議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成18年第 2回定例会−06月23日-04号




平成18年第 2回定例会
         平成18年第2回各務原市議会定例会会議録(第4日目)

          議   事   日   程   (第4号)
                     平成18年6月23日(金曜日)午前10時開議
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.専第 1号 専決処分の承認(平成17年度各務原市一般会計補正予算(第8号))
日程第 3.専第 2号 専決処分の承認(平成17年度各務原市老人保健特別会計補正予算(第3号))
日程第 4.専第 3号 専決処分の承認(各務原市税条例の一部を改正する条例)
日程第 5.議第54号 平成18年度各務原市一般会計補正予算(第1号)
日程第 6.議第55号 平成18年度各務原市老人保健特別会計補正予算(第1号)
日程第 7.議第56号 平成18年度各務原市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
日程第 8.議第57号 平成18年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
日程第 9.議第58号 各務原市教育委員会委員の任命
日程第10.議第59号 各務原市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
日程第11.議第60号 各務原市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例
日程第12.議第61号 各務原市公共駐車場条例の一部を改正する条例
日程第13.議第62号 各務原市税条例の一部を改正する条例
日程第14.議第63号 各務原市国民健康保険条例の一部を改正する条例
日程第15.議第64号 各務原市福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
日程第16.議第65号 各務原市準保護世帯福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
日程第17.議第66号 各務原市養護老人ホーム条例
日程第18.議第67号 各務原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
日程第19.議第68号 各務原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例
日程第20.議第69号 各務原市産業会館条例の一部を改正する条例
日程第21.議第70号 各務原市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例
日程第22.議第71号 各務原市立学校体育施設開放条例の一部を改正する条例
日程第23.議第72号 工事請負契約の締結((仮称)新小網橋橋梁整備事業上部工(橋面工)工事)
日程第24.議第73号 工事請負契約の締結(稲羽西小学校屋内運動場改築工事(建築))
日程第25.議第76号 市道路線の認定(市道蘇北746号線)
日程第26.議第77号 市道路線の認定(市道稲925号線ほか3路線)
日程第27.議第78号 市道路線の廃止(市道各475号線)
日程第28.議第74号 土地の取得(伊木の森整備用地)
日程第29.議第75号 土地の取得(学びの森緑地建設用地)

         議   事   日   程   (第4号の2)
                            平成18年6月23日(金曜日)
日程第 1.議第79号 各務原市保健センター設置条例
日程第 2.議第80号 財産の取得(水槽付消防ポンプ自動車)
日程第 3.市議第6号 基地対策予算の増額等を求める意見書

〇本日の会議に付した事件
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.専第 1号 専決処分の承認(平成17年度各務原市一般会計補正予算(第8号))
日程第 3.専第 2号 専決処分の承認(平成17年度各務原市老人保健特別会計補正予算(第3号))
日程第 4.専第 3号 専決処分の承認(各務原市税条例の一部を改正する条例)
日程第 5.議第54号 平成18年度各務原市一般会計補正予算(第1号)
日程第 6.議第55号 平成18年度各務原市老人保健特別会計補正予算(第1号)
日程第 7.議第56号 平成18年度各務原市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
日程第 8.議第57号 平成18年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
日程第 9.議第58号 各務原市教育委員会委員の任命
日程第10.議第59号 各務原市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
日程第11.議第60号 各務原市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例
日程第12.議第61号 各務原市公共駐車場条例の一部を改正する条例
日程第13.議第62号 各務原市税条例の一部を改正する条例
日程第14.議第63号 各務原市国民健康保険条例の一部を改正する条例
日程第15.議第64号 各務原市福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
日程第16.議第65号 各務原市準保護世帯福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例
日程第17.議第66号 各務原市養護老人ホーム条例
日程第18.議第67号 各務原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
日程第19.議第68号 各務原市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例
日程第20.議第69号 各務原市産業会館条例の一部を改正する条例
日程第21.議第70号 各務原市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例
日程第22.議第71号 各務原市立学校体育施設開放条例の一部を改正する条例
日程第23.議第72号 工事請負契約の締結((仮称)新小網橋橋梁整備事業上部工(橋面工)工事)
日程第24.議第73号 工事請負契約の締結(稲羽西小学校屋内運動場改築工事(建築))
日程第25.議第76号 市道路線の認定(市道蘇北746号線)
日程第26.議第77号 市道路線の認定(市道稲925号線ほか3路線)
日程第27.議第78号 市道路線の廃止(市道各475号線)
1、委員会付託省略(専第1号から議第78号まで)
日程第28.議第74号 土地の取得(伊木の森整備用地)
日程第29.議第75号 土地の取得(学びの森緑地建設用地)
1、委員会付託省略(議第74号並びに議第75号)
1、日程追加(議第79号から市議第6号まで)
日程第 1.議第79号 各務原市保険センター設置条例
日程第 2.議第80号 財産の取得(水槽付消防ポンプ自動車)
日程第 3.市議第6号 基地対策予算の増額等を求める意見書
1、委員会付託省略(議第79号から市議第6号まで)
1、可決した意見書の取り扱いについて

