議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 恵那市

平成21年第5回定例会(第1号 9月 9日)




平成21年第5回定例会(第1号 9月 9日)





          平成21年第5回恵那市議会定例会会議録〔第1号〕


                                 平成21年9月9日 


 ────────────────────────────────────────


 
 議 事 日 程(第1号)


                     平成21年9月9日(水)午前10時開会


  第 1         会議録署名議員の指名


  第 2         会期の決定


  第 3         認第1号から認第15号まで及び議第85号から議第98


              号まで一括上程


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 本日の会議に付した事件


 議 事 日 程(第1号)


  日程第 1       会議録署名議員の指名


  日程第 2       会期の決定


  日程第 3 認第 1号 平成20年度恵那市一般会計歳入歳出決算の認定について


        認第 2号 平成20年度恵那市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決


              算の認定について


        認第 3号 平成20年度恵那市老人保健医療特別会計歳入歳出決算の


              認定について


        認第 4号 平成20年度恵那市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定


              について


        認第 5号 平成20年度恵那市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の


              認定について


        認第 6号 平成20年度恵那市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決


              算の認定について


        認第 7号 平成20年度恵那市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認


              定について


        認第 8号 平成20年度恵那市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算


              の認定について


        認第 9号 平成20年度恵那市遠山財産区特別会計歳入歳出決算の認


              定について


        認第10号 平成20年度恵那市上財産区特別会計歳入歳出決算の認定


              について


        認第11号 平成20年度恵那市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算


              の認定について


        認第12号 平成20年度恵那市水道事業会計決算の認定について


        認第13号 平成20年度恵那市病院事業会計決算の認定について


        認第14号 平成20年度恵那市介護老人保健施設事業会計決算の認定


              について


        認第15号 平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計決算の認


              定について


        議第85号 恵那市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に


              関する条例の一部改正について


        議第86号 恵那市国民健康保険条例の一部改正について


        議第87号 人権擁護委員の候補者の推薦について


        議第88号 人権擁護委員の候補者の推薦について


        議第89号 平成21年度恵那市一般会計補正予算


        議第90号 平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算


        議第91号 平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算


        議第92号 平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算


        議第93号 平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算


        議第94号 平成21年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算


        議第95号 平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算


        議第96号 平成21年度恵那市遠山財産区特別会計補正予算


        議第97号 平成21年度恵那市上財産区特別会計補正予算


        議第98号 平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 出 席 議 員


     1番  安 藤 直 実 君       2番  鵜 飼 伸 幸 君


     3番  纐 纈   満 君       4番  後 藤 康 司 君


     5番  林   忠 義 君       6番  小 澤 建 男 君


     7番  町 野 道 明 君       8番  畑 村 眞 吾 君


     9番  堀 井 文 博 君      10番  荒 田 雅 晴 君


    11番  堀   光 明 君      12番  伊 藤 桂 子 君


    13番  水 野 功 教 君      14番  伊 東 靖 英 君


    15番  勝   滋 幸 君      16番  堀     誠 君


    17番  柘 植   羌 君      18番  光 岡 克 昌 君


    19番  西 尾 公 男 君      20番  鈴 木 清 司 君


    21番  伊佐地 良 一 君      22番  柘 植 弘 成 君


    24番  藤   公 雄 君


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 欠 席 議 員


    23番  渡 邊 鈴 政 君


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 説明のため出席した者の職氏名


    市     長    可 知 義 明 君


    副  市  長    三 宅 良 政 君


    総 務 部 長    荻 山 清 和 君


    企 画 部 長    小 嶋 初 夫 君


    市民福祉部長     大 島 博 美 君


    医療管理部長     堀   恒 夫 君


    経 済 部 長    藤 原 由 久 君


    建 設 部 長    柘 植 健 治 君


    水道環境部長     大 嶋 晋 一 君


    南整備事務所長    古 山 敦 啓 君


    市民福祉部調整監   澤 村 憲 生 君


    経済部調整監     大 塩 康 彦 君


    建設部調整監     小 森 富 雄 君


    岩村振興事務所長   三 園 了 三 君


    山岡振興事務所長   桜 井 広 美 君


    明智振興事務所長   河 越 一 男 君


    串原振興事務所長   平 林 春 美 君


    上矢作振興事務所長  熊 田 惠 二 君


    会計管理者      石 原 和 幸 君


    教育委員長      伊 藤 保 直 君


    教  育  長    西 尾 教 行 君


    教 育 次 長    西 部 良 治 君


    教 育 次 長    稲 葉 章 司 君


    消  防  長    伊 藤 政 治 君


    代表監査委員     市 岡 孝 之 君


    監査委員事務局長   丸 山 年 道 君


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


1 職務のため出席した事務局職員


    議会事務局長     伊 藤 常 光 君


    議会事務局次長    原 田 一 宏 君


    議会事務局書記    井 手 成 之 君


    議会事務局書記    西 尾 克 子 君


    議会事務局書記    樋 田   誠 君


 ────────────────────────────────────────


                午前10時00分 開会


○議長(伊東靖英君) 皆さん、おはようございます。開会に先立ち、市民憲章の唱和を行います。


 全員ご起立をお願いいたします。


 事務局長が一節ずつ朗読いたしますから、続いて御唱和をお願いいたします。


 議会事務局長・伊藤常光君。


                  (唱和)


○議長(伊東靖英君) ご着席を願います。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) これより平成21年第5回恵那市議会定例会を開会いたします。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程に入る前に、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本日説明のため出席する旨報告のありました者を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ごらん願います。


 なお、本日の会議に葬儀のため欠席の旨通知のありました議員は、23番・渡邊鈴政君であります。


 次に、6月1日から8月31日までにおける議会関係諸報告及び平成20年度5月分及び平成21年度5月分から7月分までの出納検査結果報告の写しをお手元に配付しておきましたので、お目通し願います。


 次に、閉会中に受理いたしました陳情は、陳情第5号、岩村高等学校跡地を有効活用する検討会代表から「恵那特別支援学校移転にかかわる校名変更などについて」、陳情第6号、社団法人恵那市シルバー人材センター理事長から「社団法人恵那市シルバー人材センターに対する支援の要請について」、陳情第7号、岐阜県過疎地域自立促進協議会会長から「新たな過疎対策法の制定に関する意見書の提出について」、以上3件であります。その写しをお手元に配付しておきましたので、お目通し願います。


 なお、執行機関におかれましては、陳情第5号及び陳情第6号の2件については、よろしく措置くださいますようお願いしておきます。


 次に、先般実施されました各常任委員会の行政視察について、総務文教委員会、堀井文博委員長、市民福祉委員会、西尾公男委員長、産業環境委員会、柘植弘成委員長から、それぞれ行政視察報告書が提出されております。その写しをお手元に配付しておきましたので、お目通し願います。


 次に、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、報第13号・平成20年度恵那市一般会計継続費精算の報告について、報第14号・平成20年度恵那市健全化判断比率の報告について、報第15号・平成20年度恵那市簡易水道事業特別会計の資金不足比率の報告について、報第16号・平成20年度恵那市農業集落排水事業特別会計の資金不足比率の報告について、報第17号・平成20年度恵那市公共下水道事業特別会計の資金不足比率の報告について、報第18号・平成20年度恵那市水道事業会計の資金不足比率の報告について、報第19号・平成20年度恵那市病院事業会計の資金不足比率の報告について、報第20号・平成20年度恵那市介護老人保健施設事業会計の資金不足比率の報告について、報第21号・平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計の資金不足比率の報告について、以上9件について報告がありましたので、お手元に配付しておきましたから、お目通し願います。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、3番・纐纈 満君、19番・西尾公男君を指名いたします。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から10月7日までの29日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日から10月7日までの29日間と決定いたします。


