議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 恵那市

平成21年第1回定例会(第5号 3月24日)




平成21年第1回定例会(第5号 3月24日)





         平成21年第1回恵那市議会定例会会議録〔第5号〕


                                 平成21年3月24日


 ────────────────────────────────────────


 
 議 事 日 程(第5号)


                        平成21年3月24日(火)午前10時開議


  第 1        会議録署名議員の指名


  第 2        議第1号から議第25号及び議第37号から議第51号まで


             一括上程


  第 3        議第52号から議第54号まで一括上程


  第 4        議会第1号 地方分権改革における国の出先機関の統廃合に


             関する意見書


 ────────────────────────────────────────


1 本日の会議に付した事件


 議 事 日 程(第5号)


  日程第 1       会議録署名議員の指名


  日程第 2 議第 1号 恵那市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正に


              ついて


        議第 2号 恵那市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について


        議第 3号 恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部改正に


              ついて


        議第 4号 恵那市職員の給与に関する条例の一部改正について


        議第 5号 恵那市基金条例の一部改正について


        議第 6号 恵那市認可地縁団体の印鑑の登録及び証明に関する条例の


              一部改正について


        議第 7号 恵那市国民健康保険条例の一部改正について


        議第 8号 恵那市子育て支援拠点施設設置条例の一部改正について


        議第 9号 恵那市介護保険条例の一部改正について


        議第10号 恵那市分担金等徴収条例の一部改正について


        議第11号 恵那市企業等立地促進条例の一部改正について


        議第12号 エコセンター恵那条例の一部改正について


        議第13号 恵那市リサイクルセンター条例の一部改正について


        議第14号 恵那市恵南クリーンセンターあおぞら条例の一部改正につ


              いて


        議第15号 恵那市体育施設条例の一部改正について


        議第16号 指定管理者の指定について


        議第17号 指定管理者の指定について


        議第18号 指定管理者の指定について


        議第19号 指定管理者の指定について


        議第20号 指定管理者の指定について


        議第21号 指定管理者の指定について


        議第22号 指定管理者の指定について


        議第23号 市道路線の廃止について


        議第24号 市道路線の認定について


        議第25号 辺地に係る総合整備計画の変更について


        議第37号 平成21年度恵那市一般会計予算


        議第38号 平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計予算


        議第39号 平成21年度恵那市老人保健医療特別会計予算


        議第40号 平成21年度恵那市介護保険特別会計予算


        議第41号 平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計予算


        議第42号 平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計予算


        議第43号 平成21年度恵那市駐車場事業特別会計予算


        議第44号 平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計予算


        議第45号 平成21年度恵那市遠山財産区特別会計予算


        議第46号 平成21年度恵那市上財産区特別会計予算


        議第47号 平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計予算


        議第48号 平成21年度恵那市水道事業会計予算


        議第49号 平成21年度恵那市病院事業会計予算


        議第50号 平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計予算


        議第51号 平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計予算


  日程第 3 議第52号 平成20年度恵那市一般会計補正予算


        議第53号 平成20年度恵那市介護保険特別会計補正予算


        議第54号 恵那市副市長の選任について


  日程第 4 議会第1号 地方分権改革における国の出先機関の統廃合に関する意見


              書


 ────────────────────────────────────────


1 出 席 議 員


     1番  安 藤 直 実 君       2番  鵜 飼 伸 幸 君


     3番  纐 纈   満 君       4番  後 藤 康 司 君


     5番  林   忠 義 君       6番  小 澤 建 男 君


     7番  町 野 道 明 君       8番  畑 村 眞 吾 君


     9番  堀 井 文 博 君      10番  荒 田 雅 晴 君


    11番  堀   光 明 君      12番  伊 藤 桂 子 君


    13番  水 野 功 教 君      14番  伊 東 靖 英 君


    15番  勝   滋 幸 君      16番  堀     誠 君


    17番  柘 植   羌 君      18番  光 岡 克 昌 君


    19番  西 尾 公 男 君      20番  鈴 木 清 司 君


    21番  伊佐地 良 一 君      22番  柘 植 弘 成 君


    23番  渡 邊 鈴 政 君      24番  藤   公 雄 君


 ────────────────────────────────────────


1 欠 席 議 員


    な し


 ────────────────────────────────────────


1 説明のため出席した者の職氏名


    市     長    可 知 義 明 君


    副  市  長    三 宅 良 政 君


    総 務 部 長    林   茂 信 君


    企 画 部 長    藤 原 由 久 君


    市民福祉部長     大 島 博 美 君


    医療管理部長     堀   恒 夫 君


    経 済 部 長    大 嶋 晋 一 君


    建 設 部 長    柘 植 健 治 君


    水道環境部長     荻 山 清 和 君


    会計管理者      山 田 賢 悟 君


    南整備事務所長    夏 目 善 市 君


    経済部参事      石 川 柳 平 君


    建設部調整監     小 森 富 雄 君


    岩村振興事務所長   大 嶋 正 己 君


    山岡振興事務所長   桜 井 広 美 君


    明智振興事務所長   河 越 一 男 君


    串原振興事務所長   澤 田 幸 三 君


    上矢作振興事務所長  荻 山 岩 雄 君


    教育委員長      伊 藤 保 直 君


    教  育  長    西 尾 教 行 君


    教 育 次 長    西 部 良 治 君


    教 育 次 長    山 田 恵 市 君


    消  防  長    伊 藤 政 治 君


    代表監査委員     市 岡 孝 之 君


    監査委員事務局長   丸 山 年 道 君


 ────────────────────────────────────────


1 職務のため出席した事務局職員


    議会事務局長     伊 藤 常 光 君


    議会事務局次長    原 田 一 宏 君


    議会事務局書記    山 田 英 正 君


    議会事務局書記    西 尾 克 子 君


    議会事務局書記    三 田 理 広 君


 ────────────────────────────────────────


                午前10時00分 開議


○議長(伊東靖英君) 皆さん、おはようございます。


 これより本日の会議を開きます。


 日程に入る前に、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本日説明のため出席する旨報告のありました者を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ごらん願います。


 次に、地方自治法第180条の規定により、報第3号・専決処分の報告について(専第3号 和解及び損害賠償の額を定めることについて)、報第4号・専決処分の報告について(専第4号 和解及び損害賠償の額を定めることについて)、以上2件について報告がありましたので、お手元に配付しておきましたから、お目通しをお願いします。


 以上で諸般の報告を終わります。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、9番・堀井文博君、23番・渡邊鈴政君を指名いたします。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第2 議第1号から議第25号及び議第37号から議第51号までの40件を一括上程し、議題といたします。


 議第16号から議第22号及び議第37号から議第51号までの22件につきましては、今定例会の初日においてそれぞれ所管の常任委員会に審査が付託してあります。よって、その審査結果について、各委員長に報告を求めます。


 初めに、総務文教委員長・堀井文博君。


           (総務文教委員長・堀井文博君 登壇)


○総務文教委員長(堀井文博君) 先般行われた恵那市議会総務文教委員会付託事件審査結果を報告します。


 本委員会に付託されている事件は、審査の結果次のとおり決定をしたから、恵那市議会会議規則第102条の規定により報告します。


 事件の番号、件名、審査結果。議第16号・指定管理者の指定について、可決すべきもの。


 議第20号・指定管理者の指定について、可決すべきもの。


 議第21号・指定管理者の指定について、可決すべきもの。


 議第22号・指定管理者の指定について、可決すべきもの。


 議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算(歳入歳出所管部分)、可決すべきもの。


 議第45号・平成21年度恵那市遠山財産区特別会計予算、可決すべきもの。


 議第46号・平成21年度恵那市上財産区特別会計予算、可決すべきもの。


 平成21年3月24日、総務文教委員長・堀井文博。恵那市議会議長・伊東靖英様。


 本委員会が今定例会において審査の付託を受けた7件について、去る3月5日、委員会を開催し、審査いたしました。その結果、委員会審査結果報告書のとおり、7件とも原案のとおり可決すべきものと決しました。


 執行部の説明は3月2日の本会議において行われていることから、これを省略して審査いたしました。


 委員の質疑とこれに対する答弁の主なものは、次のとおりです。


 議第16号・指定管理者の指定について(山岡ケーブルテレビ放送センター等)を審査いたしました。


 山岡ケーブルテレビ、串原ケーブルテレビの供用開始はいつからかとの質疑には、平成17年の4月1日から供用開始をしているとの答弁がありました。


 山岡ケーブルテレビ、串原ケーブルテレビの負担金返還の内容はとの質疑には、ケーブルテレビの整備は合併協議の中で合意されており、恵那市一円の一つの施設とすることで平成21年の3月31日までの加入負担金0円としており、市民の負担の均衡化を図るため加入負担金を還付する。加入負担金は、山岡町では10万円、5万円、3万円の3段階、串原では3万円となっているとの答弁がありました。


 条例での施設はスタジオだけを言うのか、回線までを言うのか、その定義を確認したいとの質疑には、施設にはスタジオの設備、建物管理、配線の管理が入っているとの答弁がありました。


 アミックスの管理体制はとの質疑には、アミックスの管理体制は職員が6名と臨時が2名の合計8名で、当初と比べて職員の数は充実してきており、十分管理運営ができるとの答弁がありました。


 お悔やみ放送など、指定管理が入ると守秘義務などは大丈夫なのかとの質疑には、お悔やみ放送は各振興事務所の中での放送ということになり、放送法により放送を行い、情報をほかに漏らすということはないとの答弁がありました。


 お悔やみ放送を行う機器の管理責任の区分はとの質疑には、音声告知器は市が管理をすることになっているとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第16号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第20号・指定管理者の指定について(山岡弓道場等)を審査いたしました。


 弓道場には常駐して管理している人がいるか、身分は日々雇用なのかとの質疑には、弓道場は明智、山岡、上矢作にあり、管理は恵那市体育連盟の加盟団体である弓道連盟が従前から管理を行っている。1名の兼務は体育連盟の職員で、常駐しているというわけではないとの答弁がありました。


 学校が使うことについて、申し込みや管理の施設設置者、市との関係は変わるのかとの質疑には、現在も市から弓道連盟に実際委託しており、それが体育連盟にかわるということで何ら今と変わらないとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第20号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第21号・指定管理者の指定について(明智B&G海洋センター等)を審査いたしました。


 質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第21号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第22号・指定管理者の指定について(上矢作プール)を審査いたしました。


 プールの事故について賠償責任があるが、プール監視がアルバイトということだが、事故の監視等、早急な救出にふだんから備えられているのかとの質疑には、体育連盟では、施設運営担当1名について、B&G認定指導者でアクアインストラクターの資格を持っている方に管理の方を専門的な取り組みとしてお願いをするとの答弁がありました。


 上矢作プールの条例では、料金を無料にすることができるか、また料金は指定管理者が決められるようになっているかとの質疑には、料金は条例の定める料金であり、減免措置等は市長の権限となっているとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論を行いました。


 上矢作には学校プールがない。その権益を合併したことによって奪われるというようなことでは、恵那市に住んでよかったという子どもたちの思いにこたえられるものではない。よって、この条例については、賛成することはできない。


 以上で討論を終結し、採決の結果、賛成多数で議第22号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算(歳入歳出所管部分)を審査いたしました。


 法人市民税、固定資産税について、大崎地区の区画整理による費用対効果はとの質疑には、大崎土地区画整理の費用対効果は、固定資産税の土地については、主に田んぼが宅地になったことなどで都市計画税を含めて2,000万円ほど増えている。建物については、店舗等が新しくできており、都市計画税含めて1,680万円ほど増えた。ほかには、店舗ができた関係で法人市民税が、また土地を貸す不動産所得により個人の市民税が増えるという費用対効果が考えられるとの答弁がありました。


 地方交付税について、恵那市の人口が減り、当然基準財政需要額が変わって交付税が減ってくると思うがどうかとの質疑には、人口は国勢調査人口を使っており、現在の国勢調査人口は平成17年の5万5,761人という数字を5年間使う。次の国勢調査は平成22年に予定されており、それ以降人口による測定単位が変わってくるとの答弁がありました。


 シアター恵那の基金の積み立ては少し増えているが、最近の競馬組合の状況はとの質疑には、予算は18年度、19年度の伸び率で計上している。例えば入場者数は5.1%アップ、発売金額も9.6%アップしていること等から、今回のシアター積立金999万9,000円はそれらと利息を含めたものであるとの答弁がありました。


 一般職員研修事業費に関して、研修の事業内容はとの質疑には、職員研修の内容は、専門研修、県との人事交流に係るもの、特別研修で勤務評定、職員の接遇研修、悩む職員のためのメンタルヘルス研修、管理職の研修、意識改革の研修など研修計画をつくって行っている。特に今回、岐阜県市町村職員研修センターへの職員派遣により少し多くなっているとの答弁がありました。


 企画費の総合計画推進経費で330万円ほど増えているが、その内容はとの質疑には、21年度は総合計画の後期基本計画を策定するため、計画の策定支援業務委託の委託料が増額になっている。例えば計画策定のための基礎調査、ワーキング会議の運営、計画書の執筆の補助といった経費が主なものであるとの答弁がありました。


 庁舎の工事費で、工事請負費2,500万円が旧消防署の取り壊しに予算が計上してあるが、跡地についてはどのように考えているか。将来的な跡地利用と借地に関する考え方はとの質疑には、21年度予算で取り壊し費用を計上しており、取り壊し更地にして所有者にお返しすべき。今後、地権者の意向を伺い、当面暫定的に来庁者駐車場という選択肢や、交渉の結果、取得できる見込みがあれば、まちづくり計画の後期計画に庁舎用地としての活用も視野に入れながら、今後検討していきたいとの答弁がありました。


 財産管理費で、使用料及び賃借料2,689万5,000円が計上してあるが、これは市の施設の土地借上料だと思うが、どこの施設か。面積、平均的な単価はどのぐらいかとの質疑には、財産管理費の借上料2,665万8,000円の中には、庁舎維持管理経費としての器具借り上げ料が899万5,000円、残りが約1,766万3,000円で土地借上料となる。主なものは、第3庁舎、第1駐車場、周辺の駐車場用地の借り上げが15件、面積的には約8,800平米、単価的には平米当たり1,414円から、高いもので2,274円であるとの答弁がありました。


 地権者は何人ぐらいで、将来的な買収という方向は難しいかとの質疑には、取得の努力を続けていく。財産管理費にのっている地権者は、すべてで18件、庁舎周辺で14人になるとの答弁がありました。


