議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 富士宮市

平成20年  9月 定例会(第3回) 09月18日−議案上程、説明、質疑−01号




平成20年  9月 定例会(第3回) − 09月18日−議案上程、説明、質疑−01号









平成20年  9月 定例会(第3回)





                    平 成 20 年

                 富士宮市議会9月定例会会議録

                     第 1 号

                 平成20年9月18日(木曜日)
                                       
1 議事日程(第1号)
              平成20年9月18日(木)午前9時00分 開会
  日程第1 会議録署名議員の指名について                        
  日程第2 会期の決定について                             
  日程第3 議選第3号 岳南排水路管理組合議会議員の選挙について            
  日程第4 報第13号 富士宮市土地開発公社の平成19年度事業決算の報告について    
  日程第5 報第14号 財団法人富士宮市振興公社の平成19年度事業決算の報告について  
  日程第6 報第15号 平成19年度健全化判断比率及び資金不足比率の報告について    
  日程第7 認第 1号 平成19年度富士宮市歳入歳出決算認定について          
  日程第8 認第 2号 平成19年度富士宮市水道事業決算認定について          
  日程第9 認第 3号 平成19年度富士宮市病院事業決算認定について          
                   県 道富士宮―由比線                
  日程第10 認第 4号 平成19年度          道路組合歳入歳出決算認定について
                   市町道富士川―由比線                
  日程第11 議第56号 平成19年度富士宮市水道事業剰余金の処分について        
  日程第12 議第57号 富士宮市営住宅条例の一部を改正する条例制定について       
  日程第13 議第58号 富士宮市重度障害者医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定に
             ついて                             
  日程第14 議第59号 富士宮市緑資源機構事業負担金等徴収条例の一部を改正する条例制定に
             ついて                             
  日程第15 議第60号 富士宮市用水運営審議会設置条例等の一部を改正する条例制定について
  日程第16 議第61号 富士宮市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例制定
             について                            
  日程第17 議第62号 富士宮市職員退隠料、退職給与金、死亡給与金、遺族扶助料条例等の一
             部を改正する条例制定について                  
  日程第18 議第63号 富士宮市土地開発公社定款の変更について
  日程第19 議第64号 市道路線の廃止について                     
  日程第20 議第65号 市道路線の認定について                     
  日程第21 議第66号 平成20年度富士宮市一般会計補正予算(第1号)         
  日程第22 議第67号 平成20年度富士宮市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号) 
  日程第23 議第68号 平成20年度富士宮市立学校給食センター特別会計補正予算(第1号)
  日程第24 議第69号 平成20年度富士宮市下水道事業特別会計補正予算(第1号)    
  日程第25 議第70号 平成20年度富士宮市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)   
  日程第26 議第71号 平成20年度富士宮市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)
                                       
2 本日の会議に付した事件
  議事日程(第1号)に同じ
                                       
3 出席議員(22名)
      1番  渡 辺 佳 正 議員       2番  若 林 志津子 議員
      3番  望 月 芳 将 議員       4番  稲 葉 晃 司 議員
      5番  深 澤 竜 介 議員       6番  吉 野 友 勝 議員
      7番  佐 野 清 明 議員       8番  佐 野 寿 夫 議員
      9番  横 山 紘一郎 議員      10番  渡 辺 喜代美 議員
     11番  佐 藤 長 助 議員      12番  遠 藤 英 明 議員
     13番  村 瀬   旬 議員      14番  山 口 源 蔵 議員
     15番  諸 星 孝 子 議員      16番  朝 日   昇 議員
     17番  渡 辺   登 議員      18番  吉 田 晴 幸 議員
     19番  朝比奈 貞 郎 議員      20番  日 原 貞 二 議員
     21番  望 月 光 雄 議員      22番  手 島 皓 二 議員
                                       
4 事務局職員出席者(7名)
  事 務 局 長  望 月 秀 志 君    事 務 次 長  石 川 豊 久 君

  主  幹  兼  塩 川 貴 洋 君    主  幹  兼  斉 藤 俊 彦 君
  議 事 係 長               庶務調査係長

  主    幹  深 沢 裕 彦 君    主    査  高 橋 衣 里 君
  書  記  補  松 嶋 英 明 君
                                       
5 説明のための出席者(65名)
  市    長  小 室 直 義 君    副  市  長  太 田 精 一 君
  総 務 部 長  平 石 英 明 君    企 画 部 長  芦 澤 英 治 君
  財 政 部 長  小 室 忠 雄 君    環境経済部長  遠 藤 二 郎 君

  保健福祉部長  佐 野 恒 夫 君    都市整備部長  角 入 一 典 君
  兼福祉 事 務
  所    長

  水 道 部 長  遠 藤 牧 男 君    総合調整室長  深 澤 好 幸 君

  行 政 職 員  佐 野 裕 克 君    市 立 病 院  広 瀬 辰 造 君
                       事 務 部長兼
                       情報システム
                       室    長

  行 政 課 長  小 松 政 廣 君    人 事 課 長  小 林   登 君

  防災生活課長  秋 山 和 彦 君    くらしの相談  渡 辺 孝 秀 君
                       課    長

  市 民 課 長  赤 池 ふみ子 君    北山出張所長  石 川 芳 範 君

  上野出張所長  志 邨 末 男 君    上  井  出  土 橋 一 雄 君
                       出 張 所 長

  白糸出張所長  渡 辺   寛 君    工事検査課長  佐 野   光 君
  企画経営課長  望 月   斉 君    秘書広報課長  佐 藤 俊 治 君
  情報政策課長  高 橋 正 行 君    財 政 課 長  田 畑 孝 城 君
  収 納 課 長  佐 野   章 君    市民税 課 長  石 井   治 君
  資産税 課 長  渡 井 一 成 君    農 政 課 長  石 川 善 裕 君
  商工観光課長  芦 澤   正 君    環境森林課長  遠 藤 敬 悟 君

  生活環境課長  西 島 謙 悟 君    子ども統括監  田 中 嘉 彦 君
                       兼福祉 企 画
                       課    長

  介護障害支援  深 澤 照 洋 君    福祉総合相談  佐 野 晃 崇 君
  課    長               課    長

  子ども 未 来  小 林 秀 実 君    保険年金課長  佐 野 計 公 君
  課    長

  健康増進課長  中 川 礼以子 君    管 理 課 長  脇 本 俊 雄 君
  道路河川課長  関   芳 裕 君    都市計画課長  平 石 博 一 君
  土地対策課長  遠 藤 正 泰 君    建築指導課長  佐 野   猛 君
  住宅営繕課長  漆 畑 晴 男 君    水道業務課長  佐 野 秀 治 君
  水道工務課長  渡 井   實 君    下水道 課 長  遠 藤 充 重 君

  市 立 病 院  花 倉 渉 淳 君    市 立 病 院  望 月 和 秀 君
  庶 務 課 長               医 事 課 長

  会計管理者兼  石 川 昌 之 君    教  育  長  佐 野 敬 祥 君
  出 納 室 長

  教 育 次 長  赤 池   学 君    教育総務課長  佐 野 勝 幸 君
  学校教育課長  若 林 直 巳 君    教育文化課長  渡 井 一 信 君

  教 育 文化課  深 澤 順 一 君    スポーツ振興  中 野 達 男 君
  参    事               課    長

  学 校 給 食  佐久間 吉 博 君    中央図書館長  岩 崎 良 一 君
  センター所長

  西  富  士  篠 木 賢 造 君    代表監査委員  池 田 信 夫 君
  図 書 館 長

  監 査 委 員  遠 藤 哲 夫 君    選挙管理委員  小 松 政 廣 君
  事 務 局 長               会事務 局 長

  農 業 委員会  石 川 善 裕 君
  事 務 局 長




                                     午前9時00分開会



○議長(朝日昇議員) 皆さん、おはようございます。大変御苦労さまです。

 ただいまから平成20年富士宮市議会9月定例会を開会します。

 平成20年富士宮市議会9月定例会を開会するに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。本定例会から議会改革の一環として、インターネットによる本会議中継を実施することになりましたので、よろしくお願いします。

 また、平成19年度一般会計及び特別会計並びに企業会計のそれぞれの決算など重要な議案が提出されております。当市議会としても、社会環境並びに経済環境が大変厳しい中、市民の福祉増進と住みよいまちづくりを目指し、慎重な審議をしてまいりたいと存じます。議員各位には円滑な議事進行と適正かつ公正な議決をされ、市民の要望にこたえ、市の諸施策に反映されますようお願い申し上げ、開会のあいさつとします。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                       



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(朝日昇議員) これより日程に基づき、日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第78条の規定により、

           11番 佐 藤 長 助 議員

           22番 手 島 皓 二 議員

 両議員を指名します。

                                       



△日程第2 会期の決定について



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第2 会期の決定についてを議題とします。

 お諮りします。今定例会の会期は、本日から10月10日までの23日間としたいと思います。御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。会期は、23日間と決定しました。

                                       



△日程第3 議選第3号 岳南排水路管理組合議会議員の選挙について



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第3 議選第3号 岳南排水路管理組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。選挙の方法は指名推選により行うことに決定しました。

 お諮りします。議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。

 議長が指名することに決定しました。

 岳南排水路管理組合議会議員に、7番 佐野清明議員、15番 諸星孝子議員、両議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました両議員を、岳南排水路管理組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。ただいま議長が指名しました両議員が、岳南排水路管理組合議会議員に当選されました。

 当選されました両議員は議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知します。

                                       



△日程第4 報第13号 富士宮市土地開発公社の平成19年度事業決算の報告について



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第4 報第13号富士宮市土地開発公社の平成19年度事業決算の報告についてを議題とします。

 当局から報告を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) おはようございます。ただいま上程されました報第13号富士宮市土地開発公社の平成19年度事業決算の報告について説明申し上げます。

 本案は、富士宮市土地開発公社の平成19年度事業の決算について、地方自治法第243条の3第2項の規定により報告するものであります。

 平成19年度決算の概要としましては、収益的収入額は1億9,107万9,175円、収益的支出額は1億7,377万3,980円であり、収支差し引き1,730万5,195円の純利益となりました。前期からの繰越準備金1億1,967万7,242円にこの純利益を加算しますと、平成19年度末の準備金の合計額は1億3,698万2,437円となりました。

