議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 恵那市

平成22年第1回定例会(第2号 3月11日)




平成22年第1回定例会(第2号 3月11日)





         平成22年第1回恵那市議会定例会会議録〔第2号〕


                                 平成22年3月11日


 ───────────────────────────────────────────


 
 議 事 日 程(第2号)


                     平成22年3月11日(木)午前10時開議


  第1         会議録署名議員の指名


  第2         議第24号から議第35号まで一括上程


 ───────────────────────────────────────────


1 本日の会議に付した事件


 議 事 日 程(第2号)


  日程第1       会議録署名議員の指名


  日程第2 議第24号 平成21年度恵那市一般会計補正予算


       議第25号 平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算


       議第26号 平成21年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算


       議第27号 平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算


       議第28号 平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算


       議第29号 平成21年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算


       議第30号 平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算


       議第31号 平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算


       議第32号 平成21年度恵那市水道事業会計補正予算


       議第33号 平成21年度恵那市病院事業会計補正予算


       議第34号 平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計補正予算


       議第35号 平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予算


 ───────────────────────────────────────────


1 出 席 議 員


     1番  安 藤 直 実 君       2番  鵜 飼 伸 幸 君


     3番  纐 纈   満 君       4番  後 藤 康 司 君


     5番  林   忠 義 君       6番  小 澤 建 男 君


     7番  町 野 道 明 君       8番  畑 村 眞 吾 君


     9番  堀 井 文 博 君      10番  荒 田 雅 晴 君


    11番  堀   光 明 君      12番  伊 藤 桂 子 君


    13番  水 野 功 教 君      14番  伊 東 靖 英 君


    15番  勝   滋 幸 君      16番  堀     誠 君


    17番  柘 植   羌 君      18番  光 岡 克 昌 君


    19番  西 尾 公 男 君      20番  鈴 木 清 司 君


    21番  伊佐地 良 一 君      22番  柘 植 弘 成 君


    23番  渡 邊 鈴 政 君      24番  藤   公 雄 君


 ───────────────────────────────────────────


1 欠 席 議 員


    な し


 ───────────────────────────────────────────


1 説明のため出席した者の職氏名


    市     長    可 知 義 明 君


    副  市  長    三 宅 良 政 君


    総 務 部 長    荻 山 清 和 君


    企 画 部 長    小 嶋 初 夫 君


    市民福祉部長     大 島 博 美 君


    医療管理部長     堀   恒 夫 君


    経 済 部 長    藤 原 由 久 君


    建 設 部 長    柘 植 健 治 君


    水道環境部長     大 嶋 晋 一 君


    市民福祉部調整監   澤 村 憲 生 君


    経済部調整監     大 塩 康 彦 君


    建設部調整監     小 森 富 雄 君


    岩村振興事務所長   三 園 了 三 君


    山岡振興事務所長   桜 井 広 美 君


    明智振興事務所長   河 越 一 男 君


    串原振興事務所長   平 林 春 美 君


    上矢作振興事務所長  熊 田 惠 二 君


    会計管理者      石 原 和 幸 君


    教育委員長      鈴 木 隆 一 君


    教  育  長    西 尾 教 行 君


    教 育 次 長    西 部 良 治 君


    教 育 次 長    稲 葉 章 司 君


    消  防  長    伊 藤 政 治 君


    監査委員事務局長   丸 山 年 道 君


 ───────────────────────────────────────────


1 職務のため出席した事務局職員


    議会事務局長     伊 藤 常 光 君


    議会事務局次長    原 田 一 宏 君


    議会事務局書記    井 手 成 之 君


    議会事務局書記    西 尾 克 子 君


    議会事務局書記    樋 田   誠 君


 ────────────────────────────────────────────


                午前10時00分 開議


○議長(伊東靖英君) 皆さん、おはようございます。


 これより本日の会議を開きます。


 日程に入る前に諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本日出席する旨報告のありました者を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ごらん願います。


 なお、南整備事務所長・古山敦啓君より欠席の申し出がありましたので、ご了承願います。


 以上で諸般の報告を終ります。


──────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により11番・堀光明君、13番・水野功教君を指名いたします。


──────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第2 議第24号から議第35号まで12件を一括上程し、議題といたします。


