議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 恵那市

平成17年第5回定例会(第1号11月29日)




平成17年第5回定例会(第1号11月29日)





        平成17年第5回恵那市議会定例会会議録〔第1号〕


                            平成17年11月29日


 ────────────────────────────────────────


 
 議 事 日 程(第1号)


                  平成17年11月29日(火)午前10時開議


  第 1        会議録署名議員の指名


  第 2        会期の決定


  第 3        認第71号から認第83号並びに議第108号から議第15


             2号まで一括上程


 ────────────────────────────────────────


1 本日の会議に付した事件


 議 事 日 程(第1号)


  日程第 1       会議録署名議員の指名


  日程第 2       会期の決定


  日程第 3 認第71号 平成16年度恵那市一般会計歳入歳出決算の認定について


        認第72号 平成16年度恵那市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決


              算の認定について


        認第73号 平成16年度恵那市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳


              入歳出決算の認定について


        認第74号 平成16年度恵那市国民健康保険特別会計(施設勘定)歳


              入歳出決算の認定について


        認第75号 平成16年度恵那市老人保健医療特別会計歳入歳出決算の


              認定について


        認第76号 平成16年度恵那市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定


              について


        認第77号 平成16年度恵那市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の


              認定について


        認第78号 平成16年度恵那市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決


              算の認定について


        認第79号 平成16年度恵那市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認


              定について


        認第80号 平成16年度恵那市温泉事業特別会計歳入歳出決算の認定


              について


        認第81号 平成16年度恵那市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算


              の認定について


        認第82号 平成16年度恵那市遠山財産区特別会計歳入歳出決算の認


              定について


        認第83号 平成16年度恵那市上財産区特別会計歳入歳出決算の認定


              について


        議第108号 恵那市行政組織条例の一部改正について


        議第109号 恵那市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する


               条例の一部改正について


        議第110号 恵那市個人情報保護条例の一部改正について


        議第111号 恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正について


        議第112号 恵那市長期継続契約を締結することができる契約を定め


               る条例の制定について


        議第113号 恵那市役所振興事務所設置条例の一部改正について


        議第114号 恵那市教育研究所条例の制定について


        議第115号 恵那市防災会議条例及び恵那市消防団員等公務災害補償


               条例の一部改正について


        議第116号 恵那市火災予防条例の一部改正について


        議第117号 恵那市福祉センター条例の制定について


        議第118号 恵那市デイサービスセンター条例の制定について


        議第119号 恵那市在宅介護支援センター条例の制定について


        議第120号 恵那市老人福祉センター条例の制定について


        議第121号 恵那市老人福祉施設明日香苑条例の制定について


        議第122号 恵那市老人福祉施設福寿苑条例の一部改正について


        議第123号 恵那市寿限無の里条例の制定について


        議第124号 恵那市道の駅条例の制定について


        議第125号 恵那市中野方町不動の滝農産物直売施設条例の制定につ


               いて


        議第126号 恵那市岩村町本通り伝統的建造物群保存地区町屋活用施


               設条例の制定について


        議第127号 恵那市山岡地域介護予防拠点施設条例の制定について


        議第128号 恵那市山岡総合給食センター条例の一部改正について


        議第129号 恵那市指定文化財旧三宅家条例の一部改正について


        議第130号 恵那市串原温泉施設条例の一部改正について


        議第131号 恵那市上矢作地域資源販路拡大施設条例の一部改正につ


               いて


        議第132号 岐阜県市町村会館組合を組織する市町村数の減少につい


               て


        議第133号 鏡山住宅C棟建設工事(建築工事)請負契約の締結につ


               いて


        議第134号 市道路線の認定について


        議第135号 市道路線の変更について


        議第136号 恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任について


        議第137号 恵那市教育委員会の委員の任命について


        議第138号 平成17年度恵那市一般会計補正予算


        議第139号 平成17年度恵那市交通災害共済事業特別会計補正予算


        議第140号 平成17年度恵那市国民健康保険特別会計(事業勘定)


               補正予算


        議第141号 平成17年度恵那市国民健康保険特別会計(施設勘定)


               補正予算


        議第142号 平成17年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算


        議第143号 平成17年度恵那市介護保険特別会計補正予算


        議第144号 平成17年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算


        議第145号 平成17年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算


        議第146号 平成17年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算


        議第147号 平成17年度恵那市温泉事業特別会計補正予算


        議第148号 平成17年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算


        議第149号 平成17年度恵那市遠山財産区特別会計補正予算


        議第150号 平成17年度恵那市上財産区特別会計補正予算


        議第151号 平成17年度恵那市水道事業会計補正予算


        議第152号 平成17年度恵那市病院事業会計補正予算


 ────────────────────────────────────────


1 出 席 議 員


     1番  町 野 道 明 君       2番  畑 村 眞 吾 君


     3番  堀 井 文 博 君       4番  荒 田 雅 晴 君


     5番  堀   光 明 君       6番  伊 藤 桂 子 君


     7番  水 野 功 教 君       8番  伊 東 靖 英 君


     9番  勝   滋 幸 君      10番  堀     誠 君


    11番  市 川 雅 敏 君      12番  柘 植   羌 君


    13番  光 岡 克 昌 君      14番  小 林 敏 彦 君


    15番  西 尾 公 男 君      16番  鈴 木 清 司 君


    17番  小 倉 富 枝 君      18番  伊 藤 一 治 君


    19番  山 田 幸 典 君      20番  林   武 義 君


    21番  伊佐地 良 一 君      22番  伊 藤 和 之 君


    23番  安 藤 洋 子 君      24番  柘 植 弘 成 君


    25番  後 藤 薫 廣 君      26番  吉 村 典 男 君


    27番  渡 邊 鈴 政 君      28番  土 屋 藤 夫 君


    29番  藤   公 雄 君      30番  成 ? 鐘 平 君


 ────────────────────────────────────────


1 欠 席 議 員


     な し


 ────────────────────────────────────────


1 説明のため出席した者の職氏名


    市     長    可 知 義 明 君


    助     役    三 宅 良 政 君


    収入役        堀   歳 昭 君


    総務部長       林   茂 信 君


    地域振興部長     伊 藤 常 光 君


    企画部長       安 藤 仁 志 君


    市民福祉部長     渡 村 保 名 君


    医療管理部長     安 藤 常 雄 君


    経済部長       水 野 量 夫 君


    建設部長       今 井 久 朗 君


    水道部長       遠 山 時 仁 君


    環境部長       三 宅 隆 司 君


    企画部調整監     大 島 博 美 君


    岩村振興事務所長   河 合 成 俊 君


    山岡振興事務所長   桜 井 広 美 君


    明智振興事務所長   近 田 雅 和 君


    串原振興事務所長   堀   恒 夫 君


    上矢作振興事務所長  川 上 好 美 君


    教育長        三 浦 忠 信 君


    教育次長       田 中 秀 雄 君


    教育次長       纐 纈 佳 恭 君


    消防長        曽 我 公 平 君


    代表監査委員     市 川 康 夫 君


    監査委員事務局長   石 原 和 幸 君


 ────────────────────────────────────────


 1 職務のため出席した事務局職員


    議会事務局長     山 田 賢 悟 君


    議会事務局次長    梅 村 義 隆 君


    議会事務局書記    山 田 英 正 君


    議会事務局書記    西 尾 克 子 君


    議会事務局書記    鈴 木 静 香 君


    議会事務局書記    三 田 理 広 君


 ────────────────────────────────────────


              午前10時00分 開会


○議長(後藤薫廣君) おはようございます。開会に先立ち、市民憲章の唱和を行います。


 事務局長に一節ずつ朗読させますから、続いて唱和をお願いいたします。


 全員ご起立願います。


 議会事務局長・山田賢悟君。


                  (唱和)


○議長(後藤薫廣君) ご着席願います。


 ────────────────────────────────────────


○議長(後藤薫廣君) これより平成17年第5回恵那市議会定例会を開会いたします。


 日程に入る前に、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本日出席する旨報告のありました者を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ご覧願います。


 次に、9月1日から10月31日までにおける議会関係諸報告、及び7月から9月の出納検査結果報告の写しをお手元に配付しておきましたので、お目通し願います。


 次に、閉会中に受理いたしております陳情は、陳情第15号・岐阜県木材利用推進協議会会長及び中部森林管理局局長より、木材の利用推進に関する要望書、陳情第16号・恵那市長島町久須見山中自治会長より、長島町久須見山中地内の生活道路改良、整備に関する要望書、以上2件であります。その写しをお手元に配付しておきましたので、お目通し願います。


 なお、執行部におかれましては、陳情第15号及び陳情第16号について、よろしく処置くださいますようお願いしておきます。


 次に、先般来実施されました各特別委員会の活動等について、首都機能及びリニア停車駅誘致対策特別委員会・林 武義委員長、水資源対策特別委員会・堀 誠委員長、瑞恵バイパス促進対策特別委員会・伊佐地良一委員長、病院対策特別委員会・安藤洋子委員長、観光活性化対策特別委員会・渡邊鈴政委員長から、それぞれ陳情及び行政視察報告が提出されております。その写しをお手元に配付しておきましたので、お目通し願います。


 次に、地方自治法第180条により、報第11号から報第18号の専決処分の報告が8件ありましたので、その内容をお手元に配付しておきましたから、お目通し願います。


 以上で諸般の報告を終わります。


 ────────────────────────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、3番・堀井文博君、19番・山田幸典君を指名いたします。


 ────────────────────────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から12月22日までの24日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月22日までの24日間と決定いたします。


 なお、会期中の会議予定は、お手元に配付いたしました会期日程表により開催いたします。


 次に、一般質問の通告は、12月1日午前10時に締め切りますので、それまでに通告書の提出をお願いいたします。質問の内容はできる限り簡潔明瞭にご記入くださるようお願いしておきます。


 ────────────────────────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 日程第3 認第71号から認第83号並びに議第108号から議第152号まで58件を一括上程し、議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。市長・可知義明君。


             (市長・可知義明君 登壇)


○市長(可知義明君) 皆さん、おはようございます。


 提案説明要旨がお手元にございますので、ご覧いただきたいと思います。


 本日、平成17年第5回恵那市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様にはご多用の中ご出席いただきまして、誠にありがとうございます。


 合併して1年余を経過した今、恵那市総合計画と行財政改革大綱の策定に取り組んでいるところでありますが、総合計画の策定作業においては、恵那市の将来像であります「人・地域・自然が調和した交流都市」の実現のため、各地域の地域協議会の提案を受け、さらに地域懇談会において、市民の皆さんの意見を聞きながら、最終的な計画案のまとめを審議会にお願いしていく段階となっております。また、行財政改革大綱につきましては、地方自治体を取り巻く環境はますます厳しさが予想される中、将来にわたり必要なサービスの提供を確保するため、「自分たちのまちは自分たちの手でつくっていく」という自立し得る自治体を目指し、その施策を展開していかなければなりません。そして、早期に確固たる行財政の基盤づくりを進めていくことが必要であります。そのため、行革大綱の年度内策定に向けて鋭意作業に取り組み、行財政改革審議会に提案してまいる所存であります。


 今後、総合計画及び行財政改革大綱の着実な実行ができる執行体制が必要となってまいります。こうした体制づくりに向けて鋭意作業を進めてまいりますので、議員各位のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


 さて、今議会には、平成16年度の一般会計ほか特別会計の決算関係13件、条例の制定等24件、平成17年度補正予算15件、その他人事案件等6件、計58件の議案を上程するものでありますが、条例改正等につきましては、来年度から準備のために市民の皆様に事前に周知を必要とする行財政改革に関連したものが主な内容となっておりますので、よろしくお願いいたします。


 それでは、ただいま上程されました58議案につきまして、提案理由の説明をいたします。


 認第71号から認第83号までは、平成16年度──これは新市になりました平成16年10月25日から平成17年3月31日までの期間でございますが──の恵那市の一般会計及び恵那市交通災害共済事業特別会計をはじめ12特別会計の歳入歳出決算の認定をお願いするものであります。


 一般会計決算額は、歳入総額195億7,938万3千円、歳出総額180億708万9千円で歳入歳出差引額は15億7,229万4千円の黒字となりましたが、繰越明許費として翌年度へ予算を繰り越したJR恵那駅交通バリアフリー整備事業ほか5事業に係る一般財源3,588万6千円を差し引いた実質収支額は15億3,640万8千円の黒字額となりました。


 また、12特別会計の合計決算額は歳入総額112億9,445万3千円、歳出総額109億7,039万6千円で、歳入歳出差引額は3億2,405万7千円の黒字額となりました。


 なお、一般会計並びに各特別会計決算の概要につきましては、収入役から説明をいたします。


 また、今回の決算の提出に先立ちまして、監査委員の慎重なご審議をいただき、その結果につきましては、決算審査意見書として報告されておりますので、よろしくご審議のほどお願いいたします。


 次に、第108号の恵那市行政組織条例の一部改正につきましては、行財政改革に伴い、行政組織を改めるため、市長の直近下位にある組織及びその分掌事務規定を改正するなど、所要の改正をするため、条例の改正を行うものであります。


 次に、議第109号の恵那市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の一部改正につきましては、指定管理者が定まらない場合の施設の管理及び教育委員会が所管する施設について、指定管理者の指定手続等を定めるため、条例の改正を行うものであります。


 次に、議第110号の恵那市個人情報保護条例の一部改正につきましては、市が保有する個人情報の適正な管理を担保するため、職員等が個人情報の漏洩をした場合に罰則を科すなど、必要な事項を規定するため、条例の改正を行うものでございます。


 次に、議第111号の恵那市職員の給与に関する条例の一部改正につきましては、人事院勧告に基づく国家公務員の給与法の改正にあわせ、恵那市の一般職の職員、常勤特別職の職員及び恵那市議会議員の給与等の見直しを行うため、条例の改正を行うものであります。


 次に、議第112号の恵那市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定につきましては、地方自治法第234条の3などの規定に基づき、長期継続契約を締結することができる契約として、機器借り入れ契約、施設維持管理契約等を定めるため、本条例を制定するものであります。


 次に、議第113号の恵那市役所振興事務所設置条例の一部改正につきましては、行政組織の改組等に伴い、振興事務所、地域自治区の事務所及び掲示板の位置等に関し、必要な事項を定めるため、条例を改正するものであります。


 次に、議第114号の恵那市教育研究所条例の制定につきましては、行財政改革に伴い、行政組織を改めるため、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第30条に基づき、教育に関する専門的調査などを行う恵那市教育研究所を岩村振興事務所内に置くため、本条例を制定するものであります。


 次に、議第115号の恵那市防災会議条例及び恵那市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につきましては、水防法の改正に伴い、法律から引用している条項の改正が必要となり、条例の改正を行うものであります。


 次に、議第116号の恵那市火災予防条例の一部改正につきましては、火災警報発令中に喫煙を制限し、出火防止を図るなど、所要の改正をするために条例の改正を行うものであります。


 次に、議第117号の恵那市福祉センター条例の制定につきましては、暫定施行されている旧市町村の総合福祉センター条例の廃止及び指定管理者制度へ移行するため、本条例を制定するものであります。


 次に、議第118号の恵那市デイサービスセンター条例の制定及び議第119号の恵那市在宅介護支援センター条例の制定につきましては、暫定施行されている旧市町村の総合福祉センター条例の廃止及び個別に制定されていたデイサービスセンター条例並びに在宅介護支援センター条例をまとめるため、本条例を制定するものであります。


 次に、議第120号の恵那市老人福祉センター条例の制定につきましては、暫定施行されている旧市町村の総合福祉センター条例の廃止に伴い、老人福祉センターについて規定するため、本条例を制定するものであります。


 次に、議第121号の恵那市老人福祉施設明日香苑条例の制定につきましては、ケアハウスの管理形態を指定管理者制度とし、また、デイサービスセンター条例及び在宅介護支援センター条例の制定に伴い、条例を制定するものであります。


 また、議第122号の恵那市老人福祉施設福寿苑条例の一部改正につきましては、デイサービスセンター条例及び在宅介護支援センター条例の制定に伴い、福寿苑条例に規定されていた同施設を削るなど、所要の改正をするため、条例の改正を行うものであります。


 次に、議第123号の恵那市寿限無の里条例の制定につきましては、指定管理者制度を導入するため、本条例を制定するものであります。


 次に、議第124号の恵那市道の駅条例の制定につきましては、指定管理者制度を導入するため、個別条例、これはらっせぃみさと館、おばあちゃん市・山岡、上矢作物産所を統一条例に整備するため、本条例を制定するものであります。


 次に、議第125号の恵那市中野方町不動の滝農産物直売施設条例の制定につきましては、指定管理者制度を導入するなど、施設の管理に関して必要な事項を定めるため、本条例を制定するものであります。


 次に、議第126号の恵那市岩村町本通り伝統的建造物群保存地区町屋活用施設条例の制定及び議第127号の恵那市山岡地域介護予防拠点施設条例の制定につきましては、指定管理者制度の導入に当たって、岩村文化施設等設置条例及び山岡介護予防拠点施設条例で直営管理施設と指定管理施設が混在しているため、指定管理者制度を新たに設けるため、本条例を制定するものであります。


