事業会計補正予算について   │原案可決 │     │
│     │(第4号)                       │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年2月19日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               文教民生委員会        │
│                               委員長  井 上   保   │
│                                              │
│                  請 願 審 査 報 告 書               │
│                                              │
│         本委員会に付託された請願は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第131条の規定により報告します。                 │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬─────────┬────────────────────────┬─────┤
│受理番号 │件    名   │審  査  の  結  果           │備  考  │
├─────┼─────────┼────────────────────────┼─────┤
│     │         │                        │     │
│1    │精神障害者に対する│ 富士市議会基本条例第6条第3項に基づく発言の │     │
│     │他障害者並み交通運│申し出のあった請願者の趣旨説明及び紹介議員の補 │     │
│     │賃割引を求める意見│足説明を受けた後、審査の結果、当委員会としては │     │
│     │書採択に関する請願│、採択すべきものと決した。           │     │
│     │         │                        │     │
│2    │若者も高齢者も安心│ 富士市議会基本条例第6条第3項に基づく発言の │     │
│     │できる年金制度の実│申し出のあった請願者の趣旨説明及び紹介議員の補 │     │
│     │現を求める請願  │足説明を受けた後、審査の結果、当委員会としては │     │
│     │         │、不採択とすべきものと決した。         │     │
│     │         │                        │     │
└─────┴─────────┴────────────────────────┴─────┘

┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年2月18日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               総務市民委員会        │
│                               委員長  海 野 庄 三   │
│                                              │
│                  陳 情 審 査 報 告 書               │
│                                              │
│         本委員会に付託された陳情は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第133条の規定により報告します。                 │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬─────────┬────────────────────────┬─────┤
│受理番号 │件    名   │審  査  の  結  果           │備  考  │
├─────┼─────────┼────────────────────────┼─────┤
│     │         │                        │     │
│1    │老人ホーム駿河荘の│ 富士市議会基本条例第6条第3項の規定に基づく │     │
│     │跡地利用に関する陳│発言の申し出のあった陳情者の趣旨説明を受け、当 │     │
│     │情書       │局からの所見説明を受けた後、審査の結果、当委員 │     │
│     │         │会としては、当局説明を了承することに決した。  │     │
│     │         │                        │     │
└─────┴─────────┴────────────────────────┴─────┘

┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年3月14日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               総務市民委員会        │
│                               委員長  海 野 庄 三   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第11号 │平成28年度富士市一般会計予算について          │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算)                │     │     │
│     │  歳入全般                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│     │  歳出 1款 議会費                 │     │     │
│     │     2款 総務費                 │     │     │
│     │     4款 衛生費 1項保健衛生費 10目斎場費   │     │     │
│     │     9款 消防費(1項消防費4目水防費を除く)  │     │     │
│     │     10款 教育費 6項社会教育費         │     │     │
│     │             2目生涯学習費        │     │     │
│     │             6目文化振興費        │     │     │
│     │             7目文化会館費        │     │     │
│     │             8目文化財保護費       │     │     │
│     │             9目文化財発掘調査費     │     │     │
│     │             10目博物館費         │     │     │
│     │            7項体育保健費 1目体育振興費 │     │     │
│     │                    2目体育施設費 │     │     │
│     │     12款 公債費                 │     │     │
│     │     13款 諸支出金                │     │     │
│     │     14款 予備費                 │     │     │
│     │ 第2条(債務負担行為)                │     │     │
│     │  第2表 債務負担行為                │     │     │
│     │       例規集データ更新業務           │     │     │
│     │       文書配達業務               │     │     │
│     │       市史資料編等作成業務           │     │     │
│     │       地籍調査システム共同電算化事業      │     │     │
│     │       市民交流施設運営管理業務         │     │     │
│     │       固定資産税路線価格形成要因資料作成業務  │     │     │
│     │       砂山公園プール改修事業          │     │     │
│     │       富士市土地開発公社用地取得事業(平成28年 │     │     │
│     │       度分)                  │     │     │
│     │ 第3条(地方債)                   │     │     │
│     │  第3表 地方債                   │     │     │
│     │ 第4条(一時借入金)                 │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │ 第5条(歳出予算の流用)               │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第22号 │平成28年度富士市鈴川財産区特別会計予算について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第23号 │平成28年度富士市今井財産区特別会計予算について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第24号 │平成28年度富士市大野新田財産区特別会計予算について   │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第25号 │平成28年度富士市檜新田財産区特別会計予算について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第26号 │平成28年度富士市田中新田財産区特別会計予算について   │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第27号 │平成28年度富士市中柏原新田財産区特別会計予算について  │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第28号 │平成28年度富士市西柏原新田財産区特別会計予算について  │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第32号 │富士市情報公開条例及び富士市個人情報保護条例の一部を改 │原案可決 │     │
│     │正する条例制定について                 │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第33号 │富士市行政不服審査会条例制定について          │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第34号 │富士市行政不服審査法関係手数料条例制定について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第35号 │行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制 │原案可決 │     │
│     │定について                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第36号 │富士市消費生活センター条例制定について         │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第37号 │富士市職員定数条例の一部を改正する条例制定について   │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第38号 │富士市証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例 │原案可決 │     │
│     │制定について                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第40号 │富士市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定に │原案可決 │     │
│     │ついて                         │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第42号 │富士市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定 │原案可決 │     │
│     │について                        │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第44号 │富士市税条例の一部を改正する条例制定について      │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第45号 │富士市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例制 │原案可決 │     │
│     │定について                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第46号 │富士市手数料条例の一部を改正する条例制定について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第56号 │富士市火災予防条例の一部を改正する条例制定について   │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第60号 │富士市ほか1組合公平委員会共同設置規約の一部変更につい │原案可決 │     │
│     │て                           │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年3月16日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               文教民生委員会        │
│                               委員長  井 上   保   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第11号 │平成28年度富士市一般会計予算について          │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算)                │     │     │
│     │  歳入 12款 分担金及び負担金            │     │     │
│     │     13款 使用料及び手数料            │     │     │
│     │     14款 国庫支出金               │     │     │
│     │     15款 県支出金                │     │     │
│     │  歳出 3款 民生費                 │     │     │
│     │     4款 衛生費 1項保健衛生費         │     │     │
│     │             1目保健衛生総務費      │     │     │
│     │             2目予防接種費        │     │     │
│     │             4目保健活動費        │     │     │
│     │             5目健康ふじ21推進費    │     │     │
│     │             6目老人保健医療費      │     │     │
│     │             7目指定難病等対策費     │     │     │
│     │             11目フィランセ費       │     │     │
│     │             12目看護専門学校費      │     │     │
│     │            3項環境対策費         │     │     │
│     │             4目公害病補償給付費     │     │     │
│     │             5目健康被害予防事業費    │     │     │
│     │            4項病院費           │     │     │
│     │     10款 教育費 1項教育総務費         │     │     │
│     │            2項小学校費          │     │     │
│     │            3項中学校費          │     │     │
│     │            4項高等学校費         │     │     │
│     │            5項幼稚園費          │     │     │
│     │            6項社会教育費(2目生涯学習費、│     │     │
│     │             6目文化振興費、7目文化会館 │     │     │
│     │             費、8目文化財保護費、9目文 │     │     │
│     │             化財発掘調査費、10目博物館費 │     │     │
│     │             を除く)           │     │     │
│     │            7項体育保健費 3目保健費   │     │     │
│     │                    4目学校給食費 │     │     │
│     │ 第2条(債務負担行為)                │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │  第2表 債務負担行為                │     │     │
│     │       介護保険事業計画策定業務         │     │     │
│     │       そびな寮運営管理業務           │     │     │
│     │       福祉キャンパス給食調理業務        │     │     │
│     │       みはら園給食調理業務           │     │     │
│     │       若者相談窓口運営事業           │     │     │
│     │       少年自然の家・丸火青少年の家運営管理業務 │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第12号 │平成28年度富士市国民健康保険事業特別会計予算について  │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第13号 │平成28年度富士市後期高齢者医療事業特別会計予算について │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第14号 │平成28年度富士市介護保険事業特別会計予算について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第31号 │平成28年度富士市病院事業会計予算について        │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第41号 │富士市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条 │原案可決 │     │
│     │例制定について                     │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第47号 │富士市こども医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制 │原案可決 │     │
│     │定について                       │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第48号 │富士市母子家庭等医療費助成金支給条例の一部を改正する条 │原案可決 │     │
│     │例制定について                     │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第50号 │富士市訪問看護に関する条例を廃止する条例制定について  │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第51号 │富士市富士川地域福祉センター条例を廃止する条例制定につ │原案可決 │     │
│     │いて                          │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第58号 │富士市土地開発公社等の事業の総合調整及び助成に関する条 │原案可決 │     │
│     │例の一部を改正する条例制定について           │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第64号 │富士市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営 │原案可決 │     │
│     │に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定につい │     │     │
│     │て                           │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年3月14日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               環境経済委員会        │
│                               委員長  笠 井   浩   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第11号 │平成28年度富士市一般会計予算について          │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算)                │     │     │
│     │  歳入 13款 使用料及び手数料            │     │     │
│     │     14款 国庫支出金               │     │     │
│     │     15款 県支出金                │     │     │
│     │  歳出 4款 衛生費 1項保健衛生費         │     │     │
│     │             3目動物愛護管理費      │     │     │
│     │             8目環境衛生費        │     │     │
│     │             9目森林墓園費        │     │     │
│     │            2項清掃費           │     │     │
│     │             (3目生活排水処理費を除く) │     │     │
│     │            3項環境対策費         │     │     │
│     │             1目環境政策費        │     │     │
│     │             2目環境保全費        │     │     │
│     │             3目自然保護費        │     │     │
│     │     5款 労働費                 │     │     │
│     │     6款 農林水産業費              │     │     │
│     │     7款 商工費                 │     │     │
│     │     8款 土木費 4項港湾費           │     │     │
│     │     11款 災害復旧費 1項農林水産業施設災害復旧費│     │     │
│     │ 第2条(債務負担行為)                │     │     │
│     │  第2表 債務負担行為                │     │     │
│     │       新環境クリーンセンター設計施工監理業務  │     │     │
│     │       新環境クリーンセンター環境影響評価事後調 │     │     │
│     │       査業務                  │     │     │
│     │       新環境クリーンセンター運営管理業務    │     │     │
│     │       新環境クリーンセンター建設事業      │     │     │
│     │       新環境クリーンセンター電気工事負担金   │     │     │
│     │       富士スモッグ改善計画目標達成状況調査業務 │     │     │
│     │       丸火自然公園運営管理業務         │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第18号 │平成28年度富士市内山特別会計予算について        │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第19号 │平成28年度富士市旧今泉、一色、神戸、今宮特別会計予算に │原案可決 │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│     │ついて                         │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第20号 │平成28年度富士市須津山特別会計予算について       │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第21号 │平成28年度富士市旧原田特別会計予算について       │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第52号 │富士市企業立地促進条例の一部を改正する条例制定について │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第53号 │富士市誰もが快適に過ごすことができる美しいまちづくりの │原案可決 │     │
│     │推進に関する条例制定について              │     │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                              │
│                                   平成28年3月16日 │
│富士市議会議長 影 山 正 直 様                             │
