議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 土岐市

平成26年第1回 定例会 02月24日−01号




平成26年第1回 定例会 − 02月24日−01号







平成26年第1回 定例会



平成26年第1回土岐市議会定例会会議録

===================



議事日程

 平成26年2月24日(月)午前9時開議

第 1 会議録署名議員の指名

第 2 会期の決定

第 3 議第 1号 平成26年度土岐市一般会計予算

第 4 議第 2号 平成26年度土岐市下水道事業特別会計予算

第 5 議第 3号 平成26年度土岐市国民健康保険特別会計予算

第 6 議第 4号 平成26年度土岐市自動車駐車場事業特別会計予算

第 7 議第 5号 平成26年度土岐市介護保険特別会計予算

第 8 議第 6号 平成26年度土岐市農業集落排水事業特別会計予算

第 9 議第 7号 平成26年度土岐市・瑞浪市介護認定審査会特別会計予算

第10 議第 8号 平成26年度土岐市・瑞浪市障害者総合支援認定審査会特別会計予算

第11 議第 9号 平成26年度土岐市後期高齢者医療保険特別会計予算

第12 議第10号 平成26年度土岐市病院事業会計予算

第13 議第11号 平成26年度土岐市水道事業会計予算

第14 議第12号 平成25年度土岐市一般会計補正予算(第5号)

第15 議第13号 平成25年度土岐市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

第16 議第14号 平成25年度土岐市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

第17 議第15号 土岐市元気臨時交付金基金条例について

第18 議第16号 土岐市積立基金条例の一部を改正する条例について

第19 議第17号 土岐市総合福祉センター・ウエルフェア土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

第20 議第18号 土岐市産業文化振興センター・セラトピア土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

第21 議第19号 土岐市消防長及び消防署長の資格を定める条例について

第22 議第20号 土岐市手数料徴収条例の一部を改正する条例について

第23 議第21号 訴えの提起について

第24 議第22号 損害賠償の額を定めることについて

第25 議第23号 土岐市教育委員会委員の選任同意について

 =====================

本日の会議に付した事件

日程第 1 会議録署名議員の指名

日程第 2 会期の決定

日程第 3 議第1号から日程第25 議第23号

 =====================

出席議員 18名

  1番          北谷峰二君

  2番          鈴木正義君

  3番          山田正和君

  4番          後藤久男君

  5番          加藤淳一君

  6番          林 晶宣君

  7番          加藤辰亥君

  8番          楓 博元君

  9番          杉浦司美君

 10番          渡邉 隆君

 11番          高井由美子君

 12番          山内房壽君

 13番          宮地順造君

 14番          小栗恒雄君

 15番          西尾隆久君

 16番          布施素子君

 17番          小関祥子君

 18番          塚本俊一君

 =====================

欠席議員 なし

 =====================

説明のため出席した者の職氏名

 市長           加藤靖也君

 副市長          小島三明君

 総務部長         山田幸保君

 市民部長         石原幾男君

 経済環境部長       加藤淳司君

 建設部長         水野哲男君

 水道部長         田牧公平君

 会計管理者        中島芳典君

 総合病院事務局長     大野剛司君

 消防長          加藤喜久君

 建設部次長        森田和博君

 秘書広報課長       酒井幸昌君

 総合政策課長       長江照人君

 総務課長         鷲見直人君

 市民課長         松原裕一君

 高齢介護課長       水野健治君

 環境課長         曽村克幸君

 下水道課長        平野茂樹君

 水道課長         菅内厚視君

 消防次長         梅村充之君

 消防本部予防課長     高木健二君

 教育長          増田 章君

 教育委員会事務局長    水野昭敏君

 教育次長兼学校教育課長  樋田東洋君

 庶務課長         丹羽博英君

 =====================

議会事務局職員出席者

 局長           白川敏朗君

 次長           林 孝至君

 課長補佐         伊藤智治君

 =====================

 午前 8時59分開会



○議長(杉浦司美君) 皆さん、おはようございます。

 平成26年第1回土岐市議会定例会の開会に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。

17日間にわたり熱戦が繰り広げられたソチオリンピックは昨夜閉幕しましたが、日本勢の活躍には、元気と勇気、そして感動をいただきました。また、来月7日からはパラリンピックが開幕します。オリンピック同様、日本選手団の活躍に期待をしております。

 さて、今議会は予算議会でもあり、平成26年度の本市行政の道筋を決める重要な議会であります。議員各位におかれましては、どうか慎重にして十分なる審議を尽くし、議会の責務を果たしたいと思いますので、議事運営には特段のご協力をお願いいたしまして、ご挨拶といたします。

 ここで、市長よりご挨拶をいただきます。

  〔市長 加藤靖也君登壇〕



◎市長(加藤靖也君) 皆さん、おはようございます。

 開会に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。

 本日は、平成26年第1回土岐市議会定例会を招集しましたところ、議員各位におかれましては、大変お忙しい中ご出席いただきまして、まことにありがとうございます。

 さて、ソチオリンピックが閉会いたしました。日本はメダル8個の成績を残しました。結果としてメダルをとれた選手、メダルをとれなかった選手がいるわけでありますが、それぞれ競技をする中、本当に多くの感動を与えてくれました。やはりオリンピックには華があります。また、選手にとっても特別な舞台であると改めて感じたところでございます。引き続き3月7日からパラリンピックが始まりますので、応援したいと思っております。

 今定例会は、平成26年度の当初予算を提出させていただきました。観光の振興、教育環境の充実及び消防力の向上などに重点を置き、編成を行ったところでございます。ほかにも条例改正など多くの議案を提出させていただいておりますが、議員各位におかれましては、慎重審議の上、適切なる議決を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) ありがとうございました。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(杉浦司美君) ただいまから平成26年第1回土岐市議会定例会を開会いたします。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(杉浦司美君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において山内房壽君及び宮地順造君を指名いたします。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(杉浦司美君) 次に、日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日2月24日から3月26日までの31日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉浦司美君) ご異議なしと認め、会期は31日間と決定いたしました。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(杉浦司美君) この際、事務局長に諸般の報告をいたさせます。



◎議会事務局長(白川敏朗君) 諸般の報告をいたします。

 初めに、市長から報第1号 専決処分の報告について、専第1号 損害賠償の額を定めることについて及び専第2号 損害賠償の額を定めることについて提出がありましたので、お手元に配付しておきました。

 次に、平成25年12月から平成26年2月までの議会行動日誌及び土岐市議会行政視察実施報告書、また本日の会議に説明員として出席報告のありました方々の職・氏名一覧表をお手元に配付しておきましたので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(杉浦司美君) 諸般の報告につきましては、ただいま事務局長の申し上げたとおりでございますので、ご了承願います。

 ――――――――――――――――――――――――



○議長(杉浦司美君) 日程第3 議第1号 平成26年度土岐市一般会計予算から日程第25 議第23号 土岐市教育委員会委員の選任同意についてまでの23件を一括して議題といたします。

 提案の理由及び議案の説明を求めます。

 市長 加藤靖也君。

  〔市長 加藤靖也君登壇〕



◎市長(加藤靖也君) 本日、ここに平成26年第1回土岐市議会定例会が開催され、新年度の予算案並びに諸議案のご審議をお願いするに当たりまして、所信の一端を申し述べさせていただきます。

 新年度を迎えるに当たり、本市の行財政運営の基本となります国の財政運営の動向について、まず述べさせていただきます。

 国の予算編成では、デフレ脱却・経済再生と財政健全化の両立を目指し、社会保障・税一体改革を実現する最初の予算とされました。地方の財政運営に大きな影響を及ぼす地方財政計画では、地方の一般財源総額について、社会保障の充実分などを含め60兆3,577億円と、前年度比1.0%の増とされました。地方交付税は、地方税収が前年度比2.9%の増と見込まれたことなどから、前年度比1.0%減の16兆8,855億円となりました。

 さて、本市では、先月31日に中日本高速道路株式会社と企業立地に関する協定書を締結いたしました。この協定は観光拠点施設及び複合商業施設の整備などに関するもので、地域の活性化に資するため、相互に協力して事業の実現を図ることを目的としております。地域資源をPRして本市の魅力を発信していきたいと考えております。新年度の予算編成に当たっては、この観光の振興のほかに、教育環境の充実及び消防力の向上などに重点を置いた予算としております。

 それでは、今議会に提案いたします案件につきまして、その概要をご説明いたします。

 審議をお願いいたします案件は、予算関係14件、条例関係6件、その他の案件3件、合計23件であります。

 まず初めに、平成26年度予算案からご説明いたします。

 予算額は、一般会計216億3,200万円、特別会計153億6,797万9,000円、企業会計111億5,998万2,000円、合計481億5,996万1,000円でございまして、これを前年度の当初予算と比較いたしますと、一般会計は3.8%の増、特別会計は5.0%の増、企業会計は8.0%の増となり、合計では5.1%の増額予算としております。

 それでは、議第1号から議第11号までの新年度予算のうち、主な事業などにつきまして、その概要をご説明いたします。

 まず、一般会計の歳出につきましてご説明いたします。

 初めに、「強いまちづくり」を進めるために、人口減少対策として定住促進奨励金を計上しております。産業基盤の強化として、美濃焼産業活性化事業を充実させるとともに、企業立地奨励事業費を継続して計上しております。教育環境の充実では、平成27年4月開校に向け、継続事業である濃南小学校の建設事業を進めます。消防力の充実強化として、消防救急無線デジタル化事業を2カ年で実施し、消防車両の更新として救助工作車、消防ポンプ自動車、高規格救急車、小型ポンプ積載車の購入費用を計上しております。また、新庁舎の建設準備事業は引き続き進めてまいります。

 次に、「元気なまちづくり」では、観光の振興として、土岐プラズマ・リサーチパークにおいて、中日本高速道路株式会社と協力して観光拠点施設の整備を行います。また、土岐市にゆかりのある方に観光大使をお願いし、本市の魅力をPRしていただきます。学校では、学習支援員を増員してきめ細やかな教育に努め、市施行の新土岐津線整備工事は完成を迎えるところですが、引き続き駅前広場再整備事業の予算を計上しております。

 次に、「優しいまちづくり」では、環境政策として街路灯LED化を促進し、交通安全整備として、妻木小学校通学路のカラー舗装工事などを行います。学校給食では、食物アレルギー対応食の提供をモデル校2校で始めるところでございます。加えて、新年度に本市は市制60周年を迎えますので、市民の皆様とともに祝うべく、さまざまな記念事業を計画しております。

 続きまして、歳入の主な事項につきましてご説明いたします。

 まず市税のうち、市民税は法人市民税の増加により前年度比2.1%の増を、固定資産税は家屋分の増加から1.3%の増を見込み、市税総額は前年度比1.7%の増を見込んでいます。

 地方交付税は、国の地方財政計画を受け、前年度比1.2%の減と見込んでいます。

 国庫支出金、県支出金につきましては、それぞれ事業に見合った額を積算し計上いたしました。

 繰入金につきましては、一般財源を補うため、財政調整基金からの繰り入れ措置のほか、建設事業基金、基金整理による繰り入れなどでございます。

 なお、その他の収入につきましても、現行制度及び現時点において見込み得る額を計上しております。

 次に、特別会計並びに企業会計につきましてご説明いたします。

 下水道事業特別会計では処理場改築更新事業費の増加、介護保険特別会計では保険給付費の増加、企業会計では特別損失の増加などにより、前年度から増額の予算計上となっております。

 なお、歳入につきましては、それぞれの事業に応じて事業収入、補助金などを見込んで計上しております。

 以上、新年度予算の概要をご説明いたしました。

 次に、補正予算の説明をいたします。

 議第12号 平成25年度土岐市一般会計補正予算(第5号)につきましては、補正額は、歳入歳出それぞれ10億952万7,000円の追加をお願いし、補正後の予算総額を221億8,350万1,000円とするものでございます。

 補正の主な理由は、国の補正予算を活用しまして道路ストックの総点検や、駄知小学校、泉西小学校及び泉中学校の校舎耐震改修事業や、寄附金を基金へ積み立てるものでございます。

 議第13号 平成25年度土岐市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、繰越明許費の追加でございます。

 議第14号 平成25年度土岐市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出それぞれ7,027万3,000円の追加をお願いし、補正後の予算総額を70億487万9,000円とするものでございます。

 補正の内容は、前年度繰越金の予算未計上分を国民健康保険基金に積み立てるものでございます。

 引き続きまして、条例、その他の案件につきましてご説明いたします。

 議第15号から議第20号までの6議案は、条例に関するものでございます。

 初めに、議第15号 土岐市元気臨時交付金基金条例につきましては、土岐市元気臨時交付金基金を設置するため、この条例を定めようとするものでございます。

 議第16号 土岐市積立基金条例の一部を改正する条例につきましては、基金の一部を見直すため、この条例を定めようとするものでございます。

 議第17号 土岐市総合福祉センター・ウエルフェア土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましては、幼児療育センターにおいて障害児相談支援を行うため、この条例を定めようとするものでございます。

 議第18号 土岐市産業文化振興センター・セラトピア土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましては、土岐市産業文化振興センター・セラトピア土岐に研修室を設置するため、この条例を定めようとするものでございます。