 次に、議第128号の恵那市山岡総合給食センター条例の一部改正につきましては、当初指定管理者制度を導入する予定でありましたが、当面直営管理とするため、条例の改正を行うものであります。


 次、議第129号から議第131号までの恵那市指定文化財旧三宅家条例、恵那市串原温泉施設条例及び恵那市上矢作地域資源販路拡大施設条例の一部改正につきましては、指定管理者制度を導入するため、直営管理条例から指定管理条例に改正するための条例を改正するものであります。


 次に、議第132号の岐阜県市町村会館組合を組織する市町村数の減少につきましては、養老郡上石津町及び安八郡墨俣町が大垣市に編入することに伴い、当該組合を構成する市町村数を減少することについて、議会の議決をお願いするものであります。


 次に、議第133号の鏡山住宅C棟建設工事──これは建築工事でございます。請負契約の締結につきましては、2億8,014万円で、平成17年11月16日、岐阜県恵那市長島町中野1002番地の1、大井・舘林特定建設工事共同企業体、代表構成員、大井建設株式会社恵那支店取締役支配人、南中道國弘と仮契約を締結したもので、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。


 次に、議第134号の市道路線の認定につきましては、位置指定道路の所有権寄附によるもので、新たに市道路線としての認定について、議会の議決をお願いするものであります。


 次に、議第135号の市道路線の変更につきましては、用地の寄附による市道路線の変更について、議決をお願いするものであります。


 次に、議第136号の恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任につきましては、地方税法第423条第3項の規定により、現委員である小栗健次氏の任期満了に伴い、新たに柘植麻美氏を選任するもので、議会の同意をお願いするものであります。


 次に、議第137号の恵那市教育委員会の委員の任命につきましては、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、現委員である伊藤保直氏の任期満了に伴い、再び同氏を任命するもので、議会の同意をお願いするものであります。


 次に、議第138号の平成17年度恵那市一般会計補正予算について、説明をいたします。


 今回の補正予算は、既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ1億8,226万7千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ282億3,037万4千円とするものであります。


 その主な内容といたしましては、人事院勧告に伴う給与改正等による人件費1億6,162万1千円の減額のほか、総務費では、行政組織改編に伴う振興事務所移転等整備経費及び財政調整基金積立金など1億8,805万6千円を増額計上するものであります。


 民生費では、老人医療費増に伴う老人医療会計特別会計への繰出金、国民健康保険特別会計への繰出金及び介護認定事務費等に係る介護保険特別会計への繰出金の増。また、介護保険サービス利用生活困窮者負担額軽減等の増、山岡介護予防施設等土地開発基金の土地の買い戻し、児童扶養手当給付費の増及び生活保護医療扶助対象人数の増などにより、2,949万9千円を増額計上するものであります。


 衛生費では、エコセンター恵那設備追加事業の継続費の設定に伴う平成17年度事業費の減など6,264万3千円を減額計上いたしております。


 農林水産業費では、農業振興協議会地区補助金の増、中山間地域等直接支払推進事業対象農地の増に伴う補助金の増及び奥山林道維持修繕等の増など増額計上しておりますが、農業集落排水事業特別会計への繰出金の減などで3,057万7千円を減額計上いたしております。


 商工費では、くしはら温泉駐車場等土地開発基金の土地の買い戻しをするため、温泉事業特別会計の繰出金など1,344万8千円を増額計上するものであります。


 土木費では、市単道路橋りょう新設改良事業に伴う測量試験委託、道路用地購入、電柱等移転補償の増及び羽根平学頭線工事等の県営事業負担金の増など、3,056万4千円を増額計上するものであります。


 教育費では、吉田小学校スタジオ天井、串原中学校美術室等の天井及び明智B&G器具庫機械室のアスベスト対策工事並びに岩村まちなみ伝統的建造物群保存地区修理事業補助の増など、1,242万8千円を増額計上するものであります。


 続きまして、議第139号から議第152号までは、特別会計及び企業会計に係る補正予算であります。


 まず議第139号の平成17年度恵那市交通災害共済事業特別会計補正予算につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ140万1千円を追加するもので、その主な内容は交通災害共済基金積立金の増額などであります。


 次に、議第140号及び議第141号の平成17年度恵那市国民健康保険特別会計補正予算につきましては、まず事業勘定では、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億6,466万8千円を追加するもので、その主な内容は、退職被保険者等療養給付費の増、老人保健医療費拠出金の増及び国民健康保険給付基金積立金などであります。また、施設勘定において、既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ2,304万5千円を追加するもので、職員異動及び給与改定等に伴う人件費の増及び山岡医師住宅修繕が主な内容でございます。


 次に、議第142号の平成17年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,299万9千円を追加するもので、その主な内容は、老人医療費の増額によるものであります。


 次に、議第143号の平成17年度恵那市介護保険特別会計補正予算につきましては、まず事業勘定では、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,117万円を追加するもので、その主な内容は、制度改正によるサービス利用者負担上限月額引き下げによる給付費の増、介護認定調査事務費の増を計上するものであります。また、サービス事業勘定においては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ296万9千円を追加するもので、老人福祉施設福寿苑に係る職員異動及び給与改定、施設燃料費などによる増が主な内容であります。


 次に、議第144号の平成17年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,823万5千円を追加するもので、その主な内容は、上矢作簡易水道事業導水管工事事業費の増、県事業及び市単事業に伴う配水管布設替等維持管理経費などによる増を計上するものであります。


 次に、議第145号の平成17年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ148万2千円を追加するもので、岩村浄化センター遠方監視システムの取り替えなどによる増が主な内容であります。


 次に、議第146号の平成17年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ295万6千円を追加するもので、前年度繰越金に伴う基金積立金の増などが主な内容でございます。


 次に、議第147号の平成17年度恵那市温泉事業特別会計補正予算につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,602万4千円を追加するもので、その主な内容は、土地開発基金の土地購入などでございます。


 次に、議第148号の平成17年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算につきましては、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,453万8千円を減額するもので、その主な内容は、特定環境保全公共下水道上矢作処理区建設事業に伴う補助事業費の減額などでございます。


 次に、議第149号の平成17年度恵那市遠山財産区特別会計補正予算及び議第150号の平成17年度恵那市上財産区特別会計補正予算につきましては、歳入において、前年度繰越金の額の確定に伴い、基金繰入金を減額するもので、歳入款項目の金額の組み替えであります。


 次に、議第151号の平成17年度恵那市水道事業会計補正予算につきましては、既定の収益的支出に40万8千円を、資本的収入に205万円を、資本的支出に1,363万4千円を追加し、収益的支出総額を8億8,635万7千円に、資本的収入総額を2億5,545万円に、資本的支出総額を6億7,243万4千円とするものであります。その主な内容は、収益的支出では、職員給与費、消費税などの増、資本的収入では工事負担金の増、資本的支出では建設改良工事に伴い、下水等支障設計委託、乗越ポンプ場設計委託及び茂立配水池拡張工事等に係る用地測量委託料、立木補償費、用地購入費などを増額するものであります。


 次に、議第152号の平成17年度恵那市病院事業会計補正予算につきましては、既定の収益的収入及び支出からそれぞれ381万6千円を減額し、収益的収入及び支出総額を36億2,558万4千円とするものであります。その主な内容は、病院事業収益では外来収入の減、病院事業費用では、人事院勧告に伴う給与改定等人件費及び借入起債利息の減額などであります。


 以上、提案説明を終わりますが、詳細につきましては、担当部長等に説明させますので、よろしくご審議の上、適正な議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 市長の提案説明を終わります。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 続いて、各議案について詳細説明を求めます。


 なお、議第111号については、詳細説明から採決まで行います。


 初めに、認第71号から認第83号までの13件の決算概要についての説明を求めます。収入役・堀 歳昭君。


             (収入役・堀 歳昭君 登壇)


○収入役(堀 歳昭君) おはようございます。


 説明の前に誠に申しわけありませんが、お手元にお配りしてあります16年度の岐阜県恵那市歳入歳出決算書の中の143ページに間違いがございますので、訂正をよろしくお願いいたします。


 歳入歳出決算書でございます。お手元に訂正表は配ってあると思いますが、143ページの3の債権の農林漁業振興貸付金、災害復旧貸付金の真ん中でございます。決算年度中増減高というのがございます。68万8千円、25万円、93万8千円でございますが、そこがマイナスでございますので、三角が抜けておりました。誠に申しわけありませんが、よろしくお願いいたします。


 それでは、認第71号から認定第83号までの平成16年度の決算概要について、ご説明いたします。


 お手元にお配りしております「平成16年度の歳入歳出決算における主要施策の成果等実績」をよろしくお願いいたします。


 1ページをお願いいたします。


 平成16年10月25日に恵那市・恵南5カ町村との合併によりまして誕生しました新恵那市の平成16年10月25日から平成17年3月31日までの決算額の状況は、一般会計では歳入195億7,938万3千円、歳出180億708万9千円となりました。その結果、歳入歳出差引額(形式収支)は15億7,229万4千円の黒字で、形式収支から繰越明許費で翌年度へ予算を繰り越したJR恵那駅交通バリアフリー整備事業ほか6事業に係る財源3,588万6千円を差し引いた実質収支額が15億3,640万8千円の黒字となりました。


 歳入におきましては、市税が23億1,556万8千円で、歳入総額の11.8%を占め、その主な内容は、市民税9億9,236万9千円、固定資産税10億4,936万4千円となっております。地方交付税は33億6,924万4千円で歳入総額の17.2%で、普通交付税17億1,983万1千円、特別交付税16億4,914万3千円でございます。国庫支出金は16億250万5千円で歳入総額の8.2%、県支出金は27億5,033万3千円で歳入総額の14%、市債は37億2,410万円で歳入総額の19%、諸収入が29億2,829万2千円で歳入総額の15%で、主な内容につきましては、給食事業収入が1億4,492万4千円、その他雑入が26億2,707万1千円となっております。


 歳出におきましては、公債費が32億8,116万円で歳出総額の18.2%を占めております。次に、民生費が24億6,684万8千円で歳出総額の13.7%、総務費が23億2,041万4千円で歳出総額の12.9%、土木費が22億3,422万4千円で歳出総額の12.4%となっております。民生費の主な内容は、保育所費4億6,129万1千円、福祉医療費5億2,718万3千円、介護保険費3億6,447万6千円で、総務費の主な内容は、一般管理費6億7,513万3千円、地域活性化対策費6億906万2千円、うち市民のまちづくり基金積立金4億8,719万2千円でございます。


 また、一般会計の最終予算額192億600万4千円に対する決算額の比率は、収入率が101.9%、執行率が93.8%となっております。


 次に、企業会計を除く特別会計(12会計)の決算額は、歳入が112億9,445万2千円、歳出が109億7,039万7千円でございます。その内容につきましては、交通災害共済事業特別会計で歳入1,035万9千円、歳出が896万9千円、国民健康保険特別会計(事業勘定)で歳入が25億7,392万2千円、歳出22億8,462万5千円、国民健康保険特別会計(施設勘定)で歳入が4億3,013万6千円、歳出4億1,860万6千円、老人保健医療特別会計で歳入28億2,374万4千円、歳出28億6,877万7千円、介護保険特別会計(事業勘定)で歳入15億9,954万1千円、歳出15億9,897万4千円、介護保険特別会計(サービス事業勘定)で歳入3億6,993万1千円、歳出3億3,391万9千円、簡易水道事業特別会計で歳入9億4,811万9千円、歳出9億4,762万8千円、農業集落排水事業特別会計で歳入4億704万円、歳出3億9,976万8千円、駐車場事業特別会計で歳入4,969万2千円、歳出4,673万5千円、温泉事業特別会計で歳入1億2,565万円、歳出1億1,321万9千円、公共下水道事業特別会計で歳入19億5,463万2千円、歳出19億4,900万2千円、遠山財産区特別会計で歳入35万1千円、歳出6万5千円、上財産区特別会計で歳入133万5千円、歳出11万円となっております。


 また、特別会計全体におけます最終予算額につきましては、116億6,025万9千円に対する決算額の比率は収入率が96.9%、執行率が94.1%となってございます。


 以上が認第71号から認第83号までの平成16年度一般会計並びに特別会計12会計の歳入歳出決算の概要でございます。


 なお、各会計における予算の執行状況と主要施策の成果は42ページ以降に記載しております。


 また、3ページから40ページには科目、目的別、性質別など資料を掲載しておりますので、よろしくお願いいたします。


 このほかに別冊で平成16年度歳入歳出決算書をお配りしておりますので、よろしくお願いいたします。


 以上で決算概要の説明を終わらせていただきます。


 ありがとうございました。


○議長(後藤薫廣君) 概要説明を終わります。


 続いて、監査結果の報告を求めます。代表監査委員・市川康夫君。


           (代表監査委員・市川康夫君 登壇)


○代表監査委員(市川康夫君) 監査結果についてご報告を申し上げます。


 お手元の「平成16年度恵那市一般会計・特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見書」をご参照いただきたいと存じます。


 地方自治法第233条第2項及び同法第241条第5項の規定により、審査に付された平成16年度恵那市一般会計・特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況について審査いたしました結果は、次のとおりでありましたので、意見を付して提出いたします。


 1、審査の対象としましては、平成16年度恵那市一般会計歳入歳出決算、平成16年度恵那市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度恵那市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算、平成16年度恵那市国民健康保険特別会計(施設勘定)歳入歳出決算、平成16年度恵那市老人保健医療特別会計歳入歳出決算、平成16年度恵那市介護保険特別会計(事業勘定・サービス事業勘定)歳入歳出決算、平成16年度恵那市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度恵那市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度恵那市駐車場事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度恵那市温泉事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度恵那市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度恵那市遠山財産区特別会計歳入歳出決算、平成16年度恵那市上財産区特別会計歳入歳出決算、平成16年度恵那市各基金運用状況、以上でございます。


 2、審査の期間でございますが、平成17年11月2日から11月10日まででございます。


 3、審査の方法、審査に当たりましては、各会計歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書及び基金運用状況に関する調書並びに関係諸帳簿、収入役保管の証書類等を照合確認して、計数の正確性、予算執行の的確性、基金運用の効率性等について総括的に審査を実施し、あわせて例月現金出納検査と定期監査の結果を参考にするとともに、関係職員の説明を聴取して審査を執行いたしました。


 4、審査の結果、1、審査に付された各会計歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書は、いずれも関係法令に準拠して作成され、計数は関係諸帳簿と符合し、かつ正確であり、また、予算の執行状況は適正であるものと認めました。2、基金の運用状況に関する調書は、関係諸帳簿と符合し、かつ正確であり、効率的に運用されていることを認めました。


 なお、審査の概要と意見につきましては、審査意見書としてお届けしてございますので、お目通しをいただきたいと思います。


 以上、ご報告を終わらせていただきます。


○議長(後藤薫廣君) 監査結果の報告を終わります。


 ただいまから本13件の決算について質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 ただいま議題となっております13件の決算認定については、8名の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これを付託の上、審査することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご異議なしと認めます。よって、決算審査特別委員会を設置し、付託の上、審査することに決しました。


 お諮りいたします。ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名をいたします。


 委員は、1番・町野道明君、2番・畑村眞吾君、5番・堀 光明君、8番・伊東靖英君、9番・勝 滋幸君、17番・小倉富枝さん、20番・林 武義君、21番・伊佐地良一君、以上の8名です。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました8名の諸君を決算審査特別委員会の委員に選任することに決しました。


 ここで暫時休憩をいたしまして、決算審査特別委員会を開催していただきまして、議席の指定と正副委員長の互選を行っていただきます。委員各位は直ちに第2委員会室へご移動願います。


 それでは、暫時休憩いたします。


              午前10時45分 休憩


         ──────────────────────


              午前10時58分 再開


○議長(後藤薫廣君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 休憩中に決算審査特別委員会が開催され、正副委員長が決定いたしましたので、ご報告申し上げます。


 委員長、21番・伊佐地良一君、副委員長、5番・堀 光明君、以上のとおりであります。


 委員各位におかれましては、会期日程により審査をお願いいたします。


 続いて、議第108号から議第112号までの5件について、詳細説明を求めます。総務部長・林 茂信君。


            (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) それでは、議案書の9ページをお願いします。


 議第108号・恵那市行政組織条例の一部改正について、ご説明いたします。


 行財政改革に伴い、効率的な行財政運営を目途とし、行政組織を改めるため、この条例を定めるものでございます。


 改正内容の説明を別冊の参考資料により行いますので、その1ページをお願いします。


 以下アンダーラインの部分が改正箇所でございます。よろしいでしょうか。


 改正条項は、第1条で部の設置に係る改正であります。市長部局の現行9部を7部に改めるもので、現行の地域振興部を企画部に統合するため、地域振興部を削り、また、水道部と環境部を統合して水道環境部とするものであります。


 第2条は、部の改正に伴う当該分掌事務の改正で、第1号は総務部の事務に「秘書及び渉外に関すること」、そして、「交通安全に関すること」を加える内容であり、現行の第2号は、地域振興部としての事務区分並びにその分掌事務を削除し、企画部に所管させる内容であり、第3号は、改正後において号を1号繰り上げるとともに、企画部の所管事務から「秘書及び渉外に関すること」を削除し、新たに「生涯学習、まちづくりに関すること」、そして「地域振興に関すること」を加える改正であります。


