議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 土岐市

平成 9年第1回 定例会 03月27日−04号




平成 9年第1回 定例会 − 03月27日−04号







平成 9年第1回 定例会



平成9年第1回土岐市議会定例会会議録

==================



議事日程

  平成9年3月27日午前9時開議

第 1 会議録署名議員の指名

第 2 議第 1号 平成9年度土岐市一般会計予算

第 3 議第 2号 平成9年度土岐市曽木地区市有林管理特別会計予算

第 4 議第 3号 平成9年度土岐市下水道事業特別会計予算

第 5 議第 4号 平成9年度土岐市簡易水道特別会計予算

第 6 議第 5号 平成9年度土岐市交通災害共済特別会計予算

第 7 議第 6号 平成9年度土岐市国民健康保険特別会計予算

第 8 議第 7号 平成9年度土岐市自動車駐車場事業特別会計予算

第 9 議第 8号 平成9年度土岐市老人保健特別会計予算

第10 議第 9号 平成9年度土岐市病院事業会計予算

第11 議第10号 平成9年度土岐市水道事業会計予算

第12 議第11号 平成8年度土岐市一般会計補正予算(第6号)

第13 議第12号 平成8年度土岐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

第14 議第13号 平成8年度土岐市病院事業会計補正予算(第2号)

第15 議第14号 土岐市行政手続条例について

第16 議第15号 土岐市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について

第17 議第16号 土岐市非常勤の特別職等の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

第18 議第17号 土岐市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例について

第19 議第18号 土岐市積立基金条例の一部を改正する条例について

第20 議第19号 土岐市高額療養費貸付基金条例の一部を改正する条例について

第21 議第20号 土岐市国民健康保険条例の一部を改正する条例について

第22 議第21号 土岐市美濃焼産業活性化委員会設置条例について

第23 議第22号 土岐市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例について

第24 議第23号 土岐市都市公園条例の一部を改正する条例について

第25 議第24号 土岐市下水道条例の一部を改正する条例について

第26 議第25号 土岐市水道事業給水条例の一部を改正する条例について

第27 議第26号 土岐市簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例について

第28 議第27号 土岐市立病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例について

第29 議第28号 市道路線の認定について

第30 議第29号 損害賠償の額を定めることについて

第31 9請願第1号 消費税5%の中止を求める請願書について

第32 9請願第2号 消費税の増税中止を求める請願書について

第33 9請願第3号 消費税五%の中止を求める請願書について

第34 9請願第4号 消費税の増税中止を求める請願書について

第35 9請願第5号 雇用促進事業団の存続についての請願書について

第36 議第31号 土岐市監査委員の選任同意について

第37 議員提出第1号 医療保険制度の充実を求める意見書の提出について

第38 議員提出第2号 廃棄物の不法投棄に関する特別宣言決議について

 =====================

本日の会議に付した事件

 日程第 1 会議録署名議員の指名

 日程第 2 議第1号=ないし日程第38 議員提出第2号

 =====================

出席議員 25名

  1番  曽我 孜君

  2番  速水栄二君

  3番  久米要次君

  4番  金津 保君

  5番  奥村関也君

  6番  土本紳悟君

  7番  山田重夫君

  8番  佐々木武彦君

  9番  加藤昊司君

 10番  石川嘉康君

 11番  南 孝司君

 12番  日比野金六君

 13番  日比野富春君

 14番  矢島成剛君

 15番  長江昭造君

 17番  塚本俊一君

 18番  林 宏美君

 19番  小関祥子君

 20番  板垣和彦君

 21番  梶間登志夫君

 22番  木原 功君

 23番  和田全弘君

 24番  林 力三君

 25番  梶田晃君

 26番  加藤弓弦君

 =====================

欠席議員 なし

 =====================

説明のため出席した者の職氏名

 市長                塚本保夫君

 助役                安藤富夫君

 収入役               林 泰弘君

 企画部長              澤田 勝君

 総務部長              小林貞夫君

 市民部長兼福祉事務所長       塚本 賢君

 経済環境部長            川守武昌君

 建設部長              山田征夫君

 水道部長              山口斉昭君

 総合病院事務局長          水野敏雄君

 消防長               福岡徳茂君

 企画部次長兼総合政策課長      佐分利謙朗君

 総務部次長兼税務課長        加藤精吾君

 建設部次長兼都市計画課長      中島宣明君

 調整監兼衛生センター所長      沢田 孝君

 調整監兼浄化センター所長      加藤喜代美君

 総合病院事務局次長兼総務課長    中嶋洋次君

 総務課長              大野信彦君

 秘書広報課長            白石 聰君

 管財課長              松井信隆君

 しあわせ援護課長兼福祉事務所次長  松原晃正君

 いきがい福祉課長          日東勝郎君

 商工観光課長            水野英彦君

 農林課長              石川孝之君

 生活環境課長            藤井 孝君

 下水道課長             後藤 湊君

 収入役室長             柴田凡人君

 恵風荘長              虎沢 章君

 環境センター所長          鈴木勝利君

 消防次長兼消防署長         吉川時行君

 教育長               塚本文熙君

 調整監兼文化振興課長        三輪洋二君

 庶務課長              福岡洸司君

 スポーツ振興課長          伊藤幸和君

 =====================

議会事務局職員出席者

 局長                柴田一成君

 次長                小川善太郎君

 書記                中島英策君

 =====================

 午前9時03分開議



○議長(林宏美君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまから去る3月12日に続いて本日の会議を開きます。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林宏美君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、曽我 孜君及び速水栄二君を指名いたします。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林宏美君) この際、事務局長に諸般の報告をいたさせます。



◎議会事務局長(柴田一成君) 諸般の報告をいたします。

 本日の会議に説明員として出席報告のありました者の職氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(林宏美君) 諸般の報告につきましては、ただいま事務局長の申し上げたとおりでありますので、ご了承を願います。

 ここで暫時休憩をいたします。

 午前9時05分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午前9時09分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 手続上の不備がありましたので、再開をいたしますが、9請願第5号 雇用促進事業団の存続についての請願についての内部審査を文経常任委員会に付託をいたします。

 ここで暫時休憩をいたします。

 午前9時10分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午前10時14分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議案の審議に入ります。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林宏美君) 日程第2 議第1号 平成9年度土岐市一般会計予算から日程第35 9請願第5号 雇用促進事業団の存続についての請願についてまでの34件を一括して議題といたします。

 ただいま議題となりました一括34件については、去る3月11日、今期定例会第2日目の本会議において、それぞれの常任委員会に休会中の内部審査を付託してありますので、その結果について委員長の報告を求めます。

 文教経済常任委員長 木原 功君。

 〔文教経済常任委員長 木原 功君登壇〕



◆文教経済常任委員長(木原功君) 文教経済常任委員会の委員長報告を申し上げます。

 今期定例会第2日目の本会議におきまして、我々文教経済常任委員会に休会中の審査を付託されました案件につきまして、去る3月13日、委員会を開き、慎重に審査しましたので、その経過と結果についてご報告申し上げます。

 議第1号 平成9年度土岐市一般会計予算中、歳出の部所管部分につきまして、初めに教育委員会関係から審査に入り、教育費、教育総務費、教育委員会費の報酬で、教育委員の報酬額の基準について質疑がなされ、執行部から、報酬額については、特別職の報酬条例で決めており、近隣各市の状況を見ながら、大きな差はないよう数年に1回の改定をしており、議会の議決をいただいている旨の答弁がございました。

 続いて、需用費の食糧費について、報酬を支払った上に食糧費も支出するのでなく、食糧費をとめて報酬額を上げたらどうかと質疑がなされ、執行部から、教育委員の出勤回数や内容等を考えても、大変ご苦労をかけているので、今後検討していく旨の答弁がございました。

 さらに、教育委員会で食糧費について、対前年度比の差額について質疑がなされました。執行部から、食糧費は平成8年度が214万5,000円、平成9年度が226万5,000円で、12万円の増となっているが、臨時で36万円増えているので、従前からのものは12万円減っている旨の答弁がございました。

 次に、事務局費、負担金補助及び交付金で、幼稚園及び小・中学校遠距離通学補助について、対象者人数と、バスがない地域、いわゆる自転車通学の場合の試算基準について質疑がなされ、執行部から、対象者の幼稚園児は3人、小学生は31人、中学生は4人、転入を5人見込んで、合計43人で計上し、定期の場合は3分の2で、バスがない地域は1カ月1,000円である旨の答弁がございました。

 次に、教育指導費、報酬で、教育相談委員報酬の内容について質疑がなされ、執行部から、この報酬は嘱託指導員として毎日2名出勤していただく報酬で、内容は電話相談とか、学校へ行けない子供が数人いるので、浅野教室で一緒に勉強したりして心をほぐしている旨の答弁がございました。

 次に、幼稚園費、賃金で、教諭賃金に関連をして、専任園長の考え方について質疑がなされ、執行部から、学級数が増えないため、教諭の年齢が高齢化していくということで、ある程度の年齢になったら園長になってほしいという考えを持っており、専任園長を増やしていく考えでおり、幼稚園と保育園の人事交流を行い、幼稚園と保育園の園長先生になる人の年齢をできるだけそろえるような形で昇格させている。保父の採用など、チームワークの面から男の先生も必要と思っているので、そうなれば男の園長も専任できると考えている旨の答弁がございました。

 次に、社会教育費、公民館費、役務費の手数料について質疑がなされ、執行部から、駄知公民館建設は体育館も含めて改築するよう検討しており、隣接する区域の土地、家屋の鑑定料である旨の答弁がございました。

 次に、青少年育成費、委託料の成人式アトラクション委託について、成人式を各校下で同窓会形式にするなど変更する考えはないかと質疑がなされ、執行部から、アンケート調査の結果、7割近くが続行してもらいたいという要望があり、今後も内容に区切りをつけ、短時間に行うようにいく旨の答弁がございました。

 次に、青少年活動センター受託事業費、工事請負費の整備工事の内容について質疑がなされ、執行部から、遊具、焼却炉の取りかえ工事である旨の答弁がございました。

 次に、環境経済部の審査に入り、衛生費、保健衛生費、環境衛生費負担金補助及び交付金で、合併浄化槽設置事業補助金の1件当たりの補助金額について質疑がなされ、執行部から、10人槽未満が1基当たり46万3,000円で15基、10人槽以上が82万4,000円で35基を予定している旨の答弁がございました。

 続いて、設置者に対して10人槽の場合の補助率について質疑がなされ、執行部から、10人槽でメーカーによって異なるがおおむね150万円程度かかるので、補助率は40%から50%ぐらいである旨の答弁がございました。

 さらに、補助対象区域について質疑がなされ、執行部から、大きく分けて公共下水道区域以外と農業振興区域が対象地区になる旨の答弁がございました。

 次に、リサイクル事業費の新規事業の内容と目的について質疑がなされ、執行部から、リサイクル推進室の一番の目的としまして、市民の方へ資源の有効利用の啓蒙が最大の仕事と考えており、平成6年度から再生紙トイレットペーパーの使用を通じリサイクルの大切さを訴えてきたが、今回小学生を対象にビデオテープを作成して、家族を含めて資源の大切さを訴えたいと考えている旨の答弁がございました。

 次に、商工費、商工振興費、工事請負費の(仮称)どんぶり会館建設工事に関連して、どんぶり会館は県でなく市が主体で建設することになった経緯と、歩道橋も含めた財源内訳について質疑がなされ、執行部から、県知事から提案を受けたという考え方を持っているので、県で行っていただけるという期待もあったが、最終的に市が主体で行うことになり、県に対しては、年度途中であるが、大型補助の補正をお願いしたいと申し入れをしている。また財源内訳については、9億7,686万円のうち、地総債として5億160万円を予定し、ふるさと創生資金の繰り入れとして7,770万円、一般財源として3億9,756万円であり、歩道橋の工事費は県が1億5,000万円で、市の単独財源で建設費の道路橋梁費で1億円、合計2億5,000万円である旨の答弁がございました。

 次に、会館建設後の採算性について質疑がなされ、執行部から、道の駅機能についての必要駐車枠数、公衆トイレの利用数、レストラン利用方式等があり、これにより算出したものであり、年間トータルは16万人という数字を算出しているが、すべて会館の販売に貢献するかどうかが一番問題であり、周辺の瑞浪陶磁器プラザ、美濃焼団地の陶磁館、品野の陶磁器センター等の各調査をしており、将来的にはイベント等で焼き物を全面に押し出した特異な観光施設として集客効果を上げなければならないと考えている。アルプスを背負った景観のよいセラテクノ土岐との一体活用をし、ユニークな道の駅機能としてのPRをしていきたい旨の答弁がございました。

 次に、道の駅との合体で共同物産販売を行うところが多いが、その考えはあるかと質疑がなされ、執行部から、どんぶり会館推進事業の中で味おこし委員会という組織があり、特産品の開発、レストランメニューの選考、名物料理の仕掛け、朝市、陶器焼き物市の実施の取り組みなど、どんぶり会館を拠点として考えている旨の答弁がございました。

 次に、経営主体について質疑がなされ、執行部から、第三セクターは景気が低迷の状態であり、民間ニーズは高まりが見えないし、市工連については業界の活性化の方向へ生き残りをかけていきたいという中、ブランドの確立を目指し、セラテクノ土岐とのタイアップの方向性を導き、地域起こしのステップとして活用できるよう、伝産会館と同じように全面委託を想定して、現在、市工連と協議中である旨の答弁がございました。

 本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第2号 平成9年度土岐市曽木地区市有林管理特別会計予算について、歳入の部、繰入金、基金繰入金の基金残高について質疑がなされ、執行部から、平成7年度末残高は800万2,000円である旨の答弁がございました。

