議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成19年第 3回定例会−06月27日-04号




平成19年第 3回定例会

         平成19年第3回各務原市議会定例会会議録(第4日目)

          議   事   日   程   (第4号)
                     平成19年6月27日(水曜日)午前10時開議
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.議第49号 平成19年度各務原市一般会計補正予算(第1号)
日程第 3.議第50号 平成19年度各務原市老人保健特別会計補正予算(第1号)
日程第 4.議第51号 各務原市教育委員会委員の任命
日程第 5.議第52号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第 6.議第53号 各務原市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例
日程第 7.議第54号 各務原市税条例の一部を改正する条例
日程第 8.議第55号 各務原市民農園設置条例の一部を改正する条例
日程第 9.議第56号 各務原市公民館条例の一部を改正する条例
日程第10.議第57号 各務原市屋外広告物条例の一部を改正する条例
日程第11.議第58号 各務原市都市景観条例の一部を改正する条例
日程第12.議第59号 各務原市特別工業地区建築条例の一部を改正する条例
日程第13.議第60号 各務原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
日程第14.議第61号 各務原市土地開発公社定款の変更
日程第15.議第62号 工事委託協定の締結(新鵜沼駅自由通路新設工事)
日程第16.議第63号 財産の取得(高規格救急自動車・救急自動車)
日程第17.議第64号 財産の取得(学校給食センター厨房設備機器)
日程第18.議第65号 市道路線の認定(市道鵜1305号線)
日程第19.議第66号 市道路線の認定(市道稲927号線ほか4路線)
日程第20.議第67号 市道路線の廃止(市道鵜18号線)
日程第21.請願第1号 小学校卒業まで医療費の無料化を求める請願

         議   事   日   程   (第4号の2)
                            平成19年6月27日(水曜日)
日程第 1.市議第4号 日豪EPA/FTA交渉に対する意見書
日程第 2.市議第5号 議員派遣の件(市議会だより編集に関する調査)

〇本日の会議に付した事件
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.議第49号 平成19年度各務原市一般会計補正予算(第1号)
日程第 3.議第50号 平成19年度各務原市老人保健特別会計補正予算(第1号)
日程第 4.議第51号 各務原市教育委員会委員の任命
日程第 5.議第52号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第 6.議第53号 各務原市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例
日程第 7.議第54号 各務原市税条例の一部を改正する条例
日程第 8.議第55号 各務原市民農園設置条例の一部を改正する条例
日程第 9.議第56号 各務原市公民館条例の一部を改正する条例
日程第10.議第57号 各務原市屋外広告物条例の一部を改正する条例
日程第11.議第58号 各務原市都市景観条例の一部を改正する条例
日程第12.議第59号 各務原市特別工業地区建築条例の一部を改正する条例
日程第13.議第60号 各務原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
日程第14.議第61号 各務原市土地開発公社定款の変更
日程第15.議第62号 工事委託協定の締結(新鵜沼駅自由通路新設工事)
日程第16.議第63号 財産の取得(高規格救急自動車・救急自動車)
日程第17.議第64号 財産の取得(学校給食センター厨房設備機器)
日程第18.議第65号 市道路線の認定(市道鵜1305号線)
日程第19.議第66号 市道路線の認定(市道稲927号線ほか4路線)
日程第20.議第67号 市道路線の廃止(市道鵜18号線)
1、委員会付託省略(議第49号から議第67号まで)
日程第21.請願第1号 小学校卒業まで医療費の無料化を求める請願
1、日程追加(市議第4号並びに市議第5号)
日程第 1.市議第4号 日豪EPA/FTA交渉に対する意見書
日程第 2.市議第5号 議員派遣の件(市議会だより編集に関する調査)
1、委員会付託省略(市議第4号並びに市議第5号)
1、可決した意見書の取り扱いについて

