議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 富士宮市

平成21年  2月 定例会(第1回) 02月19日−議案上程、説明、質疑−01号




平成21年  2月 定例会(第1回) − 02月19日−議案上程、説明、質疑−01号









平成21年  2月 定例会(第1回)





                    平 成 21 年

                 富士宮市議会2月定例会会議録

                     第 1 号

                 平成21年2月19日(木曜日)
                                       
1 議事日程(第1号)
              平成21年2月19日(木)午前9時00分 開会
  日程第1 会議録署名議員の指名について                        
  日程第2 会期の決定について                             
  日程第3 陳情第1号 国籍法改正に関する意見書の提出を求める陳情書          
  日程第4 報第 1号 損害賠償の額の決定及び和解の専決処分報告について        
  日程第5 報第 2号 損害賠償の額の決定及び和解の専決処分報告について        
  日程第6 報第 3号 富士宮市土地開発公社の平成21年度事業計画の報告について    
  日程第7 報第 4号 財団法人富士宮市振興公社の平成21年度事業計画の報告について  
  日程第8 議第 1号 富士宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について   
  日程第9 議第 2号 富士宮市介護保険条例の一部を改正する条例制定について      
  日程第10 議第 3号 富士宮市立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定につい
             て                               
  日程第11 議第 4号 富士宮市水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について    
  日程第12 議第 5号 富士宮市国民健康保険条例及び富士宮市重症心身障害児童扶養手当に関
             する条例の一部を改正する条例制定について            
  日程第13 議第 6号 富士宮市小学校教育施設整備基金条例の一部を改正する条例制定につい
             て                               
  日程第14 議第 7号 富士宮市個人情報保護条例の一部を改正する条例制定について    
  日程第15 議第 8号 富士宮市部設置条例の一部を改正する条例制定について       
  日程第16 議第 9号 富士宮市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例制定に
             ついて                             
  日程第17 議第10号 富士宮市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する
             条例制定について                        
  日程第18 議第11号 岳南広域都市計画浅間町地区計画建築基準条例制定について     
  日程第19 議第12号 富士宮市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例制定について     
  日程第20 議第13号 富士宮市一般職の任期付職員の採用等に関する条例制定について   
  日程第21 議第14号 富士宮市職員の自己啓発等休業に関する条例制定について      
  日程第22 議第15号 富士宮市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例制定について  
  日程第23 議第16号 富士宮市・芝川町合併協議会の設置に関する協議について      
  日程第24 議第17号 静岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少に関
             する協議について                        
  日程第25 議第18号 静岡地方税滞納整理機構を組織する地方公共団体の数の減少に関する協
             議について                           
  日程第26 議第19号 指定金融機関の指定について                   
  日程第27 議第20号 市道路線の廃止について                     
  日程第28 議第21号 市道路線の認定について                     
  日程第29 議第22号 平成20年度富士宮市一般会計補正予算(第4号)         
  日程第30 議第23号 平成20年度富士宮市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号) 
  日程第31 議第24号 平成20年度富士宮市老人保健特別会計補正予算(第1号)     
  日程第32 議第25号 平成20年度富士宮市下水道事業特別会計補正予算(第3号)    
  日程第33 議第26号 平成20年度富士宮市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)   
  日程第34 議第27号 平成20年度富士宮市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第3号)
  日程第35 議第28号 平成20年度富士宮市病院事業会計補正予算(第2号)       
  日程第36 諮第 1号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて     
  日程第37 諮第 2号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて     
  日程第38 選第 1号 監査委員選任に関し同意を求めることについて           
  日程第39 選第 2号 教育委員会の委員任命に関し同意を求めることについて       
                                       
2 本日の会議に付した事件
  議事日程(第1号)に同じ
                                       
3 出席議員(22名)
      1番  渡 辺 佳 正 議員       2番  若 林 志津子 議員
      3番  望 月 芳 将 議員       4番  稲 葉 晃 司 議員
      5番  深 澤 竜 介 議員       6番  吉 野 友 勝 議員
      7番  佐 野 清 明 議員       8番  佐 野 寿 夫 議員
      9番  横 山 紘一郎 議員      10番  渡 辺 喜代美 議員
     11番  佐 藤 長 助 議員      12番  遠 藤 英 明 議員
     13番  村 瀬   旬 議員      14番  山 口 源 蔵 議員
     15番  諸 星 孝 子 議員      16番  朝 日   昇 議員
     17番  渡 辺   登 議員      18番  吉 田 晴 幸 議員
     19番  朝比奈 貞 郎 議員      20番  日 原 貞 二 議員
     21番  望 月 光 雄 議員      22番  手 島 皓 二 議員
                                       
4 事務局職員出席者(7名)
  事 務 局 長  望 月 秀 志 君    事 務 次 長  石 川 豊 久 君

  主  幹  兼  塩 川 貴 洋 君    主  幹  兼  斉 藤 俊 彦 君
  議 事 係 長               庶務調査係長

  主    幹  深 沢 裕 彦 君    主    査  高 橋 衣 里 君
  書  記  補  松 嶋 英 明 君
                                       
5 説明のための出席者(64名)
  市    長  小 室 直 義 君    副  市  長  太 田 精 一 君
  総 務 部 長  平 石 英 明 君    企 画 部 長  芦 澤 英 治 君
  財 政 部 長  小 室 忠 雄 君    環境経済部長  遠 藤 二 郎 君

  保健福祉部長  佐 野 恒 夫 君    都市整備部長  角 入 一 典 君
  兼 福 祉事務
  所    長

  水 道 部 長  遠 藤 牧 男 君    総合調整室長  深 澤 好 幸 君

  行 政 職 員  佐 野 裕 克 君    市 立 病 院  広 瀬 辰 造 君
                       事 務 部長兼
                       情報システム
                       室    長

