議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成19年11月26日議会運営委員会−11月26日-01号




平成19年11月26日議会運営委員会

 議会運営委員会会議録

                     平成19年11月26日(月曜日)午前10時開議
                                議事堂第3委員会室
【協議事項】
1.市長提出議案について
2.会期日程(案)について
 (1)諸般の報告
3.平成20年3月定例会会期日程(案)について
4.その他

〇出席委員(9名)
                   委員長    小 島 軍 司  君
                   副委員長   太 田 松 次  君
                   委 員    浅 野 健 司  君
                   委 員    川 瀬 勝 秀  君
                   委 員    尾 関 光 政  君
                   委 員    神 谷 卓 男  君
                   委 員    今 尾 泰 造  君
                   委 員    関   浩 司  君
                   委 員    川 島 勝 弘  君

〇オブザーバー(2名)
                   議 長    古 田 澄 信  君
                   副議長    三 丸 文 也  君

〇説明のため出席した者の職氏名
              副市長         五 藤   勲  君
              総務部長        五 島 仁 光  君
              次長兼総務課長     星 野 正 彰  君

〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      金 武   久
              次長兼総務課長     村 井 清 孝
              課長補佐兼総務係長   小 野 和 夫
              主任主査兼議事調査係長 山 下 幸 二
              主任主査        土 川   孝
              主 査         進 藤 達 彦
        ―――――――――――――――――――――――――――
(開会) 午前10時
○委員長(小島軍司君) ただいまから議会運営委員会を開会いたします。
 11月22日に告示され、平成19年第6回各務原市議会定例会が11月29日に招集されることとなりました。本日は、その議会運営について御協議願います。
 初めに、市長提出議案について執行部の説明を願います。
◎総務部長(五島仁光君) それでは、平成19年第6回各務原市議会定例会に提出をさせていただきます議案の概要につきまして、御説明をさせていただきます。
 今回提出をさせていただきます議案につきましては、決算の認定5件、予算の補正4件、条例の改正3件、市道路線の認定・廃止3件の計15件でございまして、そのほかに専決処分の報告が1件ございます。
 最初に、認第2号から認第6号までの5案件につきましては、決算の認定を得ようとするものでございまして、詳細につきましては説明を省略させていただきまして、決算額のみの報告とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 認第2号は、平成18年度各務原市一般会計決算についてでございまして、収入済額422億1234万4654円、支出済額398億6296万1092円、差引残額23億4938万3562円となっております。
 次に、認第3号は平成18年度各務原市国民健康保険事業特別会計決算でございまして、収入済額128億1104万2136円、支出済額119億7019万2445円、差引残額8億4084万9691円となっております。
 次に、認第4号は平成18年度各務原市老人保健特別会計決算でございまして、収入済額93億8552万407円、支出済額93億6412万1270円、差引残額2139万9137円となっております。
 次に、認第5号は平成18年度各務原市介護保険事業特別会計決算でございまして、収入済額61億6777万7128円、2ページにまいりまして、支出済額59億7780万3962円、差引残額1億8997万3166円となっております。
 次に、認第6号は平成18年度各務原市下水道事業特別会計決算でございまして、収入済額40億8191万3595円、支出済額40億2204万8256円、差引残額5986万5339円となっております。