 本12件につきましては、今定例会の初日において詳細説明まで受けておりますので、直ちに質疑を行い、討論から採決まで順次行います。


 初めに、議第24号・平成21年度恵那市一般会計補正予算に対する質疑を行います。


 本件に対し、13番・水野功教君、21番・伊佐地良一君及び20番・鈴木清司君の3人からそれぞれ質疑の通告がありましたので、発言を許可いたします。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 早速一般会計の補正についての質疑に入ります。


 まず、27ページ、歳入の中の徴税費の中の還付加算金6,047万3,000円、それの税目別内訳はどうなっておりますか。


 次に、29ページ、1枚めくっていただきます。子ども医療福祉費5,600万円の増、これの内容、これはどういうことでしょうか。


 それから、次に30ページ、老人ホーム委託費420万円の増、そして工事請負費2,850万円の減、これの理由はどういうものでしょうか。


 続きまして、31ページ、年間放課後児童698万4,000円の減、これについてこれの中身を教えていただきたい。


 それで、関連してですけども、いろいろ事業はまたやってみることわかりませんが、長島学童を、今民間のところをかりておるわけですが、これを恵那市としては公のほうへというふうな指導のもとでやってみえるわけですが、それについての進捗はいかがでしょうか。


 それから、次に47ページ、歳出の道路橋梁費ですね、エコセンターへの搬入、これはこの4月から恵南のほうから、もう既に来ておりますけども、正式には4月から入ってきて搬入車両が増えるということで、道路拡張、安全対策ということを取り組んでもらっておるわけですが、それがなかなか見えてこないというふうなことで、どのような状況になっておるか教えてください。


 それから、ちょっとページはあれですが、前回12月議会で質問しました中で、答弁がちょっといただいてない部分がありますので、再質問というような、確認ですが、基金として岩村城再建基金、これについてはいわゆる800万については、かねてから言われておるほう600何がしのお金のほうとは一切関係ないですねという、確認をお願いをしたわけですが、その確認に対するご答弁をいただいておりませんので、これをいただきたいということであります。


 以上、一般会計はそれまでです。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 答弁を求めます。


 総務部長・荻山清和君。


○総務部長(荻山清和君) 還付加算金の税目別内訳でございますが、法人市民税6,710万円、個人市民税560万円、固定資産税が74万円、軽自動車税が7,000円、合計が7,340万円を予定しております。これは、当初予算額との差額でその差額6,047万3,000円を計上しておりますので、よろしくお願い申し上げます。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 市民福祉部調整監・澤村憲生君。


○市民福祉部調整監(澤村憲生君) 市民福祉部、大きく3点ほどの質問だったと思いますが、順次お答えします。


 最初に、子ども医療費の増につきましては、主に重度心身障害者医療費の伸びが前年度対比で14%増となっていることが大きな理由でございまして、その要因には1件で650万円の高額医療費を要する心臓疾患病などの患者数の増加という特殊要因があったことが大きな理由でございます。


 次に、老人ホーム委託料につきましては、指定管理をしております恵光園の委託料算出の根拠でございますけども、老人福祉法に定める措置基準単価に基づいております。今回の増額補正につきましては、この措置基準単価が改定されたことによるものが主な内容であります。その背景につきましては、介護保険施設と同様に民間施設の職員給与水準などが定額であることから、新たに月額1万円程度の民間施設給与等改善費が加算されることになったものでございます。


 また、工事費の減額につきましては、恵光園のスプリンクラーの設置工事にかかります工事差金でございますけども、その内容は当初予定しておりましたスプリンクラー設備の配管方法につきまして、工法の一部変更を行いました。具体的には天井部分をすべて撤去する方法をビス取りつけに改めるなど、建築工事費が安くできたということによるものでございます。


 次に、市内6カ所の常設学童保育所につきましては、岐阜県の放課後児童健全育成補助金の交付を受けて事業実施をしておりますけども、平成21年度から岐阜県の補助内容が変更されました。このうち、障がい児童の受け入れ基準が受け入れニーズに応じた補助金額とされたために、結果的に大井と明智の学童保育所のように2名程度の受け入れ施設では、補助金額が少なくなってしまったことが大きな要因でございます。また、長島学童保育所の方につきましては、関係者の皆さんにご心配をおかけしているところでございます。