  行 政 課 長  小 松 政 廣 君    人 事 課 長  小 林   登 君

  防災生活課長  秋 山 和 彦 君    くらしの相談  渡 辺 孝 秀 君
                       課    長

  市 民 課 長  赤 池 ふみ子 君    北山出張所長  石 川 芳 範 君

  上野出張所長  志 邨 末 男 君    上  井  出  土 橋 一 雄 君
                       出 張 所 長

  白糸出張所長  渡 辺   寛 君    工事検査課長  佐 野   光 君
  企画経営課長  望 月   斉 君    秘書広報課長  佐 藤 俊 治 君
  情報政策課長  高 橋 正 行 君    財 政 課 長  田 畑 孝 城 君
  収 納 課 長  佐 野 清 晴 君    市 民 税課長  石 井   治 君
  資 産 税課長  渡 井 一 成 君    農 政 課 長  石 川 善 裕 君
  商工観光課長  芦 澤   正 君    環境森林課長  遠 藤 敬 悟 君

  生活環境課長  西 島 謙 悟 君    子ども統括監  田 中 嘉 彦 君
                       兼 福 祉企画
                       課    長

  介護障害支援  深 澤 照 洋 君    福祉総合相談  佐 野 晃 崇 君
  課    長               課    長

  子 ど も未来  小 林 秀 実 君    保険年金課長  佐 野 計 公 君
  課    長

  健康増進課長  中 川 礼以子 君    管 理 課 長  脇 本 俊 雄 君
  道路河川課長  関   芳 裕 君    都市計画課長  平 石 博 一 君
  土地対策課長  遠 藤 正 泰 君    建築指導課長  佐 野   猛 君
  住宅営繕課長  漆 畑 晴 男 君    水道業務課長  佐 野 秀 治 君
  水道工務課長  渡 井   實 君    下 水 道課長  遠 藤 充 重 君

  市 立 病 院  花 倉 渉 淳 君    市 立 病 院  望 月 和 秀 君
  庶 務 課 長               医 事 課 長

  会計管理者兼  石 川 昌 之 君    教  育  長  佐 野 敬 祥 君
  出 納 室 長

  教 育 次 長  赤 池   学 君    教育総務課長  佐 野 勝 幸 君
  学校教育課長  若 林 直 巳 君    教育文化課長  渡 井 一 信 君

  教 育 文化課  深 澤 順 一 君    スポーツ振興  中 野 達 男 君
  参    事               課    長

  学 校 給 食  佐久間 吉 博 君    中央図書館長  岩 崎 良 一 君
  センター所長

  西  富  士  篠 木 賢 造 君    監 査 委 員  遠 藤 哲 夫 君
  図 書 館 長               事 務 局 長

  選挙管理委員  小 松 政 廣 君    農 業 委員会  石 川 善 裕 君
  会 事 務局長               事 務 局 長




                                     午前9時00分開会



○議長(朝日昇議員) 皆さん、おはようございます。大変御苦労さまです。

 ただいまから平成21年富士宮市議会2月定例会を開会します。

 平成21年富士宮市議会2月定例会を開会するに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本定例会は、平成21年度予算を初め市民に直結した重要な議案が提出されており、会期も長期間を予定しております。当市議会としても、早期の財政健全化と市民要望に沿った施策の推進を目指し、慎重な審議をしてまいりたいと存じます。議員並びに理事者各位には、議事運営に格段の御協力を賜りますようお願い申し上げ、開会のあいさつとします。

 去る1月29日、伊豆市で開催された第136回静岡県市議会議長会定期総会で、2番 若林志津子議員、17番 渡辺登議員、18番 吉田晴幸議員に表彰状が贈呈されましたので、表彰状の伝達を行います。

                〔表彰状伝達〕



○議長(朝日昇議員) 直ちに本日の会議を開きます。

                                       



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(朝日昇議員) これより日程に基づき、日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第78条の規定により、

            3番 望 月 芳 将 議員

           20番 日 原 貞 二 議員

 両議員を指名します。

                                       



△日程第2 会期の決定について



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第2 会期の決定についてを議題とします。

 お諮りします。今定例会の会期は、本日から3月18日までの28日間としたいと思います。御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。会期は、28日間と決定しました。

 この際、諸般の報告をします。11月定例会以降における議長会関係の報告を副議長からお願いします。副議長。

               〔18番 吉田晴幸議員 登壇〕



◎18番(吉田晴幸議員) 11月定例会以降におけます議長会関係の報告をいたします。

 初めに、1月16日、下田市において開催されました第121回静岡県東部地区市議会議長会に議長と私が出席をいたしました。

 議長会は、開催市の下田市議会議長及び下田市長のあいさつの後、会員の自己紹介を行い、続いて会議に移りました。まず議案審議に入り、裾野市提出である議案第1号「地方税法に基づく還付加算金の割合(率)の引き下げについて」及び下田市提出である議案第2号「三島社会保険病院・介護老人保健施設の公的施設として存続を求めることについて」、以上2議案について、いずれも原案のとおり認定、可決をされました。なお、この2議案については、次期静岡県市議会議長会定期総会に東部地区の議案として提出することに決定をしました。

 次に、協議事項に入り、次期開催市を裾野市と決定し、閉会となりました。

 次に、1月29日、30日の2日間にわたり、伊豆市において開催されました第136回静岡県市議会議長会定期総会に議長と私が出席をしました。

 総会に先立ち、静岡県市議会議長会正副会長・監事会議に出席し、総会の運営について協議をし、総会では、冒頭、開催市の伊豆市議会議長及び会長市の静岡市議会議長並びに開催市の伊豆市長のあいさつの後、新会員の紹介及び表彰状の贈呈が行われました。先ほど議場において表彰状の伝達がありましたように、当市議会では若林志津子議員、渡辺登議員、吉田晴幸に表彰状が贈呈をされました。

