議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 浜松市

平成24年 11月 議会運営委員会 日程単位




平成24年 11月 議会運営委員会 − 11月14日−01号









平成24年 11月 議会運営委員会



          浜松市議会運営委員会会議録

1 開催日時

 平成24年11月14日(水)午前10時

2 開催場所

 第1委員会室

3 会議に付した案件

 1 第4回市議会定例会の運営について

  (1)諸般の報告事項

  (2)議決事件について

  (3)議決事件審議の方法について

  (4)討論について

  (5)市政に対する質問について

  (6)会期について

  (7)会期中の日程表・議事日程・議事の順序及び議案付託件目表について

 2 追加予定議案について

 3 請願・意見書等の提出について

  (1)「子どもたちの健やかな成長と、希望ある子育てのために、豊かな保育施策」を求める請願(浜松市保育団体連絡会 代表者 伊藤智世さんほか提出)

  (2)国民健康保険料の引き下げなどを求める請願(浜松・国民健康保険をよくする会 代表世話人 金子雅則さん、嶋田博さんほか提出)

  (3)「保険で良い歯科医療の実現を求める」意見書採択に関する陳情(静岡県保険医協会 代表 聞間元さん提出)

  (4)脱法ドラッグの一層の規制強化を求める意見書(自由民主党浜松提出)

  (5)特別支援学校の教育環境整備を求める意見書(自由民主党浜松提出)

  (6)メタンハイドレートの実用化を求める意見書(公明党提出)

  (7)防潮堤整備に関する意見書(日本共産党浜松市議団提出)

 4 大規模災害対応訓練の実施について

4 出席状況

 ◯出席委員(8人)

  委員長   花井和夫     副委員長  大見 芳

  副委員長  鈴木滋芳     委員    田中照彦

  委員    西川公一郎    委員    鳥井徳孝

  委員    波多野 亘    委員    斉藤晴明

 ◯欠席委員(1人)

  委員    今田欽也

 ◯議長及び委員外議員(3人)

  議長    鈴木浩太郎    副議長   鈴木育男

  議員    小沢明美

  [第6条第3項]

 ◯説明者の職氏名

  副市長                         古橋利広

  副市長                         伊藤篤志

  企画調整部長                      寺田賢次

  総務部長                        鈴木利享

  財務部長                        神門純一

  財務部次長(財政課長)                 山下堅司

 ◯議会事務局職員の職氏名

  議会事務局長                      池谷和宏

  議会事務局次長(議会総務課長)             大林幸廣

  議会事務局参事(議事調査課長)             山本 泉

  議会総務課専門監(議会総務課長補佐)          岩本 篤

  議事調査課専門監(議事調査課長補佐)          大橋臣夫

  議事調査課副主幹(議会運営グループ長)         鈴木克尚

  議事調査課主幹(調査広報グループ長)          鈴木啓友

  議事調査課主任(担当書記)               前嶋卓志

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  会議

                                   10:00



○花井和夫委員長 ただいまから、運営委員会を開会いたします。

 本日は、今田欽也委員より欠席届が出ておりますので、よろしくお願いいたします。

 市政記者の傍聴については、許可することでよろしいですか。

          〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 それでは、市政記者の傍聴を許可することといたします。

 一般傍聴人の傍聴については、申し出があれば許可することでよろしいですか。

          〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 それでは、一般傍聴人の傍聴は、申し出があれば許可することといたします。

                                   10:00



△1 第4回市議会定例会の運営について



△(1)諸般の報告事項

    監報第17・18号…2件……定期監査等及び現金出納検査の結果に関する報告について

    報第23号……………………専決処分の報告(法第180条関係)



△(2)議決事件について

   ア 市長提出事件

    自 第167号議案+  +予算  4件

           |44件|条例  29件

    至 第210号議案+  +その他 11件



△(3)議決事件審議の方法について

   ア 市長提出事件

    自 第167号議案+44件は、11月21日(水)の本会議へ上程し、各常任委員会へ

    至 第210号議案+審査の付託をする。



△(4)討論について

     通告書の提出期限……12月6日(木)正午



△(5)市政に対する質問について(10月15日の議運で内定)

