議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成18年第 3回定例会−09月05日-01号




平成18年第 3回定例会
各務原市告示第123号
 平成18年第3回各務原市議会定例会を次のとおり招集する。
  平成18年8月29日
                          各務原市長  森    真
1 期  日  平成18年9月5日
2 場  所  各務原市議会議事堂



         平成18年第3回各務原市議会定例会会議録(第1日目)

          議   事   日   程   (第1号)
                      平成18年9月5日(火曜日)午前10時開議
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.会期の決定
日程第 3.専第  4号 専決処分の承認(平成18年度各務原市水道事業会計補正予算(第1号))
日程第 4.認第  1号 平成17年度各務原市水道事業会計決算の認定
日程第 5.議第 81号 平成18年度各務原市一般会計補正予算(第2号)
日程第 6.議第 82号 平成18年度各務原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
日程第 7.議第 83号 平成18年度各務原市老人保健特別会計補正予算(第2号)
日程第 8.議第 84号 平成18年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
日程第 9.議第 85号 各務原市固定資産評価審査委員会委員の選任
日程第10.議第 86号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第11.議第 87号 各務原市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
日程第12.議第 88号 各務原市の公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
日程第13.議第 89号 各務原市国民健康保険条例の一部を改正する条例
日程第14.議第 90号 各務原市福祉の里条例の一部を改正する条例
日程第15.議第 91号 各務原市消防団条例等の一部を改正する条例
日程第16.議第 92号 各務原市小口融資条例の一部を改正する条例
日程第17.議第 93号 各務原市体育施設条例の一部を改正する条例
日程第18.議第 94号 各務原市文化会館条例の一部を改正する条例
日程第19.議第 95号 各務原市指定文化財皆楽座条例
日程第20.議第 96号 各務原市下水道事業運営審議会条例
日程第21.議第 97号 岐阜県市町村職員退職手当組合規約の変更
日程第22.議第 98号 工事請負契約の締結(村国座修復工事)
日程第23.議第 99号 工事委託協定の締結(鵜沼駅自由通路新設工事)
日程第24.議第100号 公の施設の指定管理者の指定(JR那加駅前駐車場・ほか1施設)
日程第25.議第101号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市慈光園)
日程第26.議第102号 市道路線の認定(市道鵜1299号線ほか1路線)
日程第27.議第103号 市道路線の認定(市道蘇南118号線ほか2路線)
日程第28.議第104号 市道路線の廃止(市道那1052号線)
日程第29.市議第 7号 議員派遣の件(オーストラリア、ニュージーランド都市行政視察)
日程第30.市議第 8号 議員派遣の件(アメリカ、カナダ都市行政視察)
日程第31.市議第 9号 議員派遣の件(韓国春川市姉妹都市交流行政視察)
日程第32.市議第10号 議員派遣の件(市議会だより編集に関する調査)
日程第33.請願第 3号 治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)を制定するよう政府に対する意見書の採択を求める請願
日程第34.請願第 4号 小学校卒業するまで医療費の無料化を求める請願
日程第35.休会期間の決定

〇諸般の報告
1、議案の提出
1、専決処分の報告
1、請願の提出
1、陳情の提出
1、例月出納検査の結果
1、定期監査の結果
1、さきの定例会において議決された意見書の処理結果報告