 なお、会期中の会議予定は、お手元に配付いたしました会期日程表により開催いたします。


 次に、議案に対する質疑の通告については、10月2日の正午に締め切りますので、それまでに通告書の提出をお願いいたします。


 なお、通告書については、執行部から的確な答弁が得られますよう、質疑の内容を具体的に記入していただくようにお願いしておきます。


 また、討論の通告については、10月5日の正午に締め切りますので、それまでに通告書の提出をお願いいたします。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第3 認第1号から認第15号まで及び議第85号から議第98号まで29件を一括上程し、議題といたします。


 初めに、提案理由の説明を求めます。


 市長・可知義明君。


              (市長・可知義明君 登壇)


○市長(可知義明君) 皆さん、おはようございます。


 お手元に配付をさせていただいております提案説明要旨をごらんいただきたいと思います。


 本日、平成21年第5回恵那市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方にはご多用の中ご出席いただきまして、まことにありがとうございます。


 秋を迎え、本格的な行楽シーズンとなります。2009みのじのみのり祭をはじめ、市内各地域で多種多様なイベントが開催されます。一人でも多くの方々に恵那市を訪れていただき、魅力あふれた恵那市を十分に楽しんでいただきたいと思っております。また、こうした機会をとらえ、交流人口の拡大を図り、恵那市の活性化につなげていきたいと考えております。


 さて、第45回衆議院議員総選挙の結果、民主党が中心となり、政権を担うことになりました。国の政策が大きく変化し、地方行政に与える影響は大変大きいものと想定されます。今後、実施される政策を十分に注視してまいりたいと思っております。


 国内の経済情勢では、2009年4月から6月期の実質国内総生産が5期ぶりにプラス成長に転じるなど、景気の冷え込みも底を打ち、一部明るい兆しが見え始めたとの観測もありますが、総務省が8月28日に発表した労働力調査によると、7月の完全失業率は前月を0.3ポイント上回る5.7%と過去最悪の状況になり、依然として景気回復への道のりは大変厳しいものと考えております。


 恵那市においても7月の有効求人倍率は0.39倍と、昨年の11月から8ヵ月連続して下降線をたどるなど、地域の景気回復はほど遠く、さらなる雇用の悪化も予想されております。今後は、地域経済の一刻も早い回復に向けた対策を講じるなど、職員全員が一丸となって市民の皆さんの期待にこたえ、信頼される行政運営を進めてまいりますので、議員の皆様のご理解とご協力をお願いするものでございます。


 それでは、今定例会に提出いたしました諸議案につきまして、概要をご説明申し上げます。


 議案は、決算の認定15件、条例の改正2件、人事案件2件、予算関係10件の計29件であります。


 まず、認第1号から認第11号につきましては、平成20年度恵那市一般会計歳入歳出決算及び平成20年度恵那市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算等10件の特別会計につきまして、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見を付して議会の認定をお願いするものであります。


 また、認第12号から認第15号につきましては、平成20年度恵那市水道事業会計決算の認定等、企業会計4件について、公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見を付して議会の認定をお願いするものであります。


 次に、議第85号・恵那市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正につきましては、再任用短時間勤務職員である船員の公務災害補償については、船員保険法が適用されておりましたが、船員保険法の一部改正に伴い、地方公務員災害補償法が適用できるよう所要の改正を行うものであります。


 次に、議第86号・恵那市国民健康保険条例の一部改正につきましては、被保険者または被保険者であった者が、平成21年10月1日から平成23年3月までの間に出産したときに支給する出産育児一時金について、暫定的に35万円から39万円に増額する改正を行うものであります。


 次に、議第87号、議第88号の人権擁護委員の候補者の推薦につきましては、現委員であります森井俊介氏の任期満了に伴い、新たに中崎 修氏を推薦することについて、また現委員である堀尾佳裕氏の任期満了に伴い、再び同氏を推薦することについて議会の意見を求めるものであります。


 次に、議第89号・平成21年度恵那市一般会計補正予算につきまして説明をいたします。


 今回の補正予算では、歳入歳出それぞれ10億8,724万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ285億2,102万4,000円とするものであります。


 その主な内容といたしまして、まちづくり交付金等を活用し、明智町大正村浪漫亭周辺の整備事業費に2億48万5,000円、明智保育園建設に係る用地購入費、測量設計委託料等に1億8,693万9,000円、恵那地区まち並み整備事業費として御所の前牧田線整備事業費等に9,206万1,000円をそれぞれ追加補正し、市内の雇用対策として、岐阜県市町村緊急雇用創出事業臨時特例基金事業費補助金を活用した緊急経済対策連携事業に5,777万8,000円を計上し、雇用の安定、促進に努めてまいります。また、去る7月31日から8月3日にかけて恵那市を襲った梅雨前線豪雨災害復旧事業費として1億5,493万9,000円を計上するものなどであります。


 次に、議第90号・平成21年度国民健康保険事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ3,443万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ53億461万8,000円とするもので、医療給付費等の増額補正を行うものであります。


 次に、議第91号・平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ5,810万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ44億8,884万円とするものであります。主な内容は、事業勘定では介護給付費負担金等の過年度精算による返還金を、またサービス事業勘定では施設内設備改修費等を計上するものであります。


 次に、議第92号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ1,170万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億6,775万3,000円とするものであります。主な内容といたしましては、県道恵那八百津線改良に伴う支障管工事費等であります。


 次に、議第93号・平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算につきましては、歳入について一般会計繰入金を減額し、同額を繰越金で充当するため、歳入額の変更の補正を行うものであります。


 次に、議第94号・平成21年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ193万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,613万3,000円とするもので、主な内容は、駐車場施設整備基金への積立金を増額するものであります。


 次に、議第95号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ3,784万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億2,466万8,000円とするもので、主な内容は、特環下水道工事の事業費等の追加補正を行うものであります。


 次に、議第96号・平成21年度恵那市遠山財産区特別会計補正予算につきましては、歳入について基金からの繰入金を減額し、繰越金をもって充当するため、歳入額の変更の補正を行うものであります。


 次に、議第97号・平成21年度恵那市上財産区特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ48万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ148万4,000円とするもので、主な内容は、過誤納還付金の追加補正であります。


 次に、議第98号・平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ185万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億8,405万7,000円とするもので、前年度精算による繰越金を本年度の納付金に上乗せし、納付金を増額する補正でございます。


 以上で提案説明を終わりますが、詳細につきましては担当部長等に説明をさせますので、よろしくご審議の上、適切な議決を賜りますようお願いいたします。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 市長の提案説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 続いて、各議案について詳細説明を求めます。なお、議第86号から議第88号までの3件については、採決まで行います。


 初めに、認第1号・平成20年度恵那市一般会計歳入歳出決算の認定についてから認第11号・平成20年度恵那市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの11件について、決算概要の説明を求めます。


 会計管理者・石原和幸君。


            (会計管理者・石原和幸君 登壇)


○会計管理者(石原和幸君) それでは、認第1号から認第11号までの平成20年度恵那市一般会計及び特別会計10会計の歳入歳出決算の概要についてご説明申し上げます。


 それでは、お手元にお配りしてあります平成20年度歳入歳出決算における主要施策の成果等実績の1ページをお願いします。


 恵那市の平成20年4月1日から平成21年3月31日までの決算額の状況は、一般会計では、歳入286億7,676万9,000円、歳出272億7,495万7,000円となりました。その結果、歳入歳出差引額(形式収支)は14億181万2,000円の黒字で、繰越明許で翌年度へ予算を繰り越した定額給付金給付事業ほか14事業に係る財源2億971万円を形式収支から差し引いた実質収支額は、11億9,210万2,000円の黒字となりました。


 歳入においては、市税が74億2,415万6,000円で歳入総額の25.9%を占め、その主な内容は、市民税30億5,005万6,000円、固定資産税36億1,299万3,000円となっております。地方交付税は90億8,221万3,000円で、歳入の31.7%で、普通交付税77億1,651万9,000円、特別交付税13億6,569万4,000円となっております。国庫支出金は13億8,256万5,000円で、歳入総額の4.8%、県支出金は21億3,553万6,000円で、歳入総額の7.5%。市債は33億4,760万円で、歳入総額の11.7%で、その主な内容は、合併特例債22億1,920万円、臨時財政対策債7億2,580万円、過疎債1億9,570万円となっております。


