議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 恵那市

平成21年第6回定例会(第1号11月25日)




平成21年第6回定例会(第1号11月25日)





         平成21年第6回恵那市議会定例会会議録〔第1号〕


                                 平成21年11月25日


 ────────────────────────────────────────


 
 議 事 日 程(第1号)


                     平成21年11月25日(水)午前10時開会


  第1        会議録署名議員の指名


  第2        会期の決定


  第3        議第99号から議第120号まで一括上程


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 本日の会議に付した事件


 議 事 日 程(第1号)


  日程第1        会議録署名議員の指名


  日程第2        会期の決定


  日程第3 議第 99号 恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正について


       議第100号 恵那市地域活動支援センター条例の一部改正について


       議第101号 恵那市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正につ


              いて


       議第102号 恵那市恵南クリーンセンターあおぞら条例の一部改正につ


              いて


       議第103号 恵那市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


       議第104号 契約の締結について


       議第105号 変更契約の締結について


       議第106号 変更契約の締結について


       議第107号 財産の取得について


       議第108号 市道路線の変更について


       議第109号 恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任について


       議第110号 恵那市教育委員会の委員の任命について


       議第111号 平成21年度恵那市一般会計補正予算


       議第112号 平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算


       議第113号 平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算


       議第114号 平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算


       議第115号 平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算


       議第116号 平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算


       議第117号 平成21年度恵那市水道事業会計補正予算


       議第118号 平成21年度恵那市病院事業会計補正予算


       議第119号 平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計補正予算


       議第120号 平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予算


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 出 席 議 員


     1番  安 藤 直 実 君       2番  鵜 飼 伸 幸 君


     3番  纐 纈   満 君       4番  後 藤 康 司 君


     5番  林   忠 義 君       6番  小 澤 建 男 君


     7番  町 野 道 明 君       8番  畑 村 眞 吾 君


     9番  堀 井 文 博 君      10番  荒 田 雅 晴 君


    11番  堀   光 明 君      12番  伊 藤 桂 子 君


    13番  水 野 功 教 君      14番  伊 東 靖 英 君


    15番  勝   滋 幸 君      16番  堀     誠 君


    17番  柘 植   羌 君      18番  光 岡 克 昌 君


    19番  西 尾 公 男 君      20番  鈴 木 清 司 君


    21番  伊佐地 良 一 君      22番  柘 植 弘 成 君


    23番  渡 邊 鈴 政 君      24番  藤   公 雄 君


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 欠 席 議 員


    な し


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 説明のため出席した者の職氏名


    市     長    可 知 義 明 君


    副  市  長    三 宅 良 政 君


    総 務 部 長    荻 山 清 和 君


    企 画 部 長    小 嶋 初 夫 君


    市民福祉部長     大 島 博 美 君


    医療管理部長     堀   恒 夫 君


    経 済 部 長    藤 原 由 久 君


    建 設 部 長    柘 植 健 治 君


    水道環境部長     大 嶋 晋 一 君


    南整備事務所長    古 山 敦 啓 君


    市民福祉部調整監   澤 村 憲 生 君


    経済部調整監     大 塩 康 彦 君


    建設部調整監     小 森 富 雄 君


    岩村振興事務所長   三 園 了 三 君


    山岡振興事務所長   桜 井 広 美 君


    明智振興事務所長   河 越 一 男 君


    串原振興事務所長   平 林 春 美 君


    上矢作振興事務所長  熊 田 惠 二 君


    会計管理者      石 原 和 幸 君


    教育委員長      伊 藤 保 直 君


    教  育  長    西 尾 教 行 君


    教 育 次 長    西 部 良 治 君


    教 育 次 長    稲 葉 章 司 君


    消  防  長    伊 藤 政 治 君


    代表監査委員     市 岡 孝 之 君


    監査委員事務局長   丸 山 年 道 君


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 職務のため出席した事務局職員


    議会事務局長     伊 藤 常 光 君


    議会事務局次長    原 田 一 宏 君


    議会事務局書記    井 手 成 之 君


    議会事務局書記    西 尾 克 子 君


    議会事務局書記    樋 田   誠 君


 ────────────────────────────────────────


                午前10時00分 開会


○議長(伊東靖英君) 皆さん、おはようございます。開会に先立ち、市民憲章の唱和を行います。


 全員ご起立をお願いいたします。


 事務局長が一節ずつ朗読いたしますから、続いて唱和をお願いいたします。


 議会事務局長・伊藤常光君。


                  (唱和)


○議長(伊東靖英君) ご着席を願います。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) これより平成21年第6回恵那市議会定例会を開会いたします。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程に入る前に、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本日出席する旨報告のありました者を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ごらん願います。


 次に、9月1日から10月31日までにおける議会関係諸報告及び平成21年度9月分の出納検査結果報告の写しをお手元に配付しておきましたので、お目通し願います。


 次に、本日までに受理いたしております陳情は、陳情第8号、恵那市障害者団体連絡協議会会長から「恵那市障害者団体協議会から行政に対する陳情」、陳情第9号、ゆきとどいた教育をすすめる岐阜県実行委員会実行委員長から「教育格差をなくし、子どもたちにゆきとどいた教育を求める要請」、陳情第10号、ゆきとどいた教育をすすめる岐阜県実行委員会実行委員長から「就学援助制度の拡充・高校授業料の無償化・給付制奨学金制度の創設を求める意見書の採択に関する陳情」、陳情第11号、東濃桧振興会会長から「木材の利用推進に関する要望書について」、陳情第12号、ダム・発電関係市町村全国協議会会長から「電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出について」、陳情第13号、岩村城再建構想実行委員会委員長から「岩村城跡の保存整備と国の史跡指定に向けた活動の協力要望」、以上6件であります。その写しをお手元に配付しておきましたので、お目通し願います。


 なお、執行機関におかれましては、陳情第8号、第9号、第11号及び第13号の4件については、よろしく措置くださいますようお願いしておきます。


 次に、地方自治法第180条第1項の規定により、報第22号の専決処分の報告がありましたので、その内容をお手元に配付しておきましたから、お目通し願います。


 以上で諸般の報告を終わります。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、6番・小澤建男君、20番・鈴木清司君を指名いたします。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から12月18日までの24日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月18日までの24日間と決定いたします。


 なお、会期中の会議予定は、お手元に配付いたしました会期日程表により開催いたします。


 次に、議案に対する質疑の通告は12月14日の正午に、討論の通告は12月15日の正午に、それぞれ締め切りますので、それまでに通告書の提出をお願いいたします。


 なお、議案に対する質疑の内容は、執行機関から的確な答弁が得られるよう、できる限り詳細にご記入くださるようお願いしておきます。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第3 議第99号から議第120号まで22件を一括上程し、議題といたします。


 初めに、提案理由の説明を求めます。


 市長・可知義明君。


              (市長・可知義明君 登壇)


○市長(可知義明君) 皆さん、おはようございます。


 先ほど総務部長から話がございましたように、新型インフルエンザ、私は恵那市は飛び越えていくかなと思いましたけれども、いよいよ庁内でも発症しました。十分に気をつけていただくようお願いいたします。


 それでは、お手元に配付しております提案説明要旨をごらんいただきたいと思います。


 本日、平成21年第6回恵那市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方にはご多用の中をご出席いただきまして、まことにありがとうございます。


 去る11月8日に開催しました恵那市制5周年記念式典では、市民の皆様並びに議員の皆様に多数ご臨席をいただき、盛会に終えることができました。


 この間、新市の誕生と同時に策定した「人・地域・自然が調和した交流都市」を将来像とする総合計画に定める諸事業と、行財政改革大綱に伴い行政サービスなどの格差是正を着実に進めてまいりました。新市誕生後5年目を迎え、恵那市のまちづくりの基盤が着実に整ってまいりました。このことは、ひとえに市民の皆様方を初め市議会並びに関係各位のご理解とご支援のたまものと、心から深く感謝の意を表する次第であります。


 しかし、現在の恵那市を取り巻く状況は、予想を上回る人口減少と高齢化、世界的な経済不況による市内企業の経営悪化と雇用不安、政権交代による地方自治への影響の不透明感など厳しさを増しております。私たちは、こうした課題、状況の変化に的確に対処し、この5年間で築いてきた基盤の上に立って、市民の皆様とともに手を携えて、この課題等を全力で乗り越えていかなければならないと考えております。引き続き、議員各位のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


 それでは、今定例会に提出いたしました諸議案につきまして、概要をご説明申し上げます。


 議案は条例の改正5件、人事案件2件、予算関係10件、その他議決をお願いするもの5件の計22件であります。


 まず、議第99号・恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正につきましては、人事院勧告に基づく国家公務員の給与が改定されることに伴い、恵那市の一般職の職員、恵那市常勤の特別職職員、恵那市議会議員の給与等の見直しを行うため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第100号・恵那市地域活動支援センター条例の一部改正につきましては、地域活動支援センター明智ひとつばたごを、障害者自立支援法による障害福祉サービス事業所に移行するため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第101号・恵那市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正につきましては、し尿に係る手数料を統一し、下水汚泥手数料を廃止するため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第102号・恵那市恵南クリーンセンターあおぞら条例の一部改正につきましては、ごみ処理施設の統合に伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第103号・恵那市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につきましては、消防法の一部改正に伴い、所要の改正を行うものでございます。


 議第104号・契約の締結につきましては、恵那市携帯電話等エリア整備事業移動通信用鉄塔施設無線等機器購入につきましては、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。


 議第105号、議第106号の変更契約の締結では、(仮称)滝坂ハイツ21建設工事(建築工事)及びごみ固形燃料化炭化施設連続運転化改造工事の請負変更契約について、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。