 続いて、基金は2年ぐらいでなくなるので、ヒノキを売って収入にするが、ヒノキは50年ぐらいたたないと売れないということになると、その後はどうなるかと質疑がなされ、執行部から、平成9年度の予算組み時にも心配があったが、管理委員会に実情を話し、歳出を少なくし、ヒノキは50年ぐらいで市場に出るので、そのような場所を調査し、値段の高い時期に売るように考え、検討している旨の答弁がございました。

 本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第5号 平成9年度土岐市交通災害共済特別会計予算について、歳入の部、財産収入、財産運用収入の基金残高について質疑がなされ、執行部から、基金として4,514万4,000円ある旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第7号 平成9年度土岐市自動車駐車場事業特別会計予算について、消費税はどうなっているか質疑がなされ、執行部から、消費税は内税となり、当分見合わせることになっているので、税務署へ支払う消費税は平成8年度は1.03、平成9年度は1.05を支払い、料金には上乗せしていない旨の答弁がございました。

 続いて、市がJRから土地を買って、市外居住者の駐車が多いので、税金を取ったらどうかと質疑がなされ、執行部から、付近の駐車場経営者から料金が安いという話は聞いているが、居住地別に料金を取ることは有人化でも無理だと考えており、駐車場の回転率をよくするために、時期を見て料金改定しなければならないと思っているが、当分の間はこのままの状態でお願いしたい旨の答弁がありました。

 本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第11号 平成8年度土岐市一般会計補正予算(第6号)中、歳出の部所管部分について、衛生費、清掃費、し尿処理費、補償補填及び賠償金の交通事故賠償金で金額決定の内容について質疑がなされ、執行部から、全国市有物件災害共済会は一切交渉してくれませんので、職員がすべて対応し、全国市有物件災害共済会と相談しながら過失割合を決定し、今回は止まっているものに被害を与えた。100%こちらが悪く、見積額の100%を支払うが、全国市有物件災害共済から後日100%入ってくるので、市としては差し引きゼロである旨の答弁がございました。

 本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第21号 土岐市美濃焼産業活性化委員会設置条例について、第2条中、「市長の諮問に応じ」とあるが、委員の中からそういう意向があっても、市長が諮問しなければできないのか、また、議会の条例を見ると、モニター制度があっても、一度も行われていないが、今回もつくっただけで終わってしまうのではないかと質疑がなされ、執行部から、この諮問は活性化あるいは高度化についてなど、広く美濃焼の活性化について諮問をしたいということであり、委員の意見をほかっておくということではない。業界は今大変な時期を迎えており、早急に諮問事項を精査して、諮問したいと考えている旨の答弁がございました。

 次に、第3条の委員20名の比率について質疑がなされ、執行部から、人数の制限は20名以内ということでアドバイザーや分科会の関係もあり、流動的な部分で委員の増減を考えており、人数の固定はしない旨の答弁がございました。

 最後に、第3条第2項の3、その他市長が必要と認める者のうち一般市民から公募するような新しい視野を持つことが必要ではないか、また委員会設置はよいが、形式によらない、心から零細企業を助けることを十分配慮してほしい要望があった後、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第29号 損害賠償の額を定めることについて、事故直後の対応について質疑がなされ、執行部から、最初に衛生センターに連絡が入り、現場に行く間時間がかかるので、警察へ事故の届け出をするよう指示をして現場に向かい、物損の場合は警察へ行って話をする旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、9請願第5号 雇用促進事業団の存続についての請願については、委員全員の意見を聞く中、事業団のできた経緯から見ていろいろな面で土岐市にとっても事業団の果たした役割は非常に大きく、時代が変わったから必要ではなく、むしろ支援するのが私たちの役割であることから、存続に賛成の意見、国では行革を進めようとしている矢先であり、特殊法人の運営金は一部公のお金を使っており、事業団理事長の退職金が一、二年いただけで2,000万円から3.000万円上がり、国民感情からしてよくないと考え、存続に反対の意見、また、判断する材料が非常に多いため、継続してはどうかなど、十分論議をした中で、全体を採択するのでなく、請願書の一部について採択をしたらどうかという意見が出され、それについては「他市でも例があり、杓子定規に考えれば、請願全体に対して議会の意思を決めるべきで、全体ならだめということでは請願が生かされない。1個でも2個でも採択になれば、そのかいがあったと考えられるので、一部を採択されることもこの議会の請願人への配慮であればベターではないかということで、かなり多くの議会で行われているのが現実である」という例が示され、検討した結果、採決に入り、本請願は一部採択すべきものと賛成多数で決めました。

 以上が我々文教経済常任委員会の審査の結果でございます。何とぞ我々委員会の審査結果にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、委員長の報告といたします。



○議長(林宏美君) 市民厚生常任委員長加藤昊司君。

 〔市民厚生常任委員長 加藤昊司君登壇〕



◆市民厚生常任委員長(加藤昊司君) 市民厚生常任委員会の委員長報告を申し上げます。

 今期定例会第2日目の本会議におきまして、我々市民厚生常任委員会に休会中の審査を付託されました案件につきまて、去る3月17日、委員会を開き、慎重に審査を行いましたので、その経過と結果についてご報告申し上げます。

 議第1号 平成9年度土岐市一般会計予算中、歳出の部所管部分について、民生費、社会福祉費、社会福祉総務費、委託料で福祉バス運行委託料について質疑がなされ、執行部から、委託契約の内容が1年となっており、毎年契約し、内容については平成8年度と同じ路線で、時間については若干の変更をして、4月上旬に時刻表を全戸配布して、5月1日から実施する予定であり、それに伴い福祉バスの停車場の看板の設置委託料を予算化し、それぞれのバス停に見やすい看板を新しく設置する旨の答弁がありました。

 次に、老人福祉費、扶助費の在宅老人日常生活用具給付費の内訳について質疑がなされ、執行部から、特殊寝台が35台、緊急通報装置が50台、そのほかエアーパット、車いす、入浴の補助具、歩行支援具である旨の答弁がありました。

 次に、憩いの家費で、妻木町に憩いの家の活用について質疑がなされ、執行部から、使用頻度が低く、地元からぜひ地元の集会所として使用させてほしいとの要望の中で、今委託管理をして、憩いの家として使用しないときは地元で使っていますが、現段階では憩いの家として設置しておりますので、そのような運営をしていきたい旨の答弁がありました。

 本件について原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第6号 平成9年度土岐市国民保険特別会計予算について、療養給付費の関係で、医療費の一部負担の改正を見込んでいるかと質疑がなされ、執行部から、一部負担の改正を見込んだ計算はしてないと旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第8号 平成9年度土岐市老人保健特別会計予算について、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第9号 平成9年度土岐市病院事業会計予算について、総合病院の第3期増築工事で病院と老健の内訳について質疑がなされ、執行部から、平成8年度で病院が1億8,963万8,000円、老健が1億4,234万2,000円、平成9年度は、病院が3億2,135万円、老健が2億1,850万5,000円、平成10年度では、病院が10億7,896万5,000円、老健が14億1,854万5,000円である旨の答弁がありました。

 次に、職員の駐車場整備で、何台駐車できるか、また土地の借りる相手について質疑がなされ、執行部から、約130台駐車の確保ができ、借地面積は3,790平方メートルで、借地相手は下石町の工業組合である旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第11号 平成8年度土岐市一般会計補正予算(第6号)中、歳出の部所管部分については、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第13号 平成8年度土岐市病院事業会計補正予算(第2号)について、総合病院の建設時に国、県の補助金は1%だと思いますが、今回は5%ほどあるが、基準が変わったかとの質疑がなされ、執行部から、今回の老健施設の補助対象施設は保健衛生施設等整備費の国庫補助金を受けており、総合病院の建設当時とは別の補助金を受けているため率が高くなっている旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第18号 土岐市積立基金条例の一部を改正する条例について、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第19号 土岐市高額療養費貸付基金条例の一部を改正する条例について、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第20号 土岐市国民保険条例の一部を改正する条例については、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第27号 土岐市病院使用料及び手数料の徴収条例の一部を改正する条例について、執行部から説明があり、質疑終了後、討論に入り、4月1日からの実施について企業努力が足りないのではないかとの反省を求める意味から、この条例改正に反対するとの討論があり、次に、消費税が上がるのは確実であるので、この条例改正に賛成する討論があり、採決の結果、本件については原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 以上が我々市民厚生常任委員会の審査の結果でございます。何とぞ我々委員会の審査結果にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、委員長の報告といたします。



○議長(林宏美君) 建設水道常任委員長 塚本俊一君。

 〔建設水道常任委員長 塚本俊一君登壇〕



◆建設水道常任委員長(塚本俊一君) 建設水道常任委員会の委員長報告を申し上げます。

 今期定例会第2日目の本会議におきまして、我々建設水道常任委員会に休会中の審査を付託されました案件につきまして、去る3月19日、委員会を開き、慎重に審査しましたので、その経過と結果についてご報告申し上げます。

 議第1号 平成9年度土岐市一般会計予算中、歳出の部所管部分について、土木費、道路橋梁費、道路新設改良費、工事請負費で駄知町追分道路新設改良工事について質疑がなされ、執行部から、総延長で350メートルで、今年度完成予定である旨の答弁がありました。

 続いて、補償補填及び賠償金で、家屋補償移転は何軒か質疑がなされ、執行部から、2軒である旨の答弁がありました。

 次に、土木費、河川費、工事請負費で、改修工事と維持工事の違いについて質疑がなされ、執行部から、路線を全体的に計画し施工することを改修工事、小さな損傷箇所、応急的に施工することを維持工事と言う旨の答弁がありました。

 次に、土木費、都市計画費、都市計画総務費、負担金補助及び交付金で、市街地再開発準備組合等補助金は新たにできる組合に補助するものかと質疑がなされ、執行部から、駅前第2地区に準備組合ができおり、活動費として補助する旨の答弁がありました。

 次に、土木費、住宅費、住宅管理費に関連して、市営住宅の戸数と空き部屋数について質疑がなされ、執行部から、市営住宅は544戸で、うち空き家は20戸ある旨の答弁がありました。

 続いて、入居者募集の方法について質疑がなされ、執行部から、募集については公募が原則であり、空いたからといってすぐ公募するのではなく、10戸程度空いたら公募する方法で行っており、その結果一時的に10戸未満の空き状態が生じるが、今後もその方法で募集していきたい。なお、年間の募集回数は三、四回程度である旨の答弁がありました。

 次に、住宅費、住宅建築費、工事請負費について、開発公社が昭和51年に泉北県営住宅として売却したが、一部空き地になっており、この場所で建てかえできないかと質疑がなされ、執行部から、国の方針が新設よりもその場で建てかえをするという方向にあることから、追沢住宅の建てかえは国の方針どおり、新設より、老朽化したものを再生するという意味でとらえている。しかし、市としても泉北県営住宅用地に早く建てていただきたい希望を持っているので、今後もお願いをしていきたい旨の答弁がありました。

 次に、特定公共賃貸住宅の内容について質疑がなされ、執行部から、中層階級も入居できる状況で受け皿を設け、若い夫婦も入居でき、かつ高齢者世帯にも段差の解消をするなど、住みやすい住環境住宅である旨の答弁がありました。

 以上、質疑終了後、討論に入り、歳出で消費税をかけなければならないという部分で地方自治体は自治権を発揮し、取り除くことを努力すべきで、この予算には賛成できないとする反対討論があり、次に、消費税を上げることは国の施策であり、十分検討されており、賛成するとの賛成討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第3号 平成9年度土岐市下水道事業特別会計予算について、歳入、歳出で消費税2%分の金額還付分の仕組みについて質疑がなされ、執行部から、消費税の歳入、歳出は差し引き3,796万円不足となり、還付金が翌年度2,200万円程度入り、差し引き1,595万円の負担増となり、基本的には歳入に対する消費税、歳出に対する消費税を差し引きし還付金となる旨の答弁がありました。

 次に、下水道普及率、工事の苦情について質疑がなされ、執行部から、普及率は平成9年2月末で53.5%、交通規制による待ち時間が長い等の苦情があり、当該区域沿線の住民に周知徹底し、カーブミラー等の設置による対応している旨の答弁がありました。

 次に、肥田川幹線は駄知の地区に入ってくるが、稚児岩は岩盤が多く、河川敷に下水道管渠施工と同時に歩道をつくったらどうかと要望がなされ、執行部から、河川敷は管理上の許可が難しく、既存の側溝にふたをし歩道にするよう県にお願いしている旨の答弁がありました。

 以上、質疑終了後、討論に入り、消費税は1戸当たり2,880円使用料に含まれ、還付金が1,595万円あるが、市民、自治体に被害を与えるのでこの予算には賛成できないとする反対討論があり、次に、国の施策であるとの賛成討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第4号 平成9年度土岐市簡易水道特別会計予算については、執行部から説明があり、質疑終了後、討論に入り、消費税問題で305世帯、山紫水明の方々にも被害が及ぶので、この予算には賛成できないとする反対討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第10号 平成9年度土岐市水道事業会計予算について、今回の値上げは消費税だけで、近い将来料金改定をするか質疑がなされ、執行部から、平成4年度に料金改定をしたが、水道事業会計においては三、四年に一度は改定することが望ましく、既に5年を経過し、積立金の取り崩して補填している状況であり、また、現在実施している第7次拡張計画においても相当の資金需要が必要であり、検討中であるが、10年度には料金改定に取り組みたい旨の答弁がありました。

 以上、質疑終了後、討論に入り、消費税は1世帯当たり1,329円で、料金値上げに等しく、この予算には賛成できないとする反対討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第11号 平成9年度土岐市一般会計補正予算中(第6号)、歳出の部所管部分は、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第12号 平成9年度土岐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第22号 土岐市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例について、執行部から説明があり、質疑終了後、討論に入り、消費税問題でこの条例には賛成できないとする反対討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第23号 土岐市都市公園条例の一部を改正する条例について、執行部から説明があり、質疑終了後、討論に入り、消費税問題でこの条例には賛成できないとする反対討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第24号 土岐市下水道条例の一部を改正する条例について、料金改定について質疑がなされ、執行部から、平成8年7月から14.6%の改定をし、平成12年度まで料金改定をしない旨の答弁がありました。