〇本日の会議に付した事件
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.会期の決定
日程第 3.専第  4号 専決処分の承認(平成18年度各務原市水道事業会計補正予算(第1号))
日程第 4.認第  1号 平成17年度各務原市水道事業会計決算の認定
日程第 5.議第 81号 平成18年度各務原市一般会計補正予算(第2号)
日程第 6.議第 82号 平成18年度各務原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
日程第 7.議第 83号 平成18年度各務原市老人保健特別会計補正予算(第2号)
日程第 8.議第 84号 平成18年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
日程第 9.議第 85号 各務原市固定資産評価審査委員会委員の選任
日程第10.議第 86号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第11.議第 87号 各務原市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
日程第12.議第 88号 各務原市の公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
日程第13.議第 89号 各務原市国民健康保険条例の一部を改正する条例
日程第14.議第 90号 各務原市福祉の里条例の一部を改正する条例
日程第15.議第 91号 各務原市消防団条例等の一部を改正する条例
日程第16.議第 92号 各務原市小口融資条例の一部を改正する条例
日程第17.議第 93号 各務原市体育施設条例の一部を改正する条例
日程第18.議第 94号 各務原市文化会館条例の一部を改正する条例
日程第19.議第 95号 各務原市指定文化財皆楽座条例
日程第20.議第 96号 各務原市下水道事業運営審議会条例
日程第21.議第 97号 岐阜県市町村職員退職手当組合規約の変更
日程第22.議第 98号 工事請負契約の締結(村国座修復工事)
日程第23.議第 99号 工事委託協定の締結(鵜沼駅自由通路新設工事)
日程第24.議第100号 公の施設の指定管理者の指定(JR那加駅前駐車場・ほか1施設)
日程第25.議第101号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市慈光園)
日程第26.議第102号 市道路線の認定(市道鵜1299号線ほか1路線)
日程第27.議第103号 市道路線の認定(市道蘇南118号線ほか2路線)
日程第28.議第104号 市道路線の廃止(市道那1052号線)
日程第29.市議第 7号 議員派遣の件(オーストラリア、ニュージーランド都市行政視察)
日程第30.市議第 8号 議員派遣の件(アメリカ、カナダ都市行政視察)
日程第31.市議第 9号 議員派遣の件(韓国春川市姉妹都市交流行政視察)
日程第32.市議第10号 議員派遣の件(市議会だより編集に関する調査)
1、委員会付託省略(市議第7号から市議第10号まで)
日程第33.請願第 3号 治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)を制定するよう政府に対する意見書の採択を求める請願
日程第34.請願第 4号 小学校卒業するまで医療費の無料化を求める請願
1、委員会付託(請願第3号並びに請願第4号)
日程第35.休会期間の決定

〇出席議員(27名)
                    1 番   横 山 富士雄  君
                    2 番   永 冶 明 子  君
                    3 番   波多野 こうめ  君
                    4 番   梅 田 利 昭  君
                    5 番   浅 野 健 司  君
                    6 番   川 瀬 勝 秀  君
                    7 番   高 島 貴美子  君
                    8 番   太 田 松 次  君
                    9 番   吉 岡   健  君
                   10 番   尾 関 光 政  君
                   11 番   三 和 由 紀  君
                   13 番   神 谷 卓 男  君
                   14 番   角   弘 二  君
                   15 番   三 丸 文 也  君
                   16 番   古 田 澄 信  君
                   17 番   今 尾 泰 造  君
                   18 番   関   浩 司  君
                   20 番   中 村 幸 二  君
                   21 番   平 松 幹 正  君
                   22 番   小 島 軍 司  君
                   23 番   末 松 誠 栄  君
                   24 番   藤 井 国 雄  君
                   25 番   横 山 隆一郎  君
                   26 番   川 島 勝 弘  君
                   27 番   長 縄 博 光  君
                   28 番   白 木   博  君

〇欠席議員(1名)
                   19 番   阿 部 靖 弘  君

〇欠員(1名)12番

〇説明のため出席した者の職氏名
              市長          森     真  君
              助役          五 藤   勲  君
              収入役         河 田 昭 男  君
              都市戦略企画推進部長  松 岡 秀 人  君
              総務部長        五 島 仁 光  君
              市民部長        臼 井 壮 一  君
              環境部長        五 藤 龍 彦  君
              健康福祉部長      紙 谷   清  君
              産業部長        岡 部 秀 夫  君
              都市建設部長      大 中 武 易  君
              文化創造部長      岩 井 晴 栄  君
              水道部長        竹 山 幸 市  君
              監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長兼公
              平委員会書記長     熊 崎 敏 雄  君
              教育長         高 根 靖 臣  君
              消防長         梶 浦 信 雄  君
              川島振興事務所長    野 田 凱 夫  君
              都市戦略企画課長    磯 谷   均  君
              財政課長        目 貫   誠  君
              総務部次長兼総務課長  星 野 正 彰  君
              選挙管理委員会委員長  川 嶋 棟 治  君
              代表監査委員      永 田 義 孝  君
              教育委員会委員     榎 本 行 雄  君

〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      金 武   久
              総務課長        後 藤 秀 人
              主任主査兼議事調査係長 山 下 幸 二
              主任主査        土 川   孝
              主査          進 藤 達 彦
        ───────────────────────────
(開会式)
◎議会事務局長(金武久) 御起立を願います。
 ただいまから平成18年第3回各務原市議会定例会の開会式を行います。
 森市長からごあいさつをいただきます。
◎市長(森真君) 皆さんおはようございます。
 ここに平成18年第3回各務原市議会を招集申し上げたところ、御出席を賜りましてありがとうございます。後ほど提出申し上げる議案はいずれも重要な案件でございます。よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。
◎議会事務局長(金武久) 藤井議長がごあいさつ申し上げます。
○議長(藤井国雄君) 皆様おはようございます。
 本日ここに、平成18年第3回各務原市議会定例会が開催されましたところ、議員各位には極めて御多忙の中御出席を賜りありがとうございます。
 後ほど市長から26案件につきまして御提案がございますけれども、いずれも重要な案件ばかりでございます。慎重に御審議賜りまして、適正な御議決を賜りますよう、また、あわせまして円滑な議会運営に御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。
◎議会事務局長(金武久) これをもちまして開会式を終わります。
 御着席願います。
        ───────────────────────────
△1、開会
(開会) 午前10時1分
○議長(藤井国雄君) ただいまから平成18年第3回各務原市議会定例会を開会し、本日の会議を開きます。
        ───────────────────────────
△1、諸般の報告
○議長(藤井国雄君) 日程に先立って、諸般の報告を職員にいたさせます。
        ───────────────────────────
(職員報告)
1、議案の提出
 市長から、本日付をもって、専第4号、認第1号、議第81号から議第104号までの26案件の提出がありました。
1、専決処分の報告
 市長から、地方自治法第180条第2項の規定により、損害賠償の額を定めることについて専決処分した報告が2件ありました。
 内容については、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、請願の提出
 各務原市那加織田町2−30、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟岐阜県本部岐阜支部 代表者 桜井薫氏から「治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)を制定するよう政府に対する意見書の採択を求める請願」の提出と、各務原市鵜沼朝日町5−234、新日本婦人の会 各務原支部長 高見益子氏ほか2名から「小学校卒業するまで医療費の無料化を求める請願」の提出がありました。
 内容は、お手元に配付した請願付託表のとおりであります。
1、陳情の提出
 各務原市那加東亜町106、社団法人各務原市シルバー人材センター連合会 会長 澤野美得氏ほか1名から「シルバー人材センター事業の機能拡充、強化を図る要望」、東京都足立区谷在家1−18−1、特定非営利活動法人 日本法輪大法学会 代表 鶴薗雅章氏から「中国における法輪功学習者の臓器摘出の実態調査を求める陳情」、岐阜市中西郷7−50、教育基本法の改悪をとめよう!岐阜連絡会 事務局長 村瀬浩祐氏から「教育基本法「改正」に慎重を期すよう求める意見書採択への陳情」の提出がありました。
 内容は、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、例月出納検査の結果
 監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、平成17年度、18年5月分、平成18年度、18年5月分、6月分、7月分の例月出納検査を執行した結果の報告がありました。
 内容については、省略させていただきます。
1、定期監査の結果
 監査委員から、地方自治法第199条第9項の規定により、平成18年度第1回定期監査を執行した結果の報告がありました。
 内容については、省略させていただきます。
1、さきの定例会において議決された意見書の処理結果報告
 さきの定例会において議決された「基地対策予算の増額等を求める意見書」は、各関係行政庁あてに送付いたしました。
 送付先については、お手元に配付した報告書のとおりであります。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 以上で諸般の報告を終わります。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 本日の日程は、お手元に配付したとおり定めました。
        ───────────────────────────
△日程第1、会議録署名議員の指名
○議長(藤井国雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員には、会議規則第80条の規定により、議長において6番 川瀬勝秀君、7番 高島貴美子君の両君を指名いたします。