 議第107号・財産の取得では、明智保育園建設事業地の取得について、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。


 議第108号・市道路線の変更については、大井町303号線を変更することについて、議会の議決をお願いするものであります。


 議第109号・恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任につきましては、現委員であります荻山信幸氏の任期満了に伴い、再び同氏を選任することについて、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意をお願いするものであります。


 議第110号・恵那市教育委員会の委員の任命につきましては、現委員伊藤保直氏の任期満了に伴い、新たに井口道雄氏を任命することについて、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意をお願いするものであります。


 次に、議第111号・平成21年度恵那市一般会計補正予算につきまして説明をいたします。


 今回の補正予算では、歳入歳出それぞれ4億2,413万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ289億4,516万円とするものであります。


 その主な内容といたしまして、給与改定等による人件費の減額補正として6,718万5,000円を計上。恵那市子育て応援特別手当支給事業では、国の予算執行停止に伴い5,095万6,000円を減額し、明智保育園建設に係る建築設計委託料等に1,846万8,000円、恵那地区まち並み整備事業として、御所の前牧田線整備事業費や学頭橋改良事業等に1億2,712万5,000円を、岩村町まち並み整備事業として、電柱類地中化事業に1,129万5,000円をそれぞれ増額補正し、学校施設管理経費として、恵那北小学校と恵那東中学校の太陽光発電設備工事に3,572万3,000円を、新型インフルエンザ予防接種事業に1,858万2,000円を新たに計上するものなどであります。


 次に、議第112号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ3,922万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ53億4,384万3,000円とするもので、療養給付費を増額補正するものなどであります。


 次に、議第113号・平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ732万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ44億9,616万7,000円とするものであります。主な内容は、職員の給与等に係る一般会計繰入金を増額補正するものであります。


 次に、議第114号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ331万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億7,106万6,000円とするものであります。主な内容といたしましては、簡易水道施設の修繕に係る修繕費等の増額をするものであります。


 次に、議第115号・平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ83万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億452万5,000円とするものであります。主な内容は、公共ます設置工事費の増額補正であります。


 次に、議第116号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ567万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億1,899万円とするものであります。主な内容は、職員給与等に係る一般会計繰入金の減額補正でございます。


 次に、議第117号・平成21年度恵那市水道事業会計補正予算につきましては、収益的支出を37万2,000円、資本的支出を187万4,000円増額し、収益的支出総額を8億3,273万円に、資本的支出総額を8億8,081万7,000円とするもので、主な内容は、営業費用及び建設改良費を増額するものでございます。


 次に、議第118号・平成21年度恵那市病院事業会計補正予算につきましては、収益的支出を5,456万2,000円増額し、資本的支出を307万円減額し、収益的支出総額を39億2,796万2,000円に、資本的支出総額を3億8,296万8,000円とするもので、主な内容は、医業費用の増額と建設改良費の減額であります。


 次に、議第119号・平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計補正予算につきましては、収益的支出を452万3,000円増額し、収益的支出総額を4億6,448万5,000円とするもので、主な内容は事業費用を増額するものであります。


 次に、議第120号・平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予算につきましては、収益的支出を2,769万8,000円増額し、資本的支出を297万9,000円減額し、収益的支出総額を6億2,940万円に、資本的支出総額を3,192万1,000円とするもので、主な内容は、医業費用の増額と建設改良費を減額するものでございます。


 以上で提案説明を終わりますが、詳細につきましては担当部長等に説明をさせますので、よろしくご審議の上、適切な議決を賜りますようお願いを申し上げます。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 市長の提案説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 続いて、各議案について詳細説明を求めます。なお、議第99号、議第107号、議第109号及び議第110号の4件については、採決まで行います。


 初めに、議第99号・恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正についての詳細説明を求めます。


 総務部長・荻山清和君。


             (総務部長・荻山清和君 登壇)


○総務部長(荻山清和君) それでは、議案書1ページをお願いいたします。


 議第99号・恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正についてご説明をいたします。


 提案の理由ですが、人事院勧告に基づく国家公務員の給与が改定されることに伴い、恵那市の一般職の職員、常勤特別職の職員及び恵那市議会議員の給与等の見直しを行うため、この条例を定めるものでございます。


 別冊の参考資料の恵那市改正条例議案の概要、1ページをお願いいたします。


 表中のアンダーライン部分が改正内容でございます。


 第1条による恵那市職員の給与に関する条例の一部改正。


 第13条、住居手当は、第2号に定める自宅に係る手当で、新築購入後5年に限り2,500円を支給していたものを削除するための改正で、以下第3号を第2号に繰り上げ、第2項はその条文の整備で、第24条、期末手当は、2ページ、12月支給分について「100分の160」を「100分の150」に、「特定幹部職員」を「特定管理職員」に名称変更し、同様に「100分の140」を「100分の125」に改正し、3項では、再任用職員に対する期末手当で読みかえ規定の変更でございます。「100分の160」とあるのは「100分の85」を「100分の150」とあるのは「100分の80」に改正し、「、「100分の125」とあるのは「100分の70」と」を追加し、第25条、勤勉手当は、第2項第1号で「100分の75」を「100分の70」に、「特定幹部職員」を「特定管理職員」に、第2号も同様に「特定幹部職員」を「特定管理職員」にする名称変更でございます。


 3ページから17ページの上段までにそれぞれの給料表を添付し、17ページ上段をお願いいたします。


 恵那市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正。


 附則第7項では、給料の切りかえに伴う経過措置による職員は100分の99.76を乗じた額に切り下げるもので、17ページの下段、第3条による恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部改正。第5条第2項の期末手当の12月支給を、「100分の232.5」を「100分の217.5」に改正し、18ページ、第4条による恵那市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正。第5条第2項、期末手当の12月支給を、「100分の232.5」を「100分の217.5」に改正し、第5条による恵那市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部改正。第9条第2項、給与条例の適用除外等では、「100分の160」とあるのは「100分の232.5」を「100分の150」とあるのは「100分の220」に改正し、19ページをお願いいたします。別表第7条関係の特定任期付職員給料表中、2号から5号の給料月額をそれぞれ1,000円の減額とし、19ページ下段、第6条による恵那市職員の給与に関する条例の一部改正から、21ページ、第9条による恵那市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部改正までは、平成21年第2回恵那市議会臨時会において、特例措置により6月支給のボーナスを0.2ヵ月切り下げたもので、8月の通常勧告に基づき、それぞれの条文の整備を行ったものです。


 議案書18ページにお戻りください。


 附則第1項では、施行期日を平成21年12月1日とし、第6条から第9条の6月支給分については平成22年4月1日とし、第2項の特例措置は、期末手当の額と1号及び2号で算出されました調整額を差し引き支給するもので、不足する場合は期末手当を支給しないものです。


 以上で、議第99号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) ここで、議第99号・恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正についてに対する質疑を行います。


 本件に対し、13番・水野功教君、20番・鈴木清司君の2人から質疑の通告がありましたので、順次発言を許可します。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 13番。99号についてご質問いたします。


 職員の給与の改正ということですが、今回のこの改正条例に対象となる人数、これは市の直接の職員及び市の外郭団体で働く人たちにどのような、何人影響があるのかと。当然議員も含まれるわけですが、これについてお伺いいたします。


 それから夏季一時金、ことしの夏には0.2ヵ月分切り下げをしたわけですが、これによって民間の方にどのような影響があったか。私どもとしては決してこういうことをすることが経済活性化に結びつくわけではないと、今進めておるこの経済対策に逆行するものではないかというふうに指摘をしてきたわけですが、これがどうなっておったのか。影響がわかれば教えてください。


 関連しまして直接的な問題ですが、今回この問題、当然、職員組合との交渉がされておると思いますが、その交渉の経過はどういうものなのか。妥結されておれば、どんなことで妥結されておるか、そういうことなんかもお聞きいたしたいと思います。


 そして、あわせて関連ですが、こういうことをすると私どもは景気の足を引っ張るというふうに思うわけですが、ついては今年度、市民や事業所からの税や保険料が予算どおり入ってきておるかどうかと、こういうことについて少しお伺いをしたいと思います。滞納や納付状況について現時点で今年度の状況、みんな心配されておると思います。これについて私も大変心配ですので、どういう状況なのかお伺いしたいということと、あわせて来年度、国の方はきょうの日経新聞なんかを見ますと、40兆円を大きく切って37兆円ぐらいじゃないかというふうなことを言っておるわけです。こういうときに恵那市としてはどうなるかというようなことですね。税収の見通し、それから県がまた無理な合理化計画を打ち出しておるという中で、来年度の予算規模についてそれなりに一定の検討はされておると思いますので、それについてどのようなご認識、見解で見えるのか、お伺いいたします。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 総務部長・荻山清和君。


○総務部長(荻山清和君) 5点のお尋ねでございます。順次お答えをさせていただきます。


 1番の対象人数ということで、これは職員、また特別職、議員も合わせて、具体的に言いますと、826名プラス24名で850名ということです。それから、外郭団体で影響ある人数は何人かということで、施設管理公社、シルバー人材センター、串原の里、恵那市文化振興会、山岡町観光振興公社、中山道広重美術館等で34名でございます。


