議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 富士宮市

平成21年  6月 定例会(第2回) 06月23日−議案質疑−02号




平成21年  6月 定例会(第2回) − 06月23日−議案質疑−02号









平成21年  6月 定例会(第2回)





                    平 成 21 年

                 富士宮市議会6月定例会会議録

                     第 2 号

                 平成21年6月23日(火曜日)
                                       
1 議事日程(第2号)
              平成21年6月23日(火)午前9時00分 開議
  日程第1 議第50号 富士宮市火入れに関する条例の一部を改正する条例制定について   
  日程第2 議第51号 富士宮市火葬場条例の一部を改正する条例制定について       
  日程第3 議第52号 財産の取得について                       
  日程第4 議第53号 市道路線の廃止について                     
  日程第5 議第54号 市道路線の認定について                     
                                       
2 本日の会議に付した事件
  議事日程(第2号)に同じ
                                       
3 出席議員(22名)
      1番  渡 辺 佳 正 議員       2番  若 林 志津子 議員
      3番  望 月 芳 将 議員       4番  稲 葉 晃 司 議員
      5番  深 澤 竜 介 議員       6番  吉 野 友 勝 議員
      7番  佐 野 清 明 議員       8番  佐 野 寿 夫 議員
      9番  横 山 紘一郎 議員      10番  渡 辺 喜代美 議員
     11番  佐 藤 長 助 議員      12番  遠 藤 英 明 議員
     13番  村 瀬   旬 議員      14番  山 口 源 蔵 議員
     15番  諸 星 孝 子 議員      16番  朝 日   昇 議員
     17番  渡 辺   登 議員      18番  吉 田 晴 幸 議員
     19番  朝比奈 貞 郎 議員      20番  日 原 貞 二 議員
     21番  望 月 光 雄 議員      22番  手 島 皓 二 議員
                                       
4 事務局職員出席者(7名)
  事 務 局 長  石 川 豊 久 君    事 務 次 長  渡 井 照 彦 君

  主  幹  兼  塩 川 貴 洋 君    主  幹  兼  斉 藤 俊 彦 君
  議 事 係 長               庶務調査係長

  主    幹  富 永 市 三 君    主    査  高 橋 衣 里 君
  書  記  補  松 嶋 英 明 君
                                       
5 説明のための出席者(66名)
  市    長  小 室 直 義 君    副  市  長  太 田 精 一 君
  総 務 部 長  平 石 英 明 君    企 画 部 長  芦 澤 英 治 君
  財 政 部 長  小 室 忠 雄 君    環境経済部長  遠 藤 二 郎 君

  保健福祉部長  田 中 嘉 彦 君    都市整備部長  角 入 一 典 君
  兼 福 祉事務
  所    長

  水 道 部 長  小 松 政 廣 君    行 政 職 員  佐 野 裕 克 君

  市 立 病 院  広 瀬 辰 造 君    行 政 課 長  石 川 善 裕 君
  事 務 部 長

  人 事 課 長  小 林   登 君    防災生活課長  秋 山 和 彦 君

  くらしの相談  渡 辺 孝 秀 君    市 民 課 長  赤 池 ふみ子 君
  課    長

  北山出張所長  赤 池 和 人 君    上野出張所長  志 邨 末 男 君

  上  井  出  指 田 晴 通 君    白糸出張所長  渡 辺   寛 君
  出 張 所 長

  工事検査課長  佐 野   光 君    企画経営課長  望 月   斉 君
  秘書広報課長  村 上 雅 洋 君    情報政策課長  高 橋 正 行 君

  フードバレー  山 口 眞理子 君    財 政 課 長  田 畑 孝 城 君
  推 進 室 長

  収 納 課 長  佐 野 清 晴 君    市 民 税課長  石 井   治 君
  資 産 税課長  渡 井 一 成 君    農 政 課 長  堀 江 裕 之 君
  商工観光課長  芦 澤   正 君    環境森林課長  遠 藤 敬 悟 君