〇出席議員(27名)
                    1 番   横 山 富士雄  君
                    2 番   永 冶 明 子  君
                    3 番   波多野 こうめ  君
                    4 番   梅 田 利 昭  君
                    5 番   浅 野 健 司  君
                    6 番   川 瀬 勝 秀  君
                    7 番   高 島 貴美子  君
                    8 番   太 田 松 次  君
                    9 番   吉 岡   健  君
                   10 番   尾 関 光 政  君
                   11 番   三 和 由 紀  君
                   13 番   神 谷 卓 男  君
                   14 番   角   弘 二  君
                   15 番   三 丸 文 也  君
                   16 番   古 田 澄 信  君
                   17 番   今 尾 泰 造  君
                   18 番   関   浩 司  君
                   19 番   阿 部 靖 弘  君
                   20 番   中 村 幸 二  君
                   21 番   平 松 幹 正  君
                   22 番   小 島 軍 司  君
                   23 番   末 松 誠 栄  君
                   24 番   藤 井 国 雄  君
                   25 番   横 山 隆一郎  君
                   26 番   川 島 勝 弘  君
                   27 番   長 縄 博 光  君
                   28 番   白 木   博  君

〇欠席議員(なし)

〇欠員(1名)12番

〇説明のため出席した者の職氏名
              市長          森     真  君
              副市長         五 藤   勲  君
              収入役         河 田 昭 男  君
              都市戦略企画推進部長  松 岡 秀 人  君
              総務部長        五 島 仁 光  君
              市民部長        臼 井 壮 一  君
              環境部長        五 藤 龍 彦  君
              健康福祉部長      紙 谷   清  君
              産業部長        岡 部 秀 夫  君
              都市建設部長      鈴 木 昭 二  君
              文化創造部長      岩 井 晴 栄  君
              水道部長        竹 山 幸 市  君
              監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長兼公
              平委員会書記長     熊 崎 敏 雄  君
              教育長         高 根 靖 臣  君
              消防長         關   邦 明  君
              都市戦略企画推進部次長兼都市戦略企画課長
                          磯 谷   均  君
              財政課長        小 鍋 泰 弘  君
              総務部次長兼総務課長  星 野 正 彰  君
              選挙管理委員会委員長  足 立 陽 三  君
              代表監査委員      野 田 敏 雄  君
              教育委員会委員     長 縄 直 子  君

〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      金 武   久
              次長兼総務課長     村 井 清 孝
              主任主査兼議事調査係長 山 下 幸 二
              主任主査        土 川   孝
              主査          進 藤 達 彦
        ―――――――――――――――――――――――――――
(表彰状伝達式)
1、全国市議会議長会表彰
 ・特別表彰(30年) 白木博君。
 ・一般表彰(10年) 神谷卓男君、角弘二君、三丸文也君。
 ・感謝状(産業経済委員) 藤井国雄君。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△1、開議
(開議) 午前10時28分
○議長(古田澄信君) ただいまから本日の会議を開きます。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 本日の日程は、お手元に配付したとおり定めました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△日程第1、会議録署名議員の指名
○議長(古田澄信君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員には、会議規則第80条の規定により、議長において17番 今尾泰造君、18番 関浩司君の両君を指名いたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△日程第2、議第49号から日程第20、議第67号まで
○議長(古田澄信君) 日程第2、議第49号から日程第20、議第67号までの19案件を一括し、議題といたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△1、委員会付託省略(議第49号から議第67号まで)
○議長(古田澄信君) おはかりいたします。ただいま議題の19案件については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(古田澄信君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題の19案件については、委員会付託を省略することに決しました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) これより討論を行います。
 討論の通告がありますので、発言を許します。
 3番 波多野こうめ君。
  (3番 波多野こうめ君登壇)
◆3番(波多野こうめ君) 日本共産党を代表して、反対の立場で討論を行います。
 議第57号 各務原市屋外広告物条例の一部を改正する条例について、議第58号 各務原市都市景観条例の一部を改正する条例について。
 この2つの条例改正は、8月1日から中山道鵜沼宿周辺を重点風景地区に指定し、建築物の新築や改修のときや屋外広告物の制限を設けようとするものです。新築や改修のときには市へ届け出が義務づけられ、高さや色彩・形など18項目の基準を満たさなければならないことになります。重点風景地区に指定しようとする建物は75軒が対象となっていますが、古い町並みとして保存に値する建物は、菊川酒造かいわいの六、七軒で、その他は現代的な建物となっています。こうした建物まで規制しようとしているわけです。
 市は、地元で9回の話し合いを開き、合意を得ているので問題はないとしています。しかし、対象者に聞いてみると、「初めから決まってしまっていることだから」「少数で反対してもしようがない」など、あきらめてしまっている方も決して少なくありません。歴史や文化の感じられる建物が点在するところ約600メートルを面的範囲で規制の網をかけることは、そこに住む人々の主権をも侵害しかねないことになり、この2つの議案には反対いたします。
 続いて議第64号 財産の取得(学校給食センター厨房設備機器)。
 新築する学校給食センターの厨房設備機器をプロポーザルによる随意契約で、岐阜アイホー調理機株式会社と契約しようとするものです。一般質問でも取り上げましたが、なぜメーカーと肩を並べて販売代理店である岐阜アイホー調理機株式会社を選定したのか。アイホー製品もプロポーザルで競わせるというのであれば、他社と同じようにメーカーを選定し、メーカー同士競わせるべきです。そして納入実績において、メーカーである株式会社アイホーの実績を使ったと思われるなど不可解です。よって、この議案には反対をいたします。以上です。
○議長(古田澄信君) これをもって討論を終結いたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) これより採決を行います。
 最初におはかりいたします。議第49号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第49号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第50号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第50号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第51号を原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第51号は原案のとおり同意されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第52号を原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第52号は原案のとおり同意されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第53号並びに議第54号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第53号並びに議第54号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第55号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立多数であります。