議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 土岐市

平成 8年第1回 定例会 03月27日−04号




平成 8年第1回 定例会 − 03月27日−04号







平成 8年第1回 定例会



平成 8年第1回土岐市議会定例会会議録

===================



議事日程

 平成8年3月27日午前9時開議

第 1 会議録署名議員の指名

第 2 議第 1号 平成8年度土岐市一般会計予算

第 3 議第 2号 平成8年度土岐市曽木地区市有林管理特別会計予算

第 4 議第 3号 平成8年度土岐市下水道事業特別会計予算

第 5 議第 4号 平成8年度土岐市簡易水道特別会計予算

第 6 議第 5号 平成8年度土岐市交通災害共済特別会計予算

第 7 議第 6号 平成8年度土岐市国民健康保険特別会計予算

第 8 議第 7号 平成8年度土岐市自動車駐車場事業特別会計予算

第 9 議第 8号 平成8年度土岐市老人保健特別会計予算

第10 議第 9号 平成8年度土岐市病院事業会計予算

第11 議第10号 平成8年度土岐市水道事業会計予算

第12 議第11号 平成7年度土岐市一般会計補正予算(第6号)

第13 議第12号 平成7年度土岐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

第14 議第13号 平成7年度土岐市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

第15 議第15号 土岐市非常勤の特別職等の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

第16 議第17号 土岐市積立基金条例の一部を改正する条例について

第17 議第18号 土岐市福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例について

第18 議第19号 土岐市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について

第19 議第20号 土岐市国民健康保険条例の一部を改正する条例について

第20 議第21号 土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

第21 議第22号 土岐都市計画特別用途地区建築条例の一部を改正する条例について

第22 議第23号 土岐市下水道条例の一部を改正する条例について

第23 議第24号 土岐都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例について

第24 議第25号 土岐市災害対策本部条例の一部を改正する条例について

第25 議第26号 土岐市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について

第26 議第27号 土岐市立幼稚園条例の一部を改正する条例について

第27 議第28号 土岐市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について

第28 議第29号 土岐市水道事業給水条例の一部を改正する条例について

第29 議第30号 土地の処分について

第30 議第31号 損害賠償の額を定めることについて

第31 8請願第1号 新たな「食料・農業・農村基本法」を求める請願について

第32 議第33号 土岐市収入役の選任同意について

第33       東濃農業共済事務組合議会議員の選挙について

第34 議員提出第1号 地方分権の実現を求める意見書の提出について

第35 議員提出第2号 2005年国際博覧会の誘致に関する決議の提出について

 =====================

本日の会議に付した事件

 日程第 1 会議録署名議員の指名

 日程第 2 議第1号=ないし日程第35 議員提出第2号

 =====================

出席議員25名

  1番  曽我 孜君

  2番  速水栄二君

  3番  久米要次君

  4番  金津 保君

  5番  奥村関也君

  6番  土本紳悟君

  7番  山田重夫君

  8番  佐々木武彦君

  9番  加藤昊司君

 10番  石川嘉康君

 11番  南 孝司君

 13番  日比野富春君

 14番  矢島成剛君

 15番  長江昭造君

 16番  曽村幸夫君

 17番  塚本俊一君

 18番  林 宏美君

 19番  小関祥子君

 20番  板垣和彦君

 21番  梶間登志夫君

 22番  木原 功君

 23番  和田全弘君

 24番  林 力三君

 25番  梶田 晃君

 26番  加藤弓弦君

 =====================

欠席議員 1名

 12番  日比野金六君

 =====================

説明のため出席した者の職氏名

 市長                塚本保夫君

 助役                安藤富夫君

 収入役               宮川 徹君

 理事兼総務部長           佐分利衛君

 企画部長              澤田 勝君

 市民部長兼福祉事務所長       塚本 賢君

 経済環境部長            山田征夫君

 建設部長              林 泰弘君

 水道部長              小林貞夫君

 総合病院事務局長          水野敏雄君

 消防長               福岡徳茂君

 企画部次長兼総合政策課長      佐分利謙朗君

 福祉事務所次長兼しあわせ援護課長  中嶋洋次君

 経済環境部次長兼農林課長      川守武昌君

 建設部次長兼都市計画課長      中島宣明君

 水道部次長兼下水道課長       中島仙八君

 秘書広報課長            白石 聰君

 総務課長              大野信彦君

 管財課長兼用地対策室長       松井信隆君

 税務課長              加藤精吾君

 市民課主幹             赤塚勝吉君

 兼課長補佐いきがい福祉課長     日東勝郎君

 商工観光課長兼美濃焼振興室長    水野英彦君

 生活環境課長兼リサイクル推進室長  伊藤幸和君

 土木課長              塩屋登貴男君

 水道課長              林 晃爾君

 総合病院総務課長          西尾輝行君

 収入役室長             土本 剛君

 消防本部総務課長          渡辺幸一君

 教育長               塚本文熙君

 教育次長              後藤東一君

 調整監兼文化振興課長        三輪洋二君

 庶務課長              福岡洸司君

 スポーツ振興課長          水野和良君

 =====================

議会事務局職員出席者

 局長                山口斉昭君

 次長                小川善太郎君

 書記                虎沢千代吉君

 =====================

 午前9時26分開議



○議長(林力三君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまから去る3月11日に続いて本日の会議を開きます。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林力三君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、塚本俊一君及び林 宏美君を指名いたします。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林力三君) この際、事務局長に諸般の報告をいたさせます。



◎議会事務局長(山口斉昭君) 報告をいたします。

 本日の会議に説明員として出席報告のありました者の職種名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(林力三君) 諸般の報告につきましては、ただいま事務局長の申し上げたとおりでございますので、ご了承願います。

 これより議案の審議に入ります。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林力三君) 日程第2 議第1号 平成8年度土岐市一般会計予算から日程第31 8請願第1号 新たな「食料・農業・農村基本法」を求める請願についてまでの30件を一括して議題といたします。

 ただいま議題となりました一括30件については、去る3月8日、今期定例会2日目の本会議においてそれぞれの常任委員会に休会中の内部審査を付託してありますので、その結果について委員長の報告を求めます。

 報告に際してお断り申し上げます。議第11号 平成7年度土岐市一般会計補正予算(第6号)中、繰越明許費補正、8款土木費を建設水道常任委員会へ付託いたしましたが、慣例によれば、その他所管部分が適切であるとの理由により、企画総務常任委員会へ付託がえいたしましたので、ご了承願います。

 それでは、文教経済常任委員長 梶間登志夫君。

 〔文教経済常任委員長 梶間登志夫君登壇〕



◆文教経済常任委員長(梶間登志夫君) 文教経済常任委員会の委員長報告を申し上げます。

 今期定例会第2日目の本会議におきまして、我々文教経済常任委員会に休会中の審査を付託されました案件につきまして、去る3月13日、委員会を開き慎重に審査しましたので、その経過と結果についてご報告申し上げます。

 議第1号 平成8年度土岐市一般会計予算中、歳出の部、所管部分について、労働費、労働諸費で、貸付金の勤労者生活安定資金融資原資及び勤労者住宅資金融資原資の貸付実績について質疑がなされ、執行部から、勤労者生活安定資金融資については、平成7年度9月末で36件、2,216万円、勤労者住宅資金融資は2件、720万円である旨の答弁がありました。

 次に、商工費、商工振興費に関連して、河合駅の設置状況について質疑がなされ、執行部から、駅設置については待避線が必要となり、膨大な敷地を確保しなければならないため、再度陳情し詰めていく旨の答弁がありました。

 次に、負担金補助及び交付金で、地域経済対策自治体協議会負担金、中部地区集積活性化地域関係市町村連絡協議会負担金及び工場誘致奨励金の内容について質疑がなされ、執行部から、地域経済対策自治体協議会負担金については、全国自治体の横の連絡をとり、地場産業の振興、発展寄与のための負担金、中部地区集積活性化地域関係市町村連絡協議会負担金は、加入78団体で集積の活性化法に基づく市町村の連絡会議負担金、工場誘致奨励金は、工場誘致条例により3社に交付している旨の答弁があり、また貸付金で小口融資の期間及び審査会について質疑がなされ、期間は早くて1週間くらいかかり、審査会は委員9名で持ち回りで稟議している旨の答弁がありました。

 また、次に教育費、社会教育費、文化プラザ費の委託料で陶彫展の費用について質疑がなされ、執行部から、会場設営、マケット展の審査、各事業所での製作で約4,500万円必要である旨の答弁がありました。

 次に、文化振興費、備品購入費で、文化芸術品の選定方法について質疑がなされ、執行部からは、購入は絵画、陶芸品等で、選定方法はその都度審査会で決定されている旨の答弁がありました。

 次に、保健体育費、保健体育総務費の委託料で、射撃場の不法投棄について質疑がなされ、執行部から、早急に取り除くよう努力した結果、現在、それも撤去されており、今後は問題解決のため地元の方々や議員の皆様と相談申し上げ検討する旨の答弁があり、また管理について質疑がなされ、執行部から、射撃場の建物、敷地は市が管理し、軽微な修繕等、管理運営は射撃協会に委託している旨の答弁がありました。

