議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 各務原市

平成29年 6月15日議会運営委員会−06月15日-01号




平成29年 6月15日議会運営委員会

              議会運営委員会記録

                 平成29年6月15日(木曜日)午前9時44分開議
                             議事堂第1委員会室
【協議事項】
1.請願の取り扱いについて
 (1)中央図書館市民ギャラリー及び第1・第2創作室の存続を求める請願
2.本日の議事運営について
3.その他
 (1)議会の傍聴について

〇出席委員(7名)
                   委員長    池 戸 一 成  君
                   副委員長   大 竹 大 輔  君
                   委 員    坂 澤 博 光  君
                   委 員    波多野 こうめ  君
                   委 員    横 山 富士雄  君
                   委 員    川 嶋 一 生  君
                   委 員    川 瀬 勝 秀  君

〇オブザーバー(2名)
                   議 長    岡 部 秀 夫  君
                   副議長    足 立 孝 夫  君

〇委員外議員(2名)
                   2 番    水 野 岳 男  君
                  19 番    吉 岡   健  君

〇説明のため出席した者の職氏名
              副市長         磯 谷   均  君
              企画総務部長      鷲 主 英 二  君
              総務課長        永 井 昭 徳  君

〇職務のため出席した事務局職員
              議会事務局長      土 川   孝
              総務課長        進 藤 達 彦
              総務課主幹       前 島 宏 和
              主 査         戸 田 梨 恵
              主任書記        阿 部 起 也
              書 記         横 田 直 也
        ───────────────────────────
(開会) 午前9時44分
○委員長(池戸一成君) ただいまから議会運営委員会を開会いたします。
 それでは、請願の取り扱いについて議長より御説明をお願いいたします。
◆議長(岡部秀夫君) 今、お手元に中央図書館市民ギャラリー及び第1・第2創作室の存続を求める請願の写しをお配りしておりますので、御確認いただきたいと思います。
 ざっと見ていただけばわかると思いますが、本請願につきましては、杉山元則議員ほか3名の議員が紹介議員となり、6月12日に議長宛てに提出されたものでございます。
 その審議については、内容がこの6月定例会に提出された議案にもかかわる内容であるため、今定例会で審議をお願いしたいというのが請願人の意向ということでございました。
 しかしながら、請願の審議については、取り決めに基づき、定例会開会日の前に行われる議会運営委員会、今回であれば5月30日に開催されたわけでございますが、その開催前に受け取った請願は当該定例会に、それ以降に受け取ったものは次回定例会で審議するということで市民にも周知し、取り扱っているところであります。
 したがって、本請願につきましても、これまでと同様に9月定例会で審議することといたしたいと思いますので、皆様方の御確認をお願いいたします。
○委員長(池戸一成君) 以上で議長の説明は終わりました。
 この際、特に御意見がありましたら伺います。
◆委員(波多野こうめ君) この請願ですけれども、請願文書に書かれているように、市民の方に連絡が入ったのは5月31日。私たちとしても、この議運のときにこの市民ギャラリー廃止の議案が出てきたということで、30日に知るということになったわけなんです。
 今議会でそれを議決しようということですので、次回に回すと、これは間に合わない請願ということになりますので、慣例的には議運の前に提出をするということにはなっていますけれども、内容からいっても、今議会で取り扱っていくべきではないかというふうに思います。
◆委員(川嶋一生君) 特段の緊急性というものは私は感じ取れませんので、今、議長から説明がありましたように、次回に取り扱うというような形でいいかと思います。
◆副委員長(大竹大輔君) 今、波多野委員もおっしゃったように、今回の議会の議案で取り上げられている内容と重複している内容でもございます。紹介議員のところを拝見させていただきますと、経済教育常任委員会の内容になるかと思うんですが、古川議員と永冶議員がいらっしゃいますので、委員会の中で付託された内容を審査できますので、私も川嶋委員のおっしゃるように、これ自体は今回の定例会に上げるものではないと思います。
◆委員(波多野こうめ君) 請願というのは、執行部から議案として出されるものではなくて、市民からの意見として出されるという市民の意見提出を保障したものでもありますので、執行部から出される議案は議案、市民から出される請願は請願として、それぞれ市民がそういうものを出すのを保障すべきだと思いますし、もちろんさっきも言ったように、この議会で決まってしまってからこの請願を出すんではなくて、決まる前に出されて、審議をされていくということは当然重要なことですので、今議会でやるべきだと思います。