│                                              │
│                               建設水道委員会        │
│                               委員長  小 池 智 明   │
│                                              │
│                 委 員 会 審 査 報 告 書              │
│                                              │
│         本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、    │
│        会議規則第99条の規定により報告します。                  │
│                                              │
│                        記                     │
│                                              │
├─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┤
│事件の番号│件               名           │審査の結果│備  考  │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼─────┤
│     │                            │     │     │
│議第11号 │平成28年度富士市一般会計予算について          │原案可決 │     │
│     │ 第1条(歳入歳出予算)                │     │     │
│     │  歳入 12款 分担金及び負担金            │     │     │
│     │     13款 使用料及び手数料            │     │     │
│     │     14款 国庫支出金               │     │     │
│     │     15款 県支出金                │     │     │
│     │  歳出 4款 衛生費 2項清掃費 3目生活排水処理費 │     │     │
│     │            5項上水道費          │     │     │
│     │     8款 土木費(4項港湾費を除く)       │     │     │
│     │     9款 消防費 1項消防費 4目水防費     │     │     │
│     │     11款 災害復旧費 2項土木施設災害復旧費   │     │     │
│     │ 第2条(債務負担行為)                │     │     │
│     │  第2表 債務負担行為                │     │     │
│     │       橋梁耐震補強事業             │     │     │
│     │       都市計画基本図整備事業          │     │     │
│     │       田子浦団地再生事業            │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第15号 │平成28年度富士市新富士駅南地区土地区画整理事業特別会計 │原案可決 │     │
│     │予算について                      │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第16号 │平成28年度富士市第二東名IC周辺地区土地区画整理事業特 │原案可決 │     │
│     │別会計予算について                   │     │     │
│     │                            │     │     │
│議第17号 │平成28年度富士市駐車場事業特別会計予算について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第29号 │平成28年度富士市水道事業会計予算について        │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第30号 │平成28年度富士市公共下水道事業会計予算について     │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第54号 │富士市建築審査会条例の一部を改正する条例制定について  │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第55号 │富士市営住宅条例の一部を改正する条例制定について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第57号 │富士市水防団条例の一部を改正する条例制定について    │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第61号 │市道路線の認定について                 │原案可決 │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬─────┐
│議第62号 │市道路線の廃止について                 │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
│議第63号 │市道路線の変更について                 │原案可決 │     │
│     │                            │     │     │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴─────┘

          発 言 通 告 表 ( 施政方針に対する質問 )
                                      平成28年2月定例会
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │荻田 丈仁(21)│1.「はじめに」について                 │市長     │
│    │         │ (1) 「産業の活性化に向けた取組やシティプロモーションの強│       │
│    │         │化など、本市の都市活力再生に向け取り組んで」きたが、「市民│       │
│    │         │・事業者の皆様には、これらの取組の成果を必ずしも実感してい│       │
│    │         │ただいている状況にはないと認識しております」と温度差がある│       │
│    │         │中で「任期3年目となる新年度は、『繋』という言葉を胸に」、│       │
│    │         │「市民・地域・事業所をはじめ、様々なまちづくりの担い手の皆│       │
│    │         │様と繋がりながら市政運営に臨んでまいります」と述べられてい│       │
│    │         │るが、従来のネットワークの構築はもちろんだが、「『生涯青春│       │
│    │         │都市 富士市』の実現に向け」ては、要望先の国、県、関係機関│       │
│    │         │等また議会・職員をつなぐことの強化が重要であると考えるが見│       │
│    │         │解は。                          │       │
│    │         │2.「施策の大要」について                │       │
│    │         │ (1) 『安全で暮らしやすいまち』について         │       │
│    │         │  ? 田子の浦港周辺整備では津波防潮堤及び陸閘の実施設計│       │
│    │         │に進むようだが全体のスケジュール及び予算規模はどのようなも│       │
│    │         │ので財源の内訳は。                    │       │
│    │         │  ? さらなる豪雨災害への対応が求められているが県管理河│       │
│    │         │川である小潤井川、江尾江川など事業促進としてアクションプラ│       │
│    │         │ン等の取り組み状況はどのように把握しているのか。     │       │
│    │         │ (2) 『健やかに安心して暮らせるまち』について      │       │
│    │         │  ? 児童館について、「(仮称)北西部児童館」の整備の経│       │
│    │         │緯と着手とは。                      │       │
│    │         │ (3) 『産業が交流するにぎわいのまち』について      │       │
│    │         │  ? 都市イメージのブランド化を図る上での新たなシティプ│       │
│    │         │ロモーションについて、運送事業者と協働して行う大型トラック│       │
│    │         │のボディのプリント等の進め方               │       │
│    │         │  ? 商工会議所と連携した都市イメージのブランド化が必要│       │
│    │         │と考えるがいかがか。                   │       │
│    │         │  ? 全国工場夜景サミット開催に当たってハード的な整備の│       │
│    │         │取り組みとその後の活用についての考え、及び、工場夜景だけで│       │
│    │         │ない夜景観光の考えはないのか。              │       │
│    │         │  ? セルロースナノファイバーには大きな期待を寄せるが、│       │
│    │         │求められている補助制度の拡充と経済産業省への職員派遣の詳細│       │
│    │         │について                         │       │
│    │         │  ? 新たな工業用地の整備に向けて工業用地開発可能性基本│       │
│    │         │調査が実施されるが、どのようなイメージであるか。     │       │
│    │         │  ? 今までの中心市街地の活性化に対する取り組みが進みに│       │
│    │         │くい状況であった中で新たに中心市街地活性化基本計画策定に向│       │
│    │         │けた調査研究に着手する意味合いは。            │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │荻田 丈仁(21)│ (4) 『人と自然が共生し環境負荷の少ないまち』について  │市長     │
│    │         │  ? 岳南鉄道線軌道敷を活用した地域電力事業の調査は行わ│       │
│    │         │れてきているが、実現性についての見解は。         │       │
│    │         │  ? 上水道の料金改定がされるが、長期的な安定経営に向け│       │
│    │         │、現状の給水人口を確保しふやすことが求められるので、簡易水│       │
│    │         │道組合の早期統合が必要と考えるがいかが。         │       │
│    │         │ (5) 『魅力ある教育を実現するまち』について       │       │
│    │         │  ? 東京オリンピック・パラリンピックの事前合宿誘致の取│       │
│    │         │り組みにおいては富士ハイツ跡地への宿泊施設の設置は早めるべ│       │
│    │         │きと考えるがいかがか。                  │       │
│    │         │ (6) 『人にやさしい便利で快適なまち』について      │       │
│    │         │  ? 立地適正化計画の策定準備と市街化調整区域における適│       │
│    │         │正な土地利用方策の検討について、具体的な内容は。     │       │
│    │         │  ? 公共交通の整備が求められるが、新富士駅北口駅前広場│       │
│    │         │の再整備及びバスロケーションシステムの内容と、策定中の岳南│       │
│    │         │都市圏総合都市交通計画との整合性についての見解は。    │       │
│    │         │ (7) 『市民と創る新たなまち』について          │       │
│    │         │  ? ばらサミットを開催するが、ばらの街としてイメージ強│       │
│    │         │化や市民への普及についてどのように進めていくのか。    │       │
│    │         │  ? 「首都圏などへの進路・通学意向調査を実施する」こと│       │
│    │         │は重要であるが、既に通学、通勤において新富士駅を利用してい│       │
│    │         │る方の利便性向上も求められているがどうか。        │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │稲葉 寿利(29)│1.「はじめに」について                 │市長     │
│    │         │ (1) 市長は本市の都市活力再生に取り組んできたと自負してい│       │
│    │         │るが、反面、「市民・事業者の皆様には、これらの取組の成果を│       │
│    │         │必ずしも実感していただいていないと認識しております」と言っ│       │
│    │         │ているが、その原因はどこにあると考えるか。        │       │
│    │         │ また、「『富士山と言えば富士市』と言われるようなイメージ│       │
│    │         │作りを進め、徐々にではありますが、本市の知名度が高まってき│       │
│    │         │ていると肌で感じおります」と言っているが、具体的にどのよう│       │
│    │         │な部分を指しているのか。                 │       │
│    │         │ (2) 「生涯青春都市の育ち始めた新芽にしっかりと水をやり、│       │
│    │         │肥料を施し、天に向かって伸びた木々が、やがて、多くの実を付│       │
│    │         │け、豊かな森林となるよう果敢に挑戦を続けてまいります」と言│       │
│    │         │っているが、具体的に水や肥料とは何を指しているのか。   │       │
│    │         │2.「新年度の市政運営に向けて」について         │       │
│    │         │ (1) 「『産業都市 富士市』の復活に向けた取組が欠かせ」な│       │
│    │         │いのはもとより、「企業誘致や既存企業の留置を図るとともに、│       │
│    │         │活力ある産業の創出・育成や経営基盤強化を支援するなど、本市│       │
│    │         │経済の持続的な発展に向け取り組んでまいります」と言っている│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ また、「世界遺産富士山のもとに多くの人が集い、交流する『│       │
│    │         │にぎわいのまち』を創出するため、まちの魅力の発掘や磨き上げ│       │
│    │         │に努めるとともに、本市の魅力を市内外に発信するシティプロモ│       │
│    │         │ーションの更なる強化を図ってまいります」と言っているが、具│       │
│    │         │体的にどのような施策を推進していくのか。         │       │
│    │         │3.「施策の大要」について                │       │
│    │         │ (1) 『健やかに安心して暮らせるまち』をつくるための施策に│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │  ? 「こども医療費助成制度につきましては、子育て世代の│       │
│    │         │経済的負担の軽減を図るため、現行では1日の入院につき500│       │
│    │         │円としている自己負担金を、食事療養費分も含め無料化」すると│       │
│    │         │いうことは前向きな施策として評価するが、「生涯青春都市 富│       │
│    │         │士市」の実現に向け、子ども・子育て支援サービスの充実や地域│       │
│    │         │での環境づくりを図る子育て支援事業など、より充実した支援サ│       │
│    │         │ービスが必要と考えるが、市長の考えはいかがか。      │       │
│    │         │ (2) 『産業が交流するにぎわいのまち』をつくるための施策に│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │  ? 工業振興につき、セルロースナノファイバーの実用化に│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │ (3) 『人と自然が共生し環境負荷の少ないまち』をつくるため│       │
│    │         │の施策について                      │       │
│    │         │  ? 生活環境の美化について、「市民の皆様が本市に永く住│       │
│    │         │み続けたいと実感し、また国内外から来訪される皆様に    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │稲葉 寿利(29)│は何度でも訪れたいと感じていただける美しいまちづくりを推進│市長     │
│    │         │してまいります」と言っているが、具体的にはどのような施策を│       │
│    │         │推進していくのか。                    │       │
│    │         │ (4) 『魅力ある教育を実現するまち』をつくるための施策につ│       │
│    │         │いて                           │       │
│    │         │  ? 青少年の健全育成については、「豊かな人間性や社会を│       │
│    │         │育むため、青少年体験交流事業『キズナ無限∞の島』を実施する│       │
│    │         │とともに、社会生活に不安を抱える若者を支援するため、教育プ│       │
│    │         │ラザ内に開設した若者相談窓口『ココ☆カラ』の体制を充実して│       │
│    │         │まいります」と言っている。先日、高校生が乳児の死体を遺棄す│       │
│    │         │る悲惨な事件が発生している。どこにも相談できない若者を救済│       │
│    │         │するためにも若者相談窓口の充実が必要である。「ココ☆カラ」│       │
│    │         │について、具体的にはどのような体制充実を考えているのか。 │       │
│    │         │ (5) 『人にやさしい便利で快適なまち』をつくるための施策に│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │  ? 「本市の公共交通ネットワークの利便性向上に向け、主│       │
│    │         │要バス路線の拡充や、バスロケーションシステムの導入など利用│       │
│    │         │環境の整備に向け検討を進めてまいります」と言っている。具体│       │
│    │         │的なバス路線拡充の方向性とバスロケーションシステムの内容に│       │
│    │         │ついて伺いたい。                     │       │
│    │         │  ? 住宅政策については、「現行のスミドキU−40を拡充│       │
│    │         │し、首都圏から転入する若者夫婦を対象に住宅取得助成額の上乗│       │
│    │         │せを行うとともに、新たに市内在住の若者夫婦についても、まち│       │
│    │         │なかなどに住宅を取得する際の助成制度を創設いたします」と言│       │
│    │         │っているが、具体的にはどのような制度創設を考えているのか。│       │
│    │         │  ? 空き家対策については、「所有者を特定し利活用などに│       │
│    │         │ついての意向調査を行うとともに、データベースを作成してまい│       │
│    │         │ります」と言っている。現在の調査進捗状況と今後のスケジュー│       │
│    │         │ルについて伺いたい。                   │       │
│    │         │ (6) 『市民と創る新たなまち』を築くための施策について  │       │
│    │         │  ? 多文化共生について、「『富士市多文化共生推進プラン│       │
│    │         │』に基づき、心通い合う多文化共生のまちの実現に向けて取り組│       │
│    │         │むとともに、オーシャンサイド市との姉妹都市提携25周年を記│       │
│    │         │念する事業を実施してまいります」と言っているが、具体的には│       │
│    │         │どのような取り組みを考えているのか。           │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │小池 智明(18)│1.新年度の市政運営に向けて               │市長     │
│    │         │ 都市活力再生ビジョンの理念を盛り込んだ「『第五次富士市総│       │
│    │         │合計画後期基本計画』の都市活力再生戦略に位置付けた3つのプ│       │
│    │         │ロジェクトに重点的に取り組んでまいります」としているが、 │       │
│    │         │ (1) 4つの戦略と51の取り組みから成り、平成25年度から27年│       │
│    │         │度まで取り組んでいる「都市活力再生ビジョン」をどう総括(評│       │
│    │         │価と反省)し、それを今回の「都市活力再生戦略」にどう反映さ│       │
│    │         │せているのか。                      │       │
│    │         │ (2) 向こう5年間の最重要な取り組みと位置づけた「都市活力│       │
│    │         │再生戦略」は、市長をトップに取り組むのはもちろんだが、行政│       │
│    │         │として誰がプロジェクトの責任者となり、どのような体制で進行│       │
│    │         │管理していくのか。                    │       │
│    │         │2.施策の大要 第1『安全で暮らしやすいまち』      │       │
│    │         │ (1) 田子の浦港周辺の津波対策については、「津波防潮堤及び│       │
│    │         │陸閘の実施設計を行ってまいります」としているが、翌年度以降│       │
│    │         │の具体的な整備に当たり、国、県の交付金等を含めた財源確保の│       │
│    │         │見込みはいかがか。                    │       │
│    │         │ (2) 「地域防災力の向上と情報伝達体制の強化を図るため、地│       │
│    │         │区防災計画や避難所運営マニュアルの作成を促進する」としてい│       │
│    │         │るが、現在は、自主防災組織と、以前から地域に根づいた活動を│       │
│    │         │行っている消防団とが連携した防災の取り組みがほとんど見られ│       │
│    │         │ない。この連携促進が必要と考えるが、行政としてどのように取│       │
│    │         │り組んでいく考えか。                   │       │
│    │         │3.施策の大要 第6『人にやさしい便利で快適なまち』   │       │
│    │         │ (1) 「集約・連携型のまちづくりに向け、都市機能や居住機能│       │
│    │         │の誘導等を推進する、立地適正化計画の策定準備を進めるととも│       │
│    │         │に、市街化調整区域における適正な土地利用方策の検討を行って│       │
│    │         │まいります」としているが、                │       │
│    │         │  ? 立地適正化計画の策定準備とは、どのような作業を行う│       │
│    │         │のか、計画準備・策定のスケジュールとともに作業項目、内容を│       │
│    │         │示されたい。                       │       │
│    │         │  ? 「集約・連携型のまちづくり」という大きな目標と、そ│       │
│    │         │れに向けた取り組みの1つに位置づけられる「市街化調整区域に│       │
│    │         │おける適正な土地利用」に関し、基本的な考え方をどう整理・整│       │
│    │         │合させていくのか、また土地利用方策はどのような検討を行うの│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ (2) 「新富士駅では、利用者の利便性の向上を図るため、北口│       │
│    │         │駅前広場の再整備に向けた実施設計を行ってまいります」として│       │
│    │         │いるが、                         │       │
│    │         │  ? 工事を前提とした実施設計は、その前段階として新富士│       │
│    │         │駅を拠点とした富士駅、吉原商店街等を連絡するバス・タクシー│       │
