議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 恵那市

平成20年第4回定例会(第2号12月10日)




平成20年第4回定例会(第2号12月10日)





        平成20年第4回恵那市議会定例会会議録〔第2号〕


                              平成20年12月10日


 ────────────────────────────────────────


 
 議 事 日 程(第3号)


                    平成20年12月10日(水)午前10時開議


  第 1        会議録署名議員の指名


  第 2        議第114号から議第151号まで一括上程


  第 3        恵那市選挙管理委員会委員及び補充委員の選挙


  第 4        議第152号 恵那市監査委員の選任について


  第 5        議第153号 恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任


                    について


  第 6        請第  4号 「城ヶ丘保育園への指定管理者制度の導入」


                    に関する請願書


 ────────────────────────────────────────


1 本日の会議に付した事件


 議 事 日 程(第3号)


  日程第 1        会議録署名議員の指名


  日程第 2 議第114号 恵那市消防防災センター条例の制定について


        議第115号 恵那市防災センター条例の制定について


        議第116号 恵那市岩村地域特産物販売施設条例の制定について


        議第117号 恵那市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正に


               ついて


        議第118号 恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部改正


               について


        議第119号 恵那市税条例の一部を改正する条例の一部改正について


        議第120号 恵那市地域集会施設条例の一部改正について


        議第121号 恵那市国民健康保険条例の一部改正について


        議第122号 恵那市保育所設置条例の一部改正について


        議第123号 恵那市病院事業の設置等に関する条例の一部改正につい


               て


        議第124号 恵那市火葬場条例の一部改正について


        議第125号 恵那市消防本部及び消防署設置条例の一部改正について


        議第126号 恵那市体育施設条例の一部改正について


        議第127号 恵那市弓道場条例の一部改正について


        議第128号 恵那市B&G海洋センター条例の一部改正について


        議第129号 恵那市明智武道館条例の一部改正について


        議第130号 恵那市上矢作プール条例の一部改正について


        議第131号 財産の無償譲渡について


        議第132号 財産の無償譲渡について


        議第133号 財産の無償譲渡について


        議第134号 財産の無償譲渡について


        議第135号 恵那市監査委員の選任について


        議第136号 恵那市公平委員会の委員の選任について


        議第137号 恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任について


        議第138号 恵那市遠山財産区管理会の委員の選任について


        議第139号 恵那市上財産区管理会の委員の選任について


        議第140号 恵那市教育委員会の委員の任命について


        議第141号 平成20年度恵那市一般会計補正予算


        議第142号 平成20年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算


        議第143号 平成20年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算


        議第144号 平成20年度恵那市介護保険特別会計補正予算


        議第145号 平成20年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算


        議第146号 平成20年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算


        議第147号 平成20年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算


        議第148号 平成20年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算


        議第149号 平成20年度恵那市水道事業会計補正予算


        議第150号 平成20年度恵那市病院事業会計補正予算


        議第151号 平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予


               算


  日程第 3        恵那市選挙管理委員会委員及び補充委員の選挙


  日程第 4 議第152号 恵那市監査委員の選任について


  日程第 5 議第153号 恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任について


  日程第 6 請第  4号 「城ヶ丘保育園への指定管理者制度の導入」に関する請


               願書


 ────────────────────────────────────────


1 出 席 議 員


     1番  安 藤 直 実 君       2番  鵜 飼 伸 幸 君


     3番  纐 纈   満 君       4番  後 藤 康 司 君


     5番  林   忠 義 君       6番  小 澤 建 男 君


     7番  町 野 道 明 君       8番  畑 村 眞 吾 君


     9番  堀 井 文 博 君      10番  荒 田 雅 晴 君


    11番  堀   光 明 君      12番  伊 藤 桂 子 君


    13番  水 野 功 教 君      14番  伊 東 靖 英 君


    15番  勝   滋 幸 君      16番  堀     誠 君


    17番  柘 植   羌 君      18番  光 岡 克 昌 君


    19番  西 尾 公 男 君      20番  鈴 木 清 司 君


    21番  伊佐地 良 一 君      22番  柘 植 弘 成 君


    23番  渡 邊 鈴 政 君      24番  藤   公 雄 君


 ────────────────────────────────────────


1 欠 席 議 員


    な し


 ────────────────────────────────────────


1 説明のため出席した者の職氏名


    市     長    可 知 義 明 君


    副  市  長    三 宅 良 政 君


    総 務 部 長    林   茂 信 君


    企 画 部 長    藤 原 由 久 君


    市民福祉部長     大 島 博 美 君


    医療管理部長     堀   恒 夫 君


    経 済 部 長    大 嶋 晋 一 君


    建 設 部 長    柘 植 健 治 君


    水道環境部長     荻 山 清 和 君


    会計管理者      山 田 賢 悟 君


    南整備事務所長    夏 目 善 市 君


    経済部参事      石 川 柳 平 君


    建設部調整監     小 森 富 雄 君


    岩村振興事務所長   大 嶋 正 己 君


    山岡振興事務所長   桜 井 広 美 君


    明智振興事務所長   河 越 一 男 君


    串原振興事務所長   澤 田 幸 三 君


    上矢作振興事務所長  荻 山 岩 雄 君


    教育委員長      長谷川 佳 子 君


    教  育  長    三 浦 忠 信 君


    教 育 次 長    西 部 良 治 君


    教 育 次 長    山 田 恵 市 君


    消  防  長    伊 藤 政 治 君


    監査委員事務局長   丸 山 年 道 君


 ────────────────────────────────────────


1 職務のため出席した事務局職員


    議会事務局長     伊 藤 常 光 君


    議会事務局次長    原 田 一 宏 君


    議会事務局書記    山 田 英 正 君


    議会事務局書記    西 尾 克 子 君


    議会事務局書記    三 田 理 広 君


 ────────────────────────────────────────


               午前10時00分 開議


○議長(伊東靖英君) 皆さん、おはようございます。


 これより本日の会議を開きます。


 日程に入る前に、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本日出席する旨報告のありました者を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ごらん願います。


 次に、9月から11月までにおける議会関係諸報告をお手元に配付しておきましたので、お目通しをお願いいたします。


 以上で諸般の報告を終わります。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、2番・鵜飼伸幸君、15番・勝 滋幸君を指名いたします。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第2 議第114号から議第151号まで38件を一括上程し、議題といたします。


 初めに、提案理由の説明を求めます。


 市長・可知義明君。


              (市長・可知義明君 登壇)


○市長(可知義明君) 皆さん、おはようございます。


 お手元に配付しました提案説明要旨をごらんいただきたいと思います。


 本日は、議員の皆様にはご多用の中ご出席をいただきまして、まことにありがとうございます。


 去る12月5日の本会議におきまして、議長、副議長はじめ各委員会の構成など議会人事が決定されました。伊東議長さん、柘植副議長さん、ご就任おめでとうございます。そして、議会運営委員会、各常任委員会、特別委員会の正・副委員長さんにおかれましても、ご就任おめでとうございます。どうぞこれからもさまざまなご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


 それでは、今定例会に提出いたしました諸議案につきまして、その概要をご説明申し上げます。


 議案は、条例の制定並びに改正するもの17件、予算関係11件、その他議決をお願いするもの10件の合計38件であります。


 議第114号・恵那市消防防災センター条例の制定、議第115号・恵那市防災センター条例の制定、議第125号・恵那市消防本部及び消防署設置条例の一部改正につきましては、消防防災施設の完成に伴い、恵那市消防本部及び恵那消防署を移転するとともに、防災に関する知識の普及、市民の防災意識の高揚を図るため、防災センターを設置し、それらの総称を恵那市消防防災センターとするため、条例の制定及び関係条例の一部改正を行うものであります。


 次に、議第116号・恵那市岩村地域特産物販売施設条例の制定につきましては、岩村地域特産物直売所の施設の管理を指定管理者が行う等、必要な事項を定めるため、条例の全部を改正するものであります。


 次に、議第117号・恵那市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正につきましては、独立行政法人国際協力機構法の一部改正に伴い、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第118号・恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部改正につきましては、一定期間に限り市長の給料月額を減額する特例条項を定めるものであります。


 次に、議第119号・恵那市税条例の一部を改正する条例の一部改正につきましては、地方税法の改正に伴い、寄附金税額控除の対象となる団体等を定めるため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第120号・恵那市地域集会施設条例の一部改正、議第131号から議第133号の財産の無償譲渡につきましては、椋実公会堂、飯地町南集会所及び原公民館を地元の団体に無償譲渡することに伴い、施設を廃止するため条例の一部を改正するとともに、財産の無償譲渡については、地方自治法第96条第1項第6号の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議第121号・恵那市国民健康保険条例の一部改正につきましては、産科医療補償制度に加入する医療機関で出産した場合に出産育児一時金の額を増額するため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第122号・恵那市保育所設置条例の一部改正につきましては、城ヶ丘保育園の管理を指定管理者が行う等、必要な事項を定めるため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第123号・恵那市病院事業の設置等に関する条例の一部改正につきましては、医療法施行規則の改正に伴い、恵那病院及び国民健康保険上矢作病院の標榜科を改める必要が生じたため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第124号・恵那市火葬場条例の一部改正につきましては、けいなん斎苑を廃止するため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第126号から議第130号までの恵那市体育施設条例の一部改正、恵那市弓道場条例の一部改正、恵那市B&G海洋センター条例の一部改正、恵那市明智武道館条例の一部改正、恵那市上矢作プール条例の一部改正につきましては、明智グラウンド、山岡・明智・串原・上矢作の各弓道場、山岡B&G海洋センター、明智武道館、上矢作プールの管理を指定管理者が行う等、必要な事項を定めるため、所要の改正を行うものであります。


 次に、議第134号・財産の無償譲渡につきましては、旧武並公民館の建物を地元の団体に無償譲渡するため、地方自治法第96条第1項第6号の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議第135号・恵那市監査委員の選任につきましては、現委員市川康夫氏の任期満了に伴い、新たに市岡孝之氏を選任することについて、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。


 次に、議第136号・恵那市公平委員会の委員の選任につきましては、現委員三宅洋志氏の任期満了に伴い、再び同氏を選任することについて、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、議会の同意を求めるものであります。


 次に、議第137号・恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任につきましては、現委員柘植麻美氏の任期満了に伴い、再び同氏を選任することについて、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものであります。


 次に、議第138号・恵那市遠山財産区管理会の委員の選任につきましては、現委員の任期満了に伴い、新たに7名の委員を選任することについて、恵那市遠山財産区管理会条例第3条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。


 次に、議第139号・恵那市上財産区管理会の委員の選任につきましては、現委員の任期満了に伴い、再任2名、新任5名の委員を選任することについて、恵那市上財産区管理会条例第3条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。


 次に、議第140号・恵那市教育委員会の委員の任命につきましては、現委員長谷川佳子氏、三浦忠信氏の任期満了に伴い、新たに中嶋恵子氏、西尾教行氏を任命することについて、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。