 議第19号 土岐市消防長及び消防署長の資格を定める条例につきましては、消防組織法の一部改正に伴い、この条例を定めようとするものでございます。

 議第20号 土岐市手数料徴収条例の一部を改正する条例につきましては、地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部改正に伴い、この条例を定めようとするものでございます。

 次に、その他の案件につきましてご説明いたします。

 議第21号 訴えの提起につきましては、平成7年6月14日贈与を原因として市が取得した土地について、登記名義人から市への所有権移転登記手続が完了していないため、住居所が不明である相続人に対して当該手続を求める訴えを提起したいので、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議会の議決を求めようとするものでございます。

 議第22号 損害賠償の額を定めることにつきましては、下水道取りつけ管が閉塞していたことにより汚水があふれ、家屋を汚損させた事故に対する損害賠償の額を62万9,725円に定めようとするものでございます。

 最後に、議第23号 土岐市教育委員会委員の選任同意につきましては、土岐市教育委員会委員に山田恭正氏を選任したいので、議会の同意を求めるものでございます。

 詳細につきましては、これより担当部長がご説明いたしますので、よろしくご審議の上、適切なる議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(杉浦司美君) 総務部長 山田幸保君。

  〔総務部長 山田幸保君登壇〕



◎総務部長(山田幸保君) それでは、別冊の平成26年度土岐市予算書をお願いいたします。

 7ページをお願いいたします。

 議第1号 平成26年度土岐市一般会計予算についてご説明いたします。

 第1条は歳入歳出予算で、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ216億3,200万円と定めるものであります。内容は事項別明細書でご説明いたします。

 第2条は継続費で、第2表継続費でご説明いたします。

 第3条は債務負担行為で、第3表債務負担行為でご説明いたします。

 第4条は地方債で、第4表地方債でご説明いたします。

 第5条は一時借入金で、借り入れの最高額は10億円と定めるものであります。

 第6条は歳出予算の流用で、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合を定めるものであります。

 15ページをお願いいたします。

 第2表継続費であります。

 消防救急デジタル無線整備事業を平成27年度までの継続事業とするもので、事業費の総額、各年割額は、それぞれ記載のとおりであります。

 次に、第3表債務負担行為であります。事項、期間、限度額の順にそれぞれ記載してあります。

 初めに、県議会議員選挙ポスター掲示場作成等業務委託料及び開票集計システム購入費は、選挙期間が平成26年度から27年度にまたがるため対応するものであります。

 次に、農業企業化資金融資に係る利子補給金は、前年度と同様にお願いをするものでございます。

 次に、栄橋関連工事に伴う電柱電線移転補償金は、工期が平成29年度までのため対応するものでございます。

 16ページをお願いいたします。

 第4表地方債でございます。起債の目的、限度額についてご説明いたします。

 清掃車両整備事業1,170万円は、ごみ収集車両などの財源の一部に充当するものでございます。

 道路橋梁整備事業1億8,190万円は、道路単独事業、防災安全交付金対象事業の財源の一部に充当するものでございます。

 河川整備事業4,220万円は、河川改修工事の財源の一部に充当するものであります。

 街路事業1,570万円は、新土岐津線関連市道取りつけ調整工事の財源の一部に充当するものでございます。

 消防救急デジタル無線整備事業2億8,190万円は、消防救急無線デジタル化工事の財源の一部に充当するものでございます。

 消防車両整備事業1億2,530万円は、救助工作車、高規格救急車、消防ポンプ自動車などの財源の一部に充当するものでございます。

 雨水ポンプ場整備事業1億270万円は、津路町雨水ポンプ場整備維持工事の財源の一部に充当するものでございます。

 小学校整備事業2億6,850万円は、濃南小学校建設工事の財源の一部に充当するものであります。

 臨時財政対策債9億9,640万円は、地方財政対策として地方の財源不足に対処するため発行するものでございます。

 起債の方法、利率及び償還の方法については、記載のとおりでございます。

 次に、歳入歳出予算でございます。

 事項別明細書でご説明をいたしますので、20ページをお願いいたします。

 説明に当たりまして、事項別明細書は説明欄に詳細を記載しておりますので、前年度と比べて内容、金額等が大きく変わったものについて主な増減理由などを述べさせていただきます。

 まず、歳入からご説明をいたします。

 市税の市民税、個人は、前年度比0.6%、1,450万8,000円の増を見込んでおります。税制改正に伴い、均等割が500円増額となることなどから微増を見込んだものでございます。

 また、法人は、前年度比8.2%、4,914万4,000円の増を見込みました。景気の回復基調に伴い、企業の決算状況も回復することを予想し、算定したものでございます。

 市民税の合計では、前年度比2.1%、6,365万2,000円の増を見込んだものでございます。

 固定資産税は、国有資産等所在市町村交付金を含め、合計で前年度比1.3%、3,971万4,000円の増を見込みました。家屋及び設備投資による償却資産の増などを見込んだものでございます。

 22ページをお願いいたします。

 軽自動車税は、前年度比1.8%、214万円の増を見込みました。登録台数の推移により計上したものでございます。

 たばこ税は、2.9%、963万4,000円の増を見込んでおります。売り上げ本数の減少は続くものの、税額は堅調に推移すると見込み計上したものでございます。

 23ページをお願いいたします。

 入湯税は、入浴客数の推移をもとに、1.7%、21万5,000円の減を見込んだものでございます。

 次に、都市計画税は、固定資産税と同様の状況でございまして、0.4%、178万1,000円の増を見込みました。

 市税合計では、1.7%、1億1,673万8,000円の増を見込んでおります。

 次に、24ページの地方譲与税であります。1項地方揮発油譲与税は、地方揮発油税の100分の42が市町村道の延長、面積に応じて市町村に譲与されるもの、また2項自動車重量譲与税は、自動車重量税の1,000分の407が市町村道の延長、面積に応じて市町村に譲与されるもので、いずれも地方財政計画等を勘案して計上しております。

 次に、利子割交付金から25ページの自動車取得税交付金までの6つの交付金は、県から交付されるもので、県の交付金の見込み額や、地方財政計画及び実績等を勘案して計上してございます。なお、地方消費税交付金及び自動車取得税交付金は、それぞれ税率の変更の影響により増減いたしております。

 26ページ、地方特例交付金でございますが、ほぼ前年度と同額を見込ました。

 次に、地方交付税は、地方財政計画を踏まえつつ、実績も勘案いたしまして、1.2%、5,000万円減の42億3,000万円を計上いたしております。内訳は、普通交付税を36億円、特別交付税を6億3,000万円といたしております。

 次に、分担金及び負担金でございます。負担金の1目民生費負担金の増は、2節児童福祉費負担金で、園児数の増加による保育所運営費徴収金の増を見込んでおります。

 28ページをお願いいたします。

 使用料及び手数料でございます。まず、使用料の減の主なものといたしましては、3目衛生使用料の減は、斎場使用料の減、29ページへ移りまして、8目教育使用料の減は、幼稚園使用料及び預かり保育に係る幼稚園使用料の減を見込んでおります。

 30ページをお願いいたします。

 手数料の減は、3目衛生手数料、し尿処理手数料の減を見込みました。

 31ページをお願いいたします。

 国庫支出金であります。国庫負担金、1目民生費負担金の増は、介護給付・訓練給付費負担金及び32ページ、保険基盤安定負担金の増加を見込んだことによるもの、3目教育費負担金の増は、濃南小学校建設に係る公立学校施設整備費国庫負担金の増を見込んでおります。

 国庫補助金であります。2目民生費補助金の増は、地域介護・福祉空間整備等交付金、臨時福祉給付金事業費補助金及び子育て世帯臨時特例給付金事業費補助金の皆増によるものでございます。

 34ページをお願いいたします。

 5目消防費補助金の増は、消防車両の購入に係る緊急消防援助隊設備整備費補助金の増によるものでございます。

 6目教育費補助金の増は、濃南小学校建設事業費に係る学校施設環境改善交付金の増によるものであります。

 35ページをお願いいたします。

 県支出金、県負担金でございます。2目民生費負担金の増は、国庫負担金とほぼ同様の理由でございます。

 37ページをお願いいたします。

 県補助金でございます。2目民生費補助金の減は、保育所施設整備費補助金の皆減によるものでございます。

 39ページをお願いいたします。

 4目農林水産業費補助金の増は、農業基本台帳整備事業に係る農業振興事業補助金の増によるものでございます。

 40ページをお願いいたします。

 7目消防費補助金の増は、実績により、電源立地地域対策交付金の増によるものでございます。

 県委託金であります。1目総務費補助金の減は、参議院議員選挙費委託金の皆減によるものでございます。

 42ページ、財産収入、財産運用収入、2目利子及び配当金の減は、基金取り崩しによる元金の減少や、預金利子等の利率の低下によるものでございます。

 43ページをお願いいたします。

 繰入金、基金繰入金の主な減額理由は、庁舎建設基金の財源とするための土地開発基金繰入金が皆減となったことによるものでございます。

 個別的には、2目建設事業基金繰入金の減は、普通財産取得費に充当する繰り入れを減としたことによるものでございます。

 3目ふるさと創生事業基金繰入金の減は、実績に応じ、定住促進事業費に充当する繰り入れを減としたことによるものであります。

 6目都市整備基金繰入金の増は、市民プール解体撤去工事に充当する繰り入れを増としたことによるものでございます。

 9目まちづくり基金繰入金は、まちづくり活動補助金に充当するものでございます。

 10目国際友好都市交流基金繰入金から14目ふるさと農村活性化対策基金繰入金までは、基金の見通しを行った結果、基金の廃止を行うこととしたため、その全額を一般財源に充当するものであります。

 15目社会福祉基金繰入金の皆増についても、基金見直しによる基金の減額に伴うもので、全額、一般財源に充当するものであります。

 16目元気臨時交付金基金繰入金は、救助工作車購入費に充当するものであります。

 45ページ、諸収入であります。延滞金加算金及び過料、1目延滞金は、近年の実績額の推移から減額で計上いたしました。

 46ページをお願いいたします。

 受託事業収入の減は、分収造林受託事業収入の減額によるものであります。

 次に、雑入の2目雑入の増は、コミュニティー助成事業費補助金、消防団員退職報償金の皆増や、岐阜県市町村振興協会助成金の増などによるものでございます。

 48ページからの市債につきましては、先ほど第4表地方債でご説明いたしましたので、ここでは説明を省略させていただきます。

 歳入につきましては以上でございます。

 50ページをお願いいたします。

 続きまして、歳出のご説明をいたします。

 まず、どの科目にも共通となる人件費は、平成26年1月1日現在の給料月額を基本とし、平成26年度内に昇給するものを見込み計上しました。人事院勧告については見込んでおりません。時間外勤務手当は実績見込み額により計上し、その他の手当については現行条例の規定により所要額を計上いたしております。

 なお、これからの歳出の説明は、目別に内容や金額に大きな変動があったものについて主な増減理由をご説明させていただき、節ごとの説明は省略をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 まず初めに、議会費であります。

 59万9,000円の増は、議員共済会負担金の増によるものでございます。

 51ページ、総務費、総務管理費であります。

 一般管理費の1,452万9,000円の増並びに53ページの人事管理費の518万6,000円の増は、人件費の増に伴うものでございます。

 54ページをお願いいたします。

 文書費は244万7,000円の減で、郵便料の減によるものでございます。

 55ページをお願いいたします。

 財政管理費は299万5,000円の増で、公共施設現況調査の委託料の増によるものでございます。

 56ページ、財産管理費は1,599万7,000円の増で、市有地管理業務、庁舎光熱水費の増及び集中管理車の更新などによるものでございます。

 57ページをお願いいたします。

 地籍調査費は381万6,000円の増で、地籍調査事業委託料の増によるものであります。

 58ページをお願いいたします。

 企画費は1,652万7,000円の増で、まちづくり活動事業補助金の増及びコミュニティー助成事業助成金の皆増によるものでございます。

 59ページをお願いいたします。

 電算管理費は1,234万9,000円の減で、社会保障・税番号制度対応システム改修の皆増があるものの、本年度更新した庁内パソコンによる備品購入費の皆減などにより、合計では減額計上となっております。

 公平委員会費は127万9,000円の減で、育休代替日々雇用職員1名分の賃金の減によるものでございます。

 60ページをお願いいたします。

 国際交流事業費は406万6,000円の増で、姉妹都市交流事業負担金の増によるものでございます。

 庁舎建設費は2億5,791万1,000円の減で、庁舎建設基金への積立金の減額によるものでございます。

 諸費は1,955万8,000円の増で、地域集会所建設等補助金及び過誤納還付金の増によるものでございます。

 62ページをお願いいたします。

 徴税費、税務総務費は154万3,000円の増で、日々雇用職員増員に伴う賃金の増によるものでございます。

 賦課徴収費は3,236万9,000円の減で、固定資産評価がえ事業委託料及び市税還付金の減によるものでございます。

 63ページをお願いいたします。

 戸籍住民基本台帳費は374万円の増で、人件費及び社会保障・税番号制度対応システム改修経費の増によるものでございます。

 65ページをお願いいたします。

 選挙費でございます。県議会議員選挙費及び農業委員会委員選挙費の皆増があるものの、参議院議員選挙費の皆減により、差し引きで合計1,411万8,000円の減であります。