 広報広聴費の放送運営事業費の具体的な中身はとの質疑には、放送経費の中身はケーブルテレビを活用した効果的な市政情報の提供をアミックスへ委託するもので、具体的な事業概要は、コミュニティーチャンネルによる文字放送、市政テレビ番組の制作と放送で年間46本を予定している。そのほか音声告知器のアナウンスもアミックスに委託しているとの答弁がありました。


 総務管理費の防災諸費で防災行政無線整備事業費が3億2,900万円計上されており、工事請負費に3億2,200万円ほどあるが、事業の中身はとの質疑には、防災行政無線は、平成19年度から3ヵ年の継続事業で、総事業費は8億3,107万5,000円となる。内容は、串原の中山に中継局を1基、各振興事務所に設置する遠隔制御装置の操作卓を山岡、明智、串原の計3台、屋外拡声子局100局を設置するほか、個別受信機34基を避難所に設置するとの答弁がありました。


 旧町村の放送設備は順次廃止していく方向なのか。個別受信機を残してほしいという声をたくさん聞いているとの質疑には、合併前の各市町村が使用していたアナログ系の防災行政無線はデジタル化するため使用できなくなり、機器等はすべて一新するということになる。個別受信機も当然アナログ系で使用することができませんので、恵那南地区の個別受信機はなくなる。ただ、音声告知器と連動させて対応していくとの答弁がありました。


 選挙啓発費は大変金額が少ないが、県知事選挙の反省点も踏まえて、衆議院選挙における選挙の啓発、特に投票率の向上についてはどのような考えを持っているかとの質疑には、選挙啓発費は、非常に若者の投票率が低い関係で、20歳になった有権者に成人式に物品等配って選挙啓発をしている。衆議院選挙費に啓発の予算を盛っているが、告知放送が充実しているので、告知放送を通じて期日前投票を呼びかけていきたいとの答弁がありました。


 北分署についての具体的な予算措置は、またAEDが川北地区の公共施設のすべてに設置されているかとの質疑には、北分署については市民の皆さんからご意見を伺いながら総合計画の後期実施計画の中で検討をしていく。AEDの配置は、笠周地域で笠置町では振興事務所、公民館、恵那北中学校の3ヵ所、中野方町では、中野方コミュニティーセンター、中野方保育園、中野方小学校、十全堂医院、上近藤医院の5ヵ所、飯地町では、飯地公民館、飯地小学校、飯地保育園、国保飯地診療所の4ヵ所、計12ヵ所に設置がしている。恵那市全体として公の施設には、ほぼ設置が完了しているとの答弁がありました。


 救急活動経費について、救急活動でたらい回しはあるか、また救急活動に対する体制は恵南を含めてどのようになっておるのかとの質疑には、救急体制は、5台の高規格救急車で市民を搬送しており、医療機関は市立恵那病院、上矢作病院へ主に搬送している。医療機関のたらい回しは現在一件もないとの答弁がありました。


 教育振興費の遠距離通学等対策事業費でスクールバス運行管理経費があるが、スクールバスの運行委託について燃料費を踏まえての委託契約となっているが、燃料費は行政が別に持つべきものであって、あくまでもバス運行のみの委託契約にすべきだと思うが、どうかとの質疑には、上矢作でバス2台を委託しており、この委託契約の中では、落札業者が請負に使用する車両燃料については、燃料が高騰しても契約変更は認めないという特記仕様書になっている。昨年のような大幅な高騰の場合は、今後検討すべきことだとは考えているとの答弁がありました。


 文化財保護経費で、武並神社改修工事の経費と国・県・市の補助金内容はとの質疑には、大井町の武並神社は、平成19年度から22年度までの4ヵ年計画で改修を行っており、事業費は当初計画2億1,000万円で予定している。平成21年度は主に組み立てと屋根工事を施行し、工事費は9,000万円で、負担割合は国が80%で7,200万円、県が6%で540万円、残りの14%を恵那市と所有者の神社が各7%ずつ負担し、額は各630万円となるとの答弁がありました。


 市民三学運動啓発事業について、この運動についての説明と啓発事業の内容はとの質疑には、市民三学運動の啓発事業費については、生涯学習都市宣言を進めるための経費で、その一つは生涯学習都市宣言と推進計画の検討市民委員会の報酬、そのほかに各地区での市民三学塾の開催費、小講演の謝礼、パンフレット等の印刷製本費を計上しているとの答弁がありました。


 学校給食費について、財源を親に求めるだけでなく、ほかで求めることについて、どういうふうな努力をされたのかとの質疑には、平成18年から122%から124%という上昇分をそのまま給食費に上乗せするのではなく、14%に抑えた。給食賄い費は、学校給食法で定める受益者負担という原則に立っている。準要保護の制度があり、給食費が小学校で年額4万3,500円、中学校で5万円が支給される。昨年度は220名、今年度は235名の方が援助費を受けてみえ、生活に苦しんでみえる方には、この制度の利用を考えているとの答弁がありました。


 スポーツ振興費で、恵那峡ハーフマラソン開催経費が668万1,000円、大正村クロスカントリー開催経費が176万円と、予算計上で492万1,000円ほどの差があるがなぜかとの質疑には、恵那峡ハーフマラソンは運営委託料と補助金という内訳があり、運営委託料は人件費等で465万6,000円、補助金は202万5,000円で、トータル668万1,000円となっている。大正村クロスカントリーの運営委託料は50万円、補助金は126万円となっており、比較して運営委託料で400万円ほどの開きがあるとの答弁がありました。


 地方債の利率について4.8%以内となっているが、現在においては何%かとの質疑には、平成21年度の地方債の借入利率4.8%以内としているが、現在の政府資金、財政融資資金の金利は一番低いものが1.5%から高いものが2.4%という金利であり、一番高いものが一般会計出資債で2.4%程度であり、4.8%は安全を見て2倍を設定しているとの答弁がありました。


 地方債で、縁故債と政府の起債の関係はどうかとの質疑には、合併特例債が縁故債で借りており、借入期間の長いもので15年借り入れの3年据え置きというものが利率は1.7%、短いもので9年の1年というものが1.35%とであるとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、賛成多数で議第37号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第45号・平成21年度恵那市遠山財産区特別会計予算を審査いたしました。


 質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第45号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第46号・平成21年度恵那市上財産区特別会計予算を審査いたしました。


 質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第46号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、本委員会に付託された事件の審査結果報告といたします。


○議長(伊東靖英君) 次に、市民福祉委員長・西尾公男君。


           (市民福祉委員長・西尾公男君 登壇)


○市民福祉委員長(西尾公男君) 恵那市議会市民福祉委員会付託事件審査結果報告書。


 本委員会に付託されている事件は、審査の結果次のとおり決定したから、恵那市議会会議規則第102条の規定により報告いたします。


 事件の番号、件名、審査結果。議第17号・指定管理者の指定について、可決すべきもの。


 議第18号・指定管理者の指定について、可決すべきもの。


 議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算(歳入歳出所管部分)、可決すべきもの。


 議第38号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計予算、可決すべきもの。


 議第39号・平成21年度恵那市老人保健医療特別会計予算、可決すべきもの。


 議第40号・平成21年度恵那市介護保険特別会計予算、可決すべきもの。


 議第47号・平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計予算、可決すべきもの。


 議第49号・平成21年度恵那市病院事業会計予算、可決すべきもの。


 議第50号・平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計予算、可決すべきもの。


 議第51号・平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計予算、可決すべきもの。


 平成21年3月24日、市民福祉委員長・西尾公男。恵那市議会議長・伊東靖英様。


 本委員会が今期定例会において審査の付託を受けた10件について、去る3月6日に委員会を開催し、審査いたしました。


 その結果、委員会審査結果報告書のとおり、10件とも原案のとおり可決すべきものと決しました。


 執行部の説明は3月2日の本会議において行われていることから、これを省略して審査いたしました。


 委員の質疑とそれに対する答弁の主なものは次のとおりです。


 議第17号・指定管理者の指定について(城ヶ丘保育園)を審査いたしました。


 説明会に参加した法人がどのくらいあったかとの質疑には、現地説明会には8法人の参加があった。状況を説明し、応募をお願いした結果、3法人から応募があったとの答弁がありました。


 城ヶ丘保育園の臨時保育士が希望すれば、法人に正規保育士として雇用されるのかとの質疑には、法人が職員採用の希望を出したら応募するのかなどのアンケートの結果、大多数が働きたいとの意向であった。法人側に意向を説明し、要望に沿うような形での対応をしたいと返事があったとの答弁がありました。


 法人は、御嵩町から移譲を受けて保育園の運営をされているが、移行期間などに保護者、子どもの保育についてのトラブルはなかったのかとの質疑には、御嵩町へ確認したが、心配するようなトラブルもなく、順調に進んでいると回答があったとの答弁がありました。


 荻須学園は幼稚園経営の実績が長く、教育的な視点でスイミング、リトミック、絵画、英語の分野を一生懸命やってみえたと思うが、城ヶ丘保育園は伸び伸びと保育の視点でやっているため、今の体制が運営とうまく調和がとれるのかとの質疑には、公募要領の仕様書に城ヶ丘保育園の今までやってきたことを引き継ぐことを示し、法人も市の方針を引き継ぐと回答され、問題ないと思う。法人側へは、保育士、保護者と一緒になって城ヶ丘保育園のやり方を引き継ぎすることを考えているとの答弁がありました。


 仕様書に運営委員会を設置するとあるが、運営委員会は定期的に行われるのか。また、第三者評価の評価時期はいつかとの質疑には、運営委員会は、新たに提案し、引き継ぎ期間中に設置をすることを考えている。開催は、基本的に夏休み、運動会、クリスマス会等の大きな行事の前に、保護者に負担がない程度に年4回ぐらいを予定している。第三者評価事業は、移行期間中に荻須学園が現在運営している保育園か幼稚園の運営評価をする。移行後は、年1回、城ヶ丘保育園の第三者評価事業を行う予定でいるとの答弁がありました。


 名古屋市にある荻須学園が恵那市の文化を理解できたのかとの質疑には、多治見市、御嵩町で幼稚園、保育園の運営をしているため、東濃の風土も理解してみえる。城ヶ丘保育園のやり方を積極的に法人へ伝え、引き継いでいくよう努めるとの答弁がありました。


 城ヶ丘保育園の指定管理者制度導入に反対の請願を提出された保護者には納得してもらえたのかとの質疑には、請願を提出したことで福祉が動いていただけたことに感謝すると言われ、ご理解いただけたと思うとの答弁がありました。


 総会、説明会において保護者の意見はあったのかとの質疑には、市の考え方の確認や説明会での要望が守られているのか、どのように仕様書に生かされているのかなど、積極的な意見があったとの答弁がありました。


 恵那市では、保育園の指定管理者制度をいつから検討してきたのかとの質疑には、行財政改革策定時に市立保育園のあり方が検討され、18年3月に計画書ができ、指定管理者制度導入を検討してきたとの答弁がありました。


 仕様書に看護師の配置があるが、どのような場合に配置されるのかとの質疑には、児童福祉法の最低基準に、ゼロ歳児を6人以上受け入れている施設は看護師の配置が望ましいと定められており、城ヶ丘保育園は9人から10人のゼロ歳児の受け入れがあるため、現在も看護師1名を配置している。今後もゼロ歳児の受け入れをするため、仕様書にも看護師の配置を義務化しているとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、賛成多数で議第17号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第18号・指定管理者の指定について(市立恵那病院)を審査いたしました。


 指定管理料の25億2,884万1,000円の算定の基礎はとの質疑には、診療報酬、業務に係る結果により毎年変わるが、21年度の予算額は、入院が約17億円、外来が約6億円、通所リハビリが5,500万円。今年度から山岡診療所の医師派遣、岩村診療所の耳鼻咽喉科医師の派遣、引き続き串原診療所への内科医の派遣で3,200万円、各種検診、人間ドックの業務が含まれているとの答弁がありました。


 医師の配置は適正であるのかとの質疑には、21年度の医師は18名の予定であり、適正な人員配置で行われているとの答弁がありました。


 地域医療振興協会が全国で運営している病院数は、また、指定管理をしている施設数はどれだけかとの質疑には、直営が5施設、管理委託34施設、指定管理が2施設の41施設であるとの答弁がありました。


 指定管理期間が3年間とあるが、短いのではないかとの質疑には、内部で調整しているが、5年間という意見があるため今後検討していくとの答弁がありました。


 山岡診療所へは常駐で医師派遣ができるのかとの質疑には、医師1名を派遣し、月曜日から金曜日までの常駐を予定しているとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第18号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算(歳入歳出所管部分)を審査いたしました。


 私的契約児は何人を予定しているか。一時保育の使用料はどれくらいかとの質疑には、私的契約児は3人を9ヵ月で見込んでいる。一時保育は預かる時間で換算し、武並、野井、山岡保育園の3園合計で4,476時間の134万円計上しているとの答弁がありました。


 高齢者等生活支援事業費の老人クラブの活動支援事業は、前年度対比の増減はあるのかとの質疑には、老人クラブの支援事業費は、県補助金を受け、新たにシルバー人材センターへ活動推進員を1名雇用するため増額となっている。老人クラブの活動費用は9万4,160円の増額であるとの答弁がありました。


 社会福祉総務費の地域福祉推進経費が減額されているが、その内容はとの質疑には、民生委員協議会からの提案で補助金が減額となった。また、社会福祉協議会の補助金は、人件費の減額であるとの答弁がありました。


 回想法センターの予定事業、事業の利用人数はどのくらいあるのか。また、利用者が減少しているが対応をどのように考えているかとの質疑には、回想法講師による1セット約8回のスクールを行っている。利用人数は21年2月19日現在で2,875人と減少しており、地域の盛り上がりや連携が希薄なところがあり、介護予防における役割、施設、事業運営等を含め議論をしている最中であるとの答弁がありました。


 つどいの広場事業が岩村町で新設されるが、どのような場所に開設されるのか、利用者見込みはどのくらいか、またまちづくりと関連していくような考え方はあるのかとの質疑には、市民団体こぎつねの森が民家を利用し、月、水、金の午前10時から午後3時までの経営予定である。利用者は10組から30組を見込んでいる。地域の熱望を受け開設され、岩村町だけではなくて恵南地域の拠点と考え、育った人材が地域に合った形で提供していくことがいいと考えているとの答弁がありました。


