議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成17年第 7回定例会−11月24日-01号




平成17年第 7回定例会
各務原市告示第123号
 平成17年第7回各務原市議会定例会を次のとおり招集する。
  平成17年11月17日
                          各務原市長  森    真
1 期  日  平成17年11月24日
2 場  所  各務原市議会議事堂


         平成17年第7回各務原市議会定例会会議録(第1日目)

          議   事   日   程   (第1号)
                     平成17年11月24日(木曜日)午前10時開議
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.会期の決定
日程第 3.認第  8号 平成16年度各務原市一般会計決算の認定
日程第 4.認第  9号 平成16年度各務原市国民健康保険事業特別会計決算の認定
日程第 5.認第 10号 平成16年度各務原市老人保健特別会計決算の認定
日程第 6.認第 11号 平成16年度各務原市介護保険事業特別会計決算の認定
日程第 7.認第 12号 平成16年度各務原市下水道事業特別会計決算の認定
日程第 8.議第109号 平成17年度各務原市一般会計補正予算(第5号)
日程第 9.議第110号 平成17年度各務原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
日程第10.議第111号 平成17年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
日程第11.議第112号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第12.議第113号 各務原市集会場設置条例の一部を改正する条例
日程第13.議第114号 各務原市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例
日程第14.議第115号 各務原市福祉センター条例の一部を改正する条例
日程第15.議第116号 各務原市総合福祉会館条例の一部を改正する条例
日程第16.議第117号 各務原市福祉の里条例の一部を改正する条例
日程第17.議第118号 各務原市川島健康福祉センター条例の一部を改正する条例
日程第18.議第119号 各務原市高齢者生きがいセンター稲田園条例の一部を改正する条例
日程第19.議第120号 各務原市高齢者生きがいセンター川島園条例の一部を改正する条例
日程第20.議第121号 各務原市火葬場及び霊柩車条例
日程第21.議第122号 各務原勤労者野外活動施設の管理運営に関する条例の一部を改正する条例
日程第22.議第123号 各務原共同福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
日程第23.議第124号 各務原市産業会館条例の一部を改正する条例
日程第24.議第125号 各務原市公民館条例の一部を改正する条例
日程第25.議第126号 各務原市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例
日程第26.議第127号 各務原市体育施設条例の一部を改正する条例
日程第27.議第128号 各務原市民プール条例の一部を改正する条例
日程第28.議第129号 各務原市文化会館条例の一部を改正する条例
日程第29.議第130号 各務原市立学校体育施設開放条例
日程第30.議第131号 各務原市総合教育メディアセンター設置条例の一部を改正する条例
日程第31.議第132号 各務原市パターゴルフ場設置条例の一部を改正する条例
日程第32.議第133号 川島町の編入に伴う各務原市水道事業給水条例の適用の経過措置に関する条例の一部を改正する条例
日程第33.議第134号 証明書の交付等に関する事務の委託に関する協議
日程第34.議第135号 岐阜県市町村会館組合を組織する市町村数の増減
日程第35.議第136号 町の区域及び名称の変更
日程第36.議第137号 工事請負契約の変更((仮称)新小網橋橋梁整備事業上部工工事)
日程第37.議第138号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市鵜沼三ツ池集会場ほか27施設)
日程第38.議第139号 公の施設の指定管理者の指定(学びの森駐車場ほか2施設)
日程第39.議第140号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市総合福祉会館ほか13施設)
日程第40.議第141号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市福祉の里)
日程第41.議第142号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市商工振興センターほか3施設)
日程第42.議第143号 公の施設の指定管理者の指定(各務原勤労者野外活動施設いこいの広場伊木の森)
日程第43.議第144号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市総合体育館ほか15施設)
日程第44.議第145号 公の施設の指定管理者の指定(各務原リバーサイド21)
日程第45.議第146号 市道路線の認定(市道蘇北743号線ほか3路線)
日程第46.議第147号 市道路線の認定(市道川1374号線ほか3路線)
日程第47.議第148号 市道路線の廃止及び認定(市道那762号線ほか15路線)
日程第48.議第149号 市道路線の廃止(市道鵜247号線)
日程第49.議第150号 各務原市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
日程第50.議第151号 各務原市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
日程第51.市議第 8号 議員派遣の件(市議会だより編集に関する調査)
日程第52.請願第 3号 個人所得課税における各種控除の縮小を行わないことを求める請願
日程第53.請願第 4号 乳幼児の予防接種・歯科検診・健康診査などの会場増設についての請願
日程第54.休会期間の決定

〇諸般の報告
1、議案の提出
1、専決処分の報告
1、例月出納検査の結果
