議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成19年 6月27日議会運営委員会−06月27日-01号




平成19年 6月27日議会運営委員会

                議会運営委員会会議録

                     平成19年6月27日(水曜日)午前10時開議
                               議事堂第3委員会室
【協議事項】
1.議員提出議案について
 (1)意見書 市議第4号 日豪EPA/FTA交渉に対する意見書
 (2)議員派遣の件
2.本日の議事運営について
3.その他

〇出席委員(9名)
                   委員長    小 島 軍 司  君
                   副委員長   太 田 松 次  君
                   委 員    浅 野 健 司  君
                   委 員    川 瀬 勝 秀  君
                   委 員    尾 関 光 政  君
                   委 員    神 谷 卓 男  君
                   委 員    今 尾 泰 造  君
                   委 員    関   浩 司  君
                   委 員    川 島 勝 弘  君

〇オブザーバー(2名)
                   議 長    古 田 澄 信  君
                   副議長    三 丸 文 也  君

〇説明のため出席した者の職氏名
              副市長         五 藤   勲  君
              総務部長        五 島 仁 光  君
              次長兼総務課長     星 野 正 彰  君

〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      金 武   久
              次長兼総務課長     村 井 清 孝
              課長補佐兼総務係長   小 野 和 夫
              主任主査兼議事調査係長 山 下 幸 二
              主任主査        土 川   孝
              主 査         進 藤 達 彦
        ―――――――――――――――――――――――――――
(開会) 午前10時
○委員長(小島軍司君) ただいまから議会運営委員会を開会いたします。
 初めに、議員提出議案(意見書)について御協議願います。
 さきの議会運営委員会で各会派に持ち帰りをいただき意見の取りまとめをお願いしてありますので、各会派の御意見を順にお伺いいたします。
 副委員長のところは。
◆副委員長(太田松次君) 賛成です。
○委員長(小島軍司君) ありがとうございます。
 明政会さん。
◆委員(川島勝弘君) 賛成です。
○委員長(小島軍司君) 共産党さん。
◆委員(今尾泰造君) 賛成です。
○委員長(小島軍司君) 維新の会さん。
◆委員(神谷卓男君) 賛成です。
○委員長(小島軍司君) 民主クラブさん。
◆委員(関浩司君) 同じです。
○委員長(小島軍司君) 翔政会さん。
◆委員(尾関光政君) 賛成です。
○委員長(小島軍司君) ただいま各会派の御意見をお聞きしましたところ、すべての会派が賛同でありますので、本日の会議に追加上程いたしたいと思います。
 議案の提出は、先例により、副委員長が提案者、委員が賛成者でお願いいたしたいと思います。なお、無会派の皆さんにも賛成者に加わっていただくよう、私の方からお願いをいたします。
 なお、案文についてはお手元に配付してありますが、事務局に朗読させますので、御確認願います。
◎次長兼総務課長(村井清孝君) それでは、朗読させていただきます。
            日豪EPA/FTA交渉に対する意見書
 本年から開始するとされている日豪EPA(経済連携協定)/FTA(自由貿易協定)交渉において、豪州政府は農産物も含む関税撤廃を強く主張すると見られている。豪州政府の要求どおり、農産物の輸入関税が全面的に撤廃されるようなことになれば、政府の試算では、牛肉、乳製品、小麦、砂糖の主要4分野で約8000億円もの打撃を受けるとされ、そのほか関連産業や地域経済への影響を含めると2兆円〜3兆円規模となるとも言われている。
 また、食料自給率は30%台に低下するなど、日本の農業と食料事情は壊滅的な打撃を受けることになるほか、農林業の多面的機能が失われ、農山村社会の崩壊、国土の荒廃及び環境の悪化を招くことになる。
 さらに、昨年、干ばつによって大減産となったように豪州の農業生産状況は極めて不安定であり、安易に依存することは世界的な食料不足・危機が懸念されている中で、日本の食料安全保障を危うくする結果を招きかねない。
 よって、国におかれては、下記事項を実施されるよう強く要望する。
                    記
1 日豪EPA/FTA交渉に当たっては、米、牛肉、乳製品、小麦、砂糖などの農林水産物の重要品目を除外するとともに、万一、これが受け入れられない場合は交渉を中断すること。
2 農産物貿易交渉は、農業、農村の多面的機能の発揮と国内自給による食料安全確保を基本とし、各国の多様な農業が共存できる貿易ルールを確立すること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
平成19年6月27日
                              岐阜県各務原市議会
各関係行政庁 宛
 以上でございます。
○委員長(小島軍司君) このようでよろしいでしょうか。
  (「はい」との声あり)
○委員長(小島軍司君) それでは、市議第4号として追加することといたします。