 それから、2点目の夏季一時金が民間に与えた影響はということでございますが、民間の給料実態が国家公務員、並びに一般的にいう公務員に影響を与えておるというのが現実でございますので、その切り下げがまた再度民間に影響があるというスパイラル状態であるというふうには考えております。国家公務員の給与の引き下げが個人消費の落ち込む地域経済に与える影響は全く小さくなく、大きいというような新聞の論調もインターネットで見ますと多々あります。少しご紹介しますと、経済危機から派遣切り、賃下げが相次ぎ、ボーナスは17%の大幅ダウンであって、その影響から就労者の3分の1を超えたパートや派遣など非正規労働者の拡大という問題、自治体で働く非正規職員も財政問題から増え続け3割を超えていると、それが平均年収200万円以下の官製ワーキングプアを出している。官民こぞっての賃金抑制は、この国の息をとめるんではないかというような論調もありますし、低額な賃金、年金と相まって、ベーシック・インカム(BI)というふうですが、保障する国づくりが必要ではないかというような議論が多く見られております。いずれにしても、将来不安の解消が多くの問題を解決できるものとの論評には、多くの方の賛同を受けるのではないかというふうに考えております。


 また、3番目の組合との交渉経過ということでございますが、組合への申し入れは11月18日に行っております。それに続いて、11月18日には自治労岐阜県本部の委員長並びに自治労岐阜県本部恵那市職員組合、市労連の委員長から賃金についての申し入れをいただいておりまして、その回答を今作成中でございます。人勧準拠ということが今までの労使交渉の中で一定の決められたルールでございますので、その形で進めていきたいというふうに考えております。


 また、保険料、事業所からの税、滞納状況・納付状況は、また5点目の県支出金の減などの財源と予算規模の見込みはというところでございますが、非常に混沌としておる状況でございますので、何を言ってもおぼつかない状況が続くと思いますので、もう少し時間をいただいて、1週間、2週間たてば、また議員の方からの一般質問も想定されると思いますので、その時点で詳しく報告していきたいというふうに考えております。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) ありがとうございました。


 中でも、この切り下げというのは負のスパイラルに陥っていくというふうなことで、何とかこれが切りかえられるような格好でやっていかないかんというふうに思います。以上です。


○議長(伊東靖英君) 続きまして、20番・鈴木清司君。


○20番(鈴木清司君) 20番。


 今お聞きしておりますと、格差があるということと、恵南の職員と恵那市とはかなり格差があるとお聞きしておりますが、こうした中、合併して5年たって、執行部はよく平等性ということで、水道とか健康保険料とか、いろんなものを統一してまいっておりますが、まだ給与に関しましてはなかなか統一されないが、これはいつごろ統一ができるのか、お伺いします。


○議長(伊東靖英君) 総務部長・荻山清和君。


○総務部長(荻山清和君) 格差是正につきましては平成18年から取り組みまして、平成21年1月1日現在では398名の是正が完了して、475人が是正対象でございますので、現在77名の方が残っておりますが、今後2年間の中で是正を完了したいと、こういうように考えております。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) ほかにご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。


 次に、本件に対する討論はありませんか。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 13番、日本共産党・水野功教です。


 恵那市職員の給与に関する条例の一部改正について、反対の立場で討論いたします。


 さきの総選挙では、自民、民主が公共サービス切り捨ての公務員削減を競い合っていました。民主党はマニフェストで無駄遣いとして、国家公務員の総人件費2割削減を掲げれば、対して自民党は人員の2割削減を主張しました。このような主張をしましたが、日本の公務員は欧米と比べても異常に少ないのが実態であります。人口1,000人当たりで見れば、フランスは88.8人、アメリカは78.2人、これに対し日本は32.0人と、いずれも軍隊は除きますが、こういう状況です。いわゆるヨーロッパの半分以下で、国家公務員は2003年に81万人いたのが、2010年には31万人に激減しております。


 一方で、非常勤職員が14万人を超え、多くが年収200万円以下の官製ワーキングプアに置かれております。このことは今の総務部長の回答でも言われておりますが、そういう状況です。公務員は、国民全体の奉仕者として、国民の生活と権利を守る重要な役割を担ってみえます。この公務員が少ないほどよいといって減らせば、国民の安全や安心が守れないことは、例の建築確認の民間丸投げが招いた耐震偽装事件を見ても明らかであります。


 また、2002年に小泉内閣が打ち出した総人件費抑制政策が、本来、中立であるべき人事院にも押しつけられ、この間の人事院勧告は、国家公務員の労働基本権を制約する代償措置とは到底言えないと言われております。


 今回の条例改正議案は、自公政権下で出された国家公務員の給与とボーナスを引き下げる人事院勧告に準拠して地方公務員の待遇を切り下げるもので、景気にも深刻な影響をもたらすものであります。


 今月20日の国家公務員給与法改定案の国会論議の中で、原口総務大臣も「民間で働く人たちが苦しいから、公務員も同じように減らすべきだという単純な議論は大変危険だ」とも述べております。今の質疑からも明らかになりましたが、市民の暮らし向きは大変厳しくなってきております。消費が冷え込み、小売りも安いものは売られ、商工業者も単価の切り下げで大変であります。6月議会でも述べましたが、市職員の待遇を切り下げることは、まちの景気回復の足を引っ張りこそすれ、引き上げるものではないことは自明の論理であります。よって、議第99号には反対いたします。


○議長(伊東靖英君) ほかに討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから起立により採決を行います。


 議第99号・恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正については、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(伊東靖英君) 起立多数であります。よって、議第99号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第100号・恵那市地域活動支援センター条例の一部改正についての詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) 議案書の21ページをお願いいたします。


 議第100号・恵那市地域活動支援センター条例の一部改正についてご説明いたします。


 提案理由といたしましては、明智ひとつばたごを障害者自立支援法に規定する地域活動支援センターから障害福祉サービス事業所に移行するため、この条例を定めるものであります。


 それでは、別冊参考資料の23ページをお願いいたします。新旧対照表のうちアンダーラインの部分でご説明いたします。


 まず題名ですが、「恵那市地域活動支援センター条例」を「恵那市障害福祉サービス事業所条例」に改めるものであります。


 次に条文関係ですが、第1条の設置、これは設置根拠でございますが、障害者自立支援法第5条第21項に規定する地域活動支援センターから同法第5条第1項に規定する障害福祉サービス事業所に改めるための字句改正であります。


 第2条は名称及び位置であり、本文中「センター」を「事業所」に改め、名称について「恵那市地域活動支援センター明智ひとつばたご」を「恵那市障害福祉サービス事業所明智ひとつばたご」に改めるものであります。


 第3条は事業であり、条文中「センター」を「事業所」に改め、事業内容について、障害者自立支援法に規定する就労継続支援施設とするため、所要の字句改正を行うものであります。


 第4条、第5条は字句の改正であり、それぞれ条文中「センター」を「事業所」に改めるものであります。


 24ページをお願いします。


 第6条は利用時間として、条文中「センター」を「事業所」に改め、施設の利用時間については、利用者の利便性を考慮して「午前9時から午後4時まで」を「午前8時半から午後5時15分まで」に改めるものであります。


 改正後の第7条でございますが、これは新設条項であり、施設の利用の見出しを設け、事業所を利用できる者として第1号は、明智ひとつばたごが実施する介護給付費または訓練等給付費の支援に係るものを対象とするものであり、第2号は、同様に特例介護給付費または特例訓練等給付費の支給に係る者を対象者とするものであり、第3号は、施設利用者の特例を定めるものであります。


 次に、第7条の新設に伴い、現行の7条は8条に改め、施設の利用形態を利用者との契約にするため、見出しの「利用の許可」を「利用の契約」に改め、それぞれの条文中「許可」を「契約」に、「センター」を「事業所」に改めるほか、所要の字句改正を行うものであります。


 25ページにわたりますが、現行第8条は9条に改め、同様に施設の利用形態を利用者との契約にするため、見出しの「利用の制限」を「契約の取消し」に改めるほか、所要の字句改正を行うものであります。


 次に、現行第9条は第10条に改め、見出しの「利用者負担」を「利用料金」に改め、障害者自立支援法に定める利用者の利用料金の支払い方法を規定するものであります。


 第1号は、利用者が介護給付または訓練等給付を受けた場合の自己負担額を定めるものであり、第2号は、利用者が特例給付または特例訓練等給付を受けた場合の自己負担額を定めるものであります。


 第2項は、利用者の自己負担額については、これを指定管理者の収入とすることを定めるものであります。


 次に、現行の第10条から、26ページになります12条ですが、これも同様に施設の利用形態を利用者との契約にするということで、条文設置の根拠がなくなるため、それぞれの条を削除するとともに、現行の第13条は第11条に改めるものであります。


 次に、現行の第14条から第16条については、それぞれ2条繰り上げて第12条から第14条にするとともに、現行の第14条、第15条の条文中「センター」を「事業所」、「許可」を「契約」に改めるものであります。


 以上が条文改正の内容であります。


 では戻りまして、議案書の23ページ最下段から24ページになります。


 24ページですが、附則といたしまして、第1項は施行期日といたしまして、この条例は平成22年4月1日から施行するものであります。


 第2項は、経過措置として、この条例の施行日前に改正前の恵那市地域活動支援センター条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為については、なお従前の例によるとするものであります。


 以上で、議第100号の説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第101号・恵那市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について、議第102号・恵那市恵南クリーンセンターあおぞら条例の一部改正について、以上2件について詳細説明を求めます。


 水道環境部長・大嶋晋一君。


            (水道環境部長・大嶋晋一君 登壇)


