議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 伊東市

平成18年 3月 定例会−03月08日-05号




平成18年 3月 定例会
           伊東市議会3月定例会会議録(第13日)

                平成18年3月8日

●議事日程
 平成18年3月8日(水曜日)午前10時開議
第1 一般質問

●会議に付した事件
議事日程と同一。

●出席議員(24名)
 1番  杉 山 利 郎 君        2番  森   一 徳 君
 3番  稲 葉 正 仁 君        4番  大 島 春 之 君
 5番  平 沢 克 己 君        6番  荻 野   聡 君
 7番  西 島   彰 君        8番  宮 ? 雅 薫 君
 9番  増 田 忠 一 君       10番  森     篤 君
11番  土 屋   進 君       12番  浅 田 良 弘 君
13番  鶴 田 宝 樹 君       14番  天 野 弘 一 君
15番  鈴 木 克 政 君       16番  稲 葉 知 章 君
17番  高 野 泰 憲 君       18番  久保谷 廠 司 君
19番  鳥 居 康 子 君       20番  佐 藤 一 夫 君
21番  楠 田 一 男 君       22番  伊 東 良 平 君
23番  三 枝 誠 次 君       24番  掬 川 武 義 君

●説明のため出席した者
市長                   佃   弘 巳 君
助役                   青 木   昇 君
企画部長                 杉 山 雅 男 君
企画部参事                鈴 木   渉 君
企画部参事                山 口 重 則 君
同情報管理課長              山 下 文 紀 君
総務部長                 原     崇 君
総務部参事兼収納課長           青 山   忠 君
同財政課長                鈴 木 将 敬 君
市民部長                 石 井 照 市 君
市民部参事                大 宮 弥宗司 君
同市民課長                田 畑 徳 治 君
同環境防災課長              小 泉 節 男 君
同美化推進課長              宮 下 芳 明 君
保健福祉部長               村 上 雅 啓 君
保健福祉部参事              石 井 松 男 君
同児童課長                杉 本 一 男 君
同健康推進課長              高 橋 良 弌 君
観光経済部長               滝 下 宣 彦 君
観光経済部参事              土 屋 章 一 君
同観光課長                肥 田 義 則 君
同産業課長                三 好 信 行 君
建設部長                 臼 井 美樹夫 君
建設部参事                鈴 木 元 治 君
同土木道路課長              小 池 勝 夫 君
同下水道課長               鈴 木 修 三 君
水道部長                 池   龍 彦 君
同工務課長                井 上 克 盛 君
消防長                  石 井   勇 君
教育長                  佐 藤   悠 君
教育委員会事務局教育次長         川 添 光 義 君
同管理課長                斉 藤 公 夫 君
同学校教育課長              丸 井 重 孝 君
同生涯学習課長              嶋 津   瞭 君

●出席議会事務局職員
局    長  野 満 勝 二   局長補佐    石 井 充 雄
議事調査係長  稲 葉 和 正   主  査    冨 士 一 成
主    事  松 本 彰 人

                会        議
                午前10時   開議

○議長(稲葉正仁 君)おはようございます。
 ただいまから本日の会議を開きます。
               ━━━━━━━━━━━
○議長(稲葉正仁 君)これより議事に入ります。
△日程第1、一般質問を行います。
 一般質問は申し合わせに基づき、1人1時間以内、関連質問なしで行います。
 質問準備のため、暫時休憩いたします。
                午前10時 1分休憩
               ━━━━━━━━━━━
                午前10時 1分再開
○議長(稲葉正仁 君)休憩前に引き続き、会議を開きます。
 まず、22番 伊東良平君の質問を許します。
             〔22番 伊東良平君登壇、拍手〕
◆22番(伊東良平 君)おはようございます。ここ二、三日、悲しい報道に対して、それぞれの市町村の方々に対しお気の毒と申し上げるほかありません。2月下旬、伊勢市長、3月5日には鹿児島県姶良町の町長さん、そして3月6日、滋賀県の湖北町長さん、相次いで自殺というその悲しいニュースの裏には、合併したものの、地方への財政の締めつけから、市町村民を愛するがゆえに職員、市民の板挟みになり、とうとい命を落とすという出来事がありました。悲しみに伏す関係者のご心痛をお察し申します。
 さて、今回でたしか3回になります馬場の平のスコリア採取についての質問でございます。
 この問題は、今後も再三にわたり話題として浮上する可能性を含んだ、言うならば、昭和の時代に国会まで動かした伊豆の鉱山闘争に近い大きな問題として伊東の歴史に残っていくことでしょう。最近、東京湾や駿河湾沿岸には毎日のようにイルカが漂着している状況を見るに、この付近の海底に何らかの変化があるのかなと心配の面もあります。と申しますのは、昨年の暮れよりフグや深海の漁獲に変化があるからです。恐らく今までの経験からして、黒潮の海流が何らかの変化があったのかなと素人的に考えるものです。このように自然というものはわからないうちに変化を起こすものであり、このことを予測できればと、いつも考えるものであります。
 そのことと同じように、馬場の平や鉢ガ窪では、ただいままでの各機関の調査でも、その影響は結論づけるものは見つからないと言っており、今後、含みを残した報告しかできない。だれもが安全であるからとは断言できない。もちろん素人の私たちでも同じである。しかし、人間には、長い年月の中で何かにつけ感じるものがありませんか。その一つに、現実に前と違った自然の変化も時には見ることがあり、これは断言しているわけではありませんが、つい日常生活の中で、例えば今までの水の流れが変化していること、ここにわき水が出なかったのにわき出したという、そんな経験は幾度かありませんか。恐らくだれもが一度は経験していることでしょう。自然というものは、そのようなものではなかろうか。学問だけでは解決のできない自然の異変という事態も数多くあります。
 本田技研のある落合地域の温泉や水道に影響はないかという心配の向きもあります。以前には何なく自家給水にて農家が生計や作業に使用していた井戸水が、最近、水の出が悪くなったので、いずれは市の水道を引いてもらえないかと言われて見晴地区に見に行ったこともあります。今までの採取現場を見てもわかるように、採取跡地の復旧が困難なことはごらんのとおりであります。この後も採取を続けるならば、まずは今までの採取現場に植林、植栽をして、安全であるという姿を見せることが最も優先することであり、何よりも大切なことではないだろうか。そのことなくして次の時点に移ることは自然破壊を広げる行為であり、県との開発条件にも違反し、地域住民との約束も果たしていないと言え、この点で伊東市として現状を十分に調査し、現場の状況を関係機関に対し正直に報告するという必要があるのではないかと思います。学問的な話より、現実に見たことを立証することが市の責務でありましょう。学説を否定するのではなく、自然を見て判断することの方が市民は納得すると思います。
 この山の自然を破壊することにより、近い将来、必ずや影響もあるでしょう。その心配をするものであり、さきに申したように、今や、やらなければならないことは、第1期工事が始まった昭和46年11月から4期の63年11月終了時点まで、今日、既に16年が経過しております。この間、植栽行為がなされていれば、今日、既に至らなかった姿があらわれているはずです。にもかかわらず、何らの対策も見えないままで、今後の約束がどこに信用できるものでありましょう。しかし現状、現地の姿を見て、やはり今後にいろいろ疑惑や疑問が残るのも当たり前ではないだろうか。このあたりの山々の地質の地形から、伊東市の環境美化センター工事実施時点のように、山の滑りどめにロックアンカーを112本打ち込み、4億4,000万円という経費がかかったという経過があり、心配することは当然と言えるでしょう。
 このたび丸善ランドの方たちは、水道だけではなく、自分たちの背中がはぎ取られる、いずれは大変な危険にさらされるという心配をしなくてはならないのです。このような事態に対してどのような対策が考えられますか。後に修正する、という言葉は現時点では信用しないのも当然のこと、心配が増大することは否めない現実であるからです。
 市長は12月の議会で私の質問に対し、関係団体や多くの市民とともに各方面でいろいろな角度からともに検討し、市民活動も見ながら、市としても適切な解決方法を考えていくという回答をなされたと私は記憶しております。常に行政では市民と協働の精神という言葉を使いながら、市民に背中を向けるような行動は決してよいものではないでしょう。この点を踏まえ、次の5点に対し市長の考えを伺います。
 まず第1点目は、スコリア採取反対運動の署名簿を受理しなかった理由。このことを関係者に確認したところ、確かにあて先が記載されてなかった、その点は不備は認めます、申しわけないと申しております。そのとおりですか。
 2点目は、この件は議会として、不備はあるものの請願採択です。その重みをどのように感じていますか。
 3点目は、スコリア採取により近隣の生活水や温泉に影響はないか。もしあるとした場合、どのような対策が考えられますか。
 4点目、この事業者は定期的に周辺の調査をして報告する義務があります。現場を抱える自治体の長として、この件に対し関係者からどのような報告を受けているか。また、あるとした場合、どのような内容か、公開できるものがあれば公開をしていただきたいと思います。
 5点目、市において最近独自の調査をしたことがありますか。実施したならば、どの地点をどのような形で、その実態を何カ所把握しているか伺います。
 次に、大きな2点目として亀石峠のトンネル化についてであります。
 本件については、私の記憶が確かであれば、これで4回目かと。この間、県で知事に会うとき、また知事が伊東に来たとき、機会あるごとに話していますが、今日、何としてもらちが明かない様子に、市民の中には、どうなっているのという声すらあります。もちろん提唱者の私だから、聞こえてくるのかもしれません。そんな声があることも事実です。前回、鈴木市長は、県において、現在、最悪でも雪害対策として1,000mまたは500mぐらいは検討中というお答えがありました。現在、いまだに姿が見えません。
 そこで私は、県の段階で、安全な県道では現状1,000mぐらいのトンネルが妥当という回答のようですが、次の方法として、いっそこの道路を伊豆の高規格道路に指定を申請し、そうすれば国にて実施することができるのではないかと考えます。現在、国においては、道路の予算なるものは厳しいかもしれませんが、伊豆半島を見渡す限り、危険度ばかり。確かに観光にはすばらしいかもしれないが、断崖絶壁が多いのも考えもの。地域の住民の安全と安心は最も必要な条件ではないだろうか。このような点において、この地点の改善は必要欠くことができないものではなかろうかと思います。
 いずれは起きるという東海地震などの場合、避難道路としても位置づけることが望ましいと考えますが、幸いにして市長は国にも大変精通されているということで、このことが解決すれば、また伊東の医療についても変わった方向で考えていけることも含め、日常生活にも大きな利便が生じるであろう。市民も願っていることではないかと。たとえ伊豆中央道が天城を越えて下田に開通をしても、この中央道にアクセスしなくてはならないのが市長の責務の一つではないですか。今まで伊豆縦貫道をアクセスする会にも参加してきた経緯もありましょう。南部ルートの中大見八幡野線も、池地内の町中通過にいま一つ時間を要しております関係から進展しない状況であり、やはり北部ルートのこの伊東大仁線を改善して使うことが望ましいと考えます。
 そこで次の点、質問をします。
 主要県道伊東大仁線の整備の進捗状況について。
 この道路は、伊豆半島では高規格道路として位置づける必要があると思うが、どのようにお考えですか。
 次に、近い将来発生すると言われております大規模地震に備え、避難路としてトンネル化を含む事業を早期に進める必要があると思うが、市長の見解をお伺いいたします。
 以上で壇上よりの質問を終わります。ありがとうございます。(拍手)
               〔市長 佃 弘巳君登壇〕
◎市長(佃弘巳 君)22番 伊東議員にお答えをいたします。
 馬場の平スコリア採取に関し、以下の点についてであります。
 まず最初に、市長が反対運動の署名簿を受理しなかった理由についてであります。
 馬場の平スコリア採取につきましては、馬場の平の貴重な資源である景観や温泉、水道水などに関する姿勢は、議会答弁で申し上げたとおり、変わってはおりません。また、平成18年1 月19日の馬場の平の環境を守る連絡協議会の市民から集めた6,885人の採取反対署名簿の陳情につきましては、反対署名簿を提出するあて先や代表者等も明確になっていないことや、来庁した代表の方々も意思統一をなされていない中で、私も指摘をし、再度明確に会としてお話をしていただくよう要請をしたところでもあります。そのようなことから、署名簿につきましては、協議会が再考するということで持ち帰ったわけであります。
 次に、議会では請願を採択し市長へ送付しているが、その請願採択の重みをどのように受けとめているかであります。
 馬場の平のスコリア採取につきましては、馬場の平の環境を守る連絡協議会から市議会に「馬場の平の保全に関する請願」として提出され、市議会においては、附帯決議として、「事業者から市が用地を取得し、保全することは一番最後の手段とし、まず請願者において保全のための市民運動を喚起し、全市的な保全運動の取り組み活動を最優先として行い、運動の財源も請願者がまず確保する努力を行うこと」で採択されております。議会で採択された請願につきましては当然真摯に受けとめておりますが、附帯決議にありますように、請願者による運動が第一義と考えております。議会も採択された責任の上からも、議会とともに、市民運動に対する連絡協議会や関係団体の運動の推移を見ながら対応してまいりたいと考えております。
 次に、スコリア採取による近隣の生活水や温泉に対する影響についてどのように考えているか。また、その対策についてであります。
 このことにつきましては、事業者から水利調査が提出され、伊東市としても専門である静岡大学の土?一名誉教授に調査を依頼し、その調査結果を踏まえますと、鎌田農業用水の湧水、丸善ランド自治会簡易水道の井戸を除く多くの水道水源への影響はなく、温泉につきましても、著しい影響があるかどうか不明であると報告を受けております。今後、民間の水道施設等については、関係者や事業者において状況をしっかり把握していただき、お互いに情報交換を行い、自然環境に対して十分な配慮をしていくこととしております。
 次に、この事業者は定期的に水位観測等の調査をして県に報告することとなっているが、現場を抱える自治体の長として、この報告を県から受けているか。また、受けているとすれば、その内容についてであります。
 林地開発許可条件において、事業者から県に報告することになっておりますが、今までの経過もあることから、事業者から直接報告書を市に提出していただいております。その内容としましては、湧水の水量観測や鎌田区農業貯水組合との協議経過、また、丸善ランド自治会との協議経過や協定の締結要請などであります。その中で水位観測については、丸善ランドとの協定が未締結であり、観測はしておりませんが、鎌田湧水の水量観測については年4回実施し、報告を受けております。その結果は、気象状況等により水量の変化が見られております。
 次に、市においても最近の近隣の水系や温泉の近況について、どの程度実態調査をして把握しているのかであります。
 この近隣の水系である市水道には土ヶ久保水源があり、毎日、取水量と水質検査を行っており、特に目立った変化はありません。また、民間水道施設である丸善ランドと本田技研研修所については、毎年6月に熱海保健所が立入指導を実施しており、過去には丸善ランドの水位の変化が見られたが、現状では変化がないとの報告を受けております。温泉につきましては、毎年、伊東温泉組合に委託をして源泉数や湧出量、温度などについて調査をしておりますが、近年の調査結果を比較してみましても、湧出量や温度に大きな変化はありません。今後につきましては、スコリア採取が再開されれば、市を初め関係者が水量や温泉の湧出量と温度に対し注意深く監視してまいりたいと考えております。
 次に、主要地方道伊東大仁線の整備の進捗状況についてであります。
 本路線は伊東市広域幹線アクセス道路の北部ルートとして位置づけをされ、平成5年に整備促進期成同盟会を設置して、国・県へ整備促進に向け強く要望活動してきた経過もあり、本市にとっても大変重要な路線でもあります。ご質問の伊豆縦貫自動車道の北部アクセスルートである県道伊東大仁線整備の進捗状況につきましては、平成17年度から4カ年事業として1億6,000万円で道路整備に着手し、伊東生コン付近から名草園付近までの区間、登坂車線の設置を実施する計画で、用地にめどがつき次第、平成18年度工事に着手する予定であります。今後とも県に対して強く道路整備の要望活動を進めてまいりたいと考えております。
 次に、この道路は、伊豆半島の中では高規格道路と位置づける必要があると思うがどうかであります。
 本路線は、伊豆東海岸と大仁、沼津方面を結ぶ重要路線で伊豆スカイラインへのアクセス道路でもあります。議員ご指摘の高規格道路とは、第二東名自動車道のように国土を縦貫または横断する高規格幹線道路であり、国土開発幹線自動車会議を経て決定される自動車専用道路であり、国で閣議決定された路線でなければ事業化はできません。
 (3)として、近い将来の発生が危惧される地震災害等に備え、避難路としてトンネル化を含め早期に事業を進める必要があると考えるが、市長の考えについてであります。
 本市における亀石のトンネル化についてでございますが、本路線は、市、県としましては緊急避難路、輸送路としての指定はありませんが、本市にとっては大変重要な路線であるとの認識は同様であります。このことから県と協議を重ねる中、平成13年、全面トンネル化では通常経費の3倍となることもあり、また、国・県としては日本坂トンネルの事故を教訓として、トンネル部はできるだけ短くしたいとの意向もあることから、整備方針については、現実的なトンネルと現道改良案での計画に至ったところでもあります。いずれにいたしましても、本路線の整備促進は、経済・観光・防災等多くの要素からも急務と考えられておりますことから、今後ともよりよい整備促進に向けて、県に対し強く要望活動を推進してまいりたいと考えております。
 以上です。