│    │         │等の公共交通ネットワーク計画を見据えてのものか。     │       │
│    │         │  ? 新富士駅北口駅前広場の再整備後には、本市の主要バ │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │小池 智明(18)│ス路線の拡大や、バスロケーションシステムの導入などが行われ│市長     │
│    │         │るのか。                         │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │一条 義浩(16)│1.「はじめに」について                 │市長     │
│    │         │ 「人口減少のもう一つの要因である転出を抑制するためには、│       │
│    │         │産業が活性化し、安定した雇用が生まれ、所得が向上していくと│       │
│    │         │いった経済の好循環を生み出す『産業都市 富士市』の復活に向│       │
│    │         │けた取組が欠かせません」とあるように、地域の産業を発展させ│       │
│    │         │ることが、地域経済の活性化や地域全体の活力アップをもたらし│       │
│    │         │、市民のよりよい暮らしへとつながっていくものであり、また、│       │
│    │         │少子高齢化などさまざまな社会的問題により、社会保障費等の必│       │
│    │         │要経費がさらに増していくことが予測されている中、今の暮らし│       │
│    │         │を将来にわたって維持・継続させていくためにも、市政運営を支│       │
│    │         │え得る安定した財政基盤を確立することが不可欠であります。 │       │
│    │         │ こうした産業と地域との関連性から、産業振興が生み出す経済│       │
│    │         │効果は市を発展させていく上で極めて重要であると認識し、産業│       │
│    │         │施策に集約して質問をさせていただきます。         │       │
│    │         │ 「都市活力再生に向け取り組んで」いるものの、「市民・事業│       │
│    │         │者の皆様には、これらの取組の成果を必ずしも実感していただい│       │
│    │         │ている状況にないと認識」とあり、一方では「本市を取り巻く状│       │
│    │         │況は明るい兆しが見え始めております」、また「徐々にではあり│       │
│    │         │ますが、本市の知名度が高まってきていると肌で感じております│       │
│    │         │」と述べておられます。                  │       │
│    │         │ それらは何が理由か、具体的な検証やデータはあるのか御説明│       │
│    │         │願いたく存じます。                    │       │
│    │         │2.「新年度の市政運営に向けて」及び「施策の大要」について│       │
│    │         │「新年度の市政運営に向けて」の第3の「産業の活性化に繋がる│       │
│    │         │『活力みなぎるしごとづくりプロジェクト』」、及び、「施策の│       │
│    │         │大要」の7つの柱のうち、第3の『産業が交流するにぎわいのま│       │
│    │         │ち』をあわせて捉え、以下、9点質問いたします。      │       │
│    │         │ (1) 「産業観光の新たな資源と期待される『工場夜景』につき│       │
│    │         │ましては」、「継続的な賑わい創出に繋げてまいります」とあり│       │
│    │         │ますが、「継続性」を導き出すため、どのような手法をとってい│       │
│    │         │くのかお知らせください。                 │       │
│    │         │ (2) 工業に続く、生業としての観光産業としていくための具体│       │
│    │         │的方策をどのようにお考えでしょうか。           │       │
│    │         │ (3) 「セルロースナノファイバーの実用化に向けた取組」とし│       │
│    │         │て、「経済産業省の本省に職員を派遣いたします」とありますが│       │
│    │         │、どのような目的をお考えでしょうか。           │       │
│    │         │ (4) 『(仮称)富士市の元気「ものづくり力」フェア』を開催│       │
│    │         │するとあります。現在、多種多様なイベントが開催されています│       │
│    │         │が、シティプロモーションの観点から、ターゲットを絞り、整理│       │
│    │         │統合し、よりインパクトのあるものにしていくお考えはないでし│       │
│    │         │ょうか。                         │       │
│    │         │ (5) 「企業誘致」に当たっては、まずは情報収集活動が非常に│       │
│    │         │重要な要素であると認識していますが、どのようにお考えでしょ│       │
│    │         │うか。                          │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │一条 義浩(16)│ (6) 企業立地促進奨励金制度では、製造事業、物流関連事業を│市長     │
│    │         │初め、業種が限定されていますが(改正分も含め)、それはすな│       │
│    │         │わち市として誘致対象となる企業に限定しているのでしょうか。│       │
│    │         │ (7) 「新たな工業用地の整備に向け、工業用地開発可能性基本│       │
│    │         │調査を実施」とありますが、世界文化遺産富士山を目の前に、景│       │
│    │         │観保全との整合性はどのように図っていくのでしょうか。   │       │
│    │         │ (8) 一方で、富士山フロント工業団地も完売、現状、工業用地│       │
│    │         │として集約されたものがない中、「土地を求める側(企業)」の│       │
│    │         │ニーズにどのように応えていくのでしょうか。        │       │
│    │         │ (9) 田子の浦港開港50周年に合わせ、「帆船『日本丸』を誘致│       │
│    │         │する」とありますが、観光振興の視点と捉えるべきか、水産振興│       │
│    │         │の視点と捉えるべきでしょうか。              │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │望月  昇(24)│1.「施策の大要」について                │市長     │
│    │         │ (1) 『安全で暮らしやすいまち』をつくるための施策    │       │
│    │         │  ? 「高齢者を狙った振り込め詐欺などの特殊詐欺により、│       │
│    │         │市民が被害者となる事件が多発しており、その防止策として、悪│       │
│    │         │質電話防止システムモデル事業を新たに実施いたします」につい│       │
│    │         │て                            │       │
│    │         │  ? 「大規模災害時に家屋や道路などの被害状況を一元的に│       │
│    │         │管理し、迅速な対応を図るための災害情報リアルタイム共有シス│       │
│    │         │テムを新たに導入いたします」について           │       │
│    │         │ (2) 『健やかに安心して暮らせるまち』をつくるための施策 │       │
│    │         │  ? 「接種間隔や回数が複雑化している子どもの予防接種の│       │
│    │         │時期や種類などを、保護者の方にお知らせする予防接種モバイル│       │
│    │         │サイトを導入いたします」について             │       │
│    │         │  ? 「保育士、幼稚園教諭の人材確保に向けて、資格や免許│       │
│    │         │を持ちながら就労していない潜在保育士・幼稚園教諭の就職を支│       │
│    │         │援するため、研修及び個別就職相談などを実施いたします」につ│       │
│    │         │いて                           │       │
│    │         │  ? 「母子家庭等医療費助成制度につきましても、同様に入│       │
│    │         │院時の食事療養費分を無料化することにより、ひとり親家庭の経│       │
│    │         │済的支援の充実を図ります」について            │       │
│    │         │  ? 「地域包括ケアシステムの構築に向け、新たに富士川地│       │
│    │         │域包括支援センターを設置するとともに、全ての地域包括支援セ│       │
│    │         │ンターにおいて職員を増員いたします」について       │       │
│    │         │  ? 「本年4月に『障害を理由とする差別の解消の推進に関│       │
│    │         │する法律』が施行されることから、共生社会の充実に努めるとと│       │
│    │         │もに、様々な困難を抱える方の多様な就労機会の確保に向けた検│       │
│    │         │討を行ってまいります」について              │       │
│    │         │ (3) 『魅力ある教育を実現するまち』をつくるための施策  │       │
│    │         │  ? 「5か年計画で小中学校のトイレの洋式化に取り組んで│       │
│    │         │まいります」について                   │       │
│    │         │ (4) 『市民と創る新たなまち』を築くための施策      │       │
│    │         │  ? 「少年自然の家、丸火青少年の家及び丸火自然公園の施│       │
│    │         │設運営につきましては、サービス向上を図るため、指定管理者制│       │
│    │         │度へ移行してまいります」について危機管理と安全確保の考えに│       │
│    │         │ついて                          │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│6   │笠井  浩(19)│1.「はじめに」から                   │市長     │
│    │         │ (1) 地域経済においては「製造品出荷額は改善傾向にあり」と│       │
│    │         │あるが、その根拠について伺う。              │       │
│    │         │ (2) 「本市の知名度が高まってきていると肌で感じております│       │
│    │         │」とあるが、具体的事象について伺う。           │       │
│    │         │ (3) 「『繋』という言葉を胸に」、「様々なまちづくりの担い│       │
│    │         │手の皆様と繋がりながら市政運営に臨んでまいります」とあるが│       │
│    │         │、具体策について伺う。                  │       │
│    │         │2.「施策の大要」から                  │       │
│    │         │ (1) 『安全で暮らしやすいまち』             │       │
│    │         │  ? 田子の浦港周辺の津波対策として「津波防潮堤及び陸閘│       │
│    │         │の実施設計を行ってまいります」とあるが、想定する津波のレベ│       │
│    │         │ルと総費用について伺う。                 │       │
│    │         │  ? 消防・救急・救助体制について、「より迅速な出動指令│       │
│    │         │を行い」とあるが、特に救急の、到着時間と受け入れ医療機関に│       │
│    │         │到着するまでの時間について伺う。             │       │
│    │         │ (2) 『産業が交流するにぎわいのまち』          │       │
│    │         │  ? 『(仮称)富士市の元気「ものづくり力」フェア』を開│       │
│    │         │催するとあるが、その内容について伺う。          │       │
│    │         │  ? 「企業誘致・留置に取り組む」とあるが、今までの取り│       │
│    │         │組みの成果と実際に中小企業を回ってみて既存の中小企業の課題│       │
│    │         │をどう捉えているか伺う。                 │       │
│    │         │  ? 「工業用地開発可能性基本調査を実施いたします」とあ│       │
│    │         │るが、その内容を伺う。                  │       │
│    │         │ (3) 『人にやさしい便利で快適なまち』          │       │
│    │         │  ? 国の補助決定の不調が続く中、新々富士川橋の工事は平│       │
│    │         │成30年代半ばの完成を目指すと言われており、「新々富士川橋に│       │
│    │         │関連する五味島岩本線や中島林町線などの早期完成を目指して取│       │
│    │         │り組んでまいります」とあるが、整備は間に合うか伺う。   │       │
│    │         │  ? 「現行のスミドキU−40を拡充し」、「新たに市内在│       │
│    │         │住の若者夫婦についても、まちなかなどに住宅を取得する際の助│       │
│    │         │成制度を創設いたします」とあるが、詳細を伺う。      │       │
│    │         │  ? 「空家等対策計画の策定に向け、所有者を特定し利活用│       │
│    │         │などについての意向調査を行うとともに、データベースを作成し│       │
│    │         │てまいります」とあるが、詳細を伺う。           │       │
│    │         │3.「むすび」から                    │       │
│    │         │ (1) 半世紀後の富士市の人口は、15万5000人にまで減少すると│       │
│    │         │予想されるが、活力ある都市であり続けるためには最低20万人の│       │
│    │         │人口が必要だと考える。とあるが、20万人を確保していくための│       │
│    │         │手法について伺う。                    │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │小沢 映子(20)│1.新年度の市政運営に向けて               │市長     │
│    │         │ 「誰もが生涯青春を謳歌できるまち富士市 躍進の年」と位置│       │
│    │         │づけたプロジェクトの取り組みについて以下質問する。    │       │
│    │         │ (1) 「安全で快適なまちづくりプロジェクト」について、河川│       │
│    │         │改修における国・県への働きかけや連携をどのように考えている│       │
│    │         │のか。                          │       │
│    │         │ (2) 「次代を担うひとづくりプロジェクト」について、「安心│       │
│    │         │して子どもを生み育てることができる環境づくりのため、子育て│       │
│    │         │世代に対する支援を包括的に展開してまいります」とあるが、今│       │
│    │         │までの支援をどのように充実、発展させていくのか。     │       │
│    │         │2.施策の大要                      │       │
│    │         │ (1) 『健やかで安心して暮らせるまち』について      │       │
│    │         │  ? 「特定健診の更なる受診機会の拡大のため、日曜健診を│       │
│    │         │試行的に実施する」とあるが、具体的な説明を求める。    │       │
│    │         │  ? 地域医療構想での役割と経営基盤の強化に向け、「新公│       │
│    │         │立病院改革プラン」が策定されるが、経営の効率化、経営形態の│       │
│    │         │見直し等どのようにプランに盛り込んでいくのか。      │       │
│    │         │  ? 「被虐待児や発達障害児に対する支援の拡充に向け、移│       │
│    │         │転改築が予定されている県立吉原林間学園の用地を確保してまい│       │
│    │         │ります」とのことだが、どのような支援内容になるのか。   │       │
│    │         │  ? 2025年に向けて従来から充実が求められてきた地域包括│       │
│    │         │ケアシステムの構築であるが、地域包括支援センターにますます│       │
│    │         │求められる機能とそれに対応する人材配置などの考えを伺う。 │       │
│    │         │  ? 「貧困の連鎖を防止するため、生活に困窮している世帯│       │
│    │         │の子どもに対する学習支援を拡充してまいります」とあるが、支│       │
│    │         │援の現状(学習会場の数、人的体制など)と、拡充の目標はどの│       │
│    │         │ように考えているのか。                  │       │
│    │         │ (2) 『人と自然が共生し環境負荷の少ないまち』について  │       │
│    │         │  ? 「富士市誰もが快適に過ごすことができる美しいまちづ│       │
│    │         │くりの推進に関する条例」において、実効性についてはどのよう│       │
│    │         │に考えているのか。                    │       │
│    │         │ (3) 『魅力ある教育を実現するまち』について       │       │
│    │         │  ? 昨年4月より総合教育会議が設置され、「教育政策の方│       │
│    │         │向性を共有することにより、教育委員会との連携を強化し、更な│       │
│    │         │る教育の充実と環境づくりに向けて施策を展開してまいります」│       │
│    │         │とある。市長も構成メンバーに入ることになっているが、設置前│       │
│    │         │と比べてどのような影響を及ぼしているのか。        │       │
│    │         │ (4) 『市民と創る新たなまち』について          │       │
│    │         │  ? 男女共同参画について、「職場における男性中心型社会│       │
│    │         │の変革と女性の活躍推進を図る」とあるが、富士市役所    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │小沢 映子(20)│の部課長、統括主幹、主幹における男女の割合、また、推進の支│市長     │
│    │         │援体制はどのようになっているのか。            │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

           発 言 通 告 表 ( 一 般 質 問 )
                                     平成28年2月定例会
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│1   │遠藤 盛正(13)│1.富士川緑地整備基本計画の進捗状況について       │市長     │
│    │         │ 富士市の宝でもある、富士川緑地の整備計画が打ち出されてか│及び     │
│    │         │ら、8年余りがたちます。当時から、市民の健康スポーツ、また│担当部長   │
│    │         │スポーツ観光振興による地域活性化の観点においても早急な整備│       │
│    │         │が望まれています。そこで、以下質問をさせていただきます。 │       │
│    │         │ (1) 平成27年以降、整備計画に入るとなっていましたが、その│       │
│    │         │後具体的にどの程度進んでいるのか。また、第五次富士市総合計│       │
│    │         │画後期基本計画の中においての位置づけはどのようになっている│       │
│    │         │のか。                          │       │
│    │         │ (2) 平成20年11月定例会で、当局の回答として「野球場施設の│       │
│    │         │位置づけを明確にする」となっており、富士川右岸への計画を進│       │
│    │         │めるとありましたが、どこまで進んでいるのか。       │       │
│    │         │ (3) 平成21年11月定例会で、あわせて富士川緑地の管理一元化│       │
│    │         │も進めていくとし、日常の管理、津波などの災害時にも必要とな│       │
│    │         │る管理事務所の設置も検討していくとありましたが、その後はど│       │
│    │         │こまで進んでいるのか。                  │       │
│    │         │ (4) 今回の整備計画の位置より南側に位置する、地域住民が管│       │
│    │         │理する自由広場についても、市の一元管理下に置く件については│       │
│    │         │、どこまで、地元と話し合いができているのか。       │       │
│    │         │ (5) スポーツ合宿、大会を誘致するには、それなりの宿泊施設│       │
│    │         │や雨天練習場が必要と考えるが、現在その点について何かお考え│       │
│    │         │があればお聞かせください。                │       │
│    │         │2.災害時における、要支援者が使用できる避難施設について │       │
│    │         │ 富士市地域防災計画の中に、障がい者、要介護者の避難場所に│       │
│    │         │ついての項目がありませんが、一般の方と同じ場所では待機が難│       │
│    │         │しい方々について、支援体制はできているのか伺います。   │       │
│    │         │ (1) 福祉避難所5カ所、要介護者等避難協定施設29カ所と地域│       │
│    │         │防災との連携はどこまでできているのか。          │       │
│    │         │3.有料老人ホームの虐待防止等について          │       │
│    │         │ 過日、川崎市の有料老人ホームで起きた悲惨な事件について、│       │
│    │         │あってはならない事件ではありますが、富士市内の有料老人ホー│       │
│    │         │ムについては、虐待防止等にどのように対応していますか。  │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│2   │下田 良秀(6) │1.富士市の大学留置、誘致について            │市長     │
│    │         │ 富士市が躍進と位置づける中で、若い世代の希望の実現につな│及び     │
│    │         │がり、本市が若い世代から選ばれる都市であることの条件の1つ│担当部長   │
│    │         │として、まちに大学があることが重要だと考えています。現在、│       │
│    │         │常葉大学新キャンパスの整備計画が持ち上がっており、常葉大学│       │
│    │         │富士キャンパスにも影響があるとの新聞報道がなされました。 │       │
│    │         │ 富士市において「にぎわいのまち」の創出も含め、大学留置や│       │
│    │         │誘致についてどのように捉えていくのか真剣に考えなければなら│       │
│    │         │ない局面に来ていると、私は考えます。           │       │
│    │         │ そこで以下質問いたします。               │       │
│    │         │ (1) 富士市の大学留置や誘致について、これまで富士市がどの│       │
│    │         │ように活動をしてきたか、経緯と今後どのように考えているかお│       │
│    │         │聞かせください。                     │       │
│    │         │ (2) 常葉大学新キャンパス及び常葉大学富士キャンパスの動向│       │