1、定期監査の結果
1、議員派遣
1、請願の提出
1、陳情等の提出
1、さきの定例会において議決された意見書の処理結果の報告

〇本日の会議に付した事件
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.会期の決定
日程第 3.認第  8号 平成16年度各務原市一般会計決算の認定
日程第 4.認第  9号 平成16年度各務原市国民健康保険事業特別会計決算の認定
日程第 5.認第 10号 平成16年度各務原市老人保健特別会計決算の認定
日程第 6.認第 11号 平成16年度各務原市介護保険事業特別会計決算の認定
日程第 7.認第 12号 平成16年度各務原市下水道事業特別会計決算の認定
日程第 8.議第109号 平成17年度各務原市一般会計補正予算(第5号)
日程第 9.議第110号 平成17年度各務原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
日程第10.議第111号 平成17年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
日程第11.議第112号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第12.議第113号 各務原市集会場設置条例の一部を改正する条例
日程第13.議第114号 各務原市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例
日程第14.議第115号 各務原市福祉センター条例の一部を改正する条例
日程第15.議第116号 各務原市総合福祉会館条例の一部を改正する条例
日程第16.議第117号 各務原市福祉の里条例の一部を改正する条例
日程第17.議第118号 各務原市川島健康福祉センター条例の一部を改正する条例
日程第18.議第119号 各務原市高齢者生きがいセンター稲田園条例の一部を改正する条例
日程第19.議第120号 各務原市高齢者生きがいセンター川島園条例の一部を改正する条例
日程第20.議第121号 各務原市火葬場及び霊柩車条例
日程第21.議第122号 各務原勤労者野外活動施設の管理運営に関する条例の一部を改正する条例
日程第22.議第123号 各務原共同福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
日程第23.議第124号 各務原市産業会館条例の一部を改正する条例
日程第24.議第125号 各務原市公民館条例の一部を改正する条例
日程第25.議第126号 各務原市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例
日程第26.議第127号 各務原市体育施設条例の一部を改正する条例
日程第27.議第128号 各務原市民プール条例の一部を改正する条例
日程第28.議第129号 各務原市文化会館条例の一部を改正する条例
日程第29.議第130号 各務原市立学校体育施設開放条例
日程第30.議第131号 各務原市総合教育メディアセンター設置条例の一部を改正する条例
日程第31.議第132号 各務原市パターゴルフ場設置条例の一部を改正する条例
日程第32.議第133号 川島町の編入に伴う各務原市水道事業給水条例の適用の経過措置に関する条例の一部を改正する条例
日程第33.議第134号 証明書の交付等に関する事務の委託に関する協議
日程第34.議第135号 岐阜県市町村会館組合を組織する市町村数の増減
日程第35.議第136号 町の区域及び名称の変更
日程第36.議第137号 工事請負契約の変更((仮称)新小網橋橋梁整備事業上部工工事)
日程第37.議第138号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市鵜沼三ツ池集会場ほか27施設)
日程第38.議第139号 公の施設の指定管理者の指定(学びの森駐車場ほか2施設)
日程第39.議第140号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市総合福祉会館ほか13施設)
日程第40.議第141号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市福祉の里)
日程第41.議第142号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市商工振興センターほか3施設)
日程第42.議第143号 公の施設の指定管理者の指定(各務原勤労者野外活動施設いこいの広場伊木の森)
日程第43.議第144号 公の施設の指定管理者の指定(各務原市総合体育館ほか15施設)
日程第44.議第145号 公の施設の指定管理者の指定(各務原リバーサイド21)
日程第45.議第146号 市道路線の認定(市道蘇北743号線ほか3路線)
日程第46.議第147号 市道路線の認定(市道川1374号線ほか3路線)
日程第47.議第148号 市道路線の廃止及び認定(市道那762号線ほか15路線)
日程第48.議第149号 市道路線の廃止(市道鵜247号線)
日程第49.議第150号 各務原市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
日程第50.議第151号 各務原市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
日程第51.市議第 8号 議員派遣の件(市議会だより編集に関する調査)
日程第52.請願第 3号 個人所得課税における各種控除の縮小を行わないことを求める請願
日程第53.請願第 4号 乳幼児の予防接種・歯科検診・健康診査などの会場増設についての請願
日程第54.休会期間の決定

〇出席議員(27名)
                    1 番   横 山 富士雄  君
                    2 番   永 冶 明 子  君
                    3 番   波多野 こうめ  君
                    4 番   梅 田 利 昭  君
                    5 番   浅 野 健 司  君
                    6 番   川 瀬 勝 秀  君
                    7 番   高 島 貴美子  君
                    8 番   太 田 松 次  君
                    9 番   吉 岡   健  君