 2ページになりますが、現行第4号、市民福祉部、第5号、医療管理部、第6号、経済部は、改正後においてそれぞれの号を1号ずつ繰り上げるものであり、現行第7号、建設部の所管事務から「交通安全に関すること」を削除するとともに、7号を6号とするものであります。また、現行の8号及び9号の改正は、部の統合に伴い、名称を水道環境部に改め、当該所管事務を統合し、号を7号とするものであります。


 第3条は、字句の整備に伴う改正で、「振興事務所」を「振興事務所等」に改めるものであります。


 3ページですが、この条例の改正に伴って、附則第2項で恵那市地域自治区条例の一部改正を行うものでありますが、改正内容は、当該条例第12条第2項及び第13条第4項中の字句の整備で、地域振興部を企画部に改正するものであり、また、附則第3項で改正する恵那市水道事業の設置等に関する条例の一部改正におきましても、当該条例第4条の条文中の字句の整備で水道部を水道環境部に改めるものであります。


 なお、この条例は平成18年4月1日から施行するものであります。


 以上で議第108号の説明を終わります。


 続きまして、議案書の13ページをお願いします。議第109号・恵那市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の一部改正について、ご説明いたします。


 地方自治法第244条の2第1項の規定に基づき、指定管理者が管理することとされる施設について、当該指定管理者が定まらない場合の施設の管理及び教育委員会が所管する施設についての指定手続等を定めるため、この条例を定めるものであります。


 それでは、また別冊の参考資料、恵那市改正条例議案の概要をご覧ください。


 では、4ページをお願いします。


 表の左側ですが、第8条の次に新たに2条を加え、表の9の欄ですが、第9条を第11条とする改正でありまして、表の新の欄、第9条第1項は指定管理者が管理することとされる施設について、申請がない場合、また、申請を取り消した場合など、指定管理者が定まらなかった場合または指定管理者が当該施設の管理を行うことが困難なときは、市長が管理を行うことができる旨を定めたものであり、第2項は、この場合の利用料金は使用料金として置き換え、取り扱うことを規定したものであります。


 第10条は、教育委員会が所管する公の施設について、指定管理者の指定手続等に係る規定がこれまでなかったため、本条例中において、市長を教育委員会規則に読み替えて規定するものであります。


 なお、この条例は、公布の日から施行するものであります。


 以上で議第109号の説明を終わります。


 続きまして、議案書の15ページをお願いします。


 議第110号・恵那市個人情報保護条例の一部改正について、ご説明します。


 行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律、以下、法と呼ばさせていただきますが、これにおきまして、国の職員等への罰則規定が盛り込まれたことなどに伴いまして、市が保有する個人情報につきましても、適正な管理を担保するため、職員等が個人情報を漏洩した場合に罰則を科するなど整備をする必要から、この条例を定めるものでございます。


 それでは、また別冊の恵那市改正条例議案の概要の5ページをお願いしたいというふうに思います。


 目次におきまして、第5章、雑則の次に第6章、罰則の項目を加えるものであります。第2条は用語の定義を定めているものですが、これは法に倣いまして、個人情報と保有個人情報を、個人情報については特定の個人が識別できるもの、また、保有個人情報は実施機関が保有している個人情報というふうにそれぞれ分けて定義し直すため、第1号中、保有個人情報にかかわる部分を削除し、表の9の欄の第2号を第3号に繰り下げ、表の新の欄ですが、新しく第2号として保有個人情報の定義を加えるものであります。そして表の旧の欄、第3号、事業者の定義においては、条文の整備を行い、これを第4号に繰り下げ、第3条、実施機関の責務の規定において、実施機関の職員の定義を明確化する内容の条文の整備を図り、第7条の改正は、前ページ第2条第2項の整備に伴う条文の整備を行うものであります。


 第10条及び第12条の改正は、保有個人情報の定義に基づく字句の整備であり、第13条第1項、第2項、第3項の改正は、公の施設の指定管理業務の従事者にも実施機関の職員と同様な守秘義務を課すため、条文の整備を図るものであります。


 第14条第1項、第18条第1項、8ページになりますけども、第31条第1項の改正は、保有個人情報の定義の規定に基づく字句または条文の整備であります。


 表の新の欄ですが、第6章、罰則の規定を設けるもので、第33条は、実施機関の職員等が正当な理由がないのに個人の秘密に属する事項が記載された保有個人ファイルを提供したときは、2年以下の懲役または100万円以下の罰金とし、第34条では、実施機関の職員等が知り得た保有個人情報を正当な理由がなく漏洩または盗用したときは1年以下の懲役または50万円以下の罰金とし、第35条では、実施機関の職員が職権を乱用して職務以外の目的のために個人の秘密事項のある文書などを収集したときは1年以下の懲役または50万円以下の罰金とする内容の規定であり、第36条は、市区域外の者に対しても前3条の罰則規定を適用する規定であります。


 また、第37条は、不正手段により開示を受けた者に対しては、5万円以下の過料処分とすることを規定したものであります。


 なお、この条例は平成18年4月1日から施行するものであります。


 以上で議第110号の説明を終わります。


 続きまして、議案書の19ページをお願いします。


 議第111号・恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正について、ご説明いたします。


 人事院勧告に基づく国家公務員の給与改正法が成立したことに伴い、恵那市の一般職の職員、常勤特別職の職員及び恵那市議会議員の給与等の見直しを行うため、この条例を定めるものでございます。


 それでは、また参考資料の9ページをお願いしたいというふうに思います。


 第11条の扶養手当は、第3項中、1万3,500円を1万3千円に改めるもので、配偶者の扶養手当の改正でございます。


 第25条、勤勉手当の支給限度額の改正は、第2項第1号中、これは平成17年度分でありますが、12月に支給する勤勉手当の支給月数について、100分の70を100分の75に、特定幹部職員、これは課長級以上ですが、100分の90を100分の95に改めるものでございます。これにより、職員の期末勤勉手当の年間支給限度額は0.05月分上がりまして、4.45月分となります。


 その下の号の改正は、9ページから10ページに入りますが、恵那市には現在該当者はございません。再任用職員に対する勤勉手当の支給限度額の改正で、職員に準じた支給措置とするため、改正前は年間支給月数で職員は100分の35、特定幹部職員は100分の45であったものを、改正後は6月支給分と12月支給分に分け、6月支給においては、職員は100分の35、特定幹部職員は100分の45を、12月支給分にあっては職員100分の40、特定幹部職員は100分の50の支給月数とするものであります。


 次に、別表1及び別表第2の改正につきまして、改正前の別表第1、行政職給料表、別表第2、医療職給料表、13ページから17ページに掲げてあるものですが、恐れ入りますけれども、これを議案書の21ページから25ページに掲げてあります改正後の別表第1及び別表第2のように改めるものでありまして、平均改定率は0.3%、引き下げを行うものであります。


 次に、改正議案の概要の10ページに戻りますが、第2条の恵那市職員の給与に関する条例の一部改正でございますが、これは第25条、勤勉手当の平成18年度以降の支給限度月数に関し規定するものであり、6月及び12月支給月におけるそれぞれを、職員にありましては100分の75を100分の72.5に、特定幹部職員にあっては100分の95を100分の92.5に改めるものでございます。


 次に、第3条、恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部改正について、ご説明します。


 第5条、期末手当の改正は、恵那市職員の給与に関する条例の一部改正と同様に、年間支給月数を0.05月引き上げ、4.45月分とするもので、平成17年度分においては、12月に支給する分について100分の230を100分の235に改めるものであります。


 次に、第4条、恵那市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部改正につきましては、平成18年度以降の支給月数を改正するものでありまして、第5条、期末手当について、6月に支給する場合は100分の210を100分の212.5に、12月に支給する場合は100分の235を100分の232.5に改めるものでございます。


 次に、第5条、恵那市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正でございますが、第5条、期末手当につきましては、平成17年度においては、12月に支給する場合は、12ページですが、100分の230を100分の235に改めるものでございます。


 次に、第6条、恵那市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正でございますが、これは平成18年度以降の支給月数を改正するものであり、第5条、期末手当について、6月に支給する場合は100分の210を100分の212.5に、12月に支給する場合は100分の235を100分の232.5に改めるものでございます。


 それでは、議案書の20ページの方をお願いしたいと思います。


 附則について、ご説明いたします。


 第1項の施行期日につきましては、平成17年12月1日から施行するものでありますが、第2条、第4条及び第6条の規定は、平成18年4月1日から施行するものであります。


 第2項の最高号給を超える給料月額等の切り換え等は、市の規則で定めることとしております。


 第3項の施行日前の異動者等の号給等の調整は、職務の級の異動により不利益を受ける場合が生じた場合、現行上必要と認められる限度において、市長の定めるところにより必要な調整を行うことができるとしたもので、また、第4項は、職員が受けていた号給等の基礎は改正前の恵那市職員の給与に関する条例及びこれに基づく市の規則の規定に従うものとしたものであります。


 第5項の平成17年12月に支給する期末手当に関する特例措置でありますが、平成17年12月に支給する期末手当の額は、第1条の規定による改正後の恵那市職員の給与に関する条例第24条第2項、第4項及び第5項もしくは第30条第1項から第3項まで、もしくは第5項または第7項の規定にかかわらず、これらの規定により算定される期末手当の額から次に掲げる額の合計額に相当する額を減じた額とするもので、減じる額につきましては、第5項1号では、平成17年4月1日において、職員が受けるべき給料、管理職手当、扶養手当、住居手当及び単身赴任手当の月額の合計額に100分の0.36を乗じて得た額に同年4月から11月までの月数である8を乗じて得た額と、第5項第2号での平成17年6月に支給された期末勤勉手当の合計額に100分の0.36を乗じて得た額を合算するものであります。


 第6項の適用でございますが、附則第2項から前項までの規定は、恵那市職員の給与に関する条例の適用を受ける職員に適用するもので、第7項は、附則第2項から前項までに定めるもののほか、この条例の施行に関し、必要な事項は市の規則で定めるものでございます。


 以上で議第111号・恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正についての説明を終わります。


 続きまして、議案書の29ページをお願いします。


 議第112号・恵那市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例について、ご説明いたします。


 これは長期継続契約を締結することができる契約として、機器借入契約、施設維持管理契約等を規定するため、この条例を定めるものであります。


 30ページをお願いします。


 第1条は趣旨で、長期継続契約を締結することができる契約について定めることを言うものであります。


 第2条は、長期継続契約ができる契約の種類を第1号から第4号に規定したもので、1号は事務用機器等に借り入れに関する契約、2号は借り入れた機器等の保守に関する契約、第3号は施設の維持管理または運営業務に関する契約、第4号は年間を通じて役務の提供を受ける契約とする内容を規定するものであります。


 第3条は、長期継続契約ができる契約の期間を定めたもので、5年以内とするものであります。


 なお、この条例は、公布の日から施行するものでございます。


 以上で議第112号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 ここで、議第111号・恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正について、質疑を行います。


 ご質疑ありませんか。17番・小倉富枝さん。


○17番(小倉富枝君) 2点について伺います。


 まず、今回の改正というのは、12月1日から給料は0.3%引き下げられて、扶養手当は月額500円引き下げられる、そして期末勤勉手当は引き上げられるということになっているわけですが、これ非常にややこしくて、よく読んでみますと、要するに勤勉手当を上げることになれば、管理職の方が有利になって、そして期末手当で上げれば一般の職員が有利になるんじゃないかなという思いをしながら見せていただいたんですけれども、結局、引き下げ率で見ますと、一般職の方と管理職の方とどちらが引き下げ額が多くなるのかが1点です。


 それから、もう1点は、これ、トータルで見ますと、4月にさかのぼって0.3ずつ引かれると、11カ月で3.3%の減になるわけですね。それで、ボーナスで見ますと、0.05で2カ月しか上がりませんので、0.1しか上がらないということになって、やっぱりこのやり方というのは、さかのぼって0.3ずつまとめて引いてしまうと、余りにも目立ち過ぎるから、せめてボーナスで上げますよと、たとえちょっとでも上げますよというもくろみがあるんじゃないかなと思って考えたんですけれども。結果としては、全体に給料が削減されることによって、ただ削減されるんじゃなくて、年金とか退職金なんかにもずっと響いてくるわけですね。現実の生活を見てみますと、いろんな税金が毎回毎回上げられているような中で、現実的に毎日の生活に響いてくるというふうに私は考えるんですけれども。それから、公務員の賃金が引き下げられることによって、民間の賃金を決める参考にされている地域も非常に多くあります。全国的にもとてもありますので、要するに民間の労働者の賃下げ競争にも結びつくことも十分に考えられます。


 それから、給料を引き下げて、生活を圧迫していかなきゃならないときには、地域経済にも非常に大きな悪影響を与えるんじゃないかというふうに思いますけれども、これらについては、どういうふうな考え方の中で引き下げていかれるのか、その2点を伺います。


○議長(後藤薫廣君) 総務部長・林 茂信君。


○総務部長(林 茂信君) 2点のご質問をいただきましたけども、最初のご質問の方で、扶養手当の方の関係でございます。これにつきましては、今回500円の下げを行うということでございますし、給料の方は0.3%の引き下げを行うもので、それから、勤勉手当の方では0.05%の引き上げを行う、それから、扶養手当の方は500円の引き下げと、こういう内容でございますので、それでよかったですか。


○議長(後藤薫廣君) 17番・小倉富枝さん。


○17番(小倉富枝君) 2つ目も答えてください。後でもう1回質問します。


○総務部長(林 茂信君) 最初の質問でどちらが影響あるかということでしたね。これにつきましては、きちっと数字を出しておるわけではございませんけども、今回、扶養手当の方で500円の下げがあるということを考えますと、どちらかといえば、扶養手当に影響する部分は、管理職の方が扶養手当を支給する層が多いということで、どちらかといえば若干なわけですけども、そちらの方かなというふうに思います。


 それから、……


○議長(後藤薫廣君) 今、もう1つの方を整理しているうちに、助役の方から補足がちょっとあるようなので。助役・三宅良政君。


○助役(三宅良政君) それでは、小倉議員のご質問に答えたいと思いますが、ご承知のように、労働基本制約権の代償措置として適正な給与を確保する機能を有するというようなことで人事院勧告がなされるわけなんですが、その大きな考え方の中には、労使関係の安定だとか、能率的な行政運営を維持する上での基本的な部分であるというものが人事院勧告でございます。したがいまして、国家公務員及び地方公務員の民間準拠の考え方というものがございまして、それは市場原理で、民間給与と同じように公務員の給与も決定するものが困難であるというようなことで、その時々で経済だとか雇用状況を反映して決定される民間の給与に準拠して定められているということです。したがいまして、人事院勧告といいますのは、約8,300の事業所、35万人の個人の給与を参考にしてされておりまして、恵那市といたしましても、人事院勧告に準拠して給与改定をするというものがまず大きな考え方でございます。したがいまして、経済に関する影響等でございますが、当然、人事委員会を持っているところは別といたしまして、人事院勧告にほとんどの場合が準拠しているということでございます。したがいまして、その影響額というのは、当然平均では年間4千円ほど減額になりますが、これは公務員全体が民間にあくまで給料を準拠するという考え方で、恵那市としても人事院勧告に準拠して給与改定を行っておりますので、その辺はご理解を賜りたいと思います。


○議長(後藤薫廣君) その他、7番・水野功教君。


○7番(水野功教君) 7番・水野です。ちょっと字句の理解がわかりませんので、教えていただきたいんですが、27ページの5、「平成17年12月に支給する期末手当の額は」云々とあって、4行目、「第3項まで若しくは第5項又は第7項の規定にかかわらず」と、この「かかわらず」の意味がちょっとよくわかりませんので、これをちょっと説明していただきたいということが1つと、あと、今回の役職加算は当然あると思います。この前私が一般質問させてもらったときに、870名のうち400名が対象で、6,430万円というふうな金額の回答をいただいています。今回これがどのような影響を受けるものなのか。いわゆる期末手当として上がる対象になるものなのか、これだけ除外されるものなのか。上がったとすれば、どれだけ上がったのか。役職加算分相当額、どれだけあるかと、それをお聞きしたいです。


 それから、質問のときに、いわゆる格差是正というか、恵南と旧市との話もお伺いいたしました。そのときには、いわゆる格差については平成17年度中に適正化計画をつくってまとめていくというふうなことを答弁いただいています。これについては、前倒しというふうな話が今いろいろ出ておりますが、前倒しを含めてどのようなご検討がされておるのか、それをお聞きしたい。お願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 助役・三宅良政君。


○助役(三宅良政君) まず、恵南の職員と旧恵那市の職員の給与格差のことでございますが、市長が申し上げましたように、18年度から給与格差については実施するということでございます。