 次に、議第141号・平成20年度恵那市一般会計補正予算につきまして説明いたします。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ7,581万7千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ282億1,151万7千円とするものであります。その主な内容といたしまして、地域介護・福祉空間整備等事業費補助金として1,500万円、企業等立地促進奨励金として1,423万5千円、図書館周辺整備事業用地購入費として1億5,535万円、林道災害復旧費で1,726万9千円を増額し、最終処分場建設事業費で1億6,968万1千円を減額するものであります。


 次に、議第142号・平成20年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ1億2,175万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ53億7,647万7千円とするもので、主な内容は、退職被保険者等療養給付費、後期高齢者支援金等を増額するものであります。


 次に、議第143号・平成20年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ39万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億2,159万6千円とするもので、主な内容は一般管理費の増額であります。


 次に、議第144号・平成20年度恵那市介護保険特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ992万9千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ43億5,007万2千円とするものであります。主な内容は、事業勘定で一般管理費479万6千円を減額し、サービス事業勘定で老人福祉施設福寿苑事業一般管理費1,793万6千円を増額するものであります。


 次に、議第145号・平成20年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ4,263万9千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億9,763万9千円とするものであります。主な内容は、岩村町簡易水道建設事業費、山岡町簡易水道建設事業費、上矢作町簡易水道建設事業費の増額であります。


 次に、議第146号・平成20年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ475万6千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億8,661万9千円とするもので、主な内容は一般管理費の減額であります。


 次に、議第147号・平成20年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ1,059万2千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億2,974万1千円とするもので、主な内容は一般管理費、恵那市浄化センター維持管理費の増額であります。


 次に、議第148号・平成20年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ98万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億1,098万5千円とするもので、主な内容は徴収費の増額であります。


 次に、議第149号・平成20年度恵那市水道事業会計補正予算につきましては、収益的支出を153万7千円、資本的支出を133万6千円減額し、収益的支出総額を8億8,036万3千円に、資本的支出総額を9億136万4千円とするもので、主な内容は営業費用及び建設改良費の減額であります。


 次に、議第150号・平成20年度恵那市病院事業会計補正予算につきましては、収益的支出を1,892万円減額し、資本的支出700万円を追加し、収益的支出総額を38億3,118万円に、資本的支出総額を1億6,760万円とするもので、主な内容は医業費用の減額と建設改良費の増額であります。


 次に、議第151号・平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予算につきましては、収益的支出を684万8千円減額し、資本的支出に134万8千円を追加し、収益的支出総額を5億6,945万2千円に、資本的支出総額を2億6,774万8千円とするもので、主な内容は医業費用の減額と建設改良費の増額であります。


 以上で提出議案の説明を終わりますが、詳細につきましては担当部長等から説明させますので、よろしくご審議の上、適正な議決を賜りますようお願いを申し上げます。ありがとうございました。


○議長(伊東靖英君) 市長の提案説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 続いて、各議案について詳細説明を求めます。なお、議第135号から140号までの6件については、採決まで行います。


 初めに、議第114号・恵那市消防防災センター条例の制定についての詳細説明を求めます。


 消防長・伊藤政治君。


             (消防長・伊藤政治君 登壇)


○消防長(伊藤政治君) それでは、恐れ入りますが、議案書の1ページをお願いいたします。


 議第114号・恵那市消防防災センター条例の制定についてご説明をいたします。


 提案の理由でございますが、新たに設置する消防防災施設を総称する名称を定めるために、この条例を定めるものでございます。


 2ページをお願いいたします。


 新たに設置いたします施設は、恵那市消防本部及び消防署設置条例に規定する消防本部と恵那消防署の機能と新たに設置する防災センターの機能を併設するものであり、それらの総称を「恵那市消防防災センター」とするものであります。


 なお、この条例は平成21年3月2日から施行するものであります。


 以上で議第114号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


 ここで、本件に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり総務文教委員会に審査を付託いたします。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第115号・恵那市防災センター条例の制定についての詳細説明を求めます。


 総務部長・林 茂信君。


             (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) それでは、議案書の3ページをお願いいたします。


 議第115号・恵那市防災センター条例の制定についてご説明いたします。


 恵那市防災センター条例を次のように定めるものでございます。


 提案理由でございますが、市民の防災意識の向上と地域防災力の高揚を図るため、恵那市消防防災センター施設の一部に、防災に関する体験、研修を主体とする防災センターを設置し、この管理運営について必要な事項を規定するため、この条例を定めるものであります。


 4ページをお願いします。


 第1条では、設置を規定しまして、第2条では、施設の名称を「恵那市防災センター」とし、位置は恵那市長島町正家1015番地2と定め、第3条では防災センターで行う事業を規定し、第4条は防災センターの施設、設備内容を規定し、第5条は施設を使用しようとする者の使用の許可についてを規定し、5ページですが、第6条は市長が使用の許可をしないなど使用を制限する場合についてを規定し、第7条は使用の許可を受けた者の使用料の納付については、7ページの別表に規定するところとし、防災研修室の目的外使用の場合と地震体験車の市民、市内団体等以外の者が使用する場合について、使用料の納付義務が発生すること等を規定し、第8条は使用料の減免についてを、第9条は使用権の譲渡禁止を、第10条は市長が使用の許可を取り消しまたは使用を停止させることができる場合を規定するものであります。6ページになりますが、第11条は使用者の使用後の原状回復義務を規定し、第12条は使用者が防災センターの施設を使用する場合の遵守義務事項等を規定し、第13条は使用者の損害賠償義務についてを規定するものであります。第14条は委任の規定であります。


 なお、この条例は平成21年3月2日から施行するものであります。


 以上で議第115号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


 ここで、本件に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり総務文教委員会に審査を付託いたします。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第116号・恵那市岩村地域特産物販売施設条例の制定についての詳細説明を求めます。


 岩村振興事務所長・大嶋正己君。


           (岩村振興事務所長・大嶋正己君 登壇)


○岩村振興事務所長(大嶋正己君) 議案書の9ページをお願いいたします。


 議第116号・恵那市岩村地域特産物販売施設条例を制定することにつきまして、議会の議決をお願いするものでございます。


 提案の理由といたしましては、恵那市岩村地域特産物販売施設の管理を指定管理者が行う等、現行条例の恵那市岩村地域特産物販売施設条例の全部の改正をお願いいたすものでございます。


 では、10ページをお願いします。


 条例の内容ですが、第1条では、都市住民との交流、地域の新鮮、安全かつ高品質な農産物並びに特産物の販売を行うためとして、恵那市岩村地域特産物販売施設の設置を定めております。第2条では名称と位置を、第3条では施設の管理を指定管理者が行うと定め、第4条では休業日を水曜日に定め、第5条では利用時間を午前9時から午後5時までに定め、第6条では指定管理者の特段の設備の扱いを、11ページの第7条では行為の禁止、第8条では占有の禁止、第9条では利用の制限を、第10条では禁止行為等を行った場合の損害賠償義務を、第11条、指定管理者が行う業務を定めております。第12条では、指定の期間を指定を受けた日から5ヵ年と定めております。第13条では、条例のほか必要な事項を定める委任を定めてございます。


 12ページからの附則といたしまして、施行期日ですが、この条例は平成21年4月1日から施行するものでございます。


 経過措置といたしまして、この条例の施行日の前に改正前の恵那市岩村地域特産物販売施設条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなします。施行日前の改正前の条例の規定により課した、または課すべきであった使用料の取り扱いについては、なお従前の例によるものでございます。


 以上で議第116号の提案説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


 ここで、本件に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


 13番・水野功教君。


○13番(水野功教君) 13番・水野功教です。


 これは多分付託になると思いますので、ここでお伺いしておきます。


 農業関係の施設については、かなりの施設がもう既に指定管理になっておりますが、ここがおくれた理由をお聞かせいただきたいということ。


 それから、恵那市は交流都市ということで盛んに打ち出しておるわけですが、夏休みなんかもかなり市外からもお見えになります。そうしたときに、この道の駅が休みだということで、せっかく来たのにというふうな声をことしも幾つか聞きました。この条例の案によりますと、あらかじめ市長の承認を得て休業日を変更することができるというふうにありますが、これについて特にシーズン、春とか夏休み、秋については特別にそのような配慮、休日を返上してもやってもらうとか、交代でやってもらうとか、そのようなことなんかも仕様書なり要綱なんかでうたってもらうといいんじゃないかというふうに思いますが、これについてのお考えをお伺いしたいと思います。


○議長(伊東靖英君) 答弁を求めます。


 岩村振興事務所長・大嶋正己君。


○岩村振興事務所長(大嶋正己君) この施設につきましては、従来から委託というか、使用料をいただいて運営をしていただきました。最近の経済事情を受けまして、指定管理と隣にある公衆便所を含めて指定管理をしたいという考えに至りましたので、こういった提案を行っております。それと、休日につきましては、今後、公の指定管理施設の選定委員会によりまして、指定を受けられた事業者と詰めていきたいと、当然シーズン的な販売状況が多い場合にはそういった変更をしていただくのは最も営業上結構なことだと思います。以上です。


○議長(伊東靖英君) ほかにご質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり産業環境委員会に審査を付託いたします。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第117号・恵那市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正について、議第118号・恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部改正について、議第119号・恵那市税条例の一部を改正する条例の一部改正について、以上3件について詳細説明を求めます。


 総務部長・林 茂信君。


             (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) それでは、議案書の13ページをお願いします。


 議第117号・恵那市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正についてご説明いたします。


 恵那市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部を改正する条例を次のとおり定めるものであります。


 提案理由でございますが、独立行政法人国際協力機構法の一部改正によりまして、同国際協力機構の業務に開発途上地域に対する有償資金協力業務が加えられたことに伴い、職員の国際貢献活動に関する規定のあります本条例の必要な部分を整備するため、この条例を定めるものであります。


 それでは、別冊でお配りしております参考資料の1ページをお願いいたします。


 恵那市改正条例議案の概要でございます。


 1ページでございますが、具体的には、独立行政法人国際協力機構法の一部改正によりまして、条例に使われている同法の引用条項を改正する字句の整備であります。第5条の奉仕活動の規定におきまして、第1条第1号条文中にある法の引用条項、「第13条第1項第3号」を「第13条第1項第4号」に改めるものであります。


 なお、この条例は公布の日から施行するものであります。


 以上で議第117号の説明を終わります。


 次に、議案書の15ページをお願いします。


 議第118号・恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部改正についてご説明いたします。


 恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を次のとおり定めるものであります。


 提案理由でありますが、特別職職員のうち、市長の給与月額の特例と当該特例を適用する期間を規定するため、この条例を定めるものであります。


 また恐れ入りますが、参考資料の2ページをお願いいたします。


 附則第3項を、表のCの欄に示すように附則第4項として繰り下げ、附則第2項の次に新しい第3項を加える改正を行うもので、新第3項は第3条の規定にかかわらず、平成21年1月1日から平成24年11月27日までの間、市長の給与月額は76万円とするという条文でございます。


 なお、この改正は、これまで市長の給与月額は、平成18年4月1日から平成20年11月27日までの間、第3条の別表に規定する80万円から5%減の76万円と規定されてきましたが、新たに設定した当該期間も同内容とすることを規定したものであります。