 続いて会議に入り、まず初めに会務報告があり、これを了承し、その後議案審議に入り、会長提出議案である「平成21年度静岡県市議会議長会会計予算(案)について」ほか10議案と、また袋井市から提出されました「地球温暖化防止策として自然エネルギーの普及促進について」ほか各市から提出された4議案の合計15議案について、いずれも原案のとおり認定、可決をされました。

 次に、協議事項に入り、次期開催市を菊川市と決定し、閉会となりました。

 以上で、議長会関係の報告を終わります。

                                       



△日程第3 陳情第1号 国籍法改正に関する意見書の提出を求める陳情書



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第3 陳情第1号国籍法改正に関する意見書の提出を求める陳情書を議題とします。

 ただいま議題となっております陳情第1号については、お手元に配付の陳情文書表のとおり、所管の総務文教委員会に付託します。

                                       



△日程第4 報第1号 損害賠償の額の決定及び和解の専決処分報告について



△日程第5 報第2号 損害賠償の額の決定及び和解の専決処分報告について



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第4 報第1号損害賠償の額の決定及び和解の専決処分報告について並びに日程第5 報第2号損害賠償の額の決定及び和解の専決処分報告について、2件を一括議題とします。

 当局から報告を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました報第1号及び報第2号の2議案について、一括して説明申し上げます。

 まず、報第1号損害賠償の額の決定及び和解の専決処分報告について説明申し上げます。

 本案は、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、市議会の委任により専決処分した損害賠償の額の決定及び和解について、同条第2項の規定により報告するものであります。

 本件事故につきましては、公用車が駐車場を出ようとした際、駐車場灯の柱に接触し、当該柱を損傷させたものであります。

 この事故による損害賠償額につきましては、既に示談が成立しております。

 賠償金につきましては、全国市有物件災害共済会の保険金により全額賄われるものであります。

 なお、参考までに申し上げますと、その過失割合は富士宮市が100%であります。

 次に、報第2号損害賠償の額の決定及び和解の専決処分報告について説明申し上げます。

 本案も、前議案と同様に、市議会の委任により専決処分した損害賠償の額の決定及び和解について報告するものであります。

 本件事故につきましては、相手方の自宅前で公用車を停止させる際、運転操作を誤り、相手方のカーポートの支柱を損傷させたものであります。

 この事故による損害賠償額につきましては、既に示談が成立しております。

 賠償金につきましては、全国市有物件災害共済会の保険金により全額賄われるものであります。

 なお、参考までに申し上げますと、その過失割合は富士宮市が100%であります。

 今後も、職員に対しては、なお一層の注意と慎重さを喚起してまいります。



○議長(朝日昇議員) 当局からの報告は終わりました。

 本件については、地方自治法第180条第2項の規定により、議会に報告すれば足りるものですが、この際、本一括2件に対する質疑に入ります。

 これより日程第4 報第1号損害賠償の額の決定及び和解の専決処分報告について質疑を許します。御質疑ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終了します。

 次に、日程第5 報第2号損害賠償の額の決定及び和解の専決処分報告について質疑を許します。御質疑ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終了します。

 以上で報第1号及び報第2号一括2件に対する質疑を終了しましたが、この際、質疑漏れがありましたら、これを許します。御質疑ありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終結します。

 以上で報第1号及び報第2号一括2件については報告済みとします。

                                       



△日程第6 報第3号 富士宮市土地開発公社の平成21年度事業計画の報告について



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第6 報第3号富士宮市土地開発公社の平成21年度事業計画の報告についてを議題とします。

 当局から報告を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました報第3号富士宮市土地開発公社の平成21年度事業計画の報告について説明申し上げます。

 本案は、富士宮市土地開発公社の平成21年度の事業計画等について、地方自治法第243条の3第2項の規定により報告申し上げるものであります。

 まず、事業計画でありますが、第4次富士宮市総合計画に対応し公有地の先行取得を推進するため、土地取得事業として1億1,820万円を、土地処分事業として1億5,000万円をそれぞれ計上するものであります。

 次に、平成21年度の予算でありますが、収益的収入及び支出の総予算規模は1億5,287万3,000円であります。まず、収益的収入は、事業収益として1億5,000万円、事業外収益として287万3,000円を計上いたしました。

 次に、収益的支出でありますが、事業原価として1億4,775万円、販売費及び一般管理費として161万円、特別損失として1万円、予備費として100万円を見込みました。

 次に、資本的収入及び支出について説明いたします。資本的収入は、公社債及び長期借入金として19億9,546万円であります。資本的支出は、公有地取得事業費として1億1,820万円、固定資産取得費として1万円、公社債償還金及び長期借入金償還金として20億2,752万3,000円で、その合計は21億4,573万3,000円であります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額1億5,027万3,000円は、当年度分損益勘定留保資金及び準備金で補てんいたします。

 以上報告申し上げ、御理解をいただきたく、お願い申し上げます。



○議長(朝日昇議員) 当局からの報告は終わりました。

 本件については、地方自治法第243条の3第2項の規定により、議会に報告すれば足りるものですが、この際質疑がありましたらこれを許します。御質疑ありませんか。17番。



◆17番(渡辺登議員) 12ページですけれども、都市計画道路ですね、阿幸地青見線事業用地、この場所と、どのような理由でこれを買い求めるか説明いただきたい。

 その下、JR身延線鉄道高架事業代替地、ここのところも同じく説明をお願いします。

 その下の事業用代替地ほか、このほかというところも説明をお願いいたします。



○議長(朝日昇議員) 財政課長。



◎財政課長(田畑孝城君) 公用地の取得の詳細についてでございますけれども、基本的には平成21年度の計画案になりますので、全件決定しているというものではございません。今後富士宮市当局と協議の中で、具体的な土地が決まっていく予定でおります。