 次に、市民体育館費について、市内に4体育館あるが、現在、泉町にはなく、今後、建設予定はあるか、質疑がなされ、執行部から、泉町はセラトピア土岐の大ホールが体育館使用ということで、床にそのような設備がしてあり、また県営体育館をつくっていただくよう長年要望している旨の答弁がありました。

 次に、給食センター費の備品購入費で、給食運搬車の耐用年数について質疑がなされ、執行部から、8年であるが、これからは2年伸ばしていく旨の答弁があり、本件は原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第2号 平成8年度土岐市曽木地区市有林管理特別会計予算について執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第5号 平成8年度土岐市交通災害共済特別会計予算について執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第7号 平成8年度土岐市自動車駐車場事業特別会計予算については、駐車場の利用度について質疑がなされ、執行部から、改定前の回転率は1.8%で、改定後は3.2%である旨の答弁があり、また今後の料金の改定について質疑がなされ、執行部から、将来的にはわからないが、近々に改定する予定はない旨の答弁があり、さらに拡張予定について質疑がなされ、執行部から、拡張する予定はないが、駅周辺再開発に絡んだ問題が出た段階で駐車場の問題が出てくると考えられるが、現在のところは拡張の余地はない旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第11号 平成7年度土岐市一般会計補正予算(第6号)中、歳出の部、所管部分について執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第19号 土岐市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について、改定すると不法投棄が多くなり、その分、回収費用もかさむのではないか。また、事業所が持ち込まれたときに5時まで受け付けされるか、質疑がなされ、執行部から、不法投棄監視委員とさらなる連携を密にし監視するが、不法投棄は市外がほとんどある旨と事業所が持ち込まれても処理に時間がかかるので、従前どおり4時30分である旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第21号 土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第27号 土岐市立幼稚園条例の一部を改正する条例について、保育料以外で1人当たりの負担額について質疑がなされ、執行部から、月額平均4,400円である旨の答弁があり、また金額面での特色ある土岐市の教育のあり方に関して、今後の基本的な考え方について質疑がなされ、執行部から、金額面については、一般財源の投入額が昭和61年から平成7年度まで一生懸命努力し据え置きを図ってきたが、その額が3倍近くになり、園児を持つ600世帯以外の世帯に負担をかける形になり、税の負担の公平性を確保するため今回改定するもの、また運営体制については、職員定数の問題もあるが、期待に沿うよう教諭の充実を図りながら十分研究、検討していく旨の答弁がありました。

 以上、質疑終了後、討論に入り、今後の日本全体の少子化時代で安心して子供が産める環境という点と教育費、福祉及び医療費等について採算的、受益者負担的な思考でなく、公費負担で行っていくべきで、この条例には賛成できないとする反対討論があり、次に幼稚園教育に対して今後、前向きに加配を検討し、幼児教育を考えていく答弁を高く評価するとの賛成討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、8請願第1号 新たな「食料・農業・農村基本法」を求める請願については、農業基本法に関し政府の諮問機関として研究会が発足され、幾度も委員会を開催されているが、まだ答申が出ていないことや世論を興していく方向が必要であることから今後、検討を加えていきたいとする意見があり、この請願については継続審査と全会一致で決めました。

 以上が我々文教経済常任委員会の審査の結果でございます。

 何とぞ我々委員会の審査結果にご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、委員長の報告といたします。



○議長(林力三君) 暫時休憩をいたします。

 午前9時40分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午前9時43分再開



○議長(林力三君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 市民厚生常任委員長 木原 功君。

 〔市民厚生常任委員長 木原 功君登壇〕



◆市民厚生常任委員長(木原功君) 市民厚生常任委員会の委員長報告を申し上げます。

 今期定例会第2日目の本会議におきまして休会中の審査を付託されました案件につきまして、去る3月14日、委員会を開き慎重に審査を行いましたので、その経過と結果についてご報告をいたします。

 議第1号 平成8年度土岐市一般会計予算中、歳出の部、所管部分について、民生費、社会福祉費、社会福祉総務費、委託料で、行路死亡人処置委託料のここ数年の予算執行状況について質疑があり、執行部から、身元不明の死体の処理について、年間1件あるかないかで、身元が判明すると全額いただくので、予算の執行実績はゼロである旨の答弁がございました。

 次に、負担金補助及び交付金で被爆者友の会東濃西部支部補助金に関し、市内の被爆者の人数について質疑があり、執行部から、東濃3市1町で15名おり、土岐市は2名の方が対象である旨の答弁がございました。

 次に、繰出金の国民健康保険特別会計繰出金について、予算増額の根拠は人件費と赤字によるものかとの質疑があり、執行部から、人件費約150万円の増額は自然増によるものであるし、制度としての一般会計からの繰入金である旨の答弁がございました。

 次に、身体障害者福祉費、手話通訳者報酬に関して、手話通訳者の派遣について質疑がございましたが、執行部から、手話通訳者については、聴覚障害者の方が1人でもいれば、うまく話ができるように、手話通訳者にボランティアでお願いをしておるケースが多い旨の答弁がございました。

 次に、扶助費の福祉タクシー助成費について、この制度の発足は、重度身障者の方を対象にし、少しでも社会に出ていただけるようにという趣旨であり、その旨の答弁がございました。

 次に、老人福祉費、負担金補助及び交付金のシルバー人材センター運営補助金の金額の根拠について質疑がございました。執行部から、金額は予算額2,600万円に対し国、市それぞれ2分の1である。これは基準によるものである。登録人員や1年間の総事業内容等によりランクづけされており、土岐市はDランクである旨の答弁がございました。

 次に、総合福祉センター費、委託料、福祉バス運行委託料の運用内容で、市内地域格差について質疑がございました。執行部から、福祉バス運用の考え方としては、多様な意見を勘案する中、濃南地域のバス路線廃止問題や高校の市内の就学の問題等で奨学金の特別枠を設けるなど、対策を講じている中の延長線上の一つであるが、大前提としては、福祉バスの利用、拡大という大きな課題があり、それを中心に考えているので、理解していただきたい旨の答弁がございました。

 続いて、運用面での東濃鉄道との協議内容について質疑があり、執行部から、路線バスとの競合の問題等も含め、既に市の考えは申し上げている旨の答弁がございました。

 さらに、この問題は、今までのように役所仕事といわれる縦割行政の考えを捨てて、土岐市独自の施策という考え方で進めていかれてはどうかとする意見に対し、執行部から、基本的にはそう考えているが、議会の考えを聞く中で意見があれば、運用上考えていく必要があると認識している旨の答弁がございました。

 次に、児童福祉費、児童福祉総務費に関連して、無認可保育所に対する今後の市の考え方についての質疑があり、執行部から、無認可保育所に対してはという考え方でなく、特別保育については、市の公立、私立を含めた認可保育所の中で今後も充実させていきたい旨の答弁がございました。

 次に、負担金補助及び交付金の保育園遠距離通園補助金で、義務教育でないのに補助金を予算化する理由について質疑があり、執行部から、保育園の統廃合による救済措置としての片道2キロ以上について、1カ月700円の基準で補助している旨の答弁がございました。

 次に、児童館費に関連して、児童館の閉館時間を5時から6時に延長されたが、冬季は日が短く帰宅時に危険が伴うと考えられるが、その辺の配慮はどうか。また、今後、児童館の中で学童保育を併設していく考えはないかとの質疑がございました。執行部から、配慮については、広報で時間の変更と親に対して迎えに来ていただきたいということをつけ加えておいたが、その点、十分留意して、その場の状況に応じて対応していきたい。また、児童館の質をより一層高めていきたいということから、現段階では本件について考えていない旨の答弁がございました。

 次に、衛生費、保健衛生費、予防費で、予防接種法の改定に伴う予算の考え方について質疑があり、執行部から従前の予防接種をやらなくてはいけないという考え方から、任意という考え方に意向したため、集団から個別になったことによる医薬材料等の単価アップと医師の人件費も含める委託料の予算増額は確かにあるが、任意ということで親の責任において行うという意味では、無理なく安全に予防接種ができるというメリットがあると考えている旨の答弁がございました。

 次に、病院費、病院事業費で、予算額の振り分け方の性質について質疑があり、執行部から、地方公営企業法の規定に基づき、病院事業会計に一般会計から繰り入れするものの性質別に規定があり、病院事業会計に対して一般会計からの繰り出しも受け入れ科目に合わせて整理されている旨の答弁がございました。

 以上、質疑終了後、討論に入り、小さな子供たちの入園がふえているにもかかわらず、保母定員の見直しがいまだになされていないことや県の動向でも学童保育や無認可保育に対して補助をしていけという動きがある中で、土岐市は無認可保育所に対する手だても十分でないこと、また福祉バス運行委託についてどうしても納得できないことから、この予算に対して反対するとの討論があり、次に、限られた予算の中でやりくりされていること、またややもすると縦割行政が当たり前の中で、今回、福祉バスに見られるように、土岐市独自の施策としてまずやってみようと試みられていることが評価できるので、この予算は妥当なものと賛成する討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第6号 平成8年度土岐市国民健康保険特別会計予算について、歳入の部、国民健康保険料について、負担割合が変わることにより、低所得者負担が均等割増により高くなると心配するが、保険料はどうなるかの質疑があり、執行部から、均等割については、平成7年度から1万6,200円で8年度は1万8,600円に試算しており、それでいくと年間2,400円の増と見込んでいる旨の答弁がありました。

