議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成18年第 4回定例会−11月24日-01号




平成18年第 4回定例会
各務原市告示第158号
 平成18年第4回各務原市議会定例会を次のとおり招集する。
  平成18年11月17日
                          各務原市長  森    真
1 期  日  平成18年11月24日
2 場  所  各務原市議会議事堂


         平成18年第4回各務原市議会定例会会議録(第1日目)

          議   事   日   程   (第1号)
                     平成18年11月24日(金曜日)午前10時開議
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.会期の決定
日程第 3.専第  5号 専決処分の承認((仮称)新小網橋橋梁整備事業上部工(橋面工)工事)
日程第 4.認第  2号 平成17年度各務原市一般会計決算の認定
日程第 5.認第  3号 平成17年度各務原市国民健康保険事業特別会計決算の認定
日程第 6.認第  4号 平成17年度各務原市老人保健特別会計決算の認定
日程第 7.認第  5号 平成17年度各務原市介護保険事業特別会計決算の認定
日程第 8.認第  6号 平成17年度各務原市下水道事業特別会計決算の認定
日程第 9.議第106号 平成18年度各務原市一般会計補正予算(第3号)
日程第10.議第107号 平成18年度各務原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
日程第11.議第108号 平成18年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第3号)
日程第12.議第109号 平成18年度各務原市水道事業会計補正予算(第2号)
日程第13.議第110号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第14.議第111号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第15.議第112号 各務原市手数料条例の一部を改正する条例
日程第16.議第113号 各務原市公共駐車場条例の一部を改正する条例
日程第17.議第114号 各務原市福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
日程第18.議第115号 各務原市福祉センター条例等の一部を改正する条例
日程第19.議第116号 各務原市準保護世帯福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
日程第20.議第117号 各務原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
日程第21.議第118号 各務原勤労者野外活動施設の管理運営に関する条例等の一部を改正する条例
日程第22.議第119号 各務原市体育施設条例の一部を改正する条例
日程第23.議第120号 各務原市指定文化財皆楽座条例の一部を改正する条例
日程第24.議第121号 岐阜地域広域市町村圏協議会規約の変更
日程第25.議第122号 岐阜県後期高齢者医療広域連合の設置
日程第26.議第123号 岐阜羽島衛生施設組合規約の変更
日程第27.議第124号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市那加地区体育館ほか4施設)
日程第28.議第125号 公の施設の指定管理者の選定(各務原市民会館ほか1施設)
日程第29.議第126号 市道路線の認定(市道稲926号線)
日程第30.議第127号 市道路線の認定(市道鵜1301号線ほか8路線)
日程第31.議第128号 市道路線の認定(市道鵜1302号線)
日程第32.議第129号 市道路線の廃止及び認定(市道稲268号線)
日程第33.請願第 5号 教育基本法の「改正」に反対し、慎重な審議とゆきとどいた教育の実現を求める請願
日程第34.休会期間の決定

〇諸般の報告
1、議案の提出
1、専決処分の報告
1、請願の提出
1、陳情の提出
1、例月出納検査の結果
1、定期監査の結果
1、さきの定例会において議決された意見書の処理結果報告