 67ページをお願いいたします。

 統計調査費、国勢調査費は28万5,000円の皆増で、国勢調査調査区管理事業によるものでございます。

 69ページをお願いいたします。

 民生費でございます。

 社会福祉費、社会福祉総務費は2億3,587万4,000円の増で、国民健康保険特別会計繰出金の増及び臨時福祉給付金の皆増によるものでございます。

 70ページをお願いいたします。

 障害福祉費は143万8,000円の増で、土岐市障がい福祉計画策定委託料の皆増によるものでございます。

 72ページをお願いいたします。

 総合支援費は5,973万9,000円の増で、介護給付・訓練等給付事業の増によるものでございます。

 74ページをお願いいたします。

 老人福祉費は2億4,180万8,000円の増で、地域介護・福祉空間整備事業補助金の皆増及び介護保険特別会計繰出金、後期高齢者医療保険関連経費の増によるものでございます。

 76ページをお願いいたします。

 老人福祉センター費は441万5,000円の増で、ウエルフェア土岐の光熱水費の案分見直しに伴う西部老人福祉センター指定管理料の増加によるものでございます。

 国民年金費は402万2,000円の増で、システム開発委託料の皆増などによるものでございます。

 77ページをお願いいたします。

 福祉医療費は359万3,000円の減で、重度障害者医療費助成の増を見込むものの、乳幼児医療費助成費を実績により減としたことにより、減額計上となっております。

 78ページをお願いいたします。

 老人ホーム費は145万4,000円の増で、夜間支援員業務委託料の皆増などによるものでございます。

 79ページをお願いいたします。

 総合福祉センター費は852万8,000円の減で、これもウエルフェア土岐の光熱水費の案分見直しに伴うもので、指定管理料の減及び総合福祉センターの整備工事費の皆減などによるものでございます。

 80ページをお願いいたします。

 児童福祉費、児童福祉総務費は234万3,000円の減で、地域子育て支援センター事業の賃金の減などによるものでございます。

 81ページをお願いいたします。

 児童措置費は6,585万2,000円の増で、児童手当の減を見込むものの、子育て世帯臨時特例給付金事業の皆増により、増額計上となっております。

 82ページをお願いいたします。

 保育所費は1億7,031万5,000円の減で、保育所整備事業の減及び花園保育園園舎増設工事補助金の皆減などによるものでございます。

 84ページをお願いいたします。

 児童館費は171万1,000円の増で、これもウエルフェア土岐の光熱水費の案分見直しに伴う西部児童センター指定管理料の増などによるものでございます。

 85ページをお願いいたします。

 障害児童福祉費は332万円の増で、障害児通所支援事業費の増によるものでございます。

 母子福祉費は371万円の増で、母子家庭高等技能訓練促進事業給付の増によるものでございます。

 86ページをお願いいたします。

 生活保護費、生活保護総務費は942万1,000円の増で、生活保護システム関連の備品購入費及びシステムのバージョンアップなどによるものでございます。

 扶助費は818万9,000円の増で、医療扶助費の増を見込んだものの、生活保護の新規申請分を前年度より少なく見込んだことによるものでございます。

 遺家族等援護費は109万6,000円の増で、対象者が1名増加することによるものでございます。

 衛生費でございます。

 保健衛生費、保健衛生総務費は1,325万円の減で、東濃看護専門学校負担金及び東濃地域医師確保奨学基金負担金の減によるものでございます。

 88ページをお願いいたします。

 予防費は132万7,000円の減で、予防接種対象者数の推計により医薬材料費及び委託料等を計上したことによるものでございます。

 89ページをお願いいたします。

 環境衛生費は740万5,000円の増で、人件費は減額したものの、既存街路灯LED化促進補助金の増などにより、増額計上となっております。

 91ページをお願いいたします。

 生活排水処理費は408万8,000円の減で、浄化槽設置事業補助金の減によるものでございます。

 斎苑費は186万7,000円の増で、燃料費、修繕料などの需用費の増によるものでございます。

 保健センター費は1,968万7,000円の増で、新健康システム導入経費及び空調設備制御盤取りかえ工事費の皆増などによるものでございます。

 92ページをお願いいたします。

 温泉活用型健康増進施設費は1億3,799万6,000円の増で、バーデンパークSOGIの改修工事によるものでございます。

 93ページをお願いいたします。

 健康増進費は167万1,000円の増で、健康診査委託料の増によるものでございます。

 94ページをお願いいたします。

 休日急病診療所費は389万円の増で、組合負担金の増加によるものでございます。

 清掃費、塵芥処理費は5,841万4,000円の増で、ごみ収集車両などの更新及び環境センター長寿命化の整備工事費の増によるものでございます。

 95ページをお願いいたします。

 し尿処理費は4,799万4,000円の増で、し尿処理施設の整備工事費の増によるものでございます。

 96ページをお願いいたします。

 リサイクル事業費は211万1,000円の減で、資源化施設の修繕費の減などによるものでございます。

 97ページをお願いいたします。

 病院費、病院事業費は706万9,000円の減で、総合病院への企業債利子に係る繰り入れ、企業債償還元金に対する出資金の減によるものであります。

 99ページをお願いいたします。

 農林水産業費であります。

 農業費、農業委員会費は727万円の増で、農地基本台帳新システム導入委託料の皆増によるものでございます。

 農業総務費は556万6,000円の減で、人件費の減などによるものでございます。

 100ページをお願いいたします。

 農業振興費は、農業振興地域整備計画策定委託料の皆減があったものの、経営体育成支援事業及び小規模農家組織化支援事業の皆増により、前年度とほぼ同額となりました。

 101ページをお願いいたします。

 農地費は230万2,000円の増で、浅野用水路維持修繕工事の皆減、曽木公園関連経費の減があったものの、土岐川防災ダム一部事務組合負担金及び五輪ため池整備事業負担金などの増により、増額計上となっております。

 102ページをお願いいたします。

 林業費、林業総務費は504万4,000円の減で、人件費の減によるものであります。

 103ページをお願いいたします。

 林業振興費は411万6,000円の減で、森林経営計画実施委託料及び間伐促進事業補助金等の減によるものでございます。

 104ページをお願いいたします。

 分収造林事業費は900万円の減で、官行造林の契約解除補償金の皆減などによるものでございます。

 次に、商工費であります。

 商工総務費は800万円の増で、人件費の増によるものでございます。

 商工振興費は5,000万7,000円の増で、企業立地奨励金、国際陶磁器フェスティバル美濃負担金及び地域公共交通協議会負担金などの増によるものでございます。

 109ページをお願いいたします。

 産業文化振興センター費は243万6,000円の減で、セラトピア土岐の備品購入費及び空調機更新工事費の皆減などによるものでございます。

 どんぶり会館費は671万9,000円の増で、どんぶり会館修繕料の増及び空調冷温水機修繕工事費の皆増などによるものでございます。

 110ページをお願いいたします。

 陶磁器試験場費は138万円の減で、分析器保守点検委託料の減などによるものでございます。

 112ページをお願いいたします。

 観光費は5,666万3,000円の増で、三国山キャンプ場整備が減となるものの、土岐プラズマ・リサーチパーク内に整備される観光拠点施設の建設負担金の皆増などにより、増額計上となっております。

 113ページをお願いいたします。

 土木費であります。

 土木管理費、土木総務費は1,206万5,000円の減で、土砂災害ハザードマップ作成委託料の皆減などによるものでございます。

 115ページをお願いいたします。

 道路橋梁費、道路橋梁総務費は493万3,000円の減で、人件費の減が主なものでございます。

 道路橋梁維持費は383万9,000円の増で、道路維持委託料の増によるものでございます。

 116ページをお願いいたします。

 道路橋梁新設改良費は2,630万2,000円の減で、道路橋梁補助事業は増となるものの、道路単独事業及び橋梁単独事業の減により、減額計上となっております。

 交通安全対策費は、交通安全施設管理費が増となるものの、交通災害共済特別会計廃止後の共済見舞金の減により、ほぼ前年度と同額となっております。

 117ページをお願いいたします。

 河川費は1,035万6,000円の増で、河川改修事業費の増によるものでございます。

 118ページをお願いいたします。

 都市計画費、都市計画総務費は3,701万2,000円の減で、備品購入費が増となるものの、都市計画基本図更新委託料の皆減などにより、減額計上となっております。

 119ページをお願いいたします。

 街路事業費は2億6,818万8,000円の減で、新土岐津線整備事業の減によるものでございます。

 120ページをお願いいたします。

 土地区画整理事業費は2億1,125万1,000円の増で、妻木南部土地区画整理組合に対する補助金などの増によるものでございます。

 公共下水道費は1億2,698万1,000円の減で、公債費等の減に伴う下水道事業特別会計への繰出金の減によるものでございます。

 公園事業費は5,583万8,000円の増で、公園長寿命化計画策定委託料が皆減となるものの、市民プール解体工事費の皆増により、増額計上となっております。

 122ページをお願いいたします。

 住宅費、住宅管理費は916万円の減で、五斗蒔市営住宅屋根防水改修工事費の皆減などによるものでございます。

 123ページをお願いいたします。

 消防費、常備消防費は3,235万2,000円の増で、人件費の増及び防火服の更新経費の皆増などによるものでございます。

 125ページをお願いいたします。

 非常備消防費は1,862万5,000円の増で、消防団員の退団報奨金の皆増などによるものでございます。

 126ページをお願いいたします。

 消防施設費は5億907万6,000円の増で、消防救急無線デジタル化工事及び救助工作車、消防ポンプ車、高規格救急車などの購入費の皆増などによるものでございます。

 水防費は1,756万9,000円の増で、前の川ポンプ場ポンプ修繕工事費及び津路町ポンプ場の更新工事費などの増によるものでございます。

 防災費は641万8,000円の減で、防災対策備品購入費が増となるものの、防災計画改定業務委託料及び防災無線中継局移設工事費などの皆減により、減額計上となりました。

 128ページをお願いいたします。

 教育費でございます。

 教育総務費、事務局費は503万8,000円の増で、人件費の増によるものでございます。

 130ページをお願いいたします。

 教育指導費は214万2,000円の増で、きめ細かな学校支援事業の充実に対応する教諭賃金の増によるものでございます。

 131ページをお願いいたします。

 教育研究所費は177万4,000円の増で、「土岐のあかり」製本費などの増によるものでございます。

 132ページをお願いいたします。

 小学校費、学校管理費は946万円の増で、教材用消耗品費及び備品購入費を教育振興費から移行したことなどによるものでございます。

 133ページをお願いいたします。

 教育振興費は576万1,000円の減で、主な要因は、学校管理費で説明したことによるものでございます。

 134ページをお願いいたします。

 学校建設費は2億8,972万6,000円の増で、濃南小学校建設工事費の増によるものでございます。

 135ページでございます。

 中学校費、学校管理費は2,976万5,000円の減で、教材用消耗品費及び備品購入費を教育振興費から移行したことによる増があるものの、パソコン教室の機器更新が皆減となったことにより、減額計上となっております。

 教育振興費は436万8,000円の減で、主な要因は、学校管理費で説明したことと同様でございます。

 136ページをお願いいたします。

 学校建設費は5,282万4,000円の増で、泉中学校配膳室建てかえ工事及び濃南中学校グラウンド整備費の増によるものでございます。

 137ページをお願いいたします。

 幼稚園費は1,446万4,000円の減で、土岐津幼稚園の屋根改修工事による増があるものの、臨時教諭賃金、備品購入費及び幼稚園整備事業費の減により、差し引きでは減額計上となっております。

 139ページをお願いいたします。

 社会教育費、文化プラザ費は1,848万9,000円の増で、ルナホール音響設備改修工事完了による減があるものの、新年度ではサンホールのトイレ洋式化工事などの整備事業費を計上したことにより、差し引きでは増額計上となっております。

 140ページをお願いいたします。

 公民館費は197万3,000円の減となっております。自主講座活性化事業補助金の増があるものの、公民館修繕工事費等の減により、差し引きでは減額計上となっております。

 142ページをお願いいたします。

 文化振興費は2,087万5,000円の増で、公有財産取得費の減があるものの、遺跡発掘調査委託料及び織部の里整備事業費の増により、差し引きでは増額計上となっております。

 146ページをお願いいたします。

 図書館費は634万2,000円の減で、トイレの改修工事が皆減となったことによるものでございます。

 149ページをお願いいたします。

 保健体育費、体育施設費は478万4,000円の増で、総合射撃場整備事業などの増によるものでございます。

 150ページをお願いいたします。

 総合活動センター費は2,361万7,000円の減で、研修棟解体工事費の皆減によるものでございます。

 151ページをお願いいたします。

 給食センター費は390万1,000円の減で、燃料費等及びアレルギー対応食の開始に伴う調理員賃金の増があるものの、備品購入費が減額となることなどによりまして、差し引きでは減額計上となっております。