○水道環境部長(大嶋晋一君) それでは、25ページをお願いいたします。


 議第101号・恵那市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について説明を申し上げます。


 提案理由といたしまして、し尿に係る手数料を統一し、下水汚泥手数料を廃止するため、この条例を定めるものであります。


 お手元の条例議案の概要をお願いいたします。


 27ページでございます。別表(第9条関係)でございます。


 改正につきましては、種別、し尿の区分につきまして、取扱区分を収集運搬、ただし地区別の規定を設けておりましたが、新しくこの収集運搬のみを規定いたします。


 同じく18リッター又はその端数ごと、20リッター又はその端数ごとと規定をしておりますが、18リッター又はその端数ごととするものであります。


 手数料については214円とするものであります。


 種別につきまして、汚泥の区分につきましては、汚泥処理を廃止いたします。したがいまして、削除をするものでございます。


 議案書26ページをお願いいたします。


 附則につきまして、この条例は平成22年4月1日から施行するものでございます。


 続きまして、議第102号・恵那市恵南クリーンセンターあおぞら条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 提案理由といたしまして、ごみ処理施設の統合に伴い、所要の改正を行うため、この条例を定めるものであります。


 条例議案の概要28ページをお願いいたします。


 第3条、廃棄物を搬入できる者の規定におきまして、搬入地域を削除し、恵那市内とするものでございます。


 第2項、第3項につきましては、第2項の「市長の許可を受けた一般廃棄物収集運搬業者」を削除し、第3項、「前2項に掲げる者のほか」を削除するものでございます。


 廃棄物の搬入時間につきましては、第2項、「センターの操業時間は、終日とする」を削除し、「前2項」を「前項」とするものでございます。


 議案書の28ページをお願いいたします。


 附則といたしまして、この条例は平成22年4月1日から施行するものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第103号・恵那市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について詳細説明を求めます。


 消防長・伊藤政治君。


             (消防長・伊藤政治君 登壇)


○消防長(伊藤政治君) それでは、議案書の29ページをお願いいたします。


 議第103号・恵那市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてご説明をいたします。


 提案の理由でございますが、消防法の一部改正に伴い、所要の改正を行うため、この条例を定めるものでございます。


 お手元の参考資料の29ページをお願いいたします。


 この改正は、消防法の救急業務に関する条例が追加され、条数が改められたことによりまして、条例に引用する条数を整備するものでございます。


 第2条中のアンダーラインのところでございますが、「第35条の7第1項」を「第35条の10第1項」に改めるものであります。


 議案書の30ページにお戻りください。


 この条例は、公布の日から施行するものでございます。


 以上で議第103号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第104号・契約の締結について詳細説明を求めます。


 企画部長・小嶋初夫君。


             (企画部長・小嶋初夫君 登壇)


○企画部長(小嶋初夫君) それでは、議案書の31ページをお願いいたします。


 議第104号・恵那市携帯電話等エリア整備事業移動通信用鉄塔施設無線等機器購入契約の締結についてご説明申し上げます。


 本物品購入契約は、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 契約の目的は、携帯電話等エリア整備事業に伴う移動通信用鉄塔施設の無線等機器の購入でございます。契約の方法は随意契約、契約金額は3,799万5,457円でございます。契約の相手方は、愛知県名古屋市東区東桜一丁目1番10号、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ東海支社、常務執行役員東海支社長・小林 徹でございます。


 なお、本物品購入契約は、去る11月13日に仮契約を締結しております。


 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第105号・変更契約の締結について詳細説明を求めます。


 建設部長・柘植健治君。


             (建設部長・柘植健治君 登壇)


○建設部長(柘植健治君) 議案書の32ページをごらんいただきたいと思います。


 議第105号・変更契約の締結について説明いたします。


 このことにつきましては、現在、明智町で工事を行っております市営住宅の建築工事におきまして、工事請負変更契約を締結することについて、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。


 契約の目的は、(仮称)滝坂ハイツ21建設工事(建築工事)であり、契約金額は241万1,850円の増額によりまして、変更後2億33万6,850円となるものであります。契約の相手方は、岐阜県恵那市明智町848番地1、株式会社ヤマサ、代表取締役・三宅 武であります。


 なお、変更契約理由は、基礎工事における軟弱な地層について、セメントミルクコラムくいによる補強を計画しておりましたが、その施工範囲の増による工事請負費の増額であります。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第106号・変更契約の締結について詳細説明を求めます。


 水道環境部長・大嶋晋一君。


            (水道環境部長・大嶋晋一君 登壇)


○水道環境部長(大嶋晋一君) それでは、議第106号・変更契約の締結についてご説明申し上げます。


 今回の変更契約は、ごみ固形燃料化炭化施設連続運転化改造工事に伴いまして、取水井戸の位置の変更、取水位置、口径及び深さの変更、給水管の工事の変更に伴うものでございまして、ランニングコストを確保するため、井戸の水源を確保しようとするものでございます。契約金額でございます。5,324万4,450円の増額となります。契約の相手方は、大阪府大阪市住之江区北加賀屋2丁目11番8号、株式会社クリモトテクノス、代表取締役・石瀬治武でございます。


 以上で提案の説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第107号・財産の取得について詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) 議案書の35ページをお願いします。


 議第107号・財産の取得についてご説明いたします。


 明智保育園の整備につきましては、さきの第5回恵那市議会定例会において公有財産購入費を議決していただいたところでございますが、その後、土地の購入につきまして地権者と合意に至りましたので、今回、財産を取得することについて、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 1.取得する財産でございますが、明智保育園建設事業地であります。


 2.取得の方法でございますが、相手方との売買契約によるものでございます。


 3.取得の金額ですが、1億4,639万6,380円でございます。


 4.取得の相手方でありますが、三宅重夫ほか8名であります。


 5.土地の所在地等でございますが、説明は所在地、現況地目、実測面積、所有者の順に申し上げます。なお、この表中、所在地はいずれも恵那市明智町字向町でございますので、これを省略して申し上げます。


 まず333番3、田、584平米、336番6、田、599平米、336番9、田、202平米、以上3筆は三宅重夫氏であります。次に333番1、田、9.91平米、333番2の一部、田、672平米、334番1の一部、田、6.15平米、以上3筆について、所有者は山田芳枝氏です。次に332番1の一部、田、1,073平米、所有者は峰尾善治氏、伊藤磧子氏です。次に332番2の一部、原野、27平米、所有者は伊藤磧子氏です。次に344番1、田、615平米、次の36ページになりますが、346番1、田、398平米、347番、田、283平米、350番1、田、186平米、354番1、田、175平米、373番1、田、111平米、以上6筆は、所有者は西尾和明氏です。次に344番3、田、1,053平米、所有者は春日井孝規氏です。次に345番1、田、1,180平米、349番1、田、419平米、以上2筆について、所有者は長谷川 憲氏です。次に352番1、田、111平米、所有者は松井吉男氏です。次に343番1の一部、田、70平米、所有者は土屋繁高氏です。以上、合計面積が7,774.06平米です。


 以上で議第107号の説明を終わります。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 本件に対し、13番・水野功教君、20番・鈴木清司君の2人から質疑の通告がありますので、順次発言を許可いたします。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 13番。この議案について、少しご質問いたします。


 特に用地、地形、立地の関係についてお伺いいたします。


 協議会でお示しされた地図を見させていただきました。それから現地も行って、見てもまいりましたが、出入り口、大きな道に面しておるのは、いわゆる363の町の方へ入っていく道、あそこ1ヵ所で、緊急避難なんかをするとちょっと狭いんではないかと。狭いというか、もう1ヵ所ぐらい出口があった方が安全ではないかと思うわけです。これについて、それなりの対応とか、対策とかということは考えられるべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。


 それから、この地は元河川敷で、地盤が弱いというふうな指摘があります。これについてはかなり補強する必要があるんじゃないかと。それについての費用ということも当然あるんではないかと。もしその額がどれぐらいというところまで見込みが出ておれば、教えていただきたいということ。


 それから、明知鉄道に隣接しております。のり面というか、ちょっと高くなったりはしますけれども、踏切もあります。当然、警報機はついておりますが、何せ子どものことです。すべて、もしトラブルがあったときには、保育園の先生が見ておらなんだでいかなんだわというふうなことにならないように、周辺の安全環境整備が必要ではないかと、それについての用意はあるかどうかということ。


 それから、今の説明でもあったように、全部田で、平らなところです。当然、植栽などもされると思いますが、これをすべて行政のお金でということよりも、みんなのまちの子どもたちの保育園ということで、市民にもこういうような植栽なんかについての寄附とかいうこと、かえって割高になるというふうなことはよくそんな話も聞きますが、そういうような市民の心を集めるということでの取り組みなんかも考えたらどうかというふうに思いますが、いかがでしょうか。


 それから、協議会の説明でちょっと私も心配しましたので、あえてお伺いいたしますが、農地法上、早くしないと問題が出てくるというふうに私もとらえましたが、これだと公が駆け込みをするということで、後でご指摘を受けるというようなことがあってもいけませんので、農業委員会との関係なんかはどうなのか、整理がされておることなのか、そんなに問題がないことなのかということについてお伺いいたします。


 以上、よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 市民福祉部調整監・澤村憲生君。


○市民福祉部調整監(澤村憲生君) 5点ほどご質問でございますけれども、順次お答えさせていただきます。


 最初に、緊急避難など出入り口が1ヵ所で大丈夫かというお尋ねでございますけれども、予定している敷地から国道への接続部分は対面交通が可能な広さを考えておりまして、現地ではこの幅が約20メーター以上ございますので、幅員は十分とれると考えております。


 また、園児などの避難につきましては、敷地内の道、通称赤道でございますけれども、これを取りつけ整備する予定でございますので、東西ルートへの確保もできると考えておりまして、この場合、施錠つきの扉の設置などを設計段階で十分考えてまいります。


