議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成17年第 6回定例会−09月05日-01号




平成17年第 6回定例会
各務原市告示第95号
 平成17年第6回各務原市議会定例会を次のとおり招集する。
  平成17年8月29日
                          各務原市長  森    真
1 期  日  平成17年9月5日
2 場  所  各務原市議会議事堂


         平成17年第6回各務原市議会定例会会議録(第1日目)

          議   事   日   程   (第1号)
                      平成17年9月5日(月曜日)午前10時開議
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.会期の決定
日程第 3.専第  3号 専決処分の承認(平成17年度各務原市一般会計補正予算(第3号))
日程第 4.認第  7号 平成16年度各務原市水道事業会計決算の認定
日程第 5.議第 76号 平成17年度各務原市一般会計補正予算(第4号)
日程第 6.議第 77号 平成17年度各務原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
日程第 7.議第 78号 平成17年度各務原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
日程第 8.議第 79号 各務原市固定資産評価審査委員会委員の選任
日程第 9.議第 80号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第10.議第 81号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第11.議第 82号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第12.議第 83号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第13.議第 84号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第14.議第 85号 男女が共に輝く都市 かかみがはら宣言
日程第15.議第 86号 各務原市集会施設設置条例の一部を改正する条例
日程第16.議第 87号 各務原市公共駐車場条例
日程第17.議第 88号 各務原市税条例の一部を改正する条例
日程第18.議第 89号 各務原市福祉センター条例の一部を改正する条例
日程第19.議第 90号 各務原市総合福祉会館条例の一部を改正する条例
日程第20.議第 91号 各務原市福祉の里条例の一部を改正する条例
日程第21.議第 92号 各務原市川島健康福祉センター条例の一部を改正する条例
日程第22.議第 93号 各務原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
日程第23.議第 94号 各務原勤労者野外活動施設の管理運営に関する条例の一部を改正する条例
日程第24.議第 95号 各務原共同福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
日程第25.議第 96号 各務原市産業会館条例の一部を改正する条例
日程第26.議第 97号 各務原市体育施設条例の一部を改正する条例
日程第27.議第 98号 各務原市パターゴルフ場設置条例の一部を改正する条例
日程第28.議第 99号 岐阜地域広域市町村圏協議会規約の変更
日程第29.議第100号 証明書の交付等に関する事務の委託に関する協議
日程第30.議第101号 岐阜県市町村職員退職手当組合規約の変更
日程第31.議第102号 木曽川右岸地帯水防事務組合規約の変更
日程第32.議第103号 岐阜羽島衛生施設組合規約の変更
日程第33.議第104号 損害賠償の額を定めること
日程第34.議第105号 市道路線の認定(市道鵜1291号線)
日程第35.議第106号 市道路線の認定(市道鵜1292号線ほか7路線)
日程第36.議第107号 市道路線の認定(市道那1087号線ほか1路線)
日程第37.議第108号 市道路線の廃止及び認定(市道鵜855号線ほか1路線)
日程第38.市議第 5号 議員派遣の件(オーストラリア・ニュージーランド都市行政視察)
日程第39.市議第 6号 議員派遣の件(アメリカ・カナダ都市行政視察)
日程第40.請願第 1号 消費税の大増税に反対することを求める請願
日程第41.請願第 2号 大規模小売店舗(イオン)の出店反対を求める請願
日程第42.休会期間の決定

〇諸般の報告
1、議案の提出
1、専決処分の報告
1、請願の提出
1、陳情の提出
1、例月出納検査の結果
1、定期監査の結果

〇本日の会議に付した事件
日程第 1.会議録署名議員の指名
日程第 2.会期の決定
日程第 3.専第  3号 専決処分の承認(平成17年度各務原市一般会計補正予算(第3号))
日程第 4.認第  7号 平成16年度各務原市水道事業会計決算の認定
日程第 5.議第 76号 平成17年度各務原市一般会計補正予算(第4号)
日程第 6.議第 77号 平成17年度各務原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
日程第 7.議第 78号 平成17年度各務原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
日程第 8.議第 79号 各務原市固定資産評価審査委員会委員の選任