〇本日の会議に付した事件
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.会期の決定
日程第 3.専第  5号 専決処分の承認((仮称)新小網橋橋梁整備事業上部工(橋面工)工事)
日程第 4.認第  2号 平成17年度各務原市一般会計決算の認定
日程第 5.認第  3号 平成17年度各務原市国民健康保険事業特別会計決算の認定
日程第 6.認第  4号 平成17年度各務原市老人保健特別会計決算の認定
日程第 7.認第  5号 平成17年度各務原市介護保険事業特別会計決算の認定
日程第 8.認第  6号 平成17年度各務原市下水道事業特別会計決算の認定
日程第 9.議第106号 平成18年度各務原市一般会計補正予算(第3号)
日程第10.議第107号 平成18年度各務原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
日程第11.議第108号 平成18年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第3号)
日程第12.議第109号 平成18年度各務原市水道事業会計補正予算(第2号)
日程第13.議第110号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第14.議第111号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第15.議第112号 各務原市手数料条例の一部を改正する条例
日程第16.議第113号 各務原市公共駐車場条例の一部を改正する条例
日程第17.議第114号 各務原市福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
日程第18.議第115号 各務原市福祉センター条例等の一部を改正する条例
日程第19.議第116号 各務原市準保護世帯福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
日程第20.議第117号 各務原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
日程第21.議第118号 各務原市勤労者野外活動施設の管理運営に関する条例等の一部を改正する条例
日程第22.議第119号 各務原市体育施設条例の一部を改正する条例
日程第23.議第120号 各務原市指定文化財皆楽座条例の一部を改正する条例
日程第24.議第121号 岐阜地域広域市町村圏協議会規約の変更
日程第25.議第122号 岐阜県後期高齢者医療広域連合の設置
日程第26.議第123号 岐阜羽島衛生施設組合規約の変更
日程第27.議第124号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市那加地区体育館ほか4施設)
日程第28.議第125号 公の施設の指定管理者の選定(各務原市民会館ほか1施設)
日程第29.議第126号 市道路線の認定(市道稲926号線)
日程第30.議第127号 市道路線の認定(市道鵜1301号線ほか8路線)
日程第31.議第128号 市道路線の認定(市道鵜1302号線)
日程第32.議第129号 市道路線の廃止及び認定(市道稲268号線)
日程第33.請願第 5号 教育基本法の「改正」に反対し、慎重な審議とゆきとどいた教育の実現を求める請願
1、委員会付託(請願第5号)
日程第34.休会期間の決定

〇出席議員(27名)
                    1 番   横 山 富士雄  君
                    2 番   永 冶 明 子  君
                    3 番   波多野 こうめ  君
                    4 番   梅 田 利 昭  君
                    5 番   浅 野 健 司  君
                    6 番   川 瀬 勝 秀  君
                    7 番   高 島 貴美子  君
                    8 番   太 田 松 次  君
                    9 番   吉 岡   健  君
                   10 番   尾 関 光 政  君
                   11 番   三 和 由 紀  君
                   13 番   神 谷 卓 男  君
                   14 番   角   弘 二  君
                   15 番   三 丸 文 也  君
                   16 番   古 田 澄 信  君
                   17 番   今 尾 泰 造  君
                   18 番   関   浩 司  君
                   19 番   阿 部 靖 弘  君
                   20 番   中 村 幸 二  君
                   21 番   平 松 幹 正  君
                   22 番   小 島 軍 司  君
                   23 番   末 松 誠 栄  君
                   24 番   藤 井 国 雄  君
                   25 番   横 山 隆一郎  君
                   26 番   川 島 勝 弘  君
                   27 番   長 縄 博 光  君
                   28 番   白 木   博  君

〇欠席議員(なし)

〇欠員(1名)12番

〇説明のため出席した者の職氏名
              市長          森     真  君
              助役          五 藤   勲  君
              収入役         河 田 昭 男  君
              都市戦略企画推進部長  松 岡 秀 人  君
              総務部長        五 島 仁 光  君
              市民部長        臼 井 壮 一  君
              環境部長        五 藤 龍 彦  君
              健康福祉部長      紙 谷   清  君
              産業部長        岡 部 秀 夫  君
              都市建設部長      大 中 武 易  君
              文化創造部長      岩 井 晴 栄  君
              水道部長        竹 山 幸 市  君
              監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長兼公
              平委員会書記長     熊 崎 敏 雄  君
              教育長         高 根 靖 臣  君
              消防長         梶 浦 信 雄  君
              川島振興事務所長    野 田 凱 夫  君
              都市戦略企画推進部次長兼都市戦略企画課長
                          磯 谷   均  君
              財政課長        目 貫   誠  君
              総務部次長兼総務課長  星 野 正 彰  君
              選挙管理委員会委員長  川 嶋 棟 治  君
              代表監査委員      永 田 義 孝  君
              教育委員会委員長    神 谷 真由子  君

〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      金 武   久
              総務課長        後 藤 秀 人
              主任主査兼議事調査係長 山 下 幸 二
              主任主査        土 川   孝
              主査          進 藤 達 彦
        ―――――――――――――――――――――――――――
(開会式)
◎議会事務局長(金武久) 御起立をお願いします。
 ただいまから平成18年第4回各務原市議会定例会の開会式を行います。
 森市長からごあいさつをいただきます。
◎市長(森真君) おはようございます。
 1年は全く早いもので、もう11月の終わりということでございます。あとことしも1カ月あまりということでございますが、議員各位におかれましてはお元気で御活躍のほど、慶賀の至りでございます。
 ここに市議会を招集させていただきましたが、後ほど提出申し上げる議案はいずれも重要案件ばかりでございます。よろしく御審議いただきまして、適切な御決定を賜りますようにお願い申し上げて、ごあいさつといたします。
◎議会事務局長(金武久) 藤井議長がごあいさつ申し上げます。
○議長(藤井国雄君) 皆様おはようございます。
 平成18年第4回各務原市定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 議員各位には、公務極めて御多端の中、全員の御出席を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 本定例会に提出されます諸案件につきましては、後ほど市長から提案説明がなされますが、慎重に御審議をいただき、適切な御議決を賜りますよう切望する次第であります。
 朝夕の寒気は日増しに厳しくなってまいりましたが、議員各位には十分御自愛の上、諸般の議事運営に格段の御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。
◎議会事務局長(金武久) これをもちまして開会式を終わります。
 御着席願います。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△1、開会
(開会) 午前10時5分
○議長(藤井国雄君) ただいまから平成18年第4回各務原市議会定例会を開会し、本日の会議を開きます。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△1、諸般の報告
○議長(藤井国雄君) 日程に先立って、諸般の報告を職員にいたさせます。
        ―――――――――――――――――――――――――――
(職員報告)
1、議案の提出
 市長から、本日付をもって、専第5号、認第2号から認第6号、議第106号から議第129号までの30案件の提出がありました。
1、専決処分の報告
 市長から、地方自治法第180条の規定により、損害賠償の額を定めることについて専決処分した報告が3件ありました。
 内容については、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、請願の提出
 岐阜市美江寺町2−1、ゆきとどいた教育をすすめるための岐阜県実行委員会、子育て・教育のつどい岐阜県実行委員会実行委員長 近藤真氏から、「教育基本法の「改正」に反対し、慎重な審議とゆきとどいた教育の実現を求める請願」の提出がありました。
 内容については、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、陳情の提出
 岐阜市美江寺町2−1、ゆきとどいた教育をすすめる岐阜県実行委員長 近藤真氏から、「教育基本法の「改正」に反対し、ゆきとどいた教育をすすめるための陳情」の提出がありました。
 内容は、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、例月出納検査の結果
 監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、平成18年度8月分、9月分の例月出納検査を執行した結果の報告がありました。
 内容については、省略させていただきます。
1、定期監査の結果
 監査委員から、地方自治法第199条第9項の規定により、平成18年度第2回から第4回定期監査を執行した結果の報告がありました。
 内容については、省略させていただきます。
1、さきの定例会において議決された意見書の処理結果報告
 さきの定例会において議決された「岐阜県の裏金問題に対して徹底解明と厳正な対応を求める意見書」は、岐阜県知事あてに送付いたしました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(藤井国雄君) 以上で諸般の報告を終わります。