 以上、質疑終了後、討論に入り、議第3号議案と同じ理由でこの条例には賛成できないとする反対討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第25号 土岐市水道事業給水条例の一部を改正する条例について、執行部から説明があり、質疑終了後、討論に入り、議第10号と関連議案で、消費税付加の理由でこの条例には賛成できないとする反対討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第26号 土岐市簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例について、執行部から説明があり、質疑終了後、討論に入り、消費税を導入した結果が地方自治体の負担を多くする理由でこの条例には賛成できないとする反対討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第28号 市道路線の認定について、既存道路か新たな道路を認定するのか質疑がなされ、執行部から、既存の林道が東海環状自動車道に支障を来すため、その機能回復道路として別の箇所に新設し、この用地に民地が含まれ、買収に当たっては税法上の問題があり、また、道路建設を建設省で行っていただくため市道にしようとする旨の答弁がありました。

 次に、ハイテクロード南北線及び南インターを絡めた周辺道路として幅員について質疑がなされ、執行部から、道路に接続する市道の拡幅は地元用地関係者に理解を得ながら努力するということで理解を得たという旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 以上が我々建設水道常任委員会の審査の結果でございます。何とぞ我々委員会の審査結果にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、委員長報告といたします。



○議長(林宏美君) 企画総務常任委員長 梶田 晃君。

 〔企画総務常任委員長 梶田 晃君登壇〕



◆企画総務常任委員長(梶田晃君) 企画総務常任委員会の委員長報告を申し上げます。

 今期定例会第2日目の本会議におきまして、我々企画総務常任委員会に休会中の審査を付託されました案件につきまして、去る3月19日、委員会を開き、慎重に審査を行いましたので、その経過と結果についてご報告申し上げます。

 議第1号 平成9年度土岐市一般会計予算中、歳入の部全部、歳出の部所管部分、その他所管部分で、初めに歳入の部で地方財政計画と土岐市の収入の違いについて質疑がなされ、執行部から、地方財政計画とは政府が翌年度の地方財政全体約3,300の地方自治体の歳入歳出の見積もりを出したものであり、それぞれの自治体において個別の事情があり、地方財政計画とイコールになるものではない旨の答弁がありました。

 次に、市税、市民税の納税義務者の過去の推移について質疑がなされ、執行部から、所得割額を納める方の納税義務者は、9年度予算で3万323人、8年度は3万168人、7年度は3万396人、6年度は3万203人で、ほぼ横ばいの状況である旨の答弁がありました。

 次に、財産収入、財産運用収入、財産貸付収入で、土地貸付収入の収入増について質疑がなされ、執行部から、市有地を貸している土地で、地代の低いところについては固定資産税の税額2.5倍に近づけていきたく、15%の負担増を見込んでいる旨の答弁がありました。

 続いて、高い地代と低い地代とのばらつきがなぜあるのかと質疑がなされ、執行部から、市が発足してから貸しつけた土地もあり、承継財産、いわゆる旧町村時代から貸しつけていた土地もあり、また地域の開発等により形状変更による部分があり、今日に至り相当の開きが出ている旨の答弁がありました。

 次に、歳出の部、総務費、総務管理費、文書費、委託料、広報等配布業務委託料で委託に出す費用と職員で配布する費用の比較について質疑がなされて、執行部から、具体的な比較はしてないが、各課にまたがり、業務に支障を来しており、委託したい旨の答弁がありました。

 次に、財産管理、補償補填及び賠償金で、地元の意見と企業について質疑がなされ、執行部から、会社名はコモで、パンの製造をしており、地元では公害の発生する企業でないということで賛成している旨の答弁がありました。

 次に、電算管理費、委託料、システム開発委託料で役所の中で横との連絡をとって検討しているかとの質疑がなされ、執行部から、現在プロジェクトチームを設置し、検討中である旨の答弁がありました。

 続いて、スムーズに出せるようなシステムの開発をして市民サービスを行政が行うべきではないかと質疑がなされ、執行部から、プライバシーの問題もあり、十分考慮して、立派な電算システムにしていきたい旨の答弁がありました。

 以上、質疑終了後、討論に入り、国の政策の中でも言われています公共事業の見直しの点でどんぶり会館等建設の時期、それから首都圏機能移転についてはゼネコン奉仕のむだ遣いであるということで、誘致のための予算が多く増えていることに賛成できないことから、この予算に反対するとの討論があり、次に消費税の上がる中、市の執行部におかれ十分慎重審議されており、この予算に賛成するとの討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第11号 平成8年度土岐市一般会計補正予算(第6号)中、歳入の部全部、歳出の部所管部分、その他所管部分で、解約補償料の単価について質疑がなされ、執行部から、生産森林組合との協議の中、公共事業の用に供する場合は坪当たり750円、民間事業の用に供する場合は1,150円の合意ができており、今回は公共事業の用に供しますので、坪当たり750円である旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第14号 土岐市行政手続条例については、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第15号 土岐市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例については、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第16号 土岐市非常勤の特別職等の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例については、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第17号 土岐市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例について、救急救命士の手当について質疑がなされ、執行部から、現在普通の救急隊員は260円の手当があり、救急機関員については360円の手当があり、救急救命士は国家資格を持って職員の指導また現場での責任を考慮し、510円の手当をお願いしたい旨の答弁があり、続いて、510円の根拠について質疑がなされ、執行部から、平成8年度地方交付税の算定基準の基礎金額である旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、9請願第1号 消費税5%の中止を求める請願書についてから、9請願第4号 消費税の増税中止を求める請願書について、閣議決定しており、衆議院でも可決されており、消費税の引き上げもやむを得ないとの意見が多く、採決の結果、反対多数で不採択と決めました。

 以上が我々企画総務常任委員会の審査の結果でございます。何とぞ我々委員会の審査結果にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、委員長の報告を終わります。



○議長(林宏美君) ここで暫時休憩いたします。

 午前11時02分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午前11時08分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ通告による質疑はありません。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 これより議案を分割して、討論、採決を行います。

 日程第2 議第1号 平成9年度土岐市一般会計予算について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 議第1号の平成9年度土岐市一般会計予算についての反対討論を行います。

 地域の特性を生かした自前のまちづくりを進めるとして、特にこのたびの予算は効率効果を念頭に編成をされたということですけれども、そのことは福祉とか教育、文化や医療、環境、産業等々、ソフト面で評価できるものが非常に多く見られます。しかし、そのタイトルとは矛盾するとしか考えられないような以下数点を理由として、問題提起の意味で反対討論といたします。

 歳入では、バブル崩壊後の地価低落にありながらも、固定資産税の評価基準は従来とおりでありまして、この見直しがなされていないために、市民負担は少しも減少していないということ。また、特別減税の中止に伴う市税の実質増税が2億1,600万円と見込まれて、これは単純計算1人当たり3,247円、1戸当たり1万519円というような増税となっているという、これが歳入の一つの基幹をなしているということ。そして、歳出では、その予算全体に含まれる消費税の2%相当額というのは、質疑で明らかにしましたように、1億2,700万円もその内容を実は実質的に圧迫している。こういう状況ですから、そういった中で、歳出上、首都機能移転関連、それから国際陶磁器テーマパーク関連、(仮称)どんぶり会館、リサーチパーク関連などなど、こういった種類のゼネコン奉仕型、環境問題に及ぼすもの、箱物重点、こういったことなど、壮大なむだ遣いにつながるものではないか。

 以上の理由であります。



○議長(林宏美君) 6番 土本紳悟君。

 〔6番 土本紳悟君登壇〕



◆6番(土本紳悟君) 議第1号 平成9年度土岐市一般会計予算について、賛成討論を行います。

 本件については、各常任委員会においてそれぞれ所管部分について慎重審議され、原案可決をみているものであり、厳しい財政状況の中、総合計画をそれぞれ網羅された内容となっており、また、消費税関連について、一連の税制改革の中で国の施策として実施されるものでありますが、本予算においては大部分の使用料、手数料において2%増税分の転嫁が見込まれているものであり、財源の確保、財源の配分等、財政的な努力の跡を認められるものと考えております。

 以上申し上げて、賛成討論といたします。



○議長(林宏美君) 17番 塚本俊一君。

 〔17番 塚本俊一君登壇〕



◆17番(塚本俊一君) 議第1号 平成9年度土岐市一般会計予算に対する賛成討論を行います。

 国においては、4月1日より消費税率を3%から5%へ引き上げをすると決めておりますが、税率の引き上げ決定の前提条件となります社会保障などの財源確保、行政、財政改革の推進状況、消費税などの課税適正化など、総合的に勘案するということが第一義であります。しかし、いまだ消費者が納めた税が国庫に入らないという不公正な益税問題、食料品の非課税、年金生活者等の低所得者に対する政策的配慮など、消費税の逆進性を是正するための措置が講じられてないままで税率引き上げは景気回復に悪影響を及ぼし、市民に新たな負担を強いるものであり、理解しがたいものであります。

 土岐市におきましては、使用料及び手数料において消費税2%引き上げ分を転嫁しない予算になっており、行財政改革を前向きに取り組み、今後少しでも市民の負担を軽くすべく努力をされ、また、今後も努力をしようとされている姿勢を評価をいたすわけであります。また、特別会計、企業会計などにおける消費税2%引き上げ分上乗せ予算については、支払いにかかわる分は消費税5%を含め支払いをしなければならないものであります。また、それにかかわる消費税2%引き上げによる条例改正を含め、健全地方自治体の行政経営をするためにはやむを得ないと考えるわけであります。また、我々公明党として塚本保夫土岐市長を推薦して市長選に臨んだわけでありまして、土岐市議会においては塚本保夫土岐市政の与党としての立場を考慮させていただき、議第1号 平成9年度土岐市一般会計予算に賛成をいたします。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論ありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって第1号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第3 議第2号 平成9年度土岐市曽木地区市有林管理特別会計予算について討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立全員であります。

 よって第2号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第4 議第3号 平成9年度土岐市下水道事業特別会計予算及び日程第5 議第4号 平成9年度土岐市簡易水道特別会計予算の2件を一括して討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 議第3号の土岐市下水道特別会計予算についての反対討論を行います。

 これと同時に議第4号の土岐市簡易水道の特別会計予算についても、ただいまから反対理由を申し上げますが、これは委員会での審議、そして本会議での質疑を通して、このたびの消費税導入における転嫁が使用料増加分として、下水道の場合では886万4,000円がつまりこの2%相当分として使用料に上乗せされるわけです。これは1戸当たり1,152円ということになるわけですけれども、これは2%に該当する部分ですから、これまで払ってきた3%分ということで、要するに5%はつまり消費税ということになるわけですから、この分で試算をしてみれば、何と2,880円という消費税分を払っていかざるを得ないと、こういう状況であり、また、これは自治体の被害としても、還付消費税がありながらも、1,595万円の自治体被害が歳出部分で出てくる。こういうことが明らかになったわけでありますし、いずれにしても、この部分と、第4号の簡易水道特別会計においては、金額は少ないですけれども、2%相当分が29万2,000円、これは350戸の加盟があるわけですから、このアップ分だけで少なくとも350円です、1戸当たり350円の値上げになり、消費税分5%と考えますと、875円の消費税分をこれから水道料金で払っていくことになるわけです。いずれにしても、この3号下水道、簡易水道も含めて、この特別会計予算、避けて通れない内容でありますが、こういった内容を生きるための必要最小限のものにかけられてくる消費税が、これは地方自治体としての自治権を発揮するという形の中では、とられておる、試みられている自治体も実際にはあるわけです。そういうふうなことで努力されるべきではないかと、こういう立場から、消費税絶対に1円も許せないという立場からの反対であります。



○議長(林宏美君) 1番 曽我 孜君。

 〔1番 曽我 孜君登壇〕



◆1番(曽我孜君) 議第3号 平成9年度土岐市下水道事業特別会計予算及び議第4号 平成9年度土岐市簡易水道特別会計予算について、賛成討論をいたします。

 下水道事業につきましては、都市基盤整備の根幹をなすものであり、事業の推進を望むものでございます。また、消費税関連につきましては、下水道事業、簡易水道事業ともに課税事業として納付義務もあり、制度上いたし方ないものと考えます。

 以上申し上げまして、賛成討論といたします。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本2件に対する委員長の報告は可決であります。

 本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって第3号議案及び第4号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第6 議第5号 平成9年度土岐市交通災害共済特別会計予算について討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立全員であります。

 よって第5号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第7 議第6号 平成9年度土岐市国民健康保険特別会計予算について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。19番 小関祥子君。

 〔19番 小関祥子君登壇〕



◆19番(小関祥子君) 議第6号 平成9年度土岐市国民健康保険特別会計予算に対する反対討論を行います。

 国の社会保障構造改革の名で医療保険制度の改悪が進められようとしています。健康保険本人の自己負担は1割から2割に引き上げ、将来は国保と同じ3割にまでしようとしています。また、お年寄りが外来で月1回1,020円、入院で1日710円だった自己負担を、外来は1回500円で月4回かかると2,000円となり、入院も1日1,000円と負担が増えます。また、薬剤費として1日1種類につき15円を徴収するなどは、政・官・財癒着の温床ともなっている薬価決定の不明瞭さをただすことが今何よりも必要なことです。ところが政府は、高薬価の引き下げに手をつけず、まず患者負担増を強行しようとしています。