日程第 9.議第 80号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第10.議第 81号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第11.議第 82号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第12.議第 83号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第13.議第 84号 人権擁護委員候補者の推薦
日程第14.議第 85号 男女が共に輝く都市 かかみがはら宣言
日程第15.議第 86号 各務原市集会施設設置条例の一部を改正する条例
日程第16.議第 87号 各務原市公共駐車場条例
日程第17.議第 88号 各務原市税条例の一部を改正する条例
日程第18.議第 89号 各務原市福祉センター条例の一部を改正する条例
日程第19.議第 90号 各務原市総合福祉会館条例の一部を改正する条例
日程第20.議第 91号 各務原市福祉の里条例の一部を改正する条例
日程第21.議第 92号 各務原市川島健康福祉センター条例の一部を改正する条例
日程第22.議第 93号 各務原市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
日程第23.議第 94号 各務原勤労者野外活動施設の管理運営に関する条例の一部を改正する条例
日程第24.議第 95号 各務原共同福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
日程第25.議第 96号 各務原市産業会館条例の一部を改正する条例
日程第26.議第 97号 各務原市体育施設条例の一部を改正する条例
日程第27.議第 98号 各務原市パターゴルフ場設置条例の一部を改正する条例
日程第28.議第 99号 岐阜地域広域市町村圏協議会規約の変更
日程第29.議第100号 証明書の交付等に関する事務の委託に関する協議
日程第30.議第101号 岐阜県市町村職員退職手当組合規約の変更
日程第31.議第102号 木曽川右岸地帯水防事務組合規約の変更
日程第32.議第103号 岐阜羽島衛生施設組合規約の変更
日程第33.議第104号 損害賠償の額を定めること
日程第34.議第105号 市道路線の認定(市道鵜1291号線)
日程第35.議第106号 市道路線の認定(市道鵜1292号線ほか7路線)
日程第36.議第107号 市道路線の認定(市道那1087号線ほか1路線)
日程第37.議第108号 市道路線の廃止及び認定(市道鵜855号線ほか1路線)
日程第38.市議第 5号 議員派遣の件(オーストラリア・ニュージーランド都市行政視察)
日程第39.市議第 6号 議員派遣の件(アメリカ・カナダ都市行政視察)
1、委員会付託省略(市議第5号並びに市議第6号)
日程第40.請願第 1号 消費税の大増税に反対することを求める請願
日程第41.請願第 2号 大規模小売店舗(イオン)の出店反対を求める請願
1、委員会付託(請願第1号並びに請願第2号)
日程第42.休会期間の決定

〇出席議員(27名)
                    1 番   横 山 富士雄  君
                    2 番   永 冶 明 子  君
                    3 番   波多野 こうめ  君
                    4 番   梅 田 利 昭  君
                    5 番   浅 野 健 司  君
                    6 番   川 瀬 勝 秀  君
                    7 番   高 島 貴美子  君
                    8 番   太 田 松 次  君
                    9 番   吉 岡   健  君
                   10 番   尾 関 光 政  君
                   11 番   三 和 由 紀  君
                   13 番   神 谷 卓 男  君
                   14 番   角   弘 二  君
                   15 番   三 丸 文 也  君
                   16 番   古 田 澄 信  君
                   17 番   今 尾 泰 造  君
                   18 番   関   浩 司  君
                   19 番   阿 部 靖 弘  君
                   20 番   中 村 幸 二  君
                   21 番   平 松 幹 正  君
                   22 番   小 島 軍 司  君
                   23 番   末 松 誠 栄  君
                   24 番   藤 井 国 雄  君
                   25 番   横 山 隆一郎  君
                   26 番   川 島 勝 弘  君
                   27 番   長 縄 博 光  君
                   28 番   白 木   博  君

〇欠席議員(なし)

〇欠員(1名)12番

〇説明のため出席した者の職氏名
              市長          森     真  君
              助役          五 藤   勲  君
              収入役         河 田 昭 男  君