 昨年9月の一般質問でも明らかにしたところでございますけども、現施設の駐車場問題などもあり、移転も含めて複数の候補地について検討したところでございますけども、きょう現在では残念ながら、結論が出ていないのが現状でございます。現施設の家主さんのご好意もございまして、今しばらく検討を続けたいのでご理解をお願いする次第でございます。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 建設部長・柘植健治君。


○建設部長(柘植健治君) ごみ処理施設の統合によります市道長島町31号線を利用する搬入車両の増加につきましては、1日に延べ10台の収集車の往復分と若干の直接搬入車両の増加が見込まれます。このように通行車両が激増するということではございませんが、入り口付近には恵那たんぽぽ作業所がありますし、また奥にはマレットゴルフ場もございますので、交通安全対策の一つとしてたんぽぽ作業所入り口の奥までの2車線化、そしてエコセンターまでの間に5カ所の待機所の設置を計画いたしております。その進捗状況でございますけれども、用地取得に向けた中で公図と現地の不整合、いわゆる地図混乱区域であることや、また待機所設置計画箇所のうち保安林の指定箇所もございますので、そのあたりの調整に時間が必要な状況でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 岩村振興事務所長・三園了三君。


○岩村振興事務所長(三園了三君) それでは、12月の議会の答弁の漏れということでお願いします。


 ご質問は基金、岩村城再建基金ということになっておりますが、岩村城再建構想実行委員会へ支援する、その支援金のお話というふうに解釈をいたします。まず、ご理解いただきたいのは、岩村の中にもいろんな組織がございまして、今回支援するのは岩村城再建構想実行委員会という組織でありまして、この組織につきましては今までザ・縁日ですとか、こういったイベントを中心に活動を行ってきた組織であります。


 今回の支援金の使途につきましては、この組織で決定されるということと思いますが、今回組織からは岩村城がその岩村だけの財産でなく、恵那市全体の財産としてPRし、また保存整備をしていこうと、こういった新たなイベントのほかに、新たな活動計画が提案されてまいりましたので、これに対して支援をするということでございますので、よろしくお願いいたします。以上です。


○議長(伊東靖英君) 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) そうしますと、ちょっと先ほどご答弁いただきましたが、一番最初の加算金の税目内訳、法人のほうが大きく増えておるということは、結局どういうことになりますかね。予算よりも増えたと。いわゆる歳入が、返すやつが増えたということですね、これは。返すやつが増えたということは今の一般的な景気の動向が予定よりも大きく進んだということで財政的にも厳しい状況だというふうに理解をすればいいということですね。わかりました。


 それから、建設部長さんの道路橋梁の関係でありますが、これは保安林の問題がここのとこちょっとクローズアップされてきております。きのうも西部の地域での現場視察した大湫恵那線、ここでも保安林の問題が出てきたわけですが、この話はですね、この議会ではことし12月議会あたりから出てきたような話で、前からどうも保安林という名前は聞いておったんですけども、こんなに苦労してみえるのは最近になってということですが、当初大湫恵那についても、今のたんぽぽ進入路のところの問題についても、保安林ということはあるけども、それは事務的なことで進めていけば大丈夫だというふうに思っておったわけですが、特にこれからこの保安林ということがかかってくれば、恵那市全体でのいわゆる取り組み方、開発とかいろいろそれにも関係してくると思いますが、どのようなお考えで見えるのか、これはあくまでも県がやる仕事だからということで、県のやり方を見ておらなきゃならんのか、それとも国へもそれなりの働きかけをしなきゃならんことなのか、それについてお伺いをしたいということであります。


 それから、最後の岩村城再建基金、私が聞きたいのはこの800万が600何がしのお金のほうに使われることはないということさえはっきりしていただければそれで結構ですが、そこだけを確認をさせていただきたいわけです。


 以上、2件お願いします。


○議長(伊東靖英君) 建設部長・柘植健治君。


○建設部長(柘植健治君) 保安林の問題につきましては、このごろ多く出てきておるのは事実でございまして、その内容といたしましては保安林指定区域に新たにつくる問題以前の問題でございまして、既に道ができておるところがまだ保安林の処理がされていないというようなことから解決していくということで、なかなか事務処理が進んでいないような状況でございます。で、県事業につきましては当然県のほうで事務を進めるわけでございますので、市のほうは市の事業の改善に向けて進んでおるところでございます。