 ただ、現在のところ、平成21年度として富士宮市当局から要望ございます件は2件、1件目は御質問ございました都市計画道路阿幸地青見線、道路改良事業用地でございます。これは、北町地先でございますけれども、こちらのところを、用地費それから補償費合わせて約3,000万円の用地買収を予定しております。それからもう一件、富士宮駅、JR身延線鉄道高架事業に伴う事業用地でございますけれども、これは浅間町地先でございますけれども、こちらも事業用地等で約3,100万円の買収を予定しております。

 その他代替地ほかでございますけれども、これ先ほど御説明したとおり、具体的な物件が今ここで決まっているわけではございませんで、今後市当局との協議の中で決定していくということでございます。



○議長(朝日昇議員) 3番。



◆3番(望月芳将議員) すみません、今の説明を聞いていますと、都市計画道路阿幸地青見線のところで北町の地先が3,000万円という今お話だったのですけれども、ここ書いてあるのは250万円ではないかなと思いますけれども、その差はどういうところで出てきたのかということと、それともう一点、その下の物件移転等補償費が3,000万円ついていますけれども、この上記との関連はどういうことでしょうか、御説明願います。



○議長(朝日昇議員) 財政課長。



◎財政課長(田畑孝城君) 失礼いたしました。説明がちょっと不十分でございました。

 都市計画道路阿幸地青見線の事業用地でございますけれども、この北町地先でございますけれども、実はこの取得は、そこの取得用地に物件が既に建っておるわけでございます。そうしますので、用地それから物件補償あわせて取得することになるわけでございます。

 その中で、先ほど3,000万円と申し上げましたけれども、用地費としては大体200万円強ほど、それから物件の補償費がかなり大きくなるということで、これが約2,700万円ほどということで、諸経費合わせまして3,000万円という考え方でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(朝日昇議員) 他にございませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終結します。

 以上で報第3号は報告済みとします。

                                       



△日程第7 報第4号 財団法人富士宮市振興公社の平成21年度事業計画の報告について



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第7 報第4号財団法人富士宮市振興公社の平成21年度事業計画の報告についてを議題とします。

 当局から報告を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました報第4号財団法人富士宮市振興公社の平成21年度事業計画の報告について説明申し上げます。

 本案は、財団法人富士宮市振興公社の平成21年度の事業計画等について、地方自治法第243条の3第2項の規定により報告申し上げるものであります。

 まず、事業計画でありますが、振興公社寄附行為に定めるところにより、朝霧霊園の経営、市民文化会館を会場とした文化の普及及び振興、また指定管理者として引き続き市民文化会館、勤労青少年ホーム、児童館、市営墓地及び都市公園の管理運営を行うことを事業の柱としております。これらの事業を遂行するに当たり、基本財産等の効率的かつ堅実な資金運用、事務事業の合理化、経費の節減等に努め、健全な経営を図ってまいります。なお、事業の内容でありますが、朝霧霊園の経営については、施設内の清掃等の維持管理業務を中心とした環境整備に努めるとともに、各種届け出等の受け付け事務を行ってまいります。

 文化の普及及び振興につきましては、市民文化会館を会場として実施する自主事業や文化活動等に関する情報を提供するとともに、市内の団体が行う文化活動等を積極的に支援し、平成21年度に開催される国民文化祭に対しても積極的に協力するなど、その振興を図ってまいります。

 文化施設、社会教育、児童厚生施設、都市公園などの指定管理に伴う管理運営については、各施設の目的に合わせ、その機能を十分に発揮させ、市民の皆様が快適に利用できるよう、サービスの向上に努めてまいります。これらの内容につきましては、お手元の事業計画により御理解をいただきたいと存じます。

 次に、平成21年度の予算でありますが、予算規模は2億3,698万7,000円であります。

 まず、事業活動収支の部につきましては、収入として基本財産利息収入590万円、朝霧霊園事業収入886万円、文化施設、社会教育施設等の指定管理に伴う管理運営等の受託事業収入2億1,357万9,000円が主なものであります。これらに対する支出の主なものといたしましては、朝霧霊園維持管理運営事業費として882万3,000円、文化施設、社会教育施設、都市公園等の指定管理に伴う管理運営等の受託事業費用として1億9,813万5,000円、振興公社運営に関する管理費として1,779万2,000円を計上いたしました。

 次に、投資活動収支の部につきましては、収入として科学教育支援事業積立金取崩収入73万7,000円、財政調整積立金取崩収入150万円を計上いたしました。支出の主なものといたしましては、特定資産取得支出として950万円、科学教育支援事業繰出金として73万7,000円を計上いたしました。また、一時借入金の限度額を1,000万円と定めたものであります。

 以上報告申し上げ、御理解をいただきたく、お願い申し上げます。



○議長(朝日昇議員) 当局からの報告は終わりました。

 この際、暫時休憩します。

                                     午前9時26分休憩

                                       

                                     午前9時30分開議



○議長(朝日昇議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 以上で報第4号は報告済みとします。

                                       