◆22番(伊東良平 君)懇切丁寧にと言いたいところだけれども、実は同じ問題を私が前質問したことがあるんですが、鈴木市長は懇切丁寧に28分以上のお答えをいただいたんです。ですから、ここで今まで代表質問された方が懇切丁寧にお答えをいただきましてありがとうございましたといつも言ったけれども、私は、悪いけれども、懇切丁寧にとは言えない。ですから、これから二、三の問題をもう一度市長並びに担当部局とお話をしたいと思います。
 先ほども私が壇上で言ったように、この馬場の平の問題は、これははっきり言って、昭和のいわば鉱山闘争だと思うんですよ。確かに昭和の時代にあれだけの闘争をやって国を動かして、そして、ああいう規制の法律をつくってくれて抑えてもらったからこそ、今、伊東温泉は温泉が守られているんです。市長、私が懇切丁寧に答えてほしいというのはそこなんですよ。昭和二十三、四年といいますと、まだ私が中学校の時代です。今から60年以上前ですよね。かなり年を食って今日になってきて反省をしてみると、私はやはり昔の人は偉かったと思うんですよ、我々の先輩はね。何十年か先に来るかもしれないということを予測して国まで動かした。
 さっき市長が、あて先もなければ、だれがこれを志望するかわからないような書類を持ってきたということをお答えしていましたけれども、確かに今の人たちはそうかもしれません。そういううかつなところがあるかもしれませんけれども、鈴木前市長は、そういうときにはそういう人たちに対して、それをちゃんと教えたんですよ。あなた方、これではだめだよ、こういう書類で持ってきなさいよということを教えて、もう一度提出させたのが鈴木前市長だと思うんです。私は、鈴木前市長とさんざんいろいろな問題で真っ向から四つに組んで、それこそ、いろいろな予算でもって影響したこともありますよ。でも、市長、返したままで、じゃ、もう一度彼らがそれを持ってきたら受け取りますか。先ほど市長の説明の中の後ろの方に、これは大変な問題が含まれているんですよ。
 ということは、請願内容の附帯決議の中にも大変な問題を含んでいて、私は、たまたまこれを副議長として黙って見ていたんですけれども、これはえらいことを入れたなということが一つあるんです。それは市長も恐らく感じていると思うんです。要するに幾らかかるかわからないものを買い取るだけの軍資金の用意もしなさいよということを附帯決議したわけでしょう。えらいことをやったと思っていますよ。はっきり言って、それを民間がやらなきゃいかんという理由がどこにあるんですか。この行為、県なり公が許したものを民間がなぜ手だてをしなきゃいかんのですか。ゼロとは言いませんよ。何らかの努力はしなきゃならないということはわかります。そういう話も何もなしに、ただ署名簿だけ。さっき6,000幾らと言いましたけど、その前にも出ていますから、これは合計1万5,000ぐらいになっているんですよね。これだけのとうとい署名を持ってきているわけなんですよ。それを返す手はないんじゃないですか。
 しかも、どういう事情で来たか、どういう形で来たかわからないけれども、少なくとも今までの行政の人たちですと、商工会議所の会頭でしょう、観光協会の協会長でしょう、旅館組合の理事長でしょう、温泉組合の組合長さんでしょう。言ってみれば、伊東市で一番大事にしなきゃいけないお歴々ですよ。この中の一部の人たちが、あなたたちはおれと会っても、ろくに話をしないじゃないかということだけで追い返したと言っているんです。そういう人たちが、市長、あなたに対する不信的な感情で受け取れてしまったんですよ。物すごくマイナスですよ。私は、鈴木前市長がいいからかんで物事を受けたとは言っていませんよ。でも、やっぱり年です。皆さんに対して諭しをしたんです。あなた方、こういうものを持ってくるんでしたら、こういう形で来なきゃだめですよと言って諭して、それで受けたんですよ。なぜそれができなかったんですか。
◎市長(佃弘巳 君)伊東議員は、今言った5人の方々が言っているということを言っておるわけでありますが、まず、私のところへ来る予定を入れてきたのは、スコリアの関係で相談をしたいから、商工会議所の会頭と観光協会長さんが行きますということで来たわけです。そしたら、そのときに署名簿と、各団体の人たちが8人ぐらい来たわけであります。その中で、これはどこへ出すんですかという話をしたら、それは事務局の方へ、どこへ出すんだということで聞き直したんです。それははっきり言って、商工会議所の会頭さんです。あした県へ行くということも言っていました。どちらへ出すかよくわからない、あて名もしっかりしていない、連絡をするところは今度は温泉組合ですということになった。アポを入れてきたのは商工会議所の方から入れてきたんです。1日でそうやって変わってきている。
 そういう中で、会としてもよく意見統一をして、しっかりして物を進めていかないと変になってしまいますよ、という話もちゃんとしました。そのときに新聞記者、報道関係の方々も連れてきたわけです。私もびっくりしたわけであります。なぜ話し合いをするのに、そうやってみんなを連れてくるのかなと。反対署名簿を持っていくとか、そういうことは一切言われていなかったし、そういう中では、よく意見統一をして、会としてどのように進むかというものも話し合いしてきた方がいいですよという話もして、では、これはあした県に行くから、県へ持っていこうということで県へ持っていったということを後で聞いたわけであります。
 今言った人たちが大変不愉快な思いをしたということを言われておりますが、その後、商工会議所の会頭、温泉組合の組合長さん、また旅館組合の理事長さん、そういう人たちとも会って雑談とかはしておりますが、スコリアの話は一切しておりませんし、あのときには済みませんでしたということを私は言われておりますので、だれがそういうことを言ったか、はっきりしていただかないと、私とすると、そこがよくわからない。ですから、だれがそういうことを言っていたか、また話し合いをすればよくわかることでありますので、私はぜひ話し合いをしてまいりたいと思っております。
◆22番(伊東良平 君)それこそ衆議院の民主党の永田議員じゃないけれども、だれがどういうことを言った、あれがこう言ったと、こんな小さなまちのことでね。ただ、そういう話を聞いたということだから、それを市長に私は、だれが言った、かれが言ったということは言いませんよ。言ったところで、言った言わないというのは、人間の言葉というのは言ったり言わなかったりするじゃない。だから、私は壇上でも言ったでしょう。
 要するにあて先もなかった、何もなかった、だから、断った。理由はそれなんでしょう。私は、それを聞いているんですよ。つれづれに今いろいろな話をしましたけれども、じゃ、受け取らなかった理由は何ですか。だれが何と言ったとか、かれが何と言ったということは抜きにして、あなたが持ってきたものを受け取らなかった理由、ずばり何か、それだけ答えてください。
◎市長(佃弘巳 君)持ってきた人がどこへ出すかはっきりしていない、そのために私は受け取らなかったということではないんです。向こうがそういうのをはっきりして、もう一度再考してきますということで持って帰ったので、受け取りを拒否したわけではないんです。
◆22番(伊東良平 君)それでは、もう一度ちゃんとしたものを持ってくれば受け取って、そのお手伝いはしていただける、こういうことでよろしいですか。
◎市長(佃弘巳 君)その署名簿は県の方と次の市に提出したと聞いております。
◆22番(伊東良平 君)もちろん彼らは県に行きました。県は受け取ってくれたそうですよ。私は、それも同じような形に近いんじゃないかと思うんです。その書類を見ていませんから。私がこの質問をすると言ったら、「あなた、何でもう少しアドバイスしなかったんだ」と言われたんですが、私がアドバイスする段階じゃないです。私は、そんなお偉い者じゃないです。市民の使いっぱしりの人間ですから、そんな大それたことを考えていません。やはりそれはあなた方もそうだと言うんです。自治体の長のところへ物を持っていくときには、ちゃんと名前、かがみをつけて持っていきなさい、それが当たり前じゃないですかと、私はこのことは申し上げました。それが欠如していたということですよね。
 じゃ、もう一度、そういう形であなたのところに県に出したコピーを持ってきたときに受け取って、この後、その人たちの相談に乗っていただけますかということを確認させていただきたいんです。
◎市長(佃弘巳 君)それは出す人たちと話をして進めていくしかないと思っております。
◆22番(伊東良平 君)それでは、また後であるかもわかりませんけれども、目先を変えてやります。
 これは担当課の方に伺いたいんですが、全体的にいって馬場の平というか、スコリアの関係については、私が前に地番を確認したときに、たしか4つぐらいの地番に分かれていて、前回お伺いしたときに水道部長と都市計画課長の方に違いがありまして、ちょっと皆さんをドキッとさせたんです。きょうお伺いしたいんですが、落合と阿原ヶ沢というんですか、2つの名前がついているんですよね。担当の方、どこが何という何番地で、どこが何という何番地、これはおわかりになりますか。(発言する者あり)許可した部分です。
◎建設部長(臼井美樹夫 君)お答えいたします。
 開発区域内の土地の名称でございますが、伊東市鎌田阿原ヶ沢1297−61の一部、同じく阿原ヶ沢1297−90の一部、それから鎌田字落合1298−5の一部、同じく落合1298−46の一部でございます。
◆22番(伊東良平 君)部長、意地悪いようだけど、その地名はこの前聞いているから、私はわかっているんですよ。私が聞いているのは、その場所はどこだと聞いているんです。要するに落合というのはどこだ、阿原ヶ沢の何番地はどこだと聞いているんです。
 なぜそんなことを聞くかというと、実は私も昔の鉱山闘争をいろいろ勉強していましたら、どこから掘ってきたのかなというのはわからないんですよね。要するに落合から掘ってきたのか、阿原ヶ沢から掘ってきたのかわからないんですが、1期、2期、3期、4期終わっているわけですよね。今度5期に入るわけです。私の考えでは、5期が多分阿原ヶ沢というところじゃないかなと思うんですよ。となりますと、その阿原ヶ沢1297−61、この番地の場所が地図の上でどこだか聞きたいんです。
 というのは、もしこの番地が、いわば今、馬場の平と言われる、あのまん丸い山の上近辺、これからとろうとするところであるとするならば、こんなことはご存じのはずだけれども、韮山工業さんが名義を移転したのは平成14年ですよ。その前に伊東市が1回差し押さえしているんです。この時点だと、スコリア反対闘争の運動は起きていますよね。その時点で差し押さえしているんですよ。そういう問題が起きているんだったら、その人たちに教えてやるとか何とかという親切心があれば、その人たちがそのときに買えば、それこそ先ほどの市長の話じゃないけれども、費用ということを言うのならば、そのときなら、あるいは、この会の人たちがここを買えたかもしれない。地名が違いますか。
◎建設部長(臼井美樹夫 君)申請箇所については、今おっしゃられた阿原ヶ沢と、それから小字の境なんですけれども、落合と2つありまして、今、ここに公図がありませんので。要は小字を境に阿原ヶ沢という地番と落合側の地番の両側が開発区域になっているということで理解はしております。
◆22番(伊東良平 君)私が言いたかったのは何かというと、こういう事態があったことを行政が把握して、こういった闘争が起きているのであれば、そこに協力をいただければ、あるいは、このときに、この運動はほかの考えの中で進展できたんじゃないかなという気がするわけです。その前からそういう問題が起きているんですから、やはりそういったときには行政も協力する、そこが私は官民の共同体のあり方だと思うんです。おいおい、今、こういう問題が起きているぞ、こういうところにこういうものがあるぞ、何とかしないかということを一言言っていただければ、そのときに手だてすれば今みたいな大きな問題にならないし、大きな金額にならないうちに押さえることができたと思うんです。
 私は現地を見に行ってみて驚いたんですが、確かに泥をとってしまって、そのままにしているものですから、はげ山のままでずるずる下がっていっていますよね。ご承知のように、スコリアというのはとまりのないものですから、きっちり押さえているときにはいいけれども、ちょっとでも傷をつけると、そこからずるずる滑っていくというのがスコリアだと思うんです。何しろ水落温泉なんかは手掘りで掘れると。元菊屋ホテルのあったところ、あのあたりの山もそうですよね。スコップ1本でもって300mのトンネルが掘れるんです。それで、あとは一応とまっているんですね。あれ、不思議なものですよ、押さえ合っているんですから。だから、あの山も非常に怖い山で、全体的にはそういった危険性のある山なんです。そういうものを抱えている場所です。
 なぜ菊屋ホテルの周りの話が出たかというと、たしか鉱山闘争の後ろの方で伊豆急さんが開通するときに、伊豆急さんの水源の調査をやっているんです。このときは久野先生というのがやられていますね、もう大分前ね。久野先生は、やはり影響あるよということを言っているんですよね。だけれども、要するに伊豆急さんのトンネルを掘る部分については、水落温泉には影響はない。でも、多少こちらの方の、あの当時、みなみ旅館さんだったですかね。そこの温泉に影響があるんじゃないかという調査をしまして、現実にそこから入れた色水が温泉に出たという経過があるわけです。ですから、きょう言って、あした結果の出るものじゃないです。この『鉱山闘争』という本を読むと、いい勉強になります。市長、暇があったときに一遍読んでみてください。
 私がさっき壇上で言った、要するに昭和の鉱山闘争として、これから伊東市の歴史に残りますよというぐらい心配せにゃいかん問題なんですよ。しかも、丸善ランドの人たちにしてみたら、はぎ取られて背中がなくなっているんです。背中がなくなるわけですから、いつ後ろへ行くかわからないんです。例えば原状復旧するというなら、ここから10t泥をとったら10t持ってきて、そこへ山を築くのが原状復旧ですよ。そうじゃなければ原状復旧にならないでしょう。今までの現実を見て、市長、原状復旧した場所はありましたか。掘って掘りっぱなし、はげ山になったまま、崩れたままじゃないですか。
 だから、先ほど言ったように、次の破壊をしないで、次の地点に行く前に今までのところをまず保護して、それから次に行ってください。そうすることによって、こうやっていけば安全なんですよということを地元の人たちにも示せるじゃないですか。なぜその行為を行政として指導しないんですか。ただ相手から言ってくることだけを聞いている。
 それから市長、もう一つお伺いしたいんですが、前に市長は答えの中で、韮山工業の方たちと会ってお話をしたと。そしたら、とにかく早くとらせてくれという話だったと。12月期限だから、ぎりぎりだから、早くしてくれということを言われたとお答えをされていたと思うんですけれども、市長、お会いしたときに、個人的にお会いしたんですか、それともお仕事で業としてお会いになりましたか。そのときに、もし業としてお会いしたのであれば、担当課を連れていって、どこでどういうふうにお話をしたか。この辺はいかがですか。
◎市長(佃弘巳 君)7月のときには建設部長、また観光経済部長を連れて韮山工業の本社へ行って、何とか採取しないような方法はできないかということであったわけでありますが、会社としては、8億円ぐらいの巨額なお金を投資してあると。もうこれ以上待てないですよという話であったわけですが、ぜひ何とか待っていただけないかという話をして、17年度いっぱいは待ちますよと。そのかわり、うちとしては、それ以後はやらなければ、会社としても大変な金利負担もいっぱい出てしまうと。
 何とか待っていただきたいということで、その後、12月の御用納めの日に向こうの会社の社長が市長室へと来て、そのときに助役、建設部長、観光経済部長、担当の課長と会って話をして、私としては、採取をしないでほしいけれども、森林法という法律を盾に来る場合には、市民も大変心配をしておる。そういうところも十二分に留意して、森林法の附帯条件も厳守をして、県に提出すると同時に伊東市へも同じものを提出して、県、市、また地元の人たちとも連携する中でいつでも立入調査に同行させてもらって、物事はぜひ協力体制をしいて進めていってもらわないと困りますという話もしっかりと向こうへ伝えております。
 また、そういう中で行政手続法という法律があるわけであります。これは条例にもなっておりますので、十二分に知っておると思いますが、向こうは法律をクリアしてきたわけでありますし、行政手続条例というのも伊東市にあるわけであります。そういうものによって、長が先頭に立って反対運動をすると、今度は反対に訴えられる場面もある。ですから、民間主導の中で行政もしっかりと支えてまいるということで、私も今まで進んできておるわけでありますし、着手する前に地元への説明会もして、地元の方々にやり方もちゃんと説明して進めていっていただきたい、それは県と市にも必ず連絡をしていただくようにということで向こうの社長にも申し入れをしてあります。
◆22番(伊東良平 君)大分向こうが見えてきたというか、市長の言葉どおりですと、向こうがそういったちゃんとした、やらなければならない行為を全部やりますというお約束をしたということであれば、いつできるか。いつそういう行為をして、きっちりした場所をつくって、皆さんが納得のいく形をとれるかということですね。それにしても、これから先のことはそれでいいよ。今までのところは、じゃ、どうなるんですか。今までのところを直さないで、この次、先へ行ってくれとは言わないでしょう。そこを直すのが先でしょう。そうじゃないですか。
 それから、今度また、取りつけ道路の問題もあるだろうと思うんですが、あっちこっちに問題が波及すると、私の頭の中が混乱してわからなくなるもので、市長、確かに森林法があって、森林法についてはきのう平沢議員の方からるる申し上げているからご承知だと思いますけれども、森林法の中でも、やっぱり自治体の所属長の意見というのが大きいんですよ。それはそうですよね。幾ら県であろうが、国であろうが、やっぱりよその家に入っていくには、そこの長たる者にお断りしなければ、これは言葉は違うかもしれないですけれども、言ってみれば不法侵入ですよ。そこに来たときに市長が、県が来たんだから、おれはもういいよと。それでは県の有識者が会うよと。市長、あなたはもう県議じゃないですからね。伊東の市長ですからね。その辺を私はわきまえてもらいたいと思うんです。やっぱり自治体の長として、その自治体を考えながら物事を進めていくというお考えに私は変わってほしいと思うんです。市長、前とは違うんです。それはそうですよね。
 私が言うほどのことじゃないと思いますけれども、年がいもなく余計なことを言わせてもらいますが、おかげさまで、私も来年から高齢者の部類に入っちゃうんですよ。そういう時期に来ましたので申し上げますけれども、もう県議じゃないんですから、やっぱり伊東市をしっかり見て、伊東市の人たちがどういうことを考えているかということを私は考えてほしい、このことを申し上げたいと思います。
 この問題については、先ほど言ったように、この後、まだいろいろな方が出るかもわかりませんけれども、とりあえず私としては、先ほど言ったように、それだけのこと、きっちりやることはやっていただくということをお約束いただけますね。
◎市長(佃弘巳 君)今まで行政の長としてやるべきことはやってまいりましたし、また県とも連携を持った中で、決まったものの遵守、監督、そういうものもしていくということで今までもやってきたわけであります。今後もそういう中においては地元等の説明会も開いていく、こちらへも逐次報告をよこす、そうやってやってまいります。