○議長(藤井国雄君) 本日の日程は、お手元に配付したとおり定めました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△日程第1、会議録署名議員の指名
○議長(藤井国雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員には、会議規則第80条の規定により、議長において15番 三丸文也君、17番 今尾泰造君の両君を指名いたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△日程第2、会期の決定
○議長(藤井国雄君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 おはかりいたします。今期定例会の会期は、本日から12月19日までの26日間と定めたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から12月19日までの26日間と決しました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△日程第3、専第5号から日程第32、議第129号
○議長(藤井国雄君) 日程第3、専第5号から日程第32、議第129号までの30案件を一括し、議題といたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(藤井国雄君) 職員の朗読を省略し、提出者の説明を求めます。
 市長 森真君。
  (市長 森真君登壇)
◎市長(森真君) 平成18年第4回各務原市議会定例会に提出いたしました議案につきまして、提案理由を御説明申し上げます。
 今回提出いたしました議案は、
 ・専決処分の承認        1件
 ・決算の認定          5件
 ・予算の補正          4件
 ・人事の案件          2件
 ・条例の改正          9件
 ・協議会の規約の変更      1件
 ・広域連合の設置        1件
 ・一部事務組合の規約の変更   1件
 ・指定管理者の指定       2件
 ・市道路線の認定・廃止     4件
の合計30案件でございます。
 まず、専第5号は、(仮称)新小網橋橋梁整備事業上部工工事において、車道と歩道との境に車両用防護さくを新たに増設するなど工事請負契約の変更を、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしましたので、承認を得ようとするものでございます。
 認第2号から認第6号までの5案件は、平成17年度の一般会計及び特別会計の各決算について認定を得ようとするものでございます。
 平成17年度は、企業の景気回復による税収の増加が見られたものの、三位一体改革による影響、教育・福祉・介護・医療等の義務的経費の増加等により、地方財政は極めて厳しい状況にありました。
 本市は、行財政構造改革、カイゼン運動を念頭に、各部各課が都市経営感覚を発揮して、健全財政を維持しながら、新総合計画、新市建設計画に基づく主要事業をすべて着実に実施し、元気な大交流都市の実現に努めてまいりました。
 特に、旧川島町との合併に伴う新たな基盤整備や多様化する住民ニーズに対応するため、全国的に公共事業関係費が減少している中で、国・県とのネットワークを強化し、財源の確保に努め、扇平火葬場整備事業を初めとして、学びの森整備事業、新小網橋整備事業、権現山環境福祉整備事業、那加中央保育所改築事業、養護学校建設事業、小・中学校耐震補強事業など、未来への基盤投資事業を積極的に展開してきたところでございます。
 それぞれの会計における収入済額、支出済額及びその差引残額を申し上げます。
 認第2号の一般会計決算は、
 ・収入済額        428億1803万 842円
 ・支出済額        403億9118万5100円
 ・差引残額        24億2684万5742円
 認第3号の国民健康保険事業特別会計決算は、
 ・収入済額        122億 173万1277円
 ・支出済額        112億3893万2438円
 ・差引残額        9億6279万8839円
 認第4号の老人保健特別会計決算は、
 ・収入済額        96億6068万8887円
 ・支出済額        96億1679万5939円
 ・差引残額          4389万2948円
 認第5号の介護保険事業特別会計決算は、
 ・収入済額        57億1372万5249円
 ・支出済額        56億 442万4701円
 ・差引残額         1億930万548円
 認第6号の下水道事業特別会計決算は、
 ・収入済額        41億4574万5399円
 ・支出済額        40億9002万 697円
 ・差引残額          5572万4702円
となっています。
 なお、各会計における事務事業の実績並びに主要施策の成果につきましては、別冊の決算認定資料に取りまとめております。
 また、今回の決算の提出に先立ちまして、各務原市監査委員の慎重な御審査をいただき、その結果につきましては、別冊の決算審査意見書として報告されておりますので、御審議のほどお願い申し上げます。
 次に、議第106号から議第109号までの4案件は、予算の補正に関するものであります。
 議第106号は、平成18年度一般会計補正予算を定めようとするものでございます。
 地区計画道路大野11号線整備事業費を初め、市道鵜782号線道路改良事業費、六軒公園等整備事業費など、当面の行政需要に対応するため、歳入歳出予算及び債務負担行為の補正を行うものでございます。
 歳入におきましては、
 ・地方特例交付金                1億4248万9000円
 ・国庫支出金                    2235万4000円
 ・県支出金                      605万8000円
 ・繰入金                       減額 3億円
 ・繰越金                    1億3784万7000円
などを計上しております。
 一方、歳出におきましては、
 ・職員給与費等                減額 2億4371万円
 ・市道鵜782号線道路改良事業費           1062万9000円
 ・六軒公園等整備事業費               7629万7000円