 また、資本的収入額は21億2,450万8,000円であり、資本的支出額は24億890万7,617円であります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額2億8,439万9,617円は、過年度分損益勘定留保資金、当年度分損益勘定留保資金及び準備金で補てんしました。

 次に、事業の概要について説明申し上げます。

 平成19年度の土地取得事業と土地処分事業は、都市計画道路事業用地等及び公共事業に関連する代替地の取得及び処分であります。土地取得事業による総取得面積は1,335.24平方メートル、総事業費は2,659万1,067円であります。また、土地処分事業による総処分面積は2,867.61平方メートル、総処分金額は1億7,287万6,925円であります。この結果、平成19年度末の保有土地の面積は13万3,407.23平方メートルとなり、金額にして21億1,707万7,829円であります。

 次に、平成19年度の財務状況ですが、借入金残高につきましては、市中金融機関からの長期借入金として総額20億22万2,062円であります。詳細につきましては、お手元の諸表にて御理解をお願いいたします。

 以上、富士宮市土地開発公社の平成19年度事業決算の報告といたします。



○議長(朝日昇議員) 当局からの報告は終わりました。

 本件については、地方自治法第243条の3第2項の規定により、議会に報告すれば足りるものですが、この際質疑がありましたらこれを許します。御質疑ありませんか。11番。



◆11番(佐藤長助議員) 1点だけ伺います。2ページですけれども、土地処分事業の中でいろいろな土地が「処分しました」という形で報告されているところがあるわけですが、土地の広さと価格との差が、どうしてもそんなにするのかなと、こういう感じを受けるのですが、この点はいかが、どういうことでこういうふうになっているのか。例えば私は中原線はよく使うわけですが、ここで21.57平方メートルを1,983万3,497円で処分しましたと簡単にあるわけですけれども、これは全くわからない。どういうことなのか。

 それから、今年度はこういう報告があるわけですけれども、こういう物件がまだこれからうんとあるのかどうか、それが非常にわからないもので、ちょっと説明願いたい。



○議長(朝日昇議員) 財政課長。



◎財政課長(田畑孝城君) ただいまの質問でございますけれども、取得価格と処分価格に大きな開きがあるということでございます。具体的に御質問になりました中原線の21.57平米でございますけれども、あくまでこれは簿価に基づいた処分ということになります。この簿価の中には、実は用地費だけではございませんで、取得する場合の物件の補償費、それから支払利子、諸経費等が含まれております。例えばこの物件につきましては、補償費だけで1,580万円を占めておりますので、こういうものを加算しておるわけでございます。

 それから、全体の持っている資産の中で簿価と現実の処分価格に大きな開きがあるということでございます。内容としましては、ただいま説明いたしましたとおり、実際の処分価格につきましては、用地費以外に補償費とか、それから諸経費、あるいは今まで持っている支払いの利子等が含まれますので、実際の現在の用地の価値と比べまして大きく減額するという可能性が起きております。現在の土地開発公社の持っている用地でございますけれども、最近取得したものというものはごくわずかでございまして、基本的には「塩漬け」と言われます5年以上の用地がほとんどになるわけでございます。中でも、例えば5年以上ということですと、大体簿価でいいますと95.5%が5年以上前に取得したもの。また、10年以上となりますと、90%以上が実際は10年以上前に取得した物件になっております。このうち簿価の用地費だけで申しますと、大体17億円ぐらいが実際に取得した用地費になるわけでございますけれども、これを今の実勢価格、路線価、それから不動産鑑定士の意見等を判断いたしますと、大体これが7億3,000万円程度、実際は42%ほどしか現在の価値としてはないのかなというふうなことがやっぱりこういうことに反映しているというふうに思っております。

 以上です。



○議長(朝日昇議員) 11番。



◆11番(佐藤長助議員) わかりました。これは、21.57平方メートルという数字は、例えば所番地が特定されているような場所ではないということの説明だと思うのですけれども、そう解釈してよろしいですか。



○議長(朝日昇議員) 財政課長。



◎財政課長(田畑孝城君) 取得した土地はすべて用地を確定した上でおりますので、実際にそれぞれの物件がどこにあるのか、具体的な広さ等も確定したものでございます。



○議長(朝日昇議員) 9番。



◆9番(横山紘一郎議員) 11ページの水源保全事業用地の件でお伺いをしたいと思います。この場所はどこの場所なのか。水源の確保ということであれば、農業用水なのか、あるいは上水道用なのか。環境用水源というようなことも今言われておりますけれども、それはどこの場所で、何のために必要でということなのか、お伺いをしておきたいと思います。



○議長(朝日昇議員) 財政課長。



◎財政課長(田畑孝城君) ただいまの御質問の件でございますけれども、この水源保全用地は、淀師地先になりますけれども、現在は廃業しております千代養鱒場、こちらの土地を水源池の保全を図るという目的のために、市の依頼に基づきまして、平成10年9月に、当時の取得金額3,735万円で取得したものでございます。これは市の水源の確保という観点から持ったものでございまして、これは平成19年度に市のほうに水源用地として処分、売り払いをしたいということでございます。



○議長(朝日昇議員) 9番。



◆9番(横山紘一郎議員) 場所、その他についてはわかりました。ところが、数字が若干、決算に係る主要のほうの報告書、この数字とこの明細書の間では数字の違いがあるのではないだろうかというふうに思いますけれども、確認をさせていただきます。面積が660.91平米、それから金額にしても4,369万9,674円というふうに報告書のほうではございますが、この11ページの明細書における平米数が661.01平米、金額にしても4,305万4,674円というふうになっておりますけれども、これは数字の違いでしょうか。



○議長(朝日昇議員) 財政課長。



◎財政課長(田畑孝城君) 面積でございますけれども、面積は661.01平方メートルということで確認をお願いしたいと思います。それから、この金額と取得金額との差でございますけれども、取得金額にプラス、基本的にはこれまで持っていた、基本的に財源としては銀行からの借入金で賄っておりますので、これらの利子を含めまして、それに諸経費を含めたものが処分価格ということになっておりまして、この決算書の金額が処分価格ということになってございます。

 以上でございます。

                〔「関連」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 18番。



◆18番(吉田晴幸議員) ということは、成果に関する報告書の数字はどうなっているのですかと、こうお伺いをしているのですが。片方だけ合っているから、片方は違うよということなのですか。



○議長(朝日昇議員) 財政課長。



◎財政課長(田畑孝城君) 失礼いたしました。面積に違いが出ているという質問でございますけれども、実は最終処分をする段階で面積の確定をいたしまして、地積更正が発生しております。その分の訂正が両方でなされておりませんで、今回土地開発公社の決算書に載せております面積が確定面積ということで了解をお願いしたいと思います。



○議長(朝日昇議員) 3番。



◆3番(望月芳将議員) 先ほど11番議員さんの質問にございました富士宮駅中原線の用地のところでございますが、関連してお伺いさせていただきたいと思いますが、先ほど補償費のほうが1,580万円ほどというお話がございまして、この補償費の算出の根拠というものを少し教えていただきたいなと思います。それと同時に、この物件は納税等の地主に滞納とか、そういうような調査をしたのでしょうか。その辺についても確認をしたいと思います。



○議長(朝日昇議員) 財政課長。



◎財政課長(田畑孝城君) 補償費の算出でございますけれども、これは物件を取得するときに基本的には担当課のほうで調査をいたしまして、それに基づいた補償金額を組み込んだ上で取得することになっております。今回この物件についてもそういう方法でやっております。

 以上でございます。



○議長(朝日昇議員) 17番。



◆17番(渡辺登議員) 水源保全事業用地の件ですけれども、場所はわかったのですけれども、この場所を選んだ基準。何をもって決めるのですか、教えてください。



○議長(朝日昇議員) 環境経済部長。



◎環境経済部長(遠藤二郎君) 千代養鱒場の土地の購入についてでございますが、当時北山工業団地の誘致に当たりまして、岳南地域地下水利用対策協議会というところに、要は地下水を利用するに当たりまして、その代替といいますか、その用地の部分、使用する部分をほかのところで手当てをしましょうと。そういうことによって、総量的に地下水を北山で掘った場合でも負荷をかけないというようなことで、たまたま千代養鱒場が廃業されるというようなことから、あそこの土地を土地開発公社にて購入していただいたものでございます。今回買い戻しをいたしまして、現地は今観測井戸を3カ所持っておりまして、地下水の水位等の観測に有効に使っております。

 以上です。



○議長(朝日昇議員) 他にありませんか。

                〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終結します。

 以上で報告済みとします。

                                       



△日程第5 報第14号 財団法人富士宮市振興公社の平成19年度事業決算の報告について



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第5 報第14号財団法人富士宮市振興公社の平成19年度事業決算の報告についてを議題とします。

 当局から報告を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました報第14号財団法人富士宮市振興公社の平成19年度事業決算の報告について説明申し上げます。

 本案は、財団法人富士宮市振興公社の平成19年度事業の決算について、地方自治法第243条の3第2項の規定により報告するもので、概要につきましては収支計算書により説明いたします。

 まず、収入の主なものですが、基本財産運用収入530万9,523円は、基本財産6億6,440万8,000円に対する利息収入であります。自主事業収入980万9,996円は、朝霧霊園の貸し付け収入が主なものであります。受託事業収入2億1,206万5,726円は、市民文化会館、勤労青少年ホーム・児童館、市営墓地及び都市公園、以上4件の指定管理料と、その他の受託事業収入であります。

 次に、支出の主なものですが、自主事業費支出475万6,538円は、朝霧霊園の維持管理に係る経費であります。受託事業費支出1億8,818万6,579円は、4件の指定管理施設の管理運営費と、その他の受託事業に係る経費であります。管理費支出2,492万9,437円は、公社の業務管理に係る経費であります。特定資産取得支出1,075万7,063円は、退職給付引当資産及び減価償却引当資産へ積み立てたものであります。固定資産取得支出1,613万363円は、土地購入費及び什器備品購入費であります。前期繰越収支差額1,262万8,893円は、前年度からの繰越金であります。