              都市戦略企画推進部長  松 岡 秀 人  君
              総務部長        五 島 仁 光  君
              市民部長        熊 崎 敏 雄  君
              環境部長        臼 井 壮 一  君
              健康福祉部長      紙 谷   清  君
              産業部長        岡 部 秀 夫  君
              都市建設部長      大 中 武 易  君
              文化創造部長      岩 井 晴 栄  君
              水道部長        飯 沼 一 義  君
              監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長兼公
              平委員会書記長     竹 山 幸 市  君
              教育長         高 根 靖 臣  君
              消防長         梶 浦 信 雄  君
              川島振興事務所長    野 田 凱 夫  君
              都市戦略企画課長    磯 谷   均  君
              財政課長        目 貫   誠  君
              総務部次長兼総務課長  星 野 正 彰  君
              選挙管理委員会委員長  川 嶋 棟 治  君
              代表監査委員      永 田 義 孝  君
              教育委員会委員長    横 山 勢津男  君

〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      金 武   久
              総務課長        後 藤 秀 人
              主任主査兼議事調査係長 山 下 幸 二
              主任主査        土 川   孝
              主査          小 川   晃
        ───────────────────────────
(開会式)
◎議会事務局長(金武久) 御起立を願います。
 ただいまから平成17年第6回各務原市議会定例会の開会式を行います。
 森市長からごあいさつをいただきます。
◎市長(森真君) おはようございます。
 開会式に当たりまして、去る8月の初めに議員 足立孝志様の御逝去に対しまして、私、改めて同議員の市政に対する御貢献に対し衷心から敬意をささげるとともに、改めて御冥福を心からお祈りをする次第でございます。
 さて、本議会の御出席方をお願いいたしましたところ、衆議院選挙の真っ最中、時節柄大変御多忙の折にもかかわらず、議員各位におかれましては全員の方の御出席をいただきましてありがとうございます。後ほど提出申し上げる議案はいずれも大事な議案でございますのでよろしく御審議をいただき、適切な御決定を賜わればありがたいと存じます。よろしくお願いいたします。
◎議会事務局長(金武久) 小島議長がごあいさつ申し上げます。
○議長(小島軍司君) おはようございます。
 皆さん方には、大変台風が近づく中、足元の悪い中、本定例会にお集まりいただきましてありがとうございます。
 平成17年第6回の市議会定例会に際しまして、皆さん方、本当に御苦労さまでございます。
 さて、去る8月5日、御逝去されました足立孝志議員におかれましては、皆さん方の御承知のとおり市政の発展に御尽力をされました。その功績は大なるものがあったと存じております。今後の活躍を期待しておったところでございますけれども、残念なことにこういう事態になりました。再び彼の温容に接することができないということは大変痛惜にたえません。しかしながら、その悲報を乗り越えて、私どもは14万8000市民のために、これからも市議会の進むべき道、あるべき道を通していかなければならないというふうに思っております。つきましては、これから市長さんが提案されます35議案に上る議案に、皆様の慎重なる御審議と適切な御議決を賜りますようお願いを申し上げ、開会のごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いします。
◎議会事務局長(金武久) これをもちまして開会式を終わります。
 御着席願います。
        ───────────────────────────
△1、開会
(開会) 午前10時3分
○議長(小島軍司君) ただいまから平成17年第6回各務原市議会定例会を開会いたします。本日の会議を開きます。
 議員 足立孝志君が去る8月5日、御逝去されました。まことに痛恨のきわみでございます。同君に対しましてここに黙祷をささげたいと思います。
 御起立を願います。
 黙祷始め。
  (黙祷)
○議長(小島軍司君) 黙祷終わり。
 お直りください。
 御着席ください。
 故足立孝志君に対する追悼の辞について浅野健司君から発言を求められておりますので、この際、発言を許します。
 5番 浅野健司君。
  (5番 浅野健司君登壇)
◆5番(浅野健司君) 5番 浅野健司でございます。
 議長にお許しをいただきましたので、去る8月5日に御逝去されました足立孝志議員に対する追悼の辞を述べさせていただきます。
 孝志さん、あなたの御葬儀からじきに1カ月がたとうとしております。「おまはんが浅野健司さんかな。お互いに頑張ろうなも」と互いが議員とならせていただく前に声をかけていただき、互いに平成13年3月からこの各務原市の議会議員としていろいろな面で頑張ってまいりました。