│    │         │をどのように把握し、対応策を考えているかお聞かせください。│       │
│    │         │ (3) 現在進んでいる産・官・学の取り組みについて富士市とし│       │
│    │         │てはどのようにしていくかお聞かせください。        │       │
│    │         │2.富士見台下水処理場跡地の有効利用について       │       │
│    │         │ 現在では、市が保有・管理する全ての施設を対象としてのファ│       │
│    │         │シリティマネジメントが非常に重要になっております。その言葉│       │
│    │         │どおり、市は施設の竣工後(土地は取得、建物は施工、設備は設│       │
│    │         │置の後)、市のファシリティをうまく使っていくために、経営的│       │
│    │         │視点に立って有効・適切に計画・運営・管理していくことが求め│       │
│    │         │られております。                     │       │
│    │         │ そんな中、富士見台下水処理場跡地は長期間放置状態にあり、│       │
│    │         │有効・適切に、計画・運営・管理しているとは考えにくい状況に│       │
│    │         │あります。富士見台地区の近隣住民の治安、安全・安心に悪影響│       │
│    │         │を与え続けている現状があります。             │       │
│    │         │ そこで以下質問いたします。               │       │
│    │         │ (1) 富士見台下水処理場跡地は、どのように有効利用していく│       │
│    │         │のかお聞かせください。                  │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │小野由美子(14)│1.国の「子育て世代包括支援センター」構想の富士市での展開│市長     │
│    │         │とさらなる富士市子ども・子育て支援施策の充実について   │及び     │
│    │         │ 平成27年6月30日に閣議決定した、まち・ひと・しごと創生基│担当部長   │
│    │         │本方針等において、妊娠期から子育て期にわたるまでのさまざま│       │
│    │         │なニーズに対して総合的相談支援を提供するワンストップ拠点と│       │
│    │         │して「子育て世代包括支援センター」の整備を図るとし、おおむ│       │
│    │         │ね5年後に全国展開を目指すとしております。        │       │
│    │         │ 富士市は、それに先立ち、国の子ども・子育て支援新制度が始│       │
│    │         │まるのを受けて富士市子ども・子育て支援事業計画を平成27年3│       │
│    │         │月に策定しました。                    │       │
│    │         │ 「子どもが健やかに育ち 安心して子どもを生み育てることが│       │
│    │         │できるまち ふじ」を基本理念に掲げられ、大いに期待するとこ│       │
│    │         │ろであります。                      │       │
│    │         │ 国の「子育て世代包括支援センター」の整備を、富士市の事業│       │
│    │         │計画にどのように整合させ、事業展開を進めていかれるのか、そ│       │
│    │         │して、富士市の現状とその充実について、以下、質問いたします│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ (1) 国の「子育て世代包括支援センター」の満たすべき基本要│       │
│    │         │件に、今までバラバラだった関係機関が連携を図り、1人の女性│       │
│    │         │が妊娠期・出産・産後・育児に至るまで、切れ目なく支援される│       │
│    │         │とあります。しかるにその関係機関は極めて多岐にわたると推測│       │
│    │         │されます。どのような関係機関を、どのような形で、切れ目のな│       │
│    │         │いネットワーク体制を構築されていくのかお伺いします。   │       │
│    │         │ (2) 国の「子育て世代包括支援センター」構想では、ワンスト│       │
│    │         │ップ相談窓口の設置をうたっています。富士市は平成26年度より│       │
│    │         │「子育てコンシェルジュ」「子育て応援隊」事業が施行されてお│       │
│    │         │ります。それらの実績、現状と課題及び、今後の展開についてお│       │
│    │         │聞かせください。                     │       │
│    │         │ (3) 富士市の支援事業計画において、「教育・保育・地域型保│       │
│    │         │育の充実」における1号認定及び2号認定のうち教育ニーズが高│       │
│    │         │い子どもにおける保育の「量の確保方策」においては、「大幅な│       │
│    │         │供給過多となっている地域については、定員の適正化や公立施設│       │
│    │         │の見直しなど、地域の実情や子どもの発達に与える影響等を十分│       │
│    │         │に考慮した上で、適切な対応方法を検討していきます」とありま│       │
│    │         │す。公立施設とありますが、富士市の公立幼稚園のよさは、先生│       │
│    │         │方がベテランであること、小学校との連携がよくとれていること│       │
│    │         │などいろいろあると聞いています。その中で、応募者が減少して│       │
│    │         │いる公立幼稚園では、保護者の方々の不安の声をお聞きします。│       │
│    │         │全国的に見ますと、公立幼稚園に関し、認定子ども園への移行を│       │
│    │         │進めているところ、人口減少を予測しての長期計画の中、住民と│       │
│    │         │話し合いを進めた上で統廃合計画を立てて、その中で充実を図る│       │
│    │         │約束をしている自治体などいろいろある           │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │小野由美子(14)│ようです。富士市では、今後それぞれの公立幼稚園においてどの│市長     │
│    │         │ような方策をとっていかれるおつもりかお考えはあるのでしょう│及び     │
│    │         │か。方針がありましたらお聞かせください。         │担当部長   │
│    │         │ (4) 富士市の支援事業計画基本施策の「一時預かり事業(在園│       │
│    │         │児以外の一時預かり)」における「量の確保方策」<平成27年│       │
│    │         │度〜平成31年度>では、「過去の利用実績の推移を見ると、今│       │
│    │         │後も利用者は増えていくと予想されますので、事業の拡大につい│       │
│    │         │て、各事業者と検討を進めていきます」とあります。富士市では│       │
│    │         │、一時預かり保育が、現在、8保育園でなされていますが、地域│       │
│    │         │的に見て偏りがあります。富士市において人口密度の高いとされ│       │
│    │         │ている富士南部圏域にはなぜか1つもありません。それらの地域│       │
│    │         │にお住いのお母さん方からは、一時預かり保育が思うように利用│       │
│    │         │できずに大変困っているという声をお聞きします。空白地域には│       │
│    │         │早急な手立てを図る必要があると思いますが、いかがですか。 │       │
│    │         │ (5) 富士市の支援事業計画基本施策の「地域子育て支援拠点事│       │
│    │         │業(地域子育て支援センター)」の「量の確保方策」では「過去│       │
│    │         │の利用実績の推移及びアンケート調査の結果を見ると今後も利用│       │
│    │         │者は増えていくと予想されますので、新たな施設の設置や事業内│       │
│    │         │容の拡充に努めます」とあります。現在、富士市には、15カ所の│       │
│    │         │地域子育て支援センターがありますが、地域的に見てみますと、│       │
│    │         │やはり富士南部圏域にはありません。子育て支援センターの設置│       │
│    │         │が望ましいと思いますが、それにかわる施策の実施及び展開があ│       │
│    │         │りましたら、それらも含め市のお考えをお聞かせください。  │       │
│    │         │ (6) 平成28年2月11日静岡新聞朝刊では、県の各市町への呼び│       │
│    │         │かけに応じた駿東地区6市町が今春からそろって、子どもが3人│       │
│    │         │以上いる世帯の保育園や幼稚園の保育料について、第1子が何歳│       │
│    │         │であっても制限なく、第3子以降を無料に、第2子を半額にする│       │
│    │         │方針を固めたとありました。静岡県東部は、静岡県内5圏域で転│       │
│    │         │出超過が一番多いとありますが、その圏域には、富士市も含まれ│       │
│    │         │ます。富士市も東京からは、1時間ちょっとの通勤圏内です。首│       │
│    │         │都圏からの育児世代の転入を促し、転出を防ぐためには、近隣市│       │
│    │         │町で同じ入所条件にし、足並みをそろえて対処していく必要があ│       │
│    │         │ると思いますが、市長のお考えをお伺いいたします。     │       │
│    │         │2.富士登山や富士山及び富士市観光、グルメめぐり等を取り入│       │
│    │         │れた体験型のふるさと納税返礼品の導入について       │       │
│    │         │ 全国では、さまざまな趣向を凝らしたふるさと納税返礼品が出│       │
│    │         │回っております。いろいろな市町の特産物や特色がよくあらわれ│       │
│    │         │ていて、インターネット上で見ていても大変に楽しいものです。│       │
│    │         │ 平成20年の開始以来、小長井市長の議員質問からさまざまな議│       │
│    │         │員の方々が質問され、小池義治議員の質問より随分改善    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│3   │小野由美子(14)│されたと思っております。                 │市長     │
│    │         │ 今回の私の質問は、視点を変えて、シティプロモーションとし│及び     │
│    │         │ての活用を提案したいと思います。全国的に見ますと、特産物だ│担当部長   │
│    │         │けにとどまらず、海のあるところではダイビング体験、温泉地で│       │
│    │         │は温泉の宿泊券、スキー場のあるところではリフト券などの体験│       │
│    │         │型ふるさと納税の返礼品も人気になっているようです。    │       │
│    │         │ それらのウエブサイトでは、ふるさと納税だけにとどまらない│       │
│    │         │、ウエブサイトを見ていることで、そのまちで体験できる、見る│       │
│    │         │ことのできるものを宣伝しています。ふるさと納税のウエブサイ│       │
│    │         │トを通して、市の宣伝を行っていることになります。そこで質問│       │
│    │         │いたします。                       │       │
│    │         │ (1) 2015年より、総務省では、ふるさと納税の特例控除額の上│       │
│    │         │限を引き上げ、ふるさと納税枠が約2倍になり、5つの自治体ま│       │
│    │         │では確定申告が不要なふるさと納税ワンストップ特例制度も設け│       │
│    │         │ました。そのことにより、大手カード会社が積極的にふるさと納│       │
│    │         │税に参加するようになりました。このような動向の中、富士市で│       │
│    │         │は、ふるさと納税の開始以来、寄附件数と寄附額はどのように推│       │
│    │         │移してきているのでしょうか。お聞かせください。      │       │
│    │         │ (2) 富士市でも、「富士山登山ルート3776」や「観光タク│       │
│    │         │シーでの富士山名所めぐり」、「富士山と富士山グルメめぐり」│       │
│    │         │、「富士山を眺めながらのお茶摘み体験」、「富士山を眺めなが│       │
│    │         │らのブルーベリー狩り」、「富士山と薔薇めぐり」、「製紙工場│       │
│    │         │見学と富士山」、「富士市工場夜景撮影」など、市内のタクシー│       │
│    │         │会社、観光ボランティア、富士山ガイド、宿泊施設の方々のお力│       │
│    │         │をかりて、体験型ツアーをふるさと納税に組み入れていくことは│       │
│    │         │できないものでしょうか。富士市の返礼品は大変充実してきてお│       │
│    │         │りますが、まだ、10万円以上の返礼品は2点しかなく、30万円、│       │
│    │         │50万円のものはありません。体験ではふるさと納税のウエブサイ│       │
│    │         │トを通しての富士市のPRにもなりますし、その後の観光にもつ│       │
│    │         │ながると思います。市のお考えをお伺いいたします。     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│4   │藤田 哲哉(8) │1.行政経営プランのさらなる推進のための補助金等の見直しガ│市長     │
│    │         │イドライン策定について                  │及び     │
│    │         │ 富士市は第3次行政経営プランを作成し、さらなる行政改革を│教育長    │
│    │         │目指す姿勢は大変評価できる点である。その認識の上に立って、│担当部長   │
│    │         │公有財産の公正・公平な利用という観点と第2次行政経営プラン│       │
│    │         │のメニューから財政部会に託された補助金等の見直しについて以│       │
│    │         │下質問、回答を願いたい。                 │       │
│    │         │ (1) 市は富士駅南地区にある普通財産を2団体と平成27年4月│       │
│    │         │から3年間の賃貸借契約を結んでいる。ところが、契約金額が周│       │
│    │         │辺地域の物件に比べると大きな開きがあると指摘されている。指│       │
│    │         │摘が事実ならば、その理由をお聞かせ願いたい。       │       │
│    │         │ (2) その物件には、契約の2団体以外にも入居団体があるよう│       │
│    │         │だが、実態を把握しているのか。事実ならば契約上、問題になら│       │
│    │         │ないのか。                        │       │
│    │         │ (3) 全ての公有財産の台帳整備とファイリングが必要であると│       │
│    │         │思うがいかがか。                     │       │
│    │         │ (4) 富士市の補助金に関しては、富士市補助金等交付規則が定│       │
│    │         │められている。富士市と賃貸借契約をしている上記契約の2団体│       │
│    │         │も労働福祉の目的で補助金が交付されており、規則にのっとり事│       │
│    │         │業執行後の報告の義務がある。しかしながらこれらの状況を見る│       │
│    │         │と、今後は補助金等の見直しガイドラインを策定し、全ての補助│       │
│    │         │金等に関して事業の公共性や費用対効果等行政評価の観点も取り│       │
│    │         │入れた見直しが必要と思うがいかがか。           │       │
│    │         │2.富士市立高校の施設使用の公平性と人事評価制度導入につい│       │
│    │         │て                            │       │
│    │         │ 富士市立学校施設使用規則の観点と人事評価も導入した学校経│       │
│    │         │営強化について以下質問、回答を願いたい。         │       │
│    │         │ (1) 一部の法人が学校内の駐車場や事務所などを占用的に利用│       │
│    │         │していると判断される状況が見られるが、その事実確認と、法的│       │
│    │         │な根拠を伺いたい。                    │       │
│    │         │ (2) 事実であれば、施設設置者として学校運営協議会と協力し│       │
│    │         │、これらに対して速やかに対処すべきと考えるがいかがか。  │       │
│    │         │ (3) 市立高校という性格から事務長並びに指導主事の権限を強│       │
│    │         │化し、学校運営協議会並びに県教育委員会と協力し、任用に関し│       │
│    │         │ても意見を発信していくべきと考えるがいかがか。      │       │
│    │         │ (4) このような状況から平成28年度よりスタートする人事評価│       │
│    │         │制度は、市立高校にも導入し、学校経営の強化を図るべきと考え│       │
│    │         │るがいかがか。                      │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │佐野 智昭(2) │1.総合計画と各分野の個別計画の体系化について      │市長     │
│    │         │ 今年度は2015年という節目の年であったことから、第五次富士│及び     │
│    │         │市総合計画後期基本計画、第3次富士市行政経営プランを初め、│担当部長   │
│    │         │多くの個別計画が策定、改定され、目指す都市像である「富士山│       │
│    │         │のふもと しあわせを実感できるまち ふじ」の実現に向けて、│       │
│    │         │新たな5年間がスタートするところです。          │       │
│    │         │ しかし、市民からは、行政はいろいろな計画をつくるが、それ│       │
│    │         │が本当に実現しているのか、絵に描いた餅になってはいないか、│       │
│    │         │計画をつくることが目的ではなく、いかに実施に結びつけていく│       │
│    │         │かが重要ではないか、どのようなプロセスを経て事業化されてい│       │
│    │         │るのかわかりづらいなどといった声が挙がってきます。    │       │
│    │         │ それは、総合計画と各分野の個別計画との関係、個別計画の策│       │
│    │         │定内容等に原因があるのではないかと考えます。       │       │
│    │         │ そこでまず、総合計画(基本構想、基本計画、実施計画)と個│       │
│    │         │別計画との関連性について整理してみると、各計画において以下│       │
│    │         │のように記載されています。                │       │
│    │         │ ・総合計画後期基本計画は、平成28年度から32年度までの計画│       │
│    │         │で、基本構想を実現するために取り組む具体的な施策の体系を明│       │
│    │         │らかにしたものである。                  │       │
│    │         │ ・後期基本計画に定められた諸施策を具現化するため、後期実│       │
│    │         │施計画が策定され、財政計画との調整を図りつつ、経済、社会環│       │
│    │         │境の変化や各計画事業の重要度、緊急度などを勘案し、実施すべ│       │
│    │         │き事務事業を明らかにする。                │       │
│    │         │ ・各年度の実施計画は、後期基本計画で定められた施策の実施│       │
│    │         │に向けて、財政的な裏づけがされた1年間の計画である。   │       │
│    │         │ ・総合計画の施策を計画的、効果的に推進することにつなげる│       │
│    │         │ため、おのおのの分野での個別計画を策定・実行する。    │       │
│    │         │ ・個別計画は、総合計画に即して策定し、総合計画の施策をよ│       │
│    │         │り体系的・具体的に示したものである。           │       │
│    │         │ これらの記載内容から、基本的には、個別計画は総合計画の基│       │
│    │         │本構想(政策)、基本計画(施策)に即して策定し、個別計画の│       │
│    │         │中で必要な事業・取り組み等を掲げ、そのうちから重要度、緊急│       │
│    │         │度などを勘案して総合計画の実施計画(事業)に位置づけ、実施│       │
│    │         │していくと解釈できます。                 │       │
│    │         │ しかし、こうした関連性がある中で、以下のような問題点も指│       │
│    │         │摘できます。                       │       │
│    │         │ ・各個別計画は、策定背景や計画の位置づけ、関連法での計画│       │
│    │         │内容の規定などから、策定レベル(構想レベル、基本計画レベル│       │
│    │         │、実施計画レベル)もまちまちであり、総合計画との関連性がわ│       │
│    │         │かりづらいものもある。                  │       │
│    │         │ ・実施計画レベルの個別計画であっても、掲げられている事業│       │
│    │         │・取り組み等が具体性に欠けているものや実施時期等が明確にな│       │
│    │         │っていないものなどがある。                │       │
│    │         │ ・個別計画においては、さまざまな角度から調査・分析などを│       │
│    │         │行い、各分野の将来見通しを踏まえ、また市民アンケー    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │佐野 智昭(2) │ト、審議会、市民懇話会、ワークショップ、パブリック・コメン│市長     │
│    │         │トなどを通じて、市民意向を反映し、必要な事業・取り組み等を│及び     │
│    │         │掲げているにもかかわらず、実施されないまま計画期間が終了し│担当部長   │
│    │         │てしまうものもある。                   │       │
│    │         │ そこで、これらの問題点を解決し、せっかく策定する個別計画│       │
│    │         │が有効に活用され、実行性をより一層高め、掲げられた事業・取│       │
│    │         │り組み等を計画的かつ確実に実施していくことが必要ではないか│       │
│    │         │と考え、以下質問します。                 │       │
│    │         │ (1) まずは現時点において、総合計画と各種個別計画との関連│       │
│    │         │性を見える化し、ウエブサイト等を通じて公開できないか。  │       │
│    │         │ (2) 今後、総合計画実施計画と個別計画の事業・取り組み等、│       │
│    │         │総合計画基本計画と個別計画の評価指標を統一化するなど、総合│       │
│    │         │計画と個別計画を連動させ、全ての計画を総合計画の下に体系化│       │
│    │         │させていくことが有効であると考えるがいかがか。      │       │
│    │         │ (3) その一環として、策定背景や計画の位置づけ、関連法での│       │
│    │         │計画内容の規定などにより難しい点はあると思うが、個別計画の│       │
│    │         │策定内容(事業・取り組みの詳細化、評価指標、優先順位、実施│       │