 放課後児童対策事業費は増額になっているが、その内容はとの質疑には、県補助金の単価の見直しがあり、それに伴う増額と、学童保育のないところに季節学童保育の開設をするための増額であるとの答弁がありました。


 大井学童保育は今年度で契約期間が終わるが、今後の計画はとの質疑には、関係機関と協議し、教育委員会、学校長の協力を得て、大井小学校舎の一室を利用して運営していく方向でいるとの答弁がありました。


 高齢者には、インフルエンザの予防接種助成があるが、小・中学生にも助成するような考えはあるのかとの質疑には、高齢者には予防接種法に基づき助成している。小・中学生には、公費の負担は現在考えていないが、経済支援で予防接種の助成をしている自治体もあることから、研究を重ねる必要はあると考えているとの答弁がありました。


 健康増進法保健指導事業の集団健康教育、生活習慣病に関する健康診断を受けられた方は、どのくらいあるのかとの質疑には、特定健診対象者の37%の約3,800人が受診している。年間約50回の教育や健康相談などの地域指導をしているとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、賛成多数で議第37号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第38号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計予算を審査いたしました。


 基金を取り崩して保険料を値上げしないということだが、今後はどうなるのかとの質疑には、新年度から始まる特定健診等のPRを強力に推進し、健康づくりを基礎に医療費の削減、抑制に努めるとの答弁がありました。


 一般被保険者高額療養費が非常に多いが、増額の理由はとの質疑には、制度改正により、一般被保険者の65歳から74歳が対象者となり増額となったとの答弁がありました。


 特定健診を無料にすると受診率が上がり、早期発見、早期治療となり医療費も安くなるが、どのように考えているのかとの質疑には、意識づけという意味も含めて有料にしているが、今後、検討するよう考えているとの答弁がありました。


 健康都市推進費の健康づくり推進事業費にある人間ドックの受診者は何人を見込んでいるのかとの質疑には、250名で計画しているとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、賛成多数で議第38号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第39号・平成21年度恵那市老人保健医療特別会計予算を審査いたしました。


 質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第39号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 ここでお願いをいたします。議第40号に移るわけでございますが、答弁書の議第40号の「号」が抜けておりますので、訂正で記入をお願いいたします。


 議第40号・平成21年度恵那市介護保険特別会計予算を審査いたしました。


 介護予防事業の減額の理由はとの質疑には、生活機能評価検査の対象者を前年度の実績により減少したことによる減額であるとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、賛成多数で議第40号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第47号・平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計予算を審査いたしました。


 徴収費が増額しているが、未納者数と未納額はどのくらいあるのかとの質疑には、未納者は45名、未納額は279万4,200円であるとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第47号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第49号・平成21年度恵那市病院事業会計予算を審査いたしました。


 企業債の利率が2.8%と、ほかと比べると低い利率になっているのはなぜかとの質疑には、医療機器購入等の起債は5年間の短い起債であり、現在の借入利率は1.4%であるが、その2倍に設定したとの答弁がありました。


 嘱託報酬が増額になっているが、どのような業務内容か、また、成果は上がっているのかとの質疑には、主に医師確保のため各方面に働きかけをしている。上矢作病院は、内科医3名、外科医3名の6名体制となっており、今後も医師確保に努めていただくとの答弁がありました。


 恵那病院に病院医療機器のマルチスライス式コンピューター断層装置を導入されるが、この機器はどういうものかとの質疑には、一般的にいうCT装置で、一度に64枚撮影でき、循環器系、心臓、動脈硬化を含めた血管系の診断に有効的であり、特色を生かし、救急医療、循環器医療の充実を図りたいとの答弁がありました。


 未収金の額と件数、長期未収か単年度なのかとの質疑には、上矢作病院の未収金は平成18年度から発生しており101万4,934円、68件。恵那病院は786万8,636円、273件。そのうち平成15年度からの長期は307万1,525円、104件であり、現在3班に分かれて滞納整理を行っているとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第49号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第50号・平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計予算を審査いたしました。


 質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第50号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第51号・平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計予算を審査いたしました。


 山岡診療所の医師がかわるが在職期間と、どのような採用条件で赴任されたのかとの質疑には、嘱託で1年ごとの更新で3年間勤めていただいたとの答弁がありました。


 山岡歯科診療所、上矢作歯科診療所の人件費が高いが適切なのか、また歯科医師の自立をどのように考えているのかとの質疑には、合併前からであり調整ができない。上矢作歯科診療所は借地であり、市が運営しなければ土地返却の条件もあり難しいが、それが解消できれば検討していく余地はある。山岡歯科診療所は地元との協議が必要であり、検討していくとの答弁がありました。


 透析センターの医師、看護師の研修は終わったのか。採算見込みをどのように考えているのかとの質疑には、医師、看護師2名も長期研修、現場研修は終了しているが、引き続き透析の勉強、現場の準備をしている。採算見込みは、月、水、金の午前と午後、また火、木、土の午前の3クールで20人ずつ60人の定員で、全クール稼動し、全職員を配置ができて45人から50人の受け入れが可能になれば採算がとれると考えている。初年度を10人と計画しており、7年ほどで45人の目標に到達すると考えているとの答弁がありました。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第51号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、本委員会に付託された事件の審査結果報告といたします。


○議長(伊東靖英君) 次に、産業環境委員長・柘植弘成君。


           (産業環境委員長・柘植弘成君 登壇)


○産業環境委員長(柘植弘成君) 恵那市議会産業環境委員会付託事件審査結果報告書。


 本委員会に付託されている事件は、審査の結果次のとおり決定したから、恵那市議会会議規則第102条の規定により報告いたします。


 事件の番号、件名、審査結果。議第19号・指定管理者の指定について、可決すべきもの。


 議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算(歳入歳出所管部分)、可決すべきもの。


 議第41号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計予算、可決すべきもの。


 議第42号・平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計予算、可決すべきもの。


 議第43号・平成21年度恵那市駐車場事業特別会計予算、可決すべきもの。


 議第44号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計予算、可決すべきもの。


 議第48号・平成21年度恵那市水道事業会計予算、可決すべきもの。


 平成21年3月24日、産業環境委員長・柘植弘成。恵那市議会議長・伊東靖英様。


 本委員会が今期定例会において審査の付託を受けた7件について、去る3月9日に委員会を開催し、審査いたしました。


 その結果、委員会審査結果報告書のとおり、7件とも原案のとおり可決すべきものと決しました。


 執行部の説明は3月2日の本会議において行われていることから、これを省略して審査いたしました。


 委員の質疑とそれに対する答弁の主なものは次のとおりです。


 議第19号・指定管理者の指定について(岩村地域特産物直売所)を審査いたしました。


 売り上げが非常に厳しく、今年度後半より施設使用料を半額に減免しているが、指定管理者に同じ団体を特定指定した理由はとの質疑には、20年間の組織としての経験を特に重視したとの答弁。


 指定管理期間を5年と設定した理由はとの質疑には、昭和63年に設置されたこの施設は、耐用年数が26年間、施設の保証年限が残り5年間ということも踏まえて指定管理期間を5年間としたとの答弁。


 指定管理をして今後5年間保証するには、未来に向けての営業努力が必要と思うがどうかとの質疑には、現在、組合員や生産者等は3団体20名程度であるが、門戸を開いてさらなる農産物の出荷者を増やすようお願いしているとの答弁。


 今後取り組むに当たっての経営的なビジョンはあるかとの質疑には、基本的な考えが示された事業計画書には、地域で生産する安全な野菜及び地元特産物を安く消費者に提供し、地域の農業振興に寄与するとあるとの答弁。


 指定管理後はどの部署が指導をするのかとの質疑には、道の駅に関連する事業として、地域の特産品等を販売できるシステムをつくっていかなければならないため、今後は経済部が担当するとの答弁。


 以上、質疑を終結し、次の意見がありました。


 農産物直売所は中野方の不動の滝、おばあちゃん市・山岡、そばの郷らっせぃみさと、ラ・フォーレ福寿の里等、人気があるところと交流を密にして、そういうところで学んで発展的に営業してもらうことが大事である。そういった運営をしてもらうよう指導していただきたい。


 次に討論を行いました。その主な内容は次のとおりです。


 この施設は、岩村の地域にとっても、農業振興や地域振興の拠点として大いに育っていっていただきたい。特に地域に密着した指定管理団体になっていただいて、地域の特産物の開発も含めたものを目指しながら地域の発展につなげていくことを条件にして賛成したい。


 以上で討論を終結し、採決の結果、全会一致で議第19号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算(歳入歳出所管部分)を審査いたしました。


 不動産売払収入の中の立木売払収入は、昨年度は大幅な減であったが予定どおり売れるのかとの質疑には、1立米当たり1万5,000円の搬出経費で1,050立方メートル、35ヘクタール分の搬出を見込んでいる。今後は、できるだけ搬出できるように努力したいとの答弁。


 水とみどりの環境保全推進事業費はどのような内容かとの質疑には、恵那市全域の水とみどりの環境保全ということで、現在は生活排水対策として食用油を回収し、BDFにして再利用するブルーリバー作戦等を行っているとの答弁。


 ごみ減量化対策事業費、生ごみ処理機の購入に対する補助金はいつまで続ける予定かとの質疑には、平成11年度から継続して行っており、現在までに約2,280基の補助を行っている。平成11年度には870基ほどの補助があったが、19年度実績では28基ほどに減少しているため、今後は、22年度まで継続し、検討したいとの答弁。


 地球温暖化対策事業費について、太陽光発電システムは今後最も大事な事業になってくると思うが、業者の指定は行われているかとの質疑には、現在、業者の指定はしていないが、なるべくなら市内業者を使っていただきたいと考えているとの答弁。


 じん芥処理施設再整備事業費の1億円の根拠はとの質疑には、地域整備等の要望もあったが、基金という形で地域の方に利用していただくもので、地域の方との話し合いで決定した額であるとの答弁。


 衛生センター統合事業費の中に視察費が盛り込まれているが、恵那市が進めようとするバイオマスファームの実例があるか。今後、視察を考えているのかとの質疑には、衛生センター統合事業の調査委託料を計上している。バイオマス構想が20年度に策定され、その基本方針として、し尿を含めた廃棄物系のリサイクルをバイオマスで検討する。バイオマスファームは恵那市が率先している事業のため、実例はないと認識しているが、今後のし尿の処理方法で施設を新設するのか、また既存の下水処理施設を活用するのかという調査・研究のため、先に進めているところがあれば視察をしたいとの答弁。


 エコセンター恵那の工事請負費について、じんかい処理の維持管理関係でどのような工事が予定されているのかとの質疑には、主に破袋機の歯や破砕機の歯、炭化炉の点検、水槽の中の粉砕ポンプの取りかえなどであるとの答弁。


 学校給食地産地消推進事業費の使い道はとの質疑には、学校給食に地元産の野菜、あるいは県内産の米を使うことにより、岐阜県、JA県中央会、市でそれぞれ3分の1ずつを拠出し、購入費の一部を補助するものであるとの答弁。


 バイオマスタウン活用推進事業費の具体的な内容はとの質疑には、農業・林業・環境の分野のそれぞれの担当課で下水道汚泥等の堆肥化とそれを活用したバイオマスファームの設置、家畜排せつ物による一般農地の地力改善などといったバイオマスタウン構想活用のための計画を策定する費用であるとの答弁。


 農業農村整備事業費、負担金補助及び交付金が前年度比1億1,000万円減になっている理由はとの質疑には、合併以前に土地改良事業の償還金があった。20年度で完了したため減額となっているとの答弁。


 農作物被害対策事業費について、有害鳥獣被害対策協議会を設立するとあるがどのようなものか。また、今後の方策はとの質疑には、20年度から有害鳥獣に対する国の事業が始まった。市内では猿の被害が一番あるということで、20年4月に上矢作町で地域協議会が設置されていたが、20年10月に恵那市全域の有害鳥獣被害対策協議会を設立した。全体の事業費の3分の1を予算計上しているが、残りは国へ予算を要求している。具体的にはモンキードッグの導入を計画しているとの答弁。


 明智林業関連施設管理運営費について、大正の森の管理を大正ロマン株式会社へ常時委託しているが、シルバー人材センターにも委託している。委託は一本化すべきと思うがどうかとの質疑には、作業には、開所以来、管理に精通した地元の方が携わっている。今後もできるだけ続けたいが、関係者と相談しながら改善できるところから改善していきたいとの答弁。


 明智観光関連施設管理運営費の中に文化美術品購入費があるがなぜかとの質疑には、合併に伴い、明智町の観光施設建設基金を恵那市観光施設建設基金として引き継いだ。現在は大正期の展示資料の備品購入の財源ということで、その地域の目的に合った事業に充当しているとの答弁。


 上矢作観光施設管理経費、去年より500万円ほど減っている理由はとの質疑には、モンゴル村のゲルテントの修繕が20年度で終わったため減となっているとの答弁。


 未登記市道対策経費について、現在の未登記市道の進捗状況はとの質疑には、19年度末現在、市道路線には1万3,800筆ある。そのうち未登記が3,270筆程度あり、未処理率が24%、約4分の1がまだ恵那市に所有権が移っていないとの答弁。


 橋りょう防災対策事業費について、橋の補強に関する調査の予定はとの質疑には、調査の目的は橋りょうの長寿命化並びに橋りょうの維持修繕に係る費用をできるだけ縮減するためで、橋りょうの安全性や信頼性を確保するために行うもの。現在、市道として管理している橋りょうは630橋ほどあり、そのうち15メートル以上のもの131橋を今年度調査する。22年度以降、約5年間で補強等の計画を考えたいとの答弁。


 恵那地区まち並み整備事業の内訳はとの質疑には、南北街道踏切工事、御所の前牧田線の家屋移転補償、用地費等、駅前広場整備などであるとの答弁。


 恵那地区まち並み整備事業費について、恵那駅前広場整備の約6,000万円の内訳はとの質疑には、約3分の2がバリアフリー、3分の1が再配置の費用と考えているとの答弁。


 まちなか防災広場は町なかの一等地だが、たまにしか使われていないがどうかとの質疑には、中心市街地が空洞化しているものを再整備して、もう一度恵那市の顔としてにぎわいを取り戻したいと思っている。一、二年のうちに活性化方策とともに再整備の方針を構築したいとの答弁。


