議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成19年 6月 6日議会運営委員会−06月06日-01号




平成19年 6月 6日議会運営委員会

                議会運営委員会会議録

                      平成19年6月6日(水曜日)午前10時開議
                                議事堂第3委員会室
【協議事項】
1.市長提出議案について
2.意見書について
3.会期日程(案)について
 (1)諸般の報告
4.9月定例会会期日程(案)について
5.その他
 (1)全国市議会議長会表彰並びに感謝状の伝達式
 (2)その他

〇出席委員(9名)
                    委員長   小 島 軍 司  君
                    副委員長  太 田 松 次  君
                    委 員   浅 野 健 司  君
                    委 員   川 瀬 勝 秀  君
                    委 員   尾 関 光 政  君
                    委 員   神 谷 卓 男  君
                    委 員   今 尾 泰 造  君
                    委 員   関   浩 司  君
                    委 員   川 島 勝 弘  君

〇オブザーバー(2名)
                    議 長   古 田 澄 信  君
                    副議長   三 丸 文 也  君

〇説明のため出席した者の職氏名
              副市長         五 藤   勲  君
              総務部長        五 島 仁 光  君
              次長兼総務課長     星 野 正 彰  君

〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      金 武   久
              次長兼総務課長     村 井 清 孝
              課長補佐兼総務係長   小 野 和 夫
              主任主査兼議事調査係長 山 下 幸 二
              主任主査        土 川   孝
              主 査         進 藤 達 彦
        ―――――――――――――――――――――――――――
(開会) 午前10時
○委員長(小島軍司君) ただいまから議会運営委員会を開会いたします。
 6月4日に告示され、平成19年第3回各務原市議会定例会が6月11日に招集されることとなりました。本日は、その議会運営について御協議をいただきます。
 初めに、市長提出議案について執行部の方から説明を願います。
◎総務部長(五島仁光君) それでは、平成19年第3回各務原市議会定例会に提出をさせていただきます議案の概要につきまして、御説明をさせていただきます。
 今回提出をさせていただきます議案につきましては、予算の補正2件、人事の案件2件、条例の改正8件、定款の変更1件、工事委託協定の締結1件、財産の取得2件、市道路線の認定・廃止3件の計19件でございまして、そのほかに、繰越明許費繰越計算書の報告4件、予算繰越計算書の報告1件、専決処分の報告2件、法人の経営状況を説明する書類の提出2件がございます。
 最初に、議第49号及び議第50号の2案件につきましては予算の補正についてでございまして、議第49号は平成19年度各務原市一般会計補正予算(第1号)を、議第50号は平成19年度各務原市老人保健特別会計補正予算(第1号)をそれぞれ定めようとするものでございまして、恐れ入りますが7ページをお願いいたします。
 議第49号 平成19年度各務原市一般会計補正予算(第1号)でございまして、補正予算の規模といたしましては、補正額4713万2000円で、既定額と合わせました補正後の額は395億5713万2000円となりまして、前年度同期予算額と比較いたしまして10億7008万7000円、2.8%の増となっております。
 歳入歳出予算補正のうち歳入につきましては、15款国庫支出金、補正額572万4000円で、障害者自立支援医療給付事業費でございます。16款県支出金、補正額844万8000円につきましては、同じく障害者自立支援医療給付事業費等でございます。20款繰越金、補正額3296万円につきましては、前年度からの繰越金でございまして、合計補正額4713万2000円となっております。