   ア 質問者の数

                 代表質問     一般質問

      自由民主党浜松     1人       4人

      創造浜松        1人       1人

      市民クラブ       1人       1人

      公明党          −       2人

      日本共産党浜松市議団   −        −

      社会民主党浜松      −        −

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  3人       8人

   イ 質問日別の人数

                 代表質問     一般質問

      11月29日(木)     3人        −

      11月30日(金)              4人

      12月3日(月)              4人

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  3人       8人

   ウ 質問通告期限………11月19日(月)正午

   エ 質問順序について

           代表質問           一般質問

      1   1 自由民主党浜松

      日   2 創造浜松

      目   3 市民クラブ

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      2                  1 公明党

      日                  2 自由民主党浜松

      目                  3 公明党

                         4 自由民主党浜松

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      3                  5 創造浜松

      日                  6 市民クラブ

      目                  7 自由民主党浜松

                         8 自由民主党浜松

   オ 本会議における質問について

                         平24.3.7 運営委員会 決定

                         平24.3.8 全員協議会 了承

    (1) 質問の形態

      質問は、交渉団体の各会派の代表者による質問(以下、「代表質問」という。)及び個人による質問(以下、「一般質問」という。)とする。

      全議員に1年に1回、代表質問または一般質問の機会を認めるものとする。

      また、代表質問を一般質問にかえることができるものとする。

      ただし、改選後の初議会では、一般質問を行わないものとする。

    (2) 質問の時期

      2月定例会は、市長の施政方針にも関連して質問を行うことを考慮し、新年度関係議案が上程され、説明・質疑・委員会付託の後に行う。

      5月定例会及び9月定例会並びに11月定例会は、関係議案が上程され、説明・質疑・委員会付託の後に行う。

    (3) 質問者数及び日数

      代表質問者数は、1定例会につき1会派1人以内とする。

      この場合において、1年間の代表質問者数は所属議員数が10人以上の会派にあっては4人以内とし、所属議員数が9人以下の会派にあっては3人以内とする。

      一般質問者数は、次期定例会の日程を協議する運営委員会の開会7日前(中6日)の午後5時までに、事務局まで申し出た人数とする。

      なお、質問日数は1定例会3日以内とする。

    (4) 質問の順序

      質問は、代表質問、一般質問の順に行う。

      代表質問は、所属議員数の多い会派から順に行う。

      また、一般質問は、交渉団体であって代表質問を行わない会派が申し出た人数のうち1人目を所属議員数の多い会派から順に行い、それ以外の順序は次期定例会の日程を協議する運営委員会において、抽せんで決定する。

      なお、所属議員が同数の会派の順序については、運営委員会において協議する。

    (5) 質問時間

      質問時間は、答弁を除き、次のとおりとする。

      代表質問は、1人35分以内とする。

      一般質問は、1人30分以内とする。

    (6) 質問の通告期限

      運営委員会で定めた日時とする。

    (7) 質問要旨と内容

      表題欄には質問の趣旨を項目として記入し、質問内容欄には質問内容を簡潔・明瞭に記入する。

    (8) 質問に対する関連質問

      遠慮するものとする。

    (9) 答弁者

      代表質問は議員が指名し、一般質問は議員と当局が協議した上で決定するものとする。



△(6)会期について

     自 11月21日(水)+

              |の24日間

     至 12月14日(金)+



△(7)会期中の日程表・議事日程・議事の順序及び議案付託件目表について



△結論

 議会事務局長から第4回市議会定例会の運営について説明があり、これを了承しました。



△発言内容



○花井和夫委員長 それでは、1の第4回市議会定例会の運営について、(1)から(7)まで事務局長から説明してください。



◎議会事務局長 (1)諸般の報告事項です。全部で3件あります。監報第17号及び第18号として、定期監査等及び現金出納検査の結果に関する報告の2件、そして報第23号として、法第180条関係の専決処分の報告です。