 孝志さんの体調が思わしくないと聞き、亡くなる2日前の病院でも、「健ちゃん、絶対元気になっていくで待っとってくれよ」という言葉を聞いたときでも、絶対によくなって帰ってきてくれるものと信じておりました。しかし今、孝志さん、あなたの姿は「12番 足立孝志」の議席にも、この世にもないということ、いまだに信じられない、また信じたくないという気持ちでいっぱいです。
 顧みれば、孝志さんは平成13年3月からこの議会に席を置かれ、数々の要職を歴任され、数多くの功績を残されました。
 また、孝志さんは、あなたは人一倍郷土愛が強く、「各務原が好きです」という言葉は議会の活動のみにとどまらず、木曽川・長良川下流漁業協同組合代表理事組合長やたんぽぽの会等の要職にもつき、孫の代までこの各務原がすばらしいまちであってほしいという願いから、さまざまな活動に率先して企画・参加をされておりました。中でも、木曽川へのアユの放流等は地域に根づいてきており、子どもから大人までを楽しませてくれる事業へと定着してまいりました。
 孝志さん、あなたは本当に義理人情に厚く、またたくさんの人々に愛される方でした。10年前に奥様を亡くされてからたくさんの御苦労があったと生前お聞きしましたが、近年は各務原市の市民、特に地元である前渡地区の皆さんに愛され、またこの議会でも先輩・同僚議員からも親しまれておりました。
 最後まで、市政、議会、そして地域のことに情熱を燃やし、また案じておられた孝志さん。御安心ください。私たちはあなたの生前の遺志を胸にとどめ、ともどもに市政発展のために努力し、市民の皆さんに「各務原が好きです」と言われ続けることをお誓い申し上げます。
 まだまだたくさんお話ししたいことがあるのですが、途中涙が流れそうで孝志さんにしかられそうなので、このくらいにとどめさせていただきます。
 ここに長い間の深い恩義と厚い友情に感謝し、御冥福をお祈りしつつ追悼の辞といたします。孝志さん、本当にありがとうございました。
 平成17年9月5日、維新の会 浅野健司。
○議長(小島軍司君) ありがとうございました。
        ───────────────────────────
△1、諸般の報告
○議長(小島軍司君) 日程に先立って、諸般の報告を職員にいたさせます。
        ───────────────────────────
(職員報告)
1、議案の提出
 市長から、本日付をもって、専第3号、認第7号、議第76号から議第108号までの35案件の提出がありました。
1、専決処分の報告
 市長から、地方自治法第180条第2項の規定により、損害賠償の額を定めることについて専決処分した報告が2件ありました。
 内容については、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、請願の提出
 各務原市那加信長町2丁目74、各務原民主商工会 会長 塚田義美氏から「消費税の大増税に反対することを求める請願」と「大規模小売店舗(イオン)の出店反対を求める請願」の提出がありました。
 内容は、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、陳情の提出
 岐阜市西駒爪町14、食とみどり、水を守る岐阜県民会議 議長 池戸修氏から「米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求める陳情」の提出がありました。
 内容は、お手元に配付した写しのとおりであります。
1、例月出納検査の結果
 監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、平成17年度6月分、7月分の例月出納検査を執行した結果の報告がありました。
 内容については、省略させていただきます。
1、定期監査の結果
 監査委員から、地方自治法第199条第9項の規定により、平成17年度第1回定期監査を執行した結果の報告がありました。
 内容については、省略させていただきます。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 以上で諸般の報告を終わります。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 本日の日程は、お手元に配付したとおり定めました。
        ───────────────────────────
△日程第1、会議録署名議員の指名
○議長(小島軍司君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員には、会議規則第80条の規定により、議長において21番 平松幹正君、23番 末松誠栄君の両君を指名いたします。
        ───────────────────────────
△日程第2、会期の決定
○議長(小島軍司君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 おはかりいたします。今期定例会の会期は、本日から26日までの22日間と定めたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(小島軍司君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から26日までの22日間と決しました。
        ───────────────────────────
△日程第3、専第3号から日程第37、議第108号まで
○議長(小島軍司君) 日程第3、専第3号から日程第37、議第108号までの35案件を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 職員の朗読を省略し、提出者の説明を求めます。
 市長 森真君。
  (市長 森真君登壇)