 次に歳出につきましては、2款総務費、補正額72万3000円につきましては、交通安全施設整備費でございます。3款民生費1569万4000円につきましては、障害者自立支援事業費でございます。次に8ページをお願いします。8款土木費、補正額2650万円につきましては、市単道路改良費です。9款消防費、補正額138万円につきましては、非常備消防運営費でございます。10款教育費、補正額283万5000円につきましては、特別支援教育指導推進費及び青少年育成費でございまして、合計補正額4713万2000円となっております。
 次に、繰越明許費につきましては、JR東海へ委託して実施する工事の年度内完成が見込めないため、市道那538号線第2農大踏切拡幅事業を翌年度に繰り越して実施しようとするものでございます。
 次に9ページをお願いします。
 次に、議第50号 平成19年度各務原市老人保健特別会計補正予算(第1号)でございまして、補正予算の規模といたしましては、補正額2125万円で、既定額と合わせました補正後の額は93億8736万2000円となりまして、前年度同期予算額と比較いたしまして8595万7000円、0.9%の減となっております。
 歳入歳出予算補正のうち歳入につきましては、5款繰越金、補正額2125万円で、前年度からの繰越金でございます。
 歳出につきましては、3款諸支出金、補正額2125万円で、平成18年度医療給付費の確定に伴いまして、県支出金、支払基金医療費交付金の精算還付金を補正するものでございます。
 恐れ入りますが、1ページに戻っていただきまして、次に、議第51号は各務原市教育委員会委員の任命についてでございまして、各務原市教育委員会委員 高根靖臣氏の任期が7月12日に満了いたしますため、再び同氏を任命しようとするものでございまして、高根靖臣氏の略歴につきましては10ページに添付してございますので、後ほど御参照いただきたいと存じます。
 次に、議第52号は人権擁護委員候補者の推薦についてでございまして、人権擁護委員 浅野妙子氏の任期が9月30日に満了いたしますため、再び同氏をその候補者に推薦しようとするものでございまして、浅野妙子氏の略歴につきましては11ページに添付してございますので、後ほど御参照願いたいと存じます。
 次に2ページをお願いします。
 次に、議第53号から議第60号までの8案件につきましては条例の改正についてでございまして、議第53号は各務原市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例についてでございまして、地方自治法の一部改正に伴い関係規定を整備するために、議第54号は各務原市税条例の一部を改正する条例についてでございまして、地方税法等の一部改正に伴い関係規定を整備するために、議第55号は各務原市民農園設置条例の一部を改正する条例についてでございまして、市民農園の新設に伴い、その位置等を定めるために、議第56号は各務原市公民館条例の一部を改正する条例についてでございまして、中央ライフデザインセンターの会議室の名称を変更するために、次に3ページをお願いします。議第57号は各務原市屋外広告物条例の一部を改正する条例についてでございまして、屋外広告物の禁止地域等に重点風景地区を加えるために、議第58号は各務原市都市景観条例の一部を改正する条例についてでございまして、重点風景地区における行為の届け出に関し必要な事項を定めるために、議第59号は各務原市特別工業地区建築条例の一部を改正する条例についてでございまして、建築基準法等の一部改正に伴い関係規定を整備するために、議第60号は各務原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてでございまして、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い損害補償に係る補償基礎額を改めるために、それぞれ条例を改正しようとするものでございます。
 次に、議第61号は各務原市土地開発公社定款の変更についてでございまして、土地開発公社経理基準要綱等の一部改正に伴い関係規定を整備するため、定款を変更しようとするものでございます。
 次に4ページをお願いいたします。
 次に、議第62号は工事委託協定の締結についてでございまして、新鵜沼駅自由通路新設工事の工事委託協定を9億2196万円でもって名古屋鉄道株式会社と締結しようとするものでございます。
 次に、議第63号及び議第64号の2案件につきましては財産の取得についてでございまして、議第63号は、高規格救急自動車1台、救急自動車1台を4284万円でもって岐阜トヨタ自動車株式会社から取得しようとするものであり、議第64号は、学校給食センター厨房設備機器を3億5175万円でもって岐阜アイホー調理機株式会社から取得しようとするものでございます。