 国道19号の交差点改良はどのような工事かとの質疑には、カーマホームセンターから大崎の交差点のところで、都市計画道路の葛沢桑下線が区画整理によって整備できるため、国道19号南側部分を新たに整備し、交差点改良を行うもの。この整備により、国道19号は正家交差点から、さらに西側の跨道橋があるあたりまでが4車線化になるとの答弁。この跨道橋というのは、道路の上にまたがる橋という意味でございます。


 地域住宅交付金事業費について、集合住宅は家賃等を含め、何年で償却する計画かとの質疑には、家賃は国が算定基準を定めており、経過年数や入居者の収入に応じて決まっている。入居者により家賃が違うため、一概に何年で償却するという計画はないとの答弁。


 市営住宅にはオール電化など最新の設備が導入されているところもあり、他の住宅と格差があるがどうかとの質疑には、オール電化は明智の滝坂団地のほか鏡山住宅にもあるが、ガス配管と比べると安全性が高く、高齢者にも優しいということで、安全性に配慮しているとの答弁。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第37号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第41号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計予算を審査いたしました。


 未普及事業費について、達原地区の調査の事業内容はとの質疑には、達原には水源として有望な喉の滝の上の湧水と森ヶ洞の流量調査と水質検査を行う。また電気探査による地下水調査も行い、少しでも早く達原の住民の方に水の手当てができるような方向性を決めていきたい。総合計画のスケジュールでは23年度の後期計画となっているが、方向性が出れば方針を早目に決めて対応していきたいとの答弁。


 経営安定化基金からの繰入金は何かとの質疑には、簡易水道事業債の償還金の一部に充てるものとの答弁。


 飯羽間簡易水道維持管理費がほかの簡易水道と比べて光熱水費が高い理由はとの質疑には、飯羽間の浄水場は普通の砂ろ過池だが、ポンプによる導水費用と、富田の浄水場が膜ろ過の施設で、これらの施設運転の電気料がかかるためとの答弁。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第41号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第42号・平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計予算を審査いたしました。


 質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第42号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第43号・平成21年度恵那市駐車場事業特別会計予算を審査いたしました。


 質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第43号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第44号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計予算を審査いたしました。


 公共奥戸処理区の委託料並びに恵南地区の特環の委託料が軒並み5,000万円から6,000万円増えた理由はとの質疑には、本年4月から包括的民間委託ということで、今まで運転管理をするだけを委託していたが、これからは需用費の薬品費や光熱費も含めて一括で委託をする。今までの需用費が減り、その分委託費が増えているためであるとの答弁。


 以上で質疑を終結し、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第44号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議第48号・平成21年度恵那市水道事業会計予算を審査いたしました。


 質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致で議第48号は原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で本委員会に付託された事件の審査結果報告といたします。


○議長(伊東靖英君) 以上で、各常任委員長の審査結果報告を終わります。


 ただいまから、本22件について1件ごとに委員会審査結果報告に対する質疑を行い、討論から採決まで順次進めてまいります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 初めに、議第16号・指定管理者の指定についてに対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第16号・指定管理者の指定については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第16号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第17号・指定管理者の指定についてに対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 17号、城ヶ丘保育園指定管理の件について、委員長の報告に対して質疑をいたします。


 まとめの報告を今いただきましたが、これにつきましては13ページになります。


 最初に、法人が8法人の参加があったと、いわゆる説明には。しかし、3法人しか応募しなかったというふうなことですが、なぜこのように8法人が3法人しか参加しなかったか、その理由について、当局はどのような考えをしておったのか、それについてお伺いをいたします。


○議長(伊東靖英君) 市民福祉委員長・西尾公男君。


○市民福祉委員長(西尾公男君) お答えいたします。


 委員会におきまして報告を受けましたのは、もう少し説明会が早ければ応募したという意見もありますし、また8法人の中におきまして、恵那市の前にもう1件話があって、その話で行動してしまったという方も見えましたので、今後、この反省といたしまして、もう少し早く説明会等、応募の方法をとるべきということを検討したいという意見をいただきました。


○議長(伊東靖英君) 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 傍聴しておりまして、かなり熱心に委員の方がこの件について議論をされております。今、委員長の報告もありましたように、もう少し時間があったら多くの法人がこの恵那市の提案に対して参加ができたというふうなことでありますが、実際、傍聴の中でも現場を見てきたと。2法人が現場を見てきたが、保育園を経験しておるところ、これはことしの4月から始めたところで、丸1年たっていないと。そこのところで聞いてきた情報と。その後の状況については、決定してから聞いておるというふうなこととか、新しい恵那市が仕事に取り組むということに、このような決め方で果たして大丈夫なのか。私は非常に心配をする者であります。荻須学園さんが主に今までやってきたのは、幼稚園をやってきておるわけですが、この幼稚園で、東濃でもやっております。そこについての評価なんかはどうなのか。そういうことが、どうも説明会では話されておりません。特に、荻須学園が私はこうしたいというふうな保育園に対してビジョンとか、そういうものは明らかになっておりません。そういう面で心配があるわけですが、委員長さんにお伺いいたしますが、委員会の結論として、これで十分というご理解なのか、どういう趣旨で荻須学園に選定するのにオーケーのサインを出されたのか。そこの趣旨があればお聞かせいただきたいと思います。


○議長(伊東靖英君) 市民福祉委員長・西尾公男君。


○市民福祉委員長(西尾公男君) 委員会におきましては、城ヶ丘保育園につきましては時間もとりまして審査いたしました。また、仕様書等で市の子育て支援課がしっかりと対応されておると思い、また第三者評価事業というものもありますので、これでしっかりと協議されたものと思って、委員会としては可決いたしましたので、よろしくお願いをいたします。


○議長(伊東靖英君) ほかにご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 次に討論を行います。


 本件に対し、13番・水野功教君、10番・荒田雅晴君の2人から討論の通告がありましたので、順次発言を許可いたします。


 13番・水野功教君


              (13番・水野功教君 登壇)


○13番(水野功教君) 13番、日本共産党の水野功教です。


 議第17号、城ヶ丘保育園指定管理の指定について、反対の討論をいたします。


 国のアメリカ追随、大企業、大金持ち優先の政治のもと、財政赤字のツケを、小さな政府論を掲げ、社会保障、福祉切り捨ての政策により幾つかの地方いじめの政策が構造改革、行財政改革と称して押しつけられ、指定管理者制度が公の施設の運営管理手法に採用されております。


 このたびの福祉施設である城ヶ丘保育園に、この制度を導入するについて、ただ経費節減のみを求める可知市政の行財政改革の手段として、保護者や多くの保育園関係者の不安の中で導入が決定されております。12月議会では、福祉施設への指定管理の導入の目的は、行革が目的であるとの私どもの指摘に対して当局は、協働と経営の感覚で進めるもので、今まで以上のサービスを期待して行うと答弁されております。


 それでは、今回の学校法人荻須学園は、どのようなサービスを行おうとしておりますか。普通、学校法人には、その学園の理念があるはずです。特に、教育は形が見えないものですので、それを大きく訴えるものであります。しかし、この学園の特徴を示す理念は、まだ示されておりません。ただ、従来の城ヶ丘保育園のよいところを維持してくださいという恵那市からの要請文が示されているだけであります。これだけで、今まで以上のサービスが期待できると判断するのではなく、また、どのような保育が行われるか、幼稚園での移籍との違いはどうかなど、不安な部分も感じられますが、いかがでしょうか。


 応募もわずか3法人のみで、委員会での審査でも説明会の参加者からもう少し時間的余裕があったら応募できたという声があったとのこと。また、2次審査は第三者委員会が同日に各1ヵ所、計2ヵ所、訪問し、現地調査の翌日に審査決定がされております。この日程で、十分審査ができたでしょうか。当荻須学園は、御嵩町の保育園を今年度4月から移譲されて、まだ1年未満です。東濃、多治見では、昭和59年から幼稚園を経営されておりますが、ここでの実績など、調査されたデータがあれば明らかにすべきだと思います。施設のみでなく、そこの保護者の意見なども聞く必要があったのではないでしょうか。


 いずれにしましても、明らかにされた法人の情報量と応募状況及び調査範囲で指定管理者を決定することは、これまでの恵那市のすぐれた保育行政を任すことを保障することにはならず、この議案の採択に反対といたします。


○議長(伊東靖英君) 次に、10番・荒田雅晴君。


              (10番・荒田雅晴君 登壇)


○10番(荒田雅晴君) 10番、政風会の荒田雅晴です。


 ただいま議題に上がっている議第17号・指定管理者の指定について(城ヶ丘保育園)に賛成の立場で討論に参加いたします。


 指定管理者に上がっています荻須学園の決定前の経緯は次のとおりです。応募があった3法人に対して、恵那市公募施設管理者の選定委員会の諮問機関の第三者委員会において、書類審査、プレゼンテーション及び応募法人が運営する施設審査を実施して、当該法人が城ヶ丘保育園の運営者に適していると判断されました。また、運営実績については、昭和42年に学校法人を設立し、以後、名古屋市内、小牧市内、多治見市内で幼稚園の運営においては42年の実績がある。平成18年度より小牧市立村中保育園の指定管理を受けており、また、平成20年度からは御嵩保育園を町より移譲を受けて運営中で、移譲された御嵩保育園の現在の状況調査、説明においても、順調に運営されていて、障がい児の受け入れにも積極的であり、現に在園児もいる。


 よって、結論としては、城ヶ丘保育園の指定管理者として、荻須学園を指定することに問題はないと判断し、賛成いたします。


○議長(伊東靖英君) 以上で通告による討論は終わりました。


 ほかに討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから起立により採決を行います。


 議第17号・指定管理者の指定については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり、可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(伊東靖英君) 起立多数であります。よって、議第17号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第18号・指定管理者の指定についてに対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第18号・指定管理者の指定については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第18号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第19号・指定管理者の指定についてに対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第19号・指定管理者の指定については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第19号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第20号・指定管理者の指定についてに対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第20号・指定管理者の指定については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第20号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第21号・指定管理者の指定についてに対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第21号・指定管理者の指定については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第21号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第22号・指定管理者の指定についてに対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


○議長(伊東靖英君) 20番・鈴木清司君。


○20番(鈴木清司君) 7ページを見ますと、委員長に答弁を求めますが、プールの事故については賠償責任があるがとしてありますが、これはだれが責任を持つのかと、もう1点はプール監視がアルバイトということですが、このアルバイトは1日に何人がつかれるか、お聞きします。


○議長(伊東靖英君) 総務文教委員長・堀井文博君。


○総務文教委員長(堀井文博君) まず2点ご質疑ありまして、1点の監視は何名で行われるかというような質問かなあと思いますが、その監視には認定指導者であるアクアインストラクター1名、その他管理担当、そしてプール監視員で行うと。監視員については、アクアインストラクターの指導を受けながら行うという答弁がありました。


 それと、賠償責任が万一の事故で起きた場合に、どこが責任をとるかという質疑はありませんでした。以上です。


○議長(伊東靖英君) ほかに質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 次に討論を行います。


 本件に対して、20番・鈴木清司君から討論の通告がありますので、発言を許可いたします。


 20番・鈴木清司君。


              (20番・鈴木清司君 登壇)


○20番(鈴木清司君) 20番、日本共産党議員団の鈴木清司でございます。


 議第22号・指定管理者の指定についてに反対の立場で討論を行います。


 可知市長の平成21年度の施政方針の中に、学校教育の充実、子どもたちに確かな学力と生きる力を身につける。また、人をはぐくみ、人を生かす教育。次代を担う健全な青少年の育成といろいろな言葉が出てきます。この議案は、上矢作プールを指定管理化することは、そうした言葉とは相入れないやり方ではないでしょうか。


 上矢作町民からは、いろんな声が聞こえてきます。そもそもこのプールは、上矢作町が小学校プールを子どもや大人も使えるようにした公園プールであり、しかも小学校は義務教育、恵那市の小学校で専用プールがないのはここだけになる。何か上矢作の財産の歴史をまた一つつぶされてしまう気がする。指定管理にするなら、小学校専用プールをつくるかして子どもの学習権を保障すべきである。こんな声の中で、私もお金の心配もなく、安全に安心して夏を過ごすために、小学校専用プールをつくることを要求して、議第22号・指定管理者の指定について、反対といたします。以上です。


○議長(伊東靖英君) 以上で通告による討論は終わりました。


 ほかに討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから起立により採決を行います。


 議第22号・指定管理者の指定については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(伊東靖英君) 起立多数であります。よって、議第22号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 2点お伺いいたしますが、15ページ、学童保育についてですけど、下から三つ目の丸、事業費が増額になっているその内容はとの回答に対して、季節学童ということが答弁でありますが、なお、施設について民間施設を借りておるが、非常に財政的に厳しいというような部分もある。これについて審議をしてほしいというふうな要望も今あるわけですが、このようなことが議論されたのかどうか。


 それからもう一つ、いわゆる学童保育の支援というか、指導員の身分が非常に不安定だと。中津川では、ちょっとした事故もありました。そのような面から、これについて何とか対応してほしいというふうな親の声を聞いておるわけですが、この場でこのような話はされたのかどうか、それについてお伺いいたします。


 それから、次に23ページの方ですが、恵那市まち並み整備事業の関係、これについて事業はということで、今回の6,000万の内訳が報告されております。これについていろいろ意見もあると思いますが、委員長さんにご見解を伺うわけですが、委員会の審査でも、地域に住んでみえる委員さんの方からも、かなりいろいろとこの問題について懸念とか、そういうものが出されております。そういうようなことについて、今の時期、やっていいかどうかというふうな部分も私どももそういう見解を持っているわけですが、あともう一つ、丸の下に、三つ目になりますが、まちなか防災広場、これについてもかなり行政当局の方も苦労しておるというふうなことがあるわけですが、私としては、ここも含めて駅前と町なかとを含めた中心、駅前周辺、中央通周辺の美術館の活用も含めた考えというものを、もう一度しっかり、今後のことなんかも考えて検討していくべきではないかというように思いますが、委員長さんのお考えをひとつお伺いいたします。以上です。


○議長(伊東靖英君) 初めに、市民福祉委員長・西尾公男君。


○市民福祉委員長(西尾公男君) 質問にお答えをいたします。


 学童保育につきましての場所については、このたび大井小学校を利用するということになりましたので、それに関連いたしまして、今後も学校の施設が使えたらということで、公的な部分の場所のことについては委員会でお話や質問も出ましたし、そういう体制に対して、今後市の方としましては、教育委員会とか学校とかと相談しながら、空き教室のこともありますので、基本的に検討していくというお答えがありました。