○議長(伊東靖英君) 岩村振興事務所長・三園了三君。


○岩村振興事務所長(三園了三君) 一応この支援金の使途につきましては、先ほど述べましたようにその組織が決定されると、使い方についてはということになると思いますが、そもそもこの交渉を進めてきたのは、観光協会ですとか、岩村城を守る会そういった有志の方々が用地の交渉にあたられておりました。ですから、この岩村城再建構想実行委員会、今回支援する組織と一緒になってこういった活動をされるかどうかわかりませんけども、今後この組織がその使途については決定されるということしか述べられませんので、よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) いわゆる800万円の使途は、いろいろまちの人が心配してみえる600何がしのお金のほうに使われるかどうかは、お預けする、運用をお願いする実行委員会の意思によると、そういうふうということを理解するわけです。なるわけですね。そうすると町民の皆さんが心配がそのまま出てくる恐れもあるということのように理解をしますが、それでよろしいでしょうか。


○議長(伊東靖英君) 岩村振興事務所長・三園了三君。


○岩村振興事務所長(三園了三君) そういった可能性も否定はできませんけども、やはり町民というか、全体の総意、そういったものがない、なければそのようなことにはならないんじゃないかなというふうに思っております。


○議長(伊東靖英君) 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 何度も済みませんね。そうすると、その組織はどういう組織なのかということなんかについては、管理チェックしていくところは岩村振興事務所がチェックするのか、それとも教育委員会がやるのか、どこが、そうしてそれについては恵那市の監査が及ぶところなのか、そこについてだけ教えてください。どういうふうな位置づけになっておるか。


○議長(伊東靖英君) 岩村振興事務所長・三園了三君。


○岩村振興事務所長(三園了三君) 一応振興事務所のほうとしてもチェックいたしますし、教育委員会等とも一緒になってこの問題には対処していきたいというふうに思っております。


○議長(伊東靖英君) それでは、次に21番・伊佐地良一君。


○21番(伊佐地良一君) 議第24号・平成21年度恵那市一般会計補正予算について、31ページをお願いしたいと思います。


 31ページの3款民生費2項児童福祉費2目児童対策費のうち、子育て支援給付事業で補正前はゼロとなっておりますが、今回658万3,000円の補正予算が計上されております。これは新設の子ども手当の関係ですけれども、説明では子ども手当システム開発委託料の増となっておりますが、この内容について説明をお願いしたいというふうに思います。


 また、期間がせまっておりまして時間がないわけでございますが、委託はどこを考えておられるのか、わかれば説明をお願いしたいというふうに思います。


 さらに、事務的経費は国から交付をされるというふうに聞いておりますが、いつごろどのような形で交付されるのか、お尋ねをいたします。以上です。


○議長(伊東靖英君) 市民福祉部調整監・澤村憲生君。


○市民福祉部調整監(澤村憲生君) お答えします。今回の補正につきましては、平成22年度から事業執行が予定されております子ども手当につきまして準備にかかるシステム開発や改修の経費について全額が国費で賄われるものでございます。


 具体的には、現在使用しております児童手当支給支援システム、これを一部バージョンアップすることが最も安価で、安く効率的に子ども手当に利用できると考えております。


このために、システム開発は岐阜県情報センターが適当ではないかということを考えております。


 なお、事務経費の交付時期につきましては、第1回支給手当の開始が6月の予定でございますので、それをめどに国費を歳入できるよう事務を進めていきたいと考えております。


以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 次に、20番・鈴木清司君。


○20番(鈴木清司君) 平成21年度の3月補正予算について質問を行います。


 この中で、恵那市の予算資料の2ページの繰越明許費について伺います。特に土木費が多く12件も繰り越しがあります。工事のおくれた理由としては7月、8月の災害とか、電柱などの移転などでおくれた。もう1点の理由は、職員が不足で工事がおくれた等々の答弁であります。やはり職員が少なくて工事のおくれ等の問題が今後いろんな場所で発生することが懸念されます。合併して面積も500平方キロという広大な土地でありますので、万一の災害調査も困難になるかと思われます。住民サービスが低下することがこれについて懸念されますし、また545人の職員ではいろんなことで職員が少ないのではないかと思われますので、増員を提案したいと思います。