◎市長(森真君) 平成17年第6回各務原市議会定例会に提出いたしました議案につきましての提案理由を説明申し上げます。
 今回提出いたしました議案は、
 ・専決処分の承認             1件
 ・決算の認定               1件
 ・予算の補正               3件
 ・人事の案件               6件
 ・都市宣言                1件
 ・条例の制定・改正            13件
 ・協議会の規約の変更           1件
 ・事務委託の協議             1件
 ・一部事務組合の規約の変更        3件
 ・損害賠償の額の決定           1件
 ・市道路線の認定・廃止          4件
の合計35案件であります。
 まず、専第3号は、平成17年度一般会計補正予算(第3号)を定めたものでございまして、来たる9月11日にとり行われます衆議院議員総選挙の経費の補正をしております。
 歳入歳出予算の補正につきましては3483万3000円を追加し、補正後の予算総額を391億2595万1000円としております。
 歳入として県支出金(衆議院議員総選挙費委託金)3483万3000円を、歳出として衆議院議員総選挙費を同額計上しております。
 認第7号は、平成16年度水道事業会計の決算について認定を得ようとするものでございます。
 平成16年度は、川島町が本市に編入合併したことによる水道事業の継続、鉛給水管取替事業、設備更新事業を主体として推進し、市民の快適な日常生活を支えるため、安全な生活用水の安定供給に努めてまいりました。
 改良事業は、松が丘受水池の高圧電気設備更新工事、鵜沼小伊木町地内、須衛町地内の配水管布設がえ工事、また都市計画道路、道路維持改良、下水道整備事業などによる支障移転に伴う配水管整備事業など、総額で6億3280万812円を執行いたしました。
 この結果、消費税及び地方消費税を除いた損益計算では、
 ・総収益     25億5466万7668円
 ・総費用     21億1430万3398円
で、差し引き4億4036万4270円の純利益となりました。これに、前年度繰越利益剰余金8057万9747円と川島町引継利益剰余金3314万9190円を加えました当年度未処分利益剰余金は、5億5409万3207円となります。このうち5億円を減債積立金に積み立てることにしております。
 次に、消費税及び地方消費税を含めた資本的収支は、
 ・収入額     2億7201万9215円
 ・支出額     12億2720万6212円
となります。収入額が支出額に対し不足する額9億5518万6997円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額、減債積立金、過年度分損益勘定留保資金をもって補てんしております。
 なお、この決算書の提出に先立ちまして、各務原市監査委員の慎重な御審査をいただき、その結果につきましては別冊の決算審査意見書にまとめられております。
 今後も、鉛給水管取替事業を初め、老朽化した水道設備の更新事業等を計画的に推進していくことにしており、事業の実施に当たっては、市民のニーズに合った適正なサービスの提供及び経営の安定と効率的な運営に努めてまいりたいと存じます。
 次に、議第76号から議第78号までの3案件は、予算の補正に関するものでございます。
 議第76号は、平成17年度一般会計補正予算(第4号)を定めようとするもので、当面の行政需要に対応するため歳入歳出予算の補正を行うものでございます。
 歳入は、
 ・国庫支出金                     739万5000円
 ・繰越金                      2億5073万円
 ・諸収入                         180万円
を計上しております。
 一方、歳出におきましては、
 ・鵜沼羽場町自治会集会施設改築補助事業費         500万円
 ・児童扶養手当事業費                 986万1000円
 ・金属工業団地地域情報基盤整備促進補助事業費      1500万円
 ・グリーンスタジアム周辺幹線道路緑化事業費     1767万5000円
 ・市単道路改良用地購入費            1億8694万2000円
 ・地域安心安全ステーション整備事業費           100万円
などを計上しております。
 この結果、一般会計の予算規模は2億5992万5000円を追加し、補正後の予算総額は393億8587万6000円となります。
 議第77号は、平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)を定めようとするもので、平成16年度の退職被保険者等療養給付費の確定による支払基金交付金の精算還付に伴い、歳入歳出ともに3284万4000円を追加し、補正後の予算総額を112億7157万円としております。
 議第78号は、平成17年度介護保険事業特別会計補正予算(第2号)を定めようとするものでございまして、介護保険法改正による要介護認定モデル事業の実施や制度説明用パンフレット作成に伴い、歳入歳出ともに384万8000円を追加し、補正後の予算総額を58億2905万5000円としております。
 次に、議第79号は、各務原市固定資産評価審査委員会委員 林栄一氏の任期が9月30日に満了するため、その後任に津川文江氏を選任しようとするものであります。
 同氏は、人格、識見ともにすぐれ、その職に適任であると存じます。
 議第80号から議第84号までの5案件は、いずれも12月31日に任期が満了する人権擁護委員の後任の候補者の推薦に関するものでございます。
