議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 浜松市

平成18年  6月 定例会(第4回)(資料) 資料




平成18年  6月 定例会(第4回)(資料) − 資料









◇委員会審査結果報告書

                               平成18年6月22日

 浜松市議会議長  寺田昌弘様

                          浜松市議会厚生保健委員会

                              委員長  今田欽也

              委員会審査結果報告書

 本委員会に付託された事件について、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第100条の規定により報告します。

                 記

1 委員会開会の月日 6月22日

2 審査の結果



事件番号
件名
審査結果
備考


第110号議案
浜松市国民健康保険条例の一部改正について
原案可決
 


第111号議案
浜北市、天竜市、舞阪町、雄踏町、細江町、引佐町、三ケ日町、春野町、佐久間町、水窪町及び龍山村の編入に伴う浜松市国民健康保険条例の適用の経過措置に関する条例の一部改正について

 



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               平成18年6月22日

 浜松市議会議長  寺田昌弘様

                          浜松市議会環境経済委員会

                              委員長  黒田 豊

              委員会審査結果報告書

 本委員会に付託された事件について、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第100条の規定により報告します。

                 記

1 委員会開会の月日 6月22日

2 審査の結果



事件番号
件名
審査結果
備考


第112号議案
浜松市浄化槽保守点検業者の登録に関する条例の一部改正について
原案可決
 


第113号議案
浜松市音・かおり・光環境創造条例の一部改正について

 


第114号議案
浜松市農村環境改善センター条例の一部改正について
原案可決
 


第115号議案
浜松市小型自動車競走場附帯施設等利用条例の一部改正について

 


第121号議案
浜松市浜北温泉施設あらたまの湯条例の制定について

 



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               平成18年6月22日

 浜松市議会議長  寺田昌弘様

                          浜松市議会建設委員会

                              委員長  佐藤守之

              委員会審査結果報告書

 本委員会に付託された事件について、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第100条の規定により報告します。

                 記

1 委員会開会の月日 6月22日

2 審査の結果



事件番号
件名
審査結果
備考


第104号議案
平成18年度浜松市水道事業会計補正予算(第1号)
原案可決
 


第105号議案
平成18年度浜松市下水道事業会計補正予算(第1号)

 


第116号議案
浜松市都市公園条例の一部改正について

 


第117号議案
浜松市営住宅条例の一部改正について

 



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               平成18年6月23日

 浜松市議会議長  寺田昌弘様

                          浜松市議会文教消防委員会

                              委員長  金子一美

              委員会審査結果報告書

 本委員会に付託された事件について、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第100条の規定により報告します。

                 記

1 委員会開会の月日 6月23日

2 審査の結果



事件番号
件名
審査結果
備考


第118号議案
浜松市消防団員退職報償金支給条例の一部改正について
原案可決
 


第119号議案
浜松市文化コミュニティセンター条例の一部改正について

 


第120号議案
浜松市立図書館条例の一部改正について

 



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               平成18年6月23日

 浜松市議会議長  寺田昌弘様

                          浜松市議会総務委員会

                              委員長  中村勝也

              委員会審査結果報告書

 本委員会に付託された事件について、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第100条の規定により報告します。

                 記

1 委員会開会の月日 6月23日

2 審査の結果



事件番号
件名
審査結果
備考


第106号議案
浜松市水泳場条例の一部改正について
原案可決
 


第107号議案
浜松市B&G海洋センター条例の一部改正について

 


第108号議案
浜松市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び浜松市職員公務災害等特別補償給付金条例の一部改正について

 


第109号議案
浜松市税条例の一部改正について

 


第122号議案
工事請負契約締結について
(浜松市春野総合事務所庁舎建設工事(建築工事))
原案可決
 


第123号議案
浜松市特別職報酬等審議会条例の一部改正について

 


第124号議案
浜松市職員退職手当支給条例の一部改正について

 