 (2)議決事件については、市長提出事件の第167号議案から第210号議案までの予算4件、条例29件、その他11件の計44件です。

 (3)議決事件審議の方法についてですが、ただいまの市長提出事件第167号議案から第210号議案までの44件は、11月21日(水)の本会議に上程し、各常任委員会へ審査の付託をしてまいりたいと考えています。

 (4)討論については、通告書の提出期限を12月6日(木)正午までとしたいと考えています。

 (5)市政に対する質問については、去る10月15日の議運で内定しているものです。アの質問者の数については、代表質問として自由民主党浜松、創造浜松、市民クラブそれぞれ1人ずつの計3人、一般質問として自由民主党浜松4人、創造浜松1人、市民クラブ1人、公明党2人の計8人で、合計11人となります。イの質問日別の人数については、11月29日(木)は代表質問3人、11月30日(金)は一般質問4人、12月3日(月)は一般質問4人とするものです。ウの質問通告期限は、11月19日(月)正午とするものです。エの質問順序については、1日目の代表質問は自由民主党浜松、創造浜松、市民クラブの順、2日目の一般質問は公明党、自由民主党浜松、公明党、自由民主党浜松の順、3日目の一般質問は創造浜松、市民クラブ、自由民主党浜松、自由民主党浜松の順とするものです。オの本会議における質問については、議会運営に関する申し合わせ事項として、本年3月8日の全員協議会で了承されたものですので、後ほど御確認をお願いします。

 (6)会期については、11月21日(水)から12月14日(金)までの24日間とするものです。

 (7)会期中の日程表、議事日程、議事日程に基づく議事の順序及び議案付託件目表については、別紙により説明いたしますので、そちらをごらんください。初めに、平成24年11月定例会の内定されている日程表です。まず、会期を11月21日から12月14日の24日間とするもので、会議名等を順次、説明いたします。11月14日、本日ですが、運営委員会をお開き願い、第4回定例会の運営、その他について御協議いただいています。本日、午後1時30分からは全員協議会をお開き願い、運営委員会の協議結果、その他について、御協議をお願いするものです。また、本日は、招集告示、議案配付を行います。来週19日(月)は、質問の通告期限で、正午までとするものです。21日(水)は、午前10時から本会議をお開き願い、諸般の報告、議案上程、説明の後、一たん休憩し、議案説明会を行い、本会議再開後、質疑、委員会付託、その他を行います。翌週の28日(水)は、午前10時から運営委員会をお開き願い、意見書等の調整、その他について御協議をお願いするものです。翌29日(木)は、午前9時30分から全員協議会をお開き願い、運営委員会の協議結果、その他について御協議をお願いし、引き続き午前10時から本会議をお開き願い、代表質問を行ってまいります。翌30日(金)と翌週12月3日(月)は、それぞれ午前10時から本会議をお開き願い、両日とも一般質問を行ってまいります。4日(火)は、厚生保健、環境経済、建設消防、5日(水)は、市民文教、総務の各委員会を午前10時からお開き願い、付託議案の審査等を行ってまいります。翌6日(木)は討論の通告期限で、正午までとするものです。13日(木)は、午前10時から運営委員会をお開き願い、本会議最終日の運営、その他について御協議をお願いするものです。14日(金)は最終日で、午前9時30分から全員協議会をお開き願い、運営委員会の協議結果、その他について御協議をお願いし、引き続き午前10時から本会議をお開き願い、委員長報告、質疑、討論があれば討論、採決、その他を行ってまいります。

 次に、議事日程(第20号)は、平成24年11月21日(水)午前10時開議の本会議で審議を行うものを日程事項として記載したものです。日程第1、会議録署名議員の指名の後、日程第2、会期の決定についてお諮りし、日程第3、第167号議案平成24年度浜松市一般会計補正予算(第3号)から日程第46、第210号議案指定管理者の指定について(浜松市立浜北図書館)までの44件を上程してまいります。