 なお、この条例は公布の日から施行するものであります。


 以上で議第118号の説明を終わります。


 続きまして、議案書の17ページをお願いします。


 議第119号・恵那市税条例の一部を改正する条例の一部改正についてご説明いたします。


 地方税法の一部を改正する法律が平成20年4月30日に公布され、これに基づき平成20年の恵那市議会定例会で議決を受け交付された恵那市税条例の一部を改正する条例について、寄附金税額控除の拡充に係る部分の追加整備を行うため、この条例を定めるものでございます。


 今回の改正は、市が住民の福祉の増進に寄与する寄附金として、条例で定めるものは寄附金税額控除の対象とすることができるとした法の改正趣旨に基づき、前回未整備部分であった税制控除の対象とする寄附金の範囲を追加するものであります。


 それでは、別冊参考資料の恵那市改正条例議案の概要によりご説明いたします。


 3ページをお願いいたします。条文改正の順序によりご説明をいたします。


 表の9、新中のアンダーラインの部分が改正内容となっております。第34条の7の改正でございますが、今回の地方税法の改正の示すところによりまして、税額控除ができる寄附金の項目を表の新の欄、第1項下段の方のアンダーラインの箇所のように、第3号の規定以下を追加し、条文の整備を行うものでありまして、各号の内容は、第3号は財務大臣が指定した寄附金であり、第4号は独立行政法人への寄附金、第5号は地方独立行政法人への寄附金、第6号は旧民法法人に対する寄附金、4ページになりますが、第7号は公益社団法人及び公益財団法人への寄附金、第8号は学校法人への寄附金、第9号は社会福祉法人への寄附金、第10号は更生保護法人への寄附金、第11号は県の許可のあった特定公益信託の信託財産とするために支出した金銭とするものであり、また第12号は認定・特定非営利活動法人が行う特定非営利活動に係る事業に関連する寄附金であります。


 3ページの上段に戻りますけれども、第1項のアンダーラインの条文において、先ほど説明しました各号の寄附を行う場合の範囲を規定し、第3号から第10号及び第12号の目的で行う寄附金については、岐阜県内に主な事務所のある法人または団体への寄附金に限ることを、また第11号にあっては、岐阜県知事または岐阜県教育委員会の許可を受けた特定公益信託に対する金銭であることを新たに規定するものであります。


 恐れ入りますが、議案書の20ページをお願いしたいと思います。


 附則におきまして、第1条は施行期日で、この条例は平成21年4月1日から施行することを、そして第2条は経過措置で、新条例第34条の7第1項第3号から第12号までの規定に掲げるものについては、平成20年1月1日以後に支出する寄附金または金銭について適用することを定め、第3条は恵那市税条例の一部改正ですが、字句を整備するものであります。


 以上で議第119号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第120号・恵那市地域集会施設条例の一部改正についての詳細説明を求めます。


 企画部長・藤原由久君。


             (企画部長・藤原由久君 登壇)


○企画部長(藤原由久君) 議案書の21ページをお願いいたします。


 議第120号・恵那市地域集会施設条例の一部を改正することにつきまして議会の議決をお願いいたします。


 提案の理由といたしましては、施設利用の公平性、効率性等の観点から、地元移管の適当な椋実公会堂、飯地町南集会所及び原公民館の3館を廃止し、当該施設条例の別表から削除するためであります。


 別添の参考資料概要書をお願いいたします。6ページをお願いいたします。


 アンダーライン部分の改正点をお願いいたします。別表第2条関係におきまして、恵那市椋実公会堂、恵那市飯地町南集会所、恵那市原公民館、この3館の名称並びに位置の削除を行うものであります。


 なお、本条例は、附則によりまして平成21年4月1日から施行するものであります。


 以上で議第120号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第121号・恵那市国民健康保険条例の一部改正について、議第122号・恵那市保育所設置条例の一部改正について、以上2件について詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) 議案書の23ページをお願いいたします。


 議第121号・恵那市国民健康保険条例の一部改正についてご説明いたします。


 提案理由ですが、産科医療補償制度が創設されることとなり、健康保険法施行令の改正により、施行令第36条ただし書きというところがございますが、ここに該当する医療機関で出産した被保険者について3万円が加算されることになりました。これに伴いまして、出産一時金の支給額を増額するために、条例の一部改正を提案するものでございます。


 それでは、別冊の改正条例議案の概要の7ページをお願いいたします。


 新旧対照表のアンダーラインの部分が改正部分であります。第6条第1項中の新条例の部分でございますが、ただし書きを加えまして、市長が健康保険法施行令(大正15年勅令第243条)第36条の規定を勘案し、必要があると認めるときは規則で定めるところにより、これに3万円を上限として加算するものであります。


 議案書に戻りまして24ページでございますが、附則といたしまして、この条例は平成21年1月1日から施行するものであります。


 以上で議第121号の説明を終わります。


 続きまして、25ページでございます。


 議第122号・恵那市保育所設置条例の一部改正についてご説明いたします。


 提案理由といたしましては、城ヶ丘保育園の管理を指定管理者が行うなど必要な事項を定めるため、この条例の一部改正を提案するものであります。


 それでは、別冊改正条例議案書の概要の8ページをお願いいたします。


 新旧対照表の新の部分で説明いたします。アンダーラインの部分が改正に係る箇所でございます。まず、第3条及び4条は条文の新設であります。第3条は指定管理者による管理として、城ヶ丘保育園の管理は地方自治法第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって市長が指定する者に行わせることを定めるものであり、第4条は指定管理者が行う業務として、第1号は恵那市保育の実施に関する条例第2条に規定する児童の保育に関すること、第2号といたしまして、施設及び設備の維持、管理及び軽微な修繕に関すること、第3号として、その他運営に関する業務のうち、市長のみの権限に属する事務を除き市長が必要と認めることを定めるものであります。


 続きまして、第5条の入所児童は、第3条を繰り下げるものであり、第6条の使用料は、第4条を繰り下げるとともに、条文中第3条を第5条に改めるものであり、第7条の使用料の減免等は、第5条を繰り下げるものであります。


 次ページにわたりますけれども、第8条は準用の条文を新設するものであり、城ヶ丘保育園については第6条及び第7条の条文に「使用料」とあるのは「利用料」と読みかえるものであります。第9条は指定管理者の指定期間の条文を新設するものであり、第1項は指定管理者が保育所の管理を行う期間は、指定を受けた日から5年以内とするものであり、第2項は前項の期間の計算においては指定を受けた日から同日後、最初の3月31日までの間を1年間とするものであります。


 次の第10条の管理の原則は、第6条を繰り下げるものであり、第11条の委任は、第7条を繰り下げるものであります。


 議案書にまた戻っていただきまして、26ページをお願いいたします。


 附則でございますが、この条例は平成21年4月1日から施行するものであります。


 以上で議第122号の説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第123号・恵那市病院事業の設置等に関する条例の一部改正についての詳細説明を求めます。


 医療管理部長・堀 恒夫君。


            (医療管理部長・堀 恒夫君 登壇)


○医療管理部長(堀 恒夫君) 議案書の27ページをお願いいたします。


 議第123号・恵那市病院事業の設置等に関する条例の一部改正についてご説明を申し上げます。


 今回の提案理由といたしましては、医療法施行規則の改正によりまして、患者や住民自身が自分の病状に合った適切な医療機関の選択を行うことを支援する観点から、広告可能な診療科目の改正が行われました。これに基づきまして、市立恵那病院及び国民健康保険上矢作病院の標榜科を改める必要が生じましたので、条例の一部改正をお願いするものでございます。


 別冊の参考資料、恵那市改正条例議案の概要10ページをお願いいたします。


 第3条第2項の診療科目を改めるということで、新旧対照表のように、市立恵那病院では追加と変更を合わせまして13の診療科目から18の診療科目に、また国民健康保険上矢作病院では変更ということで、10の診療科目から12の診療科目に改めるものでございます。


 なお、この条例は平成21年1月1日から施行するものでございます。


 以上で議第123号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第124号・恵那市火葬場条例の一部改正についての詳細説明を求めます。


 水道環境部長・荻山清和君。


            (水道環境部長・荻山清和君 登壇)


○水道環境部長(荻山清和君) それでは、議案書29ページをお願いいたします。


 議第124号・恵那市火葬場条例の一部改正についてご説明いたします。


 提案理由でございますが、けいなん斎苑を廃止し、現在の霊きゅう車を恵那市火葬場条例に定める施設設備として位置づけるため、この条例を定めるものでございます。


 参考資料の改正条例議案の概要の11ページをお願いいたします。


 新旧対照表のうち、アンダーライン部分が改正となっていますが、その概要についてご説明いたします。


 第1条の設置では、火葬場の設置及び管理について条文の整備をし、第2条の名称及び位置では、けいなん斎苑を削除し、第3条の使用の許可では、新たに3項として霊安室、待合室及び霊きゅう自動車の使用について定め、第6条の使用料の免除では条文の整備をし、第11条の損害賠償の義務では、ただし書きにより霊きゅう自動車の運転業務に伴う損害賠償について定めています。


 別表では、火葬炉使用料、待合室等使用料の2表で定めていたものを1表に統合し、霊きゅう自動車使用料を追加し、備考では霊きゅう自動車の使用など条文の整備です。


 議案書32ページへお戻りください。


 附則第1項として、この条例は平成21年4月1日から施行するものです。


 第2項は、恵那市霊きゅう自動車条例を廃止するものです。


 以上で議第124号のご説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第125号・恵那市消防本部及び消防署設置条例の一部改正についての詳細説明を求めます。


 消防長・伊藤政治君。


             (消防長・伊藤政治君 登壇)


○消防長(伊藤政治君) それでは恐れ入りますが、議案書の33ページをお願いいたします。


 議第125号・恵那市消防本部及び消防署設置条例の一部改正についてご説明いたします。


 提案の理由でありますが、恵那市消防本部及び恵那消防署を新たに完成いたします消防防災施設に移転するため、この条例を定めるものでございます。


 恐れ入りますが、参考資料の概要の15ページをお願いいたします。


 表中のアンダーラインの部分が改正となるものであります。第2条の恵那市消防本部の位置、「恵那市長島町正家一丁目1番地28」を、「恵那市長島町正家1015番地2」に改めるものであります。また、第3条、恵那消防署の位置、「恵那市長島町正家一丁目1番地28」を、「恵那市長島町正家1015番地2」に改めるものであります。


 なお、この条例は平成21年3月2日から施行するものであります。


 以上で議第125号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第126号・恵那市体育施設条例の一部改正について、議第127号・恵那市弓道場条例の一部改正について、議第128号・恵那市B&G海洋センター条例の一部改正について、議第129号・恵那市明智武道館条例の一部改正について、議第130号・恵那市上矢作プール条例の一部改正について、以上5件について詳細説明を求めます。


 教育次長・西部良治君。


             (教育次長・西部良治君 登壇)


○教育次長(西部良治君) それでは、議案書35ページをお願いいたします。


 議第126号・恵那市体育施設条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 提案理由といたしましては、明智グラウンドの管理を指定管理者が行う等必要な事項を定めるため、この条例を定めるものでございます。