 次に、議第85号から議第88号までの4案件につきましては、平成19年度予算の補正をお願いするものでございまして、恐れ入りますが4ページをお願いします。
 議第85号は、平成19年度各務原市一般会計補正予算(第5号)でございまして、補正予算の規模といたしましては、補正額1億4832万6000円で、既定額と合わせました補正後の額は400億1390万2000円となりまして、前年度同期予算額と比較いたしまして5億9867万5000円、1.5%の増となっております。
 歳入歳出予算補正のうち歳入の主なものにつきましては、15款国庫支出金、補正額6040万9000円で、特定防衛施設周辺整備調整交付金3200万円、まちづくり交付金2090万円などとなっております。
 19款繰入金、補正額、減額1億8532万2000円につきましては、財政調整基金繰入金の減額3億円、減債基金繰入金1億1467万8000円でございます。
 20款繰越金、補正額1億6978万6000円につきましては、前年度からの繰越金でございます。
 22款市債、補正額5700万円につきましては、市道那643号線道路整備事業債の変更によるものでございまして、合計補正額1億4832万6000円となっております。
 5ページをお願いします。
 次に、歳出の主なものにつきましては、1款議会費から13款諸支出金にかけましての人件費につきましては、減額2億4416万円となっております。
 3款民生費、補正額2847万円につきましては、公立保育所施設整備費といたしまして、県道岐阜鵜沼線道路改良事業に伴う蘇原保育所の非常用滑り台等の移転に必要な所要額といたしまして1450万円などとなっております。
 次に6ページをお願いします。8款土木費、補正額1億4631万4000円につきましては、防衛施設庁調整交付金事業といたしまして、市道鵜1042号線道路改良事業に係る所要額といたしまして4934万1000円、地方道路整備事業費といたしまして、那加雲雀町地内のけやき通りに横断歩道橋を設置するための所要額といたしまして7000万円、景観形成整備費といたしまして、まちづくり交付金の確定により、(仮称)中山道鵜沼宿町屋館外構整備費に係る所要額として2080万円などとなっております。
 10款教育費、補正額7793万4000円につきましては、小学校施設営繕費といたしまして、旧岐阜女子商業高校跡地を那加第一小学校と一体利用するための西グラウンド改修整備等に係る所要額といたしまして3150万円、幼稚園費で、幼稚園就園奨励費補助金の対象者の増による所要額といたしまして1781万9000円、社会体育振興費といたしまして、岐阜県グリーンスタジアムで実施されます2008年北京オリンピック男子ホッケー予選大会開催に要する経費の各務原市負担分に係る所要額といたしまして1100万円などとなっております。
 13款諸支出金、補正額1億1135万5000円は、下水道事業会計への繰出金でございまして、合計補正額1億4832万6000円となっております。
 次に7ページに移りまして、繰越明許費につきましては、けやき通り横断歩道橋設置事業を翌年度に繰り越して実施しようとするものでございます。
 次に、債務負担行為の補正につきましては、各務原市ウェブサイト作成等技術者派遣委託事業を追加するものでございます。
 次に、地方債の補正につきましては、市道那643号線道路整備事業債を変更しようとするものでございます。
 次に8ページをお願いします。
 次に、議第86号は平成19年度各務原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)でございまして、補正予算の規模といたしましては、補正額8455万3000円でございまして、既定額と合わせました補正後の額は67億4782万8000円となりまして、前年度同期予算額と比較いたしまして6億9751万7000円、11.5%の増となっております。
 歳入歳出予算補正のうち歳入の主なものにつきましては、5款支払基金交付金、補正額328万9000円で介護給付費交付金でございます。
 10款繰越金、補正額8046万1000円につきましては、前年度からの繰越金でございまして、合計補正額8455万3000円となっております。
 歳出につきましては、1款総務費、補正額8455万3000円でございまして、後年度の介護給付の財源として、前年度保険料の余剰金等を基金に積み立てようとするものでございます。
 次に9ページをお願いします。
 次に、議第87号は平成19年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第1号)でございまして、補正予算の規模といたしましては、補正額1億1197万4000円で、既定額と合わせました補正後の額は43億8552万円となりまして、前年度同期予算額と比較いたしまして、3554万5000円、0.8%の減となっております。