 次に、歳出の部、保健施設費、疾病予防費、備品購入費で、健康対策用備品の内訳についての質疑があり、執行部から、グラウンドゴルフセットとペタングセットをそれぞれ9セット購入し、8カ町村1セットずつ、福祉に1セット貸出をするものである旨の答弁がございました。

 以上、質疑終了後、討論に入り、軽減世帯や滞納がふえてきた中で、負担割合を変えないでほしいとする反対討論があり、次に、全国的にどこの市町村でも苦しい中、やくりされ、努力しているので、ことしもぜひ一生懸命やっていただきたいとする賛成討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第8号 平成8年度土岐市老人保健特別会計予算について、歳出の部、医療諸費、医療費、支給費で、付き添い看護婦制度の廃止による予算減額が大きいが、病院の看護体制はできているかとの質疑があり、執行部から、平成6年10月1日に法改正されているから、1年半の経過措置であったので、多くの病院では体制は整っていると考えているし、当然、総合病院でも看護体制は整備されている旨の答弁がありました。

 本件については、原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第9号 土岐市病院事業会計予算について、業務予定量で駄知診療所のベッド数8床についての質疑があり、執行部から、現行の医師1人体制では使い切れないので、事情が許せば8床の処置について今後の検討課題としていきたい旨の答弁がありました。

 次に、病院事業費用、医業費用で、収入と材料費の減額見込みについて質疑があり、執行部から、院外処方を行うことに伴う薬による収入と薬を出さない分の材料の仕入が減ることによる減額見込みである旨の答弁がありました。

 次に、分娩料値上げの理由について質疑があり、執行部から、理由としては、保険で支払われる出産一時金が30万円に上がったことと医師と看護婦の給料も上昇しており、経営面から平成8年4月1日において値上げしたいと考えている旨の答弁がございました。

 次に、給食材料費の委託について質疑があり、執行部から、近年、栄養士の事務量が膨大になり、その解決策として業者委託をするもので、改善されるものは、職員の栄養士が行っていた発注及び検品作業を委託業者の栄養士に任せ、その分、メニューの選択を週5日実施予定しているので、選択メニューにかかわる業務、いわゆる患者へのサービスに労力を振り向けるというものである旨の答弁があった。

 続いて、そのようなシステムでは、病院給食の質、内容が悪くなるのではないかとの質疑があり、執行部から、栄養士が厳しくチェックするので、そのようなことは心配ないという答弁がありました。

 以上、質疑終了後、討論に入り、分娩料の値上げは大きな負担になることや給食材料の委託についても、給食は薬であるという本来の考え方が変わっていってしまうような気配があり、どんどん委託になっていく病院の経過を見ると、この予算については賛成できないとする反対討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 次に、議第11号 平成7年度土岐市一般会計補正予算(第6号)中、歳出の部、所管部分及び議第13号 平成7年度土岐市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、執行部から説明があり、本件について、いずれも原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第18号 土岐市福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例については、県内の市町村を見ると、12歳とか6歳まで無料にしているところがあるが、市としては、今回、そこまで考えられなかったのかとの質疑があり、執行部から、市の財政面からいくと、そこまでは考えられないため、まだまな板に上げていなかった旨の答弁があり、本件について、原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第20号 土岐市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、執行部からの説明を受けた後、質疑なく、討論に入り、低所得者世帯に負担がかかるということで、この条例改正には賛成できないとする反対討論があり、採決の結果、本件は原案のとおり可決すべきものと賛成多数で決めました。

 以上が我々市民厚生常任委員会の審査の結果でございます。

 何とぞ我々委員会の審査結果にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、委員長の報告を終わります。



○議長(林力三君) 建設水道常任委員長 加藤昊司君。

 〔建設水道常任委員長 加藤昊司君登壇〕



◆建設水道常任委員長(加藤昊司君) 建設水道常任委員会の委員長報告を申し上げます。

 今期定例会第2日目の本会議におきまして、我々建設水道常任委員会に休会中の審査を付託されました案件につきまして、去る3月15日、委員会を開き慎重に審査しましたので、その経過と結果についてご報告申し上げます。

 議第1号 平成8年度土岐市一般会計予算中、歳出の部、所管部分について、土木費、道路橋梁費、道路維持費に関連して、毎週火曜日にパトロールを行っているか、質疑がなされ、執行部から、パトロールは行っている旨の答弁があり、また効果について質疑がなされ、執行部から、舗装の穴等を発見し、補修し、地元の要望箇所で緊急に実施するか確認している旨の答弁がありました。

 次に、橋梁新設改良費、工事請負費で、橋をかけかえるとき、取りつけ部分が家より高くなるが、基本的な考え方について質疑がなされ、執行部から、確率雨量が多ければ流量も多くなるが、できる限り現況で抑えて地元と折衝している旨の答弁がありました。

 次に、都市計画費、都市計画総務費、積立金で都市整備基金積立金の使用について質疑がなされ、執行部から、都市整備全般に充てていく旨の答弁がありました。

 次に、土地区画整理事業費について、減額分は河合駅関連によるものと思うが、現在の方向性について質疑がなされ、執行部から、河合駅と区画整理は関連があると考えられるため、文教経済常任委員会委員長報告にもあったように、待避線について、今月29日、再度JRに陳情する旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第3号 土岐市下水道事業特別会計予算について、もっと値上げしたいが、抑えた理由について質疑がなされ、執行部から、一般会計からの繰入金が増加し、10年間企業努力で抑えてきたが、国の指導は、使用料について資本費を50%含め賦課するのが基本的な考えとしており、市としては、そこまで入れると高くなることから、今回15%に抑えた。財政計画期間を平成8年から5年間とすると、まだ収益は不足するが、他市より高くならないように配慮した。なお、改定を先送りすると、一般会計への依存度が高まるか、また未施工地区の工事低下になる旨の答弁があり、また汚泥はどこで処分しているか、質疑がなされ、執行部から、委託業者の処分場である旨の答弁があり、さらに県は水洗化を推進しているが、補助金が少ないとの質疑がなされ、執行部から、他県の状況を調査し、要望していく旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第4号、土岐市簡易水道特別会計予算について執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第10号 土岐市水道事業会計予算について、第7次拡張事業を進めると料金改定されるかと質疑がなされ、執行部から、当年度はわずかなプラス予算を組めたが、事業を行うと、企業債を多く利用し、収益的収支に跳ね返り悪化するので、本年度、職員を1名減らし、企業努力するが、県水の供給単価の変動によって変わることもあり、今後、情報を的確にキャッチし、議員の皆さんに情報を提供する旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致て決めました。

 次に、議第12号 平成7年度土岐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第22号 土岐都市計画特別用途地域建築条例の一部を改正する条例について執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第23号 土岐市下水道条例の一部を改正する条例について執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第24号 土岐都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例について、審議会の答申内容について質疑がなされ、執行部から、諮問内容が妥当である旨と下水道事業は都市基盤の根幹事業であり、早期整備が望まれるところから、計画的、広域的な整備を図れるとともに、下水道財政の安定と改善を図られる旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第28号 土岐市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第29号 土岐市水道事業給水条例の一部を改正する条例について執行部から説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 以上が我々建設水道常任委員会の審査の結果でございます。

 何とぞ我々委員会の審査結果にご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、委員長報告といたします。



○議長(林力三君) 企画総務常任委員長 林 宏美君。

 〔企画総務常任委員長 林 宏美君登壇〕



◆企画総務常任委員長(林宏美君) 企画総務常任委員会の委員長報告を申し上げます。

 今期定例会第2日目の本会議におきまして、我々企画総務常任委員会に休会中の審査を付託されました案件につきまして、去る3月19日、委員会を開き慎重に審査を行いましたので、その経過と結果についてご報告を申し上げます。

 議第1号 平成8年度土岐市一般会計予算中、歳入の部、全部、歳出の部、所管部分、その他所管部分で、初めに歳入の部、第3表地方債について、交付税参入される総額約9億4,700万の内訳について質疑があり、執行部から、算入予定額は、民生債55万円、衛生債3億3,320万円、土木債の道路橋梁債に1,451万1,000円と河川債に5,784万5,000円、消防債574万5,000円、住民税等減税補填債5億3,500万円ほどである旨の答弁がありました。

 次に、使用料及び手数料の使用料、教育使用料で、射撃場使用料の内訳について質疑があり、執行部から、使用料は4時間以内で市内の方300円、市外の方450円をいただき、予算額50万円の内訳としては、市内880人、市外630人程度を見込み計上した旨の答弁があり、続いて射撃場使用料と委託料の金額が連動しているようだが、例えば使用料が増えれば委託料も増えるということかとの質疑があり、執行部から、基本的には使用料に見合うものを翌々年度に委託料として支出している旨の答弁があり、さらに通常の委託パターンだと、委託をするための必要経費が見込まれていると考えるが、収入がそのまま出ていくとなると矛盾があるのではないかとの質疑があり、執行部から、一般的な管理委託は当然だが、射撃場については、現在の門田団地にあったものを、団地造成により現在の場所へ移転したことや途中から公の施設として設置したという経緯があり、昭和59年から使用が多ければ施設の軽微な修繕が多くなるという中で、使用料に見合う委託料を出してきた旨の答弁がありました。