〇出席議員(27名)
                    1 番   横 山 富士雄  君
                    2 番   永 冶 明 子  君
                    3 番   波多野 こうめ  君
                    4 番   梅 田 利 昭  君
                    5 番   浅 野 健 司  君
                    6 番   川 瀬 勝 秀  君
                    7 番   高 島 貴美子  君
                    8 番   太 田 松 次  君
                    9 番   吉 岡   健  君
                   10 番   尾 関 光 政  君
                   11 番   三 和 由 紀  君
                   13 番   神 谷 卓 男  君
                   14 番   角   弘 二  君
                   15 番   三 丸 文 也  君
                   16 番   古 田 澄 信  君
                   17 番   今 尾 泰 造  君
                   18 番   関   浩 司  君
                   19 番   阿 部 靖 弘  君
                   20 番   中 村 幸 二  君
                   21 番   平 松 幹 正  君
                   22 番   小 島 軍 司  君
                   23 番   末 松 誠 栄  君
                   24 番   藤 井 国 雄  君
                   25 番   横 山 隆一郎  君
                   26 番   川 島 勝 弘  君
                   27 番   長 縄 博 光  君
                   28 番   白 木   博  君

〇欠員(1名)12番

〇説明のため出席した者の職氏名
              市長          森     真  君
              助役          五 藤   勲  君
              収入役         河 田 昭 男  君
              都市戦略企画推進部長  松 岡 秀 人  君
              総務部長        五 島 仁 光  君
              市民部長        臼 井 壮 一  君
              環境部長        五 藤 龍 彦  君
              健康福祉部長      紙 谷   清  君
              産業部長        岡 部 秀 夫  君
              都市建設部長      大 中 武 易  君
              文化創造部長      岩 井 晴 栄  君
              水道部長        竹 山 幸 市  君
              監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長兼公
              平委員会書記長     熊 崎 敏 雄  君
              教育長         高 根 靖 臣  君
              消防長         梶 浦 信 雄  君
              川島振興事務所長    野 田 凱 夫  君
              都市戦略企画課長    磯 谷   均  君
              財政課長        目 貫   誠  君
              総務部次長兼総務課長  星 野 正 彰  君
              選挙管理委員会委員長  川 嶋 棟 治  君
              代表監査委員      永 田 義 孝  君
              教育委員会委員長    神 谷 真由子  君

〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      金 武   久
              総務課長        後 藤 秀 人
              主任主査兼議事調査係長 山 下 幸 二
              主任主査        土 川   孝
              主査          進 藤 達 彦
        ───────────────────────────
△1、開議
(開議) 午前10時15分
○議長(藤井国雄君) ただいまから本日の会議を開きます。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 本日の日程は、お手元に配付したとおり定めました。
        ───────────────────────────
△日程第1、会議録署名議員の指名
○議長(藤井国雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員には、会議規則第80条の規定により、議長において4番 梅田利昭君、5番 浅野健司君の両君を指名いたします。
        ───────────────────────────
△日程第2、専第1号から日程第27、議第78号まで
○議長(藤井国雄君) 日程第2、専第1号から日程第27、議第78号までの26案件を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
△1、委員会付託省略(専第1号から議第78号まで)
○議長(藤井国雄君) おはかりいたします。ただいま議題の26案件については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題の26案件については、委員会付託を省略することに決しました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより討論を行います。
 討論の通告がありますので、順次、発言を許します。
 2番 永冶明子君。
  (2番 永冶明子君登壇)
◆2番(永冶明子君) おはようございます。
 提案されている26議案のうち、日本共産党市議団として次の7議案について、反対の立場で討論を行います。
 まず専第3号 専決処分の承認(各務原市税条例の一部を改正する条例)についてでございます。
 個人市民税の均等割非課税限度額について、控除対象配偶者または扶養親族を有する場合、加算額を20万円から19万円、所得割の非課税限度額も同様の場合、加算額を35万円から32万円に縮小するもので、課税枠を広げるものです。市税枠を拡大するということは、さらなる市民への税負担を課すことになります。増税につながる税整備には反対します。
 次に、議第61号 公共駐車場条例の一部を改正する条例について。
 JR那加駅前駐車場に無料枠がなく、駐車した時点から1時間ごとに100円の駐車料金を取るということになっています。市のほかの公共駐車場との整合性の意味からも公平ではなく、たとえ公共施設の周辺の駐車場と違って、商店の買い物客が利用するという理由であっても、商店街の振興という面で活性化に水を差すことになるのであり、市の進めているパーク・アンド・ライド構想からいっても、JR那加駅前の駐車場は公共の駐車場として無料にするべきだと思います。
 議第62号 各務原市税条例の一部を改正する条例についてです。
 今回の地方税法改定に伴う市税条例の改定は、地震保険料が所得控除されるという新たな一部改善面があります。しかし、大変な増税が含まれています。それは、定率減税廃止の問題です。
 今回の改正で現行の個人住民税所得割額の7.5%の減税が今年度で廃止されます。これで定率減税は半減しますね。そして、6月徴収分から2万円の限度額になります。そして、来年の6月徴収分から減税は全廃されて、実質、大きく増税となってきます。これによる各務原市での影響額は約3億4000万円にもなります。大変な増税です。所得税はことし1月から既に20%、限度額25万円の定率減税が半減されており、来年1月から全廃されます。定率減税の廃止は納税者にとって大変な負担増になる改正です。市民の家計を直撃する実質増税に市は独自の対策を講じるべきだと思います。市民にさらに重い税負担を課すものであり、これは容認できません。
 次に、議第64号 各務原市福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例についてです。
 市の福祉医療費助成について、母子及び寡婦福祉法の規定中に父子家庭と重度精神障害者を同項に加えた改正については評価したいと思います。
 しかし、第4条については、医療助成の入院時食事療養費の支給を廃止し、特定療養費の支給のみに限定するとしたことは、大変な医療費の負担がある中で入院患者の負担をさらに重くするだけでなく、在宅での負担の公平性を図るといっても、食事も療養の大切な治療の一環であり、これを削ることは市の食費の負担をされる方、400人おられると聞いておりますけれども、この方々に大きく負担を強いるものです。
 また、市費の影響額は2090万円ということです。重い負担にさらにのしかかる負担増で入院を控えなければならない事態が出てきます。この食費の支給を廃止することには賛成できません。
 議第66号 各務原市養護老人ホーム条例について。
 養護老人ホーム「慈光園」の改築移転に伴って、同ホームを指定管理者に管理させようというものです。市の行政が担うべき福祉業務、また市民の税金で建てた施設を民間に委託することは、公的サービスを後退させるものであることを、私たちは指摘しております。
 まず、この慈光園は、指定管理者制度の流れの中で、官から民へというかけ声で、法的事務事業を営利企業を含む民間に移管するための1つの制度で、住民サービスの向上を図るとしながら、一方で経費の縮減として行政コストの切り下げを求めています。その結果、市民福祉の増進という公の施設の目的にふさわしい住民サービスの向上が困難になったり、労働者の労働条件の切り下げが懸念されるなど、自治体の責任の後退につながりかねない問題があります。設置者としての責任を果たす立場から必要な指示を行い、指示に従わなければ指定を取り消すことができるというふうに答弁されております。
 この条例の第1条には、高齢者の心身の健康の保持及び生活の安定を図り、もって高齢者の福祉を推進するために設置するという目的がうたってあります。国が指定管理者制度を導入したねらいから見ても、この設置目的を達成するためには、自治体の役割は非常に大事になってきます。これに伴っての自治体の独自の施策をするべきだと思います。