 そして、指導員というようなお話は委員会の中では出ておりませんので、よろしくお願いをいたします。


○議長(伊東靖英君) 続きまして、産業環境委員長・柘植弘成君。


○産業環境委員長(柘植弘成君) ご質問ありがとうございました。


 2点のご質問かと思うわけでございますが、やはりこのまち並み整備事業は、恵那市ができまして、基本的には、大井を中心としてまちづくりという形で始まったのが、ややもすると長島町の中の商業というものが中心市街地になってきたと。非常に空洞化になってきておると。やはりこれはどうやというような問題から、この問題が出てくると。特に駅前のバリアフリー化、これは県道の拡幅において、当時つくったバリアフリーというか、駅前開発の中でやってきた事業で、16年に基本構想ができた際に、交通渋滞を緩和するような形で検討されてきておると。車社会か、やはり高齢化社会に対応するバリアフリー化という問題。それからもう一つは、先ほど水野議員が言われたように、町なかの公園取得、これは12年だったと思います。取得しておるわけでございますが、町なかの空洞化というものが進んできておると。それを何とかしないかんということにおいて、今後大井の町全体において都市計画道路の見直しという形で、全体的なフォローをして、恵那のまちを元気づけるというような形で進んでいくと。委員長見解も入っておるわけでございますが、このような形で今後進めていくことはどうかということと、特に議員が言われたように、この道路計画につきましては非常に古い計画でございます。昨年度、都市計画道路というのを変更いたしまして、新しい形のまちづくりというものを目指しておるという形でございますので、これからも議員も積極的に応援していただきたいと思うわけでございます。以上。


○議長(伊東靖英君) ほかにご質疑はありませんか。


 20番・鈴木清司君。


○20番(鈴木清司君) 何点か伺います。


 初めに、8ページの財産管理費の中で借地料ですが、平米当たり1,414円から高いものは2,274円と格差がありますが、この格差について、行財政の中で安い方に交渉されているのかどうかということと、10ページの下から2番目の丸なんですが、ここに、恵那峡ハーフマラソンの開催費用についてありますが、この中で、運営委託料費は人件費等で465万もあるということですが、人件費の日当は1人幾らかかるのか。また、私たちも草刈りやいろいろやりますが、そうした場合には、燃料代ぐらいは出ますけれども、無償でボランティアで行うということでありますが、こうしたことについて委員長の見解としてはどうお考えかということと、もう1点は、産業環境委員会の方で、先ほど水野議員からも指摘がありました問題ですが、ただいまの答弁でありますと、これは23ページの上から二つ目の恵那地区まち並み整備事業費についてでありますが、恵那駅前の広場のことですが、先ほどの答弁だと、県がつくったものという答弁でありましたが、結局、その当時、改良をするときにバリアフリー化にすることは当然だったと思うが、そこらの設計ミスではなかったかということをお聞きしたい。以上であります。


○議長(伊東靖英君) 初めに、総務文教委員長・堀井文博君。


○総務文教委員長(堀井文博君) 今ご質問の8ページの、単価的には平米当たり1,414円、そして高いところでは2,274円ということで、大変な格差があるということで、おかしいんではないかというご質疑ですが、このご質疑はありませんでした。


 そしてもう1点、交渉をされているのかという質疑には、取得の努力を続けているという答弁がございました。


 そして、10ページの下から2段目、スポーツ振興費、運営委託料は人件費等で465万6,000円の支払いをしているということで、人件費1人は幾らであるかというご質疑でありましたが、委員会では質疑はございませんでした。


 そしてもう1点、ほかのボランティアでその運営をする事業ではないかというようなご質疑がありましたが、このご質疑も委員会ではございませんでした。以上です。


○議長(伊東靖英君) 次に、産業環境委員長・柘植弘成君。


○産業環境委員長(柘植弘成君) ただいま鈴木君からの質問ですが、先ほども水野君からの質問に答えたわけですが、これは県道を拡幅するとき、駅前を改良したわけです。やはり当時は、やはりまだこのような高齢化社会になるとは思っていなかったかもしれません。私たちも、もっと地についた公共交通とか、車の社会の到来ということを考えて、その計画を見守っていたわけです。建設途中においても、今鈴木君の言ったような話を私は耳にした覚えがございます。先ほども申し上げましたが、16年にバリアフリーの基本構想ができた時点等から、やはりバリアフリーが大事です。あそこは勾配がありますので、歩くこと、雨降り等においてぬれたり、そういうことがあるというようなことを伺っておった覚えがございます。やはりそういうことを踏まえて、将来において公共交通機関のあり方、車のあり方、それから人の流れというものを、大体朝夕の統計とか、いろいろ調査をして、今回、恵那市の玄関にふさわしいバリアフリー構想の中でのまちづくりの計画をされておるということを伺っておるわけでございます。これからはバリアフリーという形で、車も必要ですけど、人間の歩くバリアフリーというものを考えた駅前になろうかと私は期待しております。以上です。


○議長(伊東靖英君) ほかにご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 次に討論を行います。


 本件に対し、20番・鈴木清司君、16番・堀  誠君の2人から討論の通告がありましたので、順次発言を許可いたします。


 20番・鈴木清司君。


              (20番・鈴木清司君 登壇)


○20番(鈴木清司君) 20番、日本共産党議員団の鈴木清司でございます。


 議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算について、反対の立場で討論を行います。


 合併して5年目、昨年11月には市長選挙、大選挙区制による議員選挙も行われ、改選した新しい体制で新年度予算に臨むことになります。今、世界は100年に1度あるかないかと言われる不況に直面し、日本もあらゆるところで暮らしや営業が危機に見舞われ、かつてない不安の中で新年度予算を迎えようとしています。特に日本では、格差と貧困の拡大が深刻な問題となって社会を揺るがせています。働くルールが破壊され、人間を物と同じように扱う派遣労働によって、若者の将来への夢を奪ってしまっています。また、わずかな年金しか収入のないお年寄りから税や保険料が天引きされ、不安定な生活を強いられています。こうした中で、行政の役目は市民の暮らしを守る先頭に立つことです。ますます政治の責任が重大になっていると思います。


 平成21年度は、学校給食費、介護保険料の値上げがあり、若者やお年寄りの負担が増えます。また、ことしは給料の減が予想される中、住民税など昨年の収入に課税され、重税感が生まれます。恵那市は、行政改革の名でいろんな施設などの運営を指定管理者制度に移行していますが、それで果たしてその施設本来の役目を果たすことができるのか。いろんな行政改革、削減による効果を金額に直すと幾らになるという点を強調することは、親切できめ細かなやり方のよさを見落とします。恵那市の公共用地の借地料問題は一部整理されましたが、それでもまだ7,000万円とまだまだです。今後の削減計画を市民に説明するなどの配慮が市政に求められます。恵南から見ると、大崎地区の再開発工事も旧恵那市だけがよくなるという声になっています。それが、今度また恵那駅前の広場の改修予算では、納得がいかないと思います。バリアフリー化などの修理の必要はありますが、市の歳入減が予想されるこの時期に行わなくてもと考えます。


 以上の観点から、議第37号・恵那市一般会計予算への反対討論といたします。以上です。


○議長(伊東靖英君) 次に、16番・堀  誠君。


              (16番・堀  誠君 登壇)


○16番(堀  誠君) 16番・政風会の堀  誠でございます。


 私は、ただいま議題となっております議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算について、賛成の立場で討論をいたします。


 平成21年度の予算は、まちづくりの4年目を迎え、総合計画の遂行を行財政改革の積極的な推進により、着実に実施する予算となっており、次の理由から賛成をいたします。


 まず、予算規模は260億6,000万円と、前年度予算と比較して14億3,000万、5.2%の減額となっています。総合計画4年目を迎え、主要施策に重点配分した予算であるとともに、人件費等の見直し、補助金・負担金等の見直し等で、前年度当初予算に比較して、3億6,300万円減額するなど、行財政改革により、諸経費のコスト削減に努めていることや、予算の中に平成19年度から3ヵ年で実施する公的資金補償金免除繰り上げ償還の21年度分として3億8,000万円余を含んだ上で減額になっていることから、適正であると判断されます。特に、行財政改革としては、公共施設の統廃合と維持管理経費の削減のために指定管理者制度の拡充を行い、補助金・負担金の見直しのほか、職員の削減、市債の繰り上げ償還など義務的経費の削減に努めています。これらの行財政改革により生まれた財源が総合計画に基づく投資的経費に充当されることは、今後の市の財政運営の方向として評価できるものと考えられます。


 次に、新規事業や主要事業は、恵那市総合計画の将来像を実現するための六つの基本目標ごとに対応した予算編成になっており、特に中学生までの子ども医療費助成を継続し、新たに恵那南部地域での集いの広場の開設などをはじめとした少子化対策や近年増加する透析患者に対応するため、国保岩村診療所内に恵那市透析センターの開設や診療所の耳鼻咽喉科を再開するなど、評価に値するものと考えられます。


 また、地域温暖化防止対策として、新たに住宅用太陽光発電システムの補助制度や人口減少を食いとめるための定住促進事業の取り組み、また未曾有の経済危機に直面している状況下にかんがみ、1億1,000万円のプレミアム商品券の発行事業や、教育環境の整備事業の山岡小学校校舎、屋内運動場、大井小学校屋内運動場の改築、中野方小学校の耐震補強などをはじめ、危険校舎の解消対策が進められていることは評価に値するものと考えられます。


 まちづくり交付金事業として、恵那中央区、恵那東区、岩村地区に21年度から新たに明智地区、山岡地区の事業を加えたことは、均衡ある恵那市の発展に資するものと考えられます。


 さらに、限られた予算の中で、継続して整備を進めている防災行政無線のデジタル化更新、水道事業の拡充など、市民生活の充実と安心・安全なまちづくりのための経費が盛り込まれていることは、市民にとって重要なことであると考えます。


 これらを予算計上している議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算について、可決すべきものと私は考えます。


 最後に、今後も行財政改革を進めることを申し上げて、私の賛成討論とさせていただきます。よろしくご賛同のほどお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 以上で通告による討論は終わりました。


 ほかに討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから起立により採決を行います。


 議第37号・平成21年度恵那市一般会計予算について、各委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、各委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(伊東靖英君) 起立多数であります。よって、議第37号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 中途ではありますが、ここで1時まで休憩といたします。


                午後0時04分 休憩


       ─────────────────────────―


                午後1時00分 再開


○議長(伊東靖英君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 議第38号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第38号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議あり」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議がありますので、起立により採決を行います。


 議第38号・平成21年度恵那市国民健康保険事業特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(伊東靖英君) 起立多数により、本件は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第39号・平成21年度恵那市老人保健医療特別会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第39号・平成21年度恵那市老人保健医療特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第39号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第40号・平成21年度恵那市介護保険特別会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第40号・平成21年度恵那市介護保険特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議あり」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議がありますので、起立により採決を行います。


 議第40号・平成21年度恵那市介護保険特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(伊東靖英君) 起立多数により、議第40号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第41号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第41号・平成21年度恵那市簡易水道事業特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第41号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第42号・平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第42号・平成21年度恵那市農業集落排水事業特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第42号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第43号・平成21年度恵那市駐車場事業特別会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第43号・平成21年度恵那市駐車場事業特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第43号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第44号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第44号・平成21年度恵那市公共下水道事業特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第44号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第45号・平成21年度恵那市遠山財産区特別会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第45号・平成21年度恵那市遠山財産区特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第45号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第46号・平成21年度恵那市上財産区特別会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第46号・平成21年度恵那市上財産区特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第46号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第47号・平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第47号・平成21年度恵那市後期高齢者医療特別会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第47号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第48号・平成21年度恵那市水道事業会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第48号・平成21年度恵那市水道事業会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第48号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第49号・平成21年度恵那市病院事業会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第49号・平成21年度恵那市病院事業会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第49号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第50号・平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第50号・平成21年度恵那市介護老人保健施設事業会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第50号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第51号・平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第51号・平成21年度恵那市国民健康保険診療所事業会計予算について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。よって、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第51号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第1号・恵那市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてに対する質疑を行います。


 本件に対し、13番・水野功教君から質疑の通告がありましたので、発言を許可します。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 議第1号、職員の勤務時間について質疑をいたします。


 職員の皆さんについては、日夜本当にご苦労さんでございます。今度、時間が短縮されるということになったわけですが、職員の皆さんと一緒に働く臨時日々雇用職員の勤務時間、この方たちはどうなるのか。そして、関連して、通勤費、時間給、これについてはさきの一般質問で何らかの改善がされるというふうに聞きましたが、経験給、いわゆる臨時職員といいながら、同じ仕事をずうっと何年も続けてやっていただいておると。それが新しくなられた方と、いわゆる10年やっていた方も同じであるということについて、少し何らかの改善をしてほしいということが各地から出ておったと思いますが、これについてどのように対応がされるのか、これについてお伺いしたいと思います。


○議長(伊東靖英君) 答弁を求めます。


 総務部長・林 茂信君。


○総務部長(林 茂信君) お答えをさせていただきます。


 日々雇用職員の勤務時間についてのお尋ねでございました。


 日々雇用職員の勤務時間につきましては、既に平成20年度から7時間30分としておりまして、したがいまして、今回の一般職の職員の改正に合わせて改正するということは考えておりませんので、よろしくお願いいたします。


 それから2点目として、日額の給与といいますか、その日額の経費、それから通勤費等のお尋ねがございました。


 まず日額の給料につきましては、今回、平成20年度の人事院勧告に基づきまして、総務省の指針により若干の改善を図らせていただいておるところであります。まず、このことによりまして事務賃金ですが、平成21年4月1日からの改正になるわけですけれども、現行1日当たりの賃金5,600円を平成21年4月1日から6,000円とします。時間給にいたしますと6,000円は時給800円という形になってまいります。その他の保育士等、あるいは保健師に係る賃金につきましては、既に前に改正をさせていただいておりますので、今回の改正の対象とはいたしておりません。


 それから通勤費ですけれども、これも人事院勧告の指針に基づいた措置でございますが、通勤距離が片道2キロメートル以上の日々雇用職員に対して支給をさせていただくということになります。2キロ以上から5キロ刻みに日額単位を設定いたしまして、通勤距離に応じて月限度額の範囲内で支給をしていくということにいたしております。