 それでは、別冊の参考資料16ページをお願いいたします。


 新旧対照表のうち、新の方をもって説明させていただきます。第1条の2第5号として、明智グラウンドを追加いたします。第3条、使用の不許可について、ここに3号を4号に繰り下げ、第3号、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団その他集団的に、又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき」をここに加えます。それから、第7条使用料につきましては、第7条第2項を、「市長は、指定管理者に利用料を当該指定管理者の収入として収受されるものとすること」に改めます。第7条第3項は削除いたします。


 参考資料17ページをお願いいたします。


 旧では「利用料の収入」とあったのを、第7条の2「使用料の不還付」ということで、既納の使用料は還付しないということを定めておりますが、例外的規定として、使用の責に帰さない理由による等三つの例外的な措置を規定しております。


 次に、新規に使用料の減免ということで、第7条の3、「教育委員会は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、あらかじめ市長が定める基準により、使用料を減額し、又は免除することができる」という規定を1号から3号まで定めております。それから、指定管理者の指定の期間でありますが、第9条の2として、「指定管理者が指定施設の管理を行う期間は、指定を受けた日から5年以内とする」に改めます。


 次に、18ページをお願いいたします。


 準用規定第9条の3ですが、旧の「第7条、第8条、第9条」を「第9条まで」と改めます。


 議案書の37ページをお願いいたします。


 この条例は、平成21年4月1日から施行いたします。


 これで議第126号の説明を終わらせていただきます。


 続きまして、議案書39ページをお願いいたします。


 議第127号・恵那市弓道場条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この弓道場条例の改正につきましては、山岡・明智・串原・上矢作にあります弓道場の管理を指定管理者が行う等必要な事項を定めるために、この条例を定めるものでございます。


 別冊資料19ページをお願いいたします。


 新に、改正条例につきましては第1条(趣旨)とあったものを(設置)「ここに恵那市の弓道場を設置する」という条文に改めます。


 次に第3条、「使用時間」とあったのを「管理及び運営」とし、指定管理者が管理できることに改めます。


 第4条、「管理及び運営」であったものを「指定管理者が行う業務」として、1から4号までの指定管理者が行う業務を規定しております。


 第5条、「使用の許可」であったものを「休館日」とし、第5条では、指定管理者が特に必要があると認めるときは教育委員会の承認を得て休館日を設けることができることを規定しております。


 次に、第6条、「使用料の納付」ということでありましたが、それを「開館時間」とし、弓道場の開館時間を午前9時から午後9時30分までとします。ただし、指定管理者は必要があると認めるときは、教育委員会の承認を得てこれを変更することができることに定めております。


 次に、20ページをお願いいたします。


 第7条は利用の許可ということで、弓道場を利用することができる者は恵那市内に在住し、指定管理者の許可を得た者とする。第2項では、それ以外の者でも利用できるということ、第3号につきましては、指定管理者は1号から4号に該当する場合に利用の許可をしない場合を規定しているものであります。


 次に、新規といたしまして、次の四つの条文を入れております。第8条が利用の制限ということで、指定管理者は1号から3号までの場合に利用の許可を取り消すことができる、あるいは制限することができることを定めております。


 次に、第9条は利用料の納付ということで、指定管理者に利用料を納入すること、あるいは、指定管理者は条例に定める額の範囲内において利用料を定めることができる等の場合を定めております。


 次に、21ページをお願いいたします。


 第10条は利用料の不還付ということで、一度払った利用料は還付しないということですが、1号から3号までの例外的な場合には還付するということを規定しております。


 次に、第11条は利用料の減免ということで、指定管理者が減免あるいは減額することができる場合を既定し、1号、市が主催の行事等、1号から4号までございます。


 次に、旧の第8条であった特別の設備を第12条とし、利用者は、特別の設備はあらかじめ指定管理者の許可を得なければならないということですが、以降この場合、「使用者」を新しい条例では「利用者」とし、「教育委員会」を「指定管理者」としております。


 原状回復義務第13条、これも「使用者」を「利用者」とし、旧の場合、「弓道場の使用を終了したところ」を「弓道場の利用が終わったとき又は第7条の規定により利用の停止若しくは利用の許可の取り消しがなされた」に改め、「使用場所」を「弓道場」に改めます。損害賠償義務は、これも「使用者」を「利用者」とし、「教育委員会」を「指定管理者」といたします。


 次に、22ページをお願いいたします。


 新たに指定管理者の指定の期間、第15条を設けまして、指定管理の期間は5年以内とすること等を定めております。


 委任につきまして、第11条を第16条に繰り下げております。


 あと別表第6条関係でございますが、「使用料の額」を「利用料」といたしております。


 では、議案書の42ページをお願いいたします。


 この条例は、平成21年4月1日から施行いたします。


 以上で議第127号の説明を終わらせていただきます。


 続きまして、議案書43ページをお願いいたします。


 議第128号・恵那市B&G海洋センター条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 B&G海洋センターのうち、明智のB&G海洋センターの管理を指定管理者が行う等必要な事項を定めるため、この条例を定めるものであります。


 それでは、別冊参考資料23ページをお願いいたします。


 第3条、管理及び運営に関しまして、「これは教育委員会が行う等」を削除する条文の整備であります。


 第5条、職員については削除をいたします。休館日、開館日につきましては、条文の1条の繰り上げになります。開館日等の変更、これも条文が1条繰り上がりまして、「教育委員会等」を「指定管理者」に改め、「教育委員会の承認を得て」を加えるものであり、「ただし、山岡B&G海洋センター以下について」は削除するものであります。


 次の23ページから24ページにわたりますが、第8条については「使用」を「利用」と改め、「教育委員会」を「指定管理者」とし、次の第8条第2項に、第3号、暴力団員等による不当な行為の防止等に関する法律にかかわる条文をここに規定し、旧の第3号を第4号といたします。次に、「使用制限」を「利用制限」に改め、第10条を第9条と繰り上げ、「教育委員会」を「指定管理者」とし、「使用者」を「利用者」と改めます。


 また、旧の第10条第3号にございました「関係職員」を、新の方では第3号「指定管理者」にいたします。新たに利用料の納付ということで、第10条、海洋センターを利用しようとする者は、指定管理者に利用料をあらかじめ納付しなければならない。第2項としても、指定管理者は、市長の承認を得て条例の範囲内で利用料を定めることができること。それから、市長は、指定管理者に利用料を指定管理者の収入にして収受させるものとすることを定めており、次の旧の第11条は削除いたします。


 25ページをお願いいたします。


 旧の第12条を第11条に繰り上げますが、「使用料」を「利用料」とし、「使用者」を「利用者」と、「使用」を「利用」といたします。


 次の新の第12条でございますが、「使用料」を「利用料」とし、指定管理者が利用料を減免する場合等を定めており、2号にありますように、旧では「公立学校」とあったのを「市内に所在する幼稚園・小学校及び中学校」に改めます。


 新たに第13条として、特別の設備についての規定を加えており、旧の指定施設の利用料の収入については削除いたします。原状回復義務につきましては、新では第14条とし、「使用者」を「利用者」、「使用」を「利用」と改めるものであります。


 26ページをお願いいたします。


 損害賠償義務につきましても、第15条、「使用者」を「利用者」と改めるものであります。また、指定管理者の指定の期間につきましては、第16条として、指定を受けた日から5年以内とするに改めます。さらに、旧の準用規定は削除いたします。委任については、第19条から第17条への繰り上げとなります。


 議案書の45ページにお戻りください。


 この条例は、平成21年4月1日から施行するものであります。


 以上をもちまして、議第128号・恵那市B&G海洋センター条例の一部改正についてご説明を終わらせていただきます。


 続きまして、議案書47ページ、議第129号・恵那市明智武道館条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 提案理由といたしましては、明智武道館の管理を指定管理者が行うため、必要な事項を定めるため、この条例を定めるものであります。


 それでは、別冊参考資料27ページをお願いいたします。


 新の方で説明いたします。管理及び運営、第3条ですが、ここでは指定管理者が管理できることを定めております。第4条では指定管理者が行う業務ということで、1号から4号まで定めております。第5条では休館日を定め、指定管理者が教育委員会の承認を得て休館日を設けることができると定めております。第6条では開館時間とし、午前9時から午後9時半まで、ただし、必要な場合は教育委員会の承認を得てこれを変更することができると定めております。


 次に第7条ですが、利用の許可ということで、28ページにわたりますが、利用ができる者等をここに規定し、第4項といたしましては、武道館の利用を許可しない場合を規定しております。


 次に第8条として、指定管理者が利用の制限をできる場合を1号から3号まで述べております。第9条は新規に加えるものでございまして、利用料の納付ということで、第7条第1項に規定する者、恵那市内の者は無料とするもの、あとはそれぞれの利用料についての規定であります。


 次に、29ページをお願いいたします。


 第10条から第13条までは新しくつけ加えるものでありますが、第10条は、利用料を還付しないということですが、例外的な措置も規定しております。第11条は利用料の減免の規定、第2条は特別な設備の規定であり、第13条は原状回復の義務、第14条は旧の第9条の「使用者」を「利用者」とし、「教育委員会」を「指定管理者」と改めております。


 次に、30ページをお願いいたします。


 指定管理者の指定の期間ということで、第15条に改めております。委任につきましては条文の繰り下げであり、別表第6条を第9条とし、「使用料」を「利用料」とするものであります。


 この条例は、平成21年4月1日から施行するものであります。


 以上で、恵那市明智武道館条例の一部改正について説明を終わらせていただきます。


 次に、議案書51ページをお願いいたします。


 議第130号・恵那市上矢作プール条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 この条例は、上矢作プールの管理を指定管理者が行うために必要な事項を定めるため、この条例を定めるものであります。


 別冊資料31ページをお願いいたします。


 このうち第3条、管理及び運営に関しましては、指定管理者が管理できること、新規といたしまして、指定管理者が行う業務として第4条に定めております。第5条としては、それまで4条であったものを第5条とし、「使用」を「利用」とするものであり、「教育委員会」を「指定管理者」とするものであります。さらに第5条第3項では、「教育委員会の承認を得て」を加えるものであります。第6条につきましても、旧の「使用」を「利用」とし、「教育委員会」を「指定管理者」とするものであり、32ページをお願いいたします。3項では、新たに利用許可を制限するための条文を追加して規定しているものであります。第7条につきましては、旧の第6条の「使用」を「利用」とし、「教育委員会」を「指定管理者」としております。


 次に、利用料の納付ということで第8条、利用料の不還付ということで第9条、利用料の減免ということで第10条、特別の設備ということで第11条、原状回復義務として第12条の条文を加え、旧の第7条、第8条を削除し、34ページをお願いいたします。損害賠償義務につきましても、「使用者」を「利用者」等の文字の整備であります。


 新たに第14条として、指定管理者の指定の期間を定めるものであります。委任につきましては、第10条から第15条への繰り下げであり、別表につきましても第7条を第8条に繰り下げ、「使用」を「利用」と改めるものであります。