◆22番(伊東良平 君)時間がありませんので、次の問題に入っていきますけれども、私は平成7年に議員になるときに一番最初に提唱したのが、亀石のトンネル化ということを市民にお約束したんですよね。これはトンネルにしてもらおうと思っていろいろなことを考えたんですが、非常に難しいらしいです。当時は大体メーター650万円から700万円かかるということを言われたんです。今はトンネルは掘ろうと思えば350万円から400万円ぐらいで掘れるらしいですね。この間、私は県の方へ行って聞いてきたんですよ。県の道路課の方が、今は大体6割ぐらいで掘れるんじゃないかなということをおっしゃっていました。それはあくまでも県の話で、聞いてきた話だけです。
 そういうことですから、非常に厳しいと思いますけれども、伊豆半島に雪害対策という言葉をなぜ使ったのかなと私は思うんですよ。この間、じゃ、しからば亀石峠雪害というと、その害というのはどれぐらいですかと聞いたんですが、県の方でも、平均年間日数は1.何日だということです。ストップがかかるのは1.何日です。ということになれば、雪害対策で500m、1,000mのトンネルを掘るのはむだだねと言ったら、向こうでそのとおりだと言っているんですよ。1.何日ですから、除雪車を回した方がずっと安い。
 だから、伊東さん、あの辺をなだらかな観光道路に切りかえたらどうだろうという話も向こうでされたんですが、先ほど言ったように、上り車線を2車線にして追い越し車線をつくろうというお話がこれから出ていくわけですが、またこれ一つやりますと、自然環境保護の問題で、山を掘って崩していくと自然を壊すという問題も出てくるんじゃないかなと私は危惧をするんです。一番いいのがトンネルですよ。ずっと抜いていけばわからんですから。金はかかるかもわからない、いろいろな問題はあるかもしれない。私が言った高規格道路というのは、速度が80?以上で走れる道路だそうです。今、伊東大仁線というのは、要するに主要道路という名前をつけているわけですよね。主要道路なんですから、主要道路として働けるような道じゃなければならないと思うんです。
 私は昔、こういうことを聞いたことがあるんです。長年、伊東の議員をやっていた有名な人ですが、亡くなったときに、亀石峠がうちのだんなを殺したと言ったんですよ。これは意味わかりますか。亀石の下と上とでは気圧が三、四気圧違うそうなんですね。これは消防関係をやった人だったらわかると思うんですが。しかも、ここをほじくって走るわけでしょう。
 私はこの前、救急車と競走したんです。私の方がずっと速いんです。救急車は病人さんを乗っけているから走れないんですよ。安全に走っているわけです。なぜ救急車より民間の車の方が速いのかと思うぐらい。これは険しい道なんですよ。だから、私が伊東の医療の面からも考えて、100億円でもって病院をつくるというなら、100億円をトンネルにかけたら、どれぐらいのものができるかなということをちょっと計算してみたわけです。(「警察に捕まる」と呼ぶ者あり)確かにそうですね。救急車を追い越したらまずいことだけれども、ほとんど救急車を追い越して行っています。それは事実なんですよ。だから、やはり改善するものは早く手をつけていかなきゃならない。この先、501?のトンネルといっても、あそこへ来るのにはまだ大分日数はかかるそうです。
 というのは、要するに主要幹線にしても、高規格にしても、そういった道路をつくるには、1市または2市、1県または2県にまたがらなければ効率がないということを言っているんです。言うなら、どういうことかというと、国道135号なら神奈川県につながっているから、国道135号にトンネルを掘ってくれと言えば、要するに神奈川県とのアクセスになるから、いいわけですよね。ところが、あそこの伊東大仁線のトンネルというと県と県なんです。だから、弱いらしいんですね。そうじゃないですか。
 これは元県議さんですから、その辺のことは承知の上だと思うんですけれども、そういうことらしいんですよ。だからそこを何とか、二階さんともかなり親密なようですから、あの辺に行ってコネをつけてもらって、何とか国の方で手をかけて早くやって、伊東のそういったものを救済してもらえないかということをお願いしてもらえないですか。どうですか。
◎市長(佃弘巳 君)今、高規格道路の話をしておるのか、トンネルの話か、どちらか絞ってもらわないと。これは高規格道路の話ですか。(22番 伊東良平君「そうです」と呼ぶ)高規格道路は、国土を縦断する、横断するということで、そういう大きな高規格道路は閣議決定される。ですから、国で道路網の整備をするのに、昨年、大変議論をして、道路特定財源、また道路公社の民営化、そういうものをしてきた中でこれだけ入れるというのは、はっきり言って、まず無理です。
 それとトンネル化の問題は、網代トンネルが昨年10月に開通しましたね。あそこのトンネルがメーター大体700万円かかっております。ですから、そこらが350万円ということよりも、そういう長いトンネルは、今、国の方でも、産業道路以外のものはつくるべきではないということで、トンネルをつくるのであっても、国土交通省の方の認可をもらわなければならない。ですから、なるべく環境破壊をしないで、曲がっておる現道を、橋梁を使ったりしながら道路の整備を今していけということで、県におきましてもトンネル構想があったわけであり、それも早く着手してもらいたいということで私も相当努力はしたわけでありますが、そこ1点に集中してしまうと、ほかの県道の整備が大分おくれていってしまうということの中で、まず、中大見八幡線の整備を緊急にしていこうということと、伊東大仁線においても局部の工事もやっていこうということで進めてきたわけであります。
 今の現実の中では、トンネルというものはすぐにはできませんが、当面は上り車線が1車線のところを2車線に順次整備をしていこうということで、県の方も17年度から進めておるのが実情であります。
◆22番(伊東良平 君)高規格道路のことを言いながらトンネルのことを言っちゃったので、ややこしかったかもしれないけれども、私はトンネルを掘ってくれと言っているんです。掘るなら掘ってくれということね。確かに網代のトンネルは700万円かかったというのは、あれは700万円の時代に計画したからですよ。それで作業に入ったから、あれは700万円なんです。今、現実にもっと安いんですよ。それは市長、確かにあれは700万円と私もこの間聞きました。700万円、えらいかかったねと言ったら、700万円の時代に予算を組んだので、下げるわけにいかなかったということです。これは、やっぱり国・県の仕事ですよ。親方日の丸でやるから、そういうことになっちゃう。今の原価に落として計算するわけにいかないものですから、そういう形になると思う。
 いろいろ申し上げましたけれども、とりあえず市長、私の方で言いたいことは、例えば馬場の平にしても何にしても、自治体の所属長として心のこもった回答がないとは言いませんけれども、やはりどうもそういう感じで受け取られているような、マイナス要素を含むような内容には私はしてほしくないなと、こういうふうに思います。だから、先ほどお約束したように、もう一度、あの人たちがそういった正式なものを持ってきたときには、ぜひとも受けとめて、そして皆さんと一緒にやるということを最後にお約束いただきまして、私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
○議長(稲葉正仁 君)以上で22番 伊東良平君の一般質問を終わります。
 10分間ほど休憩いたします。
                午前11時 1分休憩
               ━━━━━━━━━━━
                午前11時11分再開
○議長(稲葉正仁 君)休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、8番 宮?雅薫君の質問を許します。
             〔8番 宮?雅薫君登壇、拍手〕
◆8番(宮?雅薫 君)正風クラブの宮?雅薫です。ただいまから通告に従い一般質問を行います。
 まず、第1項目めとして、中小市街地の衰退・空洞化が深刻化している現状と本市の18年度の商工業振興施策について3点のお伺いをいたします。
 本市の産業の基幹は観光業であります。年間宿泊客は、平成3年の394万1,800人をピークに減少傾向が続き、17年は294万200人となり、最盛期に比べ100万1,600人減少しております。テレビ番組などでよく取り上げられている熊本県黒川温泉の年間宿泊客数は平成16年で33万6,707人ということですので、伊東市の宿泊客の減少数は、黒川温泉クラスの温泉地が3つ分ぐらいなくなってしまっているという状況と同じであります。
 平成4年から始まったこのような景気の低迷による減少傾向は、直接的には旅館やホテルなどの宿泊施設の倒産や閉鎖、民事再生などの社会問題を引き起こし、間接的には出入り業者である生鮮産品や物品納入の卸・小売業者、メンテナンスの造園、畳、電気、内外装などの建設関連業者や、さらには呉服店や美容院、飲食店などにも影響を及ぼし売り上げが減少し、不良債権などによる連鎖倒産など最悪のケースも発生し、パートを含めた雇用者数も減少し、観光施設や交通機関などの利用者も減少するなど市内経済に深刻な影響を及ぼし、特に中心市街地の落ち込みが激しいという現状であります。
 このような観点から、第1点目の質問として、商店街が直面している現状をどのようにとらえているかについてお伺いします。
 商店街や中小小売業を取り巻く本市の経営環境は、玖須美元和田から川奈、吉田の南部地区と鎌田、荻の西部地区への郊外型のロードサイドショップや大型店の出店、定住人口の郊外移動や消費者ニーズの多様化など現状は厳しく、既存の市内小売店の売り上げや店舗数の減少は著しいものがあります。商業統計調査によると、本市全体の小売業者は23年前の昭和57年調査時点の1,445店をピークに、平成14年調査では1,195店にまで減少しております。これを地域別で見ると、中心市街地である湯川、松原、岡地区の減少が著しく、昭和57年調査と比べると合計206店舗も減少しております。同じく小売業の年間商品販売額では、平成9年と14年調査を比較すると、この3地区で合計112億8,435万円売り上げが落ち込んでおります。宇佐美地区も同様な減少で、玖須美地区や小室、対島地区は、店舗数や販売額は増加しておりますが、古くから営業している地元の小売業の方々は同様に厳しい経営を余儀なくされていると聞いております。
 また、産業別就業人口を平成12年の国勢調査結果で見ると、就業人口の総数は平成7年に比べ2,958人減少の3万6,181人であり、飲食、卸・小売、サービス業などの三次産業従事者は2,241人減少の2万8,716人と就業者も減少しております。
 昨年11月に実施された伊東市商店街連盟の通行量調査結果では、市役所やNTT、東電、各金融機関などが市街地にあり、活動していた平成4年の調査と比較すると、一番減少が多い地点では約半分の通行量にまで落ち込み、他の調査地点においても、同様に歩行者や車両の通行量は大きく落ち込んだ結果となっております。県が3年に1回、消費者の購買行動や意識を調査している静岡県の消費動向調査による伊東市の商圏規模は、平成6年調査から12年まで拡大していたものが、15年の調査では、地元伊東市民の購買率も含め、東伊豆町、河津町、下田市、伊豆市の中伊豆などの周辺地域からの消費者の伊東での購買率は減少し、わずかに熱海市からの購買率が上昇したにとどまり、全体的に本市の商圏規模は縮小しております。
 また、市民の市内における買い物場所について見ると、大型店の買い物比率は、平成15年には食料品で54.6%、衣料品で56%と上昇し、市民の半分以上が地元商店街を離れ、大型店で買い物をしているという結果になっております。これらの調査結果を見ても、本市の商店街や中小小売業者を取り巻く経営環境は大変厳しい現状に直面していることがうかがえます。市長は、これらの現状をどのようにとらえておられるかお伺いをいたします。
 2点目の質問として、期待される中心市街地の役割を市としてどのように考えているかについてお伺いいたします。
 本市の商店街や市内中小小売業者を取り巻く経営環境については、ただいま申し述べましたが、平成11年度に県の中小企業総合指導センターにより実施された「伊東市中心地区商店街構造調整対応診断報告書」の消費者アンケートでは、商店街を利用する消費者は少なく、週1回以上の利用者が12.3%、現在の商店街に魅力を感じている人は8.1%だけであり、逆に全く魅力を感じてない人が19.4%もおりました。今後、商店街がどのようになってほしいと思っているかについては、全体的に「品ぞろえが豊富な商店街」が最も多く、次いで「美しいまち並み、デザイン性のすぐれた演出装置のある商店街」、そして「安心して買い物ができる商店街」でした。各商店街に望んでいる施設について見ると、「駐車場」が最も多く、次いで「休憩所」、「共同店舗」、「観光施設」の順となっています。また、本市の中心市街地地区は、市役所の移転後は「集客力のある都市施設がない」、「空き店舗がふえている」、「郊外の大型店やロードサイド型の専門店の影響や商圏人口の減少により売り上げが減少している」、「商店街の中だけではいろいろなものが買えない」、「有力店や魅力店が少ない」、「商店街のイベントや売り出しが不活発」などの多くの課題を抱えていることも報告されております。
 商店街の活性化は、外部要因の好転に頼る他力本願ではなく、商店街内部の組織や各店の自立意欲のあり方いかんにかかっているときと言われております。市内各地の既存の中小小売店や商店会はまちの顔であり、地域コミュニティの場であります。街路灯や歩道整備などの地域のインフラ整備の一翼を担い、地域の伝統行事やイベントの中心的な担い手として重要な役割を果たしてきました。また、今後は少子高齢化社会の受け皿や地域社会への情報発信機能なども期待されています。その反面、さきに申し述べたアンケート結果でも明らかなような課題も指摘されております。
 商店街の安定と成長の視点から考えなければならないことは、自己の商店会が存在する地域の振興であり、本市を支える根源である観光を中心とした産業の創造であると言われております。本市のまちづくりについては、「伊東市都市計画マスタープラン」や「伊東市観光基本計画」などにより多くの指針も示されておりますが、期待される中心市街地の役割を市としてどのように考えているのかお伺いをいたします。
 3点目の質問として、18年度以降の具体的な中心市街地の活性化策についてお伺いいたします。
 日本商工会議所が作成した「まちづくりのモデル例と留意点」によれば、まちづくりはまちに住む人、住民や消費者、行政や商工会議所、商店会や観光関係者などの商工業者が長期的、広域的視点に立って、都市計画やまちづくりの中に商業の場をしっかり位置づけ、まちの発展の歴史的背景、伝統や自然条件などに見合った地域特性を生かすような方向でまちづくりを進めることが重要な要件であるとし、まちづくりのモデルを提案しています。1つ目は、自然資源、歴史資源、文化資源、伝統的資源などの地域資源を検討してまちづくりに生かし、地場産業や観光産業など、他の産業と商業の活性化、まちづくりとを一体的に考えるという案であり、2つ目は、商業集積に人々が抱くニーズの基本はコンビニエンス性、便利さであるため、商店街を横の百貨店としてワンストップショッピングの便利さを提供することであり、不足業種や空き店舗対策を真剣に検討する必要性が提案されております。
 ほかにも車社会への対応や商店街の安全、快適な環境づくり、市街地の大型店との共存共栄、イベントなどにより来外者を楽しませる仕掛けづくり、国際化、グローバル化への対応、文化・創造・健康欲求への対応、景観づくりなどの商店街活性化策の提案や先進事例を紹介しております。本市の中心市街地活性化策にとっても、これらの事項は参考になることと考えられます。
 財政再建を最重点とする予算編成方針には賛成でありますが、18年度予算を商工業振興の観点から見ると、残念ながら商店街や各種組合などの中小小売業者への活性化施策が後退している印象を強く感じます。財源が少なく、厳しい予算であるならば、まず知恵と汗を出すような行動が必要であると考えます。行政が指導的役割を担当し、商工会議所や商店街連盟に実務的な担当を任せ、中心市街地地区の現状分析やイベントの企画や見直しを行い、空き店舗の有効利用対策や商店街の活動計画の具体的な検討などを行い、活性化プランのたたき台をつくり、最小限の経費で実現可能なプランからまず実施をする、そのような検討委員会なり協議会などの組織を立ち上げ行動していくことが有効な施策の一つになるのではないかと提案を申し上げ、市としての18年度以降の具体的な中心市街地の活性化策についてお伺いをいたします。
 次に、2項目めの質問といたしまして、行財政改革実施計画に基づく給与体系の見直しと職員モラル向上のための指導について4点のお伺いをいたします。
 市長の所信表明の中に、予算の特徴としては、「歳出では、義務的経費において、退職者の不補充や特殊勤務手当等の見直しにより、人件費が総額で2億3,293万3,000円減少したものの、扶助費が5.1%、公債費が3.4%増加しております」との説明がありました。給与や手当の見直しについては、市長就任以来のご努力や職員組合との交渉により着々と成果を上げられていることには敬意と称賛を申し述べるところでありますが、18年度予算を性質別項目で見ますと、人件費は61億8,298万3,000円で、支出総額の29.4%と依然高い割合であります。これに扶助費、公債費を加えた義務的経費の総額は118億1,121万7,000円で支出総額の56.1%を占め、歳入の根幹である市税収入の予算額118億8,254万7,000円のほとんどすべてを義務的経費に費やしているような状況であります。このような観点から、1点目として、近隣市町や類似団体と比較した本市の人件費や職員定数の現状をどのようにとらえているかについてお伺いいたします。
 静岡県総務部市町村総室発行の16年度「市町村の指標」で人件費の割合を見ると、本市は15年度決算ベースでは県内で一番高い割合であります。また、人口1,000人当たりの普通会計職員数では10.1人と、市の部では4位という多さで、産業や地形などの地域性からか、伊豆の各市町村が上位にランクしております。伊豆の各市の18年度予算における人件費比率を見ると、熱海市は26.9%、下田市は24.7%、伊豆市は21.5%であり、本市は29.4%と一番高い比率であります。
 また、伊東市と全国の類似団体とで比較すると、北は宮城県塩釜市から南の佐賀県鳥栖市の33団体の普通会計職員数の平均は470人で、伊東市の747人は突出して多く、2位の東京都清瀬市、人口8万615人の627人をはるかに上回っております。ちなみに職員数の一番少ない類似団体は福岡県太宰府市の人口6万6,251人の332人で、人口1,000人当たりでは5.0人であります。同様に16年度の決算額で人件費比率を比較すると、33団体の平均は22.8%で、類似団体の中では、本市は2番目に高い比率であります。また、本市行財政改革大綱の具体的方策の定員管理、給与の適正化では、業務量に応じた人員配置や民間委託の推進、組織・機構の見直しを図る中、的確な定員管理を行うとしております。
 このような観点から、定年や勧奨退職者の不補充などでの自然的な職員数の減員によるものだけでなく、本市の人件費や職員定数の現状をどのようにとらえているかをお伺いいたします。
 2点目として、本市の給与体系や諸手当の見直しの実施状況と今後の取り組みについてお伺いいたします。
 17年9月定例会で、退職手当支給等の特別昇給の廃止を含め調整手当の段階的引き下げ、初任給基準の引き下げ、住居手当の県下平均並みの支給、徒歩通勤者に係る通勤手当の支給廃止、職務に応じた昇給停止年齢の導入の6点について質問をし、職員組合との交渉経過や提案内容についての報告をいただきましたが、平成18年度の予算書では、18年1月1日現在で職員の平均給料月額は34万5,792円、総支給額である平均給与月額は平均年齢42.09歳で42万5,816円と依然として高水準であり、市内の民間従業員や個人事業主などからは羨望と嫉妬の声に加え、批判の声を相変わらず聞いております。