│    │         │時期、実施部署・実施主体等)を統一することはできないか。 │       │
│    │         │2.田子の浦港のにぎわいづくりのためのソフト施策の推進につ│       │
│    │         │いて                           │       │
│    │         │ 田子の浦港のにぎわいづくりについては、イベント等のソフト│       │
│    │         │施策を中心に積極的に取り組まれており、その成果が徐々にあら│       │
│    │         │われてきていると評価できます。              │       │
│    │         │ そして、今後の取り組みとしても、総合計画後期基本計画には│       │
│    │         │、「田子の浦港ポートフェスタの開催や大型客船の誘致などを行│       │
│    │         │う」と示されており、富士市まち・ひと・しごと創生総合戦略に│       │
│    │         │も、田子の浦港のにぎわいづくりの施策として、田子の浦港ポー│       │
│    │         │トフェスタなどのイベントの実施、クルーズ客船の誘致やJR吉│       │
│    │         │原駅と漁港間の渡船運航が位置づけられています。      │       │
│    │         │ また、平成28年度予算案には、田子の浦港渡船運航、市制50周│       │
│    │         │年・田子の浦ポートフェスタ2016、市制・田子の浦港開港50周年│       │
│    │         │記念事業が盛り込まれています。              │       │
│    │         │ こうした位置づけを踏まえ、田子の浦港のにぎわいづくりのさ│       │
│    │         │らなる推進に向けて、以下質問します。           │       │
│    │         │ (1) 市制50周年、田子の浦港開港50周年を記念し、田子の浦港│       │
│    │         │を舞台として盛大なイベント等を実施することが、今後のにぎわ│       │
│    │         │いづくりの起爆剤にもなると考えられるが、予算に示されている│       │
│    │         │ポートフェスタ2016と開港50周年記念事業は具体的にどのような│       │
│    │         │ものか。                         │       │
│    │         │ (2) 昨年12月に実施された田子の浦港渡船運航実証実験をどう│       │
│    │         │評価し、来年度の運航にどう生かしていくのか。       │       │
│    │         │ (3) 昨年9月に客船「にっぽん丸」が寄港した際の田子の浦 │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│5   │佐野 智昭(2) │港でのオプショナルツアーには、富士市がコースに入っていなか│市長     │
│    │         │ったが、客船を誘致するに当たっては本市への経済効果、シティ│及び     │
│    │         │プロモーションの推進、おもてなしといった視点が重要、今後に│担当部長   │
│    │         │向けての具体的な方策は考えているか。           │       │
│    │         │ (4) 田子の浦港のにぎわいづくり、富士山観光や工場夜景の振│       │
│    │         │興などの視点から、港内や駿河湾のクルージングの実施、さらに│       │
│    │         │は駿河湾フェリーの寄港誘致や山中湖等で運行されている水陸両│       │
│    │         │用バスの誘致も有効であると考えるがいかがか。       │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│6   │高橋 正典(9) │1.脳脊髄液減少症の周知等について            │市長     │
│    │         │ 脳脊髄液減少症について本年1月にブラッドパッチ療法が保険│及び     │
│    │         │適用になる見通しが立ったという報道がなされました。    │教育長    │
│    │         │ これは、脳脊髄液減少症の患者にとっては、朗報でした。  │担当部長   │
│    │         │ これまでの間、2000年以降、頭痛や吐き気、めまいやしびれな│       │
│    │         │どを訴える患者に対しブラッドパッチ療法で効果があらわれた方│       │
│    │         │がふえてきた事実はありましたが、当時の医学界では「硬膜から│       │
│    │         │髄液は漏れるはずがない」という考え方が多くを占めていました│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ しかし、交通事故が原因で、発症した患者と損害保険会社との│       │
│    │         │訴訟問題から脳脊髄液減少症がクローズアップされてきました。│       │
│    │         │ 2007年には厚生労働省に研究班が発足し、2011年には診断基準│       │
│    │         │ができました。この後、2012年にはブラッドパッチ療法が先進医│       │
│    │         │療に承認されることになりました。このことから全国的にも50ほ│       │
│    │         │どの医療機関が、この先進治療に名乗りを上げ、実績を積み重ね│       │
│    │         │てきました。                       │       │
│    │         │ 昨年6月までの3年間には、1745件実施されました。直近1年│       │
│    │         │間では577件のうち有効とされるものが477件、有効でないとする│       │
│    │         │ものが54件、不明が46件となっており、ブラッドパッチ療法の実│       │
│    │         │績から、厚生労働省の先進医療会議は、保険適用が適切と判定、│       │
│    │         │本年4月から保険適用になります。             │       │
│    │         │ この経過の上に立って以下質問いたします。        │       │
│    │         │ (1) 脳脊髄液減少症について本市のウエブサイトにアップされ│       │
│    │         │ていますが、この機会を捉え再び市民に周知を図るべきと考えま│       │
│    │         │す。御回答をお願いいたします。              │       │
│    │         │ (2) 脳脊髄液減少症の原因となる危険性を多くはらんでいるの│       │
│    │         │は、学校だと思います。市内の小中高等学校に周知を図ることに│       │
│    │         │ついて、どのようにお考えか伺います。           │       │
│    │         │ (3) 脳脊髄液減少症について、静岡県では患者、家族、教育関│       │
│    │         │係機関に対し、周知を図るとともに、医師を対象とした研修会お│       │
│    │         │よび意見交換会を年に1回開催しています。富士市立中央病院と│       │
│    │         │して、この研修会に参加すべきと考えます。御回答をお願いいた│       │
│    │         │します。                         │       │
│    │         │ (4) 脳脊髄液減少症については、漏出の検査から症状を把握し│       │
│    │         │た上で、プラッドパッチ療法を施術することになりますが、富士│       │
│    │         │市の基幹病院である中央病院として、治療までを含めた対応をす│       │
│    │         │べきと思いますが、今後の対応についてお考えをお聞かせくださ│       │
│    │         │い。                           │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │海野 庄三(15)│1.一億総活躍社会とされる中でのシルバー人材センターの位置│市長     │
│    │         │づけと役割について                    │及び     │
│    │         │ 平成27年10月に第3次安倍内閣が発足、安倍首相は新3本の矢│教育長    │
│    │         │を軸に「一億総活躍社会を目指す」と宣言している。     │担当部長   │
│    │         │ しかし、第3次安倍内閣のキャッチフレーズである「一億総活│       │
│    │         │躍社会」に対して一億総活躍国民会議の初会合で有識者代表から│       │
│    │         │「意味がよくわからない」という意見が出され、高齢者からは年│       │
│    │         │金の支給乗率の引き下げや、支給開始年齢の引き上げの流れを背│       │
│    │         │景に、定年退職後も年金を当てにせずに若者と同様に働けという│       │
│    │         │意味か、といった批判めいた声も聞かれる。         │       │
│    │         │ こうした中、平成27年6月に厚生労働省が発表した「生涯現役│       │
│    │         │社会の実現に向けた雇用・就業環境の整備に関する検討会」の報│       │
│    │         │告書が注目されている。                  │       │
│    │         │ 報告書では、高齢者が豊かな生活を送れるようにするために65│       │
│    │         │歳以降においても働く意欲のある高齢者が生涯現役で活躍し続け│       │
│    │         │られるような雇用・就業環境を整えていくことが必要不可欠であ│       │
│    │         │ると基本指針を示し、それを具現する施策の1つとして「シルバ│       │
│    │         │ー人材センターの機能強化」を打ち出し、労働者派遣事業や職業│       │
│    │         │紹介事業による就業機会・職域開拓の促進が必要としている。 │       │
│    │         │ この報告書を安倍首相が宣言した「一億総活躍社会」に転写す│       │
│    │         │れば、「一億生涯現役社会」となり、高齢者にとって、その社会│       │
│    │         │とは、定年退職後も年金を当てにせずに若者と同様に働け、では│       │
│    │         │なく、シルバー人材センターの機能をもっての体力面を含めた本│       │
│    │         │人の持つ能力と希望に応じた就業の場の提供により、生きがいと│       │
│    │         │して働きたいとする意欲が尊重されると言えよう。      │       │
│    │         │ この解釈の上に立って、機能強化が時代ニーズとして突きつけ│       │
│    │         │られている富士市シルバー人材センター(以下、「シルバー人材│       │
│    │         │センター」という。)の現状を分析、散見される課題を提示しな│       │
│    │         │がら4点を質問、回答を願いたい。             │       │
│    │         │ (1) シルバー人材センターの平成26年度の実績は、会員数1243│       │
│    │         │人、受注件数5582件、契約金額6億2991万円、就業率93.2%で、│       │
│    │         │いずれも前年度を下回っている。ポイントである会員数は、10年│       │
│    │         │前の平成17年度は1274人で、ここ10年、横ばいである。この一方│       │
│    │         │、65歳以上の高齢者人口は平成17年度4万1858人、平成26年度6│       │
│    │         │万1664人で、わずか10年で、人数で実に1万9806人、率で47.3%│       │
│    │         │も増加している。当局は、シルバー人材センターの機能をどう評│       │
│    │         │価、そして入会対象の高齢者が急増しているにもかかわらず会員│       │
│    │         │数が横ばいという状況を、どう受けとめているのか。     │       │
│    │         │ (2) シルバー人材センターの運営は公益社団法人であるが、「│       │
│    │         │高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づく設置者は富士│       │
│    │         │市である。この経過を踏まえ当局は事務局人件費       │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │海野 庄三(15)│などに向けての補助金を平成27年度は2400万円支出しているが、│市長     │
│    │         │機能強化に向けては補助金の増額が必要ではないか。さらに、機│及び     │
│    │         │能強化に向けてのサポートも必要と判断される。担当課は、どの│教育長    │
│    │         │ようなサポートをしているのか、定期的に課題を拾い上げ、その│担当部長   │
│    │         │解消・改善に向けてシルバー人材センターと協議する場などを設│       │
│    │         │けているのか。                      │       │
│    │         │ (3) 喫緊の課題である会員増強に向けては、「会員になったら│       │
│    │         │希望する就業の場がある」が必要であり、就業機会・職域開拓の│       │
│    │         │促進も急がれる。シルバー人材センター定款の第3条(目的)に│       │
│    │         │記されている「定年退職者等の高齢者の希望に応じた臨時的かつ│       │
│    │         │短期的な就業、または軽易な業務」のひな型を民間に示す面から│       │
│    │         │も当局は現況の発注業務に加え、指定管理者の業務も含め、新た│       │
│    │         │にシルバー人材センターに発注できる行政業務がないかの洗い出│       │
│    │         │しに取り組む考えはないか。                │       │
│    │         │ (4) 会員は高齢者であることから派遣事業に対応できない交通│       │
│    │         │弱者も多く、“ワークステーション”とも呼ばれる就業センター│       │
│    │         │で内職的な仕事に従事する希望が強いといわれる。そうした業務│       │
│    │         │の受注に向けての取り組みが急がれるが、25万6000人都市にして│       │
│    │         │就業センターは南町にあるシルバー人材センターの事務所が入居│       │
│    │         │する1カ所だけである。会員増強に向けての器づくりの面からも│       │
│    │         │社会福祉センターなど既存の公共施設を活用して新たな就業セン│       │
│    │         │ターの開設に取り組むべきではないか。           │       │
│    │         │2.移転、閉鎖の不安が浮上している常葉大学富士キャンパスへ│       │
│    │         │の富士市の対応について                  │       │
│    │         │ 1月16日以降、一部メディアが「本県の有力学校法人である常│       │
│    │         │葉学園(本部・静岡市葵区)が常葉大学の新キャンパス開設に向│       │
│    │         │け、静岡市内のポーラ化成工業静岡工場跡地を取得すると発表。│       │
│    │         │2018年4月をめどに約4000人を収容する新キャンパスを開設。3│       │
│    │         │月の理事会で学部や大学院の設置などの具体的な活用を決めるが│       │
│    │         │、現時点では新学部は設けず、建設から30年を超える静岡市内の│       │
│    │         │瀬名キャンパスや、最寄り駅から遠い富士市内の富士キャンパス│       │
│    │         │から既存学部を移管すると見られる」と報じた。       │       │
│    │         │ 富士市大淵にある常葉大学富士キャンパスは、1990年、官民一│       │
│    │         │体となっての富士市の大学誘致運動を受けた常葉学園が「常葉学│       │
│    │         │園富士短期大学」として開学。その後、4年制の「富士常葉大学│       │
│    │         │」、2013年から常葉学園が「富士常葉大学」、「常葉学園大学」│       │
│    │         │、「浜松大学」の3大学を統合し、10学部19学科から成る「常葉│       │
│    │         │大学」を誕生させたことにより、現在の常葉大学富士キャンパス│       │
│    │         │となっている。学部学科構成は、経営学部経営学科、社会環境学│       │
│    │         │部社会環境学科、保育学部保育学科の3学部3学科で、このほか│       │
│    │         │環境防災研究科環境防災専攻を有している。         │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│7   │海野 庄三(15)│ この常葉大学富士キャンパスは、専門学校を除き富士市内唯一│市長     │
│    │         │の高次教育機関で、短大としての開学から四半世紀を経過。さら│及び     │
│    │         │に開学及び4年制大学への移行時にも富士市が用地や資金を提供│教育長    │
│    │         │していることから私大とはいえ「富士市の大学」として受けとめ│担当部長   │
│    │         │ている市民も多く、その存亡の危機を伝えるメディア報道は富士│       │
│    │         │市にとって衝撃的なニュースとなっている。         │       │
│    │         │ この認識の上に立って、以下、3点を質問、回答を得たい。 │       │
│    │         │ (1) 一部メディアが伝える以前に常葉学園側から富士市に何ら│       │
│    │         │かの説明があったのか。説明があったならば、その時期、そして│       │
│    │         │富士市としての意向や要望を伝えてあるのか。        │       │
│    │         │ (2) 今回、メディアが伝えた「新キャンパス開設、富士キャン│       │
│    │         │パスからの既存学部の移管も予想される」とする動きを富士市の│       │
│    │         │トップである市長は、どのように受けとめているのか。    │       │
│    │         │ (3) メディア報道には、常葉学園幹部のコメントも記されてい│       │
│    │         │ることから、その信憑性は極めて高く、「2018年4月をめどに約│       │
│    │         │4000人を収容する新キャンパスを開設」や「3月の理事会で学部│       │
│    │         │や大学院の設置などの具体的な活用を決める」などから緊急に富│       │
│    │         │士市として、どう対応するのかの体制を整える必要があると判断│       │
│    │         │される。タスクフォース(※)を設置、今後、想定される、さまざ│       │
│    │         │まな場面のシナリオを描き、その中では富士キャンパスの全面移│       │
│    │         │転、閉鎖の、富士市にとって最悪となるシナリオも描き、対応し│       │
│    │         │ていくべきではないか。                  │       │
│    │         │ ※ 緊急性の高い特定の課題に取り組むために設置する特別 │       │
│    │         │   チーム                       │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │石川 計臣(5) │1.電力小売全面自由化に向けた市民への情報提供について  │市長     │
│    │         │ いよいよ本年4月1日から電力の小売全面自由化が始まります│及び     │
│    │         │。従来、各家庭は地域の電力会社(静岡県であれば東京電力・中│担当部長   │
│    │         │部電力)から電気を購入していましたが、4月以降は新規参入す│       │
│    │         │る小売電気事業者が提案する電気料金やサービスメニュ−の内容│       │
│    │         │を比較して電気の購入先を自由に選べるようになります。   │       │
│    │         │ そして新規参入を予定している小売電気事業者は、東京電力や│       │
│    │         │中部電力のグループ会社(子会社)、石油元売会社、再生可能エ│       │
│    │         │ネルギー発電会社、情報通信会社、都市ガス会社・LPガス販売│       │
│    │         │会社、住宅会社、鉄道会社など多岐にわたっており、全国的に見│       │
│    │         │ると現在170社以上が新規小売電気事業者の登録認可を受けてお │       │
│    │         │り、静岡県内も新規参入を予定する事業者が多くあります。  │       │
│    │         │ 新たに参入する小売電気事業者は自前の発電施設や電力の卸売│       │
│    │         │市場で調達した電気を地域の電力会社(東京電力・中部電力)の│       │
│    │         │送電網を利用して各家庭に届ける。また発電所のトラブルや新規│       │
│    │         │参入小売電気事業者が倒産するなど非常事態時には、地域の電力│       │
│    │         │会社(東京電力・中部電力)が電気を融通する仕組みを国が制度│       │
│    │         │化しており、各家庭に電気が供給できなくなることは100%あり │       │
│    │         │ません。                         │       │
│    │         │ 今、新規参入小売電気事業者は電気料金が安くなるプランやポ│       │
│    │         │イントでの還元、3月までに契約すると特典があるなどを提案し│       │
│    │         │た営業活動を活発化しています。消費者は「生活スタイルにあっ│       │
│    │         │た料金体系」を選択し、小売電気事業者と契約することが可能に│       │
│    │         │なりますが、この契約は4月以降も自由にできます。なお、何も│       │
│    │         │手続しなくても、4月以降も従来どおり現在の電力会社(東京電│       │
│    │         │力・中部電力)から電気が供給されます。          │       │
│    │         │ 経済産業省は各地で電力小売全面自由化の説明会を開催してい│       │
│    │         │ますが、基本的な制度の枠組みがまだ広く理解されている状況で│       │
│    │         │はないと思います。また、多くの市民は電力小売全面自由化への│       │
│    │         │戸惑いと不安があるようです。               │       │
│    │         │ 市は消費者と小売電気事業者との契約に介入することができな│       │
│    │         │いだけでなく、契約の判断を左右するような内容の情報提供はで│       │
│    │         │きません。しかし市民の暮らしを守る義務があり、あらゆる機会│       │
│    │         │を捉えて経済産業省が発信している情報を広報すべきだと考えま│       │
│    │         │す。数は少ないようですが、市が独自に電力小売全面自由化の説│       │
│    │         │明会を開催している事例があります。            │       │
│    │         │ 電力小売全面自由化に関する制度全般の情報は膨大であり、全│       │
│    │         │てを市民に提供することは困難であるだけでなく、逆に伝えたい│       │
│    │         │情報の焦点がぼやける恐れがあります。           │       │
│    │         │ 今、経済産業省が注意を喚起しているのは、「騙されないで!│       │
│    │         │電力小売全面自由化5つの嘘」です。この5つの嘘は次のような│       │
│    │         │内容になっています。                   │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│8   │石川 計臣(5) │ 嘘1:電力会社を変えると新たに電線を引かなくてはいけない│市長     │
│    │         │。                            │及び     │
│    │         │ 嘘2:契約した会社が倒産したら直ちに電気がとまる。   │担当部長   │
│    │         │ 嘘3:4月までに何もしないと電気はとまってしまう。   │       │
│    │         │ 嘘4:スマートメーターに取りかえると費用がかかる。   │       │
│    │         │ 嘘5:規模の小さい会社と契約すると電気が不安定になる。 │       │
│    │         │ まず、市民への情報提供の第1弾として、この「嘘」を提供し│       │