 次に、歳出の部、議会費、報酬と総務費、総務管理費、一般管理費、報酬について、議員報酬と特別職の報酬は、今後補正で減額措置されるのかとの質疑があり、執行部から、この件については改定案を予定していたが、諸般の事情により取り下げをさせていただいたということで、その分は条例上の法令的な根拠がないので執行することができない。6月議会で補正予算をお願いすることになると考えている旨の答弁がありました。

 次に、総務費、総務管理費、財産管理費、使用料及び賃借料で、曽木温泉に対する土地借上料について質疑があり、執行部から、この土地については売買を前提にしており、その売買が成立するまでの間を借地として対応するもので、合計7筆で7,919.64平米を334万6,300円で借地するものである旨の答弁がありました。

 次に、企画費、委託料のゲートタウン事業化検討調査委託の内容と報告書の完成時期について質疑があり、執行部から、今回B調査として土岐市駅北口一帯と西の踏切を中心とした南口の一部を含む約8ヘクタールの区域について事業化検討を行うものである。また、報告書については8年度中にでき上がると考えている旨の答弁があり、続いて、土岐プラズマ・リサーチパークからのアクセス道路として考える場合、中央橋から北の地域のアクセスを優先しまちづくりをしていくことが順当であると思うが、今回、駅周辺に対する調査費を計上した理由について質疑があり、執行部から、土岐プラズマ・リサーチパークからのアクセス道路を考えるとき、駅周辺の再開発の問題も視点に入れておく必要があり、前回の調査を踏まえた中で、例えば西の踏切周辺の混雑の緩和や駅北の再開発に絡んだB調査をしておくことが必要であるということで、ゲートタウンへ結ぶアクセスとしての可能性を探るための一つとして今回は駅周辺を考え、決してその間を通るアクセスを軽視したということではなく、両方ともこれから力を注いでやっていかなくてはならないと考えている旨の答弁がありました。

 次に、負担金補助及び交付金の東濃地域首都機能誘致促進期成同盟会負担金で、この予算金額から判断すると、首都機能移転に対してあまり力が入っていない感があるが、本市として、また期成同盟会としてどういう姿勢で望むのかとの質疑があり、執行部から、負担金の予算額は、同盟会ということで本市だけでは決められない問題であるが、県は同盟会とは別に予算を考えており、それなりのはっきりした姿勢を持っている。土岐市としては、当面、PR等を積極的に取り組むよう努力していきたいと考えている旨の答弁がありました。

 次に、補償補填及び賠償金の補償金で、下石地区への補償金3,000万円の意図について質疑があり、執行部から、補償金の考えについて、昭和56年に市から核融合科学研究所の建設について、阿庄地区の区民に対し協力要請をし、以来、地元と建設推進について協議が重ね、平成3年2月に阿庄地区の歴代区長十数名出席のもと、地域集会所建設の要望があった。その後、年に2回ほど協議を進め、昨年の12月に研究所が平成9年に完成することとなり、今までの要望等を整理する中で、下石町全体で利用していただくことを条件に今回、予算計上するもので、これはあくまで長い経過の中で、特殊事情ということで協力金として支出させていただきたい旨の答弁がありました。

 次に、電算管理費に関連して、出先機関の端末機使用時における時間のロスについて質疑があり、執行部から、出先機関の利用については、本庁に所用があるときに合わせて処理をしているものと認識しているが、公務に支障を来すようであれば、全課設置は費用の面で問題があるが、今後、検討していきたい旨の答弁がありました。

 次に、諸費、負担金補助及び交付金の地域集会所建設補助金に関し、補助額430万円から500万円に改定された姿勢は評価するが、多治見市や瑞浪市の状況を加味しながら、もう一度見直して考えていくという方向性について質疑があり、執行部から、さまざまな意見、要望があるので、隣接市等の状況を十分勘案する中で、来年度以降についても、前向きに見直しは検討していきたい旨の答弁がありました。

 次に、消防費、消防施設費、公有財産購入費で、用地取得費について、その内容と南部の消防庁舎計画の進捗状況について質疑があり、執行部から、用地取得費については、橋をつくることによる県道への取りつけ道路の用地買収であり、西部分署と駄知分署の統合については、橋が完成後、早期に行いたい旨の答弁があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第11号 平成7年度土岐市一般会計補正予算(第6号)中、歳入の部、全部、歳出の部、所管部分、その他所管部分について執行部から詳細な説明があり、本件については可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第15号 土岐市非常勤の特別職等の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、議第17号 土岐市積立基金条例の一部を改正する条例について、議第25号 土岐市災害対策本部条例の一部を改正する条例について及び議第26号 土岐市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についての条例4件は、執行部から説明があり、本件については、いずれも原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 次に、議第30号 土地の処分について及び議第31号 損害賠償の額を定めることについては、執行部から詳細に説明があり、本件については原案のとおり可決すべきものと全会一致で決めました。

 以上が我々企画総務常任委員会の審査の結果でございます。

 何とぞ我々企画総務常任委員会の審査の結果にご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、委員長の報告といたします。



○議長(林力三君) ここで暫時休憩いたします。

 午前10時19分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午前10時33分再開



○議長(林力三君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。19番 小関祥子君。



◆19番(小関祥子君) では、文教経済常任委員長にお伺いをいたします。

 委員会の所管であります議第19号 土岐市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例についての審議についてお伺いをいたします。

 土岐市は、本来、市の行政としては、一般廃棄物だけを処理すればいいという中で、市内の中小地場産業者のために、産業廃棄物も環境センターで受け入れております。こうした中で今回、廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正で料金の引き上げがされます。こうした料金の引き上げが地場産業の業者の皆さんの負担増にならないのかどうか、質疑、または執行部の説明はございましたでしょうか、お伺いをいたします。



○議長(林力三君) 梶間登志夫君。



◆文教経済常任委員長(梶間登志夫君) 私の委員長報告で申し上げたとおりでありますが、不法投棄等もふえやしないかという質問もある中で、執行部からその説明がありました。

 以上です。



○議長(林力三君) 19番 小関祥子君。



◆19番(小関祥子君) 申しわけありません。執行部の説明を少しご紹介いただければありがたいと思いますが、どういう説明であったのでしょうか。不法投棄がふえるのではないかという質問があって、それについて、執行部からの答弁は伺いましたけれども、先ほどの委員長の報告で、地場産業の業者の負担が今回の引き上げでふえないかどうかということについてちょっと心配をしておりますので、そういう執行部の説明があったら少し内容を紹介していただきたいと思います。お願いします。



○議長(林力三君) 文教経済常任委員長 梶間登志夫君。



◆文教経済常任委員長(梶間登志夫君) 費用の分、かさむのではないかという質問もあり、かさむ理由等も述べられましたが、やむを得ないということで了承をしたものであります。



○議長(林力三君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 これより、議案を分割して討論、採決を行います。

 日程第2 議第1号 平成8年度土岐市一般会計予算について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。26番 加藤弓弦君。

 〔26番 加藤弓弦君登壇〕



◆26番(加藤弓弦君) 議長の許しが出ましたので、私は、反対討論をいたしたい思いますのは、32年間、この議会でお世話になったけれども、二宮さん、水野沖三さん、塚本市長さんと3回お世話になったけれども、きょう初めて反対討論に立つわけですので、わかりにくい点はお許しを願いたいと思いますが、まず第1に申し上げたいのは、70ページの人事管理費の12の役務費の保険料について反対討論をいたします。というのは、これは市の市長を初め市の職員が死亡されたときは、100万円の保険金を払うと、こういうわけですね。これはいいですよ、私は、そう問題はないと思いますが、要は私たちが納めた税金で市の職員が死んだら保険金を払うといって、これは私は筋が違うと思うんです。例えば、財界でも入っています、これは。入っておるのは、労使一体でよく会社に努力をしてくれたんで、この方が死んだら困るということで保険に入っている会社もございますが、市の職員が我々の税金で死んだやつに100万円払いますよなんてことは、もってのほかだと。それなら私は言いますが、なぜ交通災害360円のやつも市に払わないんだ。それも払わないでおいて、市の職員だけ、998人だけは税金で払う、住専とは違いますよ、これは完全に。そんなばかな、税金で、市の職員の方が亡くなったら100万円もらって払ってありますよと。それも自分でかけた税金ならいいですよ。我々が納めた税金が掛金をかけておるんですから、そういうのを市の職員だけが便宜を払うということは、私は矛盾があるだろうと、こう思って反対をいたしておりますので、ご了解をしてほしいと思いますが、私の意見が間違っておれば、意見を言っていただければ私も反省をいたしますが、税金ですから、説明はよその市も入っておるから、よその市が悪いことをしたら悪いことをしてもいいということになりますので、そういう問題にはならんと思うんです、私は。市民が聞いたら、我々の税金で、市の職員が死んだら税金で賄ってあげるなんて話は、住専問題と一緒に絡めて、私は全然意見が違うと思いますので、この点を反対しますので、ひとつよろしくお願いをしたいと思います。