 次に、議第65号から議第67号までの3案件につきましては市道路線の認定及び廃止についてでございまして、議第65号は私道を、議第66号は開発行為により設置された道路を、議第67号は道路の用に供されていない市道を、それぞれ認定及び廃止をしようとするものでございます。
 次に5ページをお願いします。
 次に、報第3号から報第6号までの4案件につきましては繰越明許費繰越計算書の報告についてでございまして、報第3号は平成18年度各務原市一般会計の介護保険施設等整備促進事業ほか12件について、報第4号は平成18年度各務原市国民健康保険事業特別会計の国民健康保険システム改修事業について、報第5号は平成18年度各務原市介護保険事業特別会計の介護保険システム改修事業について、報第6号は平成18年度各務原市下水道事業特別会計の三柿野幹線ほか6管渠整備事業について、それぞれ翌年度に繰り越して執行する旨の報告でございます。
 次に、報第7号は予算繰越計算書の報告についてでございまして、平成18年度各務原市水道事業会計の建設改良費繰越といたしまして、蘇原三柿野町地内配水管布設がえ工事ほか3件と、事故繰越といたしまして、蘇原三柿野町地内配水管布設がえ工事ほか2件を、それぞれ翌年度に繰り越して執行する旨の報告でございます。
 次に、報第8号及び報第9号の2案件につきましては専決処分の報告についてでございまして、いずれも損害賠償の額を定めたものでございまして、報第8号は損害賠償の額が9万1244円で、施設管理瑕疵による事故によるものでございまして、次に6ページをお願いします。報第9号は損害賠償の額が5万2948円でございまして、粗大ごみ投入作業中の事故によるものでございます。
 次に、法人の経営状況を説明する書類の提出についてでございまして、各務原市土地開発公社及び財団法人各務原市施設振興公社の平成18年度事業報告書及び決算書、並びに平成19年度事業計画書及び予算書を提出しておりますので、よろしくお願いをいたします。
 以上で平成19年第3回各務原市議会定例会に提出をさせていただきます議案の概要説明を終わらせていただきますので、よろしくお願いをいたします。以上でございます。
○委員長(小島軍司君) 以上で執行部の方からの説明は終わりました。委員の御意見はありませんか。
  (発言する者なし)
○委員長(小島軍司君) ないようですので、本件については説明のとおり確認いたします。
 続いて、意見書について、発案の会派から説明を願います。
◆委員(関浩司君) 今回、日豪EPA/FTA交渉に対する意見書ということでお願いをさせていただくわけですけれども、先ほど回させていただきました経済連携協定、あるいは自由貿易協定等において、今、交渉中でございますが、関税の完全撤廃を向こうはもくろんでおりまして、それが日本における米ですとか、肉牛ですとか、乳製品ですとか小麦、そういった重要品目にまで及んでくると、政府が試算した額でも相当額、もうその4分野だけでも8000億円、さらにはそういった関連産業、経済に多大な影響を及ぼすであろうと。ですから、その重要4品目をまず守るということで、この交渉については、ここに述べましたように、EPA/FTA交渉に当たっては、米、牛肉、乳製品、小麦、砂糖などの農林水産物の重要品目を除外するとともに、万一、これが受け入れられない場合は交渉を中断すること、2つ目に、農産物貿易交渉は、農業・農村の多面的機能の発揮と国内自給による食糧安全確保を基本とし、各国の多様な農業が共存できる貿易ルートを確立することということで意見書を提出させていただきましたので、ぜひ日本の農業、あるいは農業だけでなしに、それに関連する産業、あるいは日本の環境問題、そういったことも含めまして、議員全員の御賛同を得られるようにお願いしたいと思います。
○委員長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。各委員の御意見はありませんか。
  (発言する者なし)
○委員長(小島軍司君) 本件については、各会派に持ち帰り御検討をお願いし、最終日の27日午前10時から議会運営委員会を開催し、この意見書の取り扱いについて協議したいと思いますが、委員の御意見はありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○委員長(小島軍司君) それでは、本意見書はそのような取り扱いといたします。
 なお、各会派の検討結果、賛同するかどうかについては、26日までに事務局へお申し出をお願いいたします。
 続いて、会期日程(案)について、事務局の説明を願います。