 それと、今回の人事院勧告によります役職の人との差でございますが、ちなみに申し上げますと、これは国のモデルでございますが、係員・30歳の方で8千円の減額になります。これは年間の給与の差ということでご理解していただきたいと思いますが、年間8千円の減、35歳の配偶者・子供1人で7千円の減、40歳・係長で配偶者・子供2人の場合が約7千円の減です。それから、地方機関の課長といいますと、うちの課長になりますが、50歳・配偶者・子供2人で約8千円の減ということでございますので、確かに30歳の配偶者のある者と地方機関の課長の8千円の減というのはほぼ同じでございますので、トータル的に見ますと、管理職の減が大きくて、係員の減が少ないというようなことはなくて、大体ほぼ同じ年間給与の額の差が発生するというものでございます。


○議長(後藤薫廣君) 「かかわらず」という語句の説明。どなたか。助役・三宅良政君


○助役(三宅良政君) 「かかわらず」ということでございますが、ここにも書いてございますとおり、私もちょっと勉強不足で申しわけございませんが、4項及び第5項もしくは30条第1項から第3項まで、もしくは第5項または第7項の規定にかかわらずということは、この規定によらずという理解でございます。4項及び第5項もしくは第30条等につきましては、今、資料がございませんので、申しわけございませんが、後ほど答えさせていただきます。


○議長(後藤薫廣君) ほかにございませんか。29番・藤 公雄君。


○29番(藤 公雄君) 111号について、少し私の見解を述べさせていただきます。


 先ほど助役が年間4千円の減ということで、地域経済に与える影響というようなお話も出ましたが、しかし、これは端的に見れば、そういう数字の上で見えますけど、もう少し大きく見れば、公務員はいわゆる年金の中で基礎年金があり、そしてもう1つ、共済年金があり、もう1つ上に職域年金があるんですね。このことは皆さん、余り知らないかもしれないんですが、職域年金の赤字がどれぐらいあるかといいますと、約2兆円ぐらいの国税が、3階建ての部分、職域年金のところに入っているんですね。だから、そういうことを考えてみれば、4千円あるいは5千円の減は当然であるというふうに思います。


○議長(後藤薫廣君) 7番・水野功教君。


○7番(水野功教君) 「かかわらず」について、まだちょっとわかりませんが……。


○議長(後藤薫廣君) 「かかわらず」を「よらず」と今……。


○7番(水野功教君) 「かかわらず」となっています。下にいきますと、相当する額を減じた額とすると。


○議長(後藤薫廣君) 何でしたか、質問もちょっとよくわからないですけども……。「その規定にかかわらず」は「規定によらず」と。


○7番(水野功教君) 中身を教えていただきたい。


○議長(後藤薫廣君) 中身だそうですが。総務部長・林 茂信君。


○総務部長(林 茂信君) これにつきまして、ちょっと的確にお答えできるかどうかわかりませんけども、条例第24条第2項でございますので、期末手当の額は期末手当基礎額に6月に支給する場合においては100分の140、12月に支給する場合には100分の110を乗じて得た額というのが現在の改正前の方の数字で申し上げておりますけども、要するに期末手当の額の算定についてのことを言っておるわけですが、それと、それから、第30条の第5項でございますが、これは休職にされた職員につきましては、他の条例に別段の定めがない限り、前項各号に定める給与を除くほか、いかなる給与も支給しないというようなことがうたってあるわけですけども、この規定にかかわらず、これらの規定により算定される期末手当の額については、次に掲げる額の合計額について、調整額が基準額以上になるときに期末手当は支給しないという規定を適用するということでございます。


○議長(後藤薫廣君) その他の方、ございませんか。10番・堀 誠君。


○10番(堀 誠君) 10番・堀 誠です。議第108号の一部条例改正の中で、企画部に事務手続の生涯学習まちづくりに関することを新たに設けたという意図と、具体的にどういうようなことを事務掌握するというお考えをお持ちなのかを1点お聞きしたいと思います。


 それから、もう1点、個人保護条例の……。


○議長(後藤薫廣君) 堀さん、ちょっとお待ちください。今、初めのやつは100……。


○10番(堀 誠君) 108号です。行政組織改革の一部改正についての中の、企画部において生涯学習まちづくりに関することの事務を入れてありますけども、これの意図と具体的に生涯学習まちづくりに関すること、何をねらいとしているかという点をお聞きしたいと思います。


○議長(後藤薫廣君) 今、111号の質疑をしておりますので……。


○10番(堀 誠君) 違うの、項目。


○議長(後藤薫廣君) はい。


○10番(堀 誠君) ごめんなさい。


○議長(後藤薫廣君) 30番・成?鐘平君。


○30番(成?鐘平君) 私も111号について、2点ばかり質疑したいと思いますが、まず第1点目、先ほどの、今回の人事院勧告の恵那市での施行はなぜやられるかということを質疑され、またそれに対して、減額の問題についても助役、また総務部長から答弁があったわけですが、現在恵那市は人事院勧告を施行するに当たって、統一していないわけですね、給与は。恵南と恵那市、これ全くわかりませんので、質疑するわけですが、例えば給与体系でいきますと、恵那市と岩村、山岡、串原、上矢作、明智、今まで全く違った方向でやっておられたと思います。全く違った給与表を使われて給与を払われておったと思います。ですから、私たちはそういうことを一日も早く統一すべきだという形で質疑もし、先ほど助役が言われましたように、市長は18年度から統一していくと、そういうことを言われておるというような話を今されました。今回この人事院勧告を施行するに当たって、給与の格差があればそれなりに、人事院勧告を恵那市が考えて、例えば減額するにしても、明智が何%、恵那市の30%にあわせるんじゃなくて、上矢作は何%、串原は何%と、そういうような形で決めていくのが本来の姿ではないかと私は思います。


 その点について、まず1つお聞きしたいということと、それとあわせて、これ全く、人事院勧告、助役さんは統一してやっていかなければならないという答弁の中で、こういった状況は、今この議場の中でも確かに不具合な状況だなというのを皆さん感じられておると思います、統一できないということは。私はそのように考えております。そして、先ほど助役さんが答弁の中で、結局、適切な行政運営をしていくためには、人事院勧告を受けてやっていきたいと、そういうことを言われましたが、先ほどから質問にあります恵南と恵那市との職員の格差、これは18年度やると言われましたので、そういうことでぜひ18年度には統一されたいと思いますが、そうしたときに、この1年間の空白の期間ですね、格差の空白。これは以前人事院勧告でも繰り上げで払うとか払わないとかという償還制度がありました。恵那市の場合は今回18年度に統一される中で、16、17年度の空白期間をどのような取り扱いをされていくのか、お伺いしたいと思います。17年度の差額については全く考えていないのか、18年度の中にある程度の空白期間の給与格差は考えておられるのか、その2点についてお伺いしたいと思います。


 以上です。


○議長(後藤薫廣君) 助役・三宅良政君。


○助役(三宅良政君) まず1点でございますが、給料表は同じでございますので、その辺だけお間違えのないようにご確認をお願いしたいと思います。といいますのは、どの地方自治体も国の給料表を全て適用しておりまして、運用等の中で若干違う考え方があるということでございます。その中で恵南の職員との差をどうするかということでございますが、給与格差是正につきましては、合併協議の中で原級保障、その中で速やかに調整すると。それは先ほどご答弁させていただきましたように、18年度で給与格差は是正したいと思います。


 そして、じゃあ、今回のその差をどのようにするかという2つ目のご質問がございましたが、それにつきましては、先ほど申しましたように、18年度から実施するということでございますので、その差の是正は考えておりませんので、ご理解を賜りたいと思います。


○議長(後藤薫廣君) 7番・水野功教君。


○7番(水野功教君) 答弁漏れの、役職加算が絶対額としてどれだけ上がったのか、それが聞きたいと。期末手当についてですね。後でもどっちでも結構でございますが、お願いします。


○議長(後藤薫廣君) 総務部長・林 茂信君。


○総務部長(林 茂信君) その数字につきましての資料は今ちょっと持っておりませんので、後ほどまたお知らせさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。


○議長(後藤薫廣君) 質疑を終結いたします。


 本件については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会の付託を省略することに決しました。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 議第111号・恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


          (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご異議がありますので、起立により採決を行います。


 議第111号・恵那市職員の給与に関する条例等の一部改正については、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                (賛成者起立)


○議長(後藤薫廣君) 起立多数であります。よって、本件は原案のとおり可決されました。


 次に、議第112号・恵那市長期継続契約を締結することのできる契約を定める条例の制定について、質疑を行います。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり、総務文教委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第113号・恵那市役所振興事務所設置条例の一部改正について、詳細説明を求めます。地域振興部長・伊藤常光君。


           (地域振興部長・伊藤常光君 登壇)


○地域振興部長(伊藤常光君) 議案書31ページをお願いします。


 議第113号・恵那市役所振興事務所設置条例の一部改正について、ご説明させていただきます。


 この条例は、行政組織の改組等に伴い、振興事務所、地域自治区の事務所及び掲示場の位置等の変更を行うため、この条例を定めるものであります。


 別冊の恵那市改正条例議案の概要の18ページをお願いします。アンダーラインの箇所が改正箇所でございます。


 まずこの条例の名称でありますが、「振興事務所」を「振興事務所等」に改めるものでございます。したがいまして、同様に第1条、第2条に明記されております「振興事務所」を「振興事務所等」に改めるものであります。


 別表の改正でありますが、武並振興事務所の位置を武並町竹折1059番地36に、笠置振興事務所につきましては字句を改めるものでございます。山岡振興事務所を山岡町上手向1228番地1に、串原振興事務所を串原3171番地1に改めるものであります。


 次に、上矢作振興事務所の項の次に南整備事務所の項を加え、位置は明智町843番地1とし、所管区域を岩村町、山岡町、明智町、串原及び上矢作町一円とするものであります。


 附則第2項としまして、恵那市公告式条例の一部を改正するものであります。


 19ページをお願いします。


 別表の掲示場の位置の欄中、武並掲示場、山岡掲示場及び串原掲示場をそれぞれ振興事務所と同一に改めるものであります。


 附則第3項としまして、恵那市地域自治区条例の一部を改正するものであり、別表第2の事務所の位置の欄中、山岡地域自治区及び串原地域自治区の事務所の位置をそれぞれ振興事務所と同一に改めるものであります。


 恐れ入りますが、議案書32ページをお願いします。


 中段の附則第1項、施行期日でございますが、平成18年4月1日とするものでありますが、武並振興事務所につきましては、施設が現在建設中であるため、公布の日から起算して5月を超えない範囲内において規則で定める日から施行するものであります。


 以上で議第113号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第114号・恵那市教育研究所条例の制定について、詳細説明を求めます。教育次長・田中秀雄君。


            (教育次長・田中秀雄君 登壇)


○教育次長(田中秀雄君) 議案書33ページをお願いいたします。


 議第114号・恵那市教育研究所条例の制定について、ご説明申し上げます。


 提案理由でございますが、行財政改革の組織の改変により、恵那市教育研究所を設置することについて、必要な事項を定めるため、この条例を定めるものでございます。


 裏面の34ページをお願いいたします。


 恵那市の教育研究所条例、第1条では、設置でございますが、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第30条に基づき、教育に関する研究調査及び教育関係職員の研修を行うため、恵那市教育研究所を置くものでございます。


 2条では、研究所は恵那市の教育委員会の所管に、3条では、研究所は恵那市岩村町545番地の1に置き、4条では、研究所に所長その他必要な職員を置くことを定め、5条では、この条例に定めるほか、必要な事項は教育委員会が定めることとしております。


 附則では、この条例は、平成18年4月1日から施行するものでございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 本件に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり、総務文教委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第115号・恵那市防災会議条例及び恵那市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について及び議第116号・恵那市火災予防条例の一部改正について、以上2件の詳細説明を求めます。消防長・曽我公平君。


             (消防長・曽我公平君 登壇)


○消防長(曽我公平君) 議案書の35ページをお願いいたします。


 議第115号・恵那市防災会議条例及び恵那市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、ご説明申し上げます。


 今回の改正は、水防法の改正に伴い、引用条項を改正するため、この条例を定めるものであります。


 それでは、参考資料の20ページをお願いいたします。


 議第115号・恵那市防災会議条例の一部改正について、第2条の所掌事務、第3号中、水防法現行第25条の水防計画に関する内容を第32条に改め、恵那市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、第1条の趣旨中、水防法現行第34条の水防に従事した者に対する災害補償を第45条に改め、第2条の損害補償を受ける権利中、水防法現行第17条の居住者等の水防義務を第24条に改めるものであります。


 この条例は、公布の日から施行するものであります。


 以上で議第115号の説明を終わります。


 次に、議案書の37ページをお願いいたします。


 議第116号・恵那市火災予防条例の一部改正について、ご説明申し上げます。


 今回の改正は、火災警報発令中に喫煙等を制限し、出火防止を図る等、必要な事項を定めるため、この条例を定めるものであります。


 それでは、参考資料の22ページをお願いいたします。


 議第116号・恵那市火災予防条例の一部改正について、第3条第1項第1号、ボイラーですが、ボイラーの構造上、蒸気管を被覆する遮断材料について、現在使用することが想定されない石綿を例示から削除するものであります。


 第28条、火災に関する警報の発令中における火の使用の制限の中で、現行5号を6号に、6号を7号に改め、5号として、林野火災の発生を少なくするため、「山林、原野等の場所で火災の発生が大であると認めて市長が指定した区域内において喫煙しないこと。」を加えました。なお、現段階では指定する区域を定めませんが、必要が生じた場合、事前に告示等で周知いたします。


 この条例は、公布の日から施行いたします。


 以上で議第116号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 ここで1時まで休憩いたします。


              午前11時57分 休憩


         ──────────────────────


              午後 1時00分 再開


○議長(後藤薫廣君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 なお、代表監査委員の市川康夫君、所用により少し遅れるとのことでございますので、ご了承願います。


 次に、議第117号から議第123号までの7件について、詳細説明を求めます。市民福祉部長・渡村保名君。


           (市民福祉部長・渡村保名君 登壇)


○市民福祉部長(渡村保名君) 議案書の39ページをお願いいたします。


 議第117号・恵那市福祉センター条例の制定について、ご説明いたします。


 提案の趣旨は、暫定施行となっている合併前4市町村の総合福祉センター等条例を廃止して、この4施設を一括して本条例に規定することとし、あわせて、管理を指定管理者が行う等、必要な事項を定めるものであります。


 40ページをお願いします。


 第1条、第2条及び第3条は、4施設について、施設の設置、名称、位置、そして施設での事業を定めるものであり、第4条は、指定管理について定め、第5条及び第6条は、休館日、利用時間等を定めるものであります。


 41ページをお願いします。


 第7条及び第8条は、利用の許可及び利用の制限を定め、42ページをお願いします。第9条、第10条、第11条は、利用料金の納付、減免等を定め、第12条から43ページの第15条までは、利用の諸条件について定めております。


 43ページの第16条は、指定管理者の行う業務、第17条は、指定管理の期間について5年と定めるものであります。


 なお、附則第1項において、この条例は平成18年4月1日から施行するものとし、第2項において、現在直営となっている明智福祉センターの管理については、経過措置を定めております。


 44ページをお願いします。


 附則の第3項から第8項までは、関連諸条例の廃止及びそれに伴う経過措置を定めており、附則の第9項、第10項は、今回廃止となる関連条例中に規定しているところの大井児童センター及び岩村保健センターについて、それぞれの条例に移行させることを定めるものであります。


 46ページには、別表として利用料金の一覧表を掲げております。


 以上で議第117号の説明を終わります。


 続いて、47ページ、議第118号・恵那市デイサービスセンター条例の制定について、ご説明いたします。


 提案の趣旨は、既存の4件の総合福祉センター等の条例の廃止に伴い、恵那市デイサービスセンターの管理を指定管理者が行う等、必要な事項を定めようとするものであります。


 48ページをお願いします。


 第1条、第2条は、恵那市の設置する8カ所の老人デイサービスセンターの設置、名称、位置を定め、第3条では、指定管理者について定めております。第4条、第5条は、施設の休館日及び利用時間を定め、49ページをお願いいたします。第6条、第7条、第8条は、利用の許可、制限及び利用料金について定め、50ページをお願いします。第9条及び第10条は、利用の諸条件について定めるものであります。


 第11条は指定管理者の業務について、第12条は指定管理の期間について定めております。


 なお、附則第1項では、この条例は平成18年4月1日から施行するものとし、第2項で現在直営となっている明智と上矢作の施設についての経過措置を定めております。


 51ページをお願いします。


 第3項、第4項、第5項は、本条例の制定に伴い、既存の関連条例について廃止及び改正をするものであり、第6条及び52ページの第7条は、従前の条例による処分等の経過措置を定めるものであります。


 以上で議第118号の説明を終わります。


 続いて、53ページの議第119号・恵那市在宅介護支援センター条例の制定について、ご説明いたします。


 提案の趣旨は、総合福祉センター等の条例の廃止に伴い、恵那市在宅介護支援センターについて一括して規定し、必要な事項を定めようとするものであります。


 54ページをお願いします。


 第1条、第2条は、恵那市の設置する8カ所の在宅介護支援センターの設置、名称、位置について定め、第3条、第4条は、その休館日、利用時間について定めるものであります。


