議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成29年12月19日建設水道常任委員会−12月19日-01号




平成29年12月19日建設水道常任委員会

 建設水道常任委員会記録

                 平成29年12月19日(火曜日)午前10時開議
                           議事堂第3委員会室
【付託事項】
1.議第82号 各務原市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例
2.議第91号 市道路線の認定(市道鵜1391号線ほか1路線)
3.議第92号 市道路線の廃止及び認定(市道那424号線ほか1路線)
4.議第71号 平成29年度各務原市一般会計補正予算(第6号)の所管事項
5.議第74号 平成29年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
6.議第94号 平成29年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

〇出席委員(6名)
                   委員長    岩 田 紀 正  君
                   副委員長   五十川 玲 子  君
                   委 員    水 野 岳 男  君
                   委 員    塚 原   甫  君
                   委 員    吉 岡   健  君
                   委 員    池 戸 一 成  君

〇傍聴議員(17名)
                   1 番    古 川 明 美  君
                   3 番    黒 田 昌 弘  君
                   5 番    小 島 博 彦  君
                   6 番    指 宿 真 弓  君
                   7 番    杉 山 元 則  君
                   8 番    永 冶 明 子  君
                  10 番    大 竹 大 輔  君
                  12 番    津 田 忠 孝  君
                  13 番    瀬 川 利 生  君
                  14 番    仙 石 浅 善  君
                  15 番    水 野 盛 俊  君
                  16 番    坂 澤 博 光  君
                  17 番    波多野 こうめ  君
                  18 番    横 山 富士雄  君
                  20 番    川 嶋 一 生  君
                  23 番    足 立 孝 夫  君
                  24 番    川 瀬 勝 秀  君