 以上により、収入総額は2億5,722万238円、支出総額は2億4,475万9,980円となりましたので、収入支出差引額1,246万258円の剰余金が生じ、これを平成20年度に繰り越しました。

 詳細につきましては、お手元の諸表にて御理解をお願いいたします。

 以上、財団法人富士宮市振興公社の平成19年度事業の決算の報告といたします。



○議長(朝日昇議員) 当局からの報告は終わりました。

 この際、暫時休憩します。

                                     午前9時24分休憩

                                       

                                     午前10時04分開議



○議長(朝日昇議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 以上で報告済みとします。

 この際、暫時休憩します。

                                     午前10時05分休憩

                                       

                                     午前10時09分開議



○議長(朝日昇議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                       



△日程第6 報第15号 平成19年度健全化判断比率及び資金不足比率の報告について



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第6 報第15号平成19年度健全化判断比率及び資金不足比率の報告についてを議題とします。

 当局から報告を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました報第15号平成19年度健全化判断比率及び資金不足比率の報告について説明申し上げます。

 本案は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、平成19年度の健全化判断比率及び資金不足比率について市議会に報告するものであります。

 まず、健全化判断比率について説明申し上げます。健全化判断比率は、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率の4つの指標がありますが、実質赤字比率及び連結実質赤字比率については、比率は生じておりません。また、実質公債費比率については15.9%、将来負担比率については128.7%であり、いずれも早期健全化基準を下回っております。

 次に、資金不足比率について説明申し上げます。該当する会計は、水道事業会計、病院事業会計及び下水道事業特別会計の3つの企業会計となりますが、いずれも資金不足比率は生じておりません。

 なお、健全化判断比率及び資金不足比率並びにその算定の基礎となる事項を記載した書類について監査委員の審査を受けており、監査委員の意見はお手元の意見書にて御理解をお願いいたします。

 今後市民の皆様にも財政状況を詳しくお知らせし、健全な財政運営の確立により一層努めてまいる所存であります。



○議長(朝日昇議員) 本件については、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、議会に報告すれば足りるものですが、この際、質疑がありましたらこれを許します。御質疑ありませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御質疑なしと認めます。よって、質疑を終結します。

 以上で報告済みとします。

                                       



△日程第7 認第1号 平成19年度富士宮市歳入歳出決算認定について



△日程第8 認第2号 平成19年度富士宮市水道事業決算認定について



△日程第9 認第3号 平成19年度富士宮市病院事業決算認定について



○議長(朝日昇議員) 次に、日程第7 認第1号平成19年度富士宮市歳入歳出決算認定についてから日程第9 認第3号平成19年度富士宮市病院事業決算認定についてまで、3件を一括議題とします。

 当局から提案理由の説明を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました認第1号から認第3号までの3議案について、一括して説明申し上げます。

 まず、認第1号平成19年度富士宮市歳入歳出決算認定について、総括的にその概要を説明申し上げます。

 本案は、地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成19年度一般会計ほか11特別会計に係る歳入歳出決算を市議会の認定に付するものであります。

 まず、平成19年度一般会計の予算規模ですが、当初予算額305億円に3回の補正予算と前年度からの繰越明許費繰越額を合わせ、313億770万円となりました。

 予算の執行に当たりましては、平成19年度の施政方針で示しました7つのキーワードであります、小さな行政、フードバレー事業推進と元気なまち、安全安心、福祉ビジョンの推進、循環型社会、充実した教育、新たな交通手段を機軸に、効率的財政運営を基本理念とし、歳入と歳出を一体的にとらえた執行を心がけ、限られた財源の活用を図り、真に必要な施策の執行に努めました。

 特別会計につきましても、それぞれの会計の特殊性を考慮しつつ、予算の効率的な執行に当たってきたところであります。

 それでは、各会計別に収支の概要を説明申し上げます。

 まず、一般会計ですが、歳入決算額は315億6,844万2,000円となり、予算現額に対し2億6,074万2,000円、0.8%の増となりました。これは、市税が1億6,787万6,000円、特別交付税が4,614万2,000円、勤労者金融対策預託金償還金が6,911万3,000円それぞれ増額した一方、職員退職手当基金繰入金を1億8,000万円減額したことなどによるものであります。

 一方、歳出決算額は303億7,044万円となり、予算現額に対し執行率は97%で、9億3,726万円の執行残が生じました。このうち予備費2億2,836万1,000円及び翌年度への繰越明許費7,223万5,000円を差し引くと、実質的な執行率は97.9%となります。

 以上、歳入決算額から歳出決算額を差し引いたいわゆる形式収支は11億9,802万円となります。この額から繰越明許費に係る翌年度へ繰り越すべき財源4,282万3,000円を差し引いたいわゆる実質収支は11億5,517万9,000円の黒字で、歳入規模の3.7%に当たり、この額を平成20年度へ繰り越しました。

 次に、北山財産区特別会計ほか10特別会計に係る歳入歳出決算額について説明申し上げます。

 まず、予算規模ですが、当初予算額289億1,870万円に前年度からの事業費繰越金及び補正予算を合わせますと306億6,643万8,000円となりました。これに対し歳入決算額は306億1,165万2,000円で、予算現額に対する収入率は99.8%となりました。歳出決算額は296億6,358万7,000円で、予算現額に対する執行率は96.7%であります。

 以上のことから、歳入決算額から歳出決算額を差し引いたいわゆる形式収支は9億4,806万5,000円となり、下水道事業特別会計における繰越明許費に係る翌年度へ繰り越すべき財源の合計1,033万3,000円を差し引いたいわゆる実質収支は9億3,773万2,000円となりますので、この額を平成20年度に繰り越しました。

 以上が本決算の大要であります。詳細につきましては会計管理者から説明させますが、お手元の歳入歳出決算書、事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書及び決算に係る主要施策の成果に関する報告書にて御理解をお願いいたします。

 なお、監査委員からいただきました富士宮市各種会計歳入歳出決算並びに基金運用状況審査意見書による適切な御指示及び議員各位の御意見を生かし、今後とも健全な財政運営の確立に万全を期してまいる所存であります。よろしく御審議の上、御認定をお願いいたします。

 数字に読み違いがありましたので、訂正させていただきたいと思います。11ページ中段、「以上、歳入決算額から歳出決算額を差し引いたいわゆる形式収支」、その後の数字でございます。正しくは「11億9,800万2,000円」でございます。私「11億9,802万円」と読み上げたそうでございます。訂正をさせていただきたいと思います。



○議長(朝日昇議員) 次に、決算の調製者であります会計管理者から内容についての補足説明を求めます。会計管理者。

            〔会計管理者兼出納室長 石川昌之君 登壇〕



◎会計管理者兼出納室長(石川昌之君) ただいま市長から総括的に説明申し上げました平成19年度富士宮市一般会計ほか11特別会計歳入歳出決算につきまして、決算の調製者であります会計管理者の私から計数の内容について説明申し上げます。

 初めに、平成19年度富士宮市一般会計歳入歳出決算について申し上げます。

 まず、全般的事項について申し上げます。

 決算額は、収入済額315億6,844万2,460円、支出済額303億7,044万38円、歳入歳出差引残額11億9,800万2,422円となりました。前年度と比較いたしますと、収入済額がマイナス0.9%、3億61万2,453円の減額、支出済額がマイナス0.7%、2億1,882万3,070円の減額、歳入歳出差引残額がマイナス6.4%、8,178万9,383円の減額となりました。国から地方への税源移譲に伴い、所得譲与税、地方特例交付金、地方交付税が大幅な減額となりましたが、徹底した経費の節減を図るとともに、市税収入が前年度に比べ17億6,900万円余増収となったことなど、国の三位一体改革の実態を厳しく感じた決算となりましたが、平成19年度決算といたしましては順調に財政健全化に向かっているのではないかと考えております。

 それでは、内容につきまして款別に説明申し上げます。決算書の4ページをごらんいただきたいと思います。

 第1款市税は、調定額224億3,918万3,564円に対しまして収入済額は202億7,392万8,822円であります。調定額に対する収入率は90.4%となっております。歳入決算額に占める割合は、平成18年度の58.1%から64.2%、大幅な伸びを示しております。

 次に、第2款地方譲与税は、収入済額4億3,442万3,000円、平成18年度と比較して9億3,826万6,898円の減額となりました。

 第3款利子割交付金は収入済額7,890万4,000円、第4款配当割交付金は収入済額5,881万3,000円、第5款株式等譲渡所得割交付金は収入済額4,619万6,000円、第6款地方消費税交付金は収入済額11億6,083万2,000円、第7款ゴルフ場利用税交付金は収入済額1億2,222万9,888円、第8款自動車取得税交付金は収入済額2億9,059万6,000円、第9款地方特例交付金は収入済額1億3,113万7,000円、第10款地方交付税は収入済額4億1,605万2,000円で、内訳といたしまして普通交付税が6,991万円、特別交付税が3億4,614万2,000円でありました。平成19年度は引き続き交付団体でありましたが、交付額は前年度対比で7億3,725万8,000円の減額となりました。

 次に、第11款交通安全対策特別交付金は、収入済額2,892万1,000円でありまして、第2款から第11款までは、いずれも調定額と収入済額は同額で、収入率は100%であります。

 次に、第12款分担金及び負担金は、調定額6億5,255万2,269円、収入済額6億2,710万2,619円でありまして、調定額に対する収入率は96.1%であります。

 第13款使用料及び手数料は、調定額4億7,744万2,798円、収入済額4億3,882万3,398円であり、調定額に対する収入率は91.9%であります。

 次に、第14款国庫支出金は収入済額19億8,364万3,683円、第15款県支出金は収入済額16億5,864万7,627円、第16款財産収入は収入済額2億2,197万4,267円、第17款寄附金は収入済額5,859万7,716円、第18款繰入金は収入済額1億9,242万5,947円、第19款繰越金は収入済額12億7,979万1,805円でありまして、第14款から第19款まで、いずれも調定額と収入済額は同額で、収入率は100%であります。