 次に、102ページで、総合福祉センター費で、委託料で福祉バスが去年の予算よりも1,800万ほど金が組んであるわけですね。これもたしかこの間話し合いをして、東鉄と協力をして、予算がついていますが、30万上げて福祉バスが動くということ、これは私は悪いことだと思いませんが、そうしたら、運が悪く鶴里と曽木の東濃鉄道のバスが廃止になったと。そうしたら、小さいバスを頼んで使ってあげますよということで会社が変わったわけですね。そうしたら、30万余分に払って挙げ句に、妻木へ来るバス、あるいは曽木から駄知へ来るバスは、東濃鉄道が廃止をしたので、気の毒なので、そこの子供の高等学校の生徒を土岐市の駅まで運んであげるなんて、土岐市広報に載りましたけれども、全然そういう都合の悪いことは書かない。本当から言えば、私は、悪いことではないので、やってもらってもいいですけれども、鶴里から曽木まで来る間に、妻木でおろせばいいわけで、妻木の子供と一緒に高等学校に通わせるか、妻木の子と下石の子を乗せて駅まで運べばいいと思うんです、私は。朝の7時ごろ、そんなことができますか。そういう方が、ウエルフェアへ行って、風呂に入ったりカラオケを歌いますか、朝の7時ごろから。そうでしょう。そのバスを頼むたけには、そういうことをやって、子供をただで土岐市の駅まで乗せるというので、私は反対はしませんけれども、なぜ駄知の子供も下石の子供も妻木の子供も乗せてくれないかと、私はそれを言いたいわけよ。せっかく駄知も高い交通費を払って通っていますから、駄知の子供でも、下石の子供でも、妻木の子でも、そのバスが動くなら、乗せて運んであげればいいだろうと思うんですよ。それを駄知の子や妻木の子や下石の子は乗せませんと。柿野と鶴里だけはただで乗せてあげますよという言い方をしてみえるわけですね。そんなばかな使いがあるだろうかと。私は、反対はしませんが、理屈から言えば、駄知の子供も乗ってもよろしいよ、下石の子を乗せてもよろしいよ、妻木の子も乗せてもよろしいよというのが、私は法のもとに平等であるというふうに解釈をいたしておりますので、私はそういう理由、二つを挙げまして反対討論をいたしますので、良識ある議員の皆さんがご判断をいただければ結構だと思いますが、もし私に間違いがあったらば、言っていただければ反省もいたしますので、もし間違っておるか、違っておらんかは、私はきのうまで考え続けた結果、これは議会人として言うべきことはしっかり市長に申し上げして、直すところは直していただかなければ、駄知の子供、下石の子、妻木の子があまりにも気の毒だというふうに感じておりますので、反対討論をいたします。

 以上です。



○議長(林力三君) 8番 佐々木武彦君。

 〔8番 佐々木武彦君登壇〕



◆8番(佐々木武彦君) 企画総務常任委員会の委員長報告に対する賛成討論を行います。

 委員長報告にありましたように、委員会では全会一致で執行部の答弁、内容を聞き、さらに今後の前向きな考え方も聞いた中で決定をいたしました。

 なお、私どもの問題としておりました地域集会所の補助金の問題については、430万円が500万円に引き上げられたという点について、不十分な対応であるということがあったわけでございますが、それにつきましても、近隣の都市とのバランスを考えて、来年度以降、前向きに検討をし直すということで、8日の本会議の質疑、答弁から見ると画期的な変化が見られましたので、内容の前向きな答弁をよしとしまして、総務委員会では、所管部分につきましては全会一致で賛成をいたしましたので、私のここで賛成討論とさせていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(林力三君) 13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 議第1号の平成8年度土岐市一般会計予算についての反対討論となります。

 厳しい経済環境下における平成8年度の一般会計予算が194億6,600万円と対前年比で0.7%マイナスというふうに組まれて、これが第4次総合計画の初年度としての内容としてどうかというのが本来評価の基準となるものだと考えておりますが、しかしながら、この是非を明らかにして態度を決めるということは、それほど簡単なことではなくて、国の地方財政計画との関連や歳入歳出の款項目節からの分析だとか、また長期的視野及び総合的判断による分析を必要とするわけで、提案趣旨やその理由全体に及ばない判断と成らざるを得ない部分を持っていることはやむを得ないことだとご承知ください。

 ただし、今議会での大きな特徴として、本会議での質疑、一般質問、そしてまた各委員会における質疑等の議論の内容は、議会の任務としてのチェック・アンド・バランスの視点から見ても緊張感に満ちたものでありまして、各議案の詳細論議と合わせて、その経過の上で今日最終日を迎えたことを評価するものであります。

 その結果の一つとして、当初上程されていた議員及び特別職の報酬、給与関係の両議案の取り下げ上程がなされたということは、執行部及び議会の良識の結果として評価すべきことでした。また、予算におけるハード及びソフト面での詳細な政策配分は、よく練られたものとなっておりまして、個別的には、乳幼児医療費の無料年齢の引き上げとか、総合病院の敷地内に老人保健施設の建設方策、介護激励金の引き上げとか、福祉バスの利用拡大、地元の温泉利用など、福祉医療関係、そして地域集会所建設補助金やベンチャー企業支援など、その他防災対策など、ベストではなくても、ベターとして歓迎できるものが多く盛り込まれておると判断しております。

 ただし、歓迎できないものとして、下水道使用料の10%引き上げや、また同じく受益者負担金の引き上げ、それから幼稚園保育料の引き上げなど公共料金の引き上げ案となっており、これらはこれまでの議論、討論を通じて、その引き上げの客観的根拠のなさを明らかにしてきたものであり、一括賛成というわけにはいかないものです。

 また、市営住宅建てかえ関連予算は、国の公営住宅法改正と関連するものとなるのではないかという危惧を持っております。これは直接供給を減らして市場家賃の導入など改悪内容が今後、真に入居したい層を占め出すことになるのではないかという、そういった意味でこの部分の警告をしておきたいと思います。

 当議会では、なぜか、これまで予算全体にかかわる賛否をあらわすことについて、賛成割合の多少にかかわらず、反対討論でなければ意思表明ができないという議会運営や規則となっており、あえて以上の個別的な理由で反対として、討論に参加しました。

 以上です。



○議長(林力三君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立多数であります。

 よって第1号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第3 議第2号 平成8年度土岐市曽木地区市有林管理特別会計予算について討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第2号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第4 議第3号 平成8年度土岐市下水道事業特別会計予算について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 議第3号 平成8年度土岐市下水道事業特別会計予算に対する反対討論をいたします。

 この予算では、受益者負担金としては、対前年比で2,200万円弱、使用料として約15%アップの5,865万円弱の増が見込まれております。生活文化のバロメーターとしての下水道普及率の向上は大いに望むところです。ところが、これには莫大な資金がかかり、また特殊な工事であるだけに、ゼネコン依存という実態はどうにもなりません。自治体持ち出しの苦しさは理解できますが、だからこそ本来は、国はもちろん、特に県の補助金の増額を図らせるべき性質のものであり、上水道料金の恒常的な高さと相まって、これらの引き上げがさらに普及率への足を引っ張る矛盾となることは避けられません。したがって、引き上げ案を含む内容は認めることができないものであります。

 以上です。



○議長(林力三君) 16番 曽村幸夫君。

 〔16番 曽村幸夫君登壇〕



◆16番(曽村幸夫君) 議第3号 平成8年度土岐市下水道事業特別会計予算について、委員長報告に対して賛成討論を行います。

 内容については、先ほど委員長報告にありましたとおり、一般会計を圧迫し、また未施工地区の工事低下につながるために、本件については委員長報告のとおり賛成をいたします。

 ご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(林力三君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立多数であります。

 よって第3号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第5 議第4号 平成8年度土岐市簡易水道特別会計予算及び日程第6 議第5号 議第5号 平成8年度土岐市交通災害共済特別会計予算の2件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本2件に対する委員長の報告は可決であります。

 本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第4号議案及び第5号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第7 議第6号 平成8年度土岐市国民健康保険特別会計予算について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。19番 小関祥子君。

 〔19番 小関祥子君登壇〕



◆19番(小関祥子君) 議第6号 平成8年度土岐市国民健康保険特別会計予算について反対討論を行います。

 今回の予算は、国が保険料率の賦課割合を平準化し、国の負担を軽くしようとする流れの中で、低所得者に負担がふえる予算となっています。特に土岐市の国保料は、世帯当たりの加入者数が多いことから、平成6年度の決算をもとに試算をしてみても16万9,250円、これは加入世帯数を平成6年度で回りました、1万3,002円も多くなっています。また、1人当たりの保険料は7万3,069円と5,613円も高くなるという計算です。これでは、長引く不況に苦しむ地場産業の中小零細業者や年金生活のお年寄りはたまったものではありません。特別調整交付金を少しでも多くもらおうと官官接待が横行するのも、あながち国保会計を担当する職員のせいだけにはできません。国のこうした地方行政いじめの政治こそやめさせて、住民本位の地方自治を確立することこそ何より大切なことだと思います。