 また、17年度補正予算では、前市長の逝去や勧奨退職者の増加で退職手当を5億1,580万1,000円増額補正しておりますが、18年度当初予算では、退職手当は3億3,000万円の計上であり、年度末に17年度と同様な補正要因となることが予想されます。
 以上のことから、さらに職員給与の見直しを進めていくことと思いますが、給与体系や諸手当等の職員組合とのその後の交渉経過や進捗状況と今後の取り組みについてお伺いをいたします。
 3点目として、人事院勧告に示された俸給表の水準の引き下げや勤務実績の給与への反映に対する本市の取り組みについてお伺いいたします。
 現在の地方公務員の給与制度は、近代的な人事管理と比較するとあいまいな点が多く、何でも普通にやっていれば自動的に昇任、昇給し、全体的な仕事の能率を低下させる弊害が見られ、このことは職員間をして努力して昇格しようという意欲を損ない、年齢とともに昇給額が高く、職員の年齢構成を引き上げ、高給化し、事務能率の停滞を招く要因とも言われております。平成17年5月24日付谷垣財務大臣名で報告されている「地方公務員給与の主な問題点」によれば、地域における地方公務員の給与水準がその地域の民間の給与水準を大きく上回っている点や、同種の国家公務員に比べて高い水準や、国に比べて著しく上位給に偏った職員構成となっている点や、特殊勤務手当などの不適正な支給や退職手当の水準が国家公務員より高くなっている点などの4つの問題点が挙げられております。これらのことは本市にも当てはまり、地方公務員給与の適正化については、情報公開を進めつつ、給与水準や諸手当の見直しが国からも求められております。平成17年度の人事院勧告の給与勧告の骨子の「改革すべき事項」によれば、給与制度の抜本的な改革が示されておりますが、本市として、このような動向をどのように受けとめ、取り組んでいくかについてお伺いをいたします。
 4点目として、職員モラル向上のための指導について、インターネット等の私用に対する予防措置をどのように講じているかについてお伺いいたします。
 地方公共団体の欠点と活性化という観点から、一般論として、一つには、民間企業は厳しい競争や消費者ニーズにさらされているのに対し、地方公共団体は行政という特質から、競争やサービスという概念がなく、このことが職場の環境を沈滞させています。そこで、職員の自主的、自発的な努力を促す対策が重要な課題となっていると言われております。
 つい最近の新聞記事に、伊豆市の職員5人が競輪投票サイトに勤務時間、昼休み、就業後などに合計1,081回、12時間51分にわたってアクセスしていた問題が報道されておりました。「今、行政マンに不足しているものは何か、もしこんな問いかけがあったら、公務員とは何かを知らない人、また忘れている人が極めて多いのが実情であろう」という公務員自身の書き込みがインターネット上にありました。同じインターネットでありながら皮肉なめぐり合わせを感じました。
 本市でも、伊豆市と同様な問題が起こる可能性があるのではないかと心配をしておりますが、職員モラル向上の指導やインターネット等の私用に対する予防措置を本市はどのように講じているかについてお伺いをいたします。
 次に、3項目めの質問といたしまして、川奈地域汚水処理施設の増強及び排水区域の拡張に関する陳情に対しての事業経過と今後の計画についてお伺いいたします。
 この陳情は、平成10年6月定例会におきまして議会採択されたもので、川奈地域汚水処理施設の現行排水区域に小浦町の小浦坂地区の一部と、東町の市道ヒラット瓢箪洞線と出口ヒラット線の2つの沿線の一部を加える拡張を行い、年次的に排水管きょの埋設等、一連の工事施行についてのものでした。その後、東町地区の拡張工事は終了しましたが、小浦町の小浦坂地区については、地形測量や管きょ処理能力や施設ルートの検討を実施し、管きょや処理場施設の処理能力の検討を行いながら効果的で経済的な処理方法を確立し、諸施設の建設に向け実施計画に入っていきたいとの回答を15年12月定例会においていただいておりました。関係地域住民の皆さんは、一日千秋の思いで早期の進捗を待ち望んでいます。小浦坂地区の排水区域拡張のその後の事業経過と18年度以降の計画についてお伺いをいたします。
 最後の質問といたしまして、小室都市下水路改修工事の事業経過と18年度の事業計画についてお伺いいたします。
 川奈川の都市下水路の改良工事につきましては、小室町地域の宅地開発が進み、雨水排水施設が不十分であったため、地盤の低いところでの雨水による浸水区域の改善を目的として、市の単独事業として水路トンネルを完成させていただきましたが、その後、下流域での生活雑排水の影響による水質汚濁が著しく、雨水の流量も増加し、川沿いの生活環境や防災のために都市下水路整備事業として5カ年間の県費補助対象事業の採択をいただき、15年度より実施設計を行い、用地買収や分水路、下水路工事など、順次改修を実施していただいているものでありますが、小室都市下水路改修工事の現在までの進捗状況と18年度以降の事業計画についてお伺いをいたします。
 また、この事業採択に際しては、市長には県会議員として在任当時、大変なご尽力をいただき、地元の方々から多くの感謝の言葉を聞いておりますことを申し添えまして、壇上からの質問を終わりとさせていただきます。(拍手)
               〔市長 佃 弘巳君登壇〕
◎市長(佃弘巳 君)8番 宮?議員にお答えをいたします。
 まず、中心市街地の衰退・空洞化が深刻化している現状と本市の18年度の商工振興施策についてであります。
 商店街が直面している現状をどのようにとらえておるかということでありますが、商店街の現状につきましては、中心市街地の空洞化や車社会に対応した郊外型大中規模店舗の進出、さらには長引く景気の低迷により、商店街と地元小売商業者の経営環境は厳しい状況になっております。このようなことから、各商店街や各地域に点在している個店の売り上げは低迷し、影響を受け、商店街や業種組織は結束力が弱体化しているとともに、地域のコミュニティの結びつきが希薄になっており、文化・伝統の保持も困難になりつつあります。しかしながら、商店街は地域の担い手であるばかりではなく、伝統・文化・防犯等において重要な役割を果たしてきており、生活の場、憩いの場としても住民から親しまれております。
 本市の商店街の現状につきましても、商工会議所が実施しました空き店舗の状況にも増加が見られ、さらには商店街連盟が調査した通行量等調査でも、車や歩行者の減少が見られております。このような中で、市といたしましても、厳しい財政状況ではありますが、商店街が直面しておる現状を的確に把握し、効果が高い事業の創出に向け、関係団体の要望を踏まえ協議をする中で商店街の活性化につなげてまいりたいと考えております。
 次に、期待される中心市街地の役割を市としてどのように考えているかであります。
 中心市街地は、古くから商業業務など、さまざまな機能が集まり、人々の生活や娯楽、交流の場となって、長い歴史の中で独自の文化や伝統をはぐくむなど、そのまちの活力を代表する地域の顔として形づくられてきております。これらの時代のニ−ズに対応したコミュニティの中心として、人が住み、育ち、学び、交流する場として、集客力ある商店街・中心市街地づくりが求められております。中心市街地活性化とは、まちがもともと担ってきた役割を、異なった環境のもとでさまざまな手だてを講じることで生き生きとした状態によみがえらせることであると思っております。かつての活力や魅力を取り戻し、にぎわいのあるまちとして再生する地域づくりは、そこで暮らす方々や多くの市民の皆様が中心市街地について考え、創意工夫ある取り組みによって問題解決を図っていくものだと思っております。
 このようなことから、地域住民や商店街などの皆様がさまざまな側面から中心市街地活性化のために人づくりやプロセスを重視した住民主体の事業創出を行えば中心市街地の活性化が図れるものと期待しておるところであります。いずれにしましても、関係団体と連携、協力し、中心市街地の活性化に向けて、関係団体の取り組みに対し支援をしてまいりたいと考えております。
 次に、平成18年度以降の具体的な中心市街地の活性化策についてであります。
 中心市街地の空洞化は複合的な要因によって生じてきており、その活性化のためには、商業等の活性化施策や市街地の整備改善はもちろん必要でございますが、中心市街地という一つのまちの活性化を行うためには、地域の特色、実態に即して、住民、商業者、行政機関等が一体となって総合的にまちづくりに取り組んでいくことが最も必要なことと認識しております。
 特に中心市街地の活性化策としては、空き店舗対策として、国際交流協会の事務所をキネマ通り中央の2階に移すとか、また、静岡県が平成18年度から進めております子育て支援事業、これも伊東市と袋井市の2市が実施しようということで、商店街の方々にも子育て支援事業の取り組みについて協力をお願いしておるところであります。また、商店街共同施設設置として、湯の花通り商店街のインターロッキングブロックを全面改修し、商店街のイメージアップ及び活性化を図る事業に補助いたしておりますし、議員ご提案の事務担当者レベルの活性化検討委員会につきましては、商工会議所等連携する機関と協議する中で組織の必要性を検討してまいりたいと考えております。
 次に、行財政改革実施計画に基づく給与体系の見直しと職員モラルの指導についてであります。
 1点目の近隣市町や類似型都市と比較した本市の人件費や職員定数の現状をどのようにとらえているかであります。
 本市の人件費の歳出に占める割合は、平成12年度から平成15年度まで30%台にありましたが、事務事業の見直しや給与の適正化を図る中、平成16年度決算では29.9%となっております。しかし、県内各市や類似団体と比較した本市の人件費の割合は依然として高い水準にあります。この要因としましては、平成15年度における類似団体との比較資料の中で、本市においては、観光地の特殊性や広域行政の難しい地理的条件から、一部事務組合を設けている類似団体と一律に比較することはできませんが、清掃などの衛生関係、消防関係、保育園などの民生関係、幼稚園などの教育関係などの職員数や職員の給与水準によるところが主な要因と考えております。このため、新年度に実施するサマーレビューにおいて、機構・組織や事務事業の見直しによる職員数の抑制と給与の適正化を図る中で人件費の抑制に努めてまいりたいと思っております。
 次に、本市の給与体系や諸手当の見直しの実施状況と今後の取り組みについてであります。
 まず、退職時の特別昇給につきましては、平成17年12月から2号給を引き下げ、さらに残る2号給については職員組合と継続して交渉中であります。調整手当につきましては、本定例会に手当の名称を「地域手当」に改めるとともに、支給率を7%から6%に改める改正案を提出してありますが、さらに支給率の引き下げについても職員組合と継続して交渉を重ねてまいりたいと思っております。また、徒歩通勤者に係る通勤手当及び保育士や休日における清掃業務に携わる職員への特殊勤務手当なども、職員の理解を得る中、昨年12月定例会において、平成18年度から廃止することになりましたことは、ご承知のとおりであります。
 なお、初任給基準及び住居手当の引き下げについては、職員組合と早期に合意が得られるよう、引き続き交渉しているところであります。また、職務に応じた昇給停止年齢の導入につきましては、本年度人事院勧告において給与構造の改革が示されていることから、国の動向を見る中で考えていきたいと思っております。
 次に、人事院勧告に示された俸給表の水準の引き下げや勤務実績の給与への反映に対する本市の取り組みはであります。
 昨年8月の人事院勧告で示された概要は、大きく分けて、給料・扶養手当の引き下げなどの給与改定に関する項目と給与構造の改革に関する項目の2項目であります。給与改定につきましては、12月定例会において、月例給の引き下げや扶養手当、勤勉手当などの改正をいたしましたが、給与制度全般にわたる給与構造の改革につきましては、本定例会で議題となっている調整手当を廃止し、地域手当の新設のほか、現在、職員組合とも交渉を重ねておるところであります。また、職員組合には、人事院勧告に基づき現行の給料表の水準を4.8%引き下げるとともに、他市の給料構成に近づけるために、さらに下方修正した新給料表の提案をしておるところでもあります。
 いずれにしましても、給与構造の改革につきましては、年功的な給与の上昇を抑制し、職務・職責に応じた給料表構造への転換や勤務実績をより的確に反映し得る昇給制度、勤勉手当制度の整備などの改正を求められており、既に組合に提案している退職時の特別昇給や初任給基準の引き下げを含め、現在、職員組合と交渉を重ねているところでもあり、今後、早期に職員組合の合意を得る中で改正をいたしてまいりたいと思っております。
 次に、職員モラルの指導について、インターネット等の私用などの予防措置をどのように講じているかであります。
 職員研修の観点から職員モラルの指導については、平成12年に策定した人材育成基本方針において、職員に求められる基本的な要件の一つとして高い公務意識を掲げております。高い公務意識とは、職員は全体の奉仕者であり、公共の利益のために勤務することを認識し、公務員としての自覚、意欲を持って公務に取り組み、市民に信頼される職員となることであります。このため、職員研修においては、毎年開催している公務員倫理研修や各種さまざまな研修の中で公務意識の啓発に努めております。
 議員ご指摘のインターネット等の私的利用につきましては、インターネット利用に際し、情報管理課において管理運用しているパソコンは私的利用に対する予防措置を講じております。しかし、庁外や一部のパソコンに対しては予防措置のとられていないケースもありますので、さきの新聞報道の事例もあることから、今後、これらにつきましても対策を講じていかなければならないと考えております。
 次に、川奈地域汚水処理施設の増強及び排水区域の拡張等に関する陳情に対しての事業経過と今後の計画についてであります。
 この排水区域拡張の下水道計画につきましては、先ほど議員ご指摘のように、平成10年6月22日に陳情第1号において議会採択されましたことから、東町の市道ヒラット瓢箪洞線、出口ヒラット線両線の一部区域につきましては、平成11年度から13年度にわたり管きょ布設を実施して、面積にして約0.4haの区域を拡張し、18世帯が接続可能となっており、現在は10軒が接続しておる状況であります。
 また、もう一方の小浦町、通称小浦坂地域の一部区域の受け入れにつきましては、汚水処理施設の能力や施設改修にかかわる事業費等につきまして検討し、平成14年から平成16年に地形の平板測量等、種々の調査を実施してまいりましたが、大変起伏の激しいこの地域の下水を既設の下水道管に接続するためにはマンホールポンプ設備などが10カ所以上必要となり、さらに下水道管埋設工事においても岩盤地帯のために多額の費用を要することから、平成17年1月の伊東市全体の公共下水道全体計画見直しにより、当該地区に関しましては、今後、生活排水処理対策基本計画を策定する中で、地域性を考慮し、効率的で事業効果のある生活排水処理を進めてまいりたいと考えております。
 次に、4点目といたしまして、小室都市下水路改修工事の事業経過と18年度の事業計画についてであります。
 小室都市下水路につきましては、 既存の川奈川河川断面が改修拡幅できない場所があるために、県道及び市道の道路内にバイパス流路を埋設し、雨天時等における計画排水量を分散させる目的で、総延長658. 4m、総事業費6億3,000万円で平成14年度に県費補助事業の採択を受け、平成15年度から事業着手し、平成19年度の完成を目標に現在事業を進めているところでございます。この事業は、 平成15、16年度には8,490万円の事業費で、実施設計業務や用地取得により分流水路の基礎工事等を実施し、平成17年度には事業費1億8,300万円により、 分流水路の躯体工事を延長43m並びに川奈小学校前の合流部におきまして流路工事を延長92m実施中でございます。
 また、平成18年度におきましては事業費1億8,200万円で、市道川奈線道路内にバイパス流路としてボックスカルバートを延長110m布設し、平成17年度に引き続き川奈小学校前から県道伊東川奈八幡野線道路内に鉄筋コンクリート円形管を延長81mと、河口部におきまして拡幅工事を延長15m計画しておるところであります。このことによりまして、平成18年度末における出来高は70%程度となり、平成19年度末には供用できる見込みであります。
 以上です。
◆8番(宮?雅薫 君)大変ご丁寧なご答弁ありがとうございました。ちょっと質問の順番を変えさせていただきまして、3項目めの川奈地域汚水処理施設の排水区域の拡張についてからお尋ねをさせていただきます。
 まず、この川奈小浦坂地区の長年の懸案の一つでありました市道小浦坂寒塚線の県道からの進入路の拡幅改良工事につきましては、17年度当初に行っていただき、ごみの回収車や消防車など大型車両の進入がスムーズにできるようになりましたこと、それから便利さと安全性が向上いたしましたこと、市長を初め当局のご尽力に住民の皆さんも感謝しておりますことをお伝えさせていただきます。
 先ほどの答弁で、14年から地形の平板測量をされて、岩盤地域で非常に厳しい状況であったということでございますけれども、県道周辺は30年以上も前から下水の供用が開始されましたが、一段下がった地域は改修がされていません。質問でも申し上げましたように、本当に一日千秋の思いでこの事業の推進を願っているところなんですけれども、市長のご答弁がありました、17年1月に下水道全体計画を見直して、生活排水処理対策基本計画という形でこの地域の排水計画をするということなんですが、さらに詳しい内容についてご答弁をお願いしたいと思います。
◎市長(佃弘巳 君)先ほど答弁しましたように、ここは大変狭隘なところで、マンホールの数だけでも10カ所つくっていかなければならない。マンホールをつくるだけで約2億円かかって、それから管の接続等の費用を入れていくと倍以上の金額にもなってしまうということで、生活排水処理対策基本計画を策定する中で集落排水とか、そういういろいろな工夫を検討していった方が効果、効率がいいではないかということで、17年1月に見直した経過もあるわけであります。今後、どのような事業採択ができるか、そういうものも考えた中で検討していきたいと思っております。
◆8番(宮?雅薫 君)第1答弁のときに市長から、生活排水処理対策基本計画を策定しというようなご答弁をいただいたと思うんです。ですから、今の川奈にある下水処理施設には接続は難しくて、別の方向で検討していただけるのかという点についてお尋ねします。
◎建設部長(臼井美樹夫 君)ただいま市長の方で答弁いたしましたが、この小浦坂地区につきましては、さきに行いました地形測量の結果、大変起伏が激しくて、既存の地域汚水処理施設に接続することが難しく、金額的にも、公共下水道の排水設備1人当たり、一般的には77万円程度かかっておるわけですけれども、これを同じように整備しますと、その2.6倍ぐらいになってしまうと。そういうことの中で、現在、県内でも富士市、静岡市、旧天竜市などで行っております三省交付金制度の中にあります生活排水処理対策基本計画を立ち上げまして、別の方法で処理を行うという形で今検討中でございます。
 ですから、できるだけ早い時期にこの計画を策定いたしまして、今、合併浄化槽等で処理をしていくという形のものを考えておりますが、下水道課の方でできるだけ早い時期にそういう計画を策定して、事業効果が上がるようなものを考えているところでございます。