 議第80号は、平光正博氏の後任の候補者に紙谷しのぶ氏を推薦しようとするものであり、議第81号は遠藤孝司氏を、議第82号は後藤正利氏を、議第83号は加藤輝子氏を、議第84号は仲美代子氏をそれぞれ再びその候補者に推薦しようとするものであります。
 いずれも人権の尊重、擁護について理解があり、その職に適任であると存じます。
 議第85号は、市民と行政が一体となり、男女が共に輝く都市の実現に向けての気運を醸成するとともに、意識の高揚を図るため、各務原市は「男女が共に輝く都市 かかみがはら宣言」をしようとするものであります。
 議第86号から議第98号までの13案件は、条例の制定・改正に関するものであります。
 地方自治法の改正により、公の施設の管理について従来の管理委託制度から指定管理者制度に移行することに伴い、議第86号は集会場の管理につき、議第87号は公共駐車場を設置し、その管理につき、議第89号は福祉センターの管理につき、議第90号は総合福祉会館の管理につき、議第91号は福祉の里の管理につき、議第92号は川島健康福祉センターの管理につき、議第94号は勤労者野外活動施設の管理につき、議第95号は共同福祉施設の管理につき、議第96号は産業会館の管理につき、議第97号は体育施設の管理につき、議第98号はパターゴルフ場の管理につき、それぞれ指定管理者制度を適用させるため、条例を制定・改正しようとするものであります。
 また、議第88号は、個人の市民税等の納期前納付に対する報奨金を廃止するため、議第93号は、水防法の一部改正に伴い、関係規定を整備するため条例を改正しようとするものであります。
 次に、議第99号から議第103号までの5案件は、市町村合併に伴い、規約の変更その他を行うものであります。
 羽島郡柳津町の合併により、議第99号は、岐阜地域広域市町村圏協議会規約を変更するものであり、議第100号は、証明書の交付等に関する事務の委託を廃止するものであり、議第102号は、木曽川右岸地帯水防事務組合規約を変更するものであり、議第103号は、岐阜羽島衛生施設組合規約を変更するものであります。
 また、議第101号は、可児郡兼山町の合併により、岐阜県市町村職員退職手当組合規約を変更するものです。
 次に、議第104号は、鵜沼中保育所において遊具の使用中に起きた事故について、損害賠償の額を定めようとするものです。今後とも、園児の安全な保育はもちろんのこと、事故の再発防止に向けた遊具の安全点検等に努めてまいります。
 最後に、議第105号から議第108号までの4案件は、市道路線の認定・廃止に関するものであります。
 議第105号は地区計画道路を、議第106号は開発行為により設置された道路を、議第107号は、私道をそれぞれ市道として認定しようとするものであり、議第108号は、炉畑遺跡公園リニューアル事業に伴う市道路線の再編成をするため、市道の廃止及び認定をしようとするものであります。
 よろしく御審議の上、適切な御議決を賜りますようにお願いを申し上げます。
○議長(小島軍司君) 続いて、監査委員から決算審査の意見並びにその経過について報告を求めます。
 代表監査委員 永田義孝君。
  (代表監査委員 永田義孝君登壇)
◎代表監査委員(永田義孝君) 監査委員を代表いたしまして、平成16年度各務原市水道事業会計決算審査の結果について、御報告申し上げます。
 本決算審査に当たりましては、市長から審査に付されました決算報告書、財務諸表及び関係諸帳簿の全般にわたって、地方公営企業法第3条に定められておりますところの経営の基本原則であります「常に企業の経済性を発揮するとともに、その本来の目的である公共の福祉を増進するように運営されているかどうか」を念頭におきまして審査をいたしてまいりました。
 さらに、関係職員から説明を聴取するとともに、現地調査を行うなど、慎重に審査いたしました。その結果、経営成績及び財政状態は適正に表示されており、かつ計数におきましても正確であることを認めました。
 なお、審査意見につきましては、各務原市公営企業会計決算審査意見書といたしまして提出いたしておりますので御参照のほど、よろしくお願いいたします。
 以上をもちまして、平成16年度各務原市水道事業会計決算審査結果の御報告といたします。
○議長(小島軍司君) 以上で説明並びに報告は終わりました。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) なお、質疑の発言通告書は9月7日午前10時までに御提出ください。
        ───────────────────────────
△日程第38、市議第5号並びに日程第39、市議第6号
○議長(小島軍司君) 日程第38、市議第5号並びに日程第39、市議第6号を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 職員の朗読を省略し、提出者の説明を求めます。
 18番 関浩司君。
  (18番 関浩司君登壇)
◆18番(関浩司君) 市議第5号並びに市議第6号について提案理由を説明いたします。
 市議第5号並びに市議第6号は、会議規則第157条の規定に基づき、議員派遣について議会の決定をいただくもので、いずれも全国市議会議長会主催の都市行政に関する調査に参加するものです。
 市議第5号は、オーストラリア、ニュージーランドの諸都市の議会制度、行財政改革、高齢者福祉対策、文化遺産の保護・活性化に関する調査のため、平成17年9月28日から10月8日まで11日間、浅野健司議員と川瀬勝秀議員を派遣しようとするもので、市議第6号は、アメリカ、カナダの諸都市の議会制度、医療保険制度、自治体の統合及び行政評価制度、中心市街地活性化対策、都市緑化対策、高齢者福祉対策に関する調査のため、平成17年10月11日から10月21日まで11日間、太田松次議員と藤井国雄議員をそれぞれ派遣しようとするものです。
 議員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。