◎議会事務局長(金武久君) 会期日程(案)について御説明いたします。2ページをお願いいたします。
 平成19年第3回定例会は、6月11日開会、6月27日までの17日間を会期といたしたいと思います。
 6月11日月曜日午前10時に開会。諸般の報告。
 4ページをお願いいたします。
 1.市長提出議案について。市長から、議第49号から議第67号までの19案件の提出がありました。
 2.繰越明許費繰越計算書の報告について。市長から、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、平成18年度各務原市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告、平成18年度各務原市国民健康保険事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告、平成18年度各務原市介護保険事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告と平成18年度各務原市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告がありました。
 3.予算繰越計算書の報告について。市長から、地方公営企業法第26条第3項の規定により、平成18年度各務原市水道事業会計予算繰越計算書の報告がありました。
 4.専決処分の報告について。市長から、地方自治法第180条の規定により、損害賠償の額を定めることについて専決処分した報告が2件ありました。
 5.市が出資している法人の経営状況を説明する書類の提出について。市長から、地方自治法第243条の3第2項の規定により、各務原市土地開発公社の経営状況を説明する書類と、各務原市施設振興公社の経営状況を説明する書類の提出がありました。
 6.各務原市障害者計画の作成について。市長から、平成19年5月15日付をもって、障害者基本法第9条第8項の規定により、各務原市障害者計画を作成した報告がありました。
 7.例月出納検査の結果について。監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、平成18年度平成19年3月分、平成18年度平成19年4月分、平成19年度平成19年4月分の例月出納検査を執行した結果の報告がありました。
 8.陳情等の提出について。(1)JR高山本線「前野踏切の歩道設置」に関する要望、各務原市那加南栄町108、JR前野踏切歩道設置推進委員代表、那加第三自治会連合会会長 吉田晴彦氏。
 以上が諸般の報告でございまして、続いて会議録署名議員の指名、会期の決定の後、議第49号から議第67号までを上程、提案説明をいたします。
 続いて、休憩期間の決定を行い、散会となります。
 散会後、市議会だより編集委員会が第3委員会室で開催されます。
 12日から20日までを休会といたします。
 議案に対する質疑並びに質問の発言通告は、13日の午前10時までにお願いいたします。
 21日木曜日は午前10時に開議、会議録署名議員の指名を行い、議第49号から議第67号までを上程、質疑を行います。
 なお、討論は通告制といたしますので、議第49号から議第67号までのすべての議案に対する討論の通告は、27日の午前9時30分までにお願いします。
 続いて、一般質問を行い、延会となります。
 22日金曜日は午前10時に開議、会議録署名議員の指名を行い、前日に引き続き一般質問を行い、休会期間の決定の後、散会いたします。
 3ページをお願いいたします。23日から26日までは委員会開催、議事整理のための休会といたします。
 25日月曜日は、総務常任委員会が午前10時から第3委員会室で開催され、3月定例会から閉会中の継続審査となっております請願第1号 小学校卒業まで医療費の無料化を求める請願について審査いただきます。
 なお、先ほど諸般の報告で説明いたしました各務原市障害者計画について、午後1時から民生消防常任委員協議会を開催する予定となっております。
 27日水曜日は午前10時に開議、会議録署名議員の指名を行い、議第49号から議第67号までを上程、委員会付託省略をはかり、討論、採決を行います。
 続いて、請願第1号の常任委員長報告を行い、委員会報告に対する質疑の後、討論、採決を行います。
 追加議案のある場合は、開議前に議会運営委員会を開催し、その議案の取り扱いについて御協議をいただき、日程追加、上程、説明、質疑、委員会付託省略をはかり、討論、採決となります。
 閉会後、市議会だより編集委員会が理事者控室において開催されます。
 なお、その他議事運営につきましては議長に御一任願います。以上でございます。
○委員長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。委員の御意見はありませんか。