△日程第8 議第 1号 富士宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について



△日程第9 議第 2号 富士宮市介護保険条例の一部を改正する条例制定について



△日程第10 議第 3号 富士宮市立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定について



△日程第11 議第 4号 富士宮市水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について



△日程第12 議第 5号 富士宮市国民健康保険条例及び富士宮市重症心身障害児童扶養手当に関する条例の一部を改正する条例制定について



△日程第13 議第 6号 富士宮市小学校教育施設整備基金条例の一部を改正する条例制定について



△日程第14 議第 7号 富士宮市個人情報保護条例の一部を改正する条例制定について



△日程第15 議第 8号 富士宮市部設置条例の一部を改正する条例制定について



△日程第16 議第 9号 富士宮市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例制定について



△日程第17 議第10号 富士宮市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例制定について



△日程第18 議第11号 岳南広域都市計画浅間町地区計画建築基準条例制定について



△日程第19 議第12号 富士宮市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例制定について



△日程第20 議第13号 富士宮市一般職の任期付職員の採用等に関する条例制定について



△日程第21 議第14号 富士宮市職員の自己啓発等休業に関する条例制定について



△日程第22 議第15号 富士宮市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例制定について



△日程第23 議第16号 富士宮市・芝川町合併協議会の設置に関する協議について



△日程第24 議第17号 静岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少に関する協議について



△日程第25 議第18号 静岡地方税滞納整理機構を組織する地方公共団体の数の減少に関する協議について



△日程第26 議第19号 指定金融機関の指定について



△日程第27 議第20号 市道路線の廃止について



△日程第28 議第21号 市道路線の認定について



△日程第29 議第22号 平成20年度富士宮市一般会計補正予算(第4号)



△日程第30 議第23号 平成20年度富士宮市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)



△日程第31 議第24号 平成20年度富士宮市老人保健特別会計補正予算(第1号)



△日程第32 議第25号 平成20年度富士宮市下水道事業特別会計補正予算(第3号)



△日程第33 議第26号 平成20年度富士宮市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)



△日程第34 議第27号 平成20年度富士宮市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第3号)



△日程第35 議第28号 平成20年度富士宮市病院事業会計補正予算(第2号)



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第8 議第1号富士宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定についてから日程第35 議第28号平成20年度富士宮市病院事業会計補正予算(第2号)まで、28件を一括議題とします。

 当局から提案理由の説明を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました議第1号から議第28号までの28議案について、一括して説明申し上げます。

 まず、議第1号富士宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、国民健康保険税の医療費分及び介護納付金分の賦課限度額を、それぞれ法定限度額と同額に改定するため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議第2号富士宮市介護保険条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、平成21年度を初年度とする第4期富士宮市介護保険事業計画による介護給付費予測に伴い、第1号被保険者の介護保険料を改定するため、またあわせて条文の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。改正内容は、介護保険料率を第1号被保険者の区分に応じ、それぞれ300円から900円引き上げること、国から交付される介護従事者処遇改善臨時特例交付金等を活用し、今後3年間は介護保険料の額を現状のまま据え置くための措置を附則に規定すること、罰則規定は、本則の最後に規定することが適切であること等による条文等の整備をすることであります。

 次に、議第3号富士宮市立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、産婦人科医師の処遇改善に係る分娩料の見直し、債権放棄の規定の追加等をするため、条例の一部を改正しようとするものであります。改正内容は、分娩料を11万円から14万円に改定すること、最高裁決定において、診療費が地方自治法に規定する公の債権でなく私債権と判断されたことに伴い、時効を適用する際に必要な債務者の意思表示である時効の援用が事実上困難な場合等の債権処理を法的に位置づけるため、債権放棄の規定を追加すること、前議案と同様に罰則規定の条文等の整備をすることであります。

 次に、議第4号富士宮市水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案も、最高裁決定において、水道料金が地方自治法に規定する公の債権でなく私債権と判断されたことに伴い、前議案と同様債権放棄の規定の追加等をするため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議第5号富士宮市国民健康保険条例及び富士宮市重症心身障害児童扶養手当に関する条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、児童福祉法の改正により、小規模住居型児童養育事業が創設されたことに伴い、2条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議第6号富士宮市小学校教育施設整備基金条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、株式分割により、株数に変更が生じたことに伴い、条例の一部を改正するものであります。

 次に、議第7号富士宮市個人情報保護条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、統計法の全部改正に伴い、個人情報の適用除外の規定の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議第8号富士宮市部設置条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、平成21年度機構改革による総合調整室の再編に伴い、条例の一部を改正するものであります。

 次に、議第9号富士宮市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、産婦人科医師の処遇改善の観点から、医務手当見直しを図るため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 次に、議第10号富士宮市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、議第13号及び議第14号の新規条例制定に伴い、規定を整備するものであります。

 次に、議第11号岳南広域都市計画浅間町地区計画建築基準条例制定について説明申し上げます。

 本案は、去る10月30日、都市計画決定いたしました岳南広域都市計画浅間町地区計画の区域内の建築物及びその敷地について、一定の制限を加えることにより、同区域内の適正な都市機能と健全な都市環境を確保するため、条例を制定しようとするものであります。主な内容といたしましては、建築物の用途について近隣商業地域並みの制限を設けること、建築物の敷地面積の最低限度を2万平方メートルとすること、建築物の高さの最高限度を38メートルとすること、これらの規定に違反した者には罰則が適用されることなどであります。なお、本条例は、本年4月1日から施行したいと考えております。

 次に、議第12号富士宮市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例制定について説明申し上げます。

 本案は、平成21年度の介護報酬の改定に伴い、富士宮市が交付を受ける介護従事者処遇改善臨時特例交付金を原資として、平成21年度から平成23年度までの介護保険料の急激な上昇を抑制することを目的とした基金を設置するため、条例を制定しようとするものであります。

 次に、議第13号富士宮市一般職の任期付職員の採用等に関する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律に基づき、高度な専門知識及びすぐれた見識を有する者等について、任期を定めて一般職の職員として採用することができるようにするため、条例を制定しようとするものであります。主な内容といたしましては、特定任期付職員の採用等、任期の特例に関すること、給与の特例に関することなどであります。なお、本条例は、本年4月1日から施行したいと考えております。