 153ページをお願いいたします。

 公債費であります。

 元金の減は、過年度借り入れ分が減となるとともに、新規借り入れ分として土木債、消防債、教育債が発生するものの、新土岐津線等に係る土木債が減額することなどによるものでございます。

 利子の減は、過年度借り入れ分利子、新規借り入れ分利子とも減となるものでございます。

 154ページをお願いいたします。

 諸支出金であります。

 普通財産取得費は4億836万7,000円の減で、新土岐津線整備事業に係る土地の購入費及び市有財産整理のため、土地開発基金所有の土地の買い戻し費用の減によるものでございます。

 財政調整基金費から156ページの元気臨時交付金基金費までは、それぞれの基金利子を基金に積み立てるものであります。

 予備費は、前年度と同額の3,000万円を計上いたしております。

 なお、157ページからの給与費明細書、163ページの継続費に関する調書、165ページからの債務負担に関する調書及び169ページの地方債に関する調書につきましては、後ほどお目通しをお願いしたいと思います。

 説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 水道部長 田牧公平君。

  〔水道部長 田牧公平君登壇〕



◎水道部長(田牧公平君) おはようございます。よろしくお願いいたします。

 それでは引き続きまして、予算書の171ページをお願いいたします。

 議第2号 平成26年度土岐市下水道事業特別会計予算についてご説明をいたします。

 第1条は、歳入歳出予算でございます。歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ23億4,717万5,000円と定めるものでございます。内容につきましては事項別明細書でご説明いたします。

 第2条の債務負担行為、第3条の地方債は、それぞれ第2表、第3表でご説明いたします。

 第4条、一時借入金でございます。一時借入金の借り入れの最高額は3億円と定めるものでございます。

 第5条は歳出予算の流用でございまして、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合を定めるものでございます。

 174ページをお願いいたします。

 初めに、第2表債務負担行為でございます。

 水洗便所等改造資金利子補給金につきましては、期間は平成26年度から平成31年度まで、限度額は、借り入れ総額に対し、年利3.0%以内の利子額と定めるものでございます。

 次に、第3表地方債でございます。

 公共下水道事業の限度額を4億1,120万円と定めるものでございます。起債の方法等につきましては、それぞれ記載のとおりでございますので、よろしくお願いをいたします。

 176ページをお願いいたします。

 なお、事項別明細書につきましては主なものをご説明させていただきます。

 歳入でございます。

 初めに、1款分担金及び負担金、1項分担金、1目下水道事業受益者分担金は2,012万4,000円を計上いたしました。前年度と比較し1.4%の減であります。これは、下肥田・上肥田地区の116区画の賦課対象分と過年度賦課分でございます。

 次に、2項負担金、1目下水道事業受益者負担金は731万2,000円を計上いたしました。前年度と比較しまして49.5%の減となっております。これは賦課面積の減少が主な要因でございます。

 次に、2款使用料及び手数料、1項使用料、1目下水道使用料は6億8,470万2,000円を計上いたしました。前年度と比較し3.2%の増となっております。これは、節水タイプ機器の普及や節水意識の浸透などにより使用水量が減少しているものの、下水道接続件数の増加によるものと消費税率の引き上げによる増を見込んだものでございます。

 177ページをお願いいたします。

 3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道費補助金は3億2,295万7,000円を計上いたしました。前年度と比較し196.8%の増となっております。これは補助対象の管渠事業及び処理場事業が増加したことによるものでございます。

 4款繰入金、1項1目一般会計繰入金は8億9,913万5,000円を計上いたしました。前年度と比較し12.4%の減となっております。これは、前年度と比較し、公債費への繰り入れが減少したことなどによるものでございます。

 179ページをお願いいたします。

 7款1項市債、1目下水道債は4億1,120万円を計上いたしました。前年度と比較し33.1%の増となっております。これは下水道建設費の増加によるものでございます。

 180ページをお願いいたします。

 次に、歳出でございます。

 人件費につきましては、一般会計と同様の積算をし計上いたしておりますので、よろしくお願いいたします。

 初めに、1款1目一般管理費は6,403万4,000円で、前年度と比較し11.6%の増でございます。増となりました主な要因は、27節公課費で、消費税率の引き上げによるものでございます。

 次に、2款1目下水道建設費は8億8,046万1,000円で、前年度と比較し50.6%の増となっております。増となりました主な要因は、13節の委託料及び15節の工事請負費の増加によるものでございます。

 181ページをお願いいたします。

 13節委託料3億1,774万3,000円で、前年度と比較し112.7%の増であります。15節工事請負費3億6,942万円で、前年度と比較し57.4%の増でございます。22節補償補填及び賠償金1億1,201万1,000円は、主に下水道工事に伴います上水道の布設がえ補償料でございます。

 182ページをお願いいたします。

 1目排水施設管理費は7,518万円で、前年度と比較し24.1%の増となっております。増となりました主な要因は、13節委託料の増によるものでございます。13節委託料4,413万1,000円は、下水道管渠長寿命化基本計画策定による増であります。前年度と比較し54.7%の増でございます。

 183ページをお願いいたします。

 2目処理施設管理費は2億4,492万円で、前年度と比較し1.2%の増でございます。11節需用費6,669万2,000円は、浄化センターにおきます薬品代、燃料費、光熱水費などでございます。13節委託料1億5,229万4,000円は、水処理業務、汚泥処理業務及び汚泥運搬処分などの浄化センター施設管理委託料でございます。

 184ページをお願いいたします。

 3款1項公債費は、1目元金8億2,475万9,000円と、2目利子2億5,282万1,000円の合計で、10億7,758万円を計上いたしました。前年度と比較し10.3%の減となっております。

 最後に、4款予備費でございますが、前年度と同額の500万円を計上いたしました。

 なお、185ページからの給与費明細書及び191ページの債務負担行為に関する調書及び地方債に関する調書につきましては、後ほどお目通しをお願いいたします。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 市民部長兼福祉事務所長 石原幾男君。

  〔市民部長 石原幾男君登壇〕



◎市民部長(石原幾男君) それでは、改めましておはようございます。

 それでは引き続きまして、予算書の193ページをお願いいたします。

 議第3号 平成26年度土岐市国民健康保険特別会計予算についてご説明申し上げます。

 第1条は歳入歳出予算でございまして、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ67億8,704万2,000円と定めるものでございます。

 第2条は歳出予算の流用を定めるもので、記載のとおりでございます。

 内容につきましては事項別明細書でご説明いたします。

 201ページをお願いいたします。

 なお、説明につきましては主なもののみとさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。

 歳入でございます。

 1款1項国民健康保険料でございますが、保険料は、26年度の支出見込み総額から国庫支出金、県支出金、繰入金などの収入を控除し、必要な保険料を算定したものでございます。

 1目の一般被保険者国民健康保険料は、現年度分及び滞納繰越分を合わせまして15億5,557万9,000円で、前年度比4.6%の増で計上いたしました。

 2目の退職被保険者等国民健康保険料は、現年度分及び滞納繰越分の合計で1億4,099万7,000円で、前年度比4.0%の減で計上いたしました。

 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目督促手数料は30万円、前年度比20.0%の減となっております。

 202ページをお願いいたします。

 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金は10億7,589万3,000円で、前年度比6.6%の減でございます。これは、一般被保険者に係る療養の給付に要する費用の額をもとに算定したものでございます。

 2目高額医療費共同事業負担金は3,720万2,000円で、前年度比11.3%の増でございます。これは、高額医療費共同事業に要する経費に対する国の負担金でございます。

 3目特定健康診査等負担金は884万円で、前年度と同額でございます。

 2項国庫補助金、1目財政調整交付金は3億4,259万5,000円で、前年度比6.0%の増でございます。これは、一般被保険者に係る療養の給付に要する費用の額をもとに算定したものでございます。

 4款県支出金、1項県負担金、1目高額医療費共同事業負担金は3,720万2,000円で、前年度比11.3%の増でございます。これは、高額医療費共同事業に要する経費に対する県の負担金でございます。

 203ページをお願いいたします。

 2目特定健康診査等負担金は884万円、前年度と同額でございます。

 2項県補助金、1項1目財政健全化特別対策費補助金は1,347万8,000円で、前年度比6.2%の減でございます。これは、県単独福祉医療費助成事業に伴う医療費の波及増分が国庫支出金で減額されることに対する県の補助でございます。

 2目財政調整交付金は3億4,259万5,000円で、前年度比6.0%の増でございます。県内市町村国保間の財政力の不均衡を調整するため、県が負担するものでございます。

 5款1項1目療養給付費交付金は3億4,272万8,000円で、前年度比11.2%の減でございます。これは、被用者保険等保険者の負担に係る退職被保険者医療分等でございます。

 6款1項1目前期高齢者交付金は16億961万2,000円で、前年度比9.7%の減でございます。これは、全国規模で前期高齢者の保険給付費の不均衡を調整するものでございます。

 204ページをお願いいたします。

 7款1項連合会支出金、1目療養費等一部負担金は26万3,000円で、前年度比4.0%の減でございます。70歳から74歳までの現役並み所得者を除く被保険者の自己負担割合が、本来は2割であるものが1割に凍結されていることに関し、1割分の交付を受けるものでございます。なお、平成26年度からは新たに70歳となる方は2割負担となるため、その分は減額されております。

 8款1項共同事業交付金、1目高額医療費共同事業交付金は1億3,252万9,000円で、前年度比3.6%の減となっております。これは、市町村国保の拠出金をもとに、高額な医療費発生の財政緩和を図るため、交付されるものでございます。

 2目保険財政共同安定化事業交付金は5億2,876万1,000円で、前年度比8.9%の増となっております。都道府県内における市町村の国保の保険料の平準化や、保険財政の安定化を図るため、交付されるものでございます。

 9款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金は12万円で、国民健康保険基金の積立利息でございます。

 10款繰入金、1項1目一般会計繰入金は4億5,577万1,000円、前年度比12.5%の増となっております。これは、保険基盤安定繰入金など、国民健康保険法に基づき計上したものでございます。

 205ページをお願いいたします。

 2項基金繰入金、1目国民健康保険基金繰入金は5,000万円で、前年度と同額となっております。これは、保険料の上昇を極力抑制するため、基金からの繰り入れを行うものでございます。

 11款1項1目繰越金は1億円を計上いたしました。

 12款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目延滞金は10万円を計上いたしました。

 206ページをお願いいたします。

 2項雑入は、被保険者の交通事故等に係る第三者納付金及び資格喪失後の医療費の返納金その他の収入で、合計363万7,000円、前年度比2.8%の減で計上いたしました。

 207ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は9,558万4,000円、前年度比2.2%の減で、人件費と一般事務費でございます。

 208ページをお願いいたします。

 2項1目賦課徴収費は1,025万3,000円で、前年度比10.9%の減でございます。電算処理委託料などの経費を計上いたしております。

 2目納入奨励費は123万5,000円で、前年度比12.3%の減でございます。

 3目収納率向上特別対策事業費は1,806万4,000円で、前年度比1.3%の増でございます。

 209ページをお願いいたします。

 3項1目運営協議会費は28万4,000円で、前年度比5.2%の増でございます。

 2款保険給付費、1項療養諸費でございます。療養諸費は、被保険者の方が医療機関、歯科、調剤薬局、訪問看護などで受診された場合に保険から給付される額と、給付に際しての審査に要する経費を計上いたしております。療養諸費総額で40億8,652万2,000円、前年度比0.1%の減でございます。なお、目ごとの説明は省略させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 210ページの中段をお願いいたします。

 2項高額療養費でございます。高額療養費は、医療機関などの窓口で自己負担分として支払われた額が一定の金額を超えた場合に、その超えた額を支払うものでございます。総額は4億1,095万円、前年度比24.0%の減でございます。なお、こちらにつきましても目ごとの説明は省略させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 211ページの中段をお願いいたします。

 3項移送費は8万円で、前年度と同額でございます。

 212ページをお願いいたします。

 4項出産育児諸費、1目出産育児一時金は2,941万5,000円で、前年度比6.7%の減でございます。

 5項葬祭諸費、1目葬祭費は600万円で、前年度と同額でございます。

 3款1項1目後期高齢者支援金は8億8,088万5,000円で、前年度比0.7%の増でございます。後期高齢者医療保険制度では医療費の40%は現役世代の負担となっており、後期高齢者支援金として拠出するものでございます。

 2目後期高齢者関係事務費拠出金は7万1,000円でございます。

 213ページをお願いいたします。

 4款1項1目前期高齢者納付金は222万8,000円で、前年度比37.5%の増でございます。前期高齢者への財政調整制度に対する納付金でございます。

 2目前期高齢者関係事務費拠出金は7万1,000円でございます。

 5款1項老人保健拠出金、1目老人保健医療費拠出金は5万円でございます。

 2目老人保健事務費拠出金も5万円でございます。

 6款1項1目介護納付金は3億6,485万9,000円で、前年度比1.6%の減でございます。60歳から64歳の介護保険第2号被保険者に係る保険料相当額を介護納付金として納付するものでございます。