 歳出においては、民生費が54億2,001万4,000円で、歳出総額の19.9%を占め、次に総務費が42億3,252万3,000円で、歳出総額の15.5%。公債費が41億6,840万3,000円で、歳出総額の15.3%。衛生費が33億4,182万7,000円で、歳出総額の12.2%となっております。


 民生費の主な内容は、保育所費9億6,254万5,000円、国民健康保険費6億5,838万8,000円、児童福祉対策費6億2,809万6,000円、介護保険費6億1,505万4,000円。


 総務費の主な内容は、一般管理費14億4,569万1,000円、情報化推進費6億2,033万4,000円、地域自治推進費5億844万4,000円(うち地域振興基金積立3億5,845万3,000円)、防災諸費3億7,881万7,000円で、公債費の主な内容は、元金35億4,615万6,000円(うち繰上償還分1億2,539万6,000円)、長期債利子6億2,171万1,000円(うち繰上償還分1万4,000円)で、衛生費の主な内容は、じん芥処理費10億9,192万1,000円、水道費7億6,663万6,000円、地域医療対策費4億5,814万7,000円、し尿処理費3億3,336万5,000円であります。


 また、一般会計の最終予算額307億7,607万3,000円に対する決算額の比率は、収入率が93.2%、執行率が88.6%となっております。


 次に、企業会計を除く特別会計10会計の決算額は、合計で歳入が140億5,101万5,000円、歳出が139億3,981万6,000円であります。


 その内容は、国民健康保険事業特別会計で、歳入51億3,121万円、歳出51億220万6,000円、老人保健医療特別会計で、歳入5億4,796万円、歳出5億7,603万8,000円、介護保険特別会計(事業勘定)で、歳入37億6,698万6,000円、歳出36億8,286万9,000円、介護保険特別会計(サービス事業勘定)で、歳入4億3,727万1,000円、歳出4億2,731万7,000円、簡易水道事業特別会計で、歳入15億798万円、歳出15億95万2,000円、農業集落排水事業特別会計で、歳入2億7,303万9,000円、歳出2億7,302万5,000円、駐車場事業特別会計で、歳入6,519万円、歳出6,325万6,000円、公共下水道事業特別会計で、歳入17億7,294万3,000円、歳出17億6,871万円、遠山財産区特別会計で、歳入51万1,000円、歳出41万1,000円、上財産区特別会計で、歳入560万7,000円、歳出457万3,000円、後期高齢者医療特別会計で、歳入5億4,231万8,000円、歳出5億4,045万9,000円となっております。


 また、特別会計における最終予算額144億2,108万9,000円に対する決算額の比率は、収入率が97.4%、執行率が96.7%となっております。


 以上が平成20年度一般会計並びに特別会計10会計の決算の概要であり、各会計別における予算の執行状況と主要な施策の成果につきましては38ページ以降に記載してあります。


 なお、3ページから35ページには科目別、目的別、性質別などの資料を掲載しておりますので、ご参照お願いします。


 なお、このほかに別冊で平成20年度恵那市歳入歳出決算書(附 特別会計)をお配りしておりますので、よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 概要説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、認第12号・平成20年度恵那市水道事業会計決算の認定についての詳細説明を求めます。


 水道環境部長・大嶋晋一君。


            (水道環境部長・大嶋晋一君 登壇)


○水道環境部長(大嶋晋一君) それでは、議案書の6ページをお願いします。


 認第12号・平成20年度恵那市水道事業会計決算の認定については、地方公営企業法第30条第4項の規定により、議会の認定をお願いするものであります。


 それでは、別冊の歳入歳出決算書(企業会計分)をお願いいたします。企業会計分の17ページの事業報告書によりまして、決算の概要を説明いたします。


 総括的事項といたしまして、今年度は、前期は原油高により観光業界の水需要が減少し、さらに後半は製造業まで水需要が減少しました。この結果、給水収益は前年度より1,392万2,000円減の7億7,855万8,000円で、平成13年度の水準まで落ち込み、厳しい経営を余儀なくされました。


 第7次拡張事業では、昨年に引き続き笠置町姫栗地区及び東野小野川地区の2地区を行っております。それぞれ平成22年度、平成21年度完成を予定しております。また、防災対策として、主要な配水池での緊急遮断弁設置、口径75ミリ以上の耐震管の布設などを引き続き推進しております。


 給水及び経営についてでございます。


 今年度の事業概要は、給水人口3万728人、総配水量412万立方メートル、有収水量366万8,000立方メートル、有収率89.0%となり、給水収益は7億7,855万8,000円で、前年度に対して1.8%の減となりました。これは、不況の影響、節水機器の普及、ライフスタイルの変化などによるものと考えられます。


 事業費用は7億8,349万5,000円で、前年度に対して1.4%の増となりました。これは、配水及び給水費の修繕が乗越ポンプ場の切りかえ工事等により増額したことによるものです。


 この結果、今年度の純利益は5,910万6,000円で、前年度に対して3,150万9,000円、34.8%の減となり、前年度の繰越利益剰余金740万2,000円を加え、当年度未処分利益剰余金は6,650万8,000円となりました。この未処分利益剰余金については、そのうち法定積み立てである減債積立金に6,000万円を積み立てる予定にしております。


 建設改良事業につきましては、拡張事業計画に基づき4地区の拡張区域の整備、乗越配水池及び正家配水池の緊急遮断弁設置工事を行いました。


 これらの建設改良に企業債償還金を加えた資本的支出の合計額は、7億8,621万1,000円でありました。資本的支出の財源となる資本的収入は、企業債6,030万円、工事分担金及び負担金9,651万円、国県補助金1億6,095万5,000円、一般会計出資金1億1,060万円となり、資本的収支の不足額3億5,786万6,000円は、過年度分損益勘定留保資金、減債積立金処分額等で補てんいたしました。


 以上が決算の概況でございます。


 決算書の1ページには、決算報告書といたしまして、収益的収入及び支出は水道事業の経営活動に伴う経費の決算状況であり、資本的収入及び支出は投資に伴う経費の決算状況であります。


 3ページからは損益計算書、5ページからは剰余金計算書、8ページからは剰余金の処分にかかわる計算書の案を記載してございます。9ページからは貸借対照表を掲載してございます。また、17ページから50ページには事業報告書及び附属書類を添付しておりますので、あわせてお目通しをお願いいたします。


 これで議第12号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。


 建設改良費に伴います企業債償還金を加えた資本的支出の合計額を訂正させていただきます。7億8,623万1,000円でございますので、よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、認第13号・平成20年度恵那市病院事業会計決算の認定についての詳細説明を求めます。


 医療管理部長・堀 恒夫君。


            (医療管理部長・堀 恒夫君 登壇)


○医療管理部長(堀 恒夫君) それでは、議案書の7ページをお願いいたします。


 認第13号・平成20年度恵那市病院事業会計決算の認定についてご説明し、議会の認定をお願いするものでございます。


 別冊の平成20年度恵那市歳入決算書の72ページをお願いいたします。平成20年度の恵那市病院事業の報告をさせていただきます。


 初めに、市立恵那病院でございます。病床数199床、診療科は内科を初め18の科を標榜して診療を行いました。また、通所リハビリテーションセンターほほ恵みを併設して運営をいたしました。


 医師と同様に看護師不足も深刻化する中で、平成20年7月から、一般病棟における看護配置基準7対1を取得するとともに、積極的に救急患者の受け入れを行う等、経営安定に向けて努力を行ってきました。また、串原診療所を初め、県内の診療所に医師派遣を行う等、へき地医療拠点病院としての役割も果たしてまいりました。


 平成20年度の延べ入院患者数は5万5,590人で、昨年度より2,320人の増となり、入院収入総額も1億4,000万円ほどふえております。


 外来につきましては、慢性疾患に対する医薬品の長期投与ができることになった影響もございまして、述べ外来患者数は6万7,284人ということで、昨年度より2,730人の減となっております。しかしながら、外来収入総額も2,000万円ほどふえております。