 次に、議第14号富士宮市職員の自己啓発等休業に関する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、地方公務員法第26条の5第6項の規定に基づき、教育機関での修学や国際貢献活動を行うことを希望する職員に対し、公務に関する能力の向上に資すると認められる場合に、その身分を有したまま休業を承認することができるようにするため、条例を制定しようとするものであります。主な内容といたしましては、自己啓発等休業の承認及び期間に関すること、職務復帰後における号給調整に関することなどであります。なお、本条例は、本年4月1日から施行したいと考えております。

 次に、議第15号富士宮市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、公益的法人等への一般職の公務員の派遣等に関する法律に基づき、市の事務と密接な関連がある公益的法人等へ職員の派遣等ができるようにするため、条例を制定しようとするものであります。主な内容といたしましては、派遣職員の給与に関すること、派遣職員の復帰時における処遇に関することなどであります。なお、本条例は、本年4月1日から施行したいと考えております。

 次に、議第16号富士宮市・芝川町合併協議会の設置に関する協議について説明申し上げます。

 本案は、地方自治法第252条の2第1項及び市町村の合併の特例等に関する法律第3条第1項の規定に基づき、両市町の円滑な運営の確保及び均衡ある発展を図るための基本的な計画の作成その他合併に関する協議を行う協議会について、芝川町との協議により規約を定め、これを設置しようとするため、地方自治法第252条の2第3項の規定により、市議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議第17号静岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少に関する協議について及び議第18号静岡地方税滞納整理機構を組織する地方公共団体の数の減少に関する協議について説明申し上げます。

 本2議案は、いずれも静岡市と由比町、富士市と富士川町、焼津市と大井川町、藤枝市と岡部町が合併したことに伴い、広域連合を組織する地方公共団体の数が減少するため、地方自治法第291条の3第1項の規定により、数の減少について協議するものであります。

 次に、議第19号指定金融機関の指定について説明申し上げます。

 本案は、地方自治法第235条第2項及び地方自治法施行令第168条第2項の規定により、指定金融機関として富士宮信用金庫本店を指定するものであります。これまで当市の指定金融機関は、4つの金融機関が2年交代で業務を行ってまいりましたが、社会状況の変化に対応するため、富士宮信用金庫本店を一の指定金融機関として指定するものであります。

 次に、議第20号市道路線の廃止について説明申し上げます。

 本案は、議案に掲げました1路線について、道路法第10条第1項の規定に基づく市道路線の廃止をいたしたく、同条第3項の規定により市議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議第21号市道路線の認定について説明申し上げます。

 本案は、議案に掲げました2路線について、道路法第8条第1項の規定に基づく市道路線の認定をいたしたく、同条第2項の規定により市議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議第22号平成20年度富士宮市一般会計補正予算(第4号)について説明申し上げます。

 今回の補正は、年度末に向け事業費がほぼ確定する中で、決算見込みに合わせた追加及び減額を行いました。さらに、景気対策と地域活性化などを柱とした国の第1次補正予算及び第2次補正予算で措置されました臨時交付金を、現在進行中の事業の財源として一部充当するほか、学校、市営住宅、福祉施設の安全・安心対策及び子育て支援事業などを中心に追加措置を行いました。なお、国の第2次補正予算関連の事業を含め、進捗状況により本年度内の完成が困難な事業につきましては、繰越明許費の設定を行うものであります。その結果、今回の補正額は2億3,100万円の増額でありまして、補正後の予算規模は319億5,900万円となるものであります。

 補正の内容について申し上げますと、まず歳入でありますが、第4款配当割交付金3,700万円、第5款株式等譲渡所得割交付金4,100万円、第8款自動車取得税交付金3,000万円それぞれの減額は、実績に基づく決算見込額であります。

 第12款分担金及び負担金624万円、第13款使用料及び手数料150万円それぞれの追加は、実績に基づく決算見込額であります。

 第14款国庫支出金1億9,264万9,000円、第15款県支出金8,455万3,000円それぞれの追加は、補助金の交付決定や事業費の確定等に伴うもので、いずれも歳出に関連した特定財源がほとんどでありますが、国庫支出金には国の第1次及び第2次補正予算で措置されました交付金が、合計1億2,928万9,000円含まれております。

 第16款財産収入37万5,000円の追加は、基金運用による利子収入の追加であります。

 第17款寄附金400万円の追加は、一般寄附金2件と、かんがい排水事業費への御寄附1件の合計であります。

 第18款繰入金6,622万9,000円の追加は、老人保健特別会計における平成19年度決算に伴う精算金であります。

 第20款諸収入は、164万6,000円の減額であります。

 第21款市債は1,490万円の減額であります。これは、事業費の確定見込みに伴い減額するものであります。

 次に、歳出でありますが、第1款議会費は440万8,000円の減額であります。これは、議場音響システム等構築委託料の実績見込みによる減額が主なものであります。

 第2款総務費は、1,102万6,000円の追加であります。この主なものといたしましては、一般管理費では電気料金値上げに伴い光熱水費100万円を追加いたしました。資源エネルギー対策費では、湧玉池の堆積土砂の調査委託料300万円を追加いたしました。交通安全対策費では、道路照明灯、カーブミラー等の修繕料100万円を追加いたしました。

 第3款民生費は、1億4,406万2,000円の追加であります。この主なものといたしましては、決算見込みに基づき、各種運営費補助金及び扶助費の追加または減額をいたしました。このほか障がい者福祉費では、障がい者生活介護施設に対する施設整備補助金833万4,000円を追加いたしました。老人福祉施設費では、養護老人ホーム長生園のナースコール機器を更新するため、園用備品費421万7,000円の追加をいたしました。特別会計への繰出金では、国民健康保険事業特別会計分1,031万2,000円、介護保険事業特別会計分19万6,000円をそれぞれ減額する一方、後期高齢者医療事業特別会計へは7,854万4,000円を追加いたしました。