        ───────────────────────────
△日程第2、会期の決定
○議長(藤井国雄君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 おはかりいたします。今期定例会の会期は、本日から9月26日までの22日間と定めたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から9月26日までの22日間と決しました。
        ───────────────────────────
△日程第3、専第4号から日程第28、議第104号まで
○議長(藤井国雄君) 日程第3、専第4号から日程第28、議第104号までの26案件を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 職員の朗読を省略し、提出者の説明を求めます。
 市長 森真君。
  (市長 森真君登壇)
◎市長(森真君) 平成18年第3回各務原市議会定例会に提出いたしました議案につきまして、提案理由を説明申し上げます。
 今回提出いたしました議案は、
 ・専決処分の承認             1件
 ・決算の認定               1件
 ・予算の補正               4件
 ・人事の案件               2件
 ・条例の制定・改正            10件
 ・一部事務組合の規約の変更        1件
 ・工事請負契約の締結           1件
 ・工事委託協定の締結           1件
 ・指定管理者の指定            2件
 ・市道路線の認定・廃止          3件
の計26案件でございます。
 まず、専第4号は、平成18年度水道事業会計補正予算(第1号)を定めたものでございます。
 起債の借りかえに伴い、予算第5条に定めた起債の限度額7068万7000円を1億5190万円に改めました。
 資本的収入を8121万3000円増額し、5億8317万7000円に、資本的支出を8125万8000円増額し、21億3704万1000円にいたしました。
 本件につきまして、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしましたので、承認を得ようとするものでございます。
 認第1号は、平成17年度水道事業会計の決算について認定を得ようとするものでございます。
 平成17年度は、老朽設備更新事業、鉛給水管取替事業を主体として推進し、市民の皆さんの快適な日常生活を支えるため、安全な生活用水の安定供給に努めてまいりました。
 改良事業では、川島地区の3カ所の水源地と水道庁舎との遠隔操作が可能な遠方監視装置を新設したほか、八木山低区配水池の高圧電気設備の更新、下水道整備事業などの支障移転に伴う配水管整備事業など、総額9億5774万4081円を執行いたしました。
 この結果、消費税及び地方消費税を除いた損益計算では、
 ・総収益     27億3414万1569円
 ・総費用     22億6211万6722円
で、差し引き4億7202万4847円の純利益となりました。これに、前年度繰越利益剰余金5409万3207円を加えた当年度未処分利益剰余金は、5億2611万8054円となります。このうち5億円を減債積立金に積み立てることにしています。
 次に、消費税及び地方消費税を含めた資本的収支は、
 ・収入額     3億2504万5071円
 ・支出額     21億7600万7889円
となりました。収入額が支出額に対して不足する額18億5096万2818円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額、減債積立金、建設改良積立金、過年度分損益勘定留保資金をもって補てんしております。
 なお、この決算書の提出に先立ちまして、各務原市監査委員の御審査をいただき、その結果につきましては別冊の決算審査意見書にまとめられております。
 今後も、鉛給水管取替事業を初め、老朽化した水道設備の更新事業等を計画的に推進していくこととしており、事業の実施に当たりましては、市民の皆さんのニーズに合った適正なサービスの提供及び経営の安定と効率的な運営に努めてまいりたいと存じます。
 次に、議第81号から議第84号までの4案件は、予算の補正に関するものでございます。
 議第81号は、平成18年度一般会計補正予算(第2号)を定めようとするものでございます。
 学校給食センター建設に伴う用地購入・造成費を増額するのを初め、本庁舎電話交換機改修事業費、慈光園解体撤去等事業費、市道整備の早期完成を目指して、市道那538号線道路改良事業費、市道那643号線道路改良事業費などを増額するほか、当面の行政需要に対応するために歳入歳出予算の補正並びに地方債の補正を行うものです。
 歳入は、
 ・国庫支出金                  1億8339万7000円
 ・県支出金                     4954万1000円
 ・繰越金                       3億877万円
 ・市債                       3億5800万円
などを計上しております。
 一方、歳出は、
 ・本庁舎電話交換機改修事業費              4200万円
 ・慈光園解体撤去等事業費                3390万円
 ・市単道路改良事業費                4243万3000円
 ・市道那538号線道路改良事業           1億2847万3000円