◆委員(神谷卓男君) すみません、ちょっと聞き漏らしたけど、民生消防常任委員協議会というのは26日ですか。
◎議会事務局長(金武久君) 25日。
◆委員(神谷卓男君) 25日の1時からですね。
◎議会事務局長(金武久君) 同日、委員会を午前にやりますので。
○委員長(小島軍司君) よろしいですか。
  (「はい」との声あり)
○委員長(小島軍司君) 本件については説明のとおり確認いたします。
 続いて、9月定例会会期日程(案)について、事務局の方から説明を願います。
◎議会事務局長(金武久君) 9月定例会の会期日程(案)について説明いたします。5ページをごらんください。
 会期は22日間です。9月3日告示、9月5日、議会運営委員会、9月10日月曜日に開会、12日水曜日の午前10時を質疑・質問の通告期限とし、25日火曜日に質疑・質問、26日水曜日に質問を行い、27日木曜日に建設水道常任委員会、28日を委員会予備日とし、10月1日月曜日を閉会としたいと思います。以上でございます。
○委員長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。委員の御意見はありませんか。
◆委員(今尾泰造君) 通告から実際に質問が行われるまでに2週間もあるんやね。何かとりわけ理由はあるの。
◎議会事務局長(金武久君) これは3連休、今尾委員がいつも言われるように、土曜日、日曜日は休みですので、月曜日も休みでして、この間に15、16、17、22、23、24日の3連休が2つありますので、そういうことでちょっと間延びしたような感じになります。
◆委員(今尾泰造君) もちろん私どもは、長い精読期間、それから調査期間を設けるのは賛成するわけですけれども、それにしては、結局、通告を出すと一定の準備をしてしまうんやね。それで、みんな手持ちぶさたになるんだわ。こんな2週間あると、何が起きるかわからない。そのときに質問が新たにできるかというと、できないんやね。それを求めたわけやけど、そういうことから言うと、この期間を設けるんやったら通告をもっと遅くするということも……。
◎議会事務局長(金武久君) いや、遅くすると、やっぱり3日間、3日間の間の6日間が、ちょうど9月議会は振りかえ休日ばかりなんですわ。それと、執行部からもちょっと内々にあるんですけれども、通告の時間のときに定まっていない方が間々ありまして……。
  (「それは問題や」との声あり)
◎議会事務局長(金武久君) 問題なんですわ。それで、通告のときのすり合わせのときに、その辺できちんと通告をされるように頼んでくれと水面下でありましたので、そういうこともないようにお願いします。
◆委員(今尾泰造君) でも、それは特定の人のことであって、普通の人はまじめにやっておるやつなんで、それは理由にならんと思うけど。今回は認めていきますけど、そういう要求をします。
○委員長(小島軍司君) 連休が2回も入るということで、このような日程になったと思いますので、執行部側の体制の整えもあると思いますので、御理解をいただきたいというふうに思います。
 本件については説明のとおり内定いたします。
 続いて、その他の全国市議会議長会表彰並びに感謝状の伝達式について、事務局の説明を願います。
◎議会事務局長(金武久君) 全国市議会議長会表彰並びに感謝状伝達について御説明いたします。
 来る6月19日に全国市議会議長会から表彰並びに感謝状を受けられる議員への伝達式を27日、最終日の開議に先立って行います。表彰を受けられる議員は、特別表彰30年白木博議員、一般表彰10年で神谷卓男議員、角弘二議員、三丸文也議員です。また、全国市議会議長会の産業経済委員として藤井国雄議員に感謝状の伝達を行います。以上でございます。
○委員長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。委員の御意見はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(小島軍司君) 本件については説明のとおり確認いたします。
 続いて、請願の追加署名について、事務局の説明をお願いします。
◎議会事務局長(金武久君) 請願の追加署名について、お手元に回覧いたしました追加の署名簿について御説明いたします。
 この署名簿は、さきの定例会から審査しております請願第1号 小学校卒業まで医療費の無料化を求める請願の追加署名簿でありますので、本件の取り扱いについては、現在、総務常任委員会に付託し、継続審査となっておりますので、総務常任委員会へ追加署名の報告をする扱いといたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。本来、追加がありますと、本会議場で諸般の報告でやるんですけど、もう既に委員会に付託してありますので、委員会のところで追加の署名があった場合はそこへ出すということにして、これを先例にしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