 なお、詳細につきましては72ページから90ページに附属資料を掲載しておりますので、お目通しをいただきたいと思います。


 次に、92ページをお願いします。


 国保上矢作病院でございます。病床数56床、診療科につきましては内科を初め12の科を標榜して診療を行いました。また、訪問看護ステーションも併設して運営をしております。


 平成20年度は内科医師1名が増となりまして、常勤医師6名体制で診療業務を行うことができました。へき地拠点病院として、隣接する愛知県、長野県の患者をはじめ、恵南の各診療所、福祉施設との連携を図りながら、救急患者の受け入れも積極的に行う等、経営安定に向けて努力を行ってまいりました。


 平成20年度の延べ入院患者数は1万9,305人で、昨年度より60人の増となっております。入院収入総額も1,300万円ほどふえております。


 外来につきましては、述べ外来患者数は3万3,034人で、昨年度より1,684人の減となっております。しかしながら、外来収入総額は1,000万円ほど増となっております。


 なお、詳細につきましては92ページから116ページに附属資料を掲載しておりますので、お目通しをいただきたいと思います。


 それでは戻りまして、決算書の51ページをお願いいたします。


 平成20年度恵那市病院事業会計決算報告書でございます。


 収益的収入及び支出についてご説明いたします。


 収入では、第1款病院事業収益の決算額は36億2,361万9,388円で、うち仮受消費税及び地方消費税が695万4,842円で、予算額に比べ2億1,636万612円の減となっております。


 支出では、第1款病院事業費用の決算額は36億851万1,344円、うち仮払消費税及び地方消費税が1,504万3,243円で、不用額は2億3,146万8,656円となっております。


 53ページをお願いいたします。


 資本的収入及び支出についてご説明いたします。


 収入では、第1款資本的収入決算額は1億1,982万8,203円で、予算額に比べ506万1,797円の減となりました。


 支出では、第1款資本的支出の決算額は1億6,471万656円、うち仮払消費税及び地方消費税が343万8,551円で、不用額288万9,344円となりました。


 なお、資本的収入額が資本的支出額に不足する額4,488万2,453円は、当年度分損益勘定留保資金で補てんしております。


 55ページをお願いいたします。


 平成20年度恵那市病院事業損益計算書でございます。


 医業収益から医業費用を差し引きました医業利益につきましては2億5,267万8,026円の赤字となり、医業外収益から医業外費用を差し引いた医業外利益につきましては2億6,483万5,358円の黒字となっております。


 次に、57ページをお願いいたします。


 通所リハビリテーション事業利益につきましては、ゼロ円でございます。それから、訪問看護ステーション事業利益は226万116円の黒字となっております。これらをあわせました当期の経常利益といたしまして1,441万7,448円の黒字となっております。前年度繰越利益剰余金に当期純利益を加えました当年度未処分利益剰余金は2億7,995万6,403円の赤字となっております。


 以上が決算報告の概要でございます。


 59ページから67ページに剰余金計算書、剰余金処分計算書(案)、貸借対照表を添付しておりますので、お目通しをお願いいたします。


 なお、決算関係書類の作成上、決算報告書は税込みで、損益計算書及び貸借対照表等の財務諸表は税抜きとなっておりまして、書類間の数値で一致しない部分がございますが、よろしくお願いいたします。


 これで認第13号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、認第14号・平成20年度恵那市介護老人保健施設事業会計決算の認定についての詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) 議案書の7ページです。認第14号・平成20年度恵那市介護老人保健施設事業会計決算の認定についてご説明し、議会の認定をお願いするものでございます。よろしくお願いします。


 それでは、別冊の企業会計の決算書の132ページで説明いたしますので、お願いいたします。


 平成20年度恵那市介護老人保健施設事業報告書によりご説明いたします。


 まず、概況の総括事項でございますが、老健ひまわりの入所定員は、短期入所を含めまして95人、通所リハビリが定員15人で運営しております。


 本施設は、開所後11回目の決算を迎えました。施設運営に当たっては、介護保険確保及び施設理念に沿った看護・介護、リハビリテーションを実施、入所者、通所者の有する能力改正に全力を注ぎ、一人でも多く家庭復帰できるよう努力してまいりました。


 利用状況におきましては、なるべく多くの方が利用できるよう努力を重ねております。全体で1日平均0.1人の増となり、経営面におきましては経費等の節減に努めてまいりましたが、残念ながらことしにおきましては、財務諸表に示すように損失決算となりました。


 その内容でございますが、?の利用状況につきましては、述べ入所者数3万1,772人、1日平均87.0人、前年比0.3%の増となりました。短期入所事業では、述べ2,058人、1日平均5.6人、前年比5.6%の増となりました。通所リハビリテーションでは、本年度より定員を5名増員したということもございまして、15名により実施し、述べ利用者数では3,049人、1日平均12.5人、前年比38.8%の増となりました。


 ?の車両及び会計システムの整備は、施設運営のために送迎用自動車1台と公営企業会計システムの整備をしたものであります。


 ?の財政状況でありますが、昨年度同様諸経費の節減、利用率のアップに努め、さらに経営内容から利用者サービスの充実に努めてまいりました。しかし、本年度経営は単年度赤字となり、529万4,826円の当年度未処理欠損金を計上するに至りました。


 次に、140ページをお願いします。


 平成20年度恵那市介護老人保健施設事業収益費用明細書についてご説明いたします。


 収益費用明細書につきまして、収益的収入総額は4億3,919万9,246円となりました。その主なものでございますが、ここに書いてありますように、第1款第1項事業収益では、施設及び居宅介護サービスに係る介護報酬収益、利用者負担金収益と利用者等利用料収益であり、2項の事業外収益におきましては、他会計負担金――これは一般会計からでございますが――等の内容となっております。


 次は141ページをお願いします。


 141ページと142ページの収益的支出の総額は、4億4,449万4,072円となりました。その主な内容は、この表に書いてございますように、第1款第1項事業費用では、サービス事業に係る給与費、材料費、経費、研究研修費、減価償却費であり、それぞれ事業を執行しております。


 2項の事業外費用は、企業債利息の借入金が主な内容となっております。


 143ページをお願いします。


 平成20年度恵那市介護老人保健施設事業資本的収入支出明細書について説明いたします。


 収入につきましては、1款資本的収入でございますが、1,518万6,884円の主な内容は、他会計の出資金でございます。


 支出につきましては、1款資本的支出3,531万2,718円の主なものは、企業債償還金でございます。


 なお、資本的収入の資本的支出に対する不足額につきましては、過年度分損益勘定留保資金で補てんしております。


 次に144ページですが、平成20年度恵那市介護老人保健施設事業固定資産明細書でございます。


 本明細書につきましては、有形固定資産、無形固定資産の明細を掲載しておりますが、当年度では、先ほど申し上げましたように車両購入、公営企業会計システムの増加分のほか、それぞれの区分におきまして減価償却費を計上しております。


 145ページです。


 平成20年度恵那市介護老人保健施設事業企業債明細書についてご説明いたします。


 企業債につきましては、介護老人保健施設ひまわりの創設当初の長期債でございまして、発行総額8億8,480万円に対して未償還残高は7億3,569万9,857円となっておりますので、よろしくお願いします。


 戻りまして、118ページでございます。


 118ページから128ページでございますが、それぞれ決算書といたしまして、118ページが決算報告書、次の120ページになりますが、損益計算書、122ページに剰余金計算書、そして124ページに欠損金処理計算書、これは見込みの案でございます。そして125ページに貸借対照表を添付しておりますので、よろしくお願いいたします。


 以上で認第14号の説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、認第15号・平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計決算の認定についての詳細説明を求めます。


 医療管理部長・堀 恒夫君。


            (医療管理部長・堀 恒夫君 登壇)


○医療管理部長(堀 恒夫君) 議案書の8ページをお願いいたします。


 認第15号・平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計決算の認定についてご説明し、議会の認定をお願いするものでございます。