 ・市道那643号線道路改良事業             2億3153万円
 ・学校給食センター建設事業費          1億3168万9000円
などを計上しております。
 この結果、一般会計の予算規模は9億1279万1000円を追加し、補正後の予算総額は393億9983万6000円となります。
 地方債の補正につきましては、起債対象事業費の増額見込み及び確定などにより、学校給食センター施設整備事業債ほか6件の追加及び変更をするものでございます。
 議第82号は、平成18年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)を定めようとするものでございます。保険財政共同安定化事業創設に伴う拠出金及び平成17年度の退職者医療療養給付費の確定による精算還付に伴い、歳入歳出ともに6億1829万6000円を追加し、補正後の予算総額を126億5052万2000円としております。
 議第83号は、平成18年度老人保健特別会計補正予算(第2号)を定めようとするものでございます。老人保健制度の改正に伴うシステム改修費用として、歳入歳出ともに420万円を追加し、補正後の予算総額を94億7751万9000円としております。
 議第84号は、平成18年度下水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めようとするものであります。
 下水道事業運営審議会を開催することに伴い、歳入歳出ともに42万4000円を追加し、補正後の予算総額を43億9915万8000円としております。
 次に、議第85号及び議第86号は、人事案件に関するものでございます。
 議第85号は、各務原市固定資産評価審査委員会委員 小林文一氏の任期が9月30日に満了するため、その後任に喜多川紀氏を選任しようとするものであります。
 また、議第86号は、人権擁護委員 丹羽秀之氏の任期が12月31日に満了するため、その後任の候補者に苅谷次子氏を推薦しようとするものでございます。
 いずれも、その職務を全うされるに適任であると存じます。
 議第87号から議第96号までの10案件は、条例の制定・改正に関するものでございます。
 議第87号は、休息時間の廃止及び育児等を行う職員の勤務の特例を定めるものでございます。
 議第88号は、会社法の施行により、有限会社法が廃止されたことに伴い、関係規定を整備するものであります。
 議第89号は、国民健康保険法施行令等の一部改正に伴い、一定以上の所得を有する70歳以上の被保険者について療養の給付に係る一部負担金の割合等を改めるものであります。
 議第90号は、障害者自立支援法の施行等に伴い、関係規定を整備するものであります。
 議第91号は、消防組織法の一部改正に伴い、関係規定を整備するものでございます。
 議第92号は、小口融資の申込人の資格等を改めるものであります。
 議第93号は、おがせテニスコートを廃止するものです。
 議第94号は、文化会館の管理を指定管理者に行わせるものです。
 議第95号は、市指定文化財の皆楽座を市民の文化活動等の拠点として設置するものであります。
 議第96号は、下水道事業運営審議会を設置するものです。
 次に、議第97号は、組合構成団体の名称を変更するため、岐阜県市町村職員退職手当組合規約を変更しようとするものであります。
 議第98号は、村国座修復工事の工事請負契約を、指名競争入札の結果に基づき、1億9110万円で田中社寺株式会社と締結しようとするものであります。
 議第99号は、鵜沼駅自由通路新設工事の工事委託協定を、7億1896万円で東海旅客鉄道株式会社と締結しようとするものであります。
 次に、議第100号及び議第101号の2案件は、公の施設の指定管理者の指定に関するものであります。
 議第100号は、JR那加駅前及び市民公園の公共駐車場について名鉄協商株式会社を、議第101号は、各務原市慈光園について社会福祉法人美谷会を指定管理者に指定しようとするものであります。
 最後に、議第102号から議第104号までの3案件は、市道路線の認定・廃止に関するものであります。
 議第102号は、都市計画道路各務原扶桑線の側道を、議第103号は、開発行為により設置された道路を市道として認定しようとするものです。
 議第104号は、道路の用に供されていない市道を廃止しようとするものであります。
 よろしく御審議の上、適切な御議決を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(藤井国雄君) 続いて、監査委員から決算審査の意見並びにその経過について報告を求めます。
 代表監査委員 永田義孝君。
  (代表監査委員 永田義孝君登壇)
◎代表監査委員(永田義孝君) 監査委員を代表いたしまして、平成17年度各務原市水道事業会計決算審査の結果について、御報告を申し上げます。
 本決算審査に当たりましては、市長から審査に付されました決算報告書、財務諸表及び関係諸帳簿の全般にわたって、地方公営企業法第3条に定められております経営の基本原則であります「常に企業の経済性を発揮するとともに、その本来の目的である公共の福祉を増進するように運営されているかどうか」を念頭におきまして審査をしてまいりました。
 さらに、関係職員から説明を聴取するとともに、現地調査を行うなど、慎重に審査をいたしました。その結果、経営成績及び財政状態は適正に表示されており、かつ計数におきましても正確であることを認めました。
 なお、審査意見につきましては、各務原市公営企業会計決算審査意見書といたしまして提出いたしておりますので御参照のほど、よろしくお願いいたします。