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇選第4号 浜松市助役氏名

  東京都渋谷区元代々木町14番地8号    田中佐智子

◇諮第2号 人権擁護委員推薦候補者氏名

  浜松市細江町気賀7955番地の66      門脇良光

  浜松市二俣町鹿島12番地の25       渥美英雄

  浜松市雄踏町宇布見5220番地の3     栗野照子

  浜松市佐久間町奥領家1355番地の2    奥山むら子

  浜松市佐久間町上平山337番地の1     中野徳一

  浜松市雄踏町山崎4864番地の2      水野昌洋

  浜松市三ケ日町三ケ日218番地の1     竹上祥高

  浜松市雄踏町宇布見5288番地の7     中村恒夫

  浜松市新原2320番地の1         中瀬千惠子

  浜松市大人見町12番地の7        石貝正道

  浜松市倉松町394番地           中村光伸

  浜松市引佐町西黒田207番地の5      野沢良子

◇議長発議第16号 浜松農業委員会委員氏名

  浜松市富塚町4691番地の53        西川公一郎

  浜松市高丘北一丁目44番1号       斉藤晴明

  浜松市本郷町1333番地の2        飯田末夫

  浜松市湖東町232番地の2         山下昌利

◇議長発議第17号 浜北農業委員会委員氏名

  浜松市於呂4129番地の3         湖東秀隆

  浜松市新原2024番地           高林一文

  浜松市上島378番地の8          桜井祐一

  浜松市中瀬577番地の1          大橋敏男

◇議長発議第18号 引佐農業委員会委員氏名

  浜松市細江町中川1442番地        伊東真英

  浜松市三ケ日町平山381番地        鈴木浩太郎

  浜松市引佐町渋川1850番地の1      長山芳正

◇議長発議第19号 天竜農業委員会委員氏名

  浜松市龍山町大嶺945番地         鈴木政成

  浜松市両島969番地の5          渥美 誠

  浜松市佐久間町中部153番地        大見 芳

  浜松市春野町杉24番地          酒川富雄

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇発議案第6号 基地対策予算の増額等を求める意見書

  我が国には、多くの自衛隊や米軍の施設が所在しており、各地で基地施設の所在に起因するさまざまな問題が発生し、住民生活はもとより地域振興等に多大な影響を及ぼしている。

  そのため、基地施設周辺の市町村は、基地所在に伴う諸問題の解決に向けて鋭意努力しているところである。

  こうした基地関係市町村に対しては、固定資産税の代替的性格を基本とした基地交付金(国有提供施設等所在市町村助成交付金)及び基地交付金の対象外である米軍資産や住民税の非課税措置等の税財政上の影響を考慮した調整交付金(施設等所在市町村調整交付金)が交付されている。

  また、自衛隊等の行為または防衛施設の設置・運用により生ずる障害の防止・軽減のため国の責任において基地周辺対策事業が実施されている。

  しかし、基地関係市町村の行財政運営は、基地所在に伴う特殊な財政需要の増大等により大変厳しい状況にあり、国による基地対策のさらなる充実が必要である。

  よって、国においては、基地関係市町村の実情に配慮して下記事項を実現されるよう強く要望する。

                 記

 1 基地交付金及び調整交付金については、平成19年度予算において増額措置を講ずるとともに、基地交付金の対象資産を拡大すること。

 2 基地周辺対策経費の所要額を確保するとともに、各事業の補助対象施設及び範囲を拡大すること。特に、特定防衛施設周辺整備調整交付金については、平成19年度予算において増額措置を講ずること。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成18年6月30日

                         浜松市議会議長  寺田昌弘

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇発議案第7号 外国人犯罪人引き渡し条約の締結等を求める意見書

  浜松市においては、1990年の入管法改定により、ニューカマーと呼ばれる日系南米人を中心とする外国人が集住し、今も増加の様相を呈している。

  外国人の来日生活形態は、当初の短期就労目的の居住から、家族を呼び寄せ生活基盤を日本に置くという方向へさま変わりしてきている。

  定住化が進むにつれて顕在化してきた外国人住民を取り巻く諸課題について本市は、同様の課題を抱えた他都市とともに、平成13年度に「外国人集住都市会議」を設立し、国に対し外国人登録法や社会保障制度等の不備や不具合を提言するなど、共生のためのさまざまな施策に取り組んできたところである。

 しかしながら、こうした生活環境改善の取り組みにもかかわらず、近年、外国人による犯罪は増加の一途をたどり、警察庁の統計によると平成16年度の検挙件数、検挙人員は過去最多となっている。とりわけ、問題視されるのは、容疑者が国外逃亡し、捜査継続が困難となっている事件が相次いでいることである。

  現在、日本が国外逃亡した犯罪人の引き渡し条約を結んでいるのは、アメリカ合衆国と大韓民国の2カ国のみであり、国境を越えた犯罪捜査の行き詰まりに対し、憤りを感じた遺族が、制度上の問題解決を訴える運動の先頭にみずから立ち上がり、これに賛同する輪が広がっている。

  我が国は、少子高齢化の進展による人口減少時代を迎えるとともに、経済のグローバル化によって外国人住民の増加傾向が続き、今後とも地域共生はますます重要度を増すものと思われる。外国人住民も地域住民であるとの認識のもと、安全で安心して暮らせる社会の実現を目指し、日本人住民との良好な関係を構築していかなければならない。そのためにも容疑者が国外逃亡して処罰を免れるような事態の解消とともに、外国人犯罪の防止強化に向けた強力な取り組みが急務と考える。

  よって、国においては、外国人犯罪防止に係る下記の方策を早急に講ずるよう強く要望する。

                 記

 1 外国人犯罪人引き渡し条約の未締結諸国との条約締結、あるいは、相手国において我が国と同等の処遇が適応される代理処罰制度の確立を早期にすること。

 2 犯罪人が国外逃亡により罪を免れることのないように、警察と入国管理局とが連携して国外への逃亡を阻止する策を講ずること。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成18年6月30日

                         浜松市議会議長  寺田昌弘

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇発議案第8号 静岡地方法務局浜松支局管内に出張所の設置を求める意見書

  平成7年の民事行政審議会答申により登記所適正配置の基準が示され、当地域においては、12市町村の合併により新浜松市が誕生した直後の平成17年9月に天竜出張所・引佐出張所・浜北出張所が浜松支局に統廃合された。