 土岐市においても国民健康保険条例を改定して課税限度額を50万円から52万円に引き上げ、基金の繰り入れを2億円から7,200万円に減らし、世帯当たりの保険料負担は95年度16万400円から、97年度は17万8,972円と大幅に増えています。95年度決算では、長引く不況で保険料が高くて払えないと、1億2,141万4,000円もの収入未済額を出し、ついに1,038万7,000円の不納欠損を計上し、それでも8,129万4,000円の黒字を出しています。97年度も5,000万円もの黒字を予算の段階で見込んで、課税限度額を2万円も引き上げ、加入者に負担を強いるなど、断じて認めるわけにはまいりません。国庫負担率をもとに戻させるなど、引き続き国の責任で医療保険制度の抜本的改革を行わせ、加入者の負担をできる限り抑えることが大事です。そして、どうしても払えない被保険者には引き続き分納とか、申請減免を拡充し、必要に応じては保険基盤の安定化のために一般会計から繰り入れを行ってでも対応することが今求められています。福祉や医療改悪で社会保障制度が後退させられる中で、地域住民の命と健康を守ることは地方自治体の責務だと考えます。よって、課税限度額の引き上げなど、保険料の引き上げには反対の立場から、この予算に対する討論といたします。



○議長(林宏美君) 5番 奥村関也君。

 〔5番 奥村関也君登壇〕



◆5番(奥村関也君) 議第6号 平成9年度土岐市国民健康保険特別会計予算について、賛成討論をいたします。

 本件につきましては、市民厚生常任委員会において慎重審議の中で、全会一致をもって可決をみているものであります。特に厳しい財政状況の中での財政的な努力のあとを認めるものであります。賦課限度額の引き上げについては、2年間見送った後での改正であり、国保財政の現況からもやむを得ないものと考えます。

 以上申し上げまして、賛成討論といたします。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって第6号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第8 議第7号 平成9年度土岐市自動車駐車場事業特別会計予算及び日程第9 議第8号 平成9年度土岐市老人保健特別会計予算の2件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本2件に対する委員長の報告は可決であります。

 本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立全員であります。

 よって第7号議案及び第8号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第10 議第9号 平成9年度土岐市病院事業会計予算及び日程第11 議第10号 平成9年度土岐市水道事業会計予算の2件を一括して討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 議第10号の水道事業会計への反対討論を行います。

 これもやはり消費税でありますが、増加分としては、2%増加分で3,143万7,000円という増加分となるわけでありまして、水道料金にこれだけ上乗せされる。2%で1戸当たり1,554円の値上がりという形になってしまいます。これで今まで述べたように、すべて生きとし生きる部分でこういう形で圧迫をしてくるという、天下の悪税であることを証明しながら反対といたします。



○議長(林宏美君) 19番 小関祥子君。

 〔19番 小関祥子君登壇〕



◆19番(小関祥子君) 議第9号 平成9年度土岐市病院事業会計予算に対する反対討論を行います。

 世界でも例のない年齢による老人差別医療制度によりお年寄りが3カ月を過ぎたころから退院をさせられるという悲しい現実に対して、何とか自分のことが自分でできるようになるまでリハビリを含め医療機関でめんどう見てほしいという家族や本人の要望で、社会的入院を余儀なくされているお年寄りや家族から待たれていた老人保健福祉施設の建設がいよいよ始まります。今まで遠くの老人病院に転院してみえたお年寄りも、家族がいつでものぞける土岐市で入院生活を送ることができるようになると喜んでいただいています。しかし、国の医療制度の改悪で、患者負担は引き上げられ、公的保険は基礎的なサービスに限定し、それ以上は自己負担とする。また、国立病院の統廃合に見られるように、病床数、病院数の削減で適正化をする。また、介護保険も、給付の必要以上の膨張が行われないように、制度の細部にわたり万全を期すと述べ、行政改革委員会の規制緩和の推進に関する意見でも、医療福祉の供給構造を効率的で競争的なものに是正していくとして、民活導入を強く進めようとしています。

 土岐市でも昨年からは病院給食が調理委託だけでなく、材料の購入も業者に任せるという方向に踏み出しました。選択メニューは患者さんには評判がいいと言っていますが、日清医療食品への委託は競争原理もなく、随意契約で、他の業者からの合い見積もりもとっていません。何より今で総合病院へ納入していた地元業者は完全に取り引きから締め出されてしまいました。厚生省汚職で大きな社会問題になった病院寝具や病院給食の医療保険財政を食い物にする悪徳商法を根絶するためにも、政・官・財の癒着を断ち切ることが行政改革としてまずやるべきことだと考えます。入院給食の患者負担増や、医療保険の改悪で、金の切れ目が医療の切れ目という患者切り捨てにならざるを得ません。こうした一方的な患者負担増の押しつけに、医師会、歯科医師会、薬剤師会は一斉に批判の声を上げています。

 医療保険財政を建て直すには、高過ぎる薬価にメスを入れ、医療改悪を中止することです。そして、お医者さん、看護婦さんなどの労働をきちんと評価するなど、医療機関に対する診療報酬を適正に引き上げることではないでしょうか。ところが今回の予算では、病院が企業会計ということを理由に、消費税の5%増税分を病院の使用料及び手数料に転嫁し、患者負担を増やしています。総合病院の建設費の返済が始まり、3億円からの赤字が出るとしても、消費税転嫁は焼け石に水、もっと抜本的な医療制度の改善を国に求め、公立病院としての地域医療に責任を持つべきだと考えます。

 以上の理由により、当予算には反対をいたします。



○議長(林宏美君) 5番 奥村関也君。

 〔5番 奥村関也君登壇〕



◆5番(奥村関也君) 議第9号 平成9年度土岐市病院事業会計予算について、賛成討論をいたします。

 公営企業会計は、言うまでもなく事業収入をもって事業費用に充てる独立採算が基本であり、消費税の改正に伴う2%増税分の転嫁は、課税事業所として納付義務があり、いたし方ないものと考えます。市民の健康を守る中核病院としてさらなる充実を期待し、賛成討論といたします。



○議長(林宏美君) 1番 曽我 孜君。

 〔1番 曽我 孜君登壇〕



◆1番(曽我孜君) 議第10号 平成9年度土岐市水道事業会計予算について、賛成討論をいたします。

 病院事業と同じく、水道事業も公営企業として事業収入をもってその事業費用に充てる独立採算が基本であります。消費税2%の増税分の転嫁は、課税事業所として納付義務があり、水道事業会計の財政の現状からもいたし方ないものと考えます。第7次拡張事業に鋭意努力されることを期待いたしまして、賛成討論といたします。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本2件に対する委員長の報告は可決であります。

 本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって第9号議案及び第10号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第12 議第11号 平成8年度土岐市一般会計補正予算(第6号)から日程第14 議第13号 平成8年度土岐市病院事業会計補正予算(第2号)までの3件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本3件に対する委員長の報告は可決であります。

 本3件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立全員であります。

 よって第11号議案、第12号議案及び第13号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第15 議第14号 土岐市行政手続条例についてから日程第20 議第19号 土岐市高額療養費貸付基金条例の一部を改正する条例についてまでの6件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本6件に対する委員長の報告は可決であります。

 本6件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立全員であります。

 よって第14号議案、第15号議案、第16号議案、第17号議案、第18号議案及び第19号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第21 議第20号 土岐市国民健康保険条例の一部を改正する条例について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。19番 小関祥子君。

 〔19番 小関祥子君登壇〕



◆19番(小関祥子君) 議第20号 土岐市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、反対討論を行います。

 昨年、土岐市は近隣の市町村にならって国の保険料率の平準化に沿った条例の改正を行い、均等割を100分の20から25に、所得割を60%から55%にと、低所得者に重い負担を強いてきました。そして、今年度は賦課限度額を引き上げて、年間52万円、月額4万3,300円、3カ月に一度13万円という高額な保険料を支払えというのです。本来国保の加入者は、妻の自家労賃も認められないような中小零細業者や、年金生活のお年寄りが主な構成員です。今回の改正のように2万円も保険料が引き上げられては、消費税の増税、特別減税の廃止、医療保険制度の改悪と、9兆円の増税、国民1人当たり7万5,000円の負担増とも言われていますが、市民生活にとっても地域経済にとっても大きな負担増となります。国は限度額を52万円から53万円に引き上げるとしていますが、土岐市はいつも国の引き上げよりも抑えてきました。これはこの地域が産業基盤の弱い地場産業に支えられており、国保加入者の割合も高いことからとられてきた措置です。こうしたところは評価もしつつ、保険料の値下げを求める立場から、この条例改正には反対をいたします。



○議長(林宏美君) 5番 奥村関也君。

 〔5番 奥村関也君登壇〕



◆5番(奥村関也君) 議第20号 土岐市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、賛成討論を行います。

 保険料の賦課限度額の改正でありますが、これについては平成7年から改正を見送っており、国保特別会計予算で申し上げましたとおり、国保財政の現況からもやむを得ないものと判断します。国民健康保険制度の抜本的な改革を望み、賛成討論といたします。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって第20号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第22 議第21号 土岐市美濃焼産業活性化委員会設置条例について討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立全員であります。

 よって第21号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第23 議第22号 土岐市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例についてから日程第28 議第27号 土岐市立病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例についてまでの6件を一括して討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 議第22号の土岐市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例についてと、第23号 土岐市公園条例の一部を改正する条例については、これについては一般会計の中の消費税転嫁の変更の内容となっておりました。当初私は、この道路占用料にしても、都市公園の使用料にしても、相当あるんではないかなと。例えば都市公園で言えば、五つ公園がありますし、そのうちの10種類のいろんな手数料や使用料に全部かかるのかなという初め感じがしておりましたが、これ実は条例をよく読んでみれば、そういうことじゃなくて、臨時的に行うものにいての使用料転嫁でした。言ってみれば、一般会計の中における数百の使用料や手数料については今回は英断をもって見送るという、転嫁をしないという努力の跡があるわけなんですが、しかしかといって、これは条例に100分の103という条例に載っているものなので、改めてそれを100分の105に変えるという内容ですから、このことだけ私は賛成するわけにはいかないわけで、整合性がなくなってしまいます。そういった意味で、金額的には大したことはないにしても、ここまで一般会計に、いずれしかし非常に危惧するわけですが、支出歳出に増えていくわけですから、そういった意味で一般会計財政的に収支苦しくなった場合に、こういうものに安易に乗せられていくということに対して危惧するわけです。そういった意味で、ここの部分での反対はそういう理由でありますが、それ以降は、これは28号まで日程の中の討論ですので、それ以外私は24号の下水道条例と、25号の水道事業給水条例及び26号の簡易水道事業給水条例の一部も、これも先ほどの反対討論における関連条例の改正ですので、理由はそのとき申し上げたとおりですから、あとは省略いたします。



○議長(林宏美君) 19番 小関祥子君。

 〔19番 小関祥子君登壇〕



◆19番(小関祥子君) 議第27号 土岐市立病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例について、反対討論を行います。

 4月1日からの消費税増税を実施しようと、明日28日、来年度予算を原案どおり成立させようとねらっています。消費税増税の上に医療改悪とは、これでは医者にはかかれないという切実な声、いかりが渦巻いています。病院給食の有料化に続いて、薬をもうらにもお金が要るようになる。それに加えて差額ベッドの消費税の増税、証明書などの文書料にも5%の消費税が転嫁される。380万円の負担増となるこの条例改正には賛成できません。こうした消費税増税をいち早く認めて利用者に負担増を求めるやり方こそ住民の批判を浴びるものと考えます。

 以上の理由から、この条例改正には反対をいたします。



○議長(林宏美君) 1番 曽我 孜君。

 〔1番 曽我 孜君登壇〕



◆1番(曽我孜君) 議第22号 土岐市道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例についてから議第26号 土岐市簡易水道給水条例の一部を改正する条例についてまでの5件について、賛成討論をいたします。

 今回の改正は、国の施策の中で一連の税制改正の中での実施であり、消費税の増税2%の転嫁による改正でありますが、大分部分の使用料、手数料の転嫁が見送られた中での課税事業所としての納付義務のある事業会計と、対象が少数に限定されたもののみの改正であり、やむを得ないものと考えます。

 以上申し上げまして、賛成討論といたします。



○議長(林宏美君) 5番 奥村関也君。

 〔5番 奥村関也君登壇〕



◆5番(奥村関也君) 議第27号 土岐市立病院使用料並びに手数料徴収条例の一部の改正条例について、賛成討論を行います。

 今回の改正は、消費税法の改正に伴う増税分2%の転嫁による改正であり、病院事業会計予算で申し上げましたとおり、課税事業として納付義務があり、制度上からもやむを得ないものと判断いたします。

 以上賛成討論といたします。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本6件に対する委員長の報告は可決であります。

 本6件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって第22号議案、第23号議案、第24号議案、第25号議案、第26号議案及び第27号議案は原案のとおり可決されました。

 ここで昼食のため午後1時まで休憩といたします。

 午前11時54分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午後 1時00分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、日程第29 議第28号 市道路線の認定について及び日程第30 議第29号 損害賠償の額を定めることについての2件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告よる討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本2件に対する委員長の報告は可決であります。

 本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立全員であります。

 よって第29号議案及び第30号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第31 9請願第1号 消費税5%の中止を求める請願について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 9請願の消費税5%の中止を求める請願書についての委員長報告は不採択でしたけれども、それに対する反対討論を行います。

 同じような種類のものが4本この議会は上がっておりますし、この議会、これを討議された総務委員会の報告を聞いておりますと、ほとんどそれらしい論議が十分尽くされた上での結果であったようには受け取れません。それも制度上やむを得ないというようなことがそれぞれに共通した理由となっておりますけれども、もう論議しようがないほどこれは本来は解明されている内容なんですが、しかし結果が不採択ということには到底納得いきません。そういった意味では、この陶都民主商工会が出されております、この5%中止を求める請願についてのその後の内容ですけれど、ほとんど決まっているという状況の中でも1,200万からの署名が集まり、相当な数の自治体が反対表明をしている、こういう実態が出されてきております。