 なお、この条例は、附則第1項、平成18年4月1日から施行するものであります。


 以上で議第119号の説明を終わります。


 続いて、57ページの恵那市老人福祉センター条例について、ご説明します。


 提案の趣旨は、総合福祉センター等の条例の廃止に伴い、恵那市老人福祉センターの管理を指定管理者が行う等、必要な事項を定めようとするものであります。


 58ページをお願いいたします。


 第1条、第2条は、施設の設置、名称、位置を定めるものであり、第3条は指定管理者について定めております。第4条、第5条は休館日、利用時間について定め、第6条、第7条及び次ページの第8条は、利用者の範囲、利用の許可、制限について定めております。


 59ページの第9条は、利用料金、60ページの第10条は利用料金の減免について定め、60ページの第11条から第15条までは利用の諸条件について定めております。


 61ページをお願いします。


 第16条、第17条は、指定管理に関することを定めております。


 なお、この条例は、平成18年4月1日から施行するものであります。


 また、62ページには、別表として利用料金の一覧表を掲げております。


 以上で議第120号の説明を終わります。


 続いて、63ページの恵那市老人福祉施設明日香苑条例の制定について、ご説明します。


 提案の趣旨は、恵那市老人福祉施設明日香苑について、入苑できる者の範囲、入苑の許可手続等、必要な事項を定めるため、現行条例を全部改正してこの条例を定めようとするものであります。現行条例からは、デイサービスセンター及び在宅介護支援センターについての規定が別条例に移行することとなるものであります。


 64ページをお願いします。


 第1条、第2条、第3条は、施設の設置、名称、位置及びその定員等を定め、第4条は指定管理について定めております。


 第5条及び次ページの第6条、第7条及び66ページの第8条、第9条は、介護保険法各条項の規定を基準とする入苑者の範囲、許可、制限、利用料金等について定めております。


 66ページの第10条及び次ページの第11条、第12条及び第13条は、利用の諸条件について定め、第14条、第15条は、指定管理について定めております。


 なお、この条例は、平成18年4月1日から施行するものであります。


 以上で議第121号の説明を終わります。


 続いて、69ページの恵那市老人福祉施設福寿苑条例の一部改正について、ご説明します。


 提案の趣旨は、恵那市老人福祉施設福寿苑について、入苑できる者の範囲、入苑の許可手続等、必要な事項を定めようとするものであります。


 別冊参考資料、新旧対照表の27ページをお願いいたします。


 対照表中、アンダーライン部分が改正箇所であります。改正後の第2条では、特別養護老人ホーム福寿苑、上矢作福寿苑老人短期入所施設以外の施設については、別条例で定めることとしたため、本条例からは削除するものであります。改正後第3条も同様の趣旨であり、改正前第4条、次ページの第5条の規定は、表現の簡素化を図り、削除するものであります。


 28ページの改正後の第4条は、本条例からデイサービスセンター、在宅介護支援センターの規定が抜けたことによる字句の整備であります。右の改正前第7条は、同様の理由により削除するものであります。改正後の第5条は、介護保険法各条項による入苑者の範囲を定め、第6条及び次ページの第7条は、入苑の許可、制限について定めるものであります。


 29ページ、第8条及び30ページの第9条は、介護保険法の規定に基づく利用料及びその減免について定めております。


 改正後の第10条、第11条、第12条、第13条は、入苑の諸条件について定めるものであります。


 議案書の72ページに戻りまして、この条例の改正は、平成18年4月1日から施行するものとしております。


 以上で議第122号の説明を終わります。


 続いて、議案書の75ページの議第123号・恵那市寿限無の里条例の制定について、ご説明します。


 提案の趣旨は、恵那市寿限無の里の管理を指定管理者が行う等、必要な事項を定めるため、現行条例を全部改正して、この条例を定めようとするものであります。


 76ページをお願いいたします。


 第1条、第2条、第3条は、施設の設置、名称、位置及びその事業について定め、第4条は、指定管理について定めるものであります。第5条、第6条は休館日、利用時間について定めるもので、77ページをお願いいたします。第7条、第8条、第9条は、利用者の範囲、利用の許可、制限について定め、78ページをお願いいたします。第10条、第11条は、利用料金の納付及び減免について定め、第12条から次ページの第16条までは利用の諸条件について定めるものであります。


 79ページの第17条、第18条は、指定管理者の業務及び指定の期間について定めるものであります。


 なお、この条例は、平成18年4月1日から施行するものであります。


 以上で議第123号についての説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 ここで、議第117号・恵那市福祉センター条例制定について、質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり、市民福祉委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第118号・恵那市デイサービスセンター条例の制定について、質疑を行います。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり、市民福祉委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第119号・恵那市在宅介護支援センター条例の制定について、質疑を行います。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり、市民福祉委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第120号・恵那市老人福祉センター条例の制定について、質疑を行います。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり、市民福祉委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第121号・恵那市老人福祉施設明日香苑条例の制定について、質疑を行います。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり、市民福祉委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第123号・恵那市寿限無の里条例の制定について、質疑を行います。


 質疑ございませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり、市民福祉委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第124号・恵那市道の駅条例の制定について及び議第125号・恵那市中野方町不動の滝農産物直売施設条例の制定について、以上2件の詳細説明を求めます。経済部長・水野量夫君。


            (経済部長・水野量夫君 登壇)


○経済部長(水野量夫君) 議案書の81ページをお願いします。


 議第124号・恵那市道の駅条例の制定について、ご説明いたします。


 この条例は、恵那市道の駅3駅全てが平成18年度から指定管理者制度に移行するため、従来、各道の駅毎に制定されていた条例を効率的な管理を行うため、新たに3駅を統一した道の駅条例を制定するものであります。


 82ページをお願いいたします。


 条例は13条から構成されており、第1条では、一般道路の利用者に良好な休憩の場を提供するとともに、都市と農村との交流体験の場に供するため、設置条項を定めております。


 第2条は、名称及び位置、第3条は、管理、第4条、第5条は、休業日、利用時間、83ページをお願いします。第6条は、特別の設置の許可、第7条から第10条は、禁止行為、占用等の禁止、損害賠償義務等を定め、第11条、84ページ、第12条は、指定管理者が行う業務、指定の期間、第13条は委任事項を定めております。


 この条例は、平成18年4月1日から施行するものであります。


 なお、従前の恵那市道の駅らっせぃみさと館条例、恵那市道の駅おばあちゃん市・山岡条例、恵那市道の駅上矢作物産所条例は廃止するものであります。


 以上で議第124号の説明を終わります。


 続きまして、議案書の85ページをお願いいたします。


 議第125号・恵那市中野方町不動の滝農産物直売施設条例の制定について、ご説明いたします。


 この条例は、恵那市中野方町にある不動の滝農産物直売施設の設置管理について、条例の制定がなかったため、平成18年度からの指定管理者制度の導入にあわせ、条例を制定するものであります。


 86ページをお願いします。


 条例は13条から構成されており、第1条は、都市住民の交流及び地域農業の振興による地域の活性化を図るための設置条項を定めております。


 第2条は、名称及び位置、第3条は、管理、第4条、5条は、休業日、利用時間、第6条は、特別の設備の許可、第7条から87ページ、第10条は、禁止行為、占用等の禁止、損害賠償義務等を定め、第11条、第12条は、指定管理者が行う業務、指定の期間、第13条は、委任事項を定めております。


 この条例は、平成18年4月1日から施行するものであります。


 以上で議第125号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 ここで、議第124号・恵那市道の駅条例の制定について、質疑を行います。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり、経済建設委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第125号・恵那市中野方町不動の滝農産物直売施設条例の制定について、質疑を行います。


 ご質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり、経済建設委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第126号・恵那市岩村町本通り伝統的建造物群保存地区町屋活用施設条例の制定について、詳細説明を求めます。教育次長・田中秀雄君。


            (教育次長・田中秀雄君 登壇)


○教育次長(田中秀雄君) それでは、議案書の89ページをお願いいたします。


 議第126号・恵那市岩村町本通り伝統的建造物群保存地区町屋活用施設条例の制定について、説明いたします。


 直営管理から指定管理者制度の導入に伴い、恵那市岩村町本通り伝統的建造物群保存地区町屋活用施設の管理を指定管理者が行う等、必要な事項を定めるため、この条例を定めるものであります。


 次の90ページをお願いいたします。


 第1条では、恵那市岩村町本通り伝統的建造物群保存地区の保存活用を促進し、市民の文化意識の高揚、生活学習の推進及び地域文化の交流を図るため、岩村町本通り伝統的建造物群保存地区町屋活用施設(以下「町屋活用施設」という。)を設置するものでございます。


 2条では、名称と位置、3条では、町屋活用施設の管理は、法人その他の団体であって別に定めるところにより教育委員会が指定したもの(以下「指定管理者」という。)が行うものとするものでございます。


 4条から7条までは、休館日と利用日を定めております。


 次の91ページですが、8条から10条までは、使用料金等を定めております。


 92ページ、11条から15条まで、設備と目的外使用を定めております。


 93ページの方の16条では、指定の期間を5年間と定めております。


 17条では、この条例に定めるもののほか、必要事項は教育委員会が定めるものでございます。


 附則としまして、施行期日等、1の方ですが、この条例は、平成18年4月1日から施行するものでございます。


 2条につきましても、3条に定める指定管理に係る準備行為は、この条例の施行日前においても行うことができる。3の中では、恵那市岩村文化施設設置条例の一部を次のように改正するものでございます。


 別冊の恵那市改正条例議案の概要の中の32ページをお願いいたします。


 新旧のアンダー部分が改正になっております。第3項では、岩村文化施設等を岩村歴史資料館等に、1条の中では文化施設を岩村歴史資料館(以下「歴史資料館等」という。)になっております。


 2条につきましては、アンダー部分を削除し、番地を99番地から98番地に改正しております。


 3条以下は、文化施設等を歴史資料館等に改正するものでございます。


 もう一度議案書の94ページをお願いいたします。


 経過措置としまして、4の方ですが、施行日前に前項の規定による改正前の条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。5の方では、施行日前に改正前の条例の規定により課した、または課すべきであった使用料の取り扱いについては、なお従前の例によるものです。


 以上で提案説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 本件に対する質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙付託表のとおり、総務文教委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第127号・恵那市山岡地域介護予防拠点施設条例の制定について及び議第128号・恵那市山岡総合給食センター条例の一部改正について、以上2件の詳細説明を求めます。山岡振興事務所長・桜井広美君。


          (山岡振興事務所長・桜井広美君 登壇)


○山岡振興事務所長(桜井広美君) 議案書の97ページをお願いいたします。


 議第127号・恵那市山岡地域介護予防拠点施設条例の制定について、ご説明します。


 内容でございますが、指定管理者制度の導入に伴い、従来の恵那市介護予防拠点施設条例は直営と管理指定が混在しており、2つに分ける必要が生じたために、指定管理者制度を導入する施設として、この条例を定めるものであります。


 98ページをお願いします。


 第1条につきましては、恵那市山岡地域介護予防拠点施設の設置を定めております。


 2条につきましては、名称及び位置を、3条は、管理についてでございます。


 4条から5条につきましては、利用時間、また、利用の許可を定めております。


 99ページをお願いしたいと思います。


 6条でございますが、利用の制限を、7条では、利用料金の納付を、8条につきましては利用料金の減免をうたっております。


 次のページの100ページをお願いいたします。


 9条につきましては、利用料金を不還付としております。


 10条から13条までにつきましては、管理に対する諸条件をうたっております。


 14条、次のページの15条につきましては、指定管理の行う業務と指定の期間をうたっております。


 16条でございますが、委任としまして、条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定めるということで委任をうたっております。


 また、附則の2項では、山岡の介護予防拠点施設の条例を一部改正しております。


 別紙の恵那市改正条例議案の参考資料の34ページをお願いしたいと思います。改正部分につきましては、アンダーラインの部分でございまして、新旧対照の条例で改めるものでございまして、これにつきましては、今申し上げましたように、介護予防拠点施設の関係と増進センターを分けるということで、字句の改正でございます。


 題名中でございますけども、介護予防拠点施設を健康増進センターに改めるということでございます。第1条中でございますが、趣味、活動や生涯学習等の関係を削りまして、山岡介護予防拠点施設を山岡健康増進センターに改め、介護予防拠点施設をセンターに改めるということでございます。


 第2条でございますが、同じく「介護予防拠点施設は」というところを「センターは」ということに改めさせていただきます。


 なお、この表の中のひまわり会館、なもなも会館、山岡さくら会館、花の木会館を削るものであります。


 第3条から7条までの規定中、介護予防拠点施設をセンターに改めるものであります。


 別表中のひまわり会館、それから、山岡なもなも会館、山岡さくら会館または山岡花の木会館の使用に係る使用料の項を削り、また、山岡健康増進センターの使用に係る使用料の項の項目を削るものであります。これにつきましては、7条のところでうたっております。


 以上で127号の説明を終わらせていただきます。


 続きまして、105ページをお願いしたいと思います。


 議案書の105ページでございますが、議第128号・恵那市山岡総合給食センター条例の一部改正について、ご説明いたします。


 内容でございますが、恵那市山岡総合給食センターについて、管理を市長が行う等、必要な事項を定めるため、この条例を定めるものであります。


 別冊の参考資料の37ページをお願いしたいと思います。


 一部改正につきましては、アンダーラインの部分で旧条例と新条例に改めるものでありまして、管理を指定管理から市の管理に改正するものであります。


 第3条の管理及び運営、給食センターは恵那市が管理運営し、管理者は恵那市長とするということに改めるものでございます。


 第4条でございますが、給食センターの休館日を休業日に改め、同条第1項の次に1号を加えていただきまして、(3)といたしまして、前2号に定めるもののほか、市長が必要と認める日を追加するものでございます。


 それから、第4条の2項、指定管理は、必要があると認めるということを削除するものでございます。


 それから、5条から8条までの指定管理者の指定の期間を全部削除するものでございまして、9条につきましては、38ページでございますけども、これを5条に改めるものでございます。


 附則でございますが、この条例につきましては、平成18年4月1日から施行するものでありますので、よろしくお願いしたいと思います。


 以上で議第128号の説明を終わらせていただきます。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 ここで、議第127号・恵那市山岡地区介護予防拠点施設条例の制定について、質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙付託表のとおり、市民福祉委員会に審査を付託いたします。


 次に、議第129号・恵那市指定文化財旧三宅家条例の一部改正について、詳細説明を求めます。教育次長・田中秀雄君。


            (教育次長・田中秀雄君 登壇)


○教育次長(田中秀雄君) 議案書107ページをお願いします。


 議第129号・恵那市指定文化財旧三宅家条例の一部改正について、説明いたします。


 直営管理から指定管理者制度導入に伴い、恵那市指定文化財旧三宅家の管理を指定管理者が行う等、必要な事項を定めるため、この条例を定めるものでございます。


 別紙の恵那市改正条例議案の中の概要の39ページをお願いいたします。


 アンダー部分のものが改正でございます。


 3条の管理では、字句の見直し、それから、4条の休館日も字句の見直しをしております。


 5条では、開館時間を利用時間に改正と字句の見直しをします。


 6条では、使用許可を利用許可に改正し、利用について項目毎見直し、以後は利用として説明いたします。


 次のページをお願いいたします。


 7条では、利用制限を挿入して、条項を設け、以降、条項を繰り下げるものでございます。


 第8条では、利用料金の納付を、第9条、利用料金の減免は公の団体等の条例を追加しております。


 10条では、利用料金の不還付の条文化、11条、特別設備の条文化、12条では、目的外使用、権利譲与等の禁止の条文化、13条では、原状回復義務の条文化、14条も損害賠償の義務の条文化でございます。15条の指定管理者が行う業務についても、条文化しております。


 次のページの42ページをお願いいたします。


 16条では、指定管理者の指定の期間を5年間と定めております。


 17条の委任、アンダー部分を削除し、改正するものでございます。


 議案書の111ページをお願いいたします。


 附則としまして、施行期日、1ですが、この条例は平成18年4月1日から施行するものでございます。


 経過措置としまして、この条例の施行日の前に改正前の恵那市指定文化財旧三宅家条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなします。


 3の方では、施行日前に改正前の条例の規定により、課したまたは課すべきであった使用料の取り扱いについては、なお従前の例によるものでございます。


 以上で提案説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第130号・恵那市串原温泉施設条例の一部改正について、詳細説明を求めます。串原振興事務所長・堀 恒夫君。


          (串原振興事務所長・堀 恒夫君 登壇)


○串原振興事務所長(堀 恒夫君) 議案書の113ページをお願いいたします。


 議第130号・恵那市串原温泉条例の一部改正について、ご説明を申し上げます。


 提案の理由といたしましては、串原温泉施設の管理に指定管理者制度を導入するための条例改正でございます。


 別冊の参考資料、恵那市改正条例議案をご覧いただきたいと思います。


 その中の43ページをお願いいたします。


 第1条、第2条につきましては、施設を温泉施設ということに改正したものでございます。


 それから、第3条につきましては、温泉施設の管理を指定管理者が行うということでございます。


 旧の第3条につきましては、これを第4条に改正いたします。その中にあります年末の休館日を12月31日から12月30日に改正するものでございます。


 指定管理者制度ということでございまして、右側にあります44ページから46ページにあります第4条から第9条につきましては、削除いたしまして、新たに第4条の次に、43ページでございますが、第5条としまして、利用の許可、次の44ページの方ですが、第6条として利用の制限、第7条として利用料金の納付、第8条としまして、利用料金の減免、45ページの第9条の利用料金の不還付、第10条の目的外利用、権利譲渡等の禁止、第11条、損害賠償義務、第12条が指定管理者が行う業務、第13条が指定管理者の指定の期間ということでそれぞれ定めるものでございます。