 214ページをお願いいたします。

 7款1項共同事業拠出金、1目高額医療費拠出金は1億4,880万9,000円で、前年度比11.3%の増となっております。高額医療費共同事業の拠出金でございます。

 2目保険財政共同安定化事業拠出金は5億5,674万6,000円で、前年度比5.0%の増となっております。保険財政共同安定化事業の拠出金でございます。

 3目保険財政共同安定化事業事務費拠出金は12万7,000円で、前年度比0.8%の減とてなっております。

 8款保健事業費、1項1目特定健康診査事業費は4,474万5,000円で、前年度比3.5%の増となっております。特定健康診査、特定保健指導の実施に要する経費を計上いたしております。

 215ページをお願いいたします。

 2項保健事業費、1目疾病予防費は2,340万4,000円で、前年度比0.3%の減となっております。成人病予防のために要する経費でございます。

 216ページをお願いいたします。

 9款1項基金積立金、1目国民健康保険基金積立金は11万円で、国民健康保険基金の利子を積み立てるものでございます。

 10款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目一般被保険者保険料還付金550万円及び2目退職被保険者等保険料還付金80万円は、資格の遡及喪失による還付金でございます。

 3目償還金は20万円を計上いたしました。

 11款1項1目予備費は1億円を計上いたしております。

 217ページからの給与費明細書につきましては、後ほどお目通しをお願いいたします。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 会議の途中ではありますが、ここで10分間休憩といたします。

 午前10時24分休憩

 ――――――――――――――――――――――――

 午前10時34分再開



○議長(杉浦司美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 経済環境部長 加藤淳司君。

  〔経済環境部長 加藤淳司君登壇〕



◎経済環境部長(加藤淳司君) それでは引き続きまして、議第4号 平成26年度土岐市自動車駐車場事業特別会計予算につきましてご説明をさせていただきます。

 土岐市予算書223ページをお願いいたします。

 第1条は歳入歳出予算でありまして、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6,565万円と定めるものであります。

 内容につきましては事項別明細書でご説明いたしますので、226ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項1目の駐車場事業収入は、予算額5,955万6,000円を計上いたしました。駅前、駅北、駅西駐車場、それぞれ実績に基づき、対前年度比1.1%の増で計上したものであります。

 2款1項1目の繰越金は、前年度繰越金でありまして、予算額608万5,000円を計上いたしました。

 3款諸収入、1項1目雑入は9,000円を計上いたしております。

 227ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目の駐車場事業費は、本年度予算額6,365万円を計上いたしました。主なものといたしましては、7節賃金で、駅前駐車場の日々雇用職員の賃金、11節需用費では、駐車場の発券機、精算機の消耗品と場内設備の修繕料、光熱水費等であります。13節委託料は、各駐車場の保守管理委託料等であります。14節使用料及び賃借料は、駅北駐車場の料金収受用の機器の借り上げ料であります。27節公課費は消費税、28節繰出金は、前年度より60万円減の4,188万円で、一般会計への繰出金であります。

 次に、2款1項1目の予備費は、前年度同額の200万円を計上いたしました。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 市民部長兼福祉事務所長 石原幾男君。

  〔市民部長 石原幾男君登壇〕



◎市民部長(石原幾男君) それでは引き続き、予算書の229ページをお願いいたします。

 議第5号 平成26年度土岐市介護保険特別会計予算についてご説明いたします。

 第1条は歳入歳出予算で、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ53億8,659万7,000円、サービス事業勘定の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,828万5,000円と定めるものでございます。

 第2条は歳出予算の流用を定めるもので、記載のとおりでございます。

 内容につきましては事項別明細書でご説明いたしますので、237ページをお願いいたします。

 保険事業勘定の歳入でございます。

 1款保険料、1項介護保険料、1目第一号被保険者保険料は、65歳以上の被保険者の保険料収入見込み額で、8億9,021万円、前年度比1.1%の増となっております。

 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目督促手数料は15万円で、前年度と同額でございます。

 3款国庫支出金、4款支払基金交付金、5款県支出金の1項県負担金及び2項県補助金、6款繰入金の1項一般会計繰入金のうち、1目介護給付費繰入金、2目、3目地域支援事業繰入金は、居宅介護等給付費、施設介護給付費、介護予防事業費、包括的支援事業・任意事業費に対して、所定の割合で算出した金額を歳入予算額として計上しておりますが、いずれの歳入も、保険給付費等の増大に伴い、前年度より増額となっております。

 具体的には、3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金は9億3,445万3,000円、前年度比11.9%の増でございます。

 238ページをお願いいたします。

 2項国庫補助金、1目調整交付金は2億5,970万3,000円、前年度比11.8%の増でございます。

 2目地域支援事業交付金のうち、介護予防事業分は514万7,000円で、前年度比5.7%の増でございます。

 3目地域支援事業交付金のうち、包括的支援事業・任意事業分は1,491万5,000円で、前年度比13.3%の増でございます。

 4款1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金は15億626万8,000円で前年度比11.8%の増、2目地域支援事業支援交付金は597万1,000円で前年度比5.7%の増で、1目、2目とも40歳から64歳の方の保険料で、支払基金の負担分でございます。

 5款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金は7億5,360万円で、前年度比11.7%の増でございます。

 239ページをお願いいたします。

 2項県補助金、1目地域支援事業交付金のうち、介護予防事業分は257万3,000円で、前年度比5.7%の増でございます。

 2目地域支援事業交付金のうち、包括的支援事業・任意事業分は745万7,000円で、前年度比13.3%の増でございます。

 3項財政安定化基金支出金、1目貸付金は、保険給付費の増大に伴い、1号被保険者の保険料等不足分を岐阜県から借り入れるもので、2億1,279万6,000円で、前年度比100.1%の増となっております。

 6款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金は6億4,925万9,000円、前年度比11.8%の増、2目地域支援事業繰入金のうち、介護予防事業分は257万3,000円、前年度比5.7%の増、2目地域支援事業繰入金のうち、包括的支援事業・任意事業分は745万7,000円、前年度比13.3%の増、4目その他一般会計繰入金は1億3,245万2,000円、前年度比13.6%の増でございます。

 240ページをお願いいたします。

 2項1目介護サービス事業勘定繰入金は、サービス事業勘定の剰余金94万6,000円を計上いたしております。

 7款1項1目繰越金は10万円で、前年度に比べ140万円の減でございます。

 8款諸収入、1項1目雑入は56万7,000円を計上しております。

 241ページをお願いいたします。

 保険事業勘定の歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は、人件費及び事務に係る費用で、4,303万2,000円、前年度比37.6%の増でございます。主な増額理由は、制度改正に伴う介護システム改修委託費等の増加によるものでございます。

 242ページをお願いいたします。

 2項徴収費は、賦課徴収及び滞納処分に係る費用で、合計635万1,000円、前年度比2.5%の増でございます。

 3項介護認定審査会費は、介護認定審査会及び認定調査に係る費用で、5,654万6,000円、前年度比5.5%の増でございます。

 243ページをお願いいたします。

 4項趣旨普及費は10万1,000円で、前年度比3.1%の増でございます。

 2款保険給付費の総額は51億9,403万円で、前年度比11.8%の増となっております。増額の主な理由は、居宅介護サービス給付費、施設介護サービス給付費の増加によるものでございます。

 具体的には、1項介護サービス等諸費は、要介護1から5に認定された方のサービス給付に係る費用でございます。244ページの中段をお願いいたします。合計45億7,809万3,000円、前年度比11.5%の増でございます。

 2項介護予防サービス等諸費は、要支援1・2に認定された方の予防サービス給付に係る費用でございます。245ページの中段をお願いいたします。合計2億6,664万5,000円、前年度比18.6%の増でございます。

 3項その他諸費、1目審査支払手数料は641万3,000円で、前年度比8.8%の増でございます。

 246ページをお願いいたします。

 4項高額介護サービス等費は、介護サービス等費の自己負担分の1カ月の世帯合計額が一定額を超えた場合、超えた分の給付をする費用で、合計8,010万9,000円、前年度比14.1%の増でございます。

 5項高額医療合算介護サービス等費は、介護保険及び医療保険の両制度における自己負担の年間世帯合計が一定額を超えた場合、超えた分の給付をする費用で、合計791万8,000円、前年度比29.1%の減でございます。

 247ページをお願いいたします。

 6項特定入所者介護サービス等費は、住民税非課税世帯の方が施設等サービスを利用した際の自己負担分の軽減に係る費用で、2億5,485万2,000円、前年度比13.1%の増でございます。

 3款地域支援事業費、1項地域包括支援センター費、1目一般管理費は、地域包括支援センターの人件費及び事務に係る費用で、248ページの中段をお願いいたします。4,876万3,000円、前年度比9.6%の増でございます。

 2項介護予防事業費、1目一次予防事業費は196万円で、前年度比43.8%の増となっております。

 2目二次予防事業費は585万8,000円で、前年度比6.8%の増となっております。

 249ページをお願いいたします。

 3項包括的支援事業・任意事業費、1目包括的・継続的ケアマネジメント支援事業費は10万3,000円で、前年度と同額でございます。

 2目任意事業費は1,335万3,000円で、前年度比1.3%の減でございます。

 250ページをお願いいたします。

 4款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目第一号被保険者保険料還付金、2目償還金は、前年度と同額で、合計150万円を計上しております。

 5款1項1目予備費は1,500万円で、前年度と同額でございます。

 251ページからの給与費明細書につきましては、後ほどお目通しをお願いいたします。

 258ページをお願いいたします。

 サービス事業勘定の歳入でございます。

 1款サービス収入、1項1目介護予防サービス計画費収入は、要支援1・2に認定された方の介護予防ケアプラン作成収入で、要支援者の増加により、2,827万2,000円、前年度比28.0%の増となっております。

 2款諸収入、1項1目雑入は1万3,000円、前年度比18.2%の増でございます。

 259ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款事業費、1項1目介護予防サービス事業費は、要支援1・2に認定された方の介護予防ケアプラン作成に係る嘱託員報酬、事業所への作成委託料などで、2,683万9,000円、前年度比33.9%の増でございます。要支援者の増加に伴い、介護予防ケアプラン作成に係る経費が増加したことによるものでございます。

 2款諸支出金、1項繰出金、1目保険勘定繰出金は94万6,000円を計上いたしました。

 3款1項1目予備費は50万円で、前年度と同額でございます。

 261ページの給与費明細書につきましては、後ほどお目通しをお願いいたします。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 水道部長 田牧公平君。

  〔水道部長 田牧公平君登壇〕



◎水道部長(田牧公平君) それでは引き続きまして、予算書の263ページをお願いいたします。

 議第6号 平成26年度土岐市農業集落排水事業特別会計予算でございます。

 第1条は、歳入歳出予算でございます。歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3,664万9,000円と定めるものでございます。

 内容につきましては事項別明細書でご説明申し上げますので、268ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 初めに、1款1目農業集落排水事業受益者負担金は17万円で、前年度と同額で計上いたしました。

 次に、2款1目農業集落排水使用料は543万8,000円、前年度と比較し7.4%増で計上いたしました。これは、使用料収入の実績などを勘案し計上したものでございます。

 次に、3款1目一般会計繰入金は3,104万1,000円で、前年度と比較し3.1%の増でございます。これは、処理施設管理費及び元利償還などに充てるものでございます。

 269ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1目一般管理費は54万4,000円で、前年度と比較し112.5%の増でございます。増となりました要因は、13節委託料の微増と、27節公課費であります消費税率の増加によるものでございます。

 2款1目排水施設管理費は255万7,000円で、前年度と同額でございます。

 2目処理施設管理費は1,246万4,000円、前年度と比較し8.4%の増でございます。増となりました要因は、11節需用費及び13節委託料の増によるものでございます。

 270ページをお願いいたします。

 3款1目元金1,298万4,000円、2目利子710万円、合計2,008万4,000円で、元金と利子の増減はございますが、合計金額は前年度と同額となっております。

 最後に、4款予備費は、前年度と同額の100万円を計上いたしました。

 なお、271ページの地方債に関する調書につきましては、後ほどお目通しをお願いいたします。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 市民部長兼福祉事務所長 石原幾男君。

  〔市民部長 石原幾男君登壇〕



◎市民部長(石原幾男君) それでは引き続き、予算書の273ページをお願いいたします。

 議第7号 平成26年度土岐市・瑞浪市介護認定審査会特別会計予算についてご説明いたします。

 第1条は歳入歳出予算でございまして、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3,943万6,000円と定めるものでございます。

 内容につきましては事項別明細書でご説明申し上げますので、276ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項1目負担金は、瑞浪市の認定審査会負担金で、1,761万7,000円、前年度比6.1%の増となっております。

 2款繰入金、1項1目特別会計繰入金は、土岐市からの繰入金で、2,180万7,000円、前年度比6.3%の増となっております。これにより土岐市及び瑞浪市からの繰入金、負担金の総額は3,942万4,000円となり、前年度比6.2%の増となりました。増額の主な理由は、平成27年度の介護保険制度改正に伴う認定審査会システム改修委託費が増加したためでございます。

 3款諸収入、1項1目雑入は、前年度と同額の1万2,000円を計上しております。

 277ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項介護認定審査会事業費、1目事業費は、人件費、認定審査会委員及び嘱託職員の報酬、審査会事務に係る費用で、3,843万6,000円、前年度比6.4%の増となっております。主な増額の理由は、先ほど説明いたしました認定審査会システム改修委託費の増額によるものでございます。