◆8番(宮?雅薫 君)ありがとうございました。この地域は、最近、宅地化も急速に進んでいるところでもございます。長年の懸案事項でもありますので、今、部長がお答えしていただいたように、ぜひ下水道問題の具体案を早急に提出していただいて、地域の環境整備と住民が安心して暮らせるような措置をお願いしたいと思います。
 次に、4項目めの小室都市下水路改修工事でございます。非常に多額な投資をしていただいて、川奈小室地区、それから下流域の川奈港地区の皆さんも心強い思いをされております。ただ、上流の川奈駅周辺は雨水の浸水被害がほとんどなくなったといういい結果なんですが、下流域につきましては、16年10月の台風のときにも周辺で地崩れなども起きまして、流量がぎりぎりいっぱいぐらいというような状況を私も台風のときに見ております。多額な投資ではございますけれども、ぜひ計画に基づいて、19年度には供用が開始されるような事業をお願いしたいと思います。
 それでは、第1点目の中心市街地の衰退・空洞化のことについてお尋ねをさせていただきます。この中心市街地の問題につきまして、3項目についてお伺いしたんですけれども、全体的には、まず、自分のお店がもうかるようになって商店街が活発であれば何も問題はないということなんですが、壇上から提案申し上げたように、産業課の商工労働係が指導的役割を果たして経営実態や消費者の動向などの調査をして現状の把握を今年度の事業の中で取り上げることはできないかどうか。私が使った資料も、指定統計調査以外は大分古いデータでございます。現状とちょっとかけ離れた点があるかもしれませんけれども、こういう調査ができないかどうか、まず1点お尋ねをいたします。
◎観光経済部長(滝下宣彦 君)いろいろな調査はできないのかというご質問でございます。基本的には商業統計調査、あるいは事業所統計調査、国の機関におきまして、かなり詳しいデータを収集しているところでございます。ただ、議員、また市長も申しました市街地の活性化協議会等もだんだんつくっていくという方向性があるようでございます。そういった高い観点からの調査も必要になってくると思っておりますので、そういう中での配慮が必要だと思います。現在、お話の単独でという中では考えておりません。
 以上でございます。
◆8番(宮?雅薫 君)先ほど提案した、商店会さんと協議会なり検討委員会なりを立ち上げてやろうと思えば、経費を10万円もかけなくてもできるような内容であるのではないかと思いますけれども、こういった新しいデータの調査についてはまたぜひお願いしたいと思います。
 それから、商店街に対しては市の助成制度、国や県の振興策、非常に多く題材があると思うんですけれども、実際に経営している商店の方や商店街の方々は、そういった施策や補助金制度を知らない方があると思うんですよ。市としましては、そういった周知をどのような形でされているのか。周知していないということであれば、18年度にぜひそういった周知もしていただいて、皆さんで検討ができるかどうか、そんなことも考えていただきたいと思います。
◎観光経済部長(滝下宣彦 君)商店街等の活性化につきましては、商店街連盟等からも空き店舗の状況であるとか、いろいろな意味での情報提供は受けているところでございます。市といたしましても、それぞれの事業主さんの強い意思を受けながら、できるだけ補助制度等もさせていただいておりますので、そういった意味での商店街としての補助制度の活用をさらにPRを重ねていく形で進めたいと思っております。
 以上でございます。
◆8番(宮?雅薫 君)我が国の小売業の弱点は、まず、おのれの実態をつかんでいないことであるという言葉もあります。ぜひ現状のデータを把握されるような、予算がないのであれば、そういった知恵を出すような、そんな活動を市の方が中心となって推し進めていただきたいということをお願い申し上げて、1項目めの質問を終わります。
 2項目めの人件費の関係でございます。行政改革に基づく人件費につきましては、当事者である職員の皆さん方は非常に厳しいものであり、大変でございましょうけれども、しかし、現実の状況に合わせて直さなければいけないものは直していただく、行政改革をさらに進めていただくということで、ただいまも市長から各手当、それから退職金のことについてご答弁いただきました。大変な作業であって、職員の皆さんにも痛みを分かち合っていただくような、そんな努力を継続して進めていただきたいということをお願い申し上げまして、私の一般質問を終わりにさせていただきます。
○議長(稲葉正仁 君)以上で8番 宮?雅薫君の一般質問を終わります。
 昼食のため、午後1時15分まで休憩いたします。
                午後 0時11分休憩
               ━━━━━━━━━━━
                午後 1時15分再開
○議長(稲葉正仁 君)休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、21番 楠田一男君の質問を許します。
             〔21番 楠田一男君登壇、拍手〕
◆21番(楠田一男 君)公明党議員団の楠田一男です。ただいまから通告に従い一般質問を行います。
 初めに、広域行政について伺います。
 今日、私たちの日常生活や経済活動はますます広域化し、まち並みも広がりつつあります。同時に価値観も多様化し、それに伴う自治体へのニーズは高度化するばかりであります。このような状況に対して適切に対応するためには、広域的な視点から連携、調整する中で行政を進めていくことが、これまでにも増して必要となるのではないでしょうか。また、国と地方を通じた厳しい財政状況のもとにおいては、各自治体で共通し、重複するような経費は、広域的な対応ででき得る限り節約して効率化を図らなければなりません。市長は施政方針において、伊豆地域における各自治体の連携など広域的な観点も含めて、簡素で効率的な市政運営に取り組むと強い決意を述べられました。市民の皆様も、改めて広域行政の必要性を感じられたことと思います。
 現在、伊豆半島は、一部の東部地域を含めて昭和46年に設置された駿豆地区広域市町村圏協議会と南伊豆地区広域市町村圏協議会で二分されておりますが、駿豆地区の沼津市、三島市、裾野市、伊豆の国市、函南町、清水町、そして長泉町の4市3町では、政令指定都市の実現に向けた東部広域都市づくり研究会を立ち上げ、平成11年より活動を進めております。また、南伊豆地区においては、県の市町村合併推進審議会が知事に対して、下田市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町による1市5町の枠組みが適当と答申したことに伴い、先日来から新たな動きが生じてきております。このような状況の中で、どちらにもくみしていない伊東、熱海、伊豆の3市の動向がますます注目されてまいりました。
 そこで伺いますが、市長が常々言われている伊豆は一つの考え方は今後どのように変化していくとお考えでしょうか。
 また、伊東市としてはどのように対応していかれるのでしょうか、ご所見をお聞かせください。
 次に、本市の小・中学校における施設整備に関して2点伺います。
 1点目は、学校トイレの整備についてであります。
 私は平成12年9月定例会において、伊東市議会として初めてこの問題を取り上げました。その理由は、かねてより保護者や児童・生徒たちより、学校のトイレが汚いと聞いていたからであります。本当にそうだろうかと、学校が連続して休みに入ったゴールデンウイークに総点検を行ったところ、事実、そのとおりでありました。何とかしなければいけないと思った私は、その詳細なデータをもとに、今は亡き鈴木市長と望月教育長に学校トイレの劣悪さを訴えました。その結果、翌年度から小・中学校のトイレ改修事業としてスタートし、15年度まで継続して実施されてきたのであります。しかし、16年度と17年度は見送られたのであります。幸い18年度において事業が復活され、大池小学校のトイレ改修工事が行われる予定となりましたが、まだ多くの学校が残っており、今か今かと待ち望んでいる子供たちがいる限り、一日でも早くきれいなトイレで、気分もすっきりした中で勉強させてあげたいと思うものであります。
 そこで伺いますが、これまでの改修状況と今後の改修計画はどのようになっているのでしょうか、お聞かせください。
 2点目は、学校施設の耐震化についてであります。
 言うまでもなく、学校施設は児童・生徒の学習、生活の場として、豊かな人間性をはぐくむための教育環境として重要な意義を持つものであります。また、災害時には地域の方々の緊急避難場所としての役割をも果たすものであります。学校施設がその機能を十分に発揮するためには、第一に、安全で安心できるものでなければなりません。いかにすばらしい教育活動が試みられようとも、施設に問題があっては十分な教育活動を行うことはできませんし、いざというときのためにも学校は大災害に耐え得る建物でなければなりません。
 そこで伺いますが、本市の学校施設における耐震化状況はいかがでしょうか。
 また、今後の計画についてはどのようになっているのでしょうか、お聞かせください。
 次に、伊東市ホームページの充実について3点伺います。
 1点目は、メールマガジンを発行してはどうかということであります。市長は、施政方針において「3つのK」、すなわち健康、観光、改革を「伊東再生」のキーワードとして強調されました。私も、そう思います。したがって、今後はこの「3つのK」の実現に向け積極的なPRが必要となり、広報の持つ幅広い宣伝力がますます重要となってまいります。しかし、市長を先頭に、「伊東再生」を目指して懸命に頑張っている職員の皆さんの姿が、市民はもとより、内外に対しても正確に伝わらないとしたら、どうでしょうか。確かに本市には広報いとうという月刊広報紙があり、静岡県広報コンクールにおいて、平成16年度まで4年連続の優秀賞、さらに17年度では最優秀賞を受賞したその広報力は認めるものでありますが、今や国民の多くがパソコンを保有するまでになったIT社会において、スピーディーな情報発信を可能にしたメールマガジンを活用してはどうかと提案するものであります。お考えをお聞かせください。
 2点目は、(仮称)「ようこそ市長室へ」を開設して、市長の生の言葉を発信してはどうかということであります。
 いかなる組織であれ、トップがみずから語ることによる波及効果は絶大であり、組織の活性化を図る上で、これにすぐるものはありません。まして地方の時代が告げられて以来、自治体における改革のスピードが想像以上に速まっている今日にあっては、なおさらであり、首長が放つメッセージへの期待はいや増し高まっているのであります。今、市長は何を考え、何をしようとしているのかを市民はもっと知りたいのではないでしょうか。ホームページに市長室が開設されれば、市長の思いをタイムリーに発信できますし、市長と市民の対話も容易にできるものと考えます。それこそ市長の言われる市民の目線に立ったものではないかと歓迎されることは間違いないと思います。お考えをお聞かせください。
 3点目は、キッズサイトを開設して、子供でもわかるような優しい行政情報を伝えたらどうかということであります。
 今や本市においても、少子化現象は切実な問題となってまいりました。伊東のあすを託す子供たちが一騎当千の人材へと育ってほしいとの願いは、学校教育の期待として、これまでにも増して大きくなりつつあります。その一つが、我が国が目指す世界一のIT立国構想であり、学校教育にも大きな影響をもたらしました。学校であれ、自宅であれ、勉強であれ、遊びであれ、日々子供たちが何らかの目的でパソコンと向かい合っているのであります。このような状況を見たとき、伊東市ホームページにキッズサイトがあれば、これまで以上に我がまち伊東への理解が深まり、行く行くは生産年齢層の定着にもつながっていくのではないだろうかと期待すら覚えるものであります。お考えをお聞かせください。
 以上で壇上からの質問を終わります。ご答弁のほどよろしくお願いいたします。(拍手)
               〔市長 佃 弘巳君登壇〕
◎市長(佃弘巳 君)21番 楠田議員にお答えをいたします。
 南伊豆地区1市5町による合併構想が示され、また、駿豆地区4市3町で政令指定都市実現に向けた活動が進むなど、市町村合併や広域行政活動に新たな動きが生じている状況を踏まえ、次の2点について伺うであります。
 まず最初に、伊豆は一つの考え方は今後どのように変化していくと考えるかであります。
 最初に、市町村合併や広域行政活動における伊豆は一つの考え方と本市の対応についてであります。
 県は、平成17年7月に静岡県市町村合併推進審議会を設置し、合併可能な地域について強力に合併を推進する方針であります。この審議会では、人口1万5,000人未満の小規模な町が含まれる地区や、生活圏が一体化している地区などを対象に合併推進構想の策定を進め、本年2月に県知事に対し、新たな市町の組み合わせなどを盛り込んだ答申を行ったところでもあります。この答申では、議員ご指摘のとおり、下田市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町の1市5町の枠組みを初めとする5つの組み合わせが示されておるわけであります。また、その中で、今回、答申枠組みが示されなかった地区については意向調査を実施するなど審議を続け、改めて答申を行うとしております。
 県の総合計画の地域別計画におきましても、これまで東部を伊豆、熱海・伊東、駿東・田方、富士の4つの地域とする区分から、伊豆半島地域と東部地域の2つの地域として、伊豆は一つであるとする方向を示してまいりましたが、今回、3月24日、県の総合計画審議会におきましては、伊豆地域と東部地域の2つにするということで地域計画を発表する段取りになっております。その伊豆地域というのは、熱海・伊東地区、下田・賀茂地区、伊豆の国市、伊豆市ということで区切りをするとなって、ほかのところを東部地域という区切りで、東部を2つに分けて進んでいこう。それと静岡と志太・榛原、浜松地区をしっかりとした位置づけにし、県としては総合計画に基づいた中で伊豆の振興を具体的にしていこうということで、近々、知事の方から発表があるとも聞き及んでおりますし、その総論の中の各論が下田・賀茂地域の合併、また、これから伊東・熱海、伊豆の国市、伊豆市が広域的な連携を深める中で、下田・賀茂との連携をさらに深めていく必要があるとも私は感じております。
 本市におきましても、自治体としての質の向上や体力の強化を図るとともに、観光や健康などを機軸とした広域的な行政の連携を進める中で、伊豆地域全体を見据えた市町村合併のあり方や体制づくりについても今後積極的に検討、また推進をしてまいりたいと考えております。
 次に、学校トイレの改修状況と今後の計画についてであります。
 小・中学校のトイレの状況につきましては、先ほど議員ご指摘のように、施設の一部には悪臭があったり、タイル等が破損しているところもあり、私も昨年の夏休み中に小・中学校15校の学校要望について各施設を回って確認もし、できるものはすぐ実施するように指示を与え、対応もしてきたところであります。その中で学校トイレの改修状況につきましては、平成14年から15年度の2カ年に国庫補助事業もあり、小学校4校、中学校2校の改修を実施してまいりましたが、平成16年度からトイレ改修が国庫補助事業として採択されなくなり、16年、17年度は休止している状況であります。しかし、平成18年度は、大池小学校において悪臭対策などのトイレ改修を市単独事業として実施する計画でありますし、18年度から施設の状況に応じて破損箇所の改善、整備をし、子供たちが使いやすい学校施設の整備に努めてまいります。
 次に、学校施設の耐震化状況と今後の計画についてのご質問であります。
 学校施設の耐震化につきましては、議員ご指摘のとおり、児童・生徒の安全確保の面からだけでなくて、学校には地域住民の避難所としての役割もあることから大変重要な課題であると考えております。これまでも昭和56年以前に建築された建物については耐震診断の必要があることから、小学校では校舎7校、体育館6校、中学校では校舎4校、体育館2校において耐震診断を実施してまいりました。この診断の結果を踏まえ、校舎については必要な補強に努めてまいりましたが、いまだ耐震化されていない施設につきましては、今後、国・県の補助金も視野に入れ、耐震化が図られるように取り組んでまいります。
 次に、伊東市ホームページの充実について以下の3点について伺うでありますが、まず最初に、メールマガジンを発行して、「伊東再生」に頑張っている行政及び観光情報などをPRしてはどうかであります。
 本市のインターネットホームページは市制50周年を記念して立ち上げ、平成19年度には10年を迎えようとしております。議員ご提案のメールマガジンの発行につきましては、隣接する熱海市が、本年度、ホームページのリニューアルを機にメールマガジンの発行を開始しております。メールマガジンのサービスは、これまで主に市民を対象として行ってきた行政サービスの枠を超えるものとして、その利用方法なども含め、注目するところでございます。
 本市では、既に市のホームページ開設に合わせてインターネット市民のコーナーを設けており、インターネット市民の登録をされた方に対し、市の広報を主体としたメールサービスも行っております。このアイデアは現在のメールマガジンのはしりのようなものでもあり、当時としては大変画期的なものとして注目されましたが、近年、インターネットの利用人口が急増する中でメールマガジンという言葉が一般化し、利用されておるのも事実であります。現在稼働していますホームページのシステム機器等が平成19年12月をもってリースアウトすることから、これからメールマガジン導入についても、これに含めて庁内のインターネットホームページ運営委員会に諮り検討を行うこととして、平成19年度末を目途にホームページのリニューアルを実施してまいりたいと考えております。
 次に、(仮称)「ようこそ市長室へ」の開設についてであります。
 私は、施政方針で申し上げましたが、「伊東再生」のための「3つのK」の一つであります行財政改革を実践する上で、改革に対する市民の真の理解と協力を得るためにも、私が実行しようとする改革の内容を市民に対し正しく伝え、理解を得ることが極めて重要であると考えております。そうしたことからも、私の生の言葉で、現在、本市が抱える諸問題、また諸施策の現状など、多くの行政課題を積極的に市民に話しかけ、市政への理解を得られるよう、「ようこそ市長室へ」等の開設により、市民の皆様とともに協働のまちづくりを推進してまいりたいと考えております。
 ご提案いただきました「ようこそ市長室へ」の開設につきましては、静岡県公式ホームページでの「ようこそ知事室へ」や沼津市ホームページの「市長の部屋」などが開設されておりますが、本市にとって、ホームページを活用した、より効果的な市長のメッセージについては、さきのメールマガジンの発行と同様、ホームページのリニューアルにあわせて検討を進めてまいりたいと思います。
 次に、キッズサイトを開設して、子供でもわかるような優しい行政情報を伝えていくことも大切であると考えるが、どうかであります。
 特に近年、行政のホームページに対する利用が定着し、本市のホームページにおいても年間40万件を超えるアクセスがあり、市の広報広聴メディアとしても重要なものになってきております。議員ご提案の子供用サイトにつきましては、県内の先進自治体のホームページでは、キッズページやキッズサイトとして子供向けのホームページサイトを立ち上げており、次代を担う子供たちに、郷土の歴史や文化、政治、経済の様子をわかりやすく説明した子供用ホームページは、インターネットという最新の情報技術と相まって、幼い子供の好奇心や夢を育てるものとして教育的にも大変有意義なものであると考えているところでもあります。