○委員長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。御意見はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(小島軍司君) 本件については説明のとおり確認いたします。
 続いて、議会運営委員会の行政視察について御協議願います。
 研修事項並びに日程について、委員の御意見はございませんか。
  (日程調整)
○委員長(小島軍司君) 8月20、21日、月、火、これに決定をさせていただきます。
 行く方向とか研修の中身について御意見があればちょっと……。
  (「正・副一任」との声あり)
○委員長(小島軍司君) いや、そういうわけにもいかんと思うんで、議会運営は大変大事なあれですので、委員の皆さんの御意見を集約して、ぜひそれに沿っていきたいと思いますが。
 とりあえず各会派で御協議いただきながら、議会運営委員会の研修項目について御意見があれば聞かせていただくということでよろしいですか。
  (「はい」との声あり)
○委員長(小島軍司君) じゃあ、そのようにさせていただきます。そういうことで、研修についてはまとめておきます。
 続きまして、事務局から、敦賀市・各務原市議会親善交流会並びに中濃十市議会議員研修会について連絡事項がありますので、説明を願います。
◎議会事務局次長兼総務課長(村井清孝君) それでは、事務局の方から2件ほどお知らせをいたします。
 まず、今、委員長さんからお話がありました敦賀市・各務原市議会の親善交流会でございますが、10月4日木曜日に開催することを予定いたしております。今回は敦賀市議会が本市へお越しをいただく番でございまして、本市で開催をいたします。当日は午後1時30分から講演会、午後5時30分から意見交換会を予定いたしております。よろしくお願いいたします。
 続きまして、中濃十市議会議員研修会でございますが、これは11月16日の金曜日、午後2時からシティホテル美濃加茂において開催されることが内定したという通知がございました。
 以上2点については、また改めて詳しくお知らせいたしますが、各会派の皆さんにお知らせいただいて、スケジュールの確保をよろしくお願いいたします。以上でございます。
○委員長(小島軍司君) 以上で説明は終わりましたが、その他、協議事項はありませんか。
◆委員(川島勝弘君) ことしも政府が地球温暖化防止対策の一環としてクールビズを奨励しておりますので、うちの議会も、6月と9月議会ぐらいはノーネクタイで一遍やったらどうかと提案しますので、御協議願いたいと思います。
◎議会事務局長(金武久君) 参考までに、全国市議会議長会から事務局の方にクールビズの奨励という文書は来ております。議長じゃなくて事務局長あてに。
◆委員(今尾泰造君) 参考までにお伺いするんやけど、役所全体はどうですか。
◎副市長(五藤勲君) 実施はうちの方は考えていません。
○委員長(小島軍司君) 市長は前にも個人的に話ししたときに申しておられましたけれども、ノーネクタイだとか私服にすると職員が何かだらけて見えるんで、一般の市民の方に非常に見た目に悪い部分が出てくるといかんので、あえてしないということをおっしゃってみえたことがあります。
◆委員(今尾泰造君) そうすると、先ほど事務局への要請は……。
◎議会事務局長(金武久君) 全国市議会議長会から事務局長にそういう文書が回ってきました。
○委員長(小島軍司君) 議長に来ておれば、議長から皆さんに代表者会議なりではかってできるけれども、局長でははかれんわね、みんなに。
◎議会事務局長(金武久君) 議会の2日目ぐらい、金曜日までに各会派で話し合ってもらって、その報告を聞いて、ということでどうでしょう。それで、各会派でまとめられて金曜日までに、それはどうされるんですか。全会一致にされるのか、多数決にされるんですか。これは過去に例がないもんで……。
◆委員(今尾泰造君) 全会一致にしないと……。
◆委員(神谷卓男君) クールビズにするといっても、背広を着ておったら悪いということはないでしょう。
○委員長(小島軍司君) まあ、それは……。
◆委員(神谷卓男君) 自由ということやわね。だから、クールビズにしてもいいかどうかということだけやわな。
○委員長(小島軍司君) どうですか、皆さんは。
◎議会事務局長(金武久君) 1つだけ、ちょっと参考までですけど、執行部に対する強制はないですね。