 よって、国の悪性を住民に押しつける、賦課割合改定を進めるこの予算には反対をいたします。



○議長(林力三君) 14番 矢島成剛君。

 〔14番 矢島成剛君登壇〕



◆14番(矢島成剛君) 議第6号につきまして、委員長報告に対しましての賛成討論を行います。

 ただいま共産党議員から国の押しつけではないか、国保料の値上げに通じるのは反対であるというような意味で討論がございましたけれども、市民に対して責任ある施策を実行しようとすれば、限られた予算内で、あれもやる、これもやるというわけにはいかないことを認識してほしいと思います。値上げに何でもすべて反対ということでは、やっていけなくなるということを認識してほしいと思います。今回の改定には、もちろん値上げしない方が、土岐市もしないで済めば、それでよかったわけですけれども、今回の改定は受任限度の枠の中で行われると認識しておりますので、委員長報告にありましたとおり、この議案に賛成するものであります。

 つけ加えて言わせてもらいますならば、国の方で今まで何でも反対党といわれました日本共産党と日本社会党というのがございましたけれども、旧社会党は、連立ながら与党となってから、その政策を変えざるを得なくなったのは、ひとえに国民から責任ある政治、現実的対応を迫られたからにほかなりません。このことからもわかりますように、共産党も言葉に責任を持っていただきたいというようなことをお願い申し上げて、委員長報告に賛成していただきますようお願い申し上げます。

 以上。



○議長(林力三君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立多数であります。

 よって第6号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第8 議第7号 平成8年度土岐市自動車駐車場事業特別会計予算及び日程第9 議第8号 平成8年度土岐市老人保健特別会計予算の2件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本2件に対する委員長の報告は可決であります。

 本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第7号議案及び第8号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第10 議第9号 平成8年度土岐市病院事業会計予算について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。19番 小関祥子君。

 〔19番 小関祥子君登壇〕



◆19番(小関祥子君) 議第9号 平成8年度土岐市病院事業会計予算について反対討論を行います。

 高齢化社会が確実に訪れている現在、国は公的介護保険制度を今の国会に法案を提出し、来年度導入を目指しています。しかし、この法案には幾つかの問題点もあり、本当にお年寄りが安心して老後を送ることができるよう、みんなで検討していかなければならないと思います。

 そういう点では、今回、総合病院の敷地内に老人保健施設の建設がされる見通しができたことは、大変うれしいことだと思います。

 しかし、なぜこうした施設が必要になってくるのかといえば、国の医療制度の改悪で、お年寄りが長く入院していると医療点数が下がり病院経営を苦しくしていくことから、3カ月を過ぎるとお年寄りが病院から追い出されてしまうという悲しい実情から市民要望も高まってきたことが背景にあることを忘れてはならないと考えています。

 また、入院給食の有料化がこれに拍車をかけているのも確かです。今回、選択メニューが週1日から5日に広がることは、入院患者の楽しみにもなるのかもしれませんが、そのために薬であったはずの入院給食を、材料の仕入から調理まで委託に出してしまって、いよいよ入院給食の有料化を定着させ、次の負担引き上げを患者に押しつける手助けを公立病院が率先して行うということは、公立病院にあるまじき行為だと考えます。

 また、国民健康保険の出産育児一時金が30万円に引き上げられたからといって、分娩費の引き上げをしてもいいというものではありません。もともと助産費として支給していた国保の一時金は、94年10月より出産とその後の育児のために使ってくださいと一時的に支払うお金であり、分娩費用がアップすれば、産着の支度やその後の育児に使えるお金が少なくなり、子供にはお金がかかると子供を生まない家庭がふえて、少子化社会に拍車をかけることにも成り兼ねません。

 また、今後、看護婦さんの子供を預ける託児所への国の補助金を減らそうとの動きもあり、子育ての環境はいよいよ悪くなっていくばかりです。

 こうしたことから、分娩費の引き上げを盛り込んだこの予算には賛成できません。



○議長(林力三君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立多数であります。

 よって第9号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第11 議第10号 平成8年度土岐市水道事業会計予算について討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第10号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第12 議第11号 平成7年度土岐市一般会計補正予算(第6号)から日程第14 議第13号 平成7年度土岐市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)までの3件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本3件に対する委員長の報告は可決であります。

 本3件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第11号議案 第12号議案及び第13号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第15 議第15号 土岐市非常勤の特別職等の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について及び日程第16 議第17号 土岐市積立基金条例の一部を改正する条例についてから日程第18 議第19号 土岐市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例についてまでの4件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本4件に対する委員長の報告は可決であります。

 本4件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第15号議案、第17号議案、第18号議案及び第19号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第19 議第20号 土岐市国民健康保険条例の一部を改正する条例について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。19番 小関祥子君。

 〔19番 小関祥子君登壇〕



◆19番(小関祥子君) 議第20号 土岐市国民健康保険条例の一部を改正する条例について反対討論を行います。

 土岐市は、近隣の市町村が国の指導に基づいて保険料率の賦課割合を低所得者に重い負担を強いる均等割の引き上げを進めてくる中で、一生懸命100分の20を保ってきました。そのために最近では大幅な基金の繰り入れで保険料の負担が大きくならないようにと努力されてきました。しかし、今回の条例改正でついに均等割合を100分の25に、所得割を60%から55%にと国の平準化に沿った改定を提案されるに至り残念でなりません。

 元来、土岐市は国保加入世帯も多く、中小零細企業が多い地場産業を抱え、高齢化社会の到来もあって、医療費の伸びと老人医療対象者の増も国保会計に大きな影響を与えています。こうした地域の実情に合わせた行政執行こそ地方分権の基本理念だと考えます。

 よって、国の圧力に屈することなく、国保料率の平準化の動きを跳ねのけ、もっと国庫負担金を出させて、住民の命と健康を守るために努力されることを願って、この議案には反対をいたします。



○議長(林力三君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立多数であります。

 よって第20号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第20 議第21号 土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について及び日程第21 議第22号 土岐都市計画特別用途地区建築条例の一部を改正する条例についての2件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本2件に対する委員長の報告は可決であります。

 本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第21号議案及び第22号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第22 議第23号 土岐市下水道条例の一部を改正する条例について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。11番 南 孝司君。

 〔11番 南 孝司君登壇〕



◆11番(南孝司君) 私は、先般の質疑において、今なぜ下水道料金の値上げなのか、問いかけをいたしました。理由は、一般会計から多額の繰り入れをしている。受益者負担の原則によるという趣旨の説明でございました。私は、この説明では、市民に納得のいく値上げの説明にはなっていないと考えております。受益者負担とは利益を受ける者が負担するということでございます。受益者負担の原則というならば、現在、公共下水道の布設地区は、泉、土岐津、肥田の3町であります。この3町で土岐市6万6,000人の約70%の人口を占めております。一般会計のもととなる市民税もたくさん納めておるわけでございます。と同時に、その地価の高さゆえに、多額の固定資産税も納入し、さらに下水道施設の前提となる都市計画税もきちんと納めておるわけでございます。いうならば、一般会計からの繰り出しが多いからという値上げ理由のその一般会計を背負っているのは、まさに下水道受益者であり、受益者負担者でございます。一般会計から繰り出すのに何の議論がございましょうや。と申しましても、私は、財政の苦しいことは十分承知をいたしておるつもりではあります。仮に値上げがやむを得ない選択であり、いずれ避けられない事態が来ることは百も承知の上であったとしても、下水道の値上げは何れ水道料の値上げに結びつくことは明白であるがために、この不況の中で市民の台所を直撃することがいいのかどうか、慎重な配慮が求められるゆえんでありますが、先ほどの建設委員長の報告によれば、委員会では全会一致の可決のようでございます。まことに残念の極みではあります。市民の台所に直接打撃を与える、かかる重大問題には目もくれず、みずからの地域への利益誘導以外に感心を示さず、また受益者負担の原則というならば、よくぞ今までこんな安い料金を据え置いていただいたと感謝こそすれ、異議を唱えるなど少しもないと思われる諸問題に関して政治的決着を云々するその思い上がりの議論を目の当たりにして、かけるべくつり橋さえない、その正体を見た覚えに失望いたしております。

 生活関連の値上げについては、慎重の上にも慎重を期すべきであるとの苦言を呈する中で、まさに暗澹たる気持ちで、議第23号 土岐市下水道条例の一部を改正する条例に反対をいたします。



○議長(林力三君) 16番 曽村幸夫君。

 〔16番 曽村幸夫君登壇〕



◆16番(曽村幸夫君) 議第23号 土岐市下水道条例の一部を改正する条例について、委員長報告に対して賛成討論をいたします。

 さきに議第3号で述べましたとおり、一般会計を圧迫し、工事低下につながるため、この条例については、委員長報告のとおり賛成をいたします。

 ご賛同を賜りますようお願いいたします。



○議長(林力三君) 13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 議第23号 土岐市下水道条例の一部を改正する条例についての反対討論です。

 先ほど議第3号での討論で説明をしたように、公共料金として本来手当てすべき補助金の増額要求と相まって、市民負担をぎりぎり抑えるべき性質のものであって、これから心配される普及率との矛盾の拡大という観点から反対せざるを得ないものであります。