 歳入歳出予算補正のうち歳入につきましては、5款繰入金、補正額1億1197万4000円で、一般会計からの繰入金でございます。
 歳出につきましては、1款下水道費61万9000円は職員給与費等でございます。
 2款公債費、補正額1億1135万5000円につきましては、起債の繰り上げ償還をするための償還元金でございます。補正額合計1億1197万4000円となっております。
 次に10ページをお願いします。
 次に、議第88号は平成19年度各務原市水道事業会計補正予算(第1号)でございまして、起債の繰り上げ償還に伴う資本的収入額及び支出額の補正を行うものでございまして、資本的収入の補正につきましては5億円、資本的支出の補正につきましては6億7172万7000円となっております。
 恐れ入りますが2ページに戻っていただきまして、次に、議第89号から議第91号までの3案件につきましては条例の改正についてでございまして、議第89号は各務原市集会場設置条例の一部を改正する条例についてでございまして、丸子町ふれあいセンターの新設に伴い、その名称及び位置を定めようとするものでございます。
 次に、議第90号は各務原市消防本部及び消防署設置条例の一部を改正する条例についてでございまして、町の区域及び名称の変更に伴いまして、北消防署の管轄区域にテクノプラザを加えようとするものでございます。
 次に、議第91号は各務原市農業委員会に関する条例の一部を改正する条例についてでございまして、同じく町の区域及び名称の変更に伴い、鵜沼選挙区の区域にテクノプラザを加えようとするものでございます。
 次に、議第92号から議第94号までの3案件につきましては、市道路線の認定及び廃止についてでございまして、議第92号は私道を市道として、議第93号は開発行為により設置された道路を市道としてそれぞれ認定しようとするものでございまして、議第94号は市道路線の再編成を行うために廃止及び認定をしようとするものでございます。
 次に、報第11号は損害賠償の額を定めることについて専決処分をした報告でございまして、損害賠償の額は14万5396円で、公用車の事故によるものでございます。
 以上で平成19年第6回各務原市議会定例会に提出させていただきます議案の概要説明を終わらせていただきますので、よろしくお願いをいたします。
 なお、現在予定しております議案の追加提出につきましてのお願いでございます。まず、人事院勧告に準じまして、市職員の給与条例の一部を改正する改正案と、それに伴います補正予算案を追加提出させていただく予定でございます。
 次に、市道の管理瑕疵による事故の損害賠償につき、現在相手方と交渉中でございますが、交渉がまとまり次第、補正予算案と損害賠償の額を定める議案を追加提出させていただく予定としております。
 また、(仮称)山の前広場公園用地の取得につきましても、現在、国を初め関係者と調整中でございますが、この件につきましても、調整がつき次第、土地の取得議案を追加提出させていただきたいと考えており、いずれも議会最終日に追加提出を予定しておりますので、よろしくお願いをいたします。以上でございます。
○委員長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。各委員の御意見はありませんか。
  (発言する者なし)
○委員長(小島軍司君) 本件については説明のとおり確認いたします。
 続いて、会期日程(案)について、事務局の説明を願います。
◎議会事務局長(金武久君) 会期日程(案)について御説明いたします。2ページをごらんください。
 平成19年第6回定例会は、11月29日開会、12月21日までの23日間の会期といたしたいと思います。11月29日木曜日、午前10時に開会、諸般報告。
 4ページをお願いいたします。1.市長提出議案について。市長から、認第2号から認第6号まで、議第85号から議第94号までの15案件の提出がありました。
 専決処分の報告について。市長から、地方自治法第180条の規定により損害賠償の額を定めることについて専決処分した報告が1件ありました。
 例月出納検査の結果について。監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、平成19年度8月分並びに9月分の例月出納検査を執行した結果の報告がありました。
 定期監査の結果について。監査委員から、地方自治法第199条第9項の規定より、平成19年度第2回から第4回定期監査を執行した結果の報告がありました。
 議員派遣について。11月16日に美濃加茂市で開催された中濃十市議会議員研修会への議員の参加について、各務原市議会会議規則第157条第1項のただし書きの規定により、議長において議員派遣を決定いたしました。