 以上をもちまして、平成17年度各務原市水道事業会計決算審査結果の報告といたします。
○議長(藤井国雄君) 以上で説明並びに報告は終わりました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) なお、質疑の発言通告書は9月7日午前10時までに御提出ください。
        ───────────────────────────
△日程第29、市議第7号から日程第32、市議第10号まで
○議長(藤井国雄君) 日程第29、市議第7号から日程第32、市議第10号までの4案件を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 職員の朗読を省略し、提出者の説明を求めます。
 14番 角弘二君。
  (14番 角弘二君登壇)
◆14番(角弘二君) 市議第7号から市議第10号までの提案理由を説明いたします。
 市議第7号は、全国市議会議長会主催のオーストラリア・ニュージーランド諸都市の議会制度のあり方、高齢者福祉政策、都市環境整備、広域行政の取り組みに関する調査のため、平成18年9月27日から10月7日までの11日間、高島貴美子議員を派遣するものです。
 市議第8号は、同じく全国市議会議長会主催のアメリカ・カナダ諸都市の議会制度のあり方、中心市街地活性化対策、高齢者福祉政策、地域活性化、広域行政府における住民参加による地域づくりに関する調査のため、平成18年10月11日から10月20日までの10日間、古田澄信議員を派遣するものです。
 市議第9号は、議員交流協約に基づく韓国春川市への交流訪問のため、平成18年11月7日から11月10日までの4日間、横山富士雄議員、梅田利昭議員、尾関光政議員、神谷卓男議員、関浩司議員を派遣するものです。
 市議第10号は、市議会だよりの編集に関する調査のため、兵庫県篠山市、たつの市へ10月17日から18日の2日間の日程で、吉岡健議員、横山富士雄議員、永冶明子議員、梅田利昭議員、尾関光政議員、三和由紀議員を派遣するもので、それぞれ会議規則第157条の規定により、議会の議決を得ようとするものです。
 議員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。
○議長(藤井国雄君) 以上で説明は終わりました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより質疑を行います。質疑はありませんか。
  (「質疑なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) これをもって質疑を終結いたします。
        ───────────────────────────
△1、委員会付託省略(市議第7号から市議第10号まで)
○議長(藤井国雄君) おはかりいたします。ただいま議題の4案件については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題の4案件については、委員会付託を省略することに決しました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより討論を行います。討論はありませんか。
  (「議長、3番」と呼ぶ者あり)
○議長(藤井国雄君) 3番 波多野こうめ君。
  (3番 波多野こうめ君登壇)
◆3番(波多野こうめ君) ただいまの提案の市議第7号並びに市議第8号の議員派遣について、反対の立場で討論を行います。
 議員の海外視察については、多くの市民から大変強い批判があります。市の財政が厳しいからと、福祉や暮らしなど市民の生活関連予算では事業の縮小や廃止、サービスの後退などを押しつけています。また、市が本来行うべき業務を民間に委託するなど、コストの削減がされています。市民には痛みを押しつけておきながら、海外視察は聖域にするなど市民から合意が得られるものではありません。行革をいうのならば、真っ先に見直すべきものです。
 また、例年全国議長会が主催するコースの中から選んでおり、受動的な視察となっています。我が市の市議会議員が出かけなければならないというものではないことを示しています。何も海外へ出かけなくても、国内で学ぶべき先進自治体はたくさんあります。
 以上のような理由で議員の海外派遣には反対します。
○議長(藤井国雄君) これをもって討論を終結いたします。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより採決を行います。
 最初におはかりいたします。市議第7号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立多数であります。よって、市議第7号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。市議第8号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立多数であります。よって、市議第8号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。市議第9号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、市議第9号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。市議第10号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、市議第10号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