 次に、各税の徴収についてでありますが、これは以前は一括前納奨励金がありましたが、これが平成20年度から廃止されまして、質問といたしましては廃止前と比べて廃止後の一括前納状況について伺います。


 次に、35ページの火葬場についての関連質問でありますが、これは葬式が一般的には午前11時が多くなりましたが、これはこれには朝一番の火葬をする人しか間に合わないということで、恵南の火葬場が閉鎖されてから問題が起きております。えな斎苑に火葬施設の中に式場を入れれば一度に1回に同時に処理ができるということでありますが、このカーテンの仕切りをつくっていただきたいというのが、この関係者のほうから提案されておりますが、これについてお伺いします。


 それと、56ページの太陽光発電の設置状況について伺います。小中学校に太陽光発電設置の進捗状況を伺います。個々の設置計画を伺います。現在設置されているところでは、年間にどのくらい発電されているかわかれば伺います。以上であります。


○議長(伊東靖英君) 副市長・三宅良政君。


○副市長(三宅良政君) 職員が少ないということが繰越明許につながって、またサービスの低下につながっていくんではないかというようなご質問の趣旨だと思ったわけなんですが、議員ご承知のとおり繰越明許というものは、これは地方自治法の規定によって、当該年度内に支出を終らない見込みであるというものは次年度に限って使用できるという制度でございますので、その辺はご理解を賜りたいと思います。


 そして、今年度の建設事業を振り返ってみますと、確かに3月議会のときに国の景気対策として繰り越し事業を行いました。そして臨時議会、5月のまた臨時議会でも地域活性化に経済危機対策臨時交付金事業というものをお願いしました。そして7月には災害もございました。そして、また9月には国の緊急経済対策事業、そして今回もお願いしております、今回は地域活性化のきめ細やかな臨時交付金事業など、確かにことしは通常業務以外にもやっぱり多くの事業が行われたということは事実でございます。しかし、そんな中でも職員一丸となって事務の遂行にあたっているところでございます。そして、課の人事廃置は課長の権限でできるということ、そして当然部全体でも応援体制を考えまして、議員ご指摘の心配のされておりますそのサービスの低下のないようなことを、これからも進めてまいりたいと思います。


 そして、増員という話もございましたが、これは予断ではございますが、今年度末をもって545人に達成する見込みであると。これ市長が地域懇談会でもお答えしている状況でございますが、したがいまして23年度から採用も考えております。その数等につきましてはこれは第2次の行財政改革だとか、それから恵那市の定員適正計画というものの中から、その数は明らかにしていきたいというふうに考えております。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 総務部長・荻山清和君。


○総務部長(荻山清和君) 一括前納報奨金の19年、20年の差はどうかというご質問でございますが、固定資産税と市県民税の状況を19年、20年との比較で申し上げますと、固定資産税は19年37.45%、平成20年度は32.77%、市県民税においては23.18%、同じく20年度では20.40%ということで、合計しますと約19年度では32%が20年度では28%と4%が落ちているということでございます。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 水道環境部長・大嶋晋一君。


○水道環境部長(大嶋晋一君) それでは、火葬場の運営についてのご質問でございます。


特に最近午前の火葬が多くなったということで、午前中の件数を減らせないかという趣旨だと思います。


 現在、火葬業務は1サイクル当たり120分必要だというふうに考えております。火葬の時間については火力等の状況もありまして、基本的には60分、その前に告別を20分、火葬後に冷却20分、収骨20分ということで、全体で2時間というふうに設定をしておりまして、午前中に終了するものが一応3組というふうになっております。現在は、1番を8時半から開始して、以降40分ごとに受け入れをしております。2月の直近の状況でございますけれども、2月は火葬件数全体で63件ございました。そのうち1番に火葬したものが14件、それから2番が18件、3番が11件となっておりまして、午後に火葬をされる方が20件というふうになっております。基本的には午前の3件に集中をいたしておりまして、午前中で10時半、11時10分、11時50分に完了をするという形で午後の葬儀というのが通常のパターンでございます。


