議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 浜松市

平成22年  2月 定例会(第1回) 02月19日−01号




平成22年  2月 定例会(第1回) − 02月19日−01号









平成22年  2月 定例会(第1回)



        平成22年第1回浜松市議会定例会会議録

 平成22年2月19日

◯議事日程(第1号)

 平成22年2月19日(金)午前10時開議

 第1 会議録署名議員指名

 第2 会期の決定について

 第3 第1号議案 平成21年度浜松市一般会計補正予算(第6号)

 第4 第2号議案 平成21年度浜松市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 第5 第3号議案 平成21年度浜松市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)

 第6 第4号議案 平成21年度浜松市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

 第7 第5号議案 平成21年度浜松市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)

 第8 第6号議案 平成21年度浜松市と畜場・市場事業特別会計補正予算(第1号)

 第9 第7号議案 平成21年度浜松市中央卸売市場事業特別会計補正予算(第1号)

 第10 第8号議案 平成21年度浜松市公共用地取得事業特別会計補正予算(第2号)

 第11 第9号議案 平成21年度浜松市小型自動車競走事業特別会計補正予算(第1号)

 第12 第10号議案 平成21年度浜松市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)

 第13 第11号議案 平成21年度浜松市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

 第14 第12号議案 平成21年度浜松市公債管理特別会計補正予算(第1号)

 第15 第13号議案 平成21年度浜松市下阿多古財産区特別会計補正予算(第1号)

 第16 第14号議案 平成21年度浜松市病院事業会計補正予算(第3号)

 第17 第15号議案 平成21年度浜松市国民宿舎事業会計補正予算(第1号)

 第18 第16号議案 平成21年度浜松市水道事業会計補正予算(第3号)

 第19 第17号議案 平成21年度浜松市下水道事業会計補正予算(第4号)

 第20 第18号議案 浜松市区及び地域自治区の設置等に関する条例の一部改正について

 第21 第19号議案 浜松市本田宗一郎顕彰基金に関する条例の廃止について

 第22 第20号議案 浜松市手数料条例の一部改正について

 第23 第21号議案 浜松市保健所条例の一部改正について

 第24 第22号議案 浜松市都市公園条例の一部改正について

 第25 第23号議案 浜松市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について

 第26 第24号議案 浜松市火災予防条例の一部改正について

 第27 第25号議案 工事請負契約締結について

           (浜松市地域防災無線施設整備事業デジタル移動通信設備設置工事)

 第28 第26号議案 工事委託契約の一部変更について

           (上島柏原線こ線橋及びこ道橋新設工事)

 第29 第27号議案 物品購入契約締結について(消防ヘリコプター専用部品)

 第30 第28号議案 市有財産取得について(浜松北地域自治センター用地等)

 第31 第29号議案 浜名学園組合を組織する地方公共団体の数の減少及び浜名学園組合規約の変更について

 第32 第30号議案 浜名湖競艇企業団を組織する地方公共団体の数の増減及び浜名湖競艇企業団規約の変更について

 第33 第31号議案 有料道路「新掛塚橋」ほか1道路の障害者割引の対象範囲の拡大について

 第34 第32号議案 指定管理者の指定について(浜松市男女共同参画推進センター)

 第35 第33号議案 指定管理者の指定について(浜松市浜北温水プール)

 第36 第34号議案 指定管理者の指定について(浜松市三ヶ日B&G海洋センター)

 第37 第35号議案 指定管理者の指定について

           (浜松市天竜B&G海洋センター)

 第38 第36号議案 指定管理者の指定について(浜松市東四村農村コミュニティセンター)

 第39 第37号議案 指定管理者の指定について(浜松市奥浜名湖田園空間博物館総合案内所)

 第40 第38号議案 指定管理者の指定について(浜松市市民協働センター)

 第41 第39号議案 指定管理者の指定について

           (浜松市立勤労青少年ホーム、浜松市立浜北勤労青少年ホーム)

 第42 第40号議案 指定管理者の指定について

           (浜松市中沢墓園、浜松市三方原墓園、浜松市舞阪吹上墓地、浜松市雄踏墓地、浜松市細江高台墓地、浜松市納骨堂)

 第43 第41号議案 指定管理者の指定について(浜松市浜北温泉施設あらたまの湯)

 第44 第42号議案 指定管理者の指定について(浜松市農村環境改善センター)

 第45 第43号議案 指定管理者の指定について(都田総合公園)

 第46 第44号議案 指定管理者の指定について(安間川公園、ゆたか緑地)

 第47 第45号議案 指定管理者の指定について(佐鳴湖公園)

 第48 第46号議案 指定管理者の指定について

           (和地山公園、高丘公園、船越公園、相生公園)

 第49 第47号議案 指定管理者の指定について(引佐総合公園)

 第50 第48号議案 指定管理者の指定について

           (中区、東区、西区及び南区の区域内に所在する市営住宅及び共同施設)

 第51 第49号議案 指定管理者の指定について(浜松市立中央図書館駅前分室)

 第52 第50号議案 市道路線認定について

 第53 第51号議案 市道路線廃止について

 第54 第52号議案 市道路線変更について

 第55 第103号議案 工事請負契約締結について

            (浜松市立内野地区幼稚園建設工事(建築工事))