 ・地区計画道路大野11号線整備事業費         1126万9000円
などを計上しております。
 この結果、一般会計の予算規模は1539万1000円を追加し、補正後の予算総額は394億1522万7000円となります。
 債務負担行為の補正につきましては、各務原市ウェブサイト作成事業ほか1件を追加するものでございます。
 議第107号は、平成18年度介護保険事業特別会計補正予算を定めようとするものであります。
 介護保険制度の変更によるシステム改修費用等により、歳入歳出ともに360万円を追加し、補正後の予算総額を60億5031万1000円としております。
 議第108号は、平成18年度下水道事業特別会計補正予算を定めようとするものでございます。
 下水道受益者負担金システム改修、雨水渠布設事業の推進等のため、歳入歳出ともに2190万7000円を追加し、補正後の予算総額を44億2106万5000円としております。
 地方債の補正につきましては、事業費の変更により、公共下水道事業債を変更するものでございます。
 議第109号は、平成18年度水道事業会計補正予算を定めるものでございます。
 収益的収支におきましては、基金等への資金運用に伴う利息の増額、職員の減員等に伴う職員給与費の減額、企業債の借りかえに伴う支払利息の減額を行うものであります。
 これにより、水道事業収益は219万9000円を増額し、総額を28億5998万7000円と、水道事業費用は3060万4000円を減額し、総額を27億1171万8000円としています。
 資本的支出におきましては、職員給与費の減額、基金積立金の増額により383万1000円を増額し、総額を21億4087万2000円としております。
 次に、議第110号及び議第111号は、いずれも平成19年3月31日に任期が満了する人権擁護委員の後任の候補者の推薦に関するものであります。
 議第110号は、足立清水氏の後任に杉浦勝尚氏を、議第111号は、重網とも江氏を再び推薦しようとするものであります。いずれも人権の尊重、擁護について理解があり、その職に適任であると存じます。
 議第112号から議第120号までの9案件は、条例の改正に関するものであります。
 議第112号は、自動交付機により交付する住民票の写し等の交付手数料を定める等のため、議第113号は、公共駐車場を新設するため、議第114号は、福祉医療費の助成の範囲等を改めるため、議第116号は、準保護世帯福祉医療費の助成の範囲等を改めるため、議第117号は、非常勤消防団員等に係る損害賠償の基準を定める政令の一部改正に伴い、関係規定を整備するため、議第115号、議第118号、議第119号及び議第120号は、指定管理者の利用料金制を導入するため、それぞれ条例を改正しようとするものであります。
 次に、議第121号は、地方自治法の一部改正に伴い、岐阜地域広域市町村圏協議会規約を変更しようとするものであります。
 議第122号は、平成20年4月に後期高齢者医療制度が施行されるに当たり、その事務を処理するため、岐阜県後期高齢者医療広域連合を設置しようとするものであります。
 議第123号は、地方自治法の一部改正に伴い、岐阜羽島衛生施設組合規約を変更しようとするものであります。
 議第124号及び議第125号は、公の施設の指定管理者の指定に関するものであります。
 議第124号は、各務原市那加地区体育館ほか4施設について財団法人各務原市施設振興公社を、議第125号は、各務原市民会館ほか1施設について各務原文化コンソーシアムを、それぞれ指定管理者に指定しようとするものであります。
 最後に、議第126号から議第129号までの4案件は、市道路線の認定・廃止に関するものであります。
 議第126号は、(仮称)那加小網線改良事業により設置する道路を、議第127号は、開発行為により設置された道路を、議第128号は、新たに設置する道路を、それぞれ市道として認定しようとするものであります。
 議第129号は、市道路線の再編成をするため、市道の廃止及び認定をしようとするものであります。
 よろしく御審議の上、適切な御議決を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(藤井国雄君) 続いて、監査委員から決算審査の意見並びにその経過について報告を求めます。
 代表監査委員 永田義孝君。
  (代表監査委員 永田義孝君登壇)
◎代表監査委員(永田義孝君) 監査委員を代表いたしまして、平成17年度一般会計・特別会計の歳入歳出決算及び基金運用状況の審査結果について申し上げます。
 市長から審査に付されました平成17年度一般会計・特別会計の歳入歳出決算及び基金の運用状況につきましては、定期監査等を参考にするとともに、抽出による現地調査を行うなど、総括的な審査を慎重に実施してまいりました。その結果、書類はいずれも関係法令に準拠して作成され、計数は関係諸帳簿と符合し、正確であることを確認いたしました。また、予算の執行状況はおおむね適正かつ効率的に執行されているものと認められました。
 しかしながら、今後を展望すると、歳入財源の根幹を成す市税においては、一部景気回復の兆しがあるものの、経済情勢は急激な好転を望むことができないことから、多くの増収を期待できず、また、国の三位一体改革による地方交付税、国庫補助金などの収入減が見込まれます。
 一方、歳出においては、扶助費などの義務的経費が増加の傾向にあり、保育・教育、高齢者福祉、未来への基盤整備など、行政需要が増大し、財政環境は極めて厳しい状況が続くものと予想されます。
 したがいまして、今後の行財政運営に当たりましては、このような状況を十分に認識され、新総合計画及び新市建設計画に基づく施策の推進と積極的な行財政改革を行い、真に必要な行政サービスのさらなる向上を図り、市民福祉の増進により一層努められますよう要望する次第であります。
 なお、審査の結果につきましては、別冊の審査意見書を提出いたしておりますので、御参照のほど、よろしくお願いいたします。
 以上をもちまして、決算審査の結果の報告といたします。
○議長(藤井国雄君) 以上で説明並びに報告は終わりました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
○議長(藤井国雄君) なお、質疑の発言通告書は11月29日午前10時までに御提出ください。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△日程第33、請願第5号
○議長(藤井国雄君) 日程第33、請願第5号を議題といたします。