 この日程に基づく議事の順序(第1日)です。1の開会の宣告の後、2の開議の宣告を行います。次に、3の諸般の報告を行いますが、その内容は、監報第17号、第18号定期監査等及び現金出納検査の結果に関する報告と、報第23号の法第180条関係の専決処分の報告です。これらの報告の後、日程第1の会議録署名議員指名を行い、日程第2の会期の決定についてお諮りし、決定します。次に、日程第3、第167号議案から日程第46、第210号議案までの44件の上程を行い、市長から説明を受け、一たん休憩し別室にて議案説明会を開催し、その終了後本会議を再開し、質疑、常任委員会へ審査の付託をしてまいりたいと考えています。以上の日程の後、11月22日から28日まで7日間の休会の決定、散会の宣告を行い、11月21日の本会議を終了してまいりたいと考えています。

 続いて議案付託件目表です。ただいまの議事日程及び議事の順序で説明いたしました第167号議案から第210号議案までの全44議案について、12月4日開会の厚生保健、環境経済、建設消防の各委員会、5日開会の市民文教、総務のそれぞれ所管の委員会への付託となる件目表ですので御確認いただければと思います。

 以上、(1)から(7)まで第4回市議会定例会の運営ついて御説明いたしましたが、よろしく御協議いただきますようお願いします。



○花井和夫委員長 説明が終わりました。質疑・意見はありますか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 それでは、本件は、事務局長の説明どおり了承することといたします。

                                   10:12



△2 追加予定議案等について



△結論

 議会事務局長から、追加予定議案等について説明があり、これを了承しました。



△発言内容



○花井和夫委員長 次に、2の追加予定議案等について、事務局長から説明してください。



◎議会事務局長 現時点で、追加が予定されている議案は、人事委員会委員及び熊財産区管理委員の選任、また、人権擁護委員候補者推薦の人事案件3件です。この取り扱いですが、事前に市長から内示を受けた後、定例会最終日の12月14日(金)の本会議に上程し、直ちに採決する取り扱いでいかがかと考えます。以上、追加予定議案について御説明いたしましたが、よろしく御協議いただきますよう、お願いいたします。



○花井和夫委員長 説明が終わりました。質疑・意見はありますか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 それでは、本件は、事務局長の説明どおり了承することといたします。

                                   10:13



△3 請願・意見書の提出について



△(1)「子どもたちの健やかな成長と、希望ある子育てのために、豊かな保育施策」を求める請願(浜松市保育団体連絡会 代表者 伊藤智世さんほか提出)



△結論

 11月21日の本会議へ上程し、厚生保健委員会に付託することとなりました。



△発言内容



○花井和夫委員長 次に、3の請願・意見書等の提出については、お手元に別冊にして配付してありますので、それにより協議いたします。

 それでは、(1)の「子どもたちの健やかな成長と、希望ある子育てのために、豊かな保育施策」を求める請願について、事務局長から取り扱いについて説明してください。



◎議会事務局長 この請願の提出者は、浜松市保育団体連絡会代表者伊藤智世さんほかで、紹介議員は日本共産党浜松市議団の2人の議員です。本請願の取り扱いですが、11月21日(水)の本会議に上程し、所管の厚生保健委員会に付託して審査願うことでいかがかと考えております。よろしくお願いいたします。



○花井和夫委員長 説明が終わりました。質疑・意見はありますか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 それでは、本請願については事務局長の説明どおり取り扱うことといたします。

                                   10:13



△(2)国民健康保険料の引き下げなどを求める請願(浜松・国民健康保険をよくする会 代表世話人 金子雅則さん、嶋田博さんほか提出)