                   10 番   尾 関 光 政  君
                   11 番   三 和 由 紀  君
                   13 番   神 谷 卓 男  君
                   14 番   角   弘 二  君
                   15 番   三 丸 文 也  君
                   16 番   古 田 澄 信  君
                   17 番   今 尾 泰 造  君
                   18 番   関   浩 司  君
                   19 番   阿 部 靖 弘  君
                   20 番   中 村 幸 二  君
                   21 番   平 松 幹 正  君
                   22 番   小 島 軍 司  君
                   23 番   末 松 誠 栄  君
                   24 番   藤 井 国 雄  君
                   25 番   横 山 隆一郎  君
                   26 番   川 島 勝 弘  君
                   27 番   長 縄 博 光  君
                   28 番   白 木   博  君

〇欠席議員(なし)

〇欠員(1名)12番

〇説明のため出席した者の職氏名
              市長          森     真  君
              助役          五 藤   勲  君
              収入役         河 田 昭 男  君
              都市戦略企画推進部長  松 岡 秀 人  君
              総務部長        五 島 仁 光  君
              市民部長        熊 崎 敏 雄  君
              環境部長        臼 井 壮 一  君
              健康福祉部長      紙 谷   清  君
              産業部長        岡 部 秀 夫  君
              都市建設部長      大 中 武 易  君
              文化創造部長      岩 井 晴 栄  君
              水道部長        飯 沼 一 義  君
              監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長兼公
              平委員会書記長     竹 山 幸 市  君
              教育長         高 根 靖 臣  君
              消防長         梶 浦 信 雄  君
              川島振興事務所長    野 田 凱 夫  君
              都市戦略企画課長    磯 谷   均  君
              財政課長        目 貫   誠  君
              総務部次長兼総務課長  星 野 正 彰  君
              選挙管理委員会委員長  川 嶋 棟 治  君
              代表監査委員      永 田 義 孝  君
              教育委員会委員長    横 山 勢津男  君

〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      金 武   久
              総務課長        後 藤 秀 人
              主任主査兼議事調査係長 山 下 幸 二
              主任主査        土 川   孝
              主査          小 川   晃
        ───────────────────────────
(開会式)
◎議会事務局長(金武久) 御起立を願います。
 ただいまから平成17年第7回各務原市議会定例会の開会式を行います。
 森市長からごあいさつをいただきます。
◎市長(森真君) おはようございます。
 第7回の定例議会をお願いしましたところ、議員各位におかれましては、全員の方が御出席賜りましてありがとうございます。後ほど提出申し上げる議案はいずれも大事な議案でございますので、よろしく御審議の上、適切な御決定を賜りたいと存じます。どうぞよろしくお願いします。
◎議会事務局長(金武久) 小島議長がごあいさつ申し上げます。
○議長(小島軍司君) おはようございます。
 平成17年の第7回定例会の開催に当たりまして、招集されましたところ、議員全員の方の御出席を得ましたこと、厚く御礼を申し上げます。
 今、市長からもお話がありましたように、大変重要な案件ばかりでございます。どうか慎重に御審議の上、適切な御議決を賜りますようお願い申し上げますとともに、円滑な議会運営に御協力をいただきますようお願いを申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いします。
◎議会事務局長(金武久) これをもちまして開会式を終わります。
 御着席願います。
        ───────────────────────────
△1、開会
(開会) 午前10時2分
○議長(小島軍司君) ただいまから平成17年第7回各務原市議会定例会を開会し、本日の会議を開きます。
        ───────────────────────────
△1、諸般の報告
○議長(小島軍司君) 日程に先立って、諸般の報告を職員にいたさせます。
        ───────────────────────────
(職員報告)
1、議案の提出
 市長から、本日付をもって、認第8号から認第12号、議第109号から議第151号までの48案件の提出がありました。
1、専決処分の報告
 市長から、地方自治法第180条の規定により、損害賠償の額を定めることについて専決処分した報告が2件ありました。
 内容については、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、例月出納検査の結果
 監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、平成17年度8月分、9月分の例月出納検査を執行した結果の報告がありました。