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 監報第1号 定期監査等の結果に関する報告について

 監報第2号 現金出納検査の結果に関する報告について

 報第1号 専決処分の報告

  以下、議事日程のとおり。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(53人)

    1番  鈴木 恵          2番  小沢明美

    3番  嶋田初江          4番  渡邊眞弓

    5番  小黒啓子          6番  北島 定

    7番  山口祐子          8番  山崎真之輔

    9番  田中照彦         10番  新村和弘

   11番  早戸勝一         12番  波多野 亘

   13番  西川公一郎        14番  小倉 篤

   15番  田口 章         16番  鳥井徳孝

   17番  山本博史         18番  野尻 護

   19番  湖東秀隆         20番  鈴木滋芳

   21番  関 イチロー       22番  河合和弘

   23番  飯田末夫         24番  花井和夫

   25番  渥美 誠         26番  大見 芳

   27番  松下正行         28番  黒田 豊

   29番  袴田修司         30番  樋詰靖範

   31番  和久田哲男        32番  氏原章博

   33番  酒川富雄         34番  高林一文

   36番  太田康隆         37番  吉村哲志

   38番  桜井祐一         39番  長山芳正

   40番  中村哲彦         41番  斉藤晴明

   43番  二橋雅夫         44番  丸井通晴

   45番  今田欽也         46番  小松錦司

   47番  鈴木育男         48番  遠藤隆久

   50番  高林龍治         51番  内田幸博

   52番  立石光雄         53番  松下福治郎

   54番  中村勝彦         55番  柳川樹一郎

   56番  酒井基寿

◯欠席議員(1人)

   35番  鈴木浩太郎

◯出席説明員

   市長         鈴木康友   副市長        飯田彰一

   副市長        山崎泰啓   副市長        花嶋秀樹

   政策調整広報官    寺田賢次   総務部長       古橋利広

   企画部長       清田浩史   財務部長       鈴木 勲

   生活文化部長     池谷和宏   社会福祉部長     杉山浩之

   こども家庭部長    鈴木敏子   健康医療部長     徳増幸雄

   保健所長       西原信彦   環境部長       山田正樹

   商工部長       水谷浩三   農林水産部長     村田和彦

   都市計画部長     柴田邦弘   公園緑地部長     水野英治

   土木部長       松井 充   建築住宅部長     松本直己

   緊急経済対策事業本部長       モザイカルチャー世界博事業本部長

              山下隆治              安間雄一

   中区長        辰巳なお子  東区長        鈴木將史

   西区長        稲垣佳文   南区長        中村久仁茂

   北区長        市川元康   浜北区長       福田幹男

   天竜区長       石塚猛裕   総務部次長(秘書課長) 湯澤 久

   財務部次長(財政課長) 高林泰秀   教育長        高木伸三

   学校教育部長     鈴木利享   水道事業及び下水道事業管理者

                                鈴木俊廣

   上下水道部長     山下秀樹   消防長        鈴木秀俊

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   監査委員       鈴木幸作

◯出席議会事務局職員

   事務局長       吉山則幸   議会総務課長     大林幸廣

   議事調査課長     山本 泉   議会総務課専門監(議会総務課長補佐)

                                小楠浩規

   議事調査課専門監(議事調査課長補佐) 議事調査課副主幹

              小宮山敏郎  (議会運営グループ長) 小池恒弘

   議事調査課副主幹          議事調査課主任    青葉陽亮

   (調査広報グループ長) 岩本 篤

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時開会



○議長(高林一文) ただいまから、平成22年第1回浜松市議会定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高林一文) 日程に入る前に、諸般の報告をいたします。

 まず、監報第1号定期監査等及び監報第2号現金出納検査の結果について、監査委員の報告を求めます。

     〔鈴木幸作監査委員登壇〕



◎監査委員(鈴木幸作) おはようございます。

 それでは、定期監査、行政監査、財政援助団体等監査及び現金出納検査の結果につきまして御報告を申し上げます。

 最初に、定期監査及び行政監査の結果につきまして申し上げます。

 お手元に配付いたしました平成21年度監査結果報告書第3回の2ページと3ページに記載してあります総務部から議会事務局までの104課等について、平成21年9月から平成22年1月にかけて監査を実施いたしました。関係書類の抽出調査や現場での実地監査の結果、合計で33件の指摘事項がありました。このほか、公表するほどまでには至らない事務手続上の誤謬について114件の指導を行いました。今回、監査いたしました事務事業に関する指摘事項のうち、主なものにつきまして御説明を申し上げます。

 3ページから11ページにかけまして、財務監査及び行政監査の結果が記載してあります。最初に物品管理関係につきまして申し上げます。まず、3ページの秘書課ですが、郵券等の指定物品の出納について物品出納員が確認をしていませんでした。郵券等の出納について物品出納員が確認していないのは、4ページの文書行政課、5ページの納税課、児童相談所、6ページの交通政策課であります。また、3ページの職員厚生課にあっては、収入印紙を購入していましたが、物品出納簿を作成していませんでした。さらに、5ページの納税課と子育て支援課にあっては、郵券等の保管枚数が物品出納簿に記載された残数と一致しておりませんでした。特に納税課にあっては記載漏れが多く、80円切手が約3700枚相違しておりました。金券である郵券等の管理は重要であり、今までも再三指摘をしてまいりましたが、相変わらず不適切な管理をしているところがありますので、適正な管理について全庁的な徹底をお願いします。