 私はこの紹介をしたときに申し上げましたけれども、このたびのは消費税のみではなくて、減税の中止であるとか、医療改悪、そういった種類のことがすべてひっくるめて国民や市民生活の上に重くのしかかってくるというそういう内容でもって、しかもそれが実は消費税に関してはほとんどが公約違反ではないか、こういうことの中で、地方自治体の議員として、地方政治の議員として意思表示、こんな政治でいいのかというそういった真っ当な意見を言い続ける必要があるんではないか。そういうことを皆さんにお訴えしたわけですが、こういった中で、これが委員会での不採択になったのは非常に残念ですけれども、しかしここでもう一度この部分を考えていただきながら、今消費税実際は3%でも実は滞納というものがすごく今表面化されてきております。消費税はもともと預かり税ですから、本来自分の方で使ってしまってはいけない税金なんで、一般的に言う所得税法の対象ではなくて、かつての物品税と同じように預かり税ですから、これに対する取り締まり法律は、通常の所得税法じゃなくて、国税反則取り締まり法ではないかなと私記憶はしておりますけれども、非常に厳しい重い罰則規定が本来はついてくるものなんでして、しかしこれを滞納せざるを得ないというのは、事業そのものが大変な不振の中にあって、不況が続いているという実態のあらわれでもあるわけで、そういった意味からいっても、私ともが身近に中小商店、商工業者の皆さんの中で声を聞いておりますから、そういう意味でこの意思表示、これはやるべきことをやってからでないとおかしいじゃないか。これは自民党の皆さんも言っていたことなんで、行政改革しっかりやったその上においてやるんなればやむを得ないがというような意見があった。そういうような結果の総選挙の結果でもありますから、何とぞ皆さんの決意、勇気ある賛同をいただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(林宏美君) 6番 土本紳悟君。

 〔6番 土本紳悟君登壇〕



◆6番(土本紳悟君) 9請願第1号 消費税5%中止を求める請願について、不採択に対する賛成討論を行います。

 今回の消費税の改正は、一連の税制改革の中で、直間比率の見直しの中、国策として来月の4月1日から実施されようとしているものであり、この問題を私たち企画総務常任委員会で慎重審議の結果、ただいま委員長報告のとおり不採択になり、これに賛成するものであります。どうか皆さん方にご賛同いただきますようお願いして、賛成討論にいたします。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって9請願第1号は不採択と決しました。

 次に、日程第32 9請願第2号 消費税の増税中止を求める請願について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 4本一遍でやれない理由がありますので、よろしくお願いします。

 これは消費税をなくす下石の会から出されておりますもので、消費税増税中止を求める請願書ということであります。9請願第2号、この内容についての皆さんに対する訴えをさせていただきますが、同じことは申しませんが、ただ、これは竹下内閣のときに入った1988年だったと思うんですが、私はたまたまこの議席から、その当時足かけこれで11年目になり、その間4年間はおりませんでしたが、何回も何回も消費税の問題はここで取り上げさせていただいて、この内容の逆進性、または本当に不公平さ、そして歴史上の問題も、しかもこれがもし導入されたら、絶対に税率引き上げがあるんだということもその当時言った覚えであります。案の定今回の2%引き上げ出てきておるわけでありますけれども、1%で2兆5千億円という、もうつくる、やる側にとっては打ち出の小槌だというようなそういう思い、そしてみずからの例の厚生省にしても、大蔵省にしても、通産省にしても、数々のみずからの政治不信を起こすようなああいう政治的ていたらくをやりながらも、そういうものの改善をやることなく、あの財政再建という大義名分のもとに消費税を簡単に税率引き上げをしようとする動き、こういう動きに対しては本気になって歯どめかけないと、大変なことになるんではないかなと。今度の場合の予算もこの前言いましたけれども、実際には収入超過の予算は国会で決められており、その中で2%上げたって、実際は国債の残高は14兆円増やしているわけです。こんな状況の中で、我々が黙ってこれ見過ごして、制度上だからとか、国策だからということで仕方がないというそういう思いで、意思表示もしないというのは、要するに認めていくというのは本当にますます市民や国民の政治不信を増長させるだけじゃないでしょうか。そういった意味で、この前も申し上げましたが、本来こんな問題、実際どこから見ても大義名分ない。根拠崩れている。こういった内容についての良識という立場で、超党派で意思表示をし、これの非をやはりならしていくのは地方議会の、地方自治の役目じゃないか、そういうふうに思います。どうかよろしくお願いします。



○議長(林宏美君) 6番 土本紳悟君。

 〔6番 土本紳悟君登壇〕



◆6番(土本紳悟君) 9請願第2号 消費税の増税中止を求める請願について、さきの9請願第1号の内容と同じ理由で不採択に賛成するものであります。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって9請願第2号は不採択と決しました。

 次に、日程第33 9請願第3号 消費税5%の中止を求める請願書について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。19番 小関祥子君。

 〔19番 小関祥子君登壇〕



◆19番(小関祥子君) 9請願第3号 消費税5%の中止を求める請願について、委員長報告に反対の立場で討論いたします。

 3月26日、参議院議員面会所で行われた消費税中止を求める国会要請行動は終始緊張した雰囲気であったことが報道されていました。政府与党が国民に9兆円もの負担増を強いる来年度予算案を28日にも成立させようとしていることから、国民の声を聞き、公約を守れ、諦めないで最後まで戦うぞなど団体や、地域の代表が発表するたびに、そうだ、頑張ろうの声援が飛んだとのことでした。消費税増税中止の請願書名はこの日新たに15万人分が積み上げられ、昨年の臨時国会と今国会に託された署名は約1,200万人、国民の10人に1人がペンをとって署名したことになります。富士総合研究所がまとめた実質個人消費支出の予測によりますと、96年度が前年度比2%増の見込みなのに対し、97年度の伸び率は、消費税増税、医療負担増などの影響で0.1%増にとどまる見通しを示しました。東京中小企業家同友会の総会決議でも消費税増税を初めとする負担増が購買力を大きくそぎ、景気降下への引き金になるとしています。3月20日の毎日新聞の投書欄でも、来月から消費税率が5%に引き上げられると思うと胃が痛くなる、長引く不況下に値上げは売り上げ不振につながりかねないなど、消費税増税への不安の声が後を絶ちません。こうしたことから、26日、参議院へ日本共産党、新社会党と二院クラブの有志議員などの共同で消費税増税中止決議案を提出し、直ちに本会議で採択を付すよう求めています。また、衆議院税制特別委員会には請願署名が付託されているのに、いまだにこの請願の審査をせず、棚上げしたままとなっており、我が党は4月1日以前に増税中止を求める請願の審査を行うよう、税制特別委員長や各党理事に申し入れています。国民の声をないがしろにし、増税を強行するなどということは許されません。土岐市議会でも消費税5%の中止を求める請願書を採択して、国へ増税中止を求める意見書を提出されるようお願いして、委員長報告に対する反対討論といたします。

 何とぞ皆様のご賛同を賜りますようお願いいたします。



○議長(林宏美君) 6番 土本紳悟君。

 〔6番 土本紳悟君登壇〕



◆6番(土本紳悟君) 9請願第3号 消費税5%中止を求める請願について、さきの9請願第1号、2号の内容と同じ理由で不採択に賛成するものであります。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって9請願第3号は不採択と決しました。

 次に、日程第34 9請願第4号 消費税の増税中止を求める請願について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。19番 小関祥子君。

 〔19番 小関祥子君登壇〕



◆19番(小関祥子君) 9請願第4号 消費税の増税中止を求める請願書に対する委員長の報告は不採択でありますが、この委員長報告に反対の立場から討論いたします。

 先ほど消費税をなくす下石の会の請願書に対して討論がされましたが、内容はまるで同じであります。と申しますのは、土岐市母親連絡会はこうした多くの皆さんと力を合わせて消費税の増税を中止しようと、この立場でこの運動を続けてまいりました。反対の理由につきましては、先ほど第3号 消費税5%の中止を求める請願書について、委員長の報告に対する反対討論を行いましたので、同じ理由でこの請願に対して皆様のご採択をお願いし、そしてこの委員長の報告に対しては反対をいたします。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって9請願第4号は不採択と決しました。

 次に、日程第35 9請願第5号 雇用促進事業団の存続についての請願書について討論を行います。

 討論の通告がありますので、発言を許します。14番 矢島成剛君。

 〔14番 矢島成剛君登壇〕



◆14番(矢島成剛君) 9請願第5号について反対討論を行います。

 最初に討論について少し述べてみたいと思いますか、我が国は戦後52年になるわけでございますが、占領下において民主主義を欧米から学んだというようなことであり、国民性もありまして、なかなか議会で討論をしながら進めていくというのがなかなか根づいてないわけですけれども、実はこの討論の制度というのは欧米では大変重要な制度と言われておりまして、AとBが意見があった場合に、Aと思っていた人がBの方へくらがえするということが往々にあるわけで、欧米では討論によってくらがえった人の方が評価されるというようなことで、討論というのは実は大事な組織なわけですが、今何回か共産党の方と討論されましたけれども、議論はかみ合ってないうちに終わっているわけですけれども、日本は討論がそんな程度で、まだ子供であるわけですけれども、ですから、これからこの9請願について私が何で政府に対してこういう趣旨の意見書を出さない方がいいのかということをそれぞれ申し上げますので、私の意見に賛成の方はぜひ反対していただきたいと思うわけでございます。

 この文教経済委員会にかかりまして、私も委員でございまして、その中で議論を尽くしたわけでございますけれども、結果的には3人の方が部分採択をせよということで、3対2ということで、委員長報告のありましたようになったわけでございますけれども、ところがこれは2日間にわたってやっているわけでございまして、最初は全部を請願を採択してしまったというようなことがあって、追加的に見直して、部分採択にして持ってきたわけですけれども、請願者の意思は、雇用促進事業団の存続についての請願、一番根本のところはそこだったわけですけれども、これから意見書があるように、枝葉のところのことだけを取り上げて請願をしていこうというふうに変わってきてしまったわけです。ですので、そもそも請願のやり方が、委員会においてのやり方がまずかったなと思うわけですが、仮にそれがそれでよろしいといたしまして、これから私が述べることは、どうして反対かということを述べさせていただきたいと思います。

 委員会の中では、こういう三池、三井とか、いろんなことも書いてある中で、土岐市にちょうどポリテクセンターがありますので、その方々のために、もしくはそれを利用している人のために、土岐市に合わせた請願書をつくったらどうかというような提案が出て、だんだんそういうふうに話が行ってしまったわけですけれども、きょうの新聞に、皆さん方も見られたと思いますが、国の方では今行政改革の真っ最中でありまして、今回こそ自民党中心とした与党3党が協力し合って行政改革を進めていこうと本気になっているところでありまして、ちょうど今経済が低成長になって、税金が皆さんからいただくのが思うようにできないという時代になったときに、特殊法人の見直しをどうしてもしないかんという基本政策を打ち出してきて、その中のうちの一つに雇用促進事業団もいの一番にやりだまに挙げられて名前が出ているわけです。そういうふうにして事業団を、もうきょうのここに新聞はあるわけですけれども、住宅・都市整備公団とここの年金福祉事業団と、この雇用促進事業団を完全に見直すと。平成10年でしたか、11年ですね、11年にはもう廃止するというふうに行政改革推進本部で決めておることなんですよ。決めておることを今殊更この時期に出すことなんていうのは全く必要ないと私は思うわけです。特に土岐市の事情に合わせてといっても、どうして今度三井炭鉱で離職者がおられますけれども、そういう方のために何で土岐市議会が殊更こうして三井炭鉱離職者のためにここで意見書を出さならんかということ、よく考えていただきたいですよ。これが私どものまちが九州にあったちゅうならわかりますけれども、そういうことなしに決められているのというのはおかしい。

 それから、もう一つ新聞に載っておりましたけれども、ちょうど特殊法人の改廃について、存続させようという各省庁からの圧力によって地方議会に対して請願を出させようと。意見書を出させようというふうな動きに対して、14日の新聞によりますと、自民党の梶山官房長官はかんかんになっておこって、どこがそういうことをやっているんだということの注意を促したというふうに載っておりました。それと、今自民党が衆議院の場合新5区になりまして、1人区ですので、この新5区からは衆議院議員自民党から出てもらっておるわけでございまして、今自民党がそうやってやろうとしているときに、地元の代議士の足を引っ張るようなことをこの土岐市議会から出してはいけないというふうに思うわけでございます。

 長くなりますので、このぐらいでやめますけれども、いろいろ会派で話し合っているところもあるかもしれませんけれども、我々市民クラブ、たまたま私が市民クラブの会長ですけれども、市民クラブではこういう意見の締めつけはしておりません。議員一人一人の良識というか、判断に任せておるわけでございまして、これから今私の意見を聞いた人の中で、もっともだと考えられた方はぜひこの委員長報告に反対していきたいと思います。

 以上申し上げまして、反対討論とさせていただきます。



○議長(林宏美君) 4番 金津 保君。

 〔4番 金津 保君登壇〕



◆4番(金津保君) 9請願第5号について、賛成討論をいたします。

 バブルの波にも乗り、肥大化し、荒廃し、疲弊し切っている現下の行政機構については、改革は必ず行わなければならないということは広く一致するところであります。しかしながら、委員会に審査を付託された雇用促進事業団についての請願については、事業団がこの土岐市の産業に今までさまざまな形で貢献し、地場産業の発展に寄与してきた経過もあり、土岐市に住み、市民の意思を代表する立場として、請願に込められた思いは採択すべきと思うのであります。よって、委員長報告にありましたように、請願人への配慮をしがら、請願の一部、事業団の存続をすることということは除外し、一部採択を選択したということについて、皆さん方のご理解をいただくことをお願いしながら、賛成討論とします。