 ご提案のキッズサイト開設につきましては、構築経費やキッズサイトの運用方法等について検討する必要がありますので、庁内のホームページを管理運営する組織に諮り、教育委員会などとも連携しながら検討してまいりたいと考えております。
 以上です。
◆21番(楠田一男 君)ご答弁ありがとうございました。上から順番に第2質問をさせていただきます。
 広域行政につきまして、新しい動きがあるんだよということで、今、市長から大変詳しくお話を伺いました。大変参考になりました。ただ、この広域行政につきましては、現在、2001年から2010年までの第四次広域市町村圏計画の中で、伊東を含めた駿豆地区は、広域行政圏に加盟している住民の皆様方にこのように奉仕をしていくんですよということが書かれているわけでありますけれども、この広域行政について今回私が取り上げましたのは、静岡県としてのいろいろな方策とか知事の方針等が意外と地元の伊東市の皆様方の中に理解が広まっていないというか、わからないというか、そういう部分がややもするとあるような気がいたしましたので、お伺いをさせていただきました。
 石川知事なんですけれども、ことしの年頭の新春会見でこのように申しております。ことしは市町村合併に一区切りつくとした上で、みずから手がけた内政改革研究会提言に盛り込んだ広域連合の活用について具体化を提案し、実行に移していく年だと強調されております。私も大変注目したんですが、具体的に静岡県、それから市町村の税金の徴収を一本化していきたい。そして、その一本化構想を実現していくのには広域行政を推進し、さらに広域連合の活用をしていく以外にないという趣旨のお話でありました。これはどちらかといいますと、現在、合併が東部で進展していないわけでありますけれども、沼津市と三島市を対象にしたお話なのかなと感じましたが、知事のお話をお聞きしておりまして、浜名湖花博を思い出したわけでありますけれども、このときに静岡県は集中投資を行いましたよね。道路整備も万全を期していかれました。
 そして、その次に、東部地区におきますファルマバレー構想をさらに充実させていくためのいわゆるハード面の拡充を、広域連合ができて、あるいは合併の方向に行けば、より一層推進できるのではないかと言われておりますけれども、私もそうなのかなと思います。それで石川知事としては、広域連合は合併を否定するものではなく、合併に向けたてこになるんだという指摘もされておりまして、結論からすれば、合併への期待を表明されたのかなという気がいたします。
 そこでお伺いするわけですけれども、伊東市と姉妹都市提携を結んでいる諏訪市は広域連合が大変に充実しておりまして、多くの成果を上げておりますけれども、今や全国で90近い広域連合があるわけでありますが、先ほどお話がありました伊豆地区において、広域連合という組織が設立する可能性はあるのでしょうか。忌憚のないご意見をお聞かせ願いたいと思います。
◎市長(佃弘巳 君)広域連合というのは目的を持って物を進めていくということで、消防なんかも2002年までに救急のデジタル化もやらなきゃならないという中で、広域的に進めていかなければならない問題が今出てはきております。ですから、今、そこで広域連合という、しっかりした駿豆広域市町村圏の確立をしていくということよりも、連合体で目的を持って、先ほど申し上げましたように、伊豆の位置づけ、そこらが静岡県としてもはっきりしてくる中で、これは伊豆が一つの30万人ぐらいの人口構想になってくると思います。消防のデジタル化なんかも、30万人に一つというようなことも言われてきておりますし、ごみ処理とか病院の関係も、目的を持って近隣の市町としっかりとスクラムを組んで進んでいかなければ、これからはやれないんじゃないかと考えておる中で、伊豆半島の今までの線引きがなかった。
 伊豆地域といって沼津が入ってみたり、外れたりということもありましたので、県におきましても、知事とも話をする中で、下田・賀茂だけが一緒になるということでなくて、伊豆地域というものをはっきり線引きする中で、県の方は伊豆観光ブランド創生事業で17年度から3億円ずつ補助するということになっておりますが、ここによって温度差が物すごくあるわけであります。
 伊豆地域観光推進協議会も一本にしてきておるわけでありますが、そこらによっての線引きをやはりしっかりとしていかなければならないということで、県におきましても、先ほど申し上げました伊豆の国市、熱海から下が伊豆地域ということではっきり線引きをして、残ったところが東部地域の中核市から政令市の確立を目指していこうという方針にこれから県は進んでまいるというふうに私も確信をしておりますし、そういう方向の中で関連産業の結びつきをより多くしていかなければならない。それによって財政のスリム化も図れるというふうにも感じております。
 以上です。
◆21番(楠田一男 君)ありがとうございました。あわせてまたお聞きしたいんですけれども、非常に単純な質問なんです。
 これも、市民の皆様は多分そう思っているんじゃないかなと思うんですけれども、10月10日からいよいよ伊豆ナンバーが導入されてくるわけですが、これから先、市長の言われる伊豆は一つとの考え方に立ったときに、実は伊豆ナンバーのエリアが一つにまとまって新しいまちになるのかねという対話がちまたにありまして、私もよくわからないものですから、今、市長のお話も聞きながら、何となく広域行政、市町村合併があっちへ行ったり、こっちへ行ったりということで、なかなかまとまらない東部と伊豆地域にありまして、伊豆ナンバーと今お話がありました広域連合とはどのように連動していくと思われますか。
◎市長(佃弘巳 君)伊豆ナンバーをつくろうということで運動を始めたのが市町村合併の計画のできる前、広域市町村圏の中で伊豆新世紀創造祭が始まったときに、伊豆を宣伝していくのに伊豆ナンバーが必要ではないかという中でこういう発想が浮かびまして、三島の市長を会長にして、伊豆ナンバー設立ということで国土交通省の方へと働きかけてきた経過が今実ったわけであります。私も伊豆ナンバーができれば、伊豆の線引きができるなということで期待をしていたわけでありますが、もう5年以上の歳月がたって時代の流れが変わってきた中、特に清水町と沼津、長泉、三島、函南の合併で、いろいろな内部の事情がありますが、沼津市がごみ処理の関係、し尿処理の関係を断ったという問題もあって、今、三島、函南、清水町、ここらでひとつ裾野の方へ向けて一緒になっていこうという動きもあるわけであります。
 時代の流れの背景で、今、大変速くなってきておるわけでありますので、そこらを期待していても、またすぐ変わってきてしまうということで、伊豆ナンバーがこの10月からできるわけでありますが、そこらによって、伊豆地域は伊豆地域として広告媒体率は大変高いと思っております。ですから、そこで三島市も伊豆ナンバーをつけるのは当たり前でありますし、清水町の人たちがどういう選択をするかという問題もまだ残ってくるわけでありますが、伊東は伊豆ナンバーができた方がネームバリューは大変強くなってくるなということで、市町村合併と伊豆ナンバーというものは、今、うまく合体ができなくなるおそれがあるなとは感じております。
◆21番(楠田一男 君)今の伊豆ナンバーにあわせて、これも純粋な質問というか、聞いてくれと言われたわけでありますけれども、伊豆ナンバーが10月10日から導入されるに伴いまして、三島市がすべての公用車を切りかえられる。大変だなと思うんですけれども、三島は会長のところですが、いよいよ伊豆ナンバーができる、長年の念願であった。じゃ、10月10日を一つのめどにして伊東市はどうするんだというお話もあるわけでして、そのお答えもいただければありがたいなと思いますけれども、いかがでしょうか。
◎総務部長(原崇 君)お答えいたします。
 先日の新聞では、三島市の方ではすべての公用車を一斉に伊豆ナンバーに切りかえると、こんな記事が載っていたわけでございますが、伊東市におきましては、伊豆ナンバーに一斉に変えるということになりますと相当な経費もかかることになります。大変厳しい財政状況の中で運用しておりますので、車を交換するとき、新しく車両を入れるときに伊豆ナンバーにしていきたい、現在こんな考えでいるところでございます。
 以上でございます。
◆21番(楠田一男 君)多分そういうお答えが来るのかなと思いましたけれども、市長も県議のときから頑張っていただいて、伊豆ナンバーを何とか早く広告塔にということで、東部の方が伊豆ナンバーがいっぱい走りまして、本当の伊豆の伊東に来たら沼津だったと。これは国民の皆様の中に話題として出るのかなという気もしているわけですけれども、私は私の車を早く変えようと努力します。市民の皆様にもまずアピールしていただいて、できるだけ早く伊豆ナンバーに切りかえて、伊東は伊豆の中核なんだという意気込みを示す必要があるのかなと思います。
 ここの項目の最後にずばりお聞きしますけれども、この広域行政、あるいは広域連合の行く着く先はやはり合併だと思われますでしょうか。
◎市長(佃弘巳 君)私は、これから合併をしていかないと、小さい市は国からの三位一体改革の中でやれなくなってくる可能性が強いと思っております。
◆21番(楠田一男 君)よくわかりました。私も市長のお考えを一つのベースとしながら、今後の伊豆全体のあり方を考えてまいりたいなと思います。ありがとうございました。
 次に、学校トイレの問題でございます。先ほど私は壇上で前市長と前教育長のお話をしましたけれども、きょう自宅を出る前に鈴木前市長と望月前教育長のことを思い浮かべまして祈りをささげてきたわけでありますが、思い起こしますと、もう5年たちました。5年前、私はまだ議員になりたてでございまして、大変失礼な質問もしたような記憶があるわけでありますけれども、当時、確かに国庫補助があったからできたという部分もあるかもしれませんが、この学校トイレにつきましては、ともかく私ども親の立場、あるいは大人の立場で子供たちに、幾ら財政が厳しくても何とか推進してあげたいと思うのは市長も教育長も同じお考えだと思うんです。
 ちょうどこのころなんですけれども、平成13年、伊東市が学校トイレに取り組んだときに、実は東京の杉並区も同じ事業がスタートしておりました。この区長さんはご自分のホームページをお持ちなんですけれども、その中に、私自身、実はぐっとくる日記がありまして、このように区長さんは書かれておりました。
 1999年12月の日記なんですけれども、「11月13日、『杉並を美しくする会』主催の学校トイレ清掃に参加しました。今回の『会場』は区立西宮中学校のトイレで、参加者は、区内の会社経営者を中心としたメンバーの方々、西宮中PTAのお父さん、お母さん、そして校長先生や教育委員会の方々約三〇名。
 ところが、この会の掃除のし方は、『たかがトイレ掃除、されどトイレ掃除』で生半可じゃない。徹底的だ。カバーまではずして蛍光灯や換気扇をピカピカにし、壁のタイルをきれいにした後、各自一つずつの便器を受けもち、ナイロンたわしと雑巾で奥の方まで手を突っ込み、こびりついた尿石を落とし『磨き上げる』。
 一つの便器に四〇分。最初、その臭いと汚れに少し腰が引けていた参加者も、時とともに、顔を便器に近づけ、汗びっしょり。約二時間の作業が終わる頃には、『自分の』便器が妙にいとおしく、不思議な爽快感と充実感が残りました。何か自分の心が、少し清々となった感じ。
 『それが、掃除に学ぶということ』と代表者の言葉。面白いものだと思いました。――この後なんですね――区内の小中学校のトイレは、いつしか週一回の業者委託になっています。しかし、教育のあり方として、親の姿勢として、本当にこれでよいのでしょうか。私は、親も子供も先生も一体となって、『トイレが日本一きれいな学校』を、杉並に一つずつふやしていきたいと思いました」、こういう内容であります。
 その後、この区長さんの思いは学校トイレ、施設改善へとつながりまして、日本一とまではいってないようでありますけれども、ともかく杉並の小・中学校のトイレはきれいになったそうであります。
 そこで、これは教育長にお伺いしたいんですけれども、以前、私も福祉文教委員会に所属しておりまして、学校のトイレを子供たちがみずから掃除することも教育の一環ではないでしょうかと申し上げました。どうでしょうか。その後、月日もたっているわけでありますけれども、この杉並の区長さんのお考えもあわせて考えたときに、自分たちの学校のトイレを子供たちが何もしないで業者委託にして、もちろん税がそこに投入されるわけであります。と同時に、教育的に見ても決して感心できるものではないと私も考えますが、いま一度、教育長のお考えをお聞かせください。
◎教育長(佐藤悠 君)お答えします。
 トイレをきれいにするということは、しつけの面からも、また心の教育という面からも、杉並の実践を待つまでもなく、大事なことだととらえているところでございます。また、そのしつけは、あいさつその他、整理整とんを含め、いわゆる基盤は家庭教育にあるという認識も、もちろん、これは皆さんも同様であろうと考えるところでございます。
 現在の伊東市の現状は、週2回、業者に委託してやっているところが現状でございますが、中学校の場合につきましては、例えば保健委員会が養護教諭と共同でトイレをきれいにすることとか、トイレに植物や花を飾るとか、そういうことをやっているほか、小学校では、特に実践はありませんが、先般の善行賞の表彰の中でも、トイレのスリッパをきれいにそろえるということをクラス、あるいは学校の一部だと思うんですが、そういったことをやって表彰されているということで、トイレについての配慮というもの、あるいは大事にしなければいけないということは浸透しつつあると受けとめているところでございます。
 現状といたしまして、課題としては、これは私自身も現場でお世話になったころから言いますと、私もトイレ掃除について子供たちと一緒にやったという経緯があるわけですが、先ほど議員さんがおっしゃったとおり、いつしか業者委託ということで変わっていったわけです。現在、その課題について、現場の方からも、そういうことについての働きかけを幾つかしましたところ、このようなものが上がってまいりました。
 衛生面や薬品を使う危険性もあると同時にO−157の問題があったということで、その辺、学校としても指導について大変配慮しなければいけないと。同時に保護者の考え方も視野に置きながらということで、それが前提になっているわけでございますが、学校の教師はもちろんのこと、親御さん、子供たちが一緒になって、トイレは大事だということで取り組むように私自身も意識しておりますし、協議をする中でそういう働きかけが進められていくことを期待しているところです。
 なお、世界のホンダの本田宗一郎さんは、トイレは一番大事なところで、会社の中央に置くべきだというところについては私自身も大変同感というか、共感するところでございます。そういった意味合いで、トイレの大事さというものについて一層認識して教育に当たりたい、かように考えているところです。
 以上です。
◆21番(楠田一男 君)ありがとうございました。いずれにいたしましても、トイレに限らず、学校そのものを大事にしていく。当たり前のことなんですけれども、私どもが育った戦後から半世紀たちまして、時代がどんどん変われば変わるほど、その子供たち、大人の中に物をきれいにする、物を大事にするという最も大切な部分で当たり前のことが忘れ去られようとしております。どうか教育の現場で教育長のお考えを浸透させていただければと思います。
 次に、学校の耐震化であります。静岡県はさすがだなと思いました。全国でトップですよね。耐震化診断の順位では、2年連続第1位。耐震化率の順位におきましても、神奈川に次いで第2位。これは文部科学省が毎年発表しているものですけれども、東海地震、あるいは神奈川県は南海沖地震、そういうふうに神奈川県、静岡県が目の前に地震が来るんだ、来るんだと言われているからかもしれませんけれども、このように進捗が図られていることに関しましては、改めてよかったなと思います。愛知県、岐阜県、いわゆる東海地方の中でも群を抜いて進捗されているわけですけれども、静岡県の耐震化率が1位、2位という状況にある中で、伊東の小・中学校は県下ではどのぐらいのところにランクされているのかなということをお聞きしたいと思います。おわかりになりますでしょうか。
◎教育長(佐藤悠 君)お答えします。
 小・中学校の耐震化の状況でございますが、耐震化率は、平成17年の4月1日現在でございますが、市町村の合計では77.5%。先ほどお話になりましたけれども、大変高い。そういう中で、では、伊東市はとなりますと、小・中学校の耐震化率は82.0%という状況になっております。上の方から順番に何番目ということについては、今、24市中13位という状況だとご報告申し上げます。
 以上です。
◆21番(楠田一男 君)ありがとうございました。ちょうど真ん中ぐらいに位置されていると。私はこの数字を聞いて、別段どうのこうのというわけじゃないんですけれども、要は先ほど申し上げましたように、学校がこれまで以上に市民の皆様方から期待されている建物だと。地震だけじゃありませんよ。総合的に少子高齢化で、学校の施設が使われていく頻度がますます高まりつつあるという中で、大変かと思いますけれども、安全という観点から耐震化率をさらに伸ばしていただけるご努力をお願いしたいと思います。これはお願いをしておきます。
 次に、メールマガジンであります。メールマガジンが日本の国に出始めたというか、この言葉が出てきたのは1996年ごろと言われているそうであります。私も知りませんでした。ちょうど1996年というのは、私は仕事上でパソコンを始めた時期なんですけれども、このメルマガということ自体もよくわかりませんでした。
 私が議員になって初めてメールマガジンを知って購読したのが、手前みそなんですけれども、公明党のメールマガジンでありました。2000年11月4日に公明党はメールマガジンを発行しまして、現在、日本で最大手のまぐまぐ!ですか、そういうサイトの中で断トツの第1位で殿堂入りをしたようでありますけれども、この公明党のメールマガジンを拝見しているうちに、今度、小泉さんが小泉内閣のメールマガジンを発行しました。そして、それが引き金になりまして、近年、国の省庁ではほとんどというか、100%近くメールマガジンを発行するようになりまして、静岡県も2000年の5月には発行しております。
 先ほど市長からお話がありました、熱海市がリニューアルに伴ってメールマガジンを発行したわけでありますけれども、私も、張り合っているわけじゃありませんが、隣は何を考えているんだろうと、やはり知りたい部分でございまして、第1号から購読しておりますけれども、中身が大変濃いので一度ごらんいただきたいと思いますが、「熱海湯めまち便り」、それから「メルマガあたみ」「消防・防災情報」の3つのメールマガジンを発行しておりまして、次から次へと来るわけであります。これは静岡県では富士市と全く同じレベルにあるようであります。このメールマガジンの効力というんでしょうか、最近では簡単に日記ができるブログが非常に脚光を浴びておりますけれども、ブログはどちらかというと受け身なのかなと思いますが、メールマガジンは攻めのサービスと言われているわけであります。
 それで伊東市は何でないのかなと思っておったら、実はあったんですね。これは関連サイトなんですけれども、伊東競輪であります。既にメールマガジン「HOT BANK CLUB」を発行しております。私も競輪はよくわからないので、最後までよく見ないんですけれども、それでもメールマガジンをとらせていただいております。参考までにお聞きしたいと思います。この伊東競輪の「HOT BANK CLUB」のメールマガジンがこれまでどれだけ登録されたのでしょうか。
 それから、伊東のホームページは歴史があるわけですけれども、先ほど市長も言われましたインターネット市民にはどれぐらいの方が登録されているのでしょうか。おわかりになりましたら教えてください。