よって、議第55号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第56号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第56号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第57号並びに議第58号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立多数であります。よって、議第57号並びに議第58号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第59号並びに議第60号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第59号並びに議第60号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第61号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第61号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第62号を原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第62号は原案のとおり同意されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第63号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第63号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第64号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立多数であります。よって、議第64号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。議第65号から議第67号までの3案件を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、議第65号から議第67号までの3案件は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△日程第21、請願第1号
○議長(古田澄信君) 日程第21、請願第1号を議題といたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 請願第1号について、総務常任委員会における審査結果の報告を求めます。
 総務常任委員長 長縄博光君。
  (総務常任委員長 長縄博光君登壇)
◎総務常任委員長(長縄博光君) 御報告いたします。
 前定例会より継続審査となっておりました請願第1号について、去る6月25日、審査を行いましたので、その経過と結果につきまして御報告いたします。
 初めに、代表紹介議員の補足説明の後、質疑に入りました。
 主な質疑では、「乳幼児医療費の無料化について自治体間の拡大競争が始まり、このツケが次世代へ回されることはないのか心配するが、来年に向けてめどもつきつつある、期待してほしいと本会議で市長が答弁された内容」に対しての質疑がありました。
 答弁では、「福祉・教育・基盤整備など広範囲の市民ニーズに対応しているが、財政負担を将来につけ回してはいけない。その中で、妊婦健診の公費支援の拡大、保育所の延長保育、一時保育の拡大、子ども館活動の支援など、急速に子育て支援のレベルアップを図ってきた。乳幼児医療費の無料化拡大についても、全体の施策のバランスをもって、財政的なめどをつけて、将来に負担をつけ回しすることなく実施することが大原則で、行財政改革の中で、議会・市民のコンセンサスを得ながら財政的な裏づけをとって取り組んでいきたい」。
 さらに、「乳幼児医療費の無料化の拡大について、若い子どもを持つ市民からかなり熱烈な声があることは承知している。現状、高い水準の行政サービスをやっており、子育て支援も比較すれば、ベストではないが高い行政水準にある。行政サービスは、一たん始めたら、やめることはやるときの2倍の勇気が要ることから、非常に慎重に取り組まなければならない。よって、さらに乳幼児医療費の無料化を拡大するとなると、行財政改革を進め、財源を確保し、制度として市民サービスを上げ、しかもお金をかけないような知恵を出すことが必要で、そのめどがつきつつあるということです」との答弁がありました。
 討論では、「県内21市のうち19市で、それぞれの都市の財政事情により、入院・外来について何らかの形で県制度を上回る助成を独自に実施している現状であり、我々も当市独自のものを要望してきた。市長は、本会議の答弁で、決して他市に迎合したものでなく、財政に裏づけされた、永続性のある、バランスのとれたものであるとその方向性を示された。全く同じ考えであり、高く評価する。我々も市民福祉の向上を願っているが、一時の人気取りや、俗に言うばらまき福祉であってはならない。今後も健全かつ堅実な行政運営を強く望むものであり、乳幼児医療費の無料化の拡大を小学校卒業までと期間を定めたこの請願は同床異夢のものであり、不採択とすべき」との討論と、「財源を手当てし、どこまでやれるのかは執行部が考えており、一たん始めてはみたが継続できないということで終われる問題ではない。よって、一気に小学生卒業までとするこの請願は不採択とすべき」との討論がありました。
 討論を終結し、採決の結果、請願第1号は、挙手全員で不採択すべきものと決しました。
 以上、御報告といたします。
○議長(古田澄信君) 以上で委員長の報告は終わりました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) これより委員長報告に対し、質疑を行います。
 質疑はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○議長(古田澄信君) これをもって質疑を終結いたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) これより討論を行います。
 討論はありませんか。
  (「議長、2番」と呼ぶ者あり)
○議長(古田澄信君) 2番 永冶明子君。
  (2番 永冶明子君登壇)
◆2番(永冶明子君) 小学校卒業するまで医療費を無料化にする請願について、ただいまの総務常任委員長の報告に対し、反対の立場で討論いたします。
 乳幼児医療費の無料化は、長年、子育て中の親さんたちの切実な要求が市町を動かし、県下でも各自治体で就学前までの無料化が広がりました。この要求は、県を動かし、安心できる子育て支援、少子化対策として、岐阜県が昨年4月から就学前までの医療費の無料化を制度として実施しました。子育て中の親たちにこの制度がどれほど喜ばれているか、はかり知れません。県が小学校入学前まで無料にしたことにより、市の財源は約1億円減りました。そして、ここに来て、とうとう国も2008年4月から、医療保険の窓口負担を就学前まで2割に軽減することを打ち出したという報告が届きました。これらの分を使えば、財政的にもかなり負担が減ってきます。