 なお、先ほど日本共産党を名指しでご忠告がありました。大変ありがたいと思います。しかしながら、事実が違いますので、訂正してほしいというようなやぼなことは申しませんが、私どもの議会審議に対する態度、三つありまして、全く反市民的なものには当然反対いたします。しかし、いいように見えましても、大変な紐がついた、例えば一部の大企業のためになるような種類のものにも注意をいたします。しかしながら、多少でも改善が図られ、市民の日常生活にプラスになることはすべて賛成してきております。何でも反対というのは事実無根であります。例えば、今議会、35議案出ておりますが、関連議案を合わせてもたった9件の反対討論です。そういった事実をお認めいただきまして、私は、本来ならば、審議を通じていなければ、事実、問題点が明らかにならないという点で、議会はまさにその論議の場であって、日本共産党は原則制を重んじますが、随分柔軟性のある現実的な政党であることを自認しております。

 そういった意味で、この議案、そういう状況の中での反対討論であります。



○議長(林力三君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立多数であります。

 よって第23号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第23 議第24号 土岐都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 議第24号 土岐都市計画下水道受益者負担に関する条例の一部を改正する条例についての反対討論です。

 これも事業費の増加というものがその理由となっておりますが、もともと分担金、負担金というのが、あくまでも数人、もしくは普通地方公共団体の一部に対し利益のある事件に関する場合でなければならないということであるはずであります。ところが、公共下水道の建設というのは、単に一部の住民の部分的利益ではなくて、むしろ市域全体の公衆衛生を向上させるという性格を強く持っており、受益者負担金という根拠には各方面から疑問が出されているものであります。現にこの制度をとっていない自治体も数多くあるとのことであります。

 当市においても、第3負担区は過去据え置かれてきた経過もあり、今般、妻木、下石、駄知及び泉の一部地域である第4負担区の引き上げは、利用受益がおくれた上に負担金がふえるという結果を招き、先ほどの理由と合わせて、負担公平をも欠くものとして、そういった理由から反対をいたします。



○議長(林力三君) 16番 曽村幸夫君。

 〔16番 曽村幸夫君登壇〕



◆16番(曽村幸夫君) 議第24号 土岐都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例について、委員長報告に対して賛成討論をいたします。

 いろいろと話が出ておりましたが、第3負担区と比べまして第4負担区の建設費が非常に上がっていると、こうした関係から、この条例に関しては委員長報告のとおり賛成をいたします。

 ご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(林力三君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立多数であります。

 よって第24号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第24 議第25号 土岐市災害対策本部条例の一部を改正する条例について及び日程第25 議第26号 土岐市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についての2件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本2件に対する委員長の報告は可決であります。

 本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第25号議案及び26号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第26 議第27号 土岐市立幼稚園条例の一部を改正する条例について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 議第27号 土岐市立幼稚園条例の一部を改正する条例について、これは本会議質疑でも多角的に論議がなされたものでもあり、また所属委員会での論議を経て、以下の理由で反対するものであります。

 安心して子供を産み育てられる重要な対策の一つとして、今日までの低料金据え置き努力は当然認めつつも、教育や福祉、医療等に採算的、または受益者負担的な執行部のベース、こういったものは改めるべきであり、義務教育に準ずるものとして考えるならば、このたびの引き上げによる費用420万円弱は、総合的な予算配分からは十分充当できるものであり、これぞきらりと光る市政の一つとして据え置きを望むものであります。



○議長(林力三君) 7番 山田重夫君。

 〔7番 山田重夫君登壇〕



◆7番(山田重夫君) 議第27号 土岐市立幼稚園条例の一部を改正する条例につきまして、委員長報告のとおり、賛成多数で可決したわけでございますが、私ども、執行部の説明を求めましたところ、10年間上がっていないということと今後、前向きに検討するということを大きく評価いたしまして賛成をいたしましたので、どうかご賛同のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(林力三君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立多数であります。

 よって第27号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第27 議第28号 土岐市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について及び日程第28 議第29号 土岐市水道事業給水条例の一部を改正する条例についての2件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本2件に対する委員長の報告は可決であります。

 本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第28号議案及び第29号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第29 議第30号 土地の処分について及び日程第30 議第31号 損害賠償の額を定めることについての2件を一括して討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本2件に対する委員長の報告は可決であります。

 本2件は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第30号議案及び第31号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第31 8請願第1号 新たな「食料・農業・農村基本法」を求める請願についてお諮りいたします。

 本件に対する委員長の報告は継続審査であります。

 本件は委員長の報告のとおり審査終了まで継続審査とすることにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) ご異議なしと認めます。

 よって8請願第1号は審査終了まで継続審査と決しました。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林力三君) 次に、日程第32 議第33号 土岐市収入役の選任同意についてを議題といたします。

 提案の理由及び議案の説明を求めます。市長 塚本保夫君。

 〔市長 塚本保夫君登壇〕



◎市長(塚本保夫君) 本日、追加提案させていただきました案件は、人事関係1件であります。

 議第33号 土岐市収入役の選任同意についてであります。

 1期4年間市勢発展のためにご尽力をいただきました宮川 徹収入役の任期が満了となり、退任されることとなりました。そのご功績には心より感謝するものであります。

 つきましては、その後任として土岐市下石町313番地の26、林 泰弘君を選任いたしたく、地方自治法第168条第7項において準用する同法第162条の規定により議会の同意を求めるものでございます。

 よろしくご同意を賜りますようお願いを申し上げまして、提案の説明とさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いをいたします。



○議長(林力三君) ここで暫時休憩いたします。

 午前11時49分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午前11時49分再開



○議長(林力三君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより本件に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ通告による質疑はありません。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。

 ただいま議題となり質疑の終結いたしました日程第32 第33号議案は、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) ご異議なしと認めます。

 よって本件は委員会付託を省略することに決しました。

 続いてお諮りいたします。

 本件は討論を省略して直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) ご異議なしと認めます。

 よって本件は討論を省略して採決することに決しました。

 これより採決いたします。

 日程第32 議第33号 土岐市収入役の選任同意については、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって第33号議案は原案のとおり同意することに決しました。

 ここで暫時休憩いたします。

 午前11時51分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午前11時52分再開



○副議長(板垣和彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいま休憩中に議長が緊急用務のため退席されましたので、地方自治法第106条第1項の規定により私がかわって議長の職を務めることになりました。不慣れでございますが、議長同様、議事運営につきましては格別のご協力をお願いいたします。

 ―――――――――――――――――――――――――



○副議長(板垣和彦君) 日程第33 東濃農業共済事務組合議会議員の選挙を行います。

 東濃農業共済事務組合の設立については、去る12月議会において議決し、3月12日、岐阜県恵那県事務所長より設立の許可がありましたので、4月1日から施行される組合規約第5条及び第6条の規定により、土岐市議会議員のうちから2人を選挙するものであります。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これにご異議はありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(板垣和彦君) ご異議なしと認めます。

 よって選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 さらにお諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(板垣和彦君) ご異議なしと認めます。

 よって議長において指名することに決しました。

 東濃農業共済事務組合議会議員に林 力三君及び梶間登志夫君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました林 力三君及び梶間登志夫君を東濃農業共済事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(板垣和彦君) ご異議なしと認めます。

 よってただいま指名いたしました林 力三君及び梶間登志夫君が東濃農業共済事務組合議会議員に当選されました。

 ここで暫時休憩をいたします。

 午前11時55分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午前11時56分再開



○議長(林力三君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ―――――――――――――――――――――――――



○議長(林力三君) 日程第34 議員提出第1号 地方分権の実現を求める意見書の提出について及び日程第35 議員提出第2号 2005年国際博覧会の誘致に関する決議の提出についての2件を一括して議題といたします。

 提案理由及び議案の説明を求めます。26番 加藤弓弦君。

 〔26番 加藤弓弦君登壇〕



◆26番(加藤弓弦君) 議員提出第1号、地方分権の実現を求める意見書の提出について、提案理由の説明を申し上げます。

 本件につきましては、土岐市議会規則第14条の規定により、林 宏美君、木原 功君、加藤昊司君及び梶間登志夫君の賛同を得まして、所定の手続により提出をされていたものであります。

 お手元に配付してあります決議案を朗読し、説明にかえさせていただきます。

 昨年5月、永年にわたる地方公共団体の強い念願であった地方分権推進法が成立し、7月には同法に基づき、政府が作成する地方分権推進計画について具体的な指針を勧告する地方分権推進委員会が発足している。

 地方分権推進委員会は、地域づくり部会、くらしづくり部会を設け、多様な行政課題について精力的な検討審議を行い、昨年12月末には「機関委任事務制度を廃止した場合の従前の機関委任事務の取り扱いについて(検討試案)」をまとめている。

 よって、地方分権推進委員会は、3月末に予定されている中間報告において、地方公共団体の総意を踏まえた地方分権の実現について明確な判断と方向を示し、遅くとも本年度中に具体的な指針を勧告されるよう強く要望する。

 政府は、勧告を受けた際は、速やかに実効性のある地方分権推進計画を作成し、その計画に基づく施策を実施されるよう強く要望する。

 右、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。平成8年3月27日、土岐市議会。

 以上であります。

 なお、提出先は、内閣総理大臣、自治大臣及び総務庁長官であります。

 どうぞよろしくご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。

 議員提出第2号 2005年国際博覧会の誘致に関する決議の提出について提案理由の説明を申し上げます。

 本件につきましては、土岐市議会規則第14条の規定により、林 宏美君、木原 功君、加藤昊司君及び梶間登志夫君の賛同を得まして、所定の手続より提出させていただくものであります。