 次に、4ページの人事課に対する行政監査であります。事項名は、不祥事の発生の再発防止に向けた公務員倫理の徹底であります。平成21年度において発生した住居侵入・窃盗、兼業禁止違反等は、率先して法令を遵守し、倫理を保持すべき地方公務員としてあるまじき行為であります。失った信頼の回復に向けては、厳正な服務規律の確保による不祥事の再発防止に向けた取り組みが強く求められているところであり、市としては、職員の意識改革を目的とした、これまで以上に実効性が高い取り組みを実施する必要があります。したがいまして、既に実施している階層別の職員研修や職場研修の効果を検証する中で、公務員倫理意識の徹底と法令遵守の確実な推進に向けた取り組みの強化をお願いします。また、この不祥事の発生の再発防止に向けた公務員倫理の徹底につきましては、10ページの教職員課の教職員、非常勤講師による不祥事に対する対応につきましても同様であります。

 次に、5ページ下段の佐久間病院と新法人設立準備課であります。佐久間病院、県西部浜松医療センター、浜松市リハビリテーション病院について、減価償却費に関し、抽出監査を実施いたしましたが、計上額が誤っているものがありました。減価償却費の誤謬は決算に大きく影響を及ぼしますので、固定資産台帳全体を再点検し、平成21年度決算は適正なものとなるよう対応していただきたいと思います。

 次に、7ページ上段の都市開発課であります。国庫補助事業の事務費に係る適正な経理処理の状況について検証するため、平成20年度末における物品の購入に関し、抽出監査を実施いたしました。都市開発課におきましては、平成20年度再開発事業補助金で購入したフラットファイル等の物品について、物品納入業者から提出された書類により物品を納入したと認められる日は平成21年4月2日以降ですが、これより前の平成21年3月31日に物品の検収を行っているものがありました。同様の指摘は、同じく7ページの区画整理課及び公園課、9ページの下水道工事課であります。物品の購入に当たっては、旧年度予算で執行する場合は必ず3月31までに納品させ、検収を完了するとともに、予算の経済的、効率的な執行に留意し、浜松市契約規則に基づき、適正な事務処理を行ってください。

 次に、7ページ下段の建築行政課に対する行政監査であります。木造住宅耐震補強助成事業費補助金交付事務に係る適正な事務管理ですが、木造住宅耐震補強助成事業費補助金交付事務において、補助金交付要綱等に定める補助事業の対象とならない事業に対し補助金を交付したことは、本市に対する市民の信頼を著しく損ね、行政への不信感の増大を招く行為であります。この原因は、補助金交付申請等の確認を行う際、現地確認を行わず、書類及び工事写真のみで確認を行ったために生じたものであり、今後は補助金交付事務のチェック体制の見直し等を行い、再発防止に努めるとともに、既に交付された補助金につきましても関係法令等に基づき返還措置を講じるなど、適正な事務処理の徹底を図ってください。

 次に、8ページの天竜区役所総務企画課であります。柏古瀬区民館等9施設の建物について、借地上に建てられておりますが、建物の表示登記等をしていないので、浜松市公有財産管理規則に基づき適正な事務処理をされたいという指摘であります。このほか、借地上の建物で表示登記等がされていないものは8ページから9ページにかけて記載してありますが、8ページの森林整備課がコテージ及びバンガローの14棟、佐久間地域自治センター地域振興課が4施設、また、9ページになりますが、同地域自治センター地域生活課が6施設、水窪地域自治センター地域振興課が2施設、さらに10ページの学校施設課が7施設であります。

 平成11年から12年にかけて、浜松市かわな野外活動センターについて、根抵当権が設定されていた借地の登記簿の確認を怠り、さらに、借地上の建物にもかかわらず、建物の保存登記等をしなかったため大きな問題になったことがあります。この反省を踏まえ、公有財産管理規則の改正があり、今日に至っているわけでありますが、いまだに未登記の施設が多く見受けられるということは、組織におけるリスク対応が十分に行われていないと考えられます。資産経営・管理の観点からも全庁的に実態を調査し、計画的かつ速やかに対処されるようお願いいたします。

 次に、同じく8ページの天竜区役所森林整備課の2であります。天竜区にある湖畔の森等に設置の電柱・電話柱の本柱、携帯電話基地局等に係る行政財産の目的外使用について、申請者から使用期間更新のための許可申請書が提出されているにもかかわらず、許可書の交付手続及び収入調定処理を怠っていました。電柱等が85本、基地局1基の許可手続が未処理で約13万6000円の使用料が調定されていませんでした。これは組織内の業務移管に伴う事務処理上のミスでありますので、業務の引き継ぎにつきましては、確実に引き継ぎが行われるような体制の整備が必要であると考えます。

 次に、10ページ上段の下水道施設課の占用料の算定誤りであります。公共下水道敷地占用許可について、中部浄化センターに缶飲料等自動販売機4台の占用許可を行っていますが、浜松市下水道条例が準用する浜松市道路占用料徴収条例に基づき占用料を算定すべきところ、浜松市行政財産の目的外使用に関する使用料条例により占用料を算定したため、算定額が誤ってしまったものであります。