 内容については省略させていただきます。
1、定期監査の結果
 監査委員から、地方自治法第199条第9項の規定により、平成17年度第2回から第4回定期監査を執行した結果の報告がありました。
 内容については省略させていただきます。
1、議員派遣
 10月7日から8日までの2日間、敦賀市で開催された各務原市・敦賀市議会親善交流会への議員の参加について、各務原市議会会議規則第157条第1項のただし書きの規定により、議長において議員派遣を決定しました。
 また、11月11日に関市で開催された中濃十市議会議員研修会への議員の参加について、各務原市議会会議規則第157条第1項のただし書きの規定により、議長において議員派遣を決定しました。
 内容については省略させていただきます。
1、請願の提出
 岐阜市鶴田町3丁目7番11号、日本労働組合総連合会岐阜県連合会 会長 柴田和男氏から「個人所得課税における各種控除の縮小を行わないことを求める請願」が、各務原市那加楽天地町28、新日本婦人の会各務原支部 代表者 今尾あさ子氏ほか2名から「乳幼児の予防接種・歯科検診・健康診査などの会場増設についての請願」の提出がありました。
 内容については、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、陳情等の提出
 岐阜市六条江東2丁目5番6号、岐阜県木材利用推進協議会 会長 瀬上和雄氏ほか1名から「木材の利用推進に関する要望」が、岐阜市六条大溝4丁目13番6号、岐阜県環境整備事業協同組合 理事長 玉川福和氏から「防災対策に関する具体的要望」の提出がありました。
 内容については、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、さきの定例会において議決された意見書の処理結果の報告
 さきの定例会において議決された「道路特定財源制度の堅持に関する意見書」は、各関係行政庁あてに送付いたしました。
 送付先については、お手元に配付した報告書のとおりであります。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 以上で諸般の報告を終わります。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 本日の日程は、お手元に配付したとおり定めました。
        ───────────────────────────
△日程第1、会議録署名議員の指名
○議長(小島軍司君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員には、会議規則第80条の規定により、議長において2番 永冶明子君、3番 波多野こうめ君の両君を指名いたします。
        ───────────────────────────
△日程第2、会期の決定
○議長(小島軍司君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 おはかりいたします。今期定例会の会期は、本日から12月19日までの26日間と定めたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(小島軍司君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から12月19日までの26日間と決しました。
        ───────────────────────────
△日程第3、認第8号から日程第48、議第149号まで
○議長(小島軍司君) 日程第3、認第8号から日程第48、議第149号までの46案件を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 職員の朗読を省略し、提出者の説明を求めます。
 市長 森真君。
  (市長 森真君登壇)
◎市長(森真君) 平成17年第7回各務原市議会定例会に提出いたしました議案につきまして、提案理由を御説明申し上げます。
 今回提出いたしました議案は、
 ・決算の認定               5件
 ・予算の補正               3件
 ・人事の案件               1件
 ・条例の制定・改正            23件
 ・事務委託の協議             1件
 ・一部事務組合の組織市町村数の増減    1件
 ・町の区域及び名称の変更         1件
 ・工事請負契約の変更           1件
 ・指定管理者の指定            8件
 ・市道路線の認定・廃止          4件
の合計48案件でございます。
 まず、認第8号から認第12号までの5案件は、平成16年度の一般会計及び特別会計の各決算について認定を得ようとするものでございます。
 平成16年度は、三位一体改革の影響等により、地方財政が極めて厳しい状況にございましたが、本市は平成16年11月に合併し、新市建設計画、新総合計画に基づく施策・事業を積極的に推進して、健全財政を保ちながら元気な各務原市を目指してまいりました。
 特に、学びの森整備事業を初めとして、新小網橋整備事業、鵜沼駅周辺市街地整備事業などの都市基盤整備や少子化社会に対応した子ども館整備事業、公立保育所空調整備事業など、また、教育環境整備である養護学校建設事業、小・中学校トイレ改造事業など、さらに大交流都市を実現させた「冬のソナタ春川物語」開催など、施策・事業の推進に努めたところでございます。
 それぞれの会計における収入済額、支出済額及びその差引残額を申し上げます。
 認第8号の一般会計決算は、
 ・収入済額        441億6868万3837円
 ・支出済額        420億582万8133円
 ・差引残額        21億6285万5704円
 認第9号の国民健康保険事業特別会計決算は、
 ・収入済額        112億1276万9253円
 ・支出済額        102億5883万5802円
 ・差引残額        9億5393万3451円
 認第10号の老人保健特別会計決算は、
 ・収入済額        91億5021万2581円
 ・支出済額        91億3292万8319円
 ・差引残額          1728万4262円
 認第11号の介護保険事業特別会計決算は、
 ・収入済額        51億4188万1738円
 ・支出済額        51億2855万5843円
 ・差引残額          1332万5895円