 最近、午前の火葬ということもあるやに聞いておりまして、効率的な運転を検討しておりますが、待合室が現在3室しかございません。しがたって、40分間隔で運転をしますと待合室がまず不足をいたします。それから、告別の部屋と収骨の部屋も1室しかございません。今後の火葬件数の推移を見たいと思いますけれども、この条件の中で今後検討をしていきたいということでございます。それからもう一つは、現在4炉ある火葬炉のうち1基が予備用ということで、整備がされていない部分がございます。ここは予備炉としては将来的に整備をしたいと、検討していきたいということでございます。午前中よりも2番が現在一番多いという状況でございますので、もう少し状況を検討をさせていただきたいということでございますので、お願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 教育次長・西部良治君。


○教育次長(西部良治君) それでは、小学校、中学校の太陽光発電の設置状況についてお答えいたします。


 まず、稼動中の太陽光発電装置は、平成18年度に設置いたしました明智小学校の屋内運動場に1カ所ございます。それから、設置済み、既に工事が終ったものですが、大井小学校と山岡小学校の屋内運動場、これで2カ所でございます。大井小学校につきましては今月中、山岡小学校につきましては校舎棟が完成と同時期に稼動させる予定でございます。


発注済が山岡小学校の校舎の太陽光発電、これが1カ所でございます。それから、今月中に発注入札できるのが、恵那北小学校とそれから恵那東中学校のともに校舎にございます2カ所でございます。それから、あと今回の補正で予算を計上しております明智小学校の校舎並びに明智中学校の校舎の2カ所でございます。いずれも発電能力は10キロワットでございます。こうしたことから、平成22年度中には6校8カ所で太陽光発電装置が稼動をすることになる予定でございます。


 今後の設置計画につきましては、武並小学校の校舎については耐震補強及び大規模改修のあわせて平成23年度に設置を予定しております。そのほかの学校につきましては、大規模改修あるいは改修時にあわせてコスト等考えて考慮していきたいと思っております。


 なお、現在設置してあります明智小学校屋内運動場の、この太陽光発電の実績でございますが、平成21年1月から12月までの間の1年間で約1万4700キロワットを発電しております。大体年間20万円程度の節電ができたというふうの考えております。以上です。


○議長(伊東靖英君) 20番・鈴木清司君。


○20番(鈴木清司君) 副市長はことし、去年は結構仕事がふえてこういうふうに繰越明許が多くなったと言われておりますが、もし仮に災害などあればこれ以上の仕事が多々来ると思われますが、こうしたことについて本当にこの545人で職員が間に合うのかどうか。


 それと、もう1点は火葬場の問題ですけども、結局これはその筋の方たちが言われるのは本当に恵南があったときには同時に2体処理ができたということで、午前の部に葬儀が行われることができたということですが、恵那市の今度統合をして向こうを早く壊してしまって、恵那市のえな斎苑ですが、これがまたその工程が結構何基もあっても何というか、同時にということができないということで、どうもその筋で言われると人気が悪いということでありますので、ぜひそこは真ん中に仕切りを入れれば別にうちでちゃんと見送りはしておるので、そこでは本当に簡単に最後のお別れということをやるんですが、そちらの仕切りの中でも最後くらいはできるでということが、その筋の方が言われますので、何とかそのアコーデオンカーテンを入れるだけで、両方ができるんじゃないかということを言われておりますので、ぜひそこらを再考をお願いします。


○議長(伊東靖英君) 副市長・三宅良政君。


○副市長(三宅良政君) 災害のときに、職員が足りないのではないかというようなお話もございました。もちろん災害の程度にもよりますが、大きな災害が来れば当然職員は足りません。当然市民の皆様のご協力を得ながら、国それから当然自衛隊の協力も得ながら、それからほかの自治体の協力も得ながらやっぱり、その全体で災害にはやっぱり対応していかなければならないというふうには考えておりますが、現時点での定員適正計画というものは合併時に協議されました545人を、当面それを目標に削減計画を進めてきているということでございますので、その辺はご理解を賜りたいと思います。以上です。


○議長(伊東靖英君) 水道環境部長・大嶋晋一君。


○水道環境部長(大嶋晋一君) それでは、ただいま火葬炉の炉前の仕切りが可能かということでございますけども、先ほど申しましたように告別式が20分、それから収骨が20分という時間が最初と最後に設定をされておりまして、これは1カ所しかないという中で、告別式そのものを例えば簡略にするというような前提での設定を能力としていたしますと、非常に今後の運用上、告別式を自宅で済ましてきたから不要だというようなケースを、全体の工程の中に組み入れるというのはちょっと難しいんではないんだろうかいうふうに思います。