 議案書の54ページをお願いいたします。


 この条例は、平成21年4月1日から施行するものであります。


 これをもちまして、恵那市上矢作プール条例の一部改正について説明を終わらせていただきます。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第131号・財産の無償譲渡について及び議第132号・財産の無償譲渡について、以上2件について詳細説明を求めます。


 企画部長・藤原由久君。


             (企画部長・藤原由久君 登壇)


○企画部長(藤原由久君) 議案書の55ページをお願いいたします。


 議第131号・財産の無償譲渡につきまして、議会の議決をお願いいたします。


 提案の理由といたしましては、市が昭和53年に複合施設として建設し、以来、椋実区が地域の拠点施設として適切に管理運営をしてまいりました恵那市椋実公会堂につきまして、施設利用の公平性、効率性等の観点から、地元移管について協議を進めてまいりましたが、地縁団体の認可等すべての条件にかかわる調整ができましたので、椋実区に当該建物を譲渡し、地区の自主性を尊重した運営管理を図ろうとするものであります。


 譲渡する財産の内容は、建物、構造は鉄骨平家建て、床面積173.75平方メートル、所在地は恵那市三郷町椋実912番地2であります。譲渡する相手方は恵那市三郷町椋実912番地2、地縁団体は椋実区でありまして、その代表は藤井美喜男であります。


 以上で議第131号の説明を終わります。


 続きまして、56ページをお願いいたします。


 議第132号・財産の無償譲渡について、議会の議決をお願いいたします。


 提案の理由といたしましては、市が平成6年度に水源地域特別措置法に基づく新丸山ダム水資源地域整備事業として建設し、以来、飯地町南自治会が地域の拠点施設として全面的に管理運営をしてまいりました恵那市飯地町南集会所につきまして、施設の利用が地域住民に限られ、実質的に飯地町南自治会の集会施設となっていることから、施設利用の公平性等の観点を含め、地元移管につきまして協議を進めてまいりましたが、地縁団体の認可等すべての条件にかかわる調整ができましたので、飯地町南自治会に当該建物を譲渡し、地区の自主性を尊重した運営管理を図ろうとするものであります。


 その譲渡する財産の内容は、建物、構造は木造平家建て、床面積は111.79平方メートル、所在地は恵那市飯地町2410番地2であります。譲渡する相手方は恵那市飯地町2410番地2、地縁団体は南自治会、代表は各務芳和であります。


 以上で議第132号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第133号・財産の無償譲渡について及び議第134号・財産の無償譲渡について、以上2件について詳細説明を求めます。


 教育次長・西部良治君。


             (教育次長・西部良治君 登壇)


○教育次長(西部良治君) それでは、議案書57ページをお願いいたします。


 議第133号・財産の無償譲渡ということで、地方自治法第96条第1項第6号の規定により、次の財産を無償譲渡したいため、議会の議決を求めるためでございます。


 この財産につきましては、恵那市山岡町にございます原公民館の土地・建物を無償譲渡するためでございまして、原公民館は昭和48年度に建設され、原区における地域コミュニティーの拠点施設として、長年にわたって原区の協力を得て管理運営が行われてきたものであります。このたび、原区より土地・建物の無償譲渡及び施設修繕の要望があり、協議を進めた結果、原公民館は地域集会施設として、地区の自主性を尊重した運営管理を図るため、当該団体に無償譲渡するものであります。


 無償譲渡する財産の内容でございますが、まず土地ですが、地目は宅地、面積は772.16平方メートル、所在地は恵那市山岡町原字道下通921番地1、建物は構造が鉄筋コンクリートづくり3階建て、床面積が861.53平方メートル、これも同じく所在地は恵那市山岡町原921番地1、譲渡する相手方は恵那市山岡町原921番地1、原区区長・伊藤文雄であります。


 以上で議第133号の説明を終わります。


 続きまして、議案書58ページをお願いいたします。


 議第134号・財産の無償譲渡についてということで、これは旧武並公民館の建物を無償譲渡するため、議会の議決を求めるものであります。


 旧武並公民館は昭和45年度に建設され、地域の生涯学習やコミュニティーの拠点施設として長年親しまれてきました。しかし、老朽化が進んだために平成18年4月、新たに建設された武並コミュニティーセンターに公民館機能が移っておりますが、旧の武並公民館につきましては、東美濃農業協同組合との複合施設で取り壊しができないということで、旧公民館部分を地元に貸し付け、活用を図ってきたところであります。このたび、武並町の竹折区協議会より建物の無償譲渡要望がありましたので、地区の自主性を尊重した管理運営を図るため、当該団体に無償譲渡するものであります。


 譲渡する財産の内容といたしましては、構造、鉄筋コンクリートづくり2階建て、床面積546.64平方メートルと、附属する調理室として使われておる木造平家建て65.08平方メートルの建物、所在地は恵那市武並町竹折1088番地1、譲渡する相手方は恵那市武並町竹折1088番地1、武並町竹折区協議会会長・度会忠征であります。


 以上で議第134号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第135号・恵那市監査委員の選任については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することに決しました。


よって、直ちに採決を行います。


 議第135号・恵那市監査委員の選任については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第135号は原案のとおり同意されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第136号・恵那市公平委員会の委員の選任については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することと決しました。


よって、直ちに採決を行います。


 議第136号・恵那市公平委員会の委員の選任については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第136号は原案のとおり同意されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第137号・恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することと決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第137号・恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第137号は原案のとおり同意されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第138号・恵那市遠山財産区管理会の委員の選任については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することと決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第138号・恵那市遠山財産区管理会の委員の選任については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第138号は原案のとおり同意されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第139号・恵那市上財産区管理会の委員の選任については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することに決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第139号・恵那市上財産区管理会の委員の選任については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第139号は原案のとおり同意されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第140号・恵那市教育委員会の委員の任命については、人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することに決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第140号・恵那市教育委員会の委員の任命については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第140号は原案のとおり同意されました。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第141号・平成20年度恵那市一般会計補正予算について詳細説明を求めます。


 総務部長・林 茂信君。


             (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) それでは、別冊の恵那市補正予算書及び説明書の1ページをお願いします。


 議第141号・平成20年度恵那市一般会計補正予算(第4号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,581万7千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ282億1,151万7千円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、2ページから5ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 既定の継続費の廃止は、6ページの「第2表 継続費補正」によるものですが、年度を越えて実施する一般廃棄物最終処分場建設事業の平成20年度の事業内容が立木伐採の委託事業のみとなったことによりまして、本年度の支払いが不要となったことから、予算議決根拠を継続費から債務負担行為に切りかえることとし、この継続費を廃止するものであります。


 繰越明許費の追加及び変更は6ページでございますが、「第3表 繰越明許費補正」によるものであり、債務負担行為の追加は7ページの「第4表 債務負担行為補正」によるものですが、一般廃棄物最終処分場建設事業について継続費を廃止することに伴い、債務負担行為を設定するものであります。


 既定の地方債の変更は同じページの「第5表 地方債補正」によるもので、合併特例事業債について、当該事業費の精査に基づき、それぞれ借入限度額を変更するものでございます。


 11ページをお願いします。


 それでは、歳入の主なものについてご説明いたします。


 2款2項1目地方道路譲与税172万7千円の減額及び8款1項1目自動車取得税交付金694万円の減額は、道路特定財源暫定税率失効に伴う減であり、9款1項1目地方特例交付金644万5千円の増額は、減収補てん特例交付金等の増等であります。


 2項1目特別交付金の増額は説明を省略し、3項1目地方税等減収補てん臨時交付金866万7千円の増額は、暫定税率失効に伴う減収分について減収補てん交付金の計上でございます。


 10款1項1目地方交付税6,748万5千円は、普通交付税再算定による交付額の増額であり、12ページですが、12款1項1目農林水産業費分担金296万9千円の増額は、農家負担分に係る美濃東部区域農用地総合整備事業等の今年度の分担金の確定による増であります。


 14款2項1目民生費国庫補助金1,843万9千円の増額は、地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金等の増であり、2目衛生費国庫補助金6,469万4千円の減額は、一般廃棄物最終処分場建設事業の支出年度の変更に伴う減額であります。4目土木費国庫補助金6,214万円の増額はまちづくり交付金の増であり、6目災害復旧費国庫補助金342万3千円の減額は林道大沢線に係る災害復旧費補助金の減であり、15款2項1目総務費県補助金125万円の増額は県市町村振興補助金の計上であり、2目民生費県補助金397万3千円の増額は、障害者自立支援対策臨時特例交付金の増等であります。4目農林水産業費県補助金137万4千円の増額は鳥獣害対策事業補助金等の増であり、5目土木費県補助金125万円の増額、6目教育費県補助金157万5千円の増額及び7目商工費県補助金755万6千円の増額は県市町村振興補助金の計上であります。3項1目総務費県委託金27万2千円の増額は住宅土地統計調査委託金、6目教育費県委託金19万9千円の減額は英語活動等推進事業委託金で、ともに委託金の確定に伴う精算であります。


 16款財産収入、1項2目利子及び配当金200万円の増額は、財政調整基金ほか5基金の利子収入の増であります。


 14ページですが、17款1項3目教育費寄附金10万2千円の増額は、市図書館運営への岐阜銀行ほか1名からの寄附金であり、5目衛生費寄附金5万円の増額は、環境保全活動への東濃信用金庫からの寄附金であります。


 18款2項8目簡水経営安定化基金繰入金13万3千円の減額は、簡易水道経営安定化基金、これは毛呂窪分ですが、これの取り崩し額を減額するものであります。


 20款5項1目雑入894万円の増額は、過年度収入では児童手当の国及び県負担金等の過年度精算金を、そして雑入ではエコセンター恵那運営経費補てん金、恵那テクノパーク造成に伴う立木補償費、自動車共済保険金等を計上しております。


 21款1項7目合併特例事業債4,160万円の減額は、一般廃棄物最終処分場建設事業債の減額とまちづくり交付金事業債の増によるものでございます。


 15ページをお願いします。


 歳出の主なものについて順次説明をいたします。


 初めに、職員の給与に関しましては、本年4月に実施しました人事異動に伴う会計間並びに費目間の人件費を精査し、これに伴う増減分を計上するもので、全会計では合わせて1億2,990万円の減額となるものであります。


 そのうち、一般会計での人件費では総額7,160万円の減額となっておりまして、総務費を初め各費目間では増減の補正となっていますが、各費目ごとの人件費の詳細説明は、以後省略をさせていただきます。


 それでは、1款1項1目議会費123万9千円の減額は、職員人件費に係るものであり、16ページをお願いします。2款総務費、1項1目一般管理費934万3千円の増額は人件費の精算見込みのほか、19節では叙勲祝賀会負担金を計上しています。4目財政管理費217万7千円の増額は財政調整基金等の利子を各基金に積み立てるものであり、6目財産管理費480万円の増額は本庁舎放送設備等の修繕費の計上であり、8目地域活性化対策費は財源更正であり、10目地域自治推進費830万円の増額は地域へ譲渡する予定の原公民館に係る施設修繕工事費を計上するものであります。20目防災諸費は、防災センター研修設備の整備に係る費目の更正であり、18ページをお願いします。22目運輸対策費2,074万円の増額は明知鉄道経営対策補助金等の増でございます。