 278ページをお願いいたします。

 2款1項1目予備費は100万円で、前年度と同額でございます。

 279ページからの給与費明細書につきましては、後ほどお目通しをお願いいたします。

 引き続き、予算書の285ページをお願いいたします。

 議第8号 平成26年度土岐市・瑞浪市障害者総合支援認定審査会特別会計予算についてご説明いたします。

 第1条は歳入歳出予算でございまして、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ586万8,000円と定めるものでございます。

 内容につきましては事項別明細書でご説明申し上げますので、288ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項1目負担金は、瑞浪市の認定審査会負担金で、215万2,000円、前年度比5.1%の増となっております。

 2款国庫支出金、1項国庫補助金、1目審査会運営経費補助金は104万円で、前年度比0.6%の増でございます。

 3款繰入金、1項1目一般会計繰入金は266万5,000円で、前年度比5.3%の増でございます。これにより土岐市及び瑞浪市からの繰入金、負担金の総額は481万7,000円となり、前年度比5.2%の増となりました。これは認定審査員報酬の増額等によるものでございます。

 4款諸収入、1項1目雑入は1万1,000円で、前年度と同額でございます。

 289ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項障害者総合支援認定審査会事業費、1目事業費は、認定審査会委員及び嘱託職員の報酬、審査会事務に係る経費で、556万8,000円、前年度比4.6%の増で、これは認定審査員報酬等の増額によるものでございます。

 2款1項1目予備費は30万円で、前年度と同額でございます。

 290ページの給与費明細書につきましては、後ほどお目通しをお願いいたします。

 引き続き、予算書の291ページをお願いいたします。

 議第9号 平成26年度土岐市後期高齢者医療保険特別会計予算についてご説明いたします。

 第1条は歳入歳出予算でございまして、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6億7,127万7,000円と定めるものでございます。

 内容につきましては事項別明細書でご説明申し上げますので、296ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項後期高齢者医療保険料は、合計4億3,044万1,000円、前年度比0.7%の増でございます。

 1目特別徴収保険料は3億2,197万3,000円、2目普通徴収保険料は1億846万8,000円を計上いたしました。

 2款使用料及び手数料、1項手数料、1目の督促手数料は10万8,000円を計上いたしました。

 3款後期高齢者医療広域連合支出金、1項補助金、1目保健事業費補助金は、後期高齢者医療広域連合からの補助金として265万円、前年度比1.3%の増で計上いたしました。

 2項委託金、1目保健事業費委託金は、後期高齢者医療広域連合が実施する保健事業を土岐市が委託を受けて行うため、その委託金として1,792万円、176.2%の増で計上いたしました。これは健康診査の受診者数の増を見込んだものでございます。

 297ページをお願いいたします。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目事務費繰入金は5,170万4,000円、前年度比34.6%の増で計上いたしました。これは、後期高齢者医療事業に係る事務経費を一般会計から繰り入れるものでございます。

 2目保険基盤安定繰入金は1億5,021万円、前年度比13.6%の増で計上いたしました。これは、低所得者に対する保険料の軽減分及び被用者保険の被扶養者の軽減分として計上したものでございます。

 3目保健事業費繰入金は717万4,000円、前年度比37.0%の増で計上いたしました。

 5款1項1目繰越金は、前年度同額の500万円を計上いたしました。

 6款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目延滞金は、前年度同額の2万円を計上いたしました。

 2項償還金及び還付加算金、1目償還金は、保険料還付金として200万円で、前年度同額を計上いたしました。これは、過年度保険料の還付が発生したときに、広域連合からの還付金を一旦市の後期高齢者医療保険特別会計に受け入れ、被保険者に還付するものでございます。

 298ページをお願いいたします。

 4項1目雑入として、後期高齢者医療広域連合人件費負担金として405万円、前年度同額を計上いたしました。これは、広域連合へ職員を派遣している市町村に対し、その職員の人件費を広域連合が負担するものでございます。土岐市からは1名を派遣いたしております。

 299ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費でございます。これは後期高齢者医療保険事業を行う事務的経費で、1,657万4,000円、前年度比0.3%の増でございます。

 2項1目徴収費は、後期高齢者医療保険料の徴収に要する事務費として352万7,000円、前年度比2.2%の増でございます。

 300ページをお願いいたします。

 2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金は6億2,360万6,000円、前年度比6.1%の増で、これは市から広域連合へ納付する保険料等負担金などでございます。

 3款保健事業費、1項健康保持増進事業費、1目健康診査費は、広域連合からの委託を受けて実施する健康診査に係る事業費で、2,057万円、前年度比125.9%の増を計上いたしました。増額の理由は、受診の勧奨方法の変更により受診者がふえたためでございます。

 4款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目保険料等還付金は200万円で、前年度比0.5%の減額でございます。

 301ページをお願いいたします。

 5款1項1目予備費は500万円で、前年度と同額を計上いたしました。

 302ページからの給与費明細書につきましては、後ほどお目通しをお願いいたします。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 総合病院事務局長 大野剛司君。

  〔総合病院事務局長 大野剛司君登壇〕



◎総合病院事務局長(大野剛司君) それでは引き続き、予算書の309ページをお願いします。

 議第10号 平成26年度土岐市病院事業会計予算についてご説明いたします。

 第1条は、総則であります。

 第2条は、業務の予定量であります。

 第1号、病床数は、総合病院の一般病棟350床であります。

 第2号、年間患者数は、入院患者7万7,927人、外来患者17万1,044人で、病床利用率を61%と見込んでおります。外来患者数は3,416人の増加を見込んでおります。外来患者の内訳は、総合病院16万1,284人、駄知診療所9,760人と見込んでおります。

 第3号、1日平均患者数は、入院患者213人、外来患者701人で、外来患者の病院別の内訳は、総合病院661人、駄知診療所40人と見込んでおります。

 次は、老人保健施設やすらぎの業務予定量で、第4号、定員は125人で、その内訳は、介護保険施設利用者が100人、通所リハビリテーション利用者が25人であります。

 第5号、年間利用者数は、介護保険施設利用者2万8,470人、通所リハビリテーション利用者5,860人、短期入所利用者5,840人と見込んでおります。

 第6号、1日平均利用者数は、介護保険施設利用者78人、通所リハビリテーション利用者20人、短期入所利用者16人と見込んでおります。

 第7号、主要な建設改良事業は、総合病院医療機器整備事業1億500万円で、手術支援システムの購入などを予定しております。病院施設整備事業は5,860万6,000円で、エレベーターのリニューアル工事などを予定しております。また、老人保健施設整備事業は1,765万2,000円で、冷温水発生機の更新工事を予定しております。

 310ページをお願いします。

 第3条の収益的収入及び支出と、第4条の資本的収入及び支出につきましては、予算実施計画により説明させていただきます。

 311ページをお願いいたします。

 第5条は債務負担行為でありまして、事項、期間、限度額の順でそれぞれ記載してございます。看護師確保経費は、看護師就職応援キャンペーン事業等に参加する経費でございます。洋書医学雑誌購読料は、海外書籍を購入するものでございます。次の空調設備等改修工事設計業務委託料は、経年劣化している空調設備改修の設計を委託するものです。

 第6条は企業債であります。総合病院医療機器整備事業として5,000万円、総合病院施設整備事業として5,860万円、老人保健施設整備事業として2,120万円を計上いたしました。

 第7条は、一時借入金の限度額を5億円と定めるものであります。

 312ページをお願いします。

 第8条は、予定支出の流用でございまして、予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合を定めるものでございます。

 第9条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費といたしまして、職員給与費と交際費を定めるものであります。

 第10条は、医師、看護師及び技師の研究研修等の一般会計からの補助金を2億994万1,000円と定めるものであります。

 第11条は、棚卸資産の購入限度額を1億円と定めるものであります。

 313ページをお願いいたします。

 なお、今回、地方公営企業会計制度の改正によりまして、新たに設けられた項目や項目移動したものがあります。また、今年度に限り予算計上するものもあるため、収支ともに昨年度と比べますと変動が大きくなっておりますので、よろしくお願いします。

 平成26年度土岐市病院事業会計予算実施計画の収益的収入及び支出のうち、まず収入でありますが、病院事業収益のうち、第1款の総合病院事業収益は73億4,091万4,000円と、前年度と比べ2億9,011万5,000円、4.1%の増であります。

 第1項の医業収益は63億5,429万3,000円で、前年度と比べ3億808万8,000円、5.1%の増であります。

 第1目の入院収益は35億8,466万5,000円で、前年度と比べ1億5,585万5,000円、4.5%の増であります。病床利用率を61%、1日平均患者数を213人、1日1人当たりの診療収入を4万6,000円と見込んで積算しております。

 第2目の外来収益は23億469万円で、前年度と比べ1億4,497万8,000円、6.7%の増であります。外来患者数を1日661人、1日1人当たりの診療単価を1万4,200円と見込んで積算しております。

 第3目のその他医業収益は、室料差額収益、健康診断料、文書料、一般会計負担金等ですが、4億6,493万8,000円で、前年度と比べ725万5,000円、1.6%の増であります。

 第2項の医業外収益は4億5,538万2,000円で、前年度と比べ1,340万8,000円、2.9%の減であります。これは主に一般会計補助金の減によるものです。

 第3項の老人保健施設運営事業収益は5億3,123万9,000円で、前年度と比べ167万8,000円、0.3%の増であります。入所者78人、通所利用者1日20人と見込んで積算しております。

 次に、第2款駄知診療所事業収益は8,559万6,000円で、前年度と比べ153万2,000円、1.8%の減であります。

 314ページをお願いします。

 収益的支出であります。

 第1款総合病院事業費用は73億4,002万3,000円で、前年度と比べ2億9,590万、4.2%の増であります。

 第1項医業費用は64億9,101万円で、前年度と比べ1億3,921万4,000円、2.2%の増であります。

 第1目の給与費は32億737万2,000円で、前年度と比べ1億897万1,000円、3.5%の増であります。

 第2目の材料費は17億2,492万3,000円で、前年度と比べ3,753万1,000円、2.1%の減であります。

 第3目の経費は10億9,135万3,000円で、前年度と比べ2,390万5,000円、2.2%の増であります。会計制度の改正に伴い、医療器械リース料が資本的支出の資産購入費としての計上となったため減少したものの、光熱水費や燃料費が大きく増加したことにより、差し引き増となったものでございます。

 第4目の減価償却費は4億3,593万6,000円で、前年度と比べ4,454万3,000円、11.4%の増であります。これは、会計制度の改正に伴い、資本的支出の資産購入費として計上となりました医療器械リース資産の減価償却費が発生するため、増となったものでございます。

 第5目の資産減耗費は1,250万円で、前年度と比べ288万5,000円、18.8%の減であります。これは、泉町にあります医師住宅の解体が終了したことが主な要因でございます。

 第6目研究研修費は1,892万6,000円で、前年度と比べ221万1,000円、13.2%の増であります。図書購入費や研修費の増によるものでございます。

 次に、第2項の医業外費用は1億2,059万8,000円で、前年度と比べ1,123万4,000円、8.5%の減であります。企業債支払い利息の減によるものでございます。

 第3項の老人保健施設運営事業費用は5億3,114万1,000円で、前年度と比べ164万6,000円、0.3%の増であります。

 315ページをお願いします。

 第4項特別損失は1億8,727万4,000円で、前年度と比べ1億6,627万4,000円、791.8%の増であります。これは、会計制度の改正に伴い、移行時に必要とされる費用のうち、26年6月賞与時の、25年12月から26年3月の期末勤勉手当相当の引当金と法定福利費引当金分、過年度未収金の不納欠損見込み額を貸倒引当金として、今年度限り特別損失として予算を計上するため、大きく増加しております。

 314ページに戻っていただきまして、第2款駄知診療所事業費用は8,547万2,000円で、前年度と比べ91万5,000円、1.1%の減であります。

 したがいまして、事業収益から事業費用を差し引きました事業収支は、総合病院で89万1,000円、駄知診療所では12万4,000円の利益を見込みました。

 315ページをお願いします。

 続きまして、資本的収入及び支出であります。

 第1款総合病院資本的収入は5億1,751万2,000円で、前年度と比べ280万9,000円、0.5%の増であります。

 316ページをお願いします。

 次に、資本的支出であります。

 第1款の総合病院資本的支出は8億8,228万2,000円で、前年度と比べ6,901万8,000円、8.5%の増であります。これは主に企業債償還金の増によるものでございます。