 県の実施を受けて、各自治体は、さらにこれに上乗せして小学校卒業まで、中には中学校卒業までの無料化を実施する自治体も出てきており、県下21市の中で何らかの上乗せを実施していない市は郡上市と各務原市だけになっています。
 格差社会の広がりの中、若い子育て世代は、賃金が上がらないのに重税など負担がふえる中で、共稼ぎしながら保育料を支払い、やりくりして、一生懸命に育てようと頑張っています。その大変さを応援する制度です。少子化を食いとめ、さまざまな面から次世代の成長を下支えする行政の制度が必要なときです。医療費無料制度は子育てへの直接的な経済支援であるだけでなく、心理的支援としても重要な少子化対策です。
 昨年の9月議会には、県が無料化した子育て支援の心を引き継いで各務原市でも拡充をと、小学校卒業まで医療費無料化を求める団体請願が出されましたが、その願いは不採択となりました。お母さんたちがそれならと、一筆一筆の数の力を形にした署名として積み上げ、3月予算議会にこの請願が出されました。継続審査となってからも署名が寄せられ、今や3500筆近くが積み上げられました。数としては3500筆が目に見える数字ですが、市内にはこの署名用紙が届いていない方の願いは、見えない数でもっと多くあるでしょう。
 日本共産党は、「緊急福祉1兆円プラン」を提案しています。その中で、子どもの医療費無料化を国の制度として小学校入学まで無料にする提案をしています。確かに対象年齢の拡大は、自治体の財政負担を重くします。全国的にも、国制度創設を求める意見書を採択した地方自治体が全体の43%に達しています。市長は、予算のめどをつけつつあると前向きな御答弁をいただきました。議会の意思としても、市民の声にこたえて請願は採択すべきです。以上です。
○議長(古田澄信君) これをもって討論を終結いたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) これより採決を行います。
 請願第1号について、委員長報告は不採択であります。
 おはかりいたします。請願第1号を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立多数であります。よって、請願第1号は委員長報告のとおり決しました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) これより暫時休憩いたします。
(休憩) 午前10時47分
        ―――――――――――――――――――――――――――
(再開) 午前10時48分
○議長(古田澄信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△1、日程追加(市議第4号並びに市議第5号)
○議長(古田澄信君) ただいまお手元に配付したとおり市議第4号並びに市議第5号が提出されました。
 おはかりいたします。この際、市議第4号並びに市議第5号を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(古田澄信君) 御異議なしと認めます。よって、この際、市議第4号並びに市議第5号を日程に追加し、議題とすることに決しました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△日程第1、市議第4号並びに日程第2、市議第5号
○議長(古田澄信君) 日程第1、市議第4号並びに日程第2、市議第5号を一括し、議題といたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 職員の朗読を省略し、提出者の説明を求めます。
 8番 太田松次君。
  (8番 太田松次君登壇)
◆8番(太田松次君) 市議第4号並びに市議第5号について提案説明を説明いたします。
 まず、市議第4号 日豪EPA/FTA交渉に対する意見書については、意見書の案文を朗読して、提案にかえさせていただきます。
市議第4号
            日豪EPA/FTA交渉に対する意見書
 本年から開始するとされている日豪EPA(経済連携協定)/FTA(自由貿易協定)交渉において、豪州政府は農産物も含む関税撤廃を強く主張すると見られている。豪州政府の要求どおり、農産物の輸入関税が全面的に撤廃されるようなことになれば、政府の試算では、牛肉、乳製品、小麦、砂糖の主要4分野で約8000億円もの打撃を受けるとされ、このほか関連産業や地域経済への影響を含めると2兆円〜3兆円規模となるとも言われている。
 また、食料自給率は30%台に低下するなど、日本の農業と食料事情は壊滅的な打撃を受けることになるほか、農林業の多面的機能が失われ、農山村社会の崩壊、国土の荒廃及び環境の悪化を招くことになる。
 さらに、昨年、干ばつによって大減産となったように豪州の農業生産条件は極めて不安定であり、安易に依存することは世界的な食料不足・危機が懸念されている中で、日本の食料安全保障を危うくする結果を招きかねない。
 よって、国におかれては、下記事項を実施されるよう強く要望する。
                    記
1 日豪EPA/FTA交渉に当たっては、米、牛肉、乳製品、小麦、砂糖などの農林水産物の重要品目を除外するとともに、万一、これが受け入れられない場合は交渉を中断すること。
2 農産物貿易交渉は、農業、農村の多面的機能の発揮と国内自給による食料安全確保を基本とし、各国の多様な農業が共存できる貿易ルールを確立すること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
平成19年6月27日
                              岐阜県各務原市議会
各関係行政庁 宛
 次に、市議第5号は、会議規則第157条の規定に基づき、議員派遣について議会の決定をいただくもので、市議会だよりの編集に関する調査のため、山口県周南市、防府市に、平成19年8月29日から8月30日までの2日間、横山富士雄議員、梅田利昭議員、永冶明子議員、吉岡健議員、尾関光政議員、三和由紀議員を派遣しようとするものです。
 議員の皆さんの御賛同をよろしくお願い申し上げます。
○議長(古田澄信君) 以上で説明は終わりました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) これより質疑を行います。