 2点目の元河川敷ではないかということにつきましては、今回取得する用地につきましてはほとんどが農用地でございます。河川敷の跡は含まれていないと聞いております。ただし、河川部分は用地東側の一段下の土地と理解しております。ただし、中央部に水路がございますので、この点につきましては地盤対策を十分対応してまいる所存でございます。


 それと、三つ目の園児のための環境整備につきましては、明知鉄道に隣接していることは承知をしているところでございます。現在の計画は、保育園敷地の周囲はフェンスなどで囲い、出入り口は二、三ヵ所設置する予定でございます。つけかえ道路、それと水路を明知鉄道側に施工し、給食配送車や保育士の通勤用の車と、園の敷地とは分離し、安全に配慮することを考えております。あらゆる機会に、園児に対して事故防止の注意を呼びかけることは当然のことでございます。


 次に4点目の、現地は平地であり、植栽など環境整備が必要ではないかということでございますけれども、園庭にはある程度の植栽は必要と考えております。設計段階で、保護者などの意見を聞きながら検討していきたいと考えております。市民の方からは、まだ現場では工事が始まっていないこともあり、支援への意見はございませんけれども、今後、保護者会等で呼びかけて、支援等の協力をお願いしていくということを考えております。


 最後に、農地法上、駆け込みではないかというご指摘でございますけれども、予定地につきましては、9月議会に報告をし、以降9月7日には市民福祉委員会の現地視察も実施していただいております。その後、用地の確定測量や最終的な地権者の皆さんの同意等の条件が整ったことから、今議会の議決をお願いするものでございます。


 なお、農地法絡みの指摘もございましたけれども、今回の議案につきましては、事業の早期着工と完成に向け、地域や地権者の意向を取り入れたものでございますので、よろしくお願いをします。以上です。


○議長(伊東靖英君) 続きまして、20番・鈴木清司君。


○20番(鈴木清司君) 20番。


 ここは二、三十年前、明知鉄道より上で、堤があって、抜けてあそこらはかなり災害に遭った場所でありますが、堰堤を完備してあれば、余分な苦労話になるかなあと思いますし、もう1点は、鑑定士でこの価格は出ておると思いますが、かなり値段がいいじゃないかなあということと、もう1点は、これはどのぐらいのお年寄りか若い人かわからないですけれども、金が入ったと思って大判振る舞いしちゃったら、後から所得税が来て、そんな金は払うとは思わなんだということをよく方々で聞きますので、その点について、おたくはこのぐらい後から所得税が来るぞなぐらいのことはちょっとアドバイスしておかんと、後から取れんようになることがあるで、その点もつけ加えておきます。以上。


○議長(伊東靖英君) 20番・鈴木清司君、意見でいいですか。


○20番(鈴木清司君) できなければ意見としておきます。


○議長(伊東靖英君) じゃあ意見として、執行部の方、よろしくお願いいたします。


 ほかにご質疑はございませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第107号・財産の取得については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第107号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第108号・市道路線の変更について詳細説明を求めます。


 建設部長・柘植健治君。


             (建設部長・柘植健治君 登壇)


○建設部長(柘植健治君) 議案書の37ページをごらんいただきたいと思います。


 議第108号・市道路線の変更について説明いたします。


 道路法第10条第2項の規定により、市道路線を変更することについて、同条第3項において準用する同法第8条第2項の規定により、議会の議決をお願いするものであります。


 路線番号01303、路線名は新旧とも大井町303号線、起点、終点は、新旧ともそれぞれ恵那市大井町佐渡であります。


 38ページをごらんください。


 路線の位置をあらわしております。黒丸が起点で矢印が終点であり、実線が新、破線表示が旧であります。この路線変更は、株式会社バロー恵那店の改築に伴う機能つけかえによるものであり、都市計画法第32条第2項に基づく協議に伴う路線変更であります。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第109号・恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することに決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第109号・恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認め、議第109号は原案のとおり同意されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第110号・恵那市教育委員会の委員の任命については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することに決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第110号・恵那市教育委員会の委員の任命については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認め、議第110号は原案のとおり同意されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第111号・平成21年度恵那市一般会計補正予算についての詳細説明を求めます。


 総務部長・荻山清和君。


             (総務部長・荻山清和君 登壇)


○総務部長(荻山清和君) それでは、別冊の平成21年度恵那市補正予算書及び説明書の1ページをお願いいたします。


 議第111号・平成21年度恵那市一般会計補正予算(第6号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億2,413万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ289億4,516万円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、2ページから4ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 第2条の繰越明許費の追加及び変更は、5ページの「第2表 繰越明許費補正」によるもので、1.追加は、2款総務費、全国瞬時警報システム更新事業は、国の補正を受け12月補正へ計上するものですが、工期が不足するもので、3款民生費、明智保育園建設設計業務委託は、事業用地の確定に不測の日数を要したもので、8款土木費、飯地中野方線道路改良事業及び沖ノ洞線道路改良事業は、翌年度より辺地地区対象外となることにより早期実施することから事業量増による工期延長によるもので、坂折線改良事業は、景観に配慮するため、恵那文化的景観調査委員会との整備手法の調整に不測の日数を要したもので、原白坂側道線道路改良事業は、用地取得に不測の日数を要したもので、上野深萱線道路改良事業は、契約解除に伴う残工事発注により年度内完成が見込めないもので、学頭橋改良事業は、恵那高等学校校舎改築工事の施行に伴い、大型車の進入道路として当該道路を使用するため、早期実施することが望まれ工期が不足するもので、葛沢桑下2号線道路改良事業は、用地取得に不測の日数を要したもので、10款教育費、恵那北小学校太陽光発電設備設置事業及び恵那東中学校太陽光発電設備設置事業は、国庫補助金の交付決定のおくれにより年度内完成が見込めないため、追加したものです。


 2.変更は、土木費、恵那駅前広場整備事業、シェルター設置工事で、景観に配慮した設計変更により事業費の変更を行うものでございます。


 第3条、既定の地方債の補正は、6ページ「第3表 地方債補正」によるもので、臨時財政対策債は交付決定、辺地対策事業及び合併特例事業は、それぞれ事業の精査に基づき借入限度額を変更するものであります。


 それでは、9ページをお願いいたします。


 歳入からご説明いたします。


 9款1項1目地方特例交付金、2項1目特別交付金の増額は交付決定によるもので、10款1項1目地方交付税の増額は、普通交付税算定による交付額の一部を補正財源とするもので、14款1項1目民生費国庫負担金の減額は、特別障害者手当等給付費負担金、児童手当費負担金等は実績見込みによる補正で、2項1目民生費国庫補助金、地域介護・福祉空間整備事業、セーフティネット支援対策事業、母子家庭自立支援給付事業は、それぞれの事業費の追加及び子育て応援特別手当交付金は国の事業執行停止に伴い減額するもので、4目土木費国庫補助金の増額は、補助額確定によるもので、5目教育費国庫補助金の増額は、小・中学校の太陽光発電設備工事に係る交付決定によるもので、15款1項2目民生費県負担金の増額は、実績見込みによるもので、2項1目総務費県補助金の増額は、委託事務費の確定と防災情報通信設備整備事業の交付決定でございます。


 2目民生費県補助金の増額は、安心子ども基金交付金によるもので、3目衛生費県補助金の増額は、新型インフルエンザワクチン接種費用に係るもので、4目農林水産業費県補助金の増額は実績見込みで、6目教育費県補助金の増額は山岡グラウンド夜間照明事業、ぎふ清流国体事業にそれぞれ県振興補助金の交付決定によるもので、7目商工費県補助金の増額も県振興補助金の確定で、観光総合ガイド、DMV実証実験に係るものでございます。


 3項1目総務費県委託金の減額は、衆議院議員総選挙の確定による精算、農林業センサスの調査単価等の確定によるもので、18款2項13目岩村城再建基金繰入金800万円は、事業計画に基づき補助金の財源として取り崩すもので、20款4項1目雑入の増額は、過年度収入では児童手当の国・県負担金等の過年度精算金を、雑入では後期高齢者医療費療養給付費負担金が確定したための返還金、地域公共交通活性化再生総合整備事業、道路事業契約違約金、B&G財団助成金で、21款1項1目総務債の減額は交付決定で、5目辺地債は道路事業の事業増によるもので、7目合併特例事業債の増額は、明智保育園建設事業、まちづくり交付金事業等の増によるものでございます。


 13ページをお願いいたします。


 続きまして、歳出のご説明をいたします。


 1款1項1目議会費の減額は、人事院勧告に伴う職員給与等の減額です。また、12月補正では、人事異動の結果による精算を行っています。以後、各費目での人件費の説明を省略しますので、よろしくお願いいたします。


 14ページ、2款1項1目総務一般管理費の増額は人件費で、6目財産管理費、財産管理一般経費の増額は、岩村町地内でのり面崩壊による復旧費、専決処分をしました台風18号による倒木による家屋損壊事故の賠償金等で、調査整備費は書庫として利用しています文化センター南隣に旧給食センターの雨漏りによる屋根修繕で、7目企画費の増額は総合計画策定のワーキング部会等の開催回数の増で、16ページ、8目地域活性化対策費、岩村町まち並み整備事業の増額は、電線地中化事業に伴う国道363号の信号機等の整理統合に伴うもので、岩村城再建推進事業補助金は、地元団体での活動を支援するため補助を行うもので、10目地域自治推進費の増額は、山岡町飯地町地内での地域集会施設整備補助金で、15目情報化推進費の増額は、ケーブルテレビ電柱強化費の一部を負担するもので、17目土地対策費の増額は、土地利用規制等の委任事務費の交付決定で、19目防災諸費の増額は全国瞬時警報システム更新事業で、登録音声方式から即時音声合成方式に変更するもので、21目運輸対策費の増額は、市自主運行バス交通総合化対策、地域交通活性化再生総合事業、それぞれの補助額の確定で、18ページ、2項1目税務総務費の減額は人件費で、3項1目戸籍住民基本台帳費の増額は人件費で、20ページ、4項1目選挙管理委員会費の増額は人件費で、3目衆議院議員選挙費の減額は確定による精算で、22ページ、4目土地改良区総代選挙費の減額も確定による精算で、24ページ、5項1目統計調査総務費の増額は人件費で、2目指定統計調査費の増額は農林業センサス経費で、6款1目監査委員費の減額は人件費でございます。