 最後に、11ページの指導課であります。指摘事項は公用車の安全運転管理です。平成21年3月と同年5月の勤務時間中に職員による公用車での加害行為による物損事故が発生しております。全市を挙げて交通事故撲滅に取り組んでいる中、職員の加害行為による交通事故は市の信用を著しく損なう行為でありますので、日々の職員に対する注意の喚起や職場研修などを実施することにより、職員に安全運転について再認識させ、このようなことが二度と起こらないよう安全運転管理を徹底するようお願いします。

 続きまして、平成21年度浜松市消防ヘリポート格納庫・事務所新築工事ほか8工事の工事監査の結果につきましては、13ページから27ページまでに記載してありますが、おおむね適正に処理されておりました。

 次に、財政援助団体等の監査結果でございます。29ページをごらんください。財政援助団体として、財団法人浜松市体育協会等6団体、出資団体として、財団法人浜松市清掃公社等2団体、公の施設の指定管理者として、財団法人浜松市体育協会等1団体、3グループであります。一部是正あるいは改善を要する事項が見受けられましたので、御説明を申し上げます。

 まず、36ページの3の監査の結果、(2)の浜北商工会の事務に関する事項であります。補助金交付申請書及び実績報告書について、補助対象事業、補助事業の経費の配分及び補助金算出基礎が記載されていないので、浜松市補助金交付規則及び浜北区中小企業団体等事業費補助金交付要綱に基づき、適正な書類を作成されたいという指摘でありまして、補助金交付要綱に基づいた事務処理がされていませんでした。38ページの天竜観光協会、40ページの佐久間観光協会の事務に対する指摘も同様であります。

 次に、財団法人浜松市清掃公社であります。監査の結果につきましては、45ページをごらんください。4の監査の結果、アの現金残高の不一致についてから47ページのキのキャッシュ・フロー計算書の表示についてまで7項目の会計処理等についての指摘であります。平成21年度の決算につきましては、適正な財務諸表を作成するようお願いいたします。また、株式会社なゆた浜北につきましても、50ページと51ページに記載してありますが、未払い給与の計上等会計処理上の誤謬がありましたので、適正な会計処理をお願いいたします。

 次に、公の施設の指定管理者である財団法人浜松市体育協会であります。60ページをごらんください。3の監査の結果、(1)浜松市舞阪総合体育館のイの財団法人浜松市体育協会の事務に関する事項であります。(ア)として、指定管理者基本協定書の仕様書において施設管理にかかわる業務の基準を定めていますが、安全性の確保を目的として年2回実施とされている換気装置保守点検業務、特別清掃業務及びガラス清掃業務を、調査期日においていまだに実施していないので、仕様書に基づき実施されたい。また、(イ)として、職員が実施している体育器具保守点検について点検記録を作成していないので、記録を作成し、保存されたいという指摘であります。さらに、61ページの(2)浜松市天竜ボート場、イの(ア)から(ウ)までの指摘であります。こちらも空調設備の保守点検業務が未実施であったり、艇保守点検等について点検記録を作成していませんでした。また、防災計画書等を所管課に提出しておりません。これらの措置は、市民が施設を安心して安全に利用するためには必要不可欠の措置でありますので、所管課は指導を徹底していただきたいと思います。

 次に、同じく61ページ(3)浜松市水窪総合体育館についての指摘であります。62ページのイの(ア)に記載してありますが、指定管理者基本協定書等において、まつぼっくり利用者登録を毎月報告することが定められていますが、月次報告をしていません。また、防災計画書を作成していますが、所管課に提出していませんので、基本協定書及び仕様書に基づき適正な事務処理をしていただきたいと思います。

 最後に、株式会社なゆた浜北・日本管財株式会社グループでございます。71ページをごらんください。3の監査の結果、(1)浜北区役所区振興課の事務に関することのイであります。駐車場の利用料金について、なゆた・浜北の住宅に居住する方に限り、1月当たり4000円の定期駐車券を発行していますが、この定期駐車券の発行等について、浜松市なゆた・浜北条例に規定されていませんので、条例の整備をする必要があると考えます。また、(2)株式会社なゆた浜北・日本管財株式会社グループの事務に関する事項であります。駐車場の利用料金について、100円券22枚当たり2000円の回数駐車券を発行していますが、事前に市長の承認を得ていません。また、利用料金の額を公表していませんので、浜松市なゆた・浜北の管理に関する基本協定書に基づき、当該利用料金の額の承認申請及び公表をしてください。

 以上が定期監査等の監査結果報告であります。なお、今までに提出いたしました監査結果報告書の指摘事項のうち、措置が講じられましたものを平成21年度監査結果に基づく措置として、お手元に配付いたしましたので、後ほどごらんいただきたいと思います。