 別冊の平成20年度歳入歳出決算書をお願いいたします。


 157ページをお願いします。


 診療所の概況を報告いたします。


 恵那市国民健康保険診療所は、三郷、飯地、岩村、山岡、串原の五つの医科と、山岡、上矢作の二つの歯科診療所の運営を行いました。また、岩村診療所の2階部分の改修工事を実施いたしまして、人工透析施設にいたしました。平成20年度からは特別会計から企業会計に移行いたしまして、限られた財源の活用と、市内2病院との連携を一層強化しながら施設の運営をしてまいりました。平成20年度の延べ外来患者数は5万1,243人で、昨年度より3,871人の減ということで、約7%減少しております。特に診療所におきましては、慢性疾患の患者さんが多いということで、医薬品の長期投与により、病院より患者数の減少が大きくなっております。


 詳細につきましては、157ページから175ページに掲載をしておりますので、後ほどお目通しをお願いいたします。


 それでは戻りまして、146ページをお願いいたします。


 平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計決算報告書でございます。


 収益的収入及び支出についてご説明いたします。


 収入では、第1款診療所事業収益の決算額は5億3,044万5,903円、うち仮受消費税及び地方消費税が151万4,750円で、予算額に比べ3,900万6,097円の減となっております。


 支出では、第1款診療所事業費用の決算額は5億2,899万5,305円、うち仮払消費税及び地方消費税が949万7,083円で、不用額は4,045万6,695円となっております。


 148ページをお願いいたします。


 資本的収入及び支出についてご説明いたします。


 収入では、第1款診療所資本的収入の決算額は2億6,251万5,110円で、予算額に比べ523万2,890円の減となっております。


 支出では、第1款診療所資本的支出の決算額は2億6,300万7,262円、うち仮払消費税及び地方消費税が1,133万1,028円で、不用額は474万738円となっております。


 なお、資本的収入額が資本的支出額に不足する額49万2,152円は、当年度分損益勘定留保資金で補てんをしております。


 150ページをお願いいたします。


 平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業損益計算書でございます。


 医業収益から医業費用を差し引きました医業利益は7,387万5,192円の赤字となり、医業外収益から医業外費用を差し引きました医業外利益につきましては7,423万7,772円の黒字ということで、経常利益は36万2,580円となっております。


 以上が決算の報告でございます。


 151ページに剰余金計算書並びに剰余金の処分計算書(案)、152ページ、153ページに貸借対照表を添付しておりますので、お目通しをお願いいたします。


 なお、決算の関係で、決算報告書は税込みで、損益計算書及び貸借対照表等の財務諸表は税抜きとなっておりますので、書類間で数値が一致しない部分がございますが、よろしくお願いします。


 これで認第15号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) ここで、認第1号・平成20年度恵那市一般会計歳入歳出決算の認定についてから認第15号・平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計決算の認定についてまでの15件について、監査結果の報告を求めます。


 代表監査委員・市岡孝之君。


            (代表監査委員・市岡孝之君 登壇)


○代表監査委員(市岡孝之君) それでは、監査結果についてご報告申し上げます。


 お手元の別冊平成20年度恵那市一般会計、特別会計歳入歳出決算書及び基金運用状況審査意見書をご参照いただきたいと思います。


 地方自治法第233条第2項及び同法241条第5項の規定により、審査に付された平成20年度恵那市一般会計、特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況について審査した結果は、次のとおりであったので、意見を付して提出します。


 審査意見書1ページをお願いいたします。


 1.審査の対象、?平成20年度恵那市一般会計歳入歳出決算、?平成20年度恵那市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、?平成20年度恵那市老人保健医療特別会計歳入歳出決算、?平成20年度恵那市介護保険特別会計(事業勘定・サービス事業勘定)歳入歳出決算、?平成20年度恵那市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算、?平成20年度恵那市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算、?平成20年度恵那市駐車場事業特別会計歳入歳出決算、?平成20年度恵那市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算、?平成20年度恵那市遠山財産区特別会計歳入歳出決算、?平成20年度恵那市上財産区特別会計歳入歳出決算、?平成20年度恵那市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、?平成20年度恵那市各基金運用状況。


 2.審査の期間、平成21年7月3日から8月10日まで。


 審査の方法、審査に当たっては各会計歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書及び基金運用状況に関する調書並びに関係諸帳簿、会計管理者保管の証拠書類等を照合確認して、計数の正確性、予算の執行の的確性、基金運用の効率性等について総括的に審査を実施し、あわせて例月現金出納検査と定期監査の結果を参考にするとともに、関係職員の説明を聴取して審査を執行しました。


 4.審査の結果、?審査に付された各会計歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書は、いずれも関係法令に準拠して作成され、計数は関係諸帳簿と符合し、かつ正確であり、また予算の執行状況は適正であるものと認めました。?基金の運用状況に関する調書は、関係諸帳簿と符合し、かつ正確であり、効率的に運用されていることを認めました。


 なお、審査の概要と意見について、2ページ以降、審査意見書としてお届けしてございますので、お目通しをいただきたいと思います。


 続きまして、恵那市公営企業会計決算審査の監査結果についてご報告を申し上げます。


 お手元の別冊平成20年度恵那市公営企業会計決算審査意見書をご参照いただきたいと思います。


 地方公営企業法第30条第2項の規定により、審査に付された平成20年度恵那市水道事業会計、恵那市病院事業会計、恵那市介護老人保健施設事業会計及び恵那市国民健康保険診療所事業会計決算について審査した結果、次の意見を提出します。


 審査意見書1ページをお願いいたします。


 1.審査の対象、(1)平成20年度恵那市水道事業会計決算、(2)平成20年度恵那市病院事業会計決算、(3)平成20年度恵那市介護老人保健施設事業会計決算、(4)平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計決算。


 2.審査の期間、平成21年6月25日から7月31日までの間。


 3.審査の方法、審査に当たっては、各企業会計の決算書、事業報告書及び附属書類並びに関係諸帳簿等により審査し、あわせて関係職員の説明を聴取して実施しました。


 審査の結果、審査に付された各企業会計の決算書は、経営成績及び財政状況が適正に表示されており、計数は正確であることを認めました。


 なお、審査の概要と意見について、2ページ以降、意見書としてお届けしてございますので、お目通しをいただきたいと思います。


 以上で監査報告を終わらせていただきます。


○議長(伊東靖英君) 監査結果の報告を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) ただいまから、認第1号から認第15号までの決算の認定についての質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 ただいま議題となっております15件の決算認定については、8人の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これを付託の上、審査することにいたしたいと思います。これにご異議はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、決算審査特別委員会を設置し、別紙付託表のとおり審査を付託することに決しました。


 ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名をいたします。


 委員には、1番・安藤直実さん、3番・纐纈 満君、5番・林 忠義君、6番・小澤建男君、8番・畑村眞吾君、11番・堀 光明君、13番・水野功教君、21番・伊佐地良一君、以上の8人を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました8人の諸君を決算審査特別委員会の委員に選任することに決しました。


 ここで暫時休憩をいたしまして、別室にて決算審査特別委員会を開催していただき、正・副委員長の互選と議席の指定を行っていただきます。委員各位は、直ちに第1委員会室へご移動願います。


 それでは暫時休憩いたします。


                午前11時06分 休憩


       ─────────────────────────―


                午前11時15分 再開


○議長(伊東靖英君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。


 休憩中に決算審査特別委員会が開催され、正・副委員長が決定いたしましたので、ご報告申し上げます。


 委員長には11番・堀 光明君、副委員長には5番・林 忠義君。以上のとおりであります。委員各位におかれましては、会期日程により審査をお願いいたします。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第85号・恵那市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正についての詳細説明を求めます。


 総務部長・荻山清和君。


             (総務部長・荻山清和君 登壇)


○総務部長(荻山清和君) それでは、議案書9ページをお願いいたします。


 議第85号・恵那市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正についてご説明をいたします。


 提案の理由ですが、地方公務員である船員のうち、再任用短時間勤務職員の公務災害補償等は、船員保険法が適用されていました。雇用保険法及び船員保険法の改正により、常勤の地方公務員である船員と同様に地方公務員災害補償法に基づく補償に改正されましたので、この条例を定めるものでございます。