 認第12号の下水道事業特別会計決算は、
 ・収入済額        42億6518万8595円
 ・支出済額        41億6372万1482円
 ・差引残額         1億146万7113円
 となっています。
 なお、各会計における事務及び事業の実績並びに主要施策の成果につきましては、別冊の決算認定資料に取りまとめております。
 また、今回の決算の提出に先立ちまして、各務原市監査委員の御審査をいただき、その結果につきましては、別冊の決算審査意見書として報告されておりますので、御審議のほどお願い申し上げます。
 次に、議第109号から議第111号までの3案件は、予算の補正に関するものであります。
 議第109号は、平成17年度一般会計補正予算(第5号)を定めようとするもので、アスベスト対策費を初め、公共施設予約システム端末整備費、JR那加駅前広場整備費など、当面の行政需要に対応するため、歳入歳出予算、繰越明許費、債務負担行為及び地方債の補正を行うものでございます。
 歳入におきましては、
 ・国庫支出金                減額 3902万3000円
 ・県支出金                 減額 5463万8000円
 ・繰入金                減額 1億1037万6000円
 ・繰越金                   4億2199万2000円
 ・市債                        5950万円
などを計上しています。
 一方、歳出におきましては、
 ・職員給与費等             減額 1億1037万6000円
 ・アスベスト対策事業費              5947万4000円
 ・公共施設予約システム端末整備費         451万9000円
 ・更木保育所空調等整備事業費           1億1200万円
 ・福祉医療対策費                 1億2920万円
 ・JR那加駅前広場整備費                840万円
などを計上しています。
 この結果、一般会計の予算規模は、2億7855万5000円を追加し、補正後の予算総額は396億6443万1000円となります。
 繰越明許費につきましては、市庁舎公用車車庫改修事業ほか4件を翌年度に繰り越して実施しようとするものであります。
 債務負担行為の補正につきましては、養護老人ホーム慈光園建設事業ほか3件を追加するものでございます。
 地方債の補正につきましては、減税補てん債及び臨時財政対策債の額の確定により変更するものでございます。
 議第110号は、平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を定めようとするもので、一般被保険者、退職者被保険者に係る療養給付費の増により、歳入歳出ともに4億2558万円を追加し、補正後の予算総額を116億9715万円としています。
 議第111号は、平成17年度下水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めようとするもので、管渠布設事業の推進等のため、歳入歳出ともに156万7000円を追加し、補正後の予算総額を42億5754万円としています。
 議第112号は、人権擁護委員 中野渡厚子氏の任期が平成18年3月31日に満了するため、再び同氏をその候補者に推薦しようとするものであります。
 同氏は、人権の尊重、擁護につきましての理解があり、その職に適任であると存じます。
 次に、議第113号から議第133号までの21案件は、条例の制定・改正に関するものでございます。
 議第113号は、那加前野地区の集会場の新設に伴い、その名称及び位置を定めるため、議第114号は、長期継続契約を締結することができる契約を定めるため、条例を制定・改正しようとするものでございます。また、公の施設の管理を指定管理者に行わせるに当たり、指定管理者が行う管理の基準等を整備するため、議第115号は、福祉センターにつき、議第116号は、総合福祉会館につき、議第117号は、福祉の里につき、議第118号は、川島健康福祉センターにつき、議第122号は、勤労者野外活動施設につき、議第123号は、共同福祉施設につき、議第124号は、産業会館につき、議第127号は、体育施設につき、議第132号は、パターゴルフ場につき、それぞれ条例を改正しようとするものであります。
 また、議第119号は、高齢者生きがいセンター稲田園の利用料金を改めるため、議第120号は、高齢者生きがいセンター川島園の使用料を改めるため、議第121号は、市営斎場の新設等に伴い、その名称、位置、使用料等を定めるため、議第125号は、各務原市東ライフデザインセンターを設置する等のため、議第126号は、勤労青少年ホームの使用料等を定めるため、議第128号は、各務原市民プールの使用料を改めるため、議第129号は、文化会館の使用料等を改めるため、議第130号は、学校の体育施設を開放し、社会体育活動等の利用に供するため、議第131号は、総合教育メディアセンターの使用料を改めるため、議第133号は、川島地区における水道料金を改めるため、それぞれ条例を制定・改正しようとするものでございます。
 次に、議第134号及び議第135号の2案件は、平成18年3月27日付で養老郡上石津町及び安八郡墨俣町が合併により廃止されることに伴うもので、議第134号は、証明書の交付等に関する事務の委託を廃止するものであり、議第135号は、岐阜県市町村会館組合を組織する市町村数を変更するものであります。
 議第136号は、テクノプラザ2期開発事業に伴い、同事業区域内の町の区域及び名称を変更するものです。
 議第137号は、(仮称)新小網橋橋梁整備事業上部工工事の請負契約を変更しようとするものであります。
 次に、議第138号から議第145号までの8案件は、公の施設の指定管理者の指定に関するもので、議第138号は、各務原市鵜沼三ツ池集会場ほか27施設について、三ツ池区連合自治会ほか27団体を、議第139号は、学びの森駐車場ほか2施設について名鉄協商株式会社を、議第140号は、各務原市総合福祉会館ほか13施設について財団法人各務原市施設振興公社を、議第141号は、各務原市福祉の里について社会福祉法人各務原市社会福祉事業団を、議第142号は、各務原市商工振興センターほか3施設について財団法人各務原市施設振興公社を、議第143号は、各務原勤労者野外活動施設について財団法人各務原市施設振興公社を、議第144号は、各務原市総合体育館ほか15施設について財団法人各務原市施設振興公社を、議第145号は、各務原リバーサイド21について財団法人各務原市施設振興公社を、それぞれ指定管理者に指定しようとするものです。