 次に、現金出納検査の結果に関する報告をいたします。検査の対象でございますが、会計管理者等の所管に係る平成21年9月分から11月分までの現金の出納及び保管状況でございます。検査の内容につきましては、出納事務手続、帳簿及び書類の整理の適否、さらには検査調書と会計諸帳票の計数を照合いたしました。いずれも正確に一致し、かつ適正に処理されておりました。また、出納日計表や預金残高証明書等により、それぞれの月末における現金のあり高を確認いたしましたところ、いずれも帳簿上の残高と一致しておりました。なお、9月分から11月分までの検査結果報告書をお手元に配付いたしましたので、詳細につきましては、後ほどごらんいただきたいと思います。

 以上で、定期監査等及び現金出納検査の結果に関する報告を終わります。



○議長(高林一文) 次に、報第1号専決処分の報告について、財務部長の報告を求めます。

     〔鈴木 勲財務部長登壇〕



◎財務部長(鈴木勲) それでは、専決処分の報告について御説明申し上げますので、第1回市議会定例会議案の69ページをごらんいただきたいと存じます。

 報第1号専決処分の報告は、69ページから76ページにわたりまして記載の22件について、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成21年12月28日までに専決処分したものを、同条第2項の規定により御報告申し上げるものでございます。

 それでは、69ページをお願いいたします。専決番号第59号は、平成21年7月27日、西区庄和町で発生した物損事故で、相手方車両が県道舘山寺弁天島線を走行中、道路のり面からの倒木により車両の前部及び上部を破損したものでございます。

 次の専決番号第66号から次のページの専決番号第68号までの3件は、いずれも平成21年4月25日の夜間から26日の早朝にかけて北区三方原町で発生した物損事故で、相手方車両が県道浜松環状線を走行中、道路上のくぼみを通過した際、タイヤ及びホイールを破損したものでございます。

 次の専決番号第69号は、平成21年9月19日、天竜区大川で発生した物損事故で、相手方車両が国道152号を走行中、道路のり面からの落石によりフロントガラスを破損したものでございます。

 次の専決番号第70号は、平成21年9月30日、天竜区佐久間町川合で発生した物損事故で、相手方車両が国道473号を走行中、道路のり面からの落石によりフロントガラスを破損したものでございます。

 次の専決番号第71号は、平成21年7月27日、天竜区佐久間町大井で発生した物損事故で、相手方車両が国道152号を走行中、道路上に落下していた石に乗り上げ、車両底部を破損したものでございます。

 次のページをお願いします。次の専決番号第72号は、平成21年7月20日、天竜区佐久間町佐久間で発生した人身及び物損事故で、相手方の自転車が県道飯田富山佐久間線を走行中、道路上のくぼみに前輪を落としたため転倒し、自転車を破損するとともに打撲等を負ったものでございます。

 次の専決番号第73号は、平成21年8月1日、浜北区小松で発生した物損事故で、相手方車両が県道細江浜北線を走行中、道路上のくぼみを通過した際、左前後輪を破損したものでございます。

 次の専決番号第74号は、平成21年9月13日、浜北区大平で発生した物損事故で、相手方車両が県道浜北三ヶ日線の停車帯から車両を発進した際、路面のくぼみで前部のバンパーを破損したものでございます。

 次のページをお願いします。専決番号第60号は損害賠償請求事件で、表の下段、事件の状況欄でございますが、本件は、子育て応援特別手当支給事務を行うため、事務室の間仕切りとファクス機の賃貸借契約を締結したものについて、国の執行停止通知を受け、解約したことに伴い、解約しなかった場合に生じる賃借料相当額を解約に伴う損害として本市に賠償請求した事件でございます。和解条項でございますが、解約に伴う損害の賠償として、本市は平成22年1月1日から同年3月31日までの賃借料相当額8万9700円を相手方に支払うことなどにより和解したものでございます。

 次の専決番号第61号から次のページの専決番号第65号までの5件は、いずれも平成21年10月8日の台風18号による物損事故で、強風により東区役所内に設置した動物保護のおりが飛ばされ、区役所駐車場に駐車していた車両を破損したものや、倒木により民家や車両を破損したものなどでございます。

 次のページをお願いします。次の専決番号第75号から76ページの専決番号第80号までの6件はいずれも交通事故に係る専決処分でございます。専決番号第75号は、平成21年9月17日、中区旭町7番6号地先で発生した物損事故でございます。

 次の専決番号第76号は、平成21年10月17日、天竜区二俣町二俣7番地の3で発生した物損事故でございます。

 次のページをお願いします。次の専決番号第77号は、平成21年5月18日、浜北区中条581番地地先で発生した物損事故でございます。

 次の専決番号第78号は、平成21年7月28日、南区青屋町400番地地先で発生した物損事故でございます。

 次のページをお願いします。次の専決番号第79号は、平成21年12月3日、中区常盤町1番地の31で発生した物損事故でございます。

 次の専決番号第80号は、平成21年11月9日、北区都田町1521番地地先で発生した物損事故でございます。

 以上、22件の損害賠償の総額は526万9378円でございまして、和解の相手方、事故の状況、和解条項などにつきましては記載のとおりでございますので、ごらんをいただき、御了承を賜りたいと存じます。