○委員長(池戸一成君) そのほか御意見はありますか。
◆委員(横山富士雄君) 今、2つの御意見があるわけですけれども、議会のルールとして、次回にというルールもあるわけですし、大竹副委員長からも話がありましたように経教の中で審査をしていただくわけですので、次回でいいと思います。
◆議長(岡部秀夫君) 今、いろいろ皆さん方から意見をいただいたんですが、実際にこの請願を取り上げても、委員会の中では、まず条例の改正を先に審査、それから請願の審査になる。ということは、条例の改正が認められれば、結果的にはこの請願は不採択になっちゃうと。逆に条例の改正を認めないということになれば、請願は採択というような形で、条例の改正を認めるか認めないかで、結果的に請願についての答えが出るということなんですね。だから、今回、議運に出させていただいたのは、こういう請願が出ておりますよということを皆さん方に示しながら、そういったことを踏まえた上で、今度、委員会で審査していただければというふうに思っております。本来ですと、そのままこれを次回でお願いしますということでいいんですが、あえて今回こういう形で、皆さん方に請願が出ていますということだけお知らせしながら、そういう形で審議していただければと思っています。
◆委員(波多野こうめ君) 市民の請願権というのはあるわけですので、やっぱりそれを認めていくという議会でなければならないと思います。条例の審議は審議、請願の審議は審議ということになると思いますので、結果的に同じになるか、それは別としても、請願権を認めるためにもこれは今議会で取り上げてやっていくべきだというふうに思います。
◆副委員長(大竹大輔君) 請願の権利を認めるということに関しましては、9月定例会で取り扱うという話をしておりますので、何も認めていないという話はしていないと思います。
◆委員(波多野こうめ君) 審議の内容というか、審議の時期というのが当然あるわけですので、中身からいったって、今議会でこれは審議すべきだと思います。
○委員長(池戸一成君) 大体議論は出尽くしたような気がしますが、特段何かほかの御意見はございますか。
  (挙手する者なし)
○委員長(池戸一成君) では、以上のようにこれは確認とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
◆委員(波多野こうめ君) 確認って何ですか。
○委員長(池戸一成君) このように議長が取り扱うというのを、皆さんにきょうは御報告をさせていただくということです。
◆委員(波多野こうめ君) 報告の確認ということですか。
○委員長(池戸一成君) そうです。
 ルールとして、本会議開会前の議運の前までに提出するというルールがありますが、急施の必要があるもの、特段その理由があるものに関しては検討するということにはなっていますね。その特段の急施の必要があるかどうかというのを検討していただいた結果、議長はその必要がないというふうに御判断をされたということです。
 御意見を皆さんにお伺いしたんですけれども、急施の必要はないという御意見が多かったということで、議長の判断どおりとさせていただきますということでございます。
 続いて、本日の議事運営について、事務局の説明を求めます。
◎議会事務局長(土川孝君) それでは、本日の議会運営について御説明をさせていただきます。
 本会議につきましては、10時5分に開議をいたしたいと思います。
 開議後、会議録署名議員の指名を行い、専第1号並びに専第2号、議第31号から議第46号までについて質疑を行います。質疑を行った後、所管の常任委員会に付託いたします。
 続いて、人事案件の議第47号について、質疑、委員会付託省略をはかり、討論、採決を行います。討論につきましては、挙手でお願いをいたします。
 続いて、一般質問を行い、延会といたします。
 その他議事運営につきましては、議長に御一任願いたいと思います。以上でございます。
○委員長(池戸一成君) 以上で説明は終わりました。
 委員の御意見はございませんか。
  (「なし」との声あり)
○委員長(池戸一成君) 本件については、説明のとおり確認いたします。
 そのほか、協議事項はございますか。
◎総務課長(進藤達彦君) 議会の傍聴について確認をさせていただきます。
 東海地区のある市議会で児童の傍聴を拒否した事案が新聞報道されております。
 本市議会においても、市議会の傍聴規則において、乳幼児、児童の傍聴を原則禁止し、ただし書きで、議長の許可による入室を許しております。
 原則禁止としていますのは、乳幼児、児童の行為が、時として他の傍聴者の迷惑になったり、会議の妨げになったりする場合もあるということによるものでございます。
 傍聴を希望される場合の対応といたしましては、これまでも規則に定める遵守事項を保護者等に説明申し上げ、了解の上、入場を許可するという対応をさせていただいております。
 今後につきましても同様にさせていただきますので、定例会等にお子様連れの方が傍聴にお見えになられることもあろうと思いますが、よろしくお願いいたします。
○委員長(池戸一成君) 委員の御意見はございませんか。
◆委員(波多野こうめ君) 傍聴は、静かに見られるよということが確認できれば、できるということなんですか。
◎総務課長(進藤達彦君) そういうことです。
○委員長(池戸一成君) 以上で議会運営委員会を閉会いたします。
(閉会) 午前9時56分
        ───────────────────────────
 この記録は正当であることを認める。

           議会運営委員会委員長  池 戸 一 成