 質疑はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○議長(古田澄信君) これをもって質疑を終結いたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△1、委員会付託省略(市議第4号並びに市議第5号)
○議長(古田澄信君) おはかりいたします。ただいま議題の2案件については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(古田澄信君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題の2案件については、委員会付託を省略することに決しました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) これより討論を行います。
 討論はありませんか。
  (「討論なし」との声あり)
○議長(古田澄信君) これをもって討論を終結いたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) これより採決を行います。
 最初におはかりいたします。市議第4号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、市議第4号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(古田澄信君) 続いておはかりいたします。市議第5号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(古田澄信君) 起立全員であります。よって、市議第5号は原案のとおり可決されました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△、可決した意見書の取り扱いについて
○議長(古田澄信君) おはかりいたします。ただいま可決されました意見書の取り扱いについては、議長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(古田澄信君) 御異議なしと認めます。よって、そのように取り計らいます。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△1、閉会
○議長(古田澄信君) 以上で今期定例会に付議された事件はすべて議了いたしました。本日の会議はこれをもって閉じ、平成19年第3回各務原市議会定例会を閉会いたします。
(閉会) 午前10時54分
        ―――――――――――――――――――――――――――
(閉会式)
◎議会事務局長(金武久) 御起立を願います。
 ただいまから平成19年第3回各務原市議会定例会の閉会式を行います。
 森市長からごあいさついただきます。
◎市長(森真君) 閉会式に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本議会におきましては、提出申し上げました議案につきまして、議員各位におかれましては始終御熱心な御討議をちょうだいいたしましてありがとうございます。また、御議決をいただきましてありがとうございます。執行に当たりましては、議会の意を体し、慎重に処理をしてまいるつもりでございますので、よろしくお願いします。
 なお、7月25日から3日間、中華人民共和国の瀋陽市長の招聘に基づきまして、中国・瀋陽市都市イノベーション能力建設国際フォーラムに出席し、日本国の都市を代表し、講演を行う予定でございます。
 また、8月28日から開催されます世界知識産業都市連合(GDCN)総会へ出席するため、英国・ダンディー市等を訪問する予定でございます。
 向暑の折からでございますが、お互いに健康を御留意いただきまして、いよいよの御活躍を期待いたします。
◎議会事務局長(金武久) 古田議長からごあいさつ申し上げます。
○議長(古田澄信君) 平成19年第3回の各務原市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 去る6月11日より本日まで17日間にわたりまして、補正予算を初め条例の改正など多数の重要議案につきまして適切な御審議を賜りました。この間、円満な議会運営ができましたことは、ひとえに皆様方の御指導、御協力のたまものと深く感謝を申し上げます。
 執行部におかれましては、会議において発言がありました多くの御意見や御要望に十分留意していただき、執行されるように要望しておきます。
 いよいよ暑さも厳しくなってまいりまして大変な時期を迎えておりますが、議員各位におかれましては、健康に十分御留意をされ、市政発展のためにますますの御活躍をいただきたいと御祈念申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。どうも御苦労さんでございました。
◎議会事務局長(金武久) これをもちまして閉会式を終わります。
        ―――――――――――――――――――――――――――
 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

           各務原市議会議長     古 田 澄 信


           各務原市議会議員     今 尾 泰 造


           各務原市議会議員     関   浩 司



            総務常任委員会請願審査報告書
 本委員会に付託の請願は、審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第 134 条第1項の規定により報告します。
                     記
┌───┬─────┬─────────┬────────┬──────┬───┬──┐
│請 願│受理年月日│ 件     名 │  請願者の  │ 紹介議員 │審 査│理由│
│番 号│     │         │  住所・氏名  │      │結 果│  │
├───┼─────┼─────────┼────────┼──────┼───┼──┤
│請 願│平成19年│小学校卒業まで医療│各務原市松が丘2-│永冶明子  │不採択│  │
│第1号│2月20日│費の無料化を求める│83       │波多野こうめ│とすべ│  │
│   │     │請願       │鳥飼節子ほか3141│今尾泰造  │きもの│  │
│   │     │         │名署名     │      │   │  │
└───┴─────┴─────────┴────────┴──────┴───┴──┘
平成19年6月25日
                総務常任委員会委員長  長 縄 博 光 印
各務原市議会議長 古 田 澄 信 様