 専決処分の報告は以上でございます。



○議長(高林一文) 次に、市議会議長会の活動状況について、副議長から報告していただきます。

     〔立石光雄副議長登壇〕



◆副議長(立石光雄) それでは、私から、11月定例会以降の議長会関係の活動状況につきまして御報告申し上げます。

 最初に、去る1月14日、磐田市で開催されました静岡県西部地区市議会議長協議会について申し上げます。

 当日は、会長である八木磐田市議長、静岡県市議会議長会副会長である池田湖西市議長、渡部磐田市長のあいさつの後、会議に入りました。会議では、議案の審議を行い、本市が提案した第1号議案持続可能な水産資源の確保について、掛川市から提案された第2号議案若年者・新卒者雇用対策の強化についての2件について、両市の副議長の提案理由の後に協議し、いずれも原案どおり可決され、県市議会議長会定期総会に西部地区の議案として提出することになりました。続いて、協議事項に入り、静岡県市議会議長会として、県議会議員の定数見直しについての要望書を提出していくことについて協議し、本市が提案した修正案で県下議長会に提出していくことになりました。次に、次期開催市について協議し、本市で開催することに決定いたしました。

 次に、1月27日、静岡市で開催されました静岡県地方議会議長連絡協議会第3回政策研修会について申し上げます。

 当日は、会長である浜井県議会議長のあいさつの後、講演に入り、第1部では君塚静岡県企画部部長代理から「富士山静岡空港の現状と課題について」、続いて第2部では出野静岡県産業部観光局長から「東部・中部・西部地域における観光誘客戦略について」と題した講演を聴取いたしました。

 次に、1月28日、仙台市で開催されました指定都市市議会議長会について申し上げます。

 当日は、会長である野田仙台市議長、前会長である佐々木北九州市議長、奥山仙台市長のあいさつの後、会議に入りました。会議では、野田仙台市議長を座長に決定した後、協議事項に入りました。まず、継続して議題となっている大都市財政の現状と対策について、仙台市の財政状況を例に財政局長から説明を受け、今後も指定都市として地方財政の強化に継続して取り組んでいくことといたしました。続いて、相模原市の当議長会への加入についてを協議し、次回から加入することを決定いたしました。次に、懇談事項として、堺市の佐々木事務局長から、当議長会の活動強化に関する事務局長会議での検討結果についての報告があり、名古屋市から、指定都市の位置づけについて、現在の地方六団体に指定都市市長会とともに加わり、いわゆる地方八団体を目指すという内容の提案があり、協議した結果、この取り扱いについては正副会長に一任することとなりました。続いて、地方議会議員年金制度について、総務省が設置した地方議会議員年金制度検討会に議員共済会代表委員として出席している藤田広島市議長から、これまでの経過説明と全国市議会議長会として決議案をつくり運動していきたい旨の発言がなされ、協議した結果、藤田議長に一任することに決定いたしました。なお、次期開催市については千葉市に決定いたしました。

 次に、同じく1月28日、掛川市で開催されました第138回静岡県市議会議長会定期総会について申し上げます。

 当日は、開催市の秋田袋井市議長、会長である小長井富士市議長、原田袋井市長のあいさつの後、会議に入りました。当日は、新たに会員となった牧之原市が紹介された後、規程に基づき、議員67名の方々がはえある表彰を受けられました。このうち、本市の議員からは、一般表彰として、在職15年の功績をもちまして松下福治郎議員、内田幸博議員、鈴木育男議員、二橋雅夫議員、斉藤晴明議員、小松錦司議員及び私、立石光雄が、また、10年の功績をもちまして桜井祐一議員、太田康隆議員が表彰を受けられておりますので、御報告申し上げます。続いて、会議に入り、会務報告を了承した後、議案の審議に移りました。今回、提案されました議案は、本市が提出した第1号議案持続可能な水産資源の確保について、掛川市が提出した第2号議案若年者・新卒者雇用対策の強化について、伊豆の国市が提出した第3号議案子ども医療費助成制度の創設について、熱海市が提出した第4号議案普通交付税算定における特殊事情の算入についてほか13件で、審議の結果、いずれも原案どおり可決されました。また、協議事項では、県議会議員の定数見直しについて活発な議論の結果、西部地区議長会作成の文案を口頭により申し入れを行うことになりました。なお、次期開催市については、協議の結果、伊豆の国市に決定いたしました。

 次に、2月3日、東京都で開催されました全国市議会議長会基地協議会第73回総会について申し上げます。

 当日は、会長である浦佐世保市議長のあいさつに続き、新規加盟市町村紹介の後、事務報告を了承し、会議に入りました。会議では、平成20年度会計決算、平成22年度運動方針、平成22年度事業計画及び平成22年度予算の4件について審議され、それぞれ認定・可決いたしました。

 次に、2月4日、東京都で開催されました都市行政問題研究会第91回総会について申し上げます。

 会議では、本研究会が平成20年度、21年度の研究テーマとした都市におけるエコ対策に関する調査研究報告書、平成22年度の事業計画、予算関連議案が提案され、いずれも原案どおり決定いたしました。また、平成22年度、23年度の調査研究テーマについては、本年5月に開催予定の調査幹事会で協議されることとなりました。