◎観光経済部参事(土屋章一 君)お答えさせていただきます。
 伊東温泉競輪のメールマガジンは、現在534人登録されております。
 以上でございます。
◎企画部長(杉山雅男 君)もう一つ、インターネット市民の登録者数でございますが、431件でございます。
 以上でございます。
◆21番(楠田一男 君)ありがとうございました。これを参考にさせていただきますけれども、「HOT BANK CLUB」、それからインターネット市民も、伊東市がメールマガジンを発行したときには一つの大きなターゲットになっていくだろうと思います。ただ、メールマガジンは、相手が購読しますよと言ってくれなければならないわけでありますけれども、これについてはメールマガジンを開設した時点のホームページ上のPR、あるいは広報いとう等のPRが大事になるのかなと感じます。できれば一日も早くと申し上げたいんですけれども、システム上、大変困難であるというお話をお伺いしておりますので、システムが変わるまでに、あと一、二年かかるんでしょうかね。時期的に大変残念ではありますけれども、ともあれ、つくり上げていっていただきたいと思います。
 それから、この伊東市のホームページなんですけれども、ほかの自治体はほとんど外部委託ですよ。ですから、プロがつくっておりますので、それなりのものがインターネットで流れてくるわけでありますけれども、本市の場合には職員の皆様が手づくりでやられているということを考えますと大変ご苦労されているのかなと常々思っておりました。しかし、市民、あるいは国民の皆様は、要するに伊東市のホームページにアクセスしたときに、伊東市は職員の皆さんがつくっているからこうなんだよねというふうには理解できないわけであります。やっぱりほかと比べてしまうわけであります。そういう意味で、リニューアルの際にはやはり使い勝手のよい、できれば、どこにも負けないぐらいの意気込みでリニューアルをしていただきたいなと申し上げておきたいと思います。
 それから、「ようこそ市長室へ」でありますけれども、市長も大変お忙しいお体なわけですが、その合間を縫いながら、ぜひ発信をしていただきたいと思います。ちなみに静岡県では23市あるわけですけれども、これはきのう現在なんですが、「市長の部屋」、あるいは「ようこそ市長室へ」を開設している自治体は熱海市を含めて14市あります。市長のあいさつだけを掲載しているのが伊豆市など6市です。どちらもしていないのが本市と湖西市と伊豆の国市の3市だけなんです。
 ここで私は申し上げますけれども、「ようこそ市長室へ」を開設するまでの間、市長のごあいさつ、いわゆる市長のメッセージを今の伊東市のホームページに掲載することは可能なはずなんです。ぜひ情報管理課、あるいは秘書広報課と一緒になって考えていただいて、どうか佃市長のメッセージを伊東市のホームページに載せていただけませんでしょうか。いかがでしょうか、お聞きしておきます。
◎市長(佃弘巳 君)どのような載せ方をしようかということで1週間ぐらい前に秘書広報課長と相談をしており、議会の合間を見ながらまた相談をしていこうということで話し合いをしている経過があります。
◆21番(楠田一男 君)メッセージだけですよ。「ようこそ市長室へ」そのものを開設するのは時間がかかると思いますけれども、ぜひメッセージを載せていただきたいと思います。どこにもないですよね。市長が平成18年度予算の所信表明をされました。それすら載ってないじゃないですか。やはり載せるべきです。鈴木前市長のときには載っていたわけですから、ぜひ載せてください。よろしくお願いいたします。
 それから、最後、キッズサイトです。私は、このキッズサイトをよく見るんです。特に沼津市ですね。小学生向け、それから中学生向け。そして、沼津市は静岡県ではただ1市、高齢者のページまでつくっています。伊東市の行政をしていく上でも大人が見て大変参考になるわけです。NHKの「週刊こどもニュース」ですか、隠れた人気番組でありますけれども、全く同じように効果があるキッズサイトであります。このキッズサイトにつきましては、教育委員会、大変かと思いますけれども、ぜひよろしくお願いしたいと思います。
 今、この時点で、もしわかったらお聞きしたいんですけれども、先ほど市長も、教育的にも大変有意義なものなんだとおっしゃったわけであります。もしこのキッズサイトを教育委員会でつくるとしましたら、どんなものをと考えていらっしゃいますでしょうか。最後にお聞きします。
◎教育委員会事務局教育次長(川添光義 君)教育委員会では、児童・生徒に配っているものに「私たちの郷土伊東」というものがあります。それには伊東の歴史や市政、市議会の仕組みなども書いてありますので、そういうものを生かして電算担当の部局と連携しながらつくり上げていきたいと考えております。
 以上です。
◆21番(楠田一男 君)ありがとうございました。これで私のすべての質問を終わります。ご答弁に感謝いたします。ありがとうございました。(拍手)
○議長(稲葉正仁 君)以上で21番 楠田一男君の一般質問を終わります。
 10分間ほど休憩いたします。
                午後 2時16分休憩
               ━━━━━━━━━━━
                午後 2時26分再開
○議長(稲葉正仁 君)休憩前に引き続き、会議を開きます。
 次に、12番 浅田良弘君の質問を許します。
             〔12番 浅田良弘君登壇、拍手〕
◆12番(浅田良弘 君)初めに、自己管理が悪く、ちょっと体調が悪いという部分がございまして、幾らか皆様方に聞きづらい点を及ぼすかと思いますが、どうぞご了承ください。また、今までの質問に重複する部分があるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 会派新風の浅田良弘です。人間と環境とは切っても切れないもの。私たちは地球の環境の中で生きています。大地と水、土、生物が編み目のようにつながり、それぞれの地域で環境を形成しております。また、私たちは人間という生物として、ほかの生物とともにこの地球上で生きており、お互い命を持つ存在として尊重し合い、共存しております。そして、地球上のさまざまなものや資源を利用し、その資源の恵みを持って生活しております。すなわち物や資源は有効利用しなければならないのです。このことは、私たちが環境を介して将来の世代ともつながっているからです。私たちの子や孫が祖先と同じように、この地球上の環境の中で生き、その恵みで生活していくからです。これからも世代世代で環境を守り、維持可能な社会をつくり上げていかなくてはなりません。
 では、維持可能な社会をつくり上げるには何をしたらよいのでしょうか。それは過去に学び、今に学び、未来からの宿題に取り組まなければならないのです。佃市長の言葉を引用すれば、「伊東再生」は未来に宿題を残さないという意味かと解釈します。
 以上のことより、通告に従い一般質問を行います。
 平成18年度当初予算案の概要が明らかになりました。伊東市総合計画第八次基本計画の柱に沿い、幾つか質問を行います。
 1点目の質問です。南伊東地区における特定交通安全施設等整備事業として行うあんしん歩行エリア整備計画に伴う市道下方海立線の安全対策についてお伺いいたします。
 施政方針、快適なまちづくり事業について、交通安全事業統合補助にかかわる本市道路の改築、あんしん歩行エリア整備計画にある南伊東地区は地形的に交差点がとても見通しが悪く、交通安全上、課題が山積しております。また、この地区では平成11年、12年、13年と、全国的にも交通事故、人身事故が多く、県の交通事故の平均水準をも上回っておりました。本市においても、南伊東地区では、この当該年度中、現在に至るまで32件の交通事故が起きています。このたびの質問は、本事業、あんしん歩行エリア内に属する市道下方海立線の安全対策についてです。
 市道下方海立線は、平成13年3月より市民病院開業後、車両の往来が増加しております。そして、縦断勾配で直角に曲がりくねる箇所もあり、歩行者にとっては大変危険な区域です。また、本道路は門野中や旭小学校の通学路に指定されております。さらに、市道宮川桜ヶ丘線から市道下方海立線への抜け道で車道が狭く、しかも上り口付近では海立方面からの下り車両が路肩に膨らみ、危険な箇所でもあります。
 そこで、市民及び近隣住民の安全を確保する観点より、外側線の設置及び道路反射鏡の据えつけによる安全対策が必要と考えます。市民及び近隣住民の安心、安全を守るためにも、南伊東地区における特定交通安全施設等整備事業として行うあんしん歩行エリア整備計画に伴う市道下方海立線の安全対策が必要と思われますが、市長の見解をよろしくお願いいたします。
 次に、男女共同参画時代を背景にした子育ての充実、また乳幼児期における質の高い保育及び幼児教育を進める観点から、幼保の一体的な取り組みに向けた本市の考え方をお伺いいたします。
 平成11年6月23日、男女共同参画社会基本法が施行され、7年目を迎えようとしております。男女共同参画社会基本法の理念は、男女の人権の尊重や社会における制度または慣行についての配慮等、5本の柱で成り立っており、このことにより女性の社会進出が注目を浴びてきました。しかし、その反面、職場優先の意識や仕事と家庭の両立を阻害する固定的な性別・役割分担意識が依存し、根強く残っています。また、一方では経済の長引く不況により、生活不安や子育て不安が生じていることも事実ではないでしょうか。そこで、男女がともに働き、安心して子供を預ける施設の環境整備が肝要かと思います。
 では、なぜ幼保の一体的な取り組みが必要なのか。実は幼保一元化は最近始まった動きではなく、その始まりは1960年にさかのぼります。多くは、少子化で幼稚園や保育園が単独での運営が成り立たなくなってきた過疎地域における取り組みで、その最大のねらいはスケールメリットを追求した合理化でありました。しかし、ここでいう一体的な取り組みはスケールメリットの追求ではありません。質の高い乳幼児教育です。つまり各専門的分野のプロとプロとがその能力を最大限に生かすことにより、質の高い乳幼児教育の向上が図れるものと考えます。保育士と幼稚園教諭が個々の特質を生かすことにより先生方の意識改革も図れ、きめの細かい教育が期待されます。また、(仮称)「認定こども園」の新法案の全容も明らかになりました。佃市長も答弁で、時代背景に伴うことなら柔軟な対応で考えると言及されております。
 そこで2点目の質問です。男女共同参画時代を背景にした子育ての充実、また乳幼児期における質の高い保育及び幼児教育を進める観点から、幼保の一体的な取り組みに向けた本市の考え方をお伺いします。
 3点目です。伊東市子どもの居場所づくり事業について、以下2点をお伺いいたします。
 1つ目は、伊東市子どもの居場所づくり事業内容についての周知・啓発方法についてであります。
 かつて地域社会においては、自然環境や遊び場など、子供同士、親同士、また子供と大人といったさまざまな人間関係をはぐくむ場所があり、地域固有の伝統や文化がその場に備わっておりました。しかし、今日の子供たちの行き場はどうでしょうか。ゲームセンターやカラオケボックスといった、犯罪や危険に遭遇しやすい場所に出向くケースが多々あります。かつて子供たちが楽しく過ごし、郷土の文化など学べる場を提供するためにも、地域の大人の協力を得て、その地域に根差した多様な体験や交流活動が不可欠であると考えます。本市においても、平成16年から文科省の緊急施策として3カ年で実施している地域子ども教室推進事業の一環として伊東市子ども居場所づくり事業があります。活動内容もさまざまで、体験活動を通じ子供の視野を広げるにも有効なものばかりです。しかし、活動そのものが子供たちに伝わりにくく、一定の子供にしか周知されない現状があります。
 そこで、伊東市子どもの居場所づくり事業内容について、どのように周知し、また啓発方法についてお伺いいたします。
 次に、同事業への参加状況をお尋ねいたします。
 さきに述べましたように、子どもの居場所づくり事業には時期的な限定活動もあるかと思います。この2年間を通じ、どの活動に、また、どれだけの参加者があったか、同事業の参加状況をお伺いいたします。
 では、4点目の質問です。中学校における部活動への支援策について、中体連及び中文連のみの補助を行う現行の支援体制を見直す考えはないかお伺いいたします。
 さて、部活動と教育課程とのかかわりですが、児童・生徒の興味や関心に基づき希望者のみ参加する体育的、文化的な活動は、昭和44年以前はクラブ活動に位置づけられていました。しかし、クラブ活動はこの年の学習指導要領の改訂で、小学校第4学年以上のすべての児童・生徒が週1時間履修することになりました。これに伴い、生徒が自主的に参加する放課後等の活動を部活動と称しました。
 現在、部活動の存続が危ぶまれております。それは、部活動も以前と違い、平成14年度から教育活動として、学校側が生徒に対し部活動入部に強要ができなくなったからです。同時に、PTAとして部活動費を保護者から納付ができなくなったこともあります。平成12年度の伊東市PTA連絡協議会会長会の中でも中学校の部活動存続のための議論はしましたが、結局のところ答えが出ず、単Pの役員会で検討することにゆだねる結論となりました。そして、今、市内5中学では、部活動にかかわる保護者の負担が膨らみ、遠征させることすらままならない状況です。本市からも支援として中体連及び中文連への補助をしていただいておりますが、県大会、全国大会への遠征費はほぼ保護者負担です。心も体も大きく成長する青年期、部活動を通じ培った技術や体験、またチームワークがもたらす協調性をはぐくむためにも、県大会や全国大会への遠征費にかかわる補助を唱えるものです。
 そこで、中学校における部活動の支援策について、中体連及び中文連のみの補助を行う現行の支援体制を見直す考えはないかお伺いいたします。
 以上で壇上からの質問を終わらせていただきます。(拍手)
               〔市長 佃 弘巳君登壇〕
◎市長(佃弘巳 君)12番 浅田議員にお答えをいたします。
 まず、南伊東地区における特定交通安全施設等整備事業として行うあんしん歩行エリア整備計画に伴う市道下方海立線の安全対策についてであります。
 南伊東地区は、東西に延びた主要地方道伊東修善寺線と平行する2本の市道が街路の軸となっております。これらの道路に交差する形で市道が南北に結び、付近には小学校、幼稚園、保育園や伊東競輪場等の集客施設もある中で交通量も大変多くなってきておりますし、出会い頭の事故も多発している地区であるということで、私も県議のときから、地元の今は亡き久保田議員、また区長さんや道路管理者である市、県、警察によるあんしん歩行エリアの指定に向けてぜひ努力していただきたいという大変強い要望をいただいた中で、まずは和泉橋の改良を先に進めるべきであるということで、和泉橋の改良整備の国の補助金の採択をいただいた中で、和泉橋改良が終わると同時に、交差点改良や歩道の整備を行うことを目的にした特定交通安全施設等整備事業が平成15年7月15日に国の補助金2分の1を受けて採択されたわけであります。この事業は3億8,000万円の予算を投じて、県が2億2,000万円、市事業分が1億6,000万円の総事業費で進めてまいるわけであります。
 その中で質問の市道下方海立線は、市道松原鎌田線を起点として県道主要地方道伊東修善寺線へ抜ける全長925mの生活道路であり、本路線は変則的なカーブが多く、一部幅員も狭くバス路線でもあり、利用される方に不便を来していることは承知をしているところでもあります。今後の整備方針としましては、狭隘部分の路肩に区画線を設置するなど、関係機関と協議を進めていきたいと考えております。
 次に、男女共同参画時代を背景にした子育ての充実、また、乳幼児期における質の高い保育及び幼児教育を進める観点から、幼保の一体的な取り組みに向けた本市の考え方についてであります。
 幼保の一体的な取り組みにつきましては、さきの代表質問でもお答えしましたが、今後の取り組みにつきましては、国の動向や本市の幼稚園と保育所の整備状況を踏まえ、それぞれの施設の設置目的や機能などの特性を生かした連携を模索し、展開していく方策の検討が必要であると考えております。その一例として、幼稚園での預かり保育や延長保育の実施に際し、保育所からの保育士の派遣や保育所での3歳児以上の児童に対する幼稚園教諭の派遣など、幼稚園と保育所との人的交流と連携などを図っていくことも考えられます。また、教育・保育の内容については、子供の視点に立った子供の最善の利益を第一に考え、就学前の子供に適切な幼児教育や保育の機会を提供するため、幼稚園教育要領及び保育所保育指針を踏まえたカリキュラムに基づく運営が必要となってくると考えております。
 次の3点目と4点目の質問においては教育の具体的内容に関することでありますので、教育長の方から答弁をさせます。
 以上です。
              〔教育長 佐? 悠君登壇〕
◎教育長(佐藤悠 君)次に、伊東市子どもの居場所づくり事業についてのうち、(1)事業内容の周知・啓発方法について、(2)同事業への参加状況についてでございます。
 本事業は、平成16年度から文部科学省の緊急施策として3カ年で実施している地域子ども教室推進事業の一環として行っているものでございます。本市においては、市内のコミュニティセンター、生涯学習センターのほか、小学校の体育館、NPO法人の施設等を子供の活動拠点として、放課後や週末の一定時間、子供たちがスポーツや文化活動などのさまざまな体験活動を行うものでございます。各事業内容の周知・啓発につきましては、各団体から市内の各小・中学校を通して全児童、全生徒に募集チラシを配布するほか、広報いとうでも7カ月連続して取り上げてまいりました。
 次に、同事業への参加状況についてでございます。
 平成17年度は6カ所の居場所づくり事業を行いましたが、全体では437人の申込者があり、この申込者は、本人の意思で他の居場所づくり事業にも重複して参加することができるようになっております。事業期間は、各居場所づくり事業とも平成17年4月から18年2月までとしていますが、6カ所の居場所づくり事業で合計56のメニュー、374回の講座を組み、延べ6,860人が受講し、大変好評と聞き及んでいるところでございます。平成18年度につきましても、本事業を実施し多くの参加者を募ってまいりたい、かように考えているところでございます。
 最後に、中学校における部活動への支援策について、中体連及び中文連のみの補助を行う現行の支援体制を見直す考えはないかについてでございます。
 市では、新年度も中学校体育連合会と中学校文化連盟会を支援してまいります。中学校体育連合会、いわゆる中体連への補助金は、大会当日等の試合で使う用具類の購入に充てられるほか、生徒の遠征費を補助することに使われており、中学校文化連盟会、いわゆる中文連につきましては、吹奏楽部の各種大会への派遣費用、美術展出品に係る経費などに充てられております。
 以上のような補助金のほか、部活動への支援策として成果を上げているものにスポーツエキスパート活用事業がございます。これは、地域社会との連携を深めた運動部活動の推進を図り、運動技術の向上や部活動の活性化を図る目的で行われており、大会でも大きな成果を得ております。部活動は、中学生の心身の発達を促し、自己実現を目指す教育を推進する上で意義あるものでございますので、補助金支出にとどまらず、今後、スポーツエキスパート活用事業を、専門的な技能指導を要する、例えば吹奏楽など文化系の部活動にも広げて支援してまいりたい、かように考えているところでございます。
 以上でございます。
◆12番(浅田良弘 君)どうもありがとうございます。それでは、通告どおり第2質問をさせていただきたいと思います。