  生活環境課長  西 島 謙 悟 君    子ども統括監  乙 部 浩 子 君
                       兼 福 祉企画
                       課    長

  介護障害支援  深 澤 照 洋 君    福祉総合相談  佐 野 晃 崇 君
  課    長               課    長

  子 ど も未来  小 林 秀 実 君    保険年金課長  佐 野 計 公 君
  課    長

  健康増進課長  中 川 礼以子 君    管 理 課 長  矢 崎 正 文 君
  道路河川課長  村 松   久 君    都市計画課長  平 石 博 一 君
  都市整備課長  小 沢 政 基 君    土地対策課長  遠 藤 正 泰 君
  建築指導課長  赤 池 三七夫 君    住宅営繕課長  漆 畑 晴 男 君
  水道業務課長  佐 野 秀 治 君    水道工務課長  渡 井   實 君
  下 水 道課長  根 上 政 志 君    市 立 病 院  花 倉 渉 淳 君
                       病院管理課長

  市 立 病 院  望 月 和 秀 君    会計管理者兼  石 川 昌 之 君
  医 事 課 長               出 納 室 長

  教  育  長  佐 野 敬 祥 君    教 育 次 長  赤 池   学 君
  教育総務課長  佐 野 勝 幸 君    学校教育課長  若 林 直 巳 君

  学 校 教育課  芝 切 弘 孝 君    教育文化課長  渡 井 一 信 君
  参    事

  教 育 文化課  赤 池 雄 次 君    スポーツ振興  石 田 秀 明 君
  参    事               課    長

  学 校 給 食  後 藤 寿 一 君    中央図書館長  岩 崎 良 一 君
  センター所長

  西  富  士  深 澤 順 一 君    監 査 委 員  遠 藤 哲 夫 君
  図 書 館 長               事 務 局 長

  選挙管理委員  石 川 善 裕 君    農 業 委員会  堀 江 裕 之 君
  会 事 務局長               事 務 局 長




                                       

                                     午前9時00分開議



○議長(吉田晴幸議員) 皆さん、おはようございます。大変御苦労さまです。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                       



△日程第1 議第50号 富士宮市火入れに関する条例の一部を改正する条例制定について



△日程第2 議第51号 富士宮市火葬場条例の一部を改正する条例制定について



△日程第3 議第52号 財産の取得について



△日程第4 議第53号 市道路線の廃止について



△日程第5 議第54号 市道路線の認定について



○議長(吉田晴幸議員) これより日程に基づき、日程第1 議第50号富士宮市火入れに関する条例の一部を改正する条例制定についてから日程第5 議第54号市道路線の認定についてまで、5件を一括議題とします。

 ただいま議題となりました一括5議案については、去る6月19日の本会議において市長から提案理由の説明を受けていますので、これより質疑に入ります。

 まず、日程第1 議第50号富士宮市火入れに関する条例の一部を改正する条例制定について質疑を許します。御質疑ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終了します。

 次に、日程第2 議第51号富士宮市火葬場条例の一部を改正する条例制定について質疑を許します。御質疑ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終了します。

 次に、日程第3 議第52号財産の取得について質疑を許します。御質疑ありませんか。5番。



◆5番(深澤竜介議員) これは予算審査特別委員会のときも質問させていただいたのですけれども、毎年2台、しかも15年たったところで順次ということなのですけれども、現場の消防団の方、現場で本当に使っている方から果たして、まだまだ十分使えるのになという声をよく聞き、耳にするわけです。これを毎年行っていく必要があるのかどうなのか。個々の使用状況とか、そういうのを見て入れかえということはできないのかということが1点。