 次に、2月8日、東京都において開催されました全国市議会議長会相談役会議について申し上げます。

 当日は、会長である五本富山市議長のあいさつの後、会議に入りました。会議では、翌9日に開催される第182回部会長会議、第178回理事会及び第88回評議員会の運営について、次期役員及び次回定期総会等に関する事項について、会長提出議案5件、全国市議会議長会団体定期保険の一部改正案などが協議され、いずれも原案のとおり了承されました。また、その他の事項としては、地方議会財政検討会議の開催及び全国市議会議長会研究フォーラムについて報告があり、平成23年度に開催予定の第6回研究フォーラム開催地が青森市に決定したことなどが報告されました。

 次に、2月9日、東京都において開催されました全国市議会議長会第178回理事会及び第88回評議員会について申し上げます。

 第178回理事会では、会長である五本富山市議長のあいさつに続き、役員の補欠選任を決定し、一般事務報告を了承した後、協議に入りました。協議では、午後に開催される第88回評議員会の運営について了承した後、会長提出議案5件について審議した結果、平成22年度予算関連3件については、これを了承しました。また、全国市議会議長会団体定期保険の一部改正案について、次期役員及び次回定期総会等に関する事項についても、原案のとおり了承いたしました。このほか、部会長補欠選任の取り扱いについてはこれを了承し、地方議会財政検討会議の開催及び全国市議会議長会研究フォーラム等について報告がされました。

 続いて、午後に開催された第88回評議員会では、会長である五本富山市議長、来賓である総務大臣代理渡辺周副大臣のあいさつの後、岡本保総務事務次官から「平成22年度における地方行政の諸課題」と題した講演があり、これを聴取いたしました。続いて、一般事務報告及び地方行政委員会ほか6委員会の委員長報告を了承した後、議案の審議に入りました。議案の審議では、平成22年度予算関連3件、地方主権に関する調査特別委員会の設置要綱について、地方議会議員年金制度に関する適切な措置を求める決議案については、いずれも原案どおり可決いたしました。

 次に、2月10日、鈴鹿市において開催されました平成21年度第2回東海市議会議長会支部長会議及び第246回東海市議会議長会理事会について申し上げます。

 当日は、会長である大沢豊橋市議長、開催市である大谷鈴鹿市議長のあいさつの後、会議に入りました。会議では、会務報告を了承した後、協議事項に入り、平成22年度全国市議会議長会役員について、第246回理事会等の運営について、第93回東海市議会議長会定期総会について、いずれも原案のとおり了承するとともに、次期支部長会議開催市を沼津市に決定しました。

 また、引き続き行われた第246回東海市議会議長会理事会では、会長である大沢豊橋市議長、開催市である大谷鈴鹿市議長、川岸鈴鹿市長のあいさつの後、会議に入りました。会議では、会務報告を了承した後、議案の審議に入り、静岡県市議会議長会提出の第1号議案地震防災対策の推進について、第5号議案平成21年度東海市議会議長会会計補正予算、第6号議案平成21年度東海市議会議長会会計決算認定について、第13号議案平成22年度東海市議会議長会役員の選任についてなど13件について協議し、いずれも原案のとおり可決・認定・選任いたしました。続いて、平成22年度全国市議会議長会役員の割り振り、第93回東海市議会議長会定期総会の日程について、原案のとおり決定するとともに、次期理事会開催市を豊橋市に決定いたしました。

 以上、議長会関係会議の概要を申し上げまして、御報告とさせていただきます。



○議長(高林一文) ただいま副議長から報告されましたとおり、第138回静岡県市議会議長会定期総会において、議員の一般表彰、在職15年の功績をもちまして松下福治郎議員、立石光雄議員、内田幸博議員、鈴木育男議員、二橋雅夫議員、斉藤晴明議員、小松錦司議員が、また、在職10年の功績をもちまして桜井祐一議員、太田康隆議員が栄誉ある表彰を受けられておりますので、本席において表彰状の伝達を行います。

 表彰されました9人を代表して、松下福治郎議員に伝達いたします。

     〔松下福治郎議員表彰状を受けるため登壇〕



○議長(高林一文) 

                表彰状

                           浜松市

                              松下福治郎様

 あなたは市議会議員の要職にあること15年市政の振興と地方自治の伸展に寄与された功績はまことに顕著であります

 よってここに本会表彰規程により表彰いたします

  平成22年1月28日

                         静岡県市議会議長会会長

                          富士市議会議長 小長井義正

     〔松下福治郎議員表彰状を受ける、拍手〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高林一文) ただいまから、本日の日程に入ります。

 本日の議事日程は、お手元に配付した日程のとおりであります。

 最初に、日程第1会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第78条の規定により、15番田口章議員、32番氏原章博議員、52番立石光雄議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高林一文) 次に、日程第2会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本日招集された第1回浜松市議会定例会の会期は、本日から3月24日までの34日間とすることに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高林一文) 異議なしと認め、そのように決定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高林一文) 次に、日程第3第1号議案平成21年度浜松市一般会計補正予算(第6号)から、日程第54第52号議案市道路線変更についてまで及び日程第55第103号議案工事請負契約締結について(浜松市立内野地区幼稚園建設工事(建築工事))の計53件を一括して議題といたします。