 次に、第20款諸収入は、調定額7億5,969万4,435円、収入済額は7億5,970万2,688円であります。

 第21款市債は、調定額及び収入済額とも同額の13億570万円であります。

 以上が歳入の大要でありますが、総括いたしますと、予算現額313億770万円、調定額337億9,775万7,999円、収入済額315億6,844万2,460円、不納欠損額3億250万4,460円、収入未済額19億3,059万5,890円でありますが、収入済額の中に378万4,811円の未還付金が含まれております。調定額に対する収入率は93.4%、予算現額に対する収入率は100.8%となりました。

 引き続き、歳出の内容につきまして款別に説明申し上げます。決算書は10ページになります。

 第1款議会費は、支出済額2億6,167万5,016円で、執行率は98.2%であります。

 第2款総務費は、支出済額42億8,026万4,552円で、執行率は97.5%でありますが、翌年度への繰越額が2,581万1,000円あります。これは、富士宮駅周辺人にやさしいまちづくり事業の繰り越しであります。

 第3款民生費は、支出済額80億5,566万6,651円で、執行率は97.7%であります。平成18年度と比較して5億円余増額となっておりますが、大宮保育園改築事業があったこと等が大きな要因であります。

 次に、第4款衛生費は、支出済額42億5,633万7,498円で、執行率は95.9%、第5款労働費は、支出済額4億5,111万4,243円で、執行率は99.6%、第6款農林水産業費は、支出済額10億99万2,742円で、執行率は97.9%であります。

 第7款商工費は、支出済額2億8,391万8,412円で、執行率は96.1%であります。平成18年度と比較して4億5,000万円余減額となっておりますが、平成18年度においては企業立地促進事業費補助金4億8,330万円がありましたが、平成19年度は支出がなかったことが大きな要因であります。

 次に、第8款土木費は、支出済額29億3,783万3,979円で、執行率は97.0%でありますが、翌年度への繰越額が4,642万4,000円あります。内容といたしましては、地方特定道路整備事業で2件、2,582万4,000円、市単独街路整備事業で600万円、第二東名自動車道建設推進事業で1,460万円の繰り越しであります。

 次に、第9款消防費は、支出済額15億5,810万5,762円で、執行率は99.4%、第10款教育費は、支出済額25億8,610万2,789円で、執行率は97.7%であります。

 第11款災害復旧費は、支出はありませんでした。

 次に、第12款公債費でありますが、支出済額45億9,367万7,036円で、執行率は99.4%でありますが、この中には過去に借り入れた政府資金等の市債のうち、高金利のものについて補償金免除で繰上償還が可能となったことから、繰上償還をした6,500万円余が含まれております。

 第13款諸支出金は、支出済額1億475万1,358円で、執行率は99.7%であります。

 次に、第14款予備費でありますが、第2款総務費へ7,490万9,000円、第7款商工費へ1,436万7,000円、第8款土木費へ324万1,000円、第10款教育費へ12万2,000円を充当いたしまして、予算現額は2億2,836万1,000円となりました。

 以上が歳出の概要でありますが、総括いたしますと、予算現額313億770万円、支出済額303億7,044万38円、翌年度繰越額7,223万5,000円、不用額8億6,502万4,962円で、その執行率は97.0%となりました。

 この結果、歳入歳出差引残額は11億9,800万2,422円となり、この額から繰越明許による翌年度に繰り越すべき一般財源4,282万3,000円を差し引いた11億5,517万9,422円が平成19年度の実質収支であります。

 以上が一般会計の内容であります。

 次に、特別会計の歳入歳出決算の内容について申し上げます。

 初めに、平成19年度富士宮市北山財産区特別会計について説明申し上げます。決算書は18ページをごらんください。

 まず、歳入でありますが、予算現額1,180万円に対しまして、収入済額は調定額と同額の1,643万292円、調定額に対する収入率は100%で、予算現額に対する収入率は139.2%となりました。

 次に、歳出でありますが、支出済額は427万2,398円で、執行率は36.2%となりました。

 以上の結果、歳入歳出差引残額1,215万7,894円を平成20年度に繰り越しいたしました。

 次に、平成19年度富士宮市国民健康保険事業特別会計について説明申し上げます。決算書は24ページになります。

 まず、歳入でありますが、予算現額120億6,178万9,000円、調定額136億8,958万190円、収入済額120億4,593万3,070円であり、調定額に対する収入率は88.0%、予算現額に対する収入率は99%となりました。

 次に、歳出でありますが、支出済額は116億6,592万8,202円で、執行率は96.7%となりました。

 以上の結果、歳入歳出差引残額は3億8,000万4,868円となり、平成20年度に繰り越しいたしました。

 次に、平成19年度富士宮市上井出区財産区特別会計について説明申し上げます。決算書は32ページになります。

 まず、歳入でありますが、予算現額530万円に対しまして、収入済額は調定額と同額の685万6,197円で、調定額に対する収入率は100%、予算現額に対する収入率は129.4%となりました。

 次に、歳出でありますが、支出済額456万8,207円で、執行率は86.2%となりました。

 以上の結果、歳入歳出差引残額228万7,990円を平成20年度に繰り越しいたしました。

 次に、平成19年度富士宮市土地取得特別会計について説明申し上げます。決算書は38ページになります。

 まず、歳入でありますが、予算現額1億1,400万円に対しまして、収入済額は調定額と同額の1億2,292万3,247円で、調定額に対する収入率は100%、予算現額に対する収入率は107.8%となりました。

 次に、歳出でありますが、支出済額は5,039万8,452円、執行率は44.2%となりました。

 以上の結果、歳入歳出差引残額7,252万4,795円を平成20年度に繰り越しいたしました。

 次に、平成19年度富士宮市猪之頭区財産区特別会計について説明申し上げます。決算書は44ページになります。

 まず、歳入でありますが、予算現額660万円に対しまして、収入済額は調定額と同額の780万5,606円で、調定額に対する収入率は100%、予算現額に対する収入率は118.3%となりました。

 次に、歳出でありますが、支出済額608万6,353円、執行率は92.2%であります。

 以上の結果、歳入歳出差引残額171万9,253円を平成20年度に繰り越しいたしました。

 次に、平成19年度富士宮市立学校給食センター特別会計について説明申し上げます。決算書50ページをごらんください。

 まず、歳入でありますが、予算現額8億8,955万4,000円に対しまして、調定額8億8,666万1,554円、収入済額8億8,539万2,759円で、調定額に対する収入率は99.9%、予算現額に対する収入率は99.5%となりました。

 次に、歳出でありますが、支出済額は8億6,036万5,531円で、執行率は96.7%であります。

 以上の結果、歳入歳出差引残額2,502万7,228円を平成20年度に繰り越しいたしました。

 次に、平成19年度富士宮市老人保健特別会計について説明申し上げます。決算書は56ページになります。

 まず、歳入でありますが、予算現額82億4,885万1,000円に対しまして、収入済額は調定額と同額の82億5,928万3,419円で、調定額に対する収入率は100%、予算現額に対する収入率は100.1%となりました。

 次に、歳出でありますが、支出済額は82億1,913万3,743円で、執行率は99.6%であります。

 以上の結果、歳入歳出差引残額4,014万9,676円を平成20年度に繰り越しいたしました。

 次に、平成19年度富士宮市下水道事業特別会計について説明申し上げます。決算書は62ページであります。

 まず、歳入でありますが、予算現額32億6,532万3,000円に対し、調定額33億2,368万2,728円、収入済額32億6,629万6,685円で、調定額に対する収入率は98.3%、予算現額に対する収入率は100%となりました。

 次に、歳出でありますが、収入済額31億6,708万8,751円、執行率は97.0%となりましたが、翌年度への繰越額が1,033万3,000円あります。これは、市単独公共下水道整備事業で739万3,000円、国庫補助浄化センター増設事業で294万円の繰り越しであります。また、過去に借り入れた高金利の政府資金等の市債について補償金免除で繰上償還が可能となったことから、6億3,300万円余を低金利に借りかえ、繰上償還を行いました。

 以上の結果、歳入歳出差引残額は9,920万7,934円となりますが、この額から繰越明許による翌年度へ繰り越すべき一般財源1,033万3,000円を差し引いた8,887万4,934円が平成19年度の実質収支であります。

 次に、平成19年度富士宮市根原区財産区特別会計について説明申し上げます。決算書は68ページであります。

 まず、歳入でありますが、予算現額1,300万円に対しまして、収入済額は調定額と同額の1,189万7,027円で、調定額に対する収入率は100%、予算現額に対する収入率は91.5%となりました。

 次に、歳出でありますが、支出済額は227万4,262円で、執行率は17.5%となりました。

 以上の結果、歳入歳出差引残額962万2,765円を平成20年度に繰り越しいたしました。

 次に、平成19年度富士宮市介護保険事業特別会計について説明申し上げます。決算書は74ページであります。

 まず、歳入でありますが、予算現額59億4,622万1,000円、調定額59億2,572万1,732円、収入済額58億9,392万1,682円で、調定額に対する収入率は99.5%、予算現額に対する収入率は99.1%となりました。

 次に、歳出でありますが、支出済額56億7,968万5,898円で、執行率は95.5%となりました。

 以上の結果、歳入歳出差引残額2億1,423万5,784円を平成20年度に繰り越しいたしました。

 次に、平成19年度富士宮市墓園事業特別会計について説明申し上げます。決算書は80ページになります。

 まず、歳入でありますが、予算現額1億400万円に対しまして、収入済額は調定額と同額の9,491万2,082円で、調定額に対する収入率は100%、予算現額に対する収入率は91.3%となりました。

 次に、歳出でありますが、支出済額は378万5,788円で、執行率は3.6%となりました。

 以上の結果、歳入歳出差引残額9,112万6,294円を平成20年度に繰り越しいたしました。

 最後に、一般会計ほか11特別会計の決算額の合計額について申し上げます。歳入歳出事項別明細書の2ページをごらんください。予算現額619億7,413万8,000円に対しまして、収入済額は621億8,009万4,526円で、収入率は100.3%、支出済額は600億3,402万7,623円で、執行率は96.9%であります。その結果、歳入歳出差引残額は21億4,606万6,903円となりました。

 以上で平成19年度一般会計ほか11特別会計歳入歳出決算についての説明を終わりますが、決算書及び附属書類によりまして御審議の上、御認定くださいますよう、よろしくお願いを申し上げます。