 それから、46ページの別表の改正でございますが、これは子供料金の範囲を明確化したものでございます。


 なお、この条例は、平成18年4月1日から施行するものでございます。


 以上で議第130号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第131号・恵那市上矢作地域資源販路拡大施設条例の一部改正について、詳細説明を求めます。上矢作振興事務所長・川上好美君。


          (上矢作振興事務所長・川上好美君 登壇)


○上矢作振興事務所長(川上好美君) それでは、議案書の119ページをお願いいたします。


 議第131号・恵那市上矢作地域資源販路拡大施設条例の一部改正について、ご説明をいたします。


 今回の改正につきましては、地域資源販路拡大施設の管理を指定管理者が行う等、必要な事項を定めるものでございます。


 別冊参考資料の47ページをお願いいたします。


 新旧対照表のアンダーラインの部分が改正部分の内容でございます。


 それでは、改正内容をご説明いたします。


 第3条、管理では、市長が指定した指定管理者を規定しております。


 第4条は、条文の追加で、施設の休業日を指定しており、第1項第1号では、休業日の指定、第2号では休業日の指定の変更を定めております。


 第5条も条文の追加でありまして、施設の利用時間を規定しており、第1号では利用時間の指定、第2号では利用時間の変更を定めております。


 第6条は、利用の許可を規定しており、第1項では施設の利用目的の明確化と利用許可権者を市長から指定管理者に変更するものであり、第2項では利用区間の制限を規定しております。


 48ページをお願いいたします。


 第7条は、利用の制限を規定しており、第1項第1号から第6号までのいずれかに該当する場合、許可事項の変更、許可の取り消し、もしくは利用の中止を命ずることができると規定しております。


 第2項では、前項において発生する市の損害賠償の免除を定めております。


 第8条は、施設に特別の設備の設置、また、施設の変更をしようとする場合の認可義務を規定しております。


 第9条は、物産販売者に対し、施設の許可目的外の利用禁止、他人への利用権の譲渡及び転貸の禁止を定めております。


 第10条は、物産販売者の原状回復の義務を定めております。


 49ページをお願いいたします。


 第11条は、物産販売者以外の利用者の禁止行為を規定しております。


 第12条は、占用等の禁止を規定しております。


 第13条は、利用者の第11条で定める禁止行為に対する制限を規定しております。


 第14条は、損害賠償義務を規定しており、第1項では物産販売者及び利用者の損害賠償の義務、第2項では特別な理由による損害賠償の免除を定めております。


 第15条は、指定管理者の義務を規定しております。


 第16条は、指定管理者の指定の期間を定めており、第1項では指定管理者が施設の管理を行う期間は指定を受けた日から5年間と定めており、第2項では初年度の期間の計算について規定しております。


 50ページをお願いいたします。


 旧条文の第6条、使用料及び第7条の経費の負担につきましては、指定管理者制度の管理協定項目であるため、削除としております。


 委任を規定しております第8条を第17条に繰り下げております。


 最後に、附則としまして、この条例は平成18年4月1日から施行するというものでございます。


 以上で議第131号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第132号・岐阜県市町村会館組合を組織する市町村数の減少について、詳細説明を求めます。総務部長・林 茂信君。


            (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) それでは、議案書の125ページでございますけども、議第132号・岐阜県市町村会館組合を組織する市町村数の減少について、ご説明します。


 これは、廃置分合により養老郡上石津町及び安八郡墨俣町を廃止し、その区域が大垣市に編入されることに伴いまして、地方自治法第286条第1項の規定によりまして、岐阜県市町村会館組合を構成する市町村数の数を減ずるものであります。岐阜県市町村会館組合から平成18年3月26日をもって、養老郡上石津町及び安八郡墨俣町を脱退させることにつきまして、議会の議決をお願いするものでございます。


 以上で議第132号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第133号・鏡山住宅C棟建設工事(建築工事)請負契約の締結について、議第134号・市道路線の認定について、議第135号・市道路線の変更について、以上3件の詳細説明を求めます。建設部長・今井久朗君。


            (建設部長・今井久朗君 登壇)


○建設部長(今井久朗君) それでは、議案書127ページをお願いいたします。


 議第133号・鏡山住宅C棟建設工事請負契約の締結について、ご説明いたします。


 鏡山住宅C棟の建設工事請負契約を締結することについて、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 契約の目的、鏡山住宅C棟建設工事、契約の方法、公募型指名競争入札、契約金額、2億8,014万円でございます。契約の相手方、大井・舘林特定建設工事共同企業体でございます。代表構成員、岐阜県恵那市長島町中野1002番地1、大井建設株式会社恵那支店取締役支配人、南中道國弘、構成員、岐阜県恵那市大井町2087番地521、株式会社舘林代表取締役、舘林輝義でございます。


 位置図1階平面図を128ページ、129ページに示しております。


 よろしくご審議いただきたいと思います。


 続きまして、議案書131ページをお願いいたします。


 議第134号・市道路線の認定について、説明させていただきます。


 道路法第8条第2項の規定により、市道路線を認定することについて、議会の議決を求めるものでございます。


 認定しようとする路線につきましては、路線番号0294、路線名、出塀2号線でございます。起点、恵那市大井町字出塀、終点、恵那市大井町字出塀でございます。延長79メートル、幅員3.5メートルの道路でございます。認定する道路の位置図を132ページのところに示しております。


 この路線につきましては、位置指定道路を所有者からの寄附により取得し、市道として認定するものでございます。


 よろしくご審議いただきたいと思います。


 続きまして、議案書133ページをお願いいたします。


 議第135号・市道路線の変更について、説明いたします。


 道路法第10条第2項の規定により、市道路線を変更することについて、議会の議決を求めるものでございます。


 路線番号、0063、旧の路線名、横平4号線、新の路線名も横平4号線でございます。旧の起点、恵那市大井町字横平、終点、恵那市大井町字横平でございます。新の起点、恵那市大井町字横平、終点、恵那市大井町字横平でございます。


 この新路線につきましては、延長94メートルの道路を新路線として延長130メートル、幅員3.25メートルから6.75メートルに変更するものでございます。位置図を134ページに示しております。


 この変更は、現横平4号線が一部民地を含んでおり、整備の見通しがないことから、今回下水道事業にあわせて道路整備を行うため、路線の変更を行うものでございます。


 よろしくご審議いただきたいと思います。


 以上でございます。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 ここで、市民福祉部長・渡村保名君より申し出があります。


○市民福祉部長(渡村保名君) 先ほど私が説明しました議第119号の中にミスプリントがございますので、おわびをしまして、訂正をお願いしたいというふうに思います。


 議案書の54ページでありますが、中ほど、使用時間、第5条、委任、第6条とありますのは、それぞれ第4条、第5条のミスプリントでございました。後ほど正誤表をお手元に配付いたします。申しわけございませんでした。


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第136号・恵那市固定資産評価審査委員会の委員の選任について及び議第137号・恵那市教育委員会の委員の任命について、以上2件は人事案件でありますので、詳細説明を省略いたします。


 次に、議第138号・平成17年度恵那市一般会計補正予算について、詳細説明を求めます。総務部長・林 茂信君。


            (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) それでは、別冊の恵那市補正予算書及び説明書の1ページからご覧いただきたいと思います。


 議第138号・平成17年度恵那市一般会計補正予算(第5号)について、ご説明いたします。


 今回の補正は、規定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億8,226万7千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ282億3,037万4千円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分内の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、2ページから5ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 第2条の継続費でございますが、地方自治法第212条第1項の規定による継続費の経費の総額及び年割額は6ページの「第2表 継続費」によるものですが、これはエコセンター恵那設備追加事業について、国の財源の都合等により2カ年の継続事業とするものであります。


 既定の地方債の追加及び変更は、7ページの「第2表 地方債補正」によるもので、恵那駅バリアフリー整備事業を追加し、エコセンター恵那設備追加事業の継続費設定に伴う17年度一般廃棄物処理事業債などの減額及びカヤノ林道開設事業に係る辺地債の増額等に伴い、変更するものでございます。


 11ページをお願いします。


 それでは、歳入から主なものについて、ご説明いたします。


 12款分担金及び負担金、2項負担金、1目総務費負担金の20万円の増額は、山岡ケーブルテレビ加入者負担金でございます。


 13款使用料及び手数料、1項使用料、5目商工使用料12万円の増額は、上矢作地域資源販路拡大施設の使用料であり、2項手数料、3目衛生手数料1,317万3千円の増額は、ごみ袋売りさばき手数料であります。


 14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金2,243万円の増額は、対象人数の増に伴う生活保護費負担金の増、児童扶養手当負担金の決定等によるもので、2項国庫補助金、2目衛生費国庫補助金644万4千円の減額は、合併処理浄化槽設置整備事業補助金の確定による増とエコセンター恵那設備追加事業の継続費設定に伴う国庫補助金の18年割分を減額するものでございます。


 12ページをお願いします。


 4目教育費国庫補助金158万2千円の増額は、重伝建地区国宝重要文化財等保存整備費補助金の増であり、5目災害復旧費国庫補助金75万4千円の増額は、本年7月4日に発生した林道災害復旧事業費の増に伴うものでございます。


 15款県支出金、1項県負担金、2目民生費県負担金49万6千円の増額は、母子生活支援対象者数の増に伴う児童入所施設措置費等負担金の増であり、2項県補助金、1目総務費県補助金7,593万3千円の増額は、振興事務所移転等に伴う整備費に充てる合併市町村支援交付金、県振興補助金等であり、2目民生費県補助金729万9千円の増額は、対象者の増に伴う低所得者対策費補助金、障害児保育事業補助金等の増並びに特別保育事業費補助金等の非該当に伴う減によるものであります。


 3目衛生費県補助金2,938万1千円の増額は、合併処理浄化槽設置整備事業費補助金の増並びに県市町村振興補助金等でございます。


 4目農林水産費県補助金116万円の増額は、農業費補助金では事業費の確定に伴う中山間地域等直接支払交付金等の増及び地域畜産育成事業費補助金の減などによるものであり、林業費補助金では、事業費清算に伴う松食い虫被害木駆除促進事業費補助金等の減などでございます。


 7目教育費県補助金3,103万7千円の増額は、岩村町ですが、重伝建地区対象の国指定文化財保存事業補助金の確定に伴うもののほか、広重美術館美術品購入事業等を対象とした県振興補助金の確定に伴う計上。


 3項県委託金ですが、14ページに入ります。1目総務費県委託金124万9千円の減額は、事業費の精算などに伴う国勢調査委託金の減、衆議院議員選挙委託金の増によるものであります。


 16款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入2,382万2千円の減額は、東濃牧場の市有地等に係る用地代のうち、個人対象分について、収入科目を雑入に組み替えるための減であり、18款繰入金、2項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金8億5,480万2千円の減額は、繰越金の計上等により財源調整が可能となったことから、財政調整基金からの繰入金を全額戻すものでございます。


 また、3目シアター恵那関連基金繰入金42万9千円の増額は、シアター恵那売得金の精算に伴う過年度返還金に充てるものであり、4目まちづくり基金繰入金1千万円の減額は、広重美術館美術品購入費に係る県市町村振興補助金の確定に伴う財源調整を図るものであります。


 19款繰越金、1項繰越金、1目繰越金8億9,101万9千円の増額は、平成16年度繰越金を全額計上しております。


 20款諸収入、5項雑入、1目雑入5,037万1千円の増額は、過年度収入では身体障害者保護費過年度精算分、知的障害者施設支援費過年度精算分などであり、雑入では財産収入から組み替えられた東濃牧場用地代ほか各種返還金等を内容としています。


 21款市債、1項市債、2目衛生債4,900万円の減額は、エコセンター恵那設備追加事業の継続費設定に伴う18年度対応分を減額するものであり、6目辺地債は説明を省略し、8目合併特例事業債220万円の増額は、恵那駅バリアフリー化整備事業の増に伴うものであります。


 9目災害復旧債の説明は省略をさせていただきます。


 16ページをお願いします。


 歳出の主なものについて、順次説明をいたします。


 初めに、職員等の給与に関しましては、今年の人事院勧告により、月齢給の引き下げ、勤勉手当等の引き上げなどによりまして、改正を実施しております。そして、人事異動などにより減額分もありまして、一般会計では人件費は1億6,580万2千円の減額となっております。


 これからの説明におきまして、各費目前の人件費の説明は省略をさせていただきます。


 それでは、1款議会費、1項議会費、1目議会費156万3千円の増額は、人件費に係るものでございます。


 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費3,651万2千円の増額は、人件費のほか、13節では人事給与システムの変更に伴う業務委託料、19節で叙勲祝賀会負担金、23節はシアター恵那売得金16年度精算返還分などを計上しております。


 4目財政管理費6,485万7千円の増額は、財政調整基金への積立金であり、6目財産管理費1,182万円の増額は、県道阿木大井線代替地について、土地開発基金から買い戻しをするものでございます。


 8目地域活性化対策費7,403万8千円の増額は、行財政改革に伴い、簡素で効率的な行政運営を目指した行政組織機構の改変を平成18年度から施行することとしておりまして、関連議案を上程中でございますが、移転等に必要な振興事務所の整備経費で、設計、施工管理委託料、工事請負費等であります。主な内容は、串原振興事務所、山岡振興事務所移転に係る情報機器移設費ですが、その他は事務所内の改修経費などであり、この財源としましては、合併市町村支援交付金を充てることとしております。


 9目公平委員会費24万円の増額は委員報酬であり、10目交通安全対策費の説明は省略をさせていただきます。


 20ページになりますが、12目情報化推進費36万3千円の増額は、人件費の減額等と電柱移転等に伴う山岡ケーブルテレビのケーブルの移転工事費等であります。


 15目地籍調査費9万5千円の減額は、国からの補助額の決定による事業費の組み替えでございます。


 22ページになりますが、17目運輸対策費1,222万6千円の増額は、明知鉄道運営の補助金723万4千円、恵那駅バリアフリー化整備補助金466万6千円等であり、2項徴税費、1目税務総務費408万円の減額、そして24ページをお願いいたします。3項戸籍住民基本台帳費、1目戸籍住民基本台帳費608万6千円の減額、25ページの4項選挙費、1目選挙管理委員会費、21万7千円の増額及び3目土地改良区総代選挙費77万5千円の減額は、人件費につきまして、いずれも説明を省略させていただきます。


 4目衆議院議員選挙費180万円の増額は、9月11日執行された衆議院議員選挙費用の精算見込みに基づく補正で、選挙用備品の購入等であり、28ページをお願いします。5項統計調査費、1目統計調査総務費の説明は省略し、2目指定統計調査費307万2千円の減額は、国勢調査費の精算見込みによる調査員報酬の減額等であり、30ページをお願いします。6項監査委員費、1目監査委員費は説明を省略させていただき、3項民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費2,877万円の減額は、人件費の減のほか、32ページをお願いします。山岡健康増進センターの運営経費で、燃料費等の増などであり、2目心身障害者福祉費366万5千円の増額は、来年4月1日の自立支援法の施行準備のための賃金、電算システムの変更に係る委託料、また、負担金補助及び交付金は、ふれあいの家運営補助等であります。


 3目老人福祉費430万1千円の増額は、来年度からスタート予定の地域包括支援センターの準備委員会委員報酬及び各在宅介護支援センターの人件費の減額分、34ページになりますが、19節で介護保険サービス利用生活困窮者を対象とした補助金の増、自動車事故賠償金などであります。


 4目福祉医療費1,071万5千円の増額は、事務電算委託料の増及び老人保健医療特別会計への繰出金であります。


 5目老人ホーム費358万3千円の増額は、人件費につき説明を省略し、6目国民健康保険1,669万7千円の増額は、国民健康保険特別会計の事業勘定、施設勘定への繰出金であります。


 36ページをお願いします。


 7目介護保険費1,826万3千円の増額は、土地開発基金が保有している現山岡介護予防拠点施設等の用地購入費と介護保険特別会計への繰出金の減額を計上しております。


 2項児童福祉費、1目児童福祉総務費360万3千円の減額は、人件費につき説明を省略し、2目児童福祉対策費956万8千円の増額は、母子生活支援施設委託料の増、38ページにおいて児童扶養手当給付費の増は、いずれも対象者の増によるものであり、23節は児童手当の過年度還付金であり、3目保育所2,823万6千円の減額は、人件費のほか、嘱託医師報酬の増及び19節で乳児対策補助金の増、また、私立保育所運営国・県負担金の精算による過年度還付金などであります。