 次に、議第146号から議第149号までの4案件は、市道路線の認定・廃止に関するものでございます。
 議第146号は、新たに設置する道路を、議第147号は、開発行為により設置された道路をそれぞれ市道として認定しようとするものでございます。
 議第148号は、商業拠点の形成に伴い市道路線の再編成をするため、それぞれ市道の廃止及び認定をしようとするものでございます。
 議第149号は、路線の一部が道路の用に供されていない市道を廃止しようとするものでございます。
 よろしく御審議の上、適切な御議決を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(小島軍司君) 続いて、監査委員から決算審査の意見並びにその経過について報告を求めます。
 代表監査委員 永田義孝君。
  (代表監査委員 永田義孝君登壇)
◎代表監査委員(永田義孝君) 監査委員を代表いたしまして、平成16年度一般会計・特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況の審査結果について、御報告申し上げます。
 市長から審査に付されました平成16年度一般会計・特別会計歳入歳出決算及び基金の運用状況につきましては、定期監査等の結果を参考にして、さらに抽出による現地調査を行い、総括的な審査を慎重に実施してまいりました。その結果、書類はいずれも関係法令に準拠して作成され、計数は関係諸帳簿と符合し、正確であることを確認いたしました。また、予算の執行状況はおおむね適正かつ効率的に執行されているものと認められました。
 しかしながら、歳入財源の根幹をなす市税につきましては、一部景気回復の兆しがあるものの、昨今の厳しい経済状況下では多くの増収は期待できず、また国の三位一体改革による地方交付税、国庫補助金などの収入減が見込まれます。
 一方、歳出におきましては、扶助費などの義務的経費が増加傾向にあり、保育・教育、高齢者福祉、未来への基盤整備など、多様化する行政需要が増大し、財政環境は極めて厳しい状況が続くものと予想されます。
 したがいまして、今後の行財政運営につきましては、このような状況を十分に認識して、引き続き、新総合計画及び新市建設計画に基づく施策の推進と、積極的な行財政改革を行い、真に必要な行政サービスのさらなる向上を図り、市民福祉の増進により一層努められますよう要望する次第であります。
 なお、審査の結果につきましては、別冊の審査意見書を提出いたしておりますので、御参照のほど、よろしくお願いいたします。
 以上をもちまして、決算審査の経過についての報告といたします。
○議長(小島軍司君) 以上で説明並びに報告は終わりました。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) なお、質疑の発言通告書は11月29日午前10時までに御提出ください。
        ───────────────────────────
△日程第49、議第150号から日程第51、市議第8号まで
○議長(小島軍司君) 日程第49、議第150号から日程第51、市議第8号までの3案件を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 職員の朗読を省略し、提出者の説明を求めます。
 市長 森真君。
  (市長 森真君登壇)
◎市長(森真君) 議第150号及び議第151号は、条例の改正に関するものでありまして、本年の人事院勧告に基づいて実施されます国家公務員の給与改定に準じて、議第150号は、常勤の特別職職員の期末手当の支給割合を改めるため、議第151号は、職員の給料の額等を改めるため、それぞれ条例を改正しようとするものであります。
 よろしく御審議の上、適切な御議決を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(小島軍司君) 続いて、市議第8号について、18番 関浩司君。
  (18番 関浩司君登壇)
◆18番(関浩司君) 市議第8号 議員派遣の件について提案理由を説明いたします。
 市議第8号は、市議会だよりの編集に関する調査のため千葉県富津市へ、平成18年1月24日から25日までの2日間、尾関光政議員、吉岡健議員、横山富士雄議員、永冶明子議員、梅田利昭議員、三和由紀議員を派遣しようとするものでございます。
 議員各位の御賛同をよろしくお願いいたします。
○議長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。
 なお、質疑の発言通告書は本日午前10時45分までに御提出ください。
 これより議案精読のため、午前10時50分まで休憩いたします。
(休憩) 午前10時27分
        ───────────────────────────
(再開) 午前10時53分
○議長(小島軍司君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) これより質疑を行います。
 質疑の通告がありますので、発言を許します。
 17番 今尾泰造君。
  (17番 今尾泰造君質問席へ)
◆17番(今尾泰造君) 先議議案について質疑します。
 議第150号、常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてです。
 期末手当の支給割合を17年度、18年度にわたって引き上げるものです。この結果、特別職職員の期末手当は、額としてはそれぞれどう引き上がるのか説明してください。また、特別職職員や議員の給与や報酬の改定に当たっては、審議会で検討がされています。したがって、本法の改正があったからということだけでは済まないと考えますが、対応されたのか、お尋ねします。
 次は、議第151号、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてです。
 ここでは、扶養手当が引き下げられて、一方、勤勉手当は支給割合が引き上げられています。しかし、給与については、国家公務員に準じて0.3%引き下げられています。しかも、ことしの4月にさかのぼっての引き下げですが、不利益の不遡及という原則からいって問題があると考えますが、どう考えるかお尋ねします。職員にとって不利益となる今回の給与の引き下げについては、職員の理解を得るためにどんな手だてや努力がされたのか、理解は得られたのかお尋ねします。
○議長(小島軍司君) 総務部長 五島仁光君。
  (総務部長 五島仁光君登壇)