△日程第33、請願第3号並びに日程第34、請願第4号
○議長(藤井国雄君) 日程第33、請願第3号並びに日程第34、請願第4号を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 職員の朗読を省略し、紹介議員の説明を求めます。
 請願第3号並びに請願第4号について、2番 永冶明子君。
  (2番 永冶明子君登壇)
◆2番(永冶明子君) おはようございます。
 請願が出ておりますので、説明させていただきます。
 治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)を制定するよう政府に対する意見書の採択を求める請願でございます。
〔請願趣旨〕
 戦前の日本では、戦争に反対し主権在民を唱える声は治安維持法によって圧殺され、特別高等警察(特高)による暴政のもとで1925年の制定から敗戦による廃止に至る20年間に数十万の人々が獄につながれ、送検された人は7万5681人、拷問による虐殺を余儀なくされた犠牲者は2000人に上りました。岐阜県においても1927年の日農岐阜県連の活動家10数名の検挙、29年の中部農民組合青年部を中心とする30余名の検挙、30年の「綴り方運動」の中心的教師への弾圧、31年メーデー弾圧、ナップ(日本無産者芸術連盟)活動家の検挙、起訴・投獄、33年の日本労働組合全国協議会活動家10数名の検挙など、延べ180名が犠牲になっています。
 戦後、治安維持法は稀代の悪法として廃止され、侵略戦争の教訓は平和と民主主義の原則として日本国憲法に刻み込まれました。そして世界政治もまた、国民主権と民族主権の前進を基調とする戦後政治の流れの中で、1971年「戦争犯罪と人道に反する罪には時効はない」との国際法ができ、その結果、西欧諸国では戦後50年を経過した今日でも戦争犯罪者の追及やアメリカ、カナダでは日系人強制収容者への謝罪と賠償がなされています。
 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟が積み重ねてきた、国による謝罪と国家賠償法の制定を要請する運動は、1993年10月に開かれた日本弁護士連合会主催の人権擁護大会に出された基調報告の中に「戦争における人権侵害の回復を求める」宣言と「速やかなる補償措置の実現」の正当性が法的にも裏づけられ、確認されています。
 また、国に謝罪と国家賠償法の制定を要請する地方議会への陳情、請願運動と意見書の採択が全国で党派を超えて広がっていることは、この要求の正当性を示しています。
 以上の趣旨により、下記の事項につき要望いたします。
〔請願事項〕
 治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)を制定するよう、政府に対する意見書の採択と提出を行うこと。
 次の請願趣旨は、小学校卒業するまで医療費の無料化を求める請願でございます。
〔請願趣旨〕
 今年度4月から、岐阜県が小学校入学前まで医療費の無料化を実施したのを受けて、県内14市(岐阜市、大垣市、高山市、美濃市、関市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、山県市、飛騨市、本巣市、海津市)が県を上回って医療費の助成をしています。この各務原市においても、小学校卒業まで医療費の無料化を拡充してほしいと思います。
 格差社会が広がる中、実のある子育て支援を若いお母さんたちは切望しています。県が無料化を拡充した"子育て支援の心"をこの各務原市においても引き継いで、小学校卒業までの医療費の無料化を実施していただくよう請願いたします。
〔請願事項〕
 1.子どもの医療費無料化を小学校卒業まで拡充してください。
 以上、十分御審議の上、御採択をぜひともいただきますようよろしくお願いを申し上げます。
○議長(藤井国雄君) 以上で説明は終わりました。
        ───────────────────────────
△1、委員会付託(請願第3号並びに請願第4号)
○議長(藤井国雄君) ただいま議題となっております2請願については、お手元に配付いたしました付託表のとおり、総務常任委員会に付託いたします。
 なお、委員会は会期日程表のとおり開催する旨、委員長にかわって告知いたします。
        ───────────────────────────
△日程第35、休会期間の決定
○議長(藤井国雄君) 日程第35、休会期間の決定を議題といたします。
 おはかりいたします。議案精読のため、9月6日から9月18日まで13日間休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) 御異議なしと認めます。よって、9月6日から9月18日までの13日間休会することに決しました。
 なお、質問の発言通告書は9月7日午前10時までに御提出ください。
        ───────────────────────────
△1、散会
○議長(藤井国雄君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれをもって散会いたします。
(散会) 午前10時35分
        ───────────────────────────
 地方自治第123条第2項の規定により、ここに署名する。

           各務原市議会議長     藤 井 国 雄


           各務原市議会議員     川 瀬 勝 秀


           各務原市議会議員     高 島 貴美子