△結論

 11月21日の本会議へ上程し、厚生保健委員会に付託することとなりました。



△発言内容



○花井和夫委員長 次に、(2)の国民健康保険料の引き下げなどを求める請願について、事務局長から取り扱いについて説明してください。



◎議会事務局長 この請願の提出者は、浜松・国民健康保険をよくする会代表世話人金子雅則さん、嶋田博さんほかで、紹介議員は日本共産党浜松市議団の2人の議員です。本請願の取り扱いですが、これにつきましても、11月21日(水)の本会議に上程し、所管の厚生保健委員会に付託して審査願うことでいかがかと考えております。よろしくお願いいたします。



○花井和夫委員長 説明が終わりました。質疑・意見はありますか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 それでは、本請願については事務局長の説明どおり取り扱うことといたします。

                                   10:14



△(3)「保険で良い歯科医療の実現を求める」意見書採択に関する陳情(静岡県保険医協会 代表 聞間元さん提出)



△結論

 運営委員会で審査することとし、各会派に持ち帰って検討願い、再度協議することとなりました。



△発言内容



○花井和夫委員長 次に、(3)の「保険で良い歯科医療の実現を求める」意見書採択に関する陳情について、事務局長から取り扱いについて説明してください。



◎議会事務局長 この陳情は、静岡県保険医協会代表聞間元さんから、去る11月2日に議長あて提出されたものです。陳情の内容は意見書を提出してほしいというものでありますので、本運営委員会で審査をお願いしたいと思います。



○花井和夫委員長 説明が終わりました。質疑・意見はありますか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 本陳情については、本委員会で審査することとし、各会派に持ち帰って検討願い、再度協議することといたします。

                                   10:14



△(4)脱法ドラッグの一層の規制強化を求める意見書(自由民主党浜松提出)



△結論

 各会派に持ち帰って検討願い、再度協議することとなりました。



△発言内容



○花井和夫委員長 次に、(4)脱法ドラッグの一層の規制強化を求める意見書について、提出会派から補足説明があればお願いします。



◆波多野亘委員 自由民主党浜松です。皆さん御承知のとおり、今までは脱法ドラッグについては、種類を指定して規制してきたところですが、そのような中で、欧米のように包括指定の制度化等も必要だということです。先月10日にも、愛知県で脱法ハーブによる死亡事故が起こっています。そのようなことから、浜松市においてもこのようなことに対して、国にしっかりとした対応を求めていくべきだと思います。皆さんの御協議のもと、御理解をいただいて提出していきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。



○花井和夫委員長 説明が終わりました。質疑・意見はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 本件については、各会派に持ち帰って検討願い、再度協議することといたします。

                                   10:15



△(5)特別支援学校の教育環境整備を求める意見書(自由民主党浜松提出)



△結論

 各会派に持ち帰って検討願い、再度協議することとなりました。



△発言内容



○花井和夫委員長 次に、(5)特別支援学校の教育環境整備を求める意見書について、提出会派から補足説明があればお願いします。



◆波多野亘委員 自由民主党浜松です。文中にもありますとおり、平成22年5月時点では、特別支援学校における教室不足は4810教室に上っています。そのような状況で、現状はどうしているかというと特別教室を壊して転用したり、プレハブ教室を増築したりして対応している状況にあります。なぜこのような状況が生じているかというと、小・中学校等については、学校教育法の施行規則に基づき設置基準が定められていますが、特別支援学校は、別に特別支援学校施設整備指針というものが設けられています。これは、特別支援学校へ通う児童・生徒へ細かく対応するためでもありますが、特別教室等の整備指針がないものですから、特別教室を普通教室に転用するという事態が起こっています。ですから、記の2にありますように、しっかりと設置基準として整備していくことは、悪い環境の中で教育を受けるということに歯どめをかけるためです。そのことを補足し、皆さんの御協議の上、この意見書についても国へ上げていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○花井和夫委員長 説明が終わりました。質疑・意見はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 本件についても、各会派に持ち帰って検討願い、再度協議することといたします。

                                   10:16



△(6)メタンハイドレートの実用化を求める意見書(公明党提出)