 お手元に配付してあります決議案を朗読し、説明にかえさせていただきます。

 愛知県における国際博覧会については、2005年(平成17年)に開催することにし、国際博覧会条約上の開催申請手続を進めることとする閣議了解が平成7年12月19日になされ、正式に国家事業として位置づけられたところである。

 21世紀に向け国際社会における我が国の果たすべき役割がいよいよ大きくなりつつある中で、21世紀最初の国際博覧会を我が国に誘致し、地球規模の諸問題について世界がともに知恵を絞り論じ合うことにより、21世紀の人類社会の進むべき方向を示すことは、極めて大きな意義がある。

 その効果は、会場周辺のみでなく、中部圏全域に及ぶものである。

 よって、土岐市議会は、その総意として、愛知県における2005年の国際博覧会の開催実現のため積極的に支援することを表明するとともに、政府におかれては、早期に博覧会国際事務局に対し開催申請されるよう強く要望するものであります。

 以上、決議する。

 平成8年3月27日、土岐市議会。

 以上であります。

 どうぞよろしくご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(林力三君) ここで暫時休憩いたします。

 午後0時02分休憩

 ―――――――――――――――――――――――――

 午後0時03分再開



○議長(林力三君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいまから議員提出第1号及び議員提出第2号に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ通告による質疑はありません。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となり質疑の終結いたしました議員提出第1号及び議員提出第2号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) ご異議なしと認めます。

 よって本2件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより議案を分割して討論、採決を行います。

 日程第34 議員提出第1号 地方分権の実現を求める意見書の提出について討論を行います。

 ただいまのところ通告による討論はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立全員であります。

 よって議員提出第1号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第35 議員提出第2号 2005年国際博覧会の誘致に関する決議の提出について討論を行います。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。13番 日比野富春君。

 〔13番 日比野富春君登壇〕



◆13番(日比野富春君) 議員提出第2号の2005年国際博覧会の誘致に関する決議の提出についての反対討論ですが、これは、日本共産党の土岐市議団という形で、この万博開催そのものを反対するわけではありません。もちろん、地域経済効果を考えていろいろな催しがされるのは結構なことなんですが、この件に関しては昨年の12月に閣議了解がなされたわけで、国家事業という位置づけになったんですが、その内容について検討してみますと、まず第1番には、これが愛知県における県構想への強い批判などがありまして、そういったものが環境庁の指摘ともあわせて考慮せざるを得ないという結果になって、若干縮小を図られたものになっております。しかしながら、反県民的な、要するに問題になっております立地予定地が瀬戸市南東部の開発構想というものをそのまま受け継いだものになっております。

 こういった点で、もう一つは、国家事業としての位置づけをしながらも、資金負担の割合が、かつての筑波万博と比べても大きな地域の自治体負担になっております。

 このようなことが愛知県における民主的な討論と合意になっておらずに、自然破壊と多大な財政負担をもたらす危険性がいっぱいという閣議の了解事項となっておりまして、以上の理由で現地の世論が二分しているような今の状況下、ここでの開催実現への積極的支援というものを表明するというには、いささか今の時点では無理があるんではないかと、賛成しかねるという、そういう立場で一応同意いたしません。



○議長(林力三君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林力三君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 続いて採決いたします。

 本件は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(林力三君) 起立多数であります。

 よって議員提出第2号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、別紙視察調査付託表のとおり常任委員会に所管事項の調査について閉会中の視察、調査を付託いたします。

 これにて本議会に付議された案件の審議は全部終了いたしました。

 よって平成8年第1回土岐市議会定例会を閉会いたします。

 ここで収入役として重責を遂行されてまいりました宮川収入役からごあいさつがありますので、よろしくお願いいたします。

 〔収入役 宮川 徹君登壇〕



◎収入役(宮川徹君) このたび収入役の任期満了に伴い3月31日付で退職することになりました。

 収入役として4年間、未熟ではありましたが、その重責を果たすことができました。これひとえに市議会議員の皆様方のあたたかいご指導、ご厚情の賜物でありまして、心から厚くお礼を申し上げます。

 私は、昭和30年4月、肥田支所に奉職以来、今日まで41年間、土岐市が発展してきた中で極めて重要な諸事業に参画し、担当させていただきました。総合病院建設事業を初め数多くの心に残る思い出をつくることができ、私としては大変光栄に存じ深く感謝をいたしております。

 土岐市は、21世紀に向けて、第4次総合計画に基づいて数多くの大事業が展開しようとしております。その中でも、土岐プラズマ・リサーチパーク、老人保健施設、下水道の普及拡大並びに水道の未給水区域の解消など、プロジェクト事業の政策が既に計画、実施、実現に向けてスタートしたわけであります。現在の地方財政は極めて厳しい時期でもあります。市議会議員の皆様方の一層のご理解とご協力により諸事業が着実に実現することをご期待申し上げます。

 皆様方のますますのご健勝とご活躍を祈念申し上げ、今後とも変わらぬご厚誼をお願いいたしまして、退任のごあいさつといたします。長い間、まことにありがとうございました。



○議長(林力三君) 宮川収入役におかれましては、豊富な職務経験と温厚な人柄をもって職責を全うされましたことに対し深く敬意を表しますとともに、心より厚くお礼を申し上げます。

 まことにご苦労さまでございました。

 続きまして、本会議において選任同意されました林 泰弘君からごあいさつがありますので、お願いいたします。

 〔次期収入役 林 泰弘君登壇〕



◎次期収入役(林泰弘君) 一言ごあいさつを申し上げます。

 ただいま収入役の選任につきまして、全会一致でご同意を賜り厚くお礼を申し上げます。

 この責任の重大さを痛感するとともに、まさに戒石名も思い起こしている次第でございます。

 今後は、今までの行政経験を生かし、収入役の職務に専念し、誠心誠意務める所存でございます。議員の皆様方を初め関係の皆様方の一層のご指導、ご鞭撻を心からお願い申し上げましてごあいさつといたします。

 本当にありがとうございました。



○議長(林力三君) 次期収入役としてご精励いただきますことをご期待申し上げます。

 3月定例会の市議会の閉会に当たり一言ごあいさつ申し上げます。

 今期定例会は、去る3月4日の開会以来、本日まで24日間にわたり、明年度予算を初め市政が当面する重要な案件を審議する最も重要な議会でありました。審議に当たりましては、極めて真剣に熱誠あふれるものがあり、本日ここに全議案を議了し閉会できましたことは、議員各位のご努力の賜物と深く敬意をあらわしますとともに、厚くお礼を申し上げます。

 また、執行部各位におかれましては、審議の間、常に真摯な態度をもって審議に協力されましたご苦労に対しまして深く敬意を表します。

 いよいよ第4次総合計画がスタートいたします。「まちが人が自然が生き生きとした理想郷」の実現を目指して、それぞれの立場で積極的推進にご尽力を賜らんことをひたすらお願い申し上げ、閉会のごあいさつといたします。

 ここで市長よりごあいさつをお願いいたします。

 〔市長 塚本保夫君登壇〕



◎市長(塚本保夫君) 定例会の閉会に当たりまして一言お礼を申し上げます。

 今議会、本市の第4次総合計画のスタートとなります平成8年度の予算案を初めご提案申し上げました案件につきまして、いずれも原案をお認めいただきましたことに対して、まずもって心から厚くお礼を申し上げる次第でございます。

 なお、今、地方自治にとりまして重要な、あるいは我が国の国政にとりましても重要な課題であります地方分権につきまして、意見書の採択をされましたこと、そして2005年国際博覧会の誘致決議をされましたこと、心から敬意をもって議会のご意思に感謝する次第でございます。

 極めて厳しい社会経済情勢の中であります。先ほど申し上げましたように第4次総合計画のスタートの年であります。21世紀に向けまして一層心して、真摯な態度で真面目に行政運営に当たってまいりたいと、心新たにいたしております。

 議員各位の今後とものご理解とご支援を心からお願い申し上げる次第であります。

 また、先ほど提案の説明の中でお礼を申し上げたところでありますが、宮川収入役におかれましては、本当に、今ごあいさつにありましたとおり、本市の重要な行政課題解決のために専心ご努力をいただき、また収入役として本市の極めて重要な職務を見事にこなしていただきまして、大きなご功績をお残しいただきましたことに対して、改めて厚く御礼を申し上げる次第であります。ありがとうございました。ご苦労さまでございました。

 今後、健康にご留意を賜りまして、また行政各般にわたってのご指導を賜ればありがたいと念じているところでございます。どうぞよろしくお願いをいたします。

 以上、申し上げまして、お礼のあいさつにかえさせていただきます。どうも、皆さん、ありがとうございました。



○議長(林力三君) ありがとうございました。

 これにて散会いたします。

 午後0時10分閉会

 ―――――――――――――――――――――――――

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  土岐市議会議長  林 力三

       議員  塚本俊一

       議員  林 宏美