 それから経験給というお話がございましたが、これにつきましては、雇用決定通知を出す際に条件を示させていただいております。双方了解のもとに行ってきておりますので、賃金の経験給といいますか、それについて加味していくということにつきましては考えておりません。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 一定の改善がされたということですが、経験給ということについてですが、実は民間ではパートタイム労働法が去年の4月から改定されて、同一労働、同一賃金という側面から、賃金はパートタイム労働者と通常の労働者の均衡がとれた待遇とするように民間の方は改善されて、指導がされてきております。ただ、公務についてはこれが規定されないというような部分があるようでございますが、例えば同じ市の職場の中で、出先に仕事場があるところがあるわけですが、ある職場では正規の方がやってみえますよと。ある職場は、Aという職場は正規の方、Bという職場の方は臨時の方がやってみえると。ところが、人事異動でAの方がBに行かれると。そうすると、Bの職場の方が高い賃金になるというようなことですね。同じ仕事をしておりながら、全くやっていることは同じだと思います。だけども賃金はこのように差があるということですね。しかし、これについては法の上では今のところ特に問題ないというふうな話を聞いておりますが、やはりこれはだれが聞いても不合理なことだと思いますので、これについて改善に取りかかるようなお気持ちはありませんか、お伺いいたします。


○議長(伊東靖英君) 総務部長・林 茂信君。


○総務部長(林 茂信君) 先ほどお答えさせていただきましたとおり、現在の時点におきましてはそのような考えはありませんので、よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 以上で通告による質疑は終わりました。


 ほかにご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第1号・恵那市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第1号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第2号・恵那市職員の育児休業等に関する条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第2号・恵那市職員の育児休業等に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第2号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第3号・恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第3号・恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第3号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第4号・恵那市職員の給与に関する条例の一部改正についてに対する質疑を行います。


 本件に対し、13番・水野功教君から質疑の通告がありましたので、発言を許可します。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 職員の給与についてお伺いいたします。


 公務は、短時間で働く人も一緒になってチームで仕事をする。一人一人が独立して仕事をするのではなくてチームでやるわけですが、短時間職員の方及び部分休業職員の人たちの勤務評定、一般質問でA、B、C、D、Eという評価があると聞いたんですが、この方々の評価はどういうふうになるのか、これについてお伺いいたします。どのような格好で評価されているのか、お願いします。


○議長(伊東靖英君) 総務部長・林 茂信君。


○総務部長(林 茂信君) この議案と少し離れた内容だと思いますけれども、お答えをさせていただきます。


 勤務評定に関しまして、部分休業職員の勤務評定はどうなるかというようなお尋ねかと思いますが、基本的には、地方公務員法第40条第1項で、職員の執務について定期的に勤務成績の評定を行い、その結果に応じた措置を講じるとしておりまして、この条項の意味は、短時間勤務職員や部分休業職員にあっても、勤務の実態に応じて勤務評定は実施していかなければならないということになります。以上でございます。


○議長(伊東靖英君) 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) そうしますと目標管理ということですね、これは恵那市もとられておりますが、目標管理、いわゆる成果主義評価というものをとられるというふうに思いますが、そういうことでございますか。これは大変難しいものということを一般質問の答弁の中でもお返事がありましたが、このことは非常に難しいものだということで、私なんかは公務にはなじまない制度というふうに思っておりますが、お伺いいたします。


○議長(伊東靖英君) 総務部長・林 茂信君。


○総務部長(林 茂信君) 先ほど申し上げましたけれども、勤務の実態に応じて勤務評定をしていかなければならないということです。例えばですけれども、部分休業職員の例で言いますと、ある職員は9時から15時45分までを勤務時間としている場合があるわけですが、1日2時間の部分休業ということです。ですから、2時間を除いた勤務しておる時間帯の中で評定者が、一般質問で申し上げました評定項目に従いまして通常どおりその職員を勤務評定をしていくということになりますので、ご理解を賜りたいと思います。以上です。


○議長(伊東靖英君) 以上で通告による質疑は終わりました。


 ほかにご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第4号・恵那市職員の給与に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第4号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第5号・恵那市基金条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第5号・恵那市基金条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第5号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第6号・恵那市認可地縁団体の印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第6号・恵那市認可地縁団体の印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第6号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第7号・恵那市国民健康保険条例の一部改正についてに対する質疑を行います。


 本件に対して、13番・水野功教君から質疑の通告がありましたので、発言を許可します。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 議第7号、国保条例一部改正についてですが、今回は基金を取り崩して値上げをしないということで提案がされてきておりますが、これについて、来年度どうなるかということが大変心配なところであります。これについて、さきの予算の審議の中でも委員会でも出ておったようですが、特定健診の受診率が低いものですから、これを上げることが病気になる人を少なくして医療費が少なくなるというような計画だという話がありますが、これは当然のことだというふうに私も思うわけですけれども、これについて今恵那市は有料でやっております。これを無料にすべきではないかということを私どもも指摘をしてきておるわけですが、来年度に少しでも医療費を下げるということで、無料化をすることについて21年度にしっかり研究をしていただきたいというふうに思うわけですが、委員会の答弁でもそれに期待を持てるような担当課長さんからの答弁が出ておりますが、ここで少し、それについて話が聞けたらというふうに思います。


 それから二つ目として、保険証には普通の保険証、それから期限つきの保険証、それから資格証明というものがあるわけですが、資格証明になりますと100%窓口支払いということになります。先日の委員会の審議の中でも、病院会計の中で滞納があるというふうな話もありますが、やはり窓口で100%払うというのはかなり大変なことで、ついつい受診抑制が出ておると。私もそういうことを二、三の方の事例で経験をしておるわけですが、やはり100%窓口支払いは大変なので、いっそ資格証明は出さないというふうに恵那市は決めちゃうというふうにしたらどうかと。資格証明を出すことによって、滞納が少なくなるということはあまり関係ないように思いますので、そのように思いますが、これについてお考えをお伺いいたします。


○議長(伊東靖英君) 答弁を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


○市民福祉部長(大島博美君) 国保の条例改正に関連して2点のご質問でございましたので、順番にお答えさせていただきます。


 まず1点目の特定健診の無料化の話ですが、これは委員会などでも時々お話しさせていただいておりますけれども、4年ほど前の合併協議の経過とかありまして、それらを受けて恵那医師会と調整を図って現在に至っておると、こういう事情があることもご理解願いたいと思っております。それ以外にも、なぜ国保の方だけを無料にしないかんのかと、こういう話もちまたで聞いておりますので、その辺の検討が必要かなと考えております。


 何よりも、先ほど経過を申し上げましたけれども、この500円、1,000円という個人負担は動機づけと、こういう位置づけでやってきております。おおむね事業経費の1割程度負担していただくという経過もあるわけでございますので、そういう意識づけが必要じゃないかということもあって、有料にしておるということでございますので、よろしくお願いしたいと思います。


 議員のご質疑もありまして、県内の状況を調べましたら、一つの自治体で、経済的対策ということで無料化してみえるところもありました。そういうこともありましたので、県内の情勢はどこも無料化する動きはないというふうに聞いておりますけれども、その辺の事情もありますので、一度、さらに検討してみたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。


 それから2点目の資格証明書の発行の問題でございます。これは、資格証明書を出すに当たっては、出すについての市の交付要綱を設けて一定の基準を設けておりますが、そんなことよりも、やっぱり滞納してみえる方に納付を含めた根気の要る相談をやっておりまして、幸い恵那市においては、他の自治体と比べて大変資格証の発行枚数は少なくなっております。ちなみに、20年3月で102世帯ほどでございましたが、先年の末でいきますと72世帯までに減少しております。そういうこともあって、やっぱり粘り強い相談が必要かなあと思っております。


 なお、中学生以下を含む世帯の資格証明書につきましては、これは議員ご存じかもしれませんが、今度の国保法の一部改正がございまして、4月1日からはすべて短期保険証にするということでございます。ちなみに、恵那市ではそういった事例はございませんので、よろしくお願いしたいと思います。以上です。


○議長(伊東靖英君) 水野功教君。


○13番(水野功教君) 特定健診の無料化については、岐阜県内では一つの自治体ということのようですが、私ども、昨年もこちらで説明もしたと思いますが、富山県におきましては、多くの自治体が無料化をやっておるということで、ひとつそちらの方の経験なんかも聞いていただいて、ぜひとも無料化にするというふうに進んでいただけたらというふうに思っております。


 それから資格証明の関係ですが、本当に恵那市の場合は義務教育の子どもたちに資格証明ということはないということは、私もほかの自治体の人たちと話をするときには自慢して言っておるところでございますが、一つ、高校生が今いろいろ大変なことはよくマスコミにも出ています。授業料滞納が1割もおるというようなこともあるので、中学生以下ということと、もう一つ進んで、高校生にも資格証明証を出さないということをひとつご検討いただくことをお願いして、終わります。以上です。


○議長(伊東靖英君) 以上で通告による質疑は終わりました。


 ほかにご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第7号・恵那市国民健康保険条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第7号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第8号・恵那市子育て支援拠点施設設置条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第8号・恵那市子育て支援拠点施設設置条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第8号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第9号・恵那市介護保険条例の一部改正についてに対する質疑を行います。


 本件に対し、13番・水野功教君から質疑の通告がありましたので、発言を許可します。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 介護保険条例に関してお伺いいたします。


 今度、この議案では200余の値上げが提案されておるわけですが、実は3月16日付の朝日新聞によりますと、値上げをしない自治体があって、28%が下げておるというふうな話も聞いております。恵那市でも、値上げをしない方法は検討されたのか。これについて、国の方も基金を取り崩してできるだけ値上げをしないようにというふうな指導が去年の8月21日付で出ておるようです。できる限り取り崩して、値上げを最小限にというふうな検討を求めるというふうになっておりますが、恵那市ではこれについて検討されたのか、お伺いをいたします。


 それからもう一つ、国は今介護保険の見直しをやり出したんですが、非常に問題が多いということで、一部手直しというふうなことも言われております。今回の要介護認定の新たな基準値に不備が多くて、地方から指摘されて見直しをされております。その見直しの内容と、このことによって今の介護の現場の方に混乱は起きていないのかどうか。各地からそういうふうに混乱しているというような話も聞きますが、恵那市の現状はいかがでしょうか、お伺いをいたします。


○議長(伊東靖英君) 答弁を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


○市民福祉部長(大島博美君) 介護保険条例の一部改正に関連して、2点質問がございました。


 1点は、値上げしないことを検討したかということでございますが、しないことも検討しましたが、給付費の増加、あるいは要介護認定者の増加の中で値上げをせざるを得ないと、こう判断をしたものでございます。値上げにつきましては、介護保険事業計画の策定委員会というのがございまして、これは民間の委員の方ばかりの委員会なんですけれども、ここで5回ばかり中身を検討してまいりました。その中で、値上げの中身も検討してきたということでございます。基金を全額崩すとどうなるかとか、あるいは崩さずにそのままにした場合はどうなっていくかと、いろんなシミュレーションをつくる結果の中で今回の改定が出てきたわけでございますので、その点、ひとつご理解願いたいと思っております。


 それから、次年度からの見直しの件でございます。今、国から要綱等具体的な基準が来ておりまして、担当者レベルで説明会等を開いて中身を検討しております。私の方に詳しい事情は、多く参っておりませんが、この中で3%の介護報酬改定、このあたりが大きな中身になってくるということで、具体的に言いますと、中のいろんな加算の単価が変わってきておると、こんな話も伺っておりますが、詳細のきょう資料を持ってきておりませんので、お話はできませんが、これによって大きな混乱が起こったというような話は、今のところ私のところへは情報が参っておりませんので、ご理解願いたいと思います。以上です。


○議長(伊東靖英君) 水野功教君。


○13番(水野功教君) 値上げをしない検討をしたということですが、私の見る限りでは基金の方が2億9,500万あるというふうにも読めます。それから、20年度、この間予算を組んだんですが、介護サービスの歳費の補正としてマイナス1億500万の減額をしておるわけです。結局、大勢かかるだろうというふうに思ったんですけれども、実際のところ高くて応益負担もあって使えないとか、それから十分なサービスできる施設がないとかというようなこともあって、使い切れない部分があってたまっておるというふうなことが、恵那市にも起きているのではないかというふうに思います。どうしてもこの値下げに持っていかないというならば、今後も基金を少しでも利用しやすいように、また福祉の現場で働く人たちの待遇が改善されるような方向にお金を使っていただきたいと思いますが、何とか、今下げるということが一番流れのような気もしますので、また別の手法なども検討もしていただきたいと思います。


 それから二つ目の国の見直しですけれども、3%引き上げるということですが、先ほど部長も言われましたが、加算、加算ということで、こういう条件をクリアしたら上げましょう、こうやったら上げましょうということで、根本的な解決になっておらんということです。例えば25万で5年間勤めても300万にならないような収入と、これで果たして介護の職場が希望が持てる職場なのかということです。あるところで言われました。人を世話する一番大事な仕事、人間の尊厳を一番とうとばなきゃならん、そこの職場がこのような状況でいいのかと。車や電気をつくる人とこんなに差があっていいのかというふうな話もありました。そういう点で、これについて待遇改善がまだまだ今回の3%では満たないというふうに思っております。


 そういう面で、介護の現場では大変な問題が出ております。職員がうつ病になるとか、またケアする人たちが若い人たちになってくると、今までのような考え方では、ちょっと対応し切れないというふうな部分もあって、ジェネレーションギャップというものも現場で出てきておるようであります。こういう面で大変な部分がありますので、介護保険については少しでも使いやすいように、そして、そこで働く人たちの待遇が改善されるように恵那市の方も取り組んでいただきたいというふうに思います。以上です。


○議長(伊東靖英君) 以上で通告による質疑は終わりました。


 次に討論を行います。


 本件に対し、13番・水野功教君、9番・堀井文博君の2人から討論の通告がありましたので、順次発言を許可いたします。


 13番・水野功教君。


              (13番・水野功教君 登壇)