○議長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) これより質疑を行います。質疑はありませんか。
  (「議長、17番」と呼ぶ者あり)
○議長(小島軍司君) 17番 今尾泰造君。
  (17番 今尾泰造君登壇)
◆17番(今尾泰造君) 市議第5号並びに市議第6号の議員派遣について、提案者にお尋ねします。
 全国議長会による海外視察メニューから今回のオーストラリア、ニュージーランド都市行政視察とアメリカ、カナダ都市行政視察を選んでのコースですが、なぜこのコースなのか、なぜ2班に分けなければならないのか、なぜこの時期に派遣しなければならないのか、公費の支出ですので明らかとならなければならないのでお聞きします。
 また、今回のコースではそれぞれ旅費は幾らかお尋ねします。
○議長(小島軍司君) 18番 関浩司君。
◆18番(関浩司君) 今の御質問の件ですが、2カ所なぜ選ばれたかということでございますが、まずオーストラリア、ニュージーランドについては、先ほども説明の中で申し上げましたが、行財政改革、高齢者福祉政策、文化遺産保護、あるいは活性化等についての研修でございまして、アメリカ、カナダに関しましては、医療保険制度の現状、あるいは問題点、自治体の統合及び行政評価等の制度、あるいは中心市街地活性化対策、都市環境整備、高齢者福祉対策等々、それぞれ目的が違っておりまして、その2カ所を選定したということでございます。
 それから、時期の件ですが、これは全国議長会に基づく視察でございまして、その議長会の日程に準じるものであると認識しております。
 それから、あと費用の件でございますが、具体的に幾らとか、そういうことは今ちょっと手元に資料がございませんが、基本的には各務原市職員等の旅費に関する条例、旅費の種類に応じて計算し、支給するもの。あるいは、外国出張については、第17条で国家公務員の外国出張の費用の例に準じて任命権者が定める額を旅費として支給するということでございます。
  (「議長、再質疑」と呼ぶ者あり)
○議長(小島軍司君) 17番 今尾泰造君。
◆17番(今尾泰造君) 今の説明ですと、極めて目的が明確でないんですね。目的が後からつけられてきているということで、要するになぜ今の時期に各務原市の議員が二手に分かれて行かなければならないのか、その点を明確にしなければならないと思います。今の説明だと一般的だし、目的も一般的です。なぜその福祉とか行政改革ということなのかということが一般的な説明では、せっかくの公費を使うことでは適正な支出にならないわけですので、その点でお尋ねします。
○議長(小島軍司君) 18番 関浩司君。
◆18番(関浩司君) 今の御質問ですけれども、我が市の新総合計画におきまして、5つの重点目標と10の都市戦略というものがございますが、そういった実現に対しても、行政に対して大いに意見を提言していただきたい。そういった意味でグローバルな時代、あるいはボーダーレスな時代、広い視野で視察いただき、議会に反映していただきたい、そういった趣旨でございます。
○議長(小島軍司君) これをもって質疑を終結いたします。
        ───────────────────────────
△1、委員会付託省略(市議第5号並びに市議第6号)
○議長(小島軍司君) おはかりいたします。ただいま議題の2案件については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(小島軍司君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題の2案件については、委員会付託を省略することに決しました。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) これより討論を行います。討論はありませんか。
  (「議長、17番」と呼ぶ者あり)
○議長(小島軍司君) 17番 今尾泰造君。
  (17番 今尾泰造君登壇)
◆17番(今尾泰造君) 市議第5号並びに市議第6号の議員派遣の件について、日本共産党議員団は反対します。
 いわゆる議員の海外視察については、市民からの強い批判があるところです。市が財政の厳しさを理由に経費の削減だと言って、市民生活関連の事業や予算の削減、市が本来行うべき業務の民間への委託を強めて民間経営の手法を持ち込んでいます。そのことからいえば、この海外視察への予算を経費の見直し対象からの聖域とすることは道理のないことです。しかも、今回の視察は全国議長会のコースメニューを議員が選んでいくという方式であり、受動的な視察ということからも、それは何も我が市議会議員がわざわざ出かけなければならないものではないことを示してします。
 したがって、このような観光の色合いの強い議員の海外派遣には反対をします。
○議長(小島軍司君) これをもって討論を終結いたします。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) これより採決を行います。
 最初におはかりいたします。市議第5号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(小島軍司君) 起立多数であります。よって、市議第5号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 続いておはかりいたします。市議第6号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (賛成者起立)
○議長(小島軍司君) 起立多数であります。よって、市議第6号は原案のとおり可決されました。
        ───────────────────────────