 市長の説明を求めます。

     〔鈴木康友市長登壇〕



◎市長(鈴木康友) ただいま御上程いただきました補正予算案並びに条例案等につきまして、御説明を申し上げます。

 初めに、一般会計補正予算(第6号)でございます。今回の補正予算は国の補正予算に対応した緊急経済対策事業を追加するため、通学路等の交通安全対策や公共建築物緊急耐震化、学校施設整備など、きめ細かな事業費を措置するものです。また、国庫補助事業費の内定に伴い、土地区画整理事業費を追加するほか、事業費の確定に伴う整理を行うものでございます。なお、人件費につきましては、勧奨退職者の退職手当等を追加するとともに、給料、期末・勤勉手当等を減額するものでございます。

 補正予算の主なものでございますが、総務費では、浜松市建設公社に対しまして、平成22年4月1日の浜松まちづくり公社との合併に際し、残債務となる金融機関からの借入金精算分を負担するほか、市有地土地売り払い収入の資産管理基金への積立金や法人市民税の還付金を追加するものでございます。また、国の補正予算に伴う地域活性化・きめ細かな臨時交付金等を活用し、アクトシティ浜松を初めとする各種文化施設やスポーツ施設の整備事業費を追加するものでございます。

 民生費では、障害者自立支援給付費について、報酬単価の改定及び利用者の増加に伴う追加のほか、生活保護受給者の増加に伴い、扶助費を増額措置するものでございます。

 衛生費では、妊婦乳幼児健康診査事業や予防接種事業につきまして、年間見込み件数の増に伴い、診査委託料を追加するとともに、精神障害者自立支援給付事業では、報酬単価改定等に伴い、給付費を追加するものでございます。

 農林水産業費では、国の臨時交付金を活用し、林道・路網などの整備費を措置するとともに、フラワーパークの災害復旧費に対しまして負担金を追加するものでございます。

 商工費では、大型商業施設進出促進助成費を皆減する一方で、観光施設の維持修繕費を追加するものでございます。

 土木費では、国の臨時交付金の活用により、小・中学校の耐震補強事業費や市民に身近な道路、河川の安全対策事業費、公園施設改良事業費などを措置するほか、国庫補助の内定に伴い、南浅田地区、高竜地区の土地区画整理事業費を追加するものでございます。また、駐車場使用料収入の減に伴い、駐車場事業特別会計への繰出金を追加するものでございます。

 消防費では、国の臨時交付金の活用により、消防車両などの整備費を追加するものでございます。

 教育費では、小・中学校、幼稚園の施設整備費を追加するとともに、太陽光パネル設置事業など、執行に伴う整理をするものでございます。

 このほか、人件費を初め、各種事業費の補正により、一般会計では12億2300万円の追加となるものでございます。

 次に、特別会計では、国民健康保険事業など12の会計で総額26億4909万4000円の減額でございます。このうち、国民健康保険事業、老人保健医療事業、介護保険事業、後期高齢者医療事業では、本年度の収支の見込みに伴い補正するほか、公債管理特別会計では、公的資金補償金免除繰上償還額の減及び20年度借入額、利率の確定に伴い、元利償還金を減額するものでございます。

 次に、公営企業会計でございますが、事業費の整理等により、病院事業など4事業で11億7265万円の減額となるものでございます。

 次に、条例案でございますが、浜松市本田宗一郎顕彰基金に関する条例の廃止は、基金設置の目的を遂行する条件が整ったことに伴い、基金を廃止するものでございます。また、浜松市火災予防条例の一部改正は、個室型店舗の防火安全対策を図るため、所要の整備を行うものでございます。

 次に、工事請負契約締結議案でございますが、浜松市地域防災無線施設整備事業は、統制局など3カ所、無線子局379台のデジタル移動通信設備を整備するものでございます。

 次に、物品購入契約締結議案は、消防ヘリコプターの専用部品一式を購入するものでございます。

 次に、市有財産の取得は、土地開発公社が先行取得した浜松北地域自治センター用地等の取得でございます。

 次に、指定管理者の指定につきましては、新規に導入する市民協働センターなど4施設を含めた73施設に関し、18の議案を提案するものでございます。

 続きまして、第1回市議会定例会議案(2)につきまして御説明申し上げます。第103号議案工事請負契約締結は、内野幼稚園と内野北幼稚園を統合し、新たな幼稚園を建設するための工事請負契約を締結するものでございます。

 以上、補正予算案並びにその他の案件につきまして、あらましを御説明申し上げました。よろしく御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。



○議長(高林一文) 以上で市長の説明は終わりました。

 引き続き、別室で議案説明会を開きますので、休憩いたします。

     午前10時53分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時6分再開



○議長(高林一文) 会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高林一文) 第1号議案から第52号議案まで及び第103号議案の計53件の議事を継続いたします。

 ただいまから、議題に対する質疑を許します。

 質疑はありませんか。−−発言がないようですので、質疑を打ち切ります。

 ただいま議題となっております第1号議案から第52号議案まで及び第103号議案の計53件は、会議規則第35条第1項の規定により、お手元の議案付託件目表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高林一文) 次に、休会についてお諮りいたします。

 議事の都合により、2月20日から2月24日までの5日間は、休会することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(高林一文) 異議なしと認め、そのように決定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高林一文) 次の本会議は2月25日午前10時から開きます。

 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 本日は、これをもちまして散会いたします。

     午後2時8分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       会議録署名議員

        浜松市議会議長

        浜松市議会議員

        同

        同

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−