 各務原市の養護老人ホーム「慈光園」の指定管理者制度導入については、反対をします。
 議第67号 消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてです。
 公務災害は補償額が減額されているものですけれども、この条例はもともと昭和41年に出された条例であり、既に30数年がたっていますが、補償額の価値も都市型災害の状況も、まず、今は大きく違うということ。それから、災害そのものが過去より減少しているというはずもなく、補償額が引き下げられるのは問題です。損害補償額が傷病補償年金、障害補償年金、遺族補償年金の額に連動して適用されていくというわけですから、この公務災害補償額の引き下げには反対します。
 次に、議第71号 各務原市立学校体育施設開放条例の一部を改正する条例についてです。
 桜丘中学校の屋外運動場の夜間照明施設の設置に伴って、その使用料を一気に無料から2200円に引き上げるものです。公共施設は市民がだれでも気軽に使える施設として、公共性からいっても我々は有料化は問題だと指摘してきました。照明設備の使用実費以外は、公共施設は無料化にすべきで、この改正案に反対します。以上です。
○議長(藤井国雄君) これをもって討論を終結いたします。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより採決を行います。
 最初におはかりいたします。専第1号並びに専第2号を原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、専第1号並びに専第2号は原案のとおり承認されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。専第3号を原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立多数であります。よって、専第3号は原案のとおり承認されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第54号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第54号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第55号から議第57号までの3案件を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第55号から議第57号までの3案件は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第58号を原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第58号は原案のとおり同意されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第59号並びに議第60号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第59号並びに議第60号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第61号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立多数であります。よって、議第61号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第62号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立多数であります。よって、議第62号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第63号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第63号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第64号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立多数であります。よって、議第64号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第65号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第65号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第66号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立多数であります。よって、議第66号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第67号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立多数であります。よって、議第67号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第68号から議第70号までの3案件を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第68号から議第70号までの3案件は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第71号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立多数であります。よって、議第71号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第72号を原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第72号は原案のとおり同意されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第73号を原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第73号は原案のとおり同意されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第76号から議第78号までの3案件を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第76号から議第78号までの3案件は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