 2つほど訂正をさせていただきます。

 ただいまの説明の中で国民健康保険事業特別会計の歳入の収入率を「99%」と申し上げましたが、正しくは「99.9%」であります。

 もう一つ、下水道会計の中で「収入済額31億6,708万8,751円」と申し上げましたが、正しくは「支出済額」ということでございますので、訂正をしていただきたいと思います。



○議長(朝日昇議員) 会計管理者の補足説明は終わりました。

 次に、池田代表監査委員から富士宮市歳入歳出決算に対する審査の結果について御報告をお願いします。代表監査委員。

              〔代表監査委員 池田信夫君 登壇〕



◎代表監査委員(池田信夫君) それでは、監査委員を代表いたしまして、平成19年度富士宮市各種会計歳入歳出決算並びに基金運用状況の審査結果を御報告いたします。

 地方自治法第233条第2項及び同法第241条第5項の規定に基づき、審査に付された平成19年度富士宮市一般会計及び富士宮市北山財産区特別会計ほか10特別会計の歳入歳出決算並びに基金の運用状況の審査を、平成20年6月9日から8月29日まで慎重に実施いたしました。

 審査の結果、各種会計の歳入歳出決算並びに附属書類は、ともに法令に準拠して作成され、計数も正確でありました。また、各種会計決算の内容、予算の執行並びに基金の運用状況につきましても、適正であると認められました。

 なお、各種会計決算の概要及び基金の運用状況につきましては、お手元の意見書に記載しましたので、詳細につきましては意見書により御了承いただきたいと思います。

 さて、今日の日本経済は、アメリカで端を発したサブプライムローン問題を引き金に世界経済の減速や原油、諸資材、食料品など価格の高騰を招き、加えて、御案内のように直近のアメリカ証券大手の経営破綻は史上最大規模とも言われ、内外の経済、金融市場の混乱などの要因により、景気は後退局面に入ったと考えているところであります。

 こうした中、平成19年度は三位一体の改革による税源移譲と引きかえに、地方交付税の大幅な削減等により、当市の歳入は3億円強の減収となり、国の徹底した歳出削減が地方に厳しい財政運営を強いられることとなりました。本市の財政健全化計画も2年目を迎え、自助自立の精神をもって行財政運営に当たっていますが、自主財源である市税等の未納、未収額が増加すると財政健全化計画に影響を与えるため、一層の縮減を願うものであります。

 このことを踏まえ、市民要望や国・県等関係機関の動向、社会経済情勢を絶えず注視し、法改正、制度改正等煩雑化する事務執行には細心の注意をもって当たられるよう要望するものであります。

 最後になりますが、行政に携わる者は常に公明正大に、市民の負託にこたえるべく、市政運営を望むところであります。

 以上、簡単でありますが、平成19年度富士宮市一般会計及び富士宮市北山財産区特別会計ほか10特別会計の歳入歳出決算並びに基金運用状況の審査の結果報告といたします。

 以上でございます。



○議長(朝日昇議員) ありがとうございました。

 引き続き提案理由の説明を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) 次に、認第2号平成19年度富士宮市水道事業決算認定について説明申し上げます。

 本案は、地方公営企業法第30条第4項の規定に基づき、監査委員の意見をつけて市議会の認定に付するものであります。

 水道事業の運営に当たりましては、地方公営企業法の経営の基本原則に基づき、常に企業の経済性を発揮するとともに、その本来の目的である公共の福祉を増進するよう努めてまいりました。

 平成19年度事業の内容としましては、前年度に引き続き老朽管の布設替えを重点的に実施し、また市街地周辺における配水管網の整備を行い、水の安定供給に努めてまいりました。さらに、施設改良工事として機械設備等の施設整備を実施し、施設管理の充実を図るとともに、諸経費の節減にも努めてまいりました。その結果、2億5,271万5,846円の当年度純利益を得ることができました。

 以上が本決算の大要であります。

 水道事業につきましては、修繕等の維持管理経費の増加に加え、節水機器の普及や節水意識の高揚の中で、料金収入の伸びも期待できない状況にあります。このため、今後ともより効率的かつ健全な経営とすべく、職員一丸となって努力してまいる所存であります。よろしく御審議の上、御認定をお願いいたします。



○議長(朝日昇議員) 次に、決算の調製者であります企業出納員の水道部長から内容についての補足説明を求めます。水道部長。

               〔水道部長 遠藤牧男君 登壇〕



◎水道部長(遠藤牧男君) ただいま市長から総括的に説明申し上げました認第2号平成19年度富士宮市水道事業決算につきましては、企業出納員であります私から、その概要について説明申し上げます。

 まず、平成19年度の業務状況につきまして説明申し上げます。給水戸数は4万4,132戸で、前年度より540戸増加となりました。1日平均給水量は4万5,271立方メートルで、前年度より52立方メートル減少しました。有収率は82.9%で、前年度と同率でした。

 次に、決算の内容につきまして説明申し上げます。お手元の決算書に添付いたしました平成19年度富士宮市水道事業決算説明書の1ページ、資料1、平成19年度富士宮市水道事業損益計算書をごらんください。最初に、右側の欄の収益から説明申し上げます。

 第1項営業収益は17億655万8,772円で、前年度と比較して147万6,688円、0.1%の増であります。

 第2項営業外収益は1,009万985円で、前年度と比較して157万4,405円、18.5%の増であります。

 第3項特別利益は、固定資産売却益48万2,079円で、前年度と比較して701万6,920円の減となりました。

 以上、収益合計は17億1,713万1,836円となり、前年度と比較して396万5,827円、0.2%の減となりました。

 次に、左側の欄の費用について説明申し上げます。

 第1項営業費用は12億7,835万6,735円で、前年度と比較して1,770万3,980円、1.4%の増であります。

 次に、第2項営業外費用1億8,133万1,723円は、平成18年度末企業債残高43億7,136万8,994円に対する利息が主なものであります。

 第3項特別損失472万7,532円は、過年度損益修正損で、前年度より27万1,405円、6.1%の増であります。

 以上、費用合計は14億6,441万5,990円となり、前年度と比較して461万7,376円、0.3%の増となりました。この結果、収益から費用を差し引いた2億5,271万5,846円の純利益を得ることができました。これは、前年度と比較して858万3,203円、3.3%の減であります。

 以上が平成19年度における水道事業経営の内容であります。

 次に、11ページ、資料3、平成19年度資本的収入及び支出予算決算対比表をごらんください。まず、収入の決算額から説明申し上げます。

 第1款資本的収入、第1項固定資産売却代金3万6,000円は、外神地先の遊休施設用地の売却によるものであります。

 第3項他会計負担金165万5,850円は、消火栓設置工事に対する消防組合の負担金であります。

 第4項加入金6,418万6,500円は、給水装置の新設及び改造934件の加入金であります。

 第5項国庫補助金3,826万7,000円は、水道水源開発等施設整備事業及び簡易水道等施設整備事業に対する国からの補助金であります。

 以上、資本的収入は1億414万5,350円となります。

 次に、支出の決算額について説明申し上げます。12ページでございます。

 第1款資本的支出、第1項建設改良費7億385万6,870円は、第1目建設改良費の老朽管布設替え及び配水管布設工事などが主なものであります。

 第2項企業債償還金3億4,990万1,417円は、平成19年度の償還元金と繰上償還分の元金で、前年度と比較して4,084万1,117円、13.2%の増であります。

 第3項国庫補助金返還金189万9,902円は、水道水源等施設整備費及び簡易水道等施設整備費の国庫補助金に係る返還金であります。

 以上、資本的支出は10億5,565万8,189円となり、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額9億5,151万2,839円は、当年度分消費税資本的収支調整額2,882万3,947円、過年度分損益勘定留保資金2,957万9,423円、当年度分損益勘定留保資金6億6,134万2,646円、減債積立金処分額4,802万3,333円及び建設改良積立金処分額1億8,374万3,490円で補てんいたしました。

 次に、14ページ、資料4、平成19年度富士宮市水道事業貸借対照表をごらんください。この貸借対照表は、平成19年度末における水道事業の保有するすべての資産、負債及び資本の現在高を示したものであります。

 最初に、左側の資産の部から説明申し上げます。固定資産は179億735万8,932円で、前年度と比較して3,981万5,377円、0.2%の増で、3の構築物の配水設備が主なものであります。

 流動資産は11億6,790万753円で、前年度と比較して5,416万3,158円、4.4%の減で、1の現金預金の減が主なものであります。

 次に、右側の負債・資本の部について説明申し上げます。固定負債は1億5,019万8,817円で、前年度と比較して542万9,007円、3.5%の減であります。流動負債は2億49万1,020円で、前年度と比較して4,010万3,751円、16.7%の減で、1の未払い金の減が主なものであります。資本金は114億5,252万8,425円で、前年度と比較して1億1,813万4,594円、1.0%の減であります。剰余金は72億7,204万1,423円で、前年度と比較して1億4,931万9,571円、2.1%の増であります。

 したがいまして、資産合計及び負債・資本合計は同額の190億7,525万9,685円で、前年度と比較して1,434万7,781円、0.1%の減であります。

 以上が平成19年度富士宮市水道事業決算の内容であります。よろしく御審議の上、御認定くださいますようお願い申し上げまして、説明を終わらせていただきます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(朝日昇議員) 水道部長の補足説明は終わりました。

 次に、池田代表監査委員から、富士宮市水道事業決算に対する審査の結果について御報告をお願いします。代表監査委員。

              〔代表監査委員 池田信夫君 登壇〕



◎代表監査委員(池田信夫君) それでは、監査委員を代表いたしまして、平成19年度富士宮市水道事業会計の決算審査の結果を御報告いたします。

 地方公営企業法第30条第2項の規定に基づき、審査に付された平成19年度富士宮市水道事業会計決算の審査を、平成20年6月9日から8月29日まで慎重に実施いたしました。

 審査の結果、水道事業の目的である生活用水、その他の浄水を市民に提供し、もって公共の福祉の増進に寄与することに意を用いて執行されており、決算諸表は企業会計原則に基づき、経営成績及び財政状態を適正に表示しているものと認められました。