〇説明のため出席した者の職氏名
              副市長         磯 谷   均  君
              副市長         小 鍋 泰 弘  君
              企画総務部長      鷲 主 英 二  君
              法令審査監       星 野 正 彰  君
              企画政策課長      平 工 泰 聡  君
              財政課長        倉 持 庸 二  君
              都市建設部長      服 部   隆  君
              参与(都市計画課長事務取扱)
                          澤 田 信 浩  君
              技術調整監       青 木 繁 幸  君
              次長兼下水道課長    山 本 卓 哉  君
              管理課長        相 澤   毅  君
              道路課長        中 村 俊 夫  君
              環境水道部長      村 瀬   普  君
              次長兼環境政策課長   恒 川 伸 二  君
              水道総務課長      小 島   剛  君
              水道施設課長      野 田 元 司  君
              会計管理者       村 井 清 孝  君
              監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長
              兼公平委員会書記長   谷 野 好 伸  君
〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      土 川   孝
              総務課長        進 藤 達 彦
              総務課主幹       前 島 宏 和
              主任主査兼総務係長   富 田 武 徳
              主 査         戸 田 梨 恵
              主任書記        阿 部 起 也
              書 記         横 田 直 也
        ─────────────────────────
(開会) 午前10時
○委員長(岩田紀正君) ただいまより建設水道常任委員会を開会いたします。
 今期定例会に審査の付託を受けました各案件について、議案付託表に基づき、順次審査願います。
 発言は、委員長の許可を得て、一問一答形式により、順序よく発言願います。
 なお、最初に申し上げておきますが、質疑をする際には資料のページを示してから発言ください。また、発言は簡潔明瞭に願います。
 初めに、議第82号を議題といたします。
 提出者の説明を求めます。
◎水道総務課長(小島剛君) 各務原市議会定例会議案の20ページ、21ページと、改正条例案等新旧対照表は7ページをごらんください。
 議第82号 各務原市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。
 平成29年6月9日に公布された地方自治法等の一部を改正する法律により、地方自治法第243条の2に新たな条項が追加されたことにより、改正前の第243条の2第8項が第243条の2の2第8項に条ずれしたため、同条を引用している規定を改めるものです。
 この条例の施行日は平成32年4月1日といたします。
○委員長(岩田紀正君) 以上で説明は終わりました。
 これより委員の質疑を許します。
 質疑はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(岩田紀正君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論を許します。
 討論はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(岩田紀正君) これをもって討論を終結いたします。
 これより採決を行います。
 おはかりいたします。議第82号を原案のとおり可決すべきものに賛成の委員の挙手を求めます。
  (賛成者挙手)
○委員長(岩田紀正君) 挙手全員であります。よって、議第82号は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、議第91号並びに議第92号を一括し議題といたします。
 提出者の説明を求めます。
◎管理課長(相澤毅君) それでは、議第91号及び議第92号について御説明させていただきます。
 各務原市議会定例会議案の50ページをごらんください。
 まず、議第91号 市道路線の認定につきましては、開発行為により設置され、各務原市に帰属された2路線をそれぞれ市道鵜1391号線、市道鵜1392号線として認定しようとするものです。位置及び形状につきましては、51ページから52ページの資料のとおりでございます。
 次に、議第92号の市道路線の廃止及び認定について御説明させていただきます。
 各務原市議会定例会議案の53ページをごらんください。
 議第92号 市道路線の廃止及び認定については、市道那378号線道路改良事業に伴い、新加納第2踏切道を廃止するため、市道那424号線を廃止し、新たに市道那424号線、市道那1130号線として認定しようとするものです。廃止する道路の位置及び形状につきましては54ページ、新たに認定する路線の位置及び形状につきましては55ページの資料のとおりでございます。
○委員長(岩田紀正君) 以上で説明が終わりました。
 これより委員の質疑を許します。
 質疑はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(岩田紀正君) 以上で質疑を終結いたします。
 これより委員の討論を許します。
 討論はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(岩田紀正君) 以上で討論を終結いたします。
 これより採決を行います。
 最初に、おはかりいたします。議第91号を原案のとおり可決すべきものに賛成の委員の挙手を求めます。
  (賛成者挙手)
○委員長(岩田紀正君) 挙手全員であります。よって、議第91号は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、おはかりいたします。議第92号を原案のとおり可決すべきものに賛成の委員の挙手を求めます。
  (賛成者挙手)
○委員長(岩田紀正君) 挙手全員であります。よって、議第92号は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、議第71号中、当委員会に所管する事項を議題といたします。
 提出者の説明を求めます。
◎次長兼環境政策課長(恒川伸二君) それでは、議第71号 平成29年度各務原市一般会計補正予算(第6号)のうち、環境水道部及び都市建設部が所管いたします補正予算について御説明いたします。
 左上に平成29年11月30日と記載されております各務原市補正予算書及び予算説明書の12ページ、13ページをお願いいたします。
 16款県支出金、2項県補助金、3目衛生費県補助金、1節保健衛生費補助金の73万2000円は、岐阜県公衆浴場改善対策事業費補助金交付要綱に基づき、公衆浴場経営者が行います浴場設備改善事業に対する市の補助金の3分の2が岐阜県から市へ交付されるものでございます。
 以上が歳入の補正予算でございます。
 続きまして、歳出の補正予算でございます。
 26ページ、27ページをお願いいたします。
 4款衛生費、2項環境費、2目環境保全費、19節負担金、補助及び交付金の109万8000円は、公衆浴場経営者が行います公衆浴場の設備改善に対する補助金で、補助率は2分の1でございます。
 同じく4款衛生費、2項環境費、1目環境総務費、1枚おめくりをいただきまして、28ページ、29ページの5目火葬場墓地費は、地方債の補正に伴い財源更正を行うものでございます。なお、地方債の補正につきましては総務常任委員会の所管となりますので、総務常任委員会において審議をお願いいたします。
◎管理課長(相澤毅君) 引き続き、36ページ、37ページをごらんください。