 まず、1番目の南伊東地区における特定交通安全施設等整備事業として行うあんしん歩行エリア整備についてです。市長のご答弁の中に、外側線をつけながら安全対策を考えていくということで、ここの市道下方宮川線というのはとても勾配が激しいところで、また、車幅もとても狭いところでございます。本当に歩行者が行き来するのに大変な、途中、上の方は歩道がある部分もあり、また、その上の部分、ちょうど出入り口の修善寺街道に行く部分は歩道がなく、そこもとても危険な場所であるという経緯がございまして、何かあってからでは遅過ぎるので、早目にご検討いただき、安全対策をしていただきたいと思います。
 ちょっとここで質問させてもらいたいんですが、このあんしん歩行エリアについて、これからいろいろな事業を展開していくわけなんですが、図面がちっちゃくて整備箇所が見えにくい。2カ所だけ、大きくて見える場所があるんですけど、これは広野保育園の前が1カ所と、もう1カ所、これはセブン−イレブンの前あたりということですよね。予定の段階でしょうから、それ以外に図面にちっちゃく記された、平成19年度、あるいは20年から施工するという箇所がわかれば教えていただきたいなと思います。
◎建設部長(臼井美樹夫 君)まず、あんしん歩行エリア事業につきましては、道路管理者である市、県、警察それぞれが130haのエリアを指定いたしまして、いろいろな事業ができるという話の中で、とりあえず伊東市といたしましては、広野1号線につきましては180mにわたりまして歩車共存道路整備事業といいまして、車道の両側に外側線を設けまして、歩行者が優先的に安全で歩ける道路にしていきたいということで、当面、18年度は広野1号線と南桜ヶ丘2号線の2路線について整備を進めます。また、県は伊東修善寺線につきまして、歩道の整備をハンディホームセンター伊東店に向かってずっと連続してやっていくと。
 それから、この中で何路線か道路がございまして、19年、20年続けて、伊東市としましては歩車共存道路整備や、今のところ、そのほかに宮川1号線だとか芹田大原線の交差点の改良事業で交差点の食い違いになっている部分の整備についてはかなり事業費がかかりますので、まだ実際に設計もできておりませんけれども、一応そちらの整備を進めてまいりたい、そのように考えております。
 以上です。
◆12番(浅田良弘 君)ありがとうございます。特に交通安全対策にかかわる工事が主だと思うんですが、例えば先ほど部長がおっしゃった交差点の改良というのは主にどういう改良をなさるか、ちょっとそれをお聞かせいただきたいと思います。
◎建設部長(臼井美樹夫 君)まず、交差点につきましては、現在、例えば市道と市道が交差している部分で直角になっていないとか、それぞれ道路の幅員が違って食い違いみたいな交差点になっているとかなんですけれども、先ほど申しましたホテルニュー岡部の手前のところで一部大変食い違っている危険な交差点がございます。今、そこと、それから和泉橋の工事をやっておりますが、和泉橋から南伊東駅側に向けた交差点部分も形態が悪くなっておりますので、線形の直しだとか、歩道の整備だとか、その辺は考えております。
 以上です。
◆12番(浅田良弘 君)ありがとうございます。一日も早いご検討をしていただき、安全対策を実施していただきたいと思います。よろしくお願いします。
 それでは、2点目の方に移りたいと思います。こちらの質問なんですが、代表質問の中で杉山議員、鳥居議員が扱ってくださって、私は幼保一元化における質の高い教育というものを考えているということです。
 まず、この幼保一元化については、(仮称)「認定こども園」で4つのタイプの選択機能がある中で、もし本市で実施するのであれば、4つのタイプの中からどのタイプの幼保一元化対策がとれるか、ちょっとそれをお伺いしたいと思います。
◎保健福祉部長(村上雅啓 君)お答えいたします。
 「認定こども園」の仕組みの中の4つのタイプで、伊東市の場合はどういう形のものが対応できるかというお尋ねだと思いますけれども、伊東市の場合、幼稚園、保育園の施設整備が非常にさまざまな形をとっておりますので、この4つの形態の中で含めて考えるということにつきましては、直ちにこの方式がよいという結論は出てこないと考えております。たまたま改築時期が同じ地域であれば合築型の形態もとれるかと思いますけれども、現状の中ではすぐ結論が出ないと考えております。
◆12番(浅田良弘 君)ありがとうございました。市長も時代の背景とともに柔軟な対応をしていくというお答えもある中で、こういう話があります。池の幼稚園で3歳児保育を始めましたね。今、現状は学区がなくて入れるような状態です。が、しかし、幼稚園になるときには、結局、学区内じゃないと富戸幼稚園には通えないということで、中には大変心配をしているお母さんがいらっしゃいまして、そこら辺の事情をちょっと詳しくお聞かせいただければと思います。
◎教育長(佐藤悠 君)池の来年度の3歳児保育については、いろいろな地域からの流入等を認めまして、現在、3歳児保育の20人定員を考えているところですが、その20人をちょうど満たしたという状況でございます。この池地域につきましては、人数的にも十分でない中、本年度初めての3歳児保育については、いろいろなところでよいとすると、いろいろなところに広がって膨らんだり、あるいはへこんだりするというところがございました。従来、いわゆる幼稚園としての通園区域といいますか、幼稚園は幼稚園なりの通学距離がありますので、そういった意味で、その範囲の中での一次募集をし、例えば定員が満たなくてもスタートしていたという状況はございます。
 本年度は3歳児保育の先生方の集まりの中でも、時代の変化に即応したということで、二次募集については定員の満たないところがありますので、一次で抽せん等に漏れた方はどの幼稚園に入ってもよろしいですよということでご案内させていただいたという経緯がございます。したがって、現在、八幡野幼稚園は、18年度、まだ3歳児保育を開始しておりませんので、そういった意味で池への希望が入った。なお、池は八幡野幼稚園だけじゃなくて、いろいろなところから希望が若干名ずつ、それぞれ見えたということで、従来は3歳児数名といいますか、10名を割っていたが、現在、そういう形で変化してきているという状況でございます。
◆12番(浅田良弘 君)そういうことを聞いているわけじゃなくて、たとえ池に入ったとしても、結局、3歳児が終わると、次の年は自分のお住まいになっている学区に戻らなくてはいけないということですか。
◎教育長(佐藤悠 君)原則的に元へ戻ることになるかどうかについては、人数の関係がございますので、その辺についての検討等はこれからということでございます。特に必ず戻らなければいけないとか、そういうような状況というのは、これはまだ今の段階で決定しておりませんし、協議してまいりたいと考えておりますが、弾力的にとらえたいと考えているところです。
 以上です。
◆12番(浅田良弘 君)ごめんなさい、ちょっと飛んじゃいますけれども、伊東市の保育園の方で、今、待機児童って、どのぐらいいらっしゃいますか。
◎保健福祉部長(村上雅啓 君)お答えいたします。
 18年度に向けて、現在、入所決定をしているところですけれども、最終的な数字はまだ出ておりませんが、この4月に向けてですけれども、20人から30人ぐらい入れない状況になっています。実際に入所決定の時点では、80人ぐらいの方が希望に沿えなかったという状況があるんですけれども、前にもちょっとお答えした部分でもありますが、保育園の入所について理解がされていない部分がありまして、必ずしも保育園でならなければならない方が希望しているということがありまして、実際、待機児という範疇で考えますと20人前後じゃないかなと思っております。
◆12番(浅田良弘 君)こういうことがありました。結局、もともと保育園が第一希望なんだけど、もしそこに入れなかった場合を考えて親御さんは、3歳児以上なんですけど、募集のときに両方応募するという形で、保育園からの返答が遅く、そして幼稚園からはまだかまだかということで、とても悩んでいるといいましょうか、困るような状況があるということを聞いているんですが、そこら辺、何か改善できるようなことがあればお聞かせいただきたいと思います。
◎保健福祉部長(村上雅啓 君)ただいまのお尋ねの部分なんですけれども、基本的に幼稚園で入園ができるような状況のお子様であれば、もともと保育園に入所できる状況ではないということになりますので、その辺、保護者の方の理解が、先ほど申しましたように、保育園に希望されているんですけれども、本来、保育園に入所する資格というか、条件に合わない方であると考えていただければよろしいかと思います。
◆12番(浅田良弘 君)それは十分わかっています。そうじゃなくて、結局、入所、あるいは入園のずれが生ずるわけじゃないですか。それがうまく合わないのかなと。そこの部分でちょっと……。それはいいです、わかりました。
 それは十分理解しておりまして、先ほど幼保一元化に向けた方向で検討していただきたいと。もし幼保一元化になった場合、職員の数の削減という方向では進んでもらいたくないんです。これは希望なんですけれども、要するに幼稚園の教諭と保育士の別々な資質、能力をうまく使いながら子供の育つ段階の子育てに幼児教育を導入してもらいたい。実際に伊東市はまだ幼保の一元化に全然手がつかない状況で、今後、検討段階に入ると思いますが、今回は、次回、実現化が可能になったころの布石を置くという意味でご理解していただければいいと思います。
 それでは、次の質問に行きたいと思います。伊東市子どもの居場所づくり事業ということで、これも多くのすばらしい事業を展開しております。そこで、実際にこういう話がありまして、いろいろな活動に行きたいんだけど、活動場所になかなか行けないお子さんがいらっしゃる。いわゆる、まだ小学校低学年ぐらいですか。そこで活動している場所まで送っていくというんですか、そういう配慮が実際にできるものかどうか。ちょっとそこら辺お聞かせください。
◎教育長(佐藤悠 君)お答えします。
 地域子ども教室推進事業につきましては、ちなみに数字を確かめましたら、伊東市内の小学生の子供たち約12%が所属しております。その中で活動していると。なおかつ延べ人数にしますと、伊東市の子供たちは年間1.数回活動しているという計算になります。それに加えて中学生が約18名でしょうか。例えば大田楽の中に入っているとか、あるいは対島中の子供たちが絵本の教室の方へ入っているとか、幼稚園の子供も15名ぐらい入っているという形になっておりますが、特に小学生が主体になっているというところでございます。
 こちらの事業につきましても、文科省の方から、実行委員会をつくりまして、その枠の中でそれぞれの配分といいますか、事業の見通しを組みながらやっているところで、限られた予算の中で、保険は1人500円で必ず入るように自己負担でお願いしているところですが、それ以外のことについては各実行委員会の中で協議するということで、送迎のことについてまで聞き及んでおりません。
 以上でございます。
◆12番(浅田良弘 君)私的には、本当にすばらしい事業で、実際、ここの現場に行きたい、こういうことをやりたいという子供がいると思うんです。そういった子供たちに対して、一覧表がある中で、やりたいんだけど、行けないという子供の切ない思いをかなえてあげられるような方法も、こういった事業を展開する中で必要なのかなという思いもするんです。ですので、いろいろな団体に寄附金、補助金を渡して、そのまま、じゃ、これでやってくれじゃなくて、やるからには子供たちの意向があるんだということで、一言つけ加えた中でこういった事業の参加、そして選定をしていただきたいなと思います。
 実は子どもの居場所じゃないんですけれども、手前みそな形で申しわけないんですが、小学校区における地域推進協議会という中で、実際、旭小学校地区のところでさまざまな行事及び活動を通じて青少年の育成を図るということで、お盆のときに盆踊りをやっておりまして、この中で中学校のボランティアを募っているわけですね。
 実際、中学校のボランティアの中には、学区は門野中なんですが、宇佐美中とか北中の子もまじっておりまして、中学生ですから、やりたいと言ったら自分の足で行くんですが、ボランティアをやってくださるお子さんに弟さんがいらっしゃいまして、お姉ちゃんがそういったボランティア活動をしているところに行きたいんだと。でも、実際に親御さんがその時間帯に仕事がございまして、お姉ちゃんも自分の仕事があるから弟さんを連れていけなくて、そこら辺で心が大変苦しみます。
 ボランティアで来てくださるということですので、遊びに来るわけじゃないので、送迎は我々大人がしっかりやるんですよ。そこら辺で、やっぱりそういった送迎の仕方もぜひ今後検討の一つに入れていただければ幸いかなと思っております。
 この事業は、結局、平成18年度までで、それ以降に何か新しい動き、これに似たような事業があるかどうか。あればお願いします。
◎教育長(佐藤悠 君)現在のところ、まだ聞き及んでおりません。平成18年度までの3カ年と聞き及んでいるところでございます。
 以上です。
◆12番(浅田良弘 君)子どもの居場所、本当に大変だと思うんです。この間、テレビで、大阪の駅前ですか。中学校1年生や3年生の女の子が夜の町を徘回しているという現状を放送していました。行き着くところは親が悪いのかなという部分もあります。家にいてもつまらないし、親が相談に乗ってくれないような現状もありますので、ぜひ地域の大人、我々が、そういった子供を一人でも少なくするために何らかの方法で手が打てればいいなと感じておりますので、よろしくお願いします。
 それでは、4点目、最後の質問です。中学校における部活動への支援ということで、大変明確なご答弁ありがとうございました。そこで、何しろ部活の中で一番困っているのが遠征費を含めて遠征のときなんですよ。今、各中学校では、余りこういう言葉を使わないと思うんですが、部活動に入部するんじゃなくて、学校側の強制力がなくなった。我々はその当時、役員をやっているときに部活動の自由化という言葉で表現しておりました。その中で、先ほどの第1質問にあったように、結局、今までPTA会費を集める中で部活動の運営費も集めていたと。しかし、これがなかなかできなくなったということが現実です。
 というのは、結局、部活動に入ってないお子さんの親がそういった部活動の費用を出すのがちょっとおかしいという意見もございまして、その中で、今、伊東市内の部活が幾つかあるんですが、実際に後援会が存在しているのが宇佐美中学校と対島中と門野中です。(発言する者あり)南中にもあるということで、きのう確認をとったところ、なかったということで、済みません。その中で、北中がことし、子供さんの人数が少なくなったせいか、男子バレー部がなくなってしまったという経緯がございまして、支援をしていただくという観点から、こういうお願いがございます。今、西小学校の方で、中学に上がったときに部活動に入りたいということで、ミニバスケットとかミニバレーというようなことで活動をなさっていると。その活動している子供たちが中学に上がったらバスケットとかバレーをやると。実際に北中あたりはバレー部がなくなってしまって行き場がなくなったことが生じました。
 そこで、本年度の市P連の会員交流委員会の中で、これから少子化が進むと、ほとんどそうなると思うんですけど、個人戦は別にしまして、結局、チーム戦で公式試合に出られないということが多々出てくると思うんですね。そこで学校間の隔たりをなくして、例えば北中の子が門野中に部活動だけやりに行けるようなことってできるかどうか、ちょっとそこをお聞かせいただきたいなと思います。
◎教育長(佐藤悠 君)お答えします。
 部活動の本来の趣旨は、先ほど答弁の中にもありましたが、教育部活であります。教育的な配慮から部活動を行うという視点でありますが、現在、当方で把握しているところでは、やはり少子化、あるいは先生の数もどんどん減っているということで、指導の方でも非常に苦慮していると。そういうことを把握しているところでございますが、ご質問のほかの学校の部活動について参加していいかどうかということについては、伊東市全体の部活の大きな課題ととらえております。
 そういった意味で、今後、協議を願うということには私自身も全く同感でございまして、中体連等については相当前から、いろいろな学校の混成チームでも、団体戦ならば中体連出場可能であると。ただ、個人戦の柔道、剣道、空手、卓球、水泳とか、ああいったものについては残念ながら混成チームは認めない、個人で出ていただきたいという規定になっておりますので、今後の課題並びにそれは通学区域の問題等も絡んでいると理解しているところでございます。
 以上です。
◆12番(浅田良弘 君)本当、そんなような状況が学校によってどんどんできると思うんですね。ちなみにこれは教育委員会の出してくれた資料なんですが、ちょうど学校創立時と今と比べると、学校によって違うんですが、部活の数がほとんど半分減ってしまったという現状があります。やはりスポーツは人生の縮図と私は考えますので、青年期における体力向上、あるいは、いろいろな技術の発育の意味でご支援をいただきたいなと思っております。
 ちょっと戻りますが、例えば遠征に行くに際して、ほとんど土日ですよね。学校があるときは公式試合がございません。市で所有しているマイクロバス等を借りるということは実際にできるかどうか。そこら辺を教えていただきたいと思います。
◎総務部長(原崇 君)車両の管理を総務部でやっておりますので、私の方からお答えをさせていただきます。
 中学校の部活の遠征の際に市有のマイクロバス使用ができるかということのご質問でございます。市が所有しておりますマイクロバスは公務を遂行するための車両でございます。したがいまして、基本的に公務以外での使用というのは認めていないというのが現状でございます。ご質問の部活動ということになりますと、これは学校教育の一環として進めていくものでございますので、マイクロバスの使用ということになりますと、現状では難しいと考えているところでございます。
 以上でございます。
◆12番(浅田良弘 君)では、例えばこういうことをクリアすれば何とかなるだろうというのがあればお願いします。
◎総務部長(原崇 君)お答えいたします。
 例えばの話でございます。公務以外に使用を認めるということになりますと、中学校の部活動以外に、例えば老人会ですとか、町内会ですとか、こういった使用をどこまで認めるかという線をどういうふうに定めるかという問題がございます。それから、マイクロバスの使用料ですとか燃料費の問題、こういったものも出てきます。運転をするのに当然大型免許が必要になりますので、運転手の問題も生じてまいります。それから、万が一ということでございますが、その車両を使って交通事故が起きた場合の責任はどこが持つのか、その補償はどうするのか、こういったさまざまな問題が出てまいります。この辺の問題をクリアしていかないと、市の公用車をお貸しするのはなかなか難しいのかなと考えております。
 以上でございます。
◆12番(浅田良弘 君)ありがとうございました。なかなか難しいところはよくわかっているんですが、どんどん子供たちが減る中で、今の子供たちを我々が守っていかなければいけないんだという責任感を持っていただいた上でいろいろなことを検討していただきたいなと思います。
 ちょうど4分前ですので、切りのいいところで、以上で質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
○議長(稲葉正仁 君)以上で12番 浅田良弘君の一般質問を終わります。
 これにて一般質問を終結いたします。
               ━━━━━━━━━━━
○議長(稲葉正仁 君)以上で本日の日程全部を終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。お疲れさまでした。
                午後 3時25分散会