 陳情等の提出について。緊急の学童保育の環境改善についての要望。各務原市那加昭南町97−1、各務原那加第二学童室保護者の会 天木智子氏ほか1名。30人以下少人数学級を求める意見書、および義務教育費国庫負担堅持を求める意見書の採択に関する陳情。岐阜市美江寺町2−1、ゆきとどいた教育をすすめる岐阜県実行委員長 近藤真氏。原爆症認定問題の早期解決を求める陳情。岐阜市下西郷2−150、木戸季市方、岐阜県原爆被害者の会、会長 白木幸雄氏。
 続いて5ページで、さきの定例会において議決された意見書の処理結果について。さきの定例会において割賦販売法の抜本的改正に関する意見書は、各関係行政庁あてに送付いたしました。
 以上が諸般の報告でございまして、続いて会議録署名議員の指名、会期の決定の後、認第2号から認第6号まで、議第85号から議第94号までを上程、提案説明を行います。
 休会期間の決定の後、散会となります。
 なお、散会後、市議会だより編集委員会が第3委員会室で開会されます。午後1時から経済教育常任委員協議会が第3委員会室で開催されます。
 11月30日から12月10日まで休会でございます。質問の発言通告は12月3日の午前10時までに、質疑の発言通告は翌日の12月4日の午前10時までにお願いいたします。
 12月11日火曜日は午前10時に開議、会議録署名議員の指名、認第2号から認第6号まで、議第85号から議第94号までに対する質疑を行い、所管の委員会に付託いたします。
 そして、一般質問を行います。
 3ページをお願いいたします。12日水曜日は午前10時に開議、会議録署名議員の指名、そして一般質問を行い、休会期間の決定の後、散会でございます。
 13日から20日まで委員会開催、議事整理のための休会でございます。
 13日木曜日は民生消防常任委員会が、14日金曜日は経済教育常任委員会が、17日月曜日は建設水道常任委員会が、18日火曜日は総務常任委員会がそれぞれ10時から第3委員会室で開催されます。
 21日金曜日は午前10時に開議、会議録署名議員の指名、認第2号から認第6号まで、議第85号から議第94号までについて委員長報告を行い、委員長報告に対する質疑の後、休憩をとります。討論については通告制を採用しますので、討論の通告をお願いいたします。
 再開し、討論、採決を行います。先ほど執行部の説明がありました追加議案については、会議前に議会運営委員会を開催し、その議案の取り扱いを協議いただき、日程追加、上程、説明、質疑、委員会付託省略をはかり、討論、採決となります。そして閉会でございます。
 閉会後、市議会だより編集委員会が理事者控室で開催されます。
 その他議事運営については議長に御一任を願います。以上で説明を終わります。
○委員長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。委員の御意見はありませんか。
◆委員(今尾泰造君) 常任委員会の日程なんですが、以前にも要望したんですが、実は一般質問が終わった翌日に常任委員会が開かれるというのは非常に厳しいということです。本会議での疲れがあって、次に常任委員会が、とりわけ民生消防というのは非常に細かい内容も審査する委員会を休みなしにやるということは厳しいと思うので、前にも1日休みをとって、それで4つの常任委員会を連続的に開いてほしいという要望をしたんですが、今回はとりわけ決算の審査もあるもんで、これはやっぱり1日休会をとってしないと、本会議は長引くと、私は担当の委員会じゃないからいいようなものの、それぞれ該当する委員の人は非常に厳しいし、来年度も同じことが言えるので、少なくとも決算、予算議会の常任委員会の開始と本会議の間に1日休会をとるようにしていただきたい。この日程からいうと、予備日を1日先送りにすればできることだから、そう要望します。
○委員長(小島軍司君) ほかの委員の御意見はいかがですか。
  (発言する者なし)
○委員長(小島軍司君) 事務局の方としてはどんな……。
◎議会事務局長(金武久君) それは、委員会のいろんな議事整理が、たくさんの意見が出ればその時間が必要ですし、何とも言えません。
○委員長(小島軍司君) 今、今尾委員から意見が出されましたんで、皆さんで御協議いただかないといけませんが、従来どおりですと、この日程で進むということですけれども、今の今尾委員の御意見ですと、13日は1日あけて下へ押していけということでございますが、いかが扱いにいたしましょうか。
◆委員(川島勝弘君) 僕が13日が担当委員でして、だからこういう日にちにしたのは、18日の総務がもし長くなって、なかなかまとめがえらいということで1日では大変だということだろうと思うんだな。だから19日にすると、1日では総務委員会のまとめが大変だろうということだろうと思うんで、私は別に本会議のお疲れの後でも頑張るつもりですので、これでいいと思いますよ。