│    │         │てはどうでしょうか。4月以降、消費者と電力小売事業者との契│       │
│    │         │約が進展しますので、順次必要に応じて情報提供を継続すればい│       │
│    │         │いと考えます。                      │       │
│    │         │ また、今後、消費者と小売電気事業者間での契約条項の解釈の│       │
│    │         │違い、悪徳商法や詐欺に起因するトラブルが発生する心配があり│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ そこで、以下の2項目についてお伺いします。       │       │
│    │         │ (1) 電力小売全面自由化に向けた市民への情報提供についてど│       │
│    │         │のように考えているか。                  │       │
│    │         │ (2) 電力小売全面自由化に関する相談やトラブルに対応する市│       │
│    │         │の窓口についてどのように考えているか。          │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │杉山  諭(12)│1.富士市水道事業の企業として営業の取り組みについて   │市長     │
│    │         │ 本市は、昨年、水道事業の健全な経営と適正な維持管理を行う│及び     │
│    │         │ため、水道料金の改定について、富士市水道事業及び下水道事業│担当部長   │
│    │         │経営審議会に諮問、審議した結果、「各種事業の必要性、経営状│       │
│    │         │況から判断すると、水道料金を平成28年度から平均で31.92%引 │       │
│    │         │き上げることが妥当である」との答申を得ました。      │       │
│    │         │ 富士市議会の担当常任委員会である建設水道委員会では、所管│       │
│    │         │事務調査の中で今回の提案の妥当性について2回にわたり確認し│       │
│    │         │、この答申をもとにした水道料金改定案が富士市議会に説明され│       │
│    │         │、今回の水道料金改定はやむを得ないと判断いたしました。  │       │
│    │         │ その後、市長より正式に11月定例会に議案として提出があり議│       │
│    │         │会として十分な審議を行い水道料金の改定案を可決いたしました│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 私が水道料金の改定を賛成するに至った理由として、水道料金│       │
│    │         │の改定が平成9年から据え置かれていたことと、その間、職員の│       │
│    │         │削減や、業務の効率化、業務の外部委託など経費削減に努めてい│       │
│    │         │ることからです。                     │       │
│    │         │ また、これまでに富士市議会では、ライフラインである上下水│       │
│    │         │道事業について、自然災害や大規模災害に備えた取り組みについ│       │
│    │         │て早急な実施と改善を求めてまいりました。         │       │
│    │         │ そうした中で、水道施設の整備として配水池の整備、施設の統│       │
│    │         │廃合、地下水への水源転換などに22億円余、配水設備等の改良と│       │
│    │         │して、老朽管の更新及び施設の耐震化に44億円余、簡易水道の統│       │
│    │         │合に3億5000万円余など総額70億円の費用がかかることが挙げら│       │
│    │         │れ、現状のままでは、こうした取り組みの財源が不足してくるこ│       │
│    │         │となどから、水道料金の改定について賛成をいたしました。  │       │
│    │         │ 今後、事業の健全な経営と適正な維持管理を行うため、定期的│       │
│    │         │な料金の改定をしなければならないと考える中で、富士市の水道│       │
│    │         │事業については、これまでも職員の削減や、業務の効率化、業務│       │
│    │         │の外部委託など経費削減に努めていることは、十分理解をしてい│       │
│    │         │るところでありますが、水道事業は公営ではありますが企業です│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ そこで公営企業としての取り組みについて以下伺います。  │       │
│    │         │ (1) 富士市の水道水についてどのような認識を持っているのか│       │
│    │         │伺います。                        │       │
│    │         │ (2) 公営企業として健全な経営を行うためにどのような取り組│       │
│    │         │みを行ってきたのか伺います。               │       │
│    │         │ (3) 今後、公営企業としての水道事業についてどのような取り│       │
│    │         │組みが必要と考えるか伺います。              │       │
│    │         │2.富士市の観光振興におけるインバウンド(訪日旅行客)の取│       │
│    │         │り組みについて                      │       │
│    │         │ 本市は、富士山を水源とする豊富な地下水に恵まれ、古く  │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│9   │杉山  諭(12)│から製紙を中心とした紙のまちとして成長し、その後、化学・医│市長     │
│    │         │薬品産業や電気及び自動車産業など県内でも有数の産業の都市と│及び     │
│    │         │して発展してきました。                  │担当部長   │
│    │         │ そうした産業の都市としての発展とともに、豊かな自然環境や│       │
│    │         │富士山の眺望を生かした富士山百景の事業化、また、本市の特産│       │
│    │         │物を生かした富士ブランド事業の取り組みなど観光振興に向けた│       │
│    │         │施策を行ってきました。                  │       │
│    │         │ 近年では、関東方面への積極的な営業による、田子の浦港のシ│       │
│    │         │ラス丼を食するツアーなどが企画され、大きな観光の目玉となっ│       │
│    │         │ています。                        │       │
│    │         │ 平成25年6月の富士山の世界文化遺産登録を期に観光施策の充│       │
│    │         │実が図られ、市内民間団体やNPOなどと観光客誘致について多│       │
│    │         │様な取り組みがなされ、これから大きな期待が持てる事業計画が│       │
│    │         │出てきています。                     │       │
│    │         │ そうした中、今後さらに観光施策の充実を進める上で、国内だ│       │
│    │         │けでなく海外のお客様に本市へ来ていただくインバウンドの取り│       │
│    │         │組みが必要かと考え以下伺います。             │       │
│    │         │ (1) 富士市の観光振興のインバウンドへの取り組み状況につい│       │
│    │         │て伺います。                       │       │
│    │         │ (2) 富士市の観光施策と連携について広域連携及び他行政との│       │
│    │         │連携をどのように実施しているのか、またしようとしているのか│       │
│    │         │伺います。                        │       │
│    │         │ 以上2項目5点についてお伺いいたします。        │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│10  │前島 貞一(31)│1.東京オリンピックの事前合宿の誘致について       │市長     │
│    │         │ 2020年の東京オリンピックの富士市の対応について、お伺いい│及び     │
│    │         │たします。                        │担当部長   │
│    │         │ 東京開催が決定後に、全国各地で、所有されている施設を利用│       │
│    │         │して事前合宿の誘致が活発化していることは承知のことと思いま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ 我が富士市にある県営水泳場も、1つの候補として挙げられて│       │
│    │         │おりますが、現状はサブプールがないため、候補としては疑問が│       │
│    │         │残ります。                        │       │
│    │         │ 陸上競技場を活用しての事前合宿も富士山を背景とした観点か│       │
│    │         │ら考えて候補地として挙げておることも伺っております。   │       │
│    │         │ 先ごろ伊豆市の伊豆ベロドロームがオリンピックの自転車競技│       │
│    │         │場として決定したことから、我が富士市においても、鈴川海岸防│       │
│    │         │潮堤を利用した選手の練習コースとして誘致すれば、一般車両も│       │
│    │         │なく、安全なコースであり、最適な練習コースとして考えられま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ コースを背景としたロケーションは、北には、松林を背景に富│       │
│    │         │士山、南は、伊豆半島の眺望と駿河湾、練習コースとしては最高│       │
│    │         │な条件を備えたコースと思われます。            │       │
│    │         │ 以上の点に加え、鈴川海岸防潮堤から、沼津市千本松原海岸ま│       │
│    │         │で、往復すると約50キロメートルの距離を有しておりますことは│       │
│    │         │、自転車ロードレースの練習場所(コース)としても、最適のコ│       │
│    │         │ースとして挙げられます。至急の対応を考えるベきと思います。│       │
│    │         │ 今後、継続した観光資源の魅力化、サイクリングコースとして│       │
│    │         │、世界各国へ発信することも、今後の富士市の観光面にもつなが│       │
│    │         │ることと思われます。                   │       │
│    │         │ さらに、富士ハイツ跡地の再利用を多方面に呼びかけ、早急に│       │
│    │         │確立、推進することを望みます。スポーツ専用の宿泊施設として│       │
│    │         │、考えるべきと思いますが、いかがですか。         │       │
│    │         │2.世界文化遺産富士山を生かした観光について       │       │
│    │         │ 我が富士市は、新東名高速道路と富士山という2つの大きな財│       │
│    │         │産があります。                      │       │
│    │         │ 新東名高速道路を利用する多くの観光客―県内、県外、国外の│       │
│    │         │多くの方々が、大きな感動を受け、来訪されておりますが、富士│       │
│    │         │市を取り巻く他の市・町において、各種の開発手法を取り入れて│       │
│    │         │、自主財源ではなく、民間資本を導入して、積極的に開発をし、│       │
│    │         │それぞれの観光につなぐ宝を磨き、推進を図っております。  │       │
│    │         │ その1つに三島市は、山の渓谷を利用して、市内企業と提携し│       │
│    │         │て、40億円の資本を投入して、東洋一の延長400メートルのつり │       │
│    │         │橋が完成。その結果、三島市の魅力を市内外に発信するとともに│       │
│    │         │、シティプロモーションに生かしております。完成と同時に、現│       │
│    │         │在は、観光客でにぎわいを満たしております。        │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│10  │前島 貞一(31)│ また、富士宮市においても、浅間神社の前に、富士山世界遺産│市長     │
│    │         │センターを計画。県が、約30億円予算計上し、「逆さ富士」を型│及び     │
│    │         │どったセンターが今年度から建設着手されます。       │担当部長   │
│    │         │ 我が富士市においては、構成資産がなく、富士市単独では、開│       │
│    │         │発は難しいと思いますが、隣接の市・町と比較しても、富士山の│       │
│    │         │景観と位置づけは、まさるとも劣らない、すばらしいものである│       │
│    │         │と思います。これらを最大限に生かすべきと思います。    │       │
│    │         │ 隣の富士宮市と観光の名所を線で結び、まずは、観光マップの│       │
│    │         │作成を協議することをもって、共同事業を視野に入れて、推進す│       │
│    │         │ることが、必要と思うが、当局の考えをお聞かせください。  │       │
│    │         │ 岩本山周辺から、富士宮市高原地区にかけて、特区計画を取り│       │
│    │         │上げ、県・国に強く働きかけが必要と思います。この点について│       │
│    │         │も、当局の考えをお聞かせください。            │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│11  │小池 義治(4) │1.保育料の第2子半額、第3子以降無料について      │市長     │
│    │         │ 駿東地区の6市町(沼津市・御殿場市・裾野市・小山町・清水│及び     │
│    │         │町・長泉町)がそろって、子どもが3人以上いる世帯の幼稚園や│教育長    │
│    │         │保育園の保育料について、世帯年収や第1子の学年にかかわらず│担当部長   │
│    │         │、第2子を半額に、第3子以降を無料にする方針を打ち出してい│       │
│    │         │る。本市においては従前より保育料を年少から小学校3年までの│       │
│    │         │間に通園・通学している兄弟姉妹がいる場合、最年長の児童から│       │
│    │         │順に2人目は半額、3人目以降は無料としている(1号認定の場│       │
│    │         │合)が、第1子の学年の制限がない点において、駿東6市町が導│       │
│    │         │入する制度のほうがより充実した内容といえる。また、西伊豆町│       │
│    │         │は来年度以降、町立の保育園、幼稚園の保育料と給食費を完全無│       │
│    │         │料の方針を打ち出しており、本市は、子育てしやすいまちという│       │
│    │         │都市イメージにおいて県東部の中において後塵を拝していると言│       │
│    │         │えよう。以下、質問する。                 │       │
│    │         │ (1) 第1子の学年の制限をなくし、第2子半額、第3子以降無│       │
│    │         │料にするために必要な追加の予算は、概算でどれほどか。   │       │
│    │         │ (2) 市内の多子世帯の子育てを応援し、また市外からの若い世│       │
│    │         │代の移住促進のためにも、第2子以降の保育料をまずは速やかに│       │
│    │         │駿東6市町とあわせた基準にすべきと考えるがどうか。    │       │
│    │         │2.児童生徒の登下校時の交通安全対策について       │       │
│    │         │ ことし2月8日朝に磐田市において登校中の小学2年の女児が│       │
│    │         │ワゴン車にはねられ死亡するという痛ましい事故があった。2月│       │
│    │         │9日には厚木市において小学4年の女児が、2月15日には足立区│       │
│    │         │で小学1年の男児が、2月17日には町田市で小学1年の男児が、│       │
│    │         │いずれも車にはねられ死亡するという悲惨な交通事故が相次いで│       │
│    │         │いる。                          │       │
│    │         │ 磐田市の死亡事故は、信号機のある交差点を青信号で横断中に│       │
│    │         │右折車両にはねられたもので、町田市の死亡事故も同じく青信号│       │
│    │         │を横断中であったが、左折のダンプカーに巻き込まれたものであ│       │
│    │         │ったようである。こうした交差点での事故を防ぐには信号機を歩│       │
│    │         │車分離式にすることで、歩行者と車両の通行時間を分けることが│       │
│    │         │有効と言える。以下、質問する。              │       │
│    │         │ (1) 本市における歩車分離式信号機の設置数と今後の設置予定│       │
│    │         │はどうであるか。                     │       │
│    │         │ (2) 児童生徒の交通安全対策について、どのような施策を展開│       │
│    │         │していくか。                       │       │
│    │         │3.市内の公園をもっと特色あるものにできないか      │       │
│    │         │ 市内にはバラや桜が美しく咲くすばらしい公園が多数あり市民│       │
│    │         │の憩いの場になっている。しかし、それらの公園はおおよそ富士│       │
│    │         │市民向けのもので、市外から富士市内の公園を目的地として訪れ│       │
│    │         │る人はまれである。小規模の公園はもとより、中央公園・岩本山│       │
│    │         │公園・広見公園などの大規模な公園においても、花壇、桜の木、│       │
│    │         │芝生広場、遊具等がそろってはいるが、           │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│11  │小池 義治(4) │全国的に注目されるほどの飛び抜けた特色がない幕の内弁当的な│市長     │
│    │         │公園と言える。                      │及び     │
│    │         │ 市の花であるバラは、広見公園の2000株を初め、市の公園全体│教育長    │
│    │         │で4000株ほどが植えられているが、全国には1万株を超えるバラ│担当部長   │
│    │         │公園もある中においては、観光の目的地となるには不足している│       │
│    │         │。岩本山公園の梅は、見ごろの季節には観光客も訪れるが、全国│       │
│    │         │ランキングに入るほどの梅園とまでは至っていない。     │       │
│    │         │ バラならバラ、梅なら梅、桜なら桜と、公園の植栽に強い特色│       │
│    │         │を持たせることで、背景にそびえる富士山の景色と相まって、遠│       │
│    │         │方からも人を集めるような公園にできるのではないだろうか。今│       │
│    │         │後の大規模な公園の整備には、シティプロモーションの視点を取│       │
│    │         │り入れて、幕の内弁当的な公園からの脱却を図るべく根本的な転│       │
│    │         │換を図ってはどうか。                   │       │
│    │         │4.フルマラソン大会を開催してはどうか          │       │
│    │         │ 近年はランニング人口が増加しており、各地のマラソン大会は│       │
│    │         │盛況である。ことし2月28日開催の東京マラソン2016は、フルマ│       │
│    │         │ラソンの一般募集の定員2万7370人に対して30万8810人の応募が│       │
│    │         │あり、倍率は過去最高の11.3倍。同じく、ことし3月13日開催の│       │
│    │         │横浜マラソン2016は参加料が1万5000円と高額にもかかわらず、│       │
│    │         │フルマラソン一般枠の募集定員1万9450人に対して6万982人の │       │
│    │         │応募があり、倍率は3.1倍となっている。首都圏においては、フ │       │
│    │         │ルマラソンの需要(走りたい人)が供給(大会の定員)を大幅に│       │
│    │         │上回っている状況と言える。                │       │
│    │         │ 本市周辺では、南都留郡富士河口湖町で定員1万5000人規模の│       │
│    │         │富士山マラソンが、静岡市では定員1万2000人規模の静岡マラソ│       │
│    │         │ンが既に開催されているが、本市においても、首都圏からの参加│       │
│    │         │者も取り込んだ1万人規模のフルマラソンの大会開催が可能では│       │
│    │         │ないか。                         │       │
│    │         │ 本市においてはハーフマラソンの定員400人(他の部門も合わ │       │
│    │         │せての定員3800人)のふじかわキウイマラソンが開催されており│       │
│    │         │、そのノウハウを生かしながらコースを初め全面的にフルマラソ│       │
│    │         │ンにリニューアルし、例えば、新富士駅に近いふじさんめっせを│       │
│    │         │スタート・ゴール地点とすれば首都圏からの日帰り参加もしやす│       │
│    │         │い大会になるであろう。                  │       │
│    │         │ フルマラソン大会は、運営費用は参加費の中から一部捻出する│       │
│    │         │ことが可能であるため公費に頼らないシティプロモーションが実│       │
│    │         │現でき、前泊・後泊等によるホテル旅館業の需要増などの経済効│       │
│    │         │果も見込めると考える。富士市でフルマラソン大会を実施しては│       │
│    │         │どうか。                         │       │
│    │         │5.シティプロモーションの推進体制について        │       │
│    │         │ シティプロモーションは、住むまち、働くまち、訪れるまちと│       │
│    │         │して選ばれるための総合的な活動であり、市全体で取り組まなく│       │
│    │         │ては実現ができないものである。しかし、本市のシティプロモー│       │
│    │         │ションはいまだ、市全体での盛り上がりに欠け        │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│11  │小池 義治(4) │ているように感じる。例えば富士市ブランドプロジェクト「富士│市長     │
│    │         │山と、」運動は、定住促進施策やふるさと納税、各種イベントや│及び     │
│    │         │ゆるキャラや御当地グルメと連携した広がりが求められるであろ│教育長    │
│    │         │う。                           │担当部長   │
│    │         │ 現在、シティプロモーションの担当としては、産業経済部の観│       │
│    │         │光課内に富士山・シティプロモーション推進室が置かれているが│       │
│    │         │、「シティプロモーション」は「観光」を包含したより上位の概│       │
│    │         │念であり、市長直属の部署や総務部内に担当課を置くことで、市│       │
│    │         │全体のあらゆる政策にシティプロモーションの考え方を浸透させ│       │
│    │         │、より総合的で力強い展開ができないだろうか。今後のシティプ│       │