○議長(藤井国雄君) 職員の朗読を省略し、紹介議員の説明を求めます。
 17番 今尾泰造君。
  (17番 今尾泰造君登壇)
◆17番(今尾泰造君) 請願第5号を、請願文を読み上げまして提案させていただきます。
 教育基本法の「改正」に反対し、慎重な審議とゆきとどいた教育の実現を求める請願。
〔請願趣旨〕
 各地域の教育の充実のために、日ごろより御尽力いただき感謝申し上げます。
 私たち「ゆきとどいた教育をすすめる岐阜県実行委員会」は30人学級の実現・私学助成の充実・障害児教育の充実などの教育条件整備を国や岐阜県に毎年請願してまいりました。岐阜県でも、小学校1・2年生の「35人学級」が実現しました。県民の皆さんの多くの声や署名の成果でした。また、「子育て・教育のつどい岐阜県実行委員会」では、毎年地域の教職員と親が一緒になって岐阜県各地で順に教育をいろいろな分野から学習し議論する「子育て・教育のつどい」を実施してきました。
 さて、今、教育の流れを大きく変えると思われる政府与党の教育基本法「改正」案が臨時国会で審議され、15日には教育基本法特別委員会で、16日には衆議院本会議で強行採決されました。しかし、国民にとってはいじめ自殺問題や高校未履修問題など教育の諸問題が次々に発覚し、それらの問題の原因を解明することこそ大切だという世論が強くなっています。また、タウンミーティングでの「やらせ」質問問題も明らかになり、その問題の徹底究明と教育基本法「改正」案の白紙撤回を求める声も強くなっています。そういう中での強行採決は世論に反する行為と言えます。
 私たちはこれらの教育諸問題の原因の一つとして教育条件整備の問題があり、現行の教育基本法がうたっている「人間の尊厳を重んじ」、「人格の完成をめざし、平和な国家及び社会の形成者として」の精神を生かすことが今こそ大切になっていると考えます。むしろこれらの問題は、その精神をおろそかにして、教育条件整備を怠ってきた国の責任が大きいと思っています。来年2月には大垣で「子育て・教育のつどい」を開催し、多くの地域の教職員や親、行政にも参加を呼びかけ、教育の諸問題について議論を交わしたいと思っています。本来はタウンミーティングがこのような議論の場として機能しなくてはならないはずです。
 下記の事項について請願いたします。
〔請願事項〕
 政府に対して、次のような内容の「意見書」を上げてください。
 政府は、拙速な教育基本法の改正ではなく教育基本法の理念や精神を十分に生かし、「教育条件整備」のための財政支援を行うこと。
 以上です。皆さんの御協力をお願いいたします。
○議長(藤井国雄君) 以上で説明は終わりました。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△1、委員会付託(請願第5号)
○議長(藤井国雄君) ただいま議題となっております請願第5号については、お手元に配付いたしました付託表のとおり、経済教育常任委員会に付託いたします。
 なお、委員会は会期日程表のとおり開催する旨、委員長にかわって告知いたします。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△日程第34、休会期間の決定
○議長(藤井国雄君) 日程第34、休会期間の決定を議題といたします。
 おはかりいたします。議案精読のため、11月25日から12月6日まで12日間休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) 御異議なしと認めます。よって、11月25日から12月6日までの12日間休会することに決しました。
 なお、質問の発言通告書は11月28日午前10時までに御提出ください。
        ―――――――――――――――――――――――――――
△1、散会
○議長(藤井国雄君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれをもって散会いたします。
(散会) 午前10時30分
        ―――――――――――――――――――――――――――
 地方自治第123条第2項の規定により、ここに署名する。

           各務原市議会議長     藤 井 国 雄


           各務原市議会議員     三 丸 文 也


           各務原市議会議員     今 尾 泰 造