◎総務部長(五島仁光君) 議第150号及び議第151号の御質疑にお答えをいたします。
 まず最初に、議第150号に関します特別職の期末手当の額の引き上げについてでございますが、市長につきましては4万9950円、助役につきましては4万1700円、収入役につきましては3万6350円、この条例に準じて改正されます教育長につきましては3万2950円、議長につきましては2万8500円、副議長は2万6000円、議員は2万4250円という額になります。
 なお、特別職報酬等審議会にかける必要があるのではという御質疑でございますが、この審議会につきましては、市長の諮問に応じて、その時点の社会経済情勢等を踏まえて報酬の額について審議をするために開催されるものでございますが、今回の改定につきましては人事院勧告に準じて実施をするものでございまして、勧告そのものが社会経済情勢を反映したものであると考えており、審議会の諮問を省略いたしております。
 次に、151号に関する質疑の方でございますが、今回の12月期の期末手当に関する特例措置につきましては、年間における官民給与の均衡を図るために、給与条例の改正後の実施後に支給されます12月期の期末手当の額を将来に向かって調整するものでございまして、過去の条例そのものを改正するものではないということから、不利益不遡及の原則には反しないものであると考えておりますし、人事院勧告に基づきます給与改定につきましては、従来より職員組合の合意を得ていると考えております。以上でございます。
  (「議長、再質疑」と呼ぶ者あり)
○議長(小島軍司君) 17番 今尾泰造君。
◆17番(今尾泰造君) 答弁が漏れておりましたので、151号については、職員の給与にマイナスさせるという中身だけに、職員への説明、そして理解が得られたかどうかということは、今お聞きしなかったように思いましたので、もう一度その点をお尋ねいたします。
 そして、やっぱりさかのぼるわけですから、利益についてはさかのぼっても、不利益の不遡及というのは正しくないわけですね。遡及しての引き下げになるということは現実ですから、その内容はどんな理由をつけても不遡及の原則からいうと問題があると思うんですが、その点で遡及しているということにはならないんですか。給与のマイナスするということでは、遡及しているというふうにはとらえておられないんでしょうか。
 それから、150号の特別職の問題です。
 これは、法律でもって値上げを内容とした改正が行われたわけですけれども、一方で、職員が給与のマイナスということがされるわけですから、ひとり特別職だけが本法に基づいて値上げをするということ、引き上げをされるということであれば、改めてマイナスするということも検討されてしかるべきだと思うんです。そういう点での、上げることだけが報酬審議会の役割ではないと思います。マイナスするということもあり得るわけですから、その点での検討は必要じゃなかったのかどうか、お尋ねします。
○議長(小島軍司君) 総務部長 五島仁光君。
◎総務部長(五島仁光君) まず職員に周知を図ったかどうかということでございますが、先ほど答弁をいたしたとおりでございまして、職員の代表者であります組合との協議をしております。
 それから、150号の特別職の報酬審議会にかける必要があるのではないかということにつきましては、先ほど答弁をいたしたとおりでございます。以上でございます。
  (「議長、再質疑」と呼ぶ者あり)
○議長(小島軍司君) 17番 今尾泰造君。
◆17番(今尾泰造君) 職員の理解の徹底ということで、今部長は協議をされたと言われましたんで、私が間違えているのかもしれませんけれども、文書でもっての通知だということを聞いたんですけど、それは事実誤認ですか、お尋ねします。
○議長(小島軍司君) 総務部長 五島仁光君。
◎総務部長(五島仁光君) 組合との交渉の中での口頭による通知でございます。
○議長(小島軍司君) これをもって質疑を終結いたします。
        ───────────────────────────
△1、委員会付託省略(議第150号から市議第8号まで)
○議長(小島軍司君) おはかりいたします。ただいま議題の3案件については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(小島軍司君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題の3案件については委員会付託を省略することに決しました。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) これより討論を行います。討論はありませんか。
  (「議長、17番」と呼ぶ者あり)
○議長(小島軍司君) 17番 今尾泰造君。
  (17番 今尾泰造君登壇)
◆17番(今尾泰造君) 先議議案に対する反対討論を行います。
 議第150号、常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例及び議第151号、
職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について反対し、討論を行います。
 現在、小泉内閣は公務員の大幅削減、賃下げを打ち出すなど、公務員攻撃を強めています。今回の職員給与の引き下げは、その動きの具体化です。官民較差の相当分の解消と言っていますが、それは次の民間給与の引き下げをつくり出す口実なることは、2年前の給与引き下げの際と同様です。まずは、不利益の不遡及の原則からいっても、今回の給与引き下げは問題です。しかも、こうした重要な職員給与の引き下げを職員組合とも話し合いがされていないことは、市長の市政運営の最も大事な協力者である職員を大事にしていないことです。また、職員給与は引き下げを行いながら、特別職職員については引き上げているのですから、これは理屈に合いません。職員に痛みを強要するのなら、特別職も痛みを分かち合うべきであって、これでは職員の納得も同意も得られるものではありません。したがって、これらの議案には反対をします。
○議長(小島軍司君) これをもって討論を終結いたします。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) これより採決を行います。