△結論

 各会派に持ち帰って検討願い、再度協議することとなりました。



△発言内容



○花井和夫委員長 次に、(6)メタンハイドレートの実用化を求める意見書について、提出会派から補足説明があればお願いします。



◆西川公一郎委員 公明党です。メタンハイドレートは、1990年くらいから研究が始まって、日本の近海にもかなりあるということがわかってきました。東日本大震災による原発事故からエネルギーの分散化ということも必要になってきました。国では、浜松市に近い遠州灘で本格的な採掘が始まっているものですから、本市としても国に対してこのような意見書を出してはいかがかということで提案するものです。よろしくお願いいたします。



○花井和夫委員長 説明が終わりました。質疑・意見はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 本件についても、各会派に持ち帰って検討願い、再度協議することといたします。

                                   10:17



△(7)防潮堤整備に関する意見書(日本共産党浜松市議団提出)



△結論

 各会派に持ち帰って検討願い、再度協議することとなりました。



△発言内容



○花井和夫委員長 次に、(7)防潮堤整備に関する意見書について、提出会派から補足説明を伺っていればお願いします。



◆小沢明美委員 特にありません。



○花井和夫委員長 それでは、本件についても、各会派に持ち帰って検討願い、再度協議することといたします。

 意見書の調整を行う次回の運営委員会は、11月28日(水)午前10時から開会を予定しておりますが、修正案を提出される場合は11月22日(木)正午までに、事務局まで御提出くださいますよう、よろしくお願いします。なお、次回の運営委員会には、ただいま御協議いただきました、この意見書関係の別冊を御持参くださるようお願いいたします。さらに、先ほど請願の取り扱いが決定いたしましたので、11月21日(水)の本会議の議事日程等の取り扱いについて、事務局長から説明してください。



◎議会事務局長 先ほど、請願2件の取り扱いが決定いたしましたので、11月21日(水)の本会議の席上に変更後の議事日程、議事の順序並びに請願文書表を配付させていただきます。なお、請願の上程は他の議案を所管の委員会に審査の付託をした後になりますので、よろしくお願いいたします。



○花井和夫委員長 説明が終わりました。質疑・意見はありますか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 それでは、事務局長の説明どおり取り扱うことといたします。

                                   10:18



△4 大規模災害対応訓練の実施について



△結論

 議会事務局参事(議事調査課長)から、大規模災害対応訓練の実施について説明があり、これを了承しました。



△発言内容



○花井和夫委員長 次に、4の大規模災害対応訓練の実施について、事務局から説明してください。



◎議会事務局参事(議事調査課長) 大規模災害対応については、10月15日の運営委員会と16日の全員協議会において了承いただき、16日から適用されている浜松市議会大規模災害対応行動マニュアルに基づきまして、できるだけ早いうちに訓練を実施してはいかがかということで、今回、御提案するものです。内容としましては、発災時の初期対応、初動態勢として、議員の皆さんからの連絡体制の確認、1週間以内くらいの中期の応急態勢として、危機管理特別委員会の開催、それから後期の復旧態勢に入ったところで、臨時会の開催に向けた議会運営委員会の開催というものが想定されていますので、これらの確認を行う意味で、訓練を実施するというものです。具体的な行動内容等ですが、実施日については、1週間の範囲内でXデーとして実施するということで、11月26日の週のどこかで実施してはいかがかと思います。Xデー当日は、午前8時30分に、メール等により大規模災害が発生したという一斉連絡をしますので、連絡を受けた議員から事務局に安否の連絡をいただくということです。そして、時間をおいて、議長から危機管理特別委員会を招集する旨のメール等を出しますので、該当する議員の方はお集まりいただきます。その後、時間をおいて、議会運営委員会を招集する旨のメール等を出しますので、こちらについても該当する議員の方は御出席願って、模擬的に会議を行うことになろうかと思います。終了後は、議長から訓練の講評をいただくという想定で考えています。よろしくお願いいたします。



○花井和夫委員長 説明が終わりました。質疑・意見はありますか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○花井和夫委員長 それでは、本件は、議事調査課長の説明どおり実施してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 以上で、運営委員会を閉会いたします。

                                   10:19