 基本的には、現在控え室と告別式、収骨、この機能をどう拡大できるかということで増炉が可能かどうかということを検討せざるを得ないという状況でございますので、お願いをいたします。


 もちろん圧倒的に不足という状況になれば、今後全体的な能力の検討というふうになりますけれども、現在のところ1番、2番、3番のところでも利用はやっぱり2番にまず集中しておりまして、11時のための1番というのはまだそれほど増えていないという判断をしております。今後、ちょっと状況を見させていただきたいと。まだ、統合して日も浅いですので、今後の状況の中で判断をさせていただくということで、お願いしたいと思います。


○議長(伊東靖英君) 24番・藤 公雄君。


○24番(藤 公雄君) 水野議員の関連質問に対して、私も少しお聞きをしたいと思います。


 この800万の基金でございますが、先ほど水野議員がお尋ねしたところ、非常に革新的な返事はいただけなかったというふうに思っております。やはり、もう少し自信を持った回答をいただきたいということと、それと非常に幅のある答弁でしたので、そのあたりを私は心配するわけでございますが、やはりこうした公金なんできちっとした契約書あるいは協定書それに基づいた、もしお支払いになれば領収書、そういうものが必要であるということはいうまでもありませんが、今後、この件につきまして市民の皆さんからいわゆる監査を仮に受けた場合には、それに耐え得るようなやっぱり契約書なり領収書がないと、これは今後私たち議会としても大変責任を負うということになりますので、そのあたりについて自信があるのかないのかということをまずお聞かせをいただきたいと思います。


○議長(伊東靖英君) 岩村振興事務所長・三園了三君。


○岩村振興事務所長(三園了三君) 今、藤議員からのお話のとおり、お支払いをされた時点で、653万の支払いをされたということの時点で、そのときに先方と今後よりよい協定書を結びたいという、そういう交渉を開始されまして、ずっとその後約半年間続けられてきました。それが現在ちょっとストップしておるような状態ではございますけれども、交渉を進めてみえる有志の方々は、これについてまだまだこれからも努力されていくと思います。そういったことがクリアできていけば、理解も得られてくるんじゃないかというふうにも思っております。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 24番・藤 公雄君。


○24番(藤 公雄君) 私は、この今635万ですか、それはまだお支払いをしてないというふうに理解しておるんですが、今お聞きしますと支払っておるというようなニュアンスの答弁でありましたが、あくまでもこの基金からお支払いをするということに理解をしておりますので、やはりこれを支払うときには先ほど私が言ったように、きちっとした協定書なりあるいは契約書を交わして、その上でお支払いをしていただきたいというふうに申し上げますので、その点は重々守っていただいて、そして今後についてことを運んでいただきたいというふうに思いますので、その辺を関係者の方には強く要望いたしますし、この公金については公金という性質上、やはり慎重にことを運んでいただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いをいたします。以上です。


○議長(伊東靖英君) 岩村振興事務所長・三園了三君。


○岩村振興事務所長(三園了三君) 基金から、公金から支払われていると現在そういったことではございませんけども、ただいまのご意見は関係者の方に伝えておきたいと思います。以上です。


○議長(伊東靖英君) 以上で、通告による質疑は終りました。ほかにご質疑はございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第24号・平成21年度恵那市一般会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第24号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第25号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第25号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第25号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第26号・平成21年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第26号・平成21年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第26号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第27号・平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第27号・平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第27号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第28号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算に対する質疑を行います。本件に対し、13番・水野功教君から質疑の通告がありましたので、発言を許可いたします。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 簡易水道特別事業についてお伺いしますが、131ページ、繰入金の関係ですが、毛呂窪分として一般会計から入っている、毛呂窪分が222万3,000円マイナスになっております。これに関連してですが、一応合併後旧市で非常にライフラインのウイークポイントであった水道がいよいよもう22年度あたりで終結に入るということになって、今関係地域については本当にありがたいことだと思います。ついては、この毛呂窪簡水の事業費の総額は幾らだったかと。で、供用開始はいつからできるのかということ。同じように、姫栗が上水ですが、姫栗、それから河合はと、その3地域についてそれぞれ総額と、それから供用開始はいつからかということだけお伺いをしたいと思います。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 水道環境部長・大嶋晋一君。