 ただいま矢島さんからお話がありました、もう国で決まっていることだから、そのことについて地方から発言するということはおかしいではないかということで、石川県での例として、梶山さんがおこったということを話されましたが、そのことは事業団を丸ごと残せという、そういった意見を自民党の中央の方へ出したということに対して、それは今やろうとしていることとは違うのではないかということでおこったというふうに私は新聞記事でその間の状況を把握しております。したがいまして、事業団を丸ごと残せという、そういうことではない、その文言は除外して、この趣旨をというか、請願に込められた事業団の方の思い、それから地域の事業団に今までお世話になった方々の思いを私たちはくんで、この請願の一部を採択するということを申し上げて、賛成討論としたいと思います。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は一部採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって9請願第5号は一部採択と決しました。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林宏美君) ここで総合射撃場調査特別委員会の委員長の報告を求めます。総合射撃場調査特別委員長 木原 功君。

 〔総合射撃場調査特別委員長 木原 功君登壇〕



◆総合射撃場調査特別委員長(木原功君) 初めに当たってお断りをいたします。今回この射撃場調査特別委員会に付託をされました調査に関する事項の報告をするに当たりまして、次のことをつけ加えておきます。

 本日の射撃場調査特別委員会報告は、一つ、当委員会が調査しました全体の総括でございます。したがって、初めに事件発生以来からの議会の対応を含めて、全体のあらまし、この項を設けまして、概略を説明することといたします。

 二つ目、なお、当事件に対する特別委員会調査は、平成8年9月特別委員会設置以来、長期間、7カ月にわたる調査のため、説明時間が多少長くなると存じますので、ご了解のほどいただきたいと思います。

 なお、報告書は20ページにわたってまとめました。

 一つ、事件調査全体のあらましについて

 平成8年2月上旬、市射撃場への産業廃棄物の不法投棄が地元の通報により発覚しました。議会は、前正副議長が主導となって事態の調査と対策に鋭意努力してまいりました。この間いろいろと経緯はありましたが、地元住民も一定の了解がなされ、事件は終息へと向かっていたところであります。しかるに、降雨により射撃場のり面の土砂一部流出によりまして、その付近からドラム缶と産業廃棄物が多数発見され、射場における産業廃棄物埋設疑惑がさらに一層深まってまいりました。そこで7月5日、前副議長、執行部、協会、業者、関係者立ち会いの中で、8カ所試掘をしましたが、廃棄物は皆無であったと、そういう旨の報告がございました。ところがその後射場に廃棄物を混入したという人物の通報がございまして、9月7日、議会、執行部、協会、地元関係者立ち会いによって3カ所試掘をしたところ、産業廃棄物が混入され、不適正処理されていたことが判明するに至りました。

 さきの射場への産業廃棄物不法投棄に続いて今回の敷地内における産業廃棄物不適正処理発覚は、平成7年の不法投棄事件と密接な関係があると疑わざるを得なくなりました。平成8年9月定例会一般質問においては、市から市営射撃場の管理委託を受けている市射撃協会が市条例で定めた使用料金とは違う料金を利用者から徴収していたことが明らかとなりました。本事件は、市営の公共施設全面委託・管理・運営という公共性と、市民に与える影響の重大性にかんがみ、議会として調査の必要性を認識するに至ったものでございます。

 そこで、議会におきましては、平成8年9月26日、市総合射撃場調査特別委員会を設置し、直ちに事件に関する事実関係の調査に着手することにいたしました。まず、本委員会におきましては、さきに発覚しました平成5年の射場拡張工事における廃棄物全面撤去工事実施を終始厳正に監督いたしました。なお、特別委員会におきましては、調査実施に対する権限、領域をわきまえ、第三者の証言等の協力を得まして、委員各位の真摯な協力と努力によりまして、事実解明を順次進めてまいりました。その経過につきましては、平成8年12月定例会におきまして調査の中間報告をいたしたところでございます。

 その後、事件の核心人物であると思われる前協会長曽村幸夫氏の証人としての意見聴取、協力を再三求めましたが、残念ながら得られず、最終的には本人の文書証言という形で意見聴取をいたしたところでございます。その間いろいろ意見の食い違いが各所に出てまいりましたが、いずれにしましても、この調査を通して事件の事実関係解明において判明したことと判明しなかったこと、このことが明らかになりました。以上が事件調査に関する全体のあらましでございます。

 では、続きまして、特別委員会の報告を次の項目に従っていたします。

 一つ、会議開催の経過、2番目には、調査及び審議経過、3番目に調査及び審議で判明したこと、一つは産業廃棄物の不法投棄関係、二つ目、委託管理関係、大きな4番目としまして、結論と方向、5番目、特別委員会としての要望事項、6番、産業廃棄物の不法投棄に関する特別宣言の提案、以上でございます。

 それではその第1に入ります。会議開催の経過でございます。

 総合射撃場調査特別委員会協議会を10月21日、11月5日、11月27日と3回開催をいたしました。また、総合射撃場調査特別委員会を12月20日、12月25日、1月21日、2月25日、3月14日と5回開催をいたしました。計8回の会議を開催したことになります。

 2番目、調査及び審議経過。

 総合射撃場調査特別委員会としての進め方を意志統一すると同時に、執行部より改めて経過と関係事実、書類を提出させ、その説明を受けることから始まり、閉会中に特別委員会を代表して委員長と副委員長が関係者や参考となる証言をしていただける方々に個々に面接するなど、事実関係を把握することに努めてまいりました。こうした特別委員会での審議状況と事前調査を踏まえまして、伊藤前射撃協会長、中沢現射撃協会長、安藤銃砲店店主、酒井マルエス産業社長を参考人として出席をお願いをしました。そうして事実関係に関する証言をしていいただきました。さらに参考人として招致したものの出席していただけなかった曽村元射撃協会会長に対しては、本人の意向により文書で質問事項を送付し、さらにこの文書で回答を得ることができました。また、こうした参考人の証言に対する執行部の見解や説明もその都度聴取したり、再調査依頼したりした結果、平成8年9月開催の市議会までの答弁や説明、報告の内容と異なる部分があり、調査不足があった事項も明確になるなど、常に事実関係を解明するよう努力をしてまいりました。

 3番目、調査及び審議で判明をした事項。

 その一つ、産業廃棄物の不法投棄関係をこれから申し上げます。

 不法投棄の時期、平成5年1月下旬から平成5年2月中旬までと、平成7年12月10日から平成8年1月30日の2回の時期にわたって投棄されております。これは曽村元協会長の文書証言によるものでございます。不法投棄の量は、平成7年分は約4,000立米、平成5年分は3,000立米であります。不法投棄者、これは2回ともマルエス産業。これはマルエス産業社長証言と曽村元協会長の文書証言によるものでございます。

 不法投棄の指示者。曽村氏、射撃協会長在職中の説明では「曽村本人も知らなかった」、「マルエス産業社長も知らなかった」、「運転者が間違えて行った」とのことであったが、当委員会としましては、指示者を断定することはできなかったが、マルエス産業と曽村氏の両者が承知の上で産業廃棄物を混入して埋め立て工事を行ったことはおおむね判明されるに至りました。これはマルエス産業社長の証言からも、マルエス産業が不法投棄を行ったことは明確であるし、曽村氏は「平成5年の工事期間中には週に2回から3回現地を見に行っている」。また、「平成7年工事時期にも週2回から3回現地に見に行っている。1月は多忙のため確認する日がなかったが、24日に行った」という文書で回答しておられます。さらに埋め立て工事期間中である平成7年12月24日には現場において曽村氏と自然保護調査の数人と出会い、少なくとも埋め立て許可に関する会話をした事実も当事者の証言と曽村氏の文書回答と合致したことから明確になりました。したがって、曽村氏が産業廃棄物を混入して埋め立て工事がなされていることを知らなかったとか、マルエス産業が曽村氏に知らせずに勝手に投棄したなどとは考えられない。また、マルエス産業社長が平成8年2月6日、生活環境課の聴取の中などで「土は総合病院南の残土と、恵風荘残土であるが、埋め立て土砂の中には確かに一部に湿地対策としてタイルくず、焼却残渣もまじっている」と言明しながら、参考人としては「電話で3段に積んであるうちよい方の土で埋めるように指示したが、従業員が間違えて焼却灰や産廃物を捨てた」旨の証言など、納得がしがたい点も多かったわけでございます。

 次に、2番目の委託関係。

 使用方法と手続。

 条例に定められた使用許可書などの取り扱いを無視されていた。執行部からの関係書類提示及び説明では、条例に基づく使用許可書などは一切なかった。

 次に、使用料について。

 昭和59年以後、ライフル射撃場の市外使用者からは条例に定められた使用料450円のところ1,000円受領してきた。前及び現射撃協会長、安藤銃砲店主の証言と曽村氏文書回答や執行部説明から判断して、昭和59年理事会で決定し、1,000円徴収を実施してきた。

 使用料の流れ。

 使用料の流れが2種類あることが明確になりました。一つは、安藤銃砲店で受領し、店主が納品書とともに曽村氏に渡し、それを農林課担当者が受け取り、記帳するとともに保管をするという流れと、もう一つは、曽村氏自身が直接受領していたことが明確になりました。使用者数及び使用料、使途、処理方法などは十分な証言が得られないため明らかにできなかった。以上は関係者証言と、直接受領を認める旨の曽村氏文書回答及び執行部の説明によるものでございます。

 次に、会計処理について。

 射撃協会としては、不適正な関係証拠書類で終始処理されてきたし、事実とは異なる決算書や報告書が作成され、教育委員会に提出をされていました。曽村氏文書回答と、執行部より示された関係資料や説明回答によれば、射撃協会事務局として曽村氏の指示するとおり便宜的に農林課が会計処理を行ってきたため、事務分掌の規定もなく、内部決算も行われないまま推移してまいりました。その結果、曽村氏から指示されるままに現金を収支し、帳簿処理を実施してきたことから、架空領収書など不適正な関係証拠書類、これは口頭に基づいて支出してあることが明確になりました。したがって、現在の預金残高の不明朗性も明らかとなりました。

 また、同時に、射撃場の管理担当者である教育委員会事務局への収支決算書や、使用者人数などの報告関係書類は事実と異なる架空の内容に変更して提出されてきたことも明らかとなりました。

 4番目、結論と方向。

 さきの2の調査及び審議経過と、3の調査及び審議で判明をしました事項のように、我々特別委員会に付託された任務の産業廃棄物が不法投棄された事実関係と、委託関係のうち条例違反と思われる不適正な1,000円という使用料徴収し、会計処理されてきた事実関係はおおむね明確にすることができたと判断します。同時に、曽村氏とマルエス産業が産業廃棄物を不法に投棄すべきではないことを承知をしていながら、産業廃棄物が混入された土砂で射撃場を整備した事実は多大な責任があることに加え、曽村氏は条例違反と思われる使用料を徴収したり、ずさんな経理処理を指揮してきたことなどについて大きな責任を負うべきものと判断します。

 また、今回の事件は、曽村氏が長期間責任者として射撃場のすべてにわたり全権をもってかかわってきたこと、長年の慣例の中で射撃場運営に関する行政事務をチェックしてこなかった行政の責任も多大であります。行政チェック機能が十分果たされておれば防ぐことができたことであります。

 以上、特別委員会としてのまとめとし、1日も早く射撃場を使用できることを望む関係者の声にこたえるため、再開へ向けた維持・運営・管理等は文教経済常任委員会で審議する方向とします。

 5番目、特別委員会としての要望事項。

 今回射撃場事件の調査を担当した委員会としてのその責任の立場から次のことを要望いたします。

 一つ、行政にかかわること。

 その一つ、射撃場周辺の水質検査を毎年1回以上実施すること。

 二つ目、射撃場所在地流域から妻木川へ合流する前に堰堤を設置すること。

 3番目、射撃場出入り口及び駐車場の整備と、施錠の取り扱いを厳重にすること。

 4番目、射撃場場内の土砂が流出しないよう、のり面と河川を仮設整備すること。

 5番目、射撃場整備及び今後の維持・運営・管理に関する執行部としての具体案作成に着手すること。

 6番、産業廃棄物不法投棄防止条例的なものの作成を検討すること。

 7番、マルエス産業に対する責任及び事件関係者の責任を明確にすること。

 8番、県及び関係機関である警察、保健所に対し、産業廃棄物不法投棄に関する取り締まりをさらに強化するよう申し入れること。

 9番、射撃協会に対し、今日までの特別委員会審議内容の概要を説明し、理解と協力を求めること。

 10番、射撃場に隣接する湿地帯の保護を最優先すること。

 以上でございます。

 2番、射撃協会に関する要望でございます。

 1番、射撃協会の会計書類の所在を明確にすること。

 2番、使用料は条例のとおりとし、協会として徴収する金額は区分を明確にすること。あわせて使用に当たっては条例の定めに沿って行うこと。

 3番、教育委員会事務局への報告は実績のとおりとし、報告書には監査的立場の人の承認を付すること。

 以上がこの行政に関すること、それから射撃協会に関することの要望でございます。

 6番、産業廃棄物の不法投棄に関する特別宣言を可決することを全会一致で決めました。

 以上が今回調査を担当いたしました我々特別委員会の責任のある要望でございます。どうか執行部におかれましてはこれを真摯に受けとめられ、速やかに実行されんことを強く要望する次第でございます。

 これをもちまして我々総合射撃場調査特別委員会に付託をされておりました調査を終結をいたしましたことをここに報告をいたします。以上で終わります。



○議長(林宏美君) ここで暫時休憩いたします。

 午後1時51分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午後1時52分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいまのところ通告による質疑はありません。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 ただいま委員長から報告のありましたとおり、付議されました総合射撃場の産業廃棄物の投棄と委託管理に関する調査は終了した旨の報告がありました。調査終了した委員長報告を承認することにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) ご異議なしと認め、調査を終了し、本日をもって総合射撃場調査特別委員会は消滅いたしました。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林宏美君) 次に、日程第36 議第31号 土岐市監査委員の選任同意についてを議題といたします。