 26ページ、3款1項1目民生費、社会福祉総務費、社会福祉事務一般経費の増額は、障害者自立支援給付費の交付決定による国・県からの返還金及び人件費でございます。福祉センター管理運営経費の増額は岩村、明智各センターでの修繕、山岡健康増進センター管理運営経費の増額は運動浴槽の修繕で、2目心身障害者福祉費、特別障害者手当等給付事業費の増額は約19%増の実績見込みで、地域生活支援事業は臨時職員の社会保険料で、自立支援給付費の増額は自立支援対策臨時特例交付金特別対策事業で、移行時安定化運営事業補助金等の新規並びに実績見込みで、3目老人福祉費、高齢者等生活支援事業費の増額は、山岡デイサービスセンター温水ヒーターの修繕で、前年度セーフティネット支援対策支援事業費の精算による国庫返還金で、地域介護・福祉空間整備事業費の増額は、既存施設の小規模福祉施設でのスプリンクラー設置補助で、28ページ、4目福祉医療費の増額は、子ども等福祉医療費助成事業費の過年度福祉医療助成補助金の返還金で、6目国民健康保険費、国民健康保険事業特別会計経費の減額は人件費の繰出金の減で、国民健康保険診療所事業費の増額は基準に基づく繰り出しで、7目介護保険費、介護保険特別会計経費及びサービス勘定は人件費の精査に基づく繰り出しで、8目後期高齢者医療費は還付金による財源の組み替えでございます。


 30ページ、2項1目児童福祉総務費の減額は人件費で、2目児童福祉対策費、母子福祉経費の増額は母子家庭自立支援給付事業の母子家庭高等技能促進費で、児童手当給付事業費の増額は給付対象者の増加によるもので、放課後児童対策事業費の増額は、8施設へ乳幼児用AED、空気清浄機の設置で、児童扶養手当給付事業費の増額は交付決定による国庫支出金の還付で、子育て環境整備事業費の増額は交付決定による国・県支出金の還付で、少子化対策推進経費の増額は児童相談体制整備対策事業備品で、訪問用電動自転車の購入等で、子ども元気プラザ管理運営事業費の増額は、子ども文庫設置、おむつ交換台等の運営用備品購入で、3目保育所費、私立保育園管理運営経費の減額は人件費の精査、管理用備品購入、過誤納付還付金で、私立保育園運営事業費の増額は交付決定による国・県支出金の返還金及び過年度保育料過誤納付返還金で、明智保育園建設費の増額は建設設計業務委託費及び物件移転補償費で、32ページ、4目子育て応援特別手当支給事業費の減額は国の事業執行停止により減額するものでございます。


 34ページ、3項1目生活保護費、5項1目国民年金費は人件費の減額でございます。


 36ページ、4款衛生費、1項保健衛生費、1目環境衛生費、環境衛生一般経費及び環境対策経費は人件費の減額で、2目保健センター管理費の減額も人件費で、4目保健予防費の増額は新型インフルエンザワクチン接種委託料及び事務費で、5目地域医療対策費は病院事業会計負担金等の増で、38ページ、7目合併処理浄化槽設置費の増額は人件費でございます。


 2項1目じん芥処理費の増額はすべて人件費で、2目じん芥処理施設費の増額はエコセンター恵那の井戸工事の増嵩で、3目し尿処理費の減額は人件費でございます。


 41ページ、3項1目水道費は事業実績による繰出金の減額でございます。


 42ページ、6款農林水産業費、1項2目農業総務費の減額は人件費で、3目農業振興費、中山間地域等直接支払推進事業費の増額は協定面積の増で、5目農業農村整備費の減額は人件費で、8目農業集落排水事業費は事業増に伴う繰出金の増額でございます。


 44ページ、2項1目林業総務費の増額は人件費で、2目林業振興費の増額は特定外来生物処分委託料で、3目の森林保全費、一般造林事業費の増額は間伐面積の増で、森林整備地域活動支援事業費の増額は活動協定面積の増で、4目林道新設改良事業費、林道維持管理経費の増額は西葛沢測量設計の増で、公共林道整備事業費の増額は人件費でございます。


 46ページ、7款商工費、1項1目商工総務費の減額は人件費で、3目観光費、観光振興一般経費の増額は駅前公衆トイレの修繕でございます。


 8款土木費、1項1目土木総務費の減額、2目施設監理費の増額でございます。


 49ページ、2項1目道路橋りょう総務費の減額は人件費で、2目道路橋りょう維持費の増額は道路照明灯の電気料金の値上げによるもので、3目道路橋りょう新設改良費、辺地地域道路整備事業費の増額は中野方町坂折線、飯地町沖ノ洞線改良工事の増で、課題解決重点整備事業費の増額は武並町、上野深萱線道路改良の残工事の追加発注で、生活道路整備事業費の減額は人件費でございます。


 51ページ、4項1目都市計画総務費、都市計画一般経費の減額は人件費で、恵那地区まち並み整備事業費は学頭橋改良事業の工事費、土地購入費等の増額及び御所前牧田線改良工事に伴う土地購入費、家屋移転補償費で、52ページ、街路事業費の減額は人件費で、4目土地区画整理事業費の増額は人件費の減額及び土地購入費の増で、5目下水道費は人件費の減額に伴う繰出金の減額でございます。


 54ページ、5項1目住宅管理費の減額は、人件費でございます。


 9款消防費、1項1目常備消防費は人件費減と新型インフルエンザ予防接種委託の追加、56ページ、2目非常備消防費の増額は、公務災害補償費でございます。


 10款教育費、1項2目事務局費の減額は人件費で、59ページ、2項小学校費、1目学校管理費、小学校施設管理経費の増額は恵那北小学校太陽光発電設備設置工事、長島小学校内運動場便所改修工事等で、山岡小学校管理運営費の増は自習用消耗品で、小学校運営一般経費の減額は人件費で、2目学校教育振興費の増額は、準要保護生徒の補助単価の増額と人数増によるものでございます。


 60ページ、3項中学校費、1目学校管理費、岩邑中学校管理運営費の減額は自習日数の減による消耗品費の減で、中学校施設管理経費の増額は恵那東中学校の太陽光発電設備設置事業で、明智中学校渡り廊下防水工事の増で、中学校一般経費の増額は、恵那西中学校耐火金庫の購入及び人件費でございます。


 62ページ、4項幼稚園費、1目幼稚園管理費、大井幼稚園、二葉幼稚園、東野幼稚園の各管理運営費の増額は自習用消耗品費の実績見込みで、幼稚園施設管理経費の増額は区画整理事業に伴う補償工事で、幼稚園運営費の増額は人件費でございます。


 5項1目社会教育総務費、4目文化振興費、次ページ、5目公民館費は人件費で、7目図書館費の増額は三学運動啓発事業で、委員会開催日数の増及び人件費でございます。


 66ページ、6項保健体育費、1目スポーツ振興費の増額は人件費で、3目スポーツ施設整備費の増額は、明智B&Gプール屋根改修工事の増工で、6目学校給食費の増額は各施設の人件費でございます。


 68ページから72ページに給与費明細書、73ページに地方債に関する調書を添付していますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で議第111号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第112号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算、議第113号・平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算、以上2件について詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) 予算書の75ページをお願いします。


 議第112号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,922万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ53億4,384万3,000円とするものでございます。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、76ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。


 79ページをお願いいたします。歳入からご説明いたします。


 4款2項1目財政調整交付金25万円の増額は、高額療養費特別支給に係る国庫補助金であります。


 5款1項1目療養給付費交付金4,473万7,000円の増額は、退職被保険者の医療給付費の増加により、社会保険報酬支払基金からの交付金を見込むものであります。


 10款1項1目一般会計繰入金576万2,000円の減額は、職員給与費の減額に伴うものでございます。


 80ページをお願いいたします。歳出であります。


 1款1項1目一般管理費367万9,000円の増額は、職員の人事異動に伴う人件費補正であります。


 81ページをお願いします。2款1項2目退職被保険者等療養給付費4,473万7,000円の増額は、退職被保険者数の増加などによるものであります。


 82ページをお願いします。8款2項1目健康都市推進費944万1,000円の減額は、職員の退職などに伴う人件費補正であります。


 83ページをお願いいたします。10款1項8目高額療養費特別支給金25万円の増額は、自己負担額の特例措置として被保険者が後期高齢者医療制度に移行した月に係る高額療養費が減額されることになり、これを特別支給するものであります。


 なお、84ページから87ページに給与費明細書を添付しておりますので、ご参照願います。


 以上で議第112号の説明を終わります。


 次に、89ページをお願いいたします。


 議第113号・平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算(第4号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ155万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ40億3,289万2,000円とするものであり、サービス事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ577万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億6,327万5,000円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、90ページの「第1表 歳入歳出予算補正(事業勘定)」及び91ページの「第2表 歳入歳出予算補正(サービス事業勘定)」によるものであります。