 2項徴税費、1目税務総務費788万6千円の増額、並びに20ページの3項1目戸籍住民基本台帳費95万6千円の増額は人件費であります。


 4項1目選挙管理委員会費は説明を省略し、22ページですが、5項1目統計調査総務費21万7千円の増額も人件費であり、2目指定統計調査費28万円の増額は住宅土地統計調査事業費の精算によるものであり、24ページの6項の監査委員費の説明は省略をさせていただきます。


 3款民生費、1項1目社会福祉総務費2,549万2千円の増額は人件費の減額のほか、岩村福祉センターの設備修繕費、山岡健康増進センターの指定管理委託料等の増、並びに26ページになりますが、生活保護費等に係る国庫・県負担金等過年度精算返還金の増によるものであります。2目心身障害者福祉費279万4千円の増額は、障害者自立支援対策臨時特例交付金を計上するものであり、3目老人福祉費2,018万3千円の増額は、高齢者等生活支援事業委託料ほか、武並町藤地区の小規模多機能型居宅介護施設を対象とした施設整備補助金の増であり、4目福祉医療費39万5千円の増額は老人保健医療特別会計への繰出金でございます。6目国民健康保険費791万3千円の減額は国民健康保険事業特別会計繰出金の減額等であり、7目介護保険費1,001万5千円の増額は介護保険特別会計の繰出金の増であり、8目後期高齢者医療費98万5千円の増額は後期高齢者医療特別会計への繰出金の増であります。


 28ページをお願いします。2項1目児童福祉総務費179万5千円の減額は人件費の減額であり、2目児童福祉対策費は説明を省略させていただきます。3目保育所費2,920万9千円の減額は保育園指定管理選考委員報酬の増、人件費の減額ほか、明智保育園建設に係る土地鑑定手数料、30ページになりますが、保育所運営費に係る国庫・県負担金等の過年度精算に基づく返還金等の増であります。


 3項1目生活保護費44万7千円の減額及び32ページの5項1目国民年金費18万4千円の増額、4款衛生費、1項1目環境衛生費67万円の増額、そして2目保健センター管理費407万5千円の減額はいずれも人件費の補正でございます。3目健康推進費は説明を省略させていただきます。34ページですが、5目地域医療対策費は病院事業費における支出科目の更正であり、6目火葬場費130万円の増額は火葬場待合等改造工事費の増であり、2項1目じん芥処理費611万3千円の増額は人件費ほか施設、車両等の修繕費、36ページですが、自動車事故賠償金であります。2目じん芥処理施設費1億6,968万1千円の増額は、最終処分場建設事業の本年度事業が委託による伐採事業のみとなり、本年度分の工事費の出来高、支出がなくなること等から、年度を越える事業の根拠を債務負担行為の設定に切りかえるとともに、委託料、工事請負費を減額するものであります。3目し尿処理費68万6千円の増額は人件費の補正であり、3項1目水道費1,748万9千円の増額は簡易水道特別会計への繰出金の増であります。


 38ページをお願いします。6款農林水産業費、1項2目農業総務費1,916万9千円の減額は、人件費の減と藤多目的研修センターの修繕費の計上によるものであります。3目農業振興費48万8千円の増額は、中山間地域等直接支払交付金の増、バイオマスタウン構想推進に係る委員報酬、印刷製本費等の推進経費の精査等でございます。


 40ページをお願いします。4目都市農村交流促進費13万円の増額は農業振興協議会補助金の増であり、5目農業農村整備費416万円の減額は人件費の減のほか、19節美濃東部区域農用地総合整備事業負担金の農家負担分の増等であり、6目農業用施設管理費は車両損害賠償金等でございます。8目農業集落排水事業費475万6千円の減額は農業集落排水事業特別会計繰出金の減であります。


 42ページをお願いします。2項1目林業総務費141万3千円の減額は人件費で、2目林業振興費21万6千円の増額は恵那の森林づくり推進員報酬の増、3目森林保全費14万5千円の増額は市営造林看守人賃金の増であり、4目林道新設改良事業費56万1千円の減額は人件費の減とカヤノ林道開設事業に係る事務費の増であります。


 44ページをお願いします。7款商工費、1項1目商工総務費462万7千円の減額は人件費でございます。2目商工業振興費1,493万4千円の増額は企業等立地促進奨励金の確定及び認定に伴う増、そのほか陶業文化センターにおける電気がま購入経費等を計上しております。3目観光費491万3千円の増額は、燃料費高騰などを原因とする串原温泉ささゆりの湯指定管理委託料の増等であります。


 46ページですが、8款土木費、1項1目土木総務費35万4千円の減額、2目施設監理費101万4千円の増額、47ページの2項1目道路橋りょう総務費195万7千円の増額及び3目道路橋りょう新設改良費615万8千円の減額は、いずれも人件費の補正でございます。


 48ページをお願いします。4項1目都市計画総務費1億5,602万7千円の増額は、人件費のほか、まちづくり交付金事業で行う図書館用地の借地部分を購入する土地購入費、市道寺平的ヶ屋敷線踏切改良事業に係る工事負担金の科目変更等であり、3目街路事業費155万4千円の減額及び4目の土地区画整理事業費の減額は人件費であります。


 50ページですが、5目下水道費479万2千円の増額は、下水道事業特別会計繰出金の増であり、5項1目住宅管理費106万7千円の減額は人件費でございます。


 52ページをお願いします。9款消防費、1項1目常備消防費584万3千円の減額は人件費であり、2目非常備消防費は説明を省略いたします。


 53ページをお願いします。10款教育費、1項2目事務局費1,960万2千円の減額は、人件費のほか、英語活動等推進事業県委託金の確定に伴う研究指定校の研究事務費の減額等であります。


 54ページをお願いします。4目教育振興費66万円の増額はスクールバス燃料費の増等であり、2項1目学校管理費1,141万5千円の減額は人件費の減及び飯地小学校設備修繕費の増等であり、3項中学校費、1目学校管理費260万6千円の増額は、人件費のほか、恵那東中、岩邑中学校における設備修繕費の増等であり、2目学校教育振興費44万9千円の増額は恵那東中学校サーバー修繕に係るライセンス使用料の増であります。


 4項1目幼稚園管理費41万4千円の増額は人件費、事務費等の増であり、58ページをお願いします。5項1目社会教育総務費994万円の増額、4目文化振興費13万3千円の増額、5目公民館費15万1千円の増額はいずれも人件費でございます。7目図書館費33万5千円の減額は、人件費の減ほか、寄附金を図書館基金へ積み立てるものであります。


 60ページをお願いします。6項1目保健体育総務費34万3千円の減額は人件費であり、4目体育施設管理費179万6千円の増額は、落雷によるまきがね公園体育施設照明制御盤、電話システム等の修繕費を増額するものであります。5目学校給食費1,246万6千円の増額は、人件費の増のほか各施設の燃料費、それから山岡給食センターは燃料費分の施設負担金、給食センター設備機器修繕費、光熱水費等の増によるものであります。


 62ページをお願いします。11款災害復旧費、1項1目林道災害復旧費1,726万9千円の増額は、林野庁との工法協議に基づく林道大沢線災害復旧工事等を増額するものであります。


 なお、63ページから67ページに給与費の明細書を、68ページに債務負担行為の追加に関する調書を、69ページに地方債に関する調書を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で議第141号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 中途ではありますが、ここで1時まで休憩いたします。


               午前11時48分 休憩


       ─────────────────────────―


               午後 1時00分 再開


○議長(伊東靖英君) 休憩前に引き続いて会議を再開いたします。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 議第142号・平成20年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算、議第143号・平成20年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算、議第144号・平成20年度恵那市介護保険特別会計補正予算、以上3件について詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) それでは、予算書の71ページをお願いいたします。


 議第142号・平成20年度恵那市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億2,175万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ53億7,647万7千円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、72ページから73ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 77ページをお願いいたします。歳入からご説明いたします。


 4款2項2目国民健康保険事業国庫補助金86万6千円の増額は高額療養費システム改修に係る補助金であります。


 5款1項1目療養給付費交付金1億2,793万2千円の増額は退職者医療給付費の増加に伴い、社会保険診療報酬支払基金からの交付金であります。


 9款1項1目利子及び配当金87万円の増額は国民健康保険給付基金利子であります。


 10款1項1目一般会計繰入金791万3千円の減額は、人事異動などによる職員人件費の減額のほか、出産一時金の増額など一般会計からの繰入金を減額するものであります。


 78ページをお願いいたします。歳出であります。


 1款1項1目一般管理費955万3千円の減額は、職員人件費の減額のほか、法令の改正に伴う高額療養費システム改修の委託料などを計上するものであります。


 80ページをお願いいたします。2款1項2目退職被保険者等療養給付費6,261万9千円の増額補正は、退職被保険者の増に伴い、療養給付費の増額を見込むものであります。


 4目退職被保険者等療養費158万2千円の増額及び81ページの2項2目退職被保険者等高額療養費713万円の増額は、1項2目と同様の理由によるものであります。


 82ページをお願いいたします。4項1目出産育児一時金530万円の増額は、条例改正をお願いしておりますところの出産一時金の引き上げと申請件数の増加を見込むものであります。


 83ページをお願いいたします。3款1項1目後期高齢者支援金5,190万7千円の増額は、後期高齢者支援金と同様、病床転換支援金の増額決定によるものであります。


 84ページをお願いいたします。4款1項1目前期高齢者納付金71万9千円の増額は、前期高齢者の保険給付費の増額決定に伴うものであります。


 85ページをお願いいたします。8款1項1目特定健康診査等事業費113万4千円の増額は、特定健康診査の未受診者対策の事務経費であります。


 86ページをお願いいたします。2項1目健康都市推進費4万7千円の増額は人件費補正であります。


 87ページであります。9款1項1目国民健康保険給付基金積立金87万円の増額は基金利子であります。


 なお、88ページから91ページに給与費明細書を添付しておりますので、ご参照願います。


 以上で議第142号の説明を終わります。


 次に93ページをお願いいたします。


 議第143号・平成20年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算(第4号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ39万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億2,159万6千円とするものであり、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、94ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 97ページをお願いいたします。歳入からご説明いたします。


 4款1項1目一般会計繰入金39万5千円の増額は、老人保健医療の事務費について一般会計から繰り入れるものであります。


 98ページをお願いいたします。歳出であります。


 1款1項1目一般管理費39万5千円の増額は、第三者行為求償に係る国保連合会への委託事業実績見込みに基づき、委託料の補正をお願いするものであります。


 以上で議第143号の説明を終わります。


 次に99ページをお願いいたします。


 議第144号・平成20年度恵那市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ482万7千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ39億574万9千円とするものであり、サービス事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,475万6千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億4,432万3千円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、100ページの「第1表 歳入歳出予算補正(事業勘定)」及び101ページの「第2表 歳入歳出予算補正(サービス事業勘定)」によるものであります。