 317ページ以降の説明は省略させていただきます。後ほどお目通しください。

 以上でありますので、よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 水道部長 田牧公平君。

  〔水道部長 田牧公平君登壇〕



◎水道部長(田牧公平君) それでは引き続きまして、予算書の339ページをお願いいたします。

 議第11号 平成26年度土岐市水道事業会計予算についてご説明いたします。

 第1条は、総則でございます。

 第2条は業務の予定量で、第1号、給水件数は2万2,650件でございます。

 第2号、年間総給水量は663万6,000立方メートルで、人口減少などにより前年度と比較しまして0.6%の減で見込んでおります。

 第3号、1日平均給水量は1万8,181立方メートルを見込んでおります。

 第4号、主要な建設改良事業3億6,257万7,000円は、公共下水道関連工事及び施設改良工事などを計上しております。前年度と比較し35.5%の増でございます。

 第3条、収益的収入及び支出の予定額につきましては、予算実施計画によりご説明いたします。

 340ページをお願いいたします。

 第4条、資本的収入及び支出の予定額につきましても、予算実施計画によりご説明をいたします。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額5億8,353万2,000円につきましては、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額の1,544万円及び過年度分損益勘定留保資金5億6,809万2,000円で補填するものでございます。

 第5条は、一時借入金の限度額を1億円と定めるものでございます。

 第6条は、予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合を定めるものでございます。

 341ページをお願いいたします。

 第7条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費としまして、職員給与費1億382万9,000円を計上いたしました。前年度と比較し3.5%の減でございます。

 第8条は一般会計からの補助金で、1億3,029万4,000円とするものでございます。

 第9条は、棚卸資産の購入限度額を536万5,000円と定めるものでございます。

 343ページをお願いいたします。

 平成26年度土岐市水道事業会計の予算実施計画でございます。

 まず収益的収入及び支出でございますが、1款水道事業収益は20億3,738万9,000円で、前年度と比較し23.1%の増でございます。増となりました主な要因は、会計制度の改正に伴い、みなし償却制度が廃止されたことにより、創設以来受け入れております補助金などを収益化したことによるものでございます。

 1項営業収益のうち、1目給水収益は15億4,873万3,000円で、前年度と比較し0.5%の増でございます。

 2目その他営業収益3,705万4,000円は、下水道使用料徴収委託料などでございます。

 2項営業外収益のうち、1目受取利息及び配当金は1,477万5,000円を見込みました。前年度と比較し432.4%の増でございます。

 3目他会計補助金6,938万7,000円は、前年度と比較し0.3%の減となっております。

 4目長期前受金戻入は2億4,956万6,000円で、これは会計制度改正に伴いまして新たに発生しました目でございまして、国などからの補助金等を受け入れますと長期前受金と名前が変わりまして、取得資産の当年度分の減価償却の一部は長期前受金が入っておりますので、減価償却分に見合う額を長期前受金戻入として収入処理するものでございます。

 3項特別利益の1目、3目も新たに起きました目でございまして、1目長期前受金戻入は6,813万8,000円で、先ほどの2項4目が当年度分に対しまして、これは過年度分償還財源繰入額処理であります。

 3目その他特別利益は4,299万8,000円で、制度改正に伴いまして引当金の要否を検討したところ、修繕引当金の計上は不要と判断したため、その引当金分を戻入処理するものでございます。

 344ページをお願いいたします。

 支出でございます。

 1款水道事業費用は20億2,123万2,000円で、前年度と比較し23.0%の増でございます。増となりました主な要因は、1項4目減価償却費と、3項2目の過年度損益修正損の増によるものでございます。

 1項営業費用のうち、1目原水及び浄水費6億8,901万8,000円は、県営水道からの受水料金でございます。県水値下げによりまして、前年度と比較し8.9%の減でございます。

 2目配水及び給水費1億8,486万4,000円は、人件費及び施設の維持管理費などでございます。

 3目総係費1億1,264万1,000円は、事務的経費でありまして、人件費及び料金徴収事務費などでございます。

 4目減価償却費6億9,523万円は、前年度と比較し64.1%の増であります。増となりました主な要因は、2項4目でご説明いたしましたとおり、みなし償却制度の廃止により、本来の資産価値からの減価償却が行われることによるものでございます。

 2項営業外費用のうち、1目支払利息及び企業債取扱諸費1億1,004万2,000円は、企業債に係る借入利息などでございます。

 2目消費税は3,648万3,000円を見込みました。前年度と比較し56.5%の増となっております。増となりました要因は、消費税率の変更によるところが大きいものであります。

 3項特別損失、1目減損損失は1,473万円で、水道資産においては、遊休資産となっている土地については時価、建物については1円までその評価価値を落とすものであります。

 2目過年度損益修正損は1億3,783万9,000円で、こちらもみなし償却制度廃止関連で、過年度分の簡易水道資産の減価償却費分と除却費の合計額でございます。

 3目その他特別損失は1,437万円で、制度改正により賞与引当金を計上しなければならなくなったことによる相当額及び不納欠損に充てられる貸倒損失の合計額であります。

 4項予備費は、前年度と同額の400万円を計上いたしております。

 345ページをお願いいたします。

 資本的収入及び支出でございます。

 1款資本的収入は2億4,744万1,000円で、前年度と比較し1.1%の減でございます。

 1項1目出資金685万5,000円は、統合前の簡易水道借入債償還元金出資金でございます。

 2項他会計負担金1億2,466万4,000円は、消火栓設置工事に係る一般会計負担金及び公共下水道工事などに関連します特別会計負担金でございます。

 3項1目分担金5,501万5,000円は、新規水道加入者の分担金を257件分見込んでおります。

 4項1目補助金6,090万7,000円は、一般会計補助金でございます。

 346ページをお願いいたします。

 支出でございます。

 1款資本的支出は8億3,097万3,000円で、前年度と比較し11.5%の増でございます。増となりましたその主な要因は、2目配水施設改良費の増によるものでございます。

 1項建設改良費、2目配水施設改良費は4億4,360万円で、公共下水道関連工事及び施設改良工事などでありまして、前年度と比較して36.3%の増でございます。

 2項企業債償還金は3億7,794万4,000円で、前年度と比較し1.8%の増となっております。

 以下、347ページからの予定キャッシュフロー、348ページからの給与費明細書、353ページからの予定損益計算書及び355ページからの予定貸借対照表につきましては、ご説明は省略させていただきますので、後ほどお目通しをお願いいたします。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 申しわけありません。344ページのところで訂正をお願いいたします。

 1項営業費用のうち、1目原水及び浄水費6億8,901万8,000円は県営水道からの受水料金でございまして、県水の値下げによりまして前年度と比較し「9.8%」の減でございます。先ほど私は「8.9%」の減と申し上げたようでございます。9.8%の減で訂正させていきます。大変申しわけありません。



○議長(杉浦司美君) 総務部長 山田幸保君。

  〔総務部長 山田幸保君登壇〕



◎総務部長(山田幸保君) それでは引き続きまして、別冊の平成25年度土岐市補正予算書をお願いいたします。

 議第12号 平成25年度土岐市一般会計補正予算(第5号)についてご説明いたします。

 平成25年度土岐市の一般会計の補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。

 第1条は、歳入歳出予算の補正でありまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ10億952万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ221億8,350万1,000円とするものでございます。

 第2条は継続費で、第2表継続費補正でご説明いたします。

 第3条は繰越明許費で、第3表繰越明許費補正でご説明いたします。

 第4条は地方債の補正で、第4表地方債補正でご説明いたします。

 今回の補正は、国の補正予算に対応いたしまして、国庫支出金の防災安全交付金、学校施設環境改善交付金等を活用いたしまして、新年度予算に計上予定でありました道路ストック総点検委託や、小・中学校校舎の耐震改修工事等の予算を前倒し計上するとともに、国から交付されます地域の元気交付金の財源充当と基金の創設が主な内容でございます。

 4ページをお願いいたします。

 第2表継続費補正でございます。

 まず、追加でございます。

 教育費、小学校費、泉西小学校校舎耐震改修事業について、平成27年度までの継続事業とするものでございます。総額、年割額は記載のとおりであります。

 次に、変更であります。

 教育費、小学校費、駄知小学校校舎耐震改修事業及び中学校費、泉中学校校舎耐震改修事業につきましては、国の補正予算に対応して予算を前倒し計上することに伴う年割額の変更及び一部の契約額確定に伴う総額の変更であります。

 小学校費、濃南小学校建設事業につきましても、国の補正予算に対応するものであります。

 新年度予算に計上予定でありました濃南中学校のプールの改修費を、前倒し計上するとともに、当初は小学校費で実施を予定いたしておりましたが、国庫補助事業の関係で中学校費に計上することとしたための減額でございます。

 5ページをお願いいたします。

 第3表繰越明許費補正であります。

 いずれも追加でありまして、まず民生費、社会福祉費、障がい者総合支援システム改修事業、土木費、道路橋梁費、道路ストック総点検事業及び教育費、中学校費、濃南中学校プール改修事業は、今回新たに予算を計上したもので、事業費全額を繰り越すものであります。また、土木費、道路橋梁費、三共橋耐震補強補修事業、妻木橋耐震補強補修事業、下肥田交差点改良事業及び諸支出金、普通財産取得費の新土岐津線関連用地取得事業につきましては、事業が年度内に完了しない見込みから、事業費の一部を翌年度に繰り越すものであります。

 次に、第4表地方債補正でございます。

 まず追加は、中学校整備事業で、限度額を1億7,000万円とするもので、泉中学校校舎耐震改修事業及び濃南中学校プール改修事業に充当するものであります。なお、起債の方法、利率及び償還の方法は、記載のとおりでございます。

 また、変更は、小学校整備事業で、限度額を7億3,270万円に変更するもので、変更分につきましては、駄知小学校校舎耐震改修事業及び泉西小学校校舎耐震改修事業に充当するものであります。

 続いて、歳入歳出予算の補正について事項別明細書でご説明いたしますので、7ページをお願いいたします。

 初めに、14款国庫支出金、2項国庫補助金、1目総務費補助金は5,000万円の増額補正で、地域の元気臨時交付金であります。歳出の諸支出金に計上いたしました元気臨時交付金基金の積立金とするものであります。

 2目民生費補助金は4万9,000円の増額補正で、国の補正予算に係る障害者自立支援給付支払い等システム事業の補助金であります。歳出の民生費に計上いたしました総合支援法施行事務事業の財源の一部とするものであります。

 4目土木費補助金は2,819万5,000円の増額補正で、国の補正予算に係る防災安全交付金と、地域の元気臨時交付金であります。歳出の土木費に計上いたしました道路橋梁補助事業及び道路単独事業の財源とするとともに、財源の組み替えを行うものであります。

 5目教育費補助金は2億4,117万5,000円の増額補正で、国の補正予算に係る学校施設環境改善交付金と、地域の元気臨時交付金であります。歳出の教育費に計上いたしました小学校整備事業、中学校整備事業の財源の一部とするとともに、図書館費の財源の組み替えを行うものであります。

 次に、17款1項寄附金、1目総務費寄附金は5,000万円の増額補正で、一般寄附金であります。歳出の諸支出金に計上いたしました建設事業基金の積立金とするものであります。

 5目教育費寄附金は50万円の増額補正で、奨学基金寄附金であります。

 次に、18款繰入金、2項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金は1億7,036万6,000円の減額補正で、今回の補正予算に伴う繰入額の減額で、歳入の調整を行うものであります。

 8ページをお願いいたします。

 次に、19款1項1目繰越金は2億627万4,000円の増額補正で、前年度繰越金であります。

 21款1項市債、3目教育債につきましては、先ほど第4表地方債補正でご説明をいたしましたので、説明は省略させていただきます。

 9ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 2款総務費、1項総務管理費、15目諸費は2,228万6,000円の増額補正で、過年度の国及び県支出金に対する過誤納返還金であります。

 3款民生費、1項社会福祉費、3目総合支援費は9万8,000円の増額補正で、国の補正予算に対応いたしまして、新年度に実施予定でありました総合支援法改正に伴うシステム改修を行うものであります。財源は、経費の2分の1に国庫支出金を充当いたします。

 次に、8款土木費、2項道路橋梁費、3目道路橋梁新設改良費は1,851万5,000円の増額補正で、これも国の補正予算に対応して、新年度予算に計上予定でありました道路ストック総点検事業費を前倒し計上するものでございます。財源は、国庫補助対象分の55%について国庫支出金を充当するとともに、地域の元気臨時交付金も充当するものであります。なお、財源内訳の中の一般財源のマイナスにつきましては、地域の元気臨時交付金を道路橋梁新設改良費の一般財源の一部と組み替えたことに伴うものであります。

 次に、10款教育費、2項小学校費、3目学校建設費は6億4,291万2,000円の増額補正で、こちらも国の補正予算に対応いたしまして、新年度予算で計上予定でありました駄知小学校校舎耐震改修事業費と、泉西小学校校舎耐震改修事業費を前倒し計上するものでございます。財源につきましては、一定割合の国庫支出金及び地域の元気臨時交付金を充当するほか、市債を充て、残りは一般財源を充てるものでございます。

 10ページをお願いいたします。

 3項中学校費、3目学校建設費は2億2,521万6,000円の増額補正で、こちらも国の補正予算に対応して、新年度予算に計上する予定でありました泉中学校校舎耐震改修事業費と、濃南中学校プール改修事業費を前倒し計上するものであります。財源は、一定割合の国庫支出金を充当するほか、市債も充て、残りは一般財源を充てるものでございます。

 次に、5項社会教育費、7目図書館費は、財源の組み替えでありまして、本年度実施いたしました図書館トイレ洋式化工事の一般財源分に地域の元気臨時交付金を充当するものであります。