 最初におはかりいたします。議第150号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(小島軍司君) 起立多数であります。よって、議第150号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 続いておはかりいたします。議第151号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(小島軍司君) 起立多数であります。よって、議第151号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 続いておはかりいたします。市議第8号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(小島軍司君) 起立全員であります。よって、市議議8号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
△日程第52、請願第3号並びに日程第53、請願第4号
○議長(小島軍司君) 日程第52、請願第3号並びに日程第53、請願第4号を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 職員の朗読を省略し、紹介議員の説明を求めます。
 最初に、請願第3号について、20番 中村幸二君。
  (20番 中村幸二君登壇)
◆20番(中村幸二君) 請願第3号 個人所得課税における各種控除の縮小を行わないことを求める請願につきまして、請願趣旨を朗読し、提案にかえさせていただきます。
〔請願趣旨及び請願事項〕
 政府税制調査会の基本問題小委員会は、本年6月に「個人所得に関する論点整理」を取りまとめました。今後、この論点整理に基づき、2006年度以降の税制改正案が検討されることとなりました。
 しかし、上記「論点整理」は給与所得控除の縮小、特定扶養控除及び配偶者特別控除の廃止など、勤労者世帯を中心に大規模な増税につながる内容が列挙されています。特に、給与所得控除については、給与生計者の必要経費概算控除という性格にとどまらず、資産所得等との担税力格差に配慮した控除であること等をかんがみれば、安易に縮小してはならないと考えます。
 家計の税・保険料負担は、年金保険料、雇用保険料の引き上げ、老年者控除及び配偶者特別控除の廃止など、ここ数年の税制や社会保障制度の改定によって年々重くなっている。さらに、2006年1月からは所得税及び住民税の「定率減税」が縮小される予定であります。定率減税及び各種所得控除の縮小が地域住民の暮らしを直撃することにより、消費を冷え込ませ、ひいては地域経済の回復基調の足取りに深刻な影響を及ぼすことが強く懸念されています。
 各種控除の縮小・廃止に言及する前に、まず着実な景気回復により税収の自然増を図るとともに、歳出削減を初め国民が納得できる歳出構造改革を行うべきであります。あわせて、所得捕捉格差の是正を初めとする不公平税制の是正を早期に実施すべきであります。また、所得税から個人住民税への税源移譲にあたっては、国民の税負担が税源移譲の前後で変化しないよう、十分な配慮措置を講じることを強く国に対し要請されるよう請願いたします。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(小島軍司君) 続いて、請願第4号について、3番 波多野こうめ君。
  (3番 波多野こうめ君登壇)
◆3番(波多野こうめ君) 請願第4号 乳幼児の予防接種・歯科検診・健康診査などの会場増設についての請願を説明させていただきます。
 請願理由と請願項目を朗読し、説明にかえさせていただきます。
〔請願趣旨〕
 現在、乳幼児の予防接種や歯科検診、健康診査などは、総合福祉会館1カ所で行われています。(三種混合などは市内指定医療機関で行われてはいます)。
 親は、荷物と子どもを抱いて受診に出かけます。車利用の場合、近くの駐車場はすぐに満車となり、遠くの駐車場を案内されますが、会場までは子どもを抱いて歩きます。上の子どもがいる場合や雨や風の強い日は本当に大変です。近い会場であれば、その大変さは軽減されると思います。
 また、地域で子育てを見守るという立場から、地域で受診をすることは、地域の親同士のつながりができて交流し合える場所になり、「一人ぼっちで子育て」という悩みもなくなっていくと思います。
 「他会場では、応急処置の設備がないのでできない」という健康管理課からの回答でしたが、他市町では数カ所を会場に行われております。各務原市にそれができないのが不思議でなりません。
 市が大きくなって遠方からの受診者もふえてきております。少子化問題解消の一助に、また子育て支援の立場からも何とか予算を立てていただき、早急に、乳幼児の予防接種や健康診査などの受診会場の増設をお願いいたします。
〔請願事項〕
 1.乳幼児の各種予防接種・歯科検診・健康診査などの受診会場を各地域(川島・那加・蘇原・鵜沼・稲羽)に増設してください。
 以上、住民の強い要望でもありますので、御賛同賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。
        ───────────────────────────
△1、委員会付託(請願第3号並びに請願第4号)
○議長(小島軍司君) ただいま議題となっております2請願については、お手元に配付いたしました付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
 なお、委員会は会期日程表のとおり開催する旨、委員長にかわって告知いたします。
        ───────────────────────────
△日程第54、休会期間の決定
○議長(小島軍司君) 日程第54、休会期間の決定を議題といたします。
 おはかりいたします。議案精読のため、11月25日から12月6日まで12日間休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(小島軍司君) 御異議なしと認めます。よって、11月25日から12月6日までの12日間休会することに決しました。
 なお、質問の発言通告書は11月28日午前10時までに御提出ください。
        ───────────────────────────
△1、散会
○議長(小島軍司君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
本日はこれをもって散会いたします。
(散会) 午前11時14分
        ─────────────────────────── 地方自治第123条第2項の規定により、ここに署名する。

           各務原市議会議長     小 島 軍 司


           各務原市議会議員     永 冶 明 子


           各務原市議会議員     波多野 こうめ