 105ページをお願いいたします。歳出からご説明いたします。


 1款1項1目第1号被保険者介護保険料の22万1千円の減額、3款2項2目地域支援事業交付金(介護予防事業)の9千円の増額、3目地域支援事業交付金(包括的支援事業、任意事業)の1千円の増額、4款1項2目地域支援事業支援交付金の1万2千円の増額、次の5款3項1目地域支援事業介護予防事業4千円の増額は、それぞれ平成20年度の介護予防事業などに係る財源補正であります。


 106ページにわたりますが、7款1項1目一般会計繰入金の463万2千円の減額は、職員の人事異動に伴う事務費繰入金の減額などが主な内容であります。


 107ページをお願いいたします。歳出であります。


 1款1項1目一般管理費の479万6千円の減額と、次の108ページの3項1目介護認定事業の16万円の増額、そして109ページの4款1項1目介護予防事業の3万8千円の増額はそれぞれ人事異動による人件費補正であります。


 110ページをお願いいたします。


 2項1目地域包括支援センター22万9千円の減額も、これも同様で職員の人事異動によるものであります。


 なお、111ページから114ページまでに事業勘定の給与費明細書を添付しておりますので、ご参照願います。


 117ページをお願いいたします。サービス事業勘定の歳入であります。


 3款1項1目一般会計繰入金1,464万7千円の増額は一般会計からの人件費などの繰入金であり、5款1項1目雑入の10万9千円の増額は自動車事故保険金であります。


 118ページをお願いいたします。歳出であります。


 1款1項1目一般管理費1,793万6千円の増額は、職員人件費のほか、119ページにあります11節の需用費でありますが、福寿苑のボイラー修繕経費などが主な内容でございます。


 120ページをお願いいたします。2款1項1目居宅介護サービス事業費9万6千円の増額は、燃料費であります。


 121ページの3項1目指定介護予防支援事業327万6千円の減額は人事異動によるものであります。人件費であります。


 なお、122ページから125ページまでにサービス事業勘定の給与費明細書を添付しておりますので、ご参照願います。


 以上で議第144号の説明を終わります。よろしくお願いします。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第145号・平成20年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算、議第146号・平成20年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算、議第147号・平成20年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算、以上3件について詳細説明を求めます。


 水道環境部長・荻山清和君。


            (水道環境部長・荻山清和君 登壇)


○水道環境部長(荻山清和君) それでは、補正予算書127ページをお願いいたします。


 議第145号・平成20年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)のご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,263万9千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億9,763万9千円とするものです。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、128ページ「第1表 歳入歳出予算補正」によるものです。


 地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することができる経費は、129ページ「第2表 繰越明許費」において、毛呂窪浄水場建設工事及び膜ろ過機械工事7,400万円を計上しています。


 133ページ、歳入のご説明をいたします。


 1款2項1目簡易水道負担金の増額は、上矢作町、山岡町での橋りょう工事に伴う補償工事及び消火栓修繕等による補正で、5款1項1目一般会計繰入金の増額は、事業の確定による補正で、2項1目簡易水道基金繰入金の増額は岩村町、山岡町の事業費の確定による補正で、7款1項1目雑入は岐阜県簡易水道協会からの助成金です。


 134ページ、歳出のご説明をいたします。


 1款1項1目一般管理費の減額は、人件費の増、委託費の管理業務の見直しによる減、消費税の確定による減額補正で、2項維持管理費、1目中野方簡易水道維持管理費から20目下原田簡易水道維持管理費までの増額は、施設の維持管理における修繕、資材費等の補正で、141ページをお願いいたします。2款1項建設費、1目中野方簡易水道建設費及び2目毛呂窪簡易水道建設費の増額は水道施設用地の取得に係る補正で、3目岩村町簡易水道建設費の増額は事業確定による補正で、4目山岡町簡易水道建設費及び6目上矢作町簡易水道建設費の増額は、河川工事に伴う水管橋工事の施行による補正で、3款1項2目利子の減額は利率確定による補正でございます。


 なお、144ページから147ページに給与費明細書を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で議第145号のご説明を終わります。


 続きまして、補正予算書149ページをお願いいたします。


 議第146号・平成20年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)のご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ475万6千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億8,661万9千円とするものです。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、150ページ「第1表 歳入歳出予算補正」によるものです。


 153ページ、歳入のご説明をいたします。


 4款1項1目一般会計繰入金の減額は事業確定による補正です。


 154ページ、歳出のご説明をいたします。


 1款1項1目一般管理費の減額は人件費の減及び消費税確定の補正で、2項1目農集恵那地区維持管理費の増額は、燃料費調整制度に伴う電気料の値上げによる補正で、2目農集恵南地区維持管理費の増額は、富田、飯羽間、下小田子のマンホールポンプの緊急修繕の補正で、3目個別排水処理施設維持管理費の増額は合併浄化槽のブロアー修繕等の補正です。


 なお、156ページから159ページに給与費明細書を添付していますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で議第146号のご説明を終わります。


 引き続きまして、補正予算書の161ページをお願いいたします。


 議第147号・平成20年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)のご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,059万2千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億2,974万1千円とするものです。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、162ページ「第1表 歳入歳出予算補正」によるものです。


 地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することができる経費は、163ページ「第2表 繰越明許費」において、寺平的ヶ屋敷線改良工事に伴う支障移転事業350万円を計上しています。


 既定の地方債の変更は、164ページ「第3表 地方債補正」によるものです。


 167ページ、歳入のご説明をいたします。


 3款1項1目下水道事業費国庫補助金は事業の組みかえによるもので、6款1項1目一般会計繰入金の増額は事業確定による一般会計からの繰入金の補正で、8款1項1目雑入の増額は他事業による補償費の補正で、9款1項1目下水道債の増額は建設事業の確定による補正です。


 168ページ、歳出のご説明をいたします。


 1款1項1目一般管理費の増額は人件費の減額、消費税の確定による補正で、2項1目公共奥戸処理区維持管理費の増額は電気料と汚泥処理委託料の補正で、2目特環恵那地区維持管理費及び3目特環恵南地区維持管理費の増額は、燃料費調整制度による電気料の補正でございます。


 171ページをお願いします。2款1項建設費、1目公共奥戸処理区建設事業費の減額は人件費の減額と建設事業の確定による補正で、2目特環恵那峡処理区建設事業費の増額は国道19号関連の設計委託の補正で、3目特環竹折処理区建設事業費の減額は、人件費の減額とマンホールポンプ設置工事による補正で、4目特環明智処理区建設事業費の減額は人件費の増と水道補償の実績による補正です。


 なお、175ページから178ページに給与費明細書を、179ページに地方債の調書を添付していますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で議第147号のご説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第148号・平成20年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算について詳細説明を求めます。


 市民福祉部長・大島博美君。


            (市民福祉部長・大島博美君 登壇)


○市民福祉部長(大島博美君) それでは、予算書の181ページをお願いいたします。


 議第148号・平成20年度恵那市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ98万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億1,098万5千円とするものであり、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、182ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 185ページをお願いいたします。歳入からご説明いたします。


 4款1項1目一般会計繰入金98万5千円の増額は、後期高齢者医療事務費の一般会計からの繰り入れであります。


 186ページをお願いいたします。歳出であります。


 1款2項1目徴収費98万5千円の増額は、制度改正に伴う普通徴収者の納付通知などに係る事務費を計上するものであります。


 以上で議第148号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第149号・平成20年度恵那市水道事業会計補正予算について詳細説明を求めます。


 水道環境部長・荻山清和君。


            (水道環境部長・荻山清和君 登壇)


○水道環境部長(荻山清和君) 補正予算書の187ページをお願いいたします。


 議第149号・平成20年度恵那市水道事業会計補正予算(第1号)につきましてご説明をいたします。


 収益的支出の補正につきましては、1款水道事業費用のうち、1項営業費用153万7千円の減額補正を予定し、水道事業費用の計を8億8,036万3千円とするものでございます。


 資本的支出の補正につきましては、既定の資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額「4億6,470万円」を「4億6,336万4千円」に、過年度分損益勘定留保資金「2億1,508万2千円」を「2億8,107万2千円」に、消費税資本的収支調整額「1,563万9千円」を「1,563万3千円」に、減債積立金「2億2,566万7千円」を「1億5,834万7千円」に改め、資本的支出の予定額を補正するものでございます。


 188ページをお願いいたします。


 支出につきましては、1款資本的支出のうち、1項建設改良費133万6千円を減額し、資本的支出の計を9億136万4千円とするものでございます。また、流用することができない経費の補正として287万3千円の減額補正を予定し、5,534万9千円とするものでございます。


 なお、189ページより水道事業会計予算実施計画、190ページに資金計画、191ページより給与費明細書、196ページより予定損益計算書、198ページより予定貸借対照表を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。


 202ページをお願いいたします。予算説明書によりご説明をいたします。


 収益的支出につきましては、1款1項2目配水及び給水費の減額は人件費の補正で、4目総係費においても同様の人件費の減額補正でございます。


 203ページをお願いいたします。資本的支出につきましては、1款1項3目建設改良事務費の減額の人件費の補正でございます。


 以上で議第149号のご説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) 次に、議第150号・平成20年度恵那市病院事業会計補正予算、議第151号・平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予算について詳細説明を求めます。


 医療管理部長・堀 恒夫君。


            (医療管理部長・堀 恒夫君 登壇)


○医療管理部長(堀 恒夫君) それでは、恵那市補正予算書及び説明書の205ページをお願いいたします。


 議第150号・平成20年度恵那市病院事業会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。


 第2条の収益的収入及び支出の補正の収入につきましては、第1款第1項医業収益の既決予定額から1,542万円を減額し、34億1,015万5千円とし、第2項医業外収益の既決予定額から350万円を減額し、3億4,863万2千円とするものであります。


 支出につきましては、第1款第1項医業費用の既決予定額から1,892万円を減額し、37億1,024万3千円とするものでございます。


 206ページをお願いいたします。第3条では、既決予算本文の括弧書きであります「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額4,137万円は、過年度分損益勘定留保資金で補てんするものとする」を、「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額4,487万円は、過年度分損益勘定留保資金で補てんするものとする」に改めます。


 収入では、第1款第2項出資金の既決予定額に350万円を追加し、7,273万円とするものであります。


 支出では、第1款第1項建設改良費の既決予定額に700万円を追加し、7,505万円とするものでございます。


 第4条の議会の議決を経なければ流用することができない経費の補正では、病院職員給与費の既決予定額から1,976万1千円を減額し、6億3,171万1千円とするものでございます。


 なお、207ページから219ページまでに病院事業会計予算実施計画、資金計画、給与費明細書、予定損益計算書、予定貸借対照表を添付しておりますので、後ほどご参照をお願いいたします。


 次に、220ページをお願いいたします。平成20年度恵那市病院事業会計予算説明書によりご説明いたします。


 収益的収入でございますが、1款1項1目入院収益1,750万円の減額につきましては、上矢作病院の療養病床の入院患者の減少に伴うものでございます。


 4目その他医業収益208万円の増額につきましては、岩村診療所の医師が10月から12月までの3ヵ月間、透析研修に出ております。その研修の期間でございますが、上矢作病院から医師を派遣しまして、岩村診療所の外来を行っております。その診療分として、診療所会計から病院会計への受託収入でございます。