 40ページをお願いいたします。


 3項生活保護費、1目生活保護費2,280万5千円の増額は、人件費のほか、生活保護扶助対象者の増に伴う医療扶助費等の増であり、42ページをお願いします。5項国民年金費、1目国民年金費51万1千円の増額は人件費でございまして、4項衛生費、1項保健衛生費、1目環境衛生費2,508万6千円の減額、2目保健センター管理費194万6千円の減額は、44ページですが、ともに人件費の減でございますので、説明を省略させていただきます。


 5目地域医療対策費150万円の増額は、病院事業会計への負担金でございます。


 7目合併処理浄化槽設置費4,769万3千円の増額は、設置機数の増に伴う合併処理浄化槽設置事業補助金の増であり、46ページをお願いいたします。2項清掃費、1目し尿処理費559万2千円の増額は、人件費のほか、恵南衛生センター施設等の燃料費の増、修繕費の増によるものであります。


 2目し尿処理施設費は、財源更生であり、3目じん芥処理費1,906万9千円の増額は、人件費のほか、48ページをお願いします。11節はエコセンター恵那あおぞらでの燃料費の増、12節ではあおぞらのごみ袋販売手数料の増、13節であおぞらの収集委託料の増などであります。


 4目じん芥処理施設費9,980万円の減額は、エコセンター恵那設備追加事業の継続費設定に伴い、18年度割分工事管理委託料及び工事請負費を翌年度へ送るための減額であります。


 3項水道費、1目水道費966万5千円の減額は、簡易水道事業特別会計への繰出金の減額でございます。


 50ページをお願いします。


 5款労働費、1項労働諸費、1目労働諸費9万5千円の増額は、ジョイセブン補助金の増であり、6項農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費3万4千円の減額は、農業者年金業務経費で手数料の増に伴う事業費の増及び費目の組み替えであります。


 2目農業総務費2,153万7千円の減額は、人件費につき説明を省略させていただきます。


 52ページをお願いします。


 3目農業振興費1,103万5千円の増額は、19節で中山間地域等直接支払推進事業で対象農地の増に伴う補助金の増、23節は山岡の細寒天組合及び遠山ライスセンターの財産処分に係る返還金、それから、地域農政推進対策事業費補助金の確定に伴う精算等であり、4目都市農村交流促進費89万4千円の増額は、不動の滝農産物販売所の簡易水道接続工事と簡易水道加入負担金であり、54ページをお願いします。5目農業農村整備費71万5千円の総額は、人件費につき、説明を省略します。


 7目畜産振興費8万6千円の減額は、事業費の精査に基づく組み替え補正でありまして、8目農業集落排水事業費403万8千円の減額は、農業集落排水事業特別会計の繰出金の減であります。


 56ページをお願いします。


 2項林業費、1目林業総務費1,698万円の減額は、人件費につき説明を省略します。


 2目林業振興費144万8千円の減額は、林業労働力確保対策事業の県事業の廃止に伴う同補助金の減及び木材利用促進事業の補助事業費の増であり、3目森林保全費120万3千円の減額は、松食い虫駆除対策事業費について、被害木駆除から枯損松処理への事業変更に伴う事業費の減額であります。


 4目林道新設改良事業費203万7千円の増額は、人件費の減等のほか、林道奥山線維持修繕工事費、そして測量設計委託料、そして補助対象事業の精査に基づくものであります。


 59ページですが、7款商工費、1項商工費、1目商工総務費39万2千円の増額は、人件費につき説明を省略します。


 3目観光費1,305万6千円の増額は、温泉事業特別会計への繰出金の増であります。


 8目土木費、1項土木管理費、1目土木総務費2,745万8千円の減額及び2目施設管理費174万7千円の減額は、62ページに入りますけども、人件費につき説明を省略いたします。


 8款土木費、2項道路橋りょう費、1目道路橋りょう総務費61万円の減額は、人件費のほか、道路瑕疵賠償金を計上いたしております。


 64ページをお願いします。


 2目道路橋りょう維持費247万9千円の増額は、道路補修用機器の借上料の増、私道整備事業補助金、街路灯設置補助金などであります。


 3目道路橋りょう新設改良費5,476万6千円の増額は、人件費の増額のほか、説明欄の市単道路新設改良事業では、寺平的ケ屋敷線等設計委託料などでありまして、県営事業負担事業では、事業の追加によるものでありまして、まちづくり総合支援事業では、寺平的ケ屋敷線等の工事費等事業費の増額、緊急地方道路整備事業では、山岡4号線の補償費を増額したものでございます。


 66ページをお願いいたします。


 4項都市計画費、1目都市計画総務費103万8千円の減額は、人件費につき説明を省略し、2目公園費105万円の増額は、2機のSLのアスベスト防止用修繕料であります。


 3目街路事業費214万7千円の増額は、人件費につき、説明を省略し、4目土地区画整理事業費365万9千円の増額は、68ページですが、人件費のほか、大崎土地区画整理事業での県営事業の増加に伴う同負担金を計上したものであります。


 5目下水道費507万9千円の増額は、下水道事業特別会計への繰出金でございます。


 5項住宅費、1目住宅管理費1,125万7千円の減額は、人件費の減のほか、17節において、土地開発基金が保有している串原の松林市営住宅用地について、同基金から買い戻す経費を計上しております。


 70ページをお願いします。


 9款消防費、1項消防費、1目常備消防費725万1千円の減額は、人件費のほか、庁舎維持管理等における燃料費の増であります。


 3目消防施設費645万3千円の増額は、15節で明智消防署仮眠室等冷暖房装置の修繕工事費を、そして17節では土地開発基金が保有している岩村富田消防機器庫用地を買い戻す土地購入費を計上しているものでございます。


 72ページをお願いいたします。


 10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費1,342万円の増額は、人件費につき説明を省略し、4目教育振興費も説明を省略させていただきます。


 74ページになりますが、2項小学校費、1目学校管理費36万7千円の減額は、職員人件費のほか、報酬等を減額していますが、事務見直しによる学校医に係る報酬等を学校保健費に一括して計上することとしたための減額であり、そのほかは11節で今回の落雷被害で受けた長島小学校等の火災報知機等の修繕費を、また、15節で緊急対応した吉田小学校放送室天井アスベスト対策工事費分などを計上しているものであります。


 76ページですが、3項中学校費、1目学校管理費457万4千円の増額は、人件費の減額のほか、小学校費と同様、学校医に係る報酬等を組み替えるための減額をしております。


 11節では、落雷被害に対する修繕費を、そして15節では、串原中学校木工室等天井アスベスト対策工事費などを計上しております。


 2目学校教育振興費20万9千円の増額は、遠距離通学費扶助で対象者の増によるものでございます。


 78ページをお願いします。


 4項幼稚園費、1目幼稚園管理費993万円の減額、その下の5項社会教育費、1目社会教育総務費254万7千円の減額は、人件費につき省略し、3目青少年教育振興費50万1千円の増額は、成人式を6カ所で行うこととしたことに伴う増額で、アトラクション等謝礼、看板作成手数料等であります。


 80ページをお願いします。


 4目文化振興費472万9千円の増額は、人件費のほか、19節では岩村町重伝建地区保存修理事業の国・県補助金確定に伴う交付額の増であり、5目公民館費30万1千円の増額は、人件費ですが、講演会謝礼の委託料への組み替えを行うものであります。


 82ページをお願いします。


 7目図書館費708万8千円の減額、9目美術館費の説明は省略し、6項保健体育費、1目保健体育総務費403万円の減額も人件費につき説明を省略させていただきます。


 2目学校保健費479万円の増額は、小学校費、中学校費で説明しました学校医に係る報酬等を一括計上するものでありまして、84ページですが、3目体育振興費10万円の増額は、施設修繕料であり、4目体育施設管理費103万円の増額は、旧毛呂窪体育館電気料、そして15節は明智のB&G海洋センター器具庫天井アスベスト対策経費であります。


 5目学校給食費221万2千円の減額は、人件費のほか、臨時職員賃金であり、6目東濃スケート場建設促進費は、財源の更生でございます。


 86ページをお願いします。


 11款公債費、1項公債費、1目元金も財源の更生でございます。


 13款災害復旧費、1項農林水産業施設災害復旧費、3目林道災害復旧費63万2千円の増額は、本年7月1日と4日に発生しました林道災害復旧費の査定に伴う増などでございます。


 なお、88ページから92ページに給与費の明細書、そして93ページに継続費に関する調書、94ページに地方債に関する調書を添付しておりますので、ご参照願います。


 以上で議第138号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第139号・平成17年度恵那市交通災害共済事業特別会計補正予算について、詳細説明を求めます。建設部長・今井久朗君。


            (建設部長・今井久朗君 登壇)


○建設部長(今井久朗君) それでは、予算書及び説明書の95ページをお願いいたします。


 議第139号・平成17年度恵那市交通災害共済事業特別会計補正予算について、説明いたします。


 今回の補正では、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ140万1千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,420万1千円とするものでございます。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、96ページ、「第1表 歳入歳出予算補正」のとおりでございます。


 99ページをお開きください。


 歳入につきましては、3款1目の一般会計繰入金1万2千円でございます。これは職員給与等の繰り入れでございます。


 4款1目繰越金138万9千円でございますが、これは前年度繰越額の確定に伴う繰越金の繰り入れでございます。


 続きまして、100ページをお願いします。


 歳出につきましては、1款1目交通災害共済事業費140万1千円の増額でございます。これは繰り入れました人件費及び基金への積立金138万9千円でございます。


 以上でございます。


 なお、101ページから104ページに給与費明細書を添付しております。


 よろしくご審議いただきますようお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第140号・平成17年度恵那市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算について、詳細説明を求めます。市民福祉部長・渡村保名君。


           (市民福祉部長・渡村保名君 登壇)


○市民福祉部長(渡村保名君) 予算書の105ページをお願いいたします。


 議第140号・平成17年度恵那市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、ご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億6,466万8千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ47億7,226万8千円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、106ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 111ページをお願いいたします。


 歳入であります。


 4款1項1目療養給付費等負担金1,847万6千円の増の主な内容は、老人保健医療費拠出金の増に伴う国交付額の確定によるものであります。


 5款1項1目療養給付費交付金1,067万円の増は、退職医療療養給付費の増に伴う交付金現年度分の確定によるものであります。


 10款1項1目一般会計繰入金122万5千円の増は、職員給与費等のほか、出産育児一時金の増等によるものであります。


 11款1項1目繰越金2億3,429万7千円は、16年度繰越金であります。


 112ページをお願いいたします。


 歳出であります。


 1款1項1目一般管理費216万4千円の減額は、人勧の実施に伴う人件費であります。


 次ページの2項1目賦課徴収費13万円の増は、雇用者転勤に係る経費であります。


 114ページをお願いいたします。


 2款1項2目退職被保険者等療養給付費8,522万円8千円の増、3目一般被保険者療養費500万円の増、4目退職被保険者等医療費400万円の増及び5目審査支払手数料120万円の増は、それぞれ17年度執行額の全体的な増を見込んだものであります。


 116ページをお願いいたします。


 4項1目出産育児一時金480万円の増及び次ページの5項1目葬祭費100万円の増は、それぞれ年内給付の増見込みによる補正をお願いするものであります。


 118ページをお願いいたします。


 3款1項1目老人保健医療費拠出金8億7,907万4千円の増、2目老人保健事務費拠出金29万5千円の減は、本年度支払基金への拠出額の確定による補正であり、次ページの4款1項1目介護納付金161万円の減は、同じく介護保険制度による拠出金の額の確定によるものであります。


 120ページをお願いいたします。


 6款1項1目健康都市推進費4万5千円の増は、かみやはぎ総合保健福祉センターに係る経費であり、次ページの7款1項1目国民健康保険給付基金積立金1億800万円の増は、16年度決算による積み立てであります。


 122ページをお願いいたします。


 9款1項5目償還金626万円の増は、16年度支払基金から交付を受けた退職者医療療養給付費交付金の精算返還をするものであります。


 なお、123ページから126ページまで、給与費明細書を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で議第140号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第141号・平成17年度恵那市国民健康保険特別会計(施設勘定)補正予算について、詳細説明を求めます。医療管理部長・安藤常雄君。


           (医療管理部長・安藤常雄君 登壇)


○医療管理部長(安藤常雄君) それでは、説明書の127ページをお願いいたします。


 議第141号・平成17年度恵那市国民健康保険特別会計(施設勘定)補正予算(第2号)について、ご説明申し上げます。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,304万5千円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ7億7,691万5千円とするものであり、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後に歳入歳出予算の金額は、128ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。


 131ページをお願いいたします。


 歳入からご説明いたします。


 4款財産収入、1項財産運用収入、2目利子及び配当金2万1千円の増額につきましては、基金利子でございます。


 5款1項寄附金、1目医療指定寄附金9万9千円の増額につきましては、岩村診療所における指定寄附金でございます。


 6款繰入金、1項1目一般会計繰入金1,547万2千円の増額につきましては、一般会計からの繰入金でございます。


 7款1項1目繰越金745万3千円につきましては、前年度繰越金でございます。


 続きまして、132ページをお願いいたします。


 歳出でございます。


 1款総務費、1項総務管理費、1目総務一般管理費1,495万円につきましては、人事院勧告による減及び4月人事における職員増等によるもので、2目医科診療所管理費641万3千円の主なものにつきましては、岩村診療所医師の異動等によるものでございます。


 次の134ページをお願いいたします。


 3目歯科診療所管理費38万2千円につきましては、山岡歯科診療所職員の育児休暇からの復職によるものでございます。


 次に、137ページをお願いいたします。


 3款1項施設整備費、1目医科施設整備費130万円につきましては、山岡診療所医師官舎の改修費用でございます。


 139ページから142ページに給与費明細書が添付してございますので、後ほどご参照くださいますようお願いします。


 これで議第141号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第142号・平成17年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算について及び議第143号・平成17年度恵那市介護保険特別会計補正予算について、以上2件について、詳細説明を求めます。市民福祉部長・渡村保名君。


           (市民福祉部長・渡村保名君 登壇)


○市民福祉部長(渡村保名君) 予算書の143ページをお願いいたします。


 議第142号・平成17年度恵那市老人保健医療特別会計補正予算について、ご説明します。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,299万9千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ58億2,003万2千円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、144ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 147ページをお願いいたします。


 歳入であります。


 1款1項1目医療費交付金7,320万円の増、2款1項1目医療費国庫負担金3,986万6千円の増、3款1項1目医療費県負担金996万7千円の増及び4款1項1目一般会計繰入金996万7千円の増は、歳出において17年度の医療給付費の増額補正を計上することに伴う所要の財源の補正であります。


 148ページをお願いいたします。


 歳出であります。


 1款総務費は、説明を省略いたしまして、次ページの2款1項1目医療給付費1億3千万円の増、2目医療費支給費300万円の増は、17年度医療給付費の執行見込みによる増額補正であります。


 以上で議第142号の説明を終わります。


 続いて、151ページをお願いいたします。


 議第143号・平成17年度恵那市介護保険特別会計補正予算のご説明をいたします。


 今回の補正は、事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,117万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ31億4,372万5千円とするものであり、サービス事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ296万9千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億8,159万9千円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、152ページの「第1表 歳入歳出予算補正(事業勘定)」及び153ページの「第2表 歳入歳出予算補正(サービス事業勘定)」によるものであります。


 157ページをお願いいたします。


 事業勘定の歳入であります。


 3款1項1目介護給付費国庫負担金105万6千円の増、2項1目調整交付金31万3千円の増、4款1項1目介護給付費交付金168万9千円の増、5款1項1目介護給付費県負担金66万円の増は、17年度保険給付費の執行見込みの増に伴う所要の財源の補正であり、7款1項1目一般会計繰入金654万9千円の増は、介護認定事務費繰入金等であります。


 2項1目介護保険給付基金繰入金90万2千円は、保険給付費の増による財源補正であり、158ページの8款繰越金は説明を省略し、159ページをお願いいたします。事業勘定の歳出であります。


 1款1項1目一般管理費267万1千円の増は、人勧実施に伴う人件費及び介護保険被保険者証の更新のための郵送料等の補正であります。


 160ページをお願いいたします。


 3目1項介護認定事業321万9千円の増額は、介護認定調査を直接実施するための経費を計上するものであり、次ページの2款4項1目高額介護サービス費528万円の増は、制度改正により自己負担限度額の引き下げがあったことに伴う給付の補正であります。


 なお、162ページから165ページまで、給与費明細書を添付しておりますので、ご参照をお願いします。


 169ページをお願いいたします。


 サービス事業勘定の歳入であります。


 2款1項1目一般会計繰入金2,508万6千円の減及び3款1項1目繰越金2,798万1千円の増は、16年度決算による財源の組み替えであり、4款1項1目雑入7万4千円の増は、保険金収入であります。


 170ページをお願いいたします。


 サービス事業勘定の歳出であります。


 1款1項1目一般管理費272万9千円の増は、施設職員の人件費、燃料費及び施設内事故に伴う見舞金、保険金等であります。


 172ページをお願いいたします。


 2款1項1目居宅介護サービス事業費24万円の増額は、明智デイサービス事業費に係る経費であり、173ページの3款公債費は財源の組み替えであります。


 なお、174ページから177ページまで、給与費の明細書を添付しておりますので、ご参照願います。


 以上で議第143号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第144号・平成17年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算について及び議第145号・平成17年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算について、以上2件の詳細説明を求めます。水道部長・遠山時仁君。