 第4款衛生費は、831万5,000円の追加であります。この主なものといたしましては、保健衛生総務費では新型インフルエンザ対策用の備蓄マスクを購入するため、感染症対策事業の消耗品費に120万円を追加いたしました。老人保健特別会計への繰出金は、382万9,000円を追加いたしました。

 第6款農林水産業費は、624万4,000円の追加であります。この主なものといたしましては、国・県補助金の内示、決定あるいは事業費の確定による増減のほか、かんがい排水事業費では緊急性の高い箇所の施設修繕料100万円を追加いたしました。

 第7款商工費は、180万円の追加であります。この主なものといたしましては、商工業振興費では、商店街活性化拠点「ぶらっと宮っ」境界壁の改修工事費120万円を追加いたしました。

 第8款土木費は、1,106万6,000円の減額であります。これは、事業費の確定あるいは事業の執行状況による追加及び減額で、この主なものといたしましては、道路維持費では、市道維持補修事業に2,270万円を追加いたしました。住宅管理費では、市営粟倉住宅の屋根・外壁改修など市営住宅営繕工事費計3,220万円を追加いたしました。

 第9款消防費は、2,022万8,000円の減額であります。この主なものといたしましては、事業費確定による減額のほか、防災費では市民から要望の多い防災ラジオ購入のため、消耗品費168万円を追加いたしました。

 第10款教育費は、2,721万5,000円の追加であります。この主なものといたしましては、小学校及び中学校建設費では、緊急性の高い校舎等整備工事費を計3,400万円追加いたしました。体育施設費では、市民プール中央監視装置等の修繕料492万円を追加いたしました。

 第14款予備費は、6,800万円を追加し、調整いたしました。

 なお、事業の年度内執行が困難となる事業費につきましては、繰越明許費の設定をいたしましたが、このうち総務費の湧玉池堆積土砂調査委託料300万円、民生費の長生園のナースコール機器設備更新費421万7,000円、商工費の「ぶらっと宮っ」境界壁改修工事費120万円、土木費の市営住宅営繕工事費3,220万円、消防費の防災ラジオ購入費168万円、教育費の小学校及び中学校の校舎等整備工事費計3,400万円及び市民プール中央監視装置等の修繕料492万円につきましては、国の第2次補正予算で措置されました臨時交付金対象事業として急遽取り組むこととしたため、本年度内の執行は困難となるものであります。

 以上が本補正予算の大要であります。

 次に、議第23号平成20年度富士宮市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について説明申し上げます。

 今回の補正額は、3,528万4,000円の追加でありまして、補正後の予算規模は114億8,670万4,000円となるものであります。主な内容といたしましては、歳入では国民健康保険税収入額の追加、国・県支出金及び療養給付費等交付金の決算見込みに基づく追加及び減額を行い、歳出では医療費の推移をもとに保険給付費等の追加及び減額を行うとともに、特定健診業務委託料及び健康管理システム修正委託料を追加いたしました。

 以上が本補正予算の大要であります。

 次に、議第24号平成20年度富士宮市老人保健特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。

 今回の補正額は、416万6,000円の追加でありまして、補正後の予算規模は9億6,116万6,000円となるものであります。主な内容といたしましては、歳出において決算見込額に基づき、医療給付費等を減額するとともに、一般会計への繰出金を追加いたしました。

 以上が本補正予算の大要であります。

 次に、議第25号平成20年度富士宮市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について説明申し上げます。

 今回の補正は、事業費の年度内執行が困難となる国庫補助公共下水道整備事業費1億3,649万8,000円につきまして、繰越明許費の設定をするものであります。予算規模の変更はございません。

 次に、議第26号平成20年度富士宮市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について説明申し上げます。

 今回の補正額は、4,835万円の追加でありまして、補正後の予算規模は61億9,608万2,000円となるものであります。主な内容といたしましては、歳入では各種サービス等の利用者数の増減により過不足が生じた国庫支出金等の精算を行うとともに、平成21年度からの介護報酬引き上げによる保険料の上昇分を抑制するため、国の第2次補正予算に措置されました介護従事者処遇改善臨時特例交付金5,800万円を追加いたしました。歳出では、この臨時特例交付金を財源として設置いたします介護従事者処遇改善臨時特例基金への積立金5,800万円を追加いたしました。

 以上が本補正予算の大要であります。

 次に、議第27号平成20年度富士宮市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第3号)について説明申し上げます。

 今回の補正額は、1,571万2,000円の追加でありまして、補正後の予算規模は15億2,750万8,000円となるものであります。主な内容といたしましては、歳入では保険料の徴収方法の変更に伴い、特別徴収分を1億4,461万5,000円減額する一方、普通徴収分を8,159万7,000円追加するとともに、保険基盤安定繰入金8,852万8,000円を追加いたしました。歳出では、決算見込みに基づき、静岡県後期高齢者医療広域連合納付金1,485万7,000円、後期高齢者医療システム修正委託料219万円をそれぞれ追加いたしました。なお、システム修正委託料につきましては、国の第2次補正予算で措置されました後期高齢者医療制度円滑運営費補助金を財源として予定しており、年度内の執行が困難となりますので、繰越明許費の設定をいたしました。

 以上が本補正予算の大要であります。

 次に、議第28号平成20年度富士宮市病院事業会計補正予算(第2号)について説明申し上げます。

 今回の補正予算は、予算第3条の収益的支出の補正であり、診療材料費など6,210万円を追加するものであり、補正後の予算規模は92億75万8,000円となるものであります。