 なお、決算の概要につきましては、お手元の意見書に記載いたしましたので、詳細は意見書により御了承いただきたいと思います。

 さて、水道事業を取り巻く環境は大変厳しいものがあります。とりわけ昨今の日本経済は景気後退局面に入るとともに、企業、個人の節水意識の高まりなどから今後も給水量の増加は見込めず、今後予定される旧上井出簡易水道老朽管布設がえ、大宮配水池建てかえ事業等が控えておりますが、その充当資金については安易に起債に頼らず、着実な資金計画により事業の推進を切望するものであります。

 終わりに、国の一層の財政再建、歳出抑制の中で、昨今の未収金の増加傾向については、徴収業務等の外部委託を進め、縮減に努めておりますが、財政への影響も大きいものがありますので、なお一層の努力をしていただくとともに、法改正、制度改正等煩雑化する事務執行には細心の注意をもって当たられるよう望むものであります。

 以上、簡単でありますが、平成19年度富士宮市水道事業会計の決算審査の結果報告といたします。

 以上でございます。



○議長(朝日昇議員) ありがとうございました。

 引き続き提案理由の説明を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) 次に、認第3号平成19年度富士宮市病院事業決算認定について説明申し上げます。

 本案は、地方公営企業法第30条第4項の規定に基づき、監査委員の意見をつけて市議会の認定に付するものであります。

 病院事業の運営に当たりましては、地域住民の高度かつ多様な医療需要に対応し、良質な医療を提供すべく、医療体制の充実及び施設整備に努めてまいりました。

 平成19年度事業の主な内容といたしましては、電子カルテシステム導入、建物内部改修工事を実施いたしました。経営面では、深刻化する医師不足の中、医師の過酷な勤務状況を改善するため、産婦人科医師通常分娩手当支給、内科外来の紹介・予約制実施等の外来診療制限、1次救急受け入れの制限等を行う一方、7対1看護体制導入等の診療報酬加算の積極的な取得等健全経営に努めてまいりました。これらにより、医師の過重な負担はある程度軽減されましたが、外来患者数の減少による医業収支の悪化を受け入れざるを得ませんでした。また、平成18年度からの診療報酬の大幅な引き下げは、引き続き病院経営に大きな負担を強いています。なお、平成19年度の患者数は、入院、外来合わせて31万4,812人で、1日当たりの平均患者数は入院が284人、外来が861人でした。その結果、企業会計で言うところの純損失は1億9,265万1,929円となりました。

 以上が本決算の大要であります。

 今後も地域医療を担う基幹病院として地域住民に信頼されるよう努めるとともに、効率的な病院運営を推進し、健全経営に向けてなお一層努力してまいります。よろしく御審議の上、御認定をお願いいたします。



○議長(朝日昇議員) 次に、決算の調製者であります企業出納員の市立病院事務部長から内容についての補足説明を求めます。

                〔市立病院事務部長兼情報システム室長 広瀬辰造君 登壇〕



◎市立病院事務部長兼情報システム室長(広瀬辰造君) ただいま市長から総括的に説明申し上げました認第3号平成19年度富士宮市病院事業決算につきまして、企業出納員であります私から、その概要について説明を申し上げます。

 まず、平成19年度の業務状況につきまして説明申し上げます。年間延べ入院患者数は10万3,766人で、前年度と比較し4,165人、3.9%の減少、外来患者数は21万1,046人で、前年度と比較して4万1,205人、16.3%の減少となりました。また、経営収支全般につきましては、1億9,265万1,929円の純損失を計上することとなりました。

 次に、決算の内容につきまして説明申し上げます。お手元の決算書に添付いたしました平成19年度富士宮市病院事業決算説明書の1ページ、資料1、平成19年度富士宮市病院事業損益計算書説明書をごらんください。まず、右側の収益から説明申し上げます。

 第1項医業収益の決算額は76億9,498万2,472円で、前年度と比較いたしますと3億725万4,481円、3.8%の減少となりました。この主なものといたしましては、第1目入院収益は47億6,264万2,696円で、医業収益全体に占める割合は61.9%であります。第2目外来収益は27億5,008万8,430円で、医業収益全体に占める割合は35.7%であります。

 次に、第2項医業外収益の決算額は5億897万8,809円で、前年度と比較し6,312万3,886円、14.2%増加いたしました。この主なものといたしましては、第2目他会計負担金は3億7,338万9,000円で、救急医療負担金、企業債償還利子負担金などの一般会計負担金でございます。第6目その他医業外収益は7,427万6,809円で、医師住宅使用料、駐車場使用料等の収入でございます。

 次に、第3項保育所収益の決算額は765万1,084円で、前年度と比較し105万1,827円、12.1%減少いたしました。

 以上、病院事業収益の総額は82億1,161万2,365円で、前年度と比較し2億4,518万2,422円、2.9%減少いたしました。

 続きまして、左側の費用について説明申し上げます。

 第1項医業費用の決算額は79億8,863万8,765円で、前年度と比較し3,151万5,965円、0.4%減少いたしました。また、医業収益に対する割合は103.8%でございます。この主なものといたしましては、第1目給与費は38億6,168万8,017円で、給料、手当、法定福利費、退職給与等でございます。前年度と比較し2億1,087万9,813円、5.8%増加いたしました。第2目材料費は25億8,622万4,594円で、薬品、診療材料の貯蔵品出庫額等でございます。前年度と比較し2億4,795万3,457円、8.7%減少いたしました。

 次に、第2項医業外費用の決算額は3億7,349万1,615円で、前年度と比較し442万3,121円、1.2%減少いたしました。この主なものといたしましては、第2目雑支出は2億1,691万7,031円で、貯蔵品購入等に係る控除対象外消費税等でございます。

 次に、第3項保育所運営費の決算額は2,238万5,171円で、前年度と比較し477万2,095円、17.6%減少いたしました。

 次に、第4項特別損失の決算額は1,974万8,743円で、前年度と比較し21万7,796円、1.1%の減少となりました。この内容につきましては、第2目過年度損益修正損で、平成13年度分の診療費未収金の不納欠損額等でございます。

 以上、病院事業費用の総額は84億426万4,294円で、前年度と比較し4,092万8,977円、0.5%減少いたしました。この結果、収益から費用を差し引いた額1億9,265万1,929円が当年度の純損失となりました。

 次に、9ページの資料3、平成19年度資本的収入及び支出予算決算対比表をごらんください。なお、資本的収入及び支出の決算額につきましては、消費税込み決算額で説明させていただきます。

 まず、収入について説明申し上げます。第1項出資金の決算額は2億426万円で、その内容につきましては、企業債償還元金に充当するための一般会計出資金でございます。

 以上、資本的収入の総額は2億426万円でございます。

 次に、支出について説明申し上げます。第1項建設改良費の決算額は7億9,084万5,122円で、院内内部改修工事、医療器械器具及び一般備品購入費並びに新オーダリングシステム導入委託に伴う支出でございます。

 第2項企業債償還金の決算額は10億3,115万2,080円で、平成19年度に償還した企業債元金でございます。

 なお、医療器械器具と備品のうち1件100万円以上のものにつきましては、平成19年度富士宮市病院事業決算書の13ページに記載してございます。また、平成19年度末の企業債の明細につきましては、平成19年度富士宮市病院事業決算書の21、22ページの企業債明細書に記載してございます。

 以上、資本的支出の総額は18億2,199万7,202円でございますが、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額16億1,773万7,202円は、過年度分損益勘定留保資金15億8,007万7,880円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額3,765万9,322円で補てんいたしました。

 次に、10ページの資料4、平成19年度富士宮市病院事業貸借対照表説明書をごらんください。この貸借対照表は、平成19年度末の病院事業会計の資産、負債及び資本の現在高を示したものでございます。

 それでは、まず資産の部から説明申し上げます。固定資産は80億6,389万5,449円で、資産全体に占める割合は67.2%でございます。この内容につきましては、有形固定資産が80億6,124万3,484円、無形固定資産が265万1,965円でございます。また、流動資産は39億2,880万2,578円で、資産全体に占める割合は32.8%でございます。この主なものといたしましては、現金預金が20億5,790万6,874円、未収金が18億3,360万5,612円でございます。

 次に、負債・資本の部について説明申し上げます。固定負債は3億2,890万7,232円で、負債・資本合計に占める割合は2.7%でございます。この内容につきましては、引当金でございます。また、流動負債は5億1,593万5,594円で、負債・資本合計に占める割合は4.3%でございます。この内容につきましては、未払金が5億743万5,594円、その他流動負債が850万円でございます。資本金につきましては94億9,823万1,054円で、負債・資本合計に占める割合は79.2%でございます。この内容につきましては、自己資本金が78億5,745万953円、借入資本金が16億4,078万101円でございます。剰余金は16億4,962万4,147円で、負債・資本合計に占める割合は13.8%でございます。この内容につきましては、資本剰余金が6億8,062万275円、利益剰余金が9億6,900万3,872円でございます。

 以上が平成19年度富士宮市病院事業決算の内容でございます。

 なお、病院経営につきましては、医師不足の深刻化などますます厳しい環境が予測されますが、地域医療を担う基幹病院として、高度医療機器の整備により地域医療水準の向上に貢献し、地域住民に信頼される病院づくりに努めるとともに効率的な病院運営を推進し、健全経営に向けてなお一層努力してまいる所存でございます。

 よろしく御審議の上、御認定くださいますようお願い申し上げまして、説明を終了させていただきます。



○議長(朝日昇議員) 市立病院事務部長の補足説明は終わりました。

 次に、池田代表監査委員から、富士宮市病院事業決算に対する審査の結果について御報告をお願いします。代表監査委員。

              〔代表監査委員 池田信夫君 登壇〕



◎代表監査委員(池田信夫君) それでは、監査委員を代表いたしまして、平成19年度富士宮市病院事業会計の決算審査の結果を御報告いたします。

 地方公営企業法第30条第2項の規定に基づき、審査に付された平成19年度富士宮市病院事業会計決算の審査を、平成20年6月9日から8月29日まで慎重に実施いたしました。

 審査の結果、病院事業の目的である市民の健康保持に必要な医療を提供し、もって公共の福祉の増進に寄与することに意を用いて執行されており、決算諸表は企業会計原則に基づき、経営成績及び財政状態を適正に表示しているものと認められました。