○13番(水野功教君) 13番、日本共産党、水野功教です。


 議第9号、介護保険条例一部改正について反対の討論をいたします。


 介護保険制度は、ことし4月に2000年の制度開始から10年目を迎えます。この間、介護サービスの総量は増えましたが、社会保障切り捨ての構造改革のもとで負担増や介護取り上げが進み、家族介護の負担は今も重く、1年間に14万人が家族の介護のために仕事をやめています。高い保険料、利用料を負担できず、制度を利用できない低所得者も少なくありません。介護を苦にした痛ましい事件も続いております。介護現場の劣悪な労働条件の改善も急がれます。今介護は、派遣切りなどで仕事を失った人の就労の場として、改めて注目されています。しかし、たび重なる介護報酬の引き下げにより、介護現場の労働条件は非常に劣悪です。介護現場の危機を打開し、利用者の生活と権利を守るためにも、社会保障の充実で雇用を増やすためにも、生活できる賃金、誇りとやりがいを感じられる労働環境の整備などが不可欠です。ところが、現在の介護保険は、利用が増えたり労働条件を改善すれば、直ちに低所得者などを含め保険料、利用料が連動して値上げされるという根本矛盾を抱えています。3年ごとに保険料は値上げされ、既に平均で月4,000円以上の高額です。これは国の段階でありますが、平均で4,000円以上の高額になっております。そのため、政府自身も人材不足の改善のために、4月から介護報酬を引き上げるに当たり、保険料の値上げを抑えるため、これまで自治体が厳しく禁じてきた介護保険会計への一般財源1,154億円の繰り入れを決めました。従来の枠組みの破綻は明らかです。また、昨年8月には、基金残高を有する保険者はできるだけ取り崩し、保険料の増減を最小限にするよう指示しております。


 このような中で、恵那市介護保険条例改正案を見るとき、階層を7から8に増やし、所得に応じた介護保険料とし、また低所得者の負担は少なくされ、一定の努力はされたものとして関係者の努力については評価しますが、既に神奈川県川崎市では4月から8段階を10段階に改善するとしております。県内でも、可児市では8段階を9段階にするというふうにしております。そして、新聞報道でも介護保険料については28%が引き下げを計画しております。現下の経済情勢の中で、昨年の後期高齢者医療制度に続き、高齢者に値上げを求めることについては認めることができません。


 以上を表明し、反対の討論といたします。


○議長(伊東靖英君) 次に、9番・堀井文博君。


              (9番・堀井文博君 登壇)


○9番(堀井文博君) 9番、政風会の堀井文博です。


 私は、議第9号・恵那市介護保険条例の一部改正について、賛成の立場で討論に参加いたします。


 介護保険事業では、法定サービス(介護給付、予防給付、高額介護、特定入所者介護の各サービス、地域支援事業)を実施していく上に、標準給付サービスの提供内容によって、保険料に反映されておるわけです。介護保険制度においては、介護サービスの総事業費から使用者負担分を除き、原則として50%を被保険者の保険料、50%を公費である国25%、県12.5%、市12.5%としております。


 65歳以上の方の介護保険料は3年ごとに高齢化率、要介護認定率、施設整備等から、今後のサービスに必要な経費を見込み、介護保険料を決定しております。基準となる月額が上がる理由は、介護サービスの利用者の増、地域密着型サービスの拡充、65歳以上の方の負担割合の増、介護報酬の増などの増加分によるもので、基金の取り崩しを行ってはいますが、大きな保険料の値上げをそこで抑えております。現在の介護保険料は、基準となる3ヵ年で月額3,438円が改定により3,694円になり、256円上がりますが、国の平均月額は4,090円、県下単純平均月額は3,821円で、当市は平均より下回っております。今回は、所得分を細分化したために、私としてはここが一番大切な部分で、細分化したことで低所得者層の負担を軽減することができる議案であると思っております。


 よって、私は議第9号・恵那市介護保険条例の一部改正について、可決すべきものであり、賛成討論といたします。


○議長(伊東靖英君) 以上で通告による討論は終わりました。


 ほかに討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから起立により採決を行います。


 議第9号・恵那市介護保険条例の一部改正については、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                 (賛成者起立)


○議長(伊東靖英君) 起立多数であります。よって、議第9号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第10号・恵那市分担金等徴収条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第10号・恵那市分担金等徴収条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第10号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第11号・恵那市企業等立地促進条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第11号・恵那市企業等立地促進条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第11号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第12号・エコセンター恵那条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第12号・エコセンター恵那条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第12号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第13号・恵那市リサイクルセンター条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第13号・恵那市リサイクルセンター条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第13号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第14号・恵那市恵南クリーンセンターあおぞら条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第14号・恵那市恵南クリーンセンターあおぞら条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第14号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第15号・恵那市体育施設条例の一部改正についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第15号・恵那市体育施設条例の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第15号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第23号・市道路線の廃止についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第23号・市道路線の廃止については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第23号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第24号・市道路線の認定についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第24号・市道路線の認定については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第24号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第25号・辺地に係る総合整備計画の変更についてに対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第25号・辺地に係る総合整備計画の変更については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第25号は原案のとおり可決されました。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第3 議第52号から議第54号までを一括上程し、議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長・可知義明君。


              (市長・可知義明君 登壇)


○市長(可知義明君) それでは、ただいま上程されました3議案につきまして、その概要をご説明申し上げます。


 議第52号・平成20年度恵那市一般会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ9億862万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ297億3,292万3,000円とするものであります。


 その主な内容といたしましては、定額給付金給付事業費として8億7,232万円、子育て応援特別手当支給事業費として2,716万2,000円を増額補正するものであります。


 次に、議第53号・平成20年度恵那市介護保険特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ6万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ42億1,592万5,000円とするもので、その内容は、自動車事故等の賠償金を計上するものであります。


 次に、議第54号・恵那市副市長の選任につきましては、三宅良政副市長の任期満了に伴い、再び同氏を選任することについて、地方自治法第162条の規定により議会の同意をお願いするものであります。


 以上で提出議案の説明を終わりますが、詳細につきましては、担当部長から説明させますので、よろしくご審議の上、適正なご議決を賜りますようお願い申し上げます。以上であります。


○議長(伊東靖英君) 市長の提案説明を終わります。


 続いて、各議案について詳細説明を求めます。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 初めに、議第52号・平成20年度恵那市一般会計補正予算について詳細説明を求めます。


 総務部長・林 茂信君。


             (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) それでは、平成20年度3月補正予算の追加議案の恵那市補正予算書及び説明書をごらんいただきたいと思います。


 それの1ページをお願いします。


 議第52号・平成20年度恵那市一般会計補正予算(第7号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、住民への生活支援と地域の経済対策に資するための定額給付金給付事業及び多子世帯の子育て支援を行う子育て応援特別手当の事業に要する経費を計上するもので、規定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ9億862万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ297億3,292万3,000円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、2ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 第2条の繰越明許費の補正でございますけれども、地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度へ繰り越して使用することができる経費は、3ページの「第2表 繰越明許費補正」によるもので、定額給付金給付事業及び子育て応援特別手当支給事業の平成21年度への繰越額を補正するものであります。


 7ページをお願いします。


 歳入からご説明いたします。


 14款2項1目民生費国庫補助金の増額は、子育て応援特別手当交付金の計上等であり、7目総務費国庫補助金の増額は、定額給付金給付事業費補助金を計上するものであり、17款1項3目教育費寄附金の増額は、岩村町育英財団の解散に伴う寄附金の追加であります。


 8ページをお願いします。


 次に、歳出についてご説明いたします。


 2款1項23目定額給付金給付事業費の増額は、1万9,501件を対象とした定額給付金の計上並びにこの事務費の組み替え補正であります。


 3款2項4目子育て応援特別手当支給事業費の増額は、10ページの扶助費で、720件を対象とする子育て応援特別手当給付金の計上及びこれに係る事務費の補正であります。


 11ページですが、10款教育費、1項2目事務局費の増額は、岩村町育英財団の解散に伴う同財団からの追加寄附金を奨学資金貸与基金に積み立てるものであります。


 なお、12ページ、13ページには、給与費の明細書を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で議第52号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第53号・平成20年度恵那市介護保険特別会計補正予算について詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) すみませんが、予算書の15ページをお願いいたします。


 議第53号・平成20年度恵那市介護保険特別会計補正予算(第4号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ37億7,056万9,000円とするものであります。


 サービス事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億4,535万6,000円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、16ページの「第1表 歳入歳出予算補正(事業勘定)」及び17ページの「第2表 歳入歳出予算補正(サービス事業勘定)」によるものであります。


 飛びまして、21ページをお願いします。


 最初に、事業勘定の歳入からご説明いたします。


 9款2項3目の雑入3万1,000円の増額補正は、保険金収入によるものであります。


 22ページをお願いします。


 事業勘定の歳出でございますが、1款3項1目の介護認定事業3万1,000円の増額補正は、去る2月14日に発生した職員自動車事故の損害賠償金でございます。


 次に、25ページをお願いします。


 サービス事業勘定の歳入でございます。


 5款1項1目雑入3万3,000円の増額補正は、介護事故保険金収入でございます。


 26ページをお願いします。


 歳出でございます。


 1款1項1目一般管理費3万3,000円の増額補正は、去る2月4日に特別養護老人ホームの福寿苑で発生した介護瑕疵に伴う入居者への損害賠償金でございます。


 以上で議第53号の説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


 ただいまから、本2件についての質疑を行い、討論から採決まで、順次進めてまいります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 初めに、議第52号・平成20年度恵那市一般会計補正予算に対する質疑を行います。


 本件に対し、13番・水野功教君からの質疑の通告がありましたので、発言を許可します。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 大変シンプルな質問ですけれども、定額給付金、本当に大騒動してやっとという格好ですが、これに期待する恵那市として予想される経済効果をどれぐらい見込んでおるのか、それについてお教え願います。


○議長(伊東靖英君) 企画部長・藤原由久君。


○企画部長(藤原由久君) 前回からも何度もお話ししておりますけれども、給付事業そのものは地方の自治事務というふうな位置づけではありますけれども、日本全体のいわゆる経済対策等を含めて国が責任を持って行っている事業というふうなことも言えるかと思います。したがいまして、例えばいろんなことが言われておりますけれども、産業界なんかからも、例えば今回の事業のことにつきましては、恐らく投資する事業の約2割見当ぐらいが、それこそ今回の直接的な消費に回るのではないかというふうな期待から、そのほか、例えば民間リサーチ機関も、国民総生産の0.1から0.2ぐらいを恐らく底上げするのではないだろうかというふうな、非常に大きな意味での経済的な効果を期待していっておるところであります。そういう意味で、地方の国全体の見方というものができるかもしれませんけれども、私たちの一市町村が、例えばどういう効果を出したかというのは、今後もちろん十分検討しなければいけないところではありますが、我々も今回のこの事業に合わせまして、つい先日は皆様方のお手元のところにこういった共通商品券プレミアムのお知らせであるとか、それから広報「えな」によりまして、できるだけ今回のお金が、いわゆるたんす預金に回ってしまうようなことのないように、しっかりと使っていただきまして、消費効果を上げていただきたいというふうなお願いを重ね重ねしておるところであります。そういう意味で、細かい何%というふうな国の数字は申し上げることはできないわけでございますが、大いに期待をしておるということでご理解をいただきたいと思います。以上です。


○議長(伊東靖英君) 水野功教君。


○13番(水野功教君) 国が一生懸命やってお金を出したのに、市として幾らになるかわからんというふうなことは、ちょっと寂しい気がしますが、それなりにどこかで検証するなり、そのようなことをやってみるべきではないかと。いわゆる投資をして、どれだけ回収になるかと。これは、別に恵那市がいろいろ行政をやる中ででも、当然考えなきゃならんことなんです。これをいわゆる恵那市の市民にこれだけの金が懐に入るよ、回るよと、そうなったらどうなるかということは、常にPDCAで当然の仕事だと思うんですが、これについてしっかり、この件だけじゃなしに、すべての仕事の中でこの位置づけをしておいていただきたい。単に、市福祉に対して安心・安全の効果ということを言うのではなくて、本当に市民の懐を応援する行政がどこまで役割を果たしたかということは、必ずチェックをしなきゃならん仕事だと思います。それについてしっかりとチェックをしていただきたいと思いますが、ご意見があればいただきたいと思います。


○議長(伊東靖英君) 企画部長・藤原由久君。


○企画部長(藤原由久君) 国から、また県から同様の趣旨の調査が必ず参ると思います。それにつきまして、当然恵那市からも報告をしなければならないというふうに考えておりますので、今ご指摘のような、恵那市は果たしてどんな効果があったのかというふうなことについても必ず見ていきたいというふうに考えております。以上です。


○議長(伊東靖英君) 以上で通告による質疑は終わりました。


 ほかにご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第52号・平成20年度恵那市一般会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 異議なしと認めます。よって、議第52号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第53号・平成20年度恵那市介護保険特別会計補正予算に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、各会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第53号・平成20年度恵那市介護保険特別会計補正予算については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第53号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第54号・恵那市副市長の選任については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託並びに討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託並びに討論を省略することに決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第54号・恵那市副市長の選任については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第54号は原案のとおり同意されました。


 ここで、ただいま副市長として同意されました三宅良政君が本議場におられますので、ごあいさつをお願いいたします。


 三宅良政君。


             (副市長・三宅良政君 登壇)


○副市長(三宅良政君) まず初めに、この4年間でございますが、市長をはじめ市議会の皆さん、そして市民の皆さん、さらには多くの方々に支えられまして重責を担わせていただき、感謝とお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


 そして、ただいまは不肖私の副市長の選任の同意議決を賜りまして、まことにありがとうございます。大変身に余る光栄であり、責任の重大さを考えるとき、身の引き締まる思いをいたしているところでございます。私は、もとより微力ではございますが、可知市長のもと、総合計画にあります市と地域、自然が調和した交流都市の実現のため、誠心誠意努力してまいる所存でございます。市議会の皆様はじめ市民の皆様方の一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 三宅良政君のあいさつを終わります。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第4 議会第1号・地方分権改革における国の出先機関の統廃合に関する意見書を上程し、議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 11番・堀 光明君。


              (11番・堀 光明君 登壇)


○11番(堀 光明君) 25ページをお願いいたします。


 発案書、議会第1号・地方分権改革における国の出先機関の統廃合に関する意見書。


 地方分権改革における国の出先機関の統廃合に関する意見書を発案する。平成20年3月24日提出。提出者、恵那市議会議員・堀 光明。以下敬称を略します。同じく畑村眞吾、同じく水野功教、同じく堀 誠、同じく伊佐地良一、同じく勝 滋幸。


 提案理由、別紙意見書(案)のとおり。恵那市議会議長・伊東靖英様。


 26ページをお願いします。


 地方分権改革における国の出先機関の統廃合に関する意見書(案)。


 政府の地方分権改革推進委員会は、先般、国と地方の役割分担を踏まえ、国の出先機関の事務・権限及び組織の見直しを行い、出先機関が担っていた116項目の事務・権限についての地方自治体の移譲や廃止・縮小を行うこと、さらには出先機関の統廃合などを求める第二次勧告を平成20年12月8日に出した。