 提案の理由及び議案の説明を求めます。市長 塚本保夫君。

 〔市長 塚本保夫君登壇〕



◎市長(塚本保夫君) 追加提案をいたしました案件につきまして、その概要をご説明申し上げます。

 ご審議をお願いいたします案件は、人事案件1件であります。議第31号 土岐市監査委員の選任同意についてでありまして、現監査委員の玉樹成三氏の任期が本日3月27日をもって満了するのに伴いまして、その後任として駄知町の鈴木義武氏を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を求めるものであります。よろしくご審議を賜りますようお願いを申し上げまして、提案の説明とさせていただきます。



○議長(林宏美君) ここで暫時休憩いたします。

 午後1時54分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午後1時54分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより本件に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ通告による質疑はありません。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。

 ただいま議題となり、質疑の終結いたしました日程第36 議第31号議案は、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) ご異議なしと認めます。

 よって本件は委員会付託を省略することに決しました。

 続いてお諮りいたします。

 本件は討論を省略して直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) ご異議なしと認めます。

 よって本件は討論を省略し、採決することに決しました。

 これより採決いたします。

 日程第36 議第31号 土岐市監査委員の選任同意については、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立全員であります。

 よって第31号議案は原案のとおり同意することに決しました。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林宏美君) ここで暫時休憩いたします。

 午後1時55分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午後1時58分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第37 議員提出第1号 医療保険制度の充実を求める意見書の提出について及び日程第38 議員提出第2号 廃棄物の不法投棄に関する特別宣言決議についての2件を一括して議題といたします。

 提案の理由及び議案の説明を求めます。21番 梶間登志夫君。

 〔21番 梶間登志夫君登壇〕



◆21番(梶間登志夫君) 議員提出第1号 医療保険制度の充実を求める意見書の提出について、提案理由の説明を申し上げます。

 本件につきましては、土岐市議会会議規則第14条の規定により、林 力三君、木原 功君及び山田重夫君の賛同を得まして、所定の手続により提出させていただくものであります。

 医療保険制度の改正は、超高齢社会の到来を控え、その必要性は認めるものの、今回の案は、景気不況、消費税の増税、特別減税の中止、各種保険料の引き上げ及び消費税増税に伴う各種物価の値上げ等により国民の手取り所得が減少し、国民の負担が増大する中で、それにさらに追い打ちをかけようとするものである。また、この医療保険改革案には各方面からさまざまな異論や注文が噴出しており、厚生大臣の諮問機関である医療保険審議会でも、最終的には同案について追認の答申を行ったものの、その中で「一時的な財政対策の色彩が濃い。総合的な改革に向けた取り組みが十分でなく、まことに遺憾である」と厳しく指摘をしており、また、総理大臣の諮問機関である社会保険制度審議会の答申では、当面の対策が必要なことは理解するとしながらも、医療供給体制の抜本改革について具体的なスケジュールを政府方針として早急に示すことが不可欠であると強く要望をつきつけている等々、以下お手元に配付してあります意見書案を朗読し、説明にかえさせていただきます。

 21世紀の超高齢社会の到来を目前にして、医療保険制度並びに医療保障制度の改革が急務の課題となっている。

 しかしながら、これまでの医療保険制度の改正は、いずれも医療制度や社会保障制度全般の改革と切り離して、赤字を穴埋めする財政対策として終始してきたところである。

 政府は今国会に提出しようとしている医療保険法改正案も、並行して提案すべき他の医療保険制度や医療制度等の改革を切り離し、サラリーマンの自己負担を1割から2割に、70歳以上の高齢者の自己負担や薬剤費の自己負担を大幅に引き上げるという、患者やお年寄り泣かせの内容となっており、やはり財政対策中心となっている。

 医療保険の赤字の現状を放置すべきではないことを認識しつつも、消費税の2%アップと、それに関連する諸物価の高騰が予測され、特別減税の中止及び別に提出されている介護保険法案による保険料に加え、このような医療保険における国民負担の増大は、お年寄りや国民を直撃し、国民生活を危機的状況に追いやることにつながるものである。

 こうした患者や国民への大幅な負担増は、国民の受診を必要以上に抑制し、国民の健康悪化や疾病の悪化を招くばかりか、薬剤費や、出来高払い制度の医療費のむだ遣いや非効率を生み出す懸念があり、その構造と医療に関係する制度全般を見直し、充実させることを求める。

 以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出します。

 平成9年3月27日、土岐市議会。

 以上であります。

 なお、提出先は内閣総理大臣、厚生大臣であります。

 どうぞよろしくご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさしていただきます。よろしくお願いします。



○議長(林宏美君) 22番 木原 功君。

 〔22番 木原 功君登壇〕



◆22番(木原功君) たびたび申しわけございません。

 それでは、議員提出第2号 廃棄物の不法投棄に関する特別宣言決議について、提案理由の説明を申し上げます。

 本件については、土岐市議会会議規則第14条の規定によりまして、梶田 晃君、加藤昊司君及び塚本俊一君の賛同を得まして、所定の手続により提出をさせていただくものでございます。

 お手元に配付してあります特別宣言決議案を朗読し、説明にかえさせていただきます。

 終戦後わが国は、政治・経済・文化ともにめざましい発展を遂げ、世界の中でも経済大国の一員と言われるまでとなった。

 しかし、その中で、公害や産業廃棄物処理・ごみ減量化・環境汚染等の社会問題が表面化し、大きな政治課題となり、最近になってようやくその対策がとられつつあるものの、根本的解決へ向けた対策が急務となっている。

 こうした状況の中、土岐市内においても廃棄物の不法投棄に関する苦情や処理に関する問題提起が寄せられるようになり、行政としても市民や企業、商店への啓発は当然のこと、分別収集・監視員制度・焼却施設と投棄場所の整備・下水道普及等の実施にあわせ、その処理も重点施策として努力している。

 しかし、依然として不法投棄はなくなっておらず、憂慮すべき現状でございます。

 このような現状を市議会や行政は当然のこと、市民・企業・商店・団体が一体となって「まちが人が自然が生き生きとした理想郷・交流大地土岐」を創り出すため、産業廃棄物や、家庭・商店等から排出されるごみを『不法投棄しない』、『不法投棄を見逃さない』、『不法投棄には厳重に対処する』運動を展開するとともに、『安全な処理・処分場の確保』を提起し、市議会はこれらに向け最大限尽力することを宣言する。

 以上決議する。平成9年3月27日。土岐市議会。

 以上でございます。

 どうぞよろしくご賛同賜りますようお願い申し上げまして、特別宣言の説明とさせていただきます。以上でございます。



○議長(林宏美君) ここで暫時休憩いたします。

 午後2時08分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午後2時14分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議員提出第1号及び議員提出第2号に対する質疑に入ります。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。11番 南 孝司君。



◆11番(南孝司君) 廃棄物の不法投棄に関する特別宣言決議について質疑をいたします。

 前段の部分、そのとおりだと思います。後段に移りまして「不法投棄をしない、不法投棄を見逃さない、不法投棄には厳重に対処する」、当然のことでございます。その後の「安全な処理、処分場の確保を提起する」という内容についてお尋ねをするわけですが、安全な処理、処分場の確保、特に産業廃棄物の処分場については、御嵩の例をとるまでもなく、いろんな賛成、反対の議論があるわけですが、このままの文章でまいりますと、安全な処理、処分場の確保を提起するわけですから、土岐市内に産業廃棄物の処分をつくれというような意味に私はとれて仕方がないわけですが、もしこれが安全な処理という、処分場の確保、産廃のあれをつくれということであれば、私は反対をしたいと思うわけでございますが、その問題について見解をお示しをいただきたいと。



○議長(林宏美君) 22番 木原 功君。



◆22番(木原功君) これを我々が委員会におきまして、こういうような一つの宣言をするというようなことも関連をしまして、そして、こういうような意見書を提出をするというようなことになった段階でございます。したがって、今の南議員の質問でございますが、本市におきましても、地球村の環境センター、そこで十数年を見通した施設をつくって対応しておるわけでございますが、ここでやはり地場産業の中の地場の企業もあるわけでございます。だからそういうような、前にマルエス産業の証言のときにも、私どもも一市民としてやはりこの土岐市に定着をしてやっておる者としまして、私どもも仕事を持っておると。だからそういうような場所の一つの処理のこともひとつ考えていただきたいと、こういうような証言もその関連においてありました。もちろん納得できることであると私も思ったわけでございますが、当然ひとつどうするかというようなことは、意見の集約でございまして、これまたさらにひとつ執行部で詰めていただくということになるかと思うわけでございますが、一応私どもとしましては、こういうような一つの事件に絡みまして、今後のそういう不法投棄等、そういうものが絶対ないようにという立場における企業の方の一つの仕事のこともやはり当然出てくるのではないかということを思うわけでございますが、一応そんなようなことでひとつお答えの答弁にしておきます。

 以上です。



○議長(林宏美君) 11番 南 孝司君。



◆11番(南孝司君) 委員長の答弁をいただきましたが、言わんとすることがよくわからない。私の見解でいきますと、不法投棄には厳重に対処する運動を展開するというところまでぐらいが特別宣言決議で妥当ではないかと。その後段の文章は削除されたらいかがかなということをお尋ねをいたします。



○議長(林宏美君) 22番 木原 功君。



◆22番(木原功君) 私の答弁わからないというような答えでありましたが、後段の部分というと、「安全な処理、処分場の確保を提起し」、ここかね。これはひとつ私一存では、これ文案はね、私個人のものではございませんので、委員会としての特別宣言でございますので、暫時ちょっと休憩を願えませんか。



○議長(林宏美君) ここで暫時休憩をいたします。

 午後2時20分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午後2時52分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 木原 功君。



◆22番(木原功君) では、先ほどの南議員の質問に対しまして、先ほど休憩いたしまして、解散をしましたが、一応の元委員の中でいろいろ意思統一をいたしましたが、これは宣言であると。宣言というのは、平和宣言とか、それからいろいろな宣言、交通安全宣言とか、いろいろございますが、全体的なばくっとしたものでね、一つのそういうようなものであるが、重要な内容は盛っておるというようなことの中で、特にこの南議員の心配をされるのはこれはもっともであるというようなことは、特に御嵩でああいう産廃業者がいろいろ問題を起こしておりますので、そういう人たちに悪用をされはしないかと、こういう点はまことに同じでございますが、一応ひとつこの趣旨は、今回の射撃場の不法投棄、これに絡んで、非常に我々も、綿密な調査はできなかったかもしれませんが、鋭意調査をしたという努力の中で、こういう宣言をしたらどうかという経緯を持っておりますので、この安全な処理、処分場の確保は、あくまでこれは悪用されないという意味の問題を含めて提起をしておると。だからこれに対して執行部は、今度これを受けて執行していただきますので、我々はあくまでこういう宣言である。そういうふうにご理解をいただきたいのですが、いかがでございますか。



○議長(林宏美君) 11番 南 孝司君。



◆11番(南孝司君) いかがでしょうかと言われましても、私としては、先ほど問題を提起したときの状況と少しも変わりませんので、このまんま提案されるということであれば、正々堂々と反対討論をいたしたいと思います。



○議長(林宏美君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑ありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 ここで暫時休憩をいたします。

 午後2時55分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午後2時59分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となり、質疑の終結いたしました議員提出第1号及び議員提出第2号については、会議規則第37号第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕

 〔「動議。委員会付託すべし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 確認をいたします。

 矢島君から出ました動議の賛成者。

 〔賛成者挙手〕



○議長(林宏美君) ただいま矢島君から動議が提出され、所定の賛成者がありますので、動議は成立いたしました。

 よって本動議を直ちに議題として採決いたします。

 お諮りいたします。

 本動議のとおり決することにご異議ありませんか。

 〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) ご異議がありますので、起立により採決をいたします。

 本動議に賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立少数であります。

 よって本動議は否決されました。

 よって本2件は委員会付託を省略することに決しました。

 これにより議案を分割して討論、採決を行います。

 日程第37 議員提出第1号 医療保険制度の充実を求める意見書の提出について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。14番 矢島成剛君。

 〔14番 矢島成剛君登壇〕



◆14番(矢島成剛君) 議員提出第1号について、反対討論をいたします。

 ただいま本会議場でいろいろもめたように、委員会で審議しないうちにこうして意見書を出すということに対して、大変危惧をするものでございまして、反対するものでございまして、賛成しとる人はこういう国がやろうとしている事実をちゃんと知っているかどうかということがまず疑問なわけです。新聞によりますと、私は新聞で読んだだけですので、皆さん方のご理解も求めたいと思いますが、土岐市や多治見や瑞浪、そして岐阜県じゅうをまとめ、そして全国的にまとめている組織がありまして、国民健康保険中央会というのがあります。ここの土岐市も執行部がということですが、入っているところが、この法律を、法案を早期成立してくださいと要望書を政府へ出しているわけです。ちょっと読んでみますよ。「今提出されている法案は、医療保険制度の構造改革の第一歩と位置づけられ、当面の必要な措置が盛り込まれているものとして評価し得る内容であります。よって、国会におかれては本法案を精力的に審議の上、政府原案どおり速やかに可決成立されることを強く要望いたします。平成9年3月4日。国民健康保険中央会会長だれの何がし」。

 こういうふうに今医療保険の改革第一歩をしないと、このままいったら大変な赤字になってしまうということで、先ほど全協でも言いましたけれども、このまま放置してしまえば、土岐市の保険もやっていけませんが、国の保険の方が、ことしだけで、9年度試算してやると、もう既に8,000億円の赤字を抱えることになってしまうと。もしこの値上げを認めて、5月は無理としても、試算は5月からにしてありますけれども、すれば、一応5億円で済むと。このままいって、この政府の法案は3段階で改革していくというものでございまして、平成11年にはまた変えなきゃなりませんけど、そのころには1兆7,000億円の赤字になってしまうから、今改革の第一歩を踏み出しておかなきゃいけないという趣旨でありまして、もし改革をしておけば、平成13年度で1兆7,000億円の赤字になるところが6,000億円で済むと。だから6,000億円も出ちゃだめだから、そのころにはもう1回の改革をするんだというふうに、国の政府の諮問機関の医療保険審議会会長塩谷祐一さんが厚生大臣の小泉純一郎氏に去年答申しているわけです。答申を受けて、これいろいろ書いてありますが、皆さん方これを読んでこのようにこれがいいと言っていらっしゃるのかどうか、よく考えていただきたいわけでございます。