◆委員(神谷卓男君) ないです。
◎議会事務局長(金武久君) 執行部もやれということじゃないですね。それだけは確認したい。
◆委員(川島勝弘君) 去年、僕ら、他市へ研修に行って、そうしたら、向こうの市が執行部も議員もこういうふうで対応していますので失礼しますがということで、開襟シャツで対応されたまちもありますからね。もうぼつぼつうちも取り上げてもいいと思いますけどね。
◆委員(神谷卓男君) もっともですね。そういうところはありますので。
◆委員(今尾泰造君) でも、川島委員の言われるということになると、本来、執行部も検討してもらわなあかんということになるわね。議会だけやって……。
◆委員(川島勝弘君) だから、それに伴って、冷房の温度を2度ぐらい高くするとか、そういうことを考えたらね。
◆委員(神谷卓男君) 検討するというか、構わんけれども、スーツだったら別にいいと。だから、それは執行部の方は執行部の方で自由だわね。だから、オーケーというふうになるかどうかということ。
○委員長(小島軍司君) クールビズでどの辺までの服装にするか。
◆委員(神谷卓男君) 品位を失しない。例えばジーパンだとか、あれでは品位を失するので、それを失しない程度ということでは。
  (発言する者あり)
○委員長(小島軍司君) だから、本会議場でそういうことでもいいのかということを皆さんでちょっと話してもらいたい。これは今の時節柄、ちょうどマッチした御意見やもんで、皆さんからいろんな意見をいただいて取り上げるということも1つの案でございますので、いろんなところでやっておみえですのでね。
◆委員(今尾泰造君) 単なるファッションだけのことやないもんで、要するに省エネが目的なんやね。そのことと、本来、全体で進めていかないかん。議場で議員だけがクールビズという形になってくると、執行部は正装しておるなんて変な話やよ。
◆委員(神谷卓男君) そんな右に倣わなくても。
◆委員(今尾泰造君) ないけれども、いやいや、根本がおかしなる、ファッションだけになると。しかも自由にしたら……。
◆委員(神谷卓男君) クールビズにしたら、全員強制かね。
◆委員(今尾泰造君) 強制ではない。その思いは共通しているよ。
◆委員(尾関光政君) だから、今尾委員、執行部で、我々はこういうふうでいくと、温度を1度か2度上げれば執行部も暑いわけやで、同じようなスタイルにせんとしようがないわな。
◆委員(神谷卓男君) 自己判断や、そこは。自己判断やけど、やっぱり……。
◆委員(川島勝弘君) 今のISOと一緒やて。気持ちやて。気持ちの問題やと思うよ、おれは。そういう気持ちにならなあかんし、国だって見ておると、閣議のときはクールビズで、それは適宜に対応されておるで、そんなことは決めて決めれえへんけれども、それは自分の判断でね。よその外国の人と会うときはちゃんとネクタイしておるがな、テレビを見ておっても。1日に2回か3回格好が変わるよ、大臣たちを見ておっても。
○委員長(小島軍司君) 全議員に通達を出すのに、本会議の何日か前に……。
◎議会事務局長(金武久君) 来週月曜日ですので、金曜日にもらわんと、議員さんにこっちへ登庁してもらうまでに連絡がつかんでしょう。だから、金曜日のできれば3時ごろまでに。それでファクスで出すので、3時ごろまでに出していただくということと、例えば今のクールビズで上着を強制するのか、ただネクタイ、そういう規定までするのか、あくまでも自主判断で品位を損なわない範囲ということで、議員さんの中で自己判断で品位を保つということでやられるということでいいですか。
◆委員(神谷卓男君) 会派で意見をまとめればいいんじゃない。
◎議会事務局長(金武久君) 一応全会一致をしなければいけませんので、会派の中でだめやというところがあれば、今回は見送るということでお願いします。
 そういうことで、今の執行部については自己判断に任せるということにしておかないと、そういう意見もあったということを参考にしながら、執行部は執行部でまた判断を任せるということでよろしいですか。
○委員長(小島軍司君) 議会側からはこういう意見も出ておったよということだけは、市長にもちょっと報告しておいていただければ、その上でまた考えていただくと、執行部の方はね。
 じゃあ、そういうことで、金曜日じゅうに各会派の意見を事務局の方まで、賛同するかどうか御報告をいただきたいというふうに思います。そういうことでいいですか。
  (「はい」との声あり)
○委員長(小島軍司君) 本日は、これをもって議会運営委員会を閉会いたします。
(閉会) 午前10時47分
        ―――――――――――――――――――――――――――
 この会議録は正当であることを認める。

           議会運営委員会委員長  小 島 軍 司