 その中で出先機関の職員3万5,000人の削減目標と、国土交通省の地方整備局など9機関を統廃合する組織改革案が示された。


 今、都市と地方の格差拡大が大きな問題になる中で、国の出先機関まで地方移譲で統廃合されれば、国土の保全と整備をはじめ、労働環境など住民の命と安全にまで、都市と地方の格差が大きく広がることが懸念される。


 当市では、平成12年9月に発生し、甚大な被害をもたらした恵南豪雨災害の傷跡がいまだに残り、安全・安心な市民生活の確保のための整備事業が今後も必要である。また、東西を走る国道19号のバイパス化も唯一この地域の中ではおくれ、地域の活性化や物流にも支障を来している。


 よって、下記事項について強く求める。


 記1.国土保全整備と地域住民の生命・財産を守るため、多治見砂防国道事務所・出張所などの国の出先機関の見直しについては慎重に行うこと。


 2.公共事業の予算配分を地域の実情に応じて重点配分するとともに、引き続き災害時の迅速・適切な対応がとれるように配慮すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成21年3月24日、岐阜県恵那市議会。衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、国土交通大臣、行政改革担当大臣、地方分権改革推進委員長各あて。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(伊東靖英君) 提案説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、本件に対する質疑を行います。ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会の付託を省略することに決しました。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議会第1号・地方分権改革における国の出先機関の統廃合に関する意見書については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議会第1号は原案のとおり可決されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 以上で、本日並びに今定例会の日程はすべて終了いたしましたが、ここで、長年にわたり恵那市発展のためご尽力いただき、今月末日をもって退職あるいは転出される各部長から退任のごあいさつがあります。


○議長(伊東靖英君) 初めに、総務部長・林 茂信君。


             (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) 今、万感の思いを胸に秘めながら、最後となるべくこの席に立たせていただきました。はえある本会議の議場におきまして、退職のごあいさつを申し述べる機会を与えていただきましたことを、まずもって心から御礼申し上げます。


 私は、昭和49年4月に旧恵那市の笠置事務所に奉職させていただきまして以来、団塊の世代の仲間とともに35年にわたってさまざまな行政事務に携わり、まことに微力ではございましたが、その局面や立場ごとにおいて、常に精いっぱい市民生活向上のための事務事業の推進に努めてまいりました。


 この間の出来事を振り返りますと、さまざまな回想が脳裏をめぐり、感慨深いものがございます。中でも、平成8年度からの教育委員会に所属した間、笠周3校を統合した恵那北中学校の建設、大井小学校校舎の改築の事業、そして健康保健課に所属していました平成11年3月に突如としてわいた国立療養所恵那病院の移譲問題への対応、その後の市立恵那病院の開設事業に携わらせていただきましたことは、私の中で苦労した中にも達成感を味わうことができた数少ない楽しい思い出に残る仕事でもありました。


 光陰矢のごとしと申しますが、私の35年間の公務員生活は、今思うと瞬く間に過ぎた感じがしております。時はさらに進み、合併の過程で苦しく困難であった時期を乗り越え、間もなく新恵那市は5周年を迎えようとしておりますけれども、新しいまちづくりは行財政改革と総合計画の道しるべのもとに、今後も一歩ずつ着実に進展していくものと考えます。


 このような中におきまして、私もこうして退職の日を迎えられますことは、ひとえに議員の皆様、可知市長さんをはじめ執行部の皆様の温かいご指導とご厚情、そして先輩、職員の皆様のお力添え、支えがあったたまものでありまして、ここに深く感謝とお礼を申し上げます。


 終わりになりますが、大変厳しい経済環境の中にありますが、恵那市のさらなる発展と皆様方のますますのご健勝、ご活躍をご祈念申し上げまして、退職に当たり、お礼の言葉とさせていただきます。長い間、本当にありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 次に、会計管理者・山田賢悟君。


            (会計管理者・山田賢悟君 登壇)


○会計管理者(山田賢悟君) 本日、この本会議の場におきまして退職のあいさつの機会をいただき、まことにありがとうございます。


 私は、昭和46年の4月に旧恵那市の職員に採用されて以来38年間にわたり、事務職員として勤めさせていただきました。この3月末をもって定年退職になりました。この間、総務、企画、議会、水道環境、経済、会計など、多くの部署を経験させていただき、きょうまで勤められたことは、市会議員の皆様、市長さんはじめ執行の皆さんや職員の方々のご指導、ご協力によるものと感謝し、お礼申し上げます。


 特に、平成16年10月には、旧恵那市と旧恵南5町村が合併するという大きな出来事がありました。私も、合併時には議会事務局長として、各市町村における市議会、それから町村議会、これらの合併に関する調整や合併後の新市議会の運営業務に携わる中で、多くの議員の皆様に温かく接していただき、ご指導やらご理解、ご協力をいただけたことが本当にありがたく、心から感謝しております。


 合併後の恵那市におきましては、市民の行政に対する大きな期待と対応が求められております。このような中で、昨年からの世界経済は、世界同時不況の様相を呈し、恵那市においても緊急経済対策などの対応が取り組まれておりますが、厳しい状況のもとでこそ、行政と市民が一体となった取り組みが必要であります。今後は、一市民として恵那市の発展に、微力ではありますが、お手伝いできるかと思っております。今後ともよろしくお願い申し上げます。


 終わりになりましたが、恵那市のますますの発展と皆様のご健勝をご祈念申し上げ、退職のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 次に、南整備事務所長・夏目善市君。


           (南整備事務所長・夏目善市君 登壇)


○南整備事務所長(夏目善市君) 本会議でのあいさつを申し上げる機会をいただき、まことにありがとうございます。


 35年間勤めさせていただきました。思い出しますのが、平成12年の9月の11日、12日に発生しました恵南豪雨災害でございます。600ミリ近い豪雨で、上矢作町の年間の総雨量の3分の1を2日間で降ったことになります。道路も多くの箇所で寸断し、上矢作にかかる6本の橋が流され、水道も全世帯が断水すると、大規模な災害になりました。私も家に帰ることができず、3日間、車の中で寝泊まりして対応いたしました、救援には、自衛隊をはじめ各方面からのボランティアでの救援活動、また救援物資、義捐金をいただきました。当時の恵那市の建設部で災害復旧工事の設計を手伝っていただきました。大変ありがたかったことを思い出します。今後は、地域で一市民として、地域の活性化に少しでもお手伝いができればと思っております。悔いなく退職できますのも、議長様、市長様をはじめご列席の皆様、そして職員の皆様、市民の皆様のおかげでございます。心から感謝申し上げまして、お礼のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 次に、経済部参事・石川柳平君。


            (経済部参事・石川柳平君 登壇)


○経済部参事(石川柳平君) この議会の場で、退職のあいさつを申し上げる機会をいただきまして、まことにありがとうございます。


 私は、昭和47年に旧恵那市役所に奉職いたしまして、36年間勤めさせていただきましたが、この3月をもって定年退職をすることになりました。


 振り返ってみますと、やはり大変ではありましたが、市町村合併という二度と経験のできない貴重な経験をさせていただきましたことは、心に残る一つの思いででございます。恵那市も合併しまして4年半が過ぎようとしていますが、まだまだこれからが大変な時期だと思います。恵那市の総合計画と行財政改革大綱に沿って進んでいけば、必ずすばらしい恵那市になると思っております。大変な時期に、何とかきょうまで勤めてこられましたのは、市会議員の皆様、それから市長さんはじめ市の執行部や職員の皆さん方のご指導、ご鞭撻、そしてまた温かいご支援のたまもとと、心より感謝申し上げます。


 最後になりましたが、恵那市のますますの発展と皆様方のご健勝、ご活躍をご祈念申し上げ、退職のあいさつとさせていただきます。長い間ありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 次に、岩村振興事務所長・大嶋正己君。


           (岩村振興事務所長・大嶋正己君 登壇)


○岩村振興事務所長(大嶋正己君) この議会の場であいさつを申し上げる機会を賜り、まことにありがとうございます。


 私は、この3月をもちまして定年退職することとなりました。昭和46年3月、旧岩村町役場から、合併後の新恵那市の今日まで、38年と1ヵ月勤めさせていただきました。そのうち、建設関係に約25年以上勤めさせていただき、47年、元年の災害をはじめ多くの災害を担当し、それらの復旧、完成、国道257号線木の実トンネル、国道363の開通、岩村ダムの定礎式、福祉センターの完成等々に立ち会うことができ、そしてその利用者及び多くの市民の笑顔をいただき、仕事から多くの喜びを得られたことは何物にもかえがたい幸せであったと思っております。


 この間、市会議員の皆様、市長さんをはじめ執行部、職員の皆様のご指導、ご鞭撻、そしてより多くの市民の皆様、地域の皆様の温かいご支援に対しまして、心より感謝申し上げます。


 終わりになりましたが、恵那市のますますの発展と皆様方のご健勝をご祈念申し上げ、退職のあいさつとさせていただきます。長い間どうもありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 次に、串原振興事務所長・澤田幸三君。


           (串原振興事務所長・澤田幸三君 登壇)


○串原振興事務所長(澤田幸三君) 本議会の場であいさつを申し上げる機会をいただき、まことにありがとうございます。


 私は、昭和46年から今日まで、旧串原村から合併後の新恵那市の職員として勤めさせていただき、この3月をもって退職をすることになりました。その間、議長さんをはじめ市議会議員の皆様、市長さんをはじめ執行部や職員の皆様、そして多くの市民の皆様方に格別なるご指導、ご鞭撻を賜りましたことに、心から感謝を申し上げます。


 合併後におきましては、地域自治区、地域協議会のもと、市民と行政が一体となった地域づくり活動推進の立場を与えられたことは、何事にもかえがたい幸せでございました。これからも地域において、微力ではございますけれども、協働のまちづくりに参加してまいりたいと考えております。


 終わりに当たり、恵那市のますますの発展と皆様方のご健勝をご祈念申し上げ、お礼のあいさつとさせていただきます。まことにありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 次に、上矢作振興事務所長・荻山岩雄君。


          (上矢作振興事務所長・荻山岩雄君 登壇)


○上矢作振興事務所長(荻山岩雄君) 本会議において、貴重な時間をいただきありがとうございます。


 私は、47年から37年間勤めさせていただきまして、この3月をもちまして退職することになりました。この間、議員の皆様、市長さんをはじめ執行部、また職員の皆さん、ご指導とご鞭撻、そして市民の皆さんの温かいご支援に深く感謝申し上げます。


 また、この1年、議会にも出席させていただき、貴重な経験をさせていただきました。


 終わりになりましたが、恵那市のますますの発展と皆様のご健勝を祈念申し上げ、退職のあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 次に、教育次長・山田恵市君。


             (教育次長・山田恵市君 登壇)


○教育次長(山田恵市君) 私、先般、3月31日をもって、派遣の方を終了するという内示を賜りまして、ひっそりとしか考えていませんでしたけれども、いろんな方々にお世話になりまして、そんな水臭い去り方をしちゃあかんぞというふうに教育長に言われまして、このような場で感謝とお礼のごあいさつができることを大変光栄に思っております。本当にありがとうございます。


 私の「恵市」という名前は、昭和29年に恵那市が誕生したときに私が生まれたものですから、亡くなった父親が「恵那市」と書いて、「那」というところを消しゴムで消しまして、恵那市で少しでも何かでお役に立てる人間になれということでつけてもらった名前でございます。ですから、何としても地元へ帰ってくるんだというつもりで仕事をしてまいりましたけれども、本当にこのような議会の場で仕事ができるということはゆめゆめ思っておりませんでしたし、この2年間も何もできずに終わってしまうということで、申しわけない思いでいっぱいでございますが、議長さんはじめ議員の皆様のお力でもって鍛えていただきまして、市長さん、副市長さん初め執行部の皆様方に育てていただき、市の職員の方々に本当に助けていただきながら勤めてまいりました。まだ定年まで大分ありますので、次の職場でここで受けたご指導を恩返しできるよう努力してまいりたいと思います。本当に微力の微力過ぎて申しわけないわけでございますが、お礼のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 以上で退職及び転出される方々のあいさつを終わります。


 各位におかれましては、在職・在任中、恵那市発展のため、それぞれの場所でご努力を願い、大変ご苦労さまでございました。これからは第二の人生を、ますますご壮健で多方面にわたって大いに活躍されますことを心からご期待申し上げます。


 ここで、市長から発言の申し出がありますので、許可いたします。


 市長・可知義明君。


              (市長・可知義明君 登壇)


○市長(可知義明君) 一言お礼のごあいさつを申し上げます。


 議員の皆さんには、今期定例会におきまして、終始ご熱心に調査・審議を賜り、平成21年度一般会計、特別会計、企業会計の各予算をはじめ、追加提案いたしました議案3件を含め54件の提出案件すべてについて議決をいただき、まことにありがとうございました。


 本会議の一般質問をはじめ審議の過程でいただきました数々のご意見につきましては、でき得る限り今後の市政の運営に反映してまいりたいと考えております。


 平成21年度は、市制施行5周年を迎える節目の年であります。この機に臨み、市勢のさらなる発展と、市民の皆様が恵那市に住んでよかったと実感できるまちづくりを目指し、職員と一丸となって総合計画並びに行財政改革の推進のための諸施策に積極的に取り組んでまいります。議員の皆さんにおかれましては、ご理解、そしてご協力を賜りますようお願い申し上げるとともに、ご健康にご留意いただきまして、今後とも恵那市の発展と市民福祉の向上のため、ご尽力を賜りますようお願い申し上げます。


 そして、ただいまごあいさつをされました退職されます職員の皆様には、合併して誕生した恵那市の発展のために大変ご尽力を賜り、改めて厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。今後も健康にご留意されまして、ご活躍されることを祈念申し上げます。


 以上、簡単でございますが、お礼のごあいさつといたします。ありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 市長のあいさつを終わります。


 これをもちまして、平成21年第1回恵那市議会定例会を閉会いたします。どうもご苦労さまでした。


                午後2時42分 閉会


 ───────────────────────────────────────────────


    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





            恵那市議会





            議     長      伊 東 靖 英





            署名議員     9番  堀 井 文 博





            署名議員    23番  渡 邊 鈴 政