 それから、先ほども自民党のことを言いましたけれども、これ出すに当たって今自民党過半数とれませんので、さきがけと旧社会党ですか、民主党ですか、社民党ですか、社民党の協力を得て、与党の改革協議会で原案を了承して、今進めているという最中にですね、この意見書を土岐市から出すということは非常に不合理といいますか、おかしいというふうに思うわけです。これのきっかけとなりました陳情が来ました、2月24日に。それの陳情者はだれかといいますと、岐阜県保険医協会会長高橋何がしという人ですが、この保険医協会というのは、誤解をおそれずに言いますと、医者のうちで左翼系の方だというのがつくっている団体から来た陳情を、陳情は受けなかったわけですが、それがもとになっているわけです。いいですか。貧しい人のために、サラリーマン1割を2割にしちゃいかんと、それはわかりますけれども、この方々は、医師優遇税制で700万円までは無税ですよ。そういう人から、お客が減っちゃうから、政府に対して地方議会に根回しをしているというのに乗ってはいけないと思うんですよ。

 先ほどの消費税のこともありました。消費税、だれも2%アップはだめなんだけど、皆さん方一応起立して請願を否決ということになりましたけれども、こうした大人の判断をしてほしいわけですわ。一家の経営者が、親が子供のあれ買ってくれ、これ買ってくれというときに、何でも聞いとったら、やっていけれないというようなことと一緒で、ここで大人の判断をぜひしてほしいということでございます。ましてや、ここに書いてある意見書案の文案なんかは、一般論で言うわけですが、日比野富春さんのことを言っているわけじゃないですが、共産党の方が喜ぶ、涙を流して喜ぶような文面をどうして土岐市議会がこんなふうに出さなきゃいかんのかというふうに私は思うわけでございます。

 それから、この陳情が来たよその市は、審議をして、一応どこの市もほとんど継続にしているわけですわ。いろいろ難しい内容を含んでおりますので、継続としてやっておるのに、我々の土岐市議会だけは委員会で審議もしないで、このまま出してしまうということは非常に危険であると。繰り返して言いますけれども、もう少しきっちり全員がこの内容を、法案の内容を理解して意見書を出すなり、そういう手続を踏むべきであるというふうに思いますので、私はこの議員提出第1号意見書に対して反対をいたします。

 以上。



○議長(林宏美君) 17番 塚本俊一君。

 〔17番 塚本俊一君登壇〕



◆17番(塚本俊一君) 議員提案第1号 医療保険の充実を求める意見書の提出についての賛成討論をいたします。

 今るる反対討論がございましたけれども、提出者の梶間登志夫議員より案文が朗読されました。この内容につきましては、この土岐市議会で初日の議会運営会議を通しまして各議員さんに周知をしていただきたい旨の意見を述べ、その以降何週間かたった後に皆さんからご意見をいただいて、その案文を改めて精査をいたしまして、きょうの提出になったわけでございます。その内容は、この案文を説明されましたので、皆さんご承知になっているとおりでございまして、今反対討論の中で、陳情が出ている部分は、患者が減るからそういうことはやめてほしいというような意見書になっているから、それは違うんじゃないかというような反対討論がございましたけれども、この案文は、要するに医療費等でありますけれども、全般の制度を見直し、充実させてほしいということが主眼になっておりまして、その患者さん云々ということを医者の立場から言っている、お客さんが減るからということでは、趣旨ではありません。そういうものが趣旨ではございません。そういう意味からおきますと、全国的な部分がこの医療費の値上げ等々であるわけで、土岐市におきましてもいろんな部分で署名活動もされておりますし、私のところにも何回となく来られる方もございますけれども、そういう立場の人たちが本当に健康に気をつけられる医療体制を求めていきたいという一市民、あるいは一議員からの要望を取りまとめて、賛同者を得て本日の提出となったということを皆さん方にご理解をいただきまして、賛成討論にさせていただきます。

 以上。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論ありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって議員提出第1号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第38 議員提出第2号 廃棄物の不法投棄に関する特別宣言決議について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。11番 南 孝司君。

          (11番 南 孝司君登壇〕



◆11番(南孝司君) 私は、議員提出第2号について反対討論を行います。

 先ほどの産廃射撃場の特別委員会の委員長さんより詳細な報告がございまして、熱心にやっていただいて、土岐市のために非常によかったなと思っておる次第でございます。そういった射撃場の不法投棄の問題を受けて、そういった審議をする過程の中でこの特別宣言案に至ったことは私も十分理解をいたしております。しかしながら、先ほど質疑でも申し上げましたように、前段の部分、案でいきますと、後段の「不法投棄をしない、不法投棄を見逃さない、不法投棄には厳重に対処する運動を展開する」というところまではまことにすばらしいことであると思っております。その後の「安全な処理、処分場の確保を提起し、市議会はこれらに向け最大限努力する」というところは削除すべきであるというのが私の考えでございます。不法投棄には厳重に対処する運動を展開することを宣言するというべきであります。先ほどの休憩中に特別委員会を前の委員の方々に参集をいただきまして、再度意見を調整なされた中で、削除したらどうかという意見も結構あったやに聞いております。

 産業廃棄物の処分場につきましては、先般記憶に新しいところですが、土岐口の処分場を建設するという際にも、我々全協におきましても市長に対して建築確認は絶対に認めるべきではないというような合意をして、市当局にも申し入れた経緯があることは記憶に新しいところでございます。この宣言案がそのまま採択をされましたならば、対外的に発表をされるわけでございます。しかしながら、先ほどから何度も申し上げておりますように、この宣言案には重大な誤解を招くおそれがある文章が入っております。それは後段の「安全な処理、処分場の確保を提起し、市議会はこれらに向け最大限努力する」という部分でございます。このことは、先ほどの委員長さんの説明では、地場産業のことも考慮した、捨て場がない、よそまでほかりに行っとるとか、いろいろなこと、十分私よく理解をいたしております。だけど、この文章は、対外的に発表されて、私が仮に産廃業者であったならば、涙を出して喜ぶ文章でございます。私は、直ちに土岐市に対して、私は不法投棄は絶対にいたしません。見逃しませんと。厳重にいたしますと。だから安全な処理場つくりますから、処分場を確保して、産廃の許可を与えてくださいと必ず申請をいたします。涙を出して喜ぶような文章になっております。これは処分場に道を開くものであるというふうに理解をいたしておるわけでございます。

 法律、宣言、あるいは読み手、聞き手によってどのようなふうにも理解される得るのが日本語のあいまいなところであり、またむつかしいところでもあることは十分承知をいたしておりますが、このような危険な処分場、私が産廃業者であるならば、土岐市議会でも安全な処分場を確保しようと言っとるやないかと。提起しとるじゃないかと、必ずそう言って迫ります。そういうときにどう対処するのか。国語力だけの問題ではない。まことにお粗末、恥ずかしい。反対をいたします。



○議長(林宏美君) 2番 速水栄二君。

 〔2番 速水栄二君登壇〕



◆2番(速水栄二君) 議員提出第2号 廃棄物の不法投棄に関する特別宣言決議について、賛成討論をさせていただきます。

 今ほど南議員がおっしゃったように、熱心に我々12名の議員が9月から3月まで8回の総合射撃場調査特別委員会を開催いたしまして、熱心にいろいろなことを検討してまいりました。そういう中でこの決議案、特別宣言決議案できましたものですから、ぜひとも賛成していただけるようよろしくお願いいたしまして、賛成討論とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(林宏美君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって議員提出第2号議案は原案のとおり可決されました。

 暫時休憩いたします。

 午後3時30分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午後3時32分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいま休憩中に金津 保君から議員提出議案が所定の賛成者とともに提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、議員提出議案を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) ご異議なしと認めます。

 よって議員提出第3号議案を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林宏美君) 議員提出第3号 雇用促進事業団の事業存続についての意見書の提出についてを議題といたします。

 提案理由及び議案の説明を求めます。4番 金津 保君。

 〔4番 金津 保君登壇〕



◆4番(金津保君) それでは、議員提出第3号 雇用促進事業団の事業存続についての意見書の提出について、提案理由の説明を申し上げます。

 本件につきましては、先ほど審議されました請願一部採択の精神にのっとりまとめ上げられたものでございまして、土岐市議会会議規則第14条の規定により曽我 孜君、土本紳悟君及び奥村関也君の賛同を得まして、所定の手続により提出させていただくものであります。

 お手元に配付してあります意見書案を朗読し、説明にかえさせていただきます。

 現在、行財政改革の一環として特殊法人見直しが打ち出され、その中で雇用促進事業団(以下事業団と言う)の廃止、縮小も検討されていますが、事業団は、経済構造改革の進展に伴う産業構造の変化の中で、中小企業が労働者の確保や雇用環境の整備、新分野への事業展開を図るための雇用管理改善、産業構造の変化に対応できる人材の育成、地域での勤労者の福利厚生事業を展開しています。本市においても、地域の要望にこたえ、岐阜職業能力開発促進センター、土岐勤労者野外活動施設、土岐勤労青少年体育センター、雇用促進住宅が設置されており、職業能力開発センターでは、受講生のうち常時約4分の1が本市在住者という推移もあり、その貢献度は高く、今後もこの状態で推移するものと予想されます。

 行財政改革は推進しなければなりませんが、単なる事業団総体の廃止、縮小では、本市のように中小企業がほとんどの地場産業を抱える地域は、勤労者の雇用管理や、人材の育成、確保及び資質向上を自社や個人の努力では補い切れない困難な状況にあり、その機会を失うことにつながりかねません。したがって、こうした地域での必要性や、過去と今後の貢献状況を配慮すべきであります。よって、政府におかれましては、こうした事業の発展は必要なものと認識され、実現するよう、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出します。

 記としまして、

 1、我が国の中小企業における高付加価値化、新分野展開のための人材高度化の能力開発を図ること。

 2、離転職者の再就職を可能とするための能力再開発事業の発展と継続を図ること。

 3、阪神大震災時の被災者の就職促進事業や、三池炭鉱の閉山に伴う能力再開発事業の機動的な展開を国等で行うこと。

 4、民間では困難な職業能力開発を重点とした雇用の安定のための諸事業は存続すること。

 平成9年3月27日。土岐市議会。

 以上であります。

  なお、提出先は内閣総理大臣、労働大臣であります。

 なお、この意見書の内容は、3月14日の自民党の行政改革推進本部において方針を固め、26日、改革案として発表された内容と期せずしてほぼ同趣旨のものとなり、土岐市議会としての見識が高く評価されることとなったものと確信するものであります。これにより今後進められようとしている真の行革に一層はずみがつくことも期待しておるものでありますから、この意見書案に対しどうぞご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさしていただきます。



○議長(林宏美君) ここで暫時休憩いたします。

 午後3時33分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午後3時34分再開



○議長(林宏美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいまから議員提出第3号に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ通告による質疑はありません。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となり、質疑の終結いたしました議員提出第3号 雇用促進事業団の事業存続についての意見書の提出については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) ご異議なしと認めます。

 よって議員提出第3号は委員会付託を省略することに決しました。

 これより議員提出第3号 雇用促進事業団の事業存続についての意見書の提出について討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林宏美君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件は原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林宏美君) 起立多数であります。

 よって議員提出第3号は原案のとおり可決されました。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林宏美君) 次に、常任委員会の所管事項の調査について、別紙視察調査付託表のとおり閉会中の視察調査を付託いたします。

 以上で本会議に付託されました案件の審議は全部終了いたしました。

 これにて平成9年第1回土岐市議会定例会を閉会いたします。

 3月定例市議会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 今期定例会は、去る3月4日の開会以来、本日まで24日間にわたり新年度予算を初めとした市政が当面する案件を審議する最も重要な議会でありました。第4次総合計画も2年目にかかるところであり、着実に歩を進めなければなりません。議員各位におかれましては極めて真剣にご審議賜り、本日ここに全議案を議了して閉会できましたことに対し深く敬意を表しますとともに、厚くお礼を申し上げます。

 また、執行部各位におかれましても、常に真摯な態度をもって審議に御協力いただき、ご労苦に対し感謝を申し上げます。新年度事業に向けて審議過程での意見等を参考とされる中で、それぞれの立場で積極的にご尽力賜らんことをお願い申し上げ、閉会のごあいさつといたします。

 ここで市長よりごあいさつをお願いいたします。

 〔市長 塚本保夫君登壇〕



◎市長(塚本保夫君) 定例会の閉会に当たりまして、一言御礼を申し上げます。

 今議会、重要な議案を多数提案さしていただきましたが、いずれも原案可決を賜りましたことをまずもって厚く御礼を申し上げます。大変大切な時期を今迎えておるわけでありまして、この平成9年度ご提案申し上げました線に従いまして、我々力を尽くして努力をしてまいります。議員各位におかれましても、どうかひとつ温かいご理解と御協力を賜りますようにお願いを申し上げる次第であります。

 なお、射撃場問題につきまして、議会で熱心に問題解明に当たっていただきまして、本日その総括をいただきました。今日まで議会あるいは市民の皆様方にいろいろとご心配をおかけいたしましたことに対して改めて深くおわびを申し上げますとともに、今後心して努力してまいりますことを申し上げながら、閉会に当たりましてのあいさつにかえさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(林宏美君) ありがとうございました。

 これにて散会いたします。

 午後3時44分閉会

 ―――――――――――――――――――――――――

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  土岐市議会議長  林 宏美

       議員  曽我 孜

       議員  速水栄二