            (水道部長・遠山時仁君 登壇)


○水道部長(遠山時仁君) それでは、詳細説明をいたします。


 補正予算書の179ページをお願いいたします。


 議第144号・平成17年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、ご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,823万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億7,633万5千円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、180ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 既定の地方債の変更は、182ページの「第2表 地方債補正」によるものであります。


 185ページをお願いいたします。


 歳入のご説明をいたします。


 1款2項1目簡易水道負担金200万円の増額につきましては、上矢作統合簡水事業に伴います下水道の支障管移設工事金であります。


 6款1項1目一般会計繰入金966万5千円の減額につきましては、一般会計の繰入金であります。


 9款1項1目簡易水道債3,590万円の増額につきましては、上矢作統合簡水事業の事業費の増額分を起債対象としたものであります。


 186ページをお願いいたします。


 歳出のご説明をいたします。


 1款1項1目一般管理費700万3千円の増額につきましては、人件費の増額と15節工事請負費で南整備事務所等の設置に伴います水道監視システム移設工事費でございます。


 188ページをお願いいたします。


 1款2項3目岩村簡易水道維持管理費380万円の増額につきましては、国道363号線改良工事に伴います配水管の布設工事金等でございます。


 9目田代長沢簡易水道維持管理費150万円の増額につきましては、笹平浄水場ポンプの修繕等でございます。


 19目上矢作簡易水道維持管理費200万円の増額につきましては、小笹原地区下水道管支障移転設計の委託料でございます。


 189ページをお願いいたします。


 2款1項4目上矢作簡易水道建設費1,393万2千円の増額につきましては、13節の委託料で横道、小笹原ポンプ場の設計委託料であります。


 なお、190ページから193ページに給与費明細書、194ページに地方債の調書を添付いたしておりますので、ご参照方よろしくお願いいたします。


 以上で議第144号の説明は終わります。


 続きまして、195ページをお願いいたします。


 議第145号・平成17年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、ご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ148万2千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億7,513万3千円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、196ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 199ページをお願いいたします。


 歳入のご説明をいたします。


 5款1項1目一般会計繰入金403万8千円の減額につきましては、一般会計の繰入金であります。


 6款1項1目繰越金552万円の増額につきましては、前年度の繰越金であります。


 200ページをお願いいたします。


 歳出のご説明をいたします。


 1款1項1目一般管理費27万2千円の増額につきましては、人件費であります。


 201ページをお願いいたします。


 1款2項1目農集恵那地区維持管理費41万円の増額につきましては、千田川処理場の水質検査の増による委託料でございます。


 2目農集恵那地区維持管理費58万7千円の増額につきましては、人件費の減額と、202ページをお願いいたします。11節需用費で岩村浄化センターの遠方監視システムの取り替え修繕料でございます。


 3目個別排水処理施設維持管理費は、財源の組み替えでございます。


 203ページをお願いいたします。


 2款1項2目利子21万3千円の増額につきましては、東野農集の利子でございます。


 なお、204ページから207ページに給与費明細書を添付いたしておりますので、ご参照方お願いいたします。


 以上で議第145号の説明を終わります。


 よろしくお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第146号・平成17年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算について、詳細説明を求めます。建設部長・今井久朗君。


            (建設部長・今井久朗君 登壇)


○建設部長(今井久朗君) それでは、予算書及び説明書の209ページをお願いいたします。


 議第146号・平成17年度恵那市駐車場事業特別会計補正予算について、説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ295万6千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,766万4千円とするものでございます。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、210ページにございます「第1表 歳入歳出予算補正」のとおりでございます。


 それでは、213ページをお願いいたします。


 歳入につきましては、4款1項1目繰越金295万6千円の増額でございます。これは前年度の繰越金の確定に伴う繰越金でございます。


 214ページをお願いいたします。


 歳出につきましては、1款1項1目駐車場管理費295万6千円の増額でございます。これは繰り入れました繰越金につきまして、人件費を7千円増額いたしまして、基金に294万9千円を積み立てるものでございます。


 以上でございます。


 なお、215ページから218ページに給与費明細書を添付しております。


 よろしくご審議いただきますようお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第147号・平成17年度恵那市温泉事業特別会計補正予算について、詳細説明を求めます。串原振興事務所長・堀 恒夫君。


          (串原振興事務所長・堀 恒夫君 登壇)


○串原振興事務所長(堀 恒夫君) それでは、恵那市補正予算書及び説明書の219ページをお願いいたします。


 議第147号・平成17年度恵那市温泉事業特別会計補正予算(第2号)について、ご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,602万4千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億1,930万5千円とするものでございます。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出の金額は、220ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるものでございます。


 223ページをお願いいたします。


 歳入について、ご説明いたします。


 2款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金1,297万9千円につきましては、土地開発基金により購入しました温泉用地等についての繰り入れでございます。


 3款繰越金、1項繰越金、1目繰越金304万5千円につきましては、前年度の繰越金でございます。


 224ページをお願いいたします。


 歳出について、ご説明いたします。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費1,602万4千円につきましては、給与改正分、修繕費につきましては、東西の浴室の洗い場の溝と目地の修繕を行ったということでございます。土地購入費につきましては、土地開発基金に戻すものでございます。


 225ページから228ページにつきましては、給与改正に伴う給与費の明細書を添付しておりますので、よろしくお願いいたします。


 以上で議第147号の説明を終わります。


 よろしくお願いします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第148号・平成17年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算について、詳細説明を求めます。水道部長・遠山時仁君。


            (水道部長・遠山時仁君 登壇)


○水道部長(遠山時仁君) それでは、詳細説明をいたします。


 補正予算書の229ページをお願いいたします。


 議第148号・平成17年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきまして、ご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ以下1千円の削除をお願いいたします。1,453万8千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ24億1,241万7千円とするものであります。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、230ページ、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであります。


 既定の地方債の変更は、232ページ、「第2表 地方債補正」によるものであります。


 235ページをお願いいたします。


 歳入のご説明をいたします。


 3款1項1目下水道事業費国庫補助金970万円の減額につきましては、特環上矢作処理区の事業費の確定でございます。


 4款1項1目下水道事業費県補助金123万1千円の減額につきましては、特環竹折・明智・上矢作処理区の事業費の確定でございます。


 6款1項1目一般会計繰入金507万9千円の増額につきましては、一般会計の繰入金であります。


 7款1項1目繰越金267万4千円の増額につきましては、前年度の繰越金であります。


 235ページをお願いいたします。


 8款1項1目雑入704万円の増額につきましては、平成16年10月25日から3月31日までの消費税確定申告に基づきます還付金でございます。


 9款1項1目下水道債1,840万円の減額につきましては、特環上矢作処理区の事業費の確定によるものであります。


 237ページをお願いいたします。


 歳出のご説明をいたします。


 1款1項1目一般管理費1,107万円の増額につきましては、人件費であります。


 238ページをお願いいたします。


 1款1項1目公共奥戸処理区維持管理費1万2千円の増額につきましては、人件費であります。


 3目特環恵南地区維持管理費375万5千円の増額につきましては、人件費であります。


 240ページをお願いいたします。


 2款1項1目公共奥戸処理区建設事業費6万6千円の増額につきましては、人件費であります。


 2目特環恵那峡処理区建設事業費の259万9千円の減額につきましては、13節委託料の入札によります事業費の確定であります。


 3目特環竹折処理区建設事業費の51万9千円の減額につきましては、人件費と主に15節工事請負費で水管橋工事の土地の権利関係の承諾が得られず減額し、補助事業でございますので、事業費の組み替えをするものであります。


 242ページをお願いいたします。


 4目特環明智処理区建設事業費の260万円の増額につきましては、22節で水道支障管の移設の補償費でございます。


 5款特環上矢作処理区の建設事業費2,892万3千円の減額につきましては、人件費と13節委託料で設計業務を直営で実施により減額し、15節工事請負費では飯田洞釜ケ沢地区の管渠の工事の変更により減額し、一部事業費の組み替えをするものであります。


 244ページをお願いいたします。


 3款1項公債費は、財源の組み替えであります。


 なお、245ページから248ページに給与費明細書、249ページに地方債の調書を添付しておりますので、ご参照方よろしくお願いいたします。


 以上で議第148号の説明を終わります。


 よろしくお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第149号・平成17年度恵那市遠山財産区特別会計補正予算について、詳細説明を求めます。山岡振興事務所長・桜井広美君。


          (山岡振興事務所長・桜井広美君 登壇)


○山岡振興事務所長(桜井広美君) 予算書の251ページをお願いしたいと思います。


 議第149号・平成17年度恵那市遠山財産区特別会計補正予算について、ご説明いたします。


 今回の補正につきましては、歳入の財源組み替えでありまして、歳入予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入予算の金額は252ページの「第1表歳入補正予算」によるものでございます。


 254ページをお願いいたします。


 歳入について、ご説明いたします。


 歳入につきましては、2款1項基金繰入、1目基金繰入金27万6千円の減額につきましては、基金の取り崩しの減額でございます。


 3款繰越金、1項繰越金、1目繰越金の27万6千円の増額につきましては、16年度決算による繰越金の額の確定によるものでございます。


 以上で議第149号の説明を終わります。


 よろしくお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第150号・平成17年度恵那市上財産区特別会計補正予算について、詳細説明を求めます。上矢作振興事務所長・川上好美君。


          (上矢作振興事務所長・川上好美君 登壇)


○上矢作振興事務所長(川上好美君) それでは、別冊の補正予算書及び説明書の255ページをお願いいたします。


 議第150号・平成17年度恵那市上財産区特別会計補正予算(第1号)について、ご説明いたします。


 今回の補正は、歳入財源の組み替えで、歳入予算の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入予算の金額は256ページの「第1表 歳入予算補正」によるものでございます。


 258ページをお願いいたします。


 歳入の説明でございます。


 2款繰入金、1項基金繰入金、1目上財産区基金繰入金の22万5千円の減額は、財産区運営基金からの繰り入れを減額するものであります。


 3款繰越金、1項繰越金、1目繰越金の22万5千円の増額は、前年度繰越金を計上してございます。


 以上で議第150号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第151号・平成17年度恵那市水道事業会計補正予算について、詳細説明を求めます。水道部長・遠山時仁君。


            (水道部長・遠山時仁君 登壇)


○水道部長(遠山時仁君) それでは、詳細説明をいたします。


 259ページをお願いいたします。


 議第151号・平成17年度恵那市水道事業会計補正予算(第2号)につきまして、ご説明をいたします。


 収益的支出の補正でございます。


 今回の補正は、既定の収益的支出の予定額を次のとおり補正するものであります。


 支出につきましては、1款水道事業費用を40万8千円増額し、8億8,635万7千円とするものであります。


 資本的収入及び支出の補正でございます。


 既定の資本的収入が資本的支出額に対し不足する額4億540万円を4億1,698万4千円に、当年度分損益勘定留保資金663万7千円を673万5千円に、過年度分損益勘定留保資金3億8,207万3千円を3億9,319万円に、消費税資本的収支調整額1,669万円を1,705万9千円に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものであります。


 260ページをお願いいたします。


 収入につきましては、1款資本的収入を205万円増額し、2億5,545万円とし、支出につきましては、1款資本的支出を1,363万4千円増額し、6億7,243万4千円とするものであります。


 議会の議決を得なければ流用することができない経費の今回の補正は、職員給与費の6,877万8千円を21万4千円増額し、6,899万2千円とするものであります。


 なお、261ページより水道事業会計予定実施計画書、263ページに資金計画書、264ページより給与費明細書、268ページより予定損益計算書、270ページより予定貸借対照表を添付してありますので、ご参照をお願いいたします。


 274ページをお願いいたします。


 平成17年度恵那市水道事業会計予算説明書によりまして、ご説明をいたします。


 支出につきましては、1款1項1目原水及び浄水費6万7千円の増額につきましては、人件費であります。


 2目配水及び給水費30万9千円の増額につきましては、人件費であります。


 275ページをお願いいたします。


 4目総係費30万1千円の増額につきましても人件費でございます。


 2項3目消費税36万6千円の減額につきましては、仮払消費税の増額によりまして、消費税納付額が減額になったものであります。


 4目その他営業外費用9万7千円の増額につきましては、特定収入仮払消費税の増額によるものであります。


 276ページをお願いいたします。


 資本的収入及び支出のうち、収入につきましては、1款2項2目工事請負費205万円の増額につきましては、下水道支障管工事負担金であります。


 支出につきましては、1款1項1目建設改良費747万7千円の増額につきましては、下水道支障管と野越ポンプ場の設計委託料であります。


 2目拡張工事費662万円の増額につきましては、久須見・茂立配水池管理用道路等の用地測量委託、また立木補償用地費でございます。


 3目建設改良事務費の46万3千円の減額につきましては、人件費であります。


 以上で議第151号の説明を終わります。


 よろしくお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 次に、議第152号・平成17年度恵那市病院事業会計補正予算について、詳細説明を求めます。


 医療管理部長・安藤常雄君。


           (医療管理部長・安藤常雄君 登壇)


○医療管理部長(安藤常雄君) それでは、説明書の279ページをお願いいたします。


 議第152号・平成17年度恵那市病院事業会計補正予算(第1号)について、説明申し上げます。


 今回の補正は、既定の収益的収入及び支出の予定額を次のように補正をお願いするものでございます。


 収入につきましては、第1款病院事業収益を既決予定額から381万6千円減額し、36億2,558万4千円とし、支出につきましては、第1款病院事業費を既決予定額から381万6千円減額し、36億2,558万4千円とするものでございます。


 次のページ、280ページをお願いいたします。


 議会の議決を得なければ流用できない経費の補正をお願いするものでございます。


 病院職員給与費を既決予定額から1,192万5千円減額し、5億5,781万5千円とし、訪問看護ステーション職員給与費を既決予定額から32万6千円減額し、1,987万4千円とするものでございます。


 281ページから294ページまでに病院事業会計予算実施計画、資金計画、給与費明細書、補正後の予定損益計算書、予定貸借対照表を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。


 295ページをお願いいたします。


 平成17年度恵那市病院事業会計予算説明書により説明をいたします。


 収益的収入及び支出のうち、収入でございます。


 病院事業収益381万6千円減額の主なものについては、前期仮決算による事業の見直しによるものが大部分でございます。


 次に、296ページをお願いします。


 支出でございます。


 1款病院事業費用381万6千円減額の主なものについては、医業費用456万6千円の増、これは人事院勧告による減、上矢作病院の医師1名減による賃金への調整、アスベスト対策費等の経費増であります。


 297ページをお願いします。


 医業外費用813万6千円の減額の主なものは、企業債利息の確定及び一時借入金利息の減であり、訪問看護ステーション事業費用32万6千円減額の主なものについては、人事院勧告等による給与費の減、燃料の高騰による経費増でございます。


 以上で議第152号・平成17年度恵那市病院事業会計補正予算についての説明を終わります。


 よろしくお願いします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 ここで、市民福祉部長・渡村保名君より申し出があります。


○市民福祉部長(渡村保名君) 済みません。私、先ほどの補正予算の説明の中で、欄を間違えて説明を申し上げてしまいました。


 国民健康保険特別会計でありますが、予算書の118ページ、補正額5,307万4千円と説明すべきところを違う欄を読み上げて説明を申し上げてしまいました。大変申しわけございませんでした。


○議長(後藤薫廣君) ここで、市長から発言の申し出があります。市長・可知義明君。


○市長(可知義明君) 本日冒頭に提案説明の要旨を皆さんにお配りして、そこで私が説明いたしましたが、数値を間違えて説明いたしましたので、訂正をお願いしたいと思います。


 2ページでございます。


 上から11行目でございまして、12特別会計の合計決算額は歳入総額で112億9,445万3千円と申し上げましたが、112億9,445万2千円でございますので、ご訂正をいただきたいと思います。


 それから、その一つ次の段で歳入歳出差引額の3億2,405万7千円と申し上げましたが、3億2,405万6千円でございますので、おわびを申し上げまして、訂正させていただきます。


 よろしくお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 順序を間違えまして、大変失礼いたしました。


 ここで、総務部長の林 茂信君より申し出がありましたので、許可いたします。


○総務部長(林 茂信君) 大変申しわけありません。


 先ほど7番議員からのご質問で、答弁漏れということでご指摘ございました。役職加算についてのご質問でございました。


 役職加算額につきましては、期末勤勉の年間支給率が4月から4.45月に変更になったことなどによりまして、その総額でございますが、6,550万3千円余りとなっております。


 そういうことでございますので、どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) ここで、お諮りいたします。


 議事の都合によりまして、11月30日から12月12日までの13日間休会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご異議なしと認め、11月30日から12月12日まで13日間休会とすることに決しました。


 本日はこれにて散会いたします。


 ご苦労さまでございました。


              午後 3時15分 散会


 ────────────────────────────────────────


    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





            恵那市議会


            議     長      後 藤 薫 廣





            署名議員     3番  堀 井 文 博





            署名議員    19番  山 田 幸 典