 なお、決算概要につきましては、お手元の意見書に記載いたしましたので、詳細は意見書により御了承いただきたいと思います。

 今日病院経営を取り巻く環境は、医師不足、診療報酬の改定などにより、一層厳しさを増しております。当病院においても医師不足が現実化し、医師の過重労働によるさらなる医師不足といった悪循環を招きかねないといった懸念から、外来患者の内科受診の紹介、予約制を実施したところであります。したがいまして、外来患者数は前年度実績を大幅に下回り、病院収益を大きく圧迫してきております。こうした状況から、総合的経営対応策を早期に確立し、実施していく必要があろうかと思います。また、法改正、制度改正、診療報酬の改正、改定等繁雑化する事務執行には細心の注意をもって当たられるとともに、未収金については一層の縮減を図るよう望むところであります。

 最後に、地域医療を担う基幹病院として安定的医療体制のもとで効率的な病院運営を推進し、一層健全経営に努めていただきたいと思います。

 以上、簡単でありますが、平成19年度富士宮市病院事業会計の決算審査の結果報告といたします。

 以上でございます。



○議長(朝日昇議員) ありがとうございました。

 お諮りします。ただいま議題となっております認第1号平成19年度富士宮市歳入歳出決算認定についてから認第3号平成19年度富士宮市病院事業決算認定についてまで、一括3件については、22人の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにしたいと思います。御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。よって、一括3件については、22人の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決定しました。

 お諮りします。ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、


      1番  渡 辺 佳 正 議員       2番  若 林 志津子 議員
      3番  望 月 芳 将 議員       4番  稲 葉 晃 司 議員
      5番  深 澤 竜 介 議員       6番  吉 野 友 勝 議員
      7番  佐 野 清 明 議員       8番  佐 野 寿 夫 議員
      9番  横 山 紘一郎 議員      10番  渡 辺 喜代美 議員
     11番  佐 藤 長 助 議員      12番  遠 藤 英 明 議員
     13番  村 瀬   旬 議員      14番  山 口 源 蔵 議員
     15番  諸 星 孝 子 議員      16番  朝 日   昇
     17番  渡 辺   登 議員      18番  吉 田 晴 幸 議員
     19番  朝比奈 貞 郎 議員      20番  日 原 貞 二 議員
     21番  望 月 光 雄 議員      22番  手 島 皓 二 議員
 以上22人の議員を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕




○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。ただいま指名しました22人の議員を決算審査特別委員会の委員に選任することに決定しました。

 ただいま選任されました決算審査特別委員会の委員は、次の休憩中に特別委員会を開催し、正副委員長の互選を行い、その結果を御報告願います。

 この際、暫時休憩します。

                                     午前11時27分休憩

                                       

                                     午前11時37分開議



○議長(朝日昇議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 休憩中に開催されました特別委員会において正副委員長が互選され、その結果の報告がありましたので、御報告します。

    決算審査特別委員会委員長  村 瀬   旬 委員

            副委員長  望 月 光 雄 委員

             〃    渡 辺 佳 正 委員

 以上のとおり当選されましたので、御報告します。

                                       

                      県 道富士宮―由比線



△日程第10 認第 4号 平成19年度          道路組合歳入歳出決算認定について

                      市町道富士川―由比線



△日程第11 議第56号 平成19年度富士宮市水道事業剰余金の処分について



△日程第12 議第57号 富士宮市営住宅条例の一部を改正する条例制定について



△日程第13 議第58号 富士宮市重度障害者医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について



△日程第14 議第59号 富士宮市緑資源機構事業負担金等徴収条例の一部を改正する条例制定について



△日程第15 議第60号 富士宮市用水運営審議会設置条例等の一部を改正する条例制定について



△日程第16 議第61号 富士宮市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例制定について



△日程第17 議第62号 富士宮市職員退隠料、退職給与金、死亡給与金、遺族扶助料条例等の一部を改正する条例制定について



△日程第18 議第63号 富士宮市土地開発公社定款の変更について



△日程第19 議第64号 市道路線の廃止について



△日程第20 議第65号 市道路線の認定について



△日程第21 議第66号 平成20年度富士宮市一般会計補正予算(第1号)



△日程第22 議第67号 平成20年度富士宮市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)



△日程第23 議第68号 平成20年度富士宮市立学校給食センター特別会計補正予算(第1号)



△日程第24 議第69号 平成20年度富士宮市下水道事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第25 議第70号 平成20年度富士宮市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第26 議第71号 平成20年度富士宮市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)





○議長(朝日昇議員) 次に、日程第10 認第4号平成19年度県道富士宮―由比線・市町道富士川―由比線道路組合歳入歳出決算認定について及び日程第11 議第56号平成19年度富士宮市水道事業剰余金の処分についてから日程第26 議第71号平成20年度富士宮市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)まで、17件を一括議題とします。

 当局から提案理由の説明を求めます。市長。

                〔市長 小室直義君 登壇〕



◎市長(小室直義君) ただいま上程されました認第4号及び議第56号から議第71号までの17議案について、一括して説明申し上げます。

 まず、認第4号平成19年度県道富士宮―由比線・市町道富士川―由比線道路組合歳入歳出決算認定について説明申し上げます。

 本案は、地方自治法第292条により準用する地方自治法施行令第5条第3項の規定により、平成20年3月31日をもって解散いたしました県道富士宮―由比線・市町道富士川―由比線道路組合の歳入歳出決算を市議会の認定に付するものであります。

 歳入決算額は186万8,132円で、予算現額に対する収入率は99.4%であります。一方、歳出決算額は71万9,171円で、予算現額に対する執行率は38.3%であります。歳入から歳出を差し引いた残額は114万8,961円になりますが、これにつきましては今後この組合の構成団体でありました本市、富士川町及び由比町で均等に分割する予定になっております。

 以上が本決算の大要であります。よろしく御審議の上、御認定をお願いいたします。

 次に、議第56号平成19年度富士宮市水道事業剰余金の処分について説明申し上げます。

 平成19年度水道事業経営の結果、2億5,271万5,846円の純利益を得ることができました。この純利益について、地方公営企業法第32条第1項の規定により、減債積立金に5,000万円を、また残額の2億271万5,846円を建設改良積立金に積み立てようとするものであります。

 次に、議第57号富士宮市営住宅条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、市営住宅から暴力団員を排除し、市営住宅における入居者及び市民の生活の安全の確保等を図るため、条例の一部を改正するものであります。

 主な改正内容は、入居資格に本人及び同居者が暴力団員でないことを加えさせること、同居させようとする者が暴力団員である場合は、市長は承認しないことを加えることであります。

 次に、議第58号富士宮市重度障害者医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、後期高齢者医療制度の創設により関係省令の題名が改正されたことに伴い、条例の一部を改正するものであります。

 次に、議第59号富士宮市緑資源機構事業負担金等徴収条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、独立行政法人緑資源機構が廃止され、同機構が行っていた事業が独立行政法人森林総合研究所に承継されたことに伴い、条例の一部を改正するものであります。

 次に、議第60号富士宮市用水運営審議会設置条例等の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、地方自治法が改正されたことに伴い、議員の報酬の名称を「議員報酬」とするため、条例の一部を改正するものであります。

 次に、議第61号富士宮市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、地方自治法が改正されたことに伴い、条文を整備するため、条例の一部を改正するものであります。

 次に、議第62号富士宮市職員退隠料、退職給与金、死亡給与金、遺族扶助料条例等の一部を改正する条例制定について説明申し上げます。

 本案は、国民生活金融公庫等が解散し、新たな政策金融機関として株式会社日本政策金融公庫が設立されたこと等に伴い、条例の一部を改正するものであります。

 次に、議第63号富士宮市土地開発公社定款の変更について説明申し上げます。

 本案は、公益法人制度の改革により、公有地の拡大の推進に関する法律が改正されたことに伴い、定款の一部を変更するものであります。

 次に、議第64号市道路線の廃止について説明申し上げます。

 本案は、議案に掲げました1路線ついて、道路法第10条第1項の規定に基づく市道路線の廃止をいたしたく、同条第3項の規定により、市議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議第65号市道路線の認定について説明申し上げます。

 本案は、議案に掲げました2路線について、道路法第8条第1項の規定に基づく市道路線の認定をいたしたく、同条第2項の規定により、市議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議第66号平成20年度富士宮市一般会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。

 今回の補正予算編成の基本的な考え方といたしましては、国・県の補助対象事業の内示、決定、あるいは事業の進捗状況から年度内の事業執行を把握するとともに、既定の歳入歳出予算を全般的に見直す中で、市民から要望の多い道路、交通安全施設等の生活基盤の整備、子供の安全・安心対策としての学校、保育園等の整備事業を主体に予算措置をするなど、財源の効率的な運用を図ることといたしました。

 今回の補正額は、6億6,000万円の追加であり、現計予算額310億4,000万円と合わせますと、補正後の予算規模は316億4,600万円となるものであります。

 補正の内容について申し上げますと、まず歳入でありますが、第9款地方特例交付金1,822万4,000円の追加及び第10款地方交付税1,379万3,000円の減額は、交付額の決定に伴うものであります。

 第14款国庫支出金5,120万円の減額及び第15款県支出金3,225万3,000円の追加は、国・県の内示、決定あるいは事業費の確定に伴うもので、いずれも歳出に関連した特定財源が主なものであります。

 第16款財産収入2,310万円の追加は、土地開発公社から買い戻しを行う事業用代替地の売却収入見込額であります。

 第17款寄附金600万円の追加は、小泉の遠藤確一様からの一般寄附金500万円及び兵庫県宝塚市の池田幹雄様からのアジアシニアソフトテニス大会に対する教育費寄附金100万円であります。

 第18款繰入金2,789万1,000円の減額は、介護保険事業特別会計からの精算による繰入金7,210万9,000円の追加と、財政調整基金及び職員退職手当基金からの繰入金それぞれ5,000万円の減額によるものであります。

 第19款繰越金6億5,517万9,000円の追加は、平成19年度決算剰余金の確定に伴うものであります。

 第20款諸収入は、2,762万8,000円の追加であります。これは、勤労者住宅建設資金融資預託金償還金500万円の追加と区民館建設事業に係る自治総合センターコミュニティ助成金1,500万円の追加が主なものであります。