 別冊の参考資料の恵那市改正条例議案の概要、1ページをお願いいたします。表中のアンダーライン部分が改正内容でございます。


 第2条第2号は、根拠法令を地方公務員災害補償法とするため削除し、以下1号ずつ繰り上げ、第16条では、第46条の2「船員である職員に関する部分に限る」を削除し、条文整理をするものであります。


 議案書の10ページにお戻りください。


 附則第1項では、施行期日を平成22年1月1日とし、第2項では経過措置として、この条例の施行期日前に発生した事故に起因する公務災害または通勤による災害について、改正後の公務員災害補償法等に規定された補償を受ける場合は、同条例の規定による補償は行わないものとするものです。


 以上で議第85号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第86号・恵那市国民健康保険条例の一部改正についての詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) それでは、議案書の11ページをお願いします。


 議第86号・恵那市国民健康保険条例の一部改正についてご説明いたします。


 提案理由ですが、出産一時金につきましては平成21年1月に産科医療補償制度が創設されまして、3万円のお金が支給されるようになったところでございますが、今回の改正につきましては、健康保険法施行令が改正され、平成23年3月31日までの出産育児一時金が暫定的に引き上げられることになりました。これに伴い、本条例の一部改正を提案するものであります。


 それでは、別冊の概要書の2ページをお願いいたします。新旧対照表のアンダーラインの部分が改正部分であります。


 平成21年10月から平成23年3月までの間の出産に係る出産育児一時金に関する経過措置ということでございまして、現行条例に新たに第11条を加えるものであります。その内容でございますが、被保険者または被保険者であった者が、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間に出産したときに支給する出産育児一時金についての第6条の規定の適用について、出産育児一時金として現在35万円を支給するという規定でございます。この「35万円」とあるのを「39万円」に改めるものでございます。


 戻りまして、議案書の12ページをお願いします。


 附則といたしまして、この条例は、平成21年10月1日から施行するものであります。


 以上で議第86号の説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) ここで、本件に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第86号・恵那市国民健康保険条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第86号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第87号・人権擁護委員の候補者の推薦については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することに決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第87号・人権擁護委員の候補者の推薦については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第87号は原案のとおり同意されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第88号・人権擁護委員の候補者の推薦については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することに決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第88号・人権擁護委員の候補者の推薦については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第88号は原案のとおり同意されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第89号・平成21年度恵那市一般会計補正予算について、詳細説明を求めます。


 総務部長・荻山清和君。


             (総務部長・荻山清和君 登壇)


○総務部長(荻山清和君) 別冊の平成21年度恵那市補正予算書及び説明書の1ページをお願いいたします。


 議第89号・平成21年度恵那市一般会計補正予算(第5号)について、ご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ10億8,724万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ285億2,102万4,000円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、2ページから4ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 第2条の繰越明許費ですが、地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することができる経費は、5ページの「第2表 繰越明許費」によるもので、恵那駅前広場整備事業において、JR東海との調整に不測の日数を要したため、繰越事業となるものです。


 第3条、地方債の追加及び変更は6ページの「第3表 地方債補正」によるもので、7月31日から8月3日、梅雨前線豪雨災害復旧事業による追加及び合併特例債事業などについて、精査により借入限度額を変更するものでございます。


 9ページをお願いいたします。


 それでは、歳入からご説明いたします。


 12款1項2目災害復旧費分担金は農地・農業用施設災害復旧事業に係る受益者分担金で、14款1項1目民生費国庫負担金は児童扶養手当受給者の増加によるもので、生活保護費負担金は生活保護制度における小・中・高校生の学習支援費の追加によるもので、2目災害復旧費国庫負担金は災害復旧に係る公共土木施設災害復旧に係るもので、2項1目民生費国庫補助金、老人保健健康増進等事業は、回想法センターでの高齢者自身による介護予防推進のための地域ネットワークの構築に関する調査・研究事業の新規採択によるもので、住宅手当緊急特別措置事業費補助は失業者に対する住宅手当、児童育成事業推進等対策事業費補助金は地域で子育てを進める「赤ちゃんいらっしゃい事業」の採択によるもので、2目衛生費国庫補助金、疾病予防対策事業費等補助金は子宮がん、乳がん検診推進事業で、無料クーポン券を送付し、早期発見と健康意識の普及、啓発を進めるもので、3目農林水産業費国庫補助金は地域バイオマス利活用交付金の交付決定によるもので、10ページ、4目土木費国庫補助金はまちづくり交付金事業の事業確定による増額で、6目災害復旧費国庫補助金は林道・農地・農業用施設の災害復旧に係るもので、7目総務費国庫補助金は日本国憲法の改正手続に関する法律施行に伴う国民投票にかかわる投票人名簿システムの改修に伴うもので、3項3目土木費国庫委託金は地域別の景観づくり計画策定のための調査・研究を行う地域景観づくり緊急支援事業の新規採択で、15款2項2目民生費県補助金、介護基盤緊急整備等臨時特例基金事業費補助金は認知症グループホーム、小規模多機能、認知症デイ施設に係る補助金、及び介護職員処遇改善等臨時特例基金事業費補助金は施設開設準備経費助成特別対策事業に係るもので、4目農林水産業費県補助金は小規模農家組織支援事業による農機具購入補助で、3節林道開設事業費補助金は事業確定による補正で、7目商工費県補助金は緊急経済対策で、雇用創出事業に伴うもので、3項1目総務費県委託金は経済センサスに係るもので、17款1項2目民生費寄附金、3目社会教育寄附金はそれぞれの寄附採納で、18款2項1目財政調整基金繰入金は繰入予定額を全額取りやめるもので、3項1目竹折財産区繰入金は竹折ふれあい会館改修事業に伴うもので、19款1項1目繰越金は前年度繰越金の確定による計上で、12ページをお願いします。20款4項1目雑入は消防団員公務災害に係る補償金で、21款市債、1項3目農林水産業債は事業の確定によるもので、4目土木債、公営住宅建設事業債は借入金の要望どめを行うもので、5目辺地債、6目過疎債、7目合併特例事業債は、事業確定による変更で、8目災害復旧債は、梅雨前線豪雨災害に伴う47ヵ所の復旧に充当するものでございます。


 13ページ、歳出の説明をいたします。


 2款1項1目総務一般管理費は参与の設置に伴う人件費で、8目地域活性化対策費、まち並み整備事業は岩村町で電線地中化事業、明智町での農地購入等事業増に伴うもので、10目地域自治推進費は竹折ふれあい会館改修補助金及び二葉会館敷地測量委託で、14ページ、15目情報化推進費オフィスオートメーション推進経費はパソコンの修繕等と、地域運営経費は音声告知機設置事業の増額で、21目運輸対策費は緊急雇用対策で、明知鉄道沿線整備事業で、4項1目選挙管理委員会費は国民投票に係るシステム改修委託料で、16ページ、5項2目指定統計調査費、経済センサス、3款1項1目社会福祉総務費一般経費は人権啓発活動の消耗品費、住宅手当緊急特別措置事業は離職者で住宅に困窮する者に住宅費を補助するもので、2目心身障害者福祉費、地域生活支援事業は障害者福祉施設の障害福祉サービス事業所への移行支援事業で、自立支援給付費は6月議会で答弁しました障害者自立支援費利用者負担金軽減費等で、18ページ、3目老人福祉費、一般経費は介護基盤緊急整備臨時特例基金事業補助金で、認知症グループホーム、小規模多機能、認知症デイサービスの施設整備費及び開設準備金で、老人保健健康増進事業は介護予防についての調査・研究費で、回想法の分析、アンケート調査、シンポジウム、緊急委員会開催費経費で、6目国民健康保険費は、制度改正により出産育児一時金を4万円引き上げるため国民健康保険事業特別会計へ繰り出すもので、7目介護保険費は基準に基づく繰出金で、20ページ、2項2目児童福祉対策費、児童遊園維持管理経費は中野児童公園トイレの修繕、子ども発達センター管理運営事業費は山岡町「おひさま」暖房器の修繕で、児童扶養手当給付事業は実績増、少子化対策推進経費は「赤ちゃんいらっしゃい事業」で、こども元気プラザ管理運営事業費は寄附金相当の備品購入で、3目保育所費、市立保育園管理運営経費も中野方保育園に寄附金相当の備品購入費を、明智保育園建設費では用地についてご理解をいただきましたので、測量設計委託料を計上しています。