 以上が本補正予算の大要であります。

 以上、一括して説明申し上げました28議案について、よろしく御審議の上、御決定くださいますよう、お願いいたします。

 訂正をお願いいたします。議第22号平成20年度富士宮市一般会計補正予算の説明で、第6款の農林水産業費は628万4,000円と説明するところを624万4,000円と説明いたしました。624万円を628万円ということで訂正をお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(朝日昇議員) 当局からの説明は終わりました。

 これら28件に対する質疑は、次回に行うことにします。

                                       



△日程第36 諮第1号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて



△日程第37 諮第2号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第36 諮第1号人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて及び日程第37 諮第2号人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについての2件を一括議題とします。

 事務局長に議案を朗読させます。事務局長。



◎事務局長(望月秀志君) それでは、朗読いたします。

 諮第1号

人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて

 下記の者を人権擁護委員候補者に推薦したいので、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定により、市議会の意見を求める。

 平成21年2月19日 提出

   富士宮市長 小 室 直 義

                      記

 富士宮市青木130番地 梶原俊宏 昭和17年5月3日生まれ

 続きまして、

 諮第2号

         人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて

 下記の者を人権擁護委員候補者に推薦したいので、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定により、市議会の意見を求める。

 平成21年2月19日 提出

   富士宮市長 小 室 直 義

                      記

 富士宮市粟倉982番地の6 小林洋子 昭和25年1月25日生まれ

 以上でございます。



○議長(朝日昇議員) 議案の朗読は終わりました。

 当局から提案理由の説明を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました諮第1号及び諮第2号の2議案について、一括して説明申し上げます。

 まず、諮第1号人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて説明申し上げます。

 人権擁護委員は、法務大臣の委嘱を受けて、市民の基本的な人権が侵されることのないように努めることを使命としておりますが、本年6月30日をもって任期満了となります梶原俊宏氏を再び人権擁護委員候補者として推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、市議会の意見を求めるものであります。

 次に、諮第2号人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて説明申し上げます。

 本案も、人権擁護委員のうち、本年6月30日をもって任期満了となります小林洋子氏を再び人権擁護委員候補者として推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、市議会の意見を求めるものであります。

 以上、一括して説明申し上げました2議案について、よろしくお願いいたします。



○議長(朝日昇議員) 当局からの説明は終わりました。

 お諮りします。本一括2件は人事に関することでありますので、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。よって、質疑、委員会付託、討論を省略することに決定し、直ちに採決します。

 初めに、諮第1号人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについては、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。よって、諮第1号人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについては、原案のとおり同意することに決定しました。

 次に、諮第2号人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについては、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。よって、諮第2号人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについては、原案のとおり同意することに決定しました。

                                       



△日程第38 選第1号 監査委員選任に関し同意を求めることについて



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第38 選第1号監査委員選任に関し同意を求めることについてを議題とします。

 事務局長に議案を朗読させます。事務局長。



◎事務局長(望月秀志君) それでは、朗読いたします。

 選第1号

            監査委員選任に関し同意を求めることについて

 下記の者を富士宮市監査委員に選任したいので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第196条第1項の規定により、市議会の同意を求める。

 平成21年2月19日 提出

   富士宮市長 小 室 直 義

                      記

 富士宮市中島町498番地の4 池田信夫 昭和14年9月27日生まれ

 以上でございます。



○議長(朝日昇議員) 議案の朗読は終わりました。

 当局から提案理由の説明を求めます。市長。

〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました選第1号監査委員選任に関し同意を求めることについて説明申し上げます。

 本案は、本年3月31日をもって任期満了となります池田信夫氏を再び選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、提案いたすものであります。

 よろしく御同意を賜りたくお願いいたします。



○議長(朝日昇議員) 当局からの説明は終わりました。

 お諮りします。本案は人事に関することでありますので、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思います。御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。よって、質疑、委員会付託、討論を省略することに決定し、直ちに採決します。

 選第1号監査委員選任に関し同意を求めることについては、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。選第1号監査委員選任に関し同意を求めることについては、原案のとおり同意することに決定しました。

                                       



△日程第39 選第2号 教育委員会の委員任命に関し同意を求めることについて



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第39 選第2号教育委員会の委員任命に関し同意を求めることについてを議題とします。

 事務局長に議案を朗読させます。事務局長。



◎事務局長(望月秀志君) それでは、朗読いたします。

 選第2号

          教育委員会の委員任命に関し同意を求めることについて

 下記の者を富士宮市教育委員会の委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第4条第1項の規定により、市議会の同意を求める。

 平成21年2月19日 提出

   富士宮市長 小 室 直 義

                      記

 富士宮市西町6番16号 遠藤一紀 昭和16年3月7日生まれ

 以上でございます。



○議長(朝日昇議員) 議案の朗読は終わりました。

 当局から提案理由の説明を求めます。市長。

〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました選第2号教育委員会の委員任命に関し同意を求めることについて説明申し上げます。

 本案は、教育委員のうち、本年3月31日をもって任期満了となります遠藤一紀氏を再び任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、提案いたすものであります。

 よろしく御同意賜りたくお願いいたします。



○議長(朝日昇議員) 当局からの説明は終わりました。

 お諮りします。本案は人事に関することでありますので、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決を行いたいと思います。御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。よって、質疑、委員会付託、討論を省略することに決定し、直ちに採決します。

 選第2号教育委員会の委員任命に関し同意を求めることについては、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。選第2号教育委員会の委員任命に関し同意を求めることについては、原案のとおり同意することに決定しました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 お諮りします。明2月20日は議案研究のため休会、21日及び22日の2日間は休日のため休会したいと思います。御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。明2月20日から22日までの3日間は休会することに決定しました。

 来る2月23日は午前9時から本会議を開き、議案の審議を行いますので、よろしくお願いします。

 本日はこれにて散会します。大変御苦労さまでした。

                                     午前10時10分散会