 続いて、議員提出議案、議員派遣の件について、事務局から説明を願います。
◎議会事務局長(金武久君) 市議第5号 議員派遣の件(市議会だより編集に関する調査)について説明をいたします。
 3ページをお願いいたします。
 市議会だより編集委員会が山口県周南市、防府市へ8月29日から30日までの2日間の日程で行政視察研修を実施するもので、会議規則第157条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 申し合わせにより、議運の副委員長が提出者で、議運委員が賛成者となって議会に提案し、議決願いたいと思います。なお、尾関光政議員は当該議員でありますので、賛成者から外れていただきます。以上でございます。
○委員長(小島軍司君) 以上で説明は終わりましたが、委員の御意見はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(小島軍司君) 本件については、説明のとおり確認いたします。
 続いて、本日の議事運営について、事務局の説明を願います。
◎議会事務局長(金武久君) 本日の議事運営について御説明いたします。
 この議運終了後、10時20分に再開し、開議に先立ち、去る6月19日に全国市議会議長会から表彰並びに感謝状を受けられた議員への伝達式を行います。
 その後、会議録署名議員の指名、議第49号から議第67号までを上程、委員会付託省略をはかり、討論、採決を行います。
 続いて、請願第1号の常任委員長報告を行い、委員長報告に対する質疑の後、討論、採決を行います。
 暫時休憩し、ただいま御協議いただきました市議第4号並びに市議第5号を配付いたします。
 再開の後、市議第4号並びに市議第5号を日程追加し、上程、説明、質疑、委員会付託省略をはかり、討論、採決を行います。
 そして、閉会でございます。
 閉会後、市議会だより編集委員会が理事者控室で開催されます。
 その他、議事運営については議長に御一任願います。以上でございます。
○委員長(小島軍司君) 以上で説明は終わりましたが、何か御意見はありますか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(小島軍司君) 本件については、説明のとおり確認いたします。
 その他、協議事項はありませんか。
◎総務部長(五島仁光君) 臨時市議会の開会のお願いについてでございます。
 昨年8月6日の川島スポーツ公園での死亡事故に係ります御遺族への賠償につきましては、本年4月1日付で被害者の代理人弁護士が選任されましたことから、現在、示談に向けた話し合いを進めているところでございます。市といたしましては、賠償問題につきましては早期に解決することが御遺族のお気持ちにかなうことになると考えております。したがいまして、現在進めております話し合いが今後合意に達することができた場合には、この示談に関する案件を御審議いただくため、現在は7月中旬ごろを予定しておりますが、臨時市議会の招集をお願いしたいと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。以上でございます。
◎議会事務局長(金武久君) 7月中旬ということになりますと、委員会の研修、それから会派の研修がございますので、私どもの日程を今調べますと、13日金曜日に臨時議会を開催して、その前の9日の月曜日に、まず最初に午前中に協議会を開いて、今までの経過について説明を受けて、午後から臨時会の議会運営委員会を開くということで、協議会を月曜日に開催して、今までの経過について全部協議していただいて、その後、昼から臨時会の議会運営委員会を開きまして、13日に臨時会を開催、今の日程ではそれぐらいかなあと。執行部の思いの中には、多分8月6日の事故の1周忌前に何とか示談を成立させたいということもあるでしょうから、今、議会側としては13日を大体頭の中で考えておるつもりですので、また議員の皆さんには、仮押さえをしていただきたいと思います。以上でございます。
○副議長(三丸文也君) これは議会のときの話になるかもしれんけど、要するに賠償というのはどういう賠償なんですか。
◎総務部長(五島仁光君) 金銭による賠償ということでございます。
○副議長(三丸文也君) 金銭による賠償ということは、市に何か過ちがあったということ。要するに、何にもないのにどうして賠償せなあかんの。今、そんなに押し迫ってやられる話だったら、結局、今までそういう話が一切出てこずに、そんな話が一遍にぽんと出てきたら、また事実を追認するような形になってしまうんで、あらかじめやっぱりそういうこともお話ししておかなあかん思うんですね。それで話しているんだけど、今回の議会での質問に対しても、責任とは言わないけど、要因もわからずに、何にもわからずに、何で賠償せなあかんのかという話が……。
◎議会事務局長(金武久君) それは協議会でやってください。これは日程的に……。
○副議長(三丸文也君) 日程そのものが、その辺もちゃんと詰めておってくださいよというお願い。
◎議会事務局長(金武久君) 議会の議決としては、公金の支出については議決案件ですので、当然それまでにその辺は詰めると思いますので。
◆委員(今尾泰造君) 協議会というのは常任委員会の協議会、全員協議会。
◎議会事務局長(金武久君) 常任委員会。
○委員長(小島軍司君) 常任委員会の協議会ね。
◎議会事務局長(金武久君) 当然、今までみたいに、委員さんには招集通知、ほかの議員さんについては開催の連絡は出しますので。
○委員長(小島軍司君) ということでございますので、一応日程的には皆さん、その日に予定を入れておいていただきたいと。仮に変更があればまた連絡をするということでございますので、よろしくお願いいたします。
 以上で議会運営委員会を閉会いたします。
(閉会) 午前10時12分
        ―――――――――――――――――――――――――――
 この会議録は正当であることを認める。

           議会運営委員会委員長  小 島 軍 司