 22ページをお願いします。3項1目生活保護費は学習支援費として小・中・高校生に家庭内学習、課外のクラブ活動に要する費用について支給対象とするもので、4款1項1目環境衛生費は太陽光発電システム設置事業費補助で、当初50件を予定していましたが、申込件数の増加に対応するもので、4目保健予防費、一般経費は新型インフルエンザ対策で、消毒費、サージカルマスクの購入、健康増進法健診事業では、子宮がん、乳がんの検診を進めるため無料クーポンを発送するもので、24ページ、5目地域医療対策費は医師確保奨学資金に係る負担金で、7目合併処理浄化槽設置費は緊急雇用創出事業で、浄化槽台帳を整備するもので、2項清掃費、1目じん芥処理費、恵南一般廃棄物最終処分場施設維持管理費は借地契約をしています山岡町にある最終処分場の用地購入に係るもので、3項1目水道費は基準に基づく繰出金で、6款農林水産業費、1項3目農業振興費、一般経費は山岡町桑園跡地におけるタイヤの処分費で、水田農業構造改革推進事業費は緊急雇用対策で、水田耕作図作成委託費、バイオマスタウン利活用推進事業は岩村カントリークラブ前で実証試験に係る委託費で、5目農業農村整備費は災害事業費支弁による人件費の組み替えで、6目農業用施設管理費は緊急雇用対策で、三郷用水路の維持管理及び恵那土地改良区運営補助金で、8目農業集落事業費は繰越金による繰出金の減で、2項1目林業総務費は災害事業費支弁による財源の組み替えで、4目林道新設改良事業費は災害等による崩落土の除去及び林道整備事業の確定で、30ページ、7款1項2目商工業振興費、一般経費は恵那市工業用水導水路修繕工事、及び緊急雇用対策で恵那テクノパーク団地内道路の環境保全対策、企業誘致対策経費は企業立地促進奨励金で、3目観光費は緊急雇用対策で、日本大正村誘客促進業務委託及び観光地整備業務委託で、8款2項1目道路橋りょう総務費は道路災害事業支弁の人件費の組み替えで、3目道路橋りょう新設改良費は財源の組み替えです。32ページ、4項1目都市計画総務費、都市計画推進費は正家第2地区のまちづくり基本調査委託で、恵那地区まち並み整備事業費はまちなか多目的防災広場利活用検討委員会及び整備事業の確定によるもので、景観計画策定経費は景観づくり計画策定の新規採択で、2目公園費は遊具の設置費で、5目下水道費は事業増に伴う繰出金で、34ページ、5項2目住宅建設費は財源の組み替えで、9款1項2目非常備消防費は2件の公務災害補償で、36ページ、10款教育費、2項小学校費、2目及び3項中学校費2目の学校教育振興費はパソコンのネットワークの設定変更料で、38ページ、5項2目社会教育振興費は人権啓発活動地方委託事業の実績で、7目図書館費は緊急雇用創出事業で、地区公民館図書館の資料整理の委託で、8目市民会館費は施設修繕、6項1目スポーツ振興費はぎふ清流国体推進経費で、6目学校給食費は調理器具備品及び恵那特別支援学校への給食対応のため、山岡学校給食センターの施設修繕と備品購入費で、40ページ、13款1項1目農地災害復旧費は農地7ヵ所の復旧費で、2目農業用施設災害復旧費は3ヵ所の復旧費で、3目林道災害復旧費は15ヵ所の復旧費で、2項1目道路橋りょう災害復旧費は10ヵ所の復旧費で、2目河川災害復旧費は12ヵ所の復旧費であります。44ページに給与費明細書、45ページに地方債に関する調書を添付していますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で議第89号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第90号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算、議第91号・平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算、以上2件について詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) 予算書の47ページをお願いいたします。


 議第90号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,443万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ53億461万8,000円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、48ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 51ページをお願いします。


 歳入からご説明いたします。


 4款2項2目国民健康保険事業国庫補助金486万8,000円の増額は、介護従事者の処遇改善のための介護納付金緩和措置に係る臨時特例交付金及び今回の条例改正に伴う出産一時金の増額に基づき、所要の国庫補助金を計上するものであります。


 10款1項1目一般会計繰入金56万円の増額は、今回の条例改正による出産一時金の増額に伴い、所要額を一般会計から繰り入れるものであります。


 11款1項1目繰越金2,900万2,000円の増額は、平成20年度事業の決算によるものでございます。


 52ページをお願いします。


 歳出であります。


 2款4項1目出産育児一時金168万円の増額は、10月実施の出産一時金の増額について1人当たり4万円、42名分を見込むものであります。


 53ページをお願いします。6款1項1目介護納付金402万8,000円の増額は、介護従事者の処遇改善のため、支払基金に対する所要の介護納付金を見込むものでございます。


 54ページをお願いします。9款1項1目国民健康保険給付基金積立金772万1,000円の増額は、平成20年度の精算に基づくものでございます。


 55ページをお願いします。10款1項5目償還金2,100万1,000円の増額は、平成20年度の退職者医療療養給付費交付金、療養給付費等負担金の精算に伴い所要額を計上するものであります。


 以上で議第90号の説明を終わります。


 次に、57ページをお願いいたします。


 議第91号・平成21年度恵那市介護保険特別会計補正予算(第3号)について、ご説明いたします。


 今回の補正は、事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,405万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ40億3,134万2,000円とするものであり、サービス事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ405万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億5,749万8,000円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、58ページの「第1表 歳入歳出予算補正(事業勘定)」及び59ページの「第2表 歳入歳出予算補正(サービス事業勘定)」によるものであります。


 63ページをお願いします。


 歳入からご説明いたします。


 7款1項1目一般会計繰入金186万1,000円の減額は、介護認定事務費の過年度精算によるものなどでございます。


 2項1目介護保険給付基金繰入金3,027万3,000円の減額は、平成20年度介護保険給付費用の精算により、基金からの繰り入れを取りやめるものであります。


 8款1項1目繰越金8,411万5,000円の増額は、平成20年度事業の精算によるものでございます。


 9款2項3目雑入207万1,000円の増額は、介護認定事務費過年度精算による剰余金であります。


 64ページをお願いします。


 事業勘定の歳出であります。


 1款3項1目介護認定事業は、過年度分介護認定事務費の精算による財源の変更であります。


 65ページをお願いします。2款1項1目介護サービス等諸費、そして70ページまであるかと思いますが、66ページの2項1目介護予防サービス等諸費、67ページの3項1目審査支払手数料、68ページの4項1目高額介護サービス等費、69ページの5項1目高額医療合算介護サービス等費、そして70ページの6項1目特定入所者介護サービス等費、これらはいずれも平成20年度介護保険給付費用の精算による基金からの繰入金の減額に伴い、財源変更を行うものであります。


 次の71ページをお願いします。3款2項1目地域包括支援センター21万円の増額、これは制度改正に伴うシステム更新経費であります。


 72ページをお願いします。4款1項1目介護保険給付基金積立金469万2,000円の増額は、平成20年度事業の精算に伴い、積み立てを行うものでございます。


 73ページをお願いします。5款1項1目第1号被保険者保険料還付金141万2,000円の増額は、過年度事業の実績により補正をお願いするものでございます。


 3目償還金4,773万8,000円の増額は、これも過年度精算による国・県への返還金でございます。


 次に77ページをお願いします。


 サービス事業勘定の歳入でございます。


 1款1項1目居宅介護サービス費収入257万4,000円の減額、2目施設介護サービス費収入1,432万円の減額、3項1目自己負担金収入103万2,000円の減額は、いずれも特別養護老人ホーム福寿苑の介護報酬の過誤調整によるものであり、対象者数は述べ人数で362人となっております。