 95ページをお願いいたします。歳入からご説明いたします。


 7款1項1目一般会計繰入金155万円の増額は、職員の人事異動などに伴う事務費の繰入金であります。


 96ページをお願いします。歳出であります。


 1款1項1目一般管理費356万5,000円の減額。


 次の97ページの3款1項1目介護予防事業の54万1,000円の増額。


 そして、次の98ページ、2項1目地域包括支援センター457万4,000円の増額は、それぞれ人事異動などによる人件費補正であります。


 なお、99ページから102ページに事業勘定の給与費明細書を添付しておりますので、ご参照願います。


 続いて、105ページをお願いいたします。


 サービス事業勘定の歳入であります。


 3款1項1目一般会計繰入金577万7,000円の増額は、人件費補正に伴う一般会計からの繰入金であります。


 106ページをお願いいたします。


 歳出であります。


 1款1項1目一般管理費414万5,000円の増額。次の107ページの2款3項1目指定介護予防支援事業163万2,000円の増額、これはいずれも職員増員などによる人件費補正であります。


 なお、108ページから111ページにサービス事業勘定の給与費明細書を添付しておりますので、ご参照願います。


 以上で議第113号の説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第114号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算について詳細説明を求めます。


 南整備事務所長・古山敦啓君。


           (南整備事務所長・古山敦啓君 登壇)


○南整備事務所長(古山敦啓君) それでは、補正予算書及び説明書の113ページをお願いいたします。


 議第114号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ331万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億7,106万6,000円とするものでございます。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、114ページ「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 117ページをお願いいたします。歳入のご説明をいたします。


 1款2項1目簡易水道負担金387万5,000円の増額は、岩村及び飯羽簡易水道の消火栓工事及び岩村町電柱類地中化事業に伴います岩村町簡易水道支障管工事の負担金を計上するもので、5款1項1目一般会計繰入金56万2,000円の減額は、職員人件費の減及び施設の維持管理に伴う修繕料の補正による一般会計からの繰入金の減でございます。


 118ページをお願いいたします。歳出のご説明をいたします。


 1款1項1目一般管理費589万2,000円の減額は、職員人件費の減によるもので、119ページをお願いいたします。


 2項3目飯地簡易水道維持管理費から、120ページ、19目閑川簡易水道維持管理費までの補正は、施設の維持管理に伴うポンプ監視機器の修繕料の補正で、121ページをお願いいたします。2款1項3目岩村町簡易水道建設費231万2,000円の増額は、岩村町電柱類地中化事業に伴う水道管支障工事費を計上するものでございます。


 なお、122ページから125ページに給与費明細書を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で議第114号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第115号・平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算、議第116号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算、議第117号・平成21年度恵那市水道事業会計補正予算、以上3件について詳細説明を求めます。


 水道環境部長・大嶋晋一君。


            (水道環境部長・大嶋晋一君 登壇)


○水道環境部長(大嶋晋一君) それでは、議第115号・平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)のご説明を申し上げます。


 歳入歳出予算の補正につきましては、予算の総額に歳入歳出それぞれ83万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億452万5,000円とするものでございます。


 補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、次ページにございます「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。


 131ページをお願いいたします。歳入のご説明を申し上げます。


 一般会計繰入金でございますが、歳出の財源として一般会計から繰り入れをするものでございます。


 次ページをお願いいたします。一般管理費は、給与費の改定に伴うもの及び消費税につきましては、平成20年度の課税事業の確定に伴うものでございます。


 133ページ、1款2項1目農集恵那地区維持管理費につきましては、汚水ます2ヵ所の設置によるものでございます。


 次ページをお願いいたします。給与費明細書を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。


 続きまして、議第116号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)のご説明を申し上げます。


 歳入歳出予算の補正につきましては、予算の総額から歳入歳出それぞれ567万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億1,899万円とするものでございます。


 補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。


 次ページをお願いいたします。


 繰越明許費でございます。地方自治法第213条第1項の規定による翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」によるものでございまして、建設費といたしまして大崎交差点改良汚水管渠支障移転工事、これは道路工事が繰り越しとなったことに伴うものでございます。


 同じく建設費で、特環竹折処理区中切(川原田)地区管渠布設工事につきましては、契約解除に伴う再契約により繰り越しとなるものでございます。


 地方債の補正につきましては、142ページの「第3表 地方債補正」によるものでございます。地方債の区分の変更を行いまして、事業費の確定を行うものでございます。


 それから、廃止につきましては、調査事業費につきまして適債事業でないことが判断されましたので、廃止とするものでございます。


 続きまして、145ページの歳入をお願いいたします。


 3款1項1目下水道事業費国庫補助金でございます。これは、補助金の組み替えによるものでございます。


 6款1項1目一般会計繰入金は、財源の不足を補てんするために一般会計からの繰り入れを行うものでございます。


 8款1項1目雑入でございます。まちづくり交付金の補償費、それから契約解除に伴う違約金利子等の歳入でございます。


 9款1項1目下水道債でございます。事業費の減と確定に伴うものでございます。


 次ページをお願いいたします。歳出でございます。


 1款1項1目一般管理費でございます。人件費を増額しておりまして、組み替えに伴うものでございます。


 2項1目公共奥戸処理区維持管理費でございます。人件費の減額に伴うもの及び施設管理委託料の減額に伴うものでございます。


 2目特環恵那地区維持管理費でございます。需用費、電気及び脱水用の医薬品の増額に伴うもの及び委託料といたしまして汚泥処分費を増額いたしております。


 3目特環恵南地区維持管理費でございます。人件費の補正及び修繕料、委託料の組み替えによるもの。それから、工事請負費といたしまして、まちづくり交付金の補償工事費でございます。


 次ページをお願いいたします。2款1項1目公共奥戸処理区建設事業費でございます。人件費の補正でございます。


 3目特環竹折処理区建設事業費でございます。人件費の補正及び仮設駐車場に伴います用地借上料及び工事請負費補償費の確定に伴う減額でございます。


 4目特環岩村処理区建設事業費でございます。人件費の補正及び測量設計委託料の増額及び工事費、補償費の確定に伴うものでございます。


 次ページをお願いいたします。3款1項1目公債費、元金でございますけれども、財源の振りかえをするものでございます。


 次ページ以降、給与費明細書を添付してございますので、ご参照をお願いいたします。


 159ページに地方債の調書を掲載いたしておりますので、同じくご参照をお願いいたします。


 続きまして、161ページをお願いいたします。


 議第117号・平成21年度恵那市水道事業会計補正予算(第2号)でございます。


 まず、収益的支出の補正でございます。既定の収益的支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。


 1款1項の営業費用7億7,035万8,000円を37万2,000円補正いたしまして7億7,073万とするものでございます。


 資本的支出の補正につきましては、既定の予算本文括弧書き中の「資本的収入額が資本的支出に対して不足する額5億6,494万3,000円」を「資本的収入額が資本的支出に対し不足する額5億6,681万7,000円」に、「当年度分損益勘定留保資金694万4,000円、過年度分損益勘定留保資金5億3,815万円、消費税資本的収支調整額1,984万9,000円」を、「当年度分損益勘定留保資金694万4,000円、過年度分損益勘定留保資金4億8,002万4,000円、減債積立金6,000万円及び消費税資本的収支調整額1,984万9,000円」に改め、資本的支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。


 資本的支出の1款1項建設改良費でございますが、6億3,904万3,000円を187万4,000円増額しまして6億4,091万7,000円とするものでございます。


 流用することができない経費の補正といたしまして、職員給与費を補正いたします。既決予定額が5,601万1,000円でございまして、補正予定額が減額の375万4,000円でございます。


 それでは、163ページをお願いします。


 実施計画書でございます。水道事業費用のうち営業費用をそれぞれ補正いたします。原水及び浄水費で400万円の増額補正、配水及び給水費で4万1,000円の増額補正、総係費で366万9,000円の減額補正でございます。


 資本的支出でございます。建設改良費のうち建設改良事務費で12万6,000円の減額、営業設備費で200万の増額補正でございます。


 176ページをお願いいたします。補正の概要でございます。


 まず収益的支出でございますけれども、1款1項1目原水及び浄水費につきましては、浄水場の膜ろ過の薬品洗浄の業務委託を補正いたします。当初、膜ろ過を全量取りかえる予定でおりましたが、取りかえを減少させまして、その分の薬品洗浄を実施することといたしております。


 配水及び給水費でございます。人件費の補正でございます。


 総係費につきましても人件費の補正でございます。


 続きまして、資本的支出でございます。建設改良費のうち建設改良事務費で、人件費の補正をいたします。それから営業設備費で、量水器の購入で200万円を計上いたしております。


 なお、この補正に当たりまして、予定損益計算書が170ページから、予定貸借対照表が172ページから掲載してございますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第118号・平成21年度恵那市病院事業会計補正予算について詳細説明を求めます。


 医療管理部長・堀 恒夫君。


            (医療管理部長・堀 恒夫君 登壇)


○医療管理部長(堀 恒夫君) 恵那市補正予算書及び説明書の179ページをお願いいたします。


 議第118号・平成21年度恵那市病院事業会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。


 第2条、業務の予定量の補正は、交付金事業の確定に伴い、市立恵那病院の病院医療機器備品購入事業は、既決予定額から63万円を減額し2億3,487万円に、病院車両購入事業は、既決予定額から85万2,000円を減額し556万5,000円とするものであります。


 国民健康保険上矢作病院の病院医療機器備品購入事業は、既決予定額から115万5,000円を減額し3,705万5,000円に、病院車両購入事業は、既決予定額から43万3,000円を減額し183万8,000円とするものでございます。