 2款3目負担金交付金350万円の減額につきましては、資本的収入への振りかえでございます。


 次に支出でございますが、1款1項1目給与費1,976万1千円の減額は、上矢作病院における職員の人事異動による人件費の減額分でございます。なお、職員数は73名となっております。


 2目材料費63万円の増額は、患者の給食材料、とろみ剤の追加分でございます。


 3目経費243万1千円の増額につきましては、燃料費につきましては価格高騰分を計上しております。賃借料につきましては基準寝具の借り上げ料、通信運搬費では電話回線等の使用料の増額でございます。


 222ページをお願いいたします。4目減価償却費302万円の減額につきましては、平成19年度の事業確定によるものでございまして、建物減価償却費につきましては、サーバー室並びに医療廃棄物倉庫の分でございます。器具及び備品の減価償却費は採血、採尿準備システムが補助採択になりましたということで、今回減額をするものでございます。


 6目の研究研修費80万円の増額は、医師の研修に係る図書、旅費等の追加分でございます。


 223ページをお願いいたします。資本的収入及び支出では、1款2項出資金350万円の増額は収益的収入からの振り替えでございます。


 1款1項建設改良費700万円の増額につきましては、市立恵那病院におきます院内保育所の改修工事費でございます。


 以上で議第150号の説明を終わります。


 続きまして、予算書の225ページをお願いいたします。


 議第151号・平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計補正予算(第2号)についてご説明を申し上げます。


 第2条の収益的収入及び支出の補正ですが、収入としまして第1款第1項医業収益の既決予定額から550万円を減額し4億8千万円とし、第2項医業外収益の既決予定額から134万8千円を減額し、8,945万2千円とするものでございます。


 支出につきましては、第1款第1項医業費用の既決予定額から684万8千円を減額し、5億6,085万7千円とするものでございます。


 226ページをお願いいたします。第3条の資本的収入及び支出の補正でございますが、収入としましては、第1款第1項出資金の既決予定額に134万8千円を追加し、2億6,774万8千円とするものでございます。支出につきましては、第1款第1項建設改良費の既決予定額に134万8千円を追加し、2億4,715万円とするものでございます。


 第4条の議会の議決を経なければ流用することができない経費の補正では、職員給与費の既決予定額から1,125万円を減額し、2億9,870万5千円とするものでございます。


 なお、227ページから237ページまでに診療所事業会計予算実施計画、資金計画、給与費明細書、予定損益計算書、予定貸借対照表を添付してございますので、後ほどご参照をお願いいたします。


 238ページをお願いいたします。


 平成20年度恵那市国民健康保険診療所事業会計予算説明書により説明いたします。


 収益的収入及び支出の収入では、1款1項1目外来収益550万円の減額は、ことしの半期の実績を見まして見込み額を減額するものでございます。


 2項3目負担金交付金134万8千円の減額につきましては、資本的収入への振り替えでございます。


 次に、支出についてご説明いたします。


 1款1項1目給与費1,125万円の減額につきましては、職員の人事異動並びに退職者2名分の人件費でございます。診療所の職員は現在23名となっております。


 3目経費424万2千円の増額につきましては、燃料の価格高騰分と国保上矢作病院医師の派遣委託料が主なものでございます。


 5目研究研修費16万円の増額につきましては、臨床研修指導医の講習に伴う旅費及び負担金でございます。


 239ページをお願いいたします。


 資本的収入及び支出では、収入として、1款1項1目出資金134万8千円の増額は収益的収入からの振り替えでございます。


 支出1款1項2目有形固定資産購入費134万8千円の増額は、三郷、飯地、山岡、岩村診療所の特定健診システムでございます。


 以上で議第151号の説明を終わります。


○議長(伊東靖英君) 詳細説明を終わります。


 ここでお諮りいたします。ただいま上程されました議第117号から議第134号及び議第141号から議第151号まで、以上29件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本29件については委員会の付託を省略することに決しました。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第3 恵那市選挙管理委員会委員及び補充委員の選挙を議題といたします。


 本件は、地方自治法第181条及び第182条第1項、同条第2項の規定により、恵那市選挙管理委員会委員及び補充委員の選挙を行うものであります。


 お諮りいたします。本選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定による指名推選とし、議長から指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名いたします。


 恵那市選挙管理委員会委員に恵那市長島町中野465番地2、原 隆男君、恵那市武並町竹折606番地6、中崎喜美子さん、恵那市山岡町原747番地3、春日井正章君、恵那市上矢作町700番地、川上好美君、以上4人を指名いたします。


 次に、補充委員には、順位1番、恵那市中野方町3578番地、山田賢悟君、順位2番、恵那市岩村町1472番地の1、大嶋正己君、順位3番、恵那市大井町2014番地の7、林 茂信君、順位4番、恵那市上矢作町小田子393番地、夏目善市君、以上4人を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま指名いたしました諸君を恵那市選挙管理委員会委員及び補充委員の当選人と定めることにご異議はありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君がそれぞれ恵那市選挙管理委員会委員及び補充委員に当選されました。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第4 議第152号・恵那市監査委員の選任についてを上程し、議題といたします。


 本件については、地方自治法第117条の規定により、18番・光岡克昌君の退席を求めます。


             (18番・光岡克昌君 退席)


○議長(伊東靖英君) 提案理由の説明を求めます。


 市長・可知義明君。


              (市長・可知義明君 登壇)


○市長(可知義明君) ただいま上程されました議第152号の提案理由の説明を申し上げます。


 議第152号・恵那市監査委員の選任につきまして、議会の議員のうちから選任されておられました堀 誠氏の任期満了に伴い、その後任として、新たに議員のうちから光岡克昌氏を選任することについて、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意をお願いするものでございます。ご同意いただきますようよろしくお願いいたします。以上であります。


○議長(伊東靖英君) 市長の提案説明を終わります。


 本件は人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することに決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第152号・恵那市監査委員の選任については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第152号は原案のとおり同意されました。


 18番・光岡克昌君の退席を解除いたします。


             (18番・光岡克昌君 着席)


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第5 議第153号・恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任についてを上程し、議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長・可知義明君。


              (市長・可知義明君 登壇)


○市長(可知義明君) ただいま上程されました議第153号の提案理由の説明を申し上げます。


 議第153号・恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任につきまして、市岡孝之氏の辞任に伴い、地方税法第423条第4項の規定により、その後任の委員として恵那市武並町竹折1080番地の7、荻山信幸氏を選任することについて、同法第423条第3項の規定により、議会の同意をお願いするものでございます。ご同意いただきますようお願いいたします。以上であります。


○議長(伊東靖英君) 市長の提案説明を終わります。


 本件は人事案件でありますので、詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、本件は詳細説明及び質疑、委員会付託、討論を省略することに決しました。


 よって、直ちに採決を行います。


 議第153号・恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、議第153号は原案のとおり同意されました。


 ───────────────────────────────────────────────


○議長(伊東靖英君) 日程第6 請第4号・「城ヶ丘保育園への指定管理者制度の導入」に関する請願書を議題といたします。


 本件については、お手元に配付いたしました請願文書表のとおり、市民福祉委員会に審査を付託いたします。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) ここで、このたび任期満了により退任される教育委員長・長谷川佳子さん、教育長・三浦忠信君からごあいさつがあります。


 初めに、教育委員長・長谷川佳子さん、お願いいたします。


            (教育委員長・長谷川佳子君 登壇)


○教育委員長(長谷川佳子君) 貴重な時間をおかりいたしまして、はえある市議会にて教育委員長退任のごあいさつを申し上げる機会をいただきまして、厚くお礼を申し上げます。


 無事に任を終結できますのは、ひとえに皆様方からの温かいご指導とご支援のたまものと心から感謝を申し上げます。


 平成11年10月より、教育委員に選任されましてから9年と1ヵ月半を務めさせていただきました。この間には、平成15年に恵那市初の女性教育委員長の重責を仰せつかりましたこと、そして平成20年には、新生恵那市におきまして教育委員長の拝命を賜りましたことは、生涯の忘れ得ぬ光栄と思っております。


 振り返りますれば、恵那市の発展とともに文化・教育施設の充実が進み、中でも平成17年の岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場の完成、平成19年には来るべき生涯学習都市宣言の拠点となろう待望の恵那市中央図書館の開館、そしてまた年々、学校、教育環境が整うことは大きな喜びでございました。これも皆様方のご理解と、たゆまざるご尽力によるものと深く感謝をしております。


 一方、国の教育をめぐる状況は変化し、教育基本法や学校教育法などの改正をはじめ、戦後教育史の大きな節目を迎え、時代の転換期となりました。恵那市では、学校や地域の特色を生かし、今年度、近年にない多くの教育研究推進事業に取り組んでまいりました。恵那の教育が市民の皆さんにより開かれることを念頭に置き、活性化に努めました。時代を経ても変わらないのは、教育は人格の完成を目指すという目的のもと、個人の能力を伸長し、自立した人間を育てるという役割と、社会の構成員として有為な人間を育てるという役割でございます。皆様の英知と情熱によりまして、今後、教育の確たる恵那モデルが生まれることを望んでおります。


 結びになりましたが、皆様方からいただきましたご厚情に改めてお礼を申し上げます。恵那市の限りない隆盛と皆々様のご活躍、そしてご多幸を心から祈念いたしまして、退任のあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手)


○議長(伊東靖英君) 長谷川さん、ご苦労さんでした。


 次に、教育長・三浦忠信君、お願いいたします。


             (教育長・三浦忠信君 登壇)


○教育長(三浦忠信君) 本会議の席でごあいさつの機会をいただくこと、厚くお礼申し上げます。


 平成16年12月16日に教育委員、教育長を拝命しまして、この12月15日をもって4年間の任期を満了させていただき、退任をさせていただきます。


 任期中は新しい恵那市のまちづくり総合計画と行財政改革大綱の推進、そして教育委員会部局の事務事業の着実な執行を通して、次世代につなげるまちづくりを目指した市民の一体感の醸成、このことを第一義として務めさせていただきました。


 おかげをもちまして、任期満了させていただきますこと、ひとえに議長さんはじめ市議会議員の皆様、市長部局執行部の皆様、そして市民皆様のご指導、ご鞭撻のたまものと心より感謝申し上げます。


 人、地域、自然が調和をした交流都市恵那市の明るい未来の進展、そして皆様方のますますのご健勝、ご活躍を祈念申し上げ、お礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)


○議長(伊東靖英君) 以上で、教育委員長及び教育長のあいさつを終わります。


       ─────────────────────────―


○議長(伊東靖英君) ここでお諮りいたします。議事の都合により、12月11日から12月17日までの7日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(伊東靖英君) ご異議なしと認めます。よって、12月11日から12月17日までの7日間を休会とすることに決しました。


 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。


               午後 1時55分 散会


 ───────────────────────────────────────────────


    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





            恵那市議会





            議     長      伊 東 靖 英





            署名議員     2番  鵜 飼 伸 幸





            署名議員    15番  勝   滋 幸