 次の3款1項1目一般会計繰入金1,202万7,000円の増額は、過誤調整に伴う一般会計からの繰入金でございます。


 4款1項1目繰越金995万2,000円の増額は、過年度事業の精算によるものであります。


 78ページをお願いします。


 サービス事業勘定の歳出であります。


 1款1項1目一般管理費405万3,000円の増額は、11節の需用費は福寿苑の空調機器の修繕、18節は事務用備品の購入経費、これらのほか23節で介護報酬の過誤調整がございまして、170人分の施設利用者自己負担金返還金を計上しております。


 以上で議第91号の説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第92号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算について詳細説明を求めます。


 南整備事務所長・古山敦啓君。


           (南整備事務所長・古山敦啓君 登壇)


○南整備事務所長(古山敦啓君) それでは、補正予算書及び説明書の79ページをお願いいたします。


 議第92号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,170万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億6,775万3,000円とするものでございます。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、80ページ「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 83ページをお願いいたします。


 歳入のご説明をいたします。


 1款2項1目簡易水道負担金の負担金501万円の増額は県道恵那八百津線改良に伴う飯地簡易水道支障管工事に対する県からの負担金を計上するもので、5款1項1目一般会計繰入金371万3,000円の増額は県道の支障管工事に伴う一般会計からの繰入金の増で、2項1目簡易水道基金繰入金200万円の増は、県道久保原阿木線に排水管を布設するため簡易水道基金を繰り入れるもので、6款1項1目繰越金97万7,000円の増額は前年度繰越金の確定によるものでございます。


 84ページをお願いいたします。


 歳出のご説明をいたします。


 2款1項3目岩村町簡易水道建設費200万円の増額は県道久保原阿木線改良に伴う排水管布設工事費を計上するもので、7目飯地町簡易水道建設費970万円の増額は県道恵那八百津線改良に伴います支障管工事費を計上するものでございます。


 以上で議第92号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第93号・平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算について詳細説明を求めます。


 水道環境部長・大嶋晋一君。


            (水道環境部長・大嶋晋一君 登壇)


○水道環境部長(大嶋晋一君) それでは、補正予算書の85ページをお願いいたします。


 議第93号・平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)のご説明をいたします。


 今回の補正は、歳入予算の補正でございます。歳入予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」によるものです。


 88ページをお願いいたします。


 歳入を説明いたします。


 4款1項1目一般会計繰入金の増額でございます。5款1項1目繰越金の同額の減額でございます。


 歳出をお願いいたします。


 1款1項1目一般管理費でございます。財源の更正をするものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第94号・平成21年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算についての詳細説明を求めます。


 建設部長・柘植健治君。


             (建設部長・柘植健治君 登壇)


○建設部長(柘植健治君) 補正予算書及び説明書の91ページをお願いいたします。


 議第94号・平成21年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)について説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ193万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,613万3,000円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、92ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 95ページをお願いいたします。


 歳入から説明いたします。


 4款1項1目繰越金193万3,000円の増額は、前年度繰越金の算入であります。


 96ページをお願いいたします。


 歳出について説明いたします。


 1款1項1目駐車場管理費193万3,000円の増額は、委託料といたしまして駅西駐車場の施設管理委託料及び積立金として駐車場施設整備基金積み立てに178万3,000円を計上いたしました。


 以上で議第94号・平成21年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)について説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第95号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算について詳細説明を求めます。


 水道環境部長・大嶋晋一君。


            (水道環境部長・大嶋晋一君 登壇)


○水道環境部長(大嶋晋一君) それでは、補正予算書の97ページをお願いいたします。


 議第95号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)のご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,784万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億2,466万8,000円とするものでございます。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、98ページ「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。


 地方債の補正は、99ページ「第2表 地方債補正」によるものです。


 103ページをお願いいたします。


 歳入でございます。


 3款1項1目下水道事業費国庫補助金は追加内示費によるものでございます。6款1項1目一般会計繰入金は、事業費に充当するものでございます。7款1項1目繰越金は前年度繰越金でございます。9款1項1目下水道債は組み替え及び事業費に充当するものでございます。


 次ページをお願いいたします。


 歳出でございます。


 1款1項1目一般管理費は繰越金の計上による財源の更正でございます。1款2項3目特環恵南地区維持管理費は、恵南クリーンセンターあおぞらの3月末の廃止に伴い、ごみ貯留量を減少させるため、焼却処分からセメント原料へ変更するための委託費の組み替え及び増額でございます。


 次ページをお願いいたします。


 2款1項1目公共奥戸処理区建設事業費は、処理計画策定の委託の組み替えによるものでございます。2目特環恵那峡処理区建設事業費は、工事の増によるものでございます。3目特環竹折処理区建設事業費は、工事の減によるものでございます。5目特環明智処理区建設事業費は、工事の増及びし尿の下水道投入計画策定によるものでございます。


 なお、108ページに地方債の調書を添付しておりますので、お目通しをお願いいたします。


 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第96号・平成21年度恵那市遠山財産区特別会計補正予算についての詳細説明を求めます。


 山岡振興事務所長・桜井広美君。


           (山岡振興事務所長・桜井広美君 登壇)


○山岡振興事務所長(桜井広美君) それでは、補正予算書の109ページをお願いいたします。


 議第96号・平成21年度恵那市遠山財産区特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 歳入予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、110ページの「第1表 歳入予算補正」によるものでございます。


 112ページをお願いいたします。


 歳入につきましてでございますけれども、2款1項1目遠山財産区基金繰入金の減額でありまして、3款1項1目繰越金の増額につきましては前年度繰越金の額の確定によるものでございます。


 以上で議第96号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第97号・平成21年度恵那市上財産区特別会計補正予算についての詳細説明を求めます。


 上矢作振興事務所長・熊田惠二君。


          (上矢作振興事務所長・熊田惠二君 登壇)


○上矢作振興事務所長(熊田惠二君) それでは、補正予算書の113ページをお願いいたします。


 議第97号・平成21年度恵那市上財産区特別会計補正予算(第1号)について、ご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ48万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ148万4,000円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、114ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。


 117ページをお願いします。


 歳入のご説明をいたします。


 2款1項1目基金繰入金5万円の減額につきましては、基金の取り崩しの減でございます。3款1項1目繰越金53万4,000の増額につきましては、前年度の繰越金の額の確定によるものでございます。


 次に118ページをお願いします。


 歳出のご説明をいたします。


 1款1項1目一般管理費48万4,000円の増額につきましては、流木売り払い代金の過誤納付に係る還付金でございます。


 以上で議第97号の説明を終わります。よろしくお願いします。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第98号・平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算について詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) 補正予算書の119ページをお願いします。


 議第98号・平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計予算(第1号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ185万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億8,405万7,000円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、120ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。


 123ページをお願いします。


 歳入からご説明いたします。


 5款1項1目繰越金185万7,000円の増額は、前年度繰越金であります。


 124ページをお願いします。


 歳出であります。


 2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金185万7,000円の増額は、平成20年度決算に伴う岐阜県の後期高齢者医療広域連合に対する納付金であります。


 以上で議第98号の説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) ここでお諮りをいたします。議第85号及び議第89号から議第98号まで、以上11件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本11件については委員会の付託を省略することに決しました。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 次に、地方自治法第243条の3第2項の規定により、市の出資等に係る法人の経営状況を説明する書類として、大正ロマン株式会社から提出されております。その書類をお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) ここでお諮りをいたします。議事の都合により、9月10日から9月29日までの20日間を休会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、9月10日から9月29日までの20日間は休会とすることに決しました。


 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。


                午後0時08分 散会


 ───────────────────────────────────────────────


    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





            恵那市議会





            議     長      伊 東 靖 英





            署名議員     3番  纐 纈   満





            署名議員    19番  西 尾 公 男