○水道環境部長(大嶋晋一君) それでは、笠周地区の水道整備の状況について、特に笠置町ではそれぞれ整備時期が異なっておりまして整備をしております。河合地区につきましては、真っ先に整備できた地区でございまして、中野方簡水を持ってきておりまして、総事業費が4億1,000万ほどになっております。現在、88戸のうち67戸の方に水道を利用いただいておるという状況でございます。


 それから、毛呂窪簡易水道につきましては、今までの平成21年度までの事業費といたしまして、8億1,900万ほどの事業費をかけております。22年度には9,600万ほどの予算での竣工をしたいと考えております。財源的には、どちらの事業も国、県の事業費が半分となっておりまして、残りを起債で埋めておりまして、使用料等で償還していく予定でございます。


 姫栗地区につきましては、上水道を拡張しておる地区でございまして、21年度までに4億7,200万の事業費をかりてございます。22年度は最終年度になりまして、少しポンプ場排水池の本格的な整備が始まります。1億4,800万ほどの当初予算をお願いをしておりまして、ここも22年度に完了をしたいというふうに考えております。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 以上で、通告による質疑が終りました。ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第28号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第28号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第29号・平成21年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第29号・平成21年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第29号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第30号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第30号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第30号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第31号・平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算に対する質疑を行います。


 本件に対し、13番・水野功教君から質疑の通告がありましたので、発言を許可いたします。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 後期高齢者医療制度、これについては非常に問題があるということで、見直し見直しとやってきて、地方自治の業務の中では大変皆さんご苦労されておることでありますが、これについてはもう即刻廃止をせよというふうなことを言って、民主党さんは政権をとったわけですが、政権をとったらこのことについてはちょっと先延ばしをするというようなことで、国民のほうから「何やら」というふうな声が、非常にでてきておると。最近では、非常に支持率が下がるばっかりというようなことの中で、やはり私どもはもうこれは即刻廃止をするべきだというふうに思っておるわけです。きょうもう75歳になる方はこの後期高齢者に行かれるということです。で、あげくの果てに今度今検討しておるということは、65歳以上を全部まとめて入れようかというふうなことも今検討、国のほうが検討しておるという状況ですが、このような件でいわゆる民主党が公約に反しておるわけですが、広域連合議会、この間市長さんにも出ていただいて来年度は上げずにいくと。来年もですね、引き続き上げずにいくというふうな結論を出してもらっておるようですが、この公約に対する意見は連合議会の中であったかどうか、それについてお伺いいたします。


○議長(伊東靖英君) 市民福祉部調整監・澤村憲生君。


○市民福祉部調整監(澤村憲生君) 後期高齢者の連合議会での意見につきましては、結論から先に申し上げますと、議員ご質問の趣旨の意見はなかったということを伺っております。広域連合によりますと、高齢者の医療サービスの停滞を招かないことを前提としまして、本制度を早急に新しい制度に移行することは被保険者など現場での混乱が懸念されることから、新制度につきましては国民の合意が得られるように十分議論を行い、そして被保険者への周知及び十分な準備と検証期間を設けていただくように、国にも要望したとのことでございます。こうした岐阜県後期高齢者医療広域連合の考え方が広域連合議会でも全会一致で認められたと、広域連合から伺っております。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 以上で、通告による質疑が終りました。ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第31号・平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議あり」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 異議がありますので、起立によって採決を求めます。議第31号・平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算に賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(伊東靖英君) ありがとうございました。起立多数であります。よって、本件は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第32号・平成21年度恵那市水道事業会計補正予算に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第32号・平成21年度恵那市水道事業会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第32号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第33号・平成21年度恵那市病院事業会計補正予算に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第33号・平成21年度恵那市病院事業会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第33号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第34号・平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計補正予算に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第34号・平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第34号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、議第35号・平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予算に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第35号・平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第35号は原案のとおり可決されました。


       ──────────────────────


○議長(伊東靖英君) ここでお諮りいたします。議事の都合により3月12日から3月17日までの6日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、3月12日から3月17日までの6日間を休会とすることに決しました。


 本日はこれにて散会いたします。どうもご苦労さまでした。


                午前10時59分 散会


──────────────────────────────────────────


    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





            恵那市議会





            議     長      伊 東 靖 英





            署名議員    11番  堀   光 明





            署名議員    13番  水 野 功 教