│    │         │ロモーションの推進体制について伺う。           │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│12  │石橋 広明(30)│1.保護観察対象者の再犯防止に向けた就労支援について   │市長     │
│    │         │ 法務省は平成25年5月、保護観察中の少年1人を非常勤職員と│及び     │
│    │         │して採用したと発表した。中央官庁としては初の試みで、罪を犯│担当部長   │
│    │         │した人の更生や再犯防止を担う法務省が「国が率先して雇用する│       │
│    │         │姿勢を示すことで、地方自治体や民間企業など社会全体に取り組│       │
│    │         │みを広げるきっかけにしたい」としている。         │       │
│    │         │ 同省社会復帰支援室によると、対象は家庭裁判所から処分を受│       │
│    │         │けたり、少年院を仮退院したりして、保護観察となっている少年│       │
│    │         │。勤務時間は午前10時から午後5時までで、文書整理やパソコン│       │
│    │         │のデータ入力、電話受け付けなどを担当する。国家機密や個人の│       │
│    │         │プライバシーにかかわる情報は取り扱わない。日給は他の臨時職│       │
│    │         │員と同額、雇用期間は最長6カ月で、勤務は週4日以内とし、残│       │
│    │         │る日は就職活動に充ててもらう。民間の就労支援員がハローワー│       │
│    │         │クや面接に同行するなどして、職探しをサポートする。職が見つ│       │
│    │         │かった時点で契約を終了し、保護観察所と情報交換して新たに別│       │
│    │         │の少年を採用する。                    │       │
│    │         │ 採用枠は当面1人とするものの、法務省の担当者は、成果を見│       │
│    │         │ながら、将来的には枠の拡大も検討したいとしている。    │       │
│    │         │ 平成23年の同省の統計によると保護観察終了時に無職だった人│       │
│    │         │の再犯率は約27%で、職についた人の4倍近くに上る。同省は就│       │
│    │         │労支援の充実が再犯防止に欠かせないと見ている。      │       │
│    │         │ 地方自治体では、平成22年8月以降、大阪府吹田市、千葉県勝│       │
│    │         │浦市、静岡県掛川市など8市が保護観察対象者らの雇用制度を導│       │
│    │         │入して、合計8人の採用実績がある。平成27年には全国28自治体│       │
│    │         │が受け入れ態勢を整えている。法務省によると、2月末時点で、│       │
│    │         │東京都大田区のほか、奈良県、京都府、長野県の3府県、千葉市│       │
│    │         │や石川県白山市など24市町で厚生労働省と法務省が保護観察対象│       │
│    │         │の少年らの受け入れ態勢を整えていることから、本市の状況につ│       │
│    │         │いて伺う。                        │       │
│    │         │ (1) 本市における協力雇用主会の会員数について      │       │
│    │         │ (2) 協力雇用主会の就労者件数について          │       │
│    │         │ (3) 本市の無職者の再犯率について            │       │
│    │         │ (4) 本市と富士地区保護司会並びに協力雇用主会とで「保護観│       │
│    │         │察対象者等の就労支援に関する協定書」を締結する考えについて│       │
│    │         │2.岩本山公園の整備事業について             │       │
│    │         │ 岩本山公園は、市民のみならず、多くの方々の憩いの場として│       │
│    │         │の機能を有する観光公園となっている。           │       │
│    │         │ 平成28年2月1日から4月10日まで、世界文化遺産「富士山」│       │
│    │         │と「梅」、「桜」の絶景を望む「絶景★富士山 まるごと岩本山│       │
│    │         │」が開催されている。多くの事業が予定されている中、地方創生│       │
│    │         │加速化交付金170万円が予算計上され、歴史・自然活用事業とし │       │
│    │         │て、岩本山観光誘客促進、花咲案内人、観梅ウエディング、竹灯│       │
│    │         │篭ライトアップが予定されており、多くの観光客の来園が期待さ│       │
│    │         │れるところである。                    │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│12  │石橋 広明(30)│ 園内には数多くの木々や花が植えられており、1年を通して四│市長     │
│    │         │季折々の花や紅葉が楽しめる。また、「富士山と梅」、「富士山│及び     │
│    │         │と桜」の絶好の撮影ポイントとしても知られている。     │担当部長   │
│    │         │ 梅園では、成木14種179本、苗木30種210本、合計389本もの紅 │       │
│    │         │白梅が開花、また梅園道には、1万本以上のアジサイが栽培され│       │
│    │         │ている。                         │       │
│    │         │ シャクナゲの森では、在来種5種、約500本のシャクナゲが点 │       │
│    │         │在している。                       │       │
│    │         │ 野生ツツジの森では、野生種37種、約2200本のツツジが集めら│       │
│    │         │れ、3月から5月にかけて咲く。              │       │
│    │         │ 山桜の森では、山桜や大島桜など在来種が混在している。  │       │
│    │         │ 自然教育の森では、山野に自生する花や果実、紅葉の美しい樹│       │
│    │         │木を中心に約80種、約1000本が集められている。       │       │
│    │         │ バードサンクチュアリでは、富士川から公園に飛来する野鳥の│       │
│    │         │保護と観察を兼ねて、野鳥の聖域として他区域と分けており、約│       │
│    │         │30種の野鳥を見ることができる。              │       │
│    │         │ 約40年前、富士ロータリークラブ創立10周年記念事業として岩│       │
│    │         │本山公園内に数多くの桜を植樹し、「ロータリーの森」として整│       │
│    │         │備された。その後、パノラマ展望台付近へ150本以上のロウバイ │       │
│    │         │を植樹し、このロウバイの花咲く丘を「慈愛の丘」と名づけ、記│       │
│    │         │念の碑が建てられている。                 │       │
│    │         │ また、富士ロータリークラブ創立50周年記念では、「慈愛の丘│       │
│    │         │」の整備を中心に新たにロウバイの植樹が実施された。    │       │
│    │         │ 植栽管理としては、毎年3月末に桜、ロウバイの施肥作業を継│       │
│    │         │続的に行っており、花見の名所として親しまれる公園づくりに協│       │
│    │         │力している。                       │       │
│    │         │ しかし、現在「慈愛の丘」のロウバイは、植栽時の2〜3割程│       │
│    │         │度の植生であり、笹葉が多く茂り、笹根により植生に支障を来た│       │
│    │         │しているのが現状であり、ロウバイの抜き去りもあると聞いてい│       │
│    │         │る。「慈愛の丘」の整備とともに、追加の植樹を検討している中│       │
│    │         │、本市による今後の管理について伺う。           │       │
│    │         │ (1) 「慈愛の丘」への案内板及び市民へのPRについて   │       │
│    │         │ (2) ロウバイ保護の看板の設置について          │       │
│    │         │ (3) 「慈愛の丘」における笹根の除去作業実施について   │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│13  │井出 晴美(7) │1.知的財産交流事業について               │市長     │
│    │         │ 政府は地方創生を後押しするため、大企業などが持つ特許を地│及び     │
│    │         │方の中小企業が活用できるように各地で専門家の助言体制を整備│担当部長   │
│    │         │するといった知的財産推進計画2015を定めました。      │       │
│    │         │ 計画は?地方における知財活用の推進、?知財紛争処理システ│       │
│    │         │ムの活性化、?コンテンツ及び周辺産業との一体的な海外展開の│       │
│    │         │推進の3本柱で成長戦略に反映するとしています。      │       │
│    │         │ 特許庁によれば、特許の出願件数約27万件(2013年)のうち、│       │
│    │         │中小企業からの出願は約12%にとどまっています。特許の取得・│       │
│    │         │維持にかかる費用などの負担が重いのが一因のようです。   │       │
│    │         │ 一方、多数の特許を保有する大企業には、事業の見直しで不要│       │
│    │         │になるなどして、活用されていない未利用特許(休眠特許)が少│       │
│    │         │なくありません。国内で登録されている約146万件の特許のうち │       │
│    │         │、71万件前後が未利用になっています。           │       │
│    │         │ 未利用の特許の中には、中小企業から見れば、新製品の開発に│       │
│    │         │役立ったり、事業化が望める技術やアイデアが含まれています。│       │
│    │         │中小企業が、使用許可を得て活用できるようになれば、製品の技│       │
│    │         │術開発の手間が省けます。大企業側も、その使用料を得られるこ│       │
│    │         │とで、利点は多いようです。しかし、人手や情報が限られている│       │
│    │         │中小企業が、大企業の未利用特許を探すのは難しいようです。そ│       │
│    │         │こで、橋渡し役を積極的に担っている自治体があります。   │       │
│    │         │ 川崎市では、数年前から中小企業と大企業が参加する知的財産│       │
│    │         │交流会を開催し、中小企業が興味や関心を持ちそうな特許を紹介│       │
│    │         │する場を提供しています。専門の担当者が契約交渉から事業化ま│       │
│    │         │で一貫して支援しています。こうした支援により、大企業の光触│       │
│    │         │媒技術を使った抗菌フィルムや、携帯電話に搭載されていた芳香│       │
│    │         │発散技術を用いた芳香グッズの商品化などに成功しており、これ│       │
│    │         │までに「川崎モデル」では大企業と中小企業の間で、21件のライ│       │
│    │         │センス契約が結ばれ、14件の新製品が誕生しています。    │       │
│    │         │ 「川崎モデル」の定義については、おせっかいのように企業に│       │
│    │         │提案や手伝いをし続ける人、表彰制度を作って頑張る企業に光を│       │
│    │         │当てる人、大企業の特許制度を地元中小企業で活用し、新製品開│       │
│    │         │発に手を差し伸べる人、とさまざまだが、共通するのは、支援す│       │
│    │         │る企業のことを熟知し、靴底をすり減らすほど現場に出向き、親│       │
│    │         │切の押し売りをするのが「川崎モデル」であり、「自分のことの│       │
│    │         │ように企業が何をすべきかを考え、実践すること」そして、「最│       │
│    │         │終的に地域活性に結びついている」と言われています。    │       │
│    │         │ 昨年、富士宮市でも、大企業が開放した特許を地域金融機関と│       │
│    │         │協力して中小企業に紹介し、新製品開発につなげる川崎市の知的│       │
│    │         │財産交流事業「川崎モデル」の導入を進めています。     │       │
│    │         │ そこで、お伺いします。                 │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│13  │井出 晴美(7) │ (1) 本市でも、地元中小企業の活性化をサポートする「川崎モ│市長     │
│    │         │デル」を活用し、大企業等の知的財産を中小企業に紹介し、自社│及び     │
│    │         │製品開発の支援を行う知的財産交流事業を推進してはと考えます│担当部長   │
│    │         │が、本市のお考えを伺います。               │       │
│    │         │ (2) 国が定めた知的財産推進計画2015では、?地方における知│       │
│    │         │財活用の推進、?知財紛争処理システムの活性化、?コンテンツ│       │
│    │         │及び周辺産業との一体的な海外展開の推進と示されているが、こ│       │
│    │         │の計画を受け、本市の取り組みとお考えについて伺います。  │       │
│    │         │2.国土強靭化地域計画の策定に向けた本市の取り組みについて│       │
│    │         │ 東日本大震災の教訓を機に、平成25年12月に公布・施行された│       │
│    │         │国土強靭化基本法では、その第4条において地方公共団体の責務│       │
│    │         │を明記するとともに、その第13条において、都道府県または市町│       │
│    │         │村は国土強靭化地域計画を定めることができると明記されていま│       │
│    │         │す。                           │       │
│    │         │ この国土強靭化地域計画については、今後どのような災害等が│       │
│    │         │起こっても、被害の大きさそれ自体を小さくすることが期待でき│       │
│    │         │るとともに、計画策定後は、国土強靭化に係る各種の事業がより│       │
│    │         │効果的かつスムーズに進捗することが期待できるため、国として│       │
│    │         │は、平成27年1月に「国土強靭化地域計画に基づき実施される取│       │
│    │         │組みに対する関係府省庁の支援について」を決定しました。具体│       │
│    │         │的には国土交通省所管の社会資本整備事業の防災・安全交付金、│       │
│    │         │また農林水産省所管の農山漁村地域整備交付金、さらには消防庁│       │
│    │         │所管の消防防災施設整備費補助金や緊急消防援助隊設備整備費補│       │
│    │         │助金など30の関係府省庁所管の交付金・補助金などにおいて支援│       │
│    │         │が講じられるとともに、その交付の判断において一定程度配慮さ│       │
│    │         │れることとなっています。                 │       │
│    │         │ この国土強靭化地域計画の策定については、今後も発生するで│       │
│    │         │あろう大規模自然災害等から市民の生命、財産を守ることを最大│       │
│    │         │の目的として、そのための事前の備えを効率的かつ効果的に行う│       │
│    │         │との観点から、早急に策定・公表するべきであると考えます。そ│       │
│    │         │こで、お伺いします。                   │       │
│    │         │ (1) 本市においては、いつごろを目途に国土強靭化地域計画を│       │
│    │         │策定しようと考えているのか伺います。           │       │
│    │         │ (2) 国土強靭化地域計画の内容についてはどのようなものを検│       │
│    │         │討されているのか伺います。                │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│14  │井上  保(17)│1.富士市まちづくり活動推進計画の進捗状況について    │市長     │
│    │         │ 富士市では、将来に向けて持続可能な地域コミュニティづくり│及び     │
│    │         │を進めるため、平成24年度から平成28年度を計画期間とする「地│担当部長   │
│    │         │域の力こぶ増進計画―富士市まちづくり活動推進計画―」を策定│       │
│    │         │、まちづくり活動を進めている。              │       │
│    │         │ 計画に工程表が示されているが、これに照らすと、計画の進捗│       │
│    │         │状況におくれが見られる。                 │       │
│    │         │ おくれが生じている原因は何か。今後さらに進めていくために│       │
│    │         │求められる見直し、取り組み等について、今どのような検討が行│       │
│    │         │われているのか、以下質問する。              │       │
│    │         │ (1) 「地域の力こぶ増進計画」にあるさまざまな取り組みの進│       │
│    │         │捗状況と、それらの取り組みの成果と課題をどのように捉えてい│       │
│    │         │るか。                          │       │
│    │         │ (2) 「まちづくり活動推進条例」制定手続のおくれの要因につ│       │
│    │         │いて、どのように捉えているか。              │       │
│    │         │ (3) 「まちづくり協議会」に移行後、その事務局は当面、まち│       │
│    │         │づくりセンターが担うが、将来的には地区住民みずから担うこと│       │
│    │         │が望ましいとあるが、現時点での考えはどうか。       │       │
│    │         │ (4) 「地域の力こぶ増進計画」の中の取り組みの1つに、包括│       │
│    │         │的な補助金制度の導入検討があるが、検討経過とそこで問題とな│       │
│    │         │っている点は何か。                    │       │
│    │         │ (5) 「地域の力こぶ増進計画」の取り組みによって富士市の地│       │
│    │         │域コミュニティの状態はどのように変わってきたと認識している│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │  ? 世帯数・町内会加入世帯数・加入率の推移      │       │
│    │         │  ? 地域コミュニティにおける町内会費等の住民負担   │       │
│    │         │  ? 役員のなり手などの人材不足と言われる実態     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │太田 康彦(22)│1.気候変動と適応計画について              │市長     │
│    │         │ 地球温暖化対策として、CO2排出削減の目標値が定められ、│及び     │
│    │         │その実現に向けた努力が重ねられています。         │担当部長   │
│    │         │ 富士市においても、富士市環境フェアの開催を重ね、また富士│       │
│    │         │市地球温暖化対策実行計画の策定、検証など、環境に対する積極│       │
│    │         │的な取り組みが続けられています。             │       │
│    │         │ 現在までの地球温暖化対策について以下伺います。     │       │
│    │         │ (1) 富士市の地球温暖化対策について、これまでの取り組みと│       │
│    │         │今後の方針について伺います。               │       │
│    │         │ (2) 気候変動に伴う近年の短時間の強雨と富士市内の被害発生│       │
│    │         │の状況について伺います。                 │       │
│    │         │ 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書│       │
│    │         │では、「適応及び緩和は、気候変動のリスクを低減し、管理する│       │
│    │         │ための相互補完的な戦略である」として、適応の重要性を強調し│       │
│    │         │、我が国では、2015年11月27日、「気候変動の影響への適応計画│       │
│    │         │」が閣議決定されています。                │       │
│    │         │ また、国土交通省、農林水産省においても、それぞれに気候変│       │
│    │         │動適応計画が策定されています。しかし、日本の適応策は先進国│       │
│    │         │に比べ5年おくれているとの指摘もあるように、地方自治体での│       │
│    │         │取り組みも都道府県で東京都、埼玉県、長野県等に限られている│       │
│    │         │状況です。                        │       │
│    │         │ したがって、ここでは適応策や適応計画の策定を求めるのでは│       │
│    │         │なく、気候変動への適応の重要性をいかに認識し、今後どのよう│       │
│    │         │に取り組んでいくべきかを考えていくことの必要性を共通の認識│       │
│    │         │とするために以下質問いたします。             │       │
│    │         │ (3) 気候変動に対する適応策についての認識と調査研究の状況│       │
│    │         │について伺います。                    │       │
│    │         │ 国においては、都市基盤・交通分野、農林水産業分野は気候変│       │
│    │         │動の影響を広範囲かつ最も受けやすいことから、それぞれの分野│       │
│    │         │での取り組みが示されています。              │       │
│    │         │ また、気候変動に伴う健康被害として熱中症や感染症の増大な│       │
│    │         │どが挙げられます。                    │       │
│    │         │ (4) 各分野における気候変動に対応する富士市の基本的な考え│       │
│    │         │方について伺います。                   │       │
│    │         │ 気候変動への取り組みを経済活動として行う、あるいは社会活│       │
│    │         │動として行うことにより、経済や社会の発展へと結びつける効果│       │
│    │         │も期待されています。また住民参加、コミュニティづくりへの波│       │
│    │         │及効果も予想されます。                  │       │
│    │         │ (5) 地域における緩和策、適応策の推進をコミュニティづくり│       │
│    │         │へ展開していく考えについて伺います。           │       │
│    │         │ 政府の「気候変動の影響への適応計画」では、「地方公共団体│       │
│    │         │における気候変動影響評価や適応計画策定、普及啓発等への協力│       │
│    │         │等を通じ、地域における適応の取組の促進を図る。」としており│       │
│    │         │、静岡県においても<改定版>ふじのくに地球温暖化対策実行計│       │
│    │         │画の第7章として適応策について検討していく        │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│15  │太田 康彦(22)│としています。                      │市長     │