  この結果、浜松支局が管轄する範囲は、面積1579平方キロメートル、人口84万人、南北の長さは73キロメートルに達する、他に例のない広大かつ大規模な地域となった。

  余りにも広大な地域のため、従前より法務行政サービスの低下が懸念されていたが、現実に統合後の法務行政は大変混雑しており、登記事務を初め、登記簿謄抄本や法人の印鑑証明書の交付手続などにも時間を要する状況になっている。

  また、支局の位置が南に偏在しているため、特に北遠を初めとする北部地域の市民にとって不動産や商業登記簿謄本の取得という極めて一般的なサービスのために数時間を費やしている現状は、物理的な無理があり統廃合による出張所適正配置の基準を超えた不適正な状態といわざるを得ない。

  法務局の役割は、地域住民の不動産に関する権利の得喪や商業法人の登記手続、謄抄本の取得、調査、閲覧あるいは人権擁護など住民生活や経済活動と密接不可分な関係にある。特にクラスター型政令指定都市を目標に掲げ、都市内分権型の新しいタイプの地方都市の実現を目指す当市にとって、こうした法務行政サービスの低下は、大きなマイナス要因である。

  福岡市や横浜市を初め政令指定都市の中には、市内に複数の出張所を配置している例は数多くあり、静岡市も2カ所、当市と同じく平成19年4月の政令市を目指す新潟市にも4カ所の出張所が存在するのが実情である。

  よって、国においては、浜松地域における法務行政サービスの維持向上を図るため、下記事項の実現について、全力で取り組まれることを強く要望する。

                 記

 1 天竜・引佐・浜北出張所の対象地域の行政サービスが統廃合により、どのような影響を受けているかについて、早急に実態調査を実施すること。

 2 浜松市内北部地域へ新たな出張所を設置すること。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成18年6月30日

                         浜松市議会議長  寺田昌弘

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         自 6月9日(金)

◇第4回浜松市議会定例会日程表       (会期         の22日間)

                         至 6月30日(金)



月日
曜日
会議の別
摘要


本会議
委員会
開議時刻
会議室


6月2日

 
運営委員会
午前10時
第1委室
◯招集告示
◯議案配付
1.第4回市議会定例会の運営について
2.意見書等の提出について
3.浜松市議会の議員の定数並びに選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例について


全員協議会
午後1時30分
全協室
運営委員会の協議結果について


3日
(土)
 
 
 
 
 


4日
(日)
 
 
 
 
 


5日

 
 
 
 
 


6日

 
 
 
 
 


7日

 
 
 
 
 


8日

 
 
 
 
※質問通告期限 午後3時


9日

本会議
 
午前10時
議場
1.開会の宣告
2.諸般の報告
3.会期の決定
4.議案(19件)上程・説明・休憩(議案説明会)・委員会付託


10日
(土)
 
 
 
 
 


11日
(日)
 
 
 
 
 


12日

 
 
 
 
 


13日

 
 
 
 
 


14日

 
 
 
 
 


15日

 
運営委員会
午前10時
第1委室
1.議案の追加提案について
2.本会議2日目から4日目の運営について
3.意見書等の調整について
4.陳情について
5.浜松市議会の議員の定数並びに選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例について
6.質問者一覧表について


16日

 
全員協議会
午前9時30分
全協室
運営委員会の協議結果について


本会議
 
午前10時
議場
1.代表質問(5人)
2.議案(2件)上程・説明・休憩(議案説明会)・委員会付託


17日
(土)
 
 
 
 
 


18日
(日)
 
 
 
 
 


19日

本会議
 
午前10時
議場
一般質問(4人)


20日

本会議
 
午前10時
議場
一般質問(2人)


21日

 
 
 
 
 


22日

 
厚生保健委
環境経済委
建設委
午前10時
第2委室
第3委室
第4委室
付託議案審査


23日

 
文教消防委
総務委
午前10時
第5委室
第1委室
付託議案審査
※討論通告期限 午後5時


24日
(土)
 
 
 
 
 


25日
(日)
 
 
 
 
 


26日

 
 
 
 
 


27日

 
 
 
 
 


28日

 
 
 
 
 


29日

 
運営委員会
午前10時
第1委室
1.陳情について
2.本会議最終日の運営について
3.助役及び行政委員について
4.9月定例会のスケジュールについて
5.決算の審査方法及び決算審査特別委員会の日程について


30日

 
全員協議会
午前10時30分
全協室
1.運営委員会の協議結果について
2.政令指定都市移行時の組織改正(案)及び人事配置(案)について
3.区及び地域自治区の設置等に関する例規(案)について


本会議
 
午後1時
議場
1.議案(21件)上程・委員長報告・質疑・討論・採決
2.発議案(定数条例)上程・説明・討論・採決
3.人事案件(助役選任ほか1件)上程・説明・委員会付託省略・採決
4.人事案件(4件)上程・議事手続省略・採決
5.意見書(3件)上程・議事手続省略・採決
6.閉会の宣告