△日程第28、議第74号並びに日程第29、議第75号
○議長(藤井国雄君) 日程第28、議第74号並びに日程第29、議第75号を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 20番 中村幸二君、23番 末松誠栄君、25番 横山隆一郎君、27番
 長縄博光君、28番 白木博君に申し上げます。本件は地方自治法第117条の規定に抵触いたしますので、議場からの退席を求めます。
  (20番 中村幸二君、23番 末松誠栄君、25番 横山隆一郎君、27番 長縄博光君、28
   番 白木博君退場)
        ───────────────────────────
△1、委員会付託省略(議第74号並びに議第75号)
○議長(藤井国雄君) おはかりいたします。ただいま議題の2案件については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題の2案件については、委員会付託を省略することに決しました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより討論に入りますが、討論の通告はありません。これをもって討論を終結いたします。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより採決を行います。
 最初におはかりいたします。議第74号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第74号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第75号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第75号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 20番 中村幸二君、23番 末松誠栄君、25番 横山隆一郎君、27番
 長縄博光君、28番 白木博君の除斥を解きます。
  (20番 中村幸二君、23番 末松誠栄君、25番 横山隆一郎君、27番 長縄博光君、28
   番 白木博君入場)
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより暫時休憩いたします。
(休憩) 午後10時34分
        ───────────────────────────
(再開) 午前10時35分
○議長(藤井国雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
        ───────────────────────────
△1、日程追加(議第79号から市議第6号まで)
○議長(藤井国雄君) ただいまお手元に配付したとおり議第79号から市議第6号までの3案件が提出されました。
 おはかりいたします。この際、議第79号から市議第6号までの3案件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) 御異議なしと認めます。よって、この際、議第79号から市議第6号までの3案件を日程に追加し、議題とすることに決しました。
        ───────────────────────────
△日程第1、議第79号から日程第3、市議第6号まで
○議長(藤井国雄君) 日程第1、議第79号から日程第3、市議第6号までの3案件を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 職員の朗読を省略し、提出者の説明を求めます。
 市長 森真君。
  (市長 森真君登壇)
◎市長(森真君) 本日、追加提出いたしました議案につきまして、提案理由を説明申し上げます。
 追加提出いたしました議案は、条例の制定1件、財産の取得1件の合計2案件であります。
 議第79号は、各務原市東ライフデザイン保健相談センターを新設するため、条例を制定しようとするものでございます。
 議第80号は、水槽付消防ポンプ自動車2台を指名競争入札により、日本機械工業株式会社
名古屋営業所から5594万4000円でもって取得しようとするものでございます。
 よろしく御審議の上、適切な御議決をいただきますようお願い申し上げます。
○議長(藤井国雄君) 続いて、市議第6号について、14番 角弘二君。
  (14番 角弘二君登壇)
◆14番(角弘二君) それでは市議第6号について、意見書の文案を朗読し、提案とさせていただきます。
            基地対策予算の増額等を求める意見書
 我が国には、多くの自衛隊や米軍の施設が所在しており、各地で基地施設の所在に起因する様々な問題が発生し、住民生活はもとより地域振興等に多大な影響を及ぼしている。
 そのため、基地施設周辺の市町村は、基地所在に伴う諸問題の解決に向けて鋭意努力しているところである。
 こうした基地関係市町村に対しては、固定資産税の代替的性格を基本とした基地交付金(国有提供施設等所在市町村助成交付金)及び基地交付金の対象外である米軍資産や住民税の非課税措置等の税財政上の影響を考慮した調整交付金(施設等所在市町村調整交付金)が交付されている。
 また、自衛隊等の行為又は防衛施設の設置・運用により生ずる障害の防止・軽減のため国の責任において基地周辺対策事業が実施されている。
 しかし、基地関係市町村の行財政運営は、基地所在に伴う特殊な財政需要の増大等により大変厳しい状況にあり、国による基地対策のさらなる充実が必要である。
 よって、国におかれては、基地関係市町村の実情に配慮して下記事項を実現されるよう強く要望する。
                    記
1 基地交付金及び調整交付金については、平成19年度予算において増額措置を講ずるとともに、基地交付金の対象資産を拡大すること
2 基地周辺対策経費の所要額を確保するとともに、各事業の補助対象施設及び範囲を拡大すること。特に、特定防衛施設周辺整備調整交付金については、平成19年度予算において増額措置を講ずること
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
平成18年6月23日
                             岐阜県各務原市議会
各関係行政庁 宛
 以上、議員の皆様の御賛同をよろしくお願い申し上げます。
○議長(藤井国雄君) 以上で説明は終わりました。
 なお、質疑の発言通告は本日午前10時55分までに御提出ください。