△日程第40、請願第1号並びに日程第41、請願第2号
○議長(小島軍司君) 日程第40、請願第1号並びに日程第41、請願第2号を一括し、議題といたします。
        ───────────────────────────
○議長(小島軍司君) 職員の朗読を省略し、紹介議員の説明を求めます。
 最初に、請願第1号について、3番 波多野こうめ君。
  (3番 波多野こうめ君登壇)
◆3番(波多野こうめ君) 消費税の大増税に反対することを求める請願について、紹介説明をいたします。
〔請願趣旨〕
 長引く深刻な不況のもと、私たちの暮らしは年々収入や年金が落ち込み、医療・年金・介護などの負担はふえて苦しくなるばかりです。
 今、政府は「年金・社会保障財源」を口実に、2007年度にも消費税率の引き上げを行おうとしています。そもそも社会保障や福祉は立場の弱い人たちの命と暮らしを支える制度です。消費税は金持ちには負担が軽く庶民には重い最悪の税金で、本来なくすべきものです。それを税率を引き上げて社会保障・福祉を支えるというのは本末転倒です。また、バブル崩壊、消費税率5%への引き上げによる景気後退で、工賃単価の切り下げ、売り上げ減少で、その納税の負担は中小の課税業者の肩に重くのしかかり、納税できない滞納者に対して預金や売掛金などの強引な差し押さえが税務当局によって行われ、税金が業者の生きる権利や商売を続ける権利までも奪ってしまう悲惨な事態が起こっています。
 これまでの消費税収入は法人税の減税分に匹敵し、消費税が導入されて以降、社会保障や福祉は悪くなるばかりです。
 欧米の何倍もの公共事業予算を削るなど、税金の使い方を変え、さらに大企業の税金の負担をヨーロッパ並みに引き上げるなど、税金の集め方を変えれば社会保障や福祉の財源をつくることができます。まずは、これまで私たちが要求してきた消費税の税率を元の3%に戻せば、家計を直接温め、景気回復につながります。
 私たちは、消費税の大増税計画に強く反対します。
〔請願事項〕
 1.消費税の大増税はきっぱりやめるように政府に対して意見書を上げていただくこと。
 以上、紹介説明といたします。皆さんの賛同をよろしくお願いいたします。
○議長(小島軍司君) 続いて、請願第2号について、2番 永冶明子君。
  (2番 永冶明子君登壇)
◆2番(永冶明子君) 大規模小売店舗(イオン)の出店反対を求める請願書が出されております。請願書の紹介説明をさせていただきます。
〔請願趣旨〕
 各務原市における大規模小売店は圧倒的な売り場面積を占め、地元商工会議所も市内中小小売店舗の売り場面積の統計を廃止するほど、その影響で中小小売店の経営は圧迫され、疲弊し切っています。
 そうした中で、平成12年に、那加緑町、萱場町一体に出店表明をしていましたイオン株式会社が、本格的出店を目指した「大規模小売店舗出店計画事前協議書」を各務原市に提出いたしました。当市の商業環境は大規模小売店の過剰な競争、飽和状態にあり、既存大規模小売店のイズミヤの撤退などからも明らかで、これ以上の出店はさらに既存店の閉鎖、生活環境の破壊を招きかねません。
 また、今回出店計画がされている地域は、各務原市の公園都市構想では、この構想に基づくまちづくりの顔にふさわしい景観づくりがうたわれています。あるいは、「各務原市大規模小売店舗等設置に伴う地域環境保全のための指導要綱」第3条(大規模小売店舗等設置者の責務)の地域のまちづくりと調和を図るとともに、周辺の生活環境に与える影響に照らしてみても、公園都市構想とマッチせず、田園風景の破壊、交通渋滞など、およそ要綱にふさわしくない出店計画です。これ以上の地元小売店への多大な影響を与えないようにとの観点からも次のように請願いたします。
〔請願事項〕
 1.緑あふれる地域へのイオンの出店計画に反対すること。
 2.出店地域内の市道の廃止、当該市所有地の貸与は行わないこと。
 3.大規模小売店の出店に対し、有名無実な「まちづくり三法」の見直しを国に求めること。
 以上、御賛同いただきますようよろしくお願いをいたします。
○議長(小島軍司君) 以上で説明は終わりました。
        ───────────────────────────
△1、委員会付託(請願第1号並びに請願第2号)
○議長(小島軍司君) ただいま議題となっております2請願については、お手元に配付いたしました付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
 なお、委員会は会期日程表のとおり開催する旨、委員長にかわって告知いたします。
        ───────────────────────────
△日程第42、休会期間の決定
○議長(小島軍司君) 日程第42、休会期間の決定を議題といたします。
 おはかりいたします。議案精読のため、9月6日から9月14日まで9日間休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」との声あり)
○議長(小島軍司君) 御異議なしと認めます。よって、9月6日から9月14日までの9日間休会することに決しました。
 なお、質問の発言通告書は9月7日午前10時までに御提出ください。
        ───────────────────────────
△1、散会
○議長(小島軍司君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれをもって散会いたします。
(散会) 午前10時45分
        ───────────────────────────
 地方自治第123条第2項の規定により、ここに署名する。

           各務原市議会議長     小 島 軍 司


           各務原市議会議員     平 松 幹 正


           各務原市議会議員     末 松 誠 栄