 それと、この廃車にした部分といいますか、その行き先というか、その後の車両はどのように使われているのか、その2点をお聞きします。



○議長(吉田晴幸議員) 警防課長。



◎警防課長(小倉辰彦君) それでは、更新の時期の決め方、これについてお答えします。従前はおよそ15年をめどにしておりましたが、近年CD―?という性能のいい消防車が行き渡りました。これとまた近年の経済状況、このようなことを考慮しまして、おおむね17年から18年、これで最近は更新しております。

 なお、この18年という時期にありましては、部品の調達、修理などをした場合時間が長くかかる、このようなことも考慮しておるのと、あと富士宮市に35台の消防車があります。これを2台ずつ更新していっても、そのくらいのサイクルで更新が回ってくる。また、近年叫ばれております公害によるNOXの条例、これが静岡県近辺の県でもかなり採用されてきて、静岡県で採用された場合には1遍の更新がまた必要になる、このようなことも考えられることから、2台ずつサイクルをつくって更新しております。

 続きまして、廃車の行き先についてお答えさせていただきます。以前は廃車については廃車手数料というものを取られて廃車したわけですが、近年車の買い取りの業者が増えまして、その辺を検討して調査したところ、消防車を買い取る業者があるということで、昨年度においては4社ありまして、そこから見積もりをとりまして、1台21万5,020円ですか、このような値段で2台を売却しております。

 以上であります。



○議長(吉田晴幸議員) 5番。



◆5番(深澤竜介議員) わかりました。その経過のほうについては、そういう考え方ということで十分わかりました。

 それで、廃車した後は、結局それは解体されていろいろ鉄くずとか、そういうことで部品がそれぞれ処分されるのか、それともどこかで何かで使われるのか。行き先はどうなるのでしょうか。



○議長(吉田晴幸議員) 警防課長。



◎警防課長(小倉辰彦君) 買い取り業者のところにその辺も問い合わせたところ、部品取りが主な使用でありまして、中には走行を余り目的としない農業土木などのところでしばらくの間使うために購入するところもあると聞いております。

 以上です。



○議長(吉田晴幸議員) 11番。



◆11番(佐藤長助議員) 関連して二、三伺います。

 1つは、いつも思うことですけれども、市内には消防車が進入できないような狭隘道路を抱えている市街化区域があるわけですけれども、その辺に対する消防車のコンパクト化とか何か進んでいるようですけれども、その辺の対策を見込んで消防車を選んでいるのかということが1つ。

 それから、消防車を地元、例えば1分団にしましょう。新車が行くわけですが、その分団で装備をいろいろ、例えば無線とかその他、この新車を買うことによって地元の負担というのはついて回るとかと聞いております。実際にあるようですけれども、その辺のところはどうなっているのか。

 その2点ちょっと教えてください。



○議長(吉田晴幸議員) 警防課長。



◎警防課長(小倉辰彦君) まず、狭隘道路の件についてお答えさせていただきます。確かに富士宮市にも行きどまりになって、または消防車の入れない道路がかなりあります。そういうところの対策としまして、消防車にC1という可搬、手で持ち運びできるポンプ、これを全車両に配備しまして、車の入れないような川とかに部署できます。そこからホースを引きまして、また中継等を使いまして、道路の狭いところでも防御をするようにC1装備、また訓練等で補っております。

 続きまして、いわゆる各消防団で設備している附帯設備ですか、こういうものについてお答えします。今まで附帯設備の一番主なものとしては無線機、これを各分団で載せているという事情がありました。昔からの事情で、おのおのの分団が徐々に入れてきたという経緯で各分団で載せていましたが、この無線設備というものも情報手段として普及したこと、また重要な手段であるということから、今年度買う車両からはこちらの常備の一般会計のほうで登載するということで考え、徐々に各分団の出費を減らす方向で考えております。

 以上です。



○議長(吉田晴幸議員) 11番。



◆11番(佐藤長助議員) 今現在消防団の希望者が減少していて、消防団員の不足で、継続が非常に厳しい状況にある中で、各分団ともそういうところまで神経を回されるのではたまらないよという気持ちもあると思うのです。ぜひ今お答えいただいたように、新車を入れるならば入れるで、完璧にいろんな備品も装備して、そして地元の分団の負担にはならないような、そんな御配慮をぜひお願いします。希望です。