│    │         │ (6) 今後、富士市において気候変動適応策の検討及び展開と適│及び     │
│    │         │応計画の策定への見通しについて伺います。         │担当部長   │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│16  │山下いづみ(10)│1.「心通い合う多文化共生のまち ふじ」の実現に向けて  │市長     │
│    │         │ 富士市では平成27年4月現在、4376人の外国の人たちが暮らし│及び     │
│    │         │ています。平成21年から減少が続いていますが、一方で外国人市│教育長    │
│    │         │民の定住化が進んできています。今後、外国人市民が短期滞在者│担当部長   │
│    │         │としてではなく、富士市に暮らす生活者として、ともに生きてい│       │
│    │         │く、多文化共生社会へと進んでいきます。誰もが暮らしやすい多│       │
│    │         │文化共生社会の実現に向けて、富士市の取り組みは大変重要にな│       │
│    │         │ってきます。市の取り組みとしては、平成23年度から平成27年度│       │
│    │         │まで「富士市国際化推進プラン」のもと、事業が行われ、平成28│       │
│    │         │年度から新たに「富士市多文化共生推進プラン」が進められてい│       │
│    │         │きます。そこで、以下、4項目について伺います。      │       │
│    │         │ (1) 多文化共生の拠点としての富士市国際交流ラウンジ(FI│       │
│    │         │LS)の活用について                   │       │
│    │         │  ? ラウンジの認知度と利用状況はどのようか。     │       │
│    │         │  ? ラウンジ利用を多様にするために、日本語クラスを別室│       │
│    │         │に設ける必要があると考えるがいかがか。          │       │
│    │         │  ? 国際交流協会が商工会議所から富士市へ移管されるが、│       │
│    │         │どのように取り扱っていくのか。また、ラウンジに窓口を設置す│       │
│    │         │る考えはあるのか。                    │       │
│    │         │ (2) 多文化共生意識の啓発について            │       │
│    │         │  ? 市職員に対し、また、教育現場ではどのようなことが実│       │
│    │         │施されているのか。                    │       │
│    │         │  ? 地域への啓発はどのようなことを行っているのか。  │       │
│    │         │ (3) 外国人市民も安心して暮らせる環境づくりについて   │       │
│    │         │  ? 児童生徒の教育支援状況はどのようか。必要な生徒全て│       │
│    │         │に行き渡っているのか。今後、日本語を日本語で教えることがで│       │
│    │         │きる教育者も複数投入すべきと考えるがいかがか。      │       │
│    │         │  ? 老後に備え、年金、健康保険、介護保険の周知は十分に│       │
│    │         │なされているか。                     │       │
│    │         │ (4) 国際化を担う人づくりについて            │       │
│    │         │  ? 現在、どのようなことを行っているのか。また、計画が│       │
│    │         │あるのか。                        │       │
│    │         │  ? 民間団体、NGO等には大小さまざまな国際会議(数十│       │
│    │         │人程度から、50人、100人単位まで)が年間を通して開催されて │       │
│    │         │いるが、富士市も積極的に国際会議の誘致を進めてはいかがか。│       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│17  │鈴木 幸司(11)│1.ユニバーサル就労促進計画検討・策定事業への取り組みにつ│市長     │
│    │         │いて                           │及び     │
│    │         │ 富士市の平成27年現在の生産年齢人口(15-64歳)は15万8514 │担当部長   │
│    │         │人。これが25年後には11万5648人とおよそ27%減少することが予│       │
│    │         │想される。3割近い働き手が喪失した場合、企業は成り立つのか│       │
│    │         │。既に都市でも地方でも人材不足が叫ばれる中、同じ経営を続け│       │
│    │         │ていたら、いずれ倒産の危機を迎えるのではないか。多くの経営│       │
│    │         │者がこうした不安を抱える中、政府は人材確保の活路を女性やシ│       │
│    │         │ニア層の戦力化に求める一億総活躍社会というスローガンを掲げ│       │
│    │         │た。                           │       │
│    │         │ そうした政府の動きの1年以上前に、市長は生涯青春都市とい│       │
│    │         │うスローガンのもと、社会参加する人口をふやすことで生産年齢│       │
│    │         │人口の減少を食いとめるという政策を示していた。      │       │
│    │         │ その後富士市にも障害や貧困、LGBTなど就業する上で社会│       │
│    │         │的困難のある人材を積極的に雇用し、仕事の細分化や人員配置に│       │
│    │         │よって成長を遂げる企業があらわれ始めた。ユニバーサル就労推│       │
│    │         │進議員連盟はそうした企業に個別に赴きヒアリングを重ね、昨年│       │
│    │         │10月にその調査結果を取りまとめた。            │       │
│    │         │ そして予算編成を控えた昨年11月24日、市長に対して「ユニバ│       │
│    │         │ーサル就労促進計画検討・策定事業への取り組みについて」とい│       │
│    │         │う要望書を提出したところである。社会的就労困難者の雇用促進│       │
│    │         │はこれまで見逃されがちだった人たちの豊かな才能に目を向ける│       │
│    │         │ことにもなるだろう。市内の障害者雇用率は1.77%であり、法定│       │
│    │         │雇用率2.0%を達成している企業の割合は約半数にとどまる。こ │       │
│    │         │れからは今まで見逃されてきた人々に一層の社会参加を促すこと│       │
│    │         │で、富士市の社会的活力を維持していく一助になると考える。 │       │
│    │         │ そこで以下のように質問する。              │       │
│    │         │ (1) 一昨年の11月「ユニバーサル就労を拡げる親の会」から1│       │
│    │         │万9386人分の署名と要望書が市長に対し手渡されているが、行政│       │
│    │         │当局はその要望をどう捉え、市政運営に反映させたか。    │       │
│    │         │ (2) ユニバーサル就労推進議員連盟のまとめた「ヒアリング調│       │
│    │         │査とりまとめ」についてどのように受けとめたか。      │       │
│    │         │ (3) ユニバーサル就労推進議員連盟の要望についてどう考える│       │
│    │         │か。                           │       │
│    │         │ 以上3点について回答願いたい。             │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘
┌────┬─────────┬─────────────────────────────┬───────┐
│ 順位  │氏名(議席)   │発言の要旨                        │答弁者    │
├────┼─────────┼─────────────────────────────┼───────┤
│18  │笹川 朝子(3) │1.公共施設の廃止・再編及び利活用の問題について     │市長     │
│    │         │ 第2次安倍政権は、デフレ克服を目指したアベノミクスを推進│及び     │
│    │         │し、東京圏を中心にした大都市部に経済効果は見られますが、地│担当部長   │
│    │         │方は依然として厳しい状況が続いています。この状態に危機感を│       │
│    │         │抱いた安倍政権は2014年になってから地方創生(ローカル・アベ│       │
│    │         │ノミクス)を政権の柱に掲げ始めました。トリクルダウン効果が│       │
│    │         │見られないことから、地域経済の活性化を直接的に講じようとい│       │
│    │         │うのが発想のようです。                  │       │
│    │         │ 2014年9月、内閣改造に合わせて地方創生担当大臣と、まち・│       │
│    │         │ひと・しごと創生本部の新設が行われました。        │       │
│    │         │ 2014年12月には、長期ビジョンと総合戦略が打ち出されました│       │
│    │         │。                            │       │
│    │         │ 国が策定した長期ビジョンと総合戦略を踏まえて、都道府県及│       │
│    │         │び市町村においても地方人口ビジョン及び地方版総合戦略を策定│       │
│    │         │することが求められ、2015年度中に策定し、2016年度からそれに│       │
│    │         │基づく取り組みを進めるスケジュールになっています。    │       │
│    │         │ 富士市でも、富士市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定し│       │
│    │         │、その中で将来人口推計を行い、平成72年度末の人口20万人の確│       │
│    │         │保を目指す取り組みを示しています。            │       │
│    │         │ 同時期に策定された富士市公共施設マネジメント基本方針にお│       │
│    │         │いても、人口減少に対応するため、建物面積の20%を削減すると│       │
│    │         │の目標を掲げ、公共施設の廃止・土地の売却などが進められてい│       │
│    │         │ます。                          │       │
│    │         │ 公共施設は市民の財産です。市民の活動を保障し、地域の活性│       │
│    │         │化のためにも必要なものです。公共施設の廃止・売却については│       │
│    │         │住民の合意形成を図っていくべきではないでしょうか。この立場│       │
│    │         │から以下質問いたします。                 │       │
│    │         │ (1) 富士市公共施設マネジメント基本方針の中身を問う。  │       │
│    │         │  ? 今、なぜ急いで公共施設の廃止・売却なのか。    │       │
│    │         │    (松千代保育園、駿河荘跡地など)         │       │
│    │         │  ? 公共施設の廃止・再編の今後の計画について     │       │
│    │         │                             │       │
└────┴─────────┴─────────────────────────────┴───────┘

             富士市議会定例会(2月)会期表
                                 平成28年2月16日(火)開会
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第1日│2.16 │火│10:00 │本 会 議  │開 会                       │
│   │   │ │   │       │ 1.会議録署名議員の指名              │
│   │   │ │   │       │ 2.会期の決定                   │
│   │   │ │   │       │ 3.諸般の報告                   │
│   │   │ │   │       │ 4.特別委員会の中間報告              │
│   │   │ │   │       │   ●中間報告に対する質疑            │
│   │   │ │   │       │ 5.報第1号 専決処分の承認を求めることについて  │
│   │   │ │   │       │  (富士市税条例の一部を改正する条例及び富士市国 │
│   │   │ │   │       │  民健康保険税条例の一部を改正する条例の一部を改 │
│   │   │ │   │       │  正する条例制定)                │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 6.議第1号 平成27年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第4号)ほか議案12件(議第2号〜議第10号、│
│   │   │ │   │       │  議第39号、議第43号、議第49号)一括上程     │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●議案委員会付託    │
│   │   │ │   │       │ 7.請願について                  │
│   │   │ │   │       │ 8.陳情について                  │
│   │   │ │   │       │ 9.平成28年度市長施政方針             │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第2日│2.17 │水│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第3日│2.18 │木│9:30 │総務市民委員会│ 付託議案等審査                  │
│   │   │ │   │環境経済委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第4日│2.19 │金│9:30 │文教民生委員会│ 付託議案等審査                  │
│   │   │ │   │建設水道委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第5日│2.20 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第6日│2.21 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第7日│2.22 │月│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第8日│2.23 │火│10:00 │本 会 議  │ 1.議第1号 平成27年度富士市一般会計補正予算につ │
│   │   │ │   │       │  いて(第4号)ほか議案12件(議第2号〜議第10号、│
│   │   │ │   │       │  議第39号、議第43号、議第49号)一括上程     │
│   │   │ │   │       │ 2.請願について                  │
│   │   │ │   │       │ 3.陳情について                  │
│   │   │ │   │       │   ●委員長報告   ●委員長報告に対する質疑  │
│   │   │ │   │       │   ●討 論     ●採 決          │
│   │   │ │   │       │ 4.議第59号 財産の処分に関し議決を求めることにつ │
│   │   │ │   │       │  いて(大淵倉庫用地処分)            │
│   │   │ │   │       │   ●説 明  ●質 疑  ●討 論  ●採 決   │
│   │   │ │   │       │ 5.議第11号 平成28年度富士市一般会計予算について │
│   │   │ │   │       │  ほか議案48件(議第12号〜議第38号、議第40号〜議第│
│   │   │ │   │       │  42号、議第44号〜議第48号、議第50号〜議第58号、議│
│   │   │ │   │       │  第60号〜議第63号)一括上程           │
│   │   │ │   │       │   ●議案説明                  │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第9日│2.24 │水│14:00 │議会運営委員会│           (施政方針に対する質問)   │
│   │   │ │   │       │●発言通告締切・正午                │
│   │   │ │   │       │           (一  般  質  問)   │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第10日│2.25 │木│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第11日│2.26 │金│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第12日│2.27 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第13日│2.28 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第14日│2.29 │月│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第15日│3. 1 │火│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第16日│3. 2 │水│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第17日│3. 3 │木│10:00 │本 会 議  │ 1.平成28年度市長施政方針に対する質問       │
│   │   │ ├───┼───────┼──────────────────────────┤
│   │   │ │本会議│議会運営委員会│                          │
│   │   │ │終了後│       │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第18日│3. 4 │金│10:00 │本 会 議  │ 1.平成28年度市長施政方針に対する質問       │
│   │   │ │   │       │ 2.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第19日│3. 5 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第20日│3. 6 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第21日│3. 7 │月│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第22日│3. 8 │火│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第23日│3. 9 │水│10:00 │本 会 議  │ 1.一般質問                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第24日│3.10 │木│10:00 │本 会 議  │ 1.議第11号 平成28年度富士市一般会計予算について │
│   │   │ │   │       │  ほか議案48件(議第12号〜議第38号、議第40号〜議第│
│   │   │ │   │       │  42号、議第44号〜議第48号、議第50号〜議第58号、議│
│   │   │ │   │       │  第60号〜議第63号)一括上程           │
│   │   │ │   │       │   ●質 疑  ●議案委員会付託         │
│   │   │ │   │       │ 2.議第64号 富士市指定地域密着型サービスの事業の │
│   │   │ │   │       │  人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部│
│   │   │ │   │       │  を改正する条例制定について           │
│   │   │ │   │       │   ●質 疑  ●議案委員会付託         │
│   │   │ │   │       │ 3.発議第1号 活火山防災対策の強化を求める意見書 │
│   │   │ │   │       │  についてほか1件(発議第2号)         │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第25日│3.11 │金│9:30 │総務市民委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │環境経済委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第26日│3.12 │土│   │休   会  │                          │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘
┌───┬───┬─┬───┬───────┬──────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜│開 議│種   別  │摘         要               │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第27日│3.13 │日│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第28日│3.14 │月│9:30 │総務市民委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │環境経済委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第29日│3.15 │火│9:30 │文教民生委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │建設水道委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第30日│3.16 │水│9:30 │文教民生委員会│ 付託議案審査                   │
│   │   │ │   │建設水道委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第31日│3.17 │木│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第32日│3.18 │金│9:30 │議会運営委員会│                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第33日│3.19 │土│   │休   会  │                          │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第34日│3.20 │日│   │休   会  │(春分の日)                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第35日│3.21 │月│   │休   会  │(振替休日)                    │
├───┼───┼─┼───┼───────┼──────────────────────────┤
│第36日│3.22 │火│10:00 │本 会 議  │ 1.議第11号 平成28年度富士市一般会計予算について │
│   │   │ │   │       │  ほか議案49件(議第12号〜議第38号、議第40号〜議第│
│   │   │ │   │       │  42号、議第44号〜議第48号、議第50号〜議第58号、議│
│   │   │ │   │       │  第60号〜議第64号)一括上程           │
│   │   │ │   │       │   ●委員長報告   ●委員長報告に対する質疑  │
│   │   │ │   │       │   ●討 論     ●採 決          │
│   │   │ │   │       │ 2.議第65号 平成27年度富士市国民健康保険事業特別 │
│   │   │ │   │       │  会計補正予算について(第4号)         │
│   │   │ │   │       │ 3.議第66号 富士市監査委員の選任につき同意を求め │
│   │   │ │   │       │  ることについて                 │
│   │   │ │   │       │ 4.議第67号 富士市農業委員会委員の任命につき同意 │
│   │   │ │   │       │  を求めることについて              │
│   │   │ │   │       │閉 会                       │
└───┴───┴─┴───┴───────┴──────────────────────────┘