 7項教育諸費、1目諸費は50万円の増額補正で、篤志寄附金を奨学基金に積み立てるものであります。

 11ページをお願いいたします。

 13款諸支出金、4項1目建設事業基金費は5,000万円の増額補正で、合同会社土岐アクアシルヴァからの寄附金を建設事業基金に積み立てるものであります。

 7項1目元気臨時交付金基金費は、地域の元気臨時交付金の一部である5,000万円を基金に積み立てるものであります。

 12ページの継続費に関する調書、13ページの地方債に関する調書につきましては、説明を省略させていただきますので、後ほどお目通しをお願いいたします。

 説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 水道部長 田牧公平君。

  〔水道部長 田牧公平君登壇〕



◎水道部長(田牧公平君) 引き続きまして、平成25年度土岐市補正予算書の14ページをお願いいたします。

 議第13号 平成25年度土岐市下水道事業特別会計補正予算(第1号)でございます。

 第1条、繰越明許費でございます。

 15ページ、第1表の繰越明許費によりご説明をいたします。

 2款下水道費、1項下水道建設費の事業名、処理場改築更新事業の事業費4,400万円を繰り越しするものでございます。

 本事業は、土岐市浄化センターの主に電気設備工事と水処理設備工事を改築更新するものでございまして、施工を日本下水道事業団に委託しております。この日本下水道事業団が水処理設備工事の発注におきまして入札不調があり、そのおくれにより今年度分の施工の完成が見込めなくなったために、繰り越しをお願いするものでございます。

 なお、この事業は当初より平成26年度末の完成を予定しておりますので、今回のおくれについては26年度で解消できるものでございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 市民部長兼福祉事務所長 石原幾男君。

  〔市民部長 石原幾男君登壇〕



◎市民部長(石原幾男君) それでは引き続き、補正予算書の16ページをお願いいたします。

 議第14号 平成25年度土岐市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。

 第1条は、歳入歳出予算の補正でございまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,027万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ70億487万9,000円とするものでございます。

 今回の補正は、24年度からの繰越金2億7,326万919円のうち、今まで予算に計上していなかった1億2,027万3,000円を計上し、国民健康保険基金からの繰入金を減額し、残りを基金に積み立てるものでございます。

 内容につきましては事項別明細書でご説明いたしますので、19ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 10款繰入金、2項基金繰入金、1目国民健康保険基金繰入金、補正額は5,000万円の減額で、基金からの繰り入れが不要となったために減額するものでございます。

 11款1項1目繰越金、補正額は1億2,027万3,000円の増額で、財源は前年度繰越金でございます。

 次に、歳出でございます。

 9款1項基金積立金、1目国民健康保険基金積立金、補正額は7,027万3,000円の増額でございます。前年度からの繰越金で、今まで予算に計上していなかった分から基金繰入金の減額の財源を差し引いた残額を基金に積み立てるものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 会議の途中ではありますが、午後1時まで休憩いたします。

 午前11時45分休憩

 ――――――――――――――――――――――――

 午後 0時59分再開



○議長(杉浦司美君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 総務部長 山田幸保君。

  〔総務部長 山田幸保君登壇〕



◎総務部長(山田幸保君) それでは引き続き、議案集の1ページをお願いいたします。

 議第15号 土岐市元気臨時交付金基金条例についてご説明をいたします。

 土岐市元気臨時交付金基金条例を別紙のように定めるものとする。

 提案理由は、土岐市元気臨時交付金基金を設置するため、この条例を定めようとするものであります。

 今回の条例制定は、国より交付される地域の元気臨時交付金の一部を、新年度に活用するために積み立てる基金を新たに設置しようとするものであります。

 2ページをお願いいたします。

 土岐市元気臨時交付金基金条例でございます。

 なお、説明に当たりましては、条例文の読み上げは省略し、概要をご説明いたします。

 まず第1条、設置でございますが、土岐市の地域の元気臨時交付金に係る実施計画に基づく事業の資金に充てるため、この基金を設置するものであります。

 第2条、積み立てでございます。基金として積み立てる額は、一般会計の歳入歳出予算に定める額とするものでございます。

 第4条、運用益金の処理でございます。基金の運用から生ずる収益は、一般会計歳入歳出予算に計上して、この基金に編入するものであります。

 第6条、処分でございます。市長は、第1条に規定する事業に要する費用に充てる場合に限り、基金の全部または一部を処分できるものであります。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行する。また、この条例は、平成27年3月31日限り、その効力を失うものであります。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。

 引き続き4ページをお願いいたします。

 議第16号 土岐市積立基金条例の一部を改正する条例についてご説明をいたします。

 土岐市積立基金条例の一部を改正する条例を別紙のように定めるものとする。

 提案理由は、基金の一部を見直すため、この条例を定めようとするものであります。

 今回の改正は、基金の有効活用を図るため、基金の運用及び目的を見直したことにより、土岐市芸術文化基金、土岐市国際友好都市交流基金、土岐市スポーツ振興基金、土岐市花基金及び土岐市ふるさと農村活性化対策事業基金を廃止するとともに、土岐市陶磁振興基金の運用から生ずる収益の処理方法及び土岐市建設事業基金の目的を改正しようとするものであります。

 5ページをお願いいたします。

 なお、別冊の条例改正案等新旧対照表は1ページから3ページでございます。

 土岐市積立基金条例の一部を次のように改正する。

 別表中「建設事業の」を「公共施設の建設事業及び維持整備の」に改め、同表、土岐市温泉活用型健康増進施設整備基金の項の次に「土岐市陶磁振興基金 陶芸及び陶磁を振興する資金に充てるため」を加える。

 別表、土岐市芸術文化基金の項及び土岐市陶磁振興基金の項から土岐市ふるさと農村活性化対策事業基金の項まで削る。

 附則といたしまして、この条例は、平成26年4月1日から施行する。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 市民部長兼福祉事務所長 石原幾男君。

  〔市民部長 石原幾男君登壇〕



◎市民部長(石原幾男君) それでは引き続き、議案集の6ページをお願いいたします。

 議第17号 土岐市総合福祉センター・ウエルフェア土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。

 土岐市総合福祉センター・ウエルフェア土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のように定めるものとする。

 提案理由は、幼児療育センターにおいて障害児相談支援を行うため、この条例を定めようとするものでございます。

 7ページをお願いいたします。

 土岐市総合福祉センター・ウエルフェア土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例でございます。

 条例改正案等新旧対照表は4ページから5ページでございます。

 なお、説明に当たりましては、改正内容を要約して説明させていただき、条文の読み上げは省略させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 今回の改正は、土岐市総合福祉センター・ウエルフェア土岐に設置している幼児療育センターで障害児相談支援事業を行うためのものでございます。

 第4条は、土岐市総合福祉センター・ウエルフェア土岐で行う事業を規定しているもので、幼児療育センターにおける事業に障害児相談支援事業を追加するものでございます。

 また、第11条は使用できる者の範囲を規定しておりまして、幼児療育センターの利用できる者として、障害児相談支援を受ける者を追加するものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成26年4月1日から施行するものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 経済環境部長 加藤淳司君。

  〔経済環境部長 加藤淳司君登壇〕



◎経済環境部長(加藤淳司君) それでは、議第18号 土岐市産業文化振興センター・セラトピア土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてご説明をいたします。

 議案集の8ページをお願いいたします。

 土岐市産業文化振興センター・セラトピア土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のように定めるものとする。

 提案理由といたしましては、土岐市産業文化振興センター・セラトピア土岐に研修室を設置するため、この条例を定めようとするものであります。

 9ページをお願いいたします。

 土岐市産業文化振興センター・セラトピア土岐の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例でございます。

 条例改正案等新旧対照表は6ページでございます。

 なお、説明に当たりましては、改正文の読み上げは省略させていただきますので、よろしくお願いをいたします。

 今回の改正は、セラトピア土岐内に設置されております市民ITセンターが平成26年3月31日をもって廃止されますので、これを活用し、研修室として新たに設置するため行うものでございます。

 使用料につきましては、同施設内で面積がほぼ同じであります和展示室と同額としておりまして、午前中の使用を820円、午後及び夜間を1,130円、一日通して使用した場合を3,090円、超過使用1時間につき280円とするものであります。

 附則は施行期日でありまして、平成26年4月1日とするものであります。

 以上であります。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 消防長 加藤喜久君。

  〔消防長 加藤喜久君登壇〕



◎消防長(加藤喜久君) それでは引き続き、議案集の10ページをお願いします。

 議第19号 土岐市消防長及び消防署長の資格を定める条例についてご説明いたします。

 土岐市消防長及び消防署長の資格を定める条例を別紙のように定めるものでございます。

 提案理由は、消防組織法の一部改正に伴い、これまで市町村の消防長及び消防署長の任命資格を定める政令で定められていたものが、政令で定める基準を参酌して市町村が条例で定めることとなったため、必要な事項を定めるものでございます。

 11ページをお願いいたします。

 説明は、制定概要を説明させていただき、条文の読み上げは省略させていただきますので、よろしくお願いします。

 第1条は、条例制定の趣旨でございます。

 第2条は、条例で定める消防長、第3条は、消防署長の資格を定めたものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成26年4月1日から施行するものでございます。

 続きまして13ページをお願いいたします。

 議第20号 土岐市手数料徴収条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。

 土岐市手数料徴収条例の一部を改正する条例を別紙のように定めるものとする。

 提案理由は、地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部改正に伴い、この条例を定めようとするものでございます。

 議案集の14ページをお願いいたします。

 土岐市手数料徴収条例の一部を改正する条例でございます。

 条例改正案等新旧対照表は7ページから20ページでございます。

 土岐市手数料徴収条例(昭和30年土岐市条例第14号)の一部を次のように改正する。

 説明は、改正内容を要約して説明させていただき、金額の読み上げは省略させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 改正部分であります別表(第2条関係)(7)の部中は、消防法の施行に関する事務において、危険物製造所等の設置の許可に対する審査及び同完成検査前検査と、特定屋外タンク貯蔵所の保安に関する検査の手数料の額について定めておりますが、これは地方公共団体の手数料の標準に関する政令に基づき定めているところでございます。

 今回、消費税及び地方消費税の税率がそれぞれ引き上げられることに伴い、地方公共団体の手数料の標準に関する政令に規定する手数料の額の標準について見直しがされました。これにより、土岐市手数料徴収条例の別表(第2条関係)(7)の部中に係る一部25件について金額の改定を行うもので、具体的な改正は条例改正案等新旧対照表のとおりでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成26年4月1日から施行するものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 教育委員会事務局長 水野昭敏君。

  〔教育委員会事務局長 水野昭敏君登壇〕



◎教育委員会事務局長(水野昭敏君) それでは引き続き、議案集の15ページをお願いいたします。

 議第21号 訴えの提起についてご説明をいたします。

 次のとおり所有権移転登記手続請求事件に関し訴えを提起することについて議決を求めるものでございます。

 1の相手方につきましては、住居所不明の男性でございます。

 2の訴えの趣旨につきましては、議案集16ページ、物件目録に記載の土地について、平成7年6月14日贈与を原因とする所有権移転登記手続をせよとの判決を求めるものでございます。物件目録に記載の土地につきましては、土岐市鶴里町柿野字若宮1352番3、同字1352番5、同字1352番6及び同字1352番7の4筆、いずれも地目は田で、面積は合わせて49.51平方メートルでございます。

 3の事件に関する取り扱いにつきましては、判決の結果、必要があるときは上訴するものとするものでございます。

 最後に提案理由でございますが、平成7年6月14日贈与を原因として市が取得した本件土地につきまして、亡き登記名義人から市への所有権移転登記手続が完了していないため、当該土地の亡き登記名義人の法定相続人3人に対し当該手続を求めたところ、相続人の1人である相手方の住居所が不明であるため、当該手続を求める訴えを提起したいので、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、この案を提出するものでございます。

 なお、いずれの土地も、現況は鶴里小学校用地として利用されているものであります。

 議第21号は以上でございます。



○議長(杉浦司美君) 水道部長 田牧公平君。

  〔水道部長 田牧公平君登壇〕



◎水道部長(田牧公平君) 議案集の17ページをお願いします。

 議第22号 損害賠償の額を定めることについてご説明をいたします。

 市は次のとおり物損事故に対する損害賠償の額を定めるものとするものでございます。

 平成25年12月14日、下水道取りつけ管が閉塞していたことにより汚水があふれ、相手方が所有する家屋を汚損させた事故について、市は次のとおり賠償するものとするものでございます。

 1.損害賠償の相手方は、土岐市泉町在住の男性。

 2.損害賠償の額62万9,725円でございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(杉浦司美君) 議事の都合により、明2月25日から3月4日までの8日間及び3月8日から3月25日までの18日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(杉浦司美君) ご異議なしと認めます。よって、明2月25日から3月4日までの8日間及び3月8日から3月25日までの18日間を休会といたすことに決しました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。どうもご苦労さまでございました。

 午後 1時17分散会

 ――――――――――――――――――――――――

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  土岐市議会議長  杉浦司美

       議員  山内房壽

       議員  宮地順造