○議長(吉田晴幸議員) 4番。



◆4番(稲葉晃司議員) 5番議員さんの質疑に関連することなのですが、こちらのジーエムいちはら工業株式会社のほうでポンプ車を自分たちで組んでつくっているというふうに伺っておるのです。車体自体はエルフとかのメーカーのものを使っているはずなのですけれども、要は17年、18年で交換するといっても、実走の走行距離というのは1万キロどころか2,000キロにも満たない状態でやっているのではないのかなというのが現状だと思うのです。要は、緊急車両ですから、ポンプがしっかり動くかどうかというのは確かに大事なものですから、その車体自体は使えるものですから、その車体を持っていって、ポンプだけ載せかえで幾らとかということは検討されたのかどうか、その1点確認したいです。



○議長(吉田晴幸議員) 警防課長。



◎警防課長(小倉辰彦君) ポンプメーカーでシャシーを購入して、骨組みの段階からつくるというのが一般的なことになっております。そういう関係もありまして、また20年近く使うと既に古い車両はなくなってしまう。部品が調達できない。また、性能的にも、今の公害の問題ではありませんが、上がってきている。そういうことも考慮して、各自治体、また当市もそうですが、消防車、ポンプの載せかえとか、そういうことは一応検討はしておりません。

 また、走行距離ですが、今回の車両にありましては21分団が2万637キロ、22分団が1万4,351キロであります。

 以上であります。



○議長(吉田晴幸議員) 他にありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終了します。

 次に、日程第4 議第53号市道路線の廃止について質疑を許します。御質疑ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終了します。

 次に、日程第5 議第54号市道路線の認定について質疑を許します。御質疑ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終了します。

 以上で議第50号から議第54号まで、一括5件に対する質疑を終了しましたが、この際、質疑漏れがありましたら、これを許します。御質疑ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御質疑なしと認めます。以上で議第50号から議第54号まで、一括5件に対する質疑を終結します。

 お諮りします。ただいま議題となっております議第50号から議第54号まで、一括5件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御異議なしと認めます。よって、議第50号から議第54号まで、一括5件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略することに決定をしました。

 これより議第50号に対する討論に入ります。討論ありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 討論なしと認めます。よって、討論を終結します。

 次に、議第51号に対する討論に入ります。討論ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 討論なしと認めます。よって、討論を終結します。

 次に、議第52号に対する討論に入ります。討論ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 討論なしと認めます。よって、討論を終結します。

 次に、議第53号に対する討論に入ります。討論ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 討論なしと認めます。よって、討論を終結します。

 次に、議第54号に対する討論に入ります。討論ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 討論なしと認めます。よって、討論を終結します。

 これより議第50号富士宮市火入れに関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決します。

 議第50号は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御異議なしと認めます。よって、議第50号富士宮市火入れに関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議第51号富士宮市火葬場条例の一部を改正する条例制定についてを採決します。

 議第51号は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御異議なしと認めます。よって、議第51号富士宮市火葬場条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議第52号財産の取得についてを採決します。

 議第52号は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御異議なしと認めます。よって、議第52号財産の取得については、原案のとおり可決されました。

 次に、議第53号市道路線の廃止についてを採決します。

 議第53号は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御異議なしと認めます。よって、議第53号市道路線の廃止については、原案のとおり可決されました。

 次に、議第54号市道路線の認定についてを採決します。

 議第54号は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(吉田晴幸議員) 御異議なしと認めます。よって、議第54号市道路線の認定については、原案のとおり可決されました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 明6月24日は午前9時から本会議を開き、一般質問を行いますので、よろしくお願いします。

 本日はこれにて散会します。大変御苦労さまでした。

                                     午前9時15分散会