 これより議案精読のため、午前11時まで休憩いたします。
(休憩) 午前10時40分
        ───────────────────────────
(再開) 午前11時
○議長(藤井国雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより質疑に入りますが、質疑の通告はありません。
 これをもって質疑を終結いたします。
        ───────────────────────────
△1、委員会付託省略(議第79号から市議第6号まで)
○議長(藤井国雄君) おはかりいたします。ただいま議題の3案件については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題の3案件については、委員会付託を省略することに決しました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより討論を行います。討論はありませんか。
  (「議長、3番」と呼ぶ者あり)
○議長(藤井国雄君) 3番 波多野こうめ君。
  (3番 波多野こうめ君登壇)
◆3番(波多野こうめ君) 基地対策予算の増額等を求める意見書について、賛成の立場で討論を行います。
 憲法9条は国家の自衛権を否定していませんが、国権の発動たる戦争、武力による威嚇、武力の行使を放棄するだけでなく、陸・海・空軍その他の戦力を保持しないとして、一切の常備軍を持つことを禁止しています。
 自衛隊をこの憲法9条に照らすならば、憲法違反の存在であることは明確です。日本共産党は、憲法9条を完全に実施する立場です。憲法9条と自衛隊は矛盾していますが、現実に存在している自衛隊を一足飛びに解消することはできません。国民の合意を尊重しながら段階的に解消していくという立場です。ですから、自衛隊が一定の期間存在することは避けられないと考えています。
 こうした立場から、その自衛隊の施設が存在するがゆえに起きる諸問題を解決するための施策は当然必要なことです。あの広大な土地が都市として発展をすれば、どれほどの固定資産税を初め、その他の税収があることでしょう。それにかわる基地交付金ですから、それに見合う措置がされるのは当然のことです。
 よって、この意見書の提出は賛成をいたします。
○議長(藤井国雄君) これをもって討論を終結いたします。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) これより採決を行います。
 最初におはかりいたします。議第79号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第79号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。議第80号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、議第80号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(藤井国雄君) 続いておはかりいたします。市議第6号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(藤井国雄君) 起立全員であります。よって、市議第6号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
△1、可決した意見書の取り扱いについて
○議長(藤井国雄君) おはかりいたします。ただいま可決されました意見書の取り扱いについては、議長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(藤井国雄君) 御異議なしと認めます。よって、そのように取り計らいます。
        ───────────────────────────
△1、閉会
○議長(藤井国雄君) 以上で今期定例会に付議された事件はすべて議了いたしました。本日の会議はこれをもって閉じ、平成18年第2回各務原市議会定例会を閉会いたします。
(閉会) 午前11時5分
        ───────────────────────────
(閉会式)
◎議会事務局長(金武久) 御起立を願います。
 ただいまから平成18年第2回各務原市議会定例会の閉会式を行います。
◎市長(森真君) 閉会式に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本議会におきまして、議員各位におかれましては慎重な御審議をいただきまして、適切な御決定をちょうだいしましてありがとうございます。
 その執行につきましては、慎重に議員の皆さんの御意見を対しながら慎重に遂行するつもりでございます。
 なお、私は7月16日から20日まで、GDCNの第7回総会のため、中国の瀋陽市等に参りますので、御了解をお願いいたします。
 入梅の最中でございますが、だんだん暑くなってまいる昨今でございます。ぜひひとつ御健康に御留意いただきまして、皆様の御活躍を心から祈念申し上げまして、ごあいさつといたします。
○議長(藤井国雄君) 平成18年第2回各務原市議会定例会が閉会するに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 去る6月6日から本日まで18日間、補正予算を初め、重要な案件に適切な御審議をいただきまして、まことにありがとうございました。その間、議員各位におかれましては、円満な議会運営に御協力、御指導賜りまして、本日無事に終了することができました。心から感謝を申し上げる次第でございます。
 執行部におかれましても、期間中、多くの意見や御要望がございました。そのことを十分御留意いただきまして、執行されますよう要望をいたしたいと思います。
 梅雨も間もなく明けることと思います。また暑い夏がやってまいりますけれども、議員各位におかれましては健康に十分御留意をされまして、15万市民の幸せ、そして市勢の発展のためにますますの御活躍を御祈念申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。長い間、ありがとうございました。
◎議会事務局長(金武久) これをもちまして閉会式を終わります。
        ───────────────────────────
 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

           各務原市議会議長     藤 井 国 雄


           各務原市議会議員     梅 田 利 昭


           各務原市議会議員     浅 野 健 司