 8款土木費、2項道路橋梁費、3目道路新設改良費、同じく5目橋梁新設改良費、また4項都市計画費、3目街路費、同じく5目公園費、1枚おめくりいただきまして、38ページ、39ページの6目都市開発費及び8目地区計画費、これら全て地方債の補正に伴い財源更正を行うものでございます。
 先ほど御説明がありましたが、地方債の補正につきましては総務常任委員会の所管となりますので、総務常任委員会において御審議のほどお願いいたします。
 引き続き、第2条債務負担行為の補正について説明させていただきます。
 お手元の各務原市補正予算書及び予算説明書の5ページ、詳細は50、51ページをごらんください。
 第2表債務負担行為補正は、平成29年度以降にわたって債務を負担することができる事項を定めようとするもので、当委員会が所管する事項は道路維持補修事業で、債務の期間は本年度から平成30年度まで、限度額は8000万円でございます。
 以上で補正予算に関する説明を終わります。
○委員長(岩田紀正君) 以上で説明は終わりました。
 これより委員の質疑を許します。
 質疑はありませんか。
◆副委員長(五十川玲子君) 27ページの19節の公衆浴場設備改善事業補助金ですけれども、どこの公衆浴場で、この補助事業の内容について教えていただきたいです。
◎次長兼環境政策課長(恒川伸二君) 今回の補助金の対象事業者といいますのは、那加雄飛ケ丘町にございます平和湯でございます。補助事業の内容につきましては、老朽化したボイラー関連部品の取りかえですとか、井戸用の水中ポンプの取りかえ、男湯の出入り口のガラスの取りかえなどを行ったものでございます。
◆委員(塚原甫君) 予算書の50ページでございますけれども、道路維持補修事業ということで債務負担行為で上がっておりますけれども、債務負担で上がっている理由とか、その辺を詳しく教えてください。
◎道路課長(中村俊夫君) これまでは新年度に入ってから工事に関する契約をすることで、その後に、例えば資材の調達とか人材の調達を行うことで、結果6月ぐらいからしか工事のほうの現場に入れませんでした。そういったことを、今回、債務負担をすることで、前年度中に工事の契約を締結しておけば、前年度中に資材の調達とか人材の確保ということが進められますので、4月以降に円滑に工事の現場を進めることができます。結果的には年間を通じて平準的に工事を実施できるようにするための措置でございます。
◆委員(塚原甫君) 8000万円ということで限度額が上がっておりますけれども、このあたりの算定の根拠はありますか。
◎道路課長(中村俊夫君) おおむね15本から20本ぐらいの工事が発注できるようなボリューム感をもって8000万円という金額を算定してございます。
○委員長(岩田紀正君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論を許します。
 討論はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(岩田紀正君) これをもって討論を終結いたします。
 これより採決を行います。
 おはかりいたします。議第71号中、当委員会に所管する事項を原案のとおり可決すべきものに賛成の委員の挙手を求めます。
  (賛成者挙手)
○委員長(岩田紀正君) 挙手全員であります。よって、議第71号中、当委員会に所管する事項は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、議第74号を議題といたします。
 提出者の説明を求めます。
◎次長兼下水道課長(山本卓哉君) それでは、議第74号 平成29年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について御説明をさせていただきます。
 平成29年11月30日の各務原市補正予算書及び予算説明書の71ページから77ページに記載しております。72、73ページをごらんください。
 職員給与費等の減額に伴いまして、歳入歳出ともに131万7000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ38億6829万7000円にしようとするものでございます。
 74、75ページをごらんください。
 歳入です。
 5款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金を131万7000円減額するものでございます。
 続きまして、歳出でございます。
 76、77ページをごらんください。
 1款下水道費、1項公共下水道費、1目下水道管理費、予算額49万円は、職員の新陳代謝、異動等に伴いまして、職員手当、共済費を増額しております。
 また、2目下水道建設費、予算額マイナス180万7000円は、職員の新陳代謝、異動等に伴い、職員手当を減額しております。
 以上で下水道事業特別会計補正予算の説明を終わります。
○委員長(岩田紀正君) 以上で説明は終わりました。
 これより委員の質疑を許します。
 質疑はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(岩田紀正君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論を許します。
 討論はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(岩田紀正君) これをもって討論を終結いたします。
 これより採決を行います。
 おはかりいたします。議第74号を原案のとおり可決すべきものに賛成の委員の挙手を求めます。
  (賛成者挙手)
○委員長(岩田紀正君) 挙手全員であります。よって、議第74号は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、議第94号を議題といたします。
 提出者の説明を求めます。
◎次長兼下水道課長(山本卓哉君) それでは、引き続き、議第94号 平成29年度各務原市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について御説明をさせていただきます。
 平成29年12月13日版の各務原市補正予算書及び予算説明書の31ページから37ページに記載しております。32、33ページをごらんください。
 人事院勧告を踏まえた給料表及び勤勉手当支給割合の改定に伴いまして、歳入歳出ともに111万5000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ38億6941万2000円にしようとするものでございます。
 34、35ページをごらんください。
 歳入です。
 5款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金を111万5000円増額するものでございます。
 続きまして、歳出です。
 36、37ページをごらんください。
 1款下水道費、1項公共下水道費、1目下水道管理費、予算額111万5000円は、人事院勧告による給料表改定などにより増額しております。
 以上で下水道事業特別会計補正予算の説明を終わります。
○委員長(岩田紀正君) 以上で説明は終わりました。
 これより委員の質疑を許します。
 質疑はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(岩田紀正君) これをもって質疑を終結いたします。
 これより討論を許します。
 討論はありませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(岩田紀正君) これをもって討論を終結いたします。
 これより採決を行います。
 おはかりいたします。議第94号を原案のとおり可決すべきものに賛成の委員の挙手を求めます。
  (賛成者挙手)
○委員長(岩田紀正君) 挙手全員であります。よって、議第94号は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で当委員会に付託された案件は全部議了いたしました。
 おはかりいたします。委員会報告書並びに委員長報告の作成はどのように取り扱いますか。
  (「正・副委員長一任」との声あり)
○委員長(岩田紀正君) 正・副委員長一任との声がありましたので、委員会報告書並びに委員長報告の作成はそのように取り扱います。
 以上で建設水道常任委員会を閉会いたします。
(閉会) 午前10時18分
        ─────────────────────────
 この記録は正当であることを認める。

           建設水道常任委員会委員長  岩 田 紀 正