○委員長(小島軍司君) 今、川島委員は、民生消防常任委員会の委員長みずからの発言でこの日程で頑張ってやるということですが、ほかの皆さんは御意見ありませんか。
◆委員(今尾泰造君) この日程は、最初12月21日が最終日ということで内定しておるもんで、余計そういう意見が出るんだと思います。それで、私は1日最終日を延ばせばいいと思いますけれども、皆さんも意見もあるけど、来年度については、私はとりわけ担当の委員になりますけれども、十分な審査をしていくためには時間をいただけないと、責任を持って審査ができないと思うもんで、少なくとも予算と決算については1日おいて、そういう日程で、もしこの会期日程を例えばずっと押しておいて、木曜日であれば1日先に送ることができるわけだから、そういう日程で来年度はぜひよろしくお願いいたします。
○委員長(小島軍司君) 今、今尾委員の方から、来年度は御自分が担当委員だということもあって、ぜひそういう日程の組み方にしてほしいという御意見でございましたので、来年度からの決算、予算の議会日程については事務局の方に御一考をいただくということでよろしいでしょうか。
  (「異議なし」との声あり)
○委員長(小島軍司君) そういうことにいたしまして、本件については以上で終わりたいと思います。よろしくお願いいたします。
 続いて、3月定例会会期日程(案)について事務局の方から説明願います。
◎議会事務局長(金武久君) それでは6ページをお願いします。
 3月定例会の会期日程(案)について説明いたします。
 会期は28日となっております。2月21日告示、22日金曜日議会運営委員会、2月28日木曜日開会、3月3日月曜日午前10時を質問の通告期限、4日火曜日の午前10時を質疑の通告期限とし、12日水曜日に質疑・一般質問、13日木曜日に一般質問を行います。14日金曜日を予備日とし、ここで1日あけます。17日月曜日、民生消防常任委員会、18日火曜日、経済教育常任委員会、19日水曜日、建設常任委員会、それから21日金曜日に総務常任委員会を開催し、24、25日を予備日とし、3月26日水曜日を閉会としたいと思います。
○委員長(小島軍司君) 以上で本件についての説明を終わりましたけれども、今尾委員の御意見のとおり日程が組まれておるようでございますので、よろしくお願いします。本件については説明のとおり内定いたしたいと思います。よろしくお願いします。
◎議会事務局長(金武久君) 一応、質問の予備日、14日ですね。これは3月議会ですので、ひょっとして3日間になることもありますので、これが3日になったら1日ずれるということではございませんので、この点、御了承をお願いいたします。
○委員長(小島軍司君) そうだね、3日間あるという計算やで、それが2日に縮むだけということで、以上のような説明でよろしいですか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(小島軍司君) じゃあ、確認いたします。
 その他について、意見書の発案がありますので、発案の会派から説明を願います。
◆委員(今尾泰造君) 今、全国的にも問題になっている来年4月からの後期高齢者医療制度ですけれども、先般の広域連合でも、岐阜県の保険料が決定をしておりますけれども、非常に全国的にも高齢者に対する医療制度ということで問題になっているので、各地でも同様の意見書の採択が、もう既に300近い自治体の地方議会で行われております。ぜひこの意見書を国に、あるいは広域連合に上げていくということで、皆さんの御協力、賛同をよろしくお願いしたいと思います。
○委員長(小島軍司君) 以上で今尾委員からの説明が終わりました。
 各委員の御意見はありませんか。
  (発言する者なし)
○委員長(小島軍司君) 本件につきましては、各会派に持ち帰っていただいて意見の取りまとめをお願いいたしたいと思います。それで、各会派の取りまとめの意見については、閉会日の12月21日午前10時から議会運営委員会を開会し、各会派の意見を聞き、協議いたしたいと思いますので、そのように各会派で御協議いただいて、御意見を持ち上げてきていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。そういうことでよろしいでしょうか。
  (「はい」との声あり)
○委員長(小島軍司君) お願いいたします。
 以上で議会運営委員会を閉会いたします。
(閉会) 午前10時33分
        ―――――――――――――――――――――――――――
 この会議録は正当であることを認める。

           議会運営委員会委員長  小 島 軍 司