 次に、180ページをお願いいたします。


 第3条、収益的収入及び支出の補正は、収入では、第1項の医業収益は既決予定額に285万1,000円を増額し34億5,812万7,000円に、第2項の医業外収益は既決予定額に4,697万9,000円を増額し3億9,290万4,000円とするものでございます。


 支出では、第1項の医業費用は、既決予定額に422万8,000円を増額し37億5,567万7,000円に、第2項の医業外費用は、既決予定額に2,767万6,000円を増額し7,354万3,000円に、第4項の訪問看護ステーション事業費用は、既決予定額から5万7,000円を減額し1,935万6,000円に、第5項の特別損失は、既決予定額に2,271万5,000円を増額し2,271万6,000円とするものでございます。


 第4条、資本的収入及び支出の補正は、既定予算本文の括弧書きにあります過年度分損益勘定留保資金で補てんする額を4,901万5,000円から4,397万5,000円に改め、181ページをお願いいたします、資本的収入第2項の補助金は、既決予定額から307万円を減額し2億675万3,000円に、第4項として、固定資産売却代金504万円を増額するものでございます。


 資本的支出、第1項の建設改良費は、既決予定額から307万円を減額し2億8,932万8,000円とするものでございます。


 第5条、議会の議決を経なければ流用することができない経費の補正は、病院職員給与費は、既決予定額から1,572万9,000円を減額し6億1,477万2,000円に、訪問看護ステーション職員給与費は、既決予定額から5万7,000円を減額し1,805万6,000円とするものでございます。


 182ページをお願いいたします。


 第6条、他会計からの補助金の補正でございますが、医療設備等を整備するために一般会計から補助を受ける金額を1億4,980万円とするものでございます。


 183ページから185ページにかけまして予算の実施計画、186ページに資金計画、187ページから190ページに給与費明細書、192ページから197ページにかけまして予定損益計算書と予定貸借対照表を添付しておりますので、後ほどご参照をお願いいたします。


 198ページをお願いします。


 病院事業会計予算説明書により説明いたします。


 収益的収入及び支出のうち収入でございますが、1款病院事業収益、1項医業収益、1目入院収益の減額でございますが、これは上矢作病院における入院患者数の減と1人当たりの診療収入の減ということでございます。


 4目のその他医業収益の増額でございますが、これは交付税措置基準の見直しによる一般会計の負担金でございまして、救急医療の確保に要する経費としての基準繰り入れの増によるものでございます。


 2款医業外収益、2項補助金、そのうちの国庫補助金でございますが、平成20年度決算の確定によりまして、国立病院等再編の医療施設運営補助金が決まってまいりましたので、これの減でございます。また、一般会計の補助金は、共済追加費用の増によるものでございます。


 3目の負担金交付金でございますが、これも交付税措置基準の見直しによる一般会計からの基準繰り入れの増によるものでございまして、内容は、僻地医療の確保、結核病院の運営、リハビリテーション医療に要する経費、小児医療に要する経費等でございます。


 5目のその他医業外収益は、公用車事故に対する災害共済金でございます。


 199ページをお願いいたします。


 支出の1款病院事業費用、1項医業費用、1目給与費の給料、手当、法定福利費、退職給与金につきましては、人事異動並びに給与改定に伴うものでございます。次の賃金でございますが、この主なものは、上矢作病院の代務医師の賃金でございます。報酬は、恵那病院の医療技術員の報酬でございます。


 2目材料費は、インフルエンザ関係の薬品及び診療材料費の増によるものでございます。


 4目減価償却費、5目資産減耗費は、上矢作病院のCT装置の処分によるものでございます。


 200ページをお願いいたします。2款医業外費用、3項繰延勘定償却費、6目雑損失は、恵那病院の控除対象外消費税でございます。


 5目賠償費は、公用車事故による賠償金でございます。


 4款訪問看護ステーション事業費用は、人事異動並びに給与改定に伴うものでございます。


 5款特別損失につきましては、恵那病院のMRI・CT装置の売却により、補助金と売却代金の差額を計上したものでございます。


 201ページをお願いいたします。


 資本的収入及び支出のうち、収入、1款資本的収入、2項補助金は、医療設備等の確定に伴う一般会計補助金の減額でございます。


 4項固定資産売却代金は、恵那病院のMRI・CT装置の売却代金でございます。


 支出の1款資本的支出、1項建設改良費の減額は、医療機器購入、車両購入事業費との確定に伴うものでございます。


 以上で議第118号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第119号・平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計補正予算について詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) 予算書の203ページをお願いいたします。


 議第119号・平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、収益的収入及び支出の予定額についての補正であり、収入につきましては、第1款施設運営事業収益、第1項事業収益を308万5,000円増額し、補正後の金額を4億4,776万4,000円とするものであり、支出につきましては、第1款施設運営事業費用、第1項事業費用を452万3,000円増額し、補正後の金額を4億4,913万2,000円とするものであり、既定の議決を経なければ流用することができない経費につきましては、職員給与費について452万3,000円を増額し、補正後の金額を3億1,297万1,000円とするものであります。


 そして、205ページから215ページにわたりますが、それぞれ予算実施計画、資金計画、給与費明細書、予定損益計算書、予定貸借対照表を添付しております。ご参照願います。


 216ページの平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計予算説明書で内容を説明いたします。


 収益的収入及び支出のうち、収入の第1款1項1目施設介護料収益308万5,000円の増額補正は、施設サービスに係る介護報酬及び利用者負担収益の増額を見込むものであります。支出でございますが、1款1項1目給与費452万3,000円の増額補正は、職員の人事異動などによる人件費補正であります。


 以上で議第119号の説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第120号・平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予算について詳細説明を求めます。


 医療管理部長・堀 恒夫君。


            (医療管理部長・堀 恒夫君 登壇)


○医療管理部長(堀 恒夫君) それでは、予算書及び説明書の217ページをお願いいたします。


 議第120号・平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。


 第2条、業務の予定量の補正は、串原診療所の患者送迎車両購入事業297万9,000円を減額するものであります。


 第3条、収益的収入及び支出の補正は、収入では、第1款診療所事業収益、第1項医業収益の既決予定額に1,127万9,000円を増額し5億1,811万9,000円に、第2項医療外収益の既決予定額に1,432万1,000円を増額し1億1,128万1,000円とするものでございます。


 218ページをお願いいたします。


 支出、第1款診療所事業費用、第1項医業費用の既決予定額に2,038万9,000円を増額し6億1,488万6,000円に、第2項医業外費用の既決予定額に730万9,000円を増額し1,351万4,000円とするものでございます。


 第4条、資本的収入及び支出の補正は、既決予定本文の括弧書きにあります過年度分損益勘定留保資金で補てんする額を300万円から149万7,000円に改め、収入、第1款資本的収入、第1項出資金の既決予定額から147万6,000円を減額し3,042万4,000円に、支出、第1款資本的支出、第1項建設改良費の既決予定額から297万9,000円を減額し298万5,000円とするものでございます。


 219ページをお願いいたします。


 第5条、議会の議決を経なければ流用することができない経費の補正は、職員給与費の既決予定額から415万1,000円を増額し3億1,466万円とするものでございます。


 第6条、他会計からの補助金の補正は、共済組合負担金追加費用並びに児童手当として一般会計から受ける金額は625万7,000円でございます。


 221ページ、222ページに予算の実施計画、223ページに資金計画、224ページから227ページに給与費明細書、228ページから231ページには予定損益計算書と予定貸借対照表を添付しておりますので、後ほどご参照をお願いいたします。


 232ページをお願いいたします。


 恵那市国民健康保険診療所事業会計予算説明書によりまして説明いたします。


 収益的収入及び支出の収入でございます。


 1款診療所事業収益、1項医業収益、3目その他医業収益の増額は、新型インフルエンザ予防接種に伴うものでございます。


 2項医業外収益、2目補助金の増額は、共済追加費用、児童手当によるものでございます。


 3目負担金交付金の増額は、交付税措置基準の見直しによる一般会計負担金で、主なものは、僻地医療の確保に要する経費でございます。


 支出、1款診療所事業費用、1項医業費用、1目給与費の増額は、人事異動並びに給与費改定に伴うものでございます。


 2目材料費の増額は、人工透析の関係の使用薬品の増と新型インフルエンザワクチン等の増によるものでございます。


 3目経費の増額は、山岡診療所温水ヒーター等の修繕によるものでございます。


 233ページをお願いいたします。4目減価償却費の増額は、これは透析関係によるものでございます。


 6目資産減耗費の増額は、今年度入れかえました車両等によるものでございます。


 2項医業外費用、3目繰延勘定償却費及び4目雑損失の増額は、診療所における控除対象外消費税でございます。


 資本的収入及び支出の収入でございます。1款診療所資本的収入、1項1目出資金の減額及び支出、1款診療所資本的支出、1項建設改良費、1目有形固定資産購入費の減額は、これはすべて串原診療所の患者送迎車両の購入を取りやめたものによるものでございます。


 以上で議第120号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


 ここでお諮りいたします。ただいま上程されました議第100号から議第106号、議第108号及び議第111号から議第120号までの以上18件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本18件については委員会の付託を省略することに決しました。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) ここでお諮りをいたします。議事の都合により、11月26日から12月9日までの14日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認め、11月26日から12月9日までの14日間を休会とすることに決しました。


 本日は大変時間を超過いたしました。ご協力ありがとうございました。


 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。


                午後0時20分 散会


 ───────────────────────────────────────────────


    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





            恵那市議会





            議     長      伊 東 靖 英





            署名議員     6番  小 澤 建 男





            署名議員    20番  鈴 木 清 司