 第21款市債は、6,350万円の減額であります。これは、借りかえを予定していた市債のうち借入額の少額なもの及び償還期間の短いものについては借りかえを行わないこととし、8,600万円の減額及び身延線鉄道高架推進事業のための3,850万円の追加が主なものであります。

 次に、歳出でありますが、第2款総務費は、2億3,460万4,000円の追加であります。この主なものとしましては、一般管理費では庁舎の電源装置修繕を行うため修繕料850万円を追加する一方、市民活動災害補償保険の見直しにより、保険料1,020万1,000円を減額いたしました。財産管理費では、財政調整基金積立金として1億円を追加いたしました。交通安全対策費では、カーブミラー等の修繕料として1,000万円を追加いたしました。諸費では、税源移譲に伴う年度間の所得変動に係る還付金など市税収入還付金9,100万円、地区集会所建設費補助金700万円のそれぞれの追加が主なものであります。賦課徴収費では、市民税システム導入調査業務委託料630万円及び固定資産税等電算システムの修正委託料700万円のそれぞれの追加が主なものであります。

 第3款民生費は、4,359万8,000円の追加であります。この主なものとしましては、老人福祉費では小規模特別養護老人ホームの建設延期に伴う施設整備費補助金4,000万円の減額であります。国民健康保険費では、国民健康保険事業特別会計への繰出金2,635万4,000円の追加であります。介護保険費では、介護保険事業特別会計への繰出金782万2,000円の追加であります。後期高齢者医療費では、後期高齢者医療事業特別会計への繰出金3,602万5,000円の追加であります。児童福祉総務費では、放課後児童健全育成事業委託料358万5,000円の追加が主なものであります。保育所費では、保育園の修繕料200万円の追加と、寄附金の財源を活用した園用備品購入費261万円の追加が主なものであります。

 第4款衛生費は、340万円の追加であります。この主なものとしましては、環境衛生費では神田川河川改修に伴う公衆便所撤去工事費100万円の追加であります。清掃総務費では、合併処理浄化槽設置整備事業費補助金240万円の追加であります。

 第5款労働費の4,000万円の追加は、勤労者住宅建設資金融資預託金4,000万円の追加によるものです。

 第6款農林水産業費は、327万8,000円の追加で、馬見塚地区ほ場整備事業に係る申請書等作成委託料330万円の追加及び経営構造対策推進事業補助金10万円の減額が主なものであります。

 第7款商工費は、161万3,000円の追加で、観光費で田貫湖キャンプ場の施設等修繕料131万3,000円が主なものであります。

 第8款土木費は、3,340万6,000円の追加であります。この主なものとしましては、道路維持費では市道補修工事費2,400万円の追加であります。住宅管理費では、市営住宅リフレッシュ修繕など施設修繕料350万円の追加であります。住宅建設費では、市営白尾住宅I棟建設に係る設計等委託料588万円の追加であります。

 第9款消防費は、688万4,000円の追加で、国道469号線拡幅に伴う防火水槽移転設置工事費543万9,000円が主なものであります。

 第10款教育費は、4,921万7,000円の追加であります。この主なものとしましては、義務教育振興費では県指定の委託事業であるスクールソーシャルワーカー活用事業費274万3,000円を追加しました。学校給食費では、給食材料費の値上げに対応するため、緊急的対応として市立学校給食センター特別会計への繰出金2,000万円を追加いたしました。小学校費の学校管理費では、安全対策としての施設設備維持補修費として、修繕料及び工事費を合わせて2,050万円の追加であります。小学校費の学校建設費では、上野小学校校舎改築工事の契約締結により、工事請負費2,280万4,000円の減額であります。中学校費の学校管理費では、安全対策としての施設設備維持補修費として、修繕料及び工事費を合わせて2,300万円の追加であります。図書館費では、図書購入費300万円の追加であります。埋蔵文化財発掘調査費では、千居遺跡の遺跡範囲確認調査委託料150万円の追加であります。保健体育総務費では、アジアシニアソフトテニス選手権大会補助金100万円の追加であります。体育施設費では、備品購入費としてソフトボール用外野フェンス購入費230万円の追加であります。

 第13款諸支出金では、土地購入費として土地開発公社からの事業用代替地取得費1億2,000万円の追加であります。

 第14款予備費には7,000万円を追加しました。

 以上が本補正予算の大要であります。

 次に、議第67号平成20年度富士宮市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について説明申し上げます。

 今回の補正は、1億2,498万円の追加でありまして、補正後の予算規模は114億4,298万円となるものであります。

 まず、歳入でありますが、第3款国庫支出金534万6,000円の追加は、後期高齢者支援金の増額及び平成19年度療養給付費等負担金の確定などに伴うものであります。

 第4款療養給付費等交付金9,727万5,000円の追加は、退職被保険者等医療費交付金の追加などに伴うものであります。

 第9款繰入金2億7,664万6,000円の減額は、平成19年度からの繰越金が確定したため、保険給付費等支払準備基金からの繰り入れ3億300万円を取りやめ、職員給与費等の増額分2,635万4,000円を一般会計から繰り入れるものです。

 第10款繰越金2億9,900万5,000円の追加は、前年度繰越金の確定に伴うものであります。

 次に、歳出でありますが、第1款総務費は、国保電算システムの条例減免対応システム修正に伴い、委託料2,635万4,000円を追加するものであります。

 第3款後期高齢者支援金等7,150万1,000円の追加は、支援金拠出額及び事務費拠出額の決定によるものであります。

 第4款前期高齢者納付金等247万5,000円の減額は、納付金及び事務費拠出金の決定によるものであります。

 第8款保健事業費141万7,000円の追加は、国保連合会における特定健診特定保健指導事業のデータ取り扱い手数料単価の決定によるものであります。

 第12款予備費には2,818万3,000円を追加し、調整いたしました。

 以上が本補正予算の大要であります。

 次に、議第68号平成20年度富士宮市立学校給食センター特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。

 今回の補正は、3,002万7,000円の追加でありまして、補正後の予算規模は8億8,602万7,000円となるものであります。

 歳出の主な内容は、重油代の高騰による燃料費850万円の追加及び食材価格の高騰による給食賄い材料費2,000万円の追加であります。なお、給食賄い材料費追加分につきましては、今年度は給食費の値上げを行わず、緊急的措置として一般会計からの繰入金2,000万円で対応いたしました。

 以上が本補正予算の大要であります。

 次に、議第69号平成20年度富士宮市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。

 今回の補正は、1,917万4,000円の追加でありまして、補正後の予算規模は35億1,517万4,000円となるものであります。

 まず、歳入でありますが、第3款国庫支出金3,750万円の追加は、国庫補助対象範囲の拡大に伴うものであります。

 第5款繰越金1,887万4,000円の追加は、平成19年度決算剰余金の確定に伴うものであります。

 第7款市債3,720万円の減額は、国庫補助対象範囲拡大に伴うものであります。

 次に、歳出でありますが、第1款下水道事業費は1,600万円の追加であります。この内容としましては、管渠維持費の工事請負費150万円、浄化センター管理費の修繕料1,450万円をそれぞれ追加するものであります。また、建設事業費につきましては、国庫補助対象範囲の拡大に伴い、単独事業費から公共事業費に科目の組み替えを行うものであります。

 第3款予備費には317万4,000円を追加し、調整いたしました。

 以上が本補正予算の大要であります。

 次に、議第70号平成20年度富士宮市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。

 今回の補正は、2億4,855万5,000円の追加でありまして、補正後の予算規模は61億4,455万5,000円となるものであります。

 まず、歳入でありますが、第3款使用料及び手数料18万円の追加は、地域支援事業に係るサービスの利用者の増によるものであります。

 第4款国庫支出金1,434万9,000円、第5款支払基金交付金729万4,000円、第6款県支出金717万4,000円及び第8款繰入金782万2,000円のそれぞれの追加は、地域支援事業によるものであります。

 第9款繰越金2億1,173万6,000円の追加は、前年度繰越金の確定に伴うものであります。

 次に、歳出でありますが、第3款地域支援事業費4,526万4,000円の追加は、介護予防事業及び任意事業の委託料の増額によるものであります。

 第4款基金積立金3,675万5,000円の追加は、保険給付等支払準備基金への積立金であります。

 第6款諸支出金1億6,653万6,000円の追加は、国・県負担金の超過交付金返還金及び一般会計繰入金返還金であります。

 以上が本補正予算の大要であります。

 次に、議第71号平成20年度富士宮市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。

 今回の補正は、3,620万9,000円の追加でありまして、補正後の予算規模は15億1,320万9,000円となるものであります。

 まず、歳入でありますが、第3款繰入金3,602万5,000円の追加は、後期高齢者医療給付費の増額に伴う市負担分であります。

 第4款諸収入18万4,000円は、保健事業費の追加に伴うものであります。

 次に、歳出でありますが、第2款後期高齢者医療広域連合納付金3,602万5,000円の追加は、後期高齢者医療給付費の市負担金が見込みよりも増加したことに対応するものであります。

 第3款保健事業費は、健康診査事業の国保連合会へのデータ管理委託料を18万4,000円追加するものであります。

 以上が本補正予算の大要であります。

 以上、一括して説明申し上げました17議案について、よろしく御審議の上、御決定をお願いいたします。

 数字の読み間違いがありましたので、訂正をさせていただきたいと思います。

 一般会計の今回の補正額は6億600万円の追加であるところを6億6,000万円と説明しましたので、「6億600万円」に訂正をお願いいたします。失礼いたしました。



○議長(朝日昇議員) 当局からの説明は終わりました。

 これら17件に対する質疑は、議第56号は10月10日の最終日に、その他の16件は次回に行うことにいたします。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 お諮りします。明9月19日は議案研究のため休会、9月20日及び21日の2日間は休日のため休会したいと思います。御異議ありませんか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(朝日昇議員) 御異議なしと認めます。明9月19日から21日までの3日間は休会することに決定しました。

 来る9月22日は午前9時から本会議を開き、議案の審議を行いますので、よろしくお願いします。

 本日はこれにて